5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

タイトルなんかねーよ。

1 :2世非活動者 ◆Tn8uTzO2 :02/05/03 05:29
おはようございます。名前の通りの立場の者です。
釈尊・日蓮の教え、または学会の教義について、疑問があるのですが、
教えてくだせい。
基本的に文書による資料をもってお答えいただきたく思います。

学会員の方は、特に論理的にお話しくださいますよう格別のご配慮を。
あの気合だけでの話し方は嫌いじゃないですが、
信仰に持ち込みたくはないので。

色々生意気言ってすみません。自分なりに真剣なんです。

253 :名誉 ◆oi8ARVqQ :02/05/08 02:15
251は波木井氏ではあるまい・・

254 :似非創大生@新牧口派 ◆XYc9hl7E :02/05/08 02:15
>>252修正
ROCKさんでした…スマソ

255 :2世非活動者 ◆Tn8uTzO2 :02/05/08 02:16
僕はこれから遊びに行ってきやす。

法論については、後で自分の考えを述べさせていただきまっす。

いや、ホント、僕は不浄な存在ですな。

256 :似非創大生@新牧口派 ◆XYc9hl7E :02/05/08 02:19
>>255
いってらっしゃい♪
「不浄」とか考えなくてもいいのでは?

257 :ROCK@日蓮宗葵講 ◆37Cm94es :02/05/08 02:22
著作権がまだ生きているから無理だな。<MP3

258 :2世非活動者 ◆Tn8uTzO2 :02/05/08 02:22
>>256
はい。不浄だ、なんて微塵も感じてないっす。口だけですね。

遊べる時に遊ぶ。やるべき時には仕事する。
まっすぐ見ろ、ってことですよね。などと考えております。

259 :似非創大生@新牧口派 ◆XYc9hl7E :02/05/08 02:25
>>258
そうしてこなかったから、俺の人生くねくねしているのかも知れない。

260 :2世非活動者 ◆Tn8uTzO2 :02/05/08 17:43
こんにちは。
法論についてですが、
今までのようにディベートの総合判断で勝負を決めるのではなく、
各テーマについて、「この点はこっちの方が適当である」「これについてはこう解釈すべき」
のように、部分的にお互いに相談するくらいのことがあっても良いと思います。

勝負も重要ですが、外部(日蓮系教団)との接触を拒んでいては
さらに閉鎖的になってしまうだけです。
キリスト教と話ができるなら、そろそろ良いのではないでしょうか。

本当に平和を望み、そのための運動をしたいのならば、
できることは、みんなでした方がはるかに大きな運動になると思いますし。

どの宗派・組織にも全体を縛り付ける根本的な教え、
あるいはそれに近いものがあると思いますが、
その辺のプライドなどは一度外して、フラットになってみてはいかがでしょうか。

学会が宗教界の王者であると主張するならば、
臣下の言うことに耳を傾けることくらい当然の義務です。
それができないようでは王者などではなく、単なる心に余裕のない金持ちです。

261 :政教分離名無しさん:02/05/08 21:12
東洋哲学研究所がキリスト教との対話をして本が出てるジャン。

262 :2世非活動者 ◆Tn8uTzO2 :02/05/08 22:35
>>261
それができるなら、他の日蓮系宗教とも対話してほしい、と言いました。

263 :2世非活動者 ◆Tn8uTzO2 :02/05/09 00:49



学会の方、お答えくださいませ。

264 :Roach:02/05/09 00:52
正直、いたりするのだ…

265 :政教分離名無しさん:02/05/09 00:55
2世非活動者よ 勉強してからこい










逝け!

266 :Roach:02/05/09 00:57
>>265
「2世非活動者」は、質問しているのだ。

> 逝け!
というのなら、お前が説明せよ!

