5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

へぼい本を読むと・15

1 :1@ヘボンハンター見習い:02/06/26 23:51 ID:???
読み進めるうちにだんだんお腹がモニョモニョしてくる、
そんな本をここで紹介しましょう。自薦他薦は問わず。
ただし、仕事中・飲食中にこのスレを読んで
後々面倒な事になっても一切責任は持ちませんので。

☆へぼんの大原則は『愛』よーん。叩きとはちょと違いますので私怨の人はザ・グッバイ。
※ナマモノには蓋。現役ジャンルは程よく発酵してからが食べごろです。
※波紋を呼びそうな単語は伏せてサゲていきましょう。
★長文が多いので、次スレお引っ越しはレス900でお願いします。


前スレ へぼい本を読むと・14
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1020235368/
前々スレ へぼい本を読むと・13
http://yasai.2ch.net/doujin/kako/1012/10128/1012803388.html
過去ログ へぼんの王国
http://ime.nu/storm.prohosting.com/hebon/

2 :1@ヘボンハンター見習い:02/06/26 23:56 ID:???
14が700越えてたので新スレ立てることにしました。
719までならIEのキャッシュがあります。
が、それをどうすればいいか分からない罠。

3 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/06/27 00:38 ID:???
とりあえず今はスレ立てても消される可能性があるみたい。

で、かちゅなら前スレのログあるよ〜。
719までだけど。必要ならあぷろだ教えてくれたらうぷします。

4 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/06/27 14:01 ID:/5yiwSEY
ttp://kaba.2ch.net/test/read.cgi/accuse/1025120602/l50
最新のログ持ってる人は、協力よろ

5 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/06/28 04:32 ID:p+kk/HB9
悪ロダはもう使えないのかのう。

6 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/06/29 23:05 ID:gl4K6983
age

7 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/06/30 02:37 ID:FZ4AIp/N
じゃあ景気づけに小ネタを一つ。
ジャンルは列伍。
剛劣ものだったと思うが
途中までは普通。ところがページをめくるとそこには
「劣兄貴…俺の天使!!」
吹いた。

8 :どーでもいいことだが。:02/06/30 07:00 ID:wYLr8afd
>7
列伍ってそういうの多かったよね(笑
ワタシモナニカアサッテコヨウ

9 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/06/30 19:50 ID:faSTm9gO
「あの鼻のポチーリが性感帯」ゆーのが未だに忘れらんない>レツゴ

10 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 00:15 ID:dIMPdhFZ
>9
すげえ設定…(w
それとも自分が知らないだけで、列伍では普通なん?


11 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/01 09:02 ID:zvuYJUBS
>>7
萌え〜

12 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/02 01:00 ID:FL5QquWR
あー、でも「天使」、とかそういうの多かったよ。
当方列伍のゲルマン系だったせいか、
あの逆髪色黒ゲルマンが天使、が今まで見た中でダントツに多かった。

13 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/02 02:18 ID:aLX3bpN7
>>12
小学生で三木声な天使なんて、嫌だ。

14 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/02 11:30 ID:SV75FS3H
たった今までかつてビーフシチューさんによって語られた
大洋にホエーロの「鶴が飛んだ日」を見てました。

耶魔さんの「今夜は付き合ってやるよ。長い夜になるだろうからな」が
つぼでした。
それにしても、壊滅させた麻薬組織のアジトで禁断症状を克服するよりも
医者に行った方が良いんじゃないかと思ったりなんかしてみてからに。



15 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/02 14:44 ID:f7qqeL0G
>7
ジャンルから離れて久しいのに、
「確かに天使かもなぁ」とナチュラルに思ってしまた。
まだ愛があるらしい自分に照れ・・・

16 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/03 12:33 ID:dA3QwyH4
団苦のル鼻(過去スレで結構既出だったサークルさんのゲスト)、
鼻が天使でドジしちゃって地上に降りてきてル皮に拾われ…って
話は割と定番ヘボンだったんだけど本番シーンの度に
タマ袋の描写があるのがどうにももにょった覚えがあります。
そんなメルヘンなネタでタマかよ!と…。

あと天使ネタといえばオリジ本で見た
肩甲骨より大分下から羽生えてるイラストも結構強烈な思い出です。
あれで飛んだらケツにタケコプターつけてるノビタ状態になる。

17 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/03 13:34 ID:YjLmXUDn
>16
モーレツに下半身デヴな天使なのかもしれない。

18 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/03 13:53 ID:YycRYsN9
>16
SF商業漫画であったなあ・・脚翅種っていう種族。
太ももから透明な羽が生えててとても美しいってやつ。「飛ぶ」じゃなくて「跳ぶ」だったけど、
その発想にとても驚いた。
これと一緒にされては漫画家さんも嫌だろうが、思い出してしまったので。

19 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/03 15:38 ID:y7rZqquW
>16
洩れはダソバイソ外伝の「リーソの翼」の聖戦士を思い出した。
あれは足首だけどさ…。

ぶっちゃけ天使の羽根であれ、力学上は飛べないので、メルヘン力で
dでるんだろうて。

20 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/04 10:27 ID:YF9FiBTk
>19
メンヘル力かとオモタ。
そうか〜脳内妄想はどこまでもはばたくんだなーと自然に思った
自分に鬱。

21 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/05 20:08 ID:aXkCl46v
今日新宿のタワーレコードに行ったら、明和電気が来ていて歌を歌っていた。
そういえば…と思いながら見てたら、
「それでは、『風のピタゴラス』」
笑いを堪えるのが必死でした。クリスタライズ…平意見キリスト…



22 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/05 23:07 ID:oh/KTn3k
コバルト文庫の新刊に「マリア様が見てる」という本が。
中身しらんが・・・ツボにはまった私はこのスレROM専住人

23 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/05 23:47 ID:Z9olt9H3
>22
一巻のラストでは、「マリア様」と「月」に見られてました。

24 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/06 02:49 ID:KCCG7Jdz
小林サカーを見に行って、本編前の新作予告で流れた邦画のタイトル
「海は見ていた(だっけ?)」で既にへぼんを感じてしまうのは
間違っているのでしょうか……つか、巨匠の遺作に失礼な(´д`;)

25 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/06 04:57 ID:mQQ71eXD
ドラマ版王都@セイメイは激しくヘッヴォーンのかおり…。
毎週楽しませて貰うよ、いやマジで。

26 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/06 16:45 ID:cQvOSBB3
>>21
もう私だったらよだれをまき散らして
爆笑すると思う。

27 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/07 17:41 ID:/OzWQfPl
今日横浜のHMV行ったけど他の曲でピタゴラスは演ってなかった。残念。
他の曲がよかったのでCD買ってピタゴラスを堪能。
社長が缶のお茶を飲んでるのを見て、お茶がクリスタライズされる!?
なんて想像して笑いをこらえてまつた。

