5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

そんなにドイツは偉いのか!? Part2

1 :朝まで名無しさん:02/04/11 11:11 ID:1z7Fw/7D
前スレの結論として

「狡猾なやり口で巧みに責任逃れを行い、侵略の尖兵であるナチスドイツ軍人達を免罪・賞賛し、また侵略した相手国に対する補償を拒否しながら、その一方でヌケヌケと戦後、追放されたドイツ人財産の補償請求を行うドイツは偉い」

そして

「ドイツのプロパガンダに引っかかって『過去を謝罪・反省し、誠実に補償しているドイツは偉い』等と主張する日本人は戦前のナチス礼賛者と同様の愚か者である」

と言う事になりましたが、引き続き日本における「ドイツ礼賛」について語りましょう。

前スレ

そんなにドイツは偉いのか!?
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/news2/1008085724/

2 :朝まで名無しさん:02/04/11 13:09 ID:4Q0Ws4/b


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/11 20:20 ID:OAzTdysS
えーっと・・・                                     〓〓□
 Ctrl+Dで「ドイツを見習え」                      ____Π__
 Ctrl+Hは「反省が足りない」                     \__      \_
 Ctrl+Sは「謝罪を・・・  っと・・・           当時の軍人は    \   
____ _________         \ 今もって「英雄」  /  \
      ∨                        \ですが何か?/  〜\   〜〜〜〜
  ___  マ,常套句ダカラナ... ∧ ∧ == .∧ ∧     ∧_∧       〜〜〜〜〜〜
 / || ̄ ̄|| ∧_∧ ' '       (゜Д゜ )三( ゜Д゜)     (・⊆・ )        〜〜〜〜〜
 |  ||__||(    )カタカタ    オイ  U U        ( 独  )    ┌────┐
 | ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/          | |〜′     .| | |.    .│駆逐艦  │
 |    | ( ./     /          UU         (_(_)    │ ロンメル.│
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          ∧                     └┬──┬┘
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       
             | ずいぶん話が違うんじゃねーのか? .|

4 :朝まで名無しさん:02/04/11 20:45 ID:sNbXzY54
正直、ドイツはかっこよくて 大好きだ

5 :朝まで名無しさん:02/04/11 21:10 ID:N429sMjz
あれ、ドミニカ共和国の偉大さを語るスレはやめたの?

6 :朝まで名無しさん:02/04/11 22:12 ID:IoGDq4YS
>>4
禿同。
コスプレ見てもドイツヲタばっか。
日本軍の格好してる奴なんて見たこと無い。
なにしろ格好良いし、武装SSは日本人から見ても
英雄だしね。

7 :朝まで名無しさん:02/04/11 22:17 ID:NTD2VQxQ

      ∧_∧      ∧_∧
     _( ´∀`)    (´∀` )>>1
  三(⌒),    ノ⊃    ( 1  )   テメー!! 低学歴ヤロー
     ̄/ /)  )      | |  |
    . 〈_)\_)      (__(___)

         ∧_∧  .∧_∧
         (  ´∀) (´∀` )
       ≡≡三 三ニ⌒) 1  .)    低学歴スレは・・・・・
        /  /)  )  ̄.| |  |
        〈__)__)  (__(___)

           ∧_∧  ,__ ∧_∧
          (    ´)ノ ):;:;)∀`)
          /    ̄,ノ'' バ  )  「終了」だって言ってんだろーが!!
         C   /~ / /   /
         /   / 〉 (__(__./
         \__)\)
                      ヽ l //
            ∧_∧(⌒) ―― ★ ―――
            (    ) /|l  // | ヽ   ヴォケがーー!
           (/     ノl|ll / / |  ヽ
            (O  ノ 彡''   /  .|
            /  ./ 〉
            \__)_)


8 :朝まで名無しさん:02/04/11 22:26 ID:avQU+fQ9
>>1
>そんなにドイツは偉いのか!?

うん、偉いし格好良い。
何か文句ある?

9 :紫陽花 ◆SvAwkMl6 :02/04/11 22:38 ID:UAijQj9L
低学歴スレ????

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/12 01:42 ID:3APiLIDh
Googleあたりで「ドイツ」と「戦後処理」で検索するとまあ出るわ出るわ・・・
明らかにドイツの実態をろくに知らずに「ドイツの戦後処理」を持ち上げる間抜け
な人間が・・・

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/12 02:53 ID:6RGJu0Uq
そう言えば韓国人で「日本はドイツを見習え」という人間が多いようだが、日本が
ドイツと同じことをやろうとしたらさぞかしムキになって反対するだろうなあ・・・

12 :朝まで名無しさん:02/04/12 02:54 ID:QnJbTCWo
ドイツは植民地支配に誤ってないよね。
ナチスだけ。
アフリカなんて知らんプリ。
まねする必要なし。

13 :朝まで名無しさん:02/04/12 03:04 ID:XUXGNgOy
銀行バタバタ倒産したりしないし、えらいんじゃないの。

14 :BB:02/04/12 03:21 ID:9NgGO5aU
ドイツが謝罪したのはホロコーストだけ。


15 :BB:02/04/12 03:23 ID:9NgGO5aU
そう言えばドイツ軍にも慰安婦いたな



16 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/12 03:24 ID:6RGJu0Uq
>>6
末期の武装SSに多数の外国人、それも「戦勝国」の人間が含まれていたこと
から分かるようにドイツの周辺諸国は軒並み「同じ穴のムジナ」でした。
だからドイツの詭弁「悪いのはみんなナチス」というのは周辺諸国にとっても
都合がよかったわけです。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/12 03:28 ID:6RGJu0Uq
>>15
慰安婦がいなかった軍隊なんてありません。
とは言えドイツの場合、強制収容所送りにした女性を多数慰安婦にしており、
それについて補償どころか、全く無視しているにもかかわらず、昨年にドイツ
の学者が「日本は慰安婦のことを教科書で教えろ」などと主張していたのを見る
と、やはり日本もそう言ったドイツの厚かましさを見習うべきだと思います。

18 :朝まで名無しさん:02/04/12 12:28 ID:Ckx3pqMg
>>6
>コスプレ見てもドイツヲタばっか。
>日本軍の格好してる奴なんて見たこと無い。

そりゃナチスの格好は見てくれ重視だったからね。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/12 21:01 ID:qbwFfSg0
YAHOOあたりで「ドイツは戦時中の軍人も英雄視している」等と指摘すると「そんなことはあり得ない!」
とムキになってくってかかるヤツがいるんだよなあ・・・

20 :コヴァ:02/04/12 21:15 ID:YhdB5m2s
ドイツ連邦軍人は、戦後もナチ時代の勲章をそのまま佩用することを認められていた。

21 :朝まで名無しさん:02/04/12 22:16 ID:AO/JNmQi
>>16
じゃあ、丸く収まって良いじゃんか(w

22 :朝まで名無しさん:02/04/12 22:24 ID:55vKrjkp
まずホロコーストは嘘だと言わねばならない。
600万人というユダヤ人の死亡者の数が合わないのである。
まず世界中のユダヤ人の人口についての統計から見てみよう。
『世界年鑑』の一九三八年版の統計では、一六、五八八、二五九人
である。これを約一六六〇万人としておこう。
 一方、『ニューヨーク・タイムズ』の一九四八年二月二二日号に
よると、一八〇〇万人となっている。
 一九三九年から四五年までつづいた第二次世界大戦を間
にはさむ一〇年間に、ユダヤ人の世界全体での人口は約一四〇万人
ふえていることになる。


23 :朝まで名無しさん:02/04/12 22:24 ID:55vKrjkp
『チェンバーズ百科事典』の一九三九年の統計によれば
「ナチ・ヨーロッパ」[ナチス・ドイツの支配下にはいったヨーロッパ]
のユダヤ人の人口は、六五〇万人だった。「六〇〇万人」が本当
に虐殺されたとすれば、そのほとんどにあたる。


24 :朝まで名無しさん:02/04/12 22:25 ID:coMH/TMh
とりあえずドイツ車は世界一だな

25 :朝まで名無しさん:02/04/12 22:26 ID:55vKrjkp
 ところがまず、中立国スイスの統計によると、一九三三年
から四五年にかけて、一五〇万人のユダヤ人が、イギリス
スウェーデン、スペイン、ポルトガル、オーストリア、中国
インド、パレスチナ、アメリカに移住している。そのほかの移住の
数字をあわせて計算すると、ヨーロッパのユダヤ人の人口は
約五〇〇万人に減少していることになる。そのうち、ポーランドなど
からソ連に移住したのが約一五五万人、連合国側と中立国で
生きのこっていたのが四〇万人以上である。
 結局、ナチス・ドイツの支配下にのこっていたのは約三〇〇万人
あまりにしかならない。しかも、その全部が収容所にはいっていた
わけではない。


26 :朝まで名無しさん:02/04/12 22:28 ID:55vKrjkp
ユダヤ人の国際組織の推定によると、「ナチの地獄を生きのびた」
ユダヤ人の数は、一、五五九、六〇〇人となっていた。これを
約一五六万人としてみよう。ナチス・ドイツの支配下で減少した
ユダヤ人の人口の総数は、約一五〇万人以下となる。



27 :朝まで名無しさん:02/04/12 22:31 ID:55vKrjkp
戦後、イスラエルとドイツがむすんだ協定で補償金が出るので
次々と名乗り出る生存者がいるのだ。その数を合計すると
一九九四年現在で、「ホロコーストの生きのこり」は約三四二万五千人
までふえた。なんと、さきに示した『六〇〇万人は本当に死んだか』に
よる計算、「ナチス・ドイツの支配下にのこっていたのは約三〇〇万人
あまり」を、完全に上回ってしまうのである。

28 :朝まで名無しさん:02/04/12 22:36 ID:55vKrjkp
「六〇〇万人」は、さきにあげた「ナチス・ドイツ時代のヨーロッパ
における一九三九年のユダヤ人の人口」の「六五〇万人」とほぼ
匹敵する。
日本でも、むかしはよく「一億の民」という表現がつかわれていた。
「六〇〇万人の大虐殺」はもともと、単純に「皆殺し」の意味でしか
無いのである。



29 :朝まで名無しさん:02/04/12 22:46 ID:55vKrjkp
アウシュヴィッツ収容所/所長ルドルフ・ホェスの証言も
実は全く信用出来ない。
フランスの歴史家フォーリソンは、「イギリスはどうやって
ルドルフ・ホェスの告白をえたか」(『歴史見直しジャーナル』
86〜87冬)という題名の論文で、くわしい分析をしている。
 ホェスは最後にポーランドのクラコウで裁判にかけられ
一九四七年四月一七日にアウシュヴィッツ収容所内で
処刑されたが、その死の直前に書いたとされている「回想録」
には、つぎのような部分がある。
「わたしは一九四六年三月一一日に逮捕された。[中略]わたし
にたいする最初の尋問における証言は、わたしをなぐってえた
ものである。わたしはサインはしたが、そこになにが書かれて
あるのかは知らない。アルコールと鞭でわたしはまいってしまった。
鞭はわたしのものだが、偶然、妻の荷物のなかにはいっていた。
それは馬にふれたことすらなく、ましてや収容者にむけられたこと
など、まったくなかったというのに」


30 :朝まで名無しさん:02/04/12 22:48 ID:55vKrjkp
ホェスを逮捕し、拷問したイギリス軍の軍曹
バーナード・クラークは、イギリス国籍のユダヤ人
であったことも見逃すことは出来ない。

31 :朝まで名無しさん:02/04/12 22:51 ID:55vKrjkp
ニュルンベルグ裁判についての最新の総合的な研究として
見のがせないのは、『歴史見直しジャーナル』(92夏)に
編集長のマーク・ウィーバーがみずから執筆した五六ページ
の大論文、「“戦争犯罪”裁判は絶滅政策を立証したか?/
ニュルンベルグ裁判とホロコースト」である。
イギリス軍による拷問の事実についても、ウィーバーは
二例を紹介している。一例は、アウシュヴィッツ時代のホェス
の副官で、その後、ビルケナウ(アウシュヴィッツ第二収容所)
の司令官、ベルゲン・ベルゼン収容所司令官などを歴任した
ヨーゼフ・クラマーにたいしての拷問である。もう一つの例は
収容所全体の管理責任者で、親衛隊の経営管理本部長だった
オズヴァルド・ポールにたいする拷問である。ポールはイギリス軍
に逮捕された際、椅子にしばりつけられて失神するまでなぐられ
歯を二本失っている。



32 :朝まで名無しさん:02/04/12 22:57 ID:55vKrjkp
>>30
一九八三年に発表された『死の軍団』という本で、著者
ルパート・バトラーはクラークとインタヴューしている。
ルパート・バトラーによると、クラークには拷問について
「なんら後悔をしめさない。それどころか正反対に、“ナチ”を
拷問したことについてかなり自慢した」という。いわゆる
確信犯である。
クラーク軍曹はまた、一農夫の姿で身をひそめていたホェスの
捜査にあたって、ホェスの妻を子供からひきはなして尋問したが
そのさいには暴力は「まったく必要ではなかった」。決め手は、
あれこれと長いなだめすかしの最後に、つぎのように怒鳴りつけた
セリフだった。
「白状しないと、おまえらをロシア軍にひきわたす。やつらは
おまえを銃殺隊のまえにひっぱりだす。息子はシベリア送り
になるぞ」



33 :朝まで名無しさん:02/04/12 23:08 ID:55vKrjkp
『ニュルンベルグ裁判/ナチス戦犯はいかに裁かれたか』
という本がある。著者は、ドイツ人の現代史家、ウェルナー・
マーザーである。
それによると「侮辱」については、ドイツ降伏のしりぬぐい役
をつとめた臨時政府、海軍提督デーニッツの閣僚と軍首脳も
例外ではなかった。船上で政府と軍の解体と逮捕の通告を
うけた直後のことである。


34 :朝まで名無しさん:02/04/12 23:08 ID:55vKrjkp
「デーニッツとその随員は船を立ち去ったが、そのあとイギリス兵
たちは会談の始まるはずの外務省の会議ホールに殺到した。
すべてのドイツ人は真っ裸に引きむかれ、屈辱に満ちた身体検査
を耐え忍ばなければならなかった。それは同時に一つ一つの部屋
で、将校や『秘書孃』に対してさえも行われた。イギリス兵は俘虜たち
から時計、指輪、その他金目のものを盗みとり、一同は両手をあげた
まま中庭につれ出された。そこでは二、三〇人の新聞記者が、この
「大興行」を待ち受けていて、ズボンもはいていない将官や大臣の
写真をとった。「第三帝国は今日死んだ」と、一九四五年五月二十四日の
『ニューヨーク・タイムズ』紙は、この下品な見世物にコメントをつけた」


35 :朝まで名無しさん:02/04/12 23:15 ID:55vKrjkp
もともと、ニュルンベルグ裁判の中心となった国際軍事裁判の
法廷では、ゲーリングをはじめとするナチス・ドイツの首脳陣が
ニュアンスに相違はあっても一様に、『絶滅政策を知らなかった』と
主張していた。それなのに、ホェスの「告白」のみが実地検証抜き
に採用されたわけである。

36 :朝まで名無しさん:02/04/12 23:22 ID:55vKrjkp
上のような裁判上の不備をおぎうためにこそ
一九六三〜一九六五年のフランクフルト・アウシュヴィッツ
裁判が設定されたはずであるが、なぜかその開始直前に
ベイアーは急死した。結果として、「アウシュヴィッツに
ついてのもっとも重要な目撃証人は永遠に沈黙させられた」
のである。

※リヒアルト・ベイアーは、アウシュヴィッツの最後の(一九四三年
からの)司令官である。

『二週間前の彼の健康診断の結果は全く異常なしだった。』

37 :朝まで名無しさん:02/04/12 23:28 ID:55vKrjkp
ホロコーストを実行する組織は親衛隊であるから
その総司令官のヒムラーも知っていなければならない。
もしもヒムラーから、最終期には傍系となる政治部の
ホェスを通して命令が極秘に伝達されたと仮定しても
現場の収容所司令官を抜きにして命令が実行される
はずはない。
ところがそのヒムラ―も『不審な死に方』をしている。
ヒムラーの場合は、イギリス軍に尋問されている最中に、
「一人で部屋にいた時、カプセル入りの毒を飲んで死んだ」
とされている。結果として「死人に口なし」となった。


38 :朝まで名無しさん:02/04/12 23:35 ID:55vKrjkp
ナチス・ドイツの文書類は、戦後ただちに収集され
「記録センター」で整理されている。
アメリカ軍が押収した分だけでも一、一〇〇トンに
達するという。だが、それらの文書の中からは
ただのひとつとして「絶滅計画」の証拠になるような
公式文書は発見されていない。


39 :朝まで名無しさん:02/04/12 23:57 ID:GNurYeAM
>>19
2chでは「ホロコーストは無かった」等と指摘すると「そんなことはあり得ない!」
とムキになってくってかかるヤツがいるんだよなあ・・・


40 :朝まで名無しさん:02/04/13 00:03 ID:5HWKKiv1
>>39
おもろい

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/13 00:11 ID:fkuLRq1N
まあドイツ政府もニュルンベルグ裁判自体は全面否定しているからなあ・・・

42 :朝まで名無しさん:02/04/13 00:40 ID:8gU03kBS
「自白」や「証言」を強要するためには、あらゆる手段が用いられた。
三ヵ月から五ヵ月の独房監禁。食料の減量。ニセ裁判で死刑を宣告した
のちに署名すれば減刑という取り引き。
ニセ牧師による説得と取り引き。火のついたマッチで身体を炙る。
頭や顔を歯や顎が砕けるまで殴る。睾丸を蹴る、などなどの暴力行使。
 
さらには、拷問に耐え切れず死による逃避をえらぶ自殺者もでた。
「一八歳の被告の一人は、毎日のように殴られ、読みあげられたとおり
の陳述を書いた。六〇ページになったところで、この少年は独房に監禁された。
早朝、ちかくの房にいたドイツ人は彼が、“もうこれ以上の嘘はいわない”と呟く
のを聞いた。その後、ニセの陳述を仕上げるために彼を連れ出しに来た看守は
このドイツ人の少年が独房の梁で首をつっているのを発見した。
だが、サインをするのを逃れるために首をつったドイツ人の少年の陳述は
他の被告の裁判に使われ、証拠として採用された」

これが連合軍がドイツ軍捕虜に行なった取調べ方法である。
多くの捕虜がこれに耐えられず有りもしない虐殺を「自白」した。

パウル・カレル/ギュンター・ベデカー共著の「捕虜〜鉄条網のむこう
側の1100万の生と死」

43 :朝まで名無しさん:02/04/13 00:43 ID:8gU03kBS
「野ざらしで雨を遮るテントもない『捕虜収容所』。
食料はほとんど支給されない、赤痢や1日に数百人が
死んでトラックで運び出される。時たま連合軍兵士が
ジープで乗り込んで、機関銃を連射しながら、適当に
捕虜達を銃殺していく」

上と同書より。


44 :朝まで名無しさん:02/04/13 01:14 ID:8gU03kBS
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=02363648 P423
 たいていの場合、ヒトラーは実際家だった。窮屈な輸送スペースを使って、
ユダヤ人を抹殺するだけの目的で何百万と東に移送するのは、ヒトラーら
しからぬことだったろう。産業が労働力不足を叫んでいるのに、彼が喜んで
その労働力を破壊するはずもなかった。連合国のラジオが、ユダヤ人はみな
殺しされているとの発表を放送したときのヒトラーの腹立ちまぎれの言葉を
ハインリヒ・ハイムは想起している。「全くね、ユダヤ人は私がちょっとばかり
の厳しい仕事しかさせないのを感謝すべきだ」と。一九四一年一一月三〇日、彼は
ヒトラーとの秘密会談に“狼の巣”に招かれ、そこで明らかにベルリンのユダヤ人
の運命が話題になり、午後一時三〇分、ヒムラーはヒトラーの地下壕から
ハイドリヒに電話で、『ユダヤ人を抹殺しないこと』との明確な命令を伝えざる
を得なくなった。翌日ヒムラーは強制収容所組織全体の責任者SS将官オスヴァ
ルト・ポールに電話で命令した、『ユダヤ人はそのままにしておくこと』と。


45 : :02/04/13 02:01 ID:R/mWDf+u
イッヒ・フンバルト・クソデール!!

