5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

戦艦大和なんて馬鹿の見本です

1 :坂井三郎:02/06/17 11:48
世界の三馬鹿といって、ピラミッドと万里の長城と戦艦大和といわれる。
結局何にもできないまま沈みに行くだけのために作られた。
そのころ日本は、戦艦ひとつ作った年は不況に陥っているんですよ。
そのくらい軍備には金がかかる。貧乏国でわらじはいている国が
武蔵だ何だ作ったら国費の何十パーセント使っているんですよ。
ほとんど無用の長物ね。沈められるために作った。
日本は貧乏国で戦争が始まったらアメリカはどんどん作った。
最後は航空母艦なんて何十隻あるか分からない。
日本は温存温存で、戦艦なんて1回も交戦しないまま
最後には原爆の標的にされるような、馬鹿なことをやっている。
すなわち、海軍では大砲屋、鉄砲屋といって、一番立身出世するんです。
砲術、次が水雷、そして通信。ところが砲術、水雷なんて明治37〜8年の
ものがまだ通用すると思っているの。それも戦わないでどこかにに隠れていて
何にもしないで戦争が終わってしまったっていう、そういう連中の頭ですから
近代戦を戦う頭なんかないんです。

2 :名無し三等兵:02/06/17 11:51
今日は涼しいね。

3 :名無し因果応報 ◆1vy8yE0w :02/06/17 11:51
よっしゃー!! 糞スレ2ゲット!!

4 :名無し因果応報 ◆1vy8yE0w :02/06/17 11:52
殺してやる!!>2

5 :名無し三等兵:02/06/17 11:52
ドイツもアメリカも戦艦作ってるけど。

6 :2:02/06/17 11:53
>>3
へへへへへ。

7 :名無し三等兵:02/06/17 11:57
マジノ線

8 :名無し三等兵:02/06/17 12:02
あの頃戦艦は2隻しか造ってないけど不況は昭和初期からづっと続いて
るぞ。

9 :名無し三等兵:02/06/17 12:17
そこまで引用しながら、航空機優位の結論を導けない>>1が馬鹿の見本です。

10 :戦艦主兵論:02/06/17 12:24
戦艦の建造費が、国家にとって相当の負担だったのは本当だろう。

1921年 一般会計歳出額14億9千万円 総軍事費7億3千万円(国家歳出比49%)
  海軍予算5億2千万円(国家歳出比34.9%)陸軍予算2億1千万円(14%)
  長門・赤城他、八八艦隊建造中。軍事費はこの年がピーク。

日本国の歳出額中、軍事費の占める割合
1921年 49.0% ワシントン軍縮会議 長門完成
1922年 42.3% 陸奥完成
1923年 32.8% 海軍費20.0%(陸軍12.8%)
1924年 28.0% 
1925年 29.1% 
1926年 27.5% 海軍費14.4%(陸軍とほぼ同額になった)
(略)
1930年 28.4% ロンドン軍縮会議(補助艦艇の制限)
1931年 30.8% 満州事変
1932年 35.2% 
1933年 38.7% 
1934年 43.6% 軍令部より艦政本部に新戦艦性能諸元案提示
1935年 46.8% 
1936年 47.2% 軍縮条約失効
1937年 45.7% 第3補充計画(大和・翔鶴他)
1938年 35.5% 

軍縮で戦艦の建造を止めると、軍事費の割合が目に見えて小さくなってる。

11 :名無し三等兵:02/06/17 12:40
>10
いいぞ、大人の対応だ(w
航空主兵論者も冷静に議論できるようにすれば、
糞スレも、良スレに変わるかもしれんからな。
健闘を祈る。

12 :名無し三等兵:02/06/17 12:59
イージス艦が歳出に占める割合
確かこんごうが1240億円、当時の一般会計は70兆円=70万億円だから0.2%か、
けっこうなものだ。

13 :名無し三等兵:02/06/17 13:07
>1
信濃のことじゃないか?

14 :名無し三等兵:02/06/17 13:10
& hearts;

15 :名無し三等兵:02/06/17 13:12
源田実降臨?

16 :名無し三等兵:02/06/17 13:34
打通太郎が来そうなスレだな

17 :名無し三等兵:02/06/18 07:54
あの造形美が馬鹿ねえ。無駄に温存した連中こそが馬鹿の見本のような気がする

18 :名無し三等兵:02/06/18 08:01
温存ではない対航空攻撃力があまりにも不足していた。
使いようがないんだよ。

19 :名無し三等兵:02/06/18 08:07
46サンチ砲を取り外し、軽量高速化して全面的対空装備で世界初の
対空戦艦にすれば名艦と言われたろう。

20 :名無し三等兵:02/06/18 09:12
>世界の三馬鹿といって、
「世界の三馬鹿」ってのは初めて聞いたわ...
じゃ、4番目は1って事にしといてあげるね♪


21 :名無し三等兵:02/06/18 15:16
空母の建造費はどれぐらいだったの?
艦載機こみで。

22 :ケーニヒ:02/06/18 16:08
>>19
対空戦艦にしてもあの速力じゃねえ。

23 :名無し三等兵:02/06/18 16:14
1に大いに同意、
現在にも日本にはそういう馬鹿石頭温存過去主義者はわんさかいるな、

24 :名無し三等兵:02/06/18 16:15
>「世界の三馬鹿」ってのは初めて聞いたわ...

 戦艦大和と万里の長城はお約束で、後の一つに自分の
揶揄したいものも入れるのが基本。「当時は戦艦大和、
万里の長城と並ぶ世界の三大馬鹿と言われたものです」
というように引用される。

>46サンチ砲を取り外し、軽量高速化して全面的対空装備で世界初の
>対空戦艦にすれば名艦と言われたろう。

 そりゃ戦艦とは言わん。

25 :名無し三等兵:02/06/18 16:22
超大型低速防空軽巡「大和」

26 :名無し三等兵:02/06/18 16:27
あの主砲取ったらスピードは出ると思ふ。
バランスがくずれて舵とるとひっくり返るかもしれんが。

27 :名無し三等兵:02/06/18 16:41
同時期の他国と比較すれば大和の建造は別に何でもないことなんだが。

28 :名無し三等兵:02/06/18 21:15
tuyudesune

29 :名無し三等兵:02/06/18 21:20
対空砲火をもっと強く出来ればなー・・・
遅くなってもいいから。
どうせ約260m幅40mぐらいあるんだから急降下爆撃の前ではタコ殴りだって(藁

30 :名無し三等兵:02/06/19 08:03
第2次大戦開始期に戦艦を建造したことは時代錯誤ではあるまい 世界各国でも

アメリカ: アイオワ級など ただし設計思想は先見の明あり
イギリス: ヴァンガード 戦後に完成 主砲は第1次大戦のお古
フランス: ジャンバールを戦後も建造継続 56年に完成! 4年でスクラップ
 ソ連 : 戦後も戦艦の建造を計画


31 :名無し3島兵:02/06/19 08:08
運用ミスと思いますがその辺はどうなのでしょう?

32 :大陸浪人:02/06/21 12:23
真珠湾攻撃とマレー沖海戦のあと主力艦の均衡が破れた時こそ
戦艦活用の好期であったと思われ。

33 :名無し三等兵:02/06/21 14:34
>32 戦艦に何をさせようと?。

34 :名無し三等兵:02/06/21 14:43
大和って空母(艦載機付き)何隻分の値段なの?

35 :名無し三等兵:02/06/21 14:57
昔は「軍艦大和」といってなかった?

36 :名無し三等兵:02/06/21 15:08
>34
>大和って空母(艦載機付き)何隻分の値段なの?

まず大和の値段なんだが、よく判らない。研究者によって分かれていて、
建造費は1億3千万から1億6千万以上まで諸説ある。戦史叢書だと約1億5千万円。

表向き3万5千トンの新戦艦を作る事にして、建造費は少なめにしていた。
そこで同時期建造する空母や駆逐艦などの予算を、大和の建造費に上乗せする。
更に実際には建造しない駆逐艦や潜水艦を、予算だけ取りそれも大和に回す。
加えて補助艦艇の排水量を実際より大きめに報告し、水増しした予算を大和へ回す。

予算成立時の排水量と実態
敷設艦 津軽 5000t −> 4000t
海防艦 占守 1200t −> 0860t
急設網艦初鷹 2000t −> 1600t
測量艦    1600t −> 1400t

蒼龍の建造費 4020万円  瑞鶴の建造費 8455万円

飛行機は一機15万円位として、蒼龍一隻搭載機分54機は810万円。
蒼龍3隻と搭載機分で、1億2060万円+2430万円 = 1億4490万円

37 :名無し予備役三等兵:02/06/21 15:10
無駄だと、馬鹿だと言われたって構わない。私はそんな大和が好き。
といってみる。

確かに大和は遅いね。砲塔を一個減らして、副砲を全廃してでも
軽量化に勤めれば空母の護衛につかえたのんだろうな・・・


38 :名無し三等兵:02/06/21 15:24
和大艦軍國帝本日大

39 :名無し三等兵:02/06/21 15:28
戦艦数なら米英の方が多い。
わが国はたった12隻。

40 :兵頭モドキ:02/06/21 15:48
艦隊決戦思想に凝り固まった海軍が唯一の精神安定剤として
「無敵戦艦」にすがりついたのだろう。
マヌケぶりはいたるところ。
1、蜂の巣鋼鈑の煙突防御がえらいご自慢だが、巡洋艦装甲の副砲塔を平気で
  中心線に並べてる。
2、パナマックスタイプのアメリカ戦艦に勝てると思い込んでるが
  空母ミッドウェーは非パナマックス船体。大和に対抗する戦艦を
  作ろうと思えば十分可能ということ。
3、スピードはいわれるほどマヌケじゃない。
  モンタナクラスも28ノットどまりだし。ただし艦隊決戦で
  アイオワの夜間レーダー射撃には耐えられんだろうが。
4、対空火力は自分の主砲射撃のブラストで自分の照準を妨害してる点が
  どもならんマヌケ。
 「伝家の宝刀」として床の間に飾っとくのが一番良い使い方なんじゃが。
 ホントの「道具」だったらもっと遠慮なく使えよ。ウォースパイトを見習え!