アーティストは布教本出すよりナイスなへぼんに
からませた方が広まる気がしてきた(笑)

28 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/07 20:12 ID:bsfFiZVP
ここを見ていて、自分も何か強烈な本を読んではいなかったかと
古い記憶をあさってみたら、一つだけこれはヤバいんじゃないかというようなものがありました。
・・・・・・それを書いたのが実の姉だってとこが痛いですが。
芸能系の半ドリーム小説なのですがスレ違いではないでしょうか。
お許しが出たら書いてみたいと思います。

29 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/07 21:20 ID:qprvAUM8
>28
どうぞ、どうぞ

30 :28:02/07/07 22:32 ID:bsfFiZVP
ありがとうございます。
では、お言葉に甘えて・・・。

まず、主人公の愛子・高校生はどうやら姉らしいです。
その彼氏としてジュニアのタッキーがいて、
道化師のボーカルをやっている霧都さんはここでは愛子の通う学校の先生であり、
夜と休日はバンド活動をしています。
そんな教師はいないというかお前はいつ寝ているんだというか
こんなに体力のある三十路は初めて見ます。
そして愛子の兄にV6の猪原君、彼が片思いしているは椎名アップルという
意味と脈絡のない無駄な豪華キャストです。
ちなみに姉は当時脚本家を目指しており、本気でこれをドラマ化するつもりだったようです。

さて、愛子は高校の合格発表を見に行き、そこで霧都さんと正面衝突、運命の出会いをします。
「胸がDOKI・DOKIし、心臓が熱くなった」愛子はそこで霧都さんをつかまえ、
携帯の番号とここの教師であることを聞き出します。
そして四月、愛子は霧都さんの担任のクラスになり、これが運命の恋だと深く確信するのでした。
「愛子はまん前で霧都さんのかっこいい顔に見とれてポーっとなり、
顔が熱くなって話を全然聞いていませんでした」
どうやら愛子は教卓の真前に座っているようです。苗字が山崎であるにもかかわらず
随分思い切った席配置です。四月は出席番号順に座るものではないかという気が
しますがこれも愛と運命なのでしょう。

そして、愛子はその日から霧都さんに夢中になり、毎日彼を見つめてすごします。
「そんな愛子を面白くなかった彼氏のタッキーは」お前はあの教師のどこがいいんだと
愛子を問い詰めます。
ここまで一行も出てこなかった割りに態度のでかいタッキーですが
二人はどうやら中学からの恋人同士だったようで、この高校に入ったのも「二人はずっといっしょの」約束をしたからだそうです。

意外と長くなってしまったので続きます。

31 :28:02/07/07 22:47 ID:bsfFiZVP
しかし愛子の心はすでに霧都先生に移ってしまったようで、
タッキーがしつこくて怖いということを口実に霧都先生と過ごす時間を日ごとに長くしていきます。
タッキーは何も悪くないのに。

そして愛子と霧都先生はメル友になり、さらに恋人になります。
このあたりで霧都先生を会って間もない教え子に手を出すとはどういうつもりかと問い詰めたくなりますが、
幸せだと繰り返す愛子にもうそれもどうでもいいやという気になってきます。

そして7月になったころ、愛子と先生の「LOVE・LOVEメール」を見つけてしまったタッキーは(どうやって見つけたのかはなはだ疑問です)、浮気していたんだなと二人を呼び出します。
もうお前知ってただろうとかは言ってはいけません。愛子はごめんなさいと泣き、霧都先生も悪かったと謝ります。・・・謝るだけです。三人はよく話しあい、これからはお互い隠し事はよそうと結論します。
問題は一つも解決してないのにすっきりしたような気になってしまうタッキーが他人ながら哀れです。

そんなある日、先生はツアーで一ヶ月学校を休むことになりました。
学校側もよくそんな理由の休暇届けを受理したなと思ってはいけません。
しばらく会えないと愛子に告げた先生は、離れたくないと泣く愛子を抱きしめ言います。
「このツアーから帰ってきたら結婚しよう」。

  あと一回で終わります・・・。長くなってしまってすみませ・・・。

32 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/07 22:53 ID:N41TRbaZ
「姉の本」で思い出したけどウチの姉も某ナマモノジャンルで本を出した。
しかしマンガ初心者すぎたためセリフが一つにつき15文字8行ずつくらいあり
設定が痛い以前にとんでもないことになっていた。
「これじゃ読みにくくない?」と一応言ったが案の定
「私にケチをつける気か」と、とりあってもらえず当然のように
本は売れなかった。・・失礼しました。

33 :28(ラストです):02/07/07 23:10 ID:bsfFiZVP
しかし、一ヶ月で帰ってくるといった先生は予定日を二日過ぎても帰ってきません。不安でいっぱいの愛子の携帯がなります。
「はい、先生!?」
「ああ、僕だよ。実は、タッキーを轢き逃げしてしまった」
いきなり先生ものすごいことを言い出します。
話を聞いてみると、早く帰ろうをあせっていた先生は横断歩道を渡ろうとしていたタッキーに気づかなかった模様です。
浮気され本気になられ会ってももらえなくなったあげく轢かれて死んだ彼に切ない思いがこみあげますが、作者は別にそれはどうでもいいようです。
「霧都さん・・・どうするの」
「フランスに逃げるよ」
なんで?
なぜフランスなのかなぜ自首しないのか疑問がこぼれおちそうです。
「向こうにいって、必ず成功して迎えにくる、待っててくれるかい」
いつの間にか逃亡劇からサクセスストーリーになっていますが恐ろしいことに違和感がありません。教師にいきなりフェードアウトされてしまう学校も気の毒ですが物語りは恋する二人のためだけにあるので仕方ないのでしょうか。
そしてその日のうちに先生は旅立ってしまいます。こうなるともう確信犯の匂いすらしてきます。
愛子は飛行機を見送りながらつぶやきます。
「待っているわ、あなた。お腹の子と二人で・・・・・・」

ここで話は終わっています。
ちなみに姉は作文が大嫌いで、夏休みの宿題の作文を100円で私に押し付けるような人間です。
この話も霧都さんへの愛だけで書かれたらしく、どんなに頼んでも続きは書いてくれませんでした。

では、ここまでおつきあいいただきありがとうございます。
もっと編集の技量があればと切に思いました・・・。



34 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:02/07/07 23:16 ID:9SzrnKT0
タ…タッキーの冥福を祈ります…(むせび泣)

35 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/07 23:17 ID:1ZPztYn0
 あまりにも可哀想なタッキ―
お姉さんはタッキ―が嫌いだったんですか?

