5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

青少年事件凶悪化幻想

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 13:02 ID:/eGWZvVY
青少年事件の凶悪化がマスコミ等ではしきりに言われているが、凶悪化し
たと言う事実はない。以下、参考URL

プロファイル研究所
 http://profiler.hoops.ne.jp/bus_jack.htm
少年犯罪について

総武線猿紀行第61回
「気になる二つの統計」
 http://www.1101.com/saeki/2000-09-30.html

メディアと「青少年凶悪化」幻想
 http://www.jca.ax.apc.org/toudai-shokuren/dekigoto/000824a.html

法務省
 http://www.moj.go.jp/
白書・統計にある犯罪白書

警察庁
 http://www.npa.go.jp/
統計

少年犯罪は増加、凶悪化?
(犯罪白書を読んで)
 http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/news/toukou6.18.html

テレビが視聴者の現実認識に与える影響
−ワイドショー等、番組タイプ別の培養分析−
 http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~nakamura/cult.html

中高年犯罪こそ社会を映す鏡 疎外感が生むリスク行動
http://www.mainichi.co.jp/eye/kishanome/200101/19.html

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 13:05 ID:/eGWZvVY
少年犯罪の昔と今の質の問題
鮎川潤 『少年犯罪』 平凡社新書より P125〜P126

「遊び型」犯罪は行われていた

 戦後少年法が定められた当時(1948年)の少年達は貧しさゆえに犯罪
を行ったのであり、それは生活のための犯罪であった。それに対して現
在の少年達は、遊ぶためのお金欲しさに他人の物を盗っている。この点
で当時の少年犯罪は現在のものとは大きく異なっており、当時の少年法
は現在の少年の状態に対処しえないものである。このようにマスメディ
アに登場する多くの評論家や専門家は述べてきたし、現在も述べている。

 しかし当時(1948年)の状況を直接に観察していた家庭裁判所判事は、
当時としても生活するための食料とは言えないサイダーを飲むために強
盗致傷を働いた少年を「ありふれた例」として描いている。少年院に勤
務する犯罪精神医学者である樋口は、たとえ食料が狙われたとしても、
それは現金に換えやすいからであり、換金したのちに遊興費あるいは小
遣いとして使われるとしている。さらに「スリル」を求めて行ういわば
「遊び型」犯罪さえ少年達によって行われていると述べる。浮浪児の場
合でさえも、遊興費欲しさであり、スリルを味わいたいためだと指摘さ
れている。

 私達は現在の状態を認識するために、過去を構築する。それは必ずし
も当時を正確に捉えたものではない。当時の姿とは異なるものであり、
私達はステレオタイプ的に対比効果をもって示せるように過去を創造し
ているのである。過去は現在と同じであっては困るのだ。過去は私達が
シンプルで明確に理解して納得するための装置であり、時として想像の
産物であるとさえも言える。      

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 13:06 ID:/eGWZvVY
早稲田大学政治経済学部教授 長谷川眞理子
WEDGE 2000年5月号 P44〜P45 地球学の世紀 第41回
『殺人を犯さなくなった若年層』より抜粋。

「戦後一貫して減り続ける日本の若者の殺人率」

 日本は、他の国に比べて、人口あたりの殺人率が低い。日本のもう一
つの大きな特徴は、戦後一貫して殺人率が下がってきたことである。こ
んな一貫した傾向をもっている国は、私の知る限り、日本以外にはない。

 図1に示すように( http://www.1101.com/saeki/2000-09-30.html
図と酷似)戦後日本における殺人率の減少は、その大部分が20代前半の
男性による殺人の大幅な減少による。その結果、1955年には、年齢区分
別殺人率のピークは20代前半にあったものの、年とともにピークは低く
なり、1990年には40代になってしまった。こんな国は、これまた私の知
る限りは、他に存在しない。


東京大学総合文化研究科認知行動科学研究室 長谷川寿一 
早稲田大学政治経済学部教授 長谷川眞理子
岩波書店 科学 2000年7月号 
P560〜P568 『戦後日本の殺人の動向』より抜粋。

近年、未成年者による凶悪殺人がマスコミを賑わし、大きな社会問題と
なっている。マスコミでは、あたかも若い世代の凶暴傾向が年々高まっ
ているかのように報道される。しかし、はたしてそれは事実なのだろう
か。現代の日本の殺人を最も特徴づけるのは、マスコミに取り上げられ
ることもほとんどない中高年男性の殺人率の高さであり、青年期の若者
の殺人率の極端な低下である。               

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 13:07 ID:/eGWZvVY
『戦後日本の殺人の動向』より抜粋。

「戦後日本の殺人の一般傾向」

 以下の分析で取り扱う最も基本的な変数は、母集団の人口100万人あた
りの殺人率である。殺人数それ自体でなく、人口比で求められる殺人率を
用いるのは、言うまでもなく母集団サイズの影響を排除するためである。

 図1《図は見られないが、解説がある。(図1 日本の殺人率の時代変化
戦時中をのぞき、戦前から1950年代前半までの殺人率はほぼ同じレベルだ
った。その後1990年代まで一貫して減少した。)》は、1888年から1995年
の殺人率の時系列的推移を示したものである。戦後の殺人率のピークは、
1950年代前半にある。100万人あたりおよそ35〜40人という数字は、大戦
中を除けば戦前の水準にほぼ等しい(ここでの殺人数は警察によって認知
された殺された人の数であり、法の下で“正当化”された殺害行為――戦
争殺人や死刑執行――は含まない)

 しかしその後、殺人率は一貫して減少し続け、1990年代の殺人率はほぼ
10人前後にまで低下した。大まかに言えば、日本の殺人は40年をかけて約
4分の1に減少したといえよう。わが国の統計では、殺人件数には殺人未遂
も含まれている。既遂と未遂の比率はほぼ等しく、1990年代に実際に殺さ
れた人の率は、100万人あたり5〜6人程度であり、この率はイングランド、
ウェールズ、アイルランドと並んで世界最低のレベルにある(1992年の統
計では、フランスの約半分、オーストラリア、カナダの約4分の1、アメリ
カの16分の1である)

 諸外国の殺人率の時代推移を見ると、日本のように数十年間にわたって
単調減少がみられる国は少なくとも統計の整っている諸外国では例がない。
戦後の急速な経済発展に伴って、わが国の殺人率が確実に減少してきたこ
とは明らかである。最近のマスコミ報道から受ける印象とは逆に、現代日
本はこと殺人に関するかぎりどんどん安全になった稀有の国なのである。

 では、国家の経済的繁栄それ自体が殺人率を下げる直接要因かと言えば、
それほど単純ではない。このことは、欧米先進国の殺人率が日本のそれよ
りも高いこと(とくにアメリカの殺人率の異常な高さ)をみればすぐにわ
かる。                 

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 13:07 ID:/eGWZvVY
『戦後日本の殺人の動向』より抜粋。

「10代後半から20代の男性による殺人の激減」

 20代前半の男性による殺人は戦後の50年間を通じて一貫して減少し続け
てきた。図4( http://www.1101.com/saeki/2000-09-30.html の図と酷似)
に、各年齢区分ごとに、人口100万人あたりの男性の殺人率の推移を示した。
1994年の40代、50代の男性による殺人率は、1955年当時と比してほぼ半減
にとどまっているのに対し、20代前半の男性による殺人率は、およそ13分
の1にまで激減したことがわかる。今日問題になっている10代後半の殺人率
にしても、1994年にはピーク時の約10分の1である。

 世界的にみれば、男性の殺人率は、ほとんど常に20代の前半に鋭いピー
クを見せる。殺人率が100万人あたり400人であるシカゴと、20人であるイ
ングランド、ウェールズとを比べても、その年齢によるカーブの形は驚く
ほど一致している(図には、20代前半に鋭いピークがある)これは、調べ
られている限りのほとんどの国や文化で共通して見られ、ユニバーサルな
カーブとして、知られている。             

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 13:08 ID:/eGWZvVY
「少年事件」は凶悪化しているのか?と考える場合には、特殊な例でなく
「少年事件」を考える必要がある。一部だけを上げて、だから、凶悪化し
ていると言っても何の説得力もない。昔は酷い事件はあまりなかったとか
言う人が必ずいるので、昔の酷い事件で知られていないものをあらかじめ
一つ上げておく。

「学校の近くで同級生の首をナイフで切り落とした」
高校生が学校の近くで親しかった友人と口論になりナイフで首を切り落
とした。自分にも切りつけ被害者を装った。昭和三十七年(1962年)
神奈川県の私立高校一年生(十五歳)が起こした事件である。寮生活を
していた二人の仲は外見的には決して悪いようには見えなかったが、鞄
のなかに虫やカエルを入れられる悪ふざけをされるため、決着をつけよ
うとナイフを持参して見せた時に侮辱的な言葉を浴びせられたのでその
言葉に反発して殺害したと言われている。殺してから、生き返る気がし
て怖くなり首を切断した。

7 :解凍マグロ:02/02/11 13:09 ID:sYq7y6gj
ちゃんと外出歩かなきゃだめだよ。若者と会う機会もなくなるし。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 13:28 ID:/eGWZvVY
メディアやその影響を受けた人の多くが主張していることは、実際には
凶悪化していない青少年事件を簡単なトリックを仕掛けて凶悪化像を作
りだし、いない被害者像を作り出していることである。実際にいる被害
者を保護することが一番重要であることは言うまでもない。

 >1955年には、年齢区分別殺人率のピークは20代前半にあったものの、
 >年とともにピークは低くなり、1990年には40代になってしまった。

若い世代の殺人率と40代の殺人率に大した差がないという事実を知ってい
る人はどのくらいいるのだろうか。テレビなどの大メディアは実際にいる
被害者を保護する為に、40代の殺人率と若い世代の殺人率が大差ないこと
をしっかりと報道し、厳しく追及する必要がある。

青少年事件報道のちぐはぐな報道ではなく。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 13:32 ID:/eGWZvVY
昔の少年事件を極端に美化する人がいるが、昔の少年事件にも被害者が
いたことを忘れていないだろうか。今の少年事件の殺人率より異様に高
かった時代が事実としてあり、残虐な殺人も横行していたのにも関わら
ず、「昔の少年事件は今に比べてやさしいものだった」などという人は
被害者の視点が全く抜けている鬼畜である。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 14:39 ID:4aQTP2yj
殺人検挙率も高いんだよね。
軽犯罪のために全体の検挙率が下がっているだけで。。
ここも大マスコミは決っして報道しない。
マスコミが検挙率のことを報道しているのを少し注意して
聞けば分かるけど、検挙率が下がったと報道するだけで、
殺人の検挙率が非常に高いことは報道しないし、
軽犯罪のために検挙率が下がっていることなど絶対に報道しない。

犯罪白書より

『平成11年の刑法犯認知件数を罪名別に見ると,窃盗が最も多く,次いで
交通関係業過となっており,両者で全体の約90%を占めているが,この
傾向は過去10年間に大きな変化はない。

検挙率を罪名別に見ると,殺人は過去10年間95%を超え,平成11年は96.4%』

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 14:50 ID:4aQTP2yj
アメリカの全体の犯罪検挙率と日本の全体の犯罪検挙率を比べると、
アメリカの全体の犯罪検挙率のほうが高い。
このことだけでもって、日本よりアメリカのほうが安全だと言う人は判断力
が全くない人である。