41 :名無し三等兵:02/06/21 16:24
sage

42 :名無し三等兵:02/06/21 16:33
大和はホテルがお似合い。

43 : ◆CGkE.z32 :02/06/21 16:48
戦艦と空母の比率で言うと大戦当初日本は、それほど戦艦偏重というわけじゃない。
大和にしても46センチ砲搭載艦としてはむしろコンパクトな方。
戦艦がどうのこうのというより国力の差につきる。

44 :名無し三等兵:02/06/21 17:00
>>43
ただ条約明け後に 米英仏独伊の建造した新戦艦と較べると 設計思想に
古さが見られる(副砲など)のは否めない。
辛口にいえば「大きいだけが取り柄」


45 :名無し三等兵:02/06/21 17:05
開戦後は戦艦の建造も中止され、完全に航空主義に切り替わってた。
戦前ならともかく、戦時中の日本が大鑑巨砲主義だったと思ってるのは
歴史の遠近感を持たない連中というしかない。
もちろん、戦艦大和が無駄だったというのは正しいが。



46 :名無し三等兵:02/06/21 17:07
>日本は貧乏国で戦争が始まったらアメリカはどんどん作った。
>最後は航空母艦なんて何十隻あるか分からない。
>日本は温存温存で、戦艦なんて1回も交戦しないまま
>最後には原爆の標的にされるような、馬鹿なことをやっている

せつねぇー……
ジオングだって最後には活躍したのに

47 : ◆FEBbwgq. :02/06/21 17:16
アメリカはモンタナ級、ドイツは51センチのH級の建造計画があったし、
それに比べりゃ大和がかわいく思える。

48 :名無し三等兵:02/06/21 17:20
こんなもん作るんだったら
少佐の言うとおりに戦車と弾薬を作ったほうが良かったな

49 :名無し三等兵:02/06/21 17:29
>>48
そのセリフは彼を呼び込むぞ

50 :名無し三等兵:02/06/21 17:35
>>48
作った戦車が全部97式だったら、意味無しになる罠

51 :名無し三等兵:02/06/21 17:39
でも無いよりはまし

52 :名無し三等兵:02/06/21 17:40
大和武蔵をやめてその分空母造ってればも少し頑張れたかもしれない。
しかしそれだと原爆2発ではすまなかっただろう。

結果論としてはよかった。

53 :名無し三等兵:02/06/21 18:04
七面鳥撃ちの回数が増えて規模がでかくなるだけだな

54 :名無し三等兵:02/06/21 18:16
守るも攻めるも黒金の浮かべる城ぞ頼みなる〜♪

戦艦ってこういう認識だったんですね。

55 :あらら:02/06/21 18:20
またむいむい(偽)の糞スレか。


56 :名無し三等兵:02/06/21 18:24

              -― ̄ ̄ ` ―--  _
          , ´  ......... . .   ,    ~  ̄" ー _
        _/...........::::::::::::::::: : : :/ ,r:::::::::::.:::::::::.:: :::.........` 、
       , ´ : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::: : ,ヘ ::::::::::::::::::::::: : ヽ
    ,/:::;;;;;;;| : ::::::::::::::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::: ● ::::::::::::::::: : : :,/
   と,-‐ ´ ̄: ::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::r(:::::::::`'::::::::::::::::::::::く
  (´__  : : :;;:::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::`(::::::::: ,ヘ:::::::::::::::::::::: ヽ
       ̄ ̄`ヾ_::::::::::::::::::::::し ::::::::::::::::::::::: : ●::::::::::::::::::::::: : : :_>
          ,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `' __:::::::::-‐ ´
        (__  ̄~" __ , --‐一


          ちよ父がこのスレを死に場所に選んだようです

57 :名無し三等兵:02/06/21 18:33
>1
同意。その当時の海軍はまさに役立たずたった。
大陸での連戦連勝を重ねた陸軍こそが日本を支えた。

58 :名無し三等兵:02/06/21 18:34
山本権兵衛は、戦艦なんか作ってもしょうがない、これからは空母だって
言ってたんでしょ。


59 :名無し三等兵:02/06/21 18:55
馬鹿だ、無駄だ、無用の長物といわれても、好きなんです、

あの鉄の塊が。

60 :73たん:02/06/21 18:55
>>1サンクス

世界三大馬鹿のピラミッドと大和はわかっていたんだが
万里の長城だけが思い出せなかったんだ。
喉に刺さっていた魚の骨がとれた気分だよ。


61 :名無し三等兵:02/06/21 18:57
>57

連戦連勝で国を滅ぼした、陸軍。



62 :名無し三等兵:02/06/21 19:08
駄痛に構うな

63 :名無し三等兵:02/06/21 19:10
地中海とか北海のような狭い海域ならそこそこ使えるのは欧州でも実証済み。
中国相手の戦争しか頭になかった日本軍にとっては絶好の威嚇兵器であったことだろう。

64 :名無し三等兵:02/06/21 19:15
昭和の三馬鹿査定って戦艦大和と上越新幹線とかだっけ?

65 :名無し三等兵:02/06/21 19:15
>>63
当時の中国に海軍力ないだろ。

中国との戦争は陸軍の戦争で海軍の戦争ではない
という意識もあったろうし


66 :横レス:02/06/21 19:17
だから「威嚇兵器なのでわ?」

67 :名無し三等兵:02/06/21 19:32
戦時中は大和も零戦も秘密兵器で、一般の国民がその存在を
知ったのは戦後らしいから、どうだろう威嚇効果はあったのかなぁ。

68 :名無し三等兵:02/06/21 19:36
山本五十六だったっけか、
床の間に飾ってある刀ほどの役にしかたたないと言ったのは?

69 :名無し三等兵:02/06/21 19:40
ボリビア海軍萌え〜

70 :名無し三等兵:02/06/21 19:41
パナマ運河通れる大きさでウチの大和に勝てる艦は持てないだろ〜と
アメリカを挑発していれば・・・・

最初からパナマ運河を無視した大戦艦ができるだけか(鬱

71 :名無し三等兵:02/06/21 19:45
コスタリカ海軍萌え〜

72 :名無し三等兵:02/06/21 19:53
>>66
アホか! 重慶まで艦砲射撃の弾が届けば 威嚇になるわいな。

73 :名無し三等兵:02/06/21 19:54
パリ砲並みの威嚇だな

74 :名無し三等兵:02/06/21 19:55
>>72
そんな技術あれば戦艦いらねえよ(w

75 :名無し三等兵:02/06/21 20:18
主砲のバカヤロウ

76 :名無し三等兵:02/06/21 20:22
あの金をアメリカの政治家に掴ませてればな。。。。。。

77 :名無し三等兵:02/06/21 20:25
与え損の罠

78 : :02/06/21 20:47
使いこなせなかったくせに役立たずとかいってるヤシ見るとアイタタタ

ソロモンで二隻そろって夜戦投入していればずいぶん話は変わったさ

つまり用兵側のミス

79 :名無し三等兵:02/06/21 21:19
そう、その通りだが、78の野戦案も甘い
おれの突撃案が南方進軍成功の技となる!
彼らはソロモン海こそ死場に相応しいのだが(沈むと維持費が無くなる)
航空機、戦爆連合350機で総攻撃を開始し!!
大和、武蔵、陸奥、金剛、榛名
扶桑、山城、伊勢、日向の4隻は別方面から!!
(長門は司令部で残す)重巡数隻と一緒に大砲うちまくって
上陸部隊に駆逐艦輸送10数隻で餓島に強行上陸
あの当時の戦力はこれが出来た!!
ちびちびした作戦ばかりやってるから、戦力削ぎ落とされて
消耗戦に突入したんだよ!!
おもいきりのない大本営は馬鹿??

80 :名無し三等兵:02/06/21 21:21
馬鹿に、馬鹿といっても、、、

81 :79:02/06/21 21:47
潜水艦による艦隊防衛網も敷くべきだな。

82 :名無し三等兵:02/06/21 23:18
age

83 :名無し三等兵:02/06/21 23:26
バルパスバウの中には高性能ソナーが・・・

84 :名無し三等兵:02/06/21 23:33
矢張り大和と武蔵の艦砲射撃でミッドウエー島を砲撃すれば、勝っていたのだろうか。

85 :名無し三等兵:02/06/21 23:35
ミッドウエー到着前に、米国の航空隊にやられる罠

86 :名無し三等兵:02/06/21 23:35
>84
大損害を与えただろうが
仮に上陸しても米機動部隊の餌食。

87 :菊水:02/06/21 23:37
大和は海軍の象徴になってしまったので、危なくて前線に出せなくなって
しまった。傷でもついたら全体の士気にかかわるのです。
海軍の象徴としての作戦には参加が許されています。

88 :名無し三等兵:02/06/21 23:40
戦艦は航空戦力には対抗できない事を証明した日本軍だから
こそ、使えないんだな。

89 :名無し三等兵:02/06/21 23:42
>>79
それ、天山出版の火葬戦記もので読んだことがある。
大和と武蔵、それぞれを旗艦とする戦艦部隊がガダルカナルを砲撃する話。

90 :名無し三等兵:02/06/21 23:50
でも・・・こうして今でも我々が旧日本海軍に想いを馳せるのも、世界最大級の戦艦があったから・・
ってのは大きいだろ。何はともあれ、数字の上では最大最強の大和、その悲劇的な特攻。長い間、一流
として君臨し続けた長門、その泣ける最後。

もし、日本戦車みたいに、日本海軍が哀しいくらいの貧弱な艦艇しか持ってなかったら、海軍もどちらかと
言えば悪談ばかり伝えられたんじゃないか?

91 :名無し三等兵:02/06/21 23:53
>90
九七式戦車に謝罪汁!

92 :名無し三等兵 :02/06/21 23:54
>>64
>昭和の三馬鹿査定
戦艦大和と青函トンネルと原子力船むつ、だYO

金かかる、モノがデカイ(むつは別?)で、作ってる最中に時代遅れになっちゃったんだYO

93 :名無し三等兵:02/06/21 23:56
走る事も浮かぶ事も許されなかった原子力船むつ

94 :64:02/06/21 23:58
thx

95 :名無し三等兵:02/06/22 00:03
対空砲強化?
VT信管なかったのに?

96 :名無し三等兵:02/06/22 00:08
アイオワやサウスダコタは
舷側の防御鋼板が艦底まで一体だけど
大和は途中で角度を変えて継ぎ目があるよね。
そこがバリっと取れるのかな?
詳しい方いませんか?


97 :名無し三等兵:02/06/22 00:09
トラックで大和は魚雷一本食らったとき
弾薬庫まで浸水したって本当?
防御鋼板が動いて隔壁を壊してもとの位置に戻ったって書いてあったような?
おもいがけない欠陥だと書いてあったような?


98 :名無し三等兵:02/06/22 00:12
>>9
戦艦vs空母では、空母の方が有利なんていうのは、俺のような軍事知識ゼロの
平和主義者が考えてもすぐにわかるNE

まず、大和の大砲は一番大きなものでも46センチだろ?
そんなの戦闘機だったら、それよりデカイ爆弾をぶら下げられるだろ。
それに46センチ砲の飛距離は40キロほどだろ?
戦闘機なら、もっと遠くまで飛んで行けるだろ。
おまけに、砲弾は一旦発射したら、あとは行ってこいだ。当たるかどうかは、
神のみぞ知るだろ?
戦闘機なら、右に左に自由自在、獲物を探す獣のようにあっち行ったりこっち
行ったりできるだろ。
もちろんその間、無駄玉は撃たない。

こういう基本的な特性の違いがあって、空母の方が有利だなんてことはド素人が
考えてもわかる。
こんなことも素直に理解できなかった、あの当時の軍部は本当に頭が悪いNE。

99 :名無し三等兵:02/06/22 00:14
こんな糞スレに


何でこんな¥レス付いてんだ?

100 :名無し三等兵:02/06/22 00:14
源田実降臨ですか?

