5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

軍事物英語翻訳すれ

1 :素人誤訳者:02/06/27 11:24 ID:???
このスレは皆で野外教範やFASなどの関心のあるものを訳すスレです。
また、英和軍事辞書がネット上で置かれているところをご存知の方
ご一報ください。

注意事項
 あまりにも流暢な訳の場合、翻訳者が誤訳しているか、原文の
 内容だけ押さえたつもりで訳していることがあります。ご注意。
 あまりにも、妙な訳語が使われている場合、訳者は軍事用語を
 知らない可能性があります。ご注意。

さて、ピンと来たら、まったりと突っ込みましょう。
また、投稿者の方は必ず原典のURLを入れてくださいませ。

それでは、誤訳、珍訳の世界をお楽しみください。

2 :素人誤訳者:02/06/27 11:33 ID:???
h ttp://www.gamesofwar.de/History/chp1.htm
FM17-15 TANK PLATOONの訳を試みます。

戦車小隊の基礎的な任務は敵に接近し、破戒することである。
小隊の移動、射撃、通信、装甲防護を与える能力は、現代の戦場において
決定的な要素である。小隊は中隊戦闘団の任務を支援する為、
移動、攻撃、防御その他の必要な任務を遂行する。与えられた任務行動を
果たすにあたり、小隊は、他の機動要素及び戦闘支援並びに戦務支援資産と協調して火力、機動、衝撃効果を用いる。適切に支援を受けた場合、
小隊はいかなる脅威に対しても持続して作戦を展開できる。





3 :らむずへるど:02/06/27 12:25 ID:???
国防総省、宇宙軍団と戦略軍団を統合

 米軍を力と戦う21世紀に変形する進行中のイニシアチブの一部として、国防長官ドナルドH.Rumsfeld
は、今日その使命がアメリカの核力、軍事のスペース行動、コンピューター・ネットワーク行動、戦略
の警告およびグローバル立案のコントロールを含んでいる、2つの一体になったコマンドを合併する意図
を発表しました。米国スペース・コマンド(SpaceCom)および米国の戦略のコマンド(StratCom)の意
図した吸収合併は、格闘有効性を改善し、戦略的意思決定を作るために必要とされる情報収集および評
価を促進するでしょう。

「SpaceComとStratComの使命は、単一の実体へ2つを合併することがコマンド構造中の余剰を除去
し、意志決定プロセスを合理化するポイントへ発展しました」とRumsfeldが言いました。

ネブラスカのOffutt空軍基地にある米国の戦略のコマンドは、米国の核力のためのコマンドおよびコン
トロールセンターです。コロラドスプリングズ(コロラド)の米国スペース・コマンドは軍事のスペース
行動、情報行動、コンピューター・ネットワーク行動およびスペース・キャンペーン立案を命じます。
両方のコマンドは、多量破壊の武器の増殖に逆らったことの責任を負います。

「StratComとSpaceComは、国の長年の防御必要を満たす能力を成功裡に提供しました」と
Rumsfeldが言いました。「合併されたコマンドは、両方の初期の警告の原因でしょう、そしてミサイ
ルに対する防衛、長距離の従来の攻撃と同様に攻撃する。」

意図した吸収合併は2002年10月に起こる予定です。また、コマンド本部のための好ましい位置は
Offutt空軍基地(ネブラスカ)です。


http://www.defenselink.mil/news/Jun2002/b06262002_bt331-02.html

4 :素人誤訳者:02/06/27 17:03 ID:???
>>3 およばずながら機械翻訳をお手伝いしましょう

DOD 宇宙軍司令部と戦略軍司令部の統合を発表
21世紀に戦う軍隊へ米軍を改変する進行中の計画の一環として、国防長官
D.H.ラムズフェルドは本日、次の任務、米軍の核戦力の統制、宇宙軍事作戦、
コンピューターネットワーク作戦、戦略警報、地球規模計画等をつかさどる
2つの統合司令部を統合する意向を発表した。米軍宇宙軍司令部と米軍戦略軍司令部
の統合により、戦闘の効率性改善と戦略意思決定に必要な情報の収集と評価のスピードアップがもたらされる。

”宇宙軍司令部と戦略軍司令部の任務は、両者を統合し一つとすることで指揮系統の無駄を削減し、意思決定過程を合理化することができるほどになっている”
ラムズフェルドはこう述べた。

米戦略軍司令部(ネブラスカ州オファット所在)は、米軍核戦力の指揮統制センター
である。米宇宙軍司令部(コロラド州コロラドスプリングス所在)は
軍事宇宙作戦、情報作戦、コンピューターネットワーク作戦、宇宙遠征計画を
指揮する。両司令部とも大量破壊兵器の拡散への対抗を行っている。

”戦略軍司令部と宇宙軍司令部は長年に渡り、国家の防衛に必要な能力を
成功裏に供給してきた”、ラムズフェルドは述べた。”統合後の司令部は
長距離通常攻撃のみならずミサイル攻撃に対する早期警戒と防衛にも
責任を持つ”

統合は2002年10月に行われる予定。司令部本部の所在地はネブラスカ州
オファット空軍基地の見込み。


訳して感想
 ネヴァダ州とネブラスカ州があるので州の略語は注意
 テロ対策で後回しになってたラミーの改革はクルーセーダーキャンセル
 だけではなかったようです。ミサイル防衛に向けても着々と進んで
 いるようです。
  誤訳の指摘はお手数ですがどうぞ御願いします。

5 :フェチ:02/06/27 23:10 ID:???
なかなか がんがってるなぁ(笑)。

  此れを訳してみて・・・って持ちこむのも有りなんですか?

