5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★ 今日も小泉オン・ステージ! ★★

1 :ダースベイダー:2001/05/10(木) 12:20
このところ、国会中継が楽しみでたまりません。
私にとってはすごいことです。

2 :無党派@昼休み:2001/05/10(木) 12:24
あれ、午前中の参院中継スレって
無かったの?

午後、自由党はなんで小沢じゃないんだぁ?

3 :藤田こととめ:2001/05/10(木) 12:26
中継を見るのに夢中になって、芸能板のワイドショーの話題に付いていけなくなったぞ

4 :無党派さん:2001/05/10(木) 12:27
>2
昨日からの続き物ですがありますよ
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=giin&key=989388806

5 :無党派さん:2001/05/10(木) 12:31
小泉の国会答弁はロックンロールだ

6 :無党派さん:2001/05/10(木) 12:31
>3
ワイドショーが小泉の話題になったら巻き返せると思われ。

7 :無党派さん:2001/05/10(木) 12:32
しゃべりも自己表現なんだな
と思う今日このごろ

8 :こんちはー米屋です:2001/05/10(木) 12:32
そうだね、ロックだわ

9 :無党派さん:2001/05/10(木) 12:35
>小泉の国会答弁はロックンロールだ

しょうもないバンドよりは
遥かに熱いやね。

10 :NHK番組案内:2001/05/10(木) 12:39
14:00 国会中継
「代表質問」
中井洽(自由)
志位和夫(共産)
土井たか子(社民)
二階俊博(保守)
〜衆議院本会議場
(17:10)

11 :ノってるかーい:2001/05/10(木) 12:39
午後もステージ…じゃない、中継やるのかな?

12 :11:2001/05/10(木) 12:40
>>10
ありがとう

13 :無党派さん:2001/05/10(木) 12:41
なんかイマイチなメンツやね午後

14 :ネット中継:2001/05/10(木) 12:42
http://www.kokkaitv.com/live.ram

15 :無党ハップ:2001/05/10(木) 12:43
今朝、最初に代表質問してたうすらハゲは誰?

16 :無党派@パン食ってきた:2001/05/10(木) 12:43
>>4
さんく
今から読むワ

17 :無党派さん:2001/05/10(木) 12:44
確かにこのメンツじゃ、萌えないでしょ。昨日も質問者によって、萌えあがり具合が極端に違ったし。

18 :何故に:2001/05/10(木) 12:47
中井洽なんだ

19 :そうでもないよ:2001/05/10(木) 12:48
  \|/
  /⌒ヽ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 │ ゚Θ゚)< そうでもないよ>13,17
 │ ∵ つ  \_______
 │ ∵ │
  \_/

20 :橋本ムース:2001/05/10(木) 12:48
土井たか子だけだな。見たいのは。
でもあの人はアンチ小泉みたいだね

21 :無党派さん:2001/05/10(木) 12:50
志位vs小泉が見どころなのに…

22 :未熟者:2001/05/10(木) 12:54
>>21
へーそうなんだ。どのあたりが?

23 :無党派さん:2001/05/10(木) 12:54
出て来いよなあ、小沢。見たかったのに。党首討論よりは時間あるだろうが。

24 :無党派さん:2001/05/10(木) 13:01
>22
水と油、まったく相容れないからね

25 :橋本グリース:2001/05/10(木) 13:02
あーあ、そろそろ出かけなきゃいけないから国会中継見れないよ

26 :無党派さん:2001/05/10(木) 13:04
>25
そりゃまた残念さん

27 :無党派さん:2001/05/10(木) 13:11
>>15
(民主党・新緑風会)勝木 健司

28 :無党派さん:2001/05/10(木) 13:16
志位は共産党の頭脳だからねー
志位の質問の内容には興味があるなー
志位が午前中の連中と同じなら、共産党に明日は無い

29 :無党派さん:2001/05/10(木) 13:16
午前の中継の残りの録画分の放送が終わったのであげ

30 :無党派さん:2001/05/10(木) 13:21
志位が小泉を怒らせたら面白くなるんだがねぇ
志位は森の時はけっこう煽ってたから
上手く小泉のカチンと来る事言ってくれるかもよ

31 : :2001/05/10(木) 13:24
スイッチONにすれば小泉は無敵。

32 :無党派さん:2001/05/10(木) 13:50
志位ってブサイクすぎ。
酷田たんはいい男なのに。

33 :無党派さん:2001/05/10(木) 14:01
恣意って抜擢人事だったよね。

密室で選ばれた人は華がないね。

34 :イエーイ!!:2001/05/10(木) 14:02
いよいよ小泉が花道に登場だ
者ども、クラッカーと紙テープを忘れるな

35 :無党派さん:2001/05/10(木) 14:04
氏ね>>1

36 : :2001/05/10(木) 14:07
もっとまともなこと書けば?
ああ、無理か。
どうせボンクラだもんね♪

37 :無党派さん:2001/05/10(木) 14:10
オマエモナー
>>36

38 :無党派さん:2001/05/10(木) 14:10
35, 37 は人口無能のスクリプトと思われ

39 :厨房発見:2001/05/10(木) 14:12
35=37

中井、出だしはなかなかよかったが…
オープニングジョーク形式か

40 :無党派さん:2001/05/10(木) 14:14
   ||
 Λ||Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( / ⌒ヽ < これでよしっ!
 | |   |  \_____________
 ∪ 亅|
  | | |
  ∪∪
   :
   :

 ‐ニ三ニ‐

41 :ご苦労様:2001/05/10(木) 14:19
まっぴるまから「かまってちゃん」登場か…
無党派さん@ヴォケ
に変えればいいのに(藁

42 :無党派さん:2001/05/10(木) 14:20
ナカイさん、オープニング「褒め殺し」かとおもったよ(藁

43 :ふーむ:2001/05/10(木) 14:38
なかなか自信たっぷりでいいんじゃないか?
のらりくらりやり過ごすジジイよりずっとマシだよ

44 :無党派さん:2001/05/10(木) 14:50
神  超傑作 傑作 佳作  佐藤B作 やなせたかお作  惜作  不作  駄作 超駄作 放置  痴呆
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
                                             ▲

>41

45 :無党派さん:2001/05/10(木) 14:59
50
神  超傑作 傑作 佳作  佐藤B作 やなせたかお作  惜作  不作  駄作 超駄作 放置  痴呆
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
                                                    ▲

>44

46 :無党派さん:2001/05/10(木) 15:02
神  超傑作 傑作 佳作  佐藤B作 やなせたかお作  惜作  不作  駄作 超駄作 放置  報知  痴呆
┠──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┨
                                                        ▲

>44

47 :無党派さん:2001/05/10(木) 15:06
屍ね>>1

48 :さげたがってるやつがいるのでアゲ:2001/05/10(木) 15:10
毎日リキ入ってるな、代表質問

49 :あげ:2001/05/10(木) 15:14
あげ

50 :無党派さん:2001/05/10(木) 15:17
49=1

51 : :2001/05/12(土) 00:14
5 名前:無党派さん 投稿日:2001/05/10(木) 12:31
小泉の国会答弁はロックンロールだ

52 :無党派:2001/05/12(土) 00:21
あの喋り方というか怒鳴り方は放送禁止。
酔っ払いか基地外っぽくてヤバい。

53 :無党派さん:2001/05/12(土) 00:22
純ちゃんの熱弁で、また信者を爆発的に増やして
しまったよう・・・・
純ちゃんカリスマ性ありすぎ。

54 :無党派さん :2001/05/12(土) 00:27
それもここまでだな

55 :無党派さん:2001/05/12(土) 00:35
そうとも限りましぇん!
一度増えた信者を覚醒させるのって大変だよ!

56 :無党派さん:2001/05/12(土) 01:35
純たん信者は増えたけど真紀子信者はへったんじゃない?

57 :無灯歯さん:2001/05/12(土) 03:01
真紀子の大臣就任からこっちの醜態にはガッカリだ

58 :無党派さん:2001/05/12(土) 03:04
純ちゃん総理になったためにかなり寿命が縮まった

59 :七資産:2001/05/12(土) 03:08
純ちゃん、マキコ様のヒステリックな対応ぶりに実はかなり迷惑してると思われ。

60 :無党派さん:2001/05/12(土) 03:20
真紀子は、内閣の「目玉」から一転「爆弾」になりました。
参院選までには「自爆」の予定です。
純ちゃんも、巻き添えを喰らって「爆死」の可能性あり。

61 :真紀子さまって:2001/05/12(土) 03:27
今回の内閣の花だと言われてたんだけどね
チャーミングな外務大臣になると思いますよ!
なんて、評論家たちも期待してたのに
それ以前の問題が山積み(藁
小泉も大変な人にバックアップしてもらったなあ

62 :伏魔殿のお局@真紀子:2001/05/12(土) 03:31
外務大臣は適任だと言われすぎて、いい気になっちゃったのかね

63 :アンチ小泉は許されないのか:2001/05/12(土) 04:00
2ちゃんで真紀子の批判すると轟々にノッテくるけど
さっき小泉さんの批判したら完全に無視されました。

64 :  :2001/05/12(土) 06:42
だって2chは真紀子には騙されないが、小泉には騙される程度の愚民の巣窟ですもの。

65 :無党派さん:2001/05/12(土) 06:47
>>64
そう言っている君は、管直人か土井たか子に騙されている口?

66 :小泉=ヒトラー!?:2001/05/12(土) 11:21
小泉総理の国会答弁を観察し、私はある事実に気が付きました。
あの小泉総理の自信に満ちた演説。
決然たる信念を感じさせる表情で身を乗り出し聴衆をひたと見据え、
時に激しく吼えるが如く声に強弱、抑揚をつけたリズムある喋り方、
思わずひきこまれてしまう催眠的魅力がありますね。

ん?この演説の仕方、以前どこかで・・・?
そうなんです。かつてその魅力あるアジテーションとプロパガンダで、
どん底の不況にあえぐ当時のドイツ国民を完全に魅了し、
ドイツ労働者党を率いてドイツを見事に再建し一等国へと復帰させた時代のカリスマ、
アドルフ・ヒトラーそっくりじゃないですか!

意識してヒトラーのアジテーション弁舌を真似ているのか、
偶然の一致なのか、それはわかりません。
ただ、この一致に気付いた時、小泉内閣に一抹の不安を覚えずにはいられません。

考えてみれば現在の日本経済の状況も当時のドイツと似ていなくも無い。
先の見えない不況の暗闇の中であえぐ国民、
そこに現れた自信と魅力に満ち溢れた行動力ある英雄。
圧倒的な国民からの人気、支持。
このまま進むと、「歴史は繰り返す」事になるのでしょうか?
だとするとこの先にあるのは・・・?
在日朝鮮・韓国人をはじめとした三国人の財産凍結・強制収容所送り、
憲法改正、軍備拡大、大東亜共栄圏の再構築を目指し侵略戦争・・・。
まさかとは思いますが、不安は残りますね。

67 :無党派さん:2001/05/12(土) 11:25
ヒトラーは答弁で笑わせてたか?

68 :無党派さん:2001/05/12(土) 11:26
アジテーションなどの上手さはヒトラーを髣髴させるが、
小泉の理念がヒトラーと同一とは思えない。
国民の民意も、当時のドイツとはまったくちがう。
独走などできるわけない。
心配するな。

69 :小泉=ヒトラー!?:2001/05/12(土) 11:34
そうでしょうか?
ヒトラーも最初は残虐さなど微塵も見せず、
その政治手腕は後世の誰もが認めるところです。

憲法改正・首相公選が現実になれば、
あるいは大統領制になるようなことがあれば・・・
歴史が繰り返さないと、独走がないと誰にいえましょう?

70 :小泉=ヒトラー!?:2001/05/12(土) 11:39
>>67
ヒトラーが非常にウィットに富んだ人物だった事はご存知ですか?
個人は非常に社交的で、読書家で芸術が趣味であり、女性との交友関係も非常に広かった。
彼はインテリのサロンに出入りしていたし、ウィットに富んだ魅力的な男性でした。
また、大変な子供好きで、自らの別荘はいつも側近の子供たちでいっぱいで、笑顔をたやさぬヒトラーになついていましたよ。

71 :無党派さん:2001/05/12(土) 11:41
また左翼のキチガイが人をヒトラー呼ばわりしとる

72 :小泉=ヒトラー!?:2001/05/12(土) 11:44
>>71
私は自分の感じた事を素直に話し、「みなさんはどう感じますか?」と問い掛けているだけです。
簡単に人を右翼だの左翼だのと断定するのはいかがなものでしょう?

73 :無党派さん:2001/05/12(土) 11:45
>69.
>歴史が繰り返さないと、独走がないと誰にいえましょう?
あーコイズミもいってたねー。
やる前から失敗したときどうするか聞かないでって。
似ている=そうなるって考えがすごいね。
じゃあ、経済閉塞している今は昭和恐慌当時と似ているから
また日本が戦争しかけるの?ふーん・・・・

74 :無党派さん:2001/05/12(土) 11:47
うーん俺もキティにしか見えないが・・・

75 :無党派さん:2001/05/12(土) 11:48
左翼とは断定しないがキチガイと認定します。あしからず

76 :小泉=ヒトラー!?:2001/05/12(土) 11:49
>>73
なるほど、短絡的過ぎる、というご意見ですね。
では、この異常な支持率が意味するもの、
ネットから派生し若者の間で育ちつつある反韓感情、
教科書問題に代表される国民の右傾化、
こういったものについてどうお考えですか?

77 :小泉=ヒトラー!?:2001/05/12(土) 11:50
>>74
>>75
人をつかまえて「キチガイ」よばわりは失礼でしょう。
きちんと意見を言っていただけませんか?

78 :無党派さん:2001/05/12(土) 11:52
反韓感情なんて駅前の一等地に焼き肉屋だのパチンコ屋だのがある
所に住んでる人にはむかーしから常識ですが何か?

あと右傾化じゃなくて、やっと真ん中にもどってきつつあるのっ
つまり君どうみても左翼にしか見えんよ

79 :小泉=ヒトラー!?:2001/05/12(土) 11:54
もし仮に私が左翼思想の持ち主だとしたら、
それだけを理由に「話をする価値も無い」とされるわけですか?

80 :無党派さん:2001/05/12(土) 11:56
普通の人にとっては「話をする価値も無い」ですね。
そろそろ気づいてくださいよ、左翼は病気だと

81 :無党派さん:2001/05/12(土) 11:57
そうだよ。
サヨちゃんもウヨちゃんもきちんとした現状把握は無理とおもわれ。

82 :無党派さん:2001/05/12(土) 11:58
しかし、しつこいやろうだな。
小泉=ヒトラー!?君。
そう熱くなるなよ。アホらしい。

83 :小泉=ヒトラー!?:2001/05/12(土) 11:58
そうですか。
この「議員・選挙」板は政治に関心のある者なら右翼であろうと左翼であろうと
誰もが自由闊達に政治について議論できる自由な板であると思っていたのですが・・・
随分と排他的なんですね。失望しました。
では歓迎されざる者はいさぎよく去るとしましょう。

84 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:01
コテハン使ってわざとらしく刷り込みしたいんだろ
そういうあざとい奴はウヨクだろうがサヨクだろうが
歓迎されんよ、うざいだけ

85 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:01
なんてったってアイドル
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/seiji/20010512k0000m010113000c.html

86 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:02
小泉=マシリトみたいな刷り込みする奴もいるんだからいいんじゃねーの?(ワラ

87 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:04
>76
ヘタレ日本を変えてくれ!ってのが人気の原動力だとおもうよ。ただそれだけ。
ヒトラーに似てるからあぶねーなんておもってるの
あーたほか数人じゃないかい?
あと国会中継なぞ関心ない人間(世代)に「見てみよっかな」と思わせた
政治に関心もたせた点は評価していいんじゃないのかねえ

88 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:07
>駅前の一等地に焼き肉屋だのパチンコ屋だのがある

これ大人になってやっと分かったよ
子供の頃不思議だったんだよな

89 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:10
小泉=ヒトラー!?氏って議論したいっていってるわりに、
持論おしつけてるじゃん。で、逝ったの?はいごくろーさんー

90 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:10
>>小泉=ヒトラー!?
こないだの朝生で、最後のほうで何か叫んでた学生でしょ?

91 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:11
↑ワラタ

92 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:12
>87
それじゃ反論になってないぜ。
ヘタレドイツを変えてくれ!って国民の思いがドイツ労働党の台頭を招いたんだろ?
ヒトラーの独裁は当時の民意によって支えられていたって歴史を忘れちゃいかんよ。
政治に関心がない世代に関心を呼び起こしたとしたら、それは評価すべきであるのは賛成かな。

93 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:12
今日一斉にあちこちで右傾化危険キャンペーンやってるね(笑)
馬鹿なんだよな、こういうわざとらしい戦略しか出来ないサヨクは

94 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:13
>>93
どこどこ?
どこのスレッド?URL出してよ。

95 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:15
>92
HNかえて参入?

96 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:15

おれもそうおもった。

97 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:15
>>89つーかコテハンなんかにするから叩かれんだよ(ワラ

98 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:16
>こないだの朝生で、最後のほうで何か叫んでた学生でしょ?

ワラタそういやあいつどこの学生か分かったの?

99 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:17
ニュース板に叩かれてるのもこいつかな

100 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:17
>92
民意が高まると戦争になるの?

101 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:17
東大じゃなかったの?
あの隣の女も含めて

102 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:19
民意が高まると戦争にはならんが
共産党と公明党が消滅しちゃう

103 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:20
>102 がはは〜うまいね

104 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:22
>92
コイズミが煽動してるとでも?

105 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:24
ただいま、アンチ小泉とアンチサヨがバトル中…

106 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:24
東大にあんなバカいるのか鬱だ

107 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:25
東大も玉石混交なので。。。

108 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:26
>>100>>104
サヨククンは散々叩かれて泣きが入ったうえ、
HN変えて参戦したにも関わらずバレてしまい退散しました。

109 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:26
>92
つーか、そこにおっつけようとするキミが不思議ちゃん

110 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:27
>>108
じゃあ、昼飯いってきていい?

111 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:28
もうウヨだサヨだっていう時代じゃないとおもうけどナー

112 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:29
おれも飯食ってこよっと。
すなわち小泉の魅力はヒトラーを彷彿とさせるほどすごい。ということで。

113 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:30
おうどんどん昼飯くってこい
キチガイはもういないから大丈夫だ(藁

114 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:30
ウヨだサヨだっていう次元じゃないぞ
異常か正常かだね

115 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:33
NHKもびっくり。
所信表明も代表質問も視聴率UP。
コイズミが紅白の審査員になるか?

116 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:33
しかしちょっと人気あるとヒトラー呼ばわりする奴の頭ってどーなってんだかな
前は石原が散々ヒトラーのように言われてたのぅ

117 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:34
リーダーシップと独裁は別モンなのにね・・・

118 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:35
石原は、人の言う事を一切聞かない&政治理念
がかなりヒトラー的独裁者だな。

119 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:36
>118
あーまたきたのぉ?

120 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:37
>118
でも3年かかるという計画を2年に短縮させたりしてるよ

121 :118:2001/05/12(土) 12:37
いや、おれちがう。

122 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:39
>ちょっと人気あるとヒトラー呼ばわりする

こういう僻みっぽい気質が日本の土壌でもある
だから昔から独裁者が生まれない
あと飽きっぽいから無理ですわ独裁者が生まれるのは

123 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:40
>116
>しかしちょっと人気あるとヒトラー呼ばわりする奴
影の薄くなったH山さんとかKANさんとか・・・?

124 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:44
ふ〜ん凄いことになってたんだねぇ
>>66
このひとなんでこんなにサヨサヨ叩かれてるの?
コイズミひきずりおろせ!とも
共産党マンセー!
ともいってないのに

125 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:47
>124
うざかったのでしょう、みなさん

126 :小泉=ヒトラー!?:2001/05/12(土) 12:49
コイズミはヒットラーだぁー!!
コイズミひきずりおろせー!!
共産党マンセー!!

127 :無糖派:2001/05/12(土) 12:50
>126
はいはいおつかれ。昼ごはんたべておいで

128 :無党派さん:2001/05/12(土) 12:50
>>126ニセモノ(笑)

129 :無党派さん:2001/05/12(土) 15:17
ヒットラーネタで、ここまで盛り上がるとはな・・・
専用スレ立てたら?

130 :橋本@グリース:2001/05/13(日) 10:15
演説でノってる人を見るとすぐにヒトラーと言いたがる阿呆にはうんざり

131 :無党派さん:2001/05/14(月) 13:44
>>130
91.3%なんてむちゃくちゃな支持率を見て何とも思わない方が阿呆。
そんな支持率取ったやつ、俺はヒトラーや金大中くらいしか思い出せんぞ。

132 :無党派さん:2001/05/14(月) 13:50
>>131
俺は中学の生徒会長をやってたとき、支持率97だった。

133 :無党派さん:2001/05/14(月) 13:50
小泉ってワグナーが好きなんでしょ?
音楽の好みまでヒトラーと似てるんだね(ププッ

134 :無党派さん:2001/05/14(月) 13:52
>>132
お前は宣伝相にゲッペルスでも雇ってたのか(笑)

135 :無党派さん:2001/05/14(月) 14:05
のりのりといえば亡くなる直前の大平総理。

「じゆう〜とお〜、みんしゅしゅぎを〜
守って〜いけるのはあ〜、
われわれえ、じゆうう〜みんしゅとおをを〜
おいてほかにはあ〜、ないのであります!」

鬼気迫るモノがありました。

136 :無党派さん:2001/05/14(月) 14:08
大平さんって「あ〜、う〜」ばっか言ってたヒト?(笑)

137 : 無党派さん :2001/05/14(月) 14:10
>>130
確かにねー。
演説上手といわれる政治化は皆、似たようなスタイルになる。
小泉は格段うまいとは思わんけど。
幸福の科学の大川某を観た時にヒトラーっぽいって思ったような気がする。
あと旧民社党(だったかな?)のボス。
いずれも厨房のときね。
今、小泉を観ておんなじこと思った人はやっぱり厨房なのかな?

138 :無党派さん:2001/05/14(月) 14:12
ヒトラーうんぬんは置いておくとして、
でも今のこの支持率はどう考えても異常だろ。

139 :無党派さん:2001/05/14(月) 14:53
ぎゃはははは。笑わしてくれてありがとう>66
ところで・・・ヒトラーの演説の特徴、知ってる?それも科学的に証明されたものを?
そこらへんの図書館とかで調べればすぐわかるから、それで勉強してから出なおしてきな!

140 :無党派さん:2001/05/14(月) 15:07
>>66を見て、NHK「映像の世紀」のビデオを久々に引っ張り出してきて、ヒトラーの演説の記録映像を観てみたが、そっくりとは言わないがかなり似てたぞ。

141 :無党派さん:2001/05/14(月) 15:31
(マヤ)ジミンゲリオン初号機、支持率が91.3%を超えています!信じられません!

142 :無党派さん:2001/05/14(月) 15:50
(ミサト)まさか、総統!?

(冬月)勝ったな。

(ゲンドウ)ニヤリ

143 :完全独走:2001/05/15(火) 20:19
91.3%?

144 :無党派さん:2001/05/15(火) 23:56
アメリカの湾岸戦争の支持率も90%超えてた。大衆なんてそんなもんだ。

145 :無党派さん:2001/05/16(水) 00:12
ヒトラーは積極財政派で公共事業で景気を回復させたから
小泉と逆だ。

146 :無党派さん:2001/05/16(水) 00:23
>>145
デフレ政策に対して世論が高支持率だったのは、
井上財政のときの浜口内閣だね。
大地震があって、アメリカの景気が頭打ちで、日本の金融システムがマヒして…、
という比較をすると、小泉はヒトラーより浜口雄幸。

147 :無党派さん:2001/05/16(水) 00:35
自民・公明・保守の政権であることに変りないのに
支持率が数パーセントから91パーセントに跳ね上がるのは異常。
だいたい小泉は森派の会長だったのに。
この世論の異常な熱狂においては、
良くも悪くも今までタブー視されていたことであろうと
政策として実行できるだろう。
神道も戦争もなんでもありなのは、
最近の世論調査の結果の急変ぶりを見れば分かる。

148 :無党派さん:2001/05/16(水) 00:39
>147
よしりんが泣いて喜ぶ展開(藁

149 :頂上疾走:2001/05/16(水) 01:42
景気がいきなり良くなるわけがない
誰が総理になってもいきなり好転しないのは確かだ
いきなり好転するとしたら、それはどこかに大きなしわ寄せを作っているから。
システムを根本的に見直すというのなら、しばらくはさらなる不景気に耐える覚悟も必要だろうと思う

150 : :2001/05/20(日) 00:07
っていうか、田中さんはなんであんなに純ちゃんにメーワクかけるの?
えーかげんにせい

151 :無党派さん:2001/05/20(日) 01:54
小泉総理>田中真紀子を見限る
田中真紀子>小泉総理にすがる
ってかんじ?

152 :無党派さん:2001/05/20(日) 01:59
「お前には失望した」
真紀子に小泉がいずれ言うでしょう。

153 :無党派さん:2001/05/20(日) 02:02
>>152 「いずれ」ってねえ。
さっさと言えよ〜。

154 :無党派さん:2001/05/20(日) 02:11
小泉さんは一徹な人だと言うから、
マキコ自身がよっぽどまずいことを
やらかさない限り、替えられないと
思うよ。
そよれいもうまくハンドリングしてほしいよね。
でもリトウキに関しては小泉もいまいち
歯切れ悪かったからなぁ。

155 :無党派さん:2001/05/20(日) 02:14
米紙が小泉首相の「離婚」にも関心





 19日付ワシントン・ポスト紙は1面で「日本人には典型的な離婚話」と題し、小泉首相について報じた。「電車で1時間の距離にいながら小泉氏が(前夫人のもとにいた)一番下の息子に会ったことがないのは、日本ではよくあることだ」としている。


 米国では改革者としての首相の期待が高く、今回の記事は離婚という社会現象を切り口に首相のプライバシーにも強い関心を示している。首相は同紙の問い合わせに「離婚した私のような政治家に首相という重要な職務を任せた日本の人々に感謝しています」とのコメントを寄せている

156 :無党派さん:2001/05/20(日) 02:21
女運がないのね、きっと>純ちゃん

157 :無党派さん:2001/05/20(日) 02:24
今なら真紀子と離婚しても真紀子人気を利用しただけ(総裁選)とかいわれない?

158 :無党派さん:2001/05/20(日) 04:54

    , -=-‐〜--へ__,,- 、
  <        ヽ   ゝ
   ノ    二、___ゝ,/_/ヘ  |
  |    ヲ          | |
  |    ┤  ===、 , ==|  |
 ノ   彳  ―ェ 〈‐ェ〈  ゝ/つ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ゝ、  イ6|ゝ    / \ |‐ / / < 先生!構造改革をやりたいです!
  く   .^|        - ゝ/ /   \__________
   ヒi_,| \l  [ ー―.|/ /
   ,,, -/ |\____,| /
      /        /
     / /|      /
  __| | .|     |
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ||\             \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||

159 :無党派さん:2001/05/20(日) 04:56
構造改革難しいです、、、、なーんてね。
なんてたってアイドール なんてたって小泉

160 :無党派さん:2001/05/26(土) 22:17
アイドルかあ・・・。
楽しくて仕方ないだろうな、この1ヶ月は。

161 :無党派さん:2001/05/26(土) 22:28
辻本さんと結婚したら、みんな驚くだろうなあ。

162 :無党派さん:2001/05/26(土) 22:30
>>158
これ福山雅治に似てないかい?

163 :無党派さん:2001/05/26(土) 22:30
>161
つ、つじもとなら、やりかねん!

164 :失礼ですが:2001/05/27(日) 01:47
>>161
それはないよ
だって小泉さんの前の奥さんて美人だったよ

165 :無党派さん:2001/05/27(日) 01:50
辻元と結婚きぼ〜ん!

166 :無党派さん:2001/05/27(日) 02:19
>>159
イメージが大切よー、清く正しく美しくー

というわけで、あの歌を歌う小泉首相は、
自分が首相でありつづけるために何が大切かよくわかってると思われ。

167 :無党派さん:2001/05/27(日) 02:21
純たんは策士なり。

168 :無党派さん:2001/05/28(月) 01:21
>>166

なるほど。
で、総理の次のライブはいつ?

169 :無党派さん:2001/05/28(月) 01:27
いつか「木枯らしに抱かれて」も歌う日が来るのだろうか。

170 :無党派さん:2001/05/28(月) 01:32
そう遠くはないと思われる

171 :無党派さん:2001/05/28(月) 08:38
土俵も自分のステージにしてしまう小泉恐るべし。
でも、この躁状態の後に深い鬱が来て、死んだりしないかチト心配。

172 :無党派:2001/05/28(月) 14:35
最近毎日テレビ見るのが楽しみ♪
(ニュースもワイドショーも、もちろん国会中継も!)

173 :無党派さん:2001/05/28(月) 16:26
でも、相撲板ではあのパフォーマンスはメチャクチャ評判悪いぞ

174 :無党派さん:2001/05/28(月) 16:30
優勝力士は神であると思っている相撲オタクから見たら、
そりゃ嫌だろう。

175 :無党派さん:2001/05/28(月) 16:31
八百長相撲に萌える小泉は、恥ずかしかったな。

176 :三重県人:2001/05/28(月) 16:36
!!!!!!!!!!!!!!!!国会移転候補:緊急ニュース速報!!!!!!!!!!!!!!!
***三重県行政事情***
ヤクザとの金銭授受と交際が発覚、三重県知事!犯罪者、伊藤京子とも深く交際。
***北川県知事は詐欺師・ペテン師***
五十鈴監査法人による違法包括外部監査契約は、法人内作成内規に基づく計画的犯行であり、詐欺罪に相当する重大犯罪です。現在、告発を含めて検討中です。このような、重大疑惑犯罪人五十鈴監査法人代表社員山下義夫による県包括外部監査契約とは一体何なのでしょう?県総合文化センターの建物建築費の金額を知っている人は少ないと思います。実に、230億円!!減価償却費計算度外視で、毎年軽く10億円超の赤字を垂れ流しています。そして、そこの監事監査役に五十鈴監査法人実権代表社員草深 進が就任し、県と双方で法律に違反したボディガード監査を行っているのです。これでは、不正がおこなわれても外部表面化する事はまずあり得ない。現に、これに起債した百五銀行川喜田貞久頭取は、広大な理事会議室に陣取り、三重県議会に介入を行っているのです。そして、文化センターの開発行為を行った三交不動産や百五銀行は、実にこの五十鈴監査法人が監査しているのですから驚きです。こんなものが監査と呼べるかどうか、県民は重大犯罪人による抜け殻の外部監査に甘んじているのです。ですから、そのシステムに共謀している北川正恭も詐欺共犯者と言えるのです。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/4653/
〜゜・_・゜~津地裁の被告証人台に立たされる天才ペテン師北川正恭。この人、いつまで続くでしょうか。皆さん!
お時間の御座います方はこちらからごゆっくりどうぞ。落書きにより、お見苦しい点は御容赦を。
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=company&key=989824089


痴事やってていいけど、いい顔すんナよ。こんな(-_-メ)
なんぼなんでも、ヤクザ痴事ではかなわんで。三重県!
子供等が真似するでな!!

177 :無党派さん:2001/05/28(月) 16:43
八百長相撲かよ!!

178 :無党派さん:2001/05/28(月) 16:44
小泉が優勝したんだから良いんだよ

179 :無党派さん:2001/05/28(月) 16:45
お年寄りは皆喜んでます

180 :無党派さん:2001/05/28(月) 16:59
っていうか相撲版なんか逝ってる奴いるんだね・・・・。
純たんが杯に押しつぶされそうなの見て、萌えた〜

181 :無党派さん:2001/05/28(月) 17:00
あれ、何キロだったんだろう?

182 :無党派さん:2001/05/28(月) 17:14
>>181
40kgくらいです。新聞にも書いてあるよ。

183 :無党派さん:2001/05/28(月) 17:17
女一人分か>>182

184 :無党派さん:2001/05/28(月) 18:16
あの試合は八百長に見えなかった世〜
あからさまに判る試合もあるけど

185 :無党派さん:2001/05/28(月) 18:29
年寄りガッツポーズしてまで喜んでたからいんじゃないの別に。

186 :無党派さん:2001/05/28(月) 23:59
ホシ買ったり売ったりしてる相撲を喜んでみてる人に、総理のパフォーマンス
を避難されたくないですわ。

187 :無党派さん:2001/05/29(火) 00:03
女一人抱き上げられないヤサ男に総理が務まるのか?

188 :無党派さん:2001/05/29(火) 00:04
女一人言いくるめる能も無い男に総理が務まるのか?

189 :無党派さん:2001/05/29(火) 00:05
>>187
ヤサ男だよね>純たん
でも今がんばってるから萌え

190 :無党派さん:2001/05/29(火) 00:11
ヤサ男萌えー

191 :無党派さん:2001/05/29(火) 00:35
>>188

はいはい、もういいです
ここはネタスレ

192 :無党派さん:2001/05/29(火) 19:27
188>>女一人言いくるめる能も無い男に総理が務まるのか?