犯罪と言うのは、必ず軽犯罪のほうが圧倒的に多いので軽犯罪だけをせっせと
検挙していたら犯罪全体の検挙率は上がるのである。殺人一件も窃盗一件も
同じ一件として数えられるので。

アメリカの犯罪全体の検挙率は日本より高いが、殺人の検挙率となると
アメリカの殺人検挙率は日本よりも各段にパーセンテージが少なくなる。
アメリカの警察は殺人よりも、もっと軽い犯罪を検挙しているので検挙率
が日本より高いだけである。

こんなことは少し考えてみれば分かるが、殺人よりも凶悪な事件はない。
その殺人事件の検挙率が日本より各段に低いアメリカが日本より安全な
はずがない。

犯罪全体の検挙率だけを見て、その中身を見ないでアメリカの方が安全だ
と言う人は、命の危険がある犯罪よりも、大した価値のないモノを取る窃盗
事件などをもっと検挙してほしいと言っているようなものである。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 14:58 ID:4aQTP2yj
2ちゃんねる宣言を見たけど、宮台も犯罪全体の検挙率だけを言って
殺人の検挙率が高いことには触れていなかった。
犯罪の多くは軽犯罪でそのために全体の検挙率が下がっていることにも
触れていなかった。

宮台もかなりの馬鹿ということになる。

こういうのが凶悪化像を作り出そうとするちょとしたトリックなんだよ。
すぐにバレるけど。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 15:11 ID:KCFRbbm0
@@@少年犯罪はきわめて深刻な事態に立ち至っている@@@
 
 今、少年犯罪はきわめて深刻な事態に立ち至っている。一般に考えられて
いる以上に深刻である。 
なんと、検挙される人間の半数が少年で占められているのだ。
 1998年に刑法犯を犯したとして検挙された成人は、16万748人で、
人口10万人当り167.5人である。
一方、少年はその10倍を超えている。少年の検挙人数は15万7385人で、
同年齢人口10万人当り、4691.9人。
つまり少年は成人の10倍の割合で犯罪を犯すようになっているのである。
 また、ここ10年間を見ると少年の殺人犯は明らかに増加している。
戦後一貫して、成人の検挙人員率のほうが少年のそれより高い
というのが殺人罪の特色であったわけであるが、1999年には初めて
少年の殺人の検挙人員率のほうが、成人のそれを上回るようになった。
そのほか、強盗、強姦、放火という凶悪犯も検挙率がここ10年で3倍に
なっている。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 15:44 ID:NFh1vk83
若い奴をただ叩いて自己満足に浸りたいだけの馬鹿なオヤジが来る予感…

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 16:47 ID:9MN3QnYF
少年事件に関連して問題になるのは、親のしつけの問題である。「今の親
がしっかりしていないから、少年事件が起きるんだ。昔はもっと親のしつ
けがしっかりしていたものだ」と言う人がよくいるが、はたしてそうであ
ろうか。

広田照幸 『日本人のしつけは衰退したか』 講談社現代新書より抜粋

 P13〜P15    「ある調査報告書から」

 正直に言うと、私も数年前までは、世間の常識に沿って「家庭のしつけ
はダメになっているし、親たちはしつけを学校まかせにするようになって
きている」と、すっかり信じ込んでいた。そうした「常識」に疑いを抱く
ようになったのは、ある日、大学図書館の書庫の中で何気なく手にしたあ
る調査報告書の結果を見てからであった。

 これは、1971年1月に、徳島県下の国立大学付属小学校、都市部・山村
部の小学校の父母を対象に実施された意識調査の結果である。これらはホ
ワイトカラーや専門・管理職の親の多い付属小学校、町場の代表としての
都市部の小学校、そしれ農林業従事者の多い山村部の小学校の3つである。
 
 図は、しつけの責任者とどう考えるかについてたずねた結果である。具
体的には、「あなたは、将来お子さんにどのような人間になってほしいと
お考えですか」という質問に続いて、「そのような望ましい人間に育てる
ためにはどうすればよいと思いますか」と問うた質問への回答を見たもの
である。都市化した地域の方が家庭教育の責任を重視し、旧来のしつけ観
を残す山村の方が、放任ないし学校教育依存の傾向が強いことを示してい
る。
 
 私には、これはまったく意外なことであった。私がそれまで抱いていた
イメージからすると、都市化した地域ほど家庭でのしつけを放棄して、し
つけを学校まかせにする割合が高いはずだったからである。

 私はこの図を見ながら考えた。もし、都市化や高学歴化が進んで、付属
小のようなタイプの親たちがその後増加し、山村部の親のようなタイプが
減少してきているとするならば、親の学校依存は時代を下るにつれて弱ま
ってきている、ということになるのではないか。都市化や高学歴化は、む
しろしつけを学校に委ねてしまったりしない、家庭教育に熱心な親を作り
出してきているのではないか――。

 一枚の図から「家庭の教育力の低下」論に疑いを抱いた私は、その後い
ろいろな時期についての文献や資料を集め、さまざまな時期におこなわれ
た調査の報告書を探してみた。それまで持っていたイメージを再検討する
作業をしたのである。その結果、私がそれまで抱いていた、そして、世間
に広く流布しているイメージには、どうやらいくつも問題があるらしいこ
とが分かったきた。       

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 16:48 ID:9MN3QnYF
広田照幸 『日本人のしつけは衰退したか』 講談社現代新書より抜粋

P174〜P175   「昔はしつけがしっかりしていた」のか?

 そもそも、現代の青少年のしつけが問題視される際に、しばしば持ち出
されるレトリックは、「昔はしつけがしっかりしていた」というものであ
る。しかし、はたして昔はそんなにハッピーな状態だったのだろうか。本
書でここまでみてきたような歴史をもとに、冷静に考えてみると、そうし
た<昔はよかった>という歴史像には、いくつかの誇張や歪曲のメカニズム
が働いていることがわかる。「昔はしつけがしっかりしていた」という説
は、きわめてあやしいのである。

 たとえば、「昔は家庭のしつけが厳しかった」という論を考えてみよう。
本書の前半でみてきたとおり、まだ貧富の差が非常に大きかったことの日
本社会では、しつけに関して階層間の格差や地域間の格差が非常に大きく
存在していた。農村で少年期を過ごした年配の読者の中には、ある日都会
からやってきた転校生の上品な言葉つかいや行儀のよさに触れたときの、
羨望と憎しみとの入り混じった感情を覚えている人もいるかもしれない。

 礼儀作法や道徳などを親が細かく子供に教え込んでいたのは、もっぱら
都市のサラリーマン・インテリ層や地方農村の富裕層にすぎなかった。か
つての農村社会では、子供の自然の成長や自覚を期待する放任的なしつけ
が庶民の一般的な在り方だったため、多くの階層では、<労働のしつけ>を
除けば、子供のしつけは「ゆるゆる」の状態であった。伝統的な庶民家族
では、基本的生活習慣のしつけはほとんどなされず、礼儀作法のしつけも
士族の家庭や村内上層のごく一部の層に限定されていたし、戦後の1950年
代農村のしつけ調査でも、親が小学生の子供を誉めたり叱ったりするのは、
もっぱら家の仕事の手伝いに関してのみであった。広島県の山奥の町の、
けっして豊かとはいえない家に生まれた私の場合、思い出してみてもしつ
けらしいしつけを家庭で受けた記憶はない。               

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 16:51 ID:9MN3QnYF
広田照幸 『日本人のしつけは衰退したか』 講談社現代新書より抜粋

P175〜176   「昔はしつけがしっかりしていた」のか?

 かつての日本社会は、社会階層差や地域差が大きく、どの家でも「き
びしいしつけ」をしていたというわけではなかったのである。そうした
中で、豊かな階層の出身者が多い学者・文化人や政治家などは、自分の
家のしつけの思い出を不当に拡大して、「昔は(どの家でも)家庭のし
つけがきびしかった」と断定しているのではないだろうか。そこでは、
きびしいしつけなど思いもよらない多くの家庭があったことが忘れられ
ている。また、多くの人たちは、断片的な回想(まれにひどく叱られた
こと)や、断片的なしつけ事項(畳のへりを踏むな、といったこと)を
不当に一般化して、「昔は家庭のしつけが(生活全般にわたって)きび
しかった」とイメージしているのではないだろうか。そこでは、鍬を洗
わないで叱られたことは記憶にとどめていて、手を洗わなくても何も言
われなかったことを忘れている。

 また、現代の父親不在や子供に甘い父親を批判して、「昔は家族の中
で父親がしっかりとした存在であった」という論もよく耳にする。しか
し、そうした議論は、裏返しの悲劇や抑圧が数多くあったことを忘れて
しまっている。家族に対して権力と権威を持った昔の父親が、必ずしも
物事のよくわかった人たちばかりではなかったこともまた事実だったの
である。家族に当たり散らし、子供に無理解な、ワンマンで思いやりの
ない父親は少なくなかった。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 16:52 ID:9MN3QnYF
広田照幸 『日本人のしつけは衰退したか』 講談社現代新書より抜粋

P180〜P182   「社会全体に広がる<教育する家族>」

 「家庭の教育力が低下している」という世間のイメージとはちょうど
正反対に、親たちは以前よりも熱心にわが子の教育に取り組むようにな
ってきている。「最近の家庭は昔に比べてしつけをしなくなってきてい
る」とか、「最近の親はしつけを学校任せにするようになっている」と
いった、世間でよく言われることは、歴史をきちんとたどってみると事
実誤認なのである。数十年前の教育学者たちは、母親を含めた大人たち
の、子供への無関心と放任を非難し、もっと子供の教育に熱心になるよ
うに訴えていた。ところが今や、「わが子に手をかけすぎないように」
とくりかえし注意しなければならないところにまできているのだ。いわ
ば、大正期の新中間層に起源を持つ、「教育する家族」が社会全体に広
がってきているのである。

 しかも現代の家族は、父親たちも以前より家庭志向になって、子供の
しつけや教育に熱心になってきている。また、親たちは、家庭でできる
しつけや教育に飽き足らず、子供のジェネラル・マネージャーをして外
部の教育機関を手配してやり、親にはできない部分を専門家に教えさせ
たりするようにもなってきている。

 要するに、「家庭の教育力が低下している」のではなく、「子供の教
育に関する最終的な責任を家族という単位が一身に引き受けるようにな
ってきたし、引き受けざるをえなくなってきた」のである。

 小玉亮子や広井多鶴子は、「核家族化」や「少子化」から「家庭の教
育力の低下」を根拠付ける言説には根拠がないことを明らかにし、そう
いう言説の蔓延する背景を考察している。小玉は、「家庭の教育力の低
下」という言説の背景に、特定の家族モデルをロマン化する傾向、つま
り「親たちの子供時代、すなわち高度成長期へのノスタルジー」を読み
取っている。また、教育政策との関連に注目する広井は、1970年ごろか
ら<核家族=家庭の教育力の低下>という図式が、「豊かな社会」の家族
に対する国家の介入を正当化する政策認識として登場し、近年はポスト
福祉国家における新たな家族活用政策に結びついていると論じている。
(小玉「家族の現実と子育て」、広井「教育政策と家族」)

 小玉や広井の指摘はもっともで、「家族の教育力の低下」イメージを
前提に組み立てられた現代の多くの教育言説は、根本的に見直される必
要があるように思われる。             

19 :からあげくん :02/02/11 16:58 ID:i/AzOmgo
 我が意をえたり

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 17:15 ID:DUA8tD66
少なくともアメリカよりは何倍もマシ