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/13 22:22 ID:W2V2+baR
「ホロコースト産業」(ノーマン・フィンケルシュタイン著)の主張する
「アメリカユダヤ人団体がホロコーストを政治的に利用、ドイツから利益を得る『産業』としている」
はついてドイツで行われた世論調査によると6割の人間が「完全に正しい」「おおむね正しい」
と評価しているから、ドイツの「ホロコースト」に対する認識も日本で言われているのと
はかなり異なっているのではないかな。

47 :朝まで名無しさん:02/04/14 01:00 ID:zy6+y0bx
>>46
つーか、嘘吐いてる奴が居てるんだよ。
ナチの被害を受けたわけでも無いのに「被害者だ!」と
言って補償受けてる。
だから、人口の計算が全然合わん(w

48 :朝まで名無しさん:02/04/14 01:04 ID:h+nqcEoH
結論から言えば、ドイツ人は偉くは無いがバカだった

49 :南京産業:02/04/14 01:07 ID:HBVDfBD+
>>46
南京産業って言う言葉もあるよな。

50 :朝まで名無しさん:02/04/14 01:11 ID:WNWZbi2u
>>49
中国大使館にログを提出しました。

51 :朝まで名無しさん:02/04/14 03:18 ID:OqT9opmU
あげ

52 :朝まで名無しさん:02/04/14 03:54 ID:1i4InQvY
なあんだ、れびじょにすとスレだったのか。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/14 09:04 ID:eGUn02id
つーか今のドイツ自身リビジョビストの国家だし(藁)
元々、連合国はナチスではなく「ドイツ国家」そのものを敵と認識していた(普通に
考えれば当たり前だ)のに、それを無理矢理「悪いのはみんなナチスでした」として
いるのが今のドイツなんだから。

54 :朝まで名無しさん:02/04/14 16:50 ID:HsGQDKwe
つーか、今の日本自身リビジョビストの国家だし(藁)



55 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/14 21:58 ID:Q/dfLGp2
>>54
そうだね。大手新聞を含めたマスコミが大手を振ってドイツのプロパガンダ
を垂れ流しているんだから。

56 :朝まで名無しさん:02/04/15 08:26 ID:r3XHLQ9C
>>55
そんなの戦前のナチス礼賛を含めてずっと以前からのわが国の習性です・・・

57 :とくどぅぁいじ:02/04/15 08:53 ID:n4xpcZIJ
メルツェデス、最高デス。

58 :  :02/04/15 16:27 ID:GJH/bOJ0
真に「西欧支配からのアジア独立」をもたらしたのは、日本では無くソ連邦であった。
これは★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★で証明済みだ。
だいたい日本軍が西欧の国の大都市を攻略したことが一度でもあったのか。

戦後日本は、ソ連を非常に尊敬していた。ミグやスプートニクなど、アメリカ
を脅かすほどの科学技術があったのは、あの時期はソ連邦ただ一国であった。
当時の日本の親ソ主義は、ソ連の技術力の高さに驚いていた証拠だといえる。
日本としてはアメリカへの従属しかない己の技術水準の乏しさに、ソ連の
技術の素晴らしさがうらやましくてしかたがなかったのであろう。

「ドイツのほうが勝ってたはずだ」「ドイツから略奪しただけ」なんてのは
ソ連憎しの倒錯した妬み感情でしかない。ソ連が目下戦争中のドイツの背後を
襲ったのではない、ドイツがソ連を征服しようと奇襲攻撃をかけた、これは確かだ。
返り討ちにされたドイツがソ連から何を奪われようとも、それは

★★ドイツ自身が仕掛けた犯罪的攻撃行動の結果としての自業自得★★

であったのだ。

59 :朝まで名無しさん:02/04/15 16:30 ID:6JuMZCzU
>>真に「西欧支配からのアジア独立」をもたらしたのは、日本では無くソ連邦であった。
これは★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★で証明済みだ。
だいたい日本軍が西欧の国の大都市を攻略したことが一度でもあったのか。

ソビエトが制圧した国でアジアに植民地持ってた国は皆無です(W

60 :  :02/04/15 16:37 ID:GJH/bOJ0
いや、だから、

★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

によって西欧優越主義が完全に否定されたからアジアが独立できたの。

61 :朝まで名無しさん:02/04/15 16:41 ID:6JuMZCzU
東からソ連
西から米英が手を繋いだのです
小学生でも知っている常識です

62 :  :02/04/15 16:45 ID:GJH/bOJ0
でもベルリン攻略はあくまでソ連軍であって米英軍じゃない。
米英軍は4月にエルベ川で進軍停止、あとはソ連軍の単独攻勢。

63 :朝まで名無しさん:02/04/15 16:50 ID:FVxoOXXT
まあ、知的好奇心から事実の追求を行うことは何の問題もないが、日本人がわざわざホロコーストの捏造を否定してやる必要もないだろう。
それは、ドイツ自身が行わなければならないことだ。
政治的に見て、あえて否定しないのであれば、それも良し。

64 :朝まで名無しさん:02/04/15 16:50 ID:6JuMZCzU
>>62
なんで進軍停止したか考えたことある?
それと、アジア独立と何の関係もないし
ま〜世界中さがしても59みたいなこと逝ってるのは君だけ
「真に「西欧支配からのアジア独立」をもたらしたのは、日本では無くソ連邦であった。
これは★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★で証明済みだ。 」
なんていわれてモナ〜
何でこれで証明済みになるんだ?
どうやら西欧=ドイツらしい


65 :朝まで名無しさん:02/04/15 17:44 ID:r3XHLQ9C
そもそもロシアは帝政時代から一貫して自分たちを「ヨーロッパ」と称していたんだが。

66 : :02/04/15 18:13 ID:hIjUsytr
ドイツは分断されて小さな国土でもGDP第3位。
ドイツが偉いというより日本が特別でない事が分かった。

67 :  :02/04/15 20:04 ID:GJH/bOJ0
★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

科学技術は西欧に限るなどというドイツヲタどもの妄想を突き崩すには
これしかなかった。そしてソ連は戦後もジェット機や人工衛星など、
アメリカと肩を並べるまでの技術力を誇った。そういう中でドイツは
東欧で自分たちがかつてやってきた残虐極まりない強制労働や収奪政策
をすっかり忘れて、ソ連がドイツを攻撃したのではなくドイツがソ連を
攻撃して返り討ちにされたという事実をすっかり忘れてソ連の占領政策
ばかりを悪く言い立て、「ミグもスプートニクもドイツからの略奪だ」
などと逆恨みをする他は無かった。そして、アメリカへの従属以外に
生きる道を見出せなかった日本は、自立した技術大国たるソ連に憧れていた。

68 :朝まで名無しさん:02/04/15 20:04 ID:sxrLxpyQ
仏・英・独合わせても日本より少ないけどな>GDP

69 :朝まで名無しさん:02/04/15 21:15 ID:OrXG18i2
>★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

とか逝っているヤツは、軍事版に生息しているパブロフとか言う
電波犬なので放置をお願いします。

70 :朝まで名無しさん:02/04/15 22:28 ID:BsOrD19T
パブロフ二等兵、応援してるぞ!頑張れ!
煽りなんかに負けるなよ。

71 :  :02/04/15 23:22 ID:GJH/bOJ0
第二次世界大戦で重要だったのは何より内燃機関製造技術力だったと思う。
ソ連空軍にはレーダーどころか無線さえ隊長機しかなかったが、エンジンの
優秀さでカバーできた。バグラチオン作戦でドイツ28個師団丸ごと消滅。

Me262はドイツヲタが自慰に耽るネタとしては良いおもちゃだったが、
ソ連空軍のバグラチオン作戦を阻止できるものはもはや何も無かった。

72 :朝まで名無しさん:02/04/15 23:30 ID:sLuda/h7
地雷犬から電波犬か、成長したなパブロフ(w


73 :朝まで名無しさん:02/04/16 16:35 ID:py40zU3y
スプートニクが飛んだときのことを考えれば、日本人がソ連を見下す資格は
無かったと思う。純粋にソ連の技術力はそれだけ進んでいて、一方日本の
産業なんて対米従属以外生きる道に無かったわけで、当時の知識人らがソ連
を礼賛していたのもうなずける。なお独ソ戦は間違いなくドイツが一方的に
仕掛けた結果返り討ちにされたもので、「ソ連がドイツの産業を強奪した」
などという物言いはドイツヲタのくだらない妄言でしかない。

スプートニクの打ち上げは大戦終結から10年以上も後のこと、
東独はもはやソ連邦衛星国の一つにすぎなかったわけだ。

74 ::02/04/16 16:42 ID:3p02+yiv
ドイツでは高利貸しが存在しないからエライ
それに比べて日本ではサラ金が超高利で大流行
景気の足を引っ張っている

75 :朝まで名無しさん:02/04/16 16:48 ID:8aKMF8HC
ドイツ人は偉いのではなくクレバーなのさ


76 :朝まで名無しさん:02/04/16 21:29 ID:SrQEIDrK
>>74
うん、それは聞いた事はあるよ。
ドイツで高利貸しをやったらかなりの罪に
なるんだよね。

77 :サルベージ:02/04/17 00:39 ID:l3aNUSOq
晒しあげ

78 :朝まで名無しさん:02/04/17 01:08 ID:ASP4Emhb
ドイツと日本は似てないところも確かに多いが
似ているところも多い国。
ヨーロッパの中では日本にとって特殊な国ではある。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/17 22:00 ID:yufXqcHn
>>78
それだからこそ、かえって実態とかけ離れた「虚像のドイツ」を振りかざすコマッタちゃん
が大勢出てくるのだよ。

80 :朝まで名無しさん:02/04/18 16:28 ID:XWxhPQQu
ドイツの4分割は、首都陥落まで立派に善戦敢闘した、ドイツ軍への
輝ける勲章であったと思う。本土決戦もやらずに白旗あげた日本軍は
ヘタレの極みだ。北朝鮮だって餓死者続出でも国家を維持してるのに。

81 ::02/04/18 16:39 ID:b1pGy0G2
>>80 原爆を食らってないからね。

82 :朝まで名無しさん:02/04/18 17:14 ID:DEIa7YpS
彼はソ連軍に後続する民間のロシア人が、全員はだしであるのを見て驚いた。
彼らは樺太が陥ちたらすぐ越境しようと待ちかまえていたのである。
ほとんどがシベリアから来た者たちである。
それが木製のトランクを持っている。

小笠原少佐はのちになって、これらのロシア人が樺太では三度飯が食えるからシベリアよりもいいと言っているのを耳にした。
樺太にこれだけ物があるのに日本軍はなぜ負けたのかと怪しむロシア人も居たという。

(志水速雄著 「日本人はなぜソ連が嫌いか」より)

83 :@-@:02/04/18 17:15 ID:QPlmaKPg
>>78
車ヲタのメッカ

84 :@-@:02/04/18 17:16 ID:QPlmaKPg
>>82
指揮官が阿呆

85 :朝まで名無しさん:02/04/18 22:54 ID:MKY6uIW9
ドイツが首都陥落まで闘い抜くことができたのは、Me262などドイツの
先進的な科学新兵器によるものが大きい。敗戦続きのドイツ国民に希望の光
を与え、これが首都陥落まで戦い抜く決意となった。ドイツの工業技術力と
戦闘能力はそれだけ凄かった。本土決戦もやらず白旗あげた日本とは大違い。

86 :朝まで名無しさん:02/04/18 23:16 ID:f+mjI3Uv
>>85
ヒトラーが後先考えないDQN政治家だっただけ。

87 :朝まで名無しさん:02/04/20 11:39 ID:D5llVRjh
yahooでまたぞろ「ドイツを見習え」と言うアホが出現!

ttp://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835563&tid=ffckdca4ocf9qa1a64z9qa4kc0oahhhbaaa4rbcubaaa47a4ha4a6a1aa&sid=1835563&mid=1&type=date&first=1

日本は従軍慰安婦強制連行など数々の戦争犯罪を行いました。しかし、日本は
中国、韓国、北朝鮮に謝罪も補償も行っていません。このため、アジアの国々
は日本が本当に反省しているのかの疑念と、日本が再び侵略戦争を起こすので
はないかと危惧を抱いています。日本もドイツのように、過去の過ちを率直に
認め、謝罪と補償をしなければなりません。

88 :朝まで名無しさん:02/04/20 22:56 ID:PPntZ5g9
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=30902058 P270
 鉄条網内には、米軍がとても面倒を見きれないほど膨大な捕虜が
集められていた。西独政府捕虜史委員会の報告にこうある。
「いくら一般市民が餓えようとも、自軍の配給の方が優先された」
「無条件降伏後、西側三国に占領されたドイツ地域には、米兵よりも、
ドイツ人捕虜の方が多かった・・・・・・」
 連合軍は一九四五年六月に捕虜の数を数え終え、収容された「戦争捕虜及
び武装解除された憲兵」は七六一万四七九四名、うち「四二九万九〇〇〇名
は降伏時にすでに捕虜となっていた」と公表した。

89 :朝まで名無しさん:02/04/20 23:00 ID:PPntZ5g9
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=18714510 P315
 この憲法改正によるフランスの全体主義化は、たぶんに英艦隊の仏艦隊攻撃
の反動を主因にしているとは思いながら、フランスがそれほどにヒトラーに
接近または迎合姿勢を示すとは、夢想外であったからである。
「フランスがわがナチズムを信奉しているとは、知らなかった」
「そうです。まるで同士討ちをしてきたようなものです」
 ヒトラーとOKW(国防軍総司令部)長官W・カイテル大将は、互いに、
あまり巧みでない皮肉を述べ、意外感を表明しあった。
 OKW(国防軍総司令部)は、はりきった。
 すでにフランスは軍事的に無力化している。問題にする必要はない。が、
いわば“ナチス化宣言”にひとしい憲法改正をしたのは、積極的にドイツ
陣営に参加したことになり、対英、対ソ連いずれの作戦を遂行する場合にも、
「内側からの反抗」を顧慮する必要がなくなるのである。

90 :朝まで名無しさん:02/04/21 00:45 ID:VjvSTLAf
誰か>>87のところへ援軍頼む

91 :朝まで名無しさん:02/04/21 17:38 ID:oON2fzDB
★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

1941年ドイツ軍の「タイフーン作戦」は、世界人類を恐怖のどん底に
叩き落すほどの脅威であった。この点国土と遠く離れた日露戦争なぞ問題に
ならない。それにも関わらずソヴィエトは最終的にドイツの首都ベルリンを
制圧し、東欧支配を確立した。ソ連邦はまさに世界人類の賞賛の的であった。

★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★
なんと輝かしい、喜びにあふれる解放の日であったろうか。なんと輝かしい、
ドイツ帝国善戦敢闘74年目の勲章であったろうか。それはいくら誇りに
しても、決して驕りでは無かろう。『東方スラブ民族による』ドイツの首都
ベルリン陥落以外に、ドイツ帝国を打ち負かす方法は存在しなかったのだ。
首都陥落まで闘い抜いたドイツ人の科学能力と愛国心には率直に敬意を表したい。

92 :朝まで名無しさん:02/04/21 18:00 ID:Hnlx552t
>>86
天コロがヘタレだっただけ(藁

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/22 00:00 ID:h+CTIsPR
>>90
既にI_Wishを笑いものにするトピと化してますが(笑)

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/22 09:51 ID:MNR8lGec
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1014408566/l50

このスレで「ドイツ信者」が暴れてます。既に引き際を誤って笑い者になりつつ
ありますが。

95 :朝まで名無しさん:02/04/23 12:48 ID:5TNqKNnI
そういえばフランスの大統領選挙で勝ったルペンは「ホロコーストは歴史の一コマ」
と主張していたんだっけなあ。
確実にナチスの過去は風化してるね。

96 :朝まで名無しさん:02/04/23 22:04 ID:JIxmoUBv
>>95
それは良い事だろ。
いつまでも昔の事にこだわるなっつーの。

97 :朝まで名無しさん:02/04/23 22:22 ID:DznEBdmI
ドイツ人が偉いわけねーじゃん。
これが日本人以外の全世界共通の認識。


98 :朝まで名無しさん:02/04/23 22:28 ID:e6ZdISuu
>>97
いや日本人の中の「更に極少数」の共通認識(w

99 :朝まで名無しさん:02/04/24 01:31 ID:daWU+v56
ベルリンが非西欧人に制圧されて本当に良かった。そもそも最初に戦争
仕掛けたのは100%ドイツなんだから、自業自得と笑うほかはない。

ソ連憎しでドイツマンセーする日本のドイツヲタは逝ってよし。日本軍の
狂信的な自殺的戦争に終止符を打ったのもソ連。ドイツなんてあり難がってた
程度の国民が、ソ連の経済状況が恐怖政治がどうのこうの云う資格は無かった。


100 :朝まで名無しさん:02/04/24 01:34 ID:daWU+v56
なぜ、★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★でないと
最終的にドイツ帝国が敗北したことにはならないのか。それは彼らが西欧人は
常に科学・工業において優れており、東欧・アジアの国は到底その水準には
及ぶまいと信じて疑わないからだ。だからベルリン制圧は英米軍ではだめだ。

101 :朝まで名無しさん:02/04/24 01:35 ID:daWU+v56
ドイツは本当に凄かった、74年間もよくあそこまで善戦したものだ。
さすがドイツ、古く伝統ある西欧の大国だ。日本なんてついこの前
までちょんまげしてた無名の土人の島に過ぎなかったろう。

★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

ドイツ帝国74年の敢闘を称えての、最もふさわしい勲章であったろう。
ドイツ軍は強かったが、ソ連邦赤軍は更に強かったのだ。首都陥落まで
思う存分精一杯闘えて、ドイツ自身も満足であったろう。


102 :朝まで名無しさん:02/04/24 01:37 ID:daWU+v56
ソ連の東欧支配はヤルタ協定で西側の国々の承認を受けている。

全ては合意のもとで、円満かつ平和的に終戦を迎えることができた。


103 :朝まで名無しさん:02/04/24 01:39 ID:WCSoQcKR
ドイツ人はクレバーなのさ。


104 :朝まで名無しさん:02/04/24 01:41 ID:daWU+v56
真に「西欧支配からのアジア独立」をもたらしたのは、日本では無くソ連邦であった。
これは★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★で証明済みだ。
だいたい日本軍が西欧の国の大都市を攻略したことが一度でもあったのか。

戦後日本は、ソ連を非常に尊敬していた。ミグやスプートニクなど、アメリカ
を脅かすほどの科学技術があったのは、あの時期はソ連邦ただ一国であった。
当時の日本の親ソ主義は、ソ連の技術力の高さに驚いていた証拠だといえる。
日本としてはアメリカへの従属しかない己の技術水準の乏しさに、ソ連の
技術の素晴らしさがうらやましくてしかたがなかったのであろう。


105 :朝まで名無しさん:02/04/24 02:04 ID:daWU+v56
 冷戦のさなか、1つの情報がロシア軍首脳部を恐怖に陥れる。あの米国が驚異の超大型核爆撃機B-70を開発、
ロシアへの核攻撃を目論んでいるというのだ。 B-70が実戦配備されれば米国の対露核攻撃、そして人類滅亡は
避けられない。対応に苦慮したロシア軍首脳部はB-70に対抗できる要撃機の開発を決意、ミコヤン設計局に設計
を依頼する。
 だが、伝え聞くB-70の性能に技師たちの誰もが絶望の溜息を漏らす。その時、一人の技師が立ち上がった! 
皆の信望厚い熟達の名技師、グレプ・ロジノ=ロジンスキーだった。ロジンスキーは熱弁を振るう。
「今、くじけてどうする。世界を救えるのは他の誰でもない、我々だけなんだ。その我々が、、、、、、、」
ロジンスキーの言葉に技師たちは魂を揺さぶられ、彼と共に立ち上がった。大出力のエンジン、それに耐えられる
機体、EMP防御の為敢えて真空管を使用すること。幾多の苦闘を経て、遂に対B-70要撃機、Mig-25は完成する。
 しかし、技師たちは不安を隠せない。
「これで、本当にB-70に対抗できるのだろうか?、われらの空を守れるのだろうか?」
不安げにお互いを見回す中に、ロジンスキーもいた。
 だがその時、驚くべき知らせがもたらされる。諜報網からMig-25の超高性能を知った米国はB-70の開発を中止、
対露核攻撃を断念したというのだ。
 驚愕、続いて歓喜に包まれるミコヤン設計局。
 ロシアは、そして世界はミコヤン設計局によって救われたのだった、、、、、、


106 :朝まで名無しさん:02/04/24 02:11 ID:pGNL+a6C
〉105
XB70の開発中止はアメリカのICBMの技術が完成した為ですよ。
mig25なんて言うロクに曲る事も出来ないしない戦闘機は
役に立ったはずが無い。
ギャグでのカキコでしたら悪しからず,です。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/24 02:55 ID:v5O6hDJj
>EMP防御の為敢えて真空管を使用すること。

ギャグだよね・・・何で「EMP防御の為」に真空管を使う必要があるんだ?
「敢えて」ではなく単に立ち後れていただけだ。

108 :名無し:02/04/24 03:03 ID:1FLe+P9/
共産党員がまぎれこんでいるな。
君らの心の祖国が数千万人を大虐殺したあげくに崩壊したことは、まことに
ご愁傷さまでした。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/24 03:06 ID:v5O6hDJj
日本共産党は「ソ連崩壊後」になって「ソ連共産党とは命がけの闘争を行ってきた(笑)」
と主張してますので多分違います。
恐らく向坂逸郎あたりの化石左翼の一派でしょう。

110 :朝まで名無しさん:02/04/24 03:23 ID:cPnaejHK
>>106-107

>105の元ネタは
死シテナオ不滅ナリ!ソヴィエトスレッドPART2
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1016562411/29

ここの29
ネタにマジレスするなよ。


111 :朝まで名無しさん:02/04/24 03:33 ID:cPnaejHK
保全age

112 :朝まで名無しさん:02/04/24 03:40 ID:cPnaejHK
すまん、誤爆だ。ageる必要なんて無いのに‥

113 :朝まで名無しさん:02/04/24 22:15 ID:o7WNIj4K
★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

「ドイツの科学文明は世界一ィィ」などというドイツヲタが蔓延ったことが
どれほどの害悪であったかは、アウシュヴィッツなどの殺人工場・強制労働
を例にあげればよくわかるだろう。ドイツヲタは西欧以外の価値を一切認め
ようとせずそれ以外の民族は西欧に隷属してこき使われていればいいって発想だ。
ドイツヲタには何をどう理屈で説明しても無意味であり、

★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

これ以外の解決方法は、<絶対的に皆無>であった。

114 :朝まで名無しさん:02/04/24 22:33 ID:o7WNIj4K
ユダヤ人問題に関するヒトラー「総統命令」はどこにも確認されていない。
根本的にアウシュヴィッツは指導者個人の性格から発したものではない。
そうではなくて、「ドイツの科学戦力は世界一ィィィ」というドイツバカ
が増えて、その結果西欧に非ずは人にあらず、西欧以外の「下等人間たち」
はただひたすらドイツの奴隷として死ぬまで働けということだった。

ドイツヲタどもは自分たちの思惑とはうらはらに東部戦線は敗退を続け
るようになり、ふと気がつくと戦線崩壊に直面してあわてて証拠隠滅を
図ろうとしてかえって更に死体の山を増やすばかりだった。ドイツヲタは
あくまで軍事的敗北を認めず「奇蹟の逆転兵器」とやらにすがりついていた。

★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

ドイツヲタに言葉による論理的説得は絶対不可能だっだ。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/25 00:06 ID:5sWMNhFL
日本で唯一本土決戦を行った沖縄。一方、
原爆2個を浴びたとはいえ米軍の上陸前に白旗を上げた本土。
ドイツに対して恥ずかしいという以前に沖縄に対して恥ずかしい。

116 :朝まで名無しさん:02/04/25 00:16 ID:kzK5djT8
旧日本軍は日本と沖縄の誇りを護る為に命を投げうって勇敢に闘いました。
それなのに沖縄県民は少しも感謝しようともしない!
平凡で無為な人生を送る筈だったのが、沖縄戦のお陰で日本の役に立てたのだ。
むしろ戦死した沖縄県民には、大日本の為に死ねた事を感謝しろ、と私は言いたい。

まあ所詮琉球人など、誇りのカケラすらない2等国民なのですかね。




117 :朝まで名無しさん:02/04/25 20:54 ID:/1d0notU
>>115-116
(・∀・)ジサクジエーン

最近、必死になって沖縄と本土の関係を悪化させようとするヤシがいるな。

118 :朝まで名無しさん:02/04/25 22:49 ID:58Ui2cdc

「西欧科学は世界一ィィ」なやつらには何をどう理屈で説明してもムダ。
その中枢たるベルリンが非西欧人に牛耳られない限りは、目が覚めない。
ソ連憎しでドイツを持ち上げる日本のドイツヲタは、あまりに倒錯している。