36 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/07 23:18 ID:GhH3GWrg
タッキー…哀れな…

37 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/07 23:19 ID:cu/Qc4Y9
あかん…笑いすぎで窒息しそう…

38 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/07 23:22 ID:CEYoD0By
>実は、タッキーを轢き逃げしてしまった
最高。

39 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/07 23:37 ID:s2kV0mH6
作文が大嫌いなのに脚本家になりたかったお姉さんに乾杯☆
笑った…タッキー…

40 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/07 23:39 ID:pQsa9UGr
久々の主演ドラマ第一話放映の日にこーいうものが来るのも
何かの運命なのかねタキー(w
 
愛子の兄・イノッチと、アシプノレへの片思いの行方も気になる・・・


41 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/08 00:12 ID:mi6+BQ6v
お姉さんマンセー!

42 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/08 13:27 ID:YG4o7S/o
お姉さん、200円出すから続き書いてー!

43 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/08 14:49 ID:Z8/P07CQ
絶句。
ただただ絶句。

44 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/08 18:03 ID:Bnrk9YRn
素晴らしい…私なんか古本屋巡ってもロクなの見つからなかったよ…

買いたくなかったからうろ覚えだけど、荒野の獅子文庫あたりから
出てたファンタジィ系小説で、砂漠の民である主人公とヒロインの
初めてのシーンで「あなたのそれはどんな羊よりも雄々しくて立派よ」
「君だってどんな羊よりも美しい」な感じでのろけて羊のように激しく
交わった挙句、近くにいた不幸なカエルを踏み潰してしまって呪われた
主人公が女体化…くらいな。



45 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/08 19:26 ID:WhPu2cvU
あれはいつの頃であったか、まだ人生2回目くらいのコミケのことであった。
おりからの台風がもたらした雨が、朝からダンボール箱を濡らしていた。
並んだ宅配便の列では、雨ともつかぬ汗ともつかぬむっと湿った不快な状態で
あるのに、黒い学生服を着込んだ背の高いおねーさんがしきりに背中のガムテープを
気にしていた。どういうわけか背中には、紅い薔薇の造花が幾本か貼りつけてあり、
雨でそれが落ちかかるのが私も気になった。
それがコスプレというものであることさえまだ知らぬ頃のことであった。
私が南方からやってきたことを告げると、彼女はざんばら髪をそのまま振り向いて、
「あなたが台風を連れてきたのね!」と悪戯っぽく憤った。それを聞いて周囲の人間も
「そーだそーだ」「ほんとめーわく」と笑いながら怒ってみせた。そんなのんきな時代であった。

46 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/08 19:28 ID:WhPu2cvU
 行きは寝台であったが帰りは夜行であった。ビニールにくるまれた丈夫な紙の
手提げ袋いっぱい本を抱えていたから退屈する気遣いはなかった。
まだジャンルには勢いが残っていて、店を閉める間際、隣の机からずーーーっと
一列中身も見ずに買いとってきた本であった。飛行機に乗らない学生が、
そんな贅沢ができるほど売上のある時代でもあった。
 夜の列車はものさびしい。カタタンカタタン、連続して繰り返されるその音を
聞き、窓へ目を向けてから、私は袋の中に手を突っ込んだ。
大手も弱小もない。手に触れたものから読むつもりであった。
 カタタン、カタタン。列車はここちよく揺れ、私は取り出したレザックの表紙の
手触りにいくらか不信感を抱きながらもページを開いた。
その本にはタイトルすら印刷されていなかったのだ。
 「無理やり・草むら・平手うち」という言葉がはやっていた。
まさにその言葉通りの場面がいきなり展開していた。身長180センチの刑事さんは、
悪い男たちの手によって引き倒された。理由は特に明記されていない。
彼がそのような役まわりに配されることは珍しいことではなく、むしろそのために
このような本が作られているようなものだから、私はたいして不満も抱かなかった。
どちらかというと歓迎した。はっきりしていてよい、とさえ思った。
筆致は緻密であり、濡れてつぶされる草の匂いや感触や、悲鳴や衣服の破かれる様子は
生々しく伝わってくる。なかなかのものだ、と私は息を入れ、本から目を離した。

47 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/08 19:31 ID:WhPu2cvU
 カタタン、カタタン。揺れる列車の音に混ざってワゴンの近づく音がする。
 先刻から何度か行きすぎるその白いエプロンの女性に、甘栗を所望しようか
やめようか私は幾度か悩んでいた。
彼女が売る気もなさそうに通りすぎたので、私はまた本に目を落とした。
 行が空き、彼は精神病院(本文ママ)の庭にいた。
 理由は明記されていない。おそらくは受けた行為のショックからか、そのような
ことになったのであろうと想像をたくましくする。のんきな女子大生ではあったが、
仕事への差し障りはいかがであろうか、先程、はっきりしていてよい、と喜んだ
立場ではあるが、恋人と設定されている同僚の刑事さんの心中はいかばかりで
あろうか、などと思いをめぐらすひまもなく、彼はまた中庭の土の上に引き倒される。
 悪い男たちはどこにでも潜んでいると見える。これもまた繊細な筆で、
白い寝巻きの土に汚れるさまや、庭木の折れ揺れるさまなどがしっかりと
書き綴られる。譲れないこだわりがあるらしい。先刻は非常に感心したが、2度目とも
なるといささか辟易といった感さえある。私は走らせる目を次第に急がせ、次の
ページをめくった。そろそろ、悪い男たちと件の刑事さん以外にも登場しても
よい頃である。

48 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/08 19:40 ID:WhPu2cvU
 行が空き、彼は小樽にいた。
 しかも小樽の精神病院(本文ママ)である。
 私は目を上げた。
 車窓の向こうには漆黒の闇が広がっている。時折、そこを赤いランプが飛び去って
行く。カタタン、カタタン。目指す南の国までは、まだまだ夜の底をひた走らなければ
ならないことは明確である。
 カタタン、カタタン。列車は滞りなく進むらしい。私は車窓から目を戻し、
本の最終ページを開いた。
 おくづけが、ない。それは珍しい。まだ押しかけなんぞという言葉のなかった時代だ。
 やおいな本は、月か亜蘭かそこらへんにCMスペースをもらって通販した時代だ。
 私はやや慌ててその前のページをめくった。たいていここには、あとがきであるとか、ふりーとーくであるとか、対談であるとか、書いたひとの素顔ののぞけるページが
設けられており、それも読むのは楽しい。ともすれば、ここから読みはじめる場合も
あるほどである。 

