5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

与野党の対立軸は、「自民党政治=利権政治」の是否

1 :無党派さん:01/12/04 20:24 ID:94qKsV3L
(1)【与野党の対立軸は、「自民党政治=利権政治」の是否】(「非自民」=利権政治の否定)
【野党は安保政策ではなく、経済政策、行財政改革、社会政策等を与党との対立軸に据えよ!】
野党は、安保政策を与党、とくに自民党との対立軸に据える発想をとるべきではない。
自民党との違いは、経済政策、行財政改革、政治改革、そして社会政策などの面で示せばよい。
そういう意味では、民主党が、特措法に「総論賛成」の態度を取ったのは、正しい。
自衛隊派遣承認案賛成も基本的には正しい。(承認案の審議が不十分であった点が問題だが)

他方、大橋巨泉氏らが、小泉政権・自民党との対決姿勢を強調するのは、ある意味で正しい。
しかし、安保政策を対立軸に据えるのは、まちがっている。それは、「55年体制」的発想だ。
その発想から民主党が「卒業」しない限り、政権を担当しうる政党にはなれない。
旧社会党と同じであってはならない。

対立軸は、内政面でいくらでもつくることができる。
たとえば、構造改革のあり方。具体的には、「玉虫色」の決着に終わった特殊法人改革や医療制度改革。
この点については、小泉政権と自民党を激しく批判し、対決姿勢を打ち出すべきだ。
民主党は安保政策で党内対立を繰り返すのではなく、「利権政治の否定」という方向で結束すべきなのだ。
野党各党の関係においても同様。

「自民党との違いは、安保政策ではなく、経済政策・行財政改革・政治改革・社会政策などだ」。
この方針のもとで、民主党を初めとする野党は大同団結の方向で必死の努力をすると私は期待している。

(2)〈自民党の利権政治の土台を徹底的粉砕し、経済政策の根本的革新を図るために〉
具体的には、「自公保」政権によって、骨抜きにされたあっせん利得処罰法を大幅に改正して、秘書経由などの抜け道をふさぎ、
政治家が利権の追求を一切できないようにすることがもっとも有効。
さらに、公共事業予算について地方分権を徹底して、少なくとも国会議員が公共事業の利権に関わることを封じる。

自民党の利権政治を粉砕することは、じつは経済政策の根本的な革新にもつながるはずである。
今までの景気対策が、ざるで水をすくうようなものだった。
自民党の利権政治という穴から水が漏れることで、政策の効果は大きく減退した。
公共投資から理不尽な政治の圧力を除去することによって、国民の需要に見合った効率的な投資が可能になる。

2 :無党派さん:01/12/04 21:05 ID:582AztrZ
>1
同意。
「政官業」癒着政党=自民党による利益誘導&分配あっせんのブローカー政治を打破しない限り、日本の衰退を食い止めることはできない。

3 :無党派さん:01/12/04 23:43 ID:EpFKrVva
>1
激しく同意。
だが、小泉=飯島のような的確なメディア戦略を実行しないと、
いつまでたっても、書生っぽの青い理想論でしかない。
野党は国民の支持をどうしたら集められるかを、メディア戦略の面から真剣に考えるべき。
愚直に正論を振りかざし続けても仕方ない。結局、政権とらなきゃ何もできないのだから。

4 :無党派さん:01/12/05 00:34 ID:JzzNWkVd
イギリス労働党の公約集(マニフェスト)は実に具体的に書かれています。
年金なら「基礎年金を2003年までに単身者で週77ポンド、夫婦で週123ポンドに引き上げる」といった具合で、
金額や実施時期を明示しています。
日本の昨年の総選挙で「現役世代の手取り収入のおおむね6割を確保し、国民が安心できる制度を構築します」とするだけだった自民党の公約とは比較になりません。
どんな生活が期待できるのか有権者に分かるようにするのが公約というもの。
日本の政党もそれを心掛けてもらいたいものです。
以下、ご参考に。
http://www.mskj.or.jp/getsurei/kumi9704.html

5 :無党派さん:01/12/05 12:08 ID:ncg4q6nP
【リベラル勢力は、いかなる戦略を持つべきか。】
当面の最大の課題は自民党による利権政治を終わらせることである。
そのためには、自由党から共産党まで含めて、出自にこだわらず広汎な多数派を組む必要がある。
そして、細川政権の教訓を踏まえ、真の政治改革・行政改革を早急に実現することが必要である。
自民党の腐敗政治は、中央集権的な公共事業と、裁量行政をもとにしたあっせん政治の二本柱から成り立っている。
公共事業の分権化とあっせん利得処罰法の強化(秘書経由などの抜け道をふさぐ)という二つの劇薬を飲ませれば、自民党は分解する。
一部は「下放」して地方で生き残るのだろうが、そうなれば住民の戦いでこれを退治できる。

それを実現するまでは、安全保障などの他の重要課題について大きな転換を起こすことはできないだろうし、すべきでもない。
たとえば、日米安保体制の方向性を転換するなどといった大きなテーマとなると、残念ながら日本にはそうした構想やビジョンを相手国や周辺国に対して説得するだけの知的蓄積がない。
社民党的な「頑固に平和」では、誰も納得してくれないのである。
そうした分野では、現状を継続し、反撃のための知的準備をすることが当面の課題となる。

自民党が解体すれば、当然「非自民=利権政治の否定」というシンボルも意味を失う。
そうなると、民主党も結束する意味はなくなるであろう。
その時には改めてリベラル派の政権構想が問われることになる。
新たな雇用創出と社会の階層化の阻止、アジアとの共存の枠組み、環境中心の経済政策、働く女性に恩恵をもたらす政策、マイノリティーの地位向上策などいくつかの柱で、理念を彫琢(ちょうたく)しておかなければならない。
....

6 :無党派さん:01/12/05 22:09 ID:vdcijlK2
【腐敗・借金・失業を生む政官業癒着党=自民党の打倒を】
★腐敗と借金と失業と倒産を生む発展途上国型の自民党による一党優越体制を打倒し、先進国型の2大政党(2大勢力)による権力の相互監視ができる体制の実現を!★

ほんの半年前まで自民党はKSD汚職によって汚濁にまみれたその体質を国民の前に露呈していた。
にもかかわらず、今夏の参院選はそのKSD汚職の自民党が空前絶後の地滑り的な圧勝という結果を得て終わった。
自民党族議員とその支援団体との癒着関係の見直しがほとんど進んでいないにもかかわらず。

その結果、野党第一党の民主党に分裂含みの動きが出てくることが予想される。
分裂しなくても数名から数名程度の者が自民党移籍を図って離党する可能性がある。
しかし、民主党は耐えるべきである。そして、体制と政策をきちんと練り上げるべきである。人事を刷新し、出直すべきである(来年の代表選期待)。
自民党が分裂するという例外的な状況が起こらない限り、民主党は選挙に自力で勝って政権獲得を目指す道を進むべきだ。
総選挙を通じた政権交代を目指すべきだ。

今回の参院選惨敗で遠のくことになりそうだが、2大勢力による権力の相互監視ができる体制、すなわち2大政党制(2大勢力制)の定着を目指して、臥薪嘗胆の精神で捲土重来を期すべきである。

長い目でみれが、2大政党制(あるいはイタリアの「オリーブの木」対「自由の家」のような2大勢力制)の定着こそが国益にかなうからである。

そもそも、考えてみてほしい。3年前の参院選以来、国と地方の借金はすさまじく増えた(700兆円以上)のに名目GDPは10兆円落ち込んだ。
完全失業者は約400万人近く(完全失業率5%超)、自殺者は35%も増えて約3万3000人。不良債権の処理も遅々として進まない。その上、相次ぐ汚職とスキャンダルの数々。

これらの悲惨な「症状」は、長年にわたる自民党一党優越体制=「政官業」癒着体制の腐敗が生んだ「膿(うみ)」である。
もちろん野党の側にも責任はある。しかし、より多くの責任を負うのは、長らく与党をやってきた側に決まっている。

このような失政のつけをまわされた国民は、腐敗の元凶である自民党の総裁となった小泉首相から今や「改革」による痛みに耐えるように求められている。
そして、その首相と自民党が高支持率を得ている。まことに皮肉に満ちた奇妙な現象と言わざるを得ない。自民党の失政は、小泉ワイドショー内閣のパフォーマンスであっという間に免責になってしまったのだから。

もし本気で小泉首相が「改革」を断行する気なら、腐敗した自民党をつぶして改革勢力を結集すべきではないのか。
時間はそれほど残されていないと思う。失敗すれば、株価暴落・失業率大幅アップ、大企業の連鎖倒産、そして大恐慌…。

7 :無党派さん:01/12/06 13:18 ID:bINQBBry
朝日新聞(12.6)にこんな記事が…。

症状1 政権へのすりより
小泉政権ができて、民主党議員たちは期待を膨らませた。
「自民党分裂→連立の組み替え→民主党の政権入り」という可能性が見えてきたのだ。
テロ対策特別措置法の修正協議は、小泉純一郎首相と民主党との連携の好機と映った。
だが結局空振りに終わった。
鳩山代表は11月21日の党首討論で「与党が改革の阻害勢力になっても、私どもが応援したい」と小泉首相にエールを送った。
だがその翌日、首相は道路公団の見直しなどについて自民党の族議員たちとあっさり妥協した。
医療制度見直しも、族議員との「足して2で割る」合意がまとまった。
首相の手法はこうだ。
スローガンを打ち上げ、自民党内の抵抗勢力や公明党が反発すると、
「民主党とも協力したい」と「くせ球」を繰り出す。
抵抗勢力が軟化すると妥協、合意に動く。
当て馬にされても、いまさら小泉改革の全面否定に転じるわけにはいかない。
そこに混迷の根っこがある。

8 :無党派さん:01/12/06 13:32 ID:bINQBBry
症状2 意見の束ね役不在
自衛隊派遣の国会承認案で党議に違反して反対した横路孝弘氏らへの処分問題が、民主党を揺さぶっている。
鳩山氏らは厳しい処分に踏み切った。
だが、この承認案の国会論議はいかにもおざなりで、「シビリアン・コントロールは一歩も進んでいない」(大橋巨泉氏)という意見に同調する民主党議員は多い。

党内に多様な意見があることは、政党にとって必ずしも悪いことではない。
自民党は民主党に劣らず幅が広い。
問題は、多様な意見をいかに束ねていくかだ。

鳩山氏、菅直人幹事長とも、党内の意見をじっくりと聞いた上で束ねようという努力が、十分だったとはいえない。
…(中略)…
民主党はユニークな議員立法を数多く手がけ、政策立案能力では自民党に迫ってきた。
だが自民党は「いざという時にはまとまる」知恵を持つ。
そこが民主党との違いとなっている。

9 :無党派さん:01/12/07 10:22 ID:TU0NCApr
処方せん1(朝日12.6)
民主党は、昨年の「加藤政局」の時も色めきたった。
自民党の内紛が民主党の政権参加のチャンスと映るようだ。
だが自民党はしたたかだ。簡単には分裂しない。

小泉政権の発足早々、自民党の青木幹雄参院幹事長は「小泉さんはコップのなかで波は立てるが、コップを壊すことはしない」と断言していた。
自民党を割ることはないというのだ。

民主党はまず、自民党分裂による連立の組み替えといった淡い期待を捨てるべきだ。
自民党に代わる政権をめざすことが、遠回りに見えても実は近道ではないか。

10 :無党派さん:01/12/07 10:34 ID:TU0NCApr
処方せん2
独力で政権をめざすなら独自の旗が必要だ。
「首相を支える」という路線は分かりにくい。

小泉政権は発足後7箇月余を経て徐々に変質している。
改革では自民党族議員と妥協を重ね、不良債権処理でも指導力は発揮されていない。
一方で失業率は史上最悪を更新している。

そのなかで「首相を応援する」と言い続けることには、民主党内でも抵抗が出始めている。
民主党もスタンスを大胆に修正する必要がある。
安易な景気対策路線に戻ることは論外にしても、小泉改革の総括と独自の経済政策が必要だ。

11 :無党派さん:01/12/08 00:02 ID:WbSjpRAs
「処方せん」に同意。

12 :無党派さん:01/12/08 16:43 ID:Lh4N54Dv
:無党派さん :01/11/05 17:17
>普通、多党制においては、二次元のマップで示します。
>社会政策が伝統権威主義←→社会リベラル
>経済政策が自由市場主義←→介入的経済

非常に参考になります。
ということは、
新保守主義:社会政策が伝統権威主義 経済政策が自由市場経済
ニュー・リベラル:社会政策が社会リベラル(個人の自由尊重) 経済政策が自由市場経済と介入的経済の中間
権威主義(真正保守):社会政策が伝統権威主義 経済政策が介入的経済
リベラル:社会政策が社会リベラル 経済政策が介入的経済

かな…。

13 :無党派さん:01/12/08 23:01 ID:JOVKtlg/
☆野党の旗は、「非自民=利権政治の否定」だ!☆

それは端的にいえば、地域への利益の還元や、弱い立場にある人々に手を差し伸べるのは常に政治のテーマであるが、
中央省庁を通しての予算や許認可権というかたちでの配分のプロセスの中で、
族議員がブローカー的な役割を果たし、自民党に対する忠誠度も応じて利益を配分するというシステムの否定である。

戦後のある段階で、地域開発や農村部を中心とした生活基盤の底上げという面で、
この自民党型利権政治のシステムが機能したことはあながち否定できない。
しかし、それがある程度達成されたいま、そうした手法はむしろ害のほうが大きくなっている。
いな、環境問題やグローバル化、経済構造の変化といった要因によって、
自民党型利権政治を続けることはもはや不可能になっている。

野党は、自民党型利権政治を終わらせるために、この旗、すなわち「非自民=利権政治の否定」を振って、戦うべし!

14 :無党派さん:01/12/09 16:10 ID:x6hR1nH4
利権政治にイエスかノーかが、与野党の対立軸だな。

もう安保を対立軸に据える発想は、時代遅れ。

15 :無党派さん:01/12/10 14:05 ID:tqEjNDs/
自民党は本来、共産主義勢力を封じ込めるためにできた政党であり、
いろんな政策をヌエのように抱え込んでいる。
理念・政策本位の政界再編は望ましいが、それは自民党が割れない限り、起こり得ない。
しかし、自民党は政権につくことを生命線とする政党であり、政権の座にある限り、割れないだろう。

このためにも、野党は細川政権のような政権奪取型の結集を考えるべきだ。
自民党はその性格上、「利権政治勢力」だから、野党の結集点は「利権政治の否定」になる。
この方向で大胆な対案を作り上げ、候補者を調整して総選挙に備えるべきだろう。

(参考:北岡伸一東大教授の小論、山口二郎北海道大学教授の小論)

16 :無党派さん:01/12/10 14:37 ID:vjzFziTc
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXY
[\]^_`abcdefghijk mnopqrstuvwxyz
|}~Åを芋解嬉愚
http://salad.2ch.net/test/read.cgi/mayor/1007713737/

17 :無党派さん:01/12/11 02:49 ID:leXhRlMd
>16
これは何ですか?

18 :無党派さん:01/12/11 02:54 ID:OR9Wvgt+
>16
ただの荒らしですよ。相手にしてはいけません。

19 :訂正:01/12/11 02:55 ID:OR9Wvgt+
18は17へのレスです。

20 :無党派さん:01/12/11 17:29 ID:5+mEGcXd
●「政官業」癒着政党=利権政党=自民党の犯罪・醜聞●
KSD汚職の自民党(村上正邦元労働大臣・元自民党参院幹事長逮捕、小山孝雄参議院議員逮捕)
ゼネコン汚職の自民党(中村喜四郎元建設大臣逮捕、中尾栄一元建設大臣逮捕)

ロッキード、ダグラス・グラマン、リクルート、共和、佐川急便、金丸脱税、ゼネコン汚職、KSD、高祖……。
「人の噂も75日」という諺どおり、国民はすぐに忘れてしまう。
汚職の「温床」となっている「政官業」癒着構造は、ほとんどかわっていないのに、結局うやむやになってしまう。
借金(国と地方を合わせて700兆円超)を生み出す「政官業」癒着構造は、ほとんどかわっていないのに、結局うやむやになってしまう。

自民党の額賀元経済財政大臣のKSD疑惑は、どうなったんだ?
密室の政治倫理審査会で釈明してもう終わり。
「自公保」は、野党の要求どおり、額賀氏の証人喚問を受け入れるべきだ。
自民党の中川秀直前官房長官の覚醒剤使用疑惑、捜査情報漏洩疑惑、暴力団系右翼との交際疑惑も風化させてはならない。
自民党の森喜朗前総理大臣の買春疑惑、エイズ患者差別発言も風化させてはならない。
自民党の佐田玄一郎元郵政政務次官の買春疑惑も風化させてはならない。(「週刊宝石」1998.6.11号より)

自民党の久間章元防衛庁長官は、暴力団組長との交際疑惑について、国民に釈明すべきだ。
自民党の亀井前政調会長も、許永中からのヤミ献金疑惑について、国民に釈明すべきだ。
自民党の鈴木宗男元北海道・沖縄開発庁長官も、「航空三社」談合指示関与疑惑、ケニアODA疑惑、北方2島での旧地主「地権」買占め疑惑、信用保証詐欺事件関与疑惑について、国民に釈明すべきだ。
自民党の塩川正十郎財務大臣も、医療法人からの違法献金疑惑について、国民に釈明すべきだ。
自民党の三塚元旧大蔵大臣(元自民党幹事長)と自民党の坂井隆憲衆議院議員も、大和都市管財グループ詐欺事件関与疑惑について、国民に釈明すべきだ。
(以上、新聞・雑誌報道より)

21 :無党派さん:01/12/12 00:03 ID:nNoBnPIH
もう、小泉批判や真紀子批判してもエネルギーが無駄。
野党の中で、組み合わせを考え直して、小泉支持にまわってしまった人達が
安心して支持できるグルーピングを考えましょう。
小泉の異常な支持率はブッシュと同じ、アフガンバブルです。

22 :無党派さん:01/12/12 18:24 ID:Yr5WRbK+
>>21
う〜ん。
「小泉新党」が出来ない限り、野党の組み合わせは「民由社」しか選択肢はないでしょう。
社民の安保政策は非常に違和感を感じさせますが、
取りあえず、「非自民=利権政治の否定」を結集点にし、
この方向で大胆な対案を作り上げ、候補者を調整して、総選挙に備えるしかないでしょう。

旧社会党がそうだったように、社民党も政権に入れば、非現実的な安保政策はとれないはず。
社民党は、もっと経済政策や社会成政策で独自色をだすべき。
安保を対立軸に据える発想は、時代遅れです。

23 :無党派さん:01/12/12 18:30 ID:S7+nYIa9
  旧社会党支持層には「反自民第一」と「反右傾化」の二つ
があり、前者は反自民なら自民より右寄りの民主右派でも支持
だが、後者は「自民の方がまし」と考える。
かつての「自社さ」政権は右翼新進党への対抗で自民の組んだ。

24 :無党派さん:01/12/12 18:33 ID:S7+nYIa9
 旧社会党支持層でも頭の比較的いい人はよく考えて後者(だから
そういう人は民主の若手右派を当選させるくらいなら死票覚悟で
共産入れたりすることもある)前者は「自民は悪」という単純
な人でそういう人は反自民で有力な人なら松沢のような自民より右翼
でも投票する。

25 :無党派さん:01/12/12 18:42 ID:Yr5WRbK+
>>23-24
そうかなあ。
後者の考えで、「自社さ」政権をつくり、失敗した。
私は、前者だね。(まあ、あなたの立場では「頭の悪い方」)
まず、「自民党型利権政治システム」=「利権政党自民党」を破壊するのが第一。
そのうえで、理念・政策本位の政界再編だ。
保守対リベラル、あるいは保守対社民でもいい。
このとき初めて、「55年体制」が清算され、現代的な政治構造への脱却となる。

26 :無党派さん:01/12/12 18:47 ID:S7+nYIa9
>25
自社さ当時自民党時代悪事を働いた小沢らの「自民党の一番
悪いところ」は新進党に行っていた。
 悪いやつの多くは当時新進にいってた(その後自民に戻ったの
が多いけど、あるいは保守党で自民と連立するか)

27 :無党派さん:01/12/12 19:45 ID:Yr5WRbK+
>>26
何をもって、「悪」とみるかは、人それぞれ見方が違うもんだね。
あたりまえだけど。
まあ、わたしは誰が悪いというより、汚職と税金の無駄使いを生み続ける「自民党型利権政治システム」そのものが「悪い」と思っています。

私の中の優先順位としては、小沢が「悪」かどうかはともかく、このシステムの否定が上ですね。

28 :無党派さん:01/12/13 08:33 ID:mZTBHWEs
無党派さん :01/11/29 00:08 ID:qI2kFHPdさんの政党色分け表+若干修正
政党色分け表
○自民党
利権選挙互助団体、路線は保守?まぁ利権を保守するという意味で、金持ちには優しいね。
小泉改革と言っても支持の中核が「医師会」「大樹会」などの規制で守られている団体と公共事業に依存している「土建屋」では・・・。
改革は期待できるのか疑問。
メキシコの野党、制度的革命党とそっくり。
○民主党
米・民主党、英・労働党が進める「第3の道路線」(ニューデモクラット、ニューレイバー)が身上。
言われているほど路線は不明確ではない。
もめるのは党内民主主義が働いている証し。
ちなみに、鳩山代表の唱える党の理念は、ニュー・リベラル。
○自由党
自由競争とそれを実現する機会均等を身上とする。
小沢私党を脱することが出来れば、新保守層の受け皿。
ただし、自由党は「国際民主同盟」(いわば保守主義インター)ではなく、
「自由主義インター」にオブザーバー加盟。
○共産党
民主集中制を採用している限り、個人的には信用が出来ないね。
オウム議員しかいない、無味乾燥政党。
党名変更、綱領見直し、民主集中制の廃止をしない限り、国民政党にはなれない。
○公明党
一般人には関係のない政党。
カルト教団(フランス認定)を支持母体とした政党。
○社民党
護憲の呪縛から逃れられない政党。
党の路線としてはフランス社会党のように「第三の道」路線より「連帯・共生」を重視したいのだろうが
経済政策に弱く、非現実的な安保政策にこだわる党の方針は社民政党としてはいかがなものか。
「頑固に平和」では、アメリカや周辺諸国は納得してくれないだろう。
○維新政党・新風(おまけ)
まあ、右翼政党あるいは真正保守政党。
泡沫政党のレベル。

29 :無党派さん:01/12/13 20:25 ID:Pz5gJL0v
>>20
自民党の坂井衆議院議員らが関与している大和管財グループ詐欺事件の新展開を期待します。

30 :無党派さん:01/12/14 04:55 ID:qgUeDbBe
>1
同意。
「政官業」癒着政党=自民党による利益誘導&分配あっせんのブローカー政治を打破しない限り、日本の衰退を食い止めることはできない。
与野党の対立軸は、「利権政治にイエスかノーか」だ。

31 :無党派さん:01/12/14 12:56 ID:ytKL2ETu
☆小泉新党なら、全面協力☆(新聞より)
 自民延命に手は貸さず 羽田氏、是々非々で対応
 民主党の羽田孜特別代表は10日の記者会見で、「小泉改革」に対する鳩山由紀夫代表らの対応について「自民党にすり寄ることはあってはならないし、
鳩山代表と菅直人幹事長は自民党の延命に手を貸してはならないという固い決意を持っている」と指摘。その上で「(小泉純一郎首相が)どうしてもやらねばならないことが与党の反発でできない時、
(民主党が首相方針に)賛成することはあり得る」として、是々非々で対応する考えを示した。
また羽田氏は「小泉首相が新しい政党でもつくるなら、われわれも皆で協力することはできる」として、首相が自民党を離党し「改革」を成し遂げようとするのなら、全面的に協力する意向を明らかにした。    

32 :無党派さん:01/12/14 13:00 ID:8K5SBW/o
羽田氏は正しい!それこそ国民のための政治。

33 :無党派さん:01/12/14 15:28 ID:Pd9kLgjK
>31
同意。
小泉新党に期待!
与野党の改革勢力の結集だ!

