5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

戦後の日本の最大の失敗は”教育”(その2)

1 :朝まで名無しさん:02/05/21 13:32 ID:D340Zjvl
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/news2/1019836746/l50
「教育は国家」、この言葉を甘く見た国は滅びるのみ・・・・・・

2 :2?:02/05/21 13:39 ID:oR18T0lU
元スレのレジュメきぼんぬ

3 :朝まで名無しさん:02/05/21 13:42 ID:HKQb2toB
2げっと?
そもそも日教組があんなだからプチサヨが量産されるんだ
と言ってみる

4 :朝まで名無しさん:02/05/21 13:48 ID:13rRcQEe
メディアもリベラルには程遠い
ほんとバカばっか

5 :朝まで名無しさん:02/05/21 13:48 ID:ObPPNzoc
日教組がある時点で失敗です。

6 :名なし:02/05/21 13:55 ID:muKU2JWM
”ゆとり”の意味もしらない子供に無理やり”ゆとり”を押し付けています。日教組&文部省

7 :朝まで名無しさん:02/05/21 13:57 ID:8PMpv2zs
国にゆとり(資源、土地)がないのにゆとり教育とは笑いが止まらん。

8 :朝まで名無しさん:02/05/21 14:15 ID:bhtFMklX
西洋美術を語る為にもユトリロ教育は必要不可欠と思われ

9 :朝まで名無しさん:02/05/21 14:34 ID:Q8dib4zQ
ゆとりもええけど
ちゃんと良い結果を出さないと 単に自分が楽したいだけやと言われるで
そんなに世間は甘くないよ・・・


10 :朝まで名無しさん:02/05/21 16:22 ID:V7+Mn1RN
メディアの論調にも責任あるよな
反権威、反権力ばかりじゃ責任感ある子供が育たないと思うよ


11 :朝まで名無しさん:02/05/21 16:26 ID:ZEckgMgI
それは関係ない
大抵の子供はお笑いしか見ないだろ

12 :朝まで名無しさん:02/05/21 16:26 ID:xkxJv9dP
>>10
> メディアの論調にも責任あるよな
> 反権威、反権力ばかりじゃ責任感ある子供が育たないと思うよ
でも、そのために何が出来るかまでは教えたくても教えられない(書きたくても
書けない)んじゃないかなあ。

よくいわれることだけど、周囲に出来るのは「その一歩手前まで連れて逝く」
ところまでだよ。

13 :朝まで名無しさん:02/05/21 16:29 ID:HCDrCmAr
子供を育てたり教育することは羽毛布団を売りつけて儲けるより一段高等な
コトだということをきちんと教育しなければ...。

生き甲斐さがしとかいって女が男の真似して男の格好して夜遅くまで働いた
りサケ飲んだりタバコ吸ったりして不妊体質になるライフスタイルがかっちょ
いいなんていう風潮もなんとかせにゃ。そして、外で働くだけでなく良き家庭
人であることが一番かっこいいと男どもも教育せにゃならん。

しかし、こういうコトになると労働者の賃金を下げたい経団連や小間物や服を
売りつけようとするレディス業界は困るだろうなぁ....。

14 :朝まで名無しさん:02/05/21 16:31 ID:13rRcQEe
教育に一番必要なのは学校ではなく、尊敬できる大人だと思う

15 :朝まで名無しさん:02/05/21 16:31 ID:MrOP56cW
>>11
いや、風潮というのは子供にも敏感に影響するよ。
よく言われるけど、子供は大人を見て育つから。


16 :朝まで名無しさん:02/05/21 16:34 ID:oR18T0lU
>>14
それは政府から供給ってわけにはいかんのよなー、残念ながら。

17 :???:02/05/21 16:38 ID:p965dQKH
ゆとり教育とは、学生時代にゆとりをたっぷりとって、社会人になったとき、
ゆとりの全くない悲惨なリストラすれすれの生活をするための教育なのです。


18 :朝まで名無しさん:02/05/21 16:41 ID:MrOP56cW
産業化・近代化によって女性の家事労働負担が減ったがゆえに
女性に時間ができ女性の社会進出が進んだのであって、
それに逆行しても世論の支持は得られんと思うぞ。

むしろ日常業務のアウトソーシング化によって時間ができ、
それによって新たな産業や職業が起きるというのを歴史は
今まで繰り返してきたんだから、女性の社会進出に
男性と一線を設けるというよりは、望む人は好きなだけ
働けるように制度面から女性の社会進出を保証し、
その上であるべき家族像を提示していくことが重要だと思うぞ。
今の女性にとっての問題というのは、結婚と仕事との
両立が難しいということなんだから。(結婚したくても
今の仕組みではキャリアを捨てなければならないから結婚できない)

むしろ問題なのは家族のスタンダードというものが
高度成長に伴って薄れていったことだと思う。
核家族化するといろんな面で非効率だと思うんだがな。
情操教育上も、田舎の大家族よりも刺激が少なくなるし。


19 :XX:02/05/21 16:49 ID:ZDKQx6ax
高品質な労働者を量産するという意味では、
戦後の教育は大成功だろ。
そもそもこんだけの情報化社会で、
文部省だの日教組だのいう言説が時代錯誤。
まあ、どんな教育したって
アホが治るわけじゃないけどねえ。



20 :朝まで名無しさん:02/05/21 17:15 ID:iP6Ack0q
大学4年生です。(漏れの1つ上から教育課程が新しくなった。)
先日院生にバカにされました。

21 :朝まで名無しさん:02/05/21 22:26 ID:klwgfNpH


22 :朝まで名無しさん:02/05/21 23:02 ID:/7uLzsfw
エリート教育に邪魔なものはひがみ、妬み、そして嫉妬と平等、公平の思想概念・・・・・・

23 :朝まで名無しさん:02/05/21 23:04 ID:xkxJv9dP
ところで、戦後の日本の最大の成功はなあに?

24 :納税奴隷:02/05/21 23:09 ID:GYKFqOyX
教育とは支配者(現在は官僚)の都合のよい素直な奴隷を育てること。

25 :朝まで名無しさん:02/05/21 23:27 ID:n7XaACDl
>>24
君みたいな反権威、反権力ヴァカが量産されたのがそもそも失敗

26 :朝まで名無しさん :02/05/21 23:31 ID:YzewmyC3
>>18
でも、家族の価値の重要性を否定し
ほんの、ちょっとの女のキャリアをもてはやす
風潮はどうかと思うぞ。



27 :納税奴隷:02/05/21 23:33 ID:GYKFqOyX
25>皮肉を理解できないのか!