101 :名無し三等兵:02/06/22 00:14
>>98
お前、俺は重力が何にでも働く事を知ってるぜ。ニュートンより偉大な人物。とか言ってるタイプだろ。

102 :名無し三等兵:02/06/22 00:16
>>98
要するに、ボクシングのリーチと同じで、空母から戦艦は攻撃できても、
戦艦から空母は攻撃できないってことかNE

103 :_:02/06/22 00:18
馬鹿なのではない!日本海軍は世界史上まれに見る芸術家集団だったのだ!
勝利など二の次!美しく勝つ!(負けたけど)スレ違いだがオランダサッカ
ーに通じるものがある・・・。

104 :名無し三等兵:02/06/22 00:20
戦艦大和はやはりカコイイ!!!!

105 :名無し三等兵:02/06/22 00:23
>>101
じゃあお前、ちょっと話題になった、アポロは月に行ってなかったってやつで、
月面を走る車の車輪が巻き上げる砂がなんであんなにしょぼいのか説明できるか?

106 :名無し三等兵:02/06/22 00:25
>105
それと101の言う事と何の関係があるんだ?デムパ?

107 :名無し三等兵:02/06/22 00:29
>>98
じゃあWW2当時の空母1隻と、同じ時期の戦艦5隻が戦ったらどっちが勝つと思う?

108 :名無し三等兵:02/06/22 00:30
輪形陣で対空射撃されると飛行機も数落ちるぞ

109 :名無し三等兵:02/06/22 00:31
>>103
それじゃあ戦をする資格がないYO
勝手に自分の頭の中で空想してればいいんだYO
太平洋戦争時、日本の軍艦の館長は、イギリス海軍から受け継ぐ伝統どおり、
沈没する船と運命を共にしたらしいが、
アメリカの館長は、さっさと逃げたってよ。
で、新しく建造された船の館長になってすぐに戻ってきた。
日本は、そういうことで、長い時間かけて教育した職業軍人がどんどんいなくなって、
戦場で闘う指揮官、一般人を軍人に教育する人間ともにいなくなった。ってYO

110 :名無し三等兵:02/06/22 00:31
>>90
長門の最期は本当に泣けた!
アメリカの核実験に使われ、周りの艦艇が沈んでいく中、日本の技術力の高さを
最後までアメリカに見せつけた。
そして誰にも看取られること無く闇夜のうちに海底へと消えていった・・・。

111 :名無し三等兵:02/06/22 00:32

ほかのスレでも書いたんだが・・・
もしもよ、大戦末期に沖縄特攻で犬死しなかったら、あのまま、つまり
燃料がなく瀬戸内海にむなしく浮かんだままだったとしたらどうなったろう?

榛名のように大破着底? 長門のように原爆実験に供された?

アメリカは終戦後、生き残った帝国陸海軍のヒコーキを何機か本国へ
持ち帰ったけど、大和もアメリカへ回航してほしかったなあ。ま、
回航費用やその後の維持費はヒコーキとはケタ違いなのは充分承知だけ
ど、船の科学館にある二式大艇みたく、何十年かたって日本に返還され
たりして。

戦争記念館(艦)でも戦没者鎮魂記念艦でも世界三馬鹿見本のひとつ
でも何でもいいから、横須賀か呉に今もなお繋留されていたりしたら、
オタにはたまらんだろうねえ。

ワキ道それてスマン。



112 :名無し三等兵:02/06/22 00:32
駆逐艦の艦長や小型艦艇の艦長は
「んなことしたら戦争できるか!!」
とさっさと避難してたみたいだな


雪風の艦長も…

113 :名無し三等兵:02/06/22 00:35
>>107
だからリーチが違うだろ。馬鹿かお前は。
第一、戦艦の上を飛んでる飛行機を簡単に打ち落とせるのかYO
それに戦闘機がある程度のところまで近づいて、魚雷落としたらどうすんだYO

114 :名無し三等兵:02/06/22 00:36
>111
記念艦として今でも海に浮かぶ大和って萌えるね。
でも二式大艇と違ってでかいから管理が大変で沖縄のアクアポリスみたく
鉄屑にされてしまう結末かもしれない…

115 :名無し三等兵:02/06/22 00:37
なんか源田太郎が降臨中ですか?

116 :名無し三等兵:02/06/22 00:38
記念艦よりも戦利品としてフランスあたりに引き取ってもらえば
インドシナ戦争とかスエズ動乱に出撃する勇姿が見れたかも

117 :_:02/06/22 00:41
やっぱ、沈んだから人気があるんだろ?日本で最も愛されてる武将の
真田幸村といっしょだよ。そういえば、なんか通じるものがあるな。
真田と大和。真田の徳川旗印への突撃は萌えるなあ。

118 :名無し三等兵:02/06/22 00:44
真田は家康を絶体絶命まで追い込んだけど、大和はただ沈められただけ

119 :名無し三等兵:02/06/22 00:48
>>109
おまけ。

戦時中、日本では、飛行機その他、兵器を作るのに長年携わった職人も、
どんどん戦地へ召集されていなくなった。
そのために戦争の後半では、ド素人の女子供が兵器を作ったために、質が
随分落ちたらしい。
要するに職人技に頼って、何もしなかったってこと。
ところがアメリカでは、職人も戦地へ行かされるようになったのは同じだが、
職人技を解析して、素人の女でも作れるように製造工程のマニュアル化を
徹底したそうな。
そのため、戦争の後半になっても、日本とは違って、兵器の質は落ちなかった。んだってYO
日本海軍にいた人の話だYO

120 :名無し三等兵:02/06/22 00:50
>>119
と、言うか職人技とは違うだろ。それ。
マニュアルで女子供も出来るなら、それは職人技じゃなくてただの「コツとポイント」。

職人技で兵器作ってた日本も日本だけど。

121 :名無し三等兵:02/06/22 00:52

沖縄特攻で豊後水道を抜けて行くとき、南方から帰ってくる輸送船隊と
すれ違った。発光信号による激励を受けた大和からの返答、
「ワレケッシテキタイニソムカザルベシ」

戦闘機の援護もなく、途中でアメリカ機動部隊の航空部隊の空襲
による激戦も充分予想される中でのこの返事! ナミダが止まりましぇん!

こーいう電文(ではないが)は誰が回答するんだろう?
いちいち艦橋幹部が文章を考えて応答を指示するのか、通信科の将校あたり
が自動的に応答するのだろうか? 詳しい方教えてくださいまし。

それにしても、圧倒的劣勢を充分承知のうえでの
「ワレケッシテキタイニソムカザルベシ」に思いを募らせるたびに
涙腺があ〜。



122 :名無し三等兵:02/06/22 00:56
>>120
職人技を「コツとポイント」に簡略化したのが偉いんだYO

123 :キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!:02/06/22 00:56
総員上甲板!!!!!!!!!!!!

124 :名無し三等兵:02/06/22 00:57
>>113はネタ職人ですか?

125 :名無し三等兵:02/06/22 00:58
>それに戦闘機がある程度のところまで近づいて、魚雷落としたらどうすんだYO

さりげなく凄いこといってるなぁ。

126 :名無し三等兵:02/06/22 00:59
誰か>>121

「馬鹿め」と言ってやれ

127 :名無し三等兵:02/06/22 01:00
大和スレはゴキブリホイホイ!?

128 :名無し三等兵:02/06/22 01:05
どうせ負けるんなら、大和みたいな凄いの作っといた方が夢があっていいよ。
なんて言ったら、大和作らずにもっと上手いこと戦ってたら勝てただろ、とか
言われそうだけど。
まあ、後世に生まれた私は超ド級戦艦で悦に浸れるから別にどうでもいいや。

129 :名無し三等兵:02/06/22 01:09
戦争やってる最中に宇宙に行くなんて意味がわかんないよね

130 :名無し三等兵:02/06/22 01:11
>>113
>それに戦闘機がある程度のところまで近づいて、魚雷落としたらどうすんだYO

タイガーキャットのこと?それともファイアブランドのこと?>戦闘機

131 :名無し三等兵:02/06/22 01:17
大和の場合、沖縄特攻という、無意味な作戦によって沈んだことがイメージを悪くしているやうな。

かつては、大砲の航続距離(射程)=制海権だったのだし、そうなれば、より強力な主砲を備えるという大艦巨砲主義になるのもいたしかたないと。
時代が過渡期故に、より長大な「航続距離」をもった航空機が台頭することによって、主砲の価値が下がってさがってしまったのだけれど。

ま、数ある戦艦の中で、大和の印象が悪いのは、無駄に沈んだことが原因ではないかと。
プリンスオブウェールズなんて馬鹿の見本です、なんてスレッドは、あんまり見かけないのにね(w

132 :名無し三等兵:02/06/22 01:20
ソヴェッツキーソユーズは馬鹿の見本です
って立てても此処までは伸びないだろう

133 :名無し三等兵:02/06/22 01:30
バンガードは馬鹿の見本です
っていうのだと多少は伸びるかも。

134 :名無し三等兵:02/06/22 01:35
ネルソンなんて馬鹿の見本です
だったらどうだろう?

135 :名無し三等兵:02/06/22 01:38
アイオワ級なんて雪風の前ではオモチャです。



と言ってみたりして・・・

136 :名無し三等兵:02/06/22 01:40
ティルピッツなんて馬鹿の見本です
なら、ドイツ海軍のヘタレっぷりで話が続くかも

137 :名無し三等兵:02/06/22 01:42
>131
世界最大にして役立たずという点に尽きます。
同じ役立たずでもPoWとかティルピッツより、
うどの大木の方が叩きやすいのです。

138 :名無し三等兵:02/06/22 01:43
紀伊級なんて馬鹿の見本です
だといつのまにかレールガンの話題になってるかも。

139 :名無し三等兵:02/06/22 01:45
PoWとティルピッツの場合、姉妹艦が一応活躍してますが、
大和の場合、3隻揃って役立たずなのが萌えます。

140 :名無し三等兵:02/06/22 01:52
>>139
むしろ、機動部隊同士の対決という、歴史上では未だ2度と起きては居ない形態の戦闘を
繰り広げていた先人達は、ドイツvsイギリス海軍より遥かにレベルの高い戦いをしてた
って事だよ。

141 :名無し三等兵:02/06/22 02:39
でも潜水艦の運用は米英独の大西洋や地中海の戦いの方がレベルが高かったと思う。

ちゅ〜か日本の潜水艦運用が間違いだったのか(鬱

142 :名無し三等兵:02/06/22 02:41
>>141
ほら、潜水空母なんて萌えるメカがあるじゃないか!!我々には。

143 :名無し三等兵:02/06/22 02:44
向こうには巨砲潜水艦という物も

144 :名無し三等兵:02/06/22 05:51
大和撃沈の対価としての 米軍機の損失はわずか10機・・・
日本海軍の対空戦闘能力の低さは歴然。

145 :名無し三等兵:02/06/22 06:08
えーとね、戦車自慢大国のドイツが作ったデッカイ戦車あるでしょ。

大和級ってあれの海版だよ。

146 :名無し三等兵:02/06/22 06:09
>>140
とはいえ海軍の使い方そのものを間違ってたわけだが。

147 :名無し三等兵:02/06/22 06:14
>>141
潜水艦は対戦能力の薄い通商破壊戦兵器なんだけど、日本軍は
無防備の貨物船を無視して、対艦攻撃してるんだよね。

敵に塩を送る精神してる場合じゃないのに。

148 :名無し三等兵:02/06/22 07:07
会戦思想というか、中世っぽいよね。
敵の戦力を叩いておしまい。

149 :15万トン千ヵん:02/06/22 16:11
ミッドウェー砲撃に使えばいい。長門級・伊勢級・扶桑級と一緒に。
アリューシャン作戦は必要じゃないから、軽空母に戦闘機(96艦戦)ふんだんに載せて護衛させればいい。
それでなくとも、その頃はアメリカの雷撃機はへたれだよ。
魚雷に欠陥があっただけでなく、腕前も下手だった。
艦爆の技量は高いけど、急降下爆撃じゃ戦艦は撃沈どころか、大破すらできないし。

もしくは、インド洋に派遣してR級と撃ち合うってのもありかも。他の旧式戦艦も一緒に行けば、東洋艦隊なんて簡単に壊滅するよ。
イギリスの艦載機大したことないし。

150 :名無し三等兵:02/06/22 16:20
>>1は帝国海軍アンチ。http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/army/1022379324/l50
           ↑のスレたてた人と同一人物。

151 :名無し三等兵:02/06/22 16:23
  

152 :名無し三等兵:02/06/22 16:32
なんと言われようが一度でいいから実物の大和をこの目
で見てみたい。

153 :名無し三等兵:02/06/22 17:46
そう、今こそ「大和再現計画」を国会で承認すべき!
その分の金は我々軍ヲタが出すYO!