6 :素人誤訳者:02/06/27 23:49 ID:???
>>5 当然ありですが、危険は自己負担ということで御願いしますね。
  英語なら一応何でも大丈夫です。ただ古い英語、シェークスピアとか
  俗語表現が大量に入っているとだめっぽいです。
   でも、別に私個人占有すれでは勿論無いので、まずURLを書いて頂いて
  気長にお待ちください。

7 :名無し三等兵:02/06/28 00:23 ID:???
>2
破戒してはまずいような気がします。

8 :名無し軍縮官:02/06/28 12:33 ID:???
それはロシアと中国が問題(それは長い間ミサイル防衛の米国の開発が必然的に
宇宙を含むだろうというその恐れのために北京用の優先事項だった)についての
共同のイニシアチブを作った最初のときでした。

「私たちは今日すべてに緊急の採用を支援します、測定する、それを持つ続い
て大きな努力および資源を浪費するのではなく、宇宙の武器の配備を防ぐため
に可能"de-武器、化する。」ロシアの大使レオニードSkotnikovは言いました。

しかしその提案は確実に会議を尾行した区分を深くするように見えます、世界
の1996年以来軍備制限条約を協定するための主要な身体。

テロリストによる攻撃に対して保護するべき防衛システムの米国の開発を許す
ために、ロシア・中国のイニシアチブは、2週のアメリカの1972年のABM条約か
らの撤回によって続きました。

ロシアと中国は条約(それらそれを、核戦争を防ぐ世界的な努力の基礎と見な
す)からの米国の撤回に反対した多くの国家の一人です。

会議は核実験禁止条約および化学兵器の禁止をその業績の一つと数えます。し
かし、それは、アメリカとロシア皮、およびミサイル防衛および核兵器を抑制
する他の方法に関する中国の間の差によって閉鎖されました。

会議へのスピーチでは、米国折衝者エリックM.Javitsが、ワシントンの宇宙上
の任意のタイプの新しい政権に対する抵抗を反復しました。

「アメリカは、新しい宇宙軍縮協定の必要を見ず、新しい宇宙条約を協定する
考えに反対します」と彼が言いました。

アメリカは、宇宙兵器配備を計画していることを否定します。

Javitsは、ワシントンが主題に関する一般的な議論を行う準備ができていたと
言いました。しかし、彼は、これらの議論が法律上拘束力のある条約ヘ結局導
くすべての暗示を拒絶しました。

対照的に、中国の胡は、ただ一つの方法が前に宇宙の武器の配備の条約に基づ
いた禁止であると北京とモスクワが信じたと言いました。

「これは平和とセキュリティのメンテナンスにとって不可欠です」と胡が言い
ました。

計画された条約の核心は天の身体にそのような武器をインストールしないよう
に軌道にどんな種類の武器を備えたどんなオブジェクトも置かない協定である
べきです;宇宙オブジェクトに対する力の兆しに頼らないこと;また、支援しな
いために、他の国々は同様に行います。"これらの基礎的な義務はすべて、ペー
のための国際社会の抗議を反復します。

9 :名無し軍縮官:02/06/28 12:34 ID:???
「宇宙のaceful使用および芽の中の宇宙の武器化の危険をはさむこと"」と彼は
言いました。

会議に新しい生気を吹きこむ試みでは、ドイツの軍縮大使Volker Heinsburg(現
在の議長)が、折衝者が、汚い爆弾のような放射線学の武器_によって持ち出さ
れた危険に至急取り組むべきであると言いました。

「放射能兵器の問題は長く無視されました」と彼が言いました。「汚い爆弾は
その時事性を実証しました。」

彼は、放射能兵器上でイニシアチブをとることによりその"巨大な責任"に応え
て、かつ手続き的に論争する(交渉の他のエリアを悩ました)種類を回避するよ
うに会議に促しました。

フラストレーションは、軍縮会議の内有効性に関するジュネーブの国連ヨー
ロッパ人本部の上品な討議する部屋で増大しています。

行く、会議が多量破壊の武器を除去する世界的な努力の中心だった時、1990年
代の初めの大気である、感謝、冷戦および湾岸戦争の終了に続いた協力に。

「私たちは水泳選手のチームに似ている、それは端に立って、ともに遊んでい
ない、戦術および結果について議論してる。」インドの大使Rakesh Soodは苦情
を言った。「私たちは思い切りやってみる必要があります、また、私たちは、
一旦行えば、それがすべて一つであるので、泳ぎ始めるでしょう、プールの中
でできる。」

「私たちは異なるストロークを見つけるかもしれません。私たちは暫くの間、
単に立ち泳ぎするかもしれません。しかし少なくとも、私たちはプールにいる
でしょう。」

http://www.space.com/news/russia_china_020627.html

10 :名無し三等兵:02/06/28 12:37 ID:WjL7y3hv
たのむ。こういうの止めてくれない?

11 :素人誤訳者:02/06/29 08:47 ID:???
>>7さん
 お? ご指摘有り難うございます。確かに破戒してはなりません。
>>8.9さん
 ちょっと長いのでしばらくかかりますが、お待ちください。
>>10さん
 まあ、まったりいきましょうね。10さんも翻訳をつけてみたり、ここに
 持ち込んでみたりしてはいかがでしょうか?
  わらしはMD関係には疎いので勉強にもなってます。
 あと、もうちょっと長く主語、目的語を書いてくれるとおじさんは
 うれしいです。では。

12 :素人誤訳者:02/06/29 23:10 ID:???
とりあえず、ここに投稿してくれる方に御願いをば。
足の早いサイト(すぐにネット上から削除されてしまうところ)からの
引用の場合はその旨を書いてくれると嬉しいです。

