5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

軍事板 書評スレッド

1 :ちゃぎ:02/06/26 21:44 ID:iITc7Tpt
「この本は絶対読んどけ」「この本は糞」など、推薦・批判を理由と共にお願いします。
また「○○について詳しい本はありませんか?」「こんな本あったんですけど、どうなん
でしょうか?」等の質問、回答も出し合いましょう。


2 :ちゃぎ:02/06/26 21:45 ID:???
と、言うことで良スレにつき復旧です。
皆様引き続きマターリお願いいたします。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/26 21:45 ID:kIXYFja9
2GET!

4 :ベタ藤原 ◆MNjfnp0E :02/06/26 22:06 ID:+IHZMGJC
景気付けに〜

『暗黒日記』 著 清沢洌 編 山本義彦/岩波文庫
 批評家である著者が、1942年から1945年間の風俗や、新聞記事、ラジオ
ニュース、政府発表、首相の演説を取り上げ、それをヒネタ視線で観察し
て感じた憤懣が綴られた日記です。

 昭和17年、東京市の役人が、お菓子の格付けをするので、市内のお菓子
を食べまくってるという話や、とある学者が、新聞で「サイパン、比島を
取られても大丈夫! 中国には苦力が沢山いるから、その苦力に肩から肩
へで中国の内陸を縦断し、日本国内に運び込めばOK!」なんてことを主
張してた等の、他とは一味違った戦中の世相が書かれて中々興味深い物が
あります。

 でも、絶版らしい……



5 :ばばぼん♪:02/06/26 22:23 ID:???
>>4
え? これ、絶版なの!?
後輩に貸したままだけど、なくす前に返してもらお。


6 :ベタ藤原 ◆MNjfnp0E :02/06/26 22:30 ID:+IHZMGJC
>>5 ばばぼん♪さん
>暗黒日記
 なんか今月、筑摩書房から再版されとる!(w
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=30989351
 面白い本なんで、一読をお勧めします。


7 :ばばぼん♪:02/06/26 22:35 ID:???
ワタシからもお勧めします。


8 :ベタ藤原 ◆MNjfnp0E :02/06/26 22:36 ID:+IHZMGJC
『ノモンハン空戦記』 ア・ベ・ボロジェイキン 著 弘文堂

 ノモンハン戦にパイロットとして参戦した著者の戦記物風回顧録。

 参戦当初、著者の所属する飛行連隊は、手痛い損失を受けますが、次第
にI−16の特性を活かし、日本側主力戦闘機 「97戦」 に対し、有利に
戦闘を進めるようになり、最後には日本側を圧倒するに至るまでの過程が
書かれています。
 しかし、逆にソ連空軍側の
・参戦するまでに(飛行機が引く)吹流しに対する射撃を、誰も2回以上やった事がなかった。
・爆撃部隊の護衛を命じられるまで、爆撃機と合同で編隊を組んだ事が無かった。
・偵察飛行を命じられたのは良いが、自軍の戦車等を間近で見た事がなかった。
 等の泥縄っぽさも目につきましたが。(^^;

 戦争後半、I−16に機体の上半分を緑色、下半分を空色と云う案外利に適っ
た迷彩が施されるのですが、ソ連戦闘機パイロット達は、これを
「これじゃ東京からも見える」
 と云って嫌い、97戦のように銀一色に塗装される事を願ったのが面白かった
です。(^^;

 しかし、5月期にはボコボコにされた97戦を、事変後半では旧式機扱いして
るのには、自信を持った時のソ連の剛腹さを感じずにはいられませんでした!(w


9 :ベタ藤原 ◆MNjfnp0E :02/06/26 22:43 ID:+IHZMGJC
 軍事板 書評スレッド
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/980501031/
 軍事板 書評スレッドII
http://rkrc5w2q.dyndns.org/army_kaba_crash/1009497643.html

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/26 22:44 ID:YrWWENKi
「高速戦艦脱出せよ!」