154 :名無し三等兵:02/06/22 18:23
>>150
大和級を活発に使ったりしたら海軍の燃料備蓄は史実より1年早くカラっぽに
なっちまいますよ(汗

ワタシ的には大和の使い方における最大の過誤は「秘密兵器」扱いにしちゃ
ったことだと思います。
いっそのこと公開して「使うぞ、使うぞ」とハッタリのカードに使えば良か
ったのでしょう、ビスマルクやティルピッツと同様に。
当時の戦艦といえば多分にというか政治的兵器の性質を持ったフネであり(と
いうより戦術的、戦略的価値は低下し続けて政治的な意味しか残っていなか
ったというべきか)、その価値は「こんなすごいのを持ってていつでも使える
んだぞ、どうやって対抗する?」と敵にプレッシャーを与えることによって
維持されるものでした。

その観点からいけば「隠し持った戦艦」なんてのはまさしく無意味な存在と
しか云いようがない…

155 :154:02/06/22 18:24
>>150
じゃなくて
>>149
でした、すみません。

156 :名無し三等兵:02/06/22 19:01
ネルソン馬鹿にするな

157 :名無し三等兵:02/06/22 20:37
ネルソンあれは良い船だよ世界で初めて3連装40センチ砲積んだんだから
同時期のアメリカ戦艦を見てみろ。使えるのは長門級とネルソン級だけだからねえ

158 :名無し三等兵:02/06/22 20:49
>>157
コロラド級戦艦のどこが使えないのでしょうか?

159 :名無し三等兵:02/06/22 20:55
>>157
でも、斉射すると、壊れる・・・(笑)。


160 :名無し三等兵:02/06/22 20:56
対36センチ装甲では当てになりませんよ
おまけに遅い良い所ない船だ。

161 :名無し三等兵:02/06/22 20:56
>>154
大和型の存在くらい、米軍は知っていたような気もしますが・・・・・。
ドイツの大型艦が実力以上に恐れられたのは、実際に何度も通商破壊に出かけて
戦果を挙げていたせいでもありますからね。
大和・武蔵もレイテ以前に何かさせてやりたかったですな。



162 :名無し三等兵:02/06/22 21:02
>>154
日本国民には秘密でも連合国には公然の秘密。
パールハーバーで日本にコテンパンにやられ、
戦艦より空母が大事、これから飛行機ねと思った
アメリカは戦艦主体の編成から空母主体の機動艦隊に
移行していき現在にいたってるんではないですか。
ある時点では脅威でも会戦後は脅威にならなくなったと思いますけど


163 :名無し三等兵:02/06/22 21:20
うん、準鷹だよねやっぱ

164 :名無し三等兵:02/06/22 21:24
ティーガー戦車 月産25両
T-34戦車 日産30両
独ソでこれだけの差があるんだから何しても無駄
なんだけど考えてしまうよな、大和の艦載機がブラックタイガーなら・・・

165 :_:02/06/22 21:25
ガ島争奪戦で前線に出ていればまだ活躍の場はあったかも

166 :名無し三等兵:02/06/22 21:25
みんな、なんやかんやいっても大和、武蔵が好きなんだろ


167 :名無し三等兵:02/06/22 21:32
大和か・・・。
造船技術だけに限ってみれば、大和を建造したことにより
技術が蓄積されたと聞いたことがある。
だから、まったく役に立たなかったとは言い切れないのでは?
技術は人から教えてもらっただけではダメだからね。

168 :名無し三等兵:02/06/22 21:34
>>166
そりゃそうですよ。
絶対最強とは思わんけど。


169 :名無し三等兵:02/06/22 21:44
今大和をもう一度建造するとしたら(機関部なんかは現代のを流用するとして)、一体いくら位お金がかかりますか?

170 :名無し三等兵:02/06/22 21:47
2兆円もあれば作れるよ

171 :大和:02/06/22 21:49
そんな事より、聞いてくれよ1よ。スレとあんま関係ないけどさ。
このあいだ、三田尻沖行ったんです。三田尻沖。
そしたらなんか駆逐艦がめちゃくちゃいっぱいで入れないんです。
で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、沖縄特攻、とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、沖縄特攻如きで普段来てない三田尻沖に来てんじゃねーよ、ボケが。
沖縄特攻だよ、沖縄特攻。
なんか触雷する艦とかもいるし。これっぽっちの艦隊で沖縄特攻か。おめでてーな。
よーし敵艦隊殲滅しちゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、主砲ブチ込んでやるからそこに並べと。
沖縄特攻ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
水平線の彼方の敵といつ戦闘が始まってもおかしくない、
沈むか沈めるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。駆逐艦は、すっこんでろ。
で、やっと出撃したと思ったら、隣の奴が、ワレ機関故障、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、駆逐艦で艦隊防衛なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、機関故障、だ。
お前は本当に機関が故障したのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、生きて帰りたいだけちゃうんかと。
旗艦の俺から言わせてもらえば今、艦隊防衛での最新流行はやっぱり、 三式対空弾、これだね。
三式対空弾で艦隊防衛。これが通の戦い方。
三式対空弾てのは焼夷弾がいっぱい入ってる。そん代わり信管がすげぇ敏感。これ。
で、それに46センチ主砲。これ最強。
しかしこれで戦うと次から敵に集中攻撃されるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあ駆逐艦は潜水艦でも追っかけてなさいってこった。


172 :名無し三等兵:02/06/22 21:54
どうでもいいけど韓国代表になべやかんが混じってないか?

173 :名無し三等兵:02/06/22 21:55
うん。ちょっと良かった。 >>171

174 :名無し三等兵:02/06/23 06:48
>171
アフォか! 三式弾は花火と同じ みかけは綺麗だけど実効はほとんどなし
大体 対空射撃に46センチ主砲を使おうというだけで 無知を暴露しているな
大和を攻撃した米軍機の損失は10機だけだぞ。

175 :名無し三等兵:02/06/23 07:10
>世界の三馬鹿といって、ピラミッドと万里の長城と戦艦大和といわれる。
確かこれは大蔵省の主計官(だったかな)が「三大バカ査定」と言ったのが
起源じゃなかったかな。
もちろん、ピラミッドにせよ万里の長城にせよ戦艦大和にせよ、
単純にバカと切って捨てられるものではない。



176 :名無し三等兵:02/06/23 07:14
>>175
ピラミッドや万里の長城と比較されるなら上等だよねぇ

177 :名無し三等兵:02/06/23 07:18
無駄ネェ・・・。
バンガードは?

178 :15万トン千ヵん:02/06/23 10:12
>>174 大和のときは雲が多くて有効な射撃ができなった。武蔵は40機くらい撃墜したよ。
    伊勢・日向なんてもっと(藁

179 :他人:02/06/23 10:20
○○機撃墜なんて話が一人歩きしてるけど、米軍などの公式戦闘記録を参考に
してるのかな?当事者の戦場における記憶などというのは希望的観測や自己韜晦、
弁護、自慢などが入っていて信憑性に欠けるのが普通なんだけどな

180 :名無し三等兵:02/06/23 10:48
バンガードは練習艦です
主砲はお古なのでコスト的には大和の比ではありません

181 :名無し予備役三等兵:02/06/23 12:25
三大馬鹿には入ってないけれど、諫早湾のアレとか地方にある農業用空港の方がもっと馬鹿。

182 :名無し三等兵:02/06/23 13:36
>>174
ネタにマジレス、カコワルイ

183 :名無し三等兵:02/06/23 13:38
しかし、ピラミッドを出すという時点で馬鹿だな。
つまりピラミッドのことを知らない馬鹿が逝ったことだ。

そして、この中で大和だけ今ないわな。

つまり、大和だけがアホな物だってこった。

前者は金儲けにやくだってるYO。

184 :名無し三等兵:02/06/23 13:52
馬鹿の見本というよりむしろ思考が硬直し時代の変化についていけない我々日本人の見本だよな。

185 :名無し三等兵:02/06/23 13:55
海底の大和が世界遺産に登録される日も近いって事れすか

186 :名無し三等兵:02/06/23 14:00
イスカンダルにはいかねーの?

187 :名無し三等兵:02/06/23 14:12
>>186
あれだけばらばらになってちゃ無理だろ(w

188 :名無し三等兵:02/06/23 15:49
大和を始め鈍足の戦艦群をせめて西太平洋の制空権制海権が有る程度確保されていた時期
金剛のようにガ島や、ハワイ、ミッドウェーを徹底的に艦砲射撃するのに使用したらして
いたらと思う。機動部隊を後方に待機させておとりに使うのもよし、ハワイから来る艦隊
砲戦するのもよし。

189 :名無し三等兵:02/06/23 16:43
武蔵は、今どうなってんでしょうね?

190 :名無し三等兵:02/06/23 16:51
>>189
戦後米軍が元乗組員の協力を得て調査したけど位置が判明しませんでした。

191 :名無し三等兵:02/06/23 16:54
>>188
ミ海戦で、前方の空母部隊の遥か後方で将棋してた人に
そんな発想できる訳ない。

192 :名無し三等兵:02/06/23 16:54
>>188
重油は?

193 :名無し三等兵:02/06/23 17:00
>>192
あるだろ、その頃なら。

194 :名無し三等兵:02/06/23 17:14
>>188
艦砲射撃で力任せにガ島やミッドウェー島を取ってどうしようと言うのか。
そんな小島に兵隊置き去りにしても、補給が続かなくて自滅するだけだろう。

海戦の目的は?、ビジョンは?、ただ単に派手な砲撃シーンが見たいだけでは?