NYタイムスなんかの場合だと無料登録すると結構長い間見れるようですが、
YAHOOだとすぐに見れなくなるので。以上御願いでした。




13 :素人誤訳者:02/06/29 23:48 ID:???
>>8,9の下訳
 表記注 ( )内の英単語は訳に自信が大変ないため併記したものです。
 
 中露、米の反対に関わらず宇宙軍備を禁止するため新たな一手
  By Clare Nullis Associated Press posted: 02:50 pm ET 27 June 2002
  (訳者注 ETとは米国東部標準時間の略なり 日本標準時との時差にご注意)

ジェノヴァ発AP 
 ブッシュ政権のMDに対抗して、中露は木曜日にConference on Disarmament
 において外宇宙(Outer space)への兵器配備を禁止する新たな国際条約を
 共同で提案した。この計画は米の拒絶を受けている。

 ”外宇宙は兵器配備と軍拡競争の危険に直面している”、中国大使
 Hu Xiaodiは66ケ国からなる会議に文案を提出する際に述べた。

 中露がこの問題に関して共同で提案したのは初めてのことである。
 なぜなら、長年に渡り、北京にとってより切実な問題であった。
 というのも、米のMD開発が必然的に外宇宙を巻き込むことを恐れて
 いたためである。

 ”我々は外宇宙への兵器配備を阻止するためにあらゆる可能な手段を用いる
 ことについての緊急採択を支持する。外宇宙を非武装化するため多大な
 努力と資源を後になって浪費するよりも”、露大使Leonid Skotnikov
 は述べた。

 しかし、提案は会議 ―1996年以来兵器規制条約を交渉する世界会議
 (world's main body)につきまとっていた(dogged)分裂を深めた
 のは確かなようだ。

 中露提案の2週間後、米はテロリストの攻撃から守る防衛システムの
 開発の為、1972年のABM条約から脱退した。

 中露は他の多くの国とともに米の条約からの脱退に反対した。
 中露は核戦争を防止するための世界の取り組みにおいて、ABM条約を
 基礎ととらえている。

14 :素人誤訳者:02/06/30 21:39 ID:???
>>13続き
 会議は、核実験禁止条約と化学兵器禁止を達成してきた。しかし、
 米と中露のMDやその他についての相違から核兵器抑制については成果を
 あげることを阻まれている。

 会議での演説で、米交渉担当者(negotiator)Eric M. Javitsは
 外宇宙でのいかなる規制に対しても反対するワシントンの姿勢を従来通り
 表明した。

 ”米は、外宇宙兵器規制の必要性を認めず、新たに外宇宙条約を交渉する
 という考えには反対である”と、彼は述べた。

 米は宇宙に兵器を配備しようと計画しているとのことについては否定している。

 Javitsの言によれば、ワシントンはこの議題について一般的な議論ならば
 準備している。しかし、議論が法的禁止条約に繋がるという考えに対しては
 断固拒絶するとのこと。

 対照的に、中国のHuの言によると、北京とモスクワは外宇宙兵器配備を
 条約により禁止する事が唯一の前進する道であると信じているとのこと。

 ”これは、本質的には平和と安全を維持する為である”Huは語った。
 
 計画されている条約の内容は、軌道にいかなる兵器も配置しないこと、
 このような兵器を天体上に設置しないこと、他の宇宙物体に対して
 力の行使を行わないこと、他の国が以上のことを行うのを援助しないこと
 といった協定である。
 
 ”これらのすべての禁止事項は、外宇宙を平和利用し、外宇宙への
 兵器配備がされる危険を未然に防ごうという国際社会の訴えを反映
 したものである”、彼は言った。

 会議に新たな生命を息吹かせようとして、現在の議長である独の兵器規制大使
 (disarmament ambassador) Volker Heinsburは、交渉国は放射性兵器
 例えば”汚い爆弾”の危険について緊急に表明すべきであると述べた。

 ”放射性兵器の問題は長い間、等閑視されてきた”彼は言った。
 ”汚い爆弾は、関心の的であることを証している
 (Dirty bombs have demonstrated its topicality)”

 彼は会議にその大きな責務へと立ち返り、放射性兵器について提案することと
 交渉の他の分野を蝕んでいる手続に関する議論を避けるように求めた。

 兵器規制会議の非効率性についてジェノヴァにある国際連合ヨーロッパ本部の
 高級な会議室では不満が鬱積している。

 冷戦と湾岸戦争に続いた1990年代初期の会議が大量破壊兵器を削減する
 地球規模の取り組みの中心であった頃の雰囲気は消えた。
 
 ”我々は、これまで一度もともにやったことがない水泳選手が、プールサイド
 で戦術と成果を議論しているようなものだ”、インド大使Rakesh Sood
 は言った、”飛び込まねばならない。そして一端飛び込んだら、泳がなければ。
 なぜならそれが出来る事の全てだから”

 ”別な泳ぎ方をするかもしれないし、しばらくは水の上にのるかもしれないが
 少なくともプールの中にいる”
 


15 :素人誤訳者:02/07/01 10:49 ID:???
13,14と訳し、機械翻訳と比較しての感想を少々
 
まず、機械は意味の単位を把握するのにが苦手なようなので、
原文をいじれるのならば、:や;に,で意味の区切りを与えてあげると
精度がますかもしれないと思いました。

次に下訳としましたが、これ以上日本語でスムーズに訳すには
事実関係の把握と用例辞典が必要かなと思います。
 具体的にジェノバで行われている会議の日本語名称と外交官の名前
やインドの大使の言葉の背景、なぜ水泳選手のたとえがでてくるのか
どうも水球関係の比喩なのでしょうか などが不明です。
このため、原文と同じ情報を盛り込む事で逃げようと言う事で
不自然な日本語を使っているいます。