267 :政教分離名無しさん:02/05/09 00:59
勉強してからこい
つーか義務教育からやりなおしてこい(プ

268 :2世非活動者 ◆Tn8uTzO2 :02/05/09 01:00
>>265
何をですか?
いま、勉強中ですが。何年かかるか分からねえです。
自分の生活もあるし。楽だからここで聞いているだけです。

創価学会は、日蓮宗や日蓮系教団と話し合いを
できるのですか?できないのですか?


269 :2世非活動者 ◆Tn8uTzO2 :02/05/09 01:03
>>266
ありがとうございます。


270 :政教分離名無しさん:02/05/09 01:03
自分で考えろ 氏ね

271 :Roach:02/05/09 01:04
>>269
not at all.

272 :Roach:02/05/09 01:05
>>270
教えることのできない者こそ、義務教育をすべきなのではないか?

> 自分で考えろ 氏ね
死んだら、考えられなくなるぞ。

273 :2世非活動者 ◆Tn8uTzO2 :02/05/09 01:10
学会員で答えられる方は、ここにはいないのかな。
個人的には正宗から離れたんだから積極的にやればいいのに。

>>272
お手数おかけ致します。すみません。

274 :2世非活動者 ◆Tn8uTzO2 :02/05/09 01:14
>>273
いいのに→いいのに、と思います

275 :Roach:02/05/09 01:15
「2ちゃん」をやりすぎると、相手の矛盾を突くのだけは上手くなる…

276 :政教分離名無しさん:02/05/09 01:22


277 :2世非活動者 ◆Tn8uTzO2 :02/05/09 01:30
>>275
聖教新聞読んでも、上手くなりますけどね。

278 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆tfDpfKU. :02/05/09 04:04
>>268
もうやってるよ。法華懇親会だがってやつで。

学会も佼成会も霊友会も日蓮宗も同じテーブルにもう何年も前からついて
いるよ。

279 :siege:02/05/09 05:03
文書を読まずして釈尊・日蓮の教えを知ろうとはなんたることか!
そのようなヒトがいるから調子にのって教えようとするヒトが現れる
のです。人まねはイイですよ。楽ですから。自分で考えなくていいん
ですもん。そのまま鵜呑みにしてればイイですもんね。
で、それをかいつまんで説明すればイイ。あー楽だ?


280 :Roach:02/05/09 05:18
>>279
本人は、なかなか勉強しているよ。

281 :280:02/05/09 05:47
ネットの情報などで、知識を蓄積したとしたら

日蓮召集や波木井レベルのキメラ教学になります。

日蓮系は層化を除いてそれでなくて<トンでも系>ですから気を付けましょう。

鎌倉仏教の基本的性格の位置づけを外すと漫才になってしまいます。
キ-ワ−ドは「末法思想」です。

できればインド仏教も押えましょう。

よく勉強すると仏教は以外と中身が脆弱であることがわかり

脱日蓮・脱仏教のふつ-人になれるかもしれません。

282 :282:02/05/09 05:49
スマン

281レスは

282が書いた。

283 :siege:02/05/09 05:53
あ(^^;
なんだ、勉強してるのか!偉い!
読めば読むほど疑問がでてくるもんね。
疑問がなくなった時。あなたは晴れて真の学会員になれます。
自分には無理でした。たぶん馬鹿なのね。

284 :2世非活動者 ◆Tn8uTzO2 :02/05/09 21:10
>>278
そうだったのですか!驚きです。
法華懇親会について、そこでの話し合いの内容は知ることができるでしょうか?
どなたか知っていらっしゃる方、お願いします。

>>280
本当に、毎度ありがとうございます。
これからは、僕も誤解の少なくなるような書き方ができるように工夫いたします。

>>281
それは僕も感じております。釈迦って良いこと言ってるじゃん、で終わってしまいそうな。
今はなるべくフラットに考えております。初期経典含めて、一応読みはじめているのですが…
いつまでかかるやら、です。

>>283
そんなこと言わずに、また来てくださいな!

285 :政教分離名無しさん:02/05/09 21:14
スカプロ逝け!