49 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/08 19:42 ID:WhPu2cvU
 ところが、それも、なかっ、た。つまりは、非常にそっけない本であることになる。
 私はまたさらにぱらぱらとページをめくった。東京の街にいたはずの主人公が、
さしたる理由のなく、説明のなく、「小樽」にいるのであるから、これは落丁か乱丁と
判断したのである。しかし、当然というべきか、驚いたことにというべきか、彼は、
間違いなく精神病院(本文ママ)の中庭の土の上から小樽の精神病院(本文ママ)に
いるのである。そして、小樽の精神病院にも悪い男たちがいるのである。小樽の
精神病院にもちゃんと草むらがあるのである。草むらがある以上、行われるべきことが
行われるのである。それはもはや、彼の運命である。
 私はまた、車窓へと目を向けた。
 遠くの窓に、白いエプロンの端が映って、どうやらワゴンが引き返して来たらしい。
 もはや躊躇う理由はない、私は甘栗を買わなくてはならない。足元の袋にはまだ
いっぱい本が詰まっている。この幸福とともに、あの懐かしき息苦しい甘栗の味わいが
必要である。
 車窓に寄りかかって、私は向いた甘栗の皮を持て余した。
 甘栗をむいた手ではページはめくれない。甘栗をむくと指先が黒く汚れる。
黒く汚れた手でページはめくりたくない。そしてめくったところで、おそらくは小樽の
土が黒く汚れるばかりである。
 カタタン、カタタン。
 ものさびしい音を立てて、列車は夜を渡っていく。
 遠い闇を見つめながら私はつぶやく。
「小樽のひとよ…」
 さて、その歌を歌ったのは、かの「ボス」であったかどうだったか…
 今も心に残る謎の1冊である。

50 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/08 20:15 ID:+KL2ESp1
オモロイ

51 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/08 21:20 ID:OnQf6EMA
う、上手いね…>45

ところで、だ あ く え ん じ ぇ る ってへぼんにはいりますか…?
(本じゃなくてスマソ)


52 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/08 21:40 ID:xFPbsjVo
>51
だ あ く え ん じ ぇ る はビデオで借りてみたら
すっごく面白かったんだよー!

でもTV放映版のオープニングの説明ナレーションが…
なんだかヘヴォンチックに聞こえるのは否定しません。
えぇー、否定しませんとも(泣


53 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/08 22:40 ID:tLWlbezD
>45-49
>そしてめくったところで、おそらくは小樽の
>土が黒く汚れるばかりである。
ナイス報告です!大笑いした所で・・・、刑事さんが土にまみれっ放しのジャンルは
一体何だったのかが、とても気になる(藁
トミートマツとか?(そんな訳はない)

54 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/08 22:45 ID:MFffFyD0
28さんのお姉さんの素晴らしさと45さんのクールな語りが
いい対比…どっちもマンセーだ

55 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/08 22:48 ID:OnQf6EMA
>52
すみません…
最初は面白いと思って、気になっていろいろ検索してたら、
ヒロインの設定に
「猫の遺伝子が組み込まれてるので発情期に発情を押さえられない」って
いうのがあって(;´Д`)


>53
てっきりお$かと…。

でもトミー受、ちょと見たいw

56 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/08 22:50 ID:W10ebWED
>53
時代背景と、「ボス」からして、「太陽にホエロ」ではないかと思った。
小樽を持ってくる辺り、その作者、かなりの通かもしんない。
「ボス」の記念館、あそこにあるからねー。
生前の「ボス」の*私服*は、とってもヘヴォンなムードで素敵です。

57 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/08 22:52 ID:0wYI29Gm
Bark at the sunって奴ですか?フライデーな夜におなじみのあのドラマ・・・。
しかし、自分の気になる所は身長180cmの彼が一体誰だったかです。
>45-49さんの語り口に引き込まれ、つい今書いている小説もへぼんの道を
行きそうになる。


58 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/08 22:54 ID:WhPu2cvU
近づく台風にふと思い出したこの本は、当時「かわせみかるてっと」などともてはやされた
おひさまに向かってほえる刑事さんのうちの、たまにものまね番組とかでおばかを
やらかしてる離婚騒動で有名になった方が主人公です。いや、当時はつやつやの黒髪を
聖子ちゃんカットにし、革のスーツをぴったり着こなし、黒曜石の瞳と同じ勾玉の
ペンダントというおすてきなありさまだったのです。このスレをずーっと読んでいたら
この時代のことも通じる方がいらっしゃるような気がして懐かしさにかられました。
しかも、この頃はシャイニーちゃんがますます輝いてきたような気がして、女装っぷりも
あきれるばかり、先日の夜中のテレビでは素足でピンクのおふとんの上にくつろいでいて
どうしようかと思いました。先週のすますまでは横座りにお目目うるうるだったし。
ここを知ってから人生に楽しみが増えました。

59 :元28:02/07/08 23:38 ID:QyvY+F9Q
皆さん、暖かいお言葉ありがとうございます。
姉に教えてやれないのが残念です(笑)。
本当に続きはないのか確認してみたのですが、昔の自分の恥ずかしさに気づいたらしく
「あれを書いたのは私じゃない」などといくらなんでもそれはないんじゃというような言い訳をしだしたのでちょっとそれ以上追求できませんでした。
・・・仮にも妹の私が姉の筆跡を見分けられないと本気で思っているのでしょうか。
自分ではない、友達が書いたのだなどと言いはっているにもかかわらず
「タイトル?『TWO・LOVER』だったはずだけど」とさらりと答えてしまう、そんな姉を今日少し可愛いと思いました。

>35
 姉は登場人物を全て自分の好きな人で統一していたのでタッキーも好きだったはずです。
・・・木曜の怪談を欠かさず録画していたくらいですから・・・。

60 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/08 23:51 ID:ERSjNXpJ
>45-49
過去スレのどこかにあった、拉致された若妻・初音さん(だっけ?)の「あなた許して…」を
思い出してしまった・・・
つーか、現役でした私。金パロの医者・時プ四ー。月も亜蘭も何もかもみな懐かすい。

61 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/09 00:29 ID:MDdRHJNm
>45-49
最初ナニゴトだっと思ったんだけど、かなり面白かった。
45さんの世界に引き込まれました(笑

62 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/09 00:43 ID:ijHEN8wr
>45-49
なんだか激しくでじゃぶー覚える内容だわと思ったら・・・やはりカルメンちゃんでしたか・・・
持ってました、その本(笑)

63 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/09 00:53 ID:rjUoXieR
好きだったはずのアイドルを何故そんな目に、と28さんのお姉様を
小一時間問い詰めてみたい気持ちでいっぱいだが、
「どうしてあんなものを書いたんだろう、私は」という経験は
腐るほどあるのであまり人のことを言えた義理ではない罠。