119 :ヘドウィン:02/04/25 23:53 ID:d8DLnSbA
そうだな、ドイチェもルスキーも、較べるとなるとまようよ。
ユーデはきもいな。
ハポネッサはおめーらも知ってのとうり、ぱさぱさだ。
ポルスキーのジェスチンカもくせーし。
チュンゴウのシャオジエは拝金主義だし、ちゅらさんにしとく?
アングロサクソンのお嬢ちゃんだけは、のーサンキュウだな。
困ったもんだ。おめーら、どれにする。

いろ黒からず、白からず。魔婿くさからず、すこしかをりあるがよし。
おけけ、多からず、ほどよくあるがよし。おつゆ、適当がよし。
夜がリ声、叫ぶは下の下。たえきれず、おもわずもらすをよしとす。



120 :朝まで名無しさん:02/04/26 00:45 ID:H57MG8IE
ドイツ軍はかつてない優れた強大な軍隊だった。世界人類は1941年晩秋の
「タイフーン作戦」を忘れてはならない。世界人類を恐怖のどん底に突き落と
したのは、この瞬間であった。ナチの脅威から世界を救ったのは、ロシア人の
抗戦だった。


121 :朝まで名無しさん:02/04/26 00:46 ID:H57MG8IE
ドイツはドレスデンなどの激しい空襲にも屈服せず最後まで頑張り通した。

★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

ドイツ帝国74年の敢闘を記念しての、最高の勲章であったろう。


122 :朝まで名無しさん:02/04/26 00:51 ID:H57MG8IE
バルジ戦は奇襲だけは大成功、米軍それで結構打撃を受けた。
作戦自体は悪いものでは無かったが、「ドイツ軍の優れた
新科学兵器」とやらは所詮あんな程度だったんだ。


123 :朝まで名無しさん:02/04/26 00:57 ID:H57MG8IE
スプートニクが飛んだときのことを考えれば、日本人がソ連を見下す資格は
無かったと思う。純粋にソ連の技術力はそれだけ進んでいて、一方日本の
産業なんて対米従属以外生きる道に無かったわけで、当時の知識人らがソ連
を礼賛していたのもうなずける。なお独ソ戦は間違いなくドイツが一方的に
仕掛けた結果返り討ちにされたもので、「ソ連がドイツの産業を強奪した」
などという物言いはドイツヲタのくだらない妄言でしかない。

スプートニクの打ち上げは大戦終結から10年以上も後のこと、
東独はもはやソ連邦衛星国の一つにすぎなかったわけだ。


124 :朝まで名無しさん:02/04/26 01:05 ID:H57MG8IE
ドイツ軍は強かった、一時はダンケルクで英陸軍相手に大勝して西ヨーロッパ
全土を制圧した。しかし、ベルリンに揚がったのは英米国旗ではなくソ連国旗
であった。1945年4月のベルリン総攻撃はソ連軍のみによって為されたのだ。
★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★以外、後にも
先にもドイツ帝国の敗北はあり得なかったのだ。

125 :朝まで名無しさん:02/04/26 01:14 ID:H57MG8IE
何故に戦前にはゾルゲ事件、戦後全面講和論など、次々と日本国内
で親ソ運動が後を絶たなかったのだろう。それはやはりノモンハン
や独ソ戦でのソ連赤軍の先進性を肌で感じたからであったろう。

「ドイツ軍の戦術・科学兵器」は凄くて日本はかなわなかった?
ならばその「ドイツの首都ベルリンを陥落せしめたソ連赤軍」には
もっともっとかなうまい。だから硫黄島・沖縄で果敢に玉砕して
きた日本軍もソ連参戦で一気に萎えたし、戦後もソ連邦を尊敬し、
親ソ全面講和も盛んに叫ばれたわけだ。


126 :朝まで名無しさん:02/04/26 01:21 ID:H57MG8IE
「ドイツ軍の優れた戦術・科学兵器」、いいねえ。それでこそ却って、
★★『ソヴィエト軍による』ベルリン陥落★★は大きな意味を持つのだ。
ドイツ軍の戦術は、兵器は優れている?、科学は西欧に勝るものはない?

彼らがそのような認識であったのならなお、そうであればこそ断固必要
だったのは<東方スラブ民族によるベルリン陥落>であった。ドイツとい
う民族はこうで無ければ敗北を認めず従って何も変わらなかったろう。

だからこそ★●★ソヴィエト軍によるベルリン陥落・翻る勝利の旗★●★は輝くのだ!


127 :朝まで名無しさん:02/04/26 01:27 ID:H57MG8IE
ドイツ軍は十分に強く、善戦した。それでもベルリンは陥落した
それはソ連赤軍がもっと強かったからだ。




128 :朝まで名無しさん:02/04/26 01:51 ID:H57MG8IE
1941年ドイツ軍の「タイフーン作戦」は、世界人類を恐怖のどん底に
叩き落すほどの脅威であった。この点国土と遠く離れた日露戦争なぞ問題に
ならない。それにも関わらずソヴィエトは最終的にドイツの首都ベルリンを
制圧し、東欧支配を確立した。ソ連邦はまさに世界人類の賞賛の的であった。


129 :朝まで名無しさん:02/04/26 01:54 ID:H57MG8IE
★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★
なんと輝かしい、喜びにあふれる解放の日であったろうか。なんと輝かしい、
ドイツ帝国善戦敢闘74年目の勲章であったろうか。それはいくら誇りに
しても、決して驕りでは無かろう。『東方スラブ民族による』ドイツの首都
ベルリン陥落以外に、ドイツ帝国を打ち負かす方法は存在しなかったのだ。
首都陥落まで闘い抜いたドイツ人の科学能力と愛国心には率直に敬意を表したい。



130 :朝まで名無しさん:02/04/26 01:55 ID:H57MG8IE
★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

これにてベルリンはただドイツの首都というのみならず、スラブ民族
ソ連邦大祖国戦争勝利記念都市として生まれ変わったのだ。それはドイツ
自身にとっても東欧と西欧の掛け橋となり、喜ばしいことではなかったか。


131 :ドイツ:02/04/26 04:19 ID:SUMFyNmy
イメージ全然違います。
DQNが日本以上に急増中。
世界最大規模の人為的事故がそろそろ起こると思います。
なんだろうね。
多分勤務中のだべりで起こる事故だと思うに1000点。
さようならドイツ

132 :朝まで名無しさん:02/04/26 23:31 ID:E8elCB1S
ま、日本はドイツみたいに新幹線が大脱線しないからね。

133 :朝まで名無しさん:02/04/28 20:46 ID:bU3n4R5X
ドイツはドレスデンなどの激しい空襲にも屈服せず最後まで頑張り通した。

★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

ドイツ帝国74年の敢闘を記念しての、最高の勲章であったろう。

134 :朝まで名無しさん:02/04/28 22:36 ID:ErX2nEEw
真に「西欧支配からのアジア独立」をもたらしたのは、日本では無くソ連邦であった。
これは★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★で証明済みだ。

戦後日本は、ソ連を非常に尊敬していた。ミグやスプートニクなど、アメリカ
を脅かすほどの科学技術があったのは、あの時期はソ連邦ただ一国であった。
当時の日本の親ソ主義は、ソ連の技術力の高さに驚いていた証拠だといえる。
日本のドイツヲタどもはソ連がドイツを攻撃したのではなくドイツがソ連を
攻撃して返り討ちにされたという事実をすっかり忘れてソ連の占領政策
ばかりを悪く言い立て、「ミグもスプートニクもドイツからの略奪だ!」
などと逆恨みをする他は無かった。そして、アメリカへの従属以外に
生きる道を見出せなかったため、本当は自立した技術大国たるソ連に憧れていた。

★★★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★★★

★★★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★★★

★★★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★★★

日本のドイツヲタどもはこの歴史的事実を直視するべきであろう。

135 :朝まで名無しさん:02/04/28 22:42 ID:ErX2nEEw
「ドイツ軍の優れた技術科学兵器」とやらに洗脳された哀れなドイツヲタどもは、

★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

によってでしか目が覚めないのだ。


136 :朝まで名無しさん:02/04/28 22:45 ID:ErX2nEEw
★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

まさにドイツ帝国にふさわしい最期であった。もはや西側連合軍は4月初めに
エルベ川で進軍停止、ベルリン総攻撃は全て『東方スラブ民族による』もの
だったのだ。1871年誕生以来続いたドイツ帝国の最期は、まさにこれであった。
そして『ベルリン』はドイツの首都であると同時に、スラブ民族ソ連邦大祖国
戦争勝利記念都市となったのである。これはドイツ自身の為にも良いことだ。


137 :朝まで名無しさん:02/04/28 22:51 ID:ErX2nEEw
実際の所、ドイツ軍機の機械的信頼性もクズだった。
ノルマンディ戦でのルフトヴァッフェの稼働率をみるといい。
むしろドイツはソ連の技術と比べなければ意味が無い。
ドイツはT-34のエンジンをコピーすることさえ失敗しているのである。

138 :朝まで名無しさん:02/04/28 22:57 ID:ErX2nEEw
ベルリンが米英軍で無くソ連軍に制圧されたこと、そしてミグやスプートニクなどの軍事技術
(いずれもMe262・V2とは似ても似つかない、全くのソヴィエト独自の技術によるものである)
はやはり優れていたと認めるのが健全な感覚であるまいか。
優れた軍事技術があったからこそあれだけ長く★★東独★★を支配することもできた
わけである。


139 :朝まで名無しさん:02/04/28 23:02 ID:ErX2nEEw
世界で最も優れたドイツ軍でもソ連に対しては勝てたのは最初だけ、
後半になるとソ連空軍の前ではバグラチオン作戦で東部軍団丸ごと消滅。
ソ連軍の圧倒的対独戦勝の前にはアメリカすらもヤルタ協定でソ連の
東欧支配を認めざるを得なかった。ドイツなぞありがたがってた日本の
ドイツヲタはこの歴史的事実を認めないのであろうか。


140 :朝まで名無しさん:02/04/28 23:07 ID:ErX2nEEw

バグラチオン作戦でファシスト30個師団消滅。これ以降の
「ドイツ軍の新鋭科学兵器」なんぞ、溺れる者の藁でしか無かった。
だが彼らがそれを頼りにしていたのも事実であり、だからこそ必要なのは

★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

であった。


141 :朝まで名無しさん:02/04/28 23:11 ID:ErX2nEEw
ドイツは精密機械が得意だったようだけど、一品仕上げの高級品が多くて、
耐久消費財としてはあまり使えないものも多い。工作精度がどうのこうの
ってのははっきし言って兵器の価値としては大きなものでは無かったろう。


142 :朝まで名無しさん:02/04/28 23:17 ID:ErX2nEEw
日本がファシスト・ドイツの尊大なソ連征服に手を貸さなかったのは良かった。
「ドイツ軍の優れた戦術・科学兵器」とやらを真に受けて媚を売った国々は、
「ドイツ軍よりさらに優れたソ連赤軍」の逆襲で痛い目にあっているのだ。
この点ソ連に支配された東欧諸国も100%被害者だったとはいえない。


143 :朝まで名無しさん:02/04/29 15:50 ID:S0qsNfu+
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=18738106 P307
― 八月三十一日、
 ヒトラーは、外相J・リベントロップの覚書をうけとった。
 外相は、ソ連軍のルーマニヤ進攻によってドイツは最重要戦略物資である
石油の確保に支障をきたすことになった、これはこれまでに失った資源事情
をさらに極度に悪化させる、と指摘した。
 ドイツはすでにポルトガル、スペインのタングステン、ウクライナのマンガン、
トルコのクローム、南フランスのボーキサイトの入手をふさがれた。
 フランスでは、米英軍の進出でドイツ側が各地に配備した大量の工作機械
も放棄する結果になっている。
 いま、ルーマニヤをソ連にわたし、さらに他のバルカン諸国もドイツ陣営
から離脱する気配を見せはじめた点を考えれば、「終戦」の時期にさしかか
ったと判断すべきであろう。
「本職は、ここに総統が賢明なる決断を下し、本職に対米英和平交渉の権限
を与えられんことを要請するものである」
 外相リベントロップは、そうヒトラーに献言していた。

144 :朝まで名無しさん:02/04/29 15:52 ID:GkiuO4nf
パブロフって、対ベンゼン用の煽りキャラだと思ってたのに
議論版でもこの調子とは、真性だったのか・・・

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/29 15:56 ID:lrgW6Dh6
以前は「向坂逸郎の孫弟子」を自認してました。

146 :朝まで名無しさん :02/04/29 16:31 ID:7ng+VtFu
何か変なスレになったな・・・。
133〜143は何者?
危ない人だな。


147 :朝まで名無しさん:02/04/29 23:28 ID:7YKSaiI+
本当にあの当時の赤軍は優秀だった。なぜならフォードトラックやらアメリカ
製のレールで作られた鉄道によって補給が完全であり、余裕があった工場では
思いっきりT-34等の兵器が作れたのだから。それでも信頼性に難のあったT-34
が足りないと親衛戦車隊にはバレンタイン戦車やM-3の供給があったし、太平
洋や西部戦線では使いものにならなかったP-38も豊富に空軍に供給されていた。
個々の性能では優れていたドイツの兵器もトラックやら何やら多数作らねばな
らなかったために精度が優れていようが、多量に生産できなかったのだから
かなうはずがない。

148 :朝まで名無しさん:02/04/30 19:48 ID:/7c6OU8i
>>147
×P-38
〇P-39

149 :市民:02/05/01 01:22 ID:Cn3HBRue
何やキモイな、上の連続書き込み。
イワンに頼んで粛清してもらわな。

150 :147:02/05/01 21:48 ID:1kFO5jrX
thanks >>148
ほんとうに当時の赤軍は優秀だった。
ドイツ軍の戦車は5人乗り立ったが、T-34は4人乗り。それでもバカスカ
ドイツ戦車を撃破した。
1943年のクルスク大戦車戦では、終戦までの全生産量を上回るティーガー
戦車を撃破した程だ。

151 :147:02/05/01 22:14 ID:1kFO5jrX
ドイツ軍はT-34のコピーを作る事はシュペーアの実力をもってしても不可能
であった。
しかし赤軍はティーガーを生産できたようだ。ドイツが作ってもいないティ
ーガーを撃破するにはソ連で作る他はない。

152 :@-@:02/05/02 12:28 ID:ffopoeJa
アニマルシリーズは好きだが、実際、数で圧倒した、ソ連戦車には勝てないな。
ヤークトティーガーでもJSには・・・・・
シャシュムリン万歳!JSシリーズには恐れ入った。

153 :朝まで名無しさん:02/05/02 12:38 ID:bu/OMrk7
>>152
JSシリーズはカタログスペックは最強なんですけど
発射速度の遅さとか乗り心地の悪さなどがネックですね。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/02 13:36 ID:d42Vji8p
>>153
ソ連戦車全部に共通する欠陥だね。
ついでに言えばソ連の砲は他国の同クラスの砲より初速・貫徹力共に劣っている
ために発射速度の遅さと携行弾数の減少を承知で大口径砲を搭載した経緯がある。

155 :朝まで名無しさん:02/05/03 01:08 ID:wanYIqYJ
http://www.spiegel.de/sptv/special/0,1518,grossbild-92519-121770,00.html

★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★


156 :朝まで名無しさん:02/05/03 01:10 ID:wanYIqYJ
ドイツヲタがどれだけ「ドイツ技術の先進性」とやらを言い立てようが、
バグラチオン作戦の前ではいかなるドイツ機も無力で、ドイツ東部軍丸
ごと消滅、そしてこれに怖れをなした他の枢軸国は一斉に戦線離脱。

数量的には、ドイツは1944年だけで4万機も生産しているのだから、
防御戦に徹する分には数量的には問題無い。やはり内燃機関製造技術力
の差が明確に現われた、そして「ソ連軍のルーマニア占領」は大きかった。

日本は「バグラチオン作戦」と「マリアナ7面鳥」で自国の航空産業が西側
に対抗できないのに対し、ソ連は立派に対抗していることを思い知らされた。
内燃機関・航空機製造技術はいかなる面においてもクリモフが優位であった。
ソ連参戦で初めて降伏、戦後は親ソ全面講和運動が盛んになった。クリモフの
凄さを目の当たりにしたら、日本工業界の情けなさに誰もが落胆したであろう。


157 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/03 02:13 ID:Q7vDUQr/
向坂逸郎は東ドイツを「理想の国家」と主張していたがそんなことでいいのか?

158 :朝まで名無しさん:02/05/03 02:15 ID:WBlxdHeE
147は電波の人?

159 :朝まで名無しさん:02/05/03 18:49 ID:ewVR/SW2
1945年年明けごろ、バルジ戦による急激な東西戦線崩壊で、強制収容所管理者たち
があわてて証拠を消そうとやっきになって囚人抹殺をやったことは、この本に詳しい。

 このような死の行進がSSの監視と銃の下に続けられている頃、赤軍は着々と
アウシュヴィッツとヘウムノへ向けて突入した。また同日ウッチがチュイコフ
将軍の率いる軍の手に落ちた。西部戦線のドイツ軍は一月二〇日、アルデンヌ
攻勢の発起地点まで押し戻された。戦いに倒れたアメリカ兵は一万五六〇〇名、
これに対しドイツ軍の損失は二万五〇〇〇名を数え、その上七万五〇〇〇名
が捕虜になった。

http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=19434233 P308
第二次世界大戦 人類史上最大の事件 下 / マーティン・ギルバート/著 岩崎俊夫/訳

160 :朝まで名無しさん:02/05/03 19:39 ID:ewVR/SW2
アウシュヴィッツの惨劇は、ヒトラーという個人の狂気が原因ではない。根本的
原因は、「ドイツの科学兵器は世界一ィィィ!!」などと何を反論しても信じて
疑わずふんぞりかえっていたドイツヲタどもが、証拠隠滅を図ったから。

161 :朝まで名無しさん:02/05/05 17:04 ID:Q+gVeV32
1994年8月1日「ワルシャワ蜂起」50周年記念式典ヘルツォーク大統領演説

「八月一日という日は、ドイツ人によってポーランドにもたらされた計
り知れない苦しみを思い起こさせます。……しかし、ポーランド国民
の苦難のはじまりは、この日ではなく、一九三九年九月一日でした。
第二次大戦で、ポーランドほど多くの犠牲者を出した国はありません。
塹壕や爆弾のあられ、ガス室やここワルシャワの路上で、数百万もの
市民が亡くなりました。……本日、私は、ワルシャワ蜂起の闘士やす
べてのポーランド人戦争犠牲者のまえに頭を垂れます。ドイツ人が彼
らにしたすべての行いについて、許しを請います。」

『〈戦争責任〉とは何か:清算されなかったドイツの過去』(木佐芳男 中公新書)P226

162 :147:02/05/05 18:23 ID:s8QCQxon
>>158
電波に見えました?ドイツだけがすごいとは思ってないけど、赤軍マンセー
には納得いかないので書いたんです。

アメリカ、イギリスの援助なしにはどうにもならなかった赤軍。
ゼロ戦にすらカモられるP-39が親衛軍に優先的に配備されるし、それを
喜ぶパイロット。T-34が撃破したティーガー戦車という写真はどうみても
シュルツェンつけた4号戦車。
う〜ん本とにすごいぜ赤軍(反語なんですよ)

163 :147:02/05/05 19:00 ID:s8QCQxon
カチンの森事件はいつだっけ?

164 :朝まで名無しさん:02/05/05 20:18 ID:FPLg2m1x
>>162
>撃破したティーガー戦車という写真はどうみても
シュルツェンつけた4号戦車。

これは連合軍でもよく有った、ティーガー戦車撃破と
報告して、よく調べたら実は4号戦車。
外見がよく似てるから紛らわしかったのだ。
一般の人ならまず見分けは付かないだろう。

>ゼロ戦にすらカモられるP-39が親衛軍に優先的に配備されるし

零戦にカモられたのは事実だが、ソ連でも戦闘機としては性能が
悪かったためもっぱら対地戦用に使われた。
ソ連の戦闘機は性能が悪いかというと、例えばMIG3はBF109の速度
及び、高空性能を上回っていたし、YAK3は低空での運動性でFW190を
上回っていたという事を考えれば悪かったとはいえない。
何しろ

 ★★★★実際にベルリンを占領したのはソ連赤軍だった★★★★

連合軍ヲタはこの事を忘れてはいけないのだ。

165 :147:02/05/06 00:18 ID:0MF8azGk
>>164
私は別にドイツ戦車おたってわけじゃないですけど、
>外見がよく似てるから紛らわしかったのだ。
>一般の人ならまず見分けは付かないだろう。
って事はないですよ。戦車の中からじゃ見分けはつきにくいけど、外部から
比べりゃ一目瞭然。撃破した後の検証でこの区別がつかないのはあきらかに
おかしい。

>零戦にカモられたのは事実だが、ソ連でも戦闘機としては性能が
>悪かったためもっぱら対地戦用に使われた。
これはP-39のりのエース(戦車撃破ではない)がいっぱいと言うの
をどう説明する?私だけじゃなくて作家の青木基行も不思議に思っているん
だけど。

166 :朝まで名無しさん:02/05/06 00:52 ID:0mBBzbbV
>>165
>これはP-39のりのエース(戦車撃破ではない)がいっぱいと言うの
をどう説明する?私だけじゃなくて作家の青木基行も不思議に思っているん
だけど。

ふむ、それは簡単な質問だ。
ドイツ軍戦闘機は非常に優秀だった。
だが、ソヴィエト軍パイロットはもっともっと優秀だったのだ。
所詮、ファシストパイロットなどの敵ではないのだ。
だから、ソヴィエト軍のP-39が太平洋戦線で戦えば、零戦など
赤子の手を捻るようだったろう。

事実、

★★★★ベルリンに翻った旗は栄光のソヴィエト国旗だった★★★★

のだから。

167 :朝まで名無しさん:02/05/06 11:01 ID:kGP50InN
独ソ開戦の原因というのはつまり早い話、ドイツヲタどもが、

「ドイツの近代科学戦は世界一ィィィ!!」

などと言って突然襲い掛かって東欧人を無理矢理隷属させようとしたからだ。

168 :147:02/05/06 11:28 ID:0MF8azGk
結局東部戦線ではbf109もFW190もソ連の飛行機もカタログスペック通り
働いた事がないって事だよね。そんな中でカタログどおりに動いた唯一
の飛行機がP-39。だから自国のMIGやYAKよりP-39にパイロットは乗りた
がったし、戦果も挙げられた。信頼性が日本並になかったのが赤軍の兵
器。ドイツのはそれよりはましだけど、イギリス、アメリカと比べたら
おそまつ。

169 :朝まで名無しさん:02/05/06 11:30 ID:1szLBbj3
ドイツを見習うべきだよ。
あの反省の気持ちをって小論文で書いたら褒められたよ。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/06 12:48 ID:Ue10yAFA
>ドイツを見習うべきだよ。
>あの反省の気持ちをって小論文で書いたら褒められたよ。

「ドイツの反省」について知らない人間は今でも多いからねえ。
そのせいで2chをはじめネットではあちこちでボコられるヤツが出てくる。

171 :朝まで名無しさん:02/05/06 16:48 ID:kGP50InN
>信頼性が日本並になかったのが赤軍の兵器。

マリアナ7面鳥とバグラチオン作戦を比べてみれば明らかなように、
西側に対抗できる航空技術力があったのはソ連邦ただ一国だった。

172 :朝まで名無しさん:02/05/06 20:30 ID:GoqEA/Fd
>>169
どこの大学ですか?