投稿してくれた方の忌憚ない意見を伺いたいです。

では、下から戦車小隊の第1章の続きを訳して見ます。

16 :素人誤訳者:02/07/02 22:52 ID:???
上で書いといてなんですが、メルカバMK4の概要が英語で発表されたので
訳してみる事にします。
http://www.idf.il/merkava4/english/index.stm
歴史的背景
独立戦争は、実質的には歩兵の戦争であった。イスラエルと敵ともに作戦は
歩兵部隊により展開された。配備されていた少数の戦車は決定的な役割を果たせ
なかった。当時、イスラエルは15両の戦車を保有し、アラブ側は45両だった。
独立戦争の機甲部隊は主として、ハーフトラック、APC、軽砲装備の装甲車両
で装備していた。イスラエル軍には、280両のハーフトラック、20両の砲装備
車両があった。アラブ側には、620両の装甲車両とAPCがあり、うち180両は
砲を搭載していた。

1956年のシナイ動乱は機甲戦であった。イスラエルはエジプトが配備した戦車150両に対して、シナイに戦車200両を配備した。
 
シナイ動乱以後、イスラエルと周辺アラブ諸国との地上戦は
高度な機甲戦となった。6日間戦争では総計戦車2,500両、ヨム=キプル戦争
では総計戦車6,200両が戦争に投入された。シナイ動乱以来、何千両という
戦車が破壊されている。

今日、戦車は戦争技術の核心であり、現代地上戦において第一の決定的要素
であると考えられている。

シナイ動乱に先立ち、エジプトは”チェコスロバキア武器協定”により
スターリンV、T-34、Su―100を含む300両の戦車と戦車駆逐車を受領した。
これは当時、すでに各種の西側の装甲車両430両を有していたエジプトの装甲部隊
一層の増強であった。

中東の軍拡競争を念頭に置くと、イスラエルの兵器は常に質量ともに劣っている。
シャーマン戦車とAMX-13戦車(実際には戦車というより軽戦車駆逐車)を入手すると
アラブ側は、何の問題もなしに、東西両陣営から最新型の戦車を入手した。
我々は、ガラクタで満足しなければならなかった。古くて稼働しない戦車、
第二次世界大戦の古物、シャーマンや、英国のセンチュリオン、アメリカのM-48などで。

17 :素人誤訳者:02/07/02 23:14 ID:???
新型戦車を我々に売ってくれる国は一つとしてなかった。我々に最新の戦争手段、
ジェット戦闘機といったものを時として売ってくれる国もあったが、新型戦車の
売却は拒絶し続けたのはなぜかはいまだに分からない。

必要に迫られて、時代遅れの金属の固まりを再生するため、
我々はそれを再生、砲換装、エンジン交換計画などにより購入したのだが、
装甲技術を学ばねばならなかった。

我々とアラブとの競争はいまやアラブが配備する新型の西側とソヴィエト戦車
とイスラエルが配備する古い再生、改良戦車との直接対決となった。

1960年代、アラブはソヴィエトロシアからT-62戦車を入手しつつあった。
同車は当時、最新の配備可能な主力戦車であり、高威力の115mm砲を装備していた。
 1940年代や1950年代の戦車の改良と再生では、今後の安全、それどころか
イスラエルという国家の存在すら危ういことは明らかであった。

そのとき、イギリスが衝撃的な歴史に残る提案をしてきた。イギリスは
120mm砲を装備した時期新型戦車チーフテンの開発を仕上るのに資金が
必要であった。この戦車は西側で最強かつ最先鋭となるよう設計されていた。
財政上の制約からイギリスは包括提案をしてきた。その提案では、
時代遅れのセンチュリオン戦車を数百両イスラエルが購入する。イギリスは
その代わりに、イスラエルがチーフテン開発の最終段階に参加することと、
チーフテンをイスラエルに売却する事、イスラエル国内にてチーフテンを生産ラインを
構築することを援助することとなっていた。これは中東での質量双方での機甲戦力均衡に
おける受入れがたい先の見通しを解決する理想的な方法に思われた。 

18 :名無し三等兵:02/07/03 13:40 ID:???
長文の翻訳ご苦労さまです。
普段はROMですが毎回期待して読んでいます。
今後も頑張ってください。

19 :素人誤訳者:02/07/03 14:29 ID:???
>>18さん ありがとうございます。
 えぇ、あまり銃の機構や技術的文章にも弱いのですが、でも、他の方も
 訳し始めてくれるかもしれませんので、投稿をして頂けると幸いです。

 それでは昨夜の反省
 改良戦車としましたが、原文はimproviseなので 間に合わせ戦車 が正しいかも。

では 続きを
我々とイギリスとの協力はおよそ3年続いた。チーフテン戦車の原型2両がイスラエルに
運び込まれた。イスラエルは、イスラエルにて我々と共に働いたイギリスの将校や
技術者ととも緊密に協力し、チーフテンの改良と最終仕上げに多大な投資をした。

けれでも、アラブ国家が介入してきた。金融資産をイギリスの銀行から引上げる
等の制裁でイギリスを脅したのだ。アラブの首都では示威行動があり、
イギリス大使館が襲撃された。1969年、イギリスはイスラエルとのチーフテンに
関する協定から手を引いた。

3年に渡る開発、設計、計画に注いだ努力は無駄となった。我々は振り出しに
戻り、失われた時間は取り戻せないのだった。

この経緯をもとに、我々はイスラエル製の戦車を開発、生産する可能性を
検討した。

一番重要な兵器、安全にとって死活的であるものが問題であり、あらゆる国家は
イスラエルに供給を拒んでいるのは明らかだった。この点について変化がある
とは考えられなかった。




20 :素人誤訳者:02/07/03 14:56 ID:???
ここで生じた問題は、自国産戦車の開発と生産をすべきかではなく、このような
計画の成功に必要な工業、技術水準を我々は備えているかであった。
さらにこの問題に加えて、イスラエルの経済に支障なしに適正な価格で実行
できるかという問題もあった。

これらの問題にこたえるため、イスラエル=タル少将を長とする研究が行われた。
研究は防衛省と補給軍団の専門家により2つの重要な視点から行われた。

1技術ノウハウと工業基盤の点からイスラエルは主力戦車の計画、設計、生産を
 行う事が出来るか?
2このような計画には経済的合理性はあるだろうか?広義においてイスラエル
経済にとって、経済的に実行可能だろうか?