 オイラがウォーターラインのシャルンホルストを作るきっかけになったから。

11 :ベタ藤原 ◆MNjfnp0E :02/06/26 23:10 ID:+IHZMGJC
「ドイツ陸軍全史」 学研

 この本の何が良いかって、あまり話題にもされない、ドイツ軍の糧食に
ついて書かれたページがある事っすね。


12 :名無し三等兵:02/06/26 23:25 ID:JX48MLt1
「ポケット戦艦」

ナチス・ドイツ海軍最良の日々をマターリと語る名著
主役は勿論あの装甲艦「アドミラル・シェア」だ

13 :ちゃぎ:02/06/26 23:28 ID:iITc7Tpt
「パンツァーズ イン・ノルマンディー」 Eric Lefevre著 岡部いさく訳 (大日本絵画)

ノルマンディー上陸作戦時のドイツ軍戦車(IV号、V号、VI号E型、VI号B型、III号突撃
砲など)の写真と当時の戦況解説が載っている「写真集」的な本です。冒頭に当時の
編成例などがイラストで載っていたりと、なかなか充実した好著ではないかと思います。

WTMを集めている人は、これを見てジオラマ作りの参考にしる!(w

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/26 23:47 ID:KYO7FmgD
>12
卵ってそんなに日持ちするかなあ。という強烈な疑問を抱いた本でした。
戦闘描写は忘れたぞ。

15 :一等自営業 ◆O8gZHKO. :02/06/26 23:55 ID:???
>11
同じく推奨!!
他に注目点は・・・・??


16 :オイゲン・マンドリル大尉 ◆dTg7Mmqk :02/06/27 00:07 ID:???
「ティーガーフーベル」
図書室においてあったから。あと、俺のの親父の税金より高い砲弾。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/27 00:17 ID:???
あのう、麻生幾の「宣戦布告」って軍事板的にどうなんでしょうか?

18 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/06/27 00:21 ID:???
とりあえず、現在の所、
 「人民の戦争・人民の軍隊」ヴォー・グェン・ザップ著
    を読破中。
 共産主義マンセーに満ちた代物で、余り内容的に面白くない。
 失敗したかも。

 「ゲリラ戦争」エルネスト・チェ・ゲバラ著
   は、斜め読みしただけだけど、内容的には前者よりも実践的で面白い
   と思う。

19 :名無し三等兵:02/06/27 02:53 ID:mWEuk2DX
「アラスカ戦線」
おれはケッサクだと思うんだけど。
最近再販されたハズ。
ハンス・オットー・なんとか

20 :名無し三等兵:02/06/27 15:59 ID:NzeqXLjJ
「良い戦争」晶文社

内容は、洋の東西と年齢を問わず、WW2の時代に生きていた人達のインタビュー集。
出版社は、わりとサヨがかってるかもしれんが、インタビューを受ける人間は、
必ずしも、そこで語られていることは、平和反戦バンザイの意見ばかりではない。
色んな人達点ウヨ・サヨも、思想がかったことに無関心な人達もいる。
ただ、総じて観ると、共通項がある。
「自分達は当時、『良い』戦争を戦っていたと思っていた」ということだ。
いろんな戦争体験…前線と銃後とを問わず、まさに十人十色の経験が語られる。
特に、家族に戦争体験者がいないヤツは、読んでみれ。
掛けね無しに面白い。戦争というヤツを思わず哲学的に考えてみたくなる。

21 :ベタ藤原 ◆MNjfnp0E :02/06/27 21:24 ID:VL60rbe7
>>15 一等自営業殿
 徴兵システムのトコとか、嗜好品の写真なんかが興味深かったかも〜
 一等自営業殿的にはどうでしたか?

>>20 さん
 正しいタイトルは「よい戦争」です。
 タイトルが正しくないと、NET古本屋で検索しても出てこないもんで(^^;
 せっかくの紹介に水を差すようで、すみませんっす!
 