173 :朝まで名無しさん:02/05/06 22:26 ID:o5KaroIy
★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

http://www.spiegel.de/sptv/special/0,1518,grossbild-92519-121770,00.html

174 :朝まで名無しさん:02/05/06 22:54 ID:kGP50InN
★★ベルリンに翻った旗は栄光のソヴィエト国旗であり米英ではなかった★★

それは、西側連合軍に対抗しうる唯一の大国が、ソ連邦ただ一国であったことを
示している。内藤のような身びいき零戦オタの妄想とはうらはらに、当時の日本人
もよくわかっており、だからこそ戦後はあんなに親ソ全面講和運動が盛んだった。

175 :朝まで名無しさん:02/05/06 23:44 ID:kGP50InN
ドイツ軍は強かった、ドイツ帝国は74年間事実上一度も負けてはいなかった。
そしてドイツ軍のモスクワ攻撃は世界中を恐怖のどん底に叩き込んだ。しかし、

<最後にベルリンのど真ん中に揚がったのは英米国旗ではなく、ソ連国旗だった。>

ドイツ軍は十分に強かったが、ソ連軍はもっと強かった。ドイツ自身も首都陥落
まであれだけ精一杯戦えて、もはや悔いはないだろう。だから彼ら自身もそれを
「ベルリン解放の日」と言っているのだ。ベルリン国会議事堂に掲げられたあの
赤軍国旗、それはドイツ帝国74年間の敢闘を称える最高の勲章であったのだ。

176 :朝まで名無しさん:02/05/07 00:42 ID:XmOky4q8
つかベルリンにはソ連軍が先に入るという協定があっただろ。
ソ連軍の兵士がベルリンでレイプしまくっても虐殺しまくっても
米英は助けにいけなかった。

つか米英は、追い込まれたドイツ軍は死に物狂いの抵抗をするから
自分たちの犠牲者を増やしたくなかったんだよな。

177 :何だ:02/05/07 00:48 ID:F7Kis9GS
いつでも戦前のことで、格下の虫国、姦国から外交カードを切られている
日本より、過去を乗り越え、EUで中心的役割を果たすドイツ方が、
少なくとも外交面では、偉い。

178 :朝まで名無しさん:02/05/07 00:54 ID:cI0Yj6RC
>>177
同意

179 :朝まで名無しさん:02/05/07 00:59 ID:MDFZUG6T
>>174-175
パブロフ、ここはお前の住処ではないのよ。
軍事版へお帰り。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/07 01:14 ID:dZfG8+mB
>>177
要するにドイツのように過去のことは知らん顔するのが一番というこった。

181 :朝まで名無しさん:02/05/07 01:24 ID:JM473zn1
ドイツの与野党、売国奴がいないのは羨ましいぞ。
冷戦時代も、左系だからといってソ連や中国にへいこらする奴はいなかったしなあ。

なんで日本の与野党には、冷戦終結後も中国・北朝鮮フリークがいるんでしょうね。
連中の心理がよう分からん。
日本の社民党なんざ、内実が分かればドイツでは「ディー・ヤパーニッシェ・ローテ・
アルメー」と言われるのだろうな。
実際そうなんだけど。


182 :朝まで名無しさん:02/05/07 04:00 ID:Q0j9vy+S
>>173オスマントルコだってコンスタンティノーブル陥落させてるぞ
時期だってあっちの方が先

183 :朝まで名無しさん:02/05/07 22:13 ID:N0Y6iSB3
>>171
>>174
当時の西側って?
では東側って何?

184 ::02/05/07 22:15 ID:7yFQmJRd
>>180  ドイツの新聞や雑誌読んでも未だに過去の反省のこと
イッパイ書いてるんだけどな・・

185 :朝まで名無しさん:02/05/07 22:40 ID:vx20/+Gc
日本に必要な西側に対抗しうる航空技術は、DBでは無くてクリモフだった。
これはバグラチオン作戦と西側のソ連東欧支配承認ではっきり確認できる。
つまり、当時ソ連邦ただ一国が西側に対抗しうる航空技術を有していた。

西側は米国、東側はソ連に決まってる。

186 :朝まで名無しさん:02/05/07 23:28 ID:N0Y6iSB3
>>185
じゃ、日本やドイツ、イギリスはどっち?
ポーランドやチェコ、ルーマニアやブルガリア、
スロバキアにクロアチア、フィンランドetcは?

ダイムラーよりクリモフっていう理由も?どうしてそんなんで確認できるの?
クリモフだって当時の日本でコピーできたと思えないけど。

187 :55:02/05/07 23:28 ID:kkbFzRsK
----------------------------------------------------------------------------------------
●復讐・貴方に代って恨み晴らします!★★★別れ工作★★★
騙された・捨てられた・弄ばれた・相手に誠意がない・債権トラブル・不倫疑惑・証拠収集・電話番号から住所などの調査・等など★何でも気軽に相談OK!
確実に貴方の悩みや困り事、トラブル等を迅速に解決致します。
●下記記載のURLがジャンプしない場合には・コピ−してファイルから開いて下さい!
http://www.blacklist.jp/
(緊急情報)必ずご覧下さい★驚愕の事実&復讐の実態★★★
●女性秘密工作員・募集中!高収入確実!!!
http://www.blacklist.jp/ ---------------------------------------------------------------
LINK(探偵事務所) → http://www.okudaira.co.jp/
----------------------------------------------------------------


188 :朝まで名無しさん:02/05/08 20:26 ID:L1r+51dB
>ダイムラーよりクリモフっていう理由も?どうしてそんなんで確認できるの?

バグラチオン作戦、ベルリン陥落、ソ連東欧支配確立で自明なことだ。
ドイツヲタがなにを弁解しようとも、ベルリンに揚がったのはソ連国旗だった。
また米英がいかにソ連嫌いでも、軍事的実力は認めざるをえずそれがヤルタで
ソ連の東欧支配を認めることになった。

>クリモフだって当時の日本でコピーできたと思えないけど。

だからこそ戦後あれだけ親ソ全面講和運動が盛り上がってた。そうしていたら日本
中がソ連エンジンが溢れかえってた。コピーが無理なのなら、直輸入しかあるまい。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/08 21:10 ID:iIIQGvfa
>ドイツの新聞や雑誌読んでも未だに過去の反省のことイッパイ書いてるんだけどな・・

コンラート・アデナウアー首相
「本日、この議会において私は連邦政府の名において宣言いたします。気高い軍の伝統
の名において、地上や海上、あるいは空で戦った全ての兵を我々は是認します。ドイツ
軍人の誉れと偉大な功績は、過去数年の間に傷つけられはしましたが、まだ生き続けて
おり、さらに生き続けることを確信するものであります」

ヘルムート・シュミット元首相
「国防軍の犯罪展」について
「私にはカタログだけで十分でした。あまりにも一方的なものです。祖国に対する
ある種の自己暗示的なマゾヒズムを、自分達の職務だと考える人たちがいるわけ
です・・・ああゆう者達はどこの国にもいます」
「ここ数年、ある巡回展で、何百万ものドイツ兵を、茶色や黒、灰緑の制服を着た
犯罪人といっしょくくたにした者たちがいる。こういう極左の意見は、危険なの
にも関わらず、禁じられていません」

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/08 21:15 ID:iIIQGvfa
ヴァイツゼッカー大統領
「犯罪的な国防軍について語るとするなら、それは全く別のことであり誤り
である。有罪か無罪かについて集団としての判断をしてしまうことになる」
(ヴァイツゼッカー回想録)
「集団としての罪を主張する事は、人道的、倫理的、そして宗教的に嘘なの
です。無実についてと同じように、罪はいつも個人的なものです」
(独週刊誌FOCUS)

西ドイツ連邦議会1952年9月17日ニュルンベルグ裁判について
連邦司法相フォン・メルカッツ(キリスト教民主同盟)
「法的根拠、裁判方法、判決理由、そして執行の点でも不当なのです」
メルテン(社民党)
「この裁判は正義に貢献したのではなく、まさにこのためにつくられた法律を
伴う政治的裁判であったことは法律の門外漢にも明らかです」
エーヴァース(ドイツ党)
「戦争犯罪人という言葉は原則として避けていただきたい。無罪にも関わらず
有罪とされた人々だからです」

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/08 21:17 ID:iIIQGvfa
ドイツ・ポーランド和解財団ダリス・パウロース
「連邦補償法はすでに1969年に期限が切れており補償はできない。その代わり
財団をつくって各個人に『財政支援』すると言ってきました」

チェコ外務省イリー・シトレル第一領域局次長
「冷戦期、西ドイツはチェコを含む東欧、中欧のナチス犠牲者に補償する国際法上の
義務がありながら一貫して補償を拒否してきました。冷戦終結後もチェコに対しては
拒否の態度を変えようとはしませんでした」

チェコ大統領府政治局顧問ミロスラフ・クンシュタート
「1950年代に賠償要求を放棄したポーランドと違い、チェコ共和国はドイツに
対する犠牲者らへの補償要求を今でも決してあきらめてはいません。現実に両国の
妥協が成立する可能性はほとんどありませんが」

192 :肉棒さん@お口いっぱい。:02/05/08 21:18 ID:aQB8o4RH
その時歴史が動いた(nhk総合)で
ヒトラー特集始まったyo!

193 :朝まで名無しさん:02/05/08 21:23 ID:L1r+51dB
ドイツ人が過去を反省するか否かは彼ら自身の内政問題、放っておけばいい。
イスラエルのような粘着タカリ野郎は、私も大嫌いだ。

いくらドイツとドイツヲタが自分たちの軍隊を自画自賛しようとも、

★★ベルリンに揚がったのは米英で無くて栄光のソヴィエト国旗だった★★

のだから。

194 :朝まで名無しさん:02/05/09 12:37 ID:u5mvdxLi
ドイツの凄いところは侵略した相手国に対してヌケヌケと「ドイツ人の財産を補償しろ」
と請求しているところ。
日本もこういう厚かましいところは見習うべきだ。

195 :朝まで名無しさん:02/05/09 22:09 ID:qWnlVp3H
日本人はお人よし過ぎると思う

196 :147:02/05/09 23:09 ID:TgQXPa1M
>ドイツ軍戦闘機は非常に優秀だった。
>だが、ソヴィエト軍パイロットはもっともっと優秀だったのだ。
こんな比較をする人間にレスつけるのもバカバカしいが、
ミグやヤクにのって戦果を挙げられない人間が、P-39ならできるのなら、
単純にエアラコブラはミグやヤクより性能が良いのではないか?
おまけに赤軍内で、P-39が地上攻撃に主に使われたなんて始めて聞いた。
地上攻撃はシュツルモビクで十分だったはずだ。

197 :朝まで名無しさん:02/05/10 00:01 ID:/p4ryG9w
ドイツ人やドイツヲタが自分たちの「優れた科学兵器」を自画自賛して、
ソ連はそれを盗んでいったとでもいいたいんだろう。自分たちのやった
東欧での過酷な収奪は一切無視して。

198 :>1:02/05/10 00:02 ID:AZIwYckb
日本よりは立派だと思う。

199 :朝まで名無しさん:02/05/10 00:24 ID:J/pQfgpQ
日本より優秀だと思う。
ノーベル賞受賞者が世界第二位。(一位はアメリカ)
単一民族国家として見たら一番。
ソルトレークオリンピックでは堂々の第一位に輝いた。
内燃焼機関の殆どはドイツ人の発明。
おそらく、世界一優秀な民族。

200 :朝まで名無しさん:02/05/10 00:31 ID:qeqtX1C6
ttp://www.jca.apc.org/~altmedka/aus.html

ttp://www.nsjap.com/marco/


201 :朝まで名無しさん:02/05/10 23:07 ID:dqwTKtFD
アーリア人ってどんな人種?

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/11 10:38 ID:o/e8mCGc
ラーヴェンスブリュック記念館クリスタ・シュルツ
強制収容所における強制売春について
「旧日本軍をめぐる責任追及、補償要求のような運動はドイツでは決して起きないでしょう。
ドイツの世論は、この問題を提起することを支持していません」

ベルリン自由大学ヴィッパーマン教授
「日本について私が理解できないことがあります。コリアンの強制売春の問題です。
日本ではそれが大問題となり、コリアンに対して公式に謝罪が行われました。ドイツ
では議論はありません。これはアジア文化と結びついているんでしょう。あるいは
コリアンの圧力団体があるのでしょう」
「戦争においては、これはまったくふつうのことです。例えば、フランスの軍隊も
売春宿や売春婦をもちろん持っていました。そうでなければ兵士達はホモになった
でしょう。私はこの問題を理解できません」

203 :朝まで名無しさん:02/05/11 18:23 ID:GEQC0MIa
アメリカに対抗しうる航空技術があったのはソ連邦だけ、これが真実だ。
制空権を取れる公算が無ければ、いくら理念に反していても占領地奪回は
不可能なことだ。だからアメリカといえども東欧には口出しできなかった。

だから日本はどんな代価を支払ってもクリモフを購入するしか、
対米敗戦を避けうる方法は無かったものと断言できる。

204 :朝まで名無しさん:02/05/13 23:10 ID:vtzwV0nA
「失われた勝利」(E・V?マンシュタイン 中央公論社) P467
 一九四四年四月三日、私はレンベルクにあったわれわれの司令部を後にした。
停車場には私に真心を献げてくれた部下全員が見送りに来てくれた。列車が
すでに動き始めた時、最後の一声が私の耳に達した。それは私の愛機操縦者
のランガー中尉の声であった。彼はいかに不良な天候状況にあっても、安全
確実に私を送り迎えしてくれた。今夜は、駆逐戦隊に転属を命ぜられたが、
間もなく空中戦に戦死を遂げた。
 私は私の忠実な戦友たちの餞の言葉として彼の声を掲げる。彼は叫んだ。
「元帥閣下! 私は本日、愛機からクリミア盾章<われわれの勝利の記念>
を取り除きました!」

#「バグラチオン」の「バ」の字も無しにこれで終わりとは、何故だ?

205 :朝まで名無しさん:02/05/13 23:25 ID:CBJQKpOF
バグラチオン作戦におけるファシスト30個師団消滅。
いかなるドイツヲタもこの真実から目を背ける事はできない。

206 :朝まで名無しさん:02/05/13 23:43 ID:0FY+T/r3
1944年における赤軍の人的損失200万以上。
いかなる赤軍ヲタも勝利の代償から目を背ける事はできない。




207 :朝まで名無しさん:02/05/13 23:49 ID:Hj8/Pa+U
赤軍の人的損失の内、ドイツ軍によるものでなく、
NKVDによるものはどのくらいなのでしょうね。
解る訳はないと思いますが。

208 :朝まで名無しさん:02/05/14 00:15 ID:AQf5BjZ0
>>199
アメリカ白人の民族構成を見ると、ドイツ系が最大多数で、英、仏系より多いからな。
もともと、英、仏も独の親戚みたいなもんだが。
いわゆる欧米の一流先進国はゲルマンの系統だな。
>おそらく、世界一優秀な民族。
オリンピックのメダル数なんかはどうでもいいが、
これは認めざるを得ない事実だろう。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/14 00:23 ID:5w65xvq8
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121015975/250-3645059-7392202

210 :朝まで名無しさん:02/05/14 02:34 ID:hgNJbAuT
ttp://www.jca.apc.org/~altmedka/aus.html

ttp://www.nsjap.com/marco/

取り敢えず、読んでみろ。

211 :朝まで名無しさん:02/05/14 03:26 ID:2paG8d6d
板違いのスレになってしまったね。



212 :朝まで名無しさん:02/05/14 22:14 ID:67gdXvC+
ユダヤ人とドイツ人はどっちが優秀?

213 :朝まで名無しさん:02/05/14 22:38 ID:zOEaF16f
>>212
ドイツ人の方が優秀と思う。

214 :朝まで名無しさん:02/05/14 22:40 ID:807vc5HZ
★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★
★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★
★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

ロシア人のほうが優秀なことは、これで証明済み。

215 :朝まで名無しさん:02/05/14 23:47 ID:zOEaF16f
ロシア人>>>>>>>>>>>ドイツ人&ユダヤ人>日本人

★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

http://www.spiegel.de/sptv/special/0,1518,grossbild-92519-121770,00.html

216 :軍務尚書オーベルシュタイン:02/05/15 14:27 ID:g8xLuQqY
私はマキャベリストのドイツ人ですがなにか?

217 :朝まで名無しさん:02/05/15 23:16 ID:k7PDTX1J
カチンの森虐殺はドイツ人のやらせじゃないよね。


218 :朝まで名無しさん:02/05/16 00:14 ID:SjAeYS4t
1940年代赤軍がドイツ軍をしのいでいけたのは英米の支援と優秀なスパイの
活躍です。
リヒャルトゾルゲは言うに及ばず、ルドルフレスラーとか。
あれ?なんかドイツ人っぽい名前だな〜.


219 :朝まで名無しさん:02/05/16 12:28 ID:xPySWb4Z
1944年以降、ソ連邦の優れた航空技術に裏打ちされた「バグラチオン作戦」
の前にルフトバッフェは手も足も出ず、間もなく東欧枢軸圏は一斉に離脱。
ドイツはこの年だけで4万機もの航空機を製造したのだから量的な問題じゃない。

そしてクリモフ導入を拒否した日本は新世代航空機量産ができず、あわれ特攻。

220 :朝まで名無しさん:02/05/16 13:32 ID:oXwZ58dD
>>アメリカが約14万機でそれにイギリスが加わるので、
ドイツ空軍の壊滅は主に英米空軍によるものといったほうが妥当。


221 :朝まで名無しさん:02/05/16 14:31 ID:bUxQdhlq
ユーゴ空爆で栄光のルフトバッフェは着実に前進した。
いまの日本軍が朝鮮に爆弾ぶちこめるか?
その点ではドイツはえらいとおもうよ。

222 :朝まで名無しさん:02/05/16 15:20 ID:xPySWb4Z
>ドイツ空軍の壊滅は主に英米空軍によるものといったほうが

しかしその英米もソ連の★東独★含む東欧支配に口をはさめなかった。
だから、米英空軍に対抗できたのは世界中でソ連ただ一国であった。

223 :朝まで名無しさん:02/05/16 15:30 ID:TFzW5U0o
英米によるドイツ空軍粉砕がソ連の作戦を容易にした面は否定できない。


224 :朝まで名無しさん:02/05/16 21:19 ID:LiZL9Ek0
英米もソ連も、お互い助け合ってきたんだと思う。

225 :朝まで名無しさん:02/05/16 21:26 ID:JYjSyxwt
ドイツの空軍戦力を殲滅=英米
ドイツの地上戦力を殲滅=蘇

226 :朝まで名無しさん:02/05/16 22:48 ID:Qckvjlw8
1941年ドイツ軍の「タイフーン作戦」は、世界人類を恐怖のどん底に
叩き落すほどの脅威であった。この点国土と遠く離れた日露戦争なぞ問題に
ならない。それにも関わらずソヴィエトは最終的にドイツの首都ベルリンを
制圧し、東欧支配を確立した。ソ連邦はまさに世界人類の賞賛の的であった。


227 :朝まで名無しさん:02/05/17 11:42 ID:BDalOUlp
http://www.us-israel.org/jsource/Holocaust/Doenitz.html
http://www.excite.co.jp/world/url/
B. INDOCTRINATION OF NAVAL PERSONNEL WITH NAZI POLITICAL IDEOLOGY.
B. ナチ政治的なイデオロギーを持った海軍の人員の教化。

228 :朝まで名無しさん:02/05/18 12:43 ID:Ag1pDZG2
>>226
>1941年ドイツ軍の「タイフーン作戦」は、世界人類を恐怖のどん底に
>叩き落すほどの脅威であった。
世界人類だなんて、そんなにドイツは偉くはないだろう。
日本だってアメリカだってイギリスだって、脅威には感じてなかった。
たぶんウクライナも、ベラルーシも。

229 :ds:02/05/18 14:10 ID:TBgVJh5c
ここですか、ロシアヲタのいるスレは・・

230 :朝まで名無しさん:02/05/18 20:51 ID:TRulx2T/
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1009465413/l50
『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落

231 :朝まで名無しさん:02/05/18 21:42 ID:Ag1pDZG2
パブロフはカチンの森虐殺については何とのたもうのか?