28 :朝まで名無しさん:02/05/21 23:40 ID:9nIXWBap
この掲示板は、前回も見たけれど、訳のわからない官僚批判や、
経済や金融の問題に必ず横飛びしますね。


29 :朝まで名無しさん:02/05/21 23:45 ID:n7XaACDl
正しいことは正しい、間違っている事は間違っている
そう言える、協調性と主体性そのどちらもを兼ね備えている大人が必要

権威だから悪、権力だから悪みたいなお馬鹿な考えを大人は改めるべきだ
大人が賢くなければ、子供は賢くならないよ

30 :朝まで名無しさん:02/05/21 23:45 ID:9nIXWBap
わざと話をそらす人が常駐しているのかどうか知りませんが。
教育というからには、戦後の文部省と教育制度の諸問題に限定して、
論じ詰めた方が良いのではありませんか?
全てが親の責任、家族の教育問題であるというのなら、
義務教育を廃止して、教員や文部省関係者の年金や給与分を各家庭に還元した方が、よほど日本のためになると思うのは私だけでしょうか?


31 :朝まで名無しさん:02/05/21 23:51 ID:n7XaACDl
>>30
学校だけが教育の現場ではないよ
文部省や国の責任だというのは大いに間違いだと思う
むしろ我々大人の無関心こそが教育を崩壊させたというのが真実だと私は思うがね

32 :朝まで名無しさん:02/05/22 20:44 ID:AECfAQnF


33 :朝まで名無しさん:02/05/22 20:52 ID:sqdE4OkG
 戦後エリート教育が衰退したのは、そもそも戦前のエリート教育が失敗したか
ら、その記憶が残っていたためだよ。歴史板とかによく出てくるのだが、戦前の
受験競争を勝ち抜いた超エリートが戦争時に何をやって、どんなとんでもない判
断を下したか知れば、それが自ずと分かってくると思う。

 とにかく暗記重視で、要領よくひたすら覚えてしまうから、まったく新しい状
況についてこれず(そりゃ暗記と要領は通用しないわな)、何人もの兵士をむや
みに殺す事になる…。

34 :朝まで名無しさん:02/05/22 20:54 ID:sqdE4OkG
 だから、戦後エリート教育が衰退したわけだ。戦前の教育の方が良い
という人はよく聞くけど、具体的に何が良かったんだ??

35 :朝まで名無しさん:02/05/22 20:57 ID:J9LRAZ+R
教育勅語

36 :朝まで名無しさん:02/05/22 20:59 ID:sqdE4OkG
 ただ、戦前のエリート教育でも良かった物もある。「陸軍中野学校」
この学校はスパイ養成のための学校で、柔軟な思考を育てる事に重点を
おいていた。この学校が10年早く設立されていれば、卒業生が陸軍の
中枢にも達していたから、日米開戦には至らず日本は負けなかったと言
われている…。

 この学校では天皇をむやみに崇拝すると逆に怒られた。「天皇は単な
る人間だ」と。また、どうしようもなくなったら捕虜になることを教え
ていた。捕虜になって破壊活動や情報収集にあたれと言われていたのだ。


37 :朝まで名無しさん:02/05/22 21:00 ID:sqdE4OkG
>>35
 中野学校では教育勅語は教えてないだろうなぁ…(w

38 :納税奴隷:02/05/22 21:01 ID:587qD/AM
戦前は「国民を説得する演説」が上手い人が多いと思う。教育とは口が上手い
(常識が豊富)に育てること!

39 :朝まで名無しさん:02/05/22 21:04 ID:sqdE4OkG
>>38
 具体的に誰のどんな演説を指すんだ?

40 :朝まで名無しさん:02/05/23 02:55 ID:rhGzqgXs
学力よりも勤勉さや誠実さを教えた方が本当の意味で賢くなる

41 :朝まで名無しさん:02/05/23 03:20 ID:R+jrT2v6
>>40
勤勉で誠実な人間が賢いとは限らぬ罠

42 :朝まで名無しさん:02/05/23 04:19 ID:rhGzqgXs
>>41
そんでは逆説で言ってみような

知識があるから正しい選択が出来るというわけではない
大切なのはその知識を正しく使うことができるかだろう
誠実で勤勉な人間はたとえ間違いを犯しても、間違いを間違いと認め
やり直せるだけの精神的な強さを持っている

どうかな?

43 :朝まで名無しさん:02/05/23 06:22 ID:YJ4DBMug
カリキュラムの自由化と解釈すれば良い。
文部省は最低限を押さえれば良い。
ゆとりとか詭弁は意味ない。
DQN1人に年間・中学50万円、高校80万円 公費がかかっている。
国家地方両財政が破綻してるのに援交売春やってる者に教育は必要ない。
能力ある者はどんどんピックアップして無償でエリート教育すべきだ。
ただしエリートには国家国民に殉じる公の義務(武士道精神)を要求すべき。

44 :朝まで名無しさん:02/05/23 06:27 ID:vFs4P9+z
ゆとり教育はかつてアメリカが失敗したカフェテリア方式の焼き直しに過ぎない。
アメリカは教育政策の失敗を反省して大々的な教育改革をやったほどだ・・・・

ダメだとわかっているものをやる文部科学省はおかしい
なにか裏があるに違いない。

45 :朝まで名無しさん:02/05/23 11:25 ID:rhGzqgXs
>>44
裏も何も、ついていけない生徒が多いから対策としてやってるんでしょ?
学級崩壊にしろなんにしろ、生徒に選択の自由を与えすぎている点が悪いのに
逆効果だと思うね

46 :朝まで名無しさん:02/05/23 11:45 ID:5Mn8SwsP
>>36
ホントかよ!
事実なら責任者はコチコチの軍部にマークされてたんだろうなあ。
風当たりも悪そう。

47 :朝まで名無しさん:02/05/23 15:07 ID:wihtTVy0
>>42
> 知識があるから正しい選択が出来るというわけではない
「賢い」と「知識がある」を混同してるでそ

48 :朝まで名無しさん:02/05/24 03:51 ID:Di3aAxnB
知識を詰め込むのを主眼に置いた教育方針では肝心の判断力が養われない
だからといって、「ゆとり教育」っていうのは聊か説得力が無い
判断力は経験によって養われるものだが、それは学校というよりむしろ
家庭環境や周囲の状況に影響されるものだろう
「子供は親を見て育つ」という使い古された言葉があるように
両親の考え方やTVの影響などの影響を大きく受けているのは否定できない事実だろう
つまり我々大人の無関心で無責任な態度、唯物的で自己中心的な考えが
エゴとして子供に影響を与えているというのが本質ではなかろうか

ちなみに、ホラーやポルノを否定する輩がいるがそれは間違いだと思うな(w
むしろ人間の本質に近いものは正しく教えるべき
物語などは残酷でも、教訓として子供の心に残るものですな



49 :朝まで名無しさん:02/05/24 04:21 ID:Viyk2s4h
教育の目的は国益と社会益に資する人材を供給すること。
ゆとり教育の目的は自由競争に適した人材の育成。

50 : :02/05/24 04:24 ID:wSM+NGGI
>むしろ人間の本質に近いものは正しく教えるべき

それならまず、2chを教育現場に取り入れたら良いのではw

51 :朝まで名無しさん:02/05/26 02:07 ID:DAK6j/Ae


52 :朝まで名無しさん:02/05/26 02:11 ID:p217C+La
>>49
勉強するヤツは勉強し、勉強しない勉強しない。
中間所得層の崩壊を狙ってるわけか。
日本はますます荒れるな。

53 :52:02/05/26 02:12 ID:p217C+La
×勉強しない勉強しない。
○勉強しないヤツは勉強しない。

54 :朝まで名無しさん:02/05/26 03:03 ID:Ef0+T8HY
選挙権が平等にある民主主義では
DQNを量産していては、国家の存続が危ういと感じる今日この頃

学力はいいから、考え方だけでもマトモになって欲しいと思いますな

55 :朝まで名無しさん:02/05/26 03:06 ID:qEU99A2L
>>49
ゆとり教育の目的は左翼の馬鹿牧場ですが?