結論
研究の結果は、肯定的だった。国家経済の観点から経済的に実現可能な
範囲でイスラエルは戦車の生産基盤を開発し、維持することが可能であった。
さらには、提案されたイスラエル戦車は他と比較して、IDF(イスラエル国防軍)
独自の要求と中東戦域での独自の要求に合致していた。1970年、
イスラエル国はIDFと将来の輸出の為、戦車を開発することが決定された。

21 :素人誤訳者:02/07/03 15:52 ID:???
当初の計画では、既存のシステムと部品に基づく戦車の開発ということであった。
しかし、ノウハウの制約、技術上の理由や次第に変化する運用上要求により、
計画の初期の段階から、独自で新たな部品による全く新しい戦車の開発が
必要となった。それに伴い開発内容は変更された。

開発期間を短縮する必要性から、のちに”テレスコピック開発”プロセスと
して知られる、リスクを承知の上で受入れる開発プロセスが生まれた。
この方法では、全ての開発と実証段階を終える前に原型に基づいて
連続生産を開始する。これは生産要目を最終的に詰める前に先立ってである。

戦車と製造産業の樹立と管理に掛かる投資を削減する為、計画に必要とされる
支援業務(調達、部品、法務、経済用務要員、その他)に関して我々は二重に
組織を作らないことにした。計画管理には装備センター施設、
予備部品在庫、調達生産管理、防衛省法務顧問要員、防衛省経済顧問要員
その他といった既存の防衛省とIDFの基盤を活用した。

加えて、既存のIDFと民間、政府軍事産業の工業基盤を活用し、必要な場合には
既存の工場の生産能力を拡張することが決定された。可能な限り、
官僚機構の膨張や新産業の創出は避けられた。さらに、既存のIDF戦車廠が
戦車最終組立工場として活用されることが決定された。加うるに、
200の工場がメルカヴァ戦車に必要な何千という部品とシステムの生産に
必要な新たな知識と能力で更新された。

発展途上地域を含めてイスラエル中に生産設備を配置する方針は、
民間活力の最大限の活用と軍事産業の独占がないようにという配慮から来ている。

足りない技術知識については、一部は海外から、一部は防衛組織と
工業組織内でイスラエルの研究産業により開発されることが決定された。


22 :機械翻訳屋:02/07/05 11:41 ID:???
日本は、米国セキュリティ情報の信頼度を質問します

http://www.asyura.com/2002/war13/msg/366.html

23 :素人誤訳者:02/07/05 12:25 ID:???
>>22 投稿ありがとうございます。外電で邦紙に掲載を見送られているものが
   ネットでみられるとは時代がほんとに変わったものです。
   そのうち、新聞記者の未掲載原稿が流出したりして。
   ということで、メルカヴァの話は一端置いといてこちらの翻訳を。


日本 米の安全保障関連の情報の信頼性に疑問符
 2002年7月3日   テルアキ ウエノ

 東京発ロイター
米軍事筋からの誤情報の連続で、日本では枢要な同盟国の信頼について
疑問が生じている。政府は自前の情報能力を向上する事を検討し始めたと
日本情報筋は述べた。

”政府高官はと自民党政治家は日本の国益を守るのに必要な軍事情報を
盲目的にアメリカに頼るのは危険ではないかと考え出している”、
情報筋は述べた。

安全保障は北朝鮮に近い位置にある島国にとって関心が深まりつつある。
北朝鮮(ニュース ウェブサイト)
は先週末、大韓民国(ニュース ウェブサイト)と海上で小投資、
全面戦争の危険をほのめかした。

秘密主義の共産党国家は核兵器開発能力(nuclear capabilities)があると見られて
おり、民主国家南朝鮮とは国際法上の文言上( technically at war)では戦争状態に
ある。

ミサイル発射を探知する技術がないため、第二次世界大戦以後、地域安全保障情報を
米国にのみ依存してきている。

日本はその見返りとして、ワシントンの重要な安全保障上の同盟国であり、
アジア太平洋地域におけるアメリカ軍事力への基地提供をしている。

が、ここ数年、様々な機会において米軍事筋は日本に信頼できる情報を提供することが
できなかった。

24 :素人誤訳者:02/07/05 12:46 ID:???
1998年に本土を飛び越えた北朝鮮の弾道弾について警告することに失敗したこと
を除いても、あとになってから、単に誤報だと判明する情報を提供してきている。