34 :無党派さん:01/12/14 19:52 ID:Ez325lvf
 真紀子(相続税とかファミリー企業に問題あり)に人気があり、それを批判すると外務官僚の手先のように扱う風潮があるのは、今の世論は国のためになること(あるいは自分たちの)を実行できるならスキャンダルや私腹を肥やすこと
があってもかまわない」という人が増えてるんでは?
郵政民営化とか特殊法人廃止でも銀行や宅配便を儲けさせるということは
あまり気にしてないようだし。

35 :無党派さん:01/12/15 02:03 ID:Mw4gZXTR
>34
というより、国民は小泉首相や田中外相をアイドルと勘違いしているんじゃないんですかねえ。
彼(女)らは、良くも悪くも「つかみ」があるというか、キャラが立っているというか、とにかく人の心をつかむのがうまい。
これは芸能人にとっても、政治家にとっても、かなめの才能といえる。
しかも、ワイドショーがおもしろおかしく、人気を煽る。
だから、国民は彼(女)らの魅力のとりこになってしまった。
その結果、私たちが好きなアイドルをひいき目にみるのと同じように、国民も「少々」のことは大目にみようという気になる。
相続税の問題やファミリー企業の問題が「少々」のことだとは、私は思わないけど。

36 :無党派さん:01/12/15 18:07 ID:a7Ck4YKK
>34
自由党の達増議員は、衆院予算委員会で、田中外相を「虚言癖」などと批判した。
抗議が殺到した。短時間にざっとメール2000通、ファクス150本、そしてあとから手紙100通。
電話は数え切れない。
「田中外相が外務省OBの私を『外務省の尻尾を引きずってらっしゃる』と発言したことに反応したようだ。
私はいち早く、外交機密費は今の半分でいいと言ったのに。
国民はそんなレトリックにだまされている」

そう語った。(朝日新聞6.18)

37 :無党派さん:01/12/16 06:00 ID:i1v9ZDcM
>1
達増議員は、アメリカ型修正条項追加方式の改憲を提案しているね。
それだと、原文を変えたくない護憲派にも配慮できる。

わたしも「修正条項追加方式」の改憲方式に賛成。

38 :無党派さん:01/12/16 12:23 ID:c9CuCfy3
>1
「非自民=利権政治の否定」。
これが、野党の旗印だな。
野党の結集点だな。

39 :無党派さん:01/12/16 13:24 ID:aVByVxAF
ずばり、小泉VS加藤。
社民と自由そして横路が加藤首班で勝負すると見ました。

40 :無党派さん:01/12/16 13:26 ID:PPsE4n/4
9条改正選択肢に…民主憲法調査会の中間報告案

 民主党憲法調査会が18日に発表する中間報告のうち、焦点の安全保障分野の原案が14日明らかになった。
紛争当事者の停戦合意などがなく、国連が武力行使を含めた強制的手段により紛争を解決する「平和強制型
国連平和維持活動(PKO)」に日本が参加できるようにするため、憲法第9条の改正や憲法解釈の変更などの
選択肢を列挙しているのが特徴だ。

 この原案は、安保政策を担当する同調査会の第5作業部会が同日まとめた。この中で「日本は平和の実現に向けた
国際秩序の構築に参加すべきだ。あらゆる種類のPKOに参加する選択肢を持つ必要がある」として、戦闘行為が予想
されるPKOへの参加を禁止している現行法制度の見直しを提言している。

 具体的には、〈1〉憲法前文と9条を改正し、PKOを含む集団安全保障への参加を可能とする条文を追加する〈2〉憲法
改正は行わずに憲法解釈を改め、集団安全保障への参加を認める〈3〉安全保障基本法を制定する〈4〉自衛隊とは
別組織のPKO派遣部隊を設置し、あらゆるPKOに参加させる――ことを検討課題として挙げている。

 同調査会は来年9月に最終報告を取りまとめるが、安保政策をめぐる政界再編論議にも影響を与えるとみられる。
(12月15日03:14)

http://www.yomiuri.co.jp/01/20011215ia01.htm

41 :無党派さん:01/12/16 15:12 ID:6kiOSbrh
中村哲治衆議院議員のメルマガより転載
◇ 「議員立法促進法案」を提出
臨時国会のおわり(12月4日)に、「議員立法促進法案」(正式には「国会法の一部を改正する法律
案」)を衆議院の事務局に提出しに行きました。この法案は、河村たかし(かわむら・たかし)衆議院
議員(愛知県1区)が中心になって作ったもので、私も提案者の一人となりました。
あまり知られていないことなのですが、国会議員が議員立法をしようと思って国会法56条の要件(衆
議院では20名・参議院では10名の賛成者を集めること等)をみたしたとしても、その議員が所属
している会派の承認がなければ、慣例上、衆議院・参議院の事務局が法案を受け取らないのです。
今回の法案の趣旨は、その会派の承認がない場合でも(現在の国会法56条の要件のみで)議員が
国会に法案を提出できるようにしようというものです。
私たちは、法案の性質上、私たちの会派「民主党・無所属クラブ」の承認なしで提出しに行ったの
ですが、事務局は「慣例ですから」と言い、受理されませんでした。結局、事務局が議院運営委員
会に「この書類を置いて行かれました」と伝えることになりました。
結局、後日、私たちの会派(民主党・無所属クラブ)の議院運営委員会の理事が「私たちの会派の
承認を得ていない」ということで反対し、衆議院に受理されないことが確定しました。
◇ この法律のメリット
この法律が成立すれば、会派の縛りなしに法案を提出できることになります。
私も、法律というものは衆参の両議院で過半数の賛成を得ないと成立しないものである以上、
まとまった数の賛成者を用意する意味でも、一般的には会派の承認を取るべきだと思います。
しかし、時代が急速に動く中で、多様な価値観を国会内で議論する必要性が生じています。
超党派での法案の提起が必要なケースも増えるでしょう。
会派の承認を得るということは、党内手続きという密室の中で議論や判断がなされるという
ことの裏返しでもあります。党内手続きにかけるとつぶされるような案件については、国会
に提出して世論に訴えるという手法も必要だと思うのです。
もちろん、会派の承認を得ていない法案は、議院運営委員会でもなかなか取り上げられない
ものになるでしょう。しかし、提出すること自体でマスコミなどで取り上げられ、議論がされ
うる状態になります。そういう社会的な効果が大きな意味を持つと思うのです。
臨時国会では、まずは問題提起にとどまりましたが、来年1月からの通常国会では、党内で正式
に承認を求めていき、民主党提案の法案として提出したいと思います。
◇ 参考
【国会法第56条1項】
議員が議案を発議するには、衆議院においては議員二十人以上、参議院においては議員十人以上
の賛成を要する。但し、予算を伴う法律案を発議するには、衆議院においては議員五十人以上、
参議院においては議員二十人以上の賛成を要する。(電子政府「法令データ提供システム」より)
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi
【原口一博(はらぐち・かずひろ)衆議院議員のメルマガ】
http://haraguti.com/syokason/syokason060.htm

42 :無党派さん:01/12/16 23:50 ID:+0KCkMBi
>39
小泉対加藤?
勝負にならんよ。
戦にならんよ。
数がぜんぜん足らん。加藤は。

加藤氏は、…いまのところ展望はないねえ。
もし政界再編が起きたら、そのときどう動くか…。

43 :無党派さん:01/12/17 06:19 ID:TgSBy6SV
だんだん論点がとっ散らかって来てるぞ。

44 :無党派さん:01/12/17 20:02 ID:2c8Ls7bP
小泉vs橋本の「最終戦争」
「改革バクダン」を抱いて「自爆(解散)」せよ

「道路」だけでも「ノー」の大合唱。
このままいけば立ち往生…政界再編か、はたまた解散か

事態打開の残された道は唯一つ。
体制を作り直すための衆院解散ー総選挙をしかるべき時に断行することだ。
そして政界ビッグバンを起こし、改革勢力を再結集した「小泉新党」を立ち上げることだ。
独断専行で改革案をまとめて、来年の通常国会に突っ込み、そこで否決されたら解散に打って出る、という荒技もある。

いずれにしろ、政界再編のプロセスを踏まずして、小泉政治が停滞から抜け出し、
改革を成就させる方法は最早ないように思われる。

by篠原文也(政治ジャーナリスト)「諸君」1月号所収

45 :無党派さん:01/12/18 08:14 ID:iWx5RPeS
小泉流の構造改革というのは、突き詰めれば自民党や霞ヶ関、それに連なる業界の既得権益をぶっ壊すことである。
…(中略)…
自民党を依然として「実効支配」しているのは、旧来の勢力である。
私はこの夏に出した拙著(「日本の政治はこう変わる!」)で「トップが代わって一変できるほど自民党の体質、構造問題の根は浅くない」と指摘したが、
最近の状況を見るにつけその感を強くする。

旧来の勢力の大半は、「トップが小泉氏になったことが最大の党改革」と位置付けている。
小泉政権の誕生をもってして「自民党は変わった」と思わせればいい。
それが本音である。

小泉構造改革の成否は、こうした自民党の体質、構造にどこまでメスを入れられるかにかかっていた。

ところが政権発足後早7箇月が経つというのに、総裁選規定の見直しなど一部を除けば、党の抜本改革が大きく進む気配はない。

by篠原文也(政治ジャーナリスト)「諸君」1月号所収

46 :無党派さん:01/12/19 00:03 ID:C5M6Aoa8
小泉氏は改革政策を推し進めていけば、自民党も変わらざるを得なくなる、と思っているのかもしれないが、むしろ逆だ。
政策を生み出す党の体質、構造に切り込んでこそ、政策展開の一体感が出てくる。
その下部構造をいじらず、政策という上部構造だけで勝負しても自ずと限界がある。

このことは特殊法人改革、郵政三事業の民営化問題、医療制度改革などをめぐる旧来の勢力との攻防を見れば、一目瞭然である。

47 :無党派さん:01/12/19 16:05 ID:6QO8BadR
「特殊法人改革:入り口に立っただけ」宮脇淳北海道大学教授(朝日12.19)
小泉首相が言っているほど特殊法人改革が進んだとは言えない。
組織・事業に網羅的に手をつけ、道路公団も含め従来より方向性は示したが、
実態としては先送りで、焦って年内に何とかまとめた感がある。
評価としては「やっと入り口に立ったところ」だ。

…(中略)…

すべての特殊法人の資産や債務の現在価値など財務内容を正確に把握し、
企業会計基準で経営実態を明らかにすることが欠かせない。
政府はそのうえで、赤字でも公共サービスが必要なのかどうか、
説明していく責任がある。

48 :無党派さん:01/12/19 22:34 ID:WokMlKhU
★改革にはスピードが欠かせない!★(朝日12.19)
政府が決定した整理合理化計画では、163の特殊法人・認可法人のうち、
17が廃止、45が民営化、38が独立行政法人に改組されることになった。

無駄な事業がはびこりながら、これまでは小手先の改善しかできなかった。
そこに、「廃止・民営化」の旗を掲げて切り込んだ小泉首相の姿勢は評価したい。

しかし、本当に日本の構造改革につながる成果を上げた、とは到底言えない。
肝心な点がいくつも先送りされている。

日本道路公団には民営化の道筋がつけられたが、中身はあいまいだ。
政府系金融機関の組織統合は、反対論に封じられた。

成田、関西、中部の3国際空港の民営化も、関空の赤字を成田の収益で埋めようとする思惑に押し込まれた。

首相の言葉は「改革に向かってだんだんと進んでいる」と強気だが、
この先、族議員や官僚たちの巻き返しで改革のスピードが遅れたり、
具体案作りで詰めを怠ったりすれば、竜頭蛇尾に終わりかねない。

首相は国民の支持を背に、改革に目を光らせていかなければならない。
その姿勢を崩せば、政権の使命は果たせない。
改革にはスピードが欠かせない。

49 :無党派さん:01/12/20 07:35 ID:EnYbhuz0
>1
同意。
「政官業」癒着政党=自民党による利益誘導&分配あっせんのブローカー政治を打破しない限り、日本の衰退を食い止めることはできない。
与野党の対立軸は、「利権政治にイエスかノーか」だ。
自民党型利権政治システムの是否だ。

50 :無党派さん:01/12/20 07:53 ID:EK9G8ZJD
>>44
小泉新党に期待するのは典型的な無い物ねだりだと思うけど

51 :無党派さん:01/12/20 20:12 ID:eJBv1hE3
>50
たしかにね。
小泉さんについては、自民党の青木参議院幹事長が言うように
「コップのなかでさざ波をたてることはあっても、コップそのものを壊すことはない」と評しているし。
結局、自民党型利権政治システムの延命という役割を果たしているエセ改革者かもしれないね。

52 :無党派さん:01/12/21 07:19 ID:Es4BqNzT
【小泉首相と自民党の間には、「不整合」がある。このネジレを解消するための政界ビッグバンを!】
小泉氏が自民党を割り、政界ビッグバンに打って出れば、このネジレも解消され、
理想的な対立軸再編が完成する。
有権者から見ても、選挙の際に選択しやすくなる。
7月の参院選の時のように、「小泉氏を支持したいが、自民党には…」(あるいはその逆も)、といった悩みも解消される。
…(中略)…
後は小泉氏がどう判断するかだが、まだ現在の政治体制での改革に望みを捨ててないように見える。
それが不可能なことにいつ気づくかだ。
今政治に求められているのは、経済の構造改革だけではない。
政治の構造改革もそれに劣らずである。
いや、むしろ政治の構造改革なくして経済の構造改革なし、と言ってもいいかもしれない。
政界ビッグバンはその政治構造改革の最たるものである。

by篠原文也(政治ジャーナリスト)「諸君」1月号所収

53 :無党派さん:01/12/21 22:55 ID:QOHGHWGt
ジャーナリストの篠原氏がいうように、(小泉氏が「織田信長」になれるかどうか、わからんが、)
早く気づいて欲しいものです。

54 :無党派さん:01/12/22 05:08 ID:gC2slMx7
>53
同意。

55 :無党派さん:01/12/22 23:05 ID:nfjTqweQ


56 :無党派さん:01/12/23 02:02 ID:9aUOaEht
>1
同意。
「政官業」癒着政党=自民党による利益誘導&分配あっせんのブローカー政治を打破しない限り、日本の衰退を食い止めることはできない。
与野党の対立軸は、「利権政治にイエスかノーか」だ。

57 :無党派さん:01/12/23 17:08 ID:V6KE2GRz
利権政治にYESかNO!
これが、「自公保」と非「自公保」の違いということだな。

58 :無党派さん:01/12/24 00:01 ID:z7h8PC2K
自民党型利権政治システム=利益誘導&分配あっせんのブローカー政治のシステムの是否が対立軸だ。
「自公保」が利権政治に是。
非「自公保」が利権政治に否ということだ。

59 :無党派さん:01/12/24 13:10 ID:kSIS5/oH
>58
同意。

60 :無党派さん:01/12/24 23:38 ID:p6XlSjL8
小泉改革への評価を留保していた北海道大学教授の山口二郎氏が、ここにきて厳しい評価を下した。

「小泉改革の正体とは:それは、手段の自己目的化と族議員との共生」
Tスローガン先行の小泉構造改革においては、国債減額や特殊法人の民営化など、
単純な目標が設定されている。
しかし、これらは政策の目標ではない。
本来、手段でしかないものを大げさに取り上げて国民の期待を集めようとしているところに、
この改革の虚妄性が現れている。
U構造改革の具体案をめぐって、首相官邸と族議員・官僚連合体との間でキャッチボールが続いた。
小泉首相は、改革に反対するなら自民党をぶっ壊すと威勢のいいことを言っていたが、しょせん小泉首相も自民党の枠のなかでしかものを考えていないことはもはや明らかであろう。
仮に小泉氏が遠大な改革の理念を持っているとしても、族議員・官僚連合体と調整を図れば、
表面上の改革と実質的な利権政治の組み合わせという結果に終わることは必至である。

61 :無党派さん:01/12/25 00:07 ID:fVghq6RV
>>60 山口二郎は、以前から、小泉には厳しかったぞ。
っていうか、小泉に、早く自民を飛び出して、政界再編して欲しいんだろ。

62 :無党派さん:01/12/25 00:15 ID:Co0UFMoM
小泉は、解散する気だ。
離党はせんだろうな・・・。どうかな。

63 :無党派さん:01/12/25 19:10 ID:5cXNjFfs
>61
週刊金曜日のコラムに山口二郎教授の連載があるが、
5.18日号をみるとこう書いてある。
「小泉純一郎政権が発足し、まだまだブームは続きそうである。
正直なところこの政権に対しては、反発と期待が入り混じり、いまのところ評価することは難しい」。
「彼が改革を実行して、自民党の利権構造を打破することができるかどうか見守っていきたい」と。

ただ、最後に「小泉首相に戻るべき家はないという覚悟を求めたい。
自民党内の旧式の政治家と戦い続けなければ、この政権はたちまち瓦解するであろう」と締めくくっている。

たしかに、「政界再編」のようなことを期待しているね。

ただ、加藤を見捨て、あの森政権を支え続けた彼の政治姿勢については、この頃から不信感をもっているようだね。
「掌を返したように改革を唱えても額面どおり受け取るわけにはいかない。
今時分改革を唱えるのなら、なぜもっと早く森政権を倒すように動かなかったのだという当然の疑問に彼は答えていない」と批判している。

64 :無党派さん:01/12/26 21:34 ID:DZKK4Qfa
         ageてみるのもいいもんだ…
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.      Å_Å
.      (煤Lw`)          γ      γ
      /(⌒~M~)            γ
     ノ | ||          ......................................
.    く _,.(___)._)         .::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::........
     ~"''"""゛"゛""''・、     ...:::::;;;''        ';;;:::::.......
 "”゛""''""“”゛゛""''' "j'   ...::::;;;''            '';;;::::::.........
 :::::ヘ :::::....ヽ :::;;;ノ  ::(  ....::::::;;              '';;;::::::::::.......
 ::  ゝ  :::::......ノ:;;../  ~~^^ ~~~~~^^^~  ~~^^~~~^ ~~~^^~~~~

65 :無党派さん:01/12/27 18:12 ID:wtj2Sd4F
【「民主・自由・社民」新党結党!結集点=利権政治の否定】
【リベラル勢力は、いかなる戦略を持つべきか。「民由社」新党の結成を!結集点は、「利権政治の否定」】
当面の最大の課題は自民党による利権政治を終わらせることである。
そのためには、第一に、自由党から共産党まで含めて、出自にこだわらず広汎な多数派を組む必要がある。
なぜなら、純化路線・孤立主義路線は今の選挙制度には決定的に不利だからだ。
中選挙区制では、得票率10%程度でも、100議席近く取れた。
しかし、現行制度のもとで同じ得票率なら、その半分もいかないだろう。
それゆえに、民主党が結束すべきであることは言うまでもないが、野党全体も大同団結の方向で結束すべきである。
できれば、「民主・自由」合体新党、「民主・社民」合体新党、ひいては「民主・自由・社民」合体新党が結党されることが望ましい。
(「小泉新党」が結成されれば、もちろん合流をも含め、全面的に提携する。)
共産党は、党名と綱領を見直し、民主集中制を廃止して、社会民主主義政党に脱皮し、そのうえで「民由社」新党と「オリーブの木」(選挙連合)を組むのが望ましい。

そして、第二に、政権奪取後、利権政治を終わらせるために細川政権の教訓を踏まえ、真の政治改革・行政改革を早急に実現することが必要である。
自民党の腐敗政治は、中央集権的な公共事業と、裁量行政をもとにしたあっせん政治の二本柱から成り立っている。
公共事業の分権化とあっせん利得処罰法の強化(秘書経由などの抜け道をふさぐ)という二つの劇薬を飲ませれば、自民党は分解する。
一部は「下放」して地方で生き残るのだろうが、そうなれば住民の戦いでこれを退治できる。

それを実現するまでは、安全保障などの他の重要課題について大きな転換を起こすことはできないだろうし、すべきでもない。
たとえば、日米安保体制の方向性を転換するなどといった大きなテーマとなると、残念ながら日本にはそうした構想やビジョンを相手国や周辺国に対して説得するだけの知的蓄積がない。
社民党的な「頑固に平和」では、誰も納得してくれないのである。
そうした分野では、現状を継続し、反撃のための知的準備をすることが当面の課題となる。

自民党が解体すれば、当然「非自民=利権政治の否定」というシンボルも意味を失う。
そうなると、「民由社」新党も結束する意味はなくなるであろう。
その時には改めてリベラル派の政権構想が問われることになる。
新たな雇用創出と社会の階層化の阻止、アジアとの共存の枠組み、環境中心の経済政策、働く女性に恩恵をもたらす政策、マイノリティーの地位向上策などいくつかの柱で、理念を彫琢(ちょうたく)しておかなければならない。

66 :無党派さん:01/12/28 23:00 ID:grAX5YT7
>65
同意。

67 :無党派さん:01/12/29 05:00 ID:NWEjejNA
【「このままではダメだ!」猪瀬直樹氏(行革断行評議会)】(朝日12.26)
「私たちはおじゃま虫だった」。
行革断行評議会(石原伸晃行革担当相の私的諮問機関)のメンバーらが25日の記者会見でこぼした。
小泉首相から特殊法人改革の「旗振り役」を任されたのに、官僚が非協力的で、特殊法人等整理合理化計画にも十分意見を反映できなかったからだ。

計画の評価を聞かれた猪瀬直樹氏は「このままではダメだ」。
国際空港の改革案検討のため資料を求めても国土交通省だけでなく行政改革推進事務局さえ資料をなかなか出さなかったという。
「本当にやる気があるのか」

68 :無党派さん:01/12/29 20:35 ID:PrdUMQ72
>67
猪瀬直樹氏が言うとおり、小泉首相は「本当にやる気があるのか」。
第二次補正予算論議に示されるように、国債を抑制する体裁を取り繕って、
実質的には党内の古い政治家の要求を入れて利益分配政治を継続している。
小泉政権の本質的役割は、自民党政治=利権政治の延命にあると判断せざるを得ない。

69 :無党派さん:01/12/30 09:36 ID:2qADguwi
>68
同意

70 :無党派さん:01/12/30 22:24 ID:tDGf8UbO
小泉vs橋本の「最終戦争」
「改革バクダン」を抱いて「自爆(解散)」せよ

「道路」だけでも「ノー」の大合唱。
このままいけば立ち往生…政界再編か、はたまた解散か

事態打開の残された道は唯一つ。
体制を作り直すための衆院解散ー総選挙をしかるべき時に断行することだ。
そして政界ビッグバンを起こし、改革勢力を再結集した「小泉新党」を立ち上げることだ。
独断専行で改革案をまとめて、来年の通常国会に突っ込み、そこで否決されたら解散に打って出る、という荒技もある。