286 :Roach:02/05/09 22:07
>>285
ここは、スカプロが入れるレベルでないよ。


287 :2世非活動者 ◆Tn8uTzO2 :02/05/10 11:32
ダンマパダとか読むと大乗仏典がトンデモ経典に思えてくる。
物語としては面白いんだけど。その辺は聖書と同じですね。

思考のトレーニング方法や、モデルとなる実話の表現の一つとしてなら信じられるけど、
多宝如来や大通智勝仏なんかは、大日如来や阿弥陀如来と同じで、
物理的に存在する・したなんて考えられないです。当然だけど。
何かの象徴や精神的存在としてしか捉えられないですね。

仏典は楽しいので引き続き読みますし、勉強も続けます。
みなさん、色々ありがとうございます!
きっと他のスレッドとかにも出没するので、その時はどうぞ宜しくお願いします。

荒れることなく、僕にとって大変有益な情報も得ることができて嬉しいです!
後は自分でそれを裏付ける作業をしなければなりません、頑張りやす。

何かあればここにも書き込んで下さいね!

288 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

289 :2世非活動者 ◆Tn8uTzO2 :02/05/11 10:28
こんにちは。

友達が結婚して、地方へお嫁に行きました。

日蓮は、霊の様な存在は認めてますか?
くっさい質問でゴメンなさい。


290 :政教分離名無しさん:02/05/11 10:49
>>286
やっぱそうか。

291 :政教分離名無しさん:02/06/06 03:40
大乗非仏説論

大乗仏教が、釈尊の直説説いた教えではないとする説。

大乗仏教が釈尊滅後、釈尊に仮託して作られた思想であるとする主張は、
既にインドや中国でもおこなわれたことがあった。
それに対し、日本では仏教伝来の当初から、大乗仏教を釈尊の直説とした上、
それが小乗に勝るとする見方は、議論の前途であった。
これは、すべての経典を釈迦の直接とみて、
それを分類し、体系づけ、序列化しようとする中国で完成された経相判釈が、
仏教とほとんど同時に移入されたことによるものである。
なかでも、五時八教の教判を立て、法華経の至高性を強調する天台思想の影響は大きかった。
平安時代から中世を通じて、大乗仏教、とりわけ法華経が釈尊の出世の本懐であることは、
知識人の間ではほとんど常識となっていくのである。

292 :政教分離名無しさん:02/06/06 03:41
江戸時代になると、さまざまな学問分野で実証的な研究が開始された。
厳密な実証性の追求は、それまでその内容が無批判に受け入れられていた経典に対する、
批判的研究となって結実していった。
中国古典を対象とする古学、日本の古典を対象とする国学は、その代表的なものである。
そうした実証精神昂揚の風潮のなかで、はじめて大乗仏教を批判的研究の俎上に載せたが、
江戸中期の思想家、富永仲基だった。
富永仲基がその著・出定後語で大乗非仏説論を主張した根拠は、加上という論理だった。
すなわち、本来の釈尊の教説にさまざまな要素が付け加わり、発展して、
多くの大乗仏典が成立したとするのである。
仲基の大乗非仏説論は、主として学問的関心から論じられてものであって、
本来仏教批判を目的としてものではなかった。

293 :政教分離名無しさん:02/06/06 03:42
ところが、ひとたびこれが説きだされると、
仏教に批判的立場を取っていた当時の思想家がこぞって着目し、仏教排撃の武器として利用し始めた。
その代表的人物が平田篤胤である。篤胤は出定笑語などの著作において、
敵意に満ちた文体で仏教を厳しく批判した。
とくに篤胤が神敵として憎悪したのが、真宗と日蓮宗だった。
大乗非仏説論に依拠した仏教批判が盛行するにつれて、
仏教界からはそれに対する反論がなされるようになった。
しかし、旧来の主張を繰り返すに留まり、仲基の論理を正面から受けとめ、
それを覆すほどの説得力をもった著作は、江戸時代にはついに現れなかった。