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 17:23 ID:JPr2aCDK
良スレage

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 17:45 ID:ar3dozC/
ヤヴァイよ

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 17:55 ID:izJwY/rY
ま、少年の荒れはマスコミの煽りってことで一件落着。
社会不安が子供に対して向いているだけだな。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 17:56 ID:UuStv/E0
犯罪件数そのものは減ってるんだよね

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 17:58 ID:LdMPurfV
ホームレス殺人のガキは叱られたことが一度も無いんだってさ。

26 :          :02/02/11 18:01 ID:+oc2qXrK
>>23

警官がハッキリとガキも拳銃で撃ち殺すことができるようになったのは良いことだ
判断基準
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20011109k0000e040008000c.html
   ■予告なしで拳銃を撃てる例■
<事件現場>
・多数の暴走族が鉄パイプで襲いかかってきた
・傷害事件の容疑者が刃物を突き刺してきた
・容疑者が被害者を刃物で刺そうとしている
・発砲現場で、容疑者が被害者に撃とうとしている
<職務質問>
・不審者が隠し持っていた刃物で突き刺してきた
・不審者が拳銃を取り出して撃とうとした
・盗難手配車両が停止せず、周囲の人や物に衝突しながら逃走しようとした
<強制捜査>
・捜索中、容疑者が鉄パイプで頭に殴りかかろうとした
・捜索中、容疑者が隠していた拳銃で撃とうとした
<交通取り締まり>
・検問を突破しようと、車を急発進し向かってきた
<警戒警備>
・警護対象者の近くから飛び出した人物が、対象者に拳銃を撃とうとした
<違法行為の誘発>
・人質事件で「撃つぞ」と予告すると、容疑者がかえって興奮し、人質の生命、身体の危険が増す
4 名前: 外道 ◆GEDOw/Q2 投稿日: 01/11/09 11:36 ID:WUI3EGbz
関連記事1
http://www.yomiuri.co.jp/top/20011109it04.htm
警察官の短銃使用柔軟に
警察官が短銃を使う際の条件や手順を定めた「短銃取り扱い規範」の見直しを進めて
いた国家公安委員会と警察庁は9日までに、現場の警察官が銃の使用を躊躇しないよう、
銃よりも警棒の使用を優先していた現行の規定を撤廃し、緊急時には、予告や威嚇射撃
なしで銃を撃つことが出来る、との規定を明文化した改正規則をまとめた。


27 :          :02/02/11 18:04 ID:+oc2qXrK
>>23 商 店街における騒乱、道
路・飲食 店の不法占拠・恐喝・
窃盗・薬 物密売・乱用にたい
する我々市民はもう我慢できない。
司法機関の協力のもとこのような街
の害になる人間いや害獣を積極
的に駆除しよう!!!
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「善良な市民の命」は「尊重」されるべきものである
しかし歩道や公共駐車施設をバイクや改造車の大群で
占拠し大声やカーステレオで喚き、麻薬でラリパッパ
して食い物を食い散らす「馬鹿猿ども」貴様等は街へ
一切出で来るな!!騒ぎたきゃ親の家で乱交でもシャ
ブパーティでも何でもやれ、公共の場で痴態をさらす
なっ!!!反吐がでる!!死ね!!くたばれ!首吊っ
ていますぐ死ね!車で断崖から落ちて粉砕されろおお


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 18:10 ID:s8rm5G7Q
早稲田大学政治経済学部教授 長谷川眞理子
WEDGE 2000年5月号 P44〜P45 地球学の世紀 第41回
『殺人を犯さなくなった若年層』

分析に用いた戦後日本の殺人資料

 私が分析しているのは、おもに、警察丁から毎年出されている「犯罪統計」
である。ここから、日本の殺人加害者と被害者の性・年齢分布、加害者と被
害者の関係など、いくつかの項目を分析することができる。しかし、統計から
はこれ以上詳しいことはわからないので、殺人事件の裁判記録を参照すること
により、より詳しい内容の分析を行っている。私が興味をもっているのは、
個別の事件の内容ではなく、全体に見られる一般的なパターンである。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 18:11 ID:s8rm5G7Q
東京大学総合文化研究科認知行動科学研究室 長谷川寿一 
早稲田大学政治経済学部教授 長谷川眞理子
岩波書店 科学 2000年7月号 
P560〜P568 『戦後日本の殺人の動向』

分析に用いた戦後日本の殺人資料

 以下の分析のもとになる資料は、警察の犯罪統計と裁判所の判決資料の
2種類である。警察庁から出されている犯罪統計は、“昭和(または平成)
○○年の犯罪”というタイトルで毎年公刊されている。ここから、日本の
殺人加害者と被害者の性・年齢分布、加害者と被害者の関係などの項目を
分析することができ、各年の殺人の一般的な傾向を知ることができる。し
かし、公刊されている犯罪統計からわかることには限界がある。たとえば、
加害者と被害者の年齢分布はわかっても、両者の年齢差は犯罪統計だけか
らでは求めることができない。原資料が公開されていないので、知りたい
クロス統計の多くは算出できないのである。

 そこで、殺人事件の裁判記録(判決文)を参照し、1件1件の判決ごとに
データーベースを作成することにした。現在、1990年代の殺人については、
岩井宣子(専修大学)とともに判決資料と収集中であるが、過去の日本の
殺人に関する判例集としては、司法研修所の判事補、入江正信が、1959年
に量刑研究のために編集したものを利用した。氏は、全国の地方裁判所が
1955年に判決を下した780例の殺人事件をほぼランダムに収集した。筆者ら
は、この貴重な資料集をデーターベース化し、犯罪統計だけでは得られな
い情報を分析した。

 一つ一つの判決文を読むと、それぞれの殺人事件には固有の問題がある
ことがよくわかる。しかし、筆者らが関心を寄せているのは、個別の事件
の内容ではなく、全体を通じて眺めてみることによって、はじめて浮かび
上がる一般的なパターンである。従来の犯罪心理学や、犯罪社会学では、
伝統的に事例研究が主流であったが、進化心理学的アプローチでは、1本
1本の木ではなく、森全体を見渡すことを目的とする。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 18:12 ID:s8rm5G7Q
鮎川潤 『少年犯罪』 平凡社新書より P147

「学校の近くで同級生の首をナイフで切り落とした」
高校生が学校の近くで親しかった友人と口論になりナイフで首を切り落
とした。自分にも切りつけ被害者を装った。昭和三十七年(1962年)
神奈川県の私立高校一年生(十五歳)が起こした事件である。寮生活を
していた二人の仲は外見的には決して悪いようには見えなかったが、鞄
のなかに虫やカエルを入れられる悪ふざけをされるため、決着をつけよ
うとナイフを持参して見せた時に侮辱的な言葉を浴びせられたのでその
言葉に反発して殺害したと言われている。殺してから、生き返る気がし
て怖くなり首を切断した。

31 :良いドキュソは死んだドキュソだけだ。:02/02/11 18:18 ID:+oc2qXrK
実名住所晒されねえってヤリ放題してるソ死ぬぞクソガキ!        
>>28 >>23 >>24

神奈川県で17歳ヒップホップDQN系ガキ1匹を牛刀でブチ殺し、
もう1人を重傷負わせた居酒屋店主万歳!!!!!!!!
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1013143802/
最近調子に乗ってる17才たちに、「今年の大人はちょっと違う
ぞ」というところを見せつけた事件であったかも。好き勝手やれ
ば、いつかはこうなると・・・。だが、まだまだ足りないね。


実名住所晒されねえってヤリ放題してると警官に撃たれるか
市民の自警団に血塗れになるまで滅多打ちにされて死ぬぞク
ソガキ様ョ!        


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 18:21 ID:D/0q3h6F
1は気狂ひサヨクです。

33 :良いドキュソは死んだドキュソだけだ。:02/02/11 18:26 ID:+oc2qXrK
>>28 >>23 >>24
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1013143802/
「加害者」の店主、まわりの評判いい人だったね。善良な市民が「被害
者」にならなかったのは“不幸中の幸い”だったかも。これで17才に
店主が殺されてたら、俺はやりきれなかった。
・善良な市民が「加害者」であれば再犯は起きない。
・DQNな少年が「加害者」であれば再犯は起きる。
辛い選択だが、少年を加害者にしないためにも、
再犯を防ぐためにも、いざとなったらDQNガキは市民が頑張って
殺さなければなければいけないのかも知れない。世間もそれを望
んでいるのだから。
スマター、正当防衛になれば良いがな。
おいらの知人でDQNのガキにおやじ狩りにあって、そいつらの持っていたパイプ
(水道管とか云ってた)を奪って抵抗したら、DQNの腕を折ってしまったんだ。
で、警察沙汰になって、警察で云うには過剰防衛だってさ。
じゃ、どうすれば良かったのか?と訊いたら「速やかに警察に通報すれば良い」の
回答だったってさ、
しかし、複数の武器を持ったDQNの攻撃をかいくぐり、警察へ通報しさらにパトカー
の来る数分間を攻撃せずにディフェンスし続けるって、これができるのはUS海兵隊現役
ぐらいじゃねぇのか。


34 : :02/02/11 18:28 ID:Cr43pd+K
>>1-22 >>28 >>23 >>24
犯罪の集団化は明らかに危険なことである。一対一の喧嘩であれば、
なかなか人が死ぬことはないが、大勢でやれば死亡の確率は明らかに高まる。
もし被害者が死ななくても、1人の人間に暴行を受けるのと比べて、大勢に襲われる
ほうがはるかに心の傷(トラウマ)は深い。
その上、社会心理学の実験でもよく 知られているように、人間は集団になるとリスキーシフトというものが起こって、
このくらいでやめておこうとか、これ以上は危険だという判断が個人の時より、
集団の時のほうがはるかに危険なレベルになる。

 つまり、集団で犯罪を起こさせてはならないのである。集団で犯罪を起こすと
ひどい目に合うということを、少年たちに知らしめないといけない。

 集団犯罪や集団暴力は、確かに非行少年や暴力団のような人たちが犯すものでは
あるが、個々の成員をとってみると、特別に精神障害があるとか、異常者である
確率は低い。こういう精神障害者や異常者は厳罰化しても犯罪抑止につながらない
とされているが、そうでない彼らは、厳罰化が犯罪抑止につながりやすい。

集団で暴行して相手が死んだ場合は、必ず未必の故意を認めて殺人で起訴できる
ようにするとか、2人で殺した場合は1人で2人を殺したのと同罪、3人で殺した
場合は3人殺したのと同罪という風に大勢でやるほど厳罰化して、それについて
十分なアナウンスを行えば、大勢でやるのはやばいということになって、集団
犯罪がかなり抑止できるはずだ。
          
暴対法以上の暴力団に対する犯罪抑止効果もある
はずだし、外国人のマフィアを厳罰に処することもできる。
http://www.melma.com/mag/76/m00018676/a00000029.html


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 18:33 ID:uPvcO7fc
>1955年には、年齢区分別殺人率のピークは20代前半にあったものの、
>年とともにピークは低くなり、1990年には40代になってしまった。

>現代の日本の殺人を最も特徴づけるのは、マスコミに取り上げられる
>こともほとんどない中高年男性の殺人率の高さであり、青年期の若者
>の殺人率の極端な低下である。