232 :朝まで名無しさん:02/05/18 21:44 ID:Ag1pDZG2
ドイツはそんなに偉いとは思わないが、
少なくともロシアと日本よりは偉いかな。

233 :朝まで名無しさん:02/05/18 22:01 ID:3/gIOY1s
戦後日本は、ソ連を非常に尊敬していた。ミグやスプートニクなど、アメリカ
を上回る科学技術があったのは、あの時期ではソ連邦ただ一国であった。
当時の日本の親ソ主義は、ソ連の技術力の高さに驚いていた証拠だといえる。
そして、日本国民はアメリカへの従属しか生きる道を見出せなかったため、
真の意味での独立国たるソ連に憧れていた。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/18 22:06 ID:H2qAddgp
同じコピペばかり繰り返すな。

235 :朝まで名無しさん:02/05/18 22:15 ID:m/R4SjDF
>>233
ソ連の科学技術はドイツ、アメリカのパクリだろ。
ロケット、ジェットエンジンの技術はドイツから、
核はスパイ使ってアメリカから盗んだ。

それでも、同じ共産主義国家の中国なんかと比べると、
ソ連の科学技術水準が、かなり高かったのは事実だが。


236 :朝まで名無しさん:02/05/18 22:17 ID:TRulx2T/
「西欧ドイツの近代科学戦は世界一ィィィ!!」なんてわがままで横暴な
他民族蔑視のドイツヲタどもを黙らせることができたのは、

★★『東方スラヴ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

しかありえず、それゆえ第一次大戦の時は「匕首で刺された」などといって、
またすぐに復活して今度はかえって更にドイツヲタどもが増殖してしまった。
アウシュビッツなど東欧で発掘された殺人工場は、ヒトラ−という個人の性格
によるものでは断じてなく(ユダヤ人抹殺の総統命令は確認されていない)、
ドイツヲタが増えすぎて、ドイツに非ずは人に非ずになってしまったからだ。
東欧蔑視のドイツヲタどもを黙らせることができた国は、ロシアだけだった。

237 :朝まで名無しさん:02/05/18 22:21 ID:Ag1pDZG2
だからさあ、パブロフ。カチンの森虐殺について述べてくれよ。

238 :朝まで名無しさん:02/05/18 22:24 ID:TRulx2T/
>ロケット、ジェットエンジンの技術はドイツから、

http://www4.ic-software.co.jp/~ohashi/Aircraft/F/Russian/F501.htm
http://www4.ic-software.co.jp/~ohashi/Aircraft/F/Germany/F211.htm

写真で見て比較すればわかると思うが,ソ連のミグとドイツの
Me262とは似ても似つかない。ミグは純粋にソ連航空技術であった。

239 :朝まで名無しさん:02/05/18 22:31 ID:gGbvq3hP
>>238

http://www4.ic-software.co.jp/~ohashi/Aircraft/F/Russian/F501.htm
>1948年にソ連が開発した戦闘機で、ドイツ敗戦時に入手したTa183を元にして開発したと言われています。

モロに書いてあるじゃん。

240 :朝まで名無しさん:02/05/18 22:34 ID:TRulx2T/
>カチンの森虐殺について

カチンの森に限らず、スターリン政権の強圧的支配でスラブ住民は
ドイツ軍侵攻で無くとも苦しんでいた。だのにドイツは更なる残虐な
占領政策で全東欧人を敵に回してしまった。反ソ、対独協力スラブ人
も多かったのに、全く惜しいことをしたもんだ。

241 :朝まで名無しさん:02/05/18 22:37 ID:TRulx2T/
>ドイツ敗戦時に入手したTa183

初飛行すらしてない試作機なんて、参考にしても些末なものだ。

242 :朝まで名無しさん:02/05/18 22:42 ID:Ag1pDZG2
>>240
ようするにドイツ人が引き起こしてロシア人のせいにしたと言いたい訳だ。

>>238
Me-262と似てないのは当り前だ。一機に2発の発動機を付けられる程の国
力が無かったからね。だからタンクの設計を参考にしたんだろう。
それはそれで賢明だとは思うが。

243 :朝まで名無しさん:02/05/18 22:50 ID:TRulx2T/
カチンの森は、ソ連側の行動で、ゴルバチョフ大統領が謝罪した。

>一機に2発の発動機を付けられる程の国力

アメリカ軍のF86セイバーだって単発だ。
http://www4.ic-software.co.jp/~ohashi/Aircraft/F/UN/F112.htm

244 :朝まで名無しさん:02/05/18 23:02 ID:gGbvq3hP
>>243
http://www4.ic-software.co.jp/~ohashi/Aircraft/F/UN/F112.htm
>この航空機にはドイツ降伏で入手した最新技術である後退翼や前縁スラットなどが採用され、高速を可能としました。

F86もドイツの技術を使ってるじゃん。

ついでに、Mig15もTa183のコピーだのベースにしただのとさんざん言われてるよ。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF8&oe=UTF8&q=Ta183+Mig15&lr=lang_ja

245 :朝まで名無しさん:02/05/18 23:12 ID:TRulx2T/
なにはともあれ実験段階に過ぎなかったドイツのジェット機を、
実戦レベルまで発展させたのは純粋にソ連邦の技術で間違いなし。

246 :朝まで名無しさん:02/05/18 23:16 ID:TRulx2T/
また戦後のソ連の原爆やミグやスプートニクを「ドイツからの略奪品」
なんていうのも盗人猛々しい主張だ。いずれも旧ドイツ軍の兵器のコピー
というには似ても似つかないし、また東独占領でドイツの施設が撤収されて
使われることがあったにしてもそれはそれまでドイツが<軍党官民一体で>
やってきた強欲な東欧収奪の<一部を>取り返したというだけのことだ。

247 :朝まで名無しさん:02/05/18 23:19 ID:gGbvq3hP
何を言っても無駄っぽいね。
ダメだこりゃヽ(´ー`)ノ

248 :朝まで名無しさん:02/05/19 14:18 ID:tiNJnQx8
MIG15の平面形はドイツのTa183にクリソツ。
MIG15のエンジンはイギリスのニーンのコピー。

249 :朝まで名無しさん:02/05/19 18:18 ID:/2wdlqVC
><軍党官民一体で>やってきた強欲な東欧収奪

「第二の罪 ドイツ人であることの重荷」(ラルフ・ジョルダーノ 白水社)P201
 西部方面においてと同様に、ドイツ指導部は東部においても電撃的な攻撃と
勝利を見込んでいた。そのため、それに対応する数の捕虜が生じることになった。
東部経済本部部長だったヴィルヘルム・シューベルト陸軍中将の報告からは、
飢餓による捕虜の集団死亡が計画に入れられていたことが明らかになる。
各省の次官に宛てたこの報告は、征服されるべきソ連地域の農業搾取を扱った
ものだった。その中には一九四一年五月二日付けで次のように記されている。
 「戦争の三年目(一九四一年から一九四二年にかけて)において全国防軍を
ロシアからの食料で養いうる場合のみ、戦争を継続しうる。この場合、
われわれが必要とするものをロシアから持ち出せば数千万の人間が餓死
することは間違いない。最も必要なのは油種子・油粕の確保と搬出であり、
穀物はその次だ。現存する脂肪と肉は軍が消費すると推定される。」

250 :朝まで名無しさん:02/05/20 15:04 ID:J7kLP/Od
「西欧ドイツの近代科学戦は世界一ィィィ!!」なんてわがままで横暴な
他民族蔑視のドイツヲタどもを黙らせることができたのは、

★★『東方スラヴ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

しかありえず、それゆえ第一次大戦の時は「匕首で刺された」などといって、
またすぐに復活して今度はかえって更にドイツヲタどもが増殖してしまった。
アウシュビッツなど東欧で発掘された殺人工場は、ヒトラ−という個人の性格
によるものでは断じてなく(ユダヤ人抹殺の総統命令は確認されていない)、
ドイツヲタが増えすぎて、ドイツに非ずは人に非ずになってしまったからだ。
東欧蔑視のドイツヲタどもを黙らせることができた国は、ロシアだけだった。

251 :朝まで名無しさん:02/05/20 15:25 ID:t8QDzOVC
>>247
こいつは軍事板でも同じ口調でおお暴れ。
無視するのが一番いいです。

252 :朝まで名無しさん:02/05/22 22:12 ID:1oYlR//g
ドイツは少なくとも最後まで国民に所定の栄養価の有る食料を配布し続けたし、
国民保護に努力を怠らなかった。 人命軽視の日本とは大違いの先進国だった。

253 :朝まで名無しさん:02/05/23 12:26 ID:T28NvMyk
★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

これこそまさに、輝かしいドイツ帝国74年の敢闘を称える勲章なのだ。
ドイツ自身もここまで精一杯戦えて、もはや思い残すことは無かろう。

254 :朝まで名無しさん:02/05/23 12:47 ID:eXGyEa92
ドイツって障害者の自国民もガス室送りにしてなかった?

255 :朝まで名無しさん:02/05/23 22:17 ID:EiMzt6Up
真に西欧優越主義をやっつけたのは日本では無くソヴィエト・ロシアであった。
よく日本軍によるシンガポール陥落が西欧支配の打破であったと言われるが、
英国はその前にダンケルクでボロ負けしてるし、シンガポールは国の首都ではない。
俺に言わせればソ連軍によるベルリン陥落こそが西欧支配の打破であったのだ。
このままロシア人が居座ってしまえばもはや誰も文句のつけようが無かった。
いくら戦後になって無敵ドイツ軍神話、失われた勝利神話が強調されようとも、
ベルリン含む東欧がソ連支配下に入った事実を何ら揺るがすものではなかった。
米国はレンドリース代金を踏み倒されたことを嘆くが、犠牲を払ったのはソ連だ。
ドイツ軍の優れた戦術・新兵器とやらが強調されればされるほど、ソ連軍に
よるベルリン陥落・東独支配割譲を喜びたくもなる。ありがとうソ連邦。

256 :朝まで名無しさん:02/05/23 22:38 ID:p8/9iy+U
>>255
ダンケルクのぼろ負けを言うのなら、
スターリングラード以前の東部戦線はソ連のぼろ負けだね。
スターリングラード以降にもハリコフ戦があるし。

257 :朝まで名無しさん:02/05/23 23:01 ID:z7eeUPVh
>>255
白人優越主義をやっつけたのは?

258 :朝まで名無しさん:02/05/23 23:08 ID:uEdQhczw
>>254
最近「ガス室は無かった」という説を唱える人たちもいるね。
ユダヤ人たちは強制収容所では、餓死しただけで
ガスで殺していたわけでは無かったって説なんだけどね。

ユダヤ人はもともと強制労働させるために集められ、
終戦間近は食料が供給できず、労働先にも送ることができなくなった。

259 :朝まで名無しさん:02/05/23 23:13 ID:EiMzt6Up
>白人優越主義をやっつけたのは?

ソ連軍は白系ロシア人が大多数だが、アラブ・モンゴル系人も居た。
ベルリン陥落の時もアジア系人と勝利の凱歌をともにした。

260 :朝まで名無しさん:02/05/24 22:51 ID:O+rUuVnq
http://www41.tok2.com/home/cdrhirata/gunka/gunkan.htm

261 :朝まで名無しさん:02/05/24 23:02 ID:RMVeGO/o
どーでもいいけど、
F1のミハエル・シューマッハ強いね。
高速コーナリング回っても遠心力で首が傾かない。
サイボーグだね。
ドイツ語でミハエル、英語ではマイケルっていうんだね。
当初はフジの実況でもマイケル・シューマッハといってた。

262 :朝まで名無しさん:02/05/24 23:20 ID:pdV0z3zP
>>258
ttp://www.jca.apc.org/~altmedka/aus.html

ttp://www.nsjap.com/marco/

ここを参照しる!

ttp://www.ihr.org/index.html

英語の読める人はこっち。

263 :朝まで名無しさん:02/05/25 00:25 ID:z+plNMh1
伝説のjca.apc.orgかよ・・・

264 :朝まで名無しさん:02/05/29 23:18 ID:86HxIq0f
 一九四六年四月の「ヨーロッパ・ユダヤ人およびパレスチナ問題米英委員会」
の報告は、ナチス・ドイツが「消した」ヨーロッパ・ユダヤ人数を「五百七十二
万千八百人」と推算した。
 あるいは、「四百十九万四千二百人から四百五十八万千二百人の間」という
推計もある(G・ライトリンガー著『ファイナル・ソリューション』)。
 実際には、ナチス・ドイツ下のヨーロッパでも、各地在住のユダヤ人すべて
が抑留されたわけではない。また、ドイツ側の記録のほとんども「始末」され
ているため、以上の数字はいずれも不正確である。
 アウシュヴィツの虐殺数についても、ソ連側は「四百万人より少なくない
ソ連、ポーランド、フランス、ユーゴ、チェコ、ルーマニア、ハンガリー、
オランダ、ベルギーその他の国民」という表現を使用している。
 前所長へスは、『ニュールンベルク裁判』で「二百五十万人」と述べ、のちに
「百十三万人」という「大規模な作戦の時の数字」をあげた。
 アウシュヴィツに送られたユダヤ人数を「八十四万八千人」、うち「五十五万
〜六十万人」がガス殺されたとの推算もおこなわれている(前出『ファイナル・
ソリューション』)。しかし、この数字も断片的に残るいくつかの時期の収容者
数を基礎にした推理にとどまる。
『ビルケナウ』収容所の火葬場の「処理」能力についても、設計では「二棟一日
四千人」となっていたが、一日「千人」から「一万六千人」までに説がわかれている。
 これまでに述べたように、『ビルケナウ』収容所にしても、一日の休みもなく「処分」
作業をおこなっていたわけではない。

児島襄「第二次世界大戦 ヒトラーの戦い」より

265 :朝まで名無しさん:02/05/30 00:13 ID:E9V6cEl2
「諸君!」で、「偉っそうなドイツ国民に告ぐ」という論文があったな。
どこかのドイツ人団体が主催する日本論で、いつも戦争犯罪とか猟奇的なテーマ
ばかり扱っていて、筆者が「ドイツ人は戦争犯罪をナチスになすりつけ、自分達は
その犠牲者だとみなしている。しかし、それが方便にすぎないことはドイツ人自身が
一番よくわかっていて、そのため、戦争犯罪を犯したのはドイツ人だけではない、
日本の方が道徳的に劣っている、と考えて安心感を得たいのではないか」というような
ことを書いていた。
ドイツ人は、日本人を戦争犯罪の永遠の伴侶のように考えているだけでなく、
その処理を巡ってもドイツの方が優れているとみなしているようだ。
そのドイツ人主催の会合では、多数のドイツ知識人や日本人が参加しているんだけど、
日本とドイツとの戦争の違いとかを日本人が主張すると、ドイツ人達は皆、激しく
机を叩いたり、ブーイングを浴びせ掛けたりするそうだ。

266 :朝まで名無しさん:02/05/30 01:00 ID:mIkqR0yu
「諸君!」も結局「オメー(ドイツ)と一緒にするな」
といっている訳ねw。

ドイツの場合は過去の侵略国が全部戦後全部共産圏の第1級敵国
になってしまったから謝罪や賠償に関するスタンスが日韓関
係とは大きく異なるのでは?日本だって例えば中国北朝鮮に
本格的に飴なめさせ始めたのは冷戦終了後だし。日韓関係が
戦後補償の例外なのかもしれない。

267 :朝まで名無しさん:02/05/30 01:02 ID:Y6FR5TIh
>>265
犯罪はナチスのせいで自分は被害者、これは他のヨーロッパの国もみなそう、
共犯だから矛先は日本に向かう、ヤダねぇ。

268 :左右和平委員会:02/05/30 01:09 ID:mIkqR0yu
団塊世代の連中は
ドイツも日本もどうしてこのネタに必要以上にナーバスになるんだろうか

敗北したとはいえ、「地球に住む民族の数だけ存在する」正義のなかの
一つが両国には確かにあった。多額の賠償金を課し、国内重工業
を禁止したベルサイユ条約に果たして正義があっただろうか?
お互い「お前らの方が罪が重い」などという馬鹿馬鹿しい口論は
いい加減やめて、韓国ユダヤの圧力団体など無視して、お互いの
歴史的・軍事的考察を楽しもうじゃないの。

269 :朝まで名無しさん:02/05/30 12:28 ID:0CwKR8jo
★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

ドイツ軍は強かった、最盛期ではモスクワまであとわずかのところまで迫り、
世界人類を恐怖のどん底に叩き落とした。その後も長らく東欧一帯を支配し
続け、それがほぼ解かれるのは「バグラチオン作戦」になってからだった。

★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

何と輝かしい、ドイツ帝国74年の敢闘記念勲章であったのだろう。
真のドイツ帝国の敗北は後にも先にも、これ以外にはありえなかった。
ドイツ帝国の不屈の闘魂をもってすれば、ベルサイユ条約なぞいとも
簡単に粉砕することができた、西側連合軍によるものでは絶対だめだ。

★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

ドイツ軍の科学兵器・戦術は、先進的だった。しかし、ソ連赤軍は
もっともっと優れていたということだ。

270 :朝まで名無しさん:02/05/30 12:42 ID:o42F3N22
>ドイツの場合は過去の侵略国が全部戦後全部共産圏の第1級敵国
>になってしまったから謝罪や賠償に関するスタンスが日韓関係とは
>大きく異なるのでは?

ちょい違う。ドイツは分断の結果、請求権が解決されていないから今でも
戦後に東欧から引き揚げたドイツ人の財産の補償を、東欧やロシアに請求
している。これについてドイツの言い分を要約すれば
「侵略戦争は古来から無数にあった事でドイツだけ問題にされる筋合いはない。
だが追放ドイツ人の財産権は解決していないから補償しろ」
と言う事になる。
勿論、そんな莫大な補償(諸説あるが60兆円前後といわれる)を出来るわけ
ないから、ドイツは一度として東欧やロシアに補償した事はない。
(「財政支援」つまり「ドイツの好意」と言う形で金を出してはいるが)
またドイツ人の多くは戦後のドイツ人追放をホロコーストと同じ「人道に反する罪」
だと認識しており、東・中欧諸国の教科書に記載するよう要求している(実際に
昨年、ドイツの圧力でポーランドの教科書には記載することになった)。
つまりドイツは侵略した国に対しては「お互い様」だと思っているのである。

271 :朝まで名無しさん:02/05/30 12:51 ID:0CwKR8jo
ドイツヲタどもは戦後ソ連のミグやスプートニクなどの軍事技術は全て
「ドイツからの略奪」などと主張しているが、ソ連の軍備拡張にドイツ
の産業施設が使われることがあったにせよ、それは「戦利品」だ。

略奪というのなら、ドイツこそ東欧・ロシアでどれほどの略奪をやったのか。

272 :朝まで名無しさん:02/05/30 13:08 ID:0CwKR8jo
西側連合軍のフランス上陸・ソ連軍のバグラチオン作戦の前にでも、
ドイツが東欧での残虐きわまりない絶滅的収奪政策を放棄していれば、
第一次大戦のように国土は分断されずに済んだかもしれない。

273 :朝まで名無しさん:02/05/30 13:13 ID:0CwKR8jo
ドイツの場合は、占領地から得た収奪で軍備拡張にあげく、
「ドイツ軍の科学兵器・戦術は世界一ィィィィ!!」などと言って、
いきなり宣戦布告もなしに攻撃をしかけたのだから、さらに強い
ソヴィエト赤軍に返り討ちにされ国土占領となったのは自業自得だ。

274 :朝まで名無しさん:02/05/30 15:09 ID:UPoYZycs
◆平成5年6月25日付の産経新聞「ベルリン物語」
 ボンの郊外に住むドイツ軍退役将軍ウーレ・ウエットラー氏とインタービューした際、
「この事だけは、どうしても日本の読者に伝えて欲しい」と頼まれた。この欄でその要旨を
お伝えしたい。
 ウエットラー氏は北大西洋条約機構(NATO)の作戦本部参謀や戦車部隊司令官を歴任
したが、戦争史を研究する学者でもある。退役後、太平洋方面(フィリピン、シンガポール)
に於ける日本軍の作戦というテーマに特に興味を持った。
 「純粋に軍事史的見地から調べた結論から言うと、兵士の訓練度、司令官の質、全ての
面で日本軍 の優秀さは群を抜いていた。民間人に対する対応も、占領軍であるにも関わら
ず、実に礼儀に富ん だものであった」
 ウエットラー氏は、ドイツの新聞(東京発)が戦時中の日本軍の残虐さを強調する為
「余りにも自分の研究とは違い過ぎる」と、義憤を感じたーーというのだ。
「戦争目的(大東亜共栄圏)や敗戦国であるという点から日本軍の残虐行為が強調される
のでしょう が、純粋に軍事史の具体例として検証した場合、むしろ米軍の方の残虐性が
目立つ」
http://sinobu10.hoops.ne.jp/tokyo_judgement.html

これ読むと、ドイツ紙は、日本の悪口ばかり書いていることがわかる。

275 :山本秀雄賛:02/05/30 15:15 ID:FIL8N7kK
よく南キムチやシナに行くと戦争の話をふっかけてくる奴がいるけど「え、日本って戦争した事あるんですか?」「は?アメリカとは仲良しだし…」これが一番頭にくるみたいだよ

276 :朝まで名無しさん:02/05/31 00:10 ID:gUQwUkG5
>>270
日本もそれぐらい言えばいいのにね。

まあドイツには売国メディアが無いからそういうことが言えるのかも知れんが(w

277 :朝まで名無しさん:02/05/31 12:55 ID:d71z84v+
>>276
コンラート・アデナウアー首相
「本日、この議会において私は連邦政府の名において宣言いたします。気高い軍の伝統
の名において、地上や海上、あるいは空で戦った全ての兵を我々は是認します。ドイツ
軍人の誉れと偉大な功績は、過去数年の間に傷つけられはしましたが、まだ生き続けて
おり、さらに生き続けることを確信するものであります」

ヘルムート・シュミット元首相
「国防軍の犯罪展」について
「私にはカタログだけで十分でした。あまりにも一方的なものです。祖国に対する
ある種の自己暗示的なマゾヒズムを、自分達の職務だと考える人たちがいるわけ
です・・・ああゆう者達はどこの国にもいます」
「ここ数年、ある巡回展で、何百万ものドイツ兵を、茶色や黒、灰緑の制服を着た
犯罪人といっしょくくたにした者たちがいる。こういう極左の意見は、危険なの
にも関わらず、禁じられていません」

首相がこういう発言を公然とするのがドイツ。

278 :朝まで名無しさん:02/06/01 09:21 ID:+lFqCRoF
ちなみにドイツで「ドイツ軍の戦争犯罪」はタブー(もちろんドイツだけではない)。
自国の戦争犯罪をしつこくとりあげるのは世界では日本だけだろうね。

279 :朝まで名無しさん:02/06/01 19:06 ID:WOC+ebtS
ソ連機のドイツ機に対する優位性は、まず稼動出撃状況から。ドイツじは1944年
だけで4万機近くの航空機を製造したはずなのに、バグラチオン作戦の時東部戦線で
飛び立ったドイツ機は皆無に近かった。赤軍航空隊の圧倒的優位が勝負を決めた。

まあ日本機なんてどれも特攻で逝ってヨシだったが、ソ連のクリモフが直輸入できれば、
制空権の奪回も可能だったはず。だから日本は中立条約でソ連に全てを期待した。
栄も誉も金星も、クリモフやミクリンが導入されたらみんな棄てられてもおかしくない。

280 :左右和平委員会長:02/06/01 23:24 ID:pXarGsBt
>>277
>>茶色や黒
って武装SSのタイガーストライプの事かな?同じSSでも武装SSの連中は
国防軍と同レベルの仕事してたし、純粋な戦士であって、そう邪悪なイメージは
軍オタには持たれてないなー


281 :左右和平委員会長:02/06/01 23:34 ID:pXarGsBt
>>278
ドイツ国防軍の戦争犯罪というよりナチスドイツの再評価がタブーなんでは?
「ガス室はなかった」
「ヒトラーは経済には聡明だった」
「ドイツの重工業保有を禁止したベルサイユ条約は最悪」
「実はユダヤ移民はトラブルメーカだった」
といったむしろ日本と同じ自虐的な意識から

ナチス再評価・良いところもあった議論禁止 -> 国防軍の聖域化

という流れになっているの言うのが漏れの感想

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/02 04:02 ID:xBqNZS7u
>ドイツ国防軍の戦争犯罪というよりナチスドイツの再評価がタブーなんでは?