195 :名無し三等兵:02/06/23 17:24
もしも大和が沖縄特攻に出撃せず 敗戦時に残存していたとして
あなたは どうなるのが一番良いと 思いますか?

1: ビキニ環礁で原爆実験に
2: 賠償艦としてソ連に
3: 賠償艦として中国に
4: 日本近海で海没処分

196 :名無し三等兵:02/06/23 17:26
ホテルに改造

197 :名無し三等兵:02/06/23 17:27
>>194
ハワイを占領することで、少なくとも、米国民に
衝撃を与える事ぐらいはできる。
アメリカ相手に講和に持ち込むには唯一、国民感情
を反戦に傾けるしか無い。
ベトナム戦が良い例。

198 :名無し三等兵:02/06/23 17:31
ハワイ取られたくらいで萎えてたら
フィリピン陥落でアメリカ人全員自殺しとるわ

199 :名無し三等兵:02/06/23 17:39
>>189
海底まで沈まずに潮流に乗って太平洋を周回しているのかもしれない。
という話が吉村昭の「戦艦武蔵ノート」にあった。

200 :名無し三等兵:02/06/23 17:40
馬鹿が戦艦でやってきた

201 :名無し三等兵:02/06/23 17:55
ウラジオストックを艦砲射撃すれば良かったんだ!!!!!

202 :名無し三等兵:02/06/23 17:57
>>197
ハワイの防衛戦力は二隻や三隻の戦艦ではびくともしないよ

203 :名無し三等兵:02/06/23 18:01
>>199
いまだに流れてたら、それこそ回収してテーマパークですね!(笑)

海流の流れとかシミュレートして推定できないですかね?
・・・爆発してないなら大和より夢がある!?

204 :名無し三等兵:02/06/23 18:03
>>202 
マジレス禁止。ここはお子様の社交場

205 :名無し三等兵:02/06/23 18:05
>世界の三馬鹿といって、ピラミッドと万里の長城と戦艦大和といわれる。
そんな戦艦を3隻も作った日本っていったい・・・

206 :名無し三等兵:02/06/23 18:05
>>204
sineya aho

207 :名無し三等兵:02/06/23 18:07
ジェットエンジンは超ドキュンにしてさあ
大空に飛ばせようぜ。

208 :名無し三等兵:02/06/23 18:21
南雲艦隊>>>>>大和

209 :名無し三等兵:02/06/23 18:25
まあ役に立ってないからなあ。

210 :名無し三等兵:02/06/23 18:37
世界の三馬鹿、ピラミッドと万里の長城と戦艦大和

というセリフ映画「戦艦大和」で高嶋忠夫扮する青年士官が言ってたな

211 :名無し三等兵:02/06/23 19:00
世界の三馬鹿って言い方、戦時中からあったのか?
俺の情報だと「昭和の三馬鹿査定」を勘違いしたのが
言い出しっぺらしいぞ

212 :名無し三等兵:02/06/23 19:09
戦後作られた映画だから、多少の後講釈も入っているのでは?

213 :名無し三等兵:02/06/23 19:14
>>202
どうやら旧式戦艦総出で艦砲射撃をかけるようです

214 :名無し三等兵:02/06/23 19:15
>>213
それでも落とせるか心配なんだが・・・

215 :名無し三等兵:02/06/23 19:23
いいじゃんかよ。それで
どうせ他に使い道無いんだし。
何なら真珠湾封鎖でもいいよ

216 :名無し三等兵:02/06/23 19:25
>>193
無いよ。

217 :名無し三等兵:02/06/23 19:39
>211
世界の三馬鹿・・・・・は吉田満(戦艦大和の最期の作者=大和副電測士、東大出の
少尉で戦後日銀理事など)も書いてる。本文の方は見つけるのに時間かかるので、
解説の阿川弘之の文を紹介「ただ、この世界一の巨艦を、日本人が無条件で誇りに思って
よいかどうかには疑問がある。乗組員の間にすら、『世界の三馬鹿、万里の長城、ピラミッド、
戦艦大和』という私後が行われていたことは吉田氏も書いている。昭和12年呉海軍工廠に大和
のキールが置かれる前から、部内一部軍人から強い反対があった・・・・」

218 :名無し三等兵:02/06/23 19:41
私後>私語 に訂正

219 :名無し三等兵:02/06/23 19:52
とりあえず、ハワイの40センチ要塞砲一門潰すのに戦艦二隻が犠牲になるそうだ
これ日本軍の計算らしい

220 :名無し三等兵:02/06/23 20:35
「戦艦大和なんて 馬鹿の見本です」と主張する場合 1935ー45年期において

1: 戦艦を建造したこと自体が時代錯誤
2: 大和の性能や 設計思想が時代遅れ 
3: 実戦での運用や 作戦投入の誤り
4: レイテ沖海戦や 沖縄特攻での役立たずぶり
以後は このいずれの観点からそう言うのか まず明らかにしてから論じましょう

221 :名無し三等兵:02/06/23 20:54
吉田満の本文で心に残った部分
漂流者慰労の休暇を賜わり、思い掛けず故郷に旅立つ。登次、電報を打つ
“遺書すでに参上したれば、父上、母上、諦めおらるるやも知れずーー喜びの
心構えをしつらえ給え” 家に着く、父淡々として、「まあ一杯やれ」 母いそいそと
心尽くしの饗応に立ち働く、ふと状差しに見出したる、わが電報ーー文字形をなさぬまで
涙滲む。かくもわが死を悲しみくるる人のありと、われは真に知りたるか、その心の・・・
昭和21年に発表され一時進駐軍に発売を禁止された、この本は戦記文学の傑作と言われ
小林秀雄、三島由紀夫、林房雄、河上徹太郎などが絶賛している。一読をお薦めするよ

222 :名無し三等兵:02/06/23 21:14
>>106
馬鹿め。そんなこと>>105も説明できないのか。

それはだな、地球の6分の1の月の重力というのは、
月面で活動する場合には、あらゆる行動に働くんだよ。
だから、摩擦力も地球の6分の1だし、車両の駆動力も6分の1で済む。
だから巻き上げる砂も、地球と見た目変わらない程度にしか舞い上がらないわけだ。
すなわち、この点だけで見れば、アポロが月に行っていたというのもおかしくないということ
になる。

こんなことも説明できないお前が軽々しくニュートンの名前なんか出すな。

223 :海上護衛太郎:02/06/23 21:29
連合艦隊なんて馬鹿の見本です

224 :名無し三等兵:02/06/24 12:19
大和を作ってる時点では、まだ空母(&航空機)の攻撃力は未知数だったの
では・・・? (タラントや真珠湾よりずっと前のことなんですから。)
それなら、世界最強の戦艦を作るってのは、当時としては的をはずしては
いなかったと、思うのですが・・・?
・・・特に大和を擁護するわけではないですが・・・。

225 :名無し三等兵:02/06/24 12:25
>>224
その通りだよ。と言うか当時は最後の戦艦建造競争が起こっていて、日本も
同じ行動をしていたに過ぎない。
それを後からバカ扱いするのは「予知能力を持たないヤツが悪い」と言ってる
ようなもの。

226 :名無し三等兵:02/06/24 12:30
>>1
結果論だけでモノを語るなヴォケ!
もしテメェがあの時代の人間なら、違うビジョンを示せたのか?ヲイ

227 :名無し三等兵:02/06/24 15:12
>>224-226
それは正論として 大和級の副砲は先見の明がないというよりヴァカだ
両舷のは1年もせずに撤去 前後のは もし爆弾や大口径砲弾が貫通すれば爆沈!
これくらいは 気付いても良さそうだが

228 :名無し三等兵:02/06/24 15:19
同じミスやバカをやっても余裕のある国とない国では結果に重大な
差が生じる。
「日本では」絶対にやってはいけない大ポカだったとは思うぞ、大
和、というかあの時期の戦艦建造は。
本来の使いかは出来ないまでも有効利用できたのならまだしも、海
底に沈めるために造ったような状況ではいいわけもできない…


229 :228:02/06/24 15:28
さらにいうと、戦艦を建造する理由は、日本の場合英米に比べてその
切実さが元から薄かった、ってのもある。
英米が新型戦艦を欲したのはまずもって機動力がなかったからだろ
う。
日本の戦艦群にはそれがあった、国を傾けての大改装はそのためだ。
でもって戦艦が必須とされるほぼ唯一の任務はつまるところ敵の戦
艦対策だ。
戦艦は戦艦でしか仕留められない、これこそが戦艦なんていう非効
率なシロモノが存在をゆるされた唯一の理由。
ところが日本には戦艦を沈めるのに戦艦以外の手段があった。
水雷部隊と(時期は前後するが)陸攻だな。
どちらも戦艦の役割を(ある程度)代行出来てなおかつ戦力としての
使い手(柔軟性)は比較にならない。
こうなるとただでさえ貧乏な日本がさらに貧乏になってまで戦艦造
りに躍起になっていた理由が皆目見当がつかん。
ましてやそのためにせっかく欧米の戦艦建造をストップさせていた
海軍条約をぶちこわしてまでとなると…

航空機があそこまで強力に短期間で進歩することは予想できなくて
も当時すでに戦艦建造を「不要」とする根拠は出揃ってたんだ、別
に後知恵や予知能力云々を持ち出さなくてもね。
誰になんと言われようと「…アホか…」以外の感想が浮かんでこな
い。


230 :名無し三等兵:02/06/24 15:39
山本五十六や大西滝治郎らが建艦に反対したには有名な話し
だと思うのだが・・・。

231 :名無し三等兵:02/06/24 15:54
>>229
当時の戦艦の価値は今で言う「核」と同義語
未だに必要以上に生産し保有しようとするのはなぜかな?<ALL諸国
戦争の抑止力としての側面を忘れちゃいけないって

ついでにいうと、大和の建造は条約明けからだ

232 :228:02/06/24 17:00
>>231
>戦争の抑止力としての側面を忘れちゃいけないって
抑止力?
「秘密兵器」になんの抑止力が??
ある兵器の存在そのものを秘密にする理由なんて一つしかない。
決定的な場面で敵の予想を裏切って投入し趨勢を決める、それだけだ。
(この場合兵器の存在そのものではなく保有数を隠す、といった手法もある)
つまり抑止力という考えはそこには存在しない。
長門や陸奥(そしてその他の戦艦達)は確かに大戦間、一定の抑止力として存
在していただろう、その数や性能がある程度明確にされることによってね。
またドイツの戦艦群は艦隊現存策を取ることによって英海軍の活発な行動を
ある程度抑止した効果がある。
が、「秘密兵器」であった大和級を上記の目的で建造していたというのはあ
まりに無理があるだろう。
つまり当時の日本は大和に対しては純然たる「決戦兵器」としか見ていなか
ったということ。
そして純然たる兵器としての存在価値はというと>>229で書いたように航空機
の発展なんぞ待たなくても下落の一途を辿っていた、特に日本においてはね。