>>31のようなドキュソがいるから中高年男性の殺人率が高いんだろうな。

>最近調子に乗ってる17才たちに、「今年の大人はちょっと違う
>ぞ」というところを見せつけた事件であったかも。好き勝手やれ
>ば、いつかはこうなると・・・。だが、まだまだ足りないね。
怖いな〜。人を殺すことを快感に思うとは・・・       

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 18:39 ID:Cr43pd+K
>>35 >>1-22 >>28 >>23 >>24
>>31この手のドキュソ(ガキ)は人といいません。「溝鼠」で良い。
でも最近たちわるくなったよ、居酒屋とか17歳や16歳なんてガンガン呑
んでる。客こないから、また静かに呑んでる子なんかは全然いいが、酒のみ
なれてないから、生いっぱいくらいでテンションあがってカラオケボックス
と間違えてるのか、歌うたったりしてるやついた。めちゃくちゃはらたった
。なんかアピールしたいのか?自分たちが殺人をしても傷害をしても輪姦を
しても実名も住所も公開裁判もされない「未成年様」だって事をやたらと強
調するし、声でかいし、もう泣きそうになるよ。
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1013143802/43
店員や客がちくったりしたら、
警官が店に現れて、通報したあなたのそばに来て
警官:「通報したのはあなたですか?」「飲酒している未成年というのはどこですか?」
で、あなたがヤツらを指差す。
警官は未成年に向かって「あんまり迷惑をかけるなよ!」
と一言いって帰っちゃう。
警官が帰った後、酔っ払い厨房の逆恨みを受けてあなたは
.......(ボコボコ)


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 18:40 ID:g3CV7OJq
やっている事の凶悪性は今も昔も大きくは変わらない。
問題なのは犯罪の起こす時の青少年の意識だろう。
その辺の自覚が薄れてきているのは事実だ。




38 : :02/02/11 18:48 ID:Cr43pd+K
>>37 「少年法という不釣合いな特権は未成年の負の部分を狂わせる。」

こんな理不尽な事がまかり通る事自体おかしい、大体、酒呑ませるって
未成年じゃんか、その時点でxだろ、こんな自分勝手な馬鹿しんで
ほしいよ。みんな一生懸命生きてるのに。物事が通らないと暴力で
解決しようとしやがって!
>>1珍権屋や警察や裁判官って他人事だと思って無茶言うよなぁ・・・。
下手したら殺されかねないのに。裁判官/弁護士の研修で、DQNに
襲われる体験をさせるべき


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 18:48 ID:PhIBV+YB
>36
もっとマシなこと書けよ。
個人的な感情で書き散らしているだけじゃないか。
個人的に〜と思うなら幾らでも言えるよね。

>従来の犯罪心理学や、犯罪社会学では、伝統的に事例研究が
>主流であったが、進化心理学的アプローチでは、1本1本の木で
>はなく、森全体を見渡すことを目的とする。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 18:55 ID:izJwY/rY
拝金主義でモラルのない日本社会。
子供だけは健全でモラルがあるようにってのは、なんか無理があるね。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 18:56 ID:b1fnU0Ck
17才に過敏に反応するのはマスコミ報道を真に受けている証拠w
ワイドショーとか真に受けるなよ
マスコミの17才報道に騙されるほどだから、テレビのやらせ番組
も見ぬけないんだろうな

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 19:06 ID:hIFpICmk
だけど、日本の青少年の殺人率って何でこんなに少ないんだろう??

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 19:12 ID:mrf/bbtB
一応は日本がまだ豊かで、だからじゃないのかな。
なにもわざわざ犯罪を犯さなくても、たいていのことが出来てしまう。
いまの日本で犯罪を犯す青少年って、万能感に浸りきった万能ヲタとか、汚いことは許せない潔癖キチとかじゃないの?

44 : :02/02/11 19:18 ID:Cr43pd+K
>>43いまの日本で犯罪を犯すのは青少年万能感に浸りきった勘違い未成年の溝鼠達
この2−3年におきた未成年集団広域路上強盗事件 投稿日:2001/05/21(月) 13:30
          (首都圏主要事象)
東京・埼玉一帯連続通行人襲撃強盗致傷事件・・・・少年グループらが
1時間の間に4人を襲撃して問答無用にナイフで刺したりレンガブロック
で後頭部を何度も殴打。3人が重傷を負う。警察により暴走族「ドライブ」
メンバーの16−18歳の少年8人が警察に逮捕される。警察によれば足立
・北区・埼玉県川口市近辺で100件以上発生した(被害届あるもののみ)
路上強盗致傷事件ほぼ全てに関与している可能性が高い。(1999年)
埼玉県南部広域連続路上強盗事件
襲撃を繰り返していた少年グループ26人を逮捕。被害件数は200件近い模様
(1999年)

神奈川県横浜市泉区での一部上場某企業部長襲撃暴行強盗事件(1998年)

駅から自宅までの帰宅途中に待伏せしていた少年5人が背後から
モップで被害者男性の頭蓋を殴打、倒れた後も殴るけるの暴行を
加えて鞄を強奪。被害者は血塗れで後頭部が5センチほど陥没し
そこに血が溜まってたまま自宅に帰り着き妻の前で昏倒。それ以
来被害者は「植物人間」状態で2年間半ICUのままである。逮捕さ
れたのは全員16歳の少年、「遊興費欲しさに」同様の事件を神
奈川県内で十数件以上繰り返していたという
       (中京圏主要事象)
名古屋版MADMAX凶悪暴走連続無差別襲撃強盗致傷集団事件(1998−2000)

名古屋市内を中心にバイクや車の機動性をいかして通行人
や女性運転の車を次から次へ襲撃し鉄棒やブロックべい、
木刀・レンチで破壊・殴打集団暴行を50件以上繰り返して
いた暴走族「徳命繪」や「竜鬼」のメンバー十数人が逮捕
された。彼らは強盗や引ったくり、恐喝を「ツアー」と称し
ていた。また深夜にコンビニや閉店スーパーを集団で襲撃し
十数人単位で略奪を繰り返していた集団もいるという

連続無差別襲撃集団暴行:暴走族12人を逮捕 大阪
http://search.mainichi.co.jp/cgi-bin/news/search.cgi?keyword=%96%5c%91%96%91%b0&no=0&id=200105-28-0528m120.400&article=2

45 :   :02/02/11 19:22 ID:Cr43pd+K
少年集団による東京多摩西部夜間通行一般車両30台連続襲撃強奪事件(1998−2000)


少年山賊集団による群馬県赤城山間道路連続一般車両10台無差別襲撃強奪事件(1998−2000)


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 19:24 ID:mrf/bbtB
一部のDQNをもまるで多数派のようにカキコしないでくれるか?w

47 :クソ学運団塊DQNがクソ超DQNを倍拡大再生産:02/02/11 19:27 ID:Cr43pd+K
>>46
26 名前:ドキュソガキ連中による都市暴動一覧投稿日:2001/01/18(木) 18:02
http://www.yomiuri.co.jp/04/20001115i405.htm (リンク先消去)
ふるさと祭りで若者乱闘、この夏37件も神社や商店街の祭りなど、地域の行事に集まった数十〜数百人の若者
たちが乱闘したり、警官隊と衝突したりするトラブルが、各地で相次
いでいる。読売新聞社が調べたところ、今年五〜十月の六か月間に十
七都道府県で三十七件あり、未成年者を含む九十三人が公務執行妨害
容疑などで逮捕された。非行グループが起こした騒ぎをきっかけに、
大勢の見物人が便乗して暴徒化するケースが多い。警察当局はこうし
た見物人を「期待族」と呼んでおり、若年層犯罪の新たな形態とみて
分析と対策に乗り出した。  長崎市で先月七〜九日開かれ、三十三
万人の人出があった「長崎くんち」で毎夜、五百もの露店が並んだ目
抜き通りで、一人の少年がオートバイに乗って暴走行為を繰り返した
。それを止めようとする警察のパトカーとの追跡劇を、十代後半から
二十代前半の若者八十人ほどが、大声をあげたりして見物する異様な
光景が続いた。
最終日の夜には、見物人のうち興奮した数人がパトカーを取り囲んだ
り、そのボンネット上に飛び乗ったりする騒動を引き起こし、オート
バイの少年と見物人の計四人が逮捕された。 北海道釧路市で七月に
開かれた「釧路厳島神社例大祭」では、若者百数十人が深夜から明け
方まで、近くの交番を取り囲み、花火を打ち上げたり、大声を出した
りした。 騒ぎのきっかけは、二十三〜十七歳の若者三人が警備中の警
官に暴行したとして現行犯逮捕された事件。連行先の交番から三人を
連れ戻そうとした数十人の仲間たちに、騒動を期待して集まった百人
近い見物人が加わり、騒ぎが膨らんだ。
同様の騒ぎは、兵庫県相生市の「相生ペーロン祭」(五月)、東京・
板橋区の花火大会(八月)、青森市の「青森ねぶた」(同)などでも
あった。約五百人の若者が警官隊と衝突した福井市の「福井フェニッ
クスまつり」(七月)、二千人を超える若者が警官隊にビール瓶や花
火などを投げつけた兵庫県姫路市の「ゆかたまつり」(六月)など、
見物人が暴徒化し、通常の雑踏警備では対応できないケースもあった。
警察庁によると、こうした騒ぎは四、五年前、「青森ねぶた」や「相
生ペーロン祭」などで起きてから各地に広がり、昨年は逮捕者が出た
騒動だけでも全国で八件を数えた。特に、昨年十一月に広島市で開か
れた「えびす講」では、連日二百人を超える若者が機動隊と衝突、開
催中の三日間で四十五人が逮捕された。 こうした騒ぎに加わる見物人
の多くは暴走族など非行グループのメンバーではなく、「騒ぎが見られ
るかも知れない」と口コミで集まった若者たち――と警察庁は分析。騒
ぎが始まると、見物人らが携帯電話で友人を呼ぶなどして、警察の予測
以上に騒動が膨らむことから、「イベントの開催方法そのものの見直し
も検討する必要がある」としている。
伊予・奈良での暴動の原因はやはりドキュソが警察の交通取り締まりに
逆ギレ、車をひっくり返すなど大暴れして街区を占拠。機動隊が鎮圧戦
を展開するほどの騒ぎに

48 : :02/02/11 19:28 ID:Cr43pd+K
>>46
都市部と比べ、地方では事件数や検挙人数は少ないが、少年検挙人員
の年代毎の増加率を見ると,急上昇しているのが目立つ。
 東京都立大の前田雅英教授(刑事法)は1956年からの各都道府
県別の1956年からの各都道府県別の少年検挙人員の増加率を、四
つの年代で分析した(新聞グラフ参照)。各年代5ー6年間を取って
1年間の平均増加率を出した。最近(1990年代以降)になって急
激な増加を示しているのは1990年代に前後にに一時マイナスに転
じていた香川県の27%増。大分県の23%増、山梨県22%増、秋
田県20%増、愛知18%増、佐賀19%増などだ。全国平均の増加
率は10%増で横ばいである。
一見すると全体としては少年犯罪は増えていないが1990年代まで
は都市と周辺で少年犯罪は「点」でしかなかったが1995年代には
それは繋がって「線」となり、1999年代にはいると「面」のよう
に広がっている。各県で状況は異なる少年1000人当たりの検挙
人員が都市部と地方では殆ど変わらない。都内においても都心部より
多摩地区や下町で少年犯罪が多い。原因としてはかって少年に規範意
識を植付けていた地域社会の人間関係希薄化や共同体崩壊や家庭や学
校での規範意識を身につける、という幼児期からの強固な躾や教育の
喪失である。近郊のコピーシティ化(カラオケ・コンビニ・パチンコ
テレクラ林立)機能的ではあるが大都市の用に多様な価値観は無い為
閉塞した状況下での自分勝手な少年らの衝動を爆発させるのが原因で
ある。