ナチスの再評価はタブーだけど、ナチス時代の軍人は愛国者・英雄として称えられる
こともまた再評価がタブー。
例えば「ドイツ国防軍は組織的に戦争犯罪を行った(もちろん事実)」とドイツで口
にしたら社会的地位を間違いなく失う。

>「ドイツの重工業保有を禁止したベルサイユ条約は最悪」

これは今でもドイツでは一般的に言われているよ。

283 :朝まで名無しさん:02/06/02 15:25 ID:TAE+aeru
>>280
大筋は賛成。でも武装SS第36師団(ディルレ・・)は?

284 :朝まで名無しさん:02/06/02 15:32 ID:/dZapqsF
親衛隊と国防軍の差なんてよそから見れば
憲兵と陸海軍の差程度でしかない。そんなもんを
峻別してあたかも戦争中にも良心的勢力が存在した
と見せかける厚顔無恥なドイツ人はウンコ。

285 :朝まで名無しさん:02/06/02 16:58 ID:V6k/hxAG
つーかさ、ドイツ軍の戦争犯罪って何があるの?

286 :朝まで名無しさん:02/06/02 18:52 ID:Byq71biD
猫殺しのディルレヴァンガーの元ネタがよく分からん・・

287 :朝まで名無しさん:02/06/02 19:49 ID:5h3gYT5I

★フランスの歴史家フォーリソンは、「イギリスはどうやって
ルドルフ・ヘスの告白をえたか」(『歴史見直しジャーナル』
86〜87冬)という題名の論文で、くわしい分析をしている。
 ヘスは最後にポーランドのクラコウで裁判にかけられ
一九四七年四月一七日にアウシュヴィッツ収容所内で
処刑されたが、その死の直前に書いたとされている「回想録」
には、つぎのような部分がある。
「私は一九四六年三月一一日に逮捕された。[中略]私
に対する最初の尋問における証言は、私を殴って得た
ものである。わたしはサインはしたが、そこに何が書かれて
あるのかは知らない。アルコールと鞭で私は参ってしまった。
鞭はわたしの物だが、偶然、妻の荷物の中に入っていた。
それは馬に触れた事すらなく、ましてや収容者に向けられたこと
など、全く無かったというのに」

ルドルフ・ヘス(アウシュヴィッツ収容所の最高司令官)

ホロコースト・リヴィジョ二ズムを論破する!
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/whis/1013944159/



288 :朝まで名無しさん:02/06/02 19:50 ID:5h3gYT5I
言われている話によれば、ナチは、ポーランドに絶滅収容所という
他の収容所とは全く違う収容所を六つ作ったとされています。そして、
それらの収容所には、処刑用ガス室があったのだそうです。しかし、
それら六つの収容所跡の内で、本物か偽物かは別として、とにかく、
「ガス室」とされる建物または部屋が現存するのは、アウシュヴィッツ
とその隣のビルケナウ、そしてマイダネック収容所のみです。
ビルケナウは、アウシュヴィッツ(広義)の一部なので、アウシュヴィッツ
として一括すると、要するに、アウシュヴィッツとマイダネックにしか
「ガス室」とされる物は現存しない訳です。あとの4か所の「絶滅収容所」
の「ガス室」は、証言で語られているだけなのです。

では、アウシュヴィッツ(ビルケナウを含む)とマイダネックに現存
する自称「ガス室」が本物かと言うと、建物の化学分析では、予想
される様な青酸化合物は検出されないし、場所や構造がおかしく、
とても本物の処刑用ガス室だったとは思えません。又、ドイツ側の
図面を見ると、それらの部屋は、病死者の死体を安置する死体安置室
として設計されていたりして、処刑用ガス室として設計された証拠は
ありません。

又、ガス室で使われた毒ガスは青酸ガスまたは一酸化炭素だったとされ
ますが、連合軍は、青酸ガスで殺された死体も一酸化炭素で殺された
死体も解剖で確認していなかった事が明らかになっています。

つまり、「ガス室によるユダヤ人大量殺人」は、証言以外には何も
法医学的、法化学的証拠が無いのです。


289 :朝まで名無しさん:02/06/02 20:59 ID:TAE+aeru
>>285
戦争犯罪かどうかは知らんが、武装SS第36師団はろ獲兵器の数に比べ殺し
た敵兵の数が多すぎたり、他のSS師団からあいつらを何とかしろと言われたり。
(虐殺が日常茶飯だったらしい)
赤軍の戦争犯罪はいっぱいあるよね。パンツァーマイヤーの回顧録にあった
ような敵兵虐殺はしょっちゅう。SSはナチ党の私兵だけど赤軍は正規軍って
事になってるだけに始末が悪い。

290 :左右和平委員会会長:02/06/02 22:32 ID:m9g/zOqv
>>282 レスTHX
ベルサイユ条約に関してもクールな論調みたいですな。
これでベルリンを見捨て、実質鉄のカーテンの半分を作ったイギリス
チャーチルをこき下ろすのもドイツの日常なら奴らを凄いと思うんだが



291 :左右和平委員会長:02/06/02 22:35 ID:m9g/zOqv
>>285情報THX
もし虐殺したのがイワンだけなら
戦後西側から非難されないのもうなずけるんだが・・・

292 :朝まで名無しさん:02/06/02 23:05 ID:1G8FKQVL
内燃機関製造技術においては、T−34やシュトルモービグなど、ソ連は確実
にドイツを上回っていた。ドイツは最後までT−34のコピーができてない。
また戦略物資調達という観点からすればドイツは奴隷労働者をフル動員して、
1944年だけで4万機もの航空機を製造している。後半になって燃料不足
に悩まされたそうだが、これも「バグラチオン作戦」で石油大国ルーマニア
をはじめ、大半の東欧枢軸同盟を離脱させたということで、ソ連軍の功績だ。

日本が戦時中ソ連の仲介に期待したり、戦後親ソ講和運動に走ったのも、
クリモフやT34などの優れたソ連エンジン技術力を考えれば当然だった。
ソ連エンジンがあれば日本もまだ米に対抗できたであろうことは確実だ。
これはソ連の東欧支配を米英さえ文句のつけようがなかったことでも明らか。
優秀な航空技術を有しているのだから、制空権を奪える公算が立たない。
誉や金星など旧来の日本エンジンが一斉に棄てられていくさまも壮観だ。

なお、ソ連のミグ15がドイツのコピーというのはドイツヲタどもの全く
くだらない言いがかりで、Me262と外見で比べても似ても似つかない。
また戦後ソ連の軍事産業にドイツ国内の施設が使われることもあったにせよ、
それはそれまでドイツが東欧でやってきた過酷極まりない収奪の一部を取り
かえしただけだということだ。

293 :朝まで名無しさん:02/06/03 13:08 ID:pAHdxXS5
武装SSにはスイス、フランス、ポーランド、果てはユーゴのイスラム教徒まで
参加していたから、結果としては戦後のナチス追求を緩める原因となった。
どこの国も下手にナチスを追求すれば返り血を浴びるのは明白だったからだ。

294 :朝まで名無しさん:02/06/03 20:52 ID:gm/Xo3L2
ドイツがソ連にその国土の半分以上(ポーランド領含む)を分割占領されたのは全く

★★ドイツ自身が仕掛けたソ連に対するだまし討ち絶滅戦争の結果★★

であった。あれはただただドイツが、「ドイツの科学戦は世界一ィィィ!」
などと言っていきなり後から殴りかかってきた。その結果として、

      ★★殴った相手から殴り返された★★

ということだ。

295 :段造:02/06/03 21:12 ID:w9M4gy6M
>>288
過去に何度もカキコしたけど。

600万殺されたはす。でもユダヤの人口。1500万→1800万と増えている。
アウシュビッツ。400万殺され焼かれ灰にされたはず。
でもあの炉。24時間稼動しても数万の能力しかない。物理的に不可能。
でも世界は信用した。それはロイター、ワシントンポスト、ニューヨークタイムズ
が宣伝したため。これらはみな、ユダヤの会社。
負けて悪者にされたのは日本だけではない。

296 :>292:02/06/04 01:42 ID:wt2WXrvh
ドイツにはアルミを使用したT34のエンジンの量産は不可能だった。
技術ではなく資源の問題。



297 :朝まで名無しさん:02/06/04 08:57 ID:0HYaAtgy
>技術ではなく資源の問題。

ドイツの場合はソ連侵攻前から枢軸同盟を揃えており、戦略物資ならいくらでも
そこからの奴隷労働で調達できた。これが破られるのは西側連合軍のフランス
上陸ならびにソ連軍の「バグラチオン作戦」だった。「バグラチオン作戦」は
西側連合軍の大規模フランス上陸であることを確認した上で行われたのであって、
決してソ連単独の作戦では無かった。ソ連単独でのドイツ本土侵攻は考えられず、
それゆえドイツには残虐なナチ占領政策を放棄して和平国土維持という手段も、
現実的に不可能では無かったはずだ。

298 :朝まで名無しさん:02/06/04 19:36 ID:0HYaAtgy
1945年4月、西側連合軍はエルベ川で進軍を停止した。ベルリン総攻撃は、

★★ソヴィエト赤軍のみによって為され、且つソヴィエト国旗が揚がった★★

ということだ。「ドイツの近代戦は世界一ィィ」なドイツヲタどもを
黙らせる手段は、この方法以外絶対にありえない。そして世界中の国々が、

      ★★ソ連のドイツに対する優越★★

を認めた。日本もその例外ではなく、戦後長らくソ連に対する畏敬の念が消えなかった。

299 :朝まで名無しさん:02/06/04 21:44 ID:0HYaAtgy
日本と比べたドイツ軍の戦術・近代兵器技術の優れた点を語るのはよいが、

   ★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

というのがその議論の前提としてまず第一に必要な認識だ。1945年4月の
ベルリン総攻撃はソ連単独で為された(西側連合軍はエルベ川で進軍停止)。
西側連合軍ではドイツ敗北とはいえない、あくまでベルリン陥落は、

     ★★『東方スラブ民族による』★★

ものでなければ絶対にだめだ。

300 :朝まで名無しさん:02/06/04 23:26 ID:0HYaAtgy
ドイツヲタどもがソ連兵器産業をあれもこれもドイツからの盗用だ略奪だ
と言えば言う程、「ベルリンの壁」が何のために造られたのか、その意義
が浮き彫りなってくる。それはまさしく、

   ★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★
   ★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★
   ★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

という歴史の真実を、いつまでもいつまでも忘れさせないためだったのだ。

301 :朝まで名無しさん:02/06/05 12:12 ID:c0Zeq+Me
単なるミサイル(誘導兵器)=V2 と宇宙開発ロケット=スプートニク
とは全く同列には置けないのに、ドイツヲタどもは本当にうざい。だから
こそソ連は★★東独★★をあれだけ長く占領する必要があった。

  ★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

という歴史の真実を、いつまでもいつまでも忘れさせないために。

302 :朝まで名無しさん:02/06/05 20:52 ID:1OZknSFZ
「第二の罪 ドイツ人であることの重荷」(ラルフ・ジョルダーノ 白水社)
<前略>・・・・・・ヴァルター・Hは、次のように続ける。
「われわれの中で一九四五年五月八日を体験し、辛酸をなめた者は誰でも、
この日以降ドイツ人が法の保護を失ったことを知っている。そのとき、ありと
あらゆる勝手な振る舞いが、掠奪が、家屋敷からの追い出しが、人間狩りの暴力
行為が、東側だけではなくわれわれの側にも飢餓が、工場の解体が、われわれが
もっているパテントの剽窃その他もろもろのことが、始まったのである・・・・・・」
 世界史上の大いなる不正はいつ始まったのか。この退職牧師の見解によれば、
何千万人の死者を数えて第二次世界大戦が終わったあの五月以降に始まった、
と知らされるのだ。彼が列挙したのは、きわめて不完全で過小評価されている
とは言いながら、一九四五年五月八日以前のドイツ占領下のヨーロッパの状態
そのものであることが、この退職牧師の頭には思い浮かばないのだ。

303 :朝まで名無しさん:02/06/06 10:46 ID:LmmxJV3b
『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落
http://yasai.2ch.net/army/kako/1009/10094/1009465413.html
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/army/1009465413/800-
ドイツ軍の偉大さを語ろう
http://yasai.2ch.net/army/kako/1007/10071/1007168962.html

304 : :02/06/06 11:35 ID:4Uomoal7
>>280
武装SSのタイガーストライプの事かな?

(゚д゚)ハァ????????

見識深い様に見せ付けたかったんだね〜〜 知ッタカミトモナイ(ププ

305 :DT:02/06/06 11:38 ID:i3WPdcQO
冷戦は米ソが仕組んだ、白人至上主義の最高傑作。

306 :朝まで名無しさん:02/06/06 12:16 ID:LmmxJV3b
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/army/1023327924/l50
(新スレ)東方スラブ民族によるドイツの首都ベルリン陥落

307 :朝まで名無しさん:02/06/06 12:35 ID:YXBj9aoQ
そもそも戦後ドイツの非ナチ化裁判は「裁判で無罪になりました」と言う免罪符発行
の場所であって、実際に有罪になったのは0.06%でしかない。
企業や官僚が不祥事に対してよくやるように、一部をスケープゴートにして残りを免罪
しただけだ。
そんなモンを有り難がる日本人を見て、ドイツ人は内心バカにしてるだろう。

308 :朝まで名無しさん:02/06/06 13:45 ID:LmmxJV3b
ソ連の中立条約違反・シベリア抑留で日本人が反ソ感情を抱くのはいいとして
(あれとて戦争終結をずっと早める効果があった)、ソ連憎しでドイツ軍を誉める
のはあまりに倒錯しているのではないか。ベルリンが米英軍で無くソ連軍に制圧
されたこと、そしてミグやスプートニクなどの軍事技術(いずれもMe262・V2とは
似ても似つかないし、ドイツの施設が使われたとしてもそれは戦利)はやはり優れ
ていたと認めるのが健全な感覚であるまいか。優れた軍事技術があったからこそ
あれだけ長く米国の反対にも関わらず東欧を支配することもできたわけである。
また東独含むソ連の東欧支配確立がそんなにアメリカの支援のおかげなら、
全ての責任はソ連では無くて米国にあるということになるのではないか。

309 :朝まで名無しさん:02/06/06 22:18 ID:zGAnm72j
パブロフ 「ソ連はすごい」

独逸オタ 「独逸の方が優れていた」

パブロフ 「そんなすごい独逸を倒したソ連はもっと凄い」

独逸オタ 「戦争では負けても、独逸の方が技術は優れていた」

(結論) 兵器技術の優劣は戦争の推移に決定的な役割は果たしません。

以上!

 あえて付け加える。

兵站さえまともなら、日本は世界征服も出来た!

以上!

310 :朝まで名無しさん:02/06/07 12:20 ID:Ma4QPc3U
そもそも後になってレンドリース代金がどうのこうのだなんて、全くソ連の
歴史的貢献を全く無視した後智慧にすぎない。ドイツ軍のバルジ反攻の時、
あの大のソ連嫌いのチャーチル首相でさえも、正式にソ連に対独逆攻勢を要請
している。そしてヤルタ会談でアメリカはソ連に対し債務取立てどころか、
対日戦にまでソ連の支援を「お願い」することになった。なんのかんのいって
も西側連合軍からみてソ連軍は<強くて頼もしい戦友>だったとわかることだ。

またポツダム宣言を鈴木貫太郎内閣が「黙殺」したのも、それはソ連が
入っていなかったからで、日本降伏の決定打はやはりソ連の対日参戦。


311 :朝まで名無しさん:02/06/07 20:39 ID:rzz4BRhL
>>309
部分的に同意。
アメリカやイギリスの兵器と、物資の補給を受けて日本兵がドイツ占領や
モスクワ開放をする仮想戦記があったね。
山下将軍がパットンの先方を引き受けてイタリアに上陸したりする奴。

312 :朝まで名無しさん:02/06/08 00:03 ID:/dj82lR5
ドイツ人とドイツヲタは長年にわたって「西欧科学近代戦の絶対優位」を
信じて疑わず、戦後もソ連兵器の数々を「ドイツからの盗用」と罵った。

  ★★ベルリンの壁という腐ったドイツ根性を持続的に矯正する装置★★

が造られたのも、まさにこういう事情があったからだ。ドイツ軍兵器の
技術的優秀性を語ることは良いが、それでもその前提として、

  ★★ベルリンに揚がったのは栄光のソヴィエト国旗だった★★

という結論にいつでも戻って頭から離れないようにしておきたい。

313 :朝まで名無しさん:02/06/08 09:09 ID:/dj82lR5
私はアメリカという国はロシアのよき理解者だったと思う。第二次大戦
でレンドリースと第二戦線でソ連のドイツ本土進撃を支援してくれたのは、
事実上アメリカだけだったのだ。アメリカとロシアはいざというときは
最強の同盟国かつ最良の戦友となりうるのであって、旧ソ連といえども
アメリカとの戦争を考えた事は一度たりとも無かった。

314 :朝まで名無しさん:02/06/08 17:49 ID:/dj82lR5
・・・・・・ドイツのファシストも、われわれの連合国もソ連軍のすべての兵士をロシア人
と呼んで、ソ連とロシアを同一視していた。この同一視は正しい。偉大なる多民族国家
ロシアが戦っていた。戦って勝利を収め、世界にロシア魂の偉大さを顕示し、ロシア製
武器の評判を定着させ、偉大なるロシア戦士たちの築いた伝統が不滅であるともう一度
証明してみせた。 

「憂国」(A・レベジ 徳間書店)416ページより

315 :朝まで名無しさん:02/06/09 19:17 ID:OO+I5NDG
沖縄戦 国土が戦場になったとき / 藤原彰/編著
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=30892408
餓死(うえじに)した英霊たち / 藤原彰/著
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=30835411

藤原彰教授が力説しているように、比島や沖縄など、日本軍は封鎖と空爆と飢餓
と風土病の半死半生でも降伏しなかったキチガイ集団だった。しかしながら西側
の国々は戦後になって意図的にソ連を過小評価しようとして、日本降伏の引き金
がソ連参戦だったことをあまり言いたがらない。トルーマンやスチムソンなどの
当事者の回想録を「原爆投下正当化のためのでっちあげ」とみなすのもそれだ。

脳が壊れて苦痛に対する感覚がマヒしたキチガイには、催眠スプレー
などの護身具があまり効かなかったりもする。日本軍は空爆と封鎖だけ
で集団投降ということは絶対にありえなかった。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/09 20:41 ID:5zLWMWgH
>>315
ソ連は平時でも数百万人を餓死させたキチガイ国家だからドイツと最後まで戦ったのか(笑)

317 :朝まで名無しさん:02/06/12 17:30 ID:zLSBXjwI
>>315
米軍でも戦闘による死傷者より戦病者の方が遥かに多いんだが・・・

318 :朝まで名無しさん:02/06/12 23:13 ID:pg/tcI6b
http://yasai.2ch.net/army/kako/1006/10069/1006928222.html
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/army/1006928222/201-300
続・独ソ開戦から60年、本当はどうだったの?

319 :朝まで名無しさん:02/06/12 23:25 ID:CoZCB98/
>>315
印パ国境では高山病で慢性的に犠牲者を出しながら互いに一歩も引かず
にらみ合ってますが何か?

320 :朝まで名無しさん:02/06/13 18:00 ID:CcnyB1Zr
私は日露戦争は太平洋戦争と同様、帝国主義国同士の戦いだったと思うし、
日本軍の敢闘ぶりもあるていどは認めるが、それでも日本がそこで得た
権益をずっと保持し続けようというのは、その国力・産業力を度外視した
思い上がりではなかったか。だいたいドイツのDBなんてのが技術的に
優れているなどとありがたがってるようでは、そう言わざるをえない。
だから、石橋湛山が「満蒙放棄論」で述べたように早いとこ満州をソ連
に売って、クリモフを輸入しておくのが日本の国益のためだったと私は思う。
ヤルタ協定であったように、どっちにしてもソ連に返還されることは
決まっていたのだから、もっとずうっと前に日本が先手を取って売って
しまえばよかった。クリモフがあれば、確実に米空軍に対抗できた。
これは朝鮮戦争のミグで自明なことではないか。ミグ戦闘機のあまりの
凄さに、西側諸国は「ドイツからの略奪品」などと言い出すほどだった。
しかし、ミグはどのドイツ機とも似ておらず、単なる言いがかりだった。

321 :朝まで名無しさん:02/06/13 18:28 ID:BAhIyRfI
サヨたんが、これだっ
と思って引用してきた文章も
1日持たないのね

322 :朝まで名無しさん:02/06/14 19:34 ID:tMx8/ra0
ドイツ軍は強かった、1941年秋の「タイフーン作戦」は世界人類を
恐怖のどん底に叩き込んだ。攻勢はその後も何回かあったが、ドイツ軍は
実に実に強かった。そして1944年以降、昼も夜もあれだけ耐えざる
米英空軍の戦略爆撃を受けながら、見事に耐え抜いた。あれだけの空爆の
さなか、ドイツはこの年だけでなんと4万機もの航空機を生産したそうだ。
それはまさにドイツ民族の底力、科学能力の結集という他はない。

  ★★★『東方スラヴ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★★

これ以外に、74年にもわたって君臨し続けたドイツ帝国を敗北させる
手段があったろうか、いや皆無である。あれだけの爆撃に耐えたドイツ
はやはり凄かった。ベルリンに揚がったソヴィエト国旗は、紛れも無く
ドイツ帝国74年の敢闘を称える、この上なく輝かしい勲章であった。

323 :朝まで名無しさん:02/06/14 20:43 ID:GV71VQYK
>>1
巧みに責任逃を回避し、ナチスドイツ軍人達の免罪を行ない、その上軍人としての
高い賞賛を得て、被占領国からの補償要求を拒否しつつ、戦後追放されたドイツ
人財産の補償請求を行なっているのに
「過去を謝罪・反省し、誠実に補償している」という評価を得ているドイツは
「優れている」と思う。

謝罪を繰り返し、援助を行ない、各種の国際機間に多額の拠出をしなが
ら「これだけの評価しか得られない日本と比べると、「偉い」!