>ついでにいうと、大和の建造は条約明けからだ
ちょっとこの一文の意味(意図)がよく理解できませんでした…

233 :名無し三等兵:02/06/24 17:45
“陸軍省(軍人たち)は常に前の戦争の準備をする”
これはウィンストン・チャーチルが軍人たちを皮肉った言葉であるが、頑迷固陋な
日本海軍の東郷、加藤といった艦隊派軍人たちにもピッタリ当てはまりそうだな

234 :名無し三等兵:02/06/24 18:07
>>232
それは違う。
大和の存在を公表して抑止力にする意見は完成前に何度も言われていたが、
ヨーロッパで大戦が始まったから、まだ完成していない大和を公表しても
無意味として秘密になっただけ。
もし大戦が無かったらやはりある程度は公表して抑止力としただろう。



235 :名無し三等兵:02/06/24 18:15
>ところが日本には戦艦を沈めるのに戦艦以外の手段があった。
>水雷部隊

ジュトランド海戦の戦訓知ってる?
水雷部隊が敵の軽艦艇の防御を突破して戦艦部隊に有効な雷撃を加えるのは
特に昼間戦闘では極めて困難と言う結果が出ているんだが。

>陸攻

陸攻は漸減作戦の一環であって敵戦艦に止めを刺す決戦兵器とは見なされて
いなかったのだが。
実際、完全に制空権を得ていたマレー沖海戦以降は敵艦隊に有効な攻撃を
行えた例は殆どない。

236 :231:02/06/24 18:38
>>232
>ましてやそのためにせっかく欧米の戦艦建造をストップさせていた
>海軍条約をぶちこわしてまでとなると…
って言うのに対しての回答ね(わかりにくくてスマソ)
海軍は別に条約をぶち壊した訳ではなく、条約の年期が切れたから
戦艦の建造を始めただけの事。
実際に日本が軍縮条約に加盟しなくなった後も、
英米は自分達で軍縮条約を締結してたしね。

237 :228:02/06/24 19:25
>>235
他の国はともかく日本の水雷戦隊は「戦艦を潰す」ための存在ですよ?
だからこそあそこまで重雷装に拘り、酸素魚雷なんてモノまで苦労して開発
した。
WWIの「戦訓」を取り入れたからこそ従来型の水雷戦隊とは次元の違う存在を
ひねり出したわけすな。
だからこそ「日本には」と書いたんだが。
実際の有効性はともかく、当時の日本海軍がそう信じていたことがここでは
重要。
陸攻に関しては…確かに「前後するが」とは書いたものの例えとしては不適
切だったかな。
とはいえ陸攻及び艦攻は「戦艦を沈めうる(沈めるための)兵器」として考え
られていたのは確か、方向性としてね。
つまり日本は当時すでに「戦艦でなくとも戦艦を沈めうる」という結論には
達していたわけだ。
他国のそれに比べて(特に機動力の面において)充分な戦艦勢力を持ち、なお
かつ戦艦を潰しうる補助兵力の目処も立ってる。
この状態でナゼ非効率な戦艦にリソースをさらに投入するのか。
どうしても合理的な答えが見つからないわけだ。
他の国は旧式戦艦があまりにアレで使い道はなさそうだった。
だけど日本の旧式戦艦は違う。
あえて新戦艦を作り出す必然性は他国のそれに比べて薄かった、それなのに
ナゼ?
というわけですな。

>>236
あ、そういう意味でしたか。
ワタシはあの文章は「どうせならあのまま軍縮条約を続ければよかったのに」
という程度の意味で書きました、こっちの書き方が悪いですね(汗
当時日米英の中で新戦艦を「もっとも必要としていない」国は日本だったよ
うに思える(上記したように戦艦に代わりうる、使い勝手のいい兵器の構想が
出来ていた、また旧式戦艦も他国ほど使い勝手の悪いモノではなかった)ので
あのまま条約の延長に乗っても良かったんじゃないか、てなところ。


238 :名無し三等兵:02/06/24 19:40
純粋に軍事のみで軍隊を編成できる国は神

239 :名無し三等兵:02/06/24 21:02
>234

そのとおり。
うそかまことかの「日本には長門がいます」の逸話にもあるように、
あの時代、軍事力は戦艦があってこそ。
もし、戦争がなかったら大和は長門に変る日本の象徴として抑止力となったろう。



240 :名無し三等兵:02/06/24 21:04
世界丸見えみた?空母特集やってたのに。

241 :名無し三等兵:02/06/24 21:18
見た見た。
おれ、赤やりたい。

242 :名無し三等兵:02/06/25 08:41
>237
飛行機と補助艦艇はあくまでも戦艦の「補助」
艦隊決戦の前に敵飛行機、補助艦艇、上陸部隊を撹乱殲滅、これが主目的
沈めなくとも敵戦艦に損害を出せれば御の字、この程度だよ

当時海軍が机上演習で来航してきた米艦隊を迎え撃った場合の判定は
ほとんど負けちゃってる(?)らしいしね
実際に戦闘を行って初めて「戦艦よりも」ってことになったんであって
当時としては飛行機や補助艦艇で戦艦部隊を殲滅できるなんて考えてませんよ

243 :名無し三等兵:02/06/25 11:01
>>236
でも、条約が切れたのって日本が延長を拒否したからじゃなかったっけ?
大和を作りたかったからかどうかは知らんけど。
「ぶちこわした」ってのもあながち間違いではないと思われ。

244 :名無し三等兵:02/06/25 11:50
>243
条約の期限は締結時すでに決まっていた

245 :名無し三等兵:02/06/25 11:57
>242
禿同。
今だから大和は国家予算の無駄ずかいとかいうけど
あの時代の話しですからね。
イギリスのプリンスオブウェ−ルズもいい例だしな。

246 :名無し三等兵:02/06/25 11:59
条約明け戦艦の数はアメリカがダントツで多いんだけど・・・

247 :名無し三等兵:02/06/25 12:01
工業力、とりわけドックの数の差がモロ出たかんじ(藁

248 :名無し三等兵:02/06/25 12:04
アメリカと同じことしてたら駄目ということか。


249 :243:02/06/25 13:34
>244
だから「延長」言うとるやん。
日本が同意してれば条約期間は延長されたんだから、
日本が壊したってんで間違いないだろ。

250 :231:02/06/25 13:35
>>237
必然性って言う点では確かにあまりないかもね
でも、それは冷戦時の必要以上に核を保有するのと同じ事。
実際そんなに作ってどーする!くらい作ってもまだ作る

「相手が作ってるからウチも作る」的な単純な心理だと思うよ
もちろん軍人は敵より多く(強く)作らないと勝てる自信が持てないから
っていう建前があるんだろうけどね。

251 :231:02/06/25 13:53
>>250
別に日本が脱退しても英米は条約を延長してましたよ?
ワシントン条約を批准した国が日本より先に脱退しても
以後の軍縮条約は日米英で続行されてたし。

延長拒否=条約をぶっ壊すという図式は少々乱暴ではないかと思います

252 :243:02/06/25 14:26
>251
戦艦建造は禁止してなかったよね。スペックに制限はかけてたけど。隻数はどうだっけ?
破壊したのは「ワシントン条約体制」とすればいいのかな。
>>236であなたが言っていた
日本は「条約が明けたから戦艦建造を始めた」のではなく、
「戦艦を建造したかったから条約延長を拒否した」のだと思うから。
243で書いたことと矛盾するが、手元に確証がないので。

253 :名無し三等兵:02/06/25 14:49
>でも、条約が切れたのって日本が延長を拒否したからじゃなかったっけ?

ワシントン条約、ロンドン条約は昭和11年12月31日で失効します。英米は引き
続き第二次ロンドン条約への調印を働きかけたが日本は不参加。英米のみで調
印されました。


254 :名無し三等兵:02/06/25 14:56
>戦艦建造は禁止してなかったよね。スペックに制限はかけてたけど。隻
>数はどうだっけ?

ワシントン条約では艦齢15年を過ぎた船は35,000t以下16インチまでで建
造が認められていましたが、ロンドン条約で代艦建造が艦齢23年(記憶
違いかもしれない)に延長されました。その為に平賀vs藤本の場外乱闘
が起きてた金剛代艦論争もボツ。


255 :231:02/06/25 15:05
>251
もちろん総トン数も制限されてます。

戦艦を作りたかったから条約を延長しなかったというのも
間違いではないでしょう。
軍人達には>250で書いたような心理は必ずあったでしょうしね。
しかし、当時列強(後の枢軸)は軍備拡張に突入している訳ですし
例え日本が脱退しなかったとしても軍縮そのものが自然消滅する時期が
すでに来てたのはないでしょうか?
そういう意味で日本がぶっ壊したっていうはちょっと。。。


256 :名無し三等兵:02/06/25 15:08
>>255
国際連盟とごちゃ混ぜにしてるのでは?

257 :名無し三等兵:02/06/25 15:16
>>250に禿同
日本以外にも条約破棄を見込んで、空母を含む戦闘艦の設計をしていたよね
建造は規制していても、設計は規制していないから
日本がフライングしたように思われがちだが
どの国も条約破棄後の準備はしていた

それだけ当時の世界情勢は逼迫していたって事だろう

258 :名無し三等兵:02/06/25 15:24
>>257
別に日本悪玉論に味方する訳ではないが、英米が設計してたのは当時交
渉中の第二次ロンドン条約に元づいた船です。戦艦で言えば14インチ砲
、35,000tが制限として存在した(ワシントン級、KG5級)。


259 :名無し三等兵:02/06/25 15:33
ワシントン級もフランスみたいに四連装砲塔の可能性が有ったわけだな

 しかし…14インチ案が通ったとすると、独伊仏も14インチに直したんかな?

260 :名無し三等兵:02/06/25 15:41
ワシントン級は元々14インチ3連装3基だったのが日本の条約不参加を受
けて16インチ搭載(日本不参加の場合主砲制限を16インチに変更される
事になっていた)に変更されました。因みにKG5級は14インチ4連装3基の
筈が建造中に防御力不足を指摘されて2番砲塔を連装に変えて、浮いた重
量を防御に廻されました。
独伊仏はロンドン条約には不参加なので35,000tには縛られますが、14
インチの枠は無関係です。

261 :231:02/06/25 15:43
>256
別に間違っちゃいないよ
ロンドン会議では仏伊は批准していない


262 :260:02/06/25 16:07
ビィットリオ・べネト級やビスマルク級が公称35,000tなのは(ドイツ
の場合は英独海軍協定が根拠)その辺りが原因です。

263 :名無し三等兵:02/06/25 16:27
主な軍縮の流れ
1921.11 ワシントン会議
1927. ジュネーブ会議(決裂)
1928. パリ会議(不戦条約締結)
1930.1 ロンドン会議(英米日のみ締結)
1933.1 日本国連脱退
1932. 第二次ジュネーブ会議(解散)
1935. 第二次ロンドン会議(決裂)
1935.3 ドイツ再軍備
1935.6 英独海軍協定
1936 ロンドン条約失効

264 :263:02/06/25 16:32
第2次ジュネーブ会議と国連脱退の行が入れ違ってる
スマソ(汗

265 :名無し三等兵:02/06/25 16:53
 しかし、欧州で真面目に三万五千トンに抑えようとしたのは米英仏だけとは


266 :名無し三等兵:02/06/25 17:14
充分でしょう
世界第1位(英)、2位(米)、4位(仏)が守ってるならばさ
5位(伊)、論外(独)が1隻くらいデカイの作ったって戦力差はそんなに変わらんよ


267 :名無し三等兵:02/06/25 18:03
しかし、大和スレは撃沈されても何度も浮上するな。
今は2つぐらいしか無いが4〜5月ごろは8つぐらいあったな
やっぱり黄金厨の影響か?