64 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/09 01:06 ID:CkWGIqxW
>55
雄ドルの刑事さんは180センチもありませんので…。
いや、脇役の人ならあるかもしれんけど(w

65 :sage:02/07/09 01:47 ID:7MJ/OY7K
ぷちネタ

抑制も何も出来ずにただひたすら快楽を追って腰を連打した。

いきなり格ゲーモードに突入したかとオモタよ…

66 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/09 01:48 ID:7MJ/OY7K
sage間違えた…スマソ

67 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/09 02:21 ID:4Fjn/VV0
バイト先のCD屋で、この間明和電気のCDを買って行った人がいた。
チョトヲタっぽいおにいちゃんだったから(wこのスレ見てる人なのかな〜と思った。

でも、そのCD私も狙ってたのになぁ…(w
また取り寄せなきゃ〜

68 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/09 03:01 ID:Wkvlceqi
明和電気に激しくツッコミたいヲタがここにひとり…
しょうもないことスマソ。逝ってくる。

69 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/09 08:02 ID:ooS4phcO
>68
や、そういう小さな事にひっかかりを感じるようでないと
へぼんの面白さは見つけられないと思うよ。多分。

このスレに出会って、
「なにこの本、わけわからん」と投げ捨てていた本とか
「作家さんの中ではこれが自然なのね」と読み流していた本とか
なんで捨てちゃったんだよヽ(`Д´)ノウワァァン!な気分だからさー。
当時の自分にへぼん作品の穴にツッコミ入れて楽しむゆとりがあれば…

70 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/09 15:47 ID:vaUhVqlh
45-49さんの語り口に惹かれて一気に読んじゃったよ。
なんかもう「そこに草むらがあるから」としか言いようがない…

71 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/09 20:30 ID:+wMqd+xF
あの、同人誌では無いんですけれども、今でも心の奥に小さく
まるで喉に刺さった小骨がいつまでも取れないような、
そんな漫画の話をさせてもらっていいでしょうか。

おそらく十年以上は昔の少女漫画です。
雑誌の一番最後に載っていたのを覚えています。
主人公はあるカップルの男の子に横恋慕してしまった女の子。
舞台はおそらく高校です。
当時の主人公として大変珍しいことに、この主人公はまるで鬼のごとく
可哀想な彼女(カップルの女の子)に嫌がらせをします。
いまなら、”ストーカー”という言葉もありますが、彼女はなすがまま、
主人公にいじめたおされます。

しかし、彼女はくじけません。彼との”愛”は主人公のややホラーな
イジメにも耐え抜き、彼と彼女は手を取り合いました。
どうしようもなくなった主人公は屋上で、二人の前でカッターで
手首を切りました。
・・・・・このシーンがいつまでも、いつまでも忘れられません。

72 :71:02/07/09 20:33 ID:+wMqd+xF
四方八方に、一メートル以上も飛び散る血。
・・・・一体どういう風に切ったらこんな風に血が飛び出るのでしょう。
まるで血が生き物みたいです。
ビビりまくるカップルに(当然だ)、「これが私の愛よ!」と
主人公は高らかに宣言しました・・・・。

エンディングは主人公の激しい愛にカップルが納得し、
”好きなものは好きなんだから仕方がない”
という、某ボーイズ・ラブゲみたいな締めくくりでした。
・・・そんな爽やかな言葉で終われるような話だったでしょうか。
私はこれを読んだ当時子供でしたが、どうしても納得できませんでした。

ゼ津愛(御座木南)を読んだ後ならまだなんとか、これほど
驚かずに済んだでしょうが、この話はゼ津愛よりもっと前の話です。
そんな古い話なのに、私にいつまでも消えぬ想いをいだかせました。

73 :71:02/07/09 20:40 ID:+wMqd+xF
つけくわえますと、血は吹き付けで描かれたものでなく(当時は血痕のトーン
も無く)、本当に手首からまるでにょろにょろと出てるように描かれて
いました・・・・・・・嗚呼、忘れられない・・・・・・・。

74 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/09 21:25 ID:rL/6kilL
>71
…えっとそれ少女漫画なんだよね?
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

75 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/09 22:48 ID:Ioi499Cd
>エンディングは主人公の激しい愛にカップルが納得し、
>”好きなものは好きなんだから仕方がない”
>という、某ボーイズ・ラブゲみたいな締めくくりでした。

「納得」って……。流血はどうなったんだ!?

76 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/10 00:16 ID:1Q3hRMVN
同僚の「今そこで、マチャアキとエガワスグルのあいの子のような顔した
おじさん見たよ」と言う言葉に、
『ほほう、マチャアキと、エガワスグルの子供か』
『やはり、マチャアキが受けだろうか』
『んでもって、イノウエジュンとエガワスグルが、マチャアキ巡って争ったりして』
とか、二秒で思いついた、自分のへぼん脳が嫌だ。

77 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/10 04:16 ID:wjkLFpgC
そろそろ大物へぼんを希望
意識して懸命に発掘してる時に限って見つからないんだよね…

78 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/10 08:44 ID:0ap5zzHD
>65
ワラタ(w

79 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/10 13:15 ID:T0R2pVJU
ところで、ここで聞くようなことじゃないかもしれないんだけど
アイタタヘパーのスレって消えっぱなしなんでしょうか

夏祭り終了後にはぜひとも他の方の獲物のへぼんとへパーも存分に
披露していただきたかったので寂しい限り

80 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/10 15:24 ID:ckFkrWA5
昨日陰陽師やってたから見たんだけど
たしかにへぼんぽかった。

81 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/10 16:54 ID:MeW6IaTW
>14
えっ、それって昼前にやってる再放送…??うわーん、チェックしてなかったYO!!

>80
オミョージファンでもなんでもない私としては、普通に笑ったり萌えたりしたけど、
「なんだあの出来ふざけんなよ」と怒ってた友人も2、3。
ダメ故に愛しい、という事もあるんだけどね。

ところでガイシュツだったらごめんなさいなのですが、
へぼんの王国ってどっかに移転しました…?


82 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/10 17:09 ID:VPmwNhyI
>81
>1にあるやつで普通に見れるけど…?