324 :朝まで名無しさん:02/06/14 23:38 ID:R4veURKL
>>323
ほう、君はドイツがどういう責任を回避したというのかな?

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/15 02:21 ID:wDthWgux
>>324
ソ連礼賛アホを除く過去ログを読むこと。

326 :朝まで名無しさん:02/06/15 22:21 ID:tFx+RCS2
http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/science/Physics/200001/17-3.html
 「すべてはスプートニクショックから始まった」。ARPAの研究に参画してい
たクラインロック教授はこう切り出した。東西冷戦最中の57年、旧ソ連は世界初
の人工衛星スプートニクの打ち上げに成功した。世界トップの科学技術国を自任し
ていた米国民は大いに驚き、自信を喪失した。過ちを繰り返すなと翌58年に設立
されたのがARPAだった。

327 :朝まで名無しさん:02/06/15 22:36 ID:tFx+RCS2
ナチス時代のドイツ企業による強制労働
http://www.zephyr.dti.ne.jp/~kj8899/deutsch.html
http://www.mainichi.co.jp/news/kotoba/ka/20020318_01.html
独政府・企業は、「強制労働は戦争の一般的現象」として補償を拒否
してきた。東欧・旧ソ連の被害者には冷戦終結まで何の補償もなかった。

328 :朝まで名無しさん:02/06/16 02:35 ID:RwKxPCih
>>327
>「強制労働は戦争の一般的現象」

完全に正論。
問題無し。

329 :朝まで名無しさん:02/06/16 03:19 ID:2tFPr3kX
 それよりもやってもいないホロコーストについて謝罪を繰り返す
今のドイツ政府に問題がある。
実際にナチスドイツがホロコーストを行った証拠になるような物
は収容所から出てきたユダヤ人の証言以外、何も無いのである。
ガス殺された死体も一体も確認されず、ガス殺命令書も無い。
そもそも、ニュルンベルグ裁判でガス室でユダヤ人をガス殺した
と証言したのはルドルフ・ヘス(アウシュヴィッツ収容所所長)のみ
であり、その他のナチス幹部は全員が「そんな計画など聞いた事も
無い」と否認した。
では、ヘスの証言は信用に足るものだろうか?
いや、信用できない。
ヘス(Hoess)を尋問したイギリス軍の取調官、バーナード・クラーク
(ユダヤ系イギリス人)が、1983年に出版された「Legions of Death」
と言う本の中で、インタビューに答えてヘスを 逮捕した時の状況を詳細
に語っている。
それによると、ドイツ北部で、労働者に紛れていたヘスを深夜逮捕した際
クラークは、ヘスを激しく、何度も殴打し、付き添った同僚から
「死体を連れ帰りたいのか!」と制止されるほど激しくヘスに暴行を加えた
これは、クラークが自分で言っている事で、彼は、大物戦犯を逮捕したと
いう気分で、こういう事を自慢し公言していた 。
そして、その数時間後に、連行されたヘスはガス殺を認める書類に署名して
いるのである。


330 :朝まで名無しさん:02/06/16 03:37 ID:2tFPr3kX
>>329
「私は一九四六年三月一一日に逮捕された。[中略]私
に対する最初の尋問における証言は、私を殴って得た
ものである。わたしはサインはしたが、そこに何が書かれて
あるのかは知らない。アルコールと鞭で私は参ってしまった。
鞭はわたしの物だが、偶然、妻の荷物の中に入っていた。
それは馬に触れた事すらなく、ましてや収容者に向けられたこと
など、全く無かったというのに」


331 :えICBM:02/06/16 03:48 ID:aHZnsS6t
戦後処理に関してドイツが日本より偉い点は、費用対効果を出していることだろう。
ドイツは欧州の政治的、経済的中心になったが、日本はアジアの中心とはなっていない。
状況が違うから単純に比較するわけにもいかないが、はっきりと差は出ているだろう。

332 :朝まで名無しさん:02/06/19 21:51 ID:KhaTqVvt
クリモフ>>DBは確実であって、DBさえありがたがってた日本機は
どれもクソ。原爆投下やソ連参戦が国際法違反だとほざく前に、おのれら
の内燃機関製造技術が劣っていたことを悔やむべきだ。ソ連の優れた内燃
機関製造技術の前では、ドイツ空軍なぞ「バグラチオン作戦」でイチコロ。
これは航空戦以前に、航空出撃回数で自明なことだ。

333 :朝まで名無しさん:02/06/19 21:55 ID:5s44R3su
独逸崇拝は昔からあるよ。
卍のころから。

334 :朝まで名無しさん:02/06/20 12:45 ID:IHtG18WL
>>333
つまり今現在「ドイツを見習え」と逝っている連中は戦前のナチス崇拝と同レベル
と言う事ですな。

335 :朝まで名無しさん:02/06/20 17:12 ID:CHQ2aSfg
 もしポツダム協定が完全に実施されていたら、ドイツはまったく違った
形になっていただろう。ドイツの統一をはかるためにはそれ以外の方法は
なかった。しかし当時の米・英・仏の首脳はソ連との合意事項を破棄した。
さらに西独内の政策の支持者たちも、ポツダム協定に反対した。彼らに
とってそれは受入れがたいものだった。その結果は周知のとおりだ。
 当然ながらわれわれは、「ドイツ問題はまだ解決されていない」とか、
「東側諸国」ではまだすべてが片づいてはいない、あるいはヤルタと
ポツダムの協定は「不法」だといった発言に対しては、警戒の念を抱か
ざるを得ない。ドイツ連邦共和国では、このような発言がしばしば聞か
れる。だが率直に言って、「統一ドイツ」の復活を求めるこうした発言
はドイツ人の言う「レアルポリティク」、つまり現実主義的な政治と
かけ離れたものだ。過去四十年間、これによって西独で達成されたもの
は何もない。「一九三七年当時のドイツの国境」を再現するというのは、
幻想にすぎない。こうした幻想をかきたてることにより、西独は隣国や
その他の国々の信用を失うことになる。

M・ゴルバチョフ「ペレストロイカ」(講談社 田中直毅 訳)289頁

336 :朝まで名無しさん:02/06/20 23:39 ID:L+lVGfCN

ドイツの4分割は、首都陥落まで立派に善戦敢闘した、ドイツ軍への
輝ける勲章であったと思う。本土決戦もやらずに白旗あげた日本軍は
ヘタレの極みだ。北朝鮮だって餓死者続出でも国家を維持してるのに。


337 ::02/06/20 23:40 ID:xp/CLR2H
>>1

偉いよ。
カーンがいるからね。

338 :朝まで名無しさん:02/06/21 00:00 ID:BM76FA2K
>ヤルタとポツダムの協定は「不法」だといった発言

ヤルタもポツダムも西側が不満なのなら会談そのものを中止にしても
よかったはずだが、アメリカはまだ太平洋戦争が続いてたからな。

339 :朝まで名無しさん:02/06/21 00:05 ID:EihH53xT
ソ連の東欧支配はヤルタ協定で西側の国々の承認を受けている。

全ては合意のもとで、円満かつ平和的に終戦を迎えることができた。


340 :朝まで名無しさん:02/06/21 12:42 ID:+jFvzrwU
>当時の米・英・仏の首脳はソ連との合意事項を破棄した。

いったんは合意に達したはずのに、何が不満だったのだろう。
それともポツダム条約違反はソ連のほうだった?

341 :朝まで名無しさん:02/06/24 20:10 ID:SKaCWiOW
その結果、本来、欧州の戦後秩序を打ち立てることを目的として行われたポツダム
会議(1945年7月17日−8月2日)で成立した協定は、表面化した緊張を解きほぐす
どころか、かえって対立を深めるものとなった。ドイツの非ナチ化、非軍事化、
経済力の拡散化、ならびにドイツ人の民主化教育については、各々の意見の一致
が見られ、さらに西側諸国は、ポーランド、ハンガリー、チェコスロバキアから
ドイツ人を追放するという重大な決議にも同意した。しかし、追放は「人道的に
実行すること」という西側諸国の但し書きがあったにもかかわらず、その後約
675万人のドイツ人が残酷に放逐された。
http://www.doitsu.com/doitsu/reisen/doitsujouhou/history02.html

342 :名無し:02/06/24 20:11 ID:PJ2ezomv
>1
国際関係は闘争だ。勝った者が偉いのだ。
理屈はあとからなんぼでもつく。
日本も見習うことだ。世界のルールは日本ルールではない。


343 :朝まで名無しさん:02/06/24 22:23 ID:3aHkQajE
勝てば官軍負ければ賊軍
これは世界の定説です

344 :名無し:02/06/25 16:45 ID:1MkNAUAV
結局どれだけのユダヤ人が消えてしまったのですか?

345 :るる:02/06/25 16:51 ID:imEaclrb
韓国=ユダヤ人と考えてみなさい。
なぜ雑誌SAPIOが廃刊に追い込まれたか判るはず。
ナチスはユダヤ人迫害はしたが、ユダヤ人虐殺をしたのは
周辺国の収容所だった。
それらは戦前の日本人の横暴神話と同じく、

捏 造 さ れ た も の だ !

346 :朝まで名無しさん:02/06/25 21:59 ID:Ql9mLc99
SAPIOは廃刊してないが?

347 :朝まで名無しさん:02/06/25 22:11 ID:ogS3dZlD
ドイツえらい!!

348 :朝まで名無しさん:02/06/25 23:06 ID:aLEGtK4M
ゲルマン民族の優越性が証明されたね。
韓国人なんて所詮有色人種。


349 :朝まで名無しさん:02/06/25 23:14 ID:SITJd731
>>345
文芸春秋が出してたマルコポーロでは?

350 :朝まで名無しさん:02/06/25 23:25 ID:0B+ru9so

マルコポーロは実は「有名人の宗教」に載った石原慎太郎が潰したという説もあるが

文芸春秋は石原慎太郎なしには成り立たない会社だからな



351 :朝まで名無しさん:02/06/26 00:56 ID:AL32NWEh
>>344
ホロコースト否定派  20万
ユダヤ人団体    600万
通説          200万

このくらい 

352 :朝まで名無しさん:02/06/26 00:59 ID:2Kgz6hpp
ゲルマン民族の中でも劣等種だろドイツ人なんて。
弱いスラブ人相手にだけやりたい放題やって、
イギリス、フランスには妥協の連続の歴史。

どこかの半島の国とよく似てるよ。

353 :朝まで名無しさん:02/06/26 01:04 ID:AL32NWEh
>>352
>イギリス、フランスには妥協の連続の歴史。

イギリスにはBoBでロンドンは火の海
フランスには1940年の電撃戦で一ヶ月で全土占領してますが、、、、

何か?

354 : :02/06/26 01:49 ID:kP6nDcm3
とりあえず今日デンパミンゾクを倒したのでドイツはえらいと思います!

355 :朝まで名無しさん:02/06/26 02:02 ID:7ETKqeiM
>>352
      ________
         /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       (:::::::::::人ノヽノヽノヽノヽ人::::::::::::::::)
      (:::::::::::/           \:::::::::::::)
      (::::::::::/             \:::::::::::)
     (::::::::::/               ヽ::::::::)
     |:::::::/ ,,;;;;;;;;;;;;;;,     ,,;;;;;;;;;;;;;;,  |:::::::::|
     |:::::┏━━━━┓  ┏━━━━┓:::::|
     |::=ロ   -=・=- ┣━┫ -=・=-   ロ=::|
     /|:::/ヽ      /ノ  ヽ      / ヽ|ヽ
    .| |/  ` ̄ ̄ ̄´/    ` ̄ ̄ ̄´   | |
    ヽ|         (. o⌒o .)        .|ノ
      \       :::::::::::::U::::::::::::::     /
       |\    ::::--┬┬┬--::::   /|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |. \.     └┴┘    ./ .|  < >>352悲惨だな(藁
       \                 /    \______________
        \     ´ ̄ ̄ ̄`    ./
          \           /
     ___/|.\______/|\___
   /;;;;;;;;;;;;;;; \\         //;;;;;;;;;;;;;;;;;\
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\\       //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\


356 :朝まで名無しさん:02/06/26 04:28 ID:u6RdcCCC
現在の高性能航空機時代の元をを作ったので偉い

357 :朝まで名無しさん:02/07/06 16:54 ID:JUaJ3K21
357 名前:名無し 投稿日:02/06/26 16:09 ID:8qRUw//k
あの制服人たちはUFOも造ってたっていうじゃない
20万も600万も200万もかなわん
ローマ人はカルタゴを皆殺しにしてるよ
くるぶしまで浸かるくらいの血が流れた、とか…

358 :朝まで名無しさん:02/07/06 22:05 ID:jhfJaFM9
>>341
http://www.yale.edu/lawweb/avalon/decade/decade17.htm
X. TERRITORIAL TRUSTEESHIP.
The Conference examined a proposal by the Soviet Government on the
question of trusteeship territories as defined in the decision of the
Crimea Conference and in the Charter of the United Nations Organization.

XII. ORDERLY TRANSFER OF GERMAN POPULATIONS.
The Three Governments, having considered the question in all its
aspects, recognize that the transfer to Germany of German populations,
or elements thereof, remaining in Poland, Czechoslovakia and Hungary,
will have to be undertaken. They agree that any transfers that take
place should be effected in an orderly and humane manner.

359 :朝まで名無しさん:02/07/06 22:47 ID:rCyn/Dgz
>>353
ロンドンは火の海なんかになってないよ。
フランスの全土を占領してないよ。

360 :朝まで名無しさん:02/07/09 04:05 ID:gJ7JQLL5
ドイツが分割占領されず、日本のように国土政体が温存されたまま降伏
していたのなら、彼らの西欧優越主義はそのまま残っていたであろう。
これは第一次大戦で確認できる。負けたと言っても国土は護持されて、
降伏は西側に対してだけ、これでは西欧優越主義を覆すことにならない。

   ★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

だから、これ以外に実質的に「ドイツの敗戦」などというものは後にも
先にも存在しない。その首都ベルリンに、栄光のソヴィエト国旗が揚が
ったことは、世界史的転換点であった。ドイツの優れた工業、軍事技術
を称えることは私も反対ではないが、まずこの認識が大切だ。

   ★★『東方スラブ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

力の限り精一杯闘えて、もはや悔いはなかろう。ドイツ帝国74年の
敢闘を称える栄光の記念碑は、これに尽きる。

361 :朝まで名無しさん:02/07/10 00:07 ID:Vuc+oxWA
★ドイツ軍戦死者289万(対英米含む)VSソビエト軍戦死者1360万★
ソビエト勝利を賞賛する赤軍ヲタは自らがこの勝利の犠牲になる事は望まないだろう。



362 :朝まで名無しさん:02/07/10 21:07 ID:OT9jGvPM
ソ連側の兵員死者が多いのは、無理矢理兵隊にされて使い捨てにされた辺境民
族出身兵が多かったからだろう。装備も訓練も与えず先頭に並べて歩かせれば、
それだけで地雷除け・砲弾除けにはなる。粛清も兼ねられ一石二鳥。

363 :朝まで名無しさん:02/07/10 22:41 ID:yVIi2KR8
結論:ソ連は日本より兵の扱いが悪かった

364 :┃━┏┃:02/07/10 22:54 ID:DnOdV+/X
┏━━┓
┃━┏┃
┃  ┛┃ ゴールキーパーはドイチュ製がいい。
┗━━┛

365 :朝まで名無しさん:02/07/10 23:21 ID:nmYsjSqm
戦車がカッコイイ。城がかっこいい。

ニーチェやヘーゲル、ゲーテやバッハやハイデッガーがいる。
マルクスとフロイトとウェーバーがいる。アインシュタインもな。
ドイツ人がいなかったら、岩波文庫ができない。
モーツァルトとべートーヴェンとブルックナーとブラームス
を除いたら、NHK芸術劇場ができない。

つまりこれまで人類の到達しえた科学・教養・芸術の最高峰の部分が奪われることになる。
という単純な理由により、ドイツは偉い。その点、アメリカと比べてみ?

ということを西洋人は薄々知ってるので、ナチスの巨悪も免責せざるを得ない。
これがそんじょそこらの民族だったら、国際社会から永久に汚名を着せられるままだろう。
貢献度との兼ね合いだーね。

366 :朝まで名無しさん:02/07/10 23:23 ID:nmYsjSqm
まー人類の東大みたいなもんで。ドイツとユダヤはね。

367 :朝まで名無しさん:02/07/11 13:15 ID:sQtVrxr3
「ドイツ第三帝国」って本当に強かったのか。ソ連にすら敗れてるのに。
米ソ冷戦とは言われたが、蓋を開けてみたら全く勝負にならんかったぞ。
それともドイツは英米に負けたのであってソ連には勝ってたのか。そうだ
としたら東欧はみんな英米の要望でかつ自主的にソ連邦衛星国になったのか。

それと戦争以前に餓死者続出だったソ連という国で、人員損害比率を
比べるだけで優劣を論じられるのだろうか。征服した側のソ連が負けた
ドイツの数倍の死者を出しているのは、軍隊としての強弱よりも極端な
人命軽視に由来するものと思える。

368 :朝まで名無しさん:02/07/11 13:40 ID:pzb5PfdD
もともとドイツなんて帝国主義レースの負け犬でしかないことは周知。
それ以前に近代的集権国家の成立自体が桁はずれに遅い。
ドイツの武器は軍事マニアにはかっこいいかも知れないが、
日本同様仕様ばかり高級で生産のおぼつかないおもちゃばかり。

思想や文化の面でも、ゲーテやベートーヴェンの国だと思って
ドイツへ行った人は必ずドイツ庶民の愚鈍さ、無教養さに呆れる。

ある意味、哲学や芸術におけるドイツロマン主義の高みは、
政治思想および経済思想の未発達、そして現実の国の貧困と混乱からの
現実逃避の結果だとさえ言える。

369 :麗子  ◆REIKOJDA :02/07/11 13:44 ID:wSi8M0ws
スラブ人が何人死んだか
ドイツ人が何人死んだか
考えれば,自ずと結果はでます!!!

370 :朝まで名無しさん:02/07/11 20:29 ID:B0fWabZG
>>367
>「ドイツ第三帝国」って本当に強かったのか

とある米国の研究者によると、通常思われてる以上にドイツはテクノの水準凄くて
原爆開発レースも連合国にとって、冷や汗もののヤバヤバだったそうだ。
ロケットはすでに十分な技術水準に達していた。

それと、ソ連にすら敗れてるというが、ソ連は歴史的に世界最強の陸軍国、現在まで不敗だよ。
西で英米仏等と戦いつつ、片手間にソ連にも勝つとしたらそれは化けもの。
仮に1国対1国で戦争してたとたら、当時のナチス独に勝てる敵はいなかったが、
1対10ではいくらなんでも物理的条件で勝てるわけがない。


371 :朝まで名無しさん:02/07/11 20:52 ID:pzb5PfdD
>>370
ユダヤ人迫害してなければドイツが先に原爆作ってたり

372 :名無の権兵衛:02/07/11 22:13 ID:3BbdPcW2
ドイツは嫌いだが,カーンは好きだ。

373 :兵卒として従軍せざるを得ない場合:02/07/11 22:26 ID:wpvzbGA5
ソ連軍とドイツ軍のどちらで戦う事を望むか?

374 :朝まで名無しさん:02/07/11 22:30 ID:XIDgldmQ
あなたは歴史をちゃんと知っていますか?

・日本は戦後補償をきちんと行なっていない?
・ドイツが戦後補償を行なった?
・日本はこの間の戦争のことでアジアに、あまりよく思われていない?
http://www.jiyuu-shikan.org/faq/top.html

375 :山本秀雄:02/07/11 22:35 ID:1xQNtXv+
>347 戦後補償なら充分おこなってきました。
よく思われていないのは中国と中国の尻尾のような半島に住む人間だけです
理由は愚かな国民をまとめるために行われている反日教育です

376 :朝まで名無しさん:02/07/11 22:48 ID:wnlH2nc/
>西で英米仏等と戦いつつ、片手間にソ連にも勝つとしたらそれは化けもの。

同じドイツでも第一次大戦でのドイツは、東でソ連と講和して西で
英米仏等と戦い続けて、降伏とはいえ国土は維持してたそ。単純に
ドイツの総合的戦力が、以前ほどは振るわなかっただけでは。

377 :朝まで名無しさん:02/07/11 22:48 ID:igqalKKJ
jinken ita yori kopipe

ポーランド人などスラブ系諸民族に対する蔑視観は18世紀末のポーランド分割
以降、19世紀のドイツ統一運動の中で開花したドイツ・ナショナリズム思想の
産物として考えることができるのではないでしょうか。近代の国民国家建設の過
程で生じたヨーロッパの西と東の格差、その中間にあるドイツといったヨーロッ
パの地政学的位置が、こうした差別思想の背景にあります。それはちょうど、日
本人が朝鮮人を差別するという場合、明治の開国以来の西洋文化に対する恐れや
憧憬を持ちながら、日本国家を早急に近代化しなければならないという要請があ
り、その中で東洋、具体的には中国や朝鮮といった隣国に対する侮蔑観があらわ
れてくるという私たちの歴史とよく似ています。

このように、諸民族に対する差別の思想はそれなりにさまざまな歴史的文脈にお
いて形成されてきたものですが、それらがナチスにおいてはアーリア人種至上主
義という論理に純粋化、昇華されています。ですから、ナチスの差別思想はある
意味でドイツ(ないしヨーロッパ全域)の歴史の中のさまざまな文脈から生まれ
た差別思想をごった煮のように混ぜ合わせて、それを露骨に体系化したもののよ
うに思えます。ただ、それらの差別思想が現実の政策としてどう現れるかは複雑
です。

例えば、モンゴル系人種に対する根深い差別感がヒトラーにあったとしても、日
本との同盟関係があったわけですから、ナチスが日本人を露骨に差別する
ような言動をすることはできなかったわけですし、国際世論を有利に支配する目
的で開かれたベルリン・オリンピックのような場ではアメリカの黒人選手が活躍
するのを表向きは賞賛したわけです。ですから、ナチスの差別思想が具体的な形
で現れる場合はそのときどきの政治状況に左右されます。


378 :朝まで名無しさん:02/07/11 22:51 ID:Sx4nYU/I
ワールドカップ見ていて思ったんだけど、ドイツ代表チームがそのまま黒い制服と
鉄兜を被って黒い鉄の奔流のように攻めてきたらどんな勇敢な国民でも降参すると
思った。

イタリア人やフランス人やベルギー人を腰抜け扱いする向きがあるが、それは誤り
だ...。カーンが重機を抱えて突撃してきたらワシだったら降参するな...。

379 :朝まで名無しさん:02/07/11 22:56 ID:CToiDgvc
例えば,アウシュヴィッツのユダヤ人のうち「働けない者は全て即座に
処刑された」としばしば主張される.年を取り過ぎている者,若過ぎて
働けない者,病人,虚弱者は到着後すぐにガス室送りとなったと言われて
いる.そして働くことのできた者のみが,死ぬまでの短期間,生存できた
ことになっている.