268 :名無し三等兵:02/06/25 19:04
もし対米英7割が認められていたなら第二次ロンドン条約も調印されてたかも。

269 :名無し三等兵:02/06/25 20:05
莫大な軍事費が、不況の原因とか言ってるあたり
さすが戦車のスペック以外に知識のない低能ぞろいの
軍ヲタらしい熱いスレだな。
ジョン・メーナード・ケインズは
有効需要を創出するために、不景気には
「作るものがなければピラミッドを作れ」
とまで言ってるぜ。
大和どころか残りの二馬鹿のピラミッドですら
ケインジアンの不況対策としては正しい。
世界大恐慌から最初に脱出したのは
実は日本であって、高橋財政と満州事変がその要因。

270 :名無し三等兵:02/06/25 20:13
↑中身はともかく、文章が馬鹿っぽい

271 :名無し三等兵:02/06/25 20:20
>>269
その理論で逝けば現在の不況なんか
とっくに脱出しているんでない

と言ってみるテスト

272 :名無し三等兵:02/06/25 20:20
>>270
うん、まあ君のように中身を理解することの
できない知能レベルのやつは
他人の文章を文体で判断するほかはないだろうけどね。
ちなみに、君のように、具体的な指摘が出来てない一行レスも
十分に馬鹿っぽいと思うぞ

273 :名無し三等兵:02/06/25 20:24
>>271

昔と今とでは民需の割合が違うので全く比較になりません。

まあ、チョンの民族金融やシナチクへのODAなんかをやめて
全部、その分を公共投資にぶち込むのもありだと思うが。


274 :270:02/06/25 20:26
じゃあ、具体的な指摘を
「作るものがなければピラミッドを作れ」ってのは作るものがなければの話だろ
当時の日本に必要なものが他にどれだけあったと思う?

それでは大和が必要だった根拠にはならないね。

275 :名無し三等兵:02/06/25 20:30
>>274

論理的大タワケですか?(激ワラ
オレは、大和建造が、不況の原因と言ってる>>1
その他のタワケについて嘲笑してるだけで
大和が必要だったなんて一言も言ってない。

269のレスのどこに大和が必要であったという根拠について
語った記述があるのか指摘してほしいんですが?

276 :名無し三等兵:02/06/25 20:32
ワシントン・ロンドン条約の話からいきなり飛ぶな・・・。

277 :270:02/06/25 20:33
↑論破されてあっさり自論を翻す馬鹿

278 :名無し三等兵:02/06/25 20:34
要するに大和反対派の人はサウスダコタみたいな船を4隻作る方が
効率がいいと言いたいんですね。

279 :名無し三等兵:02/06/25 20:34
>>277

 ( ´,_ゝ`)プッ 
また、具体的な指摘の出来ない
一行レスに逆戻りですか。
いったいどこが持論を翻してるのか指摘してみたら?低能君(w

280 :888get:02/06/25 20:35


  あ れ て き た な ( w




281 :270:02/06/25 20:35
ああ、わかった、269はコピペだね
だから自分で内容が理解できてないんだ
これ以上馬鹿晒す前に帰った方がいいよ

282 :名無し三等兵:02/06/25 20:36
大和不要論こそ結果論以外の何者でもない事ぐらいわからんかね?


283 :269:02/06/25 20:38
>>281
プププ

厨房がいよいよ苦しくなったと見えて
一生懸命論点ずらしをしています。
戦車のスペック以外は何の知識もない
ヒキヲタの悲しい宿命

284 :再掲:02/06/25 20:42
>>274

論理的大タワケですか?(激ワラ
オレは、大和建造が、不況の原因と言ってる>>1
その他のタワケについて嘲笑してるだけで
大和が必要だったなんて一言も言ってない。

269のレスのどこに大和が必要であったという根拠について
語った記述があるのか指摘してほしいんですが?


**************************************************************
この質問に答えられないみたいね厨房君。

285 :888get:02/06/25 20:45
まんこはみんな いきている
いきているから うたうんだ
まんこはみんな いきている
いきているから かなしいんだ
てのひらをおまんこに すかしてみれば
まっかなクレバス ぼくのちしお
みみずせーんぼん だいすきーな
くりとりだって
まんこ まんこ いきているんだ
おまんこなんだ

まんこーーーーーーーーーーーー

まんこはみんな いきている
いきているから うたうんだ
まんこはみんな いきている
いきているから かなしいんだ
てのひらをおまんこに すかしてみれば
まっかなクレバス ぼくのちしお
みみずせーんぼん だいすきーな
くりとりだって
まんこ まんこ いきているんだ
おまんこなんだ

まんこーーーーーーーーーーーー

286 :270:02/06/25 20:46
ちょっと面倒臭いけど、かわいそうな269の為に順序だてて説明してやろう

>大和どころか残りの二馬鹿のピラミッドですら
>ケインジアンの不況対策としては正しい。
ここの一文は「景気対策として大和を建造するのは正しい」という意味ですね?

287 :888get:02/06/25 20:46
まんこはみんな いきている
いきているから うたうんだ
まんこはみんな いきている
いきているから かなしいんだ
てのひらをおまんこに すかしてみれば
まっかなクレバス ぼくのちしお
みみずせーんぼん だいすきーな
くりとりだって
まんこ まんこ いきているんだ
おまんこなんだ

まんこーーーーーーーーーーーー

まんこはみんな いきている
いきているから うたうんだ
まんこはみんな いきている
いきているから かなしいんだ
てのひらをおまんこに すかしてみれば
まっかなクレバス ぼくのちしお
みみずせーんぼん だいすきーな
くりとりだって
まんこ まんこ いきているんだ
おまんこなんだ

まんこーーーーーーーーーーーー


288 :888get:02/06/25 20:46
まんこはみんな いきている
いきているから うたうんだ
まんこはみんな いきている
いきているから かなしいんだ
てのひらをおまんこに すかしてみれば
まっかなクレバス ぼくのちしお
みみずせーんぼん だいすきーな
くりとりだって
まんこ まんこ いきているんだ
おまんこなんだ

まんこーーーーーーーーーーーー

まんこはみんな いきている
いきているから うたうんだ
まんこはみんな いきている
いきているから かなしいんだ
てのひらをおまんこに すかしてみれば
まっかなクレバス ぼくのちしお
みみずせーんぼん だいすきーな
くりとりだって
まんこ まんこ いきているんだ
おまんこなんだ

まんこーーーーーーーーーーーー




289 :888get:02/06/25 20:46
まんこはみんな いきている
いきているから うたうんだ
まんこはみんな いきている
いきているから かなしいんだ
てのひらをおまんこに すかしてみれば
まっかなクレバス ぼくのちしお
みみずせーんぼん だいすきーな
くりとりだって
まんこ まんこ いきているんだ
おまんこなんだ

まんこーーーーーーーーーーーー

まんこはみんな いきている
いきているから うたうんだ
まんこはみんな いきている
いきているから かなしいんだ
てのひらをおまんこに すかしてみれば
まっかなクレバス ぼくのちしお
みみずせーんぼん だいすきーな
くりとりだって
まんこ まんこ いきているんだ
おまんこなんだ

まんこーーーーーーーーーーーー



290 :270:02/06/25 20:47
邪魔だな・・・

291 :269:02/06/25 20:47
厨房がとうとう切れて荒らし始めたか(w

292 :888get:02/06/25 20:48
まんこはみんな いきている
いきているから うたうんだ
まんこはみんな いきている
いきているから かなしいんだ
てのひらをおまんこに すかしてみれば
まっかなクレバス ぼくのちしお
みみずせーんぼん だいすきーな
くりとりだって
まんこ まんこ いきているんだ
おまんこなんだ

まんこーーーーーーーーーーーー

まんこはみんな いきている
いきているから うたうんだ
まんこはみんな いきている
いきているから かなしいんだ
てのひらをおまんこに すかしてみれば
まっかなクレバス ぼくのちしお
みみずせーんぼん だいすきーな
くりとりだって
まんこ まんこ いきているんだ
おまんこなんだ

まんこーーーーーーーーーーーー


293 :888get:02/06/25 20:48
まんこはみんな いきている
いきているから うたうんだ
まんこはみんな いきている
いきているから かなしいんだ
てのひらをおまんこに すかしてみれば
まっかなクレバス ぼくのちしお
みみずせーんぼん だいすきーな
くりとりだって
まんこ まんこ いきているんだ
おまんこなんだ

まんこーーーーーーーーーーーー

まんこはみんな いきている
いきているから うたうんだ
まんこはみんな いきている
いきているから かなしいんだ
てのひらをおまんこに すかしてみれば
まっかなクレバス ぼくのちしお
みみずせーんぼん だいすきーな
くりとりだって
まんこ まんこ いきているんだ
おまんこなんだ

まんこーーーーーーーーーーーー




294 :270:02/06/25 20:49
そんなことより286の質問にさっさと答えろ馬鹿

295 :888get:02/06/25 20:49
まんこはみんな いきている
いきているから うたうんだ
まんこはみんな いきている
いきているから かなしいんだ
てのひらをおまんこに すかしてみれば
まっかなクレバス ぼくのちしお
みみずせーんぼん だいすきーな
くりとりだって
まんこ まんこ いきているんだ
おまんこなんだ

まんこーーーーーーーーーーーー

まんこはみんな いきている
いきているから うたうんだ
まんこはみんな いきている
いきているから かなしいんだ
てのひらをおまんこに すかしてみれば
まっかなクレバス ぼくのちしお
みみずせーんぼん だいすきーな
くりとりだって
まんこ まんこ いきているんだ
おまんこなんだ

まんこーーーーーーーーーーーー





296 :888get:02/06/25 20:51
>>294

「景気対策としてまんこを建造するのは正しい」という意味です


297 :270:02/06/25 20:51
三国人は質問文すら理解できないのね

298 :名無し三等兵:02/06/25 20:51
うあわ〜。888GET久しぶりに見た。

299 :270:02/06/25 20:52
どうやら自分の立場が危うくなった269が
888getのふりをして荒らしてるらしい

300 :888get:02/06/25 20:53
へんとへんはまんこ


301 :270:02/06/25 20:53
馬鹿に付き合って損した。もう落ちよ

302 :888get:02/06/25 20:53
ぎゃはっ♪

303 :w:02/06/25 20:53
http://www.geocities.co.jp/Milano-Killer/6421/nagoya.swf
これ、面白かった(ワラタヨ
http://www.expo2005.or.jp/


304 :888get:02/06/25 20:54
269=270=me

305 :888get:02/06/25 20:56
これでぐんばんにもへいわがもどったね

ぼくのおかげだね

まんこーーーーーー

306 :269:02/06/25 21:00
>>286


あ、君はそもそもミクロ経済学とマクロ経済学の区別がわかってないみたいだね。
何に支出するか、またそれを決める裁量の政策をどのように
導き出すかはケインズ理論とはまた違った話になる。
「ケインジアンの不況政策としては正しい。」
から導き出される変数の分離は明らかだと思うが。
有効需要の増大が1/1−c倍だけ国民所得を押し上げる点について語ってるに過ぎないだろ。

まあ君がベッカーあたりのミクロの観点から、当時の最良の支出とやらについて語る気なら付き合ってやってもいいが


307 :269:02/06/25 21:01
>>299
 ( ´,_ゝ`)プッ 
自作自演をかまして逃げたか(激ワラ

308 :888get:02/06/25 21:02
ベッカーあたりのミクロの観点から、当時の最良の支出とやらについて


                   ま ん こ




309 :名無し三等兵:02/06/25 21:03
ケインズの「有効需要の創出」ってのと「国家が市場統制」
っていうのは当時どこの国もやっていたこと
ブロック経済がその体現では?(やりすぎは社会主義)

脱出の速さは日本が一番早いが、成功率はドイツ
そして全てを掻っ攫ったのは・・・アメリカ・・・

310 :270:02/06/25 21:05
>>307

てめえが8だろ(檄藁

311 :名無し三等兵:02/06/25 21:05
>>309

ブロック経済はちょっと違う。
ドイツや日本の軍事費増大は明らかにケインズ的だけど

312 :269:02/06/25 21:06
>>310

いいかげんに刺ね!