49 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 19:37 ID:DBP8lrMQ
東京都立大の前田雅英教授は少年事件凶悪化論で有名な人。
            ↑
            ↓
東京大学総合文化研究科認知行動科学研究室 長谷川寿一 
早稲田大学政治経済学部教授 長谷川眞理子
東京大学大学院教育学研究科助教授 広田照幸

50 :  :02/02/11 19:48 ID:Cr43pd+K
>>44-45 >>47-48
最近のDQNガキ連中は学生運動世代を1000倍以上悪質にした、
典型的な「1人じゃなにも出来ない小心者」厨房ですな。 悪い事
言わんからこういう糞は死刑にしとけよ。 校正させるとか言って
も人殺しには変わり無いんだぜ。 「人命は星より重い」って言う
だろが。それを奪った糞に存在価値も 人権もあるわけねえよ。死
ぬとはオモワナカッテモ、人殺しは人殺し。 どーせ、中途半端に
、なあなあの処分だろ。 そのナアナアノ処分をまた全国に流布するんだ
ろ。 よってますますの凶悪化の低年齢化だな。

人権派弁護士と訳の分からん教育関係者が
と馬鹿マスコミによる3者混合合作だな。
いい加減、見せしめに誰か血祭りにしろ。
↓こいつらも。
東京大学総合文化研究科認知行動科学研究室 長谷川寿一 
早稲田大学政治経済学部教授 長谷川眞理子
東京大学大学院教育学研究科助教授 広田照幸



51 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 20:29 ID:JPr2aCDK
>>50
ID:Cr43pd+K。おまえ、逝ってよし!!!!!!



52 :からあげくん :02/02/11 21:24 ID:i/AzOmgo
>>50
>いい加減、見せしめに誰か血祭りにしろ。

あのねえ、君が殺人教唆をしなくてもいいじゃないか

53 : :02/02/11 22:20 ID:Cr43pd+K
>>51-52 >>44-45 >>47-48
ガ生徒と教師、ガキと大人を対等扱いにし、「子供の人権(or個性)」を錦の御旗にし
ている限り、こういう事件がなくなることは無いだろう。
まーとにかく保護されまくりなのが今のガキ。 まず、授業は激しい妨害をする生
徒でない限り授業を受ける権利を 剥奪してはならない。授業を受けさせない⇒体
罰。 ていうか、今時のガキは権利ばっかり主張しやがって、「義務」の存在を忘
れてる。
自分の行動の結果とそれに対する予想、つーか想像ができないのは あまりに悲しい
事だとは思わないかい?今の子供にはそれが欠けている ような気がする。自分だけ
は違うとか子供だから甘いとか世間を馬鹿に しているようにしか見えない。馬鹿に
している事がどれだけの労力と知恵 費やして出来あがっているものかをな。未熟ゆ
えとはいえ度が低すぎるし、志すら感じない。


54 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 22:24 ID:7jxhNnpP
>>53
対等扱いなのと保護されまくりなのって矛盾した話に聞こえるが
どういうこと?

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 22:32 ID:/byKV4md
>1はYahooの少年事件カテで、統計バカと罵られ2ちゃんねるに逃げてきたへタレである。

56 :  :02/02/11 22:38 ID:Cr43pd+K
>>1-25 >>51-52
図書館やら居酒屋や駐車場を酒盛りの溜り場にして、中高学生が公
共施設で我が物顔で、 タバコ吸ったり飲酒してて、ちょっと注意さ
れたらその注意した大人を 一時間半にわたって集団リンチして、殺
してしまうガキ達の輝かしい未来??

じゃあ、お前らはこのガキの輝かしい未来のために、 将来、この殺人犯を自分の娘と
結婚させてあげたり、 自分の職場に、この殺人犯を雇ってあげたり、 殺人犯を面
倒みてやれ。中学生というだけで、哀れむのはもうやめるべき。 犯罪を犯したもの
は、犯罪者としてちゃんと扱うべき。 特にこの場合、>>44-45 強盗殺人、国家への
反逆行為>>47-48やってるんだからね

>>44,大手企業部長(?)50才ぐらいか。。俺の父親と同じくらいの年齢だな。
55年間真面目に刻んできた人生は、中高学生にリンチされて社会的地位は幕を
閉じてしまった。何の落ち度も無いのに。なんか切ないな・・ 人の人生を奪って
おいて、 この殺人犯達は、少年院に1・2年くらい入ってまた社会復帰できるん
だね。 少年院の中では色々な資格も取れるし、 無料で全寮制の専門学校行くよ
うな感じかな。 おめでたい世の中だね。 いつの時代も馬鹿なやつはいるね。 わ
かりきった事なのに少年法を保護する馬鹿がいつづけるのは 一体なぜだ。

こいつらとっとと「責任」取れ
ーーーーーーーーーーーーーーーー
東京大学総合文化研究科認知行動科学研究室 長谷川寿一 
早稲田大学政治経済学部教授 長谷川眞理子
東京大学大学院教育学研究科助教授 広田照幸
明治大学法学部教授 菊田幸一



57 :   :02/02/11 22:50 ID:Cr43pd+K
>>1-25 >>52 >>51
福岡で一家殺害されても、バスジャックで笑いながら人を殺しても、
女子高生を監禁して嬲り殺しにしても、母親殺して自転車で逃走しても、
近所の子供を殺して頭部を切り取って学校前に晒しても、ホームレスを
集団で殴り殺しても、同級生をマットで巻いていじめ殺しても、通行一
般車両を集団で襲撃して略奪して運転手を集団暴行しても、住宅地で勤
労者を瀕死の重体になるまでリンチしても単なる腐れ逆キレで暴動起こ
して商店などを破壊略奪しても、キャンプ場で観光客を暴行、男なら身
包み剥いで血塗れにして、女なら輪姦しても匿名で被害者扱いでみーん
な数年後には出てきちゃうんだよね。

そいつらが普通の顔で、自分の近所で生活しているかもと思うと、 やりきれない
。 少年法の見直しも、結局それっきりだし。


58 :少年の負の部分を暴走させかねない少年法は撤廃。  :02/02/11 23:01 ID:Cr43pd+K
>>1-25 >>51-52

>>44-45 >>47-48
未成年凶悪犯罪犯行の殆どが度合いに「ただ注意されたから」「遊興銭が欲し
かった」という理由以上のものを十分感じるところがむごたらしいね そんで
泣いて許してとは・・・泣いて命乞いならわかるが。 殆どが「後を付けて行
って」「機会をうかかがって」「絶対に抵抗できなくるまでだしね。 計画性
も充分。 警察おかしい。殺人罪でいいのに障害致死ばっかりで。 少年法の場
合特に、一端第一次捜査権を持つ警察が罪を決めちゃったら 殆ど覆らない。お
かしい。おかしすぎる。 殺人罪で検挙せよ。警察いい加減に目覚ませ。 少年
法が憎いのは当たり前すぎるくらい当たり前のこと。 但し、その上にある刑法
も甘すぎるでしょ? 新潟の佐藤のも。 警察もそう。 どうせ少年法なら殺人に
しようが傷害致死にしようが変わらん。 捜査面倒くせーし、事実認定しっかり
しなくてもいーし、真実わかんなくても別にいい。 だって少年法あるしー。人
権派弁護士と訳の分からん教育関係者がと馬鹿マスコミによる3者混合合作の鉄
のトライアングルを破りにくいし、だな。という態度で緩慢なのが赦せんの。警
察は警察で、しっかり倫理意識をもってほしいの。糞厨房の死刑は当然としても
、今の少年法は、少年犯罪を助長しておる。 14とか13なんて年齢での犯罪
は、駆け込み的な要素が強い。俺もも14 になったとき(スゲー昔だが)、実
名公表とか公開裁判されてコレで悪いことをしたら、今までと違って、 自分の
一生に傷が付くんだろうなあ、とか考えた。




59 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 23:21 ID:DfWpr2Yt
鮎川潤 『少年犯罪』 平凡社新書より P142〜P153

1 さまざまな少年犯罪


a 福島県で小学2年生の女子が乱暴されて殺害された。

昭和52年(1977年)1月、福島県の新興住宅地で、小学2年生の女子が下校
後立ち寄った児童館から自宅へ帰る途中で乱暴されて殺害された。道路脇でい
たずらしようとしたが、抵抗されたため自分のベルトと外して絞殺した。犯人
は上級生の小学6年生で、体力があり体重も50キロある生徒だった。彼は同
級生にもわいせつな行為を強要したことがあった。


b 大阪で食事などもふるまっていた菓子店のおばあちゃんが殺害された。

大阪で菓子店のおばあちゃん(70歳)を馬乗りにになって小学6年生の少年
が絞殺した。金を盗んだのをみつかってとがめられたためで、少年はこのおば
あちゃんから食事などもごちそうになり可愛がってもらっており、店の手伝い
をすることもあった。昭和55年(1980年)2月。


c 3歳の女子に性的ないたずらをしようとしたところ、親にいいつける
 といわれたために、木の棒で頭を殴り井戸に投げ込んで殺害した。

小学校1年生が、昭和55年(1980年)2月に栃木県太田原市で起こした。3
歳の女子に地下水くみ上げ用のポンプ小屋で性的ないたずらをして乱暴しよう
としたところ泣かれ、親にいいつけるといわれたために、木の棒で顔や頭を殴
り井戸に投げ込んで殺害した。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 23:23 ID:DfWpr2Yt
d 飲酒したのち授業中の自分のクラスへ行き、注意した教員に暴力を加
 えて死亡させた。

青森県の中学3年生の男子生徒が、学校の相談室で自宅からもっていったウィ
スキーを仲間と一緒に飲み、酔ったまま授業中の自分のクラスの教室へ行き、
注意した教員に対して顔を拳で殴り、机に上がって足で首のうしろを蹴り上げ、
教師を障害致死にした。昭和60年(1985年)1月に起きたもので、学校内で
生徒の暴力によって教師が死亡したのはこの事件が初めてであった。


e 学校の近くで同級生の首をナイフで切り落とした。

高校生が学校の近くで親しかった友人と口論になりナイフで首を切り落とした。
自分にも切りつけ被害者を装った。昭和三十七年(1962年)神奈川県の私立高
校一年生(十五歳)が起こした事件である。寮生活をしていた二人の仲は外見
的には決して悪いようには見えなかったが、鞄のなかに虫やカエルを入れられ
る悪ふざけをされるため、決着をつけようとナイフを持参して見せた時に侮辱
的な言葉を浴びせられたのでその言葉に反発して殺害したと言われている。殺
してから、生き返る気がして怖くなり首を切断した。


f 自分たちをいじめていた同級生を2人で金槌で殴り、川に投げ込んで
 殺害した。

授業中に非常に恥ずかしい行動を強いるなどして、自分たちをいじめていた生
徒会長も務めたことのある同級生の級長の生徒を、いじめの仕返しに2人で金
槌で殴って川に投げ込んで殺害した。昭和59年(1984年)11月に大阪の高
校1年の生徒が起こした事件で、被害者の頭部を70ヵ所も殴打するとともに、
被害者の目をつぶしていた。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 23:24 ID:DfWpr2Yt
g 渋谷駅近くの銃砲店を襲撃し、店に立てこもって警官隊を銃撃戦を展
 開し、山手線も一時運行を見合わせた。