56 :>55、>49:02/05/26 03:14 ID:gsqx1no8
国益というのは国民の利益ということ。

http://www1.jca.ax.apc.org/kinyobi/
堀田あきお&佳代
『本多勝一のこんなものを食べてきた!』
(朝日新聞社、1999)
昭和十年代の信州伊那谷の、小学校に通う一少年の日々の食生活を、
その目も眩む絢爛たる山野の幸の饗宴を、本多勝一の思い出話にもとづいて
堀田夫妻が漫画化したこの本は、本当に貴重な宝石の輝きをもっている。
その宝石はもちろんビー玉だが、子供ごころにそれほど美しいものは他にありえない。
ここに登場する食物は同様にどれもウルトラがつくB級食物だが、
そこには土地の恵みに直結した暮らしの、至高の味わいがゆきわたっている。
これを見ると、われわれ列島の土着民が、いったいどれだけのゆたかさを
この六、七十年のあいだに失ってしまったかが、よくわかり、断腸の思いを誘う。
http://members.tripod.co.jp/esashib/fukasaku05.htm


57 :朝まで名無しさん:02/05/26 04:20 ID:3tpn9YeH
いくらゆとりとは言っても、親が共稼ぎで忙しく働いているのに育成室
(念のため言っておくが育成室自体が低質と言いたいわけではない)に
放り込んで親子の触れ合いもないような家庭にはたして子供に人間教育
がはたしてできるのだろうか?

58 :朝まで名無しさん:02/05/26 04:27 ID:qEU99A2L
>>57
日本人の不思議な教育
親は教師が人間教育すべきだと言い、教師は親が行うべきだという
結局だれもやってない
嗚呼、かつて日本は荒廃の一途

59 :朝まで名無しさん:02/05/26 04:27 ID:yk/UsjTO
日狂組を潰さんとだめ!!

60 :朝まで名無しさん:02/05/26 05:57 ID:3tpn9YeH
2〜3年で別れる40人のジャリに一人残らず目配りするのは結構大変。

研修だの集会だの会議だのとジャリの名前を覚えるヒマもない。
自分の子供の事もわからんのに他人のジャリの事まできにしてられるか

61 :朝まで名無しさん:02/05/26 10:18 ID:0fI8j4Xe
>>59
 日教組…今何か力を持っているの?何か現実に行動してる?そりゃ、何か叩く
対象を探して叩いて心の安寧をはかるのは簡単だろうが…

62 :朝まで名無しさん:02/05/26 11:55 ID:lMGmi54I
じゃあ日教組を叩く右翼はカスだね

63 :朝まで名無しさん:02/05/27 21:22 ID:fZ90SCr6
いいこと言ってると思うのですが。
お茶の水女子大学教授 藤原 正彦
「個性の尊重」という美辞に酔うなかれ
http://www.sankei.co.jp/news/seiron.htm


64 :朝まで名無しさん:02/05/27 21:29 ID:Er5Ta7r6
この先生は新田次郎のご子息、数学がご専門なのですが下手な作家より
はるかに上手な文章をお書きになります。

65 ::02/06/01 21:34 ID:wA4FZMGO
藤原センセの言説には、いちいち納得。ただし、顔がムネオ氏にソックリ。

66 :朝まで名無しさん:02/06/02 16:09 ID:g6Z6GmLC
子供を教育するまえに、嘘つきのマスコミを教育したい

67 :朝まで名無しさん:02/06/02 16:33 ID:8aQpI1Dz
当たり前だけどテレビ番組のスポンサーって民間企業なんだよね。
例えばNステのスポンサーってどこよ。
不買運動でもするか?

68 :朝まで名無しさん:02/06/02 18:18 ID:9GRw8ivR
>>63
怠慢小学校教師の下で社会規範を守って我慢だけをする子はDQNになる罠。
何らかの意図を明確に掲げた民族学校や宗教学校に等に入れた方が余程安全。
戦後責任放棄が罷り通った公教育で育った大人が多数派になりつつある日本。
少子化や犯罪発生率の増加も、こうした事と無関係ではあるまい。

69 :朝まで名無しさん:02/06/02 18:35 ID:scmDz2UL
だいたいどの辺からおかしくなったんでしょう?
皆さんの意見を聞きたい

70 :朝まで名無しさん:02/06/02 18:45 ID:Tk7vYbw8
不況が引き金になっているんじゃないの。
それ以前から、問題が蓄積されていたんだろうけど。

71 :朝まで名無しさん:02/06/04 14:47 ID:+Wm2pYKF
バブルで贅沢を覚えたからだろうな
拝金主義が横行するようになって、これまで規範とされていたモラルが崩壊したのが原因でないかい?

72 :朝まで名無しさん:02/06/04 14:50 ID:GD+OeVx0
3K新聞や右翼が拝金主義を跋扈させた

73 :朝まで名無しさん:02/06/04 14:52 ID:i4nSa7sz
>>67
それじゃ福田を辞めさせろといって言論統制はかる民主党みたいになっちゃうじゃん。
言論は言論、財布は財布。
俺たちの金で言いたいこと言ってやがるくらいの広い心を持とう。

74 :朝まで名無しさん:02/06/04 15:13 ID:Gxsc5vMk
こうなったら公立中高を全廃してすべて国立化、文部省による強力な
管理教育で教育を再生しよう。


75 :朝まで名無しさん:02/06/04 15:16 ID:i4nSa7sz
>>74は前代未聞の馬鹿

76 :Funker:02/06/04 15:22 ID:Iqg2/P21
教育は塾にまかせなさい
優秀なる頭脳には健全なる精神も宿ります。
しつけも塾が引き受けた。

77 :朝まで名無しさん:02/06/09 03:46 ID:kTM7mBdp
>>76
お幾らでしょうか...高そうだな。

78 :朝まで名無しさん:02/06/09 03:53 ID:U5FRquBD
教育が悪くなったのは日教組と街道が元凶
奴らを誰かあぼーんしる

79 :???:02/06/09 03:58 ID:YRbobdHF
公立+塾通いで私立へ通わせるのと同じくらいかかるかもしれない。
結局、塾任せ、私立任せの優良生徒育成で、公立学校の地盤沈下、
国力ダウンが起きる可能性がある。もう起きているか。



80 :朝まで名無しさん:02/06/09 05:09 ID:z4mUTIIX
>>78
じゃあよい教育って何だ?