83 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/10 19:49 ID:tTeZr36C
工房の頃の文芸部の部誌が、今思えばおそろしくへぼんパワーが結集されたものである事に
気付きました。何が言いたいのか1mmも理解できないポエム、必ず人外の存在が登場していた
小説(現代物であるにもかかわらず)、学校中に配るものなのに、801な表現のあるものなど…
今でも私の部屋の片隅に眠っているのですが、
恐 ろ し く て 触 れ ま せ ん 。
あの頃部員10数名いたけど、どうして誰もこのへぼんさに気付かなかったんだろう…。

84 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :02/07/10 21:58 ID:xyq1Eth0
>81
私も無理でした。>1から行っても無理。
でも>82さんは見れるんですよね。何でだろう。
ああ、まだ全部読めてないのにー。

85 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/10 22:16 ID:kn+yaZr3
私も見れたよ。


86 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/11 00:07 ID:lpkgUJFg
こんばんわ、へぼんを愛する皆様方。まったりしているところ失礼します。

ここを読んでやっと、ある漫画に自分の感じていた感覚が『もにょ〜り』なんだと
分かった現役同人屋ですが、商業漫画(で、一応男女モノ)に
対するへな思いを一言、書き込ませていただきます…

おさ壁マシンの『欲某と鯉の三栗』へぼんちっくだと思うのは私だけでしょうか?

全寮制の学校、白馬にまたがるお殿様、皆トラウマしょいしょいで、
殿さまの筆下ろしは女(美人だけどおばはん)に逆強姦、
んでもって男同士ではホモくっさ〜く手に接吻(忠誠の証らしい)、
なんてのも乱れ撃ち。
いきなり喀血、とかぶっ倒れるとか、一生残る傷(整形手術である程度治ると思うんですが)とか…
そして、個人的には女体スキーなんでいいけど、
…これは絶対少女漫画の表紙でいかんだろうと言う裏表紙…
絶対、これで買うおにぃさんもいると思う。
(現に過去、内容を男性が美少女系に翻訳したSS見た事あるし)

でも一番もにょもにょするのは美形二人(殿さまとそのお目付け)が『しいたけ茶』
すするってのは…せめて緑茶にして…と思うのは間違いでしょうか。

ちなみに幼少のみぎりの殿さまのお姿はばっちりフリフリブラウス着用でした。
        あ〜久しぶりに読んだら、またもにょもにょ感が……
        ガイシュツでしたらすみません。では、お邪魔いたしましたぁ! (脱兎

87 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/11 01:02 ID:XVScLn0C
ゴッグがすごいでつ・・・

http://ex.2ch.net/test/read.cgi/shar/1025598169/72-

88 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/11 01:20 ID:PUHwhdZE
>87
あっちでもアニキたちが言ってたけど、
現物で想像してもなぜか萌えることができまつた。
これこそ愛あるへぼん本来の姿でつ。


89 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/11 02:11 ID:Nwyhp5uu
>87
なんだか泣けてきた。

90 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/11 05:12 ID:HKPf7AuY
>86
ましんたんもまゆたんも私の中では別格のへぼん…

91 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/11 11:17 ID:YOUxnHP0
>79
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1015925265/l50
ヘパスレはここらしい…
ですが、1にエラーが起きてるらしくなにがなんだか
スレ違い失礼しました

92 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/11 12:32 ID:UC4t0xwk
>87
えーんえーん、可哀相で可愛い…。ロボット801経験者からすると、かなり
グーなものでした。(深いことを考えない、がコツ)

93 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/11 20:12 ID:0MEB5vSd
ゴッグって、体型がひよこみたいでかわいいんだよねー
なんか萌えてかわいくて、しかももにょ。へぼん魂だなあ。

94 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/11 23:38 ID:0aEKEKgw
アガーイタンもステキだyo!

95 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/12 00:00 ID:vDP5pAMM
>87
うわああん…リアルゴッグの姿しか出てこないよ…
しかもなんか物凄く萌えてるよ…うわあああん

96 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/12 00:45 ID:LSs+yEzW
>>95
安心しろ、俺もだ。

97 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/12 02:30 ID:FGTGx1gt
>87 へぼんの力を見た…
上目遣いのモノアイとか枕を掴むクローとか、小道具の使い方がすごくうまい。
ゴッグタンが「ハンマーをキャッチできるんですっ」と話す所に一番萌えますた。

98 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :02/07/12 02:38 ID:NQ9WnXmc
>87
なんか脳内映像が美少女とゴッグがいれかわりたちかわり凄い事になってんでつが。
ああ寂しげなモノアイがー。

99 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/12 03:03 ID:t/ktpeiK
ゴッグの形が思い出せねー、苦ううぅぅっ

100 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/12 04:00 ID:NJaBtyk0
>99
安心してくれ兄貴、画像を拾ってきた。これがゴッグたんさ…。
ttp://www.gundam.channel.or.jp/goods/pramodel/hguc/msm03/poto1.jpg

101 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/12 07:33 ID:pgn7Gwu+
87>
ガソダムメカにとんと疎いために、モノアイをずっと
モアイと読んでて、モアイがついてるモビルスーツを
使うなんて、こりゃあ大したへぼんだと思ってたよ・・・

102 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/12 10:20 ID:AOp5SL2n
しかしゴッグを選ぶなんていいセンスしてるよなー(w

103 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/12 10:31 ID:oVJyhAhT
>100
99じゃないけど、ありがとう!
まちがえてアッガーイタンを想像して読んでたよ。

104 :99:02/07/12 17:09 ID:+7vErhtr
>100
おう、おめーは生き別れの弟!ありがとうよ!

105 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/12 19:43 ID:58Ph9pe0
今までイマイチゴッグタンが想像できなくて(ザクしか思いうかばんかった)
萌えどころが微妙だったけど、>100の画像見て
「上目遣いのモノアイ」…ちょ、ちょっと萌え…

ttp://www.gundam.channel.or.jp/goods/pramodel/hguc/msm03.shtml
ここの下の方にある「キットについて」のゴッグタン見て更に萌え。

106 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/12 22:26 ID:OTwPWgF4
ゴッグタン→通ごのみのメガネっ娘
アガーイタン→ロリ系後輩
ビグザム→巨乳
ボール→ヤヴァ過ぎなので「このキャラは18歳以上です」と大書きされる

107 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/13 02:41 ID:1vfaNDmx
パーフェクトジオンソグ→メイドたん

108 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/13 02:48 ID:1vfaNDmx
アッグガイ=ょぅじょ

109 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/13 03:05 ID:0h5G9e2F
なにげに、おかあちゃんもすごいよね。
バズーカでめったうち…

110 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:02/07/13 04:34 ID:N/jXm5iB
関係ないですが最近の名かい君に妙な色気を感じてしまう様に
なってしまった私はシャイニーに毒されすぎでつか…

111 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/13 08:03 ID:jRtPfpBM
じゃあ
ザク→ι゙ ゅ く ι゙ ょ
ゲルググ→巫女タン
ってのはどうよ。