いずれにしろ、政界再編のプロセスを踏まずして、小泉政治が停滞から抜け出し、
改革を成就させる方法は最早ないように思われる。

by篠原文也(政治ジャーナリスト)「諸君」1月号所収

71 :無党派さん:01/12/31 18:32 ID:q2l4RHtQ

         ageてみるのもいいもんだ…
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.      Å_Å
.      (煤Lw`)          γ      γ
      /(⌒~M~)            γ
     ノ | ||          ......................................
.    く _,.(___)._)         .::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::........
     ~"''"""゛"゛""''・、     ...:::::;;;''        ';;;:::::.......
 "”゛""''""“”゛゛""''' "j'   ...::::;;;''            '';;;::::::.........
 :::::ヘ :::::....ヽ :::;;;ノ  ::(  ....::::::;;              '';;;::::::::::.......
 ::  ゝ  :::::......ノ:;;../  ~~^^ ~~~~~^^^~  ~~^^~~~^ ~~~^^~~~~

72 :無党派さん:02/01/01 02:58 ID:9gs6Bwl6
☆小泉新党なら、全面協力☆(新聞より)
 自民延命に手は貸さず 羽田氏、是々非々で対応
 民主党の羽田孜特別代表は10日の記者会見で、「小泉改革」に対する鳩山由紀夫代表らの対応について「自民党にすり寄ることはあってはならないし、
鳩山代表と菅直人幹事長は自民党の延命に手を貸してはならないという固い決意を持っている」と指摘。その上で「(小泉純一郎首相が)どうしてもやらねばならないことが与党の反発でできない時、
(民主党が首相方針に)賛成することはあり得る」として、是々非々で対応する考えを示した。
また羽田氏は「小泉首相が新しい政党でもつくるなら、われわれも皆で協力することはできる」として、首相が自民党を離党し「改革」を成し遂げようとするのなら、全面的に協力する意向を明らかにした。    

73 :利権政治の打倒を:02/01/02 01:18 ID:aioIyuV6
小泉流の構造改革というのは、突き詰めれば自民党や霞ヶ関、それに連なる業界の既得権益をぶっ壊すことである。
…(中略)…
自民党を依然として「実効支配」しているのは、旧来の勢力である。
私はこの夏に出した拙著(「日本の政治はこう変わる!」)で「トップが代わって一変できるほど自民党の体質、構造問題の根は浅くない」と指摘したが、
最近の状況を見るにつけその感を強くする。

旧来の勢力の大半は、「トップが小泉氏になったことが最大の党改革」と位置付けている。
小泉政権の誕生をもってして「自民党は変わった」と思わせればいい。
それが本音である。

小泉構造改革の成否は、こうした自民党の体質、構造にどこまでメスを入れられるかにかかっていた。

ところが政権発足後早7箇月が経つというのに、総裁選規定の見直しなど一部を除けば、党の抜本改革が大きく進む気配はない。

by篠原文也(政治ジャーナリスト)「諸君」1月号所収

74 :無党派さん:02/01/02 10:47 ID:HozwmOBl
【失業率5.5% 過去最悪を更新!「経済音痴」の小泉首相の説明は説得力なし!】(朝日夕刊12.28)

11月の完全失業率(季節調整値)が5.5%と3箇月連続で過去最悪を更新した。
総務省が28日発表した労働力調査によると、完全失業者は前年同月より41万人多い350万人。
特に、会社の倒産、リストラなどによる非自発的失業が過去最多の123万人に達し、2年4箇月ぶりに自発的失業を上回った。
また、世帯主の失業率も過去最悪の3.8%、完全失業者は初めて100万人を突破した。
厚生労働省が同日発表した11月の有効求人倍率も0.53倍と5箇月連続で落ち込み、雇用情勢に改善の兆しは見られない。
…(中略)…
「仕事はあるんです。問題はミスマッチをどう解消するかだ」という小泉首相の説明は、自発的な離職が圧倒的に多く、求人も十分にある状態ならともかく、
雇用が全体として縮小している今、説得力を持たない。

雇用情勢がとりわけ厳しい中高年層の状況をみれば、現在のミスマッチは、能力や働く側の意識といった問題よりも、
年齢の壁や賃金の問題が大きいのではないか。
募集・採用時の年齢制限の問題一つとっても、厚生労働省が10月から指導に乗り出したが、
「地域、事業所によって対応にばらつきがある」(職業安定局)のが現状で、より踏み込んだ対応が必要となっている。

75 :無党派さん:02/01/03 03:08 ID:jLS6se3V
>74
そもそも国民に痛みを強いる社会にしたのは、一時期を除いてずっと与党にいた自民党の責任だ。
税金を無駄使いするからこうなる。

76 :無党派さん:02/01/03 17:03 ID:R6OAQr4C
>75
同意。

77 :無党派さん:02/01/04 07:51 ID:W7OhedEq
利権政治にYESかNO!
これが、「自公保」と非「自公保」の違いということだ。

自民党型利権政治システム=利益誘導&分配あっせんのブローカー政治のシステムの是否が対立軸だ。
大雑把にいえば、「自公保」が利権政治に是。
非「自公保」が利権政治に否ということだ。

78 :無党派さん:02/01/04 22:52 ID:qmzF/0uL
>77
同意。

79 :無党派さん:02/01/05 12:39 ID:toGElIDt
(1)【「利権政党=自民党」の解体=理念・政策本位の政界再編】
【自民党型利権政治システムの解体=自民党の分裂・解党=理念・政策本位の政界再編】
自民党は本来、共産主義勢力を封じ込めるためにできた政党であり、
いろんな政策をヌエのように抱え込んでいる。
理念・政策本位の政界再編は望ましいが、それは自民党が割れない限り、起こり得ない。
しかし、自民党は政権につくことを生命線とする政党であり、政権の座にある限り、割れないだろう。

このためにも、野党は細川政権のような政権奪取型の結集を考えるべきだ。
自民党はその性格上、「利権政治勢力」だから、野党の結集点は「利権政治の否定」になる。
この方向で大胆な対案を作り上げ、候補者を調整して総選挙に備えるべきだろう。
(参考:北岡伸一東大教授の小論、山口二郎北海道大学教授の小論)
(2)●「政官業」癒着政党=利権政党=自民党の犯罪・醜聞●
KSD汚職の自民党(村上正邦元労働大臣・元自民党参院幹事長逮捕、小山孝雄参議院議員逮捕)
ゼネコン汚職の自民党(中村喜四郎元建設大臣逮捕、中尾栄一元建設大臣逮捕)

ロッキード、ダグラス・グラマン、リクルート、共和、佐川急便、金丸脱税、ゼネコン汚職、KSD、高祖……。
「人の噂も75日」という諺どおり、国民はすぐに忘れてしまう。
汚職の「温床」となっている「政官業」癒着構造は、ほとんどかわっていないのに、結局うやむやになってしまう。
借金(国と地方を合わせて700兆円超)を生み出す「政官業」癒着構造は、ほとんどかわっていないのに、結局うやむやになってしまう。

自民党の額賀元経済財政大臣のKSD疑惑は、どうなったんだ?
密室の政治倫理審査会で釈明してもう終わり。
「自公保」は、野党の要求どおり、額賀氏の証人喚問を受け入れるべきだ。
自民党の中川秀直前官房長官の覚醒剤使用疑惑、捜査情報漏洩疑惑、暴力団系右翼との交際疑惑も風化させてはならない。
自民党の森喜朗前総理大臣の買春疑惑、エイズ患者差別発言も風化させてはならない。
自民党の佐田玄一郎元郵政政務次官の買春疑惑も風化させてはならない。(「週刊宝石」1998.6.11号より)

自民党の久間章元防衛庁長官は、暴力団組長との交際疑惑について、国民に釈明すべきだ。
自民党の亀井前政調会長も、許永中からのヤミ献金疑惑について、国民に釈明すべきだ。
自民党の鈴木宗男元北海道・沖縄開発庁長官も、「航空三社」談合指示関与疑惑、ケニアODA疑惑、北方2島での旧地主「地権」買占め疑惑、信用保証詐欺事件関与疑惑について、国民に釈明すべきだ。
自民党の塩川正十郎財務大臣も、医療法人からの違法献金疑惑について、国民に釈明すべきだ。
自民党の三塚元旧大蔵大臣(元自民党幹事長)と自民党の坂井隆憲衆議院議員も、大和都市管財グループ詐欺事件関与疑惑について、国民に釈明すべきだ。
(以上、新聞・雑誌報道より)

80 :無党派さん:02/01/05 16:04 ID:Xjb+dHw5
地方で相乗りをしている民主党は所詮自民党の手先自民党と民主党の戦いは
ストーンコールドとビンス・マクマホンの見せ掛けの争いと一緒でシナリオができている。

81 :無党派さん:02/01/05 18:58 ID:YlOwdJGU
ところで議員さんよ、いまの野中の影響力って、どれくらい?
ポマードの頃はかなり影響力が合ったような気がするんだが・・・

82 :無党派さん:02/01/05 19:02 ID:/k6LGSo+
自民党では利権屋政治家ほど幅をきかせています
小泉さんにはそこを変えてもらわないと

83 :無党派さん:02/01/06 07:26 ID:OUl01EA8
>80
それゆえに、自民党の分裂・解体が望ましいのです。
理念・政策本位の政治を実現し、「2大勢力による相互監視が出来るシステム」、実質的に政権交代のある民主主義を実現するためにも。

自民党を分裂・解体するためには、2つの方法がある。
T総選挙を通じた政権交代→自民党下野→政権という求心力を失った自民党は1〜2年で崩壊
U小泉新党結成。

TUともに実現する可能性は少ないが、これ以外、展望はないと思われ。

84 :無党派さん:02/01/06 11:32 ID:17xfOZH2
>>83
民主党が相乗りをやめるのが先やめない限り自民党解体は絵空事。

85 :無党派さん:02/01/06 21:08 ID:2evUSV+B
>84
どっちが先でもいいじゃん。
中央が変われば、地方も変わると思うYO。

86 :無党派さん:02/01/07 14:39 ID:HIOQhdsi
そうだね…。

87 :無党派さん:02/01/07 21:14 ID:MSyw7Bl/
>>85
中央(「非自民」=利権政治の否定)
地方(「非自民」=利権政治の肯定)自民党と仲良く利権政治の一員で
利権政治を地方では温存って民主党は有権者を侮辱する気か
民主党は分裂病?
もともと民主党は分裂病だもんな。w

88 :小泉新党、結党!:02/01/08 04:52 ID:H0qQnChu
>87
「小泉信者」だが、「小泉新党」ができれば、この矛盾、解決されるYO!
....

89 :無党派さん:02/01/08 21:40 ID:I5i+X6OH
>87
第一に、「相乗り=利権政治肯定」とは必ずしも言えない。
第二に、すべての首長選挙で相乗りをしているわけではない。
第三に、相乗りをしていない共産党が利権政治打破に成功しているわけではない。
第三に、民主党は、共産党や公明党のような全体主義政党ではないので、党内に異論があっても当然だ。
第四に、衆参両院で180人以上の議員を有し、かつ政権という求心力も無く、かつ出自の異なる議員の寄り合い所帯である以上、不協和音が合って当然。
自由党・さきがけ・共産党・公明党のような「純血主義」を否定する以上、やむを得ない。
第五に、自民党を割るためには、民主党がまとまっていなければならない。
ウラを返せば、自民党が割れれば、民主党も割れてもいい。
そのときこそ、理念・政策本位の政界再編が起き、日本の政治がはじめて保守とリベラルに分かれ、近代的な政治構造となるであろう。

90 :無党派さん:02/01/08 23:55 ID:n4Ek7tsJ
>第一に、「相乗り=利権政治肯定」とは必ずしも言えない。

タイトルに反している看板を下ろすべき相乗りの正当化は有権者に対する詐欺でしかない。


>第二に、すべての首長選挙で相乗りをしているわけではない。

すべての首長選挙で自公保とは相乗りをしてはいけない、
それは政権目指す政党として有権者に対する責任でもある。


>第三に、相乗りをしていない共産党が利権政治打破に成功しているわけではない。

相乗りで自民党政治に手を貸しながら民主党が自民党利権政治打破の主張は自己矛盾もいいとこ、
相乗りに関して共産党を民主党は非難できない、
共産党で利権政治打破が99%不可能なら相乗りをやめない民主党には100%不可能、
民主党が相乗りをする以上自民党利権政治の分け前にあずかっているとしかいえない。


>第四に、民主党は、共産党や公明党のような全体主義政党ではないので、・・・
>第五に、衆参両院で180人以上の議員を有し、かつ政権という求心力も無く、・・・
>第六に、自民党を割るためには、民主党がまとまっていなければならない。・・・

程度問題でとくに横路は限りなく赤に近いピンクで政権政党にはふさわしくない。

自由党やさきがけが純血主義とはいえないだろう、
社会自由党は純血主義とは程遠い。

相乗りをやめる事が民主党が政権政党に近づく大きな第一歩で、
相乗りと言うぬるま湯から民主党は早く出るべき。

91 :無党派さん:02/01/09 11:10 ID:/E6hmvvK
>90
相乗りをやめる事は望ましいが、それは一朝一夕で出来ることではない。
自民党を下野させ、崩壊させることが先だ。
そうすれば、相乗りもなくなっていくであろう。
認識の違いだ。

>程度問題でとくに横路は限りなく赤に近いピンクで政権政党にはふさわしくない。

「赤」とか「ピンク」などというレッテル張りは、不毛。
まず、何をもって「赤」というのか、それを定義しなければ。
すなわち、言葉の定義に折り合いをつけるべきでは。そういうレッテル張りをするなら。

>自由党やさきがけが純血主義とはいえないだろう、
自由党は、新進党という寄り合い所帯の政党を解党して、理念・政策でまとまりのある政党をつくる目的で結党された。
さきがけについては、分裂後のさきがけ、すなわち民主党に合流せずに「さきがけ」の旗を守り続けて滅んでいった、人たちのことを指して「純血主義」と言っている。
なお、田中秀征氏は、「さきがけ原理主義」と呼称されていた。

>社会自由党は純血主義とは程遠い。
はあ??????
なんじゃそりゃ(w。そんな政党ないだろ(w。

92 :無党派さん:02/01/09 22:34 ID:F2oLx17J
格言
「政治は数、数は力」

「正義なき力は暴力、しかし力なき正義は無力」

93 :無党派さん:02/01/10 13:41 ID:pBOlYNhZ
●自民党参院幹事長青木幹雄が、小泉らYKKを公然と批判!●(朝日1.9)
「今の党内の雰囲気の責任の一端はYKKにある。
民主党なんて放っておけばつぶれるのに、(民主党がつぶれないのは)党内のけんかに負けたら民主党と組めばいいなんてことを言うからだ」
昨年末の会合で自民党参院幹事長 青木幹雄は、YKKの前で言い放った。
民主党との連携をにおわす小泉や、菅直人や小沢一郎ら野党幹部と公然と会食する加藤に対するいら立ちが募るようだ。
…(中略)…
加藤紘一はホームページの新年のあいさつに「改革を求める国民のうねりは終わっていない。
第二第三のうねりは必ず起こる」と記した。
P.S
小泉政権にとって、民主党や自由党などの改革派野党の存在は、今や政権存続にとって不可欠なカードとなっているようだ。
小泉首相は「民主党カード」などを巧みに用いて、「小泉降ろし」の機会をうかがう自民党守旧派を牽制している。
本来は最大のライバルであるはずの野党第1党の存在が、小泉政権存続のための「生命線」となっている。
その奇妙な現象は、小泉政権と自民党との間の「不整合」「ネジレ現象」を象徴しているかのようだ。

94 :無党派さん:02/01/10 22:59 ID:d5tTRwNi
小泉vs橋本の「最終戦争」
「改革バクダン」を抱いて「自爆(解散)」せよ

「道路」だけでも「ノー」の大合唱。
このままいけば立ち往生…政界再編か、はたまた解散か

事態打開の残された道は唯一つ。
体制を作り直すための衆院解散ー総選挙をしかるべき時に断行することだ。
そして政界ビッグバンを起こし、改革勢力を再結集した「小泉新党」を立ち上げることだ。
独断専行で改革案をまとめて、来年の通常国会に突っ込み、そこで否決されたら解散に打って出る、という荒技もある。

いずれにしろ、政界再編のプロセスを踏まずして、小泉政治が停滞から抜け出し、
改革を成就させる方法は最早ないように思われる。

by篠原文也(政治ジャーナリスト)「諸君」1月号所収

95 :無党派さん:02/01/11 10:08 ID:1og0xZYS
>94
激しく同意。

96 :無党派さん:02/01/11 11:27 ID:cYZKNqQ/
>>94
あんまりセンスを感じないね
だいたいこの前の参院選ときだって
小泉人気で猫も杓子も自民に入れたおかげで
「抵抗勢力」増えたじゃん
解散前に「小泉新党」起つべし

97 :無党派さん:02/01/12 05:55 ID:ZZtZiF8o
>96
同感だ。
そもそも、小泉政権と自民党の間には「不整合」がある。
この「不整合」を解消しないと、小泉のやろうとしている「改革」を支持するため、
「抵抗勢力(族議員勢力)」を増やさなければならないというおかしな事態が昨年の参院選から続いている。

98 :無党派さん:02/01/12 06:17 ID:ZZtZiF8o
>97
訂正。
この「不整合」を解消しない限り、「小泉改革」を支持した結果、
自民党の「抵抗勢力(族議員勢力)」を増やしてしまったというおかしな事態が続くであろう(参院選の結果がその証左)。
この「不整合」を解消する唯一の方策は、96氏が言うように、解散前に「小泉新党」を立ち上げることでしょう。

99 :無党派さん:02/01/12 23:39 ID:Ougfoszj
【小泉首相と自民党の間には、「不整合」がある。このネジレを解消するための政界ビッグバンを!】
小泉氏が自民党を割り、政界ビッグバンに打って出れば、このネジレも解消され、
理想的な対立軸再編が完成する。
有権者から見ても、選挙の際に選択しやすくなる。
7月の参院選の時のように、「小泉氏を支持したいが、自民党には…」(あるいはその逆も)、といった悩みも解消される。
…(中略)…
後は小泉氏がどう判断するかだが、まだ現在の政治体制での改革に望みを捨ててないように見える。
それが不可能なことにいつ気づくかだ。
今政治に求められているのは、経済の構造改革だけではない。
政治の構造改革もそれに劣らずである。
いや、むしろ政治の構造改革なくして経済の構造改革なし、と言ってもいいかもしれない。
政界ビッグバンはその政治構造改革の最たるものである。

by篠原文也(政治ジャーナリスト)「諸君」1月号所収

100 :無党派さん:02/01/13 00:40 ID:ugLDYEPq
相乗りを放置した状態で政権を取れば相乗りが解消されるといっても大半の有権者は信じない、
欠陥商品を買っていただければ欠陥を直しますといっても消費者は買わないのと同じ、
売る前に欠陥を直すべきで相乗りの放置は欠陥の放置と同じで出来るだけ早く直すべき、
相乗りを続けているとネガティブキャンペーンで相乗り非難をされる可能性も否定できない、
どうせ同じ欠陥をもつ商品なら(どちらも相乗りをするのなら)実績のない民主党よりも
実績のある自民党を消費者(有権者)は買うだろう(投票するだろう)、
実績のない政党であるからこそ実績のある自民党以上に
死に物狂いの努力をしている部分を国民に示す必要がある、
相乗りをやめない限り民主党が背水の陣を引いているとは考えられない、
さらに最大限の努力をしている印象を有権者に与えられない、
どのような理屈をつけようとも相乗りは自民党の延命に手を貸す事でしかない、
国や地方を問わず民主党は絶対に自民党に手を貸してはいけない。

イデオロギーはその人の行動などを元に周りの多数の印象で判断するしかない、
本人の自己申告はたいてい当てにならない場合が多い、
横路は旧社会党時代は中道に軸足が掛かっていたが
今では中道の付かない単なる左派の印象しかない、
民主党に入ってから大きく左傾化してしまった様だ、
横路自身は自分自身のイデオロギーを中道か中道左派のつもりでいるだろう。

さきがけは中道に軸足が掛かっている人間なら比較的受け入れていた純血とは程遠い政党、
自由党も社民党離脱者の山本を受け入れる以上純血とはいえない、
さらに民主党を飛び越して社会自由党が議論されること自体純血とは程遠い。

101 :無党派さん:02/01/13 03:03 ID:tUpL1Jgk
与野党対立あるべし、というスタンス自体がいまだ1のアタマの中が55年体制(だったっけ?)のままである証明

102 :無党派さん:02/01/13 10:11 ID:RDG/ZJdZ
>101
はあ?
野党には、政府与党の政治を批判することと、現政権に代わって政権を担う準備という二つの役割がある。
こんなのは欧米先進国の常識(w。

ところで、旧社会党は前者しかなかった。
旧社会党は自衛隊と日米安保を認めなかった。
つまり戦後日本の安定と繁栄の基礎条件をを否定していた。
国民はそういう政党に政権をゆだねるわけにはいかなかった。
それに旧社会党は、衆院の過半数を取れるほど多数の候補者を擁立したことは、一度もないのである。
これが、「55年体制」(自民党一党優位体制と)長期化の最大原因。
しかし、今日「55年体制」は崩壊したといわれる。
もっとも、旧社会党は崩壊したが、安保政策を主要な対立軸に据えようとしている人たちがいるから、そこから脱却すべきと主張しているのだ。
>100
>さきがけは中道に軸足が掛かっている人間なら比較的受け入れていた純血とは程遠い政党、
>自由党も社民党離脱者の山本を受け入れる以上純血とはいえない、
程度の問題だ。さきがけは自民党や民主党や旧新進党に比べれば明らかに「純血」。
自由党は、これまでの「純血路線」から「統合路線」に転換しつつあるのだろう。
私の言っているのは、旧新進党を解党して結党した当時の自由党のことを指している。

>さらに民主党を飛び越して社会自由党が議論されること自体純血とは程遠い。
なんじゃそりゃ(w。
私は「社会自由党」なるまだ存在してもいない奇妙な政党についてこのスレで主張したこともなければ、
「社会自由党」なるものを「純血」と言った覚えもないんだが(w。

103 :無党派さん:02/01/13 23:33 ID:PReXYxv9
小泉改革への評価を留保していた北海道大学教授の山口二郎氏が、ここにきて厳しい評価を下した。

「小泉改革の正体とは:それは、手段の自己目的化と族議員との共生」
Tスローガン先行の小泉構造改革においては、国債減額や特殊法人の民営化など、
単純な目標が設定されている。
しかし、これらは政策の目標ではない。
本来、手段でしかないものを大げさに取り上げて国民の期待を集めようとしているところに、
この改革の虚妄性が現れている。
U構造改革の具体案をめぐって、首相官邸と族議員・官僚連合体との間でキャッチボールが続いた。
小泉首相は、改革に反対するなら自民党をぶっ壊すと威勢のいいことを言っていたが、しょせん小泉首相も自民党の枠のなかでしかものを考えていないことはもはや明らかであろう。
仮に小泉氏が遠大な改革の理念を持っているとしても、族議員・官僚連合体と調整を図れば、
表面上の改革と実質的な利権政治の組み合わせという結果に終わることは必至である。

104 :無党派さん:02/01/14 13:39 ID:o+sgp6kw
>103
同意同感。

105 :無党派さん:02/01/14 21:26 ID:hO4epNGe
>104
お前「同意」上げ何回やってるんだ。しつこいよ。
自作自演がモロ分かりで、恥ずかしいことこの上ない。