ぜんぜん認識ちがい。
小泉の女いじめは有名。

193 :無党派さん:2001/06/01(金) 00:06
>192
例えば?具体的に・・・
女性官僚はポーズ、とか・・・

194 :無党派さん:2001/06/01(金) 00:17
純たんにいじめられたーい!!!>192

195 :無党派さん:2001/06/01(金) 00:24
あ〜ああ〜
とうとう馬鹿の集まりになっちゃったよ
このスレ
最初は面白かったのに

196 :無党派さん:2001/06/01(金) 05:42
最初は柔らかい国会中継スレだったような
最近は国会の話題がほとんどないな
まさにネタスレ
1もさぞ不本意だろう(藁

197 :無党派さん:2001/06/01(金) 12:14
国会中継はやってないのか?

198 :無党派さん:2001/06/01(金) 13:57
やってるよ。
外務委員会に真紀子も出てる。

199 :無党派さん:2001/06/01(金) 14:23
>>197
テレビではやってない
衆議院中継HPを見れ
http://www.shugiintv.go.jp/today.cfm
9:00 外務委員会 (中継中)
9:00 環境委員会 (中継中)
9:00 国土交通委員会 (中継中)
9:00 法務委員会 (中継中)
15:00 文部科学委員会
審議中継をご覧になるためには、「RealPlayer」または、「WindowsMediaPlayer」が必要

参議院はこちらだがもう終わった
http://www.sangiin.go.jp/japanese/frame/joho1.htm
6月1日(金)の審議中継予定 
10:00 本 会 議
参議院審議中継をご覧になるには、「Real Player 7 Basic」以上のソフトが必要になります。

200 :無党派さん:2001/06/01(金) 14:27
バックナンバーも見れる
http://www.shugiintv.go.jp/video.cfm
過去2週間の開会日
平成13年5月19日(土)から平成13年6月1日(金)までのビデオライブラリは下の表から
ご覧になれます。ご覧になりたい審議が行われた日付をクリックしてください。
6月1日(金) 5月31日(木) 5月30日(水) 5月29日(火)
5月28日(月) 5月25日(金) 5月24日(木) 5月23日(水)
5月22日(火)

検索条件入力
平成12年1月20日(木)から平成13年6月1日(金)までのビデオライブラリは
以下のフォームで検索できます。

201 :こんちわー、米屋です:2001/06/01(金) 18:46
ご親切にありがとう
とりあえず「Real Player 7 Basic」をなんとかするよ
トホホ…

202 :無党派さん:2001/06/03(日) 02:00
age

203 :無党派さん:2001/06/03(日) 02:32
真紀子が自滅するのを待ってるよう泣きがする>小泉
もう、小泉一人の人気でやっていけそうな気がするし。

204 :ODA予算10%削減:2001/06/03(日) 06:39
ODA予算10%削減も 政府、来年度予算で検討

政府は2002年度予算編成で、政府開発援助(ODA)の予算を大幅に削減する方向で検討に入った。小泉政権の「聖域なき構造改革」に沿った措置で、前年度(1兆152億円)比10%削減も視野に検討を進める。これでODA予算は3年連続で減少することになり、1993年度以来維持してきた1兆円の大台割れは確実な情勢だ。

10%? まだまだですな。

205 :無党派さん:2001/06/04(月) 18:07
なんとなくあげ

206 :知ってるつもり:2001/06/05(火) 14:17
次回は「米百俵」なんだってね

207 :無党派さん:2001/06/05(火) 14:25
真紀子外相の失言および外務省筋からの発言内容の一連リークに関し、
小泉首相が任命責任を追求される模様

バカ真紀子
もう応援しない

208 :無党派さん:2001/06/05(火) 14:29
上司が部下の泥を被るのは当然です。>小泉
部下の泥を決して被らない真紀子を庇わなけりゃならんとは皮肉だな。

209 :無党派さん:2001/06/05(火) 14:31
結局石原大統領きぼんということでいいですね。

210 :無党派さん:2001/06/05(火) 14:32
>>209
よくねーよゴルァ!

211 :無党派:2001/06/05(火) 16:17
郵便ポストを抱いてる純ちゃん、萌え〜〜〜〜。

212 :無党派さん:2001/06/05(火) 16:21
画像はどこ?  >211

213 :無党派さん:2001/06/05(火) 16:21
http://dw.diamond.ne.jp/images/dw_H.gif

214 :無党派さん:2001/06/05(火) 16:26
いいかげん敗戦国意識は捨てよ?
世界の警察官意識を持っているアメリカにべったりすることはない。
眞紀子外務大臣の発言はみんなが思っていること只言っただけ。問題は
閣内不一致と言ふだけだ、それよりも外務省内の意図的に情報を
ながしている、売国奴どもに負けるな、橋本も大馬鹿者だ。
眞紀子以外の外務大臣では害務省の大掃除はできへんで。本来の外交をさしてやれ。

純真な気持ちで靖国神社お参りは
中国にも、韓国にも遠慮することは無い。

215 :無党派さん:2001/06/05(火) 16:30
CM各政党順位
一位  自民党
二位  自由党
他は見るに耐えない。ながすな?

216 :無党派さん:2001/06/05(火) 16:45
>一位  自民党
>二位  自由党

予算順位ですか?
政党助成金は電通への献金なのね。

217 :無党派さん:2001/06/05(火) 17:35
今日は扇大臣の車椅子押してみました。>純

218 :無党派さん:2001/06/05(火) 17:43
>政党助成金は電通への献金なのね。

ここらへんもほんとは構造改革が必要だったりするんだろうな。

219 :無党派さん:2001/06/05(火) 21:29
CM順位
一位  社民党
二位  公明党

220 :スレ違い:2001/06/05(火) 21:34
森さん、そようなら

221 :無党派さん:2001/06/07(木) 14:59
党首討論のハトの涙目は…
これからこの二人、要チェックだな!

222 :無党派さん:2001/06/07(木) 15:01
あんまり思いつめないで・・・ぽっぽ

223 :無党派さん:2001/06/07(木) 15:19
>>221
>>222

そうだったの?(藁

224 :無党派さん:2001/06/07(木) 15:22
へんなのができてるぞ

225 :無党派さん:2001/06/07(木) 15:29
ぽっぽは純ちゃんの事が正視できないんだね。純情なんだね。

226 :無党派さん:2001/06/07(木) 15:31
今のぽっぽの目には、笑顔の純一郎は眩しすぎるのでした。

227 :無党派さん:2001/06/07(木) 15:32
そんなポッポの前を風のように通りすぎる色男、小泉

228 :無党派さん:2001/06/07(木) 15:34
鳩はなんかやりそうなきがする

229 :無党派さん:2001/06/07(木) 15:34
くるっぽー

230 :無党派さん:2001/06/07(木) 15:37
>>228
「なんか」=愛の告白

231 :無党派さん:2001/06/07(木) 15:40
笑顔で握手を求める純一郎に、おずおずと手を差し出すぽっぽ。
どうかこの動悸の高鳴りが、純ちゃんに伝わりません様に・・・
ぽっぽは必死で神様にお祈りするのでした。

232 :無党派:2001/06/07(木) 15:41
鳩山も嫌いじゃないけど(考えは小泉に似てるし)、
いくらカリスマ美容師に髪切ってもらった所で
小泉の存在感にはかなわない。
小泉にはオーラがでている。

233 :無党派さん:2001/06/07(木) 15:49
総理大臣になったとたん魅力が増した。
日本のリーダーとしてのの資質が開花したんだろう。

234 :無党派さん:2001/06/07(木) 15:58
> カリスマ美容師に髪切ってもらった
そうなの?(藁藁
小泉の人気を意識したのかな?
鳩さんは単純でわかりやすいから舐められ易いのだね。
でもあの討論では鳩(善人)小泉(悪人)に見えてしまった。

235 :無党派さん:2001/06/07(木) 15:59
純情乙女のぽっぽと比較すると、総理がよけい大人の男に見えてくる

236 :無党派さん:2001/06/07(木) 15:59
悪人度

小沢>>>>>>>>>>>>>>>>小泉>>鳩山

237 :無党派さん:2001/06/07(木) 16:07
小泉は善人のお面をかぶった悪人です
だから小沢より質がわるい。

238 :無党派さん:2001/06/07(木) 16:09
ポポは変な顔のお面をかぶった善人だろうか。ううむ・・

239 :無党派さん:2001/06/07(木) 16:11
ミスターポポ?

240 :無党派さん:2001/06/07(木) 16:12
>>236
ばかじゃん。(w

241 :無党派さん:2001/06/07(木) 16:13
>>240
ハァ?

242 :無党派さん:2001/06/07(木) 16:23
>>238
変な顔!!(笑

243 :無党派:2001/06/07(木) 16:32
小沢は悪人顔なんだけど、鳩山は中途半端なんだよな。
小泉はヒーロー顔。

244 :無党派さん:2001/06/07(木) 16:34
政治家に人柄の良さを求めるのが間違ってる。
ってえか純一郎善人でもなんでもないだろ。
キレやすい独裁者タイプ。
つくづく見た目重視だな。

245 :無党派さん:2001/06/07(木) 16:34
鳩山はどうすればいいんだろう

246 :無党派さん:2001/06/07(木) 16:47
>>245
漏れは生きていて良いと思う。

247 :無党派さん:2001/06/07(木) 16:49
鳩ぽっぽは
お家に帰って、ワイドショーを見て、
2チャンネルも見て、世間の動向を研究し
小泉打倒策を画策するも、絵に描いた餅に終わるだけです。

248 :無党派さん:2001/06/07(木) 18:23
>>246
俺もそんな気がする

249 :無党派さん:2001/06/09(土) 18:58
ポッポは2ちゃんねるのファンらしいが、どこの住人なんだろう
やはり小泉スレか

250 :無党派さん:2001/06/09(土) 19:00
http://www.sponichi.co.jp/society/kiji/2001/06/09/20010609020811.jpg

251 :無党派さん:2001/06/09(土) 19:02
>>250
似合うじゃん!
身長差が…ハァハァ

252 :無党派さん:2001/06/09(土) 19:15
しかし赤ネクタイ似合わねーよな〜

253 :無党派さん:2001/06/09(土) 19:17
グレーのスーツとピンクのタイの組み合わせ、とっても似合ってたね

254 :無党派さん:2001/06/09(土) 19:19
>>245 一流の俳優か歌舞伎役者に、発声と弁舌と目線と身振りの指導を受ける。
金持ちなのだから、その程度のことしないのは怠慢にすぎる。
できたら一流の眼科医にかかって藪睨みを治した方がいいと思うが、
藪にらみな方がソフトな印象になるということもあるので、そこまでは要求しない。
が、本気で政権を取りたいなら、検討していい。

255 :無党派さん:2001/06/09(土) 19:21
しかたないんだよ、小泉のこと好きなんだから

256 :無党派さん:2001/06/09(土) 19:31
なるほど

257 :無党派:2001/06/09(土) 21:09
いや〜〜〜ん>250
赤ネクタイも似合ってるよん。
でも純タンと腕組のは私じゃなきゃ・・・いや〜〜ん(おっとスレ違い

258 :無党派:2001/06/09(土) 21:10
明日の日曜討論が楽しみ(NHK)

259 :無党派さん:2001/06/10(日) 14:02
どうだった? >258

260 :無党派さん:2001/06/10(日) 14:20
どうだった?>>258

261 :無党派さん:2001/06/10(日) 14:35
http://www.t3.rim.or.jp/~s-muraka/kantei/kantei47.html
あはははは

262 :無党派さん:2001/06/10(日) 14:40
そんなことより、日曜討論はどうなったんだよ >261
ま、261は後でゆっくり読むよ(藁

263 :無党派さん:2001/06/10(日) 14:56
いいなーちかげ。
純ちゃんと腕組んじゃって。
うらやましい!!!!
そういえば総裁選の時マキコは純ちゃんのネクタイ直したり、なんかちょこちょこ
触ってたよね。
わかるワー、その気持ち!
純ちゃんて、なんか触ってみたくなるような。。
世話焼きたくなるような。。
ちょっかい出してみたくなるような。。
心配掛けてみたくなるような。。

264 :無党派さん:2001/06/10(日) 17:12
そうだったね。総裁選の時は純ちゃんの世話やいてた
あれが微笑ましく見えたんだよな〜
でも、もうさわるなよって感じ?

265 :無党派さん:2001/06/10(日) 17:15
小泉の本命はやっぱりマキコと思われ

266 :無党派さん:2001/06/10(日) 17:38
かわいそ、ぽっぽ

267 :無党派さん:2001/06/10(日) 18:00
そそ、マキコは総理の長髪みてるとついつい三つ編みとかしたくなったう
とか言ってたし。愛だな。

268 :無党派さん:2001/06/10(日) 18:02
ぽっぽも結構いい男だと思うんだけど
何故か女性に嫌われてるな。
なんと女性の50%がぽっぽを
嫌ってるらしい。
ちなみに小泉は5%.

269 :無党派:2001/06/10(日) 20:24
258です。
「日曜討論」最高でした〜〜〜〜!!!
もうおいしすぎです。女性キャスターの森田さんも心なしか目が潤んでました。
(ぽっぽにまたしてもライバル登場か???)
低い声で静かに正論を語るインテリ純ちゃんに萌え〜〜〜〜〜です。
内容も小泉総理の人格・性格・思想が良く表れていて、つくづくその器の大きさに
感動・・・。
見そびれた方は、NHKに再放送希望の要望をメール・TELしては?
これは見なきゃダメですよ。

270 :無党派さん:2001/06/10(日) 20:29
保守ピタル(保守党のCMコピー)・・・・。
笑えないオジンギャグならぬオバンギャグです。サブっつ

271 :無党派さん:2001/06/10(日) 20:30
政党CM駄洒落多し

272 :無党派さん:2001/06/10(日) 22:37
NHKの日曜討論の小泉たん。よかったよん。サイコー。

273 :無党派さん:2001/06/10(日) 22:42
日曜討論再放送きぼーんのメール出してみました。
見損ねた方、メールだしましょ!
http://www.nhk.or.jp/fureai/
ですよーん!

274 :無党派さん:2001/06/10(日) 22:47
児童殺傷事件で問われる小泉の危機管理能力
児童8人殺されて、
「かわいいさかりだからね」で済ます小泉では、
森や村山とかわらない。
今回の事件は国立の教育大付属小で起きたので、
国は単なる監督者ではなく、直接の運営者としての危機管理の落度が問われる。
小泉は所詮、無責任男だ。

275 :無党派さん:2001/06/10(日) 22:51
知ってるつもり「米百俵」純ちゃんの映像もっと出せ。

276 :無党派さん:2001/06/10(日) 22:51
>>274は虫

277 :無党派さん:2001/06/10(日) 22:54
274はムネヲちゃん

278 :無党派さん:2001/06/11(月) 00:41
>>274
あっちでもこっちでもおなじことばっかり書くな、オウム

279 :無党派さん:2001/06/11(月) 00:47
小泉信者うぜー

280 : :2001/06/11(月) 05:29
>>279
だったらムネヲスレにでも逝けよ

281 :無党派さん:2001/06/11(月) 23:36
かっこよすぎ

282 :無党派さん:2001/06/11(月) 23:50
支持率92.8%だって。JNN調査。

283 :無党派さん:2001/06/12(火) 01:21
NHKの調査および、日経新聞の調査でも、過去最高の支持率更新。

284 :ほい:2001/06/12(火) 01:23
ちなみにトルシエ監督の支持率は60パーセント弱。
金子達人がなんかいいたげだった。

285 :無党派さん:2001/06/12(火) 01:30
小泉かっこいー

286 :無党派さん:2001/06/12(火) 09:18
純たん、ちょっと老けちゃったな

287 :無党派さん:2001/06/12(火) 10:30
ちょっと若々しさが↓したな

288 :無党派さん:2001/06/12(火) 13:32
いいの。純たんは老けても素敵っ!

289 :無党派:2001/06/12(火) 14:37
「独裁はしない。しかし道路特定財源でも郵政民営化でも、広く国民の中で議論していけば、
必ず常識的な所に落ち着く」と言った小泉総理。(日曜討論)
国民を信じて問題提起をしてくれてるんですね。
この総理のことを「ファッショ、独裁」とか言ってる人っておかしいよ。
今までの政治(平成研の中で内内に何もかも決まっていく政治)の方が、
国民にとっては余程ファッショであり、独裁です。
この事に国民はNO!といっているのに、その国民をまた「危うい」などという
お馬鹿さんもいますね。(一部マスコミや野党、そしてもちろん橋本派)
いい加減、気付きなさい!今後、反対勢力が新聞や週刊誌を使って小泉下ろしを
仕掛けてきても、かえって「これだから守旧派は・・・」ということになるでしょう。

とことん、小泉さんを応援します。

290 :無党派さん:2001/06/12(火) 14:49
純たん、圧勝させてあげたい・・・

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 14:55
92.8%かーすげーなー

292 :無党派さん:2001/06/12(火) 14:56
明日の党首討論楽しみだな

293 :無党派さん:2001/06/12(火) 15:12
小泉はまた同じこと言うんだろうな
もう飽きたよ

294 :無党派さん:2001/06/12(火) 17:29
同じ答えしか引き出せない野党が○○なんだよーん

295 :無党派さん:2001/06/12(火) 17:50
小泉に圧勝させる

296 :無党派さん:2001/06/12(火) 17:54
参院選で小泉が勝つ事はありえない。

297 :無党派さん:2001/06/12(火) 17:57
いま発売中の週間ポストの特集記事「小泉政権に騙されるな!」は面白い。
一億総コイズミ・マンセーな中で批判は貴重

298 :無党派さん:2001/06/12(火) 17:57
小泉はヴァカ野党のおかげで救われてるのか
やっぱり巨泉だな。穴だらけの小泉を撃沈できるのは。

なんか書いててばかっぽくなってきた。

299 :無党派さん:2001/06/12(火) 17:59
当たり前の話だけど
派閥を離脱していない以上は参院選で自民が勝てば増えるのは各派閥議員だけだよ。

なんでそんなことさえ分からないの?

300 :無党派さん:2001/06/12(火) 18:01
派閥を離脱した議員だって衛藤征士朗や山東昭子のように
他派閥に移るだけかもしれないし。

301 :無党派さん:2001/06/12(火) 18:53
取りあえず、純ちゃん援護射撃しよーかな。

302 :無党派さん:2001/06/12(火) 18:57
>301
民主か自由に入れるの?

303 :無党派さん:2001/06/12(火) 20:08
小泉内閣を支持する有権者がこぞって投票場に足を運び、自民党に票を投じて
圧勝する。→60〜70議席獲得すれば、無所属、保守党、場合によっては
自由党、民主党の一部と組むことによって、政権の組み替えにも可能性が出てくる。
→公明党との連立にピリオドが打たれれば、経世会の発言力は一層b低下する。

本気で小泉に懸けるなら圧勝させるべき。

304 :無党派さん:2001/06/12(火) 20:10
>→公明党との連立にピリオドが打たれれば、経世会の発言力は一層b低下する。

ここに無理があるな。参院自民の候補は経世会が多いんだってば。

305 :無党派さん:2001/06/12(火) 20:11
派閥離脱できない議員を落としてあげよう

【選挙区】
北海道 伊達忠一(山?・医療関連業界) 青森 山崎力(橋・元新進) 岩手 玉沢徳一郎(森・KSD)
宮城 亀谷博昭(森)  秋田 金田勝年(橋・大蔵)  山形 阿部正俊(加・厚生)
福島 太田豊秋(堀・建設業界)  茨城 狩野安(江・亀・遺族会・KSD)  群馬 山本一太(森)
群馬 吉川真由美(江・亀)  栃木 国井正幸(山・元連合)  埼玉 佐藤泰三(橋)
千葉 倉田寛之(江・亀)  神奈川小林温(河野?)  東京 保坂三蔵(江・亀・KSD)
新潟 真島一男(橋)  富山 野上浩太郎(森?) 石川 沓掛哲男(森・建設)
福井 松村龍二(森・警察)  山梨 中島眞人(橋)  長野 吉田博美(?)
岐阜 大野つや子(江・亀) 静岡 竹山裕(橋・KSD)  静岡 鈴木正孝(堀・元新進・防衛)
愛知 鈴木政二(森)  滋賀 山下英利(橋)  京都 西田吉宏(森・KSD)
大阪 谷川秀善(森・KSD・宗教系?・関空利権) 兵庫 鴻池祥肇(無) 奈良 荒井正吾(?運輸)
和歌山 世耕正成(森)  鳥取 常田享詳(橋・元新進)  島根 景山俊太郎(橋)
岡山 片山虎之助(橋・自治)  広島 溝手顕正(堀)  山口 林芳正(加→無)
徳島 北岡秀二(橋・KSD)  香川 真鍋賢二(加→無・KSD)  愛媛 関谷勝嗣(山・泉井)
高知 田村公平(橋)  福岡 松山政司(堀?)  福岡?古川忠(山)
佐賀 陣内孝雄(橋・建設)  熊本 三浦一水(江・亀)  長崎 田浦直(堀・元新進)
宮崎 小斉平敏文(橋)  鹿児島 加治屋義人(?・農協)  沖縄 西銘順志朗(?)
【隠れ自民?無所属】
栃木 増渕賢一(江・亀)  福島 三保恵一(?) 新潟 長谷川道郎?(江・亀・元新進)
三重 藤岡和美(推)   広島 柏村武昭(?) 高知 広田一(?)
大分 後藤博子(推)   宮崎 長峯基(橋)
【比例区】
有村治子(河本?)  岩井国臣(橋・全建協) 魚住汎英(江亀・商工・党費ミノ−?)
尾辻秀久(橋・遺族会)   小野清子(江・亀・軍恩連盟)  釜本邦茂(森・ハイカ)
小泉顕雄(?・ノナカ系?)  高祖忠治(橋・郵政)    近藤剛  (?・財界)
桜井新(江亀・漁業)   山東昭子(橋→河本)   清水嘉与子(森・看護連盟)
末広まきこ(無〔江・亀〕愛知万博・天ムス・元無所属)   武見敬三(橋・医師会)
段本幸男(橋・農水)   中原爽(橋・歯科医師会)  中島啓雄(森・JR)
橋本聖子(森)   福島啓史郎(江・亀・農協)  藤井基之(堀?・薬剤師連盟)
藤野公孝(堀?・自動車販売協会)*奥様が有名人   水島裕(橋・元新進)
森元恒雄(橋・知事会)  依田智治(江・亀・全防協)

 ◆◆◆◆橋本派落選キャンペーン◆◆◆◆
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=giin&key=990047953

306 :おいおい!:2001/06/13(水) 14:44
ぽっぽは党首討論に向けて、昨日から準備していたらしいぞ!
いよいよ愛の告白か(藁

307 :無党派さん:2001/06/13(水) 14:52
>>304
二人区以上で二人目の公認候補を立てようと小泉・山崎ラインで動いてるだろ
そうなれば利害関係が強い有権者以外は小泉シンパに入れて橋本派は落選する

308 :無党派さん:2001/06/13(水) 14:53
大量凶悪殺戮犯罪者を人権で擁護する奴が党首で橋本派と共闘する党なんか国民感情として絶対投票なんかできない。

309 :無党派さん:2001/06/13(水) 14:55
ぽっぽうぜー

310 :無党派さん:2001/06/13(水) 14:57
308うぜー

311 :無党派さん:2001/06/13(水) 15:00
文句言うならもっと野党同士が時間分け合えよ(わら

312 : :2001/06/13(水) 15:01
小泉内閣のメールマガジン、登録58万5千人
2001 年 6月 13日

--------------------------------------------------------------------------------

福田官房長官は13日午前の記者会見で、小泉首相のメッセージや政策などを電子メールで配信する「小泉内閣メールマガジン」の受信登録者が、約58万5000人に達したことを明らかにし、「世界新記録だ」と述べた。内閣広報室は「商品案内や通信販売のメルマガを除く、独自情報を定期的に発信するメルマガとしては世界最大級だろう」と話している。

313 :無党派さん:2001/06/13(水) 15:04
鳩山=周りの側近と調整しまくって準備万端ですぽっぽ〜!

小泉=俺は俺のやり方でやるので調整必要無しである!

314 :無党派さん:2001/06/13(水) 15:04
とにかく308は逝ってよし

315 :無党派さん:2001/06/13(水) 15:06
>>314
そうだな

316 :無党派さん:2001/06/13(水) 15:10
鳩ぽっぽは緑の党か、ヴァカだなこいつは
京都議定書なんて各国の思惑でうごめいているもので
日本だけが譲歩したら産業界は極めて不利になるもので
ヴァカな鳩ぽっぽはここでも国益を損なう発言をしている

小泉首相の答弁は権謀術数を良く考えているな
売国奴の鳩ぽっぽは逝ってよし

317 :無党派さん:2001/06/13(水) 15:15
純ちゃんテンションゲージ
■■■□□

318 :無党派さん:2001/06/13(水) 15:19
まだ7分もあるのかポッポの時間

319 :無党派さん:2001/06/13(水) 15:21
ぽっぽさー、眉毛書いた方がいいんじゃなーい?

320 :無党派さん:2001/06/13(水) 15:25
ぽっぽはアホちゃうか?と時々思います

321 :無党派さん:2001/06/13(水) 15:34
党首討論終了後総理が倒れたら・・・・

322 :無党派さん:2001/06/13(水) 15:35
あーーーーーでたぞ!!人権ボケ

323 :無党派さん:2001/06/13(水) 15:36
鳩ポッポの外交音痴は真紀子外相もぶっとんだ

324 :無党派:2001/06/13(水) 20:56
藤色スーツの純ちゃん、かっこよすぎだよ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!
フェロモン出しすぎ!(メロメロ

325 :無党派:2001/06/13(水) 20:58
党首討論後、ポッポが小泉さんに急接近。
「やっぱり貴方が好きです。忘れられない。」(ポッポ)
「気持だけ貰っておくよ。ありがとう。」(小泉)

326 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

327 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

328 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

329 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

330 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

331 :無党派:2001/06/13(水) 21:14
笑いたいけど笑えない中途半端な絵を入れるのやめて・・>326〜30

332 :無党派さん:2001/06/13(水) 21:29
ヘタックソ! >326〜30

333 :無党派さん:2001/06/13(水) 21:48
今日の党首討論。純ちゃんは途中で堅く目を閉じたり、、、土井さんも言ってたけど
お疲れだったのだろーか。
躍動感がなかったような・・・

334 :無党派さん:2001/06/13(水) 21:51
もうトシだからな

335 :無党派さん:2001/06/13(水) 21:52
>>325
純ちゃん「鳩山さん、いい質問ありがとう」
ハト「ユキ…と呼んでください(真っ赤)」

336 :無党派さん:2001/06/13(水) 21:57
ばかだなぁ、泣くこと無いじゃないか・・・
ぽっぽの涙を人さし指で拭う純一郎なのであった・・・・

337 :無党派さん:2001/06/13(水) 22:13
拍手に包まれ、笑いながら僕の前を通りすぎようとするあの人
すれ違いざま、あの人の指が僕の指に触れた
ふわりと揺れる、あの人の髪がまぶしかった
今日、電話してもいいの?
僕は心の中でつぶやいた…


ぽっぽ心のポエム

338 :無党派さん:2001/06/13(水) 22:55
妄想スレになってる・・・

339 :無党派さん:2001/06/13(水) 22:57
小泉に期待する事自体が妄想

340 :無党派さん:2001/06/13(水) 23:01
「髪型、変えたんだね。」
(貴方に振り向いてほしかったから・・・)心の中で叫んでも、
声にはならない、ぽっぽなのであった。

341 :無党派さん:2001/06/13(水) 23:17
小泉首相、日本医師連盟から巨額献金受け取る

342 :無党派さん:2001/06/14(木) 00:20
小泉圧勝!

343 :うっちい:2001/06/14(木) 00:23
政治の大衆化。いいことかね?
小泉さんはアイドルとしてあつかわれる。
つまり浜崎あゆみ(アユ?)とおなじってことよ。

344 :無党派さん:2001/06/14(木) 00:29
あゆみたいなクソと一緒にスンナよ。

345 :うっちい:2001/06/14(木) 00:31
一般の子からしたら多分その程度だと思うよ。
ポスター買いにくる女子高生など。
多分小泉批判したら「小泉をいじめるな〜」っていわれそうだし。

346 :無党派さん:2001/06/14(木) 00:35
支持率90パーセントからそーゆーのを差し引いて、
50パーセント残るかなぁ・・・激しく不安

347 :うっちい:2001/06/14(木) 00:38
支持率なんてくそくらえ!でしょ。
所詮人気投票にすぎん。
なんかやってもマスコミが歪曲すればあっというまに
森さんよ。
小泉が支持率さがってもそういう意味では応援するよ。

348 :無党派さん:2001/06/14(木) 01:30
違うよ
聞こえなかったんだよ。

349 :連続永田町小説:2001/06/14(木) 02:14
党首討論の後、ぽっぽは1人で街をさまよっていた。
「こんな気持ちを抱いたまま、いつまで周囲をだましていけるのだろう…」
噴水を眺めながら彼はため息をついた。そこへ、人影。
「鳩山君じゃないか?」
聞き覚えのある声に、ぽっぽは振り返った。
「小沢さん…」

350 :無党派さん:2001/06/14(木) 07:34
違う・・・・違うよ。ボクが好きなのは・・・好きなのは・・・・
あの人なんだ・・・・

351 :無党派さん:2001/06/14(木) 07:39
ぽっぽは走った。夜の街をただ、ひたすらに走った。
純一郎への熱い思いを振り切るかのように・・・・

352 :無党派:2001/06/14(木) 09:58
と前方に人影が・・・。光輝く銀髪の後ろ姿。
ポッポの胸は高鳴った。「もしや、貴方は・・・」
振り返ったその人は・・・・・筑紫哲也であった。

353 :無党派さん:2001/06/14(木) 10:27
違う・・・・違うんだってば!!!!
再びぽっぽは走った。ただひたすらに走り続けたのだった・・・・

354 :無党派さん:2001/06/14(木) 10:43
>>352 ワラタ

355 :無党派:2001/06/14(木) 20:43

小泉メルマガ、ついに   100万件突破!

356 :無党派さん:2001/06/16(土) 11:21
連続小説の続ききぼーん

357 :無党派さん:2001/06/16(土) 11:43
ぽっぽは気が付くと新宿西口にいた。
愛しい純一郎の声が聞こえる。ぽっぽは見上げた。降りしきる雨を物ともせず、
声を嗄らし、力を込めて演説をする純一郎の姿を。
(純ちゃん、素敵だ。誰よりも輝いているよ・・・・)

358 :無党派さん:2001/06/16(土) 11:45
ボクは、そんな純ちゃんのことが・・・純ちゃんのことが・・・・・
純ちゃんのことが・・・・・・・・・・・・・・・!!!!!!