昭和40年(1965年)、18歳の元船員の少年は、まず神奈川県で警察官をお
びき寄せてライフル銃で殺害した。ピストルを奪い去り、さらに急行した警察
官の1人にも重傷を負わせた。運転者を脅して自転車を乗り継いで渋谷の銃砲
店まで行き、ピストルで店員を脅してカービン銃、M100ウィンチェスター銃、
レミントン銃に銃弾を詰めさせ撃ちまくり、包囲した警官隊と銃撃戦を展開し
た。この市街戦で巡査部長が右肩を撃たれ、16人の負傷者が出、山手線は一
時運行を見合わせた。2人の女性が人質に取られていたため、催眠ガス弾で外
へおびき出して、逃走してから8時間後に逮捕にいたった。彼の愛読書は大藪
春彦の『野獣死すべし』であった。


h 野党第一党の党首が総裁選の立会演説会を行っていた日比谷公会堂の
 演壇で日本刀で刺殺された。

当時野党第一党であった社会党の浅沼稲次郎党首が主要3党首による立会演説
会を行っていた日比谷公会堂の演壇で、17歳の少年によって日本刀の脇差で
左胸と即胸部を刺されて殺害された。昭和35年(1960年)10月、日米安全
保障条約の継続が大きな政治的争点になっていたときのことである。この少年
は高校を中退した17歳の右翼少年で、右翼政党の党首の主張に影響されての
犯行だった。のちに少年は少年鑑別所で首吊り自殺した。


i 教師の車がダイナマイトを仕掛けられて爆破された。

夏休み中に他人の池で鯉を釣ったり、教室の壁に落書きしたことについて生活
指導の教諭から注意されたのに腹を立てた中学3年生(15歳)が、いやがらせ
の仕返しをしようとし、午前4時ころ教諭の車のボンネットにダイナマイトを仕
掛けて爆発させた。昭和56年(1981年)9月に宮崎県で起きた事件で、本人も
負傷した。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 23:25 ID:DfWpr2Yt
j 女子高生を殺害し、その死体を校舎の一部に隠し、家族、警察、新聞
 社に挑発的な電話をかけた。

昭和33年(1958年)に東京で起きたいわゆる小松川女子高生殺人事件である。
行方不明になった定時制高校2年生の女子生徒の家族へは脅迫の電話がかかって
きたり、身につけていたものが送りつけられたりした。読売新聞社と小松川警察署
に「被害女性を絞め殺して小松川高校の屋上の物置に投げこんだ」「俺は絶対に捕
まらない」などの挑戦的な電話がかかってきた。その電話の情報に基づいて捜索し
た結果、遺体が屋上で発見された。9日後犯人は逮捕されたが、同じ定時制高校1
年生で、在日外国人の18歳の少年だった。少年は女子高生の首を絞めて強姦した
のち殺害したものだったが、この事件の4ヵ月前にも自転車に乗っていた25歳の
女性に対して道路脇に押し倒して強姦殺人をしていた。少年は読売新聞の懸賞の短
編小説に「悪い奴」という作品を応募していたが、その内容の一部にこの女性を絞
殺する場面を連想させる描写が盛り込まれていた。


k 出版社の社長宅に抗議に訪れ、その妻に重傷を負わせ、お手伝いさん
 を殺害した。

今は新聞社の系列に入っている老舗の出版社が発行していた雑誌に掲載された深沢
七郎による小説に天皇を冒涜する描写があったとして、17歳の少年がその出版社
の社長宅に「抗議」に訪れ、社長が不在であったため妻とお手伝いさんに切りつけ、
お手伝いさんを死亡させた。昭和36年(1961年)2月。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 23:26 ID:DfWpr2Yt
l 東京都区内で連続通り魔事件を起こし、有名人に挑戦状を送った。

昭和39年(1964年)12月に逮捕された、高校2年(17歳)の少年は、前年1
2月に小学6年生をうしろ手に縛り、下半身の一部を切り取り重傷を負わせて以来
十数件通り魔をはたらいた。本で読んだイギリスの切り裂きジャックを模倣し、杉
並区を中心とした東京都区内でおもに小学男子の顔や首筋を切りつけていた。脅迫
状を交番脇にわざと投げ捨てたり、テレビで騒がれるのがうれしくなり、被害者や
評論家宅に切り裂きジャックと名乗って脅迫状を送りつけたりした。

m 小学1年生を身の代金を取るために誘拐し、殺害した。

昭和44年(1969年)9月、19歳の少年が、身の代金を取るために、渋谷区で小
学校1年生の男子(6歳)が泣き叫ぶのを強引にかかえて誘拐した。強奪したあと
公園の公衆弁所でクリ小刀で刺殺し、金を用意せよという脅迫電話をかけた。少年
は、長崎の高校を中退したのち上京し、ガソリンスタンドに勤めていた。


n 日ごろ自分をいじめていた少年を友人らと一緒に宿泊に招き、バット
 でめった打ちにして殺害した。

昭和53年(1978年)2月、滋賀県野洲町で起きた事件。2人の中学3年生が、自
分たちをいじめるリーダー格の少年を殺害する計画でいたところ、日ごろ暴行を受
けていたグループの他のメンバー3人からも当日殴られたため、4人全員を殺害す
る計画に変更した。被害者の1人の家に一緒に泊まったおりに、寝静まったのを待
って庭に隠しておいたナイフとハンマーで襲撃した。1名を殺害し、2名には3ヵ
月と1ヵ月のけがを負わせた。ただし最大のターゲットとされた少年は、途中で寝
床を入れ替わったため難を逃れ、別の少年が命を失った。返り血を浴びた際のため
に着替えも用意しての犯行だった。犯行を行った2人の少年はおとなしく成績も中
程度、そのうち1名はクラス委員も務めていた。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 23:27 ID:DfWpr2Yt
o 生活補導の教師の自宅にパチンコ玉爆弾を郵送し、教師を負傷させた。

昭和48年(1973年)、大阪の私立高校を卒業・中退した3人が、卒業式が近づい
た2月に、在学中に生活指導の教師から受けた指導と注意を恨んで起こした事件で
ある。以前にも脅迫電話や爆竹などを送りつけていたが、今回は自宅に郵送された
パチンコ玉爆弾によって窓ガラスがこなごなになって飛び散り、教師が負傷し、火
の手もあがった。


p 同居している両親と祖母を金属バットで殺害した。

昭和63年(1988年)7月に東京都目黒区で起きた事件。中学2年生(14歳)の
少年は、期末試験の成績やクラブ活動をさぼったことを注意されたため腹を立て、
深夜両親が寝たのち母親を金属バットで殴り、目を覚ましバッドを取り上げようと
した父親と包丁で刺殺し、母親とさらに起きてきた祖母も刺殺した。少年は、アイ
ドル歌手のレイプも計画するとともに、両親殺害計画を友人に話して手伝わせよう
とした。

q スキー仲間の同級生を刺殺した。

昭和47年(1972年)、島根県で友人が暴力団風の密猟者の流れ弾に当たって死亡
したとの通報が警察に入った。通報者の中学2年生は、男たちが病院に連れていく
といって車に乗せて立ち去ったと供述した。2人はスキーの大回転競技のライバル
同士で、加害少年は被害少年の存在によって万年2位の成績だった。登山ナイフを
用いて刺殺したものであった。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 23:28 ID:DfWpr2Yt
r 小倉構内コインロッカーに爆発物が仕掛けられ、夕方5時台のラッシュ
 時に爆発し、5人が重軽傷を負った。

昭和49年(1974年)3月、夕方5時台のラッシュ時に小倉駅でコインラッカーが
爆発し5人の重軽傷者が出た。事前に警察署長あての犯行を予告した挑戦状が「市
内の中学生より」という差出人の名前で届けられていた。息子の行動が不審であると
届け出た両親によって、中学2年生(14歳)の主犯格の少年が逮捕された。彼は、
民間会社にも脅迫状を送っていた。爆弾は、爆発実験を行ったうえで、くぎを仕込む
など爆発力を高める工夫をして仕掛けられていた。

s 倉敷市内のアパートの空き部屋で幼稚園の女児(6歳)の絞殺死体がみ
 つかった。

昭和54年(1979年)10月、岡山県倉敷市、アパートの空き部屋に連れ込まれた幼
稚園の女児(6歳)が押入れで裸のままで殺されていたが、これは小学6年生がいた
ずらをしようとしたところ泣かれたために絞殺したものだった。


t マンションから落下したと思われる小学2年生女子の死体が発見された。

昭和54年(1979年)10月、小学校4年生の少女が小学校2年生の女児をマンショ
ンの屋上(地上35メートル)から突き落として殺害した。おねえちゃんのクラスが
弱かったために白組が運動会で負けたといわれて腹を立てたのが原因とされている。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 23:38 ID:kdhgZQSp
ID:Cr43pd+K

こいつアホやな
全く説得力がない

67 : :02/02/11 23:39 ID:kE1+fqU6
>>59-65

68 : :02/02/11 23:46 ID:kE1+fqU6
少年に殺された子供達

皆さん、僕達の事件を参考に、日本の将来、人としてどうあるべきか?考
えて下さい。確かに少年法の中には、裁くとか罰と言う観念はありません。
また、日本弁護士連合会は「審判」は少年の責任を追究する場ではない」
(平成10ねん4月16日毎日新聞)と言っています。しかし、人を殺した事
に対する責任をとらなくても良いのでしょうか?少年法の中にも16才以上
であれば刑事責任の追及も書かれています。僕たちの事件はほとんど傷害
致死でかたづけられています。「少年には立ち直る可能性と将来がある」
という理由だけで・・・・。軽微な犯罪はそれでも良いでしょう。でも人
を殺すような重大な事件を起こしても責任をとらない責任をとらなくても
良いそのような考えで社会に出てきたとき、まわりは安心して生活が出来
るでしょうか?僕たちにも夢も希望もたくさんあったのです。そして決し
て死にたくなかったのです・・・・。

http://www4.justnet.ne.jp/~takatora/syounennikorosaretakodomotati.htm
http://www4.justnet.ne.jp/~takatora/Hitobito.htm

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 23:49 ID:iJF2bL1+
>>1
>青少年事件の凶悪化がマスコミ等ではしきりに言われているが、
>凶悪化したと言う事実はない。

で、何が問題なのでしょうか?
マスコミの報道姿勢?
少年法改正論?