81 :朝まで名無しさん:02/06/09 14:16 ID:ynrWLHaS
塾任せになってから、かえって塾の学校化が進んでいるんだけどな。

塾は鬼っ子にされていた頃のほうがまだ反発するエネルギーがあって
健全だったよう気がする。


82 :朝まで名無しさん:02/06/09 19:19 ID:KdfkuoCU
つーか子供が夜遅くに塾から帰る姿は健全ではないな

83 :朝まで名無しさん:02/06/09 20:24 ID:xDcpJQb2
子どもたちが悪くなったのは学校のせいでも教師のせいでもない。社会が
悪いんだ。塾が悪いんだ。

つーことで終了。


84 :朝まで名無しさん:02/06/09 20:29 ID:JTMIf8HQ
>>83
文部科学省が寝返ったから悪化

85 :朝まで名無しさん:02/06/09 22:47 ID:Uk+r4jNR
日教組が文部省の傘下に入ってから日本の教育はダメになったな。



86 :朝まで名無しさん:02/06/10 02:11 ID:5oQVAZp2
戦前の教育も大失敗だったような。


87 :朝まで名無しさん:02/06/10 02:30 ID:9cR4WH8l
>>76
たかが週3日一日3時間足らずで通ってる生徒の地域はバラバラ。
これじゃ躾も糞もないだろう。
塾へ教育をシフトしろって言っても、組織力や地域とのコネなどでは学校の代わりなど果せない。

88 :朝まで名無しさん:02/06/10 11:31 ID:dtAT6IRL
確かに塾では学力はあがっても、必要な道徳は学べないな
とはいえ、今の学校で道徳っていうのは逆効果に近いし(w
やっぱ、大人がしっかりしてないと道徳を教えるのは難しいんと違う?

89 :朝まで名無しさん:02/06/10 11:34 ID:fapgg8CX
自分勝手、学力至上主義
最悪の教育だったと思う
何しろやる気無し人間増産してきちゃったもの

90 :朝まで名無しさん:02/06/10 11:40 ID:JoL3T7l6
ハレンチ事件で校長逮捕 止まらぬ教職員不祥事−−再発防止の特効薬なし /山口

 ◇緊急の教育事務所長会議
 教職員の不祥事が止まらない。ついに管理職の校長によるハレンチ事件まで起き、
教育関係者に動揺が広がった。県教委は3日、緊急の教育事務所長会議を開いて対応を
協議したが、綱紀保持の徹底を確認するのみで、再発防止の特効薬は見いだせなかった。
藤井俊彦県教育長や各教育事務所長ら出席者は焦りと疲労の色を隠せず、
いらだち交じりの言葉さえ聞かれた。【井本義親】
(毎日6月4日)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020604-00000001-mai-l35

91 :朝まで名無しさん:02/06/10 12:08 ID:cOBWsPiT
>>82
昼間は学校で集団生活を学び、夜は塾で勉強する。
良いことではないか。


92 :朝まで名無しさん:02/06/10 12:18 ID:MfO8LmR7
塾の方がちゃんとした教育をやっている気がする。
そういえば、毎日よる遅くまで勉強させられたよ。
通わせてくれた親に今では感謝しているけど。

93 :朝まで名無しさん:02/06/10 12:35 ID:MQoCZGTa
学校は反面教師が多かった、といより多すぎた。


94 :朝まで名無しさん:02/06/10 17:43 ID:dtAT6IRL
>>93
学校以外でも反面教師は多いね
社会に出てからも若者は嫌と言うほど味わうだろうな
それを目のあたりにして、正常を保てるだけの強さを教えるべきでしょうな
学力至上主義では、その強さを手に入れるのは無理だと思うが、だからといいて
甘やかすののもよくない

結局、学校だけでは教育はできないって思うな
親達が努力し、大人達が真面目に生きる
それに尽きるな

95 :朝まで名無しさん:02/06/10 18:11 ID:za5ef3+F
>>92
塾しか知らない子供達が増えているようだな。
学校で思い出を残せないのは哀れですらある。

96 :朝まで名無しさん:02/06/15 23:47 ID:xPvFIuB0
一クラス20人以下、教師の数倍増、給料アプ、年休倍増というごくあたりまえの
ことをしてこなかったツケが今になって回ってきている。

教育に金をかけない国は滅びるのが歴史の鉄則。バカ高い戦闘機を買ってもそれを
使いこなす能力を養わなければ宝の持ち腐れなんだがな。






97 :朝まで名無しさん:02/06/16 01:52 ID:sRhwRw0j
>>96
私は量よりは質だと思うな
依然旧態を晒す日教組もそうなら、教師のモラルもあってないようなもんだろ
先に生まれただけの「先生」は不要だね

98 :朝まで名無しさん:02/06/16 15:12 ID:y+nNdoDv
先生を敬わない人間が増えたことが全ての誤りのもと


99 :朝まで名無しさん:02/06/16 15:49 ID:4KG6lsDB
小学校の先生は全員50才以上をキボンヌ。
非常に重要な時期だから社会経験がものをいう。

100 :朝まで名無しさん:02/06/16 16:01 ID:Q8dFzG2F
100

101 :朝まで名無しさん:02/06/16 16:09 ID:jSpWv4xc
一生懸命やる奴、真面目な奴、勉強出来る奴はダサい。大人は敵。

みたいな風潮が出てきたのはいつからだろう?


102 :朝まで名無しさん:02/06/16 20:06 ID:2SPcLbUK
>>99
団塊は人間不良債権なんだが


103 :朝まで名無しさん:02/06/16 20:41 ID:RF8sJsVH
>>98
敬われる資格を持った先生がどれだけいる?
DQNを忌避するのは人として当然だろう。

104 : :02/06/16 20:56 ID:I384losl
道徳の時間を増やせよ

105 :朝まで名無しさん:02/06/16 21:00 ID:6PRY1Pe9
>>101
アメリカ風俗による最大の悪影響。共産主義者より悪質。

106 :朝まで名無しさん:02/06/16 21:04 ID:Z6CoAS4f
アメリカの何でも自由というのがいかん

107 :19歳:02/06/16 21:07 ID:DqIXjtY9
>>104
道徳の時間?あんな薄っぺらい授業はありませんでしたが・・・
>>105
でもアメリカの学生の勉強時間は日本の比較にならないそうですね。
というか日本の学生(中高大通して)の勉強時間の少なさは半端じゃないらしいですね。

108 :朝まで名無しさん:02/06/16 21:09 ID:aBrBepPg
>>98
civil servant が何をカンチガイしてるんだ?