22 :ベタ藤原 ◆MNjfnp0E :02/06/27 22:07 ID:VL60rbe7
「回想の第三帝国」 アレクサンダー・シュタールベルク (平凡社)

 食用油工場の御曹司で、従兄に反ヒトラー将校の大物、ヘニング・フォン
・トレスコウを持ち、戦争後半は反ヒトラー派の連絡係りとして、マンシュ
タインの副官となった人物の回顧録です。
 上巻は、反ナチ学生として、ゲッべルスを野次ったら、ゲッべルスに怒ら
れた話や、パーペン首相の秘書として働いてた時、ヒトラーがパーペンの元
を訪れた際、ヒトラーの外套のポケットの中に拳銃が2丁入っていたのを見
たり、ナチから逃れる為、国防軍に入り、ポーランド、フランス、ソ連を転
戦した時の話などが書かれています。
 下巻では、従兄の思惑によりマンシュタインの副官となり、マンシュタイ
ンのあまり知られてない一面……モーツアルトが好きだったり、いざとなっ
たら、ヒトラーが自分を最高司令官に任命するものと信じてたり、戦争末期
農場を買おうとしたり、7月20日のヒトラー暗殺事件を著者から事前に教え
られ、アリバイ作りの為に旅行に出掛けたり……が書かれあり、マンシュタ
イン好きの方には、一読をお勧めしたい本であります。

 この本にちょこっとだけ、シュペアーが出てくるのですが、シュペアーって
格好良いよな! うん(w
 

23 :初心者向け書評:02/06/27 22:15 ID:a5ZjL3DK
特定の本では無いが…、歴史群像の
欧州戦史シリーズ、太平洋戦史シリーズ、グラフィック戦史シリーズ。
基礎から深いところまで、知ってるようで知らないところがわかる。
痒いところに手が届く感じで良い。
ただしどっかのスレで記事の一部の信憑性に、
疑問が投げかけられてたのが気になるところ。
知らない分野への最初のステップとしては、
図表も多く理解しやすいのではないだろうか。

24 :ベタ藤原 ◆MNjfnp0E :02/06/27 22:39 ID:VL60rbe7
「第三帝国の神殿にて」 アルベルト・シュペーア(中公文庫)

 ちょっとした偶然で党大管区本部の設計をする事になり、それがキッカケで、
第三帝国の建築物の設計を手がけるようになり、トート博士の死後、最も適任
であると云う事で、トート機関の主任になり、最後は、軍需大臣として手腕を
振るった、シュペーアの男の一代記です。

 ヒトラーと云う、偉くワガママな友人を持ったばっかりに、それに振りまわ
される苦労。でも、ベルリンと云う街を自分の思い通りに改造出来る楽しさ。
ナチ領袖の無益な縄張り争いに対する憤慨等が綴られています。

 崩壊していく帝国と、追い詰められて行く友人ヒトラー。彼との友情と
帝国が崩壊しても残るドイツと云う国への思いの中で苦悩し、最後の最後で
ヒトラーを裏切り、ネロ命令の無効化に奔走する様には胸熱くするものが
ありました。

 ま、それに付随して出てくる「殺人光線」や「ヒトラーがトーチカを設計し
た話」には笑わせていただきましたが(^^;

 国家元首ではない、一個人としてのヒトラー像が、この本では主に書かれ
ているのですが、な〜んか、そんなに幸せそうではない気がします。


25 :ベタ藤原 ◆MNjfnp0E :02/06/27 22:57 ID:VL60rbe7
「空母ヨークタウン」P.フランク (朝日ソノラマ)

 珊瑚海からミッドウェーまで。 米海軍が一番苦しかった時に戦い、沈
んだ「ヨークタウン」のお話です。
 開戦直後、ヨークタウンはボイラーの手入れが悪くて全力運転が出来なか
った、とか、航空魚雷の性能の悪さの話とかも興味深い物があるのですが、
私的に、一番面白かったのは、空母内での兵士達の生活の部分ですかね。
 米海軍でも"銀蝿"があったんですねぇ……