106 :無党派さん:02/01/15 10:29 ID:3I6OEDKs
>105
そう決め付けるお前も、恥ずかしいことこの上ない(w。

107 :無党派さん:02/01/16 04:20 ID:0IZ0IeRs
自民舛添氏「首相は“妥協の天才”」、舛添氏が小泉首相を批判!
 「首相は“妥協の天才”」――。自民党の舛添要一参院議員は9日午後、日本外国特派員協会で講演し、小泉純一郎首相の特殊法人改革や金融危機に対する政策方針を批判した。
2001年の参院選では自民党比例区の目玉候補として持ち上げられ、舛添氏自身も一時は雑誌上で首相や石原慎太郎東京都知事とともに新党立ち上げ構想の意欲を語ったほどだったが、
最近は首相官邸との距離が目立つ。同日の講演でも「国債発行30兆円の枠というのはナンセンス」と経済政策を批判し「首相はほかの人の言うことを聞かない。この私でさえも」とかみついていた。
 舛添氏は講演で「3月末に金融危機は100%起こる」と予想した。首相が年頭記者会見で「金融危機を起こさないためにはあらゆる手段を講じる」と公的資金再注入も辞さない意向を示したことについて、
「首相はすでに政策を変えた」と政策の一貫性から批判した。
追記
だから、やっぱり「小泉新党」を結党するしかないんだよ。
改革を断行しようという意思があるのなら。

小泉は、結局、第二次補正予算で、国債を抑制する体裁を取り繕って、
実質的には党内の古い政治家の要求を入れて利益配分政治を継続している。
小泉政権の本質的役割は、自民党政治=利権政治の延命にあると判断せざるを得ない。

108 :無党派さん:02/01/16 20:08 ID:KKMCPOHw
【自民党型利権政治システムは、国民の税金をこんなに無駄使いしている】
【銀行員より高給取り!!特殊法人には年収2000万円以上の天下り官僚がゾロゾロいるぞ】(「サンデー毎日」より)
いよいよ「激痛」が国民を襲う小泉改革が本格化する。
ところが、血税がじゃぶじゃぶ注がれている特殊法人の改革はまるで進んでいない。
本誌は特殊法人トップの報酬を徹底的に調査してみた。
すると、底なしの不況とは、まるで無縁な「官僚天国」のお気楽な実態が透けて見えてきた。
…(中略)…
年収が2000万円程度なら、都銀の役員クラスならもらっている。
しかし、特殊法人の「おいしい生活」は年収じゃない。
天下りを繰り返すたびに受け取る退職金を含めれば、銀行員の報酬など目じゃない。

「渡り鳥」を10年間続けると、高級官僚は多い人でトータルで5億円の報酬を手にする。
普通の国民なら一生かかって稼ぐか、稼げないかの金額だ。
それをたった10年で手にする。

昨年4月から57の独立行政法人がスタートしたのだが、
国から運営費交付金が補助される一方、役員報酬額などは裁量権が認められている。
月額報酬については、特殊法人の場合、省庁トップの事務次官より低くするよう決められているが、
独立行政法人にはそうした基準もない。

今後、独立行政法人が、天下りの巣窟になる可能性が高い。
このままアメーバのように特殊法人ファミリーがしぶとく増殖すれば、
ニッポンがタイタニック号になることは間違いない。

109 :無党派さん:02/01/16 23:12 ID:1UzStZUc
06 :無党派さん :02/01/15 10:29 ID:3I6OEDKs
>105
そう決め付けるお前も、恥ずかしいことこの上ない(w。
459 :無党派さん :02/01/15 10:46 ID:3I6OEDKs
>458
同感。「ペテン師」ではなく、
288 :無党派さん :02/01/15 10:25 ID:3I6OEDKs
(1)【「利権政党=自民党」の解体=理念・政策本位の政界再編】
534 :無党派さん :02/01/15 10:58 ID:3I6OEDKs
本来なら、定数配分方式を見直して、完全人口比例方式にすべなのだ。
243 :無党派さん :02/01/15 10:41 ID:3I6OEDKs
【業際都市開発研究所疑惑、東京地検特捜部が重大な関心!】(朝日1.15)

http://www.mainichi.co.jp/news/flash/seiji/20020114k0000m010110000c.html
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/seiji/20020114k0000m010112000c.html
裾野市長選:
大橋俊二氏が無投票で3選
裾野市長選(静岡県)13日告示、大橋俊二(65)=無現・[自][民][公][社]=が無投票で3選。

富山市長選:
2人が立候補 投開票は20日
富山市長選 13日告示、2人が立候補した。投開票は20日。立候補者次の通り。
(届け出順)
森(もり)  雅志(まさし)49   [元]県議
=無新・[自][民][公][由][保]
大野(おおの) 孝明(たかあき)51医療生協専務
=無新・[共]

決め付けられて当然、
しかも自民党批判ばかりのワンパターンな内容、
スレを3つも4つも一人で管理するな。

解同、相乗り、労組の問題をごまかす政党が政権をとっても自民党と同じ事しかしないしできないだろう、
改革なら民主党の自身の体質の改革が先でそれをしない限り国民は民主党を改革政党とは認知しないだろう。

110 :無党派さん:02/01/17 07:03 ID:p7f8TSvX
>109
第一に、私はアンチ自民だが、無党派だ。

第二に、自民党から共産党まで体質に問題のない政党があるのか?

要はどの政党が総合的見てマシかが問題だ。

そして、あんたと私じゃ、マシかどうかを測るものさしが異なる。
だいたい、あんたは、どの政党が一番いいとおもっているんだ。

第三に、自分にとって気に入らないスレが3〜4つくらい上げられたからといって、いちいちかみつくなよ。
どういう権限でいってるんだ?
私だって、この掲示板で気に入らないスレ、ウザイスレは、50個も100個もあるよ。
それをいちいち1行レスやカラアゲで上げるなだとか、とがめたりはせんよ。
きりがない。
だから、放置してるよ。
削除依頼出しても、あきらかなガイドライン違反のスレや「小泉殺せ」などといった非常識スレぐらいしか削除されんしな。

111 :無党派さん:02/01/18 00:35 ID:PSdt2SE8
政府系金融には、政治案件と呼ばれる不明朗な融資が多数存在
します。有力政治家からの圧力でろくな担保も取らずに乱脈融資
がまかり通っているのは公然の秘密と言われています。

これを手放すことは、金銭面での政治力を失うだけでなく、一歩
間違えば、壁の向こうに送られる危険すら伴うので、関係議員が
猛烈に反対するのもうなずけます。

<政府系金融、与党に根強い存続論>
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20011215CPPI068414.html

 政府・与党は14日、特殊法人改革の焦点である政府系金融機関の取り
扱いを巡って大詰めの調整を続けた。与党三党はそれぞれ党内の意見
集約を進めたが、景気の悪化や民間金融機関の融資余力の低下を背景に
政策金融の存続を求める声が噴出。与党内では政府系金融機関の縮小・
統合に反対する声が体勢を占めていることが浮き彫りになり、調整は
18日の整理合理化計画の閣議決定ぎりぎりまで難航しそうだ。


112 :無党派さん:02/01/18 17:38 ID:SD5RDIo5
【自民党参議院議員の服部三男雄氏(奈良)が代表を務める自民党支部が昨年提出した2000年分の政治資金収支報告書に他人の名前を勝手に使うなど虚偽の記載をしていたことが発覚!】(朝日1.18)
大阪氏のコンサルタント会社社長が自民党支部に支払った献金約400万円を、
個人や企業が2〜4万円ずつ小口の寄付したようにみせかけていたという。

虚偽があったのは自民党奈良県参議院選挙区第一支部が昨年、同県選管に提出した政治資金収支報告書。
大阪府内の企業17社と個人22人が2万円〜4万円ずつ計153回に分けて振り込んだと記載されているが、
朝日新聞が入手した振込み人リストのうち、連絡がついた10人全員が「名前を使われているなんて初耳。気味が悪い」(大阪市の会社社長)などと証言した。


113 :無党派さん:02/01/18 18:01 ID:fCZgMxa7
そもそも野党側に利権政治は出来ない訳だし・・・
汚職も出来ないないんだから・・・
無意味な議論だと・・・
野党が政権を取ると同じことをしだす可能性もある訳で・・・


114 :無党派さん:02/01/19 01:28 ID:UnyVOcyD
>113
政党なんて、形式にすぎないです。人数合わせの烏合の衆にすぎません。
人それぞれ意見が違うのと同じで、議員ひとりひとり考えが違って当然。
むしろ「我々に意見の対立はありません」とか言ってるやつらのほうが危険だよな。
要するに人物本位で投票したほうがいいんじゃないかってのが俺の意見。
いかなるイデオロギーであろうと、どんな立派な人物だろうと
権力を握った瞬間、腐り始めるのです。
ひとつの系統に偏らず、定期的に政権交代させる。
これ、歴史の教訓です。

115 :無党派さん:02/01/19 19:35 ID:MN7q8CZq
旧体制(アンシャン・レジーム)の打倒なくして、創造は不可能だろう。

116 :無党派さん:02/01/20 01:21 ID:g2KYaFpx
>114
欧米先進国では、「二大勢力による権力の相互監視ができる政治システム」が定着しているのにね。
それに引き換え、日本は…。

117 :無党派さん:02/01/20 22:09 ID:zEMx5cEM
とりあえず、通常国会では、あっせん利得処罰法を改正して、
私設秘書経由の抜け道を塞いで欲しい。
これで「口利き政治」をかなり一掃できる。
森政権時代、「自公保」によって、あっせん利得処罰法は骨抜きにされた。
今度も、自民党守旧派は、法律の抜け道をつくろと躍起になるであろう。
それをさせないためにも、国民とマスコミは、自民党を監視する必要がある。
一部中選挙区制騒動のときのように。

あっせん利得処罰法が改正されたら、次は公共事業費の大幅削減と地方分権だな。



118 :無党派さん:02/01/21 03:27 ID:ziaLcnet
〈自民党の利権政治の土台を徹底的粉砕し、経済政策の根本的革新を図るために〉
具体的には、「自公保」政権によって、骨抜きにされたあっせん利得処罰法を大幅に改正して、秘書経由などの抜け道をふさぎ、
政治家が利権の追求を一切できないようにすることがもっとも有効。
さらに、公共事業予算について地方分権を徹底して、少なくとも国会議員が公共事業の利権に関わることを封じる。

自民党の利権政治を粉砕することは、じつは経済政策の根本的な革新にもつながるはずである。
今までの景気対策が、ざるで水をすくうようなものだった。
自民党の利権政治という穴から水が漏れることで、政策の効果は大きく減退した。
公共投資から理不尽な政治の圧力を除去することによって、国民の需要に見合った効率的な投資が可能になる。


119 :無党派さん:02/01/21 03:42 ID:a3TgP3Ka
「自民党政治=利権政治」を民主党が打破できるというなら、
真っ先に挙げるべき公約は「企業・団体献金の全面禁止」だ。
これができないなら、同じ穴の狢と言われても仕方あるまい。

120 :無党派さん:02/01/21 04:00 ID:eCaVZ05u
「企業団体献金の禁止」は、個人的には賛成。
民主党も自由党も政策として打ち出して欲しいものだ。
なお、民主党は近く禁止法案をまとめるのではないか。

それはともかく、政権交代をして自民党を1〜2年下野させるだけでも、長年の「政官業」の癒着・しがらみは解消される。
それだけでも、日本の政治にとってプラスだ。
すなわち、税金がより公正に使われるようになる。

121 :無党派さん:02/01/21 04:04 ID:NKNEY1zb
>>120
「民主党は近く禁止法案をまとめるのではないか」との根拠(ソース)は何?
初耳なのだが。

122 :元公務員:02/01/21 04:14 ID:suKs88R5
>>114
同意。
>人物本位で投票したほうがいいんじゃないか
自民党にも、小泉グループと抵抗勢力があるように
民主党の中にも、色々な人間が国会議員をやっている。
中には、前回の風で衆議院議員になったけど、
とても代議士の器ではない輩が民主党にはうじょうじょいるぞ。

政党が流動化する今のような時代だからこそ、
人物本位で投票することが、実は必要なのさ。

どの政党も信用できないけど、
候補者個人の生き方は少しぐらい信用できるでしょ。

123 :無党派さん:02/01/21 04:24 ID:eCaVZ05u
>121
失礼。
「あっせん利得罪改正」の記事を「企業団体献金禁止」と勘違いして記憶していた。

民主・自由・共産・社民の野党4党の幹事長らは17日夜、
東京都内のホテルで、あっせん利得罪の対象に私設秘書を含めるべきだとの考えで一致、
改正法案を共同提出する方針を確認した。(朝日朝刊1.18)

124 :無党派さん:02/01/21 13:49 ID:Ea0iKLiv
>123
ただ、自民党の山崎幹事長は、(あっせん利得罪の対象を私設秘書と親族に拡大することは)
「検討課題で、必ずしもやるわけではない」と言ってるね。
小泉首相が自民党抵抗勢力の妨害を排して、はたしてあっせん利得罪を改正できるかどうか…。
小泉さんの真価が問われる課題だ。

125 :yomiuri:02/01/21 21:48 ID:0cgbjNnC
こんなんでましたけど。

ttp://www.yomiuri.co.jp/01/20020121i105.htm
あっせん利得、私設秘書も対象…与党、改正案提出へ

 自民、公明、保守の与党3党は21日、あっせん利得処罰法について、
処罰対象を私設秘書なども含めて拡大するための改正法案を今国会に提出する方針を固めた。
加藤紘一・元自民党幹事長の元事務所代表の脱税疑惑などが発覚し、通常国会では
政治倫理問題が焦点として浮上していることから、この問題に与党として前向きな
姿勢を示す必要があると判断した。
 私設秘書の定義については、「国会議員、事務所から報酬を得ている者」や
登録制などとすることで線引きする方向だ。ただ、与党内には、公務員以外を
「あっせん利得罪」の処罰対象とするのは不適当との指摘もあることから、今後、
定義などをめぐり与党内で調整する。これに関連し、与党3党は同日午前、国会内で
幹事長、国会対策委員長会談を開き、あっせん利得処罰法改正案の細部などを協議するため、
「与党政治倫理確立に関する協議会」を設置することを決めた。
 このほか、官庁による入札の事前調整を禁じる「官製談合防止法案」の今国会への提出、
公共工事の入札に関与した政治家を処罰する「入札干渉罪」の創設についても検討する。
(1月21日14:31)

126 :無党派さん:02/01/22 00:36 ID:FTo+GxUZ
>125
「自公保」によって骨抜きにされたあっせん利得処罰法を改正して、私設秘書や親族経由の抜け道を塞ぐことができるなら、
自民党利権政治の土台の粉砕への大きな第一歩となるであろう。
しかし、油断はできない。楽観はできない。
>与党内には、公務員以外を「あっせん利得罪」の処罰対象とするのは不適当との指摘もあることから、今後、
>定義などをめぐり与党内で調整する。
つまり、「与党内」の調整で、また「骨抜き」にされる可能性がある。
以前のようにね。そして、政治家個人への企業団体献金禁止のための政治資金規制法改正が、まったく骨抜きだったようにね。

以下の記事も懸念を表明している。

あっせん利得法提出へ調整=私設秘書の定義で難航も−自民

与党3党は21日の幹事長会談で、「政治倫理確立に関する協議会」の設置で合意した。
加藤紘一自民党元幹事長の元事務所代表による脱税疑惑などを受けて、通常国会では「政治とカネ」の問題が改めて焦点に浮上したためだ。
あっせん利得処罰法の対象を国会議員の私設秘書に拡大する方向で協議するが、自民党内には慎重論も根強く、調整は難航しそうだ。 
(時事通信)
↑狡猾な自民党のことだ。油断はできない。
私はアンチ自民だが、小泉首相は応援しているので、なんとか小泉さんは指導力を発揮して、利権政治追放を実現してほしい。


127 :無党派さん:02/01/22 00:41 ID:FTo+GxUZ
http://www.jiji.com/cgi-bin/content.cgi?content=020121201112X114&genre=pol

↑時事通信
あっせん利得法提出へ調整=私設秘書の定義で難航も−自民

小泉首相は、この問題で妥協するな!
断固として「口利き政治」の根絶を断行してほしい。

128 :無党派さん:02/01/22 02:27 ID:JjCNWFsg
利権のない政治ほど無意味ものはないな。
いったい誰のために政治をやってるのか分からないし。

129 :無党派さん:02/01/22 02:30 ID:LEZlxrbx
>>128
本来は国民全体のために政治をするのです。
「利権」=一部の企業のため に政治をするのは、政治の私物化です。

130 :無党派さん:02/01/22 05:22 ID:1hpg0oK6
>>128みたいなニヒリズム(?)がこの国の政治をダメにしてきたんだが、
いい加減気づいてくれるとうれしいんだが。

131 :無党派さん:02/01/22 22:57 ID:ZXPSf4BS
三重野元日銀総裁の提言「構造改革への誤解」

政府の仕事は3つ。
徹底的な規制緩和。
先行き不安の解消。
落ちこぼれた場合のセーフティーネットの構築。





132 :無党派さん:02/01/23 11:14 ID:KRRVje7+
★自民党内で、小泉首相に対する批判が相次ぐ★(朝日1.23)
加藤紘一元自民党幹事長の前事務所代表による脱税疑惑、小泉首相や山崎幹事長が加藤氏の証人喚問に応じる可能性に言及したことをめぐり、
党内から、22日、批判が相次いだ。
自民党の野中広務元幹事長は同日の党総務会で、「捜査が行われている段階で喚問まで入り込んだ発言をしたのは問題だ」と述べた。
自民党の大島理森国対委員長も同日、記者団に「いまの時点で証人喚問問題に対応するということは考えていない。
『まず証人喚問ありき』のような姿はよくない。慎重であるべきだ」と語った。

自民党お馴染みの疑惑隠し体質、疑惑隠蔽体質をまた国民の前でさらけ出していますな。


133 :無党派さん:02/01/23 23:18 ID:aZHpP8pc
>131
「先行き不安の解消」「セーフティーネットの構築」
→社会保障と雇用対策に力を注いで欲しい。

134 :無党派さん:02/01/23 23:28 ID:prGG3OKZ
>>132
相変わらずだな自民も。
小泉はとりあえず「喚問オッケ」と言ってしまうことで、そういう
自民の疑惑隠し体質からも距離を置いたというわけだね。アタマよ
さそうだな。

135 :無党派さん:02/01/23 23:31 ID:pyQI/gu2
明日の衆議院予算委員会

(自由民主党)伊藤 公介
(自由民主党)北村 直人
(公明党)井上 義久
(保守党)井上 喜一
(民主党・無所属クラブ)菅  直人
(民主党・無所属クラブ)筒井 信隆
(民主党・無所属クラブ)池田 元久
(自由党)達増 拓也
(自由党)山田 正彦 
(日本共産党)佐々木憲昭
(社会民主党・市民連合)植田 至紀
(社会民主党・市民連合)中川 智子
                              
                         



136 :a:02/01/23 23:56 ID:y9K5sE/M
企業団体献金の禁止なんて、あの小泉が認めるわけないやん。
全銀協や製薬メーカーの犬なのに。
実際、小泉はこの前、禁止すべきではないと言ったでしょう?

それにしても、小泉そんなにいいかね?族議員であることに変わりないんだよ。
小泉、財務省の「資本の論理」対旧保守体制の戦いだよ。
省庁で言えば、財務・通産対総務(地方行政族・郵政族)、国土交通省、農水省
みたいな。

137 :無党派さん:02/01/24 16:01 ID:LAyJ7PCQ
>136
企業団体献金の禁止?唐突な話題だ。誰に対するレス?
それはともかく、いってること自体にはほぼ同意。

結局、企業団体献金の全面禁止は、自民党が下野しない限り、実現できないんだろうな。


138 :無党派さん:02/01/25 03:35 ID:KVJdpuq8
景気は低迷し、雇用情勢は悪化している。
特殊法人改革、医療制度改革は不徹底で、地方分権も進展していない。

こうなったら、首相は与党の事前審査を無視して、どんどん改革案を国会に提出すべきだ。
「小泉案」を国会で、国民の前で、与野党で審議し、そして採決すべき。
自民党内の調整で「骨抜き」されないためにも。

139 :無党派さん:02/01/25 17:43 ID:WKxF/Xrm
●自民党厚生族、小泉改革に反対!●(朝日1.25)
今国会に提出される医療制度改革関連法案をめぐり、自民党の丹羽元厚相ら厚生労働関係幹部が24日、坂口厚生労働相に、
サラリーマン本人の患者負担を03年4月から3割に引き上げることを法案に明記しないよう申し入れると共に、
明記すれば関連法案に反対する姿勢を示した。

首相は同日、首相官邸で記者団に「あんまり医師会の言うことを聞いてもね」と丹羽氏らを批判した。


140 :無党派さん:02/01/26 00:21 ID:O8aXU1jF
★あっせん利得処罰法を「骨抜き」にした自民党・公明党★(サンデー毎日)
もともとこの法律はいわくつきのものだ。
公共事業の受注などに関する依頼を受けた政治家や公設秘書らが、
公務員に働きかけ、その見返りとして報酬を受けた場合を罰する法律だが、
私設秘書は除外されている。
2000年6月の自民党の中尾栄一元建設相の受託収賄事件をきっかけに制定されたが、
この時は野党が私設秘書を対象に含めるよう主張したのに対し、
自民党・公明党が「私設秘書は私人」とはねつけた。

結局、今回の私設秘書の犯罪を鑑みると、このときの野党の主張が正しかったと判断できる。
あきらかに、自民党・公明党は間違っていたね。


141 :無党派さん:02/01/26 13:01 ID:8c2Hy+I/
●小泉首相vs自民党厚生族 医療費バトル再燃●(朝日1.26)
小泉首相と自民党厚生族のバトルが再燃した。
昨年末に玉虫色の決着しかできなかったサラリーマンの医療費の自己負担をめぐって、
来年4月から3割に引き上げると明言する首相に、自民党族議員が激しく反発している。
道路公団改革や郵政民営化などを控え、首相も譲れない。
高速道路建設工事の発注問題に続き、首相と自民党族議員の攻防はますます過熱している。


142 :無党派さん:02/01/27 00:31 ID:9LAfWI/h

         ageてみるのもいいもんだ…
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.      Å_Å
.      (煤Lw`)          γ      γ
      /(⌒~M~)            γ
     ノ | ||          ......................................
.    く _,.(___)._)         .::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::........
     ~"''"""゛"゛""''・、     ...:::::;;;''        ';;;:::::.......
 "”゛""''""“”゛゛""''' "j'   ...::::;;;''            '';;;::::::.........
 :::::ヘ :::::....ヽ :::;;;ノ  ::(  ....::::::;;              '';;;::::::::::.......
 ::  ゝ  :::::......ノ:;;../  ~~^^ ~~~~~^^^~  ~~^^~~~^ ~~~^^~~~~


143 :無党派さん:02/01/27 15:29 ID:QQLy6eJB
☆あっせん政治に終止符を打て!☆(その1)by山口二郎北海道大学教授
本来国会議員とは、法律や予算を作るためにいるはずである。
しかし、日本では与党の政治家にとって、みずから法律をつくるよりも、
権限と予算を持つ行政官庁に対して支持者のために働きかけ(ロビーイング)を
することが最大の任務になっている。
この点をあらためなければ、政党政治の確立はありえない。

自民党にこういう説教をしてもいまさら体質は変わらない。
せめて民主党など野党の側で、ロビーイング政治をやめるための政治家の行動規範を作るべきである。
支持者からの入札や許認可をめぐる個別の陳情は取り次がないという宣言をすれば、
政治家にたかることしか考えない古い支持者は離れるであろうが、
市民の支持は広がるはずである。

144 :無党派さん:02/01/28 05:09 ID:d+xrZewd
☆あっせん政治に終止符を打て!☆(その2)by山口二郎北海道大学教授
小泉首相が自民党総裁として構造改革に本気で取り組むならば、
自民党議員の足元におけるあっせん政治に対して、厳しく対処すべきである。
あっせん政治は公共事業、許認可など官僚の聖域を前提としたものであり、
口利きで役所の世話になった政治家は官僚の応援団になる。
官僚の既得権を見直すという意味での構造改革に抵抗するのは、あっせん政治で政治資金を集めている政治家である。
許認可、公共事業など行政における利益配分や利害調整を公正なものにするために、
政治と行政の間に防火壁を作ることも必要である。
すなわち、官僚と接触するのは大臣等の公式の監督者のみとし、
一般の議員と官僚は直接接触しないというルールをつくれば、
政治の雰囲気意はかなり変わってくるだろう。


145 :無党派さん:02/01/28 16:27 ID:OaWlQNQI
☆政治とカネの関係を断ち切り、あっせん政治に終止符を打て!☆(その3)by山口二郎北海道大学教授
かつて、あっせん利得処罰法を制定したときに、
自民党のある代議士が「政治家とはあっせんする動物」といったことがある。
あっせん利得が違法になっても、政治家のそうした認識は変わっていない。
政治家本人や公設秘書があっせんすれば違法になるから、
私設秘書がしているにすぎない。
かねてから自民党の政治体質に対して的確な自己批判を加えていた加藤紘一代議士の地元でさえこうなのだから、
他の自民党代議士の場合はなおさらであろう。
他の政治家の場合は、問題が露見しないようもっと上手に隠しているというべきか。

146 :無党派さん:02/01/29 05:07 ID:7dKQOUcv
☆野党の旗は、「非自民=利権政治の否定」だ!☆

それは端的にいえば、地域への利益の還元や、弱い立場にある人々に手を差し伸べるのは常に政治のテーマであるが、
中央省庁を通しての予算や許認可権というかたちでの配分のプロセスの中で、
族議員がブローカー的な役割を果たし、自民党に対する忠誠度も応じて利益を配分するというシステムの否定である。

戦後のある段階で、地域開発や農村部を中心とした生活基盤の底上げという面で、
この自民党型利権政治のシステムが機能したことはあながち否定できない。
しかし、それがある程度達成されたいま、そうした手法はむしろ害のほうが大きくなっている。
いな、環境問題やグローバル化、経済構造の変化といった要因によって、
自民党型利権政治を続けることはもはや不可能になっている。

野党は、自民党型利権政治を終わらせるために、この旗、すなわち「非自民=利権政治の否定」を振って、戦うべし!


