5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

山本七平の陸軍三部作を語ろう

1 :名無し三等兵:02/06/14 21:53
「私の中の日本軍」
「一下級将校の見た帝国陸軍」
「ある異常体験者の偏見」

私が始めて読んだ戦記ものがこれでした。

旧軍と戦後の特定の団体は向く方向は違えど
行動原理は同じ、という著者のスタンスには
大きく影響を受けました。

軍版住人の中にも読んでる人はいるのでは?

2 :名無し三等兵:02/06/14 22:02
かつてこの板でも「私の中の日本軍」 の日本刀論争で荒れたような

3 :名無し三等兵:02/06/15 00:00
ハロー自治厨

4 :名無し三等兵:02/06/15 20:20
>>2
荒れたね、懐かしい。漏れもそのまっただなかにいたよ。

5 :名無し三等兵:02/06/15 20:31
ま、ペンタ残絡みで叩かれることも多い人だが「一下級将校の見た帝国陸軍」は
良いと思う。



6 :名無し三等兵:02/06/15 23:40
作中で時々語られる部隊長になんか惹かれる。

7 :名無し三等兵:02/06/16 00:12
つーか
小○よしのりってあきらかにこの人の影響うけてるよねぇ。
つーかこの人になろうとしたのかな
見事失敗したけど

8 :愚考 ◆FncxndyA :02/06/16 01:10
哲学的、とも呼べる、日本文化・日本人・日本の組織に対する
分析、省察には、本当に考えさせられた物。

今でも、氏の著作を見直すと、
そのたびにハッとさせられる。

オレは、個人的に、
「日本・昭和のソクラテス」と呼んでいるけど。

9 :名無し三等兵:02/06/16 02:07
>>7
うーん、ちょっと違うような…
小林は山本言うところの
「劇画的にしか戦争を見れぬ者」そのまんまな気が。
今山本が生きていたとしてもお互いに反発すると思う。

10 :名無し三等兵:02/06/16 02:19
こいつのベンザタンのときの文章がむかつく

11 :名無し三等兵:02/06/16 02:22
>>6
確かにかっこいいよね。砲兵で一兵卒から叩き上げた兵隊元帥。
一本気で上官へのゴマスリが無く兵隊から慕われる。
「イイか山本、バカ参謀には言葉は要らぬ。実情のみを突きつけてやればいいのだ」
だったけか。最期は無茶な転進命令で山本を残して死んでしまうんだよなあ…

12 :名無し三等兵:02/06/16 02:22
> ベンダサン
サヨクの手口をそのまま流用したブラックジョークと、
漏れ的には解釈している。

13 :名無し三等兵:02/06/16 23:55
員数主義についていかに軍の病根になっていたか解ったが、
現在のあらゆる組織でもそう変わりないときがつきゾっとしたね。

14 :名無し三等兵:02/06/17 08:30
読み終わって冷静になってから、
今の日本は、どうなのかはもちろん、
今自分のいる集団・組織は、
そして、
自分自身はどうか、かんがえると、
恐ろしいものがある。

15 :名無し三等兵:02/06/17 10:26
弁田さんは進めんが、この3部作は、ドキュメンタリーとして読むといい。

特に初心者には、この3部作と、割りとまともな部類に入る社会科学的検証をやっている本
(例えば、「失敗の本質」やNHKの「シリーズ・太平洋戦争」)
を読み合わせることを進めたい。

全部読破すれば、だいたい、小手先の2度3度の逆転勝利くらいでは、
とうてい太平洋戦争の勝利はあり得ないだろうと思えるようになれる。
どこに問題点の本質があったかもかなり見えてくる。

しかも、旧軍並の体質を持った企業(企業とまでいかなくても管理者)が
今も如何に多いかってことも見えてくる。

そうすると、きっともっと勉強しようという気にもなってくるだろう。

16 :恥ずかしながら開直り:02/06/17 13:57
ただ、引用文に、平気で古文、旧かな文、使うんだよね。

俺みたいな、古文消防だと、そこのところで、四苦八苦、、、

出版社も、これからの日本のことを考え、
現代文訳をつけてほしい、、、

17 :名無し三等兵:02/06/20 23:44
バターン死の行進についての記述を読んで、
戦争経験者と俺らでは確かに断絶していると思ったね。

18 :兵頭モドキ:02/06/21 16:36
やっぱ名著だと思う。
軍記モノの中では別格。現代の視点で当時の評価をしていた点が特に。
「空気の研究」を理解するのにも非常に有効。
人の意識・概念の限界・拘束・可能性について、戦後のウヨ・サヨ・マスコミへの
評価はいまでも通用する。

19 :名無し三等兵:02/06/21 21:33
なんというか文から諦観がにじみ出ているんだよ。
「日本人の行動原理に変わりは無い。今でも同じ事を繰り返すだろう」
そう言われている様で、読むたびにため息が出るんだよね。

20 :名無し三等兵:02/06/24 00:38
そういやこの人、司馬遼太郎と仲が良かったっけ。
となると佐藤大輔の「征途」の世界では
山本七平砲兵少尉はどうなっているのだろうか。


21 :名無し三等兵:02/06/24 00:44
>>19
そうそう、小学校のとき読書感想文用に「一下級将校」
読んだら気分が沈んで何も書けなくなった思い出がある。

22 :名無し三等兵:02/06/24 01:32
>21
>小学校のとき
それは、すごい。

23 :名無し三等兵:02/06/24 16:08
>20
やっぱり、山本書店をやっているのでは?