>>99
50だろうが40だろうが、6歳からこのかた学校という特殊閉鎖社会に
こもりっきりだったやつの社会経験なんぞたかが知れてると思われ。

109 :朝まで名無しさん:02/06/16 23:03 ID:L5n35b+I
勉強してもしょうがないよというアノミー状態を作り出した今の50代以上
の方々には敬服します。緩慢な日本滅亡大作戦ってとこですか。



110 :朝まで名無しさん:02/06/16 23:29 ID:sRhwRw0j
>>109
現実から逃げたら駄目だと言わなければならない立場の大人が、
若い頃に逃げまくったお祭り騒ぎをしていたんだから説得力ない罠

111 :カスの戦い:02/06/16 23:36 ID:z1Xgv4Yl

 現実逃避 VS 酸っぱい葡萄の事大主義 (笑)

112 :朝まで名無しさん:02/06/16 23:58 ID:/xVVpcMZ
日本の「現実」主義者のオツムには、
ちゃんと自然現象と社会現象の区別がつくのかしらん

http://academy.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1017758009/13
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1017758009/178


113 :朝まで名無しさん:02/06/16 23:58 ID:mBH2W+eu
日本の「現実」主義者のオツムには、
ちゃんと自然現象と社会現象の区別がつくのかしらん

http://academy.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1017758009/13
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1017758009/178


114 :朝まで名無しさん:02/06/17 00:34 ID:nBxoT8W7
>>112>>113
いちいち2重カキコせんでも解るわい(w
っていうか親父が説教しない世の中の方がよっぼど異常だろ

>こんな反論は、苦労人のおじさんの全く予想しないことであり、ひとが
>お前のためを思って情理を尽くして一時間も説教してやったのになんたる
>ことだ、と反駁されるだろう
っていうかこの辺りが妄想入っていて笑えるが?

>「現在のところは、世の中はそうなっているかもしれませんが、これは努力して変革されるべきです……」
説教厨はむしろこのような言葉を聞きたくて説教してるんでないの?

>一つは、自然と文明の区別をしない、ということだ。しかも、人工よりも自然の
>ままがいいと考える。これは途方もない錯覚であり、日本人特有のものだと
>いってよい。
>二つは、現実と願望の混同ということだ。「念力主義」ともいえるが、念力で客観
>情勢を変えることができる、という錯覚があるようだ。
やっぱり妄想がはいってますな(w

そのそも日本人特有っていう根拠がない罠
現実と願望の混同とか「念力主義」なんていう言葉も騙るにおちている
世論とは世の中の多くの人の意見だろう
肯定の意見もあれば、否定の意見もある
どちらかを否定すればいいというものではないよ

115 :朝まで名無しさん:02/06/17 00:37 ID:nBxoT8W7
っていうか、自分に否定的な意見を排除するのは間違いですな
100%受け入れられない意見でも、一つの理はあるもんだ

116 :朝まで名無しさん:02/06/17 00:50 ID:nBxoT8W7
勝手に結論を決めて悪いが、説教する大人はいつの世でも絶対に必要だと思うぞ
また、それに反抗する行為もまた必要な事柄だと思うな

むしろ問題は逆だな
大人が親が教師が、悪い事を悪いと言えない世の中だから子供がどう判断していいか解らないのだ
たとえ嫌われても、説教親父は必要だね

117 :朝まで名無しさん:02/06/17 01:02 ID:8G5pNnmX
>>102
>団塊は人間不良債権なんだが

学校出たてではまずいと思う。

>>108
>50だろうが40だろうが、6歳からこのかた学校という特殊閉鎖社会に
>こもりっきりだったやつの社会経験なんぞたかが知れてると思われ。

他業界から招いたらどうか。

118 :朝まで名無しさん:02/06/17 02:29 ID:2NuF7rVf
まず寺崎を殺れ

119 :朝まで名無しさん:02/06/17 02:46 ID:scUcyNO8
>>117
>他業界から招いたらどうか。

ずーっと学校から出なかった日教組教師とリストラされたオッサン。
さて、どっちが人生経験豊富といえて、どっちが教師として良いといえるんだろうか。


比較対象が”日教組”教師ならばリストラ組に一票。

120 :朝まで名無しさん:02/06/17 03:13 ID:7eUlYJrU
>>118
寺脇かと思われ。

121 :朝まで名無しさん:02/06/17 16:45 ID:SkS3oEG2
かつて批判された詰め込み教育にしても、旧文部省内部ではソ連を理想としている人が多かったのと、
日教組=社会党が親ソ的であったために、あまり現場では改革の動きがなかった。
ソ連の教育はご存知な方も多いと思うが詰め込み教育が主体であったのは明確な事実。

今回のゆとり教育でも、本当に改革すべきなのは大学の自治システム。
たとえ思春期に情操教育に力を入れていても、肝心な大学教育には独立行政法人化以外
改革の波はあまりない。むしろ、大学の卒業や落第をシビアにさせて論文書かない教授
をリストラすれば大幅に変化があるんじゃないかな?
義務教育で学習量が減り、しかも大学のシステムは旧態依然じゃ、むしろ窮屈になるだ
けだと思うけど。

なぜ、教育界は今まで共産圏を模範にしていたんだろうね。
共産圏で成功した国なんてどこにもないじゃないかい!あっ、北朝鮮があったか(藁

122 :朝まで名無しさん:02/06/17 16:50 ID:RIzwTfF8
それは教育者になろうなどと不遜なことを考える人間どもに共通する
あるメンタリティーと関係がある・・・・

123 :朝まで名無しさん:02/06/23 03:39 ID:sjin51kj
道頓堀に飛び込むドキュンを見ていたらもう日本は教育に手をつければどうにか
なる段階を通り越してるのだなと痛感した。












これからは中国や韓国の時代。


124 :朝まで名無しさん:02/06/23 04:02 ID:88rsvlze
多様性が無いからねぇ・・・。
優等生かドキュソかどっちかしかないのかな。

あと、他人の失敗を過剰につっつくから
みんな失敗を恐れて萎縮しちゃってたり、
間違いを素直に認めずに隠したり、誤魔化すことに一生懸命になる。
人間、間違い・過ちはつきものだからやり直す余地が欲しいところだね。

125 :朝まで名無しさん:02/06/23 06:13 ID:l0xg9PUx
>>124
激しく同意。

失敗した人間は潰されるという土壌を改善しないで
「どんどんチャレンジしろ」も無いもんだと思うのだが。

126 :朝まで名無しさん:02/06/23 06:19 ID:06qf96yI
韓国や中国の数学の教科書は同学年の日本よりずっと水準の高い
程度の内容なんだって。これでいいの?このつけって10年、20年
単位でくるぞ。20年前に対策立てられなかった少子化が今増税、
年金・社会保険破綻の顕在化を招いたのと同じことになる。これって
今対策講じても効き目は数十年後だからな。