359 :無党派さん:2001/06/16(土) 11:48
大好きなんだ・・・・・・と声に出してつぶやくぽっぽの目からは、
滂沱のごとく涙が溢れていたのだった。

360 :無党派さん:2001/06/16(土) 11:53
ぽっぽは思い出していた。
二回目の党首討論の後、優しく涙を拭ってくれた純一郎の長い指を。

361 :無党派さん:2001/06/16(土) 11:55
純一郎が耳元で囁いたあの言葉を・・・・

362 :無党派さん:2001/06/16(土) 12:01
「そようなら・・・」
そようなら、と純一郎は言ったのだ。

363 :無党派さん:2001/06/16(土) 12:58
どうしてそんな事を言うのか彼がわからない
あの優しさは自分の政権維持の為だったのか
それとも貴方はもう僕だけのものじゃなく国民のものになってしまったのか・・・・
ぽっぽちゃんの心は激しく揺れ動く
「僕に残された道は・・・・」
と小さくつぶやいたがその声は梅雨の雨とかき消され届く事は無かった

364 :無党派:2001/06/16(土) 14:01
ニュースステーションの取材で
「政党より国民だよね、小泉さん!やろうぜっ!」と言いながら
小泉人形の肩を抱くポッポであったが、
内心(ああ、これが本物のあの人だったら・・)と思い涙目になってしまう
ポッポだった。

365 :無党派さん:2001/06/16(土) 20:22
あげ

366 :無党派さん:2001/06/16(土) 20:24
共産党単独政権になれば他党は非合法化します、
スターリン・毛沢東・金日成・ポルポトマンセー。
共産党単独政権になれば他党は非合法化します、
スターリン・毛沢東・金日成・ポルポトマンセー。
共産党単独政権になれば他党は非合法化します、
スターリン・毛沢東・金日成・ポルポトマンセー。
共産党単独政権になれば他党は非合法化します、
スターリン・毛沢東・金日成・ポルポトマンセー。
共産党単独政権になれば他党は非合法化します、
スターリン・毛沢東・金日成・ポルポトマンセー。
共産党単独政権になれば他党は非合法化します、
スターリン・毛沢東・金日成・ポルポトマンセー。
共産党単独政権になれば他党は非合法化します、
スターリン・毛沢東・金日成・ポルポトマンセー。
共産党単独政権になれば他党は非合法化します、
スターリン・毛沢東・金日成・ポルポトマンセー。
共産党単独政権になれば他党は非合法化します、
スターリン・毛沢東・金日成・ポルポトマンセー。
共産党単独政権になれば他党は非合法化します、
スターリン・毛沢東・金日成・ポルポトマンセー。
共産党単独政権になれば他党は非合法化します、
スターリン・毛沢東・金日成・ポルポトマンセー。
共産党単独政権になれば他党は非合法化します、
スターリン・毛沢東・金日成・ポルポトマンセー。
共産党単独政権になれば他党は非合法化します、
スターリン・毛沢東・金日成・ポルポトマンセー。
共産党単独政権になれば他党は非合法化します、
スターリン・毛沢東・金日成・ポルポトマンセー。
共産党単独政権になれば他党は非合法化します、
スターリン・毛沢東・金日成・ポルポトマンセー。
共産党単独政権になれば他党は非合法化します、
スターリン・毛沢東・金日成・ポルポトマンセー。
共産党単独政権になれば他党は非合法化します、
スターリン・毛沢東・金日成・ポルポトマンセー。
共産党単独政権になれば他党は非合法化します、
スターリン・毛沢東・金日成・ポルポトマンセー。
共産党単独政権になれば他党は非合法化します、
スターリン・毛沢東・金日成・ポルポトマンセー。
共産党単独政権になれば他党は非合法化します、
スターリン・毛沢東・金日成・ポルポトマンセー。

367 :無党派さん:2001/06/16(土) 20:37
 小泉政権発足後、わずか1カ月半で東証1部の時価総額は約50兆円が消失した。
小泉純一郎首相の所信表明演説を受け、構造改革への進展期待が高まった5月7日に
は、403兆円と今年最大に膨らんだが、首相人気とは裏腹に株価は下がり続け、1
5日には354兆円にまで目減りした。

368 :無党派さん:2001/06/16(土) 21:06
>>362
こらっ(笑
大笑いしちまったやんけ

369 :無党派さん:2001/06/16(土) 23:23
ワラタ
連続小説の続ききぼーん

370 :無党派さん:2001/06/17(日) 07:24
age

371 :無党派さん:2001/06/17(日) 07:31
共産党名誉議長宮本顕治氏が人殺しだという法的根拠

<宮本顕治に対する確定判決>を引用します。(カタカナ→ひらがな)
引用開始
右の者に対する治安維持法違反殺人同未遂死体遺棄不法監禁銃砲火薬類取締法施行規則違反被告事件に付き・・略・・判決すること左の如し。
主文
被告人を無期懲役に処す。
押収に係るアストラ小型拳銃壱挺及実包弾丸参発(押収番号略)は之を没収す。
理由
・・前の部分略・・
相応じて共に小畑を組み伏せ、尚も大声を発し死力を竭して抵抗する同人を一同にて押しつけ、以てその逃亡を防止せんとして互いに格闘し、因って同人に対し頭部、顔面、胸部、腹部、手足等に多数の皮下出血その他の傷害を負わしめ、ついに同人をして前記監禁行為と相俟って外傷性虚脱死(外傷性ショック死)に因り同日午後二時頃その場に急死するに至らしめたるが・・略・・死体の処置に窮したる結果・・略・・同家床下に埋没せしめ之を遺棄し、略
引用終わり
参考文献;日本共産党の研究1〜3 講談社文庫立花隆著
       日共リンチ殺人事件 恒友社 松本明重編
共産党名誉議長宮本顕治氏が人殺しだという法的根拠

75 名前:べりヤ 投稿日:2001/06/16(土) 19:40
ソ連共産党の大幹部ベリヤは500人を強姦したという。
秘密警察を使って、若い女を拉致してて強姦し、日記をつけていた。
共産党は異常な党だから性犯罪に走るのだろうか。

372 :無党派さん:2001/06/17(日) 07:33
共産党、人殺しちゃいや〜ん。

373 :無党派さん:2001/06/17(日) 07:35
公明・創価もひどいよ。性犯罪ばかり。〔新聞・雑誌情報より〕
◆女性の世紀!
池田大作(創価学会名誉会長・公明党の「黒幕」)
 =元信者の女性からレイプで訴えられる(信平訴訟)。
神崎武法(公明党代表)
 =女性記者へのセクハラ疑惑(女性記者に肉体関係を迫った疑惑)by「週刊ポスト」
片上公人(創価学会員・元公明党参議院議員)
 =女性秘書へのセクハラを行う。
T(創価学会員・岩手県の知的障害者施設職員、創価学会副圏長)
 =知的障碍者女性を強姦し妊娠させる。
大島豊太郎(創価学会員・現公明党大阪市議会議員)
 =特養老人ホーム入居便宜供与を盾に支持者女性を強姦する。
松本弘芳(創価学会員・元公明党江戸川区議会議員)
 =サラ金から借金しつつ児童買春を20回以上行い、ビデオ撮影して保管。
鈴木友吉(創価学会員・元公明党文京区議会議員)
 =知人女性と不倫。子どもの前で交尾する現場を不倫相手の男性によって撮影される。
◆覚醒剤の根絶
大谷尚雄(創価学会員・元島根県出雲市公明党市議会議員)=覚醒剤取締法違反
◆医療と福祉
T(創価学会員・岩手県の知的障害者施設職員、創価学会副圏長)
 =知的障碍者女性を強姦し妊娠させる。
大島豊太郎(創価学会員・現公明党大阪市議会議員)
 =特養老人ホーム入居便宜供与を盾に支持者女性を強姦する。

374 :無党派さん:2001/06/17(日) 07:36
下校中の小2にわいせつ行為、共産党地区委職員逮捕

 浦和署は14日、埼玉県越谷市赤山三、共産党埼玉東部南地区委員会職員高久博満容疑者(26)をわいせつ目的略取、強制わいせつなどの疑いで逮捕した。調べでは、高久容疑者は先月28日午後3時ごろ、さいたま市内の路上で、下校途中の小学2年の女児(7)を無理やりワゴン車の中に連れ込み、手足を粘着テープで縛ったうえ、約30分間、わいせつな行為をした疑い。高久容疑者は実在する教諭の名前を挙げて「先生に会いに行くから小学校への道を教えて」などと近づいた。調べに対し、容疑を認めているという。

 高久容疑者は、同地区委員会で赤旗新聞の配達、集金管理を担当している。

 高久容疑者は約1時間前にも、近くの路上で小学1年の女児(6)を同じ手口で車内に連れ込もうとしたが、同級生の母親が通りかかったため、逃げた。この母親が車のナンバーを控えていた。

(6月14日20:16)

http://www.yomiuri.co.jp/04/20010614ic25.htm
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=kyousan&key=951012339

375 :無党派さん:2001/06/17(日) 07:37
共産党、猥褻しちゃいや〜ん。

376 :無党派さん:2001/06/17(日) 21:26
共産、公明叩きは他のスレでやれよ。
ここは純ちゃんとポッポの純愛スレなのだから。

377 :無党派さん:2001/06/17(日) 21:53
このスレのずさんな姿を見てぽっぽちゃんは肩を落とした
現実では叶わないと知っていたからこそ、このスレで自分の思いは書き綴っていたのに
これが私に対する彼の答えなのか?

もしかするとこれは試練なのかもしれない・・・・
私の思いに対する試練なのかもしれない

私は戦う断としてこの向かい風に闘う!!




私は断として戦うこの公明・共産の風に耐えてみせる!

378 :無党派さん:2001/06/17(日) 22:34
ぽっぽが>>377のような思考回路を持っているとは、さすがの
純一郎も意外だった。
そして、自分でもわからない感情がよぎり、純一郎はいつもの孤独な
笑みを浮かべた。
「本当に宇宙人みたいなやつだな、ぽっぽは。でも、純粋に愛されると言うのも
たまには良いものだ!」
思わず純一郎がもらした独り言を、森善郎は嫉妬に狂った面持ちで
盗み聞きしていた。

379 :無党派さん:2001/06/17(日) 22:36


380 :森はかんべんして(涙:2001/06/17(日) 23:37
ひーっっ!!
379はすくみあがった。

381 :無党派さん:2001/06/17(日) 23:40
おもしろあげ

382 :無党派さん:2001/06/17(日) 23:41
あなたはどう考えて、参議院選挙にのぞみますか?

 世論調査は、こちらから
   http://www.election.co.jp/ank.html

Q.田中真紀子と外務省、どちらを支持しますか?

383 :無党派さん:2001/06/17(日) 23:42
森タンはぽっぽの事が好きなの?

384 :無党派さん:2001/06/17(日) 23:52
Q.田中真紀子と外務省、どちらを支持しますか?

A.森義郎

385 :無党派さん:2001/06/17(日) 23:55
つーかどっちを支持するもクソもねえよ。
どっちもどっちだろ。

386 :連続小説:2001/06/18(月) 00:18
ぽっぽ、ヤフーのチャットでのVサインは痛かったよ。

小泉は思わずそう書き込みそうになったが、kanteiのIPを抜かれると困るのでやめた。
「キミは、つくづく退屈しないヤツだ」
代わりにそうつぶやいた。意図せず、口元に笑みが浮かぶ。
なんとなく楽しい気分になっているのに気付いた。理由を追求しかけて、彼は長い指で髪をかきあげる。
そして一瞬だけ動きを止めた。

…まさか。
…まさか、そんなことがあるはずはない。

思いがけずたどりついた、ある可能性を彼は否定した。
疲れているのだ。
だからそんなことを考えてしまうのだ。
彼はそう思うことにした。
実際のところ彼は倒れそうなほど疲れていたのだ。
白い手袋。マイク。演説。SP。いろんなイメージが彼の中で交錯した。
指を伸ばし、マウスをクリックすると純一郎は回線を切った。

387 :無党派さん:2001/06/18(月) 00:43
今日は街頭演説の日だった
久しぶりに汗を流したような気がする
家に帰り自室のベットに顔をうずめて思い出す

演説場所が同じといっても小泉とは時間がずれている
今日もまた彼と言葉を交わすことは出来ないだろう
疲れた身体を揺れる車内あずけ窓から外を見る
車内から見える日本は以上に活気付いていた・・・・自分の問題なんて他人任せのように
演説場所が目に入る
演説場所に近づく知れ自分の心は激しく葛藤を起こす
葛藤と言う言葉は不似合いだ・・・まるで始めて恋をしたような淡いときめきのような感情
果実酒のような甘酸っぱさ
外から聞きなれた声がする
純一郎だ・・・・
窓に近づき彼の姿を見上げた
そのとき小泉がこちらを見たような気がした
いや違う見ている。小泉は私の存在に気がついている
そして彼は笑みを浮かべた

私はまだ彼の愛を信じていいんだと心満ち溢れ
「たとえ党首の座を追われたとしても・・・・」そう心につぶやき念をした

388 :無党派さん:2001/06/18(月) 01:29
あげ

389 :もう寝ます:2001/06/18(月) 04:48
カリスマ美容師の腕も信用できないな(藁

起き抜けに、民主党スレにそう書き込みしようとした小泉は、やはりkanteiのIPを抜かれたくなかったのでやめた。
プライベートのメールアドレスに、送り主の名前のないメールが届いていた。
「……」
一読の後、彼は軽く握ったこぶしを口許に持っていく。
これは無意識のくせだった。指に唇が触れている状態が心地よいのかもしれなかった。
彼はしばらくそのままでいた。
表情にはどこかうっとりとした色が見えたが、やがて何かを吹っ切るかのようにかぶりを降る。
「なにを言い出すんだ。不用心なことを…」
思わず口に出し、口に出したことに気付くと彼は言葉を切った。
「総理。お時間です」
秘書の声がした。
「今、行く」
答えながら純一郎は乱れた髪をなでつけた。そして、メールの送り主を思った。
今日もまた、熱い一日になる。

390 :無党派さん:2001/06/18(月) 07:38
ぽっぽは悲しかった
ぽっぽは苦しかった

どうすれば・・・・

391 :無党派さん:2001/06/18(月) 07:39
・・・・・いいのだろう

392 :無党派さん:2001/06/18(月) 07:39
どうすれば・・・・・

393 :無党派さん:2001/06/18(月) 07:40
・・・・・いいのだろう

394 :無党派さん:2001/06/18(月) 07:50
ぽっぽの頭の中は混乱していた。
純一郎の笑顔が、浮かんでは消え、
消えては浮かんだ。
ぽっぽは思い出していた。
あの日、純一郎と二人で見た、あの海の、
海の青さを。

395 :無党派さん:2001/06/18(月) 07:58
あの時、ぽっぽは初めて、自分の切ない胸の内をうち明けた。
「たとえ・・・・全世界を敵に回そうとも。
たとえ・・・・全人類が貴方の敵になったその瞬間でも。
ボクは・・・・純ちゃんを・・・・全力でもって・・・・・・

396 :無党派さん:2001/06/18(月) 07:59
お守りする。全身全霊で・・・・

397 :無党派さん:2001/06/18(月) 08:00
愛する・・・・・」と。

398 :無党派さん:2001/06/18(月) 09:30
次の瞬間、ぽっぽの肩は、いきなり強く引き寄せられた。

399 :無党派さん:2001/06/18(月) 09:35
すぐそこに、純一郎の瞳があった。
すぐそこに、純一郎の唇があった。
純一郎は微笑んでいた。

400 :無党派さん:2001/06/18(月) 09:37
そして、純一郎は言った。
「す・・・」

401 :無党派さん:2001/06/18(月) 09:39
その声はかすれていた。
ぽっぽはその言葉の続きを待った。

402 :ご覧の通り「駄スレ」:2001/06/18(月) 09:40
sage

403 :無党派さん:2001/06/18(月) 09:41
永遠の時が流れた。
「す・・・?」
耐えきれずにぽっぽは言葉のその先をせがんだ。

404 :無党派さん:2001/06/18(月) 09:43
「すまそ。」
純一郎は呟いた。

405 :ご覧の通り「駄スレ」:2001/06/18(月) 09:44
sage

406 :無党派さん:2001/06/18(月) 09:48
じゃまな奴がいる
続きが読みたいんだから、じゃまするな!

407 :ご覧の通り「駄スレ」:2001/06/18(月) 09:48
sage

408 :ご覧の通り「駄スレ」 :2001/06/18(月) 10:18
国民、読者の声に耳を傾けない。読者を思いやらないなら今後も sage。

409 :無党派さん:2001/06/18(月) 11:16
純一郎は迷っていた。
ぽっぽの一途な気持ちを受け入れることはできない、
と思っていた。
自分には幾つかの過去があり、その一つ一つが、いまだに純一郎を
悲しみの淵に繋ぎとめていた。

410 :無党派さん:2001/06/18(月) 11:21
が、一方で、この胸の疼きは何なのだ?

411 :無党派さん:2001/06/18(月) 11:45
その時、純一郎の携帯電話が鳴った。
着メロは勿論、フォーエバーラブだった。

412 :無党派さん:2001/06/18(月) 12:17
純一郎が電話にでようとしたその時、
ぽっぽは、突然純一郎の手から携帯電話を奪い取った。
電話をしっかりと握りしめたまま、海に向かって走った。
まとわりつく砂に足を取られながら、無我夢中で走った。
純一郎が驚きの表情のまま、後を追ってくる。
ぽっぽがよろめき、砂の上に倒れた。
その上に重なるようにして純一郎も倒れた。
二人は激しく肩で息をしていた。

413 :無党派さん:2001/06/18(月) 12:23
きゃ・・・
面白いよ!

414 :無党派さん:2001/06/18(月) 12:26
オイオイ・・・

415 :無党派さん:2001/06/18(月) 12:27
ヲイヲイ・・・

416 :ご覧の通り「並スレ」:2001/06/18(月) 12:28
sage の機能知ってますか。
読者に age てもらえないから、自分で age るしかないのかー。(笑)
自作自演ばかりじゃあねえ。前向きなことしないと、数少ない読者が離れるばかり。可哀相にー。

417 :無党派さん:2001/06/18(月) 12:32
?

418 :無党派さん:2001/06/18(月) 12:35
名スレだ

419 :無党派さん:2001/06/18(月) 12:58
ぽっぽは大声で叫びたかった。

貴方の痛みを、・・・知っている!
貴方の孤独を、・・・知っている!
貴方が泣いているのを・・・このボクは見たんだ、と。

420 :無党派さん:2001/06/18(月) 13:01
だが、言葉に出せなかった想いは、涙へと形を変え、
はらはらと目尻を伝い、砂の中に吸い込まれていったのだった。

421 :無党派さん:2001/06/18(月) 13:12
(・∀・)イイ!!

422 :無党派さん:2001/06/18(月) 13:16
小泉とぽっぽの純愛劇場
結末はあるの?

423 :無党派さん:2001/06/18(月) 13:19
ほもねたいやああああん

424 :無党派さん:2001/06/18(月) 13:27
ほもとはちとちがうな

425 :無党派さん:2001/06/18(月) 13:42
             ┌───────┐
             │ ┌────┐ │ ドンドンドン!
             │ └────┘ │
             │           ◎ |
             │              │
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧_∧  どなたですか〜? ∧_∧  
      ( ・∀・)∬    (○)   ∬(・∀・ )
      ( つ\_/     ヽ||/   \_/ ⊂ )
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

426 :無党派さん:2001/06/18(月) 13:44
でもなんで相手がぽっぽなの?
菅のがいい!

427 :無党派さん:2001/06/18(月) 13:45
私が寝ちゃった後、いっぱい続きができてる〜
うれし〜

428 :無党派さん:2001/06/18(月) 13:46
そりゃ、ぽっぽでしょう

429 :無党派さん:2001/06/18(月) 13:58
管は、ウィスキーの入ったグラスを、壁に投げつけた。
グラスは砕け散った。
まるで管をあざ笑うかのように、その破片は指に刺さった。
管は呻いた。

何故なんだ。
何故、ぽっぽなんだ?
何故、俺じゃないんだ?
純ちゃん・・・・

430 :無党派さん:2001/06/18(月) 14:05
ぽっぽのカリスマ美容師ヘアーと
薄いピンクのシャツでの応援演説にちょびっとも萌え〜
ど、どうしよう

431 :無党派さん:2001/06/18(月) 14:06
ほんとかよ

432 :無党派さん:2001/06/18(月) 14:07
だめ。ぽっぽは渡さないよ。by純一郎

433 :無党派さん:2001/06/18(月) 14:20
純たんSPにやられないかな
心配

434 :無党派さん:2001/06/18(月) 14:21
>>433
もう遅いよ思われ。。。
・・・合掌

435 :無党派さん:2001/06/18(月) 14:24
>>430
そう?
競馬帰りのうらぶれたオヤジに見えたけど

>>434
遅くないって(藁

436 :無党派さん:2001/06/18(月) 15:31
やられるって、まさか・・・>433

437 :無党派さん:2001/06/18(月) 15:55
モテモテ純ちゃんの続きは?

438 :無党派さん:2001/06/18(月) 16:42
「これ、後で読んでください。」党首討論の後、菅は純一郎に
近づいて、何気なく一枚の紙を渡した。
「えっ?何?」と言いながら受け取り何気にその紙をポケットに入れる純一郎。
部屋に帰ってその紙を読み驚いた。「今夜9時、Pホテルの204号室で
待ってます。菅より」
これはもしや・・・・・・連立の誘いか?と考えてしまう鈍い純一郎。

439 :無党派さん:2001/06/18(月) 17:03
(・∀・)イイ!!

440 :無党派さん:2001/06/18(月) 17:06
おお!菅純になってきたないいぞ

441 :無党派さん:2001/06/18(月) 17:12
管は徹底的に攻めの姿勢だった。
ぽっぽにだけは負けたくなかった。

442 :無党派:2001/06/18(月) 17:33
菅はホテルの部屋でいらついていた。(いつも以上に)
「あの人が来ない・・・・やはり俺は鳩に負けたのか?
あの軟弱ボンボンの鳩に負けるなんて・・・・市民運動でたたき上げた
俺のプライドが許さない!」
飲んでいたウイスキーのグラスを壁に再び投げつける菅であった。

443 :無党派さん:2001/06/18(月) 18:08
日に日に美しくなっていくぽっぽに管は嫉妬していた。
「ピンクのシャツがよく似合ってるよ。恋してるのかい?」
管は平静を装って声をかけた。
頬を赤らめうつむくぽっぽ。
管の心で黒い炎が揺らめいた。めちゃくちゃにしてやりたい。

444 :無党派さん:2001/06/18(月) 18:22
> 日に日に美しくなっていくぽっぽに

藁った

445 :無党派さん:2001/06/18(月) 18:23
>日に日に美しくなっていくぽっぽ
ワラタ!

446 :無党派さん:2001/06/18(月) 18:25
>>444-445
書き直さんでよろし(w

447 :無党派さん:2001/06/18(月) 18:29
一方、純一郎は公邸でX-JAPANのアルバムを聴いていた。
Crucify my love
If my love is blind〜

いつも以上に、声が寂しげに聞こえる。
何故だろう。

448 :無党派さん:2001/06/18(月) 18:30
管は何気なくぽっぽに話しかけた。
「純ちゃんてさ結構着やせしてるんだよね」
驚愕するぽっぽ。どうして管がそんなことをしっているのだろう。
しかし、ぽっぽは管に確かめることができなかった。
答えを聞くのが怖かった・・・・

449 :無党派さん:2001/06/18(月) 18:31
私445だけど、444とは別人です。
おんなじこと書いてるんで、自分でもワラタ。

450 :無党派さん:2001/06/18(月) 18:41
純一郎は目を閉じた。
管との目眩く夜が蘇る。

あの夜、純一郎はPホテル204号室に行ったのだった。

451 :無党派さん:2001/06/18(月) 18:42
あの人に近づくためにはなんだってした。
厚生大臣にだってなった。
それなのに今、党首討論であの人に見つめられているのは・・・
「なぜ、おれは幹事長なんだ?」

452 :444:2001/06/18(月) 18:44
私もびっくりした。
きっと同時に見て笑ったんだね。
偶然にしても面白い。

453 :無党派さん:2001/06/18(月) 18:46
あの夜、管は純一郎の襟を掴み、そう叫んだのだった。

なぜ、おれは幹事長なんだ?と。

454 :無党派さん:2001/06/18(月) 18:54
あの夜の純一郎は激しかった。と、管は思う。

455 :ご覧の通り「並スレ」:2001/06/18(月) 18:58
>>453

幹事長のポストはともかく、
あんまりやり過ぎても、
菅原道真の二の舞になる可能性があるね。

456 :ご覧の通り「並スレ」:2001/06/18(月) 18:59
>>454

ふざけた話する時は、「管(くだ)」と書いてね!

457 :無党派さん:2001/06/18(月) 19:11
あのメモを純一郎に渡したとき部屋番号は「201」だった。
しかし純一郎の目に触れたとき「204」と変わっていた・・・
すれ違う二人。
「総理。そろそろ官邸に・・」
秘書が声をかけた。
「ふられちゃったかなぁ」
純一郎は目を閉じて浅く笑った。

管があきらめて部屋の出たとき、フォーエバーラブ
が聞こえたような気がした。
「空耳か・・・」

201号室を通り過ぎ管はエレベーターへと向かった。

458 :無党派さん:2001/06/18(月) 20:56
age

459 :無党派さん:2001/06/18(月) 22:42
期待あげ

460 :無党派さん:2001/06/18(月) 22:45
官邸に向かう車の中の純一郎に、塩川正十郎からの電話がかかってきた。
一瞬迷った純一郎だが、意を決してスイッチを押した。
「はい、塩川さん・・・」純一郎の声は、心なしか上ずっていた。
「ははは、最近はいつもワシに内緒でお留守やねえ、ま、若い人たちは
若い人たちの付き合いがあるやろ、しゃあないわ。でも、君に手取り足取り
教えてあげたのは他ならぬこのワシやいうことを忘れんといてや。
たまには老人サービスもしてくれや、ハッハッハ!」
そう言うと、塩川は、苛立ったときの癖である性急さで、突然電話を切った。

461 :無党派さん:2001/06/18(月) 23:39
あげ!

462 :無党派さん:2001/06/18(月) 23:54
管は今夜も荒れていた。
部屋にあったグラスは、一つ残らず壊してしまった。
チッ。管は舌打ちをすると、ウィスキーをボトルごと飲み干した。

463 :無党派さん:2001/06/18(月) 23:58
「年寄りのやきもちって見苦しいわね」
電話を切った塩川の背後から千景がいった。
「おまえさんにいわれとうないわ。あのときはあるけたんやろ。
よー立ち回ったな。ほっほっほ、腐っても女優ちゅうやつか?」
振り向きもせず塩川は行った。
千景は笑みを浮かべると壁に貼られた純一郎のポスターの方を向き、
印刷された純一郎の頬に触れた。
「そうよ女優だわ、そして女だわ。」
振り向いた塩川の顔は塩爺のそれではなかった。

464 :無党派さん:2001/06/19(火) 00:01
ぽっぽはどうしようもなく不安だった。
昨日、街頭演説をした後、握手を求められた支持者に、
「ゆっきー、と呼んで下さい・・・・」
と小声で言ったのをマイクに拾われてしまった。
そしてついさっき、ニュースでその事を知ったのだった。
ぽっぽは怯えていた。
管は何というだろうか・・・・

465 :一読者:2001/06/19(火) 00:05
千景萌えあげ

466 :無党派さん:2001/06/19(火) 00:17
(・∀・)イイ!!

467 :無党派さん:2001/06/19(火) 00:21
(・∀・)イイ!!

468 :無党派さん:2001/06/19(火) 00:24
管は苛立っていた。
ぽっぽのばか正直ぶりに。
傍目から見ても分かる純一郎への恋心に。
その一途さに。

そして、ぽっぽのように生きられない自分に苛立っていた。

ぽっぽの涙を拭く純一郎の細い指・・・
管にとってはつらい記憶だった。

469 :無党派さん:2001/06/19(火) 00:32
ぽっぽは泣きながら、いつの間にか眠ってしまった。
ぽっぽは夢を見ていた。
愛しい純一郎と手を繋ぎ、どこまでも駈けてゆく・・・・

470 :無党派さん:2001/06/19(火) 00:34
夢の中でぽっぽは微笑んでいた。
純一郎も微笑んでいた。
ぽっぽは幸福だった。

471 :無党派さん:2001/06/19(火) 00:39
「首相動静」を見る事がぽっぽの就寝前の日課となっていた。
そして最近では自民党のCMもそれに加わった。
以前は党本部で見ていたのだが、管がセキュリティーを強化して以来
なぜか見る事ができなくなった。
間は何故あんなにも苛立っているのだろう?
「もうみんなあの頃にはもどれないのですか?」
ぽっぽが問い掛けたさきにはポスターの純一郎がいた。


472 :無党派さん:2001/06/19(火) 00:41
ぽっぽはあさひなんだね

473 :470:2001/06/19(火) 00:43
間→管です。失敗した。
あと最後のかぎかっこもいらない。

474 :無党派さん:2001/06/19(火) 00:43
管は言った「ゆっきー・・・・君は民主党の支持率をこれ以上下げる気か」
ぽっぽは言い返した「聴衆の数で大道芸にも負けた君に言われたくはない」
二人は少しのあいだ睨み合った

475 :470:2001/06/19(火) 00:45
首相動静はネットで。
CMもネットで。

管はファイヤーウォールをつけたのです。

476 :無党派さん:2001/06/19(火) 00:52
ああ、ネットのね。

477 :無党派さん:2001/06/19(火) 00:54
純一郎は悲しかった。
ぽっぽの一途な気持ちを受け入れることができない、
汚れきった自分がそこにいた。

自分には幾つかの過去があり、その一つ一つが、いまだに純一郎を
悲しみの淵に繋ぎとめていた。
例えば、塩川。
思い出したくない、酷い過去だった。

478 :無党派さん:2001/06/19(火) 00:58
そして、野中。
野中の顔が純一郎の脳裏一杯にによみがえった。

479 :無党派さん:2001/06/19(火) 01:02
純一郎は激しく頭を振った。
最近とみに白いものが増えたと思う、その髪が乱れた。

480 :無党派さん:2001/06/19(火) 01:04
あの頃、純一郎は若かった。
その髪も黒々としていた。

481 :無党派さん:2001/06/19(火) 01:07
純一郎はくわえていた煙草の火を、強く灰皿に押しつけて消した。

482 :無党派さん:2001/06/19(火) 01:10
もうこれ以上思い出すのはやめよう。
自分にそう言い聞かせ、ベッドに体を埋めた。
だが、なかなか寝付けなかった。

483 :無党派さん:2001/06/19(火) 01:13
純一郎の私室にはピンクのバラが1輪あった。
今朝公邸の入り口にそっと置かれていたものだった。
届主は分からない。秘書は気味が悪いので処分するよう進言した。
だが、バラは今ここにある。

「ピンクのシャツとピンクのバラか・・」
純一郎はかすかに笑った。

「誰かさんのためにあしたは赤いネクタイにしようか」
純一郎は細い指でバラを軽く弾き言った。

484 :無党派さん:2001/06/19(火) 01:16
純一郎は二重人格?

485 :無党派さん:2001/06/19(火) 01:23
変革・・・
変わりたかったのは自分ではなかったのか?
純一郎は窓ガラスに映る自分自身に向かって問うた。
外は雨だった。窓ガラスに雨粒が流れる。
映り込んだ純一郎の顔の裏にも雨は流れ落ちた。
「泣いているようだな。」
純一郎はつぶやいた。

486 :無党派さん:2001/06/19(火) 01:26
純一郎は孤独だった。

487 :無党派さん:2001/06/19(火) 01:29
どんなに肌と肌を寄せあっても、彼の心は孤独の海に沈んでいく。

488 :無党派さん:2001/06/19(火) 01:31
そんな自分を恥じるかのように、努めて明るく振る舞うことには
もう、慣れていた。

489 :無党派さん:2001/06/19(火) 01:41
なんてったってアーイドール・・・・
なんてったってこーいずみー・・・・

字余りだな・・・・純一郎は自虐的な気持ちで呟いた。

490 :無党派さん:2001/06/19(火) 01:56
もう、いい。
純一郎はラジカセのCDを無造作に差し替えた。
「生は暗く、死もまた暗い・・・」
マーラー「大地の歌」の、そのフレーズを、
これまで何度隠れて口ずさんできたことだろう。
鏡の奥に夜がおちてゆく。
そして部屋の片隅で、ピンクの薔薇がひそかに生を終えた。

491 :無党派さん:2001/06/19(火) 02:05
ぽっぽの周りに群集があった。
だが、ぽっぽは選挙カーの上にはいなかった。
ぽっぽの視線の先には自民党の選挙カーがあった。
小泉演説の渋滞を利用し自らの党の車から抜けだしてきたのだった。

「あの人にあえる。」
ぽっぽの胸は高鳴っていた。
しかし、候補者の演説は続き一向に終わる気配は無い。
ぽっぽは焦っていた。「時間が無い。早く。」
そのとき後方から聞き覚えのある声がした。管だった。
「見つけたぞ、つかまえろ!」
必死で管の手を振り解きながらぽっぽは叫んだ。
「長いぞっ。早く終われ」

民衆の野次を装ったのは後ろめたさからだったのか。
ぽっぽの抵抗もむなしく管に引きずられていくぽっぽの背中に、
候補者の訴えがうつろに響いた。
「小泉純一郎と書くと向こうですー」

492 :無党派さん:2001/06/19(火) 02:09
しまった「向こう」ではなく「無効」です。
さいごでミスるなんてATOKの馬鹿

493 :無党派さん:2001/06/19(火) 02:11
自民党内比例順位予想(実質的に上から当選します!!!)