294 :政教分離名無しさん:02/06/06 03:43
明治に入り、大乗非仏説論はふたたび大きな問題となった。
西洋の実証的な仏教学研究・仏典研究が日本に紹介され、インド仏教の発展の歴史が明らかになり、
原始経典(パーリ語仏典、漢訳の阿含経など)こそ釈尊の直説であるか、
それに近い説であることが明らかになったからである。
こうした近代的学問の成果に依拠して、日本人の学者の間からも公然と大乗非仏説論が唱えだされるにいたった。
学問的立場から、はじめて大乗仏教が非仏説であることを論じた人物が村上専精である。
彼以前の大乗非仏説論が反仏教の立場からのものであったのに対し、
村上のそれは近代仏教学の手法を踏まえた実証的立場からの立論であった。
しかも彼が真宗の僧籍をもった人物であったことからその衝撃は大きく、
仏教界全体を巻き込んだ激論が展開されることになるのである。

295 :政教分離名無しさん:02/06/06 03:43
しかし、その後の日本の仏教学では、大乗非仏説論そのものはしだいに主要な関心領域からはずれていく。
むしろ問題関心の中心は、小乗経典の中で釈迦の言行を正しく伝えているものは何か、
大乗経典の中で仏説の正しい発展と見るべく部分はどこか、といった点に移っていくのである。
そうした流れをうけて、今日では大乗を非仏説として一方的に退けるのではなく、
大乗仏教の教義を認めたうえで、その中に価値ある部分を見出そうとする立場が主流となっているが、
それは大きく三つの方向にまとめることができる。

296 :政教分離名無しさん:02/06/06 03:44
第一の方向は、大乗仏典と原始経典・部派仏教との教理上の類似性、共通性を指摘し、
原始仏教の中に既に大乗的要素が含まれていたと主張するものである。
このような見方に立てば、大乗は釈尊の直接の正当なる発展と捉えることが可能となる。

第二の方向は、言語を越えた究極の悟りにおいて、大乗は釈尊に直結するという見方である。
至高の目標である悟りは原始仏教から大乗経まで一貫しており、
両差の差異は同じ悟りをどのように表現したかにすぎないとされるのである。

第三の方向は、経典の価値は釈尊が実際に説いたか否ではなく、
その内容によって判断されるべきものと見る立場である。
学問的な視点から見れば、釈尊の直接といわれる原始経典そのものにもかなり歴史的な発達の痕跡がみられる。
したがって、釈尊の真の直説を探りだそうとする作業は、結局のところほとんど無意味な行為であり、
むしろ教説の内容の高低こそが仏説かどうかの判断の基準となるべきだ、という主張である。

これらのうちでも、現在もっとも有力なものは第一の見方、
すなわち、大乗の思想は釈尊の悟りとその教えの中に原初的な形ですでに存在しており、
それを新しい時代の宗教的ニーズに応える形で新たに発展させたものである、とする考えである。

「大乗非仏説論」『仏教哲学大事典 第三版』創価学会,2000

297 :政教分離名無しさん:02/06/06 03:45
以上、創価学会の大乗非仏説論の解釈でした。
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1020371395/291-296

298 :政教分離名無しさん:02/06/06 05:58

うだうだ理屈こねてねーで
さっさと人間革命しれや


299 :政教分離名無しさん:02/06/06 06:13
>298
戸田の人間革命を読めばいいのか?


300 :政教分離名無しさん:02/06/06 06:18
>>291-297
それで結局なにが言いたいの?

301 :政教分離名無しさん:02/06/06 20:48
>>300
お前は、勉強を教えた後に「分からないことはあるか?」と聞いたら、
「全部」と答えてしまう落ちこぼれ小学生にそっくりだな。

302 :政教分離名無しさん:02/06/06 21:32
>>291-297

通読させて頂きました。
この機会にもう一度学問としての仏教を勉強してみます。

このスレを覗く事、どうかご許可下さい。

80 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)