127 :県立宇宙軍:02/06/23 08:25 ID:zo3aNTij
確かに「学校」は社会と隔絶された一つの世界を作っている。
しかし、そのことと「教育の有効性」とは別問題ではないか?
子どもをいきなりルールの複雑な社会の中に放り出すのは
本当に有効な教育か?そもそも学校が何のために「社会と隔絶」
されているのか考えてみる必要はないか。
社会の複雑さから子どもを守り、育てる為ではないか。
それも解らず、無意味なルールを増やしたり、取り締まることだけが
自分の仕事と考える(実は自分が楽したいだけ)の糞狂死は逝ってヨシ。

というわけで、リストラ組を教育に回せ、という論にいくらか見るべき点があると
すれば、それは彼らが「(狭い社会でのみ通用する)シンプルなルール」を
持っており、その単純さが子どもにとって学びやすい教材であると考えられる
場合かな。ちょっと状況は違うけど、シュワちゃんのキンダガートン・コップ、みたいな。

まずは、何らかのスタンダードを子どもには身につけさせないといけない。
それとの比較において学ぶのでなければ、子どもは健やかに成長することが
できないからね。一番いけないのは、現在のこの社会が子どもに多様な
スタンダードを与えすぎることじゃないかとオレは思ってる。

128 :コヴァ ◆WlqFWJAk :02/06/23 09:13 ID:wTLxQkv9

朕カス帝国マンセー!!!!
惨敗帝国マンセー!!!!





129 :朝まで名無しさん:02/06/23 10:38 ID:mIFa3hAv
>>121
> なぜ、教育界は今まで共産圏を模範にしていたんだろうね。
> 共産圏で成功した国なんてどこにもないじゃないかい!あっ、北朝鮮があったか(藁
日本が共産型教育で一番成功した国だ。

130 :朝まで名無しさん:02/06/23 11:30 ID:1k63oYkJ
>>127
逆だな
多様な価値観こそが、学ぶべき事柄

>社会の複雑さから子どもを守り、育てる為ではないか。
甘やかしてどうする?
世の中は汚いものだ
隔離していては永久に学べないだろ
洗脳でもするつもりか?

131 :朝まで名無しさん:02/06/23 11:56 ID:uVaXytY7
>>123
阪神スレを見ると、一概にそうとも言えないような。

132 :朝まで名無しさん:02/06/23 12:53 ID:btcVJDMG
教師が社会的にも生徒からも尊敬されている国は教育レベルが高い。

戦前の日本がそうだったし、今の中国や韓国がそう。日本はもうだめぼ。


133 :朝まで名無しさん:02/06/23 12:58 ID:0vnY5f6F
偏向教育にゆとり教育、日本の子供達がどんどんバカになってく・・・。
教育を誤ればその傷は数十年に渡って国に障害を残す。

ゆとり教育を推進してる奴らって、日本を弱体化しようと狙ってる
んじゃないのか?

134 :朝まで名無しさん:02/06/23 20:46 ID:JVuKfrAH
数十年後のことなんて関係ないもん、ヤツらには。

ちなみに漏れは高校教師ですが、財産を海外に移し始めています。


135 :朝まで名無しさん:02/06/23 21:38 ID:1k63oYkJ
>>134
フーン
日本人辞めるの
ついでに人間辞めたら?
自分さえ良ければいいっていうのが教師なんかされたら迷惑だよ

136 :朝まで名無しさん:02/06/23 21:47 ID:2cauL/Ig
神国大日本帝国が第二次世界大戦で惨敗したのは、
戦前の教育が駄目だったでしょうね!

137 :戦後の日本の最大の失敗は”民主主義”:02/06/23 21:49 ID:dKgVEATg
少なくとも>>136のようなアフォなカキコを見てるとつくづくそう思うよ。
日本は戦前に還って厳しい教育をすべき。
馬鹿は2ちゃんねるに来るな。

138 :朝まで名無しさん:02/06/23 21:51 ID:m5uhFLPq
>>136
まあね。しかし、列強相手によくやった方じゃないの?
その頃とは比較することすら躊躇するほどになってると
いうことじゃないかな。

139 :朝まで名無しさん:02/06/23 21:59 ID:1k63oYkJ
っていうか
全体主義マンセーも嫌だが
今のサヨな教育も嫌だな

国旗、国歌を強要するのと
国旗、国歌を否定するのを強要するのと何が違うんだ?

140 :Funker:02/06/23 22:02 ID:ztEjzXD3
否定するのを強要されたのかい
俺は好きだと言えたとおもえるが

141 :段造:02/06/23 22:09 ID:uVaXytY7
>>136
喧嘩が強い弱いだけで教育の成果を判断するの?
負けた日本よりも、負けなかったアジアアフリカの教育が
優れていた、と?


142 : :02/06/23 22:09 ID:ih2c/gO5
687 名前:kouei35@非戦主義 ◆n8aPRTS. :02/06/23 20:45 ID:o5bVzqw0
おいおい、全世界から国防をなくしてお互いに監視するシステムを構築すれば他国の
軍隊が自国に攻め込んでくる心配は完全になくなるだろうが。(藁
早くそこに気づけよ。(藁

143 :朝まで名無しさん:02/06/23 22:12 ID:1k63oYkJ
>>140
学生時代といえば随分昔だが、堂々と否定していたのを覚えてるぞ
今はどうかしらないが、日教組はサヨ組織そのもの
学生運動を教壇に持ち込まないで欲しいもんだ

144 :段造:02/06/23 22:13 ID:uVaXytY7
>142
そもそも監視する必要もなさそうだが。

145 : :02/06/23 22:17 ID:NJRtc5Ag
>>142
その687名前kouei35 みたいな論って、厨房くらいならだませるのかな?

146 :朝まで名無しさん:02/06/23 22:19 ID:1k63oYkJ
>>145
っていうか
理想主義は危険ですな

>心配は完全になくなるだろうが。(藁
こんな言葉が出てるだけでサブイボでてくる

147 :朝まで名無しさん:02/06/23 22:24 ID:W0aURWJC
つうかよ、戦前の教育って厳しかったのかい?どういうふうにだ?