147 :無党派さん:02/01/29 12:41 ID:KolXtKBY
自民党は本来、共産主義勢力を封じ込めるためにできた政党であり、
いろんな政策をヌエのように抱え込んでいる。
理念・政策本位の政界再編は望ましいが、それは自民党が割れない限り、起こり得ない。
しかし、自民党は政権につくことを生命線とする政党であり、政権の座にある限り、割れないだろう。

このためにも、野党は細川政権のような政権奪取型の結集を考えるべきだ。
自民党はその性格上、「利権政治勢力」だから、野党の結集点は「利権政治の否定」になる。
この方向で大胆な対案を作り上げ、候補者を調整して総選挙に備えるべきだろう。

(参考:北岡伸一東大教授の小論、山口二郎北海道大学教授の小論)


148 :無党派さん:02/01/29 22:47 ID:zrtpGOJh
>1
同意。
「政官業」癒着政党=自民党による利益誘導&分配あっせんのブローカー政治を打破しない限り、日本の衰退を食い止めることはできない。

このままでは、5年ないし10年で中国に抜かれる(「ニューズウィーク」より)。
「シルバー・メダル(GDP第二位)」の座も危うい。

ただ、向こうは13億人、こっちは1億2000万、いつかは抜かれと思うが…。
もっとも、こんなに早く、追いつかれるとはなあ…。

149 :無党派さん:02/01/30 12:04 ID:8UUqMksy
イギリス労働党の公約集(マニフェスト)は実に具体的に書かれています。
年金なら「基礎年金を2003年までに単身者で週77ポンド、夫婦で週123ポンドに引き上げる」といった具合で、
金額や実施時期を明示しています。
日本の昨年の総選挙で「現役世代の手取り収入のおおむね6割を確保し、国民が安心できる制度を構築します」とするだけだった自民党の公約とは比較になりません。
どんな生活が期待できるのか有権者に分かるようにするのが公約というもの。
日本の政党もそれを心掛けてもらいたいものです。
以下、ご参考に。
http://www.mskj.or.jp/getsurei/kumi9704.html

150 :無党派さん:02/01/31 03:08 ID:Vj4Lqv/m
族議員を切れ!

鈴木氏のような「自民党族議員」(外務族)と省庁との関係を見直すのは、
小泉構造改革の眼目のはずだ。
「自民党道路族」や「自民党厚生族」との対決が待ちかまえている小泉首相にとって、
今回の混乱(田中外相更迭)は今年の政局の第一関門である。
(新聞より)


151 :無党派さん:02/01/31 17:47 ID:9cTiEWgG
●自民党族議員勢力、鈴木宗男氏に拍手!●(朝日1.31)
30日午前、森喜朗前首相は報道陣に田中外相更迭の「喜び」を率直に語った。
「私は一貫して内閣改造に言及してきたが、田中外相を代えるべきだということを意味していた」

同じ頃、橋本派の会合があった。
「ご迷惑をかけた。おわびしたい」
衆院議院運営委員長の辞任を表明した鈴木宗男氏が頭を下げると、
青木幹雄参院幹事長ら幹部らは拍手を送り、
「わびる必要なんかない」と声が飛んだ。
よくぞ田中外相を追い込んだ。そんな空気が漂った。

昨秋以来、森、青木両氏らが内閣改造にこだわったのも「国民的人気」を持つ田中氏の存在が、
小泉首相への影響力行使の妨げになると考えたからだ。
田中外相更迭の成否はまさに官邸と自民党との間の主導権争いの岐路である。

152 :無党派さん:02/02/01 07:17 ID:FX5pXHcw
         ageてみるのもいいもんだ…
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.      Å_Å
.      (煤Lw`)          γ      γ
      /(⌒~M~)            γ
     ノ | ||          ......................................
.    く _,.(___)._)         .::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::........
     ~"''"""゛"゛""''・、     ...:::::;;;''        ';;;:::::.......
 "”゛""''""“”゛゛""''' "j'   ...::::;;;''            '';;;::::::.........
 :::::ヘ :::::....ヽ :::;;;ノ  ::(  ....::::::;;              '';;;::::::::::.......
 ::  ゝ  :::::......ノ:;;../  ~~^^ ~~~~~^^^~  ~~^^~~~^ ~~~^^~~~~


153 :無党派さん:02/02/02 00:08 ID:l9hY7q75
〈自民党の利権政治の土台を徹底的粉砕し、経済政策の根本的革新を図るために〉
具体的には、「自公保」政権によって、骨抜きにされたあっせん利得処罰法を大幅に改正して、秘書経由などの抜け道をふさぎ、
政治家が利権の追求を一切できないようにすることがもっとも有効。
さらに、公共事業予算について地方分権を徹底して、少なくとも国会議員が公共事業の利権に関わることを封じる。

自民党の利権政治を粉砕することは、じつは経済政策の根本的な革新にもつながるはずである。
今までの景気対策が、ざるで水をすくうようなものだった。
自民党の利権政治という穴から水が漏れることで、政策の効果は大きく減退した。
公共投資から理不尽な政治の圧力を除去することによって、国民の需要に見合った効率的な投資が可能になる。

154 :無党派さん:02/02/02 18:49 ID:gEK9mKih
:無党派さん :02/02/02 11:02 ID:Xvlu8Lhm
>>286
表向きの借金666兆円(既に700兆円超?)に加え、特殊法人等、隠れ借金を加えると日本の公
的債務は軽く1000兆円を超えています。更に役人達の隠している借金も
あります。これらも長年政策を官僚に丸投げしてきた自民党と、その自
民をいつまでも与党にしてきたつけだとおじいさんに教えてください。
この流れを止めないと日本に未来は無いということを。
292 :無党派さん :02/02/02 11:18 ID:wjIDSxkV
>>286
そうです。おじいさんに1000兆を超える借金を作ってきたのは自民党政権であり、
そのために、あなたは不景気、その借金の支払いにこれから非常に苦労するといってあげてください。


155 :無党派さん:02/02/03 08:31 ID:l/tH2DAY
借金1000兆円超…。
消費税大幅アップか、超インフレになるのかな。

それにしても、自民党は国民の血税を無駄使いしすぎたな。

156 :無党派さん:02/02/04 06:04 ID:7YHNxrjd
浅井隆っていう経済ジャーナリストが、2003年に「日本国が破産」すると言ってるが、
マジかな…。
800兆円の国や自治体の借金が、あなたの生活をこなごなに吹き飛ばすと警鐘をならしている。


157 :無党派さん:02/02/04 21:54 ID:MXb23Ok1
浅井隆は2000年に書いた本の中で、2003年の日本を予測している。
すなわち、瞬間20%(年率)のインフレ、
1ドル=200円の超円安、
消費税35%、
長期金利10%弱、
そして得たいの知れない不況の到来、などと予測している。

元毎日新聞記者のこの男、何者だ。

158 :無党派さん:02/02/04 21:59 ID:r8PwnRmr
もうそろそろ真面目に外貨預金を考えるかなあ。

159 :無党派さん:02/02/05 22:03 ID:A2stQm58
日本を世界一の借金大国にした自民党政権!

単年度の予算でみると、一般会計歳出は約81兆2000億円。
それに対して、税収などの歳入が約51兆2000億円。
すでに30兆円の歳入不足が見込まれる。
そして、2002年度末の日本の長期債務の残高は、国債と地方債を合せて693兆円に達している。

国の借金の度合いは、経済規模に対する債務残高の割合で判断する。
つまり債務残高の総額をGDP(国内総生産)で割ったもので比較するのだが、
現在日本は140%で、OECD(経済協力開発機構)の加盟国30カ国の中で最悪だ。
今年度末の数字で、アメリカは58%、イギリスは50.9%。
90年代以降各国が改善していくなか、日本だけがついにイタリアまでも抜いて最悪になった。
(週刊現代2月9日号より)

160 :無党派さん:02/02/06 08:27 ID:vyZKQ3Re
そういえば、故小渕元首相が生前、「世界一の借金王!」とかいって、
はしゃいでいたなあ(苦笑。

161 :無党派さん:02/02/06 19:39 ID:XJMklFA4
700兆円以上の借金をどうやって返すのだろうか。

162 :野良黒上等兵:02/02/06 19:44 ID:7N6/Rx5M
返さないよ、多分。国債格付けが下がろうが何しようが、現在政治を動かしてる
人間は、先が短いからね。国民(国債所有者)が債権放棄するか、自己破産?会
社更生法適用?救う道無し。


163 :無党派さん:02/02/06 20:09 ID:qS9asmF3
国民が私財投げ打って払うしかないよ。

164 :無党派さん:02/02/06 20:13 ID:XJMklFA4
借金を減らす方法に一つとして、インフレがある。
以前、自民党の山崎拓幹事長がターゲット・インフレ政策を取りうる選択肢の一つとして挙げていた。

インフレになれば膨大な借金の返済負担が目減りする。
世界一の「借金王」の政府がインフレの誘惑に抗しきれるのか。
ターゲット・インフレ政策といっても、制御に失敗すれば国債が紙くず同然となる。
個人の金融資産は紙くずになる。
もちろん、札束も紙くず同然となり庶民の生活は破綻する。

165 :無党派さん:02/02/07 07:52 ID:Np6mLGDN
【小泉崇拝:イギリスなら物笑いの種、まるで独裁国家】
★異様な「小泉崇拝」現象に象徴される日本の民主主義の姿にイギリス・フランスは、厳しい視線を注いでいる★(参考資料:昨年7月の新聞等より)
小泉首相の来訪を機会に、イギリス・フランスの報道が力を割いたのは、小泉首相に熱狂する日本の政治と社会の体質についてだ。
2大政党による権力の相互監視が定着したイギリスでは、80%もの支持率自体が驚異に映る。
ブレア労働党政権は先の総選挙で圧勝したが、支持率は50%強どまりだ。
イギリスのタブロイド紙ミラーは「イギリスの政治家があんなもてはやされ方をしたら、もの笑いかあざけりの対象になるだけだ」。
自民党本部に巨大な小泉氏のポスターが掲げられ、小泉政権を批判すると抗議電話が殺到する情景を、イギリス紙デーリー・テレグラフは「まるで独裁国家のよう」であり、「低俗な現象」と評した。

7月4日付けのフランスのルモンド紙は、悪化した経済状況の下で、国民に痛みに耐えるよう求めている首相が高支持率を得ている、奇妙な「集団的熱狂」の理由をこう分析した。
日本国民の政治的未熟、小泉氏の気さくなイメージ、これまでの政治指導者への幻滅への反動…。

日本の熱狂への違和感は、小泉政権の先行きに対して芽生え始めている懸念とも無縁ではない。
イギリスのエコノミスト紙は、巨額の不良債権処理が急務なのに、小泉政権はまだ「改革の優先順位すら示していない」。
改革が遅れ、「『純ちゃん』が経済をむちゃくちゃにしたら、笑顔は消え去るのみ」と警告した。

ルモンドはもっと辛らつだ。「日本人は小泉氏を信じることで、ばかげた幻想を抱いているのではないか。
ほらを吹くだけの改革派にまたしても失望させられた場合は、これまでより高いところから墜落することになるだけに、事態はもっと深刻だ」と書いた。


166 :無党派さん:02/02/08 06:16 ID:Nz3yvqDP
国の「人口大甘予測」の大罪(「AERA」より)
年金をはじめ「構造改革」を先延ばしにしさせた影の主役たち。

現実的な民間推計値なら年金破綻は必至

「いずれ出生率は回復する」−国は大甘の人口推計を出してきた。
「生みたくても生めない」社会的・経済的要因を無視し続けた結果だ。
年金の破綻を覆い隠すために推計結果を恣意的に高めに見積もってきた。
もう、20代から40代までの有権者は、ほとんど年金はもらえない。
厚生官僚と自民党厚生族の「罪」は、重大だ!

167 :無党派さん:02/02/09 00:17 ID:emOpHEF1
金子勝慶応大学教授が小泉政権を批判!(サンデー毎日)

今回の件(田中外相更迭)で小泉政権の性格がはっきりした。
やっているのは結局のところ派閥抗争で、利権構造を崩すつもりはないということだ。
小泉政権が続く限り、経済が回復することはない。
今は2月危機、3月危機を乗り切るのに血道を上げているが、
仮に乗り切ったところで、マグマはたまる一方。
4月以降は危機が一段違うレベルに達するだろう。
…(中略)…
これまでずっと「経済の底割れを防げ」と言い続けてきたが、
ここまで悪くなると、即効薬はない。
不良債権を一斉に厳しく査定し、経営者と監督官庁の責任を厳しく問い、
情報開示をした上で、債務超過の金融機関は国有化するしかない。
さらに、40歳代の清廉で意志が強くモラルの高い人を政権に並べないと、底割れは防げない。

今は1920年代以来の資産デフレだ。
リスクは着実に増している。
日本経済が回復するとしても、緩やかなU字型で、これまでよりも一段低いところで景気が循環するだろう。



168 :無党派さん:02/02/09 08:46 ID:6pCx2n0F
【医療制度改革の概要】(朝日2.9)
現在、サラリーマン本人の自己負担は2割で、家族は入院が2割、外来3割。
2003年4月から本人・家族とも入院・外来を問わず一律に3割となる。
自営業者らの国民健康保険は現在と同じ3割。
サラリーマンの保険料についても2003年4月から保険料計算の基準が月収から年収に変わり、
年収にボーナスの占める割合が高い人は今までより多く支払わなければならなくなる。
さらに中小企業に勤めている人達が加入している政管健保の保険料も同月から現在の7.5%から8.2%に引き上げられる見通しだ。
70歳以上の高齢者の自己負担は、今年10月から1回800円で月5回目以降は無料だった診療所の定額制が廃止され、1割負担となる。
さらに、高所得者は2割負担になる。
所得に応じて決められている医療費の自己負担の限度額も引き上げられる。
例えば外来70歳以上の一般の人で上限は1万2000円に、
70歳未満の一般は「7万2300円+一定限度額を越えた1%分」となる。

169 :無党派さん:02/02/10 02:00 ID:d6cBsOj2
医療費30兆円のうち国庫支出分は約7.5兆円。地方が約2.5兆円
公庫支出合計は約10兆円(30%)。保険料が約16兆円(54%)
患者負担が約4兆円(16%)。

医療費の対GDP比約8%はOECD加盟主要先進国中、19位と低いながら、
WHOの健康達成度評価では世界一位。しかも、高齢者割合が高い日本でこの数字。

国民一人当たりの年間医療費は、多い順に、スイス約45万円、アメリカ約42万円、
ドイツ約33万円、日本は7位で約28万円。

諸外国に比べ、診療報酬(技術料)は安いが、薬価は数倍という歪んだ構造。
初診料    日本1950円、韓国4050円、アメリカ7864円
虫垂炎手術料 日本63000円、韓国125800円、アメリカ253511円(1995年)

この辺は、基礎知識として知ってからもの言うべきだろう。
さらに、日本の医療費への国庫の占める割合は先進国中かなり低い。また医療だけでなく
教育・研究への国庫支出も低レベル。そのくせ、公共事業への国庫支出は飛びぬけて
高いという異常さ。いかに日本が土建国家であるかがわかる。
予算の配分を土建業から社会保障にもうすこしまわしなさい、というのが医師会の主張。

170 :無党派さん:02/02/10 02:13 ID:s1QgdS7X
なぜ自民党がそんなに土建業と結託しているのか
ちょっと不思議だったんだけど。

丸山真男の「現代政治の思想と行動」読んだら、
戦前の右翼のボスには土建屋が多かったんですな。
その流れなんですな。

土建業は一種の失業者対策(正業につけない「弱者」のための
雇用対策)という側面を持つけど、ヤクザ屋さんはまさしくその「弱者」
なのですな。
弱者救済という名目でヤクザ屋兼土建業さんに公共事業の仕事を与え
その代わりに土建業兼ヤクザさんに選挙の手伝いさせているのですな。

亀井や野中は「弱者救済」という一点だけは頑なに唱える、なかなか
見上げたところがあると思っていたのですが、彼らの言う「弱者」とは
ヤクザ屋さんのことなんですな。

171 :無党派さん:02/02/10 21:35 ID:W4m7PjLm
>170
なるほど、勉強になります。
あなたの書かれていることを裏付けるような記事があります。↓
土建屋と暴力団、そして政治家の癒着の構図です。
●自民党衆議院議員橋本元首相裏金授受疑惑●
【政官業暴…裏金100人超に 河本建設社長「供与日誌」にびっしり 3年間で5億9000万円】(朝日1.5)
「お祝い500万」「秘書に会う 500政治献金」…。
法人税法違反(脱税)容疑などで摘発された福岡市の建設会社社長、河本有満被告(71歳)の手帳には、
自民党の橋本元首相の事務所などのほかにも、複数の政治家や公務員、ゼネコン関係者、暴力団関係者ら100人以上への資金供与が詳細に記載されていた。
総額は98年末までの3年間で約5億9000万円。
手帳から、政官業暴癒着の構図が浮かび上がる。

172 :無党派さん:02/02/12 00:36 ID:15JqxMIl
○金子勝慶応大学教授が説くセーフティーネット○
セーフティーネットとは、(自民党的な)利益誘導のための既得権擁護のロジックではないですし、
また例外的な弱者を救うための制度でもありません。
自立の根拠を埋め込む制度なのであって、自己決定と社会的共同性の相補う関係の結節点にあたるものです。
また、セーフティーネットは、常に逆機能を果たす可能性を持っているわけですから、
たえず状況に応じて張り替えていかなくてはなりません。
たとえば、いまの年金制度では、転職や短期雇用を余儀なくされたり、
失業してしまったりすると、年金の給付額ががくんと落ちてしまうので、
雇用流動化のなかで新しい世代は非常に不安を抱かざるを得ません。
ですから、納めた額をきちんと将来につなげていくように、
現行の保険料を所得比例税に転換して年金を一元化する。
人々は初めてそこで自立の根拠を得られるわけです。
また、セーフティーネットとは、それなしでは、市場も守れないというものです。
将来不安が消費の低迷を引き起こしていますが、そうした不安を取り除くセーフティーネットを張り巡らすことで、
初めて市場も回っていくのです。
本気で不良債権処理をするのだったら、まさに地域の小さな建設業者が潰れていく事態をどのように救っていくのかをあわせて考えなくてはなりません。
いままでのような補助金システムで大規模な公共事業をやっても救うこともできませんし、
地方交付税も配れない状況になっている。
とすると、自主的にできるような運営のルールに変えていく以外にない。
ここも自立にもとづく連帯が鍵です。
税源を地方に委譲し、地方債を発行できるようにし、地方で小さな公共事業をやりながら、
地域の人たちに生きる基盤を与えていくような制度、そういうものに転換していかないといけない。

173 :無党派さん:02/02/12 01:25 ID:15JqxMIl
平成13年度医療政策シンポジウム・講演III
「市場原理主義の問題点」  金子 勝(慶応義塾大学経済学部教授)
http://www.med.or.jp/nichikara/sympo13/03.html


174 :無党派さん:02/02/13 04:56 ID:YmJ8d+eP
68 :無党派さん :02/02/12 13:13

自民党は本来、共産主義を封じ込めるために出来た政党であり、
いろんな政策をヌエのように抱え込んでいる。
理念・政策本位の政界再編はのぞましいが、それは自民党が割れない限り、
起こりえない。
しかし、自民党は政権の座につくことを生命線とする政党であり、
政権の座にある限り、割れないだろう。

とはいっても、未来永劫、「自民党幕府」が続くことはない。
ただ、自分が生きている間は、「自民党幕府」が滅びるかどうか…。


175 :無党派さん:02/02/14 05:54 ID:vPSw5tr7
医療費3割負担について。(朝日2.13)「サラリーマン負担増=自民党政治失政の付け」

サラリーマンの健康保険の患者本人負担を2割から3割に引き上げることが固まった。
小泉純一郎首相は、来年4月からの実施を健保法改正案に明記することで与党内の抵抗を押し切った。
…(中略)…
医者にかかったときに窓口で払う本人負担は一挙に5割増しになる。
国民生活に重くのしかかる負担増である。
医療制度の抜本改革を先延ばしにしてきたつけをサラリーマンに回すものであることを政府・与党(とくに自民党)は厳しく反省しなければならない。

健保財政の悪化はひとつには経済情勢のためだが、構造的な要因がより大きい。
かなりの金額を老人医療費に拠出させられていることが財政の重荷になっている。
老人医療の仕組みをどう改めるかは、医療制度の抜本改革の中心的な課題である。
そこに本格的に手をつけないままサラリーマンに3割負担を求めるのは、あくまでも応急の措置と位置付けられるべきだ。

自営業の人達の国民健康保険はすでに3割負担になっている。
健保も同じ負担にするのは一見公平のように見える。
しかし、国保と健保は財政構造が異なることに注意しなければならない。
国保加入者は保険料の徴収がサラリーマンに比べて難しく、市町村が税金で赤字を補っていることが多い。
それもあって老人医療費の分担も軽減され、健保が国保のいわば肩代わりをしている。

取りやすいからといって、サラリーマンの負担を増やすのは、もう限界である。
右肩上がりの成長が見込めるどころか、マイナス成長という時代だ。
日本の医療保険制度全体が土俵際に追い詰められてきた。

176 :小泉首相は新党を結党すべき、自民党は解党・分裂すべき:02/02/14 19:52 ID:CSlXtjyr
日本経済は“時間切れ”
「大恐慌期の米国並みに」
■米誌特集 小泉改革『成果なし』