1.○ 武見 敬三 49 橋 現 1 元外務政務次官 95年比例1位
2.○ 高祖 憲治 54 橋 新   元郵政省近畿郵政局長
3.○ 岩井 国臣 63 橋 現 1 国土交通政務官 95年比例15位
4.△ 尾辻 秀久 60 橋 現 2 元総務政務次官 95年比例6位
5.△ 段本 幸男 56 橋 新   元農水省中国四国農政局長
6.△ 清水嘉与子W 65 森 現 2 元環境庁長官 95年比例7位
7.△ 福島啓史郎 55 亀 新 元農水省食品流通局長
8.△ 小野 清子W 65 亀 元 2 元環境政務次官・体操選手 98年東京選挙区出馬
9.△ 大仁田 厚? 43   新   プロレスラー 鳩山邦夫氏が推薦
10.☆ 中原  爽 65 橋 現 1 元総理府総括政務次官 95年比例3位
11.☆ 森元 恒雄 54 橋 新   元岐阜県副知事  
12.☆ 藤井 基之 54 堀? 新   元厚生省麻薬課長
13.☆ 藤野 公孝 53 堀? 新   元運輸省総務審議官 古賀前幹事長系
14.☆ 桜井  新 68 亀 新   元環境庁長官(衆院6期) 00年衆院新潟2区出馬
15.☆ 依田 智治 69 亀 現 1 元防衛事務次官 95年比例9位
16.☆ 橋本 聖子W 36 森 現 1 元北海道開発政務次官 95年比例13位
17.★ 魚住 汎英 61 亀 現 1 元防衛政務次官(衆院2期) 00年熊本選挙区補選当選
18.★ 釜本 邦茂 57 森 現 1 元労働総括政務次官 95年比例11位
19.★ 中島 啓雄 63 森 現 1 元JR貨物常務 95年比例17位
20.★ 近藤  剛 59   新   伊藤忠商事顧問 経団連など財界支援
21.▼ 小泉 顕雄 50 橋? 新   京都府園部町議・住職
22.  水島  裕 67 橋 現 1 ●文部科学政務官 95年新進比例7位
23.  末広まきこW 56 無 現 1 ●エッセイスト・タレント 95年愛知選挙区当選
24.  有村 治子W 30 無 新   桜美林大講師 旧河本派を離脱
25.  山東 昭子W 59 河 元 4 元科技庁長官・タレント 96年衆院神奈川6区出馬
26.  安倍 基雄 70   新   元保守党衆院議員(4期) 00年衆院比例東海出馬
27.  佐藤 忠志 50   新   元予備校講師

10−19位は橋本派、江亀派、堀内派等の”抵抗勢力”ばかりなので
小泉さんを支持する人は自民党に入れるのはやめましょう。
抵抗勢力をモロに増やします。

494 :無党派さん:2001/06/19(火) 05:01
「前から来てるの首相の車じゃないですかね」
運転手の言葉に眠りかけていたぽっぽはシートを大きく揺らし飛び起きた。
「ほら、後ろから記者の車がぞろぞろついてきますよ。」
運転手の示した黒塗りの車が近づいてくる。
ぽっぽは息を止めた。すれ違う車がスローモーションのように感じられる。

車窓のカーテンは開いていた。
銀髪の横顔が通り過ぎてゆく。
だがその瞳は最後までぽっぽを捕らえる事は無かった。

小さくなる車を目で追いつづけながらぽっぽはため息をついた。

「よろしかったのですか?」
秘書が純一郎にいった。
純一郎は無言のままカーテンを閉めた。
「つかれたな。官邸に着くまで眠らせてくれ。」
そういって純一郎は目を閉じた。

495 :無党派さん:2001/06/19(火) 07:48
「飲み過ぎだな・・・」
管は目頭を強く押さえた。
昨夜の酒が管の気持ちをいっそう暗くしていた。

ゆっきーと呼んで下さい。
鳩山は言ったのだった。
あいつはどこまでオメデタイ奴なんだ・・・
短くなった煙草を床に投げ、思い切り靴で踏みにじった。
その時だった。

なっち・・・・

管は自分の思いつきに有頂天になった。
なっちと呼んで下さい・・・・

そうか!この手があったか!

管は幹事長専用電話に手を伸ばした。

496 :無党派さん:2001/06/19(火) 09:15
秘書の飯島は心配だった。

総理大臣就任以来、純一郎は日に日に痩せていく。
元来寡黙な純一郎だったが、ここ数日はめっきり口数が減った、と思う。
ぼんやりと遠くを見つめていることが多くなった、と思う。

飯島は純一郎とは30年間連れ添った仲だ。
彼の心の動きは手に取るようにわかる・・・ハズだった。

497 :無党派さん:2001/06/19(火) 09:26
食事の時、飯島の漬け物の小皿は、いつの間にか二つ並んでいた
漬け物の嫌いな純一郎の仕業だ。
飯島は嬉しかった。
彼は漬け物が好きだった。
しかし、それ以上に純一郎のことが大好きだった。

漬け物もらって喜んでいる場合じゃないぜ。
我が殿の一大事だよ、こりゃ・・・

飯島は元来明るい男だった・・・・

498 :無党派さん:2001/06/19(火) 10:01
ここは同人板か?

499 :無党派:2001/06/19(火) 11:12
その頃真紀子はアメリカにいた。無事外相会談を終えて安堵の中で、純一郎に
TELを入れていた。「あっ、総理?無事終わりました。もうすぐ帰ります。総理に
お会いできます・・・・」というと真紀子の頬は赤く染まった。
「ああ、ご苦労さん。じゃあ又日本で・・・。」真紀子は心弾ませながら電話を
きった。その時、ふとチカゲの顔が浮かんできた。
「まさか・・・私の留守中に・・・。」真紀子は顔を左右に振り、嫌な想像を
振りほどいた。「政界夫婦の座は、貴方には渡さない!車イスを押してもらった
位で調子にのらないでよ・。」強く決意する真紀子であった。

500 :無党派:2001/06/19(火) 11:22
ちょうどその頃、ポッポは愛する純一郎と真紀子のある風景を思い出していた。
そう、総理就任直後のパーティーで、真紀子が純一郎の乱れたネクタイを
直したあの場面・・・。羨ましすぎるあの場面を。
「僕だったら総理にピンクのネクタイを選んで、締めて差し上げるのに」
多くの人やマスコミの前で、総理に自分の選んだネクタイを照れながら
締めるポッポ。薄い唇の角を少し上げて、優しく微笑みながら
身をゆだねる純一郎。
いったい、いつになったらそんな日が来るのだろう・・・・
ポッポの瞳は遠くを見つめた。

501 :無党派さん:2001/06/19(火) 12:06
あげ

502 :ご覧の通り「並スレ」:2001/06/19(火) 12:15
sage

503 :無党派さん:2001/06/19(火) 12:36
「いつまで彼女をかばうつもり?」
執務室に入ってきた千景は唐突に言った。
純一郎は書類に目を落としたまま無言だった。
「彼女は復讐のためにこの内閣を利用しているのよ。
あなただってご存じのはずでしょう? 彼女は危険だわ。」
純一郎は顔を上げ千景をまっすぐ見つめた。
「しってるさ。」
「だったら・・」
「もしかして俺の事を心配してくれてるのかい?」
純一郎の言葉に千景は視線をそらし、笑った。
「まさか・・ちょっとした老婆心よ」
千景はそれだけを言うとドアに向かった。
「今後ともよろしく 大臣。」
背後から純一郎が言った。

・・・名前で呼んではくれないのね。

千景は振り返り純一郎を見た。
「ねえ総理、わたしが大臣でなくなったら私のことをどう呼ぶの?」
純一郎は笑って言った。
「そのときは俺も『総理』じゃないよ。どうする?」
千景も皮肉っぽく笑った。
「そうね。そのときまでに考えておくわ。」
そういって千景は部屋を後にした。

「そのときか・・案外早いかもな。」
純一郎はつぶやいた。

504 :無党派さん:2001/06/19(火) 12:59
官邸に帰り、寝室でボタンを外しているとドアをノックする音が「誰だ?」聞くと「お客様です」とドアの向こうから飯島の声がする。
誰だろうこんな時間に・・・「通してくれ」純一郎はそう言い外しかけていたボタンを掛け直す。
ノックが数回してドアの開く音がする。
そこに見知った男が立っていた。
「ひさしぶりだな?どうしたんだこんな時間に・・・」純一郎はさらりと言う
「いえ貴方の顔が見たいと思って・・・」
男は純一郎に歩み寄りはそっと抱きしめた
「貴方と父の関係は知っている・・・でも僕は貴方を忘れる事が出来ない例え一度の過ちでも・・・」
今にも泣き出しそうな声
「何を言っているんだ伸晃・・・」
純一郎そっと伸晃の肩を叩いた

505 :無党派さん:2001/06/19(火) 13:17
純一郎は、自分の胸の中の見慣れた風景を思った。
荒野の中に、数え切れないほどたくさんの墓標が立っている。
この墓標を、これ以上増やしてはならないと思った。

忘れてほしい・・・

純一郎は伸晃に言った。
思いがけず、声が掠れた。

506 :無党派さん:2001/06/19(火) 13:19
「あなたと父の関係」??
504のレスを読みながら「ご覧の通り並スレ」は首をかしげた。
いやな予感がした。
くそ、続きは読みたくない。
「荒らしてやろう」と決めた。

507 :無党派さん:2001/06/19(火) 13:20
感動した!!

508 :無党派さん:2001/06/19(火) 13:22
ノブテルはかんべん、と私はつぶやいた。

509 :無党派さん:2001/06/19(火) 13:24
ジェラシー渦巻く小泉内閣。
・・いいなあ

510 :無党派さん:2001/06/19(火) 13:25
伸晃は、信じられない、というように頭を左右に振った。
「だけど、貴方はあの時・・・」
伸晃が一歩近づく。
「飯島君!」
純一郎は飯島の名を呼んだ。
「大臣が・・・お帰りになるそうだ」

511 :無党派さん:2001/06/19(火) 13:50
福田は機嫌が良かった。
今の自分の役回りに満足感をおぼえていた。
鏡を見ながら髪を丁寧に撫でつける。
おもわず、鼻歌が口を付いて出そうになるほどだ。
実際福田は鼻歌混じりの上機嫌だった。

福田は内閣における純一郎の女房役は自分だ、
という実感に酔っていた。

森内閣の時、福田は辛かった。
泥酔のあげく、純一郎に絡んだ事も一度や二度ならずあった。
そんな時純一郎は福田の手をとり、
「辛抱してくれ。必ず、俺がお前を救ってやる。」
と言ったものだった。

そして、純一郎は約束を果たした。

512 :無党派さん:2001/06/19(火) 13:56
が、最近福田は、気になることが一つだけあった。

真紀子の存在だった。

513 :無党派さん:2001/06/19(火) 14:02
伸晃は半ば追い出されるように純一郎の部屋を後にした。
「くくくっ」
廊下の陰からわずかな音がした。
「だれだ!」伸晃は声の方に振り向いた。
そこには満面の笑みを浮かべる竹中平蔵がいた。
「貴様っ 聞いていたのかっ」
伸晃に襟をつかまれながらも平蔵は笑ったままだった。
「八つ当たりなら、特殊法人あたりにしていただきたいんですがね。」
「くそっ」伸晃は平蔵を解放した。「どうして貴様がここにいるんだ。」

平蔵はネクタイを整えながら言った。
「わたしと手を組みませんか?」

514 :無党派さん:2001/06/19(火) 14:06
(マキコさん・・・か)
福田は髪を整えていた手を止めた。
櫛を弄びながら、暫く考え事をしていた。
福田は無言のままデスクに行き、受話器を上げた。

「もしもし・・・そう。外務省の川島さんにつないで・・・」

515 :無党派さん:2001/06/19(火) 14:23
\ 不定期のはずが、毎日来てるよ /
  ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ____  __
    ∧_∧.  ||\、  \| ◎ |
    (,, ゜∀゜)||  |  ̄ ̄| |:[]. |
 ┌--(   つ/||/  ̄ ̄/|= |
  |└ ヽ |二二二」二二二二二二二二」
   ̄]|_つつ, | ||         | ||
  / ̄\\/::::||          /::::||
...  ◎~⌒◎ [__::||、      [_::||

516 :無党派さん:2001/06/19(火) 14:23
CM撮りの朝、メーク係の加奈子はピンク系のパウダーをはたきながら、
それまで何度も呑み込んでいたその言葉を、ついに純一郎の耳元にささやきかけた。

「首相、この唇の下にできているの、ニキビではないんでしょうか?」
「ほんとかよ」

けさ髭を剃ったときには気がつかなかった。純一郎は思わず目を閉じる。
しかし一線を超えてしまった加奈子は、こうも追い打ちをかける。
「額にできると想われニキビ、唇より下だと想いニキビ、・・・あ、逆だったかしら」
「それは想われニキビだろう、なんてったってコイーズミーじゃないか」
大鏡に映るスタッフたちがきょうも笑っている。だが心の底から笑えない純一郎がいる。
(やっぱり、我が殿の一大事だな、こりゃ・・・)
その奇妙に醒めた表情を、秘書の飯島が見逃すはずがなかった。

−−スタンバイよろしいですか?
ほろ苦く、しかしほのかに甘い空白を引きずったまま、純一郎はライトの下へと歩んでいった。

517 :無党派さん:2001/06/19(火) 14:49
純一郎のまわりには、常に数十人の取り巻きがいる。
SPは勿論だが、数人の秘書、報道関係者・・・・
どこにてもたくさんの人目に晒されている。
純一郎は一人になりたかった。
一日、いや一時間でもいい・・・
一人きりの時間が欲しかった。
が、いまや一国の総理大臣である純一郎には、叶わぬ望みだった。
だから純一郎は、大股でできる限り早く歩いた。
まるで周りの人間を振り切るかのように・・・・
勿論、そんな事ができるはずはなかった。

518 :無党派さん:2001/06/19(火) 14:54
ぽっぽは、そんな純一郎が痛々しかった。
一瞬たりとも気を抜くことができない純一郎を、
何とかして癒したいと思った。

519 :無党派さん:2001/06/19(火) 15:13
>>午後0時10分、執務室を出て、同11分から同12分まで、喫煙室で報道各社インタビュー。同13分、小食堂へ。同14
>>分から同31分まで、上野公成官房副長官。同32分、小食堂を出て、同33分、官邸から公邸へ。
>>
>>午後2時1分、公邸から官邸へ。同2分、執務室へ。「公邸ではどなたかと」に「(首を振りながら)ううん」。「休憩です
>>か」に「…」。同3分、外務省の加藤良三外務審議官が入った。

きょうの時事より。空白の1時間半・・・

520 :無党派さん:2001/06/19(火) 15:27
空白の一時間半。
それは突然もたらされた。
神が願いを叶えてくださったのか?
いや、神ではなかった。
純一郎の体を心配した秘書の飯島の計らいだった。
「完全に人払いしました。どうぞ、ごゆっくりなさって下さい。」
「ありがとう。感謝する。」
純一郎は飯島の両手をとり、力を込めた。
飯島は照れて、仕込んだばかりの駄洒落を言った。
「ばっかじゃナカメグロー、なにユーテンジー・・・・」
が、すでに純一郎の姿は消えていた。

521 :このスレ最高!:2001/06/19(火) 16:14
ageたい時はメール欄を入れるべし

522 :やだよこのスレ:2001/06/19(火) 16:28
なんか女子高の文芸部のやおい同人誌(しかも文字主体)みたいで

523 :無党派さん:2001/06/19(火) 16:32
好きだよ、このスレ!

524 :無党派さん:2001/06/19(火) 16:35
>>522
そんなことないよ!
「みたい」じゃなくてそのもの!

525 :無党派さん:2001/06/19(火) 16:37
女子高って・・・(藁
見るより書き込むほうが楽しいよ!

526 :無党派さん:2001/06/19(火) 17:03
あははは

527 :無党派さん:2001/06/19(火) 17:06
えっ!
女子高???

528 :無党派さん:2001/06/19(火) 17:55
純一郎とぽっぽの今後は?

529 :無党派さん:2001/06/19(火) 18:34
何故か気になって見てしまう。。

530 :無党派さん:2001/06/19(火) 18:43
純一郎の悲しみを癒すことのできないぽっぽ
野心と愛情の狭間で苦悩する管

女を捨てきれない真紀子
女優、そして女としてのプライドにいきる千景

各人の想いが交錯し すれ違う・・・

寂寥と哀切の果てに 純一郎はなにを想うのか・・・

531 :無党派さん:2001/06/19(火) 19:10
扇ババはあぼーんキボーン。

532 :無党派さん:2001/06/19(火) 19:13
「手を組むだと・・」
平蔵の突然の申し出に伸晃は言葉を詰まらせた。だがそれは一瞬のことですぐに
不敵な笑みを浮かべ言った。
「言っておくが俺は総理と心中するつもりだ。不信任案なんぞに乗らないぜ。」
平蔵の表情はあの笑顔のままだった。
「抵抗勢力というやつですか。私だって経済学者の端くれです。
最悪の蔵相として教科書に載りたくはありませんね。」
「損得勘定ぐらいできるわけか。」
そう鼻で笑った伸晃の表情は突然凍りついた。
「まさか・・貴様の背後には・・・」

「・・・YKK・・か・・」

平蔵の笑顔は変わらない。
「さて?・・・」

533 :無党派さん:2001/06/19(火) 20:12
あげー

534 :無党派さん:2001/06/19(火) 20:33
あー、もうっ!
むっちゃムカツクなあ!もぉーーーー!!!
皆さぁん、私のことお忘れじゃございませんかぁ?!

このスレを見ていた、辻元清美が叫んだ。

535 :無党派さん:2001/06/19(火) 21:37
「ま、今の私は経済財政担当大臣です。今後蔵相もとい財相になれる保証も
ありませんし、民間人ですから国会でどうなろうと直接どうこうは出来や
しません。せいぜい仕事に取り組むくらいしかないんです」
と、例の丸っこい童顔で竹中は言った。
「だから同志が欲しい、ただそれだけのことですよ」
「なら今更手を組むも何もないだろう。大げさな」
表面では平然とそう応じた伸晃だったが、さっきの凍りついた
恐怖はまだ取れていない。
「そう言えばそうですね、はははは」
竹中は軽く笑って立ち去った。その背後を見送りつつ
「・・・・・・」
要警戒だな、と伸晃は確信していた。

536 :無党派さん:2001/06/19(火) 21:45
彼が首相になるとは・・・・・・
橋本龍太郎は目を細め画面に移る純一郎を見ていた
自分が作り上げた内閣にいるときは少し影を見せ華さえなかったのに・・・
大きくなったもんだと自分の代議士生命も危うくさせているのに心しか嬉しくなっている
しかしまだ本当の気持ちを龍太郎は知らない

その影から龍太郎の心が純一郎に動くのではないかと睨みきかしている野中のとハラハラしているムネヲの姿が・・・・・・

537 :無党派さん:2001/06/20(水) 00:06
若い頃の純ちゃんの話きぼーん
コレとか・・・
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/5143/photo2.html
コレみたいな・・・
http://www.jimin.or.jp/jimin/koizumi/p07.html

538 :無党派さん:2001/06/20(水) 00:16
>537
週刊女性でやってるど。
「純ちゃん初恋時代」〜横須賀の色白美女
さあコンビニへいそげ!

539 :無党派さん:2001/06/20(水) 00:35
おお、明日コンビニに直行なのだ♪

540 :無党派さん:2001/06/20(水) 00:39
あの表紙はいけてるのか?

541 :無党派さん:2001/06/20(水) 00:41
龍太郎は自宅でくつろいでいた。
ペイズリー柄のガウンを着ていたが、その襟元はきちんと整えられていた。
彼はパイプをくゆらせながら、堅く閉じていた目をゆっくりと開いた。

そうか・・・そうだったのか・・・・

龍太郎は今、やっと自分の気持ちに気づいたのだった。

542 :無党派さん:2001/06/20(水) 00:52
(何の音だろう・・・)

純一郎は寝室の窓をそっと開けた。
辺りを見回してみたが、特に変わった様子はないようだ。

風の音か・・・そう呟いて窓を閉めようとした時だった。

純ちゃん・・・・

自分を呼ぶ声が聞こえた。

窓の下に立っていたのは、ぽっぽだった。

543 :無党派さん:2001/06/20(水) 00:58
「ボクは・・・
 ボクは・・・
 来てしまった・・・!」
 ぽっぽはむりやり笑顔をつくろうとした。
 が、その試みはどう見ても成功したとは言えなかった。

544 :無党派さん:2001/06/20(水) 01:56
視界がにじみ、ぼんやりと揺れた。
私はいつもこうだ。気ばかり焦って、みっともないことをしてしまう。
「今のぽっぽの質問、意味不明」「このアクションきしょい」
と2ちゃんねるの国会中継板で馬鹿にされたたこともある。それを読んで悶々としたことをなぜか思い出した。
闇にまぎれ、人目を盗み、ここまでいったい何をしに来たのだろう。
こんな姿を見せるためではなかったはずなのに。
恥ずかしくて彼の顔が見れない。
だから窓辺の木々を見つめていた。
世界はぼんやりとにじんで、今にも流れ出しそうだった。
「馬鹿だな。泣くんじゃないよ」
純一郎の声が、世界に広がった。
彼はぽっぽを見つめ、静かに微笑んでいた。
あたたかな部屋の光が彼を包んでいた。
それを見つめるぽっぽは、吸い込まれそうな闇の中にいる。
「キミは、このごろ僕が見るときいつも泣いているな」
笑顔に、さびしげな色が混じった。
「何がそんなに悲しいの?」

545 :無党派さん@寝不足:2001/06/20(水) 02:10
「ぼ、ぼ、僕は…」
「うん。僕は?」
純一郎は穏やかに微笑んだまま、ぽっぽを見つめていた。
その瞳の色に勇気づけられたように、ぽっぽは話しだす。
「ぼくは、あ、あ、あなたのことがっ」
「…僕のことが?」
ぽっぽを見つめる純一郎の瞳が不思議な色をたたえていた。
すべてを見通した人の目のようだった。
マスコミはそれをカリスマと呼ぶのかもしれない。
彼はこの思いを知っている。なぜだか、そんな気がした。
二人の視線が深く重なり合う。
許しを乞う罪人のような切実な思いで、ぽっぽは言葉を続けた。
「僕は、あなたのことが、」
「ちょおおおっっっと、待ったあああっ!!!」
闇を切り裂く男の野太い声。
植え込みからまろび出て来たのは、橋本龍太郎であった。

546 :無党派さん@寝不足:2001/06/20(水) 02:26
「は、は、は、橋本さんっ!」
ぽっぽはたまげて腰を抜かしていた。腰を抜かしたぽっぽを橋本がいぶかしげに見る。そりゃそーだ。
「その声は、鳩山君か!」
「な、な、何ですかこんな時間に一体!」
「君こそこんなところで何をしているっ」
「それはこっちの台詞ですよっ。第一そんな大声で非常識な」
「大声はお互い様だろう。見なさい、純ちゃんがびっくりしてるじゃないか」
急に名前を呼ばれ、フリーズしていた純一郎はようやく我に返った。
「橋本さん、…何かご用ですか?」
純一郎はちょっと冷たかった。橋本は小泉にとって邪魔だった。優しくする理由などないのである。しかもこんな時にしゃしゃり出てきて…。
こんな時?
どんな時だというんだ?
純一郎はさきほどのぽっぽとのやり取りを思い出していた。
顔を紅潮させ、何かを伝えようとしたぽっぽの。
「純ちゃん!」
自分を無視して何ごとか思案している小泉に、橋本はいらいらした。
「あなたにその名で呼ばれたくないんですがね」
小泉は思いっきり不機嫌になった。
「私のことも龍ちゃんと呼んでいいんだよ」
「けっこうです」
取りつく島もなかった。

547 :無党派さん:2001/06/20(水) 03:06
無理もないな。橋本はニヒルに笑った。
真紀子を陥れようとした私だ…。

あれは胃の痛くなるような計算ミスだった。
龍太郎はただ、真紀子ひいては小泉内閣の不安部分をそれとなく噂にするだけでよかった。
そして純一郎のほうから助力を求めさせたかっただけなのだ。
だが彼はよこしまな目的に目がくらみ、内閣と真紀子への世間の関心の高さを計算に入れるのを忘れていた。
ちょっとだけ流した話があれよあれよという間に世間に広まってしまい、あわてたのは橋本のほうだった。
しかたがないので釈明記者会見を開いたが、恥の上塗りだったのは御存じの通りだ。
あれ以来、純一郎からはシカトされっぱなしだ。
しかも世間からは笑い者だ。

「橋本さん、小泉さんに話がないのならどいてくれませんか」
感慨に耽る橋本に、ぽっぽが冷たく言った。

548 :無党派さん:2001/06/20(水) 07:33
「そーゆー言い方はなーいだろう?」
龍太郎の顔は笑っていた。
歌舞伎の女形のように優しい顔だ。
騙されてはいけない、ぽっぽは思った。
龍太郎は顔は笑っていても、自分のことを脅しているのだ。

549 :無党派さん:2001/06/20(水) 07:41
そして今、再び龍太郎は自宅でくつろいでいた。
ペイズリー柄のガウンを着ていたが、その襟元はきちんと整えられていた。
彼はパイプをくゆらせながら、堅く閉じていた目をゆっくりと開いた。

人を愛するとは、せつないことだなぁ・・・・

龍太郎は自分の台詞に酔った。

550 :無党派さん:2001/06/20(水) 07:45
一方、純一郎とぽっぽは、人目を忍び官邸の庭の茂みの中にいた。

551 :無党派さん:2001/06/20(水) 07:56
二人はただ立ちつくしていた・・・・
二人をさえぎる物はもう、今はない。

二人はただ見つめ合っていた・・・・

552 :無党派さん:2001/06/20(水) 08:52
あげ

553 :無党派さん:2001/06/20(水) 08:58
「ジャ、ジャンケンでも…どうだろう?」
何を言うべきか解らなくなってしまったぽっぽの口から突いて出た言葉に、
純一郎は僅かに目を細めた。
自らの混乱を恥じ入るぽっぽの胸中に、後悔の念が湧き上がってくる。
だが、意外にも純一郎は首を縦に振ったのだった。
「ジャーンケーンポン!あいこでしょ!
 ジャーンケーンポン!あいこでしょ!
 ジャーンケーンポン!あいこでしょ!………………」
二人の声は、途切れることなく何時までも辺りに響いていた。

554 :あげ:2001/06/20(水) 09:07
ぽっぽの限り無く無垢な愛に感動しました。

555 :無党派さん:2001/06/20(水) 09:43
いったいどれ程の時が流れたのだろう。

純一郎とぽっぽは、ただひたすらジャンケンをやり続けていた。

「ぽ、ぽっぽ・・・はぁ、はぁ・・・もう終わりにしないか?はぁはぁ・・・」

純一郎が肩で息をしながら言った。

ぽっぽは、やはり肩で息をしながら言った。

「じゅ、純ちゃんて・・・はぁはぁ、本当に、はぁはぁ・・負けず嫌い・・・

556 :無党派さん:2001/06/20(水) 09:46
・・なんだね!はぁはぁ・・・

・・・ボクはそんな純ちゃんが好きでたまらないんだっ!!」

557 :無党派さん:2001/06/20(水) 09:52
一瞬にして、世界は時を止めた。
ぽっぽはグーを、純一郎はパーを出したままだった。
純一郎の指がかすかに動いた。
指はぽっぽの唇に触れた。
純一郎は言った。

俺の勝ちだよ、ぽっぽ・・・・

558 :無党派さん:2001/06/20(水) 09:54
純一郎の指はぽっぽの唇をなぞり、その頬を優しく包んだ。

559 :無党派さん:2001/06/20(水) 10:00
ぽっぽは目を閉じた。
期待と不安で心臓が弾けてしまいそうだった。

純一郎の唇がぽっぽの耳に触れた。
ぽっぽはいっそう固くめを瞑った。

純一郎は掠れた声で囁いた。

560 :無党派さん:2001/06/20(水) 10:02
ぽっぽは目を閉じた。
期待と不安で心臓が弾けてしまいそうだった。

純一郎の唇がぽっぽの耳に触れた。
ぽっぽはいっそう固く目をつむった。

純一郎はかすれた声で囁いた。

561 :無党派さん:2001/06/20(水) 10:06
もしもの時は・・・その時は俺の骨を拾ってくれ。

562 :無党派さん:2001/06/20(水) 10:11
それだけを言い残すと、純一郎はきびすを返し、
再び官邸に吸い込まれていった。
彼は一度も振り向かなかった。

563 :無党派さん:2001/06/20(水) 10:14
純一郎の背中を見送るぽっぽの瞳から、一筋の涙が流れた。
それは哀しみの涙なのか、喜びの涙なのか。ぽっぽには解らなかった。
いや、その相反する二つの感情が混ざり合った涙なのかもしれない。
純一郎の背中が見えなくなると、ぽっぽも踵を返して官邸を後にした――党本部へ向かう為に。

564 :無党派さん:2001/06/20(水) 10:24
週が明けた。いつもと変わらぬ日々を送るぽっぽ。
だが、衝撃は週末に訪れた。党本部でくつろぐ彼の元に、血相を変えた菅が現れた。
彼の手には一冊の写真週刊誌が握られている。それを、叩き付けるようにぽっぽのデスクに置く菅。
菅は吐き捨てるように、見開きを見てみろと言う。
嫌な予感が、ぽっぽの背中を駆け上がる。意を決してその頁を開くと、
そこにあったのは、官邸でのジャンケンの後、ぽっぽの耳元に囁きかける純一郎の姿と、
それに聴き入るぽっぽの姿だった。写真には、扇情的な煽り文句が付け加えられていた。
「どういうことなんだ!これは!」
菅の声が党本部に響き渡った。

565 :永田町連続小説愛読者:2001/06/20(水) 10:27
純さまの長い指が・・・・・・読んでて鼻血でてきました。(’∇’)イイ!

566 :無党派さん:2001/06/20(水) 10:32
総理大臣就任以来、初めてのスキャンダル発覚に、
純一郎は今までにない程の苦境に立たされることになった。

567 :無党派さん:2001/06/20(水) 10:51
国会は荒れた。
辻元議員は「総理!答えて下さいよ!総理、総理、総理・・・・!!!」
「総理!」の78連発で記録を一気に更新した。
しかし純一郎は、ひるまず、恐れず、とらわれなかった。

568 :無党派さん:2001/06/20(水) 10:54
都議選立候補者の応援のため、純一郎はその日も区部を回っていた。
しかし、あの写真週刊誌の影響だろうか、聴衆の反応が今ひとつのように思われた。
それでも熱く語り終え、移動の為の車に乗り込もうとした時だった。
若い男の叫び声と共に、何かが純一郎の後頭部に直撃した。ぬるりとした感触のそれは、生卵だった。
若者は一声叫ぶと、人ごみの中に消えた。
「ホモ総理は辞めろ!」

569 :無党派さん:2001/06/20(水) 10:58
今まで純一郎は、国民の羨望と賞賛の拍手の中にいた。
が、今は罵声と野次の嵐の中にいる。

570 :無党派さん:2001/06/20(水) 11:01
しかし純一郎は動じなかった。
彼は冷静な人間だった。

571 :無党派さん:2001/06/20(水) 11:03
動じていたのはぽっぽだった。
どうすればいいか解らず、党の幹部達と話し合いの場を持った。
その場で菅の口から出た言葉に、ぽっぽは凍り付いた。

572 :無党派さん:2001/06/20(水) 11:23
純一郎は日に日に追いつめられていった。

573 :無党派さん:2001/06/20(水) 11:38
純一郎はそそりたつ断崖絶壁に、一人立たされていた。
眼下には真っ黒な海がうねり、飛沫を上げて崖を叩いていた。

もう一歩も引くことはできなかった。

このまま、突き落とされるのを待つよりは、いっそこの身を
投げてしまおうか・・・・

その時だった。
純一郎の脳裏に、ぽっぽの怯えたような顔が浮かんだ。

さよなら、ぽっぽ。楽しかったよ・・・・

そう呟くと、純一郎は荒れ狂う海へと一歩足を踏み出したのだった。

574 :無党派さん:2001/06/20(水) 11:46

誰だ?誰が私を呼んでいるのだ?

混沌とした闇の世界で純一郎は問うた。

誰かが純一郎の体を揺すり続けている。

純一郎は薄く目を開いた。

秘書の飯島の心配そうな顔がそこにあった。

純一郎は長い長い悪夢を見ていたのだった。

575 :無党派さん:2001/06/20(水) 11:49
「先生!早く起きて頂かないと、党首討論の時間ですよ!」
飯島はそう言うと、まだ状況を飲み込めない純一郎を急き立てた。
夢だったのか?何もかもが? 純一郎は思い頭を振りながら飯島に問うた。
「あの週刊誌はどうなった?」
だが飯島はぽかんと口をあけた後、寝惚けるのもいい加減になさって下さいとだけ答えた。

576 :無党派さん:2001/06/20(水) 11:50
 ムシャ
ムシャ ∧_∧ ジュル〜     モグモグ ∧_∧ パク
    ( ・∀・) __∬__ ∬ ∬∬  __∬__ (・∀・ ) パク
     ( つ つ\_/σσσσσσγ\_/⊂ ⊂ )
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

 

             ┌───────┐
             │ ┌────┐ │ ドンドンドン!
             │ └────┘ │
             │           ◎ |
             │              │
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧_∧  どなたですか〜? ∧_∧  
      ( ・∀・)∬    (○)   ∬(・∀・ )
      ( つ\_/     ヽ||/   \_/ ⊂ )
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

577 :無党派さん:2001/06/20(水) 11:52
よかった!これで出かけられる・・・・
いってきまーす!