148 :Rhapsody:02/06/23 22:48 ID:Gv2Q3MTl
ビョードービョードと、差別や貧富の差を憂えるのなら分かる。
しかし、社会や家庭・における立場までビョードーにしたがる
クセがついてるから始末が悪い。

ビョードービョードーと、サヨのガン細胞に無意識のうちに
やられてるから、子供に媚び、聞き従うのみになる。
これだから世の中のタカがはずれてくる。

少なくとも、大人と子供がビョードーでいいはずがない。
大人は大人はであるだけで、子供であるオマエより偉いんだぞ
と、言うようなある程度は毅然とした態度で接するべき。
大人には昔のように権威をもたせるべき。

ところが現在は子供に対し、ゴキゲンを重視したり、
媚びるような態度で接する。子供は大人をナメる。
大人の言うことに従わない。ハンタイセーになる。
肝心な大人のほうが、サヨのスローガンに毒された
ダダコネクンな顔つきをしてるから、始末が悪い。
全員がそうだと、決して思っていないが、こんな風潮が強いように思う。
教育の方法や制度を論じることも大切だが、
まずはこういったことから改めるべきだ。

少なくとも、教える立場の人間には権威が必要だ。
大人は時に、「権威」に相応しい振る舞いをし、
子供の前で「大人」を演じるだけの覚悟が必要だと思う。
大勢の子供の前で教える教師にとってはなおさらだ。

149 :Rhapsody:02/06/23 22:55 ID:Gv2Q3MTl
サヨは日本人の、いや、人間の心にとってガン細胞だ。
日本において、進んでそういう毒をまき散らしたがる連中が
甘やかされ、増長して中枢を担うまでになってしまった。
これは共産主義国家は別として、世界に前例のないことではないだろうか。


150 :朝まで名無しさん:02/06/23 23:00 ID:jdbuv30v
>>148
少なくてもあんたはその「弊害」を受けているようには見えないが
親は威厳があったのかい?

151 :朝まで名無しさん:02/06/23 23:04 ID:frTftT/t
ウヨは日本人の、いや、人間の心にとってガン細胞だ。
日本において、進んでそういう毒をまき散らしたがる連中が
甘やかされ、増長して中枢を担うまでになってしまった。
これは共産主義国家は別として、世界に前例のないことではないだろうか。

とかって10年後に書かれないようにせいぜい精進したまえ。


152 :Rhapsody:02/06/23 23:08 ID:Gv2Q3MTl
>>150
威厳というより、優しいというほうが似合う親です。
でも、良いことと、悪いことの区別ははっきりしてた。

153 :朝まで名無しさん:02/06/23 23:19 ID:1k63oYkJ
>>152
いい両親だったみたいですね

っていうか
学校に躾まで押し付けた親やPTAが悪い
自分が面と向かって言えないからって教師に責任転換するのは醜い罠

154 :朝まで名無しさん:02/06/24 00:04 ID:gs3qBrTn
★★★★★重要★★★★★

詰め込み教育や丸暗記に意味がないというアホがいるが、
暗期がどれだけ脳を発達させるか知らない奴の言う言葉だ。
事実、勉強不足の人は脳の前頭葉が発達していないため感情をコントロールできない。
福田孝行(光市の母子殺人レイプ犯)、萩原克彦(栃木リンチ殺人犯)、
宅間守(小学生大量虐殺犯)ら、落ちこぼれによる凶悪犯罪が後をたたないのは
脳の発達不足が原因。

★★★★★重要★★★★★

155 :朝まで名無しさん:02/06/24 00:28 ID:r7rvaiar
学校が楽しいかどうかは別として
学習は楽しいものだろ
それを教えられなかったのが最大の失敗だな

156 :朝まで名無しさん:02/06/24 00:33 ID:VWOEHtDq
>>115
いいこというが、イキナリそれいわれてもイマイチ。

157 :朝まで名無しさん:02/06/24 01:31 ID:oUVMDl/f
>>155
教師が学校や授業を楽しいと思っていないのだからしょうがないだろう。



158 :朝まで名無しさん:02/06/24 04:50 ID:eh/cL3DF
>>157
核心だな。

159 :朝まで名無しさん:02/06/24 05:30 ID:BjkYTJKx
>>154
たった一つの事例だけをあげて、それが普遍的なものだとすり替える論理には飽き飽きだ。

160 : :02/06/24 05:53 ID:Y0t/8oSF
学習や研究は、本来楽しい物だ。
勉強嫌いにする事が、最も現在の教育の失敗だ。

161 :朝まで名無しさん:02/06/24 06:08 ID:BjkYTJKx
楽しいかどうかは本人の決めること。個人の選択権を容認しない
日本の教育環境そのものに問題がある。

162 :朝まで名無しさん:02/06/24 10:19 ID:BL5WGUIh
「学校つまんなかった」って言うひと多いよね。

オレはすっげえ楽しかったけどな。

器の小さい先生も確かに多かったけどそれを反面教師に
できるようになってから大袈裟じゃなく世界が変わった。


163 :朝まで名無しさん:02/06/24 10:21 ID:VmIiBjzW
小中学は楽しい事も嫌なことも半々やね。
高校はひたすら面白かったが。


164 :朝まで名無しさん:02/06/24 10:25 ID:nEmmPh+g
たしかに、自分を出すとつぶされてたから、だから尾崎みたいなのが
うけちゃってたんじゃない

165 :朝まで名無しさん:02/06/24 10:26 ID:ljVAVxjL
昔の武家の子供みたいに、三、四歳から「子曰く『遠方より朋来たる・・・・・・』」とかやらせた方がいいかな?

166 :朝まで名無しさん:02/06/24 10:32 ID:VmIiBjzW
>>165
それもちょっと気持ち悪い。


167 :朝まで名無しさん:02/06/24 10:37 ID:qCThMhld
>>154
脳が発達しすぎても、オウムに走ったりしちゃうけどな(w

168 :朝まで名無しさん:02/06/24 10:46 ID:VmIiBjzW
両親を「お父様」「お母様」と呼ばせる事を徹底させて
保護者はそう呼ばれるに相応しい存在であり続ける
それさえできれば教育は難しい事ではない。
日本人は形から入るのが有効。


169 :朝まで名無しさん:02/06/24 10:50 ID:4IVjdEXo
受験戦争時代はたしかに歪んでいたかもしれないが、
淘汰はきちんと行われていたな。

頭のいい奴は効率のいい勉強をしていい大学へ入ったし、
そこそこの奴も必死で勉強していた。
ある意味努力がそこそこ報われる時代で、
大体の人が必死に勉強していた。


170 :朝まで名無しさん:02/06/24 11:57 ID:MHAuvCk1
たしかに。
学力ほど努力が報われる世界はそうないよな。


171 :朝まで名無しさん:02/06/24 11:59 ID:BjkYTJKx
その淘汰に意味があったかというと、まるでそうではないところが問題。
受験戦争の最終勝者といえるキャリア官僚達があのザマではな。

172 :朝まで名無しさん:02/06/24 12:10 ID:4IVjdEXo
>>171
しかし今の悪平等主義による劣化よりはマシだと思うぞ。
知的悪人よりDQNの方が害悪だと思う。

173 :  :02/06/24 12:19 ID:FicKb1Zx
塾の講師やってるんだけど、状況は確かに最悪。
中2が”年貢”って言葉自体を知らなくて愕然としたYO!
ただ、勉強のできるやつを素直に尊敬する風潮が感じられて、そこだけは、そこだけは
救いだと思ってる。