1番最近は日曜日横浜でW杯の決勝戦が行われる30分前に誤警報が届いた。

ワシントンは、W杯共同開催国である日本に、中国の発射したミサイルが
日本の南部の島沖縄近海に落下する可能性があると伝えた。

安全保障関係官庁は恐慌におちいったが、90分後に警報が取消されただけに
終わった、と政府高官は述べた。

昨年11月には、米軍事筋は日本に南朝鮮が試射したミサイルが
南部の島九州近くに落下すると警報した。が、日本の領海外に落下した
だけだった。

”正直なところ、誤報に振り回されたくない。米軍事筋から情報を受けても
疑うようになった(cautious)”匿名を条件として防衛庁高官は語った。

1998年、北朝鮮の脅威について警報を受けて、弾道弾の発射探知をするための
偵察衛星を数年内に打ち上げる計画を策定した。

しかし、防衛専門家によれば、衛星は十分な性能はなく、米軍事筋よりも
日本の情報能力を向上させられるものではないという。

”日本が打ち上げを計画している衛星の能力と質は、商用衛星よりも大分
劣る”、タケサダ ヒデシ、防衛庁と繋がりのある国立国防研究機関
(National Institute for Defense Studies) の長は述べた。

彼は、日本はさらに高性能の衛星を打ち上げることと現在は所有していない
偵察機を開発する事を検討するだろうと述べた。

日本は又、ワシントンとTMD(戦域ミサイル防衛)といわれる何百万ドルの
共同開発計画の実現可能性を研究している。この計画は飛来するミサイルを
撃墜しようというもの。


#どこかのウェブサイトからの転載かもしれません。
 翻訳調は日本の新聞をよく読んでいると馴染み深い感じにできるだけしました。
 
 途中のNational Institute for Defense Studies が謎です。

25 :機械翻訳屋:02/07/05 13:00 ID:???
それ防研(某研究者でわない)
www.nids.go.jp

26 :素人誤訳者:02/07/05 18:25 ID:???
宛 機械翻訳屋さん
 なるほど、たしかに英語版のサイトを見て回らないとわからないです。
 というかぐぐるする手間を惜しんではいけないんですね。有り難うございます。
 ついでに随分謎だったこの人名も解決しそうです。
 
 世界年鑑で昨年度の所長さんの名前は分かりました。現職は分からんです。
 武貞 秀士さんだと思います。

 

27 :素人誤訳者:02/07/06 12:10 ID:???
メルカヴァの各世代
 1979年4月最初のメルカヴァTがIDFに引渡された。それはメルカヴァ戦車を
生産するという決定からおよそ9年後のことだった。

メルカヴァ戦車はシナイ動乱以後の全てのイスラエルが経験した戦争での
IDFの機甲戦で得られた経験に基づきて設計されている。

メルカヴァTの独自性はその基本概念にあり、これは各世代を通じて共通
している。それは、装甲と戦車の生存性がその基本的特徴であるということ
である。戦車の防護は、全周空間対徹甲防御、乗員の周囲に機器を配置すること
により、つまり、機器はそれぞれの機能に加えて乗員と弾薬を保護するために
も活用されている。この概念のもっとも顕著な例はパワーパック(エンジンとトランスミッション)を戦車の前方に配置していることである。

28 :名無し三等兵:02/07/07 00:49 ID:???
文を並べ替えたほうが日本語らしくなると思う。

> 1979年4月最初のメルカヴァTがIDFに引渡された。それはメルカヴァ戦車を
>生産するという決定からおよそ9年後のことだった。

メルカヴァ戦車の生産が決定してからおよそ9年後、
1979年4月に最初のメルカヴァTがIDFに引渡された。

>メルカヴァTの独自性はその基本概念にあり、これは各世代を通じて共通
>している。それは、装甲と戦車の生存性がその基本的特徴であるということである。

メルカヴァTの独自性は装甲と戦車の生存性にあり、
その基本概念は各世代を通じて共通している。

29 :素人誤訳者:02/07/07 11:12 ID:???
>>28 有り難うございます。そのほうがいいですね。文を
並べ替えたり、二つに分けるですか。以下でも試してみます。
今一つうまくいきませぬ。

では続きを

この他、メルカヴァの生存性を向上させている要素は次の通り。
射撃時、低姿勢であること
乗員室内からの可燃物の撤去
抗熱収納ケースに入れて、車体後部近く、砲塔リング下に
主砲弾薬を格納していること。

メルカヴァTは、1982年のレヴァノンでの戦争に投入され
かなりの成果を上げた。IDF装甲軍がメルカヴァUの
受領し始めた1983年まで生産は続いた。

メルカヴァTの運用から得られた戦訓でメルカヴァUに適用されたものの
うち主なものは次の通り。
火器管制システムの改良
特殊装甲の改良
60mm迫撃砲の内装

メルカヴァUの生産は、1989年まで続いた。同年、メルカヴァVが
生産ラインから出荷され始めた。

1990年の年頭にメルカヴァVは運用開始となった。メルカヴァVは
先進的な戦車である。VとUは根本的に異なる戦車である。
エンジンを除いて、全てのシステムと機器は新たにイスラエルで設計、
生産された。

新たな独自のサスペンション、高馬力エンジン、高威力な主砲、
そして、特筆すべきは新たな独自の装甲がメルカヴァVの主な
特徴である。対徹甲防御は、戦車にボルト止めされた特殊な装甲
モジュールが担う。現在よりも対徹甲技術が進み、導入された場合、
容易に交換する事が出来る。こうして、戦車はずっと最新で居られる。

メルカヴァVの生産中、数々の改良が施された。そのうち主なものは
自動目標追尾機能(Baz)付の火器管制システムと対徹甲防御の
著しい向上である。

30 :素人誤訳者:02/07/07 18:16 ID:???
装甲軍がメルカヴァWを運用し始めた2002年までメルカヴァVの生産は続けられた。

メルカヴァW
装甲、生存性、火力、機動性、戦車の主要素の全てにおいてメルカヴァWは
進歩している。

装甲と生存性
メルカヴァ系列のこれまでの設計の基本方針はメルカヴァWにも適用されている。
装甲と生存性に重点が置かれ、戦車の各システムを乗員を保護する為活用する。
(エンジンは戦車の前部に配置される)、弾薬は防護ケースに収納、自動消火システム、
加圧NBCシステム、等々。