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/12 00:04 ID:jO5C4q0i
>>50
>最近のDQNガキ連中は学生運動世代を1000倍以上悪質にした

学生運動時代の青少年は残虐な凶悪事件を繰り返していたのだが。
今よりも酷い事件が横行していたのだけど、学生運動世代のほうが
今の青少年よりも1000倍もマシだと言ったら、学生運動世代の
青少年に殺されたりした被害者の気持ちはどうなるのだろう?
殺されたりしても仕方がないとでも思えとでも?
それでよく被害者救済とか言えるものだな。
凶悪事件の被害者の気持ちを本当に考えたなら、
昔の加害者に過度のプラスイメージを持たないはずだ。
学生運動世代が繰り返し行っていた残虐な凶悪事件の反省がなければ
被害者救済とか言っても説得力がない。
結局は自分の世代が批判されるのを恐れているだけ、などになってしまうな。

71 :      :02/02/12 00:18 ID:J/+7DY/B
>>58
クソガキなんか擁護する神経がオカシイ。 今は逆だもんね。 19歳あ
たりでも「未成年のうちにやればいいや」だし。 つか15だろうが1
6だろうが働いている奴らでも犯罪を犯せば少年法。 責任をとらせる
術もないのに、免許(人殺しの凶器となりうる)や 結婚を認める(社
会的責任を負える)と判断するのも矛盾だし。
>>70
オレの高校時代の知り合いで 喧嘩っはやい奴を働いている奴らは結構
いたんだが 勝負(ケンカ)の場合は、集団でリンチすることはなかっ
たし タイマン勝負でしかも武器なしという奴らだったよ。 で、そい
つらが言うには 「武器に頼っちゃいかん 鍛えた自分の身体で勝負す
るんだよ!普通人女子供に手出す奴は最悪の卑怯者だ!」とのことだ
った。最近のガキんちょの態度には誰もが腹を立ててるんじゃないの
か? 公共広告のCMでも病院で暴れるがきに恫喝するってなのやって
んじゃん。 これは社会の縮図だよ。 今まで、こんなガキは世の中に
腐るほど居るし、こーいう馬鹿を平気で 育てる親は腐る程居るってこ
とだよ。 これは、ホームレスの人がたまたま注意しただけの話だがう
ちのじっちゃんが注意して殺されたら俺は許さないね。




72 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/12 00:19 ID:De+nyTHj
>70
で、
自分達の罪は免除しろ、というわけ?
既に凶悪さが滲みでとるぞ。
大丈夫か?


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/12 00:26 ID:OmRyOXq4
このスレを見てたら日本では中高年凶悪犯罪が問題なのも分かるよな(w
殺せとか言ったり、レスの意味も理解できない頭のレベルだしな

74 :       :02/02/12 00:27 ID:J/+7DY/B
>>70
そうそう、>>57こんなことヤッテル奴なんてさー 親が死んだら即ホームレスだろ
? ていうか、父親死んだだけでも危ないんじゃないの?今時は。 親の庇護のもと
に育ってるくせしてエラそーなんだよな。 でも、こんなDQNがホームレスにな
ったら犯罪者になるだけだろうな。 なんせ我慢できない世代だから。徴兵制度で
も復活させて 親の甘やかしから隔離したほうがいいんじゃないかと思うよ。 厨
房どもは〆められなきゃどんどん増徴してくんだよ。 一般人がころされることも
出てくるに決まってるだろーが。



75 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/12 00:33 ID:1vKxFlEt
>72
で、
自分達の罪は免除しろ、というわけ?
既に凶悪さが滲みでとるぞ。
大丈夫か?

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/12 00:47 ID:LgD3ChQ4
>g 渋谷駅近くの銃砲店を襲撃し、店に立てこもって警官隊を銃撃戦を展
  >開し、山手線も一時運行を見合わせた。

>昭和40年(1965年)、18歳の元船員の少年は、まず神奈川県で警察官をお
>びき寄せてライフル銃で殺害した。ピストルを奪い去り、さらに急行した警察
>官の1人にも重傷を負わせた。運転者を脅して自転車を乗り継いで渋谷の銃砲
>店まで行き、ピストルで店員を脅してカービン銃、M100ウィンチェスター銃、
>レミントン銃に銃弾を詰めさせ撃ちまくり、包囲した警官隊と銃撃戦を展開し
>た。この市街戦で巡査部長が右肩を撃たれ、16人の負傷者が出、山手線は一
>時運行を見合わせた。2人の女性が人質に取られていたため、催眠ガス弾で外
>へおびき出して、逃走してから8時間後に逮捕にいたった。彼の愛読書は大藪
>春彦の『野獣死すべし』であった。

この事件は今から37年前に18歳の少年が起こした事件であるから、現在55歳
の人と同期の人が起こした事件だね。酷い事件だ。今では考えられない事件だな。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/12 01:16 ID:btjjWu2+
 ■ 感情論キチガイが答えたくない質問シリーズ ■

 青少年の殺人率は今は極端に低いのですが、昔はかなり高かったのです。
 では、
・そのころの被害者の気持ちを考えると、どう思いますか?

 現代の日本の殺人を最も特徴づけるのは、マスコミに取り上げられる
 こともほとんどない中高年男性の殺人率の高さです。
 1955年には、年齢区分別殺人率のピークは20代前半にあったものの、
 年とともにピークは低くなり、1990年には40代になってしまいました。
 そこで、
・日本の殺人を最も特徴づける中高年男性の殺人率の高さについては、
 どう思いますか?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/12 01:43 ID:D06kSXW8
まぁ、日本人っておとなしいのが多いからな。
凶悪事件よりも軽犯罪をちょこちょこするタイプだろ。
日本の若い奴はドキュンばかりとか言ってる奴がいるけど、
そんなこと言ってたら、他の国の若い奴とは付き合えないぞ。
あまりにドキュンすぎて。いや、マジで冗談ぬきで。

日本人は海外で殺人事件あまり起こさないね
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1013143232/

79 :hhf:02/02/12 01:50 ID:VQvCpDEi
 中高生がホームレスを殺すなら、ホームレスも自分の命を守るために、中高生を殺してもいいはずだ。
 何もいつもやられっぱなしでいなければならないということはない。
 相手が数を増やして攻撃するのなら、ホームレスも団結して戦うべきだ。
 何もホームレスだけでなければならないということはない。
 中高生を殺したいと思っているものは、一致団結すればいい。
 武器や凶器や、爆弾も必要だ。
 これは戦争なんだ。
 未成年とホームレスとの戦いであり、汚職エリートを目指す受験生と、社会的弱者の戦いだ。
 

80 :    :02/02/12 02:23 ID:tCgNq+cQ
少年犯罪は増加中  >>1 こりないねー(W
投稿者: nightship 2001年1月20日 午前 8時01分
メッセージ: 2505 / 2702 お久しぶり。これから少しずつ復活していきます。
まずは奇妙な統計から。1/19付朝刊の読売新聞に、「人口10万人あたりの検
挙者(刑法違反者?)の変化」というグラフが載ってましたね。都立大の教授が
作成したグラフとのこと。未成年(20歳未満)と成年(20歳以上)の二種類に分け
ていましたね。そのグラフによると、1950年前後の未成年の検挙者は10万人中
1500人程度だったのが、ぐんぐん右上がりに増加し、最近では3000人前後まで
増えていました。一方、成年のグラフはわずかですが右下がりになっていました
ね。少年法擁護者は、「トレンドで見れば少年犯罪は増えていない」と言い続けて
いましたが、このデータをどう考えるのでしょうか?不思議なのは、法務省が発
表しているグラフとは、形がかなり違うという点。法務省の出している犯罪白書
の統計では、決して右上がりのグラフではないのだが…。
http://www.moj.go.jp/HOUSO/2000/table.html#z2



81 :     :02/02/12 02:26 ID:tCgNq+cQ
少年法保護派の統計の使い方 >>1-67
投稿者: nightship 2001年1月21日 午前 1時41分
メッセージ: 2507 / 2702 qd氏、レス感謝します。
>前田教授の統計については、私も#2439で書いたんですけど、少年犯罪の人口
比率については上下動を繰り返しながら戦後だんだん増えてきているようです。
読売新聞のグラフでは、おおむね二次関数の右側のように単調増加してましたよ
(細かいレベルでの増減はありましたが)。犯罪白書にあるような、明らかな上下の
>大きなうねりは見えませんでした。ただ、よく言われるのは、殺人事件の推移を
>見ると凶悪犯罪が増えているとはいいにくいってことですね(強盗と違って、殺
>人の検挙に取り締まる側の恣意が入るということはないので)。
qd氏がそうだというわけでなく、あくまでも「少年法保護派」の「一般行動」としての
話を。少年法保護派は、検挙人員・人口比とも、最悪のピークだった昭和55〜60年
の数字と現在の数字を比べて、「少年犯罪は減っている」と主張します。その一方で
、「強盗は増えている」と反論すると、「強盗には取り締まる側の恣意が働いているか
もしれない。統計は信用できない」と主張します。


82 :     :02/02/12 02:28 ID:tCgNq+cQ
>>80 >>80-81
殺人だけが、信用できる統計だと言うのなら、始めから殺人の統計だけを議論す
ればよろしい。ただ、少年法の効果を評価するときに、殺人しか考えないという
ことがいかにナンセンスかは、言うまでもないでしょう。このように、少年法保
護派は、平気で自己矛盾する主張をする。なぜ彼らはこのような主張をするので
しょう?可能性は二つ。
@自分で自己矛盾に気づいていない。
A自己矛盾に気づきながらも、とにかく少年法の保護主義を守りたい。
おそらく両者が混じり合っているのでしょう。少年法保護派は、凶悪の程度に関係
なく、犯罪を犯した少年を罰するのが「とにかくかわいそう」に思い、彼らを守りた
くて、しゃにむに詭弁を弄することが多い。弁護士も同様。少年事件、刑事事件が
「金になる」のではなく、罪を犯した少年をできるだけ軽い罰にすることが、弁護士
にとっての至上の「幸福」なわけです。だって、弁護士の本来の仕事が、被告の罰を
できるだけ軽くすることなわけですから。かくして、「人権屋」という蔑称が生まれ
ました。人権屋とは、「国民全体の人権」を尊重するのではなく、弁護士にとっての
「客」である「被告」の罰を、手段を問わず軽くしようとする輩のこと。少年法の保護
主義を守れば守るほど、彼らにとっては被告の罰が軽くなり、依頼者からは感謝さ
れるのですから、幸福なことこの上ありません。「人権屋」とは、決して「人権を尊
重しようとする人」のことではないのですよ。 このような現状では、できるだけ公
正であろうとする模範的な弁護士がかわいそうです。


83 :     :02/02/12 02:29 ID:tCgNq+cQ


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/12 02:50 ID:jvhO6362
>>80
犯罪発生件数と、検挙者数をごっちゃにしてない?
成人の犯罪の検挙率が激減してるから、犯罪が増えても検挙者数はさがるよ

85 :  1のようなのは最も最悪な抵抗勢力です。    :02/02/12 02:59 ID:tCgNq+cQ
弁護士が言おうとあんたらが言おうと改革を阻む点では同じ。 凶悪化云々
をいわずに少年法改正に賛成なら、 >>1-23みたいなのを叩けよ。 関係な
いといいつつ、アドバルーン上げてんだろ? 結果としてそれが、人権屋を
助長してるんだろが。 再犯率24%。 どうせ、屑は更正なんかできない
のだから、捕まえた ところで、ガソリンでもかけてもやしちまったほうが
世のためわかったか、ジンケンオナニー野郎>>1-25
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news&key=991984852
>>693
>>676
>言っとくけど、増加しているのは少年犯罪だけではないんだよ
少年犯罪の増加は、過去5年で44%程度(674参照)。
全年齢の犯罪全体では、8.5%程度(676より)。
増加率が全然違う。
>おぃおぃ画像にだけリンクを張るなよ(ワラ
データとしては、画像で十分。HP所持者の解説を鵜呑みにするつもりはないよ(藁
少年の横領と強盗が急増の傾向で、それ以外の少年犯罪は微増傾向にある。
全年齢の犯罪全体でも、微増傾向。
これを了解してもらえれば、こっちとしては満足だ。
減っていると言っていたのは、嘘だと認めたようだしな。
刑務所被収容者人員 47,398  49,414  50,897  52,713  56,133
少年鑑別所     15,569  17,837  19,421  20,382  22,525
少年院       4,208   4,989  5,388   5,538   6,052
これを見ると少年院と鑑別所に入る少年の増加率は
人口比を考えても一般成年が入る刑務所のものより高い。
しかし少年犯罪の共犯率は大体50%前後(事件によるが)で
少年犯罪は3,4人の複数の犯行によって行われることが多いと昔から指摘されている。
それに対して成年犯罪の共犯率は大体25%前後なのを考えても
上記の入所者数だけで少年犯罪と成年犯罪の数を比較するのは難しい。
☆ついでにこれは鑑別所収容人員の犯罪内訳☆
非行名 総数  男  女
窃盗  27.1 29.0 11.5
傷害  17.6 17.7 16.7
恐喝  12.9 13.2 10.7
交通法 11.8 13.0 2.4
強盗  6.1 6.4 3.3
ぐ犯  5.4 3.2 23.4
薬物  4.5 2.5 19.7
毒物  2.6 2.1 6.3
その他 12.0 12.7 6.0
合計  100.0 100.0 100.0
まどちらにせよ少年犯罪に増加傾向が見られるのは事実だから 早めの少年
法改正には大いに賛成。(