578 :無党派さん:2001/06/20(水) 11:52
純一郎は、写真に撮られたあの日付けと時間を口にした。
これが夢でないなら、その時は官邸においででしたと飯島は答える筈である。
だが、飯島は忙しそうに立ち働きながらこう言うのだった。
「その日のその時間は、国会で閣議に出ておられました。お忘れですか?」

579 :無党派さん:2001/06/20(水) 12:04
「間違いないのか?」小泉は尚も飯島に問うた。「その時間には官邸にいたはずだが」
「間違いありません。お疑いならご自分の手帳をご覧になって下さい」
そう言われ手帳を開く純一郎。ぽっぽと官邸の庭で会い、ジャンケンをしたあの日付を見る。
そこには間違いなく「閣議」の文字が。そしてそれは、確かに純一郎自身の筆跡だった。

580 :無党派さん:2001/06/20(水) 12:10
誰だ、こんな流れにしたヤツは!!
森は朝から「森さん、そようなら」を読むはずが、このスレッドをすべて読んでしまい、あまりの展開に涙した。

581 :無党派さん:2001/06/20(水) 13:09
今日の党首討論でまた新たなドラマが生まれるのか…
期待age。

582 :無党派さん:2001/06/20(水) 13:46
「多分合成写真か何かでしょう。私も詳しいことは知りませんが、
最近のは相当精巧に出来るようですよ」
「そうなのか? とは言えしかし・・・」
普通なら閣議は官邸でやるはずだ。・・・或いは国会審議中で
閣僚たちがほぼ国会に来ていたから、国会でやることにしたのかも
知れない。
「ですから、悪趣味ないたずらとして無視してください。
後はこちらでどうにかします」
「そうか・・・すまんな」
そう言うと、純一郎は党首討論に出るために官邸を後にした。

583 :無党派さん:2001/06/20(水) 14:56
議員板が「じゅんたん萌え板☆」になってる…

584 :無党派さん:2001/06/20(水) 18:19
今日の党首討論なんだけど、ネットで見れるところないですか?
中継見れなかったもんで。テレビはおいしいところ(ワタシテキに)カット
しちゃっててだめなんです。

585 :無党派さん:2001/06/20(水) 18:21
>>584
小泉さえ映ってれば話の内容はどうでもいいのか?

586 :無党派さん:2001/06/20(水) 18:26
>>585


587 :無党派さん:2001/06/20(水) 18:29
>>584
ぽっぽさんとの討論部分なら、そのうち民主党のサイトにアップされると
思う。

588 :無党派さん:2001/06/20(水) 18:31
>>587
どうもありがとう!

589 :584:2001/06/20(水) 18:32
討論なんかいいから小泉さんの格好いい顔をいっぱい映して欲しい、
と言うのが身近にいるもんで、そういうことかと思った。>>584ごめんよ。

590 :無党派さん:2001/06/20(水) 19:00
あのじゃんけんは罠だったのか。
今日も飯島の計らいとはいえ、白昼の公邸で思いのほか深い禅定にとらわれ、
いまだ見当識が十分に戻らぬまま党首討論に臨んだ純一郎は戦慄した。
あるときは喘ぎ、あるときは涙目で、おずおずと自分への愛を告白するしか芸のなかった
ぽっぽが、手兵の威力をちらつかせてまでここまで攻めてこようとは。
選挙が近いから、というのはその理由の半分にもならないだろう。
あのじゃんけんが、あの自分の一言が、ぽっぽをここまで逞しくしてしまった・・・

そうなのだろうか、いや、そんなはずはない・・・
困惑は打ち消すのみだ。純一郎はとりあえず悪役に徹することにきめた。

591 :無党派さん:2001/06/20(水) 19:52
>>585

>>585


このスレに書き込むのに、ネタになる部分がほしい、ということです。

>小泉さえ映ってれば話の内容はどうでもいいのか?

そうともいえます。だからあやまらなくていいです。

592 :無党派さん:2001/06/20(水) 20:33
あげ

593 :無党派さん:2001/06/20(水) 21:55
純タン・・・(;´Д`)ハァハァ  いくーーーーーー。

594 :無党派さん:2001/06/20(水) 23:19
純たん!テレホあげ〜〜

595 :無党派さん:2001/06/21(木) 00:03
純情乙女ぽっぽあげ!

596 :無党派さん:2001/06/21(木) 00:20
なんか話があっちこっち飛んでるんだけど
どーいう方向へ行くのだ?この連載

597 :無党派さん:2001/06/21(木) 00:36
だいたい作家は何人いるのだ?
これは同じ人だなって書き込みはいくつかわかるけど

598 :無党派さん:2001/06/21(木) 01:48
続き期待あげ!

599 :無党派さん:2001/06/21(木) 03:42
構造改革という見出しだけ派手で具体的計画は白紙の男、小泉純一郎。
見出しは派手だけど本文は内容が無いってなんだか週刊誌みたいな奴だね。

600 :無党派さん:2001/06/21(木) 05:20
>>599
>見出しは派手だけど本文は内容が無いってなんだか週刊誌みたいな奴だね。

それはそれでけっこう素敵かもと思ってしまった(藁

601 :無党派さん:2001/06/21(木) 06:26
とりあえず、おはよう!

602 :無党派さん:2001/06/21(木) 06:27
と、純一郎は言った。

603 :無党派さん:2001/06/21(木) 06:33
純一郎は不機嫌だった。
前途多難、すべてが八方塞がりだった。
彼は無意識で煙草の箱に手を伸ばした。
一本を抜き取り口にくわえた。

604 :無党派さん:2001/06/21(木) 07:34
火のついていない煙草をくわえたまま、
右手の人さし指で神経質そうにデスクを叩く。
コツコツという音が次第にゆっくりになる。

(だめだ・・・・それではだめだ・・・)

605 :無党派さん:2001/06/21(木) 08:04
頭の中では、次々に方策が浮かんでくる。それは良い考えのように思えて、
その実何の役にも立ちそうも無いものばかりだった。
純一郎は苛立たしげに首を振ると、立ち上がり大きく伸びをした。
体だけでなく、自らの精神も軋みを上げているように感じられた。
口元を歪めて苦笑すると、彼は懐から携帯電話を取り出した。

606 :無党派さん:2001/06/21(木) 08:48
「スーパーアイダホのMサイズと、コーラを」
純一郎は渋い口調でオーダーを入れた。
プツン…
携帯を切ると、デスクにひじをついて頭を抱えた。
はあああああっっ…。
彼は深い深いため息をつく。

607 :無党派さん:2001/06/21(木) 09:05
「はい。・・・はい。わかりました。」マキコは電話を切った。
急いでハンドバッグからコンパクトを取り出すと、念入りに化粧を直した。
彼女のスケジュールは超多忙をきわめていた。
睡眠すらままならない日々だ。
しかしマキコは女としての自分が、再び花開きかけているのを感じていた。

608 :無党派さん:2001/06/21(木) 09:19
マキコは純一郎の呼び出しを受け、彼の執務室の前に立った。
退出する福田官房長官とマキコはすれ違った。
純一郎が「康夫さん」と親しげに福田を呼んだのを
彼女は聞き逃さなかった。
心の中で嫉妬に火がついた。

609 :無党派さん:2001/06/21(木) 09:33
純一郎の話を外務大臣として聞く一方で、マキコは考えている。
自分は純一郎を“男”として欲していると。
純一郎の喉に目をやる。
ワイシャツの第一ボタンが外され、ネクタイが少し緩められている。

610 :無党派さん:2001/06/21(木) 09:41
上着は着ていない。
純一郎が呼吸をするたびにその胸がわずかに上下する。
マキコはその白いワイシャツの胸に手を置きたい衝動にかられた。

611 :無党派さん:2001/06/21(木) 09:50
マキコの手が、ゆっくりと純一郎の方へ向かって伸びてゆく。
ふと、純一郎の声が止んだ。
マキコは我に返った。

612 :無党派さん:2001/06/21(木) 09:58
純一郎は一瞬訝るような顔をしたが、
「・・・ということだから、後は貴女がよく考えて。任せるから。」
と、言葉を結んだ。
マキコは「はい。そういたします。」
と返事をした。

613 :田無限:2001/06/21(木) 10:57
詐欺罪7年<告発>●北川正恭●<<津地方裁判所>>
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mayor&key=992825056

614 :無党派さん:2001/06/21(木) 13:19
ぽっぽ×純対決ドラマ続き希望age

615 :無党派さん:2001/06/21(木) 15:38
ぽっぽは真剣だった。
しかし自分が党首としての責任を果たそうとすればするほど、
純一郎の心が自分から離れていく様な気がする。
何という因果な宿命なのだろうか。
(ボクの気持ちはまったく変わってはいないのに。)
おもわず涙がこぼれそうになり、あわてて上を向くぽっぽなのであった。

616 :無党派:2001/06/21(木) 17:08
民主党の会議室。ネックストキャビネットの面々が政策論争を繰り広げている。
しかしポッポの心は虚ろだった。昨日の党首討論の事を思い出していた。
「天下り禁止法案」の事に触れた途端、純一郎の顔が真剣になった。
「本気で天下りを無くしたいなら、本気で特殊法人、公益法人を改革したいなら、
郵政3事業という本丸にメスを入れないでどうするんだ!!」
純一郎のいう事はもっともだった。自分もそうしたい。しかし党内事情で
それができない。
「私は小泉さんの立場と何ら変わりは無い」そう言うのがやっとだった。
純一郎の刺すような視線・・・・。その後の笑顔・・・・・。
純一郎の色々な表情が交差し、熱っぽくなる自分を感じた。
「おい!どうしたんだ、ボーッとして!しっかりしろ。」
菅の怒鳴り声で我に返った。「ご・・・ごめん」

617 :無党派さん:2001/06/21(木) 17:18
菅は、すっかり覇気をなくした様子の鳩山を見遣り、冷めたコーヒーを一口啜った。
この男もそろそろ潮時だと改めて思う。
幾つかの可能性について頭の中で考えをめぐらし取捨してゆく。
ぽっぽはそんな菅を眺めやり、冷たい予感に囚われるのだった。

618 :無党派:2001/06/21(木) 17:21
あやまるポッポであったが、しかし、どうしても頭の中から
純一郎を消し去ることができない。
「そう言えば・・・」ポッポは嫌なことを思い出した。
党首討論の後、辻元が純一郎に近づき、一冊の本を渡していた。
その本に一枚のメモが挟んであり、それが一部はみ出しているのを
ポッポは見逃さなかった。

619 :無党派さん:2001/06/21(木) 17:48
おもしろい。
こういう現実とシンクロしてるのがいいね。

620 :☆☆☆三文めぐんでくだされ☆☆☆:2001/06/21(木) 18:20
>>616

菅は、この日、6月20日も一日都議選応援。
その後、銀座で飲んでいたのか定かではない。

党首討論はテレビで見ていた。
純たんの鳴き声には感心した。 よくやった!!! 感動した!!!
菅は金もなく大臣の地位もない。努力賞もなにも用意はできない。
テレビに向かって声を掛けるだけである。
一方、同席せず、純たんの大きな鳴き声で鼓膜を破られずに済んで良かったと苦笑した。

ぽっぽと菅は、岡山県北部、旧国名、美作の先祖の時代から
領地をめぐり、時に争い、時に和睦した因縁を現在まで継ぐ。
とのもっぱらの噂であるが(笑)、どちらも小領主であり、
戦乱の世をもたらすものではない。
党首討論の落ち着いた態度のぽっぽを目にし、
菅は、あなどり難しと、更に気を改めた。
小沢自由党党首の「委員長終わります!」の声を聞いた頃、
菅は「更に2倍。ドン!」とつぶやきながら、
数日後の大橋巨泉とのマージャン、談笑を思い浮かべた。
弁理士でもある菅は、座興にでもなればと、
自ら特許を取得した古びた発明品「麻雀の得点計算機」を携えて行くつもりだ。
一発芸にしかならないが、うけなかったら、
「はっぱふみふみ!」と意味不明の言葉で応酬する覚悟を決めた。

党首討論の現場にいた菅は、HONDA と共同開発した菅を模したロボットだ。
末端にではあるが、開発者として菅も名を連ねている。
ロボットの名は「ブシモ」。裕福ではない菅にちなみ、
「武士は食わねど高楊枝」からの連想で、
「アシモ」の後継「ブシモ」とした。

「ブジモ」は、純たんには及ばないものの、口達者で、
怒鳴り機能、セク〜ス機能など、人間に匹敵する機能を
装備している。

621 :無党派さん:2001/06/21(木) 18:49
ぽっぽは独り煩悶していた。
あの人は、今日はぼくの目を見ようとはしなかった。
いつもの調子で、銀のたてがみを振り乱して獅子のように叫んだ。
いつものように・・・
選挙制度と言って「首相公選制!」と吠えたように。
具体案をと言って「予算委員会で言えゴルァ」と咆哮したように。
今日も行政改革と言って「郵政事業民営化!」と怒鳴られた。
靖国参拝問題は・・・時間切れ。
あの人は、ぼくの問いかけに正面から答えようとはしない。
「もしもの時は、俺の骨を拾ってくれ」
それはいつなのか?
それともぼくは、最愛の貴方をこの手にかけねばならないのだろうか?
(いや・・・多分負ける・・・)

いっそのこと・・・鳩になって貴方の元へ帰って行きたい・・・。
ぽっぽの視線は、帰巣本能がそうさせるように純一郎の後ろ姿を追い続けていた。

622 :無党派さん:2001/06/21(木) 19:09
ぽっぽがんばれ!age。
展開が気になるよ〜

623 :無党派さん:2001/06/21(木) 19:15

民主党CM案

ポッポが何か草むらで拾ってる姿。
子供「おじさん、何、ひろってるの?」
ポッポ「ライオンの骨だよ」



どうよ?

624 :無党派さん:2001/06/21(木) 19:16
巨泉たんもがんばれ!age。
おいおい。まだ話が展開してないよ〜

625 :無党派さん:2001/06/21(木) 19:22
n

626 :無党派さん:2001/06/21(木) 19:24
ぽっぽじゃなくていいから、純ちゃんの色っぽいシーンきぼーん

627 :無党派さん:2001/06/21(木) 19:26
第1部「国会編」(勝手に命名)がそろそろ終わりで、
次は第2部「戦乱編」かな。国取りならぬ(議)席取り物語。

628 :無党派さん:2001/06/21(木) 19:26
う、マキコに感情移入しちゃったぜ

629 :民主党CM案:2001/06/21(木) 19:27
623の続き

子供「なんでライオンは死んじゃったの?」
ポッポ「…仲間に食べられちゃったんだよ」

アナウンス『こんな不幸は繰り返しません 民主党』

630 :無党派さん:2001/06/21(木) 19:28
えーっ、ずっと恋愛物語でしょ

631 :無党派さん:2001/06/21(木) 19:30
つまらん>629

632 :無党派さん:2001/06/21(木) 19:30
もちろん、基本は恋愛です。二人を取り巻く状況が変わっていくのです。

633 :無党派さん:2001/06/21(木) 19:32
スキャンダルは、けっきょく夢オチだったの?

634 :無党派さん:2001/06/21(木) 19:32
広子をCMにだせ シャーミンと故逸見さんの合成CMもありだろ

635 :無党派さん:2001/06/21(木) 19:40
ま、書いてる本人達も話がどっちに飛ぶかわからない

636 :無党派さん:2001/06/21(木) 19:43
官邸に戻った純一郎は、党首討論の終わりに辻元から手渡された本に視線を落とした。
そこに挟まれた一枚のメモ。それを手に取ろうとして、一瞬の戸惑いを覚えた。
何に苛立ち戸惑うのか自分でも判然とせぬまま、彼はメモを抜き取った。
そこには一言だけ、いかにも辻元らしい神経質そうな文字で書かれていた。

637 :無党派さん:2001/06/21(木) 19:44
>633
夢だった、以外にどんなオチがあるというの?藁。
なんなら話をどこかからひっぱっていって違う方向へいってみたら?

638 :☆☆☆三文めぐんでくだされ☆☆☆:2001/06/21(木) 19:49
>>623

子供「どうして、そんなもの拾うの?」

ぽっぽ「んー。これと、自民党が去年販売していた小泉グッズを
    セットにして、お宝鑑定団のところに持って行こうと
    思うんだ。きっと1億円くらいの値がつくと思うんだ。
    買い手がつけば儲かるぞ。売却したら、そのお金で、
    かつての民主党の同士をもう一度集めたいと思っているんだ。」

子供「すごいね。あ、そういえば家の押し入れの奥に小泉グッズしまって
   あったよ。そろそろ捨てようかと思ってたから。おじさんにあげるよ。」

ぽっぽ「ありがとう。でも、邦夫のところに処分しきれなかった在庫が
    たくさん残っているんだ。数が多くて困っているくらいなんだ。
    気持ちだけ、ありがたく受け取っておくよ。ありがとう」

子供「ちぇっ! ゴミ回収費用が少し浮くかと思ったのにな。バイバイ!」

ぽっぽ「バイバイキーン(藁)。は、は、は、は。近頃の○○はー。
    まあ、しっかりしてて良いことかも知れないな。
    おーい! 京都議定書読んで、ゴミの減量、勉強も頑張れよー(微笑)。」

電線にとまっていたカラスが鳴き出す
   「ギンギンギラギラ、夕日が沈む、ギンギンギラギラ日が沈むー。」
 石原慎太郎から譲り受け、蝶の標本の趣味を投げ出して、邦夫が仕込んだカラスだった。

639 :無党派さん:2001/06/21(木) 19:52
>いかにも辻元らしい神経質そうな文字で
神経質……だったのか

640 :無党派さん:2001/06/21(木) 19:53
民主党CM案

ポッポが何か草むらで拾ってる姿。
子供「おじさん、何、ひろってるの?」
ポッポ「ライオンの骨だよ」
子供「なんでライオンは死んじゃったの?」
ポッポ「…仲間に食べられちゃったんだよ」

アナウンス『こんな不幸は繰り返しません 民主党』

641 :無党派さん:2001/06/21(木) 19:58
「改革に失敗すれば、自民党なんて壊してしまえばいいんだ」
 小泉首相が最近、ブレーンの一人にこう漏らしたという(「日経新聞」19日付)。
いかにも小泉らしい大胆で勇ましいセリフだが、これは見逃せない重大発言だ。

642 :無党派ちょっと口直し:2001/06/21(木) 20:11
チカゲはCM撮影の後、国会内の洗面所にいた。
「国会の女性用トイレ、なんとかしなくちゃ・・・」そう思いながら
ふと鏡を見上げた。「私の女医姿、けっこういけるじゃない。・・そうだ!」
チカゲは自分の思いつきに得意になった。この姿のまま、あの人の所に行こう。
足早に総理執務室に向かった。丁度部屋から出てくる秘書の飯島と出会った。
「総理に急用なの。いいでしょ?飯島さん」「扇大臣、困りますな。次回からは
アポをとってくださいよ。」小さくても一国の主。保守党党首にはさすがの飯島も
逆らえなかった。
「総理・・・・」チカゲは自分でも驚くほどの女っぽい声で純一郎に語りかけた。
「あっ、何かね?大臣。急用でも?」純一郎は驚いた。
「ふふふ・・・いえね、せっかく女医のかっこをしてるから、お疲れの総理の
診察でもしてさしあげようと思って」
「ははは・・・。何だ」チカゲの冗談はいい息抜きになる・・純一郎はいつもの
冷めたような笑みを浮かべた。
「総理、胸を見せて・・・」イスにゆったりと座っている純一郎のワイシャツの
胸元に聴診器を近づけるチカゲ。女優魂で満面の笑顔を作り(これはジョークよ。
ほら、車椅子を押してもらったり、腕を組んだりした時のような)という雰囲気を
作り出してはいるが、その瞳は笑っていなかった。
聴診器が純一郎の胸の触れた。彼の心臓が波打つ音がかすかに聞こえてくる。
「なんだったらワイシャツも脱ごうか?」純一郎は薄い唇の角を少し上げ軽口を叩く。
その瞳は刺すように自分を見ている・・・。吸い込まれそうだ。
チカゲは胸の高鳴りを憶えた。そして、満足感に酔っていた。
「貴方は私のものよ。真紀子なんかには渡さないわ。」

643 :無党派さん:2001/06/21(木) 21:35
ぽっぽにとって党首討論は至福のひとときであるはず・・・だった。
「−−−−!!」質問中だったぽっぽのつぶらな瞳がどんぐりのように見開かれる。
どんぐりの先には純一郎がいた。
いすに腰かけた純一郎は左手を額に当て、その顔は悲しみにみちていた。
そして・・肘掛けにおかれた右手の上には・・塩川の右手があった。
「総理・・・」ぽっぽは声を失った。

ぽっぽの異変に真紀子は気づいた。素早く前方へ身を乗り出す。
「なっ!・・ジジイてめえー」
殴りかかろうとした真紀子の右腕は福田官房長官にがっしりと押さえつけられていた。
真紀子は福田の意外な力強さに驚きつつも福田をにらみつけたが
福田は何事もないかのように真正面を向いていた。

伸晃も事実に気づいていた。だが、真紀子のような行動に出ることができなかった。
先日の竹中の言葉が伸晃にはひっかっかる。
その不安が彼を迷わせていた。

千景はとっさに自分の右腕を純一郎の椅子の肘掛けへとのばした。
だが純一郎の左手はそこにはなかった。

「総理・・あなたは・・・」
ぽっぽが必死の想いで語りかける。
「総理・・・」しかしもはやぽっぽには時間が残されていなかった。
「はとーやまーくんーじかーんですー」
議長の声が無情にも現実を告げた。
ぽっぽはそれでも純一郎に向かって叫び続けた。
「総理!総理ー・・」
「はとーやまーくん、しゅーりょーしてくだーさい」
もう限界だった。
「おわります・・・」
ぽっぽは最後に純一郎を見つめた。純一郎は立ち上がることはなかったが、
口元がわずかに動いた。
「すまない・・」
純一郎はそういっていた。

ぽっぽはあふれる涙を止めることができなかった。

「僕にはあの人の悲しみをいやせないのだろうか。
見ているだけしかできないのか。」

644 :無党派さん:2001/06/21(木) 21:50
大きな子どものお医者さんごっこは続いていた
やせ細った胸板に聴診器をあて男の鼓動を聞いていた
「総理・・・・」
女はつぶやき上目遣いで挑発した
「鴈次郎はいいのか・・・?」
冷めた瞳で夫の事を言われチカゲは少しムスッとした
「あんな人・・・女のあたくしより玉のある女のほうがいいですって。失礼しちゃう・・・あたくしあの人に一度も女性としてみて貰った事なんてないのよ!どうせあたくしは後継ぎを産ますだけの機械よ」
チカゲは女優ばりの声で訴えた
「それともあなたも玉のある女のほうがよろしくって?それとも自分勝手の我儘娘のほうがよろしいかしら?」
冗談ぽく耳元にささやいた

645 :感想:2001/06/21(木) 21:51
あはは!最高!!!

646 :感想:2001/06/21(木) 21:53
イーぞっ

647 :無党派さん:2001/06/21(木) 21:54
ぽっぽが失意の内に退場したあとも対岸では重い空気が流れていた。
「おお。ひんやりしとったので肘掛けかと思うたわ」
そうのたまった塩川は純一郎を解放した。
千景は純一郎の左手を取ると両手で包み込んだ。
「あらほんとー。お人形みたい。」
もちろん千景の視線は真紀子へと向けられている。
「くっ・・」真紀子の腕は福田に押さえられたままだった。
「手が温かいと心が冷たいってよくいいますものね。」
真紀子の精一杯の反撃であったが千景には何の効果もなかった。
「そうね総理の心が温かいのは私が一番よく知ってるわ。」
純一郎の手を捕らえたまま千景はいってみせた。

顔を赤くして唸る真紀子を眺めながら福田は思った。
「そういえばこの人の手も温かいな。」

 

648 :無党派さん:2001/06/21(木) 21:59
カチッ、パシャ。
その時、ドアの向こうでカメラのシャッターが切られる音と
テープレコーダーの音、そして何者かが立ち去る足音がした。
だがそれに気付いた者はいなかった。皆が、己の心の中に渦巻く怪しい思いに翻弄されていたのだ。

649 :無党派さん:2001/06/21(木) 22:28
党首討論が終わりうなだれているぽっぽの前に
一人の男が右手を差し伸べた。
白磁のように白くそして細長い指・・純一郎であった。
「今日はお互いご苦労さんというところかな。」
純一郎の声には先ほどの翳りはなかった。
ぽっぽは少しだけほっとし自らも手を伸ばし純一郎の手を取った。
その熱い答弁のゆえにトントンとリズムを取っていた純一郎の右手は
すこし赤く腫れていた。
「あっ・・ごめんなさい。」
ぽっぽは握りしめていた手を緩めた。
「何ともないよ。君が気にすることじゃない。」
純一郎は笑いながらより強く握りかえした。
ぽっぽはこみ上げるものを押さえながら純一郎の手を包み込むように
左手を添えた。
「無理はしないで下さい。」
そう言って今にも泣きそうなぽっぽに純一郎は優しく微笑み掛けた。
「心配性だな君は。・・だいじょうぶだよ」
純一郎はそう言ってぽっぽの肩を叩いた。
軽く手を振り純一郎はぽっぽのもとを離れた。その背中を見つめながら
ぽっぽは右手を胸元に当てていた。

650 :無党派さん:2001/06/21(木) 22:36
「待ってください!」
ぽつぽは純一郎の背中にむかって叫んだ。

651 :無党派さん:2001/06/21(木) 22:38
ぽっぽがんばれ〜!

652 :無党派さん:2001/06/21(木) 22:43
純一郎が立ち止まった。
振り向こうとするのを制し、ぽっぽは言った。
「振り向かないでっ!!!
ボクを、ボクを見ないで下さい!
貴方の目を見たら、ボクは、ボクはきっとまた挫けてしまう・・・」
純一郎の静かな背中がじっと聴いている。

653 :無党派さん:2001/06/21(木) 22:52
「ボクは、ボクはがんばって・・・います。
ボクは、他の誰よりも・・・貴方に・・・認めて・・ほしい。
貴方に・・・嫌われたくは・・ない。」

654 :無党派さん:2001/06/21(木) 22:57
だから、見ていて・・・ください・・・。
これからの・・・ボクを・・・・。

ここまで言うと、ぽっぽは力がつきてしまった。
純一郎はそのまま無言で立ち去った。

655 :無党派さん:2001/06/21(木) 23:18
純一郎は走行中の車窓から、星を眺めていた。
この移動時間が純一郎にとってのほんのひとときの休息だった。

ふと純一郎は夜空から車内へと視線を戻した。
隣には秘書の飯島がいる。飯島は明日のスケジュールの確認をしていた。
飯島の眉間には皺が寄っていた。
「すまないな」純一郎は声を掛けた。
「なんの。お気になさらずに」
「しかし・・・全く人使いの荒い政治家だよな」
純一郎はすまなさそうにいった。
飯島は笑いながら、どこからか紙袋を取り出し純一郎に渡した。
「そんなことよりも、どうぞ総理。」
「ん?なんだ?」
純一郎が紙袋を開けると中にはハンバーガーが入っていた。
「さいきん総理がどんどんお痩せになってると有権者のみなさんも、
私も心配しています。たまにはカロリーの高いものもお取り下さい。」
そう言った後に飯島は純一郎の表情に気づいた。
「もちろんピクルスは抜いてあります。」
「そうか!」純一郎の顔が明るくなった。

それなりにおいしそうにバーガーを食べている純一郎を見ながら
飯島は少し気になっていたことを語った。
「そう言えば総理はイラストの応募作品を御覧になられましたか?」
「俺の似顔絵のやつだろ。いくつか見たよ。
・・・・もしかしてあれのことか?」
純一郎のいった「あれ」とは一般応募のとある作品のことだった。
パステル調の色使いのイラスト、絵は稚拙ながらも純一郎への
愛が溢れる作品だった。
ただ・・問題は優しくほほえむ純一郎ライオンの肩には
赤い蝶ネクタイのハトが描かれていた。
むろん「ハトはまずいでしょ」ということで没になったのだが・・

「その作者のことなんですが・・」
飯島が切り出した。
純一郎は夜空を見上げた。
「純情なんだよなまったく・・・」
「は?」
「なんでもないよ。ひーみーつ」
純一郎は笑っていた。

・・総理がこんな風に笑ったのは久しぶりだな
飯島もついうれしくなってしまっていた。

656 :無党派さん:2001/06/21(木) 23:33
ところで、ぽっぽの抱く想いなど母の胎内においてきた、とみられがちなCも
当然ながらその場面の目撃者となっていた。
Cは受験生のような眼鏡の奥から純一郎を睨みつけると
質問を書き連ねたB4縦書の紙を握りしめたまま早口でこういうのだった。

「質問に入る前に、今のあなたがたの行動は、まさに閣内不一致そのものではありませんか!」
なんと自民党席からも拍手が起こる有様だ。

純一郎は薄い唇をしばしぎゅっと結び、おもむろに目をあげた。
「内閣の中にもいろいろな意見がある。
我々はその中から最善のものを話し合いをして選択して実行していこうというのであって、
そのどこが閣内不一致なんですか!
我々は改革断行内閣として、一致協力してやっているんですよ!」

吐き捨てるように答えるなり席に崩れおちた純一郎を、失笑と罵声の嵐が襲う。

みんな、なにもしてあげられないぼくがいけないんだ。
みんな、みんな・・・・・・

何事もなかったようにCの長大な質問が始まった。
テレビカメラの死角で、ぽっぽはもっと涙目になっていた。

657 :文体でばれそうな655:2001/06/21(木) 23:50
ねっ・・ねたが切れた・・・

658 :無党派さん:2001/06/22(金) 00:00
いつになったらぽっぽは幸せになれるのかしら・・・。
続きが気になるあげ!

659 :無党派さん:2001/06/22(金) 00:17
この純愛長編小説サイコー!!
続き、キボ〜ン…
すっかり、はまっちゃったわ

660 :愛読者:2001/06/22(金) 00:24
自分もすっかり嵌ってるyo!!
続きはまだかとリロードするのもいとおかし(藁

661 :無党派さん:2001/06/22(金) 00:45
毎日楽しみにしてるよん!
笑い声をこらえるのに必死ですわ。
書いてくださってる方(方々?)がんばってくださいませね〜。

662 :無党派さん:2001/06/22(金) 01:23
>>657
飯島秘書+食べ物ネタ大好き。どうかご健筆を。

663 :無党派さん:2001/06/22(金) 01:42
あぼーんされた「村上春樹的永田町」から移り住んできた作家さん、いる??