 ここら辺は、全世界共通っすかね?(^^;

26 :一等自営業 ◆O.74F7oI :02/06/27 23:17 ID:???
>21
兵隊が日常的に使う備品関係には興味があります。
あとは、どうでもいい内容で退屈です。
武装SSもヒドカッタ・・・・

27 :名無し三等兵:02/06/28 17:37 ID:cDnBfnIx
オスプレイの軍事物翻訳新シリーズ「戦史(ウォーリアー)シリーズ」出たね
折れ的にはキャンペーンシリーズの翻訳の方が良かったのでちょっとがっくりだが

28 :ベタ藤原 ◆MNjfnp0E :02/06/28 20:30 ID:???
>一等自営業殿
 あの部分は突出して良かったですから、他の部分が逆に……(^^;

29 :ベタ藤原 ◆MNjfnp0E :02/06/28 20:44 ID:N3LtsbgM
【空軍元帥ゲーリング】 第二次世界大戦ブックス サンケイ出版局

 ま、内容的には、ホニャニャニャな部分があるのですが、掲載されてる写真が
素晴らしいです!

「国会議事堂放火事件の裁判中、腕組みをして膨れてるゲー閣下」
「ヘラジカを仕留めてご満悦なゲー閣下」
「鉄道模型で遊ぶゲー閣下」
「捕虜になって不貞腐れてるゲー閣下」
「カメラを気にしながら、独房で飯を食うゲー閣下」
 そして、
「自決したゲー閣下」
 などの写真があります。

 ゲーリング閣下ファン(居るのか?そんな奴?)にお勧めな一冊かと思います。

30 :街の:02/07/03 17:08 ID:957TVSsD
◆日本海軍の巡洋艦MOOKが2冊発売
 1)「重巡高雄」 双葉社から
  超精密「3DCG」シリーズ3 CG制作/松野正樹さん
  B5判162ページ 本体価格1886円+税
 2)「最上型重巡」学習研究社から
  いつもの歴史群像・太平洋戦史シリーズ38
  B5判182ページ 本体価格1900円+税
  表紙4に田宮もWater Line Series の広告入り

 CGがいいか,貴重な掘り出し写真がいいかという,

デジカメと銀塩カメラの対決というMooKが店頭にならんでいる.
高雄は資料がかなりでまわっているから,CGで復元したほうが,いいのだけれども....

CGだとどうしても,風景に人影がなじんでいない.
まず,日本軍人の服装と体付きを再現しないと.
双葉社は,縦組みと横組みを組み合わせているが,
縦組みであれば,左綴じが読みやすいような.
組み合わせで,読みにくい.できれば,横組みにして,英語版も同時に印刷すれば,
世界版として,外国にも売れないのだろうか?
 続刊として3冊が予告されているので,つぎが待ち遠しい.
できれば,表2,表3にも画像か年表を入れて欲しい.
無地ではもったいない.

学研版の「最上」には,初出写真(これまで未公開)が何枚かあるようだ.
見出しが横組みになっているのだから,本文も横組みにすればいいのに..
そのほうが,読みやすい.国際版も日本語版に含めることができるのに....
最上なら,完成当時の「溶接ばらばら事件」をとりあげなければ...
結局,いつものメンバによる,いつもの出来で


31 :ベタ藤原 ◆MNjfnp0E :02/07/03 20:10 ID:???
前のスレが復活してますが、どうします?
私的には、前スレに統合した方が良いと思うのですが……

32 :名無し三等兵:02/07/03 23:12 ID:BpHkoXTT
ドイツ空軍全史ってどうよ

33 :ちゃぎ:02/07/04 01:47 ID:???
>>31
異議なし。とりあえず元スレへ参りましょう。ついでにURL貼っておきます。
ttp://kaba.2ch.net/test/read.cgi/army/1009497643/l50

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)