 【ニューヨーク5日共同】米経済誌フォーブス「グローバル版」最新号(二月十八日付)は
「タイムズ・アップ、ジャパン(時間切れの日本)」と題する特集記事を掲載。日本経済は十二年間の低迷を経て「完全な危機」に陥ったと指摘し、
多数の経済指標からみて一九三〇年代の大恐慌期の米国並みだと評した。

 特に日本が抱える家計、企業、政府部門の負債総額は国内総生産(GDP)の六倍に達するとの米大手投資銀行ゴールドマン・サックスの試算を紹介。
デフレで事態は一段と悪化し、米国や欧州にもデフレが波及する恐れがあると指摘した。

 さらに日本国内の債務危機の結果、金融機関が米国債への投資や海外企業向け融資からの撤退に走れば、
負の影響は米国をはじめ世界中に波及すると警告。構造改革を掲げる小泉政権は「九カ月たってもほとんど成果を挙げていない」と切り捨てた。


177 :無党派さん:02/02/16 06:17 ID:dz6w968t
無党派さん :02/02/14 20:58 ID:k2OGRuVr>
当面の目標は自民党型利権政治システムの破壊、自民党の解党→理念・政策本位の政界再編です。
以下、北岡東大教授と山口北大教授の主張の受け売りです。コピペで申し訳ない。
当面の最大の課題は自民党による利権政治を終わらせることである。
そのためには、第一に、自由党から共産党まで含めて、出自にこだわらず広汎な多数派を組む必要がある。
なぜなら、純化路線・孤立主義路線は今の選挙制度には決定的に不利だからだ。
中選挙区制では、得票率10%程度でも、100議席近く取れた。
しかし、現行制度のもとで同じ得票率なら、その半分もいかないだろう。
それゆえに、民主党が結束すべきであることは言うまでもないが、野党全体も大同団結の方向で結束すべきである。
できれば、「民主・自由」合体新党、「民主・社民」合体新党、ひいては「民主・自由・社民」合体新党が結党されることが望ましい。
共産党は、党名と綱領を見直し、民主集中制を廃止して、社会民主主義政党に脱皮し、そのうえで「民由社」新党と「オリーブの木」(選挙連合)を組むのが望ましい。

そして、第二に、「非自民」勢力は、政権奪取後、利権政治を終わらせるために細川政権の教訓を踏まえ、真の政治改革・行政改革を早急に実現することが必要である。
自民党の腐敗政治は、中央集権的な公共事業と、裁量行政をもとにしたあっせん政治の二本柱から成り立っている。
公共事業の分権化とあっせん利得処罰法の強化(秘書経由などの抜け道をふさぐ)という二つの劇薬を飲ませれば、自民党は分解する。
一部は「下放」して地方で生き残るのだろうが、そうなれば住民の戦いでこれを退治できる。

それを実現するまでは、安全保障などの他の重要課題について大きな転換を起こすことはできないだろうし、すべきでもない。
たとえば、日米安保体制の方向性を転換するなどといった大きなテーマとなると、残念ながら日本にはそうした構想やビジョンを相手国や周辺国に対して説得するだけの知的蓄積がない。
社民党的な「頑固に平和」では、誰も納得してくれないのである。
そうした分野では、現状を継続し、反撃のための知的準備をすることが当面の課題となる。

自民党が解体すれば、当然「非自民=利権政治の否定」というシンボルも意味を失う。
そうなると、「民由社」も結束する意味はなくなるであろう。
その時には改めてリベラル派の政権構想が問われることになる。
新たな雇用創出と社会の階層化の阻止、アジアとの共存の枠組み、環境中心の経済政策、働く女性に恩恵をもたらす政策、マイノリティーの地位向上策などいくつかの柱で、理念を彫琢(ちょうたく)しておかなければならない。

178 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

179 :無党派さん:02/02/17 07:11 ID:wdiS3qmG
>178
ネタ?

180 :無党派さん:02/02/18 09:36 ID:cxqEJUPM
●自民党の野中広務元幹事長の元秘書に、汚職疑惑発覚!大手商社をめぐる巨額詐欺事件の捜査線上に●(「噂の真相」3月号)
自民党の加藤紘一元幹事長の秘書佐藤三郎をめぐる疑惑で、
久しぶりに東京地検特捜部の政界捜査に注目が集まっているが、
実は大阪でも、大物政治家の秘書が当局の捜査線上に浮かび上がっている。
その政治家とはいわずとしれた「抵抗勢力のドン」野中広務。
キッカケは年明けの1月13日、「都市工学総合研究所」の元社長後藤丹後之介なる人物が、
大手商社のニチメンに架空取引を持ち込んで約3億円の手形を騙し取った詐欺容疑で大阪府警捜査2課に逮捕されたことだった。
「後藤がニチメンの担当者をだまして乱発させた手形は総額100億円。
まさに空前の手形詐欺事件だが、実はこの後藤の詐欺話に一役買ったのが野中の秘書だったんだ」(社会部記者)
この秘書とは昨年まで、野中の公設秘書だった加藤芳輝。
本誌がすっぱ抜いて、野中が名誉毀損で訴えてきた京都の同和利権疑惑でも名前が浮上していた人物だが、
今回、後藤と一緒にニチメンの担当者に会ったり、後藤の会社から巨額の報酬を受け取っていたことが明らかになっているのだ。
「加藤秘書の妻が後藤のグループ会社の監査役に就任、
少なくとも600万円を受け取っていたことがわかっています。
大阪府警もこの事実を重視し、近々加藤を事情聴取する方針です」


181 :無党派さん:02/02/19 11:52 ID:IY7tuj7D
●自民党の前政調会長亀井静香衆議院議員にヤミ献金3000万円!●
by「亀井静香代議士に3000万円渡した」という法廷証言の決定打」「週刊新潮」02.2.21号所収
それ見たことか、と言うほかない。
抵抗勢力の代表選手として気勢を上げる自民党の亀井静香代議士(65)。
といえば、忘れちゃいけないのが許永中(54)との関係だ。
これまで、ご当人は知らぬ存ぜぬで押し通し本誌と係争中だが、その法廷で重大証言が飛び出した。
曰く、「亀井静香代議士に3000万円渡した」(東京地裁第10回口頭弁論、2月6日)

(重大証言をした)くだんの人物は石橋産業事件の重要参考人であり、不動産会社を経営する木原三郎氏(仮名)。
…(中略)…
「金のやりとりをしたのは、私と石橋浩、それに亀井代議士の3人で、許永中はその場にいませんでした。
そこ(亀井事務所)で3000万円を手渡したのです」
まさしく決定的な証言。仮にこれらの証言がウソなら、木原氏は偽証罪に問われる。
「私は新潮社の味方でも、亀井代議士の敵でもありません。
事実を事実として述べているだけです」
そして、こうも話した。
「(亀井氏に金を渡したのは)許永中の要請でした。
とは言いながら、本当に派閥の領袖がその場に出てきた。
許永中の影響力をまざまざと見せつけられたような気がした。
この間、亀井代議士の高橋秘書が、許永中の事務所へ何度も出入りしていたのも見ています」
それほど亀井代議士と許永中の関係は深いというのだ。
証言した木原氏は、そんな彼らにだまされたことを悔やみ、最後に涙まで見せていた。


182 :無党派さん:02/02/20 12:17 ID:snkN0QSJ
●自民党の後藤博子参議院議員(大分県)の秘書2人、公選法違反容疑で書類送検●(朝日2.20)
昨夏の参院選大分選挙区で初当選した後藤博子参議院議員(自民)の事務所が昨年末、
地元の自民党市議や県議に「お歳暮」としてようかんを贈った問題で、
大分県警は19日、後藤氏の公設秘書(55)と私設秘書(48)の2人を公選法違反(寄付行為の禁止)の疑いで大分地検に書類送検した。


183 :無党派さん:02/02/20 20:21 ID:CkpJO0QK
【小泉政権の本質的役割は、自民党政治=利権政治の延命】山口二郎北海道大学教授
第二次補正予算論議に示されるように、国債を抑制する体裁を取り繕って、
実質的には党内の古い政治家の要求を入れて利益分配政治を継続している。
小泉政権の本質的役割は、自民党政治(利権政治)の延命にあると判断せざるを得ない。

P.S
小泉さんご自身が田中前外相が言うとおり「抵抗勢力」になってしまった…。涙。
小泉さんには、一念発起して「小泉新党」を結党して、自民党型利権政治システムを破壊してほしい。
そして、公正な社会をつくってほしい。

184 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

185 :無党派さん:02/02/20 22:02 ID:CkpJO0QK
>184
やってること荒らしだよ。
そのコピペ、何百枚、貼ってるの?
アクセス規制の要件に該当するよ。
もうやめてよ。

186 :無党派さん:02/02/22 02:40 ID:fskB6oiO
【汚職で起訴された自民党議員に検察側、懲役3年を求刑!】(朝日夕刊2.14)
大分県別府市の道路拡幅工事に伴う移転補償交渉を巡る贈収賄事件で、
あっせん収賄罪に問われた自民党県連前会長で自民党前県議の首藤健次被告(68)と
贈賄罪に問われた天理教安東分教会前教会長の高部正道被告(66)に対する論告求刑公判が大分地裁であり、
検察側は「悪質さが際だつ」として自民党前県議の首藤被告に懲役3年、
高部被告に懲役2年・追徴金800万円、200万円没収をそれぞれ求刑した。

 自民党議員が逮捕されたときの新聞記事。↓
【自民党議員(自民党大分県連会長)、あっせん収賄容疑で逮捕!1000万円の賄賂(わいろ)を受け取る】
(朝日新聞10月12日より)

大分県警捜査2課と別府署は12日未明、建物の移転補償を巡り、大分県職員に圧力をかけて補償金を上げた謝礼に現金1000万円を授受したとして、
あっせん収賄容疑で、大分県別府市鶴見の自民党県議会議員で自民党大分県連会長の首藤健次容疑者(68歳)を逮捕、贈賄側の大分県別府市上田の湯町の元天理教安東分教会長の高部正道容疑者(66歳)を贈賄容疑で逮捕した。

首藤容疑者は、別府市議を経て、県議10期目。
今春から自民党大分県連会長。

187 :無党派さん:02/02/22 23:47 ID:EqprSKwT
●自民党衆議院議員 松岡利勝氏に「口利き疑惑」発覚!松岡氏、シリア側意向を受け、外務省へ働きかけ●(朝日2.19)
自民党の松岡代議士は、18日に国会内で記者会見し、東京都心の一等地にあるビルの不動産競売を巡り、
シリア大使館の意向を受けて外務省に働きかけをしていたことを明らかにした。
このビルには同大使館が結んだとされる賃貸契約を根拠に日本人男性が居座っていたが、
昨年12月に強制執行で退去させられた。
松岡代議士はこの件で、1月24日夜に駐日シリア臨時代理大使とともに外務省幹部と会合し、
その後自民党の鈴木宗男代議士も同席していた。
…(中略)…
野党は18日、在京シリア大使館絡みの紛争をめぐり自民党の松岡利勝代議士が仲介した問題を一種の「口利き疑惑」とみて追及に乗り出した。


188 :無党派さん:02/02/24 01:27 ID:qZdUan+w
●「政官業」癒着の自民党=『宗男』だらけの自民党●(朝日2.21)
霞ヶ関の課長の経験談である。
IT関連のモデル地区を選んで、国から助成することになった。
自民党議員から次々と電話が来た。「とにかく、頼む」「君は見どころがある」…。
脅し、すかしに困り果てた課長は「先生とのやりとりは全部、記録に残させてもらいます」と伝えることにした。
そうしたら、議員たちの態度がガラリと変わった。
「物わかりの悪い奴だ」と捨てぜりふを吐く議員もいたという。
中央省庁では、よくある話だ。議員が支持団体の陳情を受けて、役所に圧力をかける。
希望通りであれば、議員の「手柄」になり、希望が通らなくても「次は必ず」といって期待をつなぐ。
これが選挙の「票」になり、時には政治資金の源泉になる。
役所にとっても、予算獲得や法律成立のために族議員は重宝だ。
「政と官」の、もたれ合いの構図である。
2月20日の衆院予算委員会の質疑では、自民党衆議院議員の鈴木宗男氏と外務省との深いつながりが明らかになった。
族議員の生態の一部が見えた。鈴木氏が政策や人事に注文を付ける。
外務省は国会対策などの助言を受ける。鈴木氏が「慰労会」と称する宴席を設けて官僚たちが顔をそろえる。
「他の役所は、外務省と比べものにならないくらい多くの族議員を抱えている。
『ミニ宗男』が群がっている」と、霞が関の局長は言う。
経済・財政情勢は一変しているのに、自民党は族議員という従来型の政治手法しか持ち合わせていない。
それが構造改革を遅らせ、国の借金を雪だるま式に膨らませた。
小泉首相は、20日の国会答弁で「議員が役所に意見を言うのは自由だ。
その意見が適切かどうかは、役所が判断すればよい」と繰り返すだけだった。
族議員の体質に切り込む覚悟は見えない。
…中略…
首相は、田中外相更迭で支持率が急落しても構造改革を進める決意に変わりはないと断言する。
だが、一連の国会審議で明らかになったのは、小泉改革の足元に「政と官」の不明朗な関係が渦巻いている実態だ。
首相がここで「政と官」にけじめをつけない限り、真の構造改革は進まないだろう。
そればかりか「首相は、自分自身が抵抗勢力になってしまった」(田中前外相)という評価が、説得力を持ってくる。

189 :無党派さん:02/02/25 09:10 ID:o6b+lGNO
●あっせん利得処罰法改正;野党(民由共社)まとまる、与党(自公保)まとまらず。与党は「抜け道」探しか!?●新聞より
政治家や公設秘書が公共事業への口利きの見返りに報酬を受け取ることを禁じた
「あっせん利得処罰法」改正をめぐり、与野党の対応の差が目立ち始めた。
民主、自由、共産、社民の野党4党はすでに共同で改正案をまとめ、提出時期をうかがう。
一方、与党3党は「何もしないわけにはいかない」と言いつつ、足踏み状態だ。
法律の適用対象に私設秘書も含める方向性こそ与野党同じだが、私設秘書の定義や元秘書の扱いをめぐり、
与党内の議論がまとまる兆しは見えない。

「私設秘書にあたるかどうかという認定を、検察や裁判所にまかせることをには懸念もあった。
だが、抜け道をなくすことが重要だ、と野党4党で一致した」
民主党で改正案づくりに携わった堀込征雄代議士はこう強調する。
野党4党が2月15日にまとめた改正案では、口利きをした場合の処罰対象に私設秘書を追加した。
さらに政治家の父母、配偶者、子、兄弟姉妹も加えている。
私設秘書の範囲をめぐり、野党間では当初「給与を得ている者」や「登録された者」といった案もあった。
だが、これでは抜け道ができるだけだとして、最終的には「政治活動を補佐する者」という条文にした。
これによって私設秘書の範囲を広く設定できるだけでなく、雇用上は元秘書でも実態として秘書と言えるなら処罰の対象にできる、としている。
「元秘書」にも一定の網をかけることが可能になる、というわけだ。
ほかにも、政治家らの職務権限に関する「権限に基づく影響力を行使して」という規定を現行法から削除。
犯罪の構成要件のうち立証が困難とされる「請託」部分も条文から削り、
口利きの相手側からの立証を軽減した。
口利きの報酬についても、現金でなく選挙応援など役務の提供を受けた場合も立件できるようにした。

野党が積極姿勢を見せているのと裏腹に、与党では私設秘書の定義と元秘書の扱いをめぐり、
方向性を出せずにいる。

190 :無党派さん:02/02/25 18:10 ID:E81GcN6y
【自民党衆議院議員稲村元環境庁長官、脱税で起訴 “バブル”に踊ったツケ 金・株・土地にまみれ】(読売1990.12.28社説)
◆転落した政治家、銀行員 国際航業事件の捜査終結
国際航業乗っ取りに絡む一連の事件は、二十七日、元環境庁長官、稲村利幸代議士(55)の所得税法違反の起訴で終結した。
半年余りにわたった東京地検特捜部の捜査は、土地と株の急騰がもたらした「バブル経済」のゆがみをまざまざと見せつけた。
大手銀行から仕手筋への巨額融資、それを元手に行われた会社乗っ取りや株価操作、仕手株をめぐるインサイダーまがいの取引−−。
計十七人が起訴された事件は、いずれはじける泡に政治家や銀行員もが踊った好景気の裏面の縮図だった。
事件の中心は、昭和六十二年六月ごろから始まった仕手集団「光進」の小谷光浩代表(53)(公判中)による国際航業株の買い占めだった。
「日本初の敵対的M&A(企業合併・買収)」といわれた乗っ取り攻防の陰で、同航業元役員らの株価急騰に便乗した株売買と売却益の脱税が行われ、特捜部の強制捜査の突破口となった。
当時、わが国の経済は超金融緩和時代。
「金余り」と呼ばれ、銀行融資が湯水のように土地転がしや株の仕手戦へ流れ込んだ。
特捜部が今年十月に摘発し、住友銀行の“ドン”磯田一郎会長の辞任にまで発展した同行元支店長らの融資不正仲介は、そのさ中に起きた事件の典型。
二代にわたる支店長の犯罪で、後任支店長の動機は、業績が落ち、自分の地位が危ういと悩んだこと。
思い余って先任の支店長に相談に行き、そこで「ヤバイ話なのだが……」と“伝授”されたのが、ローン会社などから資金を調達し、支店の顧客を中継点として、仕手筋へ貸し付ける手口だった。
これに続く三井信託銀行元支店次長らの脱税事件でも、同行と関連会社から光進へ約八百億円が融資されていたことがわかった。
これらの事実は「バブルの申し子」ともいえる仕手筋を銀行が裏で支えていたことを初めて裏づけた。

また、小谷代表らの藤田観光株の株価操作には、大和証券など証券会社の担当者四人が加担、起訴猶予処分とされた。

捜査は政界にも及んだ。六十二年一月には、東証平均株価が初めて二万円の大台を突破、「一億総投資家時代」といわれる中、
当時環境庁長官だった稲村代議士も長官室や公用車の電話を使い、年間三百数十回もの株売買を繰り返していた。
しかも、小谷代表の仕手情報を入手し、「値上がり確実」な状況で国際航業株を同代表と相対取引、あげくに税金の還付請求までする悪質さ。

191 :無党派さん:02/02/25 18:12 ID:W6tsdQXi
つまり司法制度改革は、日本における他の様々な構造改革と進み方がなんだか似
ている。ようやく改革に着手したのは事実だし前進なのだが、スピードは遅く、内容も
既得権益に配慮しながらの緩やかなものであることだ。経済のインフラとしての司法
の再生は、もしかして間に合わないのではないかとも思ってしまう

http://nk-money.topica.ne.jp/column/lawyer.html



192 :無党派さん:02/02/26 15:03 ID:oxaZsuUO
●所得税法違反(約17億円脱税)の自民党元衆議院議員稲村被告(元環境庁長官)、実刑確定へ
最高裁が上告棄却(産経1997.7.5)●

国際航業株の仕手戦などに便乗して得た利益を隠し、約十七億円を脱税したとして所得税法違反罪に問われた元自民党衆院議員で元環境庁長官の稲村利幸被告(六一)の上告審で、
最高裁第二小法廷(大西勝也裁判長)は四日までに、懲役三年、罰金三億円を言い渡した二審判決を支持し、稲村被告側の上告を棄却する決定をした。


193 :ムネムネ:02/02/26 15:36 ID:yD+HGpUF
1の意見には大賛成。与野党の「対立軸」がそのようにクリアな形になれば
おもしろい。ただ例えば民主党の鹿野議員のようにこちら側にも問題があったり
じゃあ鳩山由紀夫はなんであんなでかい家に住んでいるの?などと自民党から付かれたら
どうなのかね。(親ゆずりは知っている)

194 :無党派さん:02/02/26 16:13 ID:oxaZsuUO
>193
現実的に考えて、「クリアな形」にはなりえないでしょう。
だいたいおおざっぱに「自民=利権政治の肯定」対「非自民=利権政治の否定」
という形になればいいと思います。
民主党だって自由党だって、自民党の族議員モドキの議員はいるでしょう。
しかし、数も「官業」との癒着の程度も、自民党の族議員とは比較になりません。
結局、どっちがマシかということで消去法で選択するしかないと思います。
わたしはアンチ自民系の無党派ですが、
自民党が40点なら、民主党や自由党などは50〜60点くらいだから、
まあ100点満点でも「優」以上の80点以上でもないけど、今の自民党よりはマシかなという程度の親「民主・自由」系無党派ですね。

結局、主要政党の中で、「利権がらみ」のまったくない政党なんてありません。
自民党から共産党まで、なにかしら後ろめたい利権を抱えていると思います。
しかし、一番問題なのは、自民党の利権の構図、すなわち「政官業癒着」の構図でしょう。
すなわち、業界が資金と票を提供する。
見返りに政治家が法律をつくる。省庁に予算を計上させる。その他、違法行為を含めて官僚を動かし業界に便宜を図る。
省庁OBが業界に天下りする。
この長年続いてきた政官業癒着の構図こそが日本の政治経済を蝕んできた最大の原因です。
(これは山口二郎北海道大学教授の意見や新聞のコラムの受け売りですが)
(野党に責任がないといってるわけじゃありません。
いちばん責任があるのが自民党だといっているわけです)

右肩上がりの経済成長下では、政官業癒着でつくりだされる無駄な事業も大目に見られました。
増え続けた税収が無駄を補ったからです。
その時代は終わったのに、政官業癒着の枠組みが続く。
残されたのは、国・地方を合わせて約700兆円という借金。
そして、国民に痛みを強いる構造改革を必要とする社会(相次ぐ倒産・リストラ、失業者6%近く、自殺者3年連続で30,000人超…)

「薩長土肥」がすばらしいとは思いませんが、しかし、そろそろ「自民党幕府」を終わらせる時代に来ていると思います。

195 :無党派さん:02/02/27 19:21 ID:3I59itXE
●自民党前衆院議員、飯島忠義容疑者を逮捕 神奈川県警(公選法違反)by毎日2000.9.13● 
6月の衆院選後、票を取りまとめてくれた謝礼に、地元の市議、町議に商品券を配ったとして、
神奈川県警捜査2課は13日、自民党の前衆院議員、飯島忠義容疑者(55)=神奈川4区(横浜市栄区、鎌倉市、逗子市、葉山町)=を公職選挙法違反(事後買収)の疑いで逮捕した。
商品券を受け取ったとされる市議、町議についても同法違反(被買収)容疑で事情を聴いている。
調べでは、飯島前自民党議員は衆院選後の7月17〜20日にかけ、総選挙で支持してくれた逗子市議1人と葉山町議3人の計4人の自宅を訪れ、
10万〜5万円のデパートの商品券(計25万円相当)を票の取りまとめの報酬として配った疑い。
飯島前議員は容疑を認めているという。