メルカヴァWでは、対徹甲防御はモジュールであり、現代の脅威に対して
さらに有効な防御を提供し、防御効率と防護域にも革新がある。
さらに、対徹甲防御は上面にも施され、トップアタックに対する能力を備える。
メルカヴァV搭載のものの次世代の電磁波警報システムが装備されている。

火力
メルカヴァV用に開発されたものの次世代の120mm砲を装備している。
さらに貫徹力のました高威力の弾薬を射撃する事が出来る。即応弾は
防護区画に格納される。装填手はシステムにより半自動的に望みの弾種
を選択することが可能。
探知距離と目標捕捉に大変優れた新機器を含む新たな火器管制システムを
搭載している。夜間視界システムは世界の最新の熱線技術によるもの。
自動追尾能力も大いに改善した。
車長と砲手が目標捕捉、目標分配、破壊について有効な戦闘ドクトリンの
導入を可能にした。
火力を支援するシステムは、ディスプレイと先進的なOSにより統御されており、
車長がデータ通信と戦闘管理をするのを助ける。


31 :素人誤訳者:02/07/11 14:41 ID:???
機動力
 メルカヴァWのエンジンは最新である。1500馬力ディーゼルであり、操縦手の
操作パネルと最新の自動トランスミッションとを繋ぐコンピューターにより
制御されている。エンジンとトランスミッションは世界最先端のパワーパックを
構成している。エンジンの大馬力とメルカヴァVのものに基づく強靭なサス
ペンションのおかげで、優れた機動性と操作性がある。
新たなパワーパックの採用により、車体の再設計が可能となり、正面防護力と
操縦手の視界が向上した。
 車長の手助けや地上からの指示無しで後進できるよう、戦車後方の視界を
操縦手に与えるカメラが開発された。
 メルカヴァT、U、VとWとを比較する表を添付してある。

経済的観点

取得と生産
 約200の企業が主契約者や副契約者として戦車の生産に携わっている。
 主契約者には、エルビット―エルビット光学(Elbit - El Op)(管制
 システム)、IDF(主生産、組み立て テスト)、IMI(主砲、防護材、
 トランスミッション)Urdan(装甲鋳造)、IAI−Ramta(防護材)
 生産の大部分は私企業によって、その他がIDFと国営企業によって行われる。
 

32 :素人誤訳者:02/07/11 14:45 ID:???

経済的優位性
 メルカヴァ戦車の生産は、同一技術レベルの外国産戦車と比較して
 経済的にもより好ましい事を、メルカヴァ戦車の各世代とも証してきた。
 この点はメルカヴァWも同様である。メルカヴァWは他の戦車と比較して
 コストが有意的に低い。

 直接の量的効果ばかりでなく、計画がもたらした国防の確立と
 国家経済にもたらした間接的な効果も特記すべきだろう。
 雇用:計画から直接生じた雇用が数千ある
 技術、産業の進展により生じた効果:
 メルカヴァの開発により得られた技術、部品の輸出は1年当り
 何千万$にも達する。
 輸入代替効果:
 海外からの戦車輸入は打ち切られ、その他の装甲戦闘車両の予備部品の
 国内生産が増加した。
 メルカヴァの技術を他のIDF装甲戦闘車両の再生とその他の兵器へも
 適用した。
 これまでの戦争で損傷を受けた何百という戦車と自走砲の再生に
 メルカヴァの生産施設が使われた。

#訳終わりです。
感想 modernとnewが度々でてきます。”最新”としたり、訳さなかったりして
   ます。protection componentsとarmour castingの二つが微妙ですが。
   特に鋳造と訳したのは大きな間違いの可能性があります。

33 :素人誤訳者:02/07/12 23:57 ID:???
では 戦車繋がりで、FMBT(次世代主力戦車)かLOSAT(質問スレで
詳しいところを紹介して頂いたです)を訳そうと思ってましたが、
分量の関係上 LOSATからやってみます。

h ttp://www.army-technology.com/projects/losat/

LOSAT(直射対戦車高機動多目的装輪車両)、米国

LOSATは、直射対戦車兵器であり、Lockheed Martin Missiles and Fire
Control (formerly Lockheed Martin Vought Systems)テキサス州ダラスが
開発生産している。構成は能力向上型HMMWVに搭載したKEM(運動エネルギ
ーミサイル)とITASを元にした射撃統制システムからなる。

1980年代米国陸軍は重対戦車兵器について技術更新の検討を開始した。
1900年にLockheed Martin Vought Systems (formerly LTV) が
KEMの飛翔実験を行い、KEM開発契約が結ばれた。
1997年に先進技術実証計画が開始され、1998年には先進概念技術
実証計画に対して予算が下りた。Lockheed Martin Missiles and
Fire Controは車両12両とKEM44発を米国陸軍に引き渡し中である。
2000年12月に追加予算を受領し、2002年には生産決定が行われる見込み。


34 :素人誤訳者:02/07/13 00:15 ID:???
KEM(運動エネルギーミサイル)
運動エネルギーミサイルは直撃兵器である。直撃で生じる衝撃により装甲目標や
他の目標を打ち破る。榴弾弾頭の代わりに重多層装甲を貫徹棒が5000フィート
毎秒の高速で貫く。貫徹角度が高斜角の場合でも貫徹に成功することができる。

システムは単純だが革新的であり、ミサイルには弾頭、信管、搭載探知部が
なく、制御部には可動部分がない。これにより射耗されるミサイルのコストを
低減させている。ミサイルの重量は80sで、4枚の安定翼が付いており、
射程は4kmを超える。固体モーターの開発はATK (Alliant Techsystems)
Tactical Systems Companyが行っている。