313 :269:02/06/25 21:07
>>310

じゃあ答えろよ、ミクロとマクロの区別もつけられない軍ヲタの厨房君。
ちなみに、君のうちにある戦車の資料をいくらあさったところで
ケインズ政策については書いてないよ(ワラ


314 :名無し三等兵:02/06/25 21:08
こいつらは馬鹿の見本です

315 :888get:02/06/25 21:08
イパーイ釣れまんこ

316 :269(本物):02/06/25 21:09
>>312

お、今度は騙りをかけての自作自演か?
IDが出ない板は嫌だな。
キャップでもつけるか。

317 :888get:02/06/25 21:10
269=270=me

いつまでたってもまんこはまんこーーーーーーーーーーーーーー

318 :名無し三等兵:02/06/25 21:11
遺体スレ認定

319 :名無し三等兵:02/06/25 21:43
わざわざ大和スレで語る必要がある事か?

320 :名無し三等兵:02/07/03 04:21 ID:0CoeXjg/
大和を含む諸艦を建造した事が経済に好影響を与えたかと言われればちょっと
疑問だな。

321 :名無し三等兵:02/07/03 09:52 ID:nPdscRbb
変な話だが、日本が真珠湾攻撃とかミッドウェーとか戦ったとき、空母や軍艦の乗組員たち(5万〜10万人くらいか)は、風呂はどうしてたんだろ?
たしか、日本を出てから帰ってくるまでに2ヶ月近くかかっているはずだが。潜水艦は?
だれか、知ってるやつがいたら教えてくれ。山本五十六だけは毎日風呂に入ってたのか?


322 :名無し三等兵:02/07/03 09:57 ID:47foNVHY
>>27で結論出てる事を何を堂々巡りしてるの?

27 :名無し三等兵 :02/06/18 16:41
同時期の他国と比較すれば大和の建造は別に何でもないことなんだが。


323 :名無し三等兵:02/07/03 10:06 ID:nPdscRbb
>>322
航空戦力の前には軍艦などほとんど意味がない、ということを米国・英国が知ったのは
昭和17年のプリンスオブウェールズ撃沈以降だもんな。

324 :軍オタ氏:02/07/03 10:41 ID:47foNVHY
脳内西暦を1934年(昭和9年)に戻して考えないと
全て後知恵になるだけ。

「大和」の問題は、建造した事よりも、いたずらに温存して
無用の長物化させてしまった用兵側の問題だよ。


325 :名無し三等兵:02/07/03 10:48 ID:HJ04Rg76
ふむ
ミッドウェー・餓島の土掘りとかに転用しなかったもんな

326 :名無し三等兵:02/07/03 10:55 ID:b6SHtS79
>321
フツー甲板上に洗濯桶兼風呂桶があったはずだよ。
そこに海水を満たして、下士官以下は何人かずつ素っ裸でワッシワッシと
洗ってたようです。ただ、毎日ではなかったはずです。
大和には士官以上の個室にはシャワー室みたいなのがあったと思う。
かなりうろ覚えで、スマソ…



327 :名無し三等兵:02/07/03 10:57 ID:???
タライですけん

328 :名無し三等兵:02/07/03 11:32 ID:0ZsWWtWb
>>326
へー。洗濯も海水か。塩が吹くだろな。体も真水で洗わないと体壊しそう。
空母赤城はどのくらい真水を積んでたんだろ。

329 :名無し三等兵:02/07/03 13:02 ID:780v23gL
「昭和の3バカ査定」をシッタカして大恥かいた>>1 のいるスレはここですか?


330 :326:02/07/03 13:55 ID:b6SHtS79
>328
まぁ〜うろ覚えなんで勘弁してくれ

それよりも、北方作戦の時はどーしたんだろ?
特に占守型みたいな元々北方警備用の船以外の
軽巡以下のクラス
まさか、甲板でって訳にもいかんしね

331 :名無し三等兵:02/07/03 15:04 ID:gn0ap+4c
ミッドウェーは6月だからまあ甲板で風呂ってのもありだけど、ハワイは12月だからな。
ハワイだからあったかそうに思えるが、敵に見つからないように、こっそり北から接近したんだからね。

332 :名無し三等兵:02/07/04 00:14 ID:10tyggC0
水兵でも2〜3に一度艦内の風呂に入れるよ。

333 :名無し三等兵:02/07/04 10:02 ID:???
>332
、、、2〜3ヶ月?(;´Д`)

334 :名無し三等兵:02/07/05 21:27 ID:kD6z23DL
今は、海水を真水にできる設備があるんだろ?

335 :名無し三等兵:02/07/06 00:49 ID:???
>>329
だから>>1はコピペなんだってば

336 :名無し三等兵:02/07/06 17:18 ID:WcehVM3S
>>334
旧海軍にも有ったよ。ある日突然お茶の味が変わるので分るのだそうだ。

337 :名無し三等兵:02/07/06 17:22 ID:WcehVM3S
>>333
2〜3日です。

338 :さげ:02/07/06 19:20 ID:???
馬鹿のむいむいスレは統一しろよ

339 :名無し三等兵:02/07/06 22:33 ID:deO5xORi
大和が存在しなければこのスレも存在しなかった
そういう意味では役に立っている

340 :名無し三等兵:02/07/06 22:38 ID:oByxwtLt
>>328
その当りの下士官兵の様子を知りたかったら「海軍よもやまシリーズ」を読む
事をお薦めする。古本屋でも時々見かけるしNF文庫から再販されてるよ。

341 :名無し三等兵:02/07/07 00:02 ID:0m9LUSVt
そんなことよりもオナニーってどうやってたんですか?
やっぱエロ雑誌とか持ち込み禁止だったんですか?
というかエロ雑誌ってあったんですか?

342 :名無し三等兵:02/07/07 01:13 ID:lPXtv4BQ
遠洋漁業の船員はすんげーの持ってるよ

343 :名無し三等兵:02/07/07 01:58 ID:???
まあ矢張り山本五十六の部屋には高性能最高級映写室があって
今で言えば裏動画に当たる個人撮影のポルノムービーを見れるのだろうか

344 :名無し三等兵:02/07/07 09:17 ID:ql9NGBPO
>「昭和の3バカ査定」をシッタカして大恥かいた>>1 のいるスレはここですか?

世界の三馬鹿・・・は大和艦内で囁かれていた言葉。
吉田満(東大法学部、少尉で大和副電測士、戦闘記録係、戦後日本銀行勤務)の著書より
砲術学校から回付された戦訓などの見当外れの文書に対し、「この大馬鹿野郎、臼淵大尉」
(特攻発令前)と書かれており、中、少尉がこぞってその下に署名しても何の叱責も受けず
「世界の三馬鹿、無用の長物の見本ー万里の長城、・・・・・」なる雑言「少佐以上銃殺、海軍
を救う道うの道このほかになし」の暴言を、艦内に囁き合うもなんの憚るところなし、



345 :名無し三等兵:02/07/07 09:33 ID:ql9NGBPO
最終行  “道う” の部分、削除

346 :名無し三等兵:02/07/07 09:42 ID:???
鯨とエッチしてたんじゃないかなあ。

347 :名無し三等兵:02/07/07 17:45 ID:???
>>343
やはり8ミリものですか?

348 :名無し三等兵:02/07/08 00:45 ID:WSMunG9i
当時、戦艦は平時において必要なものだったのです。
いくら金が余ってるからといって、戦時にせっせと戦艦を作り続けた「かの国」
それを思うと、大和は無駄とはいえないね〜

349 :名無し三等兵:02/07/08 00:49 ID:???
思うのだが、どんな駄スレでも「大和」の単語がつくだけでレスが沢山つくのはどうしたことだろう?

やっぱカリスマ的存在感はあるよな

350 :名無し三等兵:02/07/08 23:56 ID:???
>>349
なんせ、本来「奈良県」以上の意味がないめいめいだったのに、「扶桑」と同じ
理解のされ方してるし、実際、旧海軍のすばらしさ(と限界)を象徴してる船だか
らな。


351 :名無し三等兵:02/07/09 02:27 ID:???
大和、武蔵が役立たずだったのは効果的に
運用されなかたためと考察汁

航空隊を攻撃機主流に運用し
戦闘機による制空権を確保を考えられなかった
ことが最大の敗因であろう

ま、戦闘機を防御兵器としか見れなかった
時点で大日本帝国(藁 の負けは決定していた
訳だが。

艦砲による射撃精度は日中であれば米艦船の
それの2倍以上であったという、確実なデータが残されて
おり、(これに異論を挟むやつは黛 治夫の資料を漁れ)
制空権確保の後、対艦隊戦に持ちこめば、ほぼ
無敗の戦闘が出来たはずである

ま、当時の邦軍の認識全てを改めなければ
戦闘のいくつかには勝てても戦争には
勝てなかっただろうがな

よって大和は馬鹿の見本ではなかった

QED

352 :名無し三等兵:02/07/10 12:46 ID:???
マジな話、上陸作戦で大和に支援射撃されたら防衛側は泣きたくなるだろう

353 :名無し三等兵:02/07/12 14:19 ID:???
マジノ話、防衛側にとっては主砲の口径はおろか、戦艦だろうと巡洋艦だろうと
変わらないと思われ。巡洋艦の主砲を耐えられるような地上の構造物は
どこにあるのですか?

354 :名無し三等兵:02/07/14 12:50 ID:HBYjPMYc
>>353
要塞砲

355 :>むいむい:02/07/14 12:53 ID:???
ウザー。削除依頼してこいよ

356 :名無し三等兵:02/07/15 16:00 ID:???
ひさしぶりに書きたくなってきたぞ





>>1は氏ね

81 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)