664 :無党派さん:2001/06/22(金) 02:27
ぽっぽは少し早い昼食を取るため議員食堂へ向かった
今日はカレーライスにするからオムライスにするか考えてしまう
一日で唯一の楽しみでもある
議員食堂に近づくにつれ食堂内が騒がしい事に気づく
中をそっと覗くとそこには純一郎の姿があった
一国の総理がこんなところで食事をしているなんてどこまでこの人は・・・・・
のんきと言うか平凡と言うか・・・・・・
しかしポッポはここぞチャンスと思い、何気なさを装って食堂に入る
どうやって声をかけようか・・・・
「貴方もここで食事ですか?」
一瞬考えて出た言葉はあまりにも震えていた
「ああ?ここのスパゲティはおしいくて俺好きなんだよ〜♥」
幸せそうな純一郎に愛らしさを覚えてしまう
「お隣よろしいですか?総理?」
すぐに「どうぞ」とかえって来る
隣の席に腰を下ろし「スパゲティー一つ」と店員に頼む
ポッポはカレーのこともオムライスのこともすっかり忘れ純一郎と肩を並べスパゲティーを啜ることに
喜びを感じていた

665 :無党派さん:2001/06/22(金) 02:37
かぼちゃもいいよ。

666 :無党派さん:2001/06/22(金) 02:59
ある日、本会議場を出ようとしたぽっぽを呼びとめる人物がいた。
「ぽっぽさん、少しお話したいのですがいいですか?」
「かぶと虫くんじゃないか……」
ぽっぽの党を離党して、新党を旗揚げした田中甲虫(仮名)だった。

「新党を作ったそうだね。なんていったっけ……ダサい名前の」
心ならずも、嫌味な台詞が口をついて出た。
かぶと虫とは、袈裟掛け(仮名)時代からの同志だったというのに。
「そんなことを言うものじゃありませんよ。だからあなたは人望がないと言われる」
「きみは正直すぎるね」
「それはあなたの欠点でしょ?チャットで言ってたじゃないですか。見ましたよ」
「いたのか!」
「もう少しタイピングを練習した方がいいなぁ」
「そんなことを言いに来たのか?」
「いいえ、あなたに一言だけ言いたかったんです」
「何を?」
「オマエモナー」

<このドラマはフィクションです>

667 :無党派さん:2001/06/22(金) 03:00
「オマエモナー」
その言葉は、2ちゃんねらーであるぽっぽの胸に突き刺さった。
「私には、あなたの後ろにもゾンビが見える。老組という名のね」
「なんだと」
「いや……ゾンビはあなたの方かもしれないな。知ってますか?
ゾンビはもともとブードゥー教の黒魔術師が墓場から蘇らせた『行ける死者』だ。
黒魔術師の操るままに、自分の心をなくし、永久にこき使われるだけの」
「いいかげんにしないか!」
「今のあなたは生きながら死んでいるも同じだ」
かぶと虫は冷たくそう言った。
「結党した時の理念はもう死んでいるのに、あなたは黒魔術で動かされている。
無党派の風は、もうあなたの方へは吹きませんよ。
一頭のライオンが巻き起こす暴風で、その華奢な翼を折られるのがいいところだ。
骨を拾うどころか、骨ごと食われそうな勢いじゃないですか。
なのにあなたは敵の大将に夢中だ」
ぽっぽの白い頬がさっと紅潮した。

<このドラマはフィクションです>

668 :無党派さん:2001/06/22(金) 03:00
「見てましたよ。先週の党首討論……あなた泣きそうだったじゃないですか」
ぽっぽは頭を横に振った。
「内部の敵を斬れない者に外の敵が倒せますか。あなたの政治は結局のところ、
数合せに終始する旧体制から一歩も踏み出せていない」
ぽっぽは、力なく椅子にくずおれた。
身を屈めて口を寄せ、かぶと虫は何事かをささやいた。

ぽっぽは、羽をむしられた鳩のようにうずくまっていた。
かぶと虫の声がまだ耳に残っていた。
(私は……まだあなたをあきらめていませんから)
(私なら、黒魔術からあなたを救えるかもしれない)
ぽっぽは思わず耳を押さえた。
だがその耳には、あの夜の純一郎の唇と、熱い息の感触が生々しく残っていた。
(俺の骨を拾ってくれ……)

(ぼくは……どうすれば良いのだろう)

<このドラマはフィクションです>

669 :無党派さん:2001/06/22(金) 07:47
飯島は悲しかった。
彼は深いタメイキをついた。
窓の外に目をやる。
やりきれない気持ちで一杯だった。
純一郎が側に来て彼の肩を軽く叩いた。

「飯島君、かぼちゃって旨いね。」

それだけを言うと足早に去った。
飯島はがっくりと肩を落とした。

飯島はかぼちゃが好きだった。
しかし、純一郎もかぼちゃが好きだった。
飯島は、しぶしぶ自分のかぼちゃの煮物を純一郎に差し出した。

飯島はタメイキをついた。
そしてつぶやいた。

たべたかったなー、かぼちゃ・・・

670 :無党派さん:2001/06/22(金) 07:59
純一郎は、辻元から渡された例の紙切れを見ていた。
それを持つ手が小刻みに震えていた。
純一郎は紙切れを右手で握りつぶした。
右手の中でそれは固く、小さな固まりとなった。

それには神経質そうな字で、たった一言、こう書かれていた。

“萌えー”と。

671 :無党派さん:2001/06/22(金) 08:07
萌えー? 純一郎は首を捻った。ものみな萌えいずる春、の「萌え」なのだろうか。
だが、その意味を持つ「萌え」ではないように思われた。
では何なのだろう? 背後にとんでもない意味を持つ暗号なのだろうか?
一刻も早く解読しなくてはならない。そう考えた純一郎は、未だかぼちゃのことを考え続ける飯島を呼んだ。

672 :無党派さん:2001/06/22(金) 08:11
「お呼びですか?」
頭の中をかぼちゃでいっぱいにしたまま、飯島は総理大臣の元へ賭け付けた。
純一郎は目を細め、僅かに不機嫌さを滲ませながら一枚の紙切れを飯島に手渡した。
「それを解読して貰いたい」純一郎は溜息を漏らした。「どうやら重大な秘密が隠されている暗号らしい」
暗号? 飯島は驚きを隠そうともせずに紙切れを見遣った。
そこには幾分震えた文字でたった一言だけ書かれていた。

「萌えー」
それが全てだった。

<このドラマはフィクションです>

673 :無党派さん:2001/06/22(金) 09:16
も、萌えー……(笑)

674 :無党派さん:2001/06/22(金) 09:29
部屋のドアを開けた飯島を、純一郎が呼び止めた。
「飯島君、その件は急ぎだ。よろしくたのむ・・・。それから・・・・」

「かぼちゃって、旨いね。」

飯島は再びがっくりと肩を落とした。

675 :無党派さん:2001/06/22(金) 09:30
全身から吐き出したかの如き溜息がつい出てしまう。
飯島は眉根を寄せてメモを凝視した。
これのどこに重大な秘密が隠されているというのか。
途方にくれた飯島は、党本部へと向かうのだった。

676 :無党派さん:2001/06/22(金) 09:57
ぎゃはははははは__(__)ノ彡☆ ばんばん!
って笑い転げていたら、

(^◇^;)  あ
ひとりだったことに気がついた。

677 :無党派さん:2001/06/22(金) 10:03
「なんだインパクって?」

 14日夜、小泉純一郎首相は東京・赤坂のホテルのコーヒーハウスで、
好物のボンゴレ・スパゲティをほおばりながら、
目の前の首相官邸スタッフ「特命チーム」の面々に聞いた。

この記事を読んだ森は、がっくりと肩を落とした。

678 :無党派さん:2001/06/22(金) 10:10
 6日夜。都内のホテルに約30人の当選1-3回の民主党の中堅・若手議員が集まった。
次々に声が上がる。「参院選までは鳩山由紀夫代表を支えるが、
その後は白紙でもいいんじゃないか」

 鳩山氏や菅直人幹事長ら執行部に対し、若手は冷めている。
参院選で惨敗すれば、首脳部交代を求める声も盛り上がりかねない。
「世代交代論だな」。中堅幹部の1人は、しみじみと感じた。

この記事を読んだぽっぽは、震えていた。

ボクはこれからどうなっちゃうんだろう?

こ、怖いよ・・・助けて純ちゃん・・・・・

679 :無党派さん:2001/06/22(金) 12:51
そのときウザ元ウザ美(仮名)は新たなメモを持って小泉(本名)を待ち伏せしていた。
コツンコツン、と廊下の向こうから足音が響いてくる。
「来た!!」
ウザ元はニヤリと笑った。

しっかりと握られたメモには
「純たんハァハァ」
と書かれていた。

<このドラマはフィクションです>

680 :無党派さん:2001/06/22(金) 12:52
ぎゃははははははははははっ

681 :無党派さん:2001/06/22(金) 12:55
辻元が独り胸をときめかせている頃、飯島は自民党本部に到着していた。
手にした手帳の間には、例の「萌え〜」のメモが挟まれている。
エレベーターに向かっていた飯島はふと足を止めた。
一人の男が向こうからやってくる。飯島は思わず身構えた。
元幹事長野中広務が、悠然とした足取りで近付いてきたのだった。

682 :無党派さん:2001/06/22(金) 12:59
「ああ、飯島さん、どうもどうも」
声音だけはにこやかな野中だったが、その細い目には冷たい光が宿っていた。
飯島は、咄嗟に手帳を背後に隠そうとした。見られてはいけない、そんな気がしたのだ。
だが運悪く、手帳を取り落としてしまった。バサッという音とともに手帳は床に落ちる。
挟まれたメモが、ひらひらと野中の足元へ舞い落ちてゆくのを、飯島は呆然と見ていた。
それを拾い上げた野中は、書かれた内容を一瞥し、曰くありげな笑顔を見せた。
「お気をつけなさいよ飯島さん。これはね、あなた、恐ろしいものですよ。民主党もここまでやるとは」
それだけ言い残し、野中は党本部ビルを後にした。
このメモが社民党の辻元から総理に渡されたものであることを知らない飯島は、
呆然とその背中を見送るのだった。

683 ::2001/06/22(金) 13:03
このスレ立てた時は国会中継の最中でした。
「国会中継」スレでは書けないような小泉内閣話をしようと思って立てたんだけど…
あれから小泉さんはどんどん女性ファンが増え、この板の雰囲気もだいぶ変わりましたね。
このスレも思わぬ展開になって、楽しく拝見してます。

ドラマとは関係ないのでサゲ。

684 :無党派さん:2001/06/22(金) 13:54
「辻元議員のやることは、一から十まで全くもってワケがわからんな・・・。
萌えいずる春の萌えー、だろうか?
それとも・・・・?」
純一郎は軽く握った拳を口元にあてがう。
これは彼の考え事をするときのいつもの癖だ。
「よくわからん。が、返事はこれでいいだろう・・・」
彼は白い紙の上に一筆したためた。

恋人を
妻と呼ばれて
面はゆし

「これだな。」純一郎は満足そうに頷いた。

685 :無党派さん:2001/06/22(金) 15:22
一方、辻元は新たなメモを持って小泉を待ち伏せしていた。
切ない想いが彼女の判断能力をにぶらせたのかもしない。
廊下の向こうの足音が、異様に、小走りだということに気付くべきだったのだ。
・・・気付いてさえいれば、これほどに傷付くこともなかっただろう。

廊下の向こうから現われたのは真っ赤に上気したタコだった。

686 :無党派さん:2001/06/22(金) 15:26
飯島は官邸に戻った。野中から聞かされた言葉
――これは恐ろしいもの、民主党が絡んでいるらしい――を純一郎に伝えるために。
萌えー。このたった一言の暗号で、民主党は何をしようとしているのか。
飯島の背中を恐怖が駆け抜ける。純一郎に会い、党本部での一部始終を報告した。
「萌えー、が民主党?」
「野中先生はそう仰られました」
「実は、あの『萌えー』の暗号は社民党の辻元議員に手渡されたものなんだが…
そうか、民主党が関わっているのか」
純一郎は、先ほど書いた辻元への返信を破り捨て、険しい顔で立ち上がった。

687 :無党派さん:2001/06/22(金) 15:31
タコは興奮していた。これで、マキコを潰せる。
自然と笑みが浮かんでくる。鼻歌も出てきた。
♪なんたーってームネヲー♪

688 :無党派さん:2001/06/22(金) 16:09
ムネヲは出さないで欲しい。

689 :無党派さん:2001/06/22(金) 19:51
次は「マンセー」だろうか(笑)

690 :無党派さん:2001/06/22(金) 22:10
タコがマッキーコ様に「逝ってよし!」の紙切れを渡したら大問題。

691 :無党派さん:2001/06/22(金) 23:09
そうね。ムネヲはボツにしましょう(おい)

692 :無党派さん:2001/06/23(土) 03:48
「何かの暗号だとしたら…アナグラムが考えられます」
飯島はおごそかに告げた。
しかり、と小泉はうなづく。
「ではまず、萌えーをローマ字に直して…」
「”MOEEE”でしょうか?」
「そ、そうだな」
もえー。
何度きいても、緊張感のない響きだった。
暗号という言葉の持つ緊迫が微塵も反映されていない。
並べ替えてもさっぱり単語にならない。
第一アナグラムとは、並べかえた前も後も、ちゃんとした言葉になっているべきものではなかったろうか。
しかるに、「もえー」とは。
自分達が検討はずれのことをやっているような予感がし、小泉は戦慄した。
こうしている間にも、民主党のおそろしい策略が着々と自分を追い詰めているのかもしれない。
「M、O、E…」
「やはりこれだけでは、わかりませんね」
「これだけではわからない?」
小泉はふと顔をあげ、飯島を見つめた。
なんだろう?
まさか、またかぼちゃがほしいのかな。
飯島はちょっとさびしくなった。
でも、最近お疲れの総理がそれほど食べたいと言うのなら…。
飯島のつまらない危惧をよそに、彼は何かひらめいたらしく、いきなり立ち上がった。
「そうか、わかったぞ!これは略語だ!」

693 :無党派さん:2001/06/23(土) 07:51
おはよう。

694 :無党派さん:2001/06/23(土) 07:53
と、純一郎はいった。

695 :無党派さん:2001/06/23(土) 07:58
「なっ、なんだとぉーーーっ!!!!」

純一郎は、新聞を床に投げ。頭をかきむしった。
新聞の見出しにはこう書いてあった。

“小島奈津子アナ電撃結婚!”

696 :hideomi:2001/06/23(土) 08:51
国民に痛みを伴う構造改革。皇室にも当然痛みを!伏魔殿と化した宮内庁の廃止
というより何で皇室を国民が養わなイカンの?
皇室養う金で大量に発生した自殺者の遺族の保証、ホームレス救済。こっちのほうが
日本には大切なこと

697 :無党派さん:2001/06/23(土) 09:06
>>695 結婚おめでとう。河原乞食同士で末永く。

698 :名無し:2001/06/23(土) 10:39
純一郎は沖縄に向かう飛行機の中にいた。窓から下を見下ろすと一面に青い海が広がっている。
「生き物地球紀行」ファンの純一郎は、その番組に登場したさまざまな海中生物を思い出していた。
「人間以外の生物はいいよな・・・。文句を言わない。どこまでも謙虚だ。」
ふう・・とため息がもれた。そして今日のハードすぎるスケジュールを考えた。
沖縄で慰霊祭に出席の後、東京で都議選の最後の応援演説か・・・何を話そうかな。
ふとポッポの丸い顔が浮かんだ。度々ポッポの顔を思い出す最近の自分に少し
困惑したが、表面上はいつもの冷静さを装った。周りを見回す。近くに座っている
秘書の飯島はいびきをかいて眠っていた。「彼もよほど疲れているんだろう。
ご苦労さん」心の中で飯島に礼を言う純一郎であったが、頭の中にはまたもや
ポッポの顔が浮かんでいた。と同時に、もと社会党のドン、横路の四角い顔も浮かんだ。
「どうしたんだ、ポッポ。最近の君は横路くんに引っ張られすぎている。
もっと自分の主張を貫くべきだ。そしてそれは私の主張に限りなく近いはずだ。」
党内事情で仕方がない所はあるだろうが、それにしてもあまりにも「自分」というもの
を殺しているポッポのことを考えると、胸が痛む純一郎であった。

699 :無党派さん:2001/06/23(土) 11:38
一方、東京では純一郎と飯島がひそかに招集した暗号解読プロジェクトの面々が
侃々諤々の議論を続けていた。
「MOEは略語ってことでいいんですか?」
「Murder of Economy ではないでしょうか。つまり、竹中大臣のいわゆる
『骨太の方針』は経済の殺人である、という」
「骨太ってのは逝印の『毎日骨太』を連想させてイヤですよね」
「いや、Most Oracular Economy かもしれませんよ。最も賢明な経済」
「Oracular ってあまり見かけない単語ですよね」
「Oで始まる単語がそれくらいしか見つからなくて……」
「それは解読とは言わない。(^-^;」
「いや、そもそも重要なことを見落としていませんか。辻元は関西人ですよ。
当然暗号も関西弁で書くはずだ。つまりこれは、Mattaku Omaera Eekagen ni sei
の略ではないでしょうか」
「わざわざ暗号にするほどでしょうかねぇ……」
「しかし民主党がからんでいるという情報もあるんでしょう。民主党といえば
参院選に大橋巨泉を出すそうじゃないですか。Minshutou Ohashi と来て……」
「E は何だ」
「E で始まる大物候補の隠し玉がいるのでは!?」
全員の表情が緊張した。

700 :無党派さん:2001/06/23(土) 11:43
>>Mattaku Omaera Eekagen ni sei
めちゃワラタ

701 :無党派さん:2001/06/23(土) 11:46
ぽっぽは・・・また泣いていた。

頑張るから、これからのボクを見ていて・・・

純一郎の背中に向かってそう言ったばかりなのに、

今はもう、涙が溢れて止まらない。

そんなぽっぽを蔑むように見ていた菅が、追い打ちをかけた。

「まったく、そんなお前のどこに惚れたんだ?純ちゃんは・・・」

「じゅ、純ちゃんを悪く言うな!悪いのは・・・悪いのは・・・」

「お前だな、どう考えても。」菅はどこまでも辛辣だ。

が、しかし菅もまた、追いつめられていた。

どうあがいても、純一郎は自分のものにならない。

最後の手段を彼は選んだ。

ある男との関係を純一郎に見せつけ、自分の存在を示すのだ。

この際、自分の好みを、どうこう言ってはいられない・・・

菅はその男の大きな顔を思い浮かべ、憂鬱になった。

702 :無党派さん:2001/06/23(土) 11:50
巨泉か・・・・

少し、辛いな・・・

703 :あのー:2001/06/23(土) 11:53
民主党(M)、大橋(O)、E関係(E)だったりして・・・

704 :おおはしきょせんの的:2001/06/23(土) 12:08
はっきり言っては小泉あきた。
もうキャッチフレーズいらん。

705 :無党派さん:2001/06/23(土) 13:44
>>699の続き

「しかし、そもそも、何故社民党の辻元議員が、民主党の動きを総理に告げる?」
プロジェクトメンバーの一人の何気ない言葉に全員がはっと息を飲んだ。
その疑問はあまりにも当然であり、ゆえにこれまで誰の脳裏にも思い浮かばなかった。
「飯島さんによれば、野中氏が、この『もえー』は民主党の仕業だと、しかも恐ろしいことだと語ったそうですが」
別のメンバーが恐る恐る口を開いた。全員が黙り込み、震える文字で綴られた「萌えー」の一言を凝視した。
民主党と、社民党。民主左派と社民の間で何か密約が取り交わされたのだろうか。
それが野中の耳に入ったというのか?
これは大事(おおごと)になる。その場にいた全員がそう感じていた。
おりしも明日は都議選の投開票日。総理の帰京を待ち、これまで出された意見を具申せねばという意見で落ち着いたのだった。

706 :無党派さん:2001/06/23(土) 14:07
一方沖縄の純一郎は・・・・
梅雨も明けさわやかな風が彼の顔を撫でていた
「来る時はまだ梅雨明けしないか心配していたけど、明けてよかったよ〜」
忙しい東京を抜け出してすこしほっとしている
「ちゅらさん見ていてどうしても沖縄行きたかったけどこういう形でも嬉しいよ」
マスコミにも楽しそうに答えている
純一郎は今日の日程を終わらせホテルに向かおうと車に乗り込もうとしたとき
数メートル離れた先に管の姿を見つけた
プライベートで来ているのか周りに報道陣の姿は無い
管は誰かを待っているのかあたりをキョロキョロ見回している
待ち人が来たのか管は大きくてを振った。純一郎もつられるように手を振る方向を見た。
そこには純一郎も知る男がいた。

707 :無党派:2001/06/23(土) 14:08
民主党(M)、大橋(O)、江頭25:00(E)
じゃない?次に民主党から立候補するのは江がチャン?

708 :フオナ゙ヌノ、オ、 :2001/06/23(土) 14:28
>>705、ホツウ、ュ」ツーニ。ハナヤオトチェコヌク螟ホ、ェエ熙、、ホ、ソ、皃ヒニオ「、熙ケ、、ォ、鬘ヒ

オ。ツホ、マケ簀ル、チ、キ。「ソソテ、ホウ、、マ、筅ヲヘ・、キ、、タト、ヒイ筅、ヌ、、、ソ。」
ス羃マコ、筅ネ、、ネ、、ネソエテマ、隍、、゙、ノ、、゚、ヒソネ、ーム、ヘ、ト、ト、「、テ、ソ。」
、ネ。「、ス、ホ、ネ、ュヌセホ「、、ォ、ケ、皃ソ、ホ、マ。「
チーフ。「オラ。ケ、ヒヘシソゥ、カヲ、ヒ、キ、ソツゥサメ、ソ、チ、ネ、ホ、荀熙ネ、熙タ、テ、ソ。」

。ヨ、、、゙。「・ヘ・テ・ネ、ホキヌシィネト、ヌ。「ス网ソ、ヒィ、ィ。シ。「、テ、ニ、ケ、エ、、、、タ、隍ヘ。ラ
。ヨ、筍「ヒィ、ィ。シ。ゥ。。、ス、、マフアシ酣゙、ホア「ヒナ、ク、网ハ、、、ホ、ォ。ラ
。ヨ、ィ、テ。「、ス、、ハ、ウ、ネ、篥ホ、鬢ハ、、、ヌ・皈・゙・ャスミ、キ、ニ、、ホ。ゥ。ラ
。ヨ、ハ、ヒ、クタ、テ、ニ、、、、、タ。ラ
。ヨ・ェ・゙・ィ・筵ハ。シ。ラ

、ス、ホークタ、。「ソョサメ、ャ、ュ、ト、ッ、ソ、キ、ハ、皃ソ、ホ、マ、、、ヲ、゙、ヌ、筅ハ、、。」

、筅マ、莢ヲ、ケ、ツゥサメ、ソ、チ、゙、ヌトケウタェホマ、ヒエャ、ュケ、゙、、ニ、キ、゙、テ、ソ、ホ、ォ。」
、筅テ、ネセワ、キ、ッマテ、、ュ、、、ニ、ェ、ア、ミ、隍ォ、テ、ソ。」ク蟯、ャセヌチ遉クニ、ヨ。」
。ヨネモナ邱ッ。「ーナケ豐ニノ・チ。シ・爨マ、ノ、ヲ、ハ、テ、ソ、ォ。ゥ。ラ

709 :名無しさん:2001/06/23(土) 14:34
うわ、化けた。すまそ・・・
>>705の続きB案(都議選最後のお願いのため日帰りするから)

機体は高度を増し、真昼の海は優しい青に霞んでいく。
純一郎も心地よいまどろみに包まれつつあった。
と、そのとき脳裏をかすめたのは、
前夜久々に夕食を共にした息子たちとのやりとりだった。

「ネットの掲示板で、純たん萌えー、ってすごいんだよね」
「も、萌えー? それは民主党の陰謀ではないのか」
「えっ、そんなことも知らないでメルマガ出してるの?」
「なにをいっているんだ」
「オマエモナー」

その一言を、信子がきつくたしなめたのはいうまでもない。

もはや息子たちまで抵抗勢力に巻き込まれてしまったのか。
もっと詳しく話をきいておけばよかった。後悔が焦燥をよぶ。
「飯島君、暗号解読チームはどうなった?」

710 :無党派さん:2001/06/23(土) 15:50
「けっきょく対決しかないのだろうか」
ぽっぽは「民主党、対決姿勢へ」という見出しが踊る新聞を、脇へ放り投げた。
エールを送ってもつれない、正面から質問に答えようともしない……
もはや自分に残された道は対決しかないのかもしれない。
鳩の丸焼きにされて骨ごと食われてもいい。食われてあの人の血肉になれるのなら……と
そこまで考えてしまったが、まだ気が早すぎる。
強くなりたい。あの人と対等な立場で対峙できるだけの強さがほしい。
ぽっぽの心は千々に乱れ、いつしか彼はメモ用紙に純一郎の似顔絵を描いていた。
そしてその下に一言添えたくなった。
ぽっぽの筆が動いた。
「萌え〜」
それは、詩的ボキャブラリの少ない理系のぽっぽの頭に真っ先に浮かんだフレーズだった。
萌え〜。
末尾が「〜」なのがぽっぽなりのこだわりであった。
(純ちゃん……)
ぽっぽは窓から東京の曇り空を見上げた。
(沖縄は晴れているんだろうか)
ぽっぽの心には梅雨前線が重くのしかかり、ぽっぽのセンスは霧雨のように寒かった。

711 :無党派さん:2001/06/23(土) 16:22
B案がイイ!

712 :無党派さん:2001/06/23(土) 16:32
>>709の続きをば…

「搭乗前に解読チームから連絡がありまして、幾つかの可能性が
考えられるとのことでした。また、ある可能性について総理のお耳に入れたいとのことでした」
飯島の言葉に、純一郎は険しい目付きで頷いた。
そして、首相官邸。暗号解読チームは、幾つかの解読案を提示した上で純一郎に告げた。
「『萌えー』のMは民主党のM、0は大橋巨線氏の0、Eはもう一人の目玉候補であったとしましょう。
すると、何故それを辻元議員が総理に知らせようとしたのかが解せません。
総理、民主党の左派グループと社民党の一部議員が結託しようとしている、という可能性があります」
それが何らかの形で、既に野中の耳にも届いていたのではないか、と解読チームは言う。
目をつぶってそれを聴いていた純一郎は、ぽっぽとの死闘が始まるのだと感じ始めていた。
恐るべし民主党。我が息子たちまで取り込んでいる。このままでは済まさない……

713 :無党派さん:2001/06/23(土) 16:48
萌え〜。
その甘美な響きに、ぽっぽは目を閉じてうっとりした表情を浮かべた。
東京の都議会選挙は翌日に迫っている。
(とりあえず、もう少しじゃんけんに強くならないとなぁ)
純一郎の似顔絵に「萌え〜」と書き添えた紙が、6月の風に吹かれて
デスクの上からすべり落ちる。
ぽっぽの一途な恋心を語るその一言が、その後永田町を震撼させる大事件を
引き起こすことになるとは、この時のぽっぽには知るよしもなかった。

714 :無党派さん:2001/06/23(土) 19:04
番外編 野中、萌えを知る(>>682より)

「お気をつけなさいよ飯島さん。これはね、あなた、恐ろしいものですよ。民主党もここまでやるとは」
飯島にそう言った野中であったが、実は彼も「萌えー」の意味など知りはしなかったのだ。
ただ、飯島が困り果てているらしいことだけは見て取れた。それゆえ、飯島を――つまりは純一郎を
更に困らせようと考えたに過ぎなかった。
そんな野中は、国会内のトイレ前で9月の総裁選について考えをめぐらせていた。ここなら静かだからだ。
だが、その時トイレから一人の男が現れた。自由党党首・小沢一郎であった。
小沢は、都議会選挙戦最終日の今日も都内を走り回っていた。国会内で党幹部等と会い状況確認をした所であった。
こんな所でばったり会っては、無視も出来ない。野中は一応愛想よく声を掛けておくことにした。
「どうも小沢先生。あんまりうちの総理を党首討論でいじめないで頂きたいですなあ」
「いやいや。小泉総理は人気者ですよ。ネット上の掲示板を覗いて御覧なさい。純ちゃん萌えー、ですからね」
「萌えー?」
「つまり、小泉さんかっこいい、小泉さん素敵、そういう意味ですよ。まあ、こちらこそお手柔らかに願いますよ」
小沢が言うと、野中は何やら得心がいったように去っていった。

715 :無党派さん:2001/06/23(土) 19:09
更に番外編の続き

小沢は「純ちゃん萌えー」には何の関心もなかった。
そういえば、と小沢は思う。鳩山党首は確か…。
ぽっぽが純一郎に想いを寄せているらしいことは小沢の耳にも届いていた。
小沢自身は純一郎をそういう目で見たこともなくそのつもりもないが、
参院選での野党の選挙協力に影響が出ない限りぽっぽの片思いを見て見ぬ振りをするつもりでいる。
だが、先ほどの野中の態度には引っ掛かるものを感じる。
しかし、結局小沢は関わりを持たないことに決めた。
彼にとっては、明日の都議選と夏の参院選をどう戦うか、今はそれが懸案であったのだ。

だが、萌えー、の意味を知った野中が遂に動き出す。
そして、野中の動きは本筋に関わることになるのである。

716 :無党派さん:2001/06/23(土) 20:21
野中にはこちょまかと動いてもらわなきゃ!
陰謀をめぐらすときの野中先生萌え〜(W

717 :無党派さん:2001/06/23(土) 21:25
日本政治を揺るがす「萌え〜」萌え(笑

718 :愛読者:2001/06/23(土) 21:40
小沢は2ちゃんねらーだったの?早く続きが読みたーィ。

719 :間奏曲:2001/06/23(土) 22:21
それにしても長い一日だった・・・
頼む、何か冷たくて気持ちのいいものを。

公邸に戻り、疲れ果てた純一郎のもとに運ばれてきたのは
一杯のモエ・エ・シャンドンだった。

720 :愛読者:2001/06/23(土) 22:36
もうクセになりそうな永田町劇場ですが、作者の皆様に
お願いがあります。
どのレスの続編なのか示して下さいませんか?

最近のものだけをカテゴリに分けてみたけど、合ってますか?
わかりにくいのは飛ばしてます、スマソ。
皆でリスト完成させませう!

■「純一郎&ぽっぽ愛の劇場」編
>>649-650 >>652-654 >>656 >>664 >>666-668 >>678 >>698 >>701 >>710 >>713

■「辻元の謎の紙切」編
>>670-672 >>674-675 >>679 >>681 >>684-686 >>692 >>699 - >>705-706(A)
| |--709(B)
|- >>714-715(番外編)

721 :愛読者 :2001/06/23(土) 22:43
うわ、ずれてる。うまくいくかな?スマソ…

■「辻元の謎の紙切」編
>>670-672 >>674-675 >>679 >>681 >>684-686 >>692 >>699 - >>705-706(A)
| |-- >>709(B)
|-- >>714-715(番外編)

722 :愛読者:2001/06/23(土) 22:47
いやーん。何度もすみません。

■「辻元の謎の紙切」編
>>670-672 >>674-675 >>679 >>681 >>684-686 >>692 >>699 - >>705-706(A)
>>670-672 >>674-675 >>679 >>681 >>684-686 >>692 >>699 - >>709(B)
>>670-672 >>674-675 >>679 >>681 >>714-715(番外編)

723 :愛読者:2001/06/23(土) 22:48
一体どの辺からを始まりとすればよいのか遡ってみたけど
>>349からでいいのかな?

724 :無党派さん:2001/06/23(土) 23:09
純一郎&ぽっぽ愛の劇場」編
ぽっぽは疲れた表情をし帰宅した
自室にこもり一人テレビを見る
最近物思いにふけることが多くなり妻とも余り言葉を交わしていない
チャンネルを4に合わせ「ブロードキャスター」を見る
ちょうど今日の演説が流れている
小泉の今日最後の演説が流れる
「純ちゃん疲れてるな・・・声がガラガラじゃないか。休ませて上げたいなぁ。明日官邸に行って膝枕でもしてあげようかな?」
微笑ましく純一郎を見る
自分の演説が流れる、さすが最後の演説ともあって声を張り上げていた
そして純一郎と同じく指を立て振り回している自分の姿を見て失笑してしまう
「夫婦は似るかな・・・」
「あなたーお風呂ですよ」
下から妻の声がする
チャンネル換えどこにも純一郎の姿が無い事を確認すると風呂場へ向かった

725 :無党派さん:2001/06/23(土) 23:18
膝枕ーーー!!ぽっぽの膝枕!!

この連続小説、まとめてどこかに置きたいねぇ(笑)。
ぽっぽv純たん萌えサイトでも作ろうか・・・

726 :無党派さん:2001/06/23(土) 23:50
ティカゲVSマキコ → 純たん
おもろかった

727 :無党派さん:2001/06/24(日) 00:28
この板読み始めてから、今まで何とも思ってなかったぽっぽに
妙な愛を感じるようになってしまった…。
TVでぽっぽの姿を見るたび、胸がキュンとなる。
「純一郎&ぽっぽ愛の劇場」の書き手さん、できれば
ちょっとは幸せな展開にしてね。

728 :無党派さん:2001/06/24(日) 01:01
閣僚達がいっぱい出てくると楽しい!
もちろん現実と合ってる形。
しかも純たん、モテモテ

729 :無党派さん:2001/06/24(日) 01:47
>ちょっとは幸せな展開にしてね。
だんだんここのドラマの「ぽっぽ」というキャラが可愛くなってきました。
まるで少女漫画の古典的ヒロインなんだもの。
内気で不器用で、でも恋愛には頑固なまでに一途で……。
漫画だとヒーロー(純たん)か、陰から自分をそっと見守ってくれた騎士のような
男性とハッピーエンドになるんですけどねぇ。

730 :無党派さん:2001/06/24(日) 07:24
おはよう

731 :無党派さん:2001/06/24(日) 07:25
と、純一郎は言った。

732 :無党派さん:2001/06/24(日) 07:36
安倍晋ちゃんも、育ちの良さが出てると
いうか、上品でいいわ♪

733 :無党派さん:2001/06/24(日) 07:39
メルマガというだけで品位がさがってるって。

734 :無党派さん:2001/06/24(日) 08:17
安倍晋ちゃん萌えage

735 :無党派さん:2001/06/24(日) 08:19
森派、頭はいまいちだけど口は上手い。伊達に政治屋やってない。(藁

736 :無党派さん:2001/06/24(日) 09:27
>>335
から物語が始まってるとおもわれ。

737 :無党派さん:2001/06/24(日) 11:55
>>221
>>225
そもそもはこのあたりから萌芽が見える。 >愛の劇場

738 :無党派さん:2001/06/24(日) 12:03
首相公邸で起床。朝の来客なし。

純一郎はテレビを見ていた。
そして呟いた。

(晋三ってけっこうオレのタイプかも・・・)

が、しかし彼はその後、思いもかけない、
新たな発見をする事になるのである。

それは突然やって来た。
石原伸晃大臣がアップで映った時だった。

純一郎の胸に芽生えた、この甘い疼きはいったい何なのだ?