飯島前議員は逮捕前、毎日新聞の取材に対し「商品券はお礼のつもりで配った。
事後買収の意味合いはなかった」と話していた。


196 :無党派さん:02/02/28 22:31 ID:5curqZUQ
小泉信者も真紀子信者も同類だと思います。
二人への異常人気は、
カリスマ性のある二人へのいわば期待が先行した「共同幻想」ではないだろうか。
そこには族議員政党=自民党という構造(「利権構造」「政官業癒着の構図」…)があって、
それを果たして小泉政権が突破できるのかどうか…、そういったところを見る視点が欠けている。
そういった視点があれば、二人が自民党を出ないで、いわば族議員と共生しながら「改革」を唱えても、表面上の改革と実質的な利権政治の組み合わせという結果に終わるであろうことはわかるはずである。
(もはや、小泉政権の本質的役割は、自民党政治=利権政治=族議員政治の延命にあると判断せざるを得ない。
すなわち、自民党の「抵抗勢力」との談合によって、「見せ掛けの改革と既得権の温存の二重構造」という今までの自民党政権と本質的には変わらなくなった)
自民党という構造があって、それを果たして小泉政権が突破できるかどうか…、
そういったところを見る視点のある有権者ばかりだといいけれど、
「土建屋」の手先みたいな人が、「小泉内閣で改革を一緒にやります!」とか言って、
どんどん当選していった参院選や都議選の結果をみたりすると、絶望的な気がする。


197 :無党派さん:02/03/01 04:34 ID:PDMrzCRD
【新スレ】
「民主・自由・社民」新党結党!結集点=利権政治の否定
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/giin/1014801667/l50


198 :無党派さん:02/03/01 16:55 ID:0zLAlsol
>197
はあ?
そのスレとこのスレは趣旨が異なる。
197のスレは、「社会自由党」スレや「民由」合同スレや小泉新党スレや田中新党スレと同様、
新党結党を主張するスレだ。
このスレは、単に与野党の対立軸について研究・情報交換をするスレだ。

あんたの恣意的な判断、感情的な判断で「重複スレ」と決め付けるな!
わたしだって、この掲示板で気に入らないスレやウザイスレは、50も100もある。
それをいちいち気に入らない・ウザイからといって、
勝手に「重複スレ」だと決め付けたりはしないぞ。
タイトル・1の内容・趣旨がほぼ同じでない限り、「重複」と決め付けるな。


199 :無党派さん:02/03/01 17:04 ID:oj2v1ypV
http://www.zakzak.co.jp/top/t-2002_03/image/2t2002030101nonaka-muneo_b.jpg



200 :無党派さん:02/03/01 18:52 ID:GPlrsqMN
         (経済的自由)  
                   
   第2象限      尊重     第1象限
                   ↑                  
 尊重←――――――┼―――――――→軽視  (個人的自由・人格的自由)
                 ↓             
   第3象限      軽視     第4象限

第1象限が、新保守主義
第2象限が、リバータリアニズム
第3象限が、リベラリズム
第4象限が、真正保守主義(権威主義)
「第3の道」(新社会民主主義、ニュー・リベラリズム)は、第2象限と第3象限の中間あたり。
…………

201 :無党派さん:02/03/02 00:20 ID:sPg+PJ6i
昨年の夏、書いたとおり、迫り来る経済危機の兆候ともあわせ、小泉政権は橋本政権後半と似た苦境に陥りつつある。
【腐敗・借金・失業を生む政官業癒着党=自民党の打倒を】(2001.7)
★腐敗と借金と失業と倒産を生む発展途上国型の自民党による一党優越体制を打倒し、先進国型の2大政党(2大勢力)による権力の相互監視ができる体制の実現を!★
ほんの半年前まで自民党はKSD汚職によって汚濁にまみれたその体質を国民の前に露呈していた。
にもかかわらず、今夏の参院選はそのKSD汚職の自民党が空前絶後の地滑り的な圧勝という結果を得て終わった。
自民党族議員とその支援団体との癒着関係の見直しがほとんど進んでいないにもかかわらず。
その結果、野党第一党の民主党に分裂含みの動きが出てくることが予想される。
分裂しなくても数名から数名程度の者が自民党移籍を図って離党する可能性がある。
しかし、民主党は耐えるべきである。そして、体制と政策をきちんと練り上げるべきである。人事を刷新し、出直すべきである(来年の代表選期待)。
自民党が分裂するという例外的な状況が起こらない限り、民主党は選挙に自力で勝って政権獲得を目指す道を進むべきだ。
総選挙を通じた政権交代を目指すべきだ。
今回の参院選惨敗で遠のくことになりそうだが、2大勢力による権力の相互監視ができる体制、すなわち2大政党制(2大勢力制)の定着を目指して、臥薪嘗胆の精神で捲土重来を期すべきである。
長い目でみれが、2大政党制(あるいはイタリアの「オリーブの木」対「自由の家」のような2大勢力制)の定着こそが国益にかなうからである。
そもそも、考えてみてほしい。3年前の参院選以来、国と地方の借金はすさまじく増えた(700兆円以上)のに名目GDPは10兆円落ち込んだ。
完全失業者は約400万人近く(完全失業率5%超)、自殺者は35%も増えて約3万3000人。不良債権の処理も遅々として進まない。その上、相次ぐ汚職とスキャンダルの数々。
これらの悲惨な「症状」は、長年にわたる自民党一党優越体制=「政官業」癒着体制の腐敗が生んだ「膿(うみ)」である。
もちろん野党の側にも責任はある。しかし、より多くの責任を負うのは、長らく与党をやってきた側に決まっている。
このような失政のつけをまわされた国民は、腐敗の元凶である自民党の総裁となった小泉首相から今や「改革」による痛みに耐えるように求められている。
そして、その首相と自民党が高支持率を得ている。まことに皮肉に満ちた奇妙な現象と言わざるを得ない。自民党の失政は、小泉ワイドショー内閣のパフォーマンスであっという間に免責になってしまったのだから。
もし本気で小泉首相が「改革」を断行する気なら、腐敗した自民党をつぶして改革勢力を結集すべきではないのか。
時間はそれほど残されていないと思う。失敗すれば、株価暴落・失業率大幅アップ、大企業の連鎖倒産、そして大恐慌…。

202 :無党派さん:02/03/02 03:04 ID:UuRVB37i
>>198
趣旨が違っていても、北岡東大教授と山口北大教授の話を中心に、
自民党の腐敗ぶりなどについて書いている「中身」は同じだと思いますが。
このスレは良スレだと思っていましたが、あなたもアンチ宗男やアンチタッソと同じで、
スレ乱立という行動に走ってしまったようですね。残念です。


203 :202:02/03/02 03:23 ID:UuRVB37i
誤解なきように付け加えて言うなら、
私は>>1の主旨には賛成の立場です。
新スレの「新党」はの実現可能性は皆無だと思いますが、
民主・自由・社民の「オリーブの木」の実現に向けて努力すべきと考えます。

その点で、双方のスレの主旨が違うとの主張は理解できなくは無いですが、
いかんせん、同工異曲の新聞・雑誌・論文からの引用が
同じように双方にカキコされていては、「重複スレ」なのではないでしょうか。
削除対象になるとは思いませんが、他の乱立コピペスレと同じようなことを始めてしまったのが残念なのです。
もう書き込む気はないので、不快なら読み流してください。


204 :無党派さん:02/03/02 05:47 ID:24Kb2Ew6
>202-203
そもそもあなたとわたしとでは、何をもって「重複スレ」とみなすのか、
判断基準が異なる。(私は趣旨が異なる以上、また引用した論文等が異なる以上、なんら重複スレにはあたらないとの立場)
仮に、百歩譲って、一部重複した部分があるとしても、どこまでが許容範囲であるか、その線引きがむずかしい。
90%タイトル・内容が重複していたなら、それは実質的に「重複スレ」といえるかもしれない。
しかし、30%程度だったら、50%だったら、それはどうか…、判断はむずかしい。
また、仮にあなたのいうように重複している部分があったとしても、それはどの程度のものなのか…、その判断もむずかしい。
あなたは60%重複しているとみなすかもしれないが、わたしはせいぜい20%くらいだと主張するだろう。
また、ガイドラインを読んでも、ローカルルールを読んでも、判断基準が明らかではない。

わたしは以前、複数のあるスレについて削除依頼に出したのですが、
長期間放置されたあげく、「わたし(削除人)には判断できない」「削除するまでもないので、放置しておきましょう」などの理由で却下されました。
そこで、わたしは、少しでも削除人の迅速な処理を促すために判断基準をもっと明確化・具体化する必要があると考え、
ガイドラインのある条項の改正を私案をつけて批判要望板にだしました。
ところが、批判要望板の一部の住人から徹底的に攻撃されたので、その試みは頓挫しました。

結局、判断基準が明確でも具体的でもない以上、ガイドライン等の改正を実施しない限り、
これはどうしようもないですね。

205 :無党派さん:02/03/03 01:47 ID:cOnnWpN7
○自民党政治=利権政治を倒すための野党協力の可能性と課題○(山口二郎北海道大学教授の主張+一部補記)
年明けの日本は、新たなスキャンダル、失業者の一層の増加、株安に見舞われ、暗雲垂れ込める新年のスタートとなった。
権力の維持だけに関心を奪われつつある小泉政権の迷走が、日本という国全体の希望を奪っているように思える。
その意味で、政治の転換は何にも勝る緊急の課題である。
したがって、民主党と自由党が、野党協力の議論を行っていることも、とりあえず国民の期待に応えようとするものと評価したい。
…(略)…。小沢一郎氏が言うように、自民党政治を終わらせることはそれ自体目的である。
そのためには、政党の理念を超えた協力が当面必要であることも分かる。
また、自民党を下野させれば、この党は近い将来瓦解するだろうということも分かる。
…(略)…。90年代が日本政治にとって失われた10年となったことについては、
自民党政治を転換することを目指す側が十分な戦略や構想を持っていなかったことが最大の原因だったと私は考えている。
自民党をしばらく野党においておけば自然に分解するというのは正しいとしても、
その間の政権は経済運営や外交をこなさなければならない。
そのためには、「自民党ではない」という後ろ向きの共通項では不十分である。
そのことは、93、94年の非自民政権の崩壊劇によっても実証された。
呉越同舟がとりえのアメーバー政党自民党を倒すには、野党の側も呉越同舟にならざるをえない。
しかし、呉越同舟で政権をとっても前向きの転換を進める推進力が生まれない。この隘路をどう突破するか。
非自民という後ろ向きの共通項を前向きの結集軸に転化する方法はただ一つである。
それは、外交や税制などの争点は現状維持に甘んじても、自民党の利権政治の土台を徹底的に粉砕することに全野党のエネルギーを集中することである。
…(略)…。長年の自民党支配の土台に切り込むという作業に取り組まなければならない。
具体的には、「自公保」政権によって、骨抜きにされたあっせん利得処罰法を大幅に改正して、秘書経由などの抜け道をふさぎ、
政治家が利権の追求を一切できないようにすることがもっとも有効であろう。
さらに、公共事業予算について地方分権を徹底して、少なくとも国会議員が公共事業の利権に関わることを封じることこそ、究極の改革である。
自民党の腐敗政治は、中央集権的な公共事業と、裁量行政をもとにしたあっせん政治(口利き政治)の二本柱から成り立っている。
公共事業の分権化(道路特定財源の一般財源化、公共事業費の大幅削減、地方への財源の移譲…)とあっせん利得処罰法の強化という2つの劇薬を飲ませれば、自民党は分解する。
利権政治の追放と自民党の分解は、実は経済政策の根本的革新にもつながるはずである。
今までの景気対策は、ざるで水をすくうようなものだった。
自民党の利権政治という穴から水が漏れることで、政策の効果は大きく減退した。
公共投資から理不尽な政治の圧力を除去することによって、国民の需要に見合った効率的な投資が可能になる。
野党各党に、21世紀の遠大なビジョンで一致せよなどとは言わない。
ともかく、自民党が最も困るテーマを正面から取り上げ、利権政治家の糧道を絶つための改革で一致して、シングル・イシューの暫定政権を樹立することを求めたい。
本当の政党政治の舞台を作ることが当面の野党の使命である。
(その後、日本の政治が保守とリベラルに分かれ、近代的な政治構造になってはじめて55年体制が清算される。
まずこれが、「日本の改革」へ向けてスタートする政治のあるべき姿なのである)

206 :無党派さん:02/03/04 03:23 ID:TaJckIc+
【高齢者医療費 抑制にはほど遠い 「自民党の骨抜きは横暴だ!」】(朝日3.1)
政府の医療制度改革関連法案で、高齢者医療費について毎年の伸びを抑制する「伸び率適正化指針」の仕組みを設けることになった。
日本の医療費は、人口の高齢化や医療技術の高度化などで増え続けている。
とくに高齢者医療費の増加は著しく、放置すれば医療保険制度を破綻させかねない。
過剰な検査や投薬をやめるだけでは、とうてい追いつかない状態である。
適正化指針はそのための一歩だ。
都道府県や市町村が伸び率抑制に取り組み、厚生労働省が助言や援助をする。
…略…
当初の案では、毎年の伸びに数値目標を定める「伸び率管理」の仕組みだった。
それを自民党が数値目標の設定を外させ、仕組み自体を拘束力のない「指針」にした。
日本医師会の反発が背景にある。
数値目標がなくても、都道府県ごとの毎年の実績値と伸びの変化を踏まえれば、
抑制の議論ができないわけではない。
とはいえ、目標がなければ抑制の努力は弱まりやすい。
自民党の骨抜きは横暴だ。
…略…
適正化指針は高齢者医療費抑制の手始めにすぎない。
本格的取り組みが必要だ。

207 :無党派さん:02/03/05 03:19 ID:tw710rbf
〔小泉さん、剣が峰だ〕(新聞社説より)
「自民党を内側から壊す」。それが小泉首相の最も強いメッセージだった。
多くの国民は半信半疑ながら、ともかくも期待をかけたのが高い支持率の理由だった。
しかし、それは幻想に過ぎないかもしれない。
多くの国民がそう思い始めたのが、支持率急落の最大の理由だろう。
前外相更迭で露呈したのは、これからの市民社会に不可欠なNGO(非政府組織)を
認めようとしない時代遅れの価値観と、官僚や業者と癒着して利権をむさぼろうとする族議員が、
相も変わらず根を張っている自民党の姿である。
国民が首相に期待したのは、古い政治のしがらみを取り払い、21世紀にふさわしい価値観のもと、
新しい国づくりの青写真を示して改革を主導していくことだ。
にもかかわらず、この1年、首相の口からは「痛み」に対する覚悟ばかりが繰り返された。
新しい社会のビジョンは一向に描かれず、狂牛病対策では消費者の視点が忘れ去られた。
揚げ句に、自民党の族議員と対決するどころか、妥協が目に付くようになった。
…略…
国民の幅広い支持は、内なる敵に闘いを挑んでこそ得られる。
小泉政権の原点は、そこにあったはずである。

208 :無党派さん:02/03/06 03:40 ID:Vwq+nB5m
小泉内閣の最大の問題点は何だと思いますか?以下、投票サイト。

http://www.kyokusho.com/ranking/cgi-local/k6/k6-21/choice.cgi

209 :無党派さん:02/03/06 03:54 ID:w0bI8TKU
この国の政府は明らかに、大衆のだれかがどうなってもかまわんとゆうスタンスだな
血友病HIV,脳硬膜、らい病、狂牛病、予防接種のC型肝炎、・・・
そのくせ
汚職は延々とつずく
普通の神経なら世間で騒ぎになってるときはやらないけど
平気でやるし
このところ、汚職と殺人と裁判のニュースばかりだな
はっきり言って、全部自民党が悪い、地獄に堕ちなさい

210 :無党派さん:02/03/06 04:35 ID:Vwq+nB5m
>209
「全部自民党が悪い」かどうかはともかく、
各政党の中で、良かれ悪しかれ、より多くの責任を負うのは、
長らく「与党」をやってきた自民党であることはまちがいないですね。
もうこの政党というか、「自民党というシステム」は、「制度疲労」を起こしていると思います。

時代遅れの価値観と、官僚や業者と癒着して利権をむさぼろうとする
族議員が、相も変わらず根を張っている自民党の姿をみると、
ほんとうにこの政党は、分解したほうが、日本のためになると思いますよ。

211 :無党派さん:02/03/07 06:42 ID:3yuLxyyo
今後も自民党抵抗勢力の妨害で、「小泉改革」が頓挫するようなら、
思い切って衆院を解散し、ゾンビめいた古い体質の抵抗勢力と決別して
「小泉新党」を結成、民主党、自由党内の改革派と連携して国民の審判を仰ぐべきだ。
それしか起死回生の妙手はなかろう。
自民党抵抗勢力は、選挙区の利益誘導しか眼中になく、国益など毛ほども考えていないのは明らかだ。
小泉改革を頓挫させれば株式市場から外人投資家が一斉に手を引いて株のさらなる暴落を招き、
既発国債の市場価格も暴落して全面的な「日本売り」となる。
そうなれば恐慌に突入することがわからないのか。
今こそ選挙民が自民党抵抗勢力に鉄槌を振り下ろすべきだ。
by「正論」の「マスコミ照魔鏡」より

212 :無党派さん:02/03/07 06:57 ID:iIrmOWGN
「小泉新党」を結成

小泉さん自身が古い価値観にドップリ浸かっている人ですが?
彼には理念やビジョンが欠如していて、新しい時代のリーダーにはふさわしくないと思います。


213 :無党派さん:02/03/07 07:11 ID:3yuLxyyo
>212
たしかにそのとおりかもしれないね。
まあ、211は、引用なので…。

小泉なんていつまでたっても「改革」を絶叫するばかりのワンフレーズ・ポリティクスで、
具体的なこと、あるいは国家のグランド・デザインは何一つ示せない。
小泉は、天才的な「催眠術師」「ペテン師」かもしれないな。

214 :小泉ムネオ・ムルアカ:02/03/07 07:28 ID:6SIC+95C
>>213 ゴット・ハンドと呼んでください

215 :無党派さん:02/03/08 06:33 ID:Hgxp+AAx
★小泉のどこがイチローなのか、三振ばかりじゃないか★by NEWSWEEKコラムニスト Dana Lewis
★政治指導者は物事を過度に単純化して人々の支持を得ようとする。
ブッシュからイチローに例えられた小泉も実際には三振ばかりだ★
ブッシュは国会演説で、小泉首相はイチローのようだと述べた。
いかにも気の利いたセリフで、全米の新聞がこの発言を取り上げた。
一つだけ問題なのは、それが現実からおよそかけ離れているということだ。
昨夏の日米首脳会談でブッシュとキャッチボールをしてから8箇月。
小泉は三振に三振を重ね、日本経済はノーヒットのまま9回裏に入ろうとしている。
スコアボードは不良債権という失点の山だ(この例えは「マスコミ受け」するだろうか?)
これこそが「マスコミ受け」する言葉の問題なのだ。
空疎な言葉(「イチロー」)が独り歩きしているだけなのである。
…略…
だが、問題なのはブッシュだけではない。
小泉が彗星の如く首相になったのも、改革という言葉を巧みにキャッチフレーズにしたからだった。
ブッシュ訪日の間も、小泉はそれを何度も口にした。
しかし、言葉の向こう側にあるのはむなしさだけだ。
日本の銀行は不良債権で身動きできず、劇的な改革を裏付けるような行動は取れないままでいる。
こうした状況から脱する方法は簡単だ。
指導者の言うことを聞くのではなく、その行動を見極める。そのうえで一票を投じるのだ。
この部分は、どんなに引用してもらってもかまわない。
(NEWSWEEK 02.3.6)

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/08 06:44 ID:M7NMl9jo
1400兆円の預金があるといっているが、財政赤字700兆円、
このまま財政赤字の増加が続くと将来、預金+赤字<0、となる。
国家が沈没するね。

217 :無党派さん:02/03/08 06:56 ID:WwNlpSYl
自民党解党しる!

218 :無党派さん:02/03/09 05:40 ID:0pt76Bv6
小泉内閣の最大の問題点は何だと思いますか?(アンケート調査)

http://www.kyokusho.com/ranking/cgi-local/k6/k6-21/choice.cgi

219 ::02/03/09 08:42 ID:Z9RaHYiD
>>210
そんな自民党と近年連合政権を組んできた他の政党も同罪といえる。
自民党がすることを同じ与党として認めてきたんだから。


220 :無党派さん:02/03/09 08:50 ID:/6BvkLGf
>219
「同罪」だからといって、このまま自民党の利権政治システムを延命させてはいかんだろ。
「同罪だ!」で話が終わったら、何も変わらん。
社民党、自由党、そして旧さきがけなど自民党と組んだ政党・政治勢力は、
自民党と組んだことを反省し、
「利権政治」打倒に向けて、戦うしかもはや道はない。

221 ::02/03/09 09:17 ID:Z9RaHYiD
>>220
反省してればね。
でもその前に社民党は労働組合との利権、自由党は岩手県の利権、旧さきがけは滋賀県の利権を切らなきゃね。



222 :無党派さん:02/03/10 08:50 ID:CgUZvSVK
>>221
お言葉ですが、それは理想論ですね。わたしは現実主義者です。
現実的に考えて、「クリアな形」にはなりえないでしょう。
だいたいおおざっぱに「自民=利権政治の肯定」対「非自民=利権政治の否定」
という形になればいいと思います。
民主党だって自由党だって、自民党の族議員モドキの議員はいるでしょう。
しかし、数も「官業」との癒着の程度も、自民党の族議員とは比較になりません。
結局、どっちがマシかということで消去法で選択するしかないと思います。
わたしはアンチ自民系の無党派ですが、
自民党が40点なら、民主党や自由党などは50〜60点くらいだから、
まあ100点満点でも「優」以上の80点以上でもないけど、今の自民党よりはマシかなという程度の親「民主・自由」系無党派ですね。

結局、主要政党の中で、「利権がらみ」のまったくない政党なんてありません。
自民党から共産党まで、なにかしら後ろめたい利権を抱えていると思います。
しかし、一番問題なのは、自民党の利権の構図、すなわち「政官業癒着」の構図でしょう。
すなわち、業界が資金と票を提供する。
見返りに政治家が法律をつくる。省庁に予算を計上させる。その他、違法行為を含めて官僚を動かし業界に便宜を図る。
省庁OBが業界に天下りする。
この長年続いてきた政官業癒着の構図こそが日本の政治経済を蝕んできた最大の原因です。
(これは山口二郎北海道大学教授の意見や新聞のコラムの受け売りですが)
(野党に責任がないといってるわけじゃありません。
いちばん責任があるのが自民党だといっているわけです)

右肩上がりの経済成長下では、政官業癒着でつくりだされる無駄な事業も大目に見られました。
増え続けた税収が無駄を補ったからです。
その時代は終わったのに、政官業癒着の枠組みが続く。
残されたのは、国・地方を合わせて約700兆円という借金。
そして、国民に痛みを強いる構造改革を必要とする社会(相次ぐ倒産・リストラ、失業者6%近く、自殺者3年連続で30,000人超…)


223 :無党派さん:02/03/10 08:54 ID:CgUZvSVK
>221
もう一点付け加えると、
いかなるイデオロギーであろうと、どんな立派な人物だろうと
権力を握った瞬間、腐り始めるのです。
ひとつの系統に偏らず、定期的に政権交代させる。
これ、歴史の教訓です。


224 ::02/03/10 10:11 ID:09k+DjMC
>>223
なるほど。その通りですね。

225 :無党派さん:02/03/11 06:55 ID:2RzBVqD7
時代遅れの自民党政治=利権政治は、そろそれ否定すべき時代になった。

「自民党政治の否定」とは?
それは端的にいえば、地域への利益の還元や、弱い立場にある人々に手を差し伸べるのは常に政治のテーマであるが、
中央省庁を通しての予算や許認可権というかたちでの配分のプロセスの中で、
族議員がブローカー的な役割を果たし、自民党に対する忠誠度も応じて利益を配分するというシステムの否定である。

戦後のある段階で、地域開発や農村部を中心とした生活基盤の底上げという面で、
この自民党型利権政治のシステムが機能したことはあながち否定できない。
しかし、それがある程度達成されたいま、そうした手法はむしろ害のほうが大きくなっている。
いな、環境問題やグローバル化、経済構造の変化といった要因によって、
自民党型利権政治を続けることはもはや不可能になっている。