  しかし実際の証拠によれば,ユダヤ人のかなり高い割合の人々が
実は働けない状態であり,しかも殺されることはなかったのである.
例えば,1943年9月4日のドイツ国内テレックス・メッセージが残っている.
これはSS経済・管理主局の労働部(WVHA)の部長が出したメッセージ
である.それによれば,アウシュヴィッツの2万5000人の囚人のうち,3581人
だけが労働可能であり,残りの囚人は全て(そのうちユダヤ人は約86パーセント
の2万1500人)働くことができなかったのである.


380 :朝まで名無しさん:02/07/11 22:56 ID:igqalKKJ
377 あほ人権板にもマトモなヤツもいるんやね。

381 :朝まで名無しさん:02/07/11 22:56 ID:CToiDgvc
多くの囚人が働くことができなかったという事実は,1944年4月5日に
出された「アウシュヴィッツ安全対策」という秘密報告書によっても確認
される.この報告書は収容所責任者オスヴァルト・パウルから,SS長官
ハインリヒ・ヒムラーに送られた.パウルはこの中で,アウシュヴィッツ収用所
には全体で6万7000人の囚人が存在し,そのうちの1万8000人は病人か不具者
であると述べている.第2アウシュヴィッツ (ビルケナウ) は絶滅収容所と
見做されているが,3万6000人が収容されていた.そのうちの大部分は女性であり
約1万5000人は働くことができなかったのである.

この2つの文書からも,アウシュヴィッツの絶滅物語は成立しないことが分かる.
実はビルケナウ収容所は,主に働くことのできないユダヤ人のために建設された
収容所であった.そこには病人や老人,あるいは他の収容所への移送を待つ人々
が収容された.これはノースウェスタン大学のアーサー・バッツ博士の見解である.
バッツ博士は「ビルケナウでの死亡率が異常に高かったのも,もともと病人や老人が
送り込まれたからである」と述べている.

プリンストン大学の歴史家アーノ・メイヤー (ユダヤ人) は,最近の本の中で
「絶滅計画」について述べている.それによれば,アウシュヴィッツでは処刑されて
死んだユダヤ人よりも,チフス,あるいは他の「自然死」により死亡したユダヤ人の
方が多かったのである.


382 :朝まで名無しさん:02/07/11 22:56 ID:CToiDgvc
かつて「ユダヤ人はアウシュヴィッツで組織的に感電死させられた」と
大まじめに伝えられたことがあった.アメリカの新聞は1945年2月,解放
されたアウシュヴィッツのソ連人証言者の話として,次のような話を伝えた.
ユダヤ人は電気コンベヤーの上に乗せられ,何百人もが瞬時に感電死した.
死体は火葬炉に運ばれ,すぐに灰となり,それは近くのキャベツ畑の肥料となった.

ニュルンベルク裁判では,アメリカの検事団長ジャクソンの嫌疑が述べられた.
それは,ドイツ人がアウシュヴィッツ近郊で,「新しく発明した」装置により瞬時に
2万人のユダヤ人を「蒸発させた」という嫌疑である.ジャクソンは,その装置は
精巧で「何の形跡も残さなかった」と述べた.現在,まともな歴史家の誰一人として,
このような作り話を信じてはいない.


383 :朝まで名無しさん:02/07/11 22:57 ID:CToiDgvc
恐らくアウシュヴィッツで最も有名な囚人はアンネ・フランクだろう.
彼女は有名な日記によって世界中で知られている.しかし彼女が
アウシュヴィッツ収用所を「生き延びた」ことについて知っている人は
ほとんどいない.彼女や彼女の父オットー・フランク,その他何千の
ユダヤ人がアウシュヴィッツを生き延びたのである.

15才のアンネと彼女の父は,1944年9月,オランダからアウシュヴィッツ
へ送られた.数週間後,ソ連軍の進行に伴い,アンネは他の多くのユダヤ人
と共にベルゲン・ベルゼン収容所に送られ,そこで1945年3月,チフスに
より亡くなった.

彼女の父はアウシュヴィッツでチフスにかかり,収容所内の病院に入院した.
彼は,ドイツ人が1945年1月に収容所を放棄した時,後に残された何千の病人
・虚弱者の一人であった.この後すぐにアウシュヴィッツはソ連軍に占領された.
オットー・フランクは1980年,スイスで死んだ.

もしドイツの政策がアンネ・フランクや彼女の父を殺害するものであったなら,
彼らはアウシュヴィッツを出ることはなかっただろう.彼らの運命は悲劇的な
ものではあるが,絶滅物語とは一致しない.


384 :朝まで名無しさん:02/07/11 22:57 ID:CToiDgvc
連合国は戦後のニュルンベルク裁判で,ドイツがアウシュヴィッツで400万人を
大量殺戮したと嫌疑をかけた.この数字はソ連が言い出したものであり,それが
その後何年間も無批判に広められた.例えば,この数字はアメリカの大手新聞・
雑誌にもしばしば掲載された.

現在,ひとかどの歴史家なら,たとえ絶滅の話を大筋で認めている人でも,
この数字を信じている人などいない.イスラエルのホロコースト歴史家イェフーダ・
バウアーは1989年,出回っている400万人という数字が意図的な神話であることを
認めた.1990年7月,ポーランドの国立アウシュヴィッツ博物館,イスラエルのヤド・
バシェム・ホロコースト記念館は突然,死者総数はユダヤ人,非ユダヤ人を合わせて
恐らく100万人との推定を発表した.そしてどちらの機関も,殺害された人数,ガスの
犠牲となった人数について言及していない.ホロコーストの卓越した歴史家ジェラルド・
ライトリンガーは,「アウシュヴィッツで死んだユダヤ人は恐らく70万人程度」と推定している.
より最近の例では,歴史家ジャン・クロード・プレサックは死者総数を約80万人と推定し,
そのうち63万人がユダヤ人だったと述べている.この少ない数字ですら誤りであるが,
いずれにせよ,これらはアウシュヴィッツ物語が劇的に変化したことを示している.


385 :朝まで名無しさん:02/07/11 22:57 ID:CToiDgvc
 多くのドイツ側の秘密文書が戦後,連合国によって没収された.
しかしそのうちの一つとして,絶滅政策・絶滅計画について言及
したものはなかった.実際,絶滅物語は文書の証拠とは矛盾するのである.


386 :朝まで名無しさん:02/07/11 22:57 ID:igqalKKJ
近代の国民国家建設の過 程で生じたヨーロッパの西と東の格差、
その中間にあるドイツといったヨーロッ パの地政学的位置が、
こうした差別思想の背景にあります。それはちょうど、日本人が
朝鮮人を差別するという場合、明治の開国以来の西洋文化に対す
る恐れや憧憬を持ちながら、日本国家を早急に近代化しなければ
ならないという要請があり、その中で東洋、具体的には中国や朝
鮮といった隣国に対する侮蔑観があらわれてくるという私たちの
歴史とよく似ています。


387 :朝まで名無しさん:02/07/11 22:59 ID:igqalKKJ
スラブ=カンチュウハイ

388 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:00 ID:igqalKKJ
アウシュビッツ=南京

389 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:00 ID:CToiDgvc
馬鹿げたホロコースト物語

以前は,ドイツ人がユダヤ人を電気や蒸気で殺戮したという説
あるいは,ユダヤ人の死体から石鹸が作られたという説が大まじめに
論じられた.例えばニュルンベルク裁判では,アメリカは「ドイツ人が
トレブリンカで『蒸気室』 (今言われているようなガス室でなく)で蒸気に
よってユダヤ人を殺戮した」と嫌疑をかけた.

このような奇妙な話も近年,人知れず口にされなくなっている.


390 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:01 ID:CToiDgvc
多くのホロコースト物語が捨てられた

見直し論者は,ホロコースト物語が時が経つにつれて大きく変化していることを
指摘する.以前に出回っていた多くの絶滅物語が,人知れず,最近では主張されなく
なっている.

かつては,ドイツ人はダハウ,ブーヒェンヴァルト,その他ドイツ国内の収容所でも
ガス室殺戮を行っていたと言われていた.しかし,こうした話はあまりに信憑性がないため
もう20年以上も前に捨て去られた.

「ドイツ帝国内に絶滅収容所があった」と本気で主張する歴史家は,今や誰もいない
(しかしこれはかつては広く受け入れられていた話である.)有名な「ナチ・ハンター」
ジーモン・ヴィーゼンタールですら,「ドイツ国内には絶滅収容所はなかった」と認めたほどである.

まともなホロコースト歴史家なら,ユダヤ人のガス室大量殺戮は現ポーランドの六つの収容所で
のみ行われたと主張するだろう.その六つとはアウシュヴィッツ,マイダネク,トレブリンカ,ソビボル,
ヘルムノ,ベルゼックの収容所である.しかし,こうした収容所におけるガス室殺戮の「証拠」は,
本質的にはドイツ国内のガス室殺戮の「証拠」と何ら変わらないのである.

1945−46年のニュルンベルク裁判,そしてその後数十年の間,アウシュヴィッツ
(特にアウシュヴィッツ・ビルケナウ),マイダネク(ルブリン)は最も重要な「絶滅収容所」として
広く喧伝された.例えばニュルンベルク裁判で,連合国は「ドイツ人はアウシュヴィッツで400万人,
マイダネクで150万人を殺した」と主張した.今日,この馬鹿げた数字を信じるまともな歴史家はいない.



391 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:01 ID:CToiDgvc
600万人のユダヤ人が死んだか?

ドイツ人が600万人のユダヤ人を殺したという主張が,絶えず行われている.
しかし,それを実際に示す証拠は何一つない.それにひきかえ,ドイツ占領下,
何百万ものユダヤ人が第二次世界大戦を「生き延びた」こと,そしてアウシュヴィッツを
含め,言わゆる「絶滅収容所」を生き延びた人々も多くいたことを示す証拠は多数存在する.
この事実だけでも,絶滅物語への大きな疑いが出て来る.

スイスの中立的な大手日刊紙〈バーゼル新聞〉は1946年6月,注意深く推定を行い,
その結果を公表した.それによれば,第二次世界対戦中にドイツ占領下で死亡したユダヤ人は,
150万人にすぎなかった.

ホロコースト見直し論者の多くは50万人と答えるだろう.あるいはどれほど多く見積もっても
100万人と答えるだろう.


392 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:07 ID:CToiDgvc
ユダヤ人絶滅などなかったと見直し論者が主張する根拠は,どこにあるのか?
その理由は簡単である.ガス室が存在しないからである.

ガス室など全くどこにも存在しなかった.客観的立場にある人が信頼できる
ガス室の証拠など一つもない.逆に,多くの信頼できる証拠によれば,アウシュヴィッツや
他の場所におけるガス室の遺物は偽物である.それはポチョムキン村と同じく,偽物である.
ガス室を示す書類も,命令も,計画も,設計図も,写真も,解剖室もない.ガス室をきちんと
裏付ける明らかな証拠は何もない.戦争という混乱状況の中,2,3年で600万人もの
大量の人をガスで殺し,その物理的証拠・文書が何一つ残らないなどと言うことはあり得ない.
しかし,実際には何も残っていないのである.

プリンストン大学・歴史学のアルノ・メイヤー教授が述べているように (彼自身ユダヤ人である),
「ガス室について研究しようと思っても,その情報源はあまりにも稀であり,信頼の置けないもの」
なのである.何らかの信頼できる証拠があるなら,彼はこうは言わなかっただろう.そして彼が
こう書いたのは1980年代の終わりだった.

393 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:07 ID:B0fWabZG
>>376
第一時大戦でロシアがへたれたのは、途中でロシア革命が起きたからと思う。
その一時期を除いて歴史的に概観すれば、
ロシア民族が世界最高の戦績を残してる最強の軍事国家であるのは明らかで
明治の日本人、エゲレス人、戦後のメリケン人がビビるのも無理はない。


394 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:07 ID:igqalKKJ
南京虐殺はじゃ、30人かな?

395 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:08 ID:CToiDgvc
では,証拠として出されているものは何か? それは,見直し論者が誰よりもよく知っているが,
何万・何十万という証言・告白である.その証言・告白の多くが,現実とは相反する非合理で
とっぴなものである.告白の大部分は,ナチス・ドイツが完全に敗北した戦後,自分や自分の
家族の生命を守るために,必死で連合国側の言いなりになった人々によって述べられた.
多くは偽物の告白であり,その時の脅し文句はこうだった.「ここに署名しろ,さもないと爪を
もっと引き抜くぞ.あるいはお前の妻・子供をロシアへ送るぞ.」


396 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:09 ID:igqalKKJ
地政学的位置が強い意志と正義を持つ。

397 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:09 ID:Sx4nYU/I
しかしさぁ、100万が1万になってもそれはそれで大虐殺だと思うけどねぇ...。

398 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:10 ID:igqalKKJ
詫間は8人殺したぞ。

399 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:12 ID:Sx4nYU/I
南京幻論者もそうだけど、戦争とか民族浄化の恐ろしさを被害者の人数を減らす事で削減
できると思っているところがイタイよね...。たとえ被害者がその怒りによる復讐心のあま
り、多く見積もってしまったとしても、かならずしもすべて否定できるものではない。

400 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:15 ID:igqalKKJ
アメリカに亡命したユダヤ人は、ヤンキーの婦人にこう言われた。
「あら、あなたのディナーは犬の餌? ドイツも安く済んだわね」

こんなことで、アメリカはユダヤに脅されてしまった。
気をつけよね。

401 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:16 ID:CToiDgvc
連合国のプロパガンダとガス室

アウシュヴィッツのガス室物語は,その大部分がユダヤ人生存者の噂に基づいている.
しかし彼らは,絶滅の証拠を個人的には何ら見たことはない.もっとも彼らがそう信じ込んでいる
のも,無理ないことではある.なぜなら「アウシュヴィッツのガス室」という噂は,当時広く
出回っていたからである.

連合国の飛行機は,アウシュヴィッツや周辺地域にポーランド語・ドイツ語のパンフレットを
多数ばらまいた.そのパンフレットには,収容所内の人々がガスで殺されていると書かれていた.
「アウシュヴィッツのガス室」というのは戦時中,連合国の重要なプロパガンダであり,連合国
ラジオ局によってもヨーロッパに放送された.


402 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:17 ID:CToiDgvc
生存者は,アウシュヴィッツでの絶滅を示す証拠は何一つ見なかったと証言している.

オーストリア女性,マリア・ヴァンヘアヴァーデンは1988年3月,トロント地方裁判所で
彼女の収容所経験を証言した.彼女はポーランド人労働者と肉体関係を持った罪で1942年,
ビルケナウに収容された.収容所へ向かう列車の中で,ジプシー女性が彼女や周囲にいた
人々に「アウシュヴィッツでは囚人は全てガスで殺される」と言った.

到着後,彼女は他の女性たちと一緒に裸になるように言われ,窓のない大きなコンクリートの
部屋に入れられた.シャワーを浴びるためと伝えられた.恐怖した女性たちは,間近に迫った
死を覚悟した.しかしその時,ガスではなく水がシャワーのノズルから出て来たのである.

「アウシュヴィッツは確かに休暇場所ではありませんでした」とマリアは言った.彼女は多くの
囚人の病死を見た.特にチフスが蔓延していた.自殺を試みる者も多かった.しかし彼女は,
大量殺戮,ガス室,あるいは絶滅計画の証拠は何一つ見なかったのである.

マリカ・フランクという別のユダヤ人女性は,1944年7月にハンガリーからアウシュヴィッツに
移送された.一般的には当時,毎日2万5000人のユダヤ人がガス室で殺されつつあったと
言われている.しかし戦後,彼女もまた,収容されている間,「ガス室」については聞いたことも
見たこともないと証言した.彼女がガス室の話を聞いたのは,戦後になってからであった.


403 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:17 ID:CToiDgvc
1944年のいくつかの時期,アウシュヴィッツ・ビルケナウ収容所の航空写真が撮影された.
当時は絶滅が急ピッチで行われていたとされる時期であり,この写真は1979年,CIAによって
公表された.しかしこの写真をどれほど詳しく調べても,山積みされた死体,煙を出し続けている
火葬炉の煙突,死を待っている大量のユダヤ人など,一般に言われているようなものは全く写って
いない.もしアウシュヴィッツが絶滅収容所であったなら,これらは確実に写っていた筈である.


404 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:18 ID:igqalKKJ
ドイツは謝罪してない。

405 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:18 ID:CToiDgvc
ではなぜかくも多くの人々が嘘をついているのか? 見直し論者はどうしてもこう問わずにいられない.

利益があるから嘘をついている人もいるだろう.
「ショアー産業 〔殺されたユダヤ人を扱った映画・物語: 訳注〕 ほど儲かるものはありませんからね」
これは数年前,あるユダヤ人が匿名で語った言葉である.



406 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:55 ID:L9lnuUXT
反ユダヤのナチ野郎ばかリだな。

407 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:56 ID:pE0XLJtt
いいよなドイツはタブー無くて。

いい加減こっちも南京ネタの見直しへのタブーをなくして欲しいもんだ。
つくづくこの国は隣国に恵まれない。

408 :朝まで名無しさん:02/07/12 00:19 ID:nDRbiyZq
ナチスドイツを破ったのはあくまでソ連で、
アメリカの「上陸作戦」とやらは戦後を見すえてのアリバイ作り、おちゃらけ。
それがなくても勝敗の帰趨自体は何もかわらなかった。全部が赤化されただろうが。

409 :朝まで名無しさん:02/07/12 01:17 ID:FxThBxzb
1995年4月25日の夜,ドイツ国防軍の退役軍人で,化学技師であるラインハルト・エルツナー
(当時75才) は,ドイツ英雄記念堂の階段へと歩いて行き,そこで可燃性の液体を自らの身体に
振りかけ,焼身自殺を行った.

そばにいた人々が彼を救おうとしたが,無駄だった.12時間後,彼は息を引き取った.ラインハルト・
エルツナーは,なぜこうした人目を引く方法で自らの命を絶ったのだろうか? その理由は,ドイツ民族が
絶えず悪者にされている状況に,彼が耐えられなかったからである.そして当時,ドイツ,世界全体で
行われていた「解放記念式典」の下品な偽善に,我慢がならなかったからである.

ドイツ政府は今日でも占領政府である.ドイツは外国の利益・抑圧・裏切り・破壊行為によってコントロールされ,
テロの標的となっている.

そうでないと言うなら,次のようなテストをしてみるとよい.「ホロコーストについて疑っている」と
そう言った途端,刑務所行きである.

ラインハルト・エルツナーは,遺書で次のように書いている.

50年間,ドイツ民族は絶えず否定され,悪魔と呼ばれてきた.もうたくさんだ.
50年間,ドイツ退役軍人には絶えず侮辱が浴びせられてきた.もうたくさんだ.
私はもう75才で大したことはできない.しかし私は焼身自殺によって明確な呼びかけを行い,人々に
考える機会を与えることはできるだろう.
これによってドイツ人が一人でも目覚め,真実への道を発見するなら,私の自己犠牲は無駄では
なかったことになるだろう.

ラインハルト・エルツナーの死は無駄にはならないだろう.そのために,ドイツの血を引く人々が世界中で
行動を起こすだろう.その中にはドイツに住んだこともなく,ドイツで生まれることすらなかった人々も
いるかもしれない.しかし彼らは,不正義・嘘・誹謗と戦う意志・自由を持ち合わせている.彼らは世界中の
正しい,正直な人々に知らせようと全力を尽くすだろう.なぜエルツナーという男がドイツに生き,ドイツを
愛したかを.なぜ彼が第二次世界大戦で戦ったかを.そしてなぜ彼が最終的には死を選んだかを.


410 :名無し三等兵:02/07/12 02:22 ID:dP7E76Kq
>>408
オイオイ。第二戦線の形成はスターリンの要望でもあったんだぞ。

411 :      :02/07/12 05:45 ID:tSZQAxne
ソ連も国内のユダヤ人を迫害していた。ポーランド国境付近の
死体には、ソ連がまぜた死体が沢山はいっていないか?
何しろ地上で最初に発見したのがソ連だから。

412 :麗子  ◆REIKOJDA :02/07/12 06:23 ID:2jF5rZhl
日本は奴らとの約束を信じて疑わず,関東軍の主力を南方に移動した

その結果が現在に続いている
日本の外交も独ソが条約を結ぶなんて思っていないでしょ
ドイツの外交も日ソが条約を結ぶなんて思ってないでしょ
要はイタリアが悪いのです

413 :朝まで名無しさん:02/07/12 22:32 ID:OHAc1IDE
>>393
ロシア革命って、今から考えると一体何の意味があったんだろ。帝政ロシア
のカリスマが崩壊して、内戦状態になったあげく独裁政権が勝ち残っただけ
だったようなと小1時間・・・・

414 :朝まで名無しさん:02/07/12 22:45 ID:EEwxAcAN
>>406

ジューハッケソ

415 :朝まで名無しさん:02/07/14 20:44 ID:PxZeUEhO
英空軍のドレスデン大空襲は、戦局に何らの変化も及ぼさなかった、ただの市民
殺戮だった。英空軍の夜間爆撃なぞ最大限に成功したとしても、こんなもんだ。
爆撃ごときで、ドイツ軍を打ち負かすことなど、不可能だった。

   ★★『東方スラヴ民族による』ドイツの首都ベルリン陥落★★

それはドイツ自身が選んだ、名誉ある勲章だった。西側第二戦線無くしてソ連の
対独本土進撃など全く考えられなかったからだ。ドイツはソ連と妥協して国土を
維持する選択を自ら拒否したのだ。

416 :_:02/07/14 21:07 ID:T6ow9C3F
>>413
ロシア近代化のためでしょう。あのままでは当分ロシアはダメだったのでは?
問題は、そのソビエトが長続きしてしまった事ではないかと。

417 :朝まで名無しさん:02/07/14 22:30 ID:3b/3xces
今月の文芸春秋に「20世紀の戦争犯罪ワースト20」ってあって、そこにドレスデン空爆があったな。

158 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)