739 :無党派さん:2001/06/24(日) 12:08
が、それはあやまちだったとすぐにわかった。
次に現れた田中康夫のアップを見た時に…

740 :ヤッシーくん:2001/06/24(日) 12:09
俺もまだまだ捨てたもんじゃないなっ
田中ペログリは>>739を読んでほくそえんだ。

741 :無党派さん:2001/06/24(日) 12:14
年上のカレかあ…とヤッシー田中(仮名)はうっとりし、ため息をついた。
優雅な午後になりそうだ。

742 :無党派さん:2001/06/24(日) 12:59
純ちゃんと伸晃の愛もみたいような気が・・・・

743 :無党派さん:2001/06/24(日) 13:02
この二人だと結構エッチっぽいね。>純・のぶてる

744 :ぽっぽ:2001/06/24(日) 13:36
>>743
ぎくっ

745 :無党派さん:2001/06/24(日) 16:41
「田中真紀子は女の子なの!そして私は男だけどおばさん!」
あのヤッシータナカのインタビューをマスコミは「真紀子にラブコール」と
囃したてていた。しかし、本音は純一郎へのラブコールだったのだ。
純一郎とは趣味があう。ワイン好き、音楽好き、芸術好き、映画好き・・・
共通項をあげればきりが無い。とりあえず今日のサンプロ出演時には
「足元にも及びませんが、小泉さんと私に共通項があるとすれば、それは
一度言った事を変えない事。」と一つだけアピールしておいた。
純一郎はこの放送を見て、自分のメッセージに込められた愛に気がついてくれるだろうか。
ヤッシータナカは午後のひと時シャンパンを飲みながら遠くを見つめた。

746 :無党派さん:2001/06/24(日) 17:21
>>720
少なくとも以下のものはつながっています。
>>443 >>448 >>451 >>457 >>463 >>468 >>471 >>483 >>485 >>491
>>494 >>503 >>513 >>532 >>643 >>647 >>649 >>655

ちなみに私は女学生ではありません。

747 :無党派さん:2001/06/24(日) 17:38
>>745
ぜんぜん違うとすれば体型と見た目だな、とヤッシーの発言を聞きながらノブテルは胸の中でつぶやいた。

748 :無党派さん:2001/06/24(日) 18:47
「おい、ぽっぽもうちょっと偉そうにかまえてくれよ。」
管の言葉にぽっぽはぎこちなく胸を張ってみせる。
「こ・・こうかな・・」
「だめだ、だめだ。ほら・・こう足を組んでどっしりと座るんだ。
そこっ、手はそろえて膝の上におくんじゃない! 肘掛けだ!」
管の指示にぽっぽはもたつきながらも従った。
「いいか、そのまま偉そうにふんぞり返ってろよ。
おまえが党首なんだからな。」
管はため息をついた。
「う・・うん。」
と、ぽっぽは返事はしたものの、なれていない姿勢のせいか
すでにもぞもぞとしている。

今日は参院選の候補者たちが挨拶に訪れる日だった。

「がっがんばってくれたまえ。」
管の鋭い眼光を背中に感じながら、ぽっぽは何とか党首としての
務めを果たしていった。

「最後の一人だ。」
管がつまらなそうに言う。
ぽっぽは気を引き締めてふんぞり返る。

最後の一人が部屋に入ってきた。どこかで見たような男だった。
男はぽっぽの前に立った。
「このたびはどーも。わたくし、須藤“ジュン”いちろうです。」
・・!!
いきなりぽっぽは立ち上がると須藤に殴りかかった。
「ぽっぽ!!やめろ!なにをしてるんだ!」
管がぽっぽを止めようとする。
ぽっぽは倒れた須藤に馬乗りになりなおも殴りつけている。
・・・これがあのおとなしいぽっぽか・・
管は目の前の光景が信じられない。制止するのも忘れてしまった。

「多党の党首をネタにするなんて・・君はなんて恥知らずな
やつなんだ!」
ぽっぽは肩で息をしながら叫んだ。
「君なんかに!君なんかに!・・・」
それだけを言ってぽっぽは部屋からとびだした。

749 :無党派さん:2001/06/24(日) 18:49
>>748 続き

「???」
管と二人、部屋に取り残された須藤にはなにが起きたのか理解でき
なかった。
床に倒れたままの須藤に冷ややかな目をした管が近づいた。
「いったいなんなんですか?」
須藤は管が自分を助け起こしてくれるだろうと思っていた。
だが、近づいた管は上体を起こした須藤の腹に蹴りを入れた。
「がはっ・・」
腹を押さえ苦しむ須藤を無感情に眺めながら管は言った。
「馬鹿が・・ここは民主党党本部だ。くだらん洒落は寿命を
縮めるぞ」
「は・・はい・・もうしわけ・・」
管は深々とソファーにに腰掛けると、足を組んだ。
「ふん・・もういい。それよりも・・順調か?」
よろよろと起きあがった須藤は管の鋭い眼光を受けた。
「・・あの飯島と言う男のガードがなかなか堅く・・小泉に近づくことも
難しい次第で・・」
管の眼光がさらに鋭くなる。須藤は背筋が凍った。
「勘違いするなよ・・バッジはただでくれてやるんじゃない。
おまえは何のためにいるのかをよく考えろ・・・」
「それはもう重々承知しております。」
須藤は深々と頭を下げた。
「消えろ・・」
管はつまらなそうに吐き捨てた。
須藤は自分の方を見てもいない管に一礼すると部屋を後にしようとした。
「待て。」管の言葉に須藤があわてて振り返る。

「調査リストに『鳩山由起夫』を加えろ。」
手札は多いほうがいい・・・

750 :無党派さん:2001/06/24(日) 22:50
なんだかこのスレ見始めてから、テレビに映るぽっぽたんに「幸せになってくれ!」
と声援をおくるのが癖になってしまった。そして純たんに「幸せにしてやってくれ!」
と言うのも・・・。

あーもう、続きが気になるあげ〜!

751 :無党派さん@寝不足:2001/06/25(月) 01:05
都議選は自民圧勝だった。
予想どおりとはいえ、一抹の不安があったのも事実だ。
共産党惨敗はさすがに計算外だったが、この際そんなことはどうでもよかった。
純一郎は疲れていた。
デスクに伏せたまま、身動きもできないほどだった。
このまま死んでしまうのではないかと本気で思った。

…コツン

聞き覚えのある、小さな音がした。窓ガラスに小石が当たった音だった。
まさか。
覚えず純一郎は立ち上がり、窓辺に走り寄った。
今まで動けずにいたのが嘘のようだった。
カーテンを開ける間ももどかしく、彼は窓の外に視線を投げた。
いつかの夜のように、そこにはぽっぽが立っていた。
最初は驚いた顔をしていたぽっぽだが、やがて笑った。
「純ちゃん…」
とても嬉しそうに、大事なその名前を呼んだ。

752 :無党派さん:2001/06/25(月) 01:43
このスレッド、ぽっぽたん健気で可愛いね。

753 :無党派さん@寝不足:2001/06/25(月) 01:45
「おめでとう。圧勝だね。さすが純ちゃんだ…」
「君こそ、なかなかの活躍だったじゃないか」
あの日の党首討論以来、純一郎にとってぽっぽは敵なのか味方なのかすらわからなくなっていた。
色んなことが起きすぎたせいだ。
真紀子の訪米成功、外務委員会での鱸(仮名)と真紀子の見苦しいやりとり、
それに派生した真紀子の失態。
混乱していたのは純一郎も同じだった。
純一郎の冷ややかな様子にもかまわぬ様子で、ぽっぽは答えた。
「がんばったんだ。…あなたみたいにやりたかったけど、やっぱり…無理だね」
口では未練なことを言いながら、ぽっぽは満足そうだった。
調子を崩された純一郎は不意に優しい声になった。
「…こんなところで何をしてるんだ」
「なにって…あなたの顔が見たくなって」
「いつから」
「んー、30分ぐらいかな?時計もって来なかったから、よくわからない」
「30分?」
息を飲む。政治家にとって時間ほど貴重なものはない。特にこんな夜は。
「話があるならなぜ呼ばないんだ。窓の下にいたってどうにもならんだろう」
「だって、純ちゃん疲れてると思って」
小泉は図星をさされ、ムキになった。
「第一不用心じゃないか。記者にでも見られたらどうするんだ」
そんな可能性には思いも寄らなかったのか、ぽっぽはぱあっと赤くなった。
「あ…、そうだね。ごめんなさい」
消え入りそうな声でつぶやき、こちらを見上げる。小泉は慌てた。
「いや、誤らなくてもいいんだ」
こっちも支離滅裂だ。

754 :訂正:2001/06/25(月) 01:49
「いや、誤らなくてもいいんだ」→「いや、謝らなくてもいいんだ」

755 :無党派さん:2001/06/25(月) 03:00
管は苛立っていた
小泉人気の自民党の圧勝とも言える勝利
党首としてのぽっぽのふがいなさ
今の現実
すべてに苛立っていた
部屋を飛び出し2時間ぽっぽは帰ってこない
携帯も「電源が入っていないか・・・」感情のこもらない声が返ってくる
こんな大事な時にどこへ行ったんだ
あいつが行く所・・・・
・・・・まさか?!・・・・
管は落ち着く為席につき顔を抑える
部屋には秒針の動く音だけが響き渡る
なぜアイツなんだ?俺じゃダメのか?お坊ちゃましかだめなのか?
髪をかきむしる
「イライラする・・・何にだ?誰にだ?」
自分に振り向かない小泉にか?
自分の愛の為全てを犠牲にしようとしているぽっぽにか?
あの二人に同等に並べない自分にか?
一瞬錯乱する
深く瞼を閉じる
そして目頭を抑え新しい仮説を口にした
「自分に振り向かないぽっぽにか・・・・?」

756 :無党派さん:2001/06/25(月) 03:03
>>751
キャ〜〜〜!!
続き、続き。
このままじゃ生殺しィ〜!

757 :756:2001/06/25(月) 03:10
>>751>>753
すみません。ちょっと興奮して
我をわすれてしまいました…。
…逝ってきます。

758 :無党派さん@寝不足:2001/06/25(月) 03:49
「1人で来たのかい?管といたんだろう?」
「うん…」
「もう終わったの?」
ちょっとばつが悪そうにぽっぽは首をふる。
「ううん」
「じゃあ、なぜ…」
最後までは聞けなかった。
答えはさっき、ぽっぽが自分から言ったではないか。
『アナタノ顔ガミタクナッテ』
それは彼の真実なのだろう。
しかし後に残された者たちの心中を推し量らずにいられない小泉だった。
なんと思われているだろう。
なんと言われているだろう。
「なにか、怒ってるの」
「そうじゃない。そうじゃないが…」
小泉は右腕を伸ばし、彼の髪に触れた。
「君は…無防備すぎる」
「…」
「あんまり心配かけてくれるな」
そう、純一郎は今、真紀子よりも塩川よりも、ぽっぽのことがいちばん心配だった。

759 :無党派さん@もう寝ます:2001/06/25(月) 04:02
「純ちゃん…」
何かが通じたような気がして、小泉を見上げるぽっぽ。
小泉もぽっぽを見つめている。
不意に純一郎の長い指がぽっぽの顔のあたりまで降りてきて、優しく頬をなでた。
慣れない感触にぴくりとぽっぽの肩が揺れた。
でも彼の瞳は相変わらず優しかったので。
ぽっぽは安心し、おずおずと彼の手に自分の指を添わせた。
一瞬だけ触れた指を放し、けげんな顔をするぽっぽ。
ふたたび確かめるように手のひらを重ねる。
「どうした?」
「…手、すごく熱いよ。熱があるんじゃない」
「そのようだな。この歳で走り回るのは辛いよ」
「なんで言ってくれないの。すぐ帰ったのに」
「だからさ」
「え?」
「帰ってほしくなかったんだ」

760 :無党派さん:2001/06/25(月) 06:11
(番外編・あの人は今)
その頃……。
都議選の結果を、遠い空の下で心配そうに見守っている人物がいた。
かつてぽっぽとともに新党けさがけ(仮名)を結成し、連立内閣で蔵相まで務めたものの、
2000年の総選挙で落選して今は滋賀県で不遇をかこつむーみんぱぱであった。
(ぽっぽ君、最近のきみはいったいどうしたというんだ)
(まるっきり生彩を欠いているではないか)
ぽっぽを気遣うぱぱの気持ちは、父のような思いやりに満ちていた。
都議選の公示日、街頭演説をするぽっぽは、時折声が裏返っていて痛々しかった。
それだけではない。党首討論では涙目で声を震わせていた。
あれはいつの選挙だったか。民主党の候補者名に紅い花を付けながら、
菅とがっちり固い握手を交わしていたぽっぽは、満面の笑みを浮かべていた。
(あの時のきみは、どこへ行ってしまったというのだ)
テレビの画面が変わり、バカボンパパが現われた。
「そもそも、私が鳩山代表とともに自民党を離党したのは……」
その言葉に、むっとするむーみんぱぱ。
「きみは小沢君と一緒に離党したんじゃないか。ぽっぽ君はわしと一緒だったんだぞ」
「それに、ぽっぽ君は省エネスーツは自分には似合わないと言っておる」
ぽっぽの秘めた想いには気づかない、ニブチンのぱぱであった。

761 :無党派さん:2001/06/25(月) 09:24
けさがけ(仮名)のムーミンパパかぁ・・・ああ懐かしいねぇ・・・今は昔の物語になっちゃったねぇ。

762 :無党派さん:2001/06/25(月) 10:23
都議選で「国民の役に立たないのなら、民主党はなくなってもいい」(鳩山氏)
などと訴え続けたことについて、「政権にすり寄るような態度を取ったことが
響いた」(中堅)との反発も出ている。「執行部の戦術ミスは明らかだ」(保守系議員)
との不満がくすぶっている。

763 :無党派さん:2001/06/25(月) 13:10
>>759
「えっ?・・・・」
ぽっぽにはそれが精一杯だった。

ただうつむくだけのぽっぽを純一郎は優しく見つめていた。
「ぽっぽ・・」
純一郎の長い指がぽっぽの顎にかかる。その指に何かがつたい、落ちた。
純一郎は少し強くぽっぽの顔を引き上げた。
ぽっぽは泣いていた。

見上げたぽっぽの瞳に映った純一郎は優しく真剣な目をしていた。
そして、少し悲しそうだった。

ぽっぽがはじめて見る純一郎の表情だった。

764 :無党派さん:2001/06/25(月) 13:12
>>759
「えっ?・・・・」
ぽっぽにはそれが精一杯だった。

ただうつむくだけのぽっぽを純一郎は優しく見つめていた。
「ぽっぽ・・」
純一郎の長い指がぽっぽの顎にかかる。その指に何かがつたい、落ちた。
純一郎は少し強くぽっぽの顔を引き上げた。
ぽっぽは泣いていた。

見上げたぽっぽの瞳に映った純一郎は優しく真剣な目をしていた。
そして、少し悲しそうだった。

ぽっぽがはじめて見る純一郎の表情だった。

765 :無党派さん:2001/06/25(月) 13:18
>>764
すみません二重カキコしてしまいました。

これって削除できるんですか?

766 :無党派さん:2001/06/25(月) 13:23
マジどきどき・・・どきどきする。
ポッポに幸あらんことを祈る。

767 :無党派さん:2001/06/25(月) 13:36
・・・このスレ読んでから、ぽっぽ見ると、発情しそう。
困ったもんだ。

768 :無党派さん:2001/06/25(月) 13:54
>>763
「まったく君は泣き虫だな」
そう言って笑った純一郎はすでにいつもの純一郎だった。
ぽっぽはなぜかほっとしていた。
「えへへ、ほんとだね」
ぽっぽは涙を拭いながら笑って見せた。

「そうだ純ちゃん。僕、のど飴を持ってきたんだ。」
ぽっぽの手のひらには色とりどりの小袋がのっている。
「いろいろあるな。」純一郎は感心したふうにいった。
「純ちゃんはどんなのが好きなのかよく分からなかったから・・」
買い物かご一杯にのど飴の袋をいれたぽっぽの姿が
純一郎には想像できた。
「うーん迷うな。」
実は純一郎はのど飴はあまり好きではなかったのだが、飴一つ一つを
一生懸命に説明するぽっぽの姿が胸に染みる。
「ぽっぽはどれがすきなの?」
「えっ?僕はこのレモン味のやつだけど?」
純一郎はぽっぽの示した飴を2個取ると一つを自分の口に入れた。
「ぽっぽ、口あけて。」
ぽっぽが言われたとおりに口を開けると純一郎がもう一つの飴をいれた。
ぽっぽの唇に純一郎の指が触れた。

「口移しの方がよかったかな?」
純一郎は笑っていた。
「純ちゃん意地悪!」

その飴は甘酸っぱい味がした。



769 :無党派さん:2001/06/25(月) 14:02
>768「口移しの方がよかったかな?」
いえいえ、あくまで純愛・純情路線で言った下さい、ポッポ(藁

770 :またまちがえた:2001/06/25(月) 14:03
>>768
最後のカギかっこはなんでもないです。

またやってしまった・・・

771 : :2001/06/25(月) 14:05
ぽっぽ激ラヴ……幸せになってね(ホロリ

772 :無党派さん@寝不足:2001/06/25(月) 14:34
>>769
そだね

773 :無党派さん:2001/06/25(月) 15:17
昼休み全部使って読んでもたー・・・。
これって主人公純たんじゃなくてポッポたんだよね。
もはやぽっぽ萌えスレ?

774 :愛読者:2001/06/25(月) 16:00
★★★ 2ちゃんねる永田町連続小説 その1 ★★★

とりあえずそれっぽくリストしてみました。補完、訂正お願いします。
リストを書き込もうとしたら本文が長すぎますばっかりで(;_;)、
試行錯誤してます。切れ切れになりますがよろしく。

■純一郎&ぽっぽ
□序章 >>306 >>325 >>335-337 >>340

------ 続きます。

775 :愛読者:2001/06/25(月) 16:24
★★★ 2ちゃんねる永田町連続小説 その2 ★★★
□純一郎&ぽっぽ純愛編
>>349-353 >>357-364 >>377-378 >>386-387 >>389-401 >>403-404 >>409-412
>>419-420 >>429 >>438 >>441-443 >>447-448 >>450-451 >>453-454 >>457
>>460 >>462-464 >>468-471 >>474 >>477-483 >>485-491 >>494-497 >>499-500
-- 続きます

776 :愛読者:2001/06/25(月) 16:26
★★★ 2ちゃんねる永田町連続小説 その3 ★★★
□純一郎&ぽっぽ純愛編 --続き
>>503-505 >>510-514 >>516-520 >>530 >>532 >>535-536 >>541-551 >>553
>>555-564 >>566-575 >>578-579 >>582 >>590 >>601-612 >>615-618 >>620-621
>>643 >>647 >>649-650 >>652-656 >>664 >>666-668 >>678 >>698 >>701 >>710
>>713
-- 続きます

777 :愛読者:2001/06/25(月) 16:30
★★★ 2ちゃんねる永田町連続小説 その4 ★★★
■純一郎&ぽっぽ ---続き
□間奏曲 >>719を狭んで
>>724 >>738-739 >>748-749 >>755 >>758-759 >>763 >>768
---続きます

778 :愛読者:2001/06/25(月) 16:34
★★★ 2ちゃんねる永田町連続小説 その5 ★★★
まだまだ熱い永田町連続小説は続くのだ! 補完訂正おねがいね。
■謎の辻元メモ編(A案)
>>636 >>670-672 >>674-675 >>679 >>681-682 >>684-686 >>692 >>699-706
■謎の辻元メモ編(B案)
>>636 >>670-672 >>674-675 >>679 >>681-682 >>684-686 >>692 >>699-705 >>709-712
■謎の辻元メモ編(番外編 「野中、萌えを知る」)
>>636 >>670-672 >>674-675 >>679 >>681-682 >>714-715
■女医てぃかげ編 >>642 >>644 >>648
■インパク編 >>677

779 :無党派ちゃん:2001/06/25(月) 16:54
>>774
□純一郎&ぽっぽ純愛編
サブタイトルで
「内閣愛憎編」「管の苦悩」
とかもう少しこまかく分けてみてはいかがでしょうか?

780 :愛読者:2001/06/25(月) 17:19
>>779
それも考えてましたが、あちこち話が飛ぶ(W んで様子見ようと思いました。
ソレっぽいタイトル皆さんも付けてください(W

#ここって本文制限は10行なんすかね?

781 :無党派さん:2001/06/25(月) 17:23
純一郎&ぽっぽ純愛編「ぽっぽの独白」

(純ちゃん……なぜあなたは純ちゃんなの?)
(あなたが自民党を捨てるなら、ぼくも民主党を捨てよう)
もちろん、総裁・代表という責任を負う二人にとって、それはあまりにも
無責任な幻想であった。
(だが、政党名に何の意味があるのだろう)
(ぼくたちが構造改革と呼ぶあの政策を、実行する政党がどう変わろうとも、
結果に違いはないはずだ)

782 :無党派ちゃん:2001/06/25(月) 17:36
>>780
本文制限?
改行のことですか?

783 :愛読者:2001/06/25(月) 18:15
>>782
改行というか、書き込みするこの本文の行数です。
作者の方で25行くらいの方もいるのに、当方では10行でアウトに
なるみたいなんですよ。よくわかんないですわ...

784 :無党派さん:2001/06/25(月) 18:31
>>783
ひょっとして、レス番号へのリンクが多いからかな?
見た目は5文字くらいだけど、実際ソース(っていうの?)には
けっこうな文字数が入ることになるでしょ?

785 :無党派さん:2001/06/25(月) 19:14
>「えへへ、ほんとだね」
>ぽっぽは涙を拭いながら笑って見せた。

>「純ちゃん意地悪!」

まずいよ、ここまでくるともう萌えるしかないよ・・・。
純たんもぽっぽも、どうか幸せでいてくれ。・・・・・・とどんなにTVの中の
純たん・ぽっぽに訴えかけようと、無駄なことだが。
てゆーかもう、鳩サブレすらマトモに食べられないよ〜(w

786 :無党派さん:2001/06/25(月) 19:35
「純ちゃんおいしい?」
ぽっぽは無垢な瞳で純一郎を見る
「あぁおいしいよ。こんな美味しいもの食べたのは久しぶりだ。なんでだろう?ぽっぽが持って来てくれたからかな?」
「ぼくもおいしいよ」
二人で見つめあって微笑みあう

787 :無党派さん:2001/06/25(月) 19:38
敵役に菅ちゃん出してください。
マジに菅ちゃん小泉嫌ってるみたいなんだもん。
ライバル意識剥き出し>国会、インタビュー等

788 :無党派さん:2001/06/25(月) 20:00
bookweb.kinokuniya.co.jp/imgdata/large/4807401122.jpg
「萌えー」のメモを渡す辻元の図(ウソ)

789 :無党派:2001/06/25(月) 20:57
菅は空港にいた。アメリカに行く為だ。
「あの男との仲を見せつければ、必ず純ちゃんはこちらを振り向いてくれるはず」
菅はそう信じていた。
「馬鹿なマネはよせ。あんな傲慢な男に君の美しい魂を売り渡すつもりか。」
きっと彼はそう言って引き止めてくれるはずだと・・・・・。
菅は空港中をきょろきょろと見回した。額のほくろに汗が滲む。
しかし、いつまでたっても、どこを探してもあの揺れる銀髪は見つからない。
「こ・・・来ないのか。来てくれないのか、純ちゃん。」
負けず嫌いの菅の瞳にうっすらと涙が滲んだ。
失望の中、彼は飛行機に乗り込んだ。

790 :無党派さん:2001/06/25(月) 21:26
えーなんか菅ちゃん可哀想になってきた・・・。
にしても尾沢くん最近影薄いなと寂しく思ってたら
こんな小説にも存在感の無さって反映されるものなのね。
尾沢くんもっと出して欲しいです。

791 :無党派さん:2001/06/26(火) 00:00
ぽっぽと純たん急に仲良くなったよね。

792 :無党派さん:2001/06/26(火) 00:30
純一郎&ぽっぽ愛の劇場・・・
触れそうでいて、触れない。
それでも君を…、って感じが堪らないっす。
純ちゃんのために、カゴ一杯に飴を買うぽっぽの姿、
今晩、夢見そうダ。はふ〜ん…。

793 :無党派さん@寝不足:2001/06/26(火) 00:37
六月の風の中で見つめあう二人。
もう帰らなくてはならない。純一郎も明日の仕事がある。
でもぽっぽは立ち去れずにいた。
ただ名残惜しくて、このドキドキをもっと味わいたくて…。
ただただこうして二人でいるのが幸せで。
これからどうすればいいのか、どうなっていくかさえわからない彼とぽっぽだったが。
ぽっぽは無理に笑うと、純一郎に話しかけた。
「純ちゃん。また、こんな風に会いたいなあ…」
「ああ」
純一郎はぽっぽの髪をなでた。
「ほんと?また来てもいいんだね?」
「ああ。ただし、今度はちゃんと仕事を終わらせてから」
ぽっぽはくすぐったくて嬉しくて、くすっと笑った。
「はい。わかりました」
答えて、ぽっぽはくるりときびすを返した。足を踏み出した時、純一郎が呼び止めた。
「ぽっぽ!」
振り向くぽっぽ。
「楽しかったよ。ありがとう」
彼は確かにそう言った。

794 :無党派さん:2001/06/26(火) 00:40
都議選、自民圧勝、民主野党第一党に。
みんな純たんとぽっぽが気になるんだね(藁

795 :無党派さん:2001/06/26(火) 00:51
夜、寝る前と朝、起きてここのチェックをするのが楽しみに・・・
おかげでどんどん夜更かし&早起きに?
ここ数日寝不足・・・でも楽しい(w

796 :無党派さん:2001/06/26(火) 01:57
電車の中でうとうとしていたら、女子高生二人が
「つーか、小泉と鳩山あやしくね?」
「超萌えてるよねぇ〜」
とか話してる・・・夢を見た。
・・・悪夢?

797 :無党派さん:2001/06/26(火) 03:01
上げときましょう!

798 :無党派さん:2001/06/26(火) 07:54
このスレにいた他の作家さんは?
いなくなっちゃったんですか?

799 :無党派さん:2001/06/26(火) 07:59
>>790
御澤、存在感あるやん!
萌えー(笑 の謎をあっさりとしかもさりげなく解きほぐす御澤に
萌える…。
しかも与野党巻き込んだ純ちゃん萌えー!を歯牙にもひっかけな
いで選挙戦に心奪われてる。
かっこいい(うっとり

800 :無党派さん:2001/06/26(火) 08:03
>>798
自分は辻元の紙切れ編を結構書いていたんだけど、
1日2日ネットから離れたらもう展開についていけなくなってしまった。

801 :無党派さん:2001/06/26(火) 09:35
私は飯島秘書ネタとか、フェロモン純ちゃんを書いてたんだけど、
やっぱり最近の、ぽっぽ純愛路線についていけなくなってしまった・・・
というか、話をつなげるつもりは最初からなかったので、こうなってくると
なかなか横はいりできないよ。

802 :無党派さん:2001/06/26(火) 10:02
801ですが・・・でも読者として、楽しませて貰っています。
折りがあれば又、飛び入りさせてね!

803 :無党派さん:2001/06/26(火) 10:58
私は辻元ネタと純愛ネタをたまに書いてた
飯島秘書ネタが好きだったんだけど、続きがないのでまたぽっぽ話を書いてしまいました
スマソ
読ませてください >801

804 :無党派さん:2001/06/26(火) 11:00
そうだよ辻元の紙切れはどうなったんだ(藁

805 :有権者:2001/06/26(火) 11:07
新水戸黄門 上映中 出演: 水戸黄門(塩川)
              角さん(田中)
              助さん(小泉)

              極悪人(鈴木、その他)

806 : :2001/06/26(火) 11:10
>>805
いい感じ〜!

807 :無党派さん:2001/06/26(火) 11:25
> 極悪人(鈴木、その他)
これがなんとも…
もちろんタッソも入るんだよね?

808 :無党派さん:2001/06/26(火) 11:27
あーもう、なんで私が入ってないの!!!

805を読んだ辻元が、新しい紙切れを握ったまま叫んだ。

809 :んー:2001/06/26(火) 11:45

NIKKEI NET 記事検索

日付:2001/06/25
参院選へ小泉内閣と対決姿勢強める・菅氏

 民主党の菅直人幹事長は25日午前、22議席を獲得した東京都議選の結果について「大変な小
泉旋風の逆風の中で善戦、健闘した」と強調した。7月の参院選に関しては「経済財政諮問会
議の基本方針は色々な改革が相変わらず先送りだ。民主党が最も重視している雇用問題にきち
んとした臨時的措置が必要ということも全く抜け落ちており、こういう点を国民に理解しても
らえれば十分戦える」と述べ、小泉内閣との対決姿勢を強める考えを表明した。国会内で記者
団の質問に答えた。

810 :無党派さん:2001/06/26(火) 12:02
戦うことでしか君と向かい合っていられないのなら…
管は唇を引き結んだ。
「喜んで君の敵になろう」
だからしっかりこちらを見据えていてくれ。目をそらすな。
他のことなんか考えるな。そんなことは俺が許さない!
必死に拳を握りしめる管の姿は、泣いているようにも見えた。

811 :無党派さん:2001/06/26(火) 13:38
>>801
飯島秘書ネタかなり好きだったー!!
実は密かに再登場を心待ちしてます。
そして本当にこれからどうなるんだろうこの話・・・気になる。

812 : :2001/06/26(火) 14:46
>>803
辻本紙切れネタ、続編キボーン!!
「総理×3」発行記念に是非。

813 :自分も辻元メモ編執筆者だが:2001/06/26(火) 14:56
どこから続きを書けばいいんだろう。
今の所自分が書いたのが最後になってるのだろうか(>>714-715)。
番外編なんてしないで本筋とすれば良かったかも。ややこしくなったし。
まとめてくれた人、有難う。

814 :無党派さん:2001/06/26(火) 15:13
要はこれってボール3つとか4つとかでサッカーやってるようなものではないかと。
ま、Part2に向けて気楽にいきましょ。みなさん得意分野もいろいろあるだろうから。
かくいう自分は思わぬ突っ込みを食らう純ちゃんばかり書いているらしい(w

815 :無党派さん:2001/06/26(火) 15:20
>>803,811を読んで純一郎が言った。
「飯島君、君は人気があるようだ。何故かわからんが。」
「やめてくださいってば、殿ーーー、人気なんてー!もー、やだなぁ!!!」
「いやぁ、まあ、私もつくづく思うんですよぉ、30年間我が殿一筋に付いてきて
良かったなぁー、なんて・・・。ほらぁ、色々いわれるじゃないですかぁ、
『飯島って悪そー』、とかぁ・・・。私だって結構落ち込んじゃいますよぉ・・・」
が、純一郎の姿は消えていた。
飯島は、話の長い男だった。

816 :無党派さん:2001/06/26(火) 15:34
単純一郎が言った。
「僕は実はデブ専なんだ。ハトより巨泉くんを待っていたんだよ」
白ブタが笑いながら応えた。
「ウッシッシ。僕をいぢめてほしぃっちゅうか。倍率ドン、更に倍」
「その67歳の肌を舐めたいんだ」
「純ちゃん、僕を打って。やせたいのぉ」
あー、つまんね。鬱だ。

817 :無党派:2001/06/26(火) 16:06
自分は筑紫哲也ネタとか女医のチカゲネタとかを書いていた作者ですが、
飯島秘書の食べ物(つけもの、かぼちゃ)偏や、車ですれ違う純と鳩偏、
辻元の紙切れ偏、好きです!続編きぼーん。

818 : :2001/06/26(火) 16:17
無料アカ取ってきて、話ごとにまとめたいのですが、
執筆者の方々よろしいでしょうか?

819 : :2001/06/26(火) 16:23
小泉内閣の懸念事項は、国民が痛みに耐えられるかどうか
ということだけのようですね。

http://www.paxnet.co.jp/news/datacenter/200106/25/20010625095019_40.shtml

820 :無党派さん:2001/06/26(火) 16:23
「ええっ!?」
純一郎は驚いた。>818

821 :無党派さん:2001/06/26(火) 16:43
感動した!ありがとう>818

822 :愛読者:2001/06/26(火) 16:59
>>784
なるほど、HTMLソースの行数って事かもしれませんね。

>>818
お願いします。やってやって〜!

あちこち話が派生して、パラレルワールドみたいな連続小説だけど、
リンクですぐ飛べるHTMLの利点を活かせられるよね。

823 :辻元メモ執筆者:2001/06/26(火) 17:02
>>818
純一郎は官邸の窓から空を見上げた。気だるい熱気を含んだ空が広がる。
彼は飯島の言葉を思い出していた。
「これまで我々の身に起きてきた幾多の物語が、まとめられようとしているそうです」
純一郎は一人首肯した。やってもらおうじゃないか。微笑んだ彼の口元はそう語っていた。

824 :無党派さん:2001/06/26(火) 17:13
818の意味が分からないのですが・・・・
教えて!すまそ。

825 :無党派さん:2001/06/26(火) 17:21
>>824
無料HPスペースのアカウントを取ってきて
そこに今までの話をまとめてUPしようとしてるんですよ。

826 :無党派さん:2001/06/26(火) 17:23
>>825
ふーーーん。
ありがとさん。

827 :818:2001/06/26(火) 17:34
首相に感動された上、首肯されてしまった。
アカは取ってきたので早速始めたいのですが、
ただでさえ不良会社員なのでさすがに帰宅してから手を付けたいと思います……

http://kaba.2ch.net/test/read.cgi?bbs=giin&key=989464852&st=774&to=778
の愛読者さんがまとめてくれているのを使いたいのですが
漏れとかあったら指摘をお願いします。

828 :sage:2001/06/26(火) 17:51
「くそっ!」ロサンゼルスの空の下、菅は道ばたに転がっていた
コーラの空き缶をおもいきり蹴った。
(俺は、ロスくんだりまで来て、いったい何をやってるんだっ!!)
(奴は俺の手を握りながら、『ボクの気持ちはわかっているね。』と
ぬかしやがった・・・)
菅は曇った空を見上げた。
(純ちゃん・・・・)
切なさがこみあげてきた。

829 :無党派さん:2001/06/26(火) 17:55
「菅ちゃんて、マツゲ長いね。好きだな、俺、そういうの。」
そう言ってくれたのは純一郎ではなかったか?