226 :無党派さん:02/03/12 01:48 ID:1pNPhSDZ
公共部門における構造改革において、もっとも必要なことは政治と行政の分離であると考える。
官僚が政治に進出することによって既得権擁護の構造を創り出す。
与党の政治家が行政における利益配分、利害調整に深く入り込むことによって
資金調達、票集めのための構造を創り出す。
この両者の持たれ合いによって、日本の政治、行政はゆがめられてきた。
政治家の側も官僚の既得権にたかっていたからこそ、
今まで行政改革は進まなかった。
真の行政改革には、一定ランク以上の職務を経験した官僚が国政選挙に立候補することを禁止することが不可欠である。
また、与党議員の活動を徹底的に情報公開し、
与党議員と官僚の接触によって営まれている事実上の政策形成活動の実態を国民の前に明らかにすることも、あわせて必要だ。
情報公開を期待できないのなら、官僚が特定の政党や議員と接触することを禁じる法案も制定する必要があるかもしれない。

227 :無党派さん:02/03/13 09:04 ID:9Gh+v99B
【自民党の腐敗政治=政官業癒着政治の根絶のために】政治評論家 矢野純也
今求められているのは、事件追及とあわせて、事件再発の防止、根絶の仕組みづくりだ。
鈴木宗男氏の疑惑、加藤紘一元自民党幹事長の前事務所代表の脱税事件は氷山の一角といわれる。
「政官業癒着」の手術は、小泉首相の総裁選挙の公約だった。
「自民党を潰してでも改革を断行する」という絶叫が国民を感動させたことを首相は想起してほしい。
残念だが、首相はかつての覇気を失っているように見える。
今、私設秘書に焦点を当てたあっせん利得処罰法の強化改正や、
公共事業の入札に政治家が口出しできない仕組みづくりなどが議論されている。
これらはぜひ、実現して欲しい。
だが個々の事犯の対症療法では国民の政治不信は払拭できない。
政治が腐敗する原因は多種多様だが、構造的には
(1)一党の政権担当が長すぎること、
(2)公共事業の入札だけでなく、政党や政治家による行政への干渉が可能な仕組み、があげられる。(これらが政治が腐敗する構造的な原因だ)
…略…
小泉首相は、官の独自性を守るために与党の事前審査制の撤廃をねらっていたはずだ。
たしかに、首相はメスを入れる気概を示したが、尻すぼみのようだ。
先の参考人招致で田中真紀子さんが「政治構造の改革なくして聖域なき構造改革はできない」と訴え、
政治改革を忘れた首相は抵抗勢力になった、と批判した。
それが国民の実感ではなかろうか。
真紀子さんの「たった一人の反乱」が鈴木氏をここまで追い込むきっかけになった。
「らしさ」のなくなった小泉さんでは魅力が薄れてしまう。

228 :無党派さん:02/03/13 09:56 ID:8B2zht98
あまり長いと読まないんだよね 要点だけ書いてお願い

229 :無党派さん:02/03/14 10:18 ID:tdmd28Zu
>228
すまん。しかし、これでも短い方なんだが…(苦笑。

230 :無党派さん:02/03/15 05:36 ID:3yWmGT18
●自民党の前政調会長亀井静香衆議院議員にヤミ献金3000万円!●
by「亀井静香代議士に3000万円渡した」という法廷証言の決定打」「週刊新潮」02.2.21号所収
それ見たことか、と言うほかない。
抵抗勢力の代表選手として気勢を上げる自民党の亀井静香代議士(65)。
といえば、忘れちゃいけないのが許永中(54)との関係だ。
これまで、ご当人は知らぬ存ぜぬで押し通し本誌と係争中だが、その法廷で重大証言が飛び出した。
曰く、「亀井静香代議士に3000万円渡した」(東京地裁第10回口頭弁論、2月6日)

(重大証言をした)くだんの人物は石橋産業事件の重要参考人であり、不動産会社を経営する木原三郎氏(仮名)。
…(中略)…
「金のやりとりをしたのは、私と石橋浩、それに亀井代議士の3人で、許永中はその場にいませんでした。
そこ(亀井事務所)で3000万円を手渡したのです」
まさしく決定的な証言。仮にこれらの証言がウソなら、木原氏は偽証罪に問われる。
「私は新潮社の味方でも、亀井代議士の敵でもありません。
事実を事実として述べているだけです」
そして、こうも話した。
「(亀井氏に金を渡したのは)許永中の要請でした。
とは言いながら、本当に派閥の領袖がその場に出てきた。
許永中の影響力をまざまざと見せつけられたような気がした。
この間、亀井代議士の高橋秘書が、許永中の事務所へ何度も出入りしていたのも見ています」
それほど亀井代議士と許永中の関係は深いというのだ。
証言した木原氏は、そんな彼らにだまされたことを悔やみ、最後に涙まで見せていた。

231 :無党派さん:02/03/16 08:45 ID:V5oCxfwq
●「政治家と官僚の接触制限」等の政策決定システム改革案に、自民党幹部・自民党族議員が反対!●(朝日3.14-3.15)
○小泉首相直属の自民党国家戦略本部国家ビジョン策定委員会の提言は、3月13日、
(1)首相中心の内閣主導体制の構築(2)官僚主導の排除(3)族議員政治との決別
の「小泉3原則」を柱とする政策決定システム改革案をまとめ、首相に提出した。
族議員の不当な介入を防ぐため、政府が法案などを提出する前に与党の了承を得る
「事前承認制」を原則廃止するほか、「政と官の接触制限」、事務次官会議の廃止、通年国会の実現なども盛り込んだ。
○…略…。しかし、問題はこれからだ。どこまで実現にこぎつけられるかは、党内の議論を待たねばならない。
実際、今回の提言について、既得権を失いかねない自民党の有力議員の反応は冷たい。
とりまとめの中心だった保岡興治・国家戦略本部事務総長に近い山崎拓自民党幹事長さえだんまりを決め込んでいた。
13日夕、首相は改めて語った。
「自民党が変わらなければ自民党をぶっ壊す、という気持ちは今でも変わっていない」。
この姿勢を維持できなければ、政と官の関係を変えることは難しい。
○【自民党内で批判相次ぐ】
「フライングだ。今回の決め方も政策決定一元化になってしまった」(自民党の堀内光雄総務会長)
政策決定システム改革案について14日、自民党内から内容に加え、党内手続きを経ずに小泉首相に提出されたことに批判が相次いだ。
自民党の亀井静香前政調会長は江藤・亀井派の総会で、
「議会制民主主義、政党政治の根幹に触れる問題だ。
私個人としてはこういうものに絶対に賛成できない」と発言。
鈴木宗男氏による省庁への圧力が問題化しているおり、
「そのときに吹いているおかしな風に迎合するような形で取り上げるべきではない」と語った。
堀内総務会長は与党の事前承認制を廃した「内閣一元化」について「官僚だけで決めれば独善的な政策ばかりになる」と否定的な考えを示した。
○【山口二郎北海道大学教授】
日本の政治は10年前から、英国の制度を参考にしてきたが、党首討論をはじめ、
つまみ食いだったから本質は変わらなかった。
それだけに今回の改革案は高く評価できる。
ただ、自民党の遺伝子を組み替えて新党をつくるくらいの内容。
自民党を壊すと言った小泉首相にも実現できるかどうか」。
.......

232 :無党派さん:02/03/17 13:30 ID:sYLAAphC
>231
小泉首相直属の自民党国家戦略本部国家ビジョン策定委員会の若手議員がつくった
自民党利権構造破壊のための「小泉3原則」(与党事前審査制廃止、政治家と官僚の接触制限など)に、
自民党幹部(堀内、亀井ら)が反対かよ。
やはり、自民党はダメだ。
小泉首相は、橋本派、堀内派、江藤・亀井派、そして森派を切るべき。
小泉首相は、族議員を切るべき。
そのうえで、与野党の改革派を結集すべき。
そうすれば、日本を救える。
.

233 :無党派さん:02/03/18 14:43 ID:zsZLIh3l
●自民党山崎拓幹事長側に2億7800万円 衆院予算委 泉井被告が証言●(産経1997.11.28)

自民党議員への資金提供を明らかにしている石油卸商、泉井(いずい)純一被告(詐欺、贈賄事件で逮捕)の証人喚問が二十八日午前、衆院予算委員会(松永光委員長)で行われた。
泉井被告は自民党の山崎拓政調会長(現自民党幹事長)側への提供資金の総額は平成三年から七年の五年間に約二億七千七百万円であることを明らかにした。
また小渕恵三外相(当時)には総額五百万円前後とし、自民党の森喜朗総務会長(当時)に対しては一千万円前後とした。


234 :無党派さん:02/03/18 18:36 ID:a3rw4DjW
>>1
文藝春秋4月号の榊原英資の論文は非常に示唆に富んでいると思う。
もし未読なら、ご一読あれ。
>>221
武村正義が政界引退した今、新党さきがけ出身の滋賀県選出国会議員は皆無。
少しは調べてから書きなさい。

235 :無党派さん:02/03/19 23:16 ID:+SVBN2yF
>234
1です。アドバイス、ありがとう、ございます。
今週末、本屋さんに行こうと思います。

236 :無党派さん:02/03/20 12:22 ID:FFXEUqtZ
【小泉内閣=KSD汚染内閣@泉井ヤミ献金疑惑、厚生省汚職】参考:「小泉改革に異議あり」久慈力著&新聞
1996年11月に、厚生省の岡光序治事務次官が、福祉法人から賄賂6000万円を受け取るなどさまざまな便宜を受けて逮捕される事件があった。
当時の小泉厚生大臣(現総理大臣)は、岡光を懲戒免職にするのではなく、退職金6000万円が支払われる辞職にとどめ、「辞表受理の判断は間違っていない」と居直っている。
また、自分の監督責任は給与の2箇月間の20%返納にとどめ、「処分が甘い」と批判を受けている。
この岡光事件に関連して、小泉自身にも福祉団体の関連団体から少なくても合計450万円の政治献金がなされていたことが判明している。
厳密に刑法の贈収賄罪を適用すれば、犯罪にあたる可能性も否定できなかったのである。
政治献金した団体は「日本病院寝具政治連盟」と「日本メディカル給食政治連盟」で、病院からの仕事を独占するために談合していた疑いで公正取引委員会からたびたび勧告や警告を受けていた。
自民党厚生族国会議員や厚生大臣の職務と明白に関係ある。
小泉は「寝具政治連盟」の名誉会長も務めていた事実もある。
小泉は厚生族の一人と考えられており、医療関係からの政治献金が多い。
彼の政治団体である東泉会の最近5年間の収支報告書をみれば、届け出があったものだけでも、毎年、7000万円から1億を超える政治資金を集めている。
医薬・医療関係、建設関係、運輸関係などが多くなっており、特に目立つのが、
日本医師連盟、日本歯科医師連盟、日本眼科医連盟、健康保険政治連盟、医薬品卸組合、日本薬剤師連盟などからの献金が多いことである。
ちなみに、小泉が結婚し、わずか4年で離婚した相手はエスエス製薬創業者、泰道照山の孫娘であった。
そればかりではない。石油卸商の泉井純一による詐欺、贈賄事件でも、小泉の名前が取り沙汰された。
泉井は「自民党の山崎拓政調会長(現自民党幹事長)に1991年から1995年にかけて合計6回、総額2億円以上を献金した」
「自民党の加藤紘一幹事長(当時)、小泉純一郎前厚生大臣(当時)の主宰する『グループ・新世紀』に5000万円を献金した」と発言していた。
このほかに泉井から政治資金の提供を受けていた政治家として、渡辺美智雄元大蔵大臣(当時)、小渕恵三外務大臣(当時)、森喜朗自民党総務会長(当時)とともに小泉前厚生大臣(当時)の名前も上がっていた。
…略…小泉は、自己の周辺の疑惑事件、政治資金のあり方については、ほかの自民党議員の感覚とほとんどかわらない。
…略…(そして)、小泉内閣は、明白にKSD汚染内閣である。
「自民党はKSDによって総汚染されている」と言われるほどであるから当然の話になるのであるが、
小泉本人を筆頭に、片山総務大臣、福田官房長官、尾身沖縄・北方担当大臣兼科学技術担当大臣、森山法務大臣、石原行政改革担当大臣、柳沢金融担当大臣と7人の閣僚が
KSD関係の議員連盟である中小企業経営問題議員連盟(豊明議連)の会員であり、
特に片山総務大臣は、KSDの古関忠男前理事長と深い関係にあった。
…略…。また、小泉は、ゼネコン汚職事件で逮捕された自民党の中村喜四郎元建設大臣について、
代表質問で、野党4党から出されている議員辞職勧告決議案についての対応を聞かれ、反対する趣旨の答弁をしている。
結局、この決議案は自民党などの与党の反対で可決されなかった。
小泉は、口先のパフォーマンスと違って、政治腐敗に対する追及の姿勢が極めて弱い。
追記 ↑以上の文章を引用した本は、昨年の6月に出版されたものだが、鈴木宗男疑惑に対する小泉政権の対応を見ていると、
小泉政権の本質的役割は、自民党の腐敗政治=利権政治の延命であったという事実を著者はこの時点で見事に看取していたといえよう。

237 :無党派さん:02/03/20 20:29 ID:nrGozUzR
http://www.bunshun.co.jp/weekly/weekly.htm
●山崎拓幹事長「夜這い不倫」●

総力特集 追跡3カ月、小誌のスクープ撮すべて明かす!
宗男喚問の夜の許しがたい不祥事
鈴木宗男を断罪すべき男
山崎拓幹事長「夜這い不倫」

総力特集 今こそ自民党をブッ壊せ!
暗黒の履歴追及第7弾!

橋本派が鈴木宗男をどうしても切れない
5億円の金脈と密約
加藤紘一、疑惑の1億5000万円の全貌!
宗男は国土交通省次官もネクタイつかんでひきずりまわし
捜査二課が着手した「狂牛病肉買い取り」恫喝疑惑
宗男の威を借る男も「沖縄利権」むさぼった


238 :無党派さん:02/03/21 10:53 ID:NakzG7aN
小泉内閣の最大の問題点は何だと思いますか?(アンケート調査)

http://www.kyokusho.com/ranking/cgi-local/k6/k6-21/choice.cgi




239 :無党派さん:02/03/21 20:59 ID:S0bN5KcP
【自民党衆議院議員 二田孝治氏(秋田1区)、6000万円の貸金返済請求訴訟を提訴される】(朝日3.20)
衆院テロ対策特別委員長を務める自民党の二田孝治代議士側に貸し付けた
約6000万円が返済されない、として秋田県内の建設会社が3月20日、
自民党の二田代議士らを相手取り、貸金返済請求訴訟を秋田地裁に起こした。
会社側は「自民党の二田代議士には返済の意思がみられない」としており、
二田氏の議員歳費などの差し押さえも検討している。
二田氏を巡っては、これまでに計4億円に上る借金が表面化、
ほとんど返済されないまま、貸し手企業が相次いで破綻している。
社長によると、返済期限は再三延長され、いずれも昨年2月末が期日だった。
二田氏側に内容証明を送るなどして催促したが、返済の意思表示がなかったという。

自民党の二田代議士、借金4億円、すべて踏み倒しか…。


240 :無党派さん:02/03/22 15:16 ID:acIKdVdS
【小泉内閣=KSD汚染内閣@泉井ヤミ献金疑惑、厚生省汚職】参考:(「小泉改革に異議あり」久慈力著&新聞)
1996年11月に、厚生省の岡光序治事務次官が、福祉法人から賄賂6000万円を受け取るなどさまざまな便宜を受けて逮捕される事件があった。
当時の小泉厚生大臣(現総理大臣)は、岡光を懲戒免職にするのではなく、退職金6000万円が支払われる辞職にとどめ、「辞表受理の判断は間違っていない」と居直っている。
また、自分の監督責任は給与の2箇月間の20%返納にとどめ、「処分が甘い」と批判を受けている。
この岡光事件に関連して、小泉自身にも福祉団体の関連団体から少なくても合計450万円の政治献金がなされていたことが判明している。
厳密に刑法の贈収賄罪を適用すれば、犯罪にあたる可能性も否定できなかったのである。
政治献金した団体は「日本病院寝具政治連盟」と「日本メディカル給食政治連盟」で、病院からの仕事を独占するために談合していた疑いで公正取引委員会からたびたび勧告や警告を受けていた。
自民党厚生族国会議員や厚生大臣の職務と明白に関係ある。
小泉は「寝具政治連盟」の名誉会長も務めていた事実もある。
小泉は厚生族の一人と考えられており、医療関係からの政治献金が多い。
彼の政治団体である東泉会の最近5年間の収支報告書をみれば、届け出があったものだけでも、毎年、7000万円から1億を超える政治資金を集めている。
医薬・医療関係、建設関係、運輸関係などが多くなっており、特に目立つのが、
日本医師連盟、日本歯科医師連盟、日本眼科医連盟、健康保険政治連盟、医薬品卸組合、日本薬剤師連盟などからの献金が多いことである。
ちなみに、小泉が結婚し、わずか4年で離婚した相手はエスエス製薬創業者、泰道照山の孫娘であった。
そればかりではない。石油卸商の泉井純一による詐欺、贈賄事件でも、小泉の名前が取り沙汰された。
泉井は「自民党の山崎拓政調会長(現自民党幹事長)に1991年から1995年にかけて合計6回、総額2億円以上を献金した」
「自民党の加藤紘一幹事長(当時)、小泉純一郎前厚生大臣(当時)の主宰する『グループ・新世紀』に5000万円を献金した」と発言していた。
このほかに泉井から政治資金の提供を受けていた政治家として、渡辺美智雄元大蔵大臣(当時)、小渕恵三外務大臣(当時)、森喜朗自民党総務会長(当時)とともに小泉前厚生大臣(当時)の名前も上がっていた。
…略…小泉は、自己の周辺の疑惑事件、政治資金のあり方については、ほかの自民党議員の感覚とほとんどかわらない。
…略…(そして)、小泉内閣は、明白にKSD汚染内閣である。
「自民党はKSDによって総汚染されている」と言われるほどであるから当然の話になるのであるが、
小泉本人を筆頭に、片山総務大臣、福田官房長官、尾身沖縄・北方担当大臣兼科学技術担当大臣、森山法務大臣、石原行政改革担当大臣、柳沢金融担当大臣と7人の閣僚が
KSD関係の議員連盟である中小企業経営問題議員連盟(豊明議連)の会員であり、
特に片山総務大臣は、KSDの古関忠男前理事長と深い関係にあった。
…略…。また、小泉は、ゼネコン汚職事件で逮捕された自民党の中村喜四郎元建設大臣について、
代表質問で、野党4党から出されている議員辞職勧告決議案についての対応を聞かれ、反対する趣旨の答弁をしている。
結局、この決議案は自民党などの与党の反対で可決されなかった。
小泉は、口先のパフォーマンスと違って、政治腐敗に対する追及の姿勢が極めて弱い。
追記 ↑鈴木宗男問題が発覚した結果、小泉首相は、自民党族議員の手のひらで「改革ごっこ」を演じる客寄せ(票集め)パンダであることがばれてしまった。
小泉政権の本質的役割は、自民党の腐敗政治=利権政治の延命にあることがばれてしまった。
ところで、以上の文章は、昨年の6月に出版された本から引用したものだが、著者はこの時点で小泉政権の本質を見抜いていたようだ。

241 :無党派さん:02/03/23 19:00 ID:ajSxK2NL
(1)【「利権政党=自民党」の解体=理念・政策本位の政界再編】
【自民党型利権政治システムの解体=自民党の分裂・解党=理念・政策本位の政界再編】
自民党は本来、共産主義勢力を封じ込めるためにできた政党であり、
いろんな政策をヌエのように抱え込んでいる。
理念・政策本位の政界再編は望ましいが、それは自民党が割れない限り、起こり得ない。
しかし、自民党は政権につくことを生命線とする政党であり、政権の座にある限り、割れないだろう。
このためにも、野党は細川政権のような政権奪取型の結集を考えるべきだ。
自民党はその性格上、「利権政治勢力」だから、野党の結集点は「利権政治の否定」になる。
この方向で大胆な対案を作り上げ、候補者を調整して総選挙に備えるべきだろう。
(参考:北岡伸一東大教授の小論、山口二郎北海道大学教授の小論)
いわば、このシナリオは、二段階革命といえよう。
第一段階:「自民党型利権政治システム破壊のための野党連合」
第二段階:自民党型利権政治システム破壊後の、理念・政策本位の政界再編。
すなわち、保守とリベラルに分かれる。
あるいは、新保守とニュー・リベラル(≒新社会民主主義)に分かれる。
これでネジレ現象はほぼ解消され、すっきりとした「政治地図」が完成する。
(2)●「政官業」癒着政党=利権政党=自民党の犯罪・醜聞●(新聞・雑誌等より)
KSD汚職の自民党(村上正邦元労働大臣・元自民党参院幹事長逮捕、小山孝雄参議院議員逮捕)
ゼネコン汚職の自民党(中村喜四郎元建設大臣逮捕、中尾栄一元建設大臣逮捕)
ロッキード、ダグラス・グラマン、リクルート、共和、佐川急便、金丸脱税、ゼネコン汚職、KSD、高祖……。
「人の噂も75日」という諺どおり、国民はすぐに忘れてしまう。
汚職の「温床」となっている「政官業」癒着構造は、ほとんどかわっていないのに、結局うやむやになってしまう。
借金(国と地方を合わせて700兆円超)を生み出す「政官業」癒着構造は、ほとんどかわっていないのに、結局うやむやになってしまう。
未解明の疑惑は、数多くある。なかには、結局、狡猾な自民党にうやむやにされてしまい、真相が闇に葬られてしまった疑惑も数多くある。
以下は、例です(全体のごく一部です)。
自民党の額賀元経済財政大臣のKSD疑惑(1500万円のヤミ献金を受領した疑惑)。
(密室の政治倫理審査会で釈明だけで、うやむやにされてしまった。
「自公保」は、野党の要求どおり、額賀氏の証人喚問を受け入れるべきだ。)
自民党の中川秀直前官房長官の覚醒剤使用疑惑、捜査情報漏洩疑惑、暴力団系右翼との交際疑惑。
自民党の森喜朗前総理大臣の買春疑惑、エイズ患者差別発言。
自民党の佐田玄一郎元郵政政務次官の買春疑惑。(「週刊宝石」1998.6.11号より)
自民党の久間章元防衛庁長官の暴力団組長との交際疑惑。
自民党の亀井前政調会長の許永中からのヤミ献金疑惑(3000万円のヤミ献金を受領した疑惑)。
自民党の鈴木宗男元北海道・沖縄開発庁長官の「航空三社」談合指示関与疑惑、ケニアODA疑惑、北方2島での旧地主「地権」買占め疑惑、
信用保証詐欺事件関与疑惑、北方四島支援事業の入札への関与疑惑、北海道開発庁への圧力疑惑など数多くの疑惑。
自民党の塩川正十郎財務大臣の医療法人からの違法献金疑惑。
自民党の三塚元旧大蔵大臣(元自民党幹事長)と自民党の坂井隆憲衆議院議員の大和都市管財グループ詐欺事件関与疑惑。
自民党の二田孝治衆議院議員の借金踏み倒し疑惑(複数の企業から借り入れた4億円、うち一企業から6000万円の貸金返済請求訴訟を起こされる)
自民党の山本幸三衆議院議員の借金踏み倒し疑惑(後援者から借り入れた5000万円)(「サンデー毎日」3.10号)

162 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)