35 :素人誤訳者:02/07/13 15:17 ID:???
射撃管制システム
 射撃管制システムはITAS(改良型TOW捕捉システム)を基礎にしている。
 同システムは、Raytheon (formerly Texas Instruments)、(所在地
 ダラス)が米国陸軍向けにTOW対戦車ミサイルの能力向上型として開発
 したもの。Sofradir(所在地フランス)が、熱線画像システムの
 480×4フォーカルプレーンアレイを開発した。また、BAE Systems
  North America, 所在地アトランタが二酸化炭素レーザーレンジファイン
 ダーを供給している。


36 :素人誤訳者:02/07/13 15:47 ID:???
運用
 LOSATは単独運用も他のシステムと共に使うことも可能である。
 LOSATは、初期投入部隊に対戦車能力を与える為に設計されている。
 LOSATの射程は現世代の戦車砲よりも遥かに長いため、攻撃能力に
 おいて優位性がある。

 システムは乗員3人で操作する。2マイルを超える射程において
 探知から破壊までの攻撃過程は数秒しかかからない。

 発射機上の第2世代赤外線センサーが目標の捕捉と追尾に用いられる。
 ロックオン後は、射手は次の目標捜索に移ることができる。2つある
 目標追跡器を使えば、同時に2つの目標を攻撃することも選択できる。
 射手がミサイル発射過程を開始すると発射機は赤外線サイトに連携、
 発射し、弾は目標に向かい飛翔する。

37 :素人誤訳者:02/07/13 16:34 ID:???
ミサイルは目標に命中するまで、発射車両の目標捕捉システムから
誘導情報を受取りつつ慣性誘導により飛翔経路を飛行する。

車両には4発の即応ミサイルが搭載されている。再装填ミサイル8発が
牽引車両に搭載可能。乗員3人により数分間で再装填し、戦闘体制を
整える事が出来る。

可搬性
LOSAT HMMWV一式全体は、ヘリコプターや輸送機により空輸が可能。
例えば、C-5輸送機にはLOSAT HMMWV10両、C-141には4両、
C-130Jには2両が搭載可能。V-22オスプレイとCH-47Dは1両を吊下輸送可能。

#翻訳終了です。
 感想 focal plane array やら
the launcher is aligned to the infrared sightのあたりが非常に怪しいですね。
 続いて配備部隊についてまで触れているものもご紹介頂いたので
 そちらも訳してみます。

 


38 :素人誤訳者:02/07/13 18:04 ID:???
h ttp://www.ausa.org/www/armymag.nsf/(soldier)/20026?OpenDocument

LOSAT:直射対戦車兵器 
2002年6月
Scott R. Gourley

過去20年間にわたり、政治、軍事面において地球規模で環境が変化したため、
その間ずっと、必要とされ続けた兵器システムはごく僅かである。その例外の
一つが、米国陸軍の早期投入/軽部隊に現代の重装甲車両に対抗して自らを
防護できる車両搭載システムを与える必要性であった。1980年代における
この要求に対する応急計画では旧式かつ古びたM551シェリダンに頼っていた。
1990年代初期においてすら、デザートシールド作戦の初期段階において
対戦車車両としてM551が用いられた。1990年代中期になり、M551の後継として
M8 105mm砲システムが指名されたが、予算折衝により無に帰した。
Strykerの派生型の一つである105mm機動砲の開発は、これらの進展が
21世紀でも継続しているものだと見ている者も居る。

一方、この間に、究極の対戦車兵器と考えている者もいる設計概念を
改善する作業に従事し続けてきた軍と企業の科学者もいた。
そのシステムはLOSATと名付けられており、概要は、長い貫徹棒を
大きなロケットに入れ、とてつもない速さで飛ばし、命中した
装甲を破壊するというものである。知られている、または計画中の
装甲ではこれに堪えることはできない。

39 :素人誤訳者:02/07/15 12:29 ID:???
計画関係者によると、LOSATの技術的な困難は超音速ミサイルの生産よりは
ミサイルが確実に目標に命中する誘導の開発であるとのこと。LOSAT開発陣が
採用した誘導システムでは、CO2レーザーが2つの機能(目標までの距離測定と
ミサイルに更新情報を伝達)を果たす事になっている。単純化して言うと、
射撃装置はレーザーパルスにより目標位置情報を伝える。パルスは
174ポンド、6.4インチ×113インチ長のKEM、5000フィート/秒の後部にある
後方受信装置で受取られる。このパルス化された情報に基づいて、ミサイルの
誘導電子装置は前部姿勢制御モータにある小火薬群に点火し、目標に直撃する
正しい正しい方位へと修正する。

開発者は、LOSATの終末誘導とPAC-3 航空防衛ミサイルの構造とは
本質的に似ていると認めている。KEMの構造は、過去15年間、ほとんど
変わっていないが、採用される車体は様々に移り変わってきている。
最初の概念設計(notional designs)では、LOSATは陸軍の装甲車両系統
の重派生型と中派生型に載せられていた。この概念は立ち消えとなり、次いで
計画者はエイブラムス戦車の車体にKEMを載せる事にした。そこから、
計画は原型車両に進み、車両技術者とミサイル技術者はシステムを延長した
ブラッドレーの車体と装甲砲システムの車体に乗せた。最後に辿り着いたのが
6番目の車体であり、それがM1114”Humvee"である。

#下段 不明箇所をやっつけ訳しており、意味不明なり。
 装甲車両の体系化計画が米陸軍にあり、そのうち重と中にLOSATを
 載せるという計画があったが、装甲車両の体系化計画自体が立ち消えた
 という話では と妄想しています。

40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)