24 :名無し三等兵:02/06/24 16:24
陸軍三部作ではないが、文藝春秋にのった(はずの)文章で、
そのとき進行中だったイラン革命と、日本を比較した文章を読んだ記憶がある。

明治維新 -> 追いつけ追い越せ -> 日露戦争 -> 自信 ->
不況 -> 精神主義(国粋) -> 戦争

パーレビ政権 -> 追いつけ追い越せ -> 石油戦略発動 -> 自信 ->
社会問題 -> 精神主義(イスラム) -> ホメイニ革命・米国大使館事件

という比較だったかな?

抑圧されている、されていると思っている人間・集団が、
成功後、問題が発生すると、
その成功パターンにこだわって極端まで逝ってしまう、
というまとめ方だったかな?

今現在も、将来予測に役立ちそうな気がする。

25 :名無し三等兵:02/07/03 01:46 ID:XalT8otq
砲兵の行軍の描写なんか
読んでいるこっちも嫌になってくる。
よくこんなていたらくで戦争をする気になったもんだ。

26 :名無し三等兵:02/07/03 01:54 ID:Gz61/TXl

高級官僚を吉野家の店舗で研修させていたが、それよりか、この本を読ませろ


27 :名無し三等兵:02/07/03 03:36 ID:gkgYB5xc
>>26
読んでる人もいるよ。
でも愚行を止められないのが組織の罠。


28 :名無し三等兵:02/07/03 23:16 ID:UPIQ7DB7
>>27
組織の自転は誰にも止められずに、
ただただなし崩しに時が過ぎ行く。
やがて訪れる破局のときまで…

鬱だ…

29 :名無し三等兵:02/07/04 19:44 ID:QqyCJVDv
山本七平の描く日本軍の組織的欠陥が、そのままウチの会社に当てはまる
と気付いた時は愕然とした。
何とか軌道修正したいと思っても、一人二人の下っ端があがいた所でどうな
るものでもなし。
ウチの会社、先の大戦に例えるならインパール作戦が失敗した辺りかな・・・。
あと1〜2年の命かも・・・(鬱

30 :名無し三等兵:02/07/04 20:17 ID:???
>>29
国自体がそうとも言える。
郵政族+総務省に道路族+国交省etc・・・。
阿呆らしいと思っても誰も止められない。
貴社だけの状況ではないと思われ。


・・・慰めになってませんね。済みません。

31 :アフォ:02/07/04 20:29 ID:eYKFOeOm
氏の言ってた商業軍国(共産)主義ってのはいい例えだな。
今のマスコミもマンセー対象さえ中共とか米帝に変わったものの大政翼賛体質は全く変わっていないし。
ため息が出るよ。

32 :名無し三等兵:02/07/05 22:46 ID:8CFqAJfG
残飯将校、ボロ担ぎ、トッツキ、イロケ、ソッコー野郎、万年タン助、内地宣撫班。
軍隊内の隠語を知るうえでとても役に立った。

33 :名無し三等兵:02/07/06 18:57 ID:???
>32
ワールドカップの報道で、
「内地宣撫班」の意味が、
よく、わかりました。

34 :名無し三等兵:02/07/11 01:03 ID:KpcFuXfF
>>33
アハハ、たしかに!


35 :名無し三等兵:02/07/11 01:40 ID:???
私は華北戦記(桑島節郎)で日本軍の愚かしさを知りました。
二等兵からの軍隊生活だからより生生しくて・・・・。
日本は戦争に負けて良かったみたい。

36 :名無し三等兵:02/07/11 23:03 ID:/7L+HmE/
>>6
俺も好きだな、あの部隊長。
あとS中尉だっけ?特進で、演芸会で
中隊全員で「満期節」を歌った名物将校は。
あの人も好きだなあ。

37 : :02/07/11 23:25 ID:MJPe5dlM
「天前渡河」ってネタあったな。

38 :名無し三等兵:02/07/11 23:27 ID:0mPS58u8
徴兵検査の時に威張り腐ってた親父みたいのって、今でも多いよな。

39 :名無し三等兵:02/07/12 15:11 ID:???
>24
隣の国も?

40 :名無し三等兵:02/07/12 20:43 ID:ivFMV3nT
>>38
「上につかえる」と書いて事大主義ですな。
作中でも言われてたけど今でも珍しいことじゃありませんね。
そこらじゅうにそんな輩はいるな。

41 :コヴァ:02/07/13 23:38 ID:2oIW7QI+
「聖戦完遂」が空気なら、「日中友好」も「痛切な反省」も空気。
いまだに日本は空気に支配されている。

42 :名無し三等兵:02/07/14 00:44 ID:???
つーか今生きてたら七平はこヴぁのこと

    日 本 教 徒

というんじゃなかろうか?

43 :名無し三等兵:02/07/14 00:48 ID:???
くだらない連中で終わるんじゃない

44 :名無し三等兵:02/07/14 01:37 ID:???
>>42
つーか日本教徒は罵倒語じゃないぞ。
七平は自分を日本教徒の外には置いていないと思うが。


45 :名無し三等兵:02/07/14 01:43 ID:???
別に罵倒語としてつかったわけじゃないが、何か?

46 :名無し三等兵:02/07/15 08:48 ID:???
日本教徒の定義って、あったっけ?

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)