830 :無党派さん:2001/06/26(火) 18:00
菅は、純一郎が好きだと言ってくれた長いマツゲを伏せた。

(最悪の展開だな・・・・)

両方の手のひらをじっと見つめる。
巨船に握られた手、だった。

831 :無党派さん:2001/06/26(火) 18:12
客で沸き返るショッピングセンターの横を通りかかると、ニュースが流れていた。
グラフにはNIKKEI225Dowとあった。大きく下へと下降しているチャートだ。
字幕付きでかつての宮沢大臣が何事か話すカットが挿入される。
(世界中から嘲笑されているのか・・・)
菅は敗北感を抑えることができなかった。
「何か確実なことをしたい。」
人知れずつぶやいてしまう。

832 :無党派さん:2001/06/26(火) 20:03
話の続きが思いつかないので、私が書いたぶんだけサブタイトルを考えて
みました。ちょっとはわかりやすくなるでしょうか……?
>>621 ぽっぽの独白「この空を飛べたら」
>>666-668 かぶと虫の友情
>>699 暗号解読プロジェクト発足
>>710 >>713 ぽっぽの「萌え〜」
>>760 あの人は今「むーみんぱぱ篇」(番外編)
>>781 ぽっぽの独白「ロミジュリ」

833 :818@まだ帰れない:2001/06/26(火) 20:10
>>832
ああ、すごく助かります〜!!

834 :無党派さん:2001/06/26(火) 20:18
大橋氏は東京会場の鳩山由紀夫代表に「育ちがいいからすぐ小泉さんに賛成してしまう。あなたは野党第一党の党首。ほめたくてもほめてはだめだ」と注文をつけた。

こんなこと言われて・・・ぽっぽ、可哀想。

835 :無党派:2001/06/26(火) 21:01
「本当は一票違いで落選が希望なんですよね〜。国会議員になったら
あんまりゴルフが出来なくなるからなあ、それがねえ〜。」
という巨泉の会見を見ながら
「そんなにゴルフが大切なら、出馬なんてするなよ」
と突っ込む日本国民であった。

836 :無党派さん:2001/06/26(火) 21:10
純一郎は少し悲しげな表情でこの会見を見ていた。
「なおちゃん、君は志も高く、数少ないクリーンな政治家だ。
 そんな君がこんな男と・・・。そこまで民主党は追い込まれているのか」
そして「鳩山くん、小泉さんをほめたくてもほめてはだめだ。」
という巨泉の大きな顔に向かって
「おまえなんかに何がわかるというのだ。一年のうち、ほんの
数日しか日本にいないおまえなんかに・・・・。俺達の何が・・・」
いつもはクールな(国会討論で熱弁しているふりをしている時も
頭は冷めている)自分がめずらしく熱くなっていることに気付いた
純一郎は少し驚いた。この怒りは何だろう・・・。

837 :無党派さん:2001/06/26(火) 21:14
私も結構書いてるんですんけどチカゲ誘惑のナース編(仮)とか
でも最近純愛編ばっかで他の人とか書きづらかったんで少し流れが変わってうれしちーです

838 :無党派さん:2001/06/26(火) 22:35
>837
>他の人とか書きづらかったんで

そうなの?
なーんも考えずに書いてた
ごめん(汗

839 :無党派さん:2001/06/26(火) 22:44
>>818
うわ、先越されちまったyo。
まあいいか。痛みに耐えて頑張って下さい。

840 :無党派さん:2001/06/26(火) 22:46
ここのネタスレって小泉信者なら笑えるの?

841 :フオナ゙ヌノ、オ、 :2001/06/26(火) 23:22
、ウ、ウ、ヒ、マソョシヤ、マ、、、゙、サ、

842 :無党派さん:2001/06/26(火) 23:23
ここには信者はいません

843 :無党派さん:2001/06/26(火) 23:39
寒スレ認定。
知ったかして書いてるかんじ。

844 :無党派さん:2001/06/26(火) 23:41
女の書くネタってつまらないから主婦板に帰って欲しい。

845 :無党派さん:2001/06/26(火) 23:53
大丈夫です

846 : 無党派さん:2001/06/27(水) 00:20
>>843
寒レス認定。
知ったかして書いてるかんじ

847 : 無党派さん:2001/06/27(水) 00:21
>>844
こいつの書くレスってつまらないから独身男板に帰って欲しい。

848 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:23
ティカゲ編、続ききぼーん☆

849 :のん:2001/06/27(水) 00:25
(今日のぼく見て純ちゃんどう思っただろう?)
(いいや、純ちゃんはぼくの本当の気持ちに気付いてくれてるはずさ。)
(そういえば純ちゃん熱っぽかったんだ。)
(こじらせてなんかないかな...。)
どんな時でも純ちゃんのことを一番に考えてしまうぽっぽであった。

850 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:28
ぽっぽネタまじツマンナイ。

851 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:30
>>847
すまん。私女なんだ。
でも女って政治を笑いにするセンスが少ない。
蛇ニーズ板あたりや芸能のほうがまだ面白い人いる。

852 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:36
>>851
キミに面白いと言って貰いたくて書いてるんじゃないよ。
自己満足、なんだよ。
逝ってくれ。
引き留めないから・・・・

853 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:39
>>852
でもさ。
面白いものを面白いと言ってもいいなら
つまらないものにつまらないと評価するのは自由でしょ。
公開掲示板なんだし。

854 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:41
自由だけど意味ないね。

855 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:42
>>851
たぶんあなたの視点はまちがってます
なぜならこのスレは純粋なお笑いじゃないからです
「だったりして。くすくすっ」を楽しんでるスレッドなので、
勘違いレスはよしてね

856 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:43
流石に小泉総理自身ネタ切れっぽいからね〜。
飽きも来るし創作意欲もしおれますわ。

857 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:44
>>851
>>853
てめーのレスもくだらん
くだらん奴にかぎって他人のことをくだらんと言う
まったくくだらんな

858 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:46
そうだそうだ
所詮自己満足のスレなのだ

859 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:46
>>851
>でも女って政治を笑いにするセンスが少ない。

オマエモナー

860 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:47
煽りも無視できないくらい追いつめられた小泉信者の精神状態に合掌・・・

861 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:47
>>849
私は好き。
嬉しくなった。
どんな名作文学でもつまんないって言う人はいるんだから気にするこたあない
創作意欲の湧かない人は、いくらでも好きなことを好きな場所で書けばよいです

862 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:49
気にしないで楽しいネタ書けばいいのに。
それすら生まれなくなってる。
みんな実はもうこのスレの閉塞感に気づいてるんですよ。
だから切れてるの。

863 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:51
このスレでこう言うことマジで言う人、今までいなかったよね、
そういえば。
そうか、喜んで良いんだね?

864 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:51
寒いとかつまんないとか言うなら来なきゃいいのに。
他のスレ行けっての。ただの荒氏か。

865 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:52
女がバカにされる理由って解るなあ。

866 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:53
>>864
だからなんで無視できないの?

867 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:53
さっき、逝ってくれ、と言ったが、もとい。
ようこそ!

868 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:56
>だからなんで無視できないの?

ちょっと新しい風だったからね・・・
やっぱり嬉しかったんだろう・・・

869 ::2001/06/27(水) 00:57
「へ、閉塞感?」
飯島は思わずノートパソコンに向かって聞き返した。
箸を落としたのと、「もらうよっ」と純一郎が飯島の最後のおかずを食べてしまったのは同時のできごとだった。

870 :無党派さん:2001/06/27(水) 00:59
うん・・・新しい気分だったね・・・。
つい参加したくなっちゃったんだよ・・・。

871 :無党派さん:2001/06/27(水) 01:02
飯島と純たんっていっつも一緒にゴハン食べてるのが可愛いー!

872 :無党派さん:2001/06/27(水) 01:03
私、ぽっぽネタ好きなのよね
じゃんけんも咽アメも好き
でもテレビのぽっぽを見て萌えたりはしない。ぜんぜん。

873 :無党派さん:2001/06/27(水) 01:04
「つまり、もめごとは終わったのか?」
このスレの動向が気になる小沢が懐刀に尋ねた。

874 :無党派さん:2001/06/27(水) 01:08
私もぽっぽネタ好きー。
今も楽しいけど初期の異様なメロウっぷりは萌えたな。
「あなたの痛みを知っている」とかかなりウケた。

875 :無党派さん:2001/06/27(水) 01:09
(・・・・風か?)

開いていた窓を閉め、再び読みかけの本の世界に舞い戻る、
純一郎であった。

876 :無党派さん:2001/06/27(水) 01:15
「それで、キミが欲しがっていた”超美品!海外ソフトも再生できるDVDプレイヤーです(送料込み)”は落札できたのか?」
お茶をすすりつつ小泉が聞いた。飯島は悔しそう答える。
「それが、終了直前にスナイプされてしまいました。あああ〜、悔しい〜落札できたと思ったんですが」
「バカだな。そんなもの店で買えばいいのに」
「しかし、それではDVDのありがたみがわかりません。これでも、私も痛みに耐えようと思っているんですよ」
小泉は居心地が悪くなったのか、もぞもぞと座り直した。
「そうか。それはよかった」
「”よかった”はないじゃないですか。横から持っていかれたって言ってるのに」
愚痴っている飯島に総理は毅然として、
「だったらもう行くぞ。例の暗号解読委員会から報告を受けることになっているんだから」
と、じつに説明っぽいセリフを口にした。

877 :無党派さん:2001/06/27(水) 01:18
「こんな小泉は嫌だ」スレはオモロイ。

878 :無党派さん:2001/06/27(水) 01:20
>>873
「ヘ?オレっすか?」
タッソは立ち上がった。しかし、
「違う」
とすかさずメガホンで殴られてしまった。

879 :無党派さん:2001/06/27(水) 01:31
「ちょっとお待ちを。お茶をもう一口」
いささか腰の重い飯島を待ちながら、ふと純一郎は秋の日を夢想してつぶやいた。

「フォーエバー・ラブ解散だな・・・」

「はぁ、それはいくらなんでもベタというものじゃないですか」
「いや、いいんだ。これならバカヤロー解散と並んで歴史に名前が残るんじゃないの。
 国民に対しての、政治に対しての愛が足りないこの衆議院を解散する! なーんてね」

(それまで、がんばっていてくれよ、ぽっぽ・・・・・・)

目を細くして笑ったかと思えば、どこか悲しみをたたえたような表情になった純一郎に、
飯島はとりあえずこう声をかけるしかなかった。
「それでは、行きましょうか」

880 : 無党派さん:2001/06/27(水) 02:07
「総理…あなたに伝えておきたいことがあります」
「なんだ」
「そのヘアスタイル、評判がよくないようですよ。老けたとか、安っぽいとか、年相応とか、色々言われてます」
「…どこで」
「さっき見ていた掲示板に書いてありました」
「”ちょっとだけオークションを”と言っておいて、何をやっいるんだ」
「ははは、ちょっとだけですよ。テレホタイムですしねっ」
二人は笑いあった。
今や暗号と化してしまった「萌えー」がその掲示板にあふれていることにも気付かずに。

881 :無党派さん:2001/06/27(水) 02:31
「あの人は独身だし、自分も独身だ…」
田中康夫はまだ考えていた。

882 :無党派さん:2001/06/27(水) 07:50
「あ、康夫さん・・・」純一郎は福田を呼び止めた。
康夫は康夫でも、こちらは官房長官の康夫であった。
「外相の件だが・・・すまんな」
「なんの・・・」
福田は右手を胸にあて、芝居がかったお辞儀をした。
フランスの貴族みたいだ・・・・純一郎は思った。
が、口に出さず、ゆっくりと頷いた。

883 :無党派さん:2001/06/27(水) 07:56
純一郎にはそう言った福田であったが、内心は鬱だった。

(マキコさんにも困ったもんだ・・・)

福田は大袈裟に肩をすくめ、首を横に振った。
そのゼスチャーはやはり、フランスの貴族みたいだった。

884 :無党派さん:2001/06/27(水) 11:13
フランスの貴族みたいなフクダさん……ウトーリ

885 :無党派さん:2001/06/27(水) 11:22
真紀子はごきげんななめだった。
せっかく訪米を難無くこなしたのに誰も正当な評価はしてくれず、毎日ひどい目に遭っている。
そりゃあ自分にも浅はかなところはあったかもしれない。
だが、ここまでいじめることはないではないか…。
真紀子は毎日毎日ほとんど泣きそうであった。
何もかもこんなはずではなかったのに。
やりたいのは保身ではなく改革のはずだった。
あの男の真摯な姿勢に打たれたから、手伝いをしたいと心から思った。そして自分なら彼の大きな力になれると信じていた。
総理に会いたい。会って話をしたい。
「柄にもなく神妙になってるじゃないですか」
いつかのようにそう言ってくれないだろうか。
「あなたに改革の強い意志と努力する気持ちさえあれば、大丈夫。うまくいきますよ」
あの時のように鷹揚に笑ってくれないだろうか。
肩にぽんと手をおいて。穏やかな瞳で見つめて。
そうしたら自分はすぐにでも元の元気な自分に戻れる。何もかも安心できるのに。
真紀子はそう思い、次の瞬間にはケータイに手を伸ばしていた。
「あ、総理ですか?私…」
聞こえてきたのはフォーエバーラブ。
「ただいま電話に出ることができません」と純一郎の声で流れるメッセージ。
「あああああ〜」
悲鳴まじりの声を彼女はあげた。
純一郎と今、話をすることができない。
ただそれだけのことに動揺してしまい、涙があふれた。
よりどころを失った彼女は古風な貴婦人のようにソファーに倒れ伏した。

886 :無党派さん:2001/06/27(水) 12:05
「この髪型は、俺のトレードマーク・・。似顔キャラクターも
ライオンだし、今更変えるわけにいかないよな。」
短く溜息をついて壁の鏡をふと見ると、めっきり白髪が増え
無造作にハネた髪が映っていた。
「これじゃ、女性ファンが減るかもな。」
しかし純一郎は義理堅い男であった。長年贔屓にしている
地元のあの床屋から別の店へ変えることは、どうしても
出来ずにいた。
「何かいい口実はないものか・・・。あの鳩山君でさえ
カリスマ美容師にカットしてもらったらしいし。
負けてはいられないな。」
純一郎は携帯を取り出し、姉信子へ電話をかけた・・・。
つづく・・・

887 :無党派さん:2001/06/27(水) 12:41
真紀子は深夜の小泉邸にいた。
「こんな時間にどうしたんですか?」
小泉は笑っていたが、少し迷惑そうであった。
さきほどからの居心地の悪さを真紀子は、座り慣れないソファーのせいなのだと思い込もうとした。
こんなはずはないのだ。
選挙選であれだけ助力した自分を、彼がうっとうしがるなんて。
「レディーをお迎えするのにこんな格好で申し訳ない」
純一郎は紺色のシルクのパジャマにシルバーグレイのガウンをひっかけただけの姿だった。
「いいえ。こんな時間に来るのが非常識なんですからおかまいなく」
どんな格好でも素敵。パパよりずっと素敵。
思わずうっとりした真紀子は、顔がにやけそうになるのを必死で押さえた。
「まあそうだね」
純一郎の淡々とした一言で真紀子は我に帰った。今、彼はなんと言った?
「それで、どうしました?外相が深夜に供も連れずにお運びとは、よほどのこと?」
いつものように彼は足を組んで座り、微笑をたたえて真紀子を見つめた。
なんてカッコいいのかしら。このまま夜のお誘いに応じてもいいくらいだわ。
彼女は自分のはしたない願望にドキドキした。
「あの…まず、今の騒ぎをおわびしたくて。すべては私の不徳の致すところで、まったく申し訳ありません。
今後はこんなことのないよう、充分に自重して参りますので総理にはその旨を」
美しい手をさっと上げ、ちょっとうるさそうに彼は真紀子の言葉を遮った。
「ああ、そんなことなら私はかまいません」
「え?」
「あなたには最初の予定どおり、ガンのような外務官僚を何人かクビにしていただき、
管理責任をとって辞任していただきます」
こともなげに純一郎は言って退けた。
「なっ、なんですって」
「一応形だけは遺留しますが、そのまま辞任してください。
あなたにも活路は残るし、私も助かる。
お互いにとってベストです。お父様もお喜びになるでしょう」
純一郎は指を組み、にっこりと笑った。
彼の伶俐な容貌はいつもと変わらず穏やかなままだった。
「いやよっ!死んでもやめない。まだ何もやっていないわ。
こんなの私の実力じゃないわ。あなたはわかっているはずよ。
だから私にこんな大事なポストをくれたんでしょう!!!」
真紀子は自分の声で目がさめた。
ソファーの上で眠ってしまったようだった。

888 :無党派:2001/06/27(水) 12:41
真紀子ネタ続編きぼーん!(また感情移入いちゃたよ
菅&巨泉ネタもね。

889 :名無し:2001/06/27(水) 12:49
このスレに文句を言ってる「民主党支持者」の方。
ここはあくまで「想像スレ」で、その想像の世界で皆で遊んでいるだけなので
そんなに必死に文句を言わないで下さい。またーーーりと行きましょうね。

890 :無党派さん:2001/06/27(水) 12:58
シルクパジャマの純タン萌え〜!

891 :無党派さん:2001/06/27(水) 13:03
>>889
どんな萌えスレもそうだが、端から見ると気持ち悪い。

892 :887:2001/06/27(水) 13:05
>>891
すいません。じゃあもう仕事に行ってきます(泣

893 :無党派さん:2001/06/27(水) 13:08
純一郎は悲しかった。
巨泉と名乗るその男は、党首たるぽっぽに命令していた。
「育ちがいいからすぐ小泉さんに賛成してしまう。
あなたは野党第一党の党首。ほめたくてもほめてはだめだ」
党員でもない単なるタレントに満座の中で恥ずかしめられている。・・・屈辱とさえ言える。
ビデオの中のぽっぽの横顔は、限り無く無表情だった。
「ぽっぽ・・・」純一郎のつぶやきもまた、限り無く暗い。

894 :無党派ちゃん:2001/06/27(水) 13:08
一応 幅広く書いてたつもりなんですが・・・
>>443 >>448 >>451 >>457 >>463 >>468 >>471 >>483 >>485 >>491
>>494 >>503 >>513 >>532 >>643 >>647 >>649 >>655 >>763 >>768

やっぱりやりすぎでしたかね・・(最近はひかえています。)

895 :887>894:2001/06/27(水) 13:13
ファンです。
控えないでください。
じゃあほんとに仕事に行ってきます

896 :無党派さん:2001/06/27(水) 13:17
純一郎は、巨泉という男が不思議だった。
何故こんなに顔がでかいんだろう。

897 :891:2001/06/27(水) 13:20
>>892
2ちゃんから萌えスレを否定するつもりはないよ。

898 :無党派さん:2001/06/27(水) 13:26
まんせー

899 :無党派さん:2001/06/27(水) 13:27
「まあ、誰でも容姿に恵まれているというわけにはいきませんからね。
総理みたいにいいオトコもいれば、私みたいにそれほどでないのもいる。
そして巨選みたいな文化大革命みたいなのもいるってことで…
まあ、でも私は総理のカッコよさがひきたって嬉しいかなあ?みたいな…」
飯島が相づちを求めて当たりを見渡した時、純一郎の姿はなかった。
相変わらず飯島の話は長かった。

900 :私は・・・:2001/06/27(水) 13:37
>必死で管の手を振り解きながらぽっぽは叫んだ。
>「長いぞっ。早く終われ」

このくだりが凄く好きです。
>>894

901 :愛読者:2001/06/27(水) 13:42
>899さん
ファンです!話が長い飯島さん、最高。

902 :私も・・・:2001/06/27(水) 13:43
結構書いてますが、必ずしも自分の書いたものがつながっている
わけではなく、他の方のネタに勝手にオチつけちゃったりしています。
それでも一応自分の書いたものを申告した方がいいですかね?

903 :無党派さん:2001/06/27(水) 13:53
飯島情報きボーン

904 :無党派さん:2001/06/27(水) 13:56
申告しないほうがいい
そのほうが楽しく読めていい

905 :無党派:2001/06/27(水) 13:57
記者たちの目を逃れ、廊下よりも幾分ひっそりした女子トイレに眞紀子は滑り込んだ。
「気をつけてね」
そう言った純一郎の顔を思い浮かべ、眞紀子は深い溜息をついた。
どうして私はいつもこうなのだろう。ただ、あの人の役に立ちたいだけなのに。
純一郎の顔に、先程擦れ違った福田の顔が被さった。
総理大臣の妻、官房長官の表情はいつもより疲労の色が濃く表れていた。
しかし眞紀子を視界に見つけた途端、僅かばかりだか口角を上げニイッと笑ったように見えた。

全ては自分がいけないのだ。
眼球に溜まり始めた涙が、黒いアイラインをぼかしながら静かに落ちる。
外を駆けずり回っている記者達に気付かれないよう、声を押し殺して眞紀子は静かに泣いた。

「そこで泣いている強がりさんは誰かしら」
突然扉が開き、少しヒステリックな甲高い声が響いた。
目の醒めるような真っ赤なジャケットを纏った扇千景だった。

906 :無党派:2001/06/27(水) 14:00
「あら、外務大臣。ごきげんよう」
ジャケットと同じ色の紅を引いた口元を僅かばかり吊り上げ、千景は眞紀子と向き合った。
グレーのスーツを着た眞紀子は涙を拭いもせず、無言で千景を睨み返した。
「いやあねえ、そんな恐い顔しないでちょうだい。同じ女性議員、閣僚同士じゃないの。」
眞紀子は無言のままだった。やれやれ、と少し肩をすくめて千景は後を続けた。
「今回の事は大変だったわねえ。でもまあ、こんなのまだまだ軽い方よ。
貴女にはね、これからもっと大変な、重要な事をやってもらわないといけないの。
これは外務大臣としての任務よ。閣僚、いえ国会中の議員達が貴女に期待しているの。」
「……さっきから何なのよ、貴女。私に何をしろって言うのよ。」
眞紀子は千景を睨めつけるのを止め、鏡に向かいくずれた化粧を直しながら言った。
「え。ああ。ただね、ある男を貴女に食い止めて欲しいのよ。それだけの事なの。
それだけの事なんだけど、これは外務大臣である貴女にしか出来ない事なのよ」
「ある男?」

千景は鏡を見つめる眞紀子に近付き、口を耳元まで寄せた。


外の廊下で無数の足音が慌しく通り過ぎていった。
その言葉を聞いた眞紀子は手に持っていた口紅を思わず落としそうになった。
「きれいな色だね。眞紀子さんによく似合っているよ。」
いつか純一郎がそう褒めてくれた口紅だった。
お世辞だと、自分には若すぎる色だとわかっていても、眞紀子はその口紅を引く事をやめなかった。

「貴女だって総理が大事なんでしょう?いい?私なんかよりまずその男をどうにかしなさい。
そいつをどうにも出来ないようだったら、貴女は彼のもとを離れる羽目になるかもしれないわ」

そう言い残して千景は外に消えた。キイ、と弱々しい音を立てて扉が閉まる。

ウラジーミル・プーチン

ヒステリックで甲高い声は確かにそう言った。

907 :無党派さん:2001/06/27(水) 14:48
どうしよう、話がデカすぎてわかんねえよ。
906を読んで鳩山(実物)は頭を抱えた。

908 :無党派さん:2001/06/27(水) 15:57
たのむ国内の議員(芸能人)でやってくれ
外国まで行くと登場人物多すぎてスレが分裂する

909 :無党派さん:2001/06/27(水) 15:59
イイ!(・▽・)/>905/906

910 :無党派さん:2001/06/27(水) 16:02
ウラジーミル・プーチン
なぜ、千景はその名を告げたのか?
真紀子はきりりと唇を噛み締めた。
あたしとあの人の運命に、プーチンがどう絡んで来るというのか?

・・・横文字に弱い千景が、外国要人中、その名しか覚えていなかったとは
悲しみの縁に沈む真紀子が気付くはずもなかった。

911 :無党派さん:2001/06/27(水) 16:23
「辛いんじゃ、ないのか?」
慎太郎は聞いた。いつもの居丈高な口調とは違う、優しさに
満ちた言葉だった。
下を向いたまま、純一郎は力無く首を横に振った。
純一郎の中で何かが音を立てて崩れていく。
もうどうにも止められなかった。
下を向いた純一郎の顎の先から、滴が落ちた。
その滴は、涙と言う名の無言の叫びだった。

912 :無党派さん:2001/06/27(水) 17:14
そして、くっと上を向いたかと思うと、
「ガラバゴスはいいところ、みたいだね・・・海がきれいで」
こう答えるのが、やっとだった。

913 :無党派さん:2001/06/27(水) 18:08
「俺の前で虚勢を張るな!」
慎太郎の声に純一郎は顔を上げた。
「・・・そう言ってるだろう、昔から。・・・な」
昔から・・・そうだ、昔はそれでよかった。
が、今は?

914 :無党派さん:2001/06/27(水) 18:22
「俺はもう、誰にも頼らない、って決めたんだ。」
純一郎は言った。
「大丈夫なんだ、本当に・・・・」

純一郎は崩れ落ちた自制心を、やっとの思いでかき集め、
そう言ったのだった。

915 :あやしいぞ!:2001/06/27(水) 18:28
「こちらにどうぞ」
別室に消える二人。
マジであやしいぞ、この二人・・・

916 :無党派さん:2001/06/27(水) 18:35
顔を上げた純一郎には既に体勢を立て直していた。
人懐っこい微笑まで浮かべている。例の大衆を魅了した無防備な少年のような微笑。
「やれやれ・・・あんたって男は・・・」
仮面。自分の感情をすべて押し隠す仮面。
呆れたように、大袈裟に肩をすくめ、慎太郎も微笑する。

・・・・演じるのに慣れ過ぎたんだ・・・
余りに演じ過ぎて今はどちらが本当の自分なのかわからない・・・

純一郎の微笑の後には、底なしの孤独だけがあった。

917 :無党派さん:2001/06/27(水) 18:53
くう〜〜孤高の純ちゃん、萌え〜〜〜〜。

918 :無党派さん:2001/06/27(水) 19:04
>>916 良いっ!萌えっ!

続きを書いたわけではないのでsageで。

919 :818@結局会社で作業:2001/06/27(水) 19:21
遅くなってすいません、一応>>827の時点までのはまとめてあります。
http://finito-web.com/2ch/

920 :無党派ちゃん:2001/06/27(水) 19:40
>>919
早速拝見させていただきました。
ごくろうさまです。すてきです。

>>751 >>753が抜けているような気がするんですが・・
(勘違いでしたら すいません)

921 :818:2001/06/27(水) 19:44
>>920

うお、ほんとだ……
今から直します。

922 :818:2001/06/27(水) 20:22
直しついでに>>918までの分をアプしました。

923 :無党派さん:2001/06/27(水) 20:24
>>919
すごい!!すごーいです!!
ごくろうさまでした!!

924 :無党派さん:2001/06/27(水) 20:29
>>922
818さん、ごくろうさまです!
改めてぶっ通しで読んでみると、また違いますね。

ところでこの連続小説は、年齢制限なしでいいんでしょうか?(藁
高校生の妹にも読ませたい(藁

925 :無党派さん:2001/06/27(水) 20:32
>>922
そ、それは必勝紙コップ…!

926 :無党派:2001/06/27(水) 20:43
ほんと素晴らしい!ありがとうございます。>919

927 :無党派さん:2001/06/27(水) 20:46
919さんへ
首相官邸のリンクも貼ってくれるとうれしいな♪

928 :818=919:2001/06/27(水) 20:56
>>927
おう、肝心なものを忘れていました……
ありがとうございます、貼りましたー。

929 :無党派さん:2001/06/27(水) 21:03
あるスポーツの観戦チケット十数枚を鳩○氏がほしがっているとの根回しがあり、同僚がチケットを捜しまわっていた。
「いい席を」と言うのだが、クニオかユキオかハッキリしてもらわないと用意のしようがない。
確認を取ったところ、ほしがっているのはクニオだった。しかも本人は来ないらしい。
ワクワクしながら成りゆきを見ていたんだけど、ちょっとガッカリでした。
オフレコでお願いします(笑)。

930 :1さんにも感謝!:2001/06/27(水) 21:10
>>916
だが、演じることの恍惚を、純一郎は人一倍愛してもいた。
「今日も小泉オン・ステージだよな・・・」

濃密な日常のもたらす麻薬にも似た快楽が、
避けがたい虚無から、純一郎を辛うじて救っていた。

931 :無党派さん:2001/06/27(水) 21:20
今日のポッポは心弾んでいた。なぜならば総理の渡米前に党首会談
のセッティングを申し込んでいた所、それが了承されたからだ。
しかも山拓からの答えは「各党、個別に会談」であった。
「純ちゃんと久しぶりに二人で会える・・・・。」
純一郎の優しい微笑みを思い出すと心が温かくなり、昨日巨船に
説教された悔しさや悲しさが吹き飛ぶポッポであった。
「何を着ていこうかな・・・?」
ポッポの心はデートの前の乙女のように舞い上がっていた。

932 :ルーク・スカイウオーカー:2001/06/27(水) 21:24
そろそろ2に移動しますか?

933 :無党派さん:2001/06/27(水) 21:25
そろそろ新候補・・・じゃなくて新スレ立てた方が?

934 :無党派さん:2001/06/27(水) 21:25
>>932
950で良いんじゃない?

935 :無党派さん:2001/06/27(水) 21:26
>>934に賛成票を投じます。

936 :666:2001/06/27(水) 21:28
http://members.tripodasia.com.sg/technotrade/iriguchi.htm

937 :無党派さん:2001/06/27(水) 21:36
936って何?
あやしいんだけど。

938 :無党派さん:2001/06/27(水) 21:47
なんだかんだ言ってこのスレすごいね。荒らしに耐えてよく頑(以下省略)
ラストが気になるけど、終わるのやだな〜

そしてチカゲたん・マキコたんに萌え〜。
いいね、女の戦い。

939 :無党派さん:2001/06/27(水) 21:48
スーツを着比べながら、しみじみつぶやくぽっぽ。
「菅ってば、なんであんなオヤジ連れてきたんだろう?」
ぜんぜん納得できないぽっぽであった。
次に会った時はあんな説教させないぞ。顔なんか見てやらないんだから。
ちっとも解決策になっていないが、ぽっぽは「名案」を思い付いた喜びでさらに心が軽くなるのだった。

940 :祝@ 91さん江 @祝:2001/06/27(水) 22:03
お祝いがわりにチェック入れました。
>>896が抜けてます。

941 :無党派さん:2001/06/27(水) 22:04
91じゃなく、919さんのまちがいでした
すまそ

942 :無党派さん:2001/06/27(水) 22:21
>>231はいらないの?

943 :919@そろそろ帰りたい:2001/06/27(水) 23:07
>>941-942さん
追加しました―。
ありがとうございます。

944 :無党派さん:2001/06/27(水) 23:39
個人的に辻元メモの続きが読みたい。

945 :無党派さん:2001/06/28(木) 00:20
>>930

雄々しい獅子のように銀髪を振り乱し、力強く腕を降って咆哮する、
「力強い男」に向けられる聴衆の熱狂。
そしてその仮面に相応しい演じ手である自分。
演じ、欺くことの快楽は、麻薬がもたらすそれにも似て純一郎を酔わせる。
しかしその快楽は麻薬と同じく、本当の純一郎をボロボロに蝕む魔薬でもあった。
強い「仮面」の陰で、崩れ落ちそうな「本当の自分」。
他人の目を逃れ、疲れきった体を投げ出す一人寝の浅い眠りの中で、
その悲鳴をかすかに聞いたような気がした。
・・・誰かの前にひれ伏したい。
何もかも投げ出し、さらけ出し、全てを委ねてしまいたい。
それが私の本当の望みなのか?

「・・・くれぐれも無理はするな。いいな?」
純一郎の夢想は肩に置かれた力強い手によって断ち切られた。

946 :無党派さん:2001/06/28(木) 00:35
ぽっぽのキャラクターなんとか・・・見た?
小説と関係ないのでsage

947 :無党派さん:2001/06/28(木) 00:35
ぽっぽってバカみたいで可愛い(藁

948 :無党派さん:2001/06/28(木) 00:39
>>936さん
ありがとーう!また読んでも面白いんだよねー
小説書いてる方、またよろしくお願いします。

949 :無党派さん:2001/06/28(木) 00:44
936=948か?
リンク先はブラクラではないがこのスレには無関係。

950 :移動しましょうか:2001/06/28(木) 01:53
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi?bbs=giin&key=993660729

951 :無党派さん:2001/06/28(木) 02:14
>>949
何ですか?
そんな私は948ですが・・・

間違えたのさ、正解は>>919   ハハハ

952 :無党派さん:2001/07/03(火) 12:45
age

249 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)