86 :  1のようなのは最も最悪な抵抗勢力です。    :02/02/12 03:01 ID:tCgNq+cQ
>>1-65あたりまで
お前らはどうしても、世代論で昔と今を比べたいようだが、俺はそんなのには興味が無い。
最近の少年犯罪の増加を見て、ごく最近の少年を取り巻くいくつかの環境の変化が、
少年に犯罪を促しているのではないかと懸念している。諸外国に比べて少ないかどうかなども、興味が無い。
凶悪犯罪全体が大体1000→1100→1050→1100→1300→1200→1500→2300→1700と推移しているから、
この程度だと、一次的にしろ凶悪化の傾向が懸念されてしかるべき数字だ。
次の二三年程度の数字がまた1200ぐらいに戻っていれば、それは杞憂だったといえるが。
殺人だけなら、確かに対して増えてない。確かごく近年に増えたと聞いた気がするが、
元の数字が100程度と少ないので、有意とは言えない。
年小送り鑑別送りにいたっては、4,208→4,989→5,388→5,538→6,052と
15,569→17,837→19,421→20,382→22,525 であり、これを増えていないという
奴は、それこそ統計を勉強してくれ。

最近の路上リンチ強盗・無差別リンチワルガキは「人を殺傷する」のが楽しいんじ
ゃなく、宮崎や宅間みたいに「他人を壊す」のが楽しいのだろう。だから死んでも
らっちゃ困るのさ音悲鳴を上げたり、血を流したりするのが(w。だから「殺人」が
減ってるのさ。


87 :  1のようなのは最も最悪な抵抗勢力です。    :02/02/12 03:05 ID:tCgNq+cQ
>>1-63
マスコミが煽った?何をソースにしてるの? はあ? 個々の事件の報道は事実な
んだからそれは認めるよな。 そもそも、ワイドショーが全部煽りなのか? 煽り
とする根拠は何もなくて、ワイドショー=煽り と決め付けてるだけだろ。 ワイ
ドショーなら批判し易いからネタにしてるだけだろが。 あんたらこそ煽りだろ。
結局、馴れ合いですか。。。
叫ぶ人を納得させられないで感情論の一言で無視する方も相当問題と思う。 「いか
に醜悪であろうとこういう事実を伝えることがマスコミの役割だ。」 未成年兇悪犯
罪も成人兇悪犯罪の報道も氏名住所隠すかどうかだけで同じだし別に誇張でもなん
でも無いだろう あほらし、少年犯罪の近年の激増を減少と嘘をついているそっちは?
嘘がばれると、おやじの方が悪いと、無意味な責任転嫁をするそっちは? そっちも
同様のドキュソじゃん? いや、狡猾な知恵習得してるだけ最悪だな



88 :  1のようなのは最も最悪な抵抗勢力です。    :02/02/12 03:07 ID:tCgNq+cQ
299 名前:前スレ600 投稿日:2001/05/23(水) 01:59
俺、>>2 >>3 に前スレで反論しているんだけど・・・
そしたら、>>2 >>3 を繰り返して提示するだけなんだよね。
300 名前:前スレ600 投稿日:2001/05/23(水) 02:03
結局、「凶悪化幻想派」って人の
他人のフンドシで相撲を取ってるようなもので
自分の言葉で語らないんだよ。

306 名前:前スレ600 投稿日:2001/05/23(水) 02:14
>>303
ごめんね。
タネを明かすと俺、>>2 >>3 どころか
もっと多くの専門家の文献とか読んでるんだわ。
その上で、「凶悪化幻想派」の考えは一方的な解釈に過ぎないってことを
主張し続けたつもりなんだけどね。
324 名前:前スレ600 投稿日:2001/05/23(水) 03:02
>>323
基本的にはそうだろね。
今の少年犯罪の現状を「凶悪化」と「表現」するか否かの是非で
多少の認識の違いはあるだろうけどね。
俺の考えは、
1.戦後からの比較での「凶悪化」は不正確
2.「ここ数年に限って言えば不正確」とも言いきれない
ということです。



89 :  1のようなのは最も最悪な抵抗勢力です。    :02/02/12 03:08 ID:tCgNq+cQ
http://kaba.2ch.net/news2/kako/990/990287829.html 362


90 :からあげくん :02/02/12 03:09 ID:91gW0fmS
> 再犯率24%。 どうせ、屑は更正なんかできない
>のだから、捕まえた ところで、ガソリンでもかけてもやしちまったほうが
>世のためわかったか、ジンケンオナニー野郎>>1-25

更正しうる75%も一緒に焼き殺せというのか?

91 : :02/02/12 03:28 ID:tCgNq+cQ
>>90
そりゃ、「再犯率24%。 どうせ、屑は更正なんかできないのだから
、捕まえた ところで、ガソリンでもかけてもやしちまったほうが」とは
いえないが、

最近のクソガキの集団路上強盗とか更正できないんじゃないか
あの手の連中は万引き(窃盗)とかと同じ感覚で一回上手く行
くと同じこと累犯を重ねる。外国だったら商店主に散弾銃でア
ボーン。その内成人になってしまい実名公表や公開裁判されて
人生終了(w。前科一般。

92 : 91:02/02/12 03:31 ID:tCgNq+cQ
前科1犯どころじゃねーや。そいつが気がついたら、何故か婦女暴行や
傷害、銃刀法違反など前科10犯ついてたり(w


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/12 03:39 ID:tCgNq+cQ
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1013305848/
おかしい人達が全国で活発に繁殖しているようです・・・
http://www.sankei.co.jp/databox/kyoiku/kyoiku.html


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/12 04:22 ID:nTqT40Ee
てゆーか、実際にコワイお子さまたちは増えています。
夜中に集団でたむろする茶髪(親が何も言わない、通行人に
ガンをつけたりする)、図書館みたいな、今までDQNが
近寄らなかったようなところにまで出没し、一般市民に
いやな気分を与えて喜んでいる。(何なんでしょう、あれ。
何か優越感でもお持ちなんでしょうか。汚いガキなのに)

 明らかにかつてとは違う道徳観念の持ち主は増えている。
こわいですよ、実際。精神病患者云々という議論よりも
こっちを先に議論した方が数倍よい社会になるかと。

95 :アルフォンゼ:02/02/12 07:06 ID:YZ/8oerB
ここのスレの住人は少年院の実態とかわかってるんだろうか。
刑務所よりもきついらしいぞ。
そういうのをはっきりさせるだけでも犯罪の抑止力にはなると
思う。

少年犯罪が減ったのは、今の少年が色ボケ、欲ボケ状態になっ
たからだろうね。
象徴的なのがファミコン。
あれが出た1983年頃から凶悪犯罪がガクっと減ってるだろ
。ついでに日本に犯罪が少ない理由にもなりうる。
そういやジャンプ漫画もヤンキー物から冒険物にシフトしたし
、ヤンキー賛美文化もなくなった。

96 :アルフォンゼ:02/02/12 07:16 ID:YZ/8oerB
先天的DQNは別として、大事なのはその周辺の普通の少年達
を守る事だよ。
規制を厳しくすれば、「理不尽な大人とたたかうDQNってカ
コイイ」なんて憧れもっちゃう。で、集団化する。
でも規制ゆるくすれば、「DQNはしんどそうだし、普通に遊
んでる方が楽しいしいいや」となる。DQN孤立。
でも少年に万能感持たれちゃこまるから、懲罰はきちんとする

少年院の実態をはっきりと伝える。少年法改正大賛成。
あんがい普通の少年の望む物ってそっちじゃないかな。

逆に風俗とかAVとかは全年齢OKにしてもいいんじゃない?

少年法変えずに少年を娯楽から遠ざけるやり方は時代と逆行し
てるよ。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/12 15:31 ID:uwlWLIs9
つーかさ、>>1-23 >>59-64が馬鹿珍権屋なのは、個々の犯罪の悪質化(残虐化)
ってのは事実。それ以外に、母集団となるガキどもの数も問題じゃないのかな。
犯罪の数は増えていないかもしれないが、ガキの数は昔に比べて減ってるだろ?
だとすれば、犯罪数ではなくて、一人あたり犯罪数の方が問題だろうよ。小子化
で子供の数は減っているが、ガキの数は増加してると思う。
>>77-78
昔は小学生くらいまでがガキ、せいぜい中学まで。今は大学行っててもガキな奴が
いる。ガキの高年齢化によって、中途半端な力と知識をもった、たちの悪いガキが
増加してると思う。それに、昔の学生運動時代、機動隊に向かって火炎瓶なDQNと
今の欲求不満でいつキレるか分からないDQNでは、言葉面は前者の方が凶悪だが、一
般人にしてみたら、後者の方がはるかに迷惑で怖い存在だと思う。



98 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/12 15:42 ID:QqsXA69y
前田雅英教授は何の資料を根拠に凶悪化したって言ってるんだろう?

長谷川寿一・長谷川眞理子教授は、警察の犯罪統計と裁判所の判決資料の
2種類を根拠にしてるんだけど。

まさか、前田教授ってここで根拠もないデタラメなレスばかりしている人
と同じように、適当な資料を見て凶悪化しているって言ってるのかな?

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/12 15:45 ID:ycT1eJHi
>>77
>■ 感情論キチガイが答えたくない質問シリーズ ■

>青少年の殺人率は今は極端に低いのですが、昔はかなり高かったのです。
>では、
>・そのころの被害者の気持ちを考えると、どう思いますか?

今も昔も被害者は無念だろう。
犯罪者には罪に見合う罰を受けるべき。

>現代の日本の殺人を最も特徴づけるのは、マスコミに取り上げられる
>こともほとんどない中高年男性の殺人率の高さです。
>1955年には、年齢区分別殺人率のピークは20代前半にあったものの、
>年とともにピークは低くなり、1990年には40代になってしまいました。
>そこで、
>・日本の殺人を最も特徴づける中高年男性の殺人率の高さについては、
> どう思いますか?

中高年男性の殺人の場合は、死刑が適用できるので問題なし。
犯罪者には罪に見合う罰を受けるべき。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/12 15:47 ID:ycT1eJHi
犯罪者には罪に見合う罰を受けるべき。
       ↓
犯罪者は罪に見合う罰を受けるべき。

訂正、すまん。



281 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)