>>107
メイドたんは ドムのほうがいいな。
あの胸当て部分がエプロンの様に見えなくもな……

いかん、毒されてる (w

112 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/13 10:54 ID:THWiIH6r
ゴッグタン祭りのさなかですが誤変換ネタをおひとつ。
受けはこれが初めてのコウイ、怯えさせないように自分の欲望を
ギリギリまで抑えようとする攻め。
『とうに、自信の股間は熱くたぎっている』

・・・・・・・まあ、自信ないと攻めやってられんケドナー・・・

113 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/13 12:33 ID:blrnU5MP
>112

最後の1行でルイボスティー吹きました。

114 :名無しさん@どーでもいいことだが:02/07/13 12:50 ID:KAUejwSH
112-113
そのやりとりでキーボードに突っ伏しました。

びばへぼーん・・・

115 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/14 00:57 ID:4tHaSqz8
112のこネタご披露に便乗。
Fカップ大工さん(女)の職場4コマにてのセリフ。

建築中の現場で遊ぶ子供らへの言葉なんですが、
刃の研ぎも鮮やかな鋸もって高らかに
『現場で遊ぶな!悪い子はち@こ切っちゃうぞ!』
そして止めに、
『きりち@ぽ鍋にして食っちゃるーーーーーーっ』(原文まま)

              …そんなの食いたくありません〜〜

116 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/14 01:09 ID:gZBuUV/T
更に便乗小ネタだが、この時期になると思い出す……

お兄さん「あついっすねー、もうバテバテですよ」
おっさん「(両手を腰に当てつつ)じゃあ俺のうなぎ食って精つけるか?」

炎天下で地面に穴掘りながらする会話か?それは……

117 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/14 10:28 ID:Mo3TG/ev
>116
スマソ、妙に萌えた私はおっさんか・・・?


118 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/14 19:29 ID:z0eXt1+k
本じゃなくてネット小説なのですが・・・
スレ違いだったらスマソ
==========================
『リトルラヴァーズ』

私は知っていた。
でもどうして言えなかったんだろう。
どうして認めなかったんだろう。
たっくんの事きっとずっと好きだったって事。
でもさぁこないだたっくん言ってたもん。
“オレ、髪が長くてチビい奴、嫌〜い。”
私の事だもん。そうだもん。
だから だから私は
自分の心にフタをした。
私はたっくんじゃない人が好きなの。
フタは一生取れないように固く固く締め付けた。

私は髪が伸びた。沢山沢山伸びすぎた。
髪を切りに行った次の日必ずこーゆー奴が居る。
“失恋したの!?”
髪切る度にわざわざ失恋してらんねーよ。ったく。
幼いながらもこんな事を考えていた。

119 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/14 19:31 ID:z0eXt1+k
『リトルラヴァーズ』続き。

まなみちゃんと公園に行った。
たっくんとかずや君が居た。
まなみちゃんの意中の人はたっくん。
私のフタは頑丈だからたっくんなんか好きじゃない。
まなみちゃんが猛烈アタックをした。
「たっくーん!!まなちゃんね、ブランコに乗りたぁいvvv」
乗っとけバーカ。
まなみちゃんの眼中に私の姿は無かった。
私とかずや君は二人のブランコ姿を見ていた。
今日の学校の事を振り返ったりして。
それを何故か羨ましそうにまなみちゃんは見ていた。

何分か経って、私とかずや君がジャングルジムに行こうとした時だった。
「キャーーーー!!!!!!」    ────ズシャッ!!!!!!
焦って追いかけようとしたまなみちゃんはブランコに乗っていることを忘れていた。
たっくんは立ちこぎをしていた。
まなみちゃんが飛び降りようとしたとき運悪くブランコは後ろに下がっている状態で
飛び降りたまなみちゃんは戻ってきたブランコに後頭部を打ち付け、
たっくんは反動で後ろに落とされ仰向けに倒れていた。
一瞬の出来事だった。


120 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/14 19:32 ID:z0eXt1+k
『リトルラヴァーズ』続き。

まなみちゃんは次の日頭に包帯をして学校に来た。
たっくんは足に包帯を。お腹にもしていた。
私は悪者になったと思いきや、かずや君が悪者になった。
“まなみちゃんはたっくんの次にかずや君が好きなんだよぉ!!”
説得力無ぇし。次にって何なんだよ。
かずや君は言った。
「たくやとブランコに乗りたいっていったのは上野の方からなんだぞ!!」
教室が沈黙になった。   ────何だそういう事だったのか。

『リトルラヴァーズ』Aへ続く.......

121 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/14 19:33 ID:z0eXt1+k

『リトルラヴァーズA』

みんな成り行きを想像していた。男2、女2の成り行きと。
グッとパーでもしたのだと。
本当の事を知ってみんな唖然とした。
「あ・・っとまなちゃん頭痛くなってきちゃったぁ!!」
まなみちゃんが叫んだ。何処でそんなの覚えて来たんだか。
そこに一通の電話が。
学級委員が出た。
電話を切るとこう言った。
「あ・・・の・・・まなみちゃん。もう包帯取って良いって・・・
 軽く頭ぶつけただけだからもう痛くないハズだって・・・。」
────墓穴掘った・・・ね。
なんと運の悪い事。勿論男子も聞いていた。
「上野って嘘つきなんだ。」
たっくんが言った。そして付け足した。
「オレ髪が長くてチビで・・・嘘付く奴世界一嫌いだから。」

まなみちゃんは特にはばにされたりする事無く、短いようで長い秋が過ぎた。


122 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/14 19:34 ID:z0eXt1+k
『リトルラヴァーズA』続き

雪の降る朝。寒さで目を覚ました。
「・・・そっか・・・今日は振替休日だったっけ・・・。」
ゴンッゴンッゴンッ・・・グシャ
ん??誰だー朝っぱらから人ん家の窓にモノ当てる馬鹿は。
カーテンを開けるとたっくんが居た。
「一緒に雪だるま作ろうよ!!」
どうしてだろう・・・笑顔が溢れた。
どうしてだろう・・・不思議な気持ち。
頑丈なフタはスゴイ熱にあぶられた感じだった。

笑顔で外へ繰り出していくとサクサクと雪の音が。
明日は私の身長までとどきそうだな。
「おーい、何してんだよ、コッチコッチ。」
二人で雪を転がしてると、たっくんが言った。
「お前は好きな人居ないのか??」
解らなかった。目的無く聞くたっくんが。その時の私には
解らなかった。
「居ないよ。」
ただ ただそう一言たっくんに告げると
神様の怒られた。きっとそうだ。
「ふーん。オレは髪の長い子が好き。」
どうしてかなぁ。コイツは。私の前で必ず嘘をつく。
そしてこう続けた。
「お前は髪長いほうが似合ってたぞ。」


123 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/14 19:35 ID:z0eXt1+k
『リトルラヴァーズA』続き

何年も経ったある冬の朝。
駆け足で雪の中を進む私が居た。
今なら言える。全部言える。
フタは フタは フタは
あの冬の雪と一緒に
大きな大きな海へ 今やっと辿り着いた。
背も伸びた。色気もついた。
そして何よりも
髪が伸びた。
「たっくーん!!おはよう。」


大きな大きな海に辿り着いたフタは
今やっと 今やっと
涙になった。

『リトルラヴァーズ』完結。


===========================
長くてすみません。

124 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/14 20:54 ID:LOsp8+VS
>118
あの…気持ちは分かるけど全文コピペはまずいんじゃ
ないの?


125 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/14 21:59 ID:wnk/WLga
ageてる時点で狙ってるようにしか見えないので読まない
全文コピペならますます狙っt(略

126 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/14 22:47 ID:MhUWlgVZ
とりあえず、どこが面白いのか説明して下さい。
狙ってるっぽくて読む気が(略

127 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/14 23:02 ID:i/QmE3WL
いや、読んじゃったんだけど…どの辺りがへぼん??(゚д゚)
「へぼん」ではなく、ただの「へたれ」では?

128 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/14 23:42 ID:9hOv9Doh
ていうかむしろ晒s(略

129 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/14 23:42 ID:qd8sL2xN

「私の友達が書いた奴、へぼいでしょ?」
「自分で書いたんだけど、へぼ・・かなあ」
「もう超うまく書けたー!読んで読んで!!」

好きなのをお選びください。

130 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/15 00:28 ID:vnCWwXPY
もう夏なんだね…

131 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/15 00:31 ID:3566WbWP
過去ログ読んで、このスレの趣旨を
ちゃんと理解してから、また来てネ(ハァト

132 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/15 03:26 ID:GUgYLPKf
少林サカーみてきました。
思ったよりへぼんな感じでびっくりしたYO!
このスレの住人はみんな見るべし。
チョトスレちがいスマソ。

133 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/15 03:55 ID:zzIS9IiZ
>>118-123
読んだ時間が勿体無い。
127の言う通り、
愛しい「へぼん」ですらない、ただの へ た れ


134 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/15 06:06 ID:uxDoEDS6
逆に言えば、素の文章だけ読めばただのヘタレでも
紹介者の作品への屈折した愛と絶妙な語り口が名作へぼんになりうる。
きっと狙ってるんだろうけど、全文コピペなんて面白くない以前にスレ違いだよな

135 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/15 07:43 ID:eHPUYY77
へぼんの基本はやっぱり愛だよね…。

136 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :02/07/15 15:28 ID:IRx5cVvY
>132
「そうかっ! あいつの作るまんじゅうがしょっぱくなったのは、
(ネタバレにつきメール欄)のせいだったんだな!?」
主人公が、ゴミ箱のまんじゅうをほおばりつつ、
上記のようなことを考えて絶句する姿をみて、
「あんたはへぼん本の攻か!」と内心つっこんだ者がここに1人。

137 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/15 17:59 ID:qIMAv2tt
>>136
大爆笑。
ヘボンなやおいの攻ってそういう行動原理だよね。
そういえば

138 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/15 19:49 ID:VJ7vLYDa
3人の兄弟が山登りに行って遭難した。
夜になって、「このまま死ぬのか?」と思ったとき、1件の民家が見えた。
助かったと思い訪ねてみると、その家には美人の娘と、めちゃくちゃ怖そうな親父が住んでいた。
「よそ者は泊めない」という親父を、「かわいそうだから」と娘が説得し、
物置小屋に一晩泊めてもらう事に。しかし、その娘のあまりの美しさに目がくらんだ3兄弟は、
夜中にトイレに起きてきた娘に襲いかかった。

しかしすぐに親父に取り押さえられ、「お前等、全員殺す!!」と日本刀を抜かれた。
だが3兄弟は土下座して必死に謝った。父親は、「ここは山奥で食料も少ない。
山から食料を持ってきたら、山のふもとへ抜ける裏道を教えてやろう」と、条件を出した。
3人はすぐに小屋の近辺を探した。

はじめに戻ってきたのは次男だった。次男は、山ブドウを持ってきた。
それを見た父親は、「それをケツの穴にいれて見ろ」と言った。
次男は言われるまま、1粒のブドウを自分のケツの穴に入れた。
そして次男は裏道を教えてもらい、無事山を降りた。

次に、三男が大きく実った栗を沢山抱えて戻ってきた。
父親は同じようにケツの穴に入れることを命じた。
三男は必死に頑張って、栗をケツの穴に入れ始めた。
もう少しで入るという所で、三男は何故か笑ってしまい、栗はケツの穴からいきおい良く飛び出した。
三男は、そのまま父親に殺された。

三男は見てしまったのだ。 嬉しそうに、スイカを抱えてこちらに走ってくる長男の姿を・・・


139 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/15 20:10 ID:pzzPI7tW
>138

……えーと?だからなに?
ここはそんなありふれたネタを書くスレじゃないんだけど…

140 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/15 20:11 ID:qIMAv2tt
>>138
続きプリーズ!

141 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/15 20:36 ID:VLQCQJ/F
>138
有名なアメリカンジョークを書かれても反応に困ります。

国営放送で、ペンギンの特集をしています。
南極では、素材になる石を集めるのが困難なので、
石を沢山集めた牡が雌を獲得できるのです。
伴侶を得た雌は、さらに石を確保するため、巣をさまよい出て
独身の牡と交尾して石を手に入れ、愛する夫の元に戻るのです。
そのあと、ペンギンの夫婦と雛の絆の強さと愛情が強調されますが、
私には、もう、へぼんの姿しか見えません。

142 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/15 20:36 ID:jAWV+3MX
>>138がコピペだと知らない139と140を料理するスレはここですか?

143 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/16 00:30 ID:dS8vAkuL
>141

昼の連続メロドラマ
「ペンギン達〜愛の詩〜」


なんちって。
うっかりしてて見忘れたんで再放送キボン。

144 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/16 09:45 ID:ntj3e3FI
>138
どーでもいいことだが、スイカと栗は同時期には実らないことの方が気になる。

145 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/16 11:20 ID:j6W0ExL1
氷山が見てる……

146 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/16 14:25 ID:dk/sVQjc
>141
ナチュラルに「巣をさまよい出て独身の牡と交尾して石を手に入れ、」たのが
雄と思った私はもう戻れない道を歩いているのかもしれない…

147 :名無しさん@どーでもいいことだが。:02/07/16 16:42 ID:GW8oKORj
>146
私もそう思ってますた…一緒に戻れない道を歩いてくだちい…

49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)