174 ::02/06/24 12:28 ID:NFP6qCns
物事を客観的に考えることを教えないこと最大の失敗

175 :朝まで名無しさん:02/06/24 12:37 ID:BjkYTJKx
>>172
知的悪人の方が犯罪の影響力がでかい。官僚犯罪なんか、ともすれば国が傾く原因になる。

>>173
実のところそのことが問題だとは思わないな。受験戦争世代なら用語や年代の記憶の
多さが学力の基準になっただろうけど。

176 :172:02/06/24 12:55 ID:4IVjdEXo
>>173
想像以上に知識劣化が進んでいるみたいですね・・・。

>>175
>知的悪人の方が犯罪の影響力がでかい。官僚犯罪なんか、ともすれば国が傾く原因になる。
これはボクトルの方向性さえ正せばなんとかなる。

でも国民総DQNじゃ何をやっても立て直せないぞ。


177 :朝まで名無しさん:02/06/24 12:57 ID:q4/1E0fc
>>168
小学生のうちに敬語を徹底的に教え込むべきだと思うよ。
敬語ができてないと体罰を与えるぐらいでもいいと思う。
最近、敬語はわきまえを作り上げる為の、先人の偉大な
智慧だと思うようになった。

>>171
気違いに刃物という言葉があるように、いくら知識という武器があっても
土台となる人格に問題があっては悪用されるだけということだね。

178 :朝まで名無しさん:02/06/24 13:16 ID:GYuVl75b
>>177
確かに。まず言葉ありき、なんだよね。
体罰はどうかと思うが・・・

179 :朝まで名無しさん:02/06/24 15:30 ID:BjkYTJKx
>>177
敬語自体に意味はないだろう。敬語にそれなりに精通しているであろう
今の子供達の世代より上の世代が、人格的教養的に優れているかというと
そうではない。敬語を持たない言語の国が劣った人間ばかりなのかというと
これまた違うだろう。

180 :朝まで名無しさん:02/06/24 15:57 ID:2Hj7WXT5
どの分野でも成功するには一見キツイだけのトレーニングが必要
数学・・・計算
絵画・・・デッサン
音楽・・・演奏
演劇・・・発声
スポーツ・・・体力
こういうつらいトレーニングが必要なのとすべてのトレーニングがつらくあるべきだという思想とをごっちゃにしたのが問題。
スポ根のような不条理な厳しさは要らない。いるのは科学的に必要とされる厳しさ。

181 :朝まで名無しさん:02/06/24 16:00 ID:/iGxbL7d
日本の失敗は、「精神論が全て!」から「精神論はいらない!」
って一気に飛んじゃったとこだね・・・、「精神論も必要」が正しいと
思う。


182 :朝まで名無しさん:02/06/24 16:53 ID:Xonwjtlk
あまり関係ないけど朝銀フラッシュ
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/8746/Cyougin2.swf


183 :名無し:02/06/24 20:30 ID:PJ2ezomv
>1 政治は闘争だ。少数でも組織すれば未組織の多数に勝てる。
政府は日本国内の外国人の組織を禁止すべきだ。
反日工作を行っているからだ。


184 :朝まで名無しさん:02/06/24 21:29 ID:sqYENMO9
>>179
敬語はコミュニケーションの手段。
少なくとも状況をわきまえない人間よりはましだな、敬語が使える人間は。
それに上の世代にもいるよ。敬語が使えない奴。

185 :朝まで名無しさん:02/06/24 21:46 ID:3Cp0YNvI
いくら悪口言っても国内に外国の軍事基地あったら
説得力ないぞ

186 :朝まで名無しさん:02/06/25 10:16 ID:L4M/IyG7
>>184
敬語を悪用して人を騙す奴もいるな。敬語は本心を隠す手段。ムラ社会日本においては
自分をできるだけ隠すことが生きる知恵でもあった。しかしそれは社会的な腐敗をも招き
真実をも覆い隠し、悪いことを悪いとも言わない、自分さえよければいいと言う人間を
はぐくむ温床にもなるのだ。

187 :朝まで名無しさん:02/06/25 11:32 ID:jkjbQbTf
>>186
どこかの本の受け売りですな

多くの敬語を使い分けるのを覚えるのは、思いやりや察しの考えを覚えるのと同じこと
これは日本の文化であり真髄でもある
海外からはいいように馬鹿にされているが、決して恥ずべきことではないよ

188 :朝まで名無しさん:02/06/25 14:08 ID:L4M/IyG7
>>187
受け売りだって( ´,_ゝ`)プ、
すると日本語が使えないと思いやりや察しは育たないと、そういうわけだな。
そういう長所を否定はしないが、>>186のような暗黒面の存在も認めるべき。
文化には常に裏表がある。表だけ見て文化だの真髄だなどと軽々しく言うべきではない。

>海外からはいいように馬鹿にされているが、決して恥ずべきことではないよ
恥じているのは君自身ではないのか?俺自身はこれぽっちも思ってはいない。
思っていないから、日本人はここが優れているなどとあげつらうこともしない。
むしろコンプレックスと感じている人間ほど、外国と比べてあーだこーだと
言いたがるものだ。

189 :朝まで名無しさん:02/06/25 16:29 ID:jkjbQbTf
>>188
っていうか
敬語を使う>本心を隠す>社会的な腐敗をも招き>自分さえよければいいと言う人間をはぐくむ温床
は極論だろう?

腐敗も悪い事を悪いと言えないのも敬語が原因ではないよ
自分さえ良ければいいという人間が、事実を隠す為に使うことはあるけどな

自分さえよければいいという考えを否定するのは私も同意する
大人がそういう風潮だから、子供の責任感が育たないんだろうな

190 :朝まで名無しさん:02/06/25 16:50 ID:Yldy68Wb
エリートはゆとり教育によって柔軟性を育てるのが大切であるが、
非エリートの庶民には管理型詰め込み教育をして規律をたたきこむのが大切である。

でも、現状は進学校は詰込教育に走り(例外はあるが)、公立校は、よりゆとり
を重視したカリキュラムとなっている。

そのため、柔軟性の無い「エリート」と規律の無い「大衆」が量産されようと
している。ここが問題だと思う。

191 :朝まで名無しさん:02/06/25 22:39 ID:jkjbQbTf
私の恩師に教わった言葉なんだが

一人が100進歩するより、100人が1進歩する方が尊い

全体主義も共産主義も嫌いだが、この言葉は的を得ているような気がしてならない

192 :鴨志田重油:02/06/25 22:42 ID:5EpOrvjb
>>188
裏表なんてあって当たり前だろ。
それくらいじゃなけりゃ国際競争力なんてあるか。
外交なんてできるか。
営業すらできるか。
おまえはアホか。


193 :朝まで名無しさん:02/06/26 03:26 ID:U32RqXUj
>>191
百人が一歩進歩させるためには、一人で千歩歩けるような人間の存在が必要だ。
先を歩んだ人間が足跡を残すことによって、他の人間が一歩進めるような
環境が整うと言える。
重要なのはそのような存在を受け入れる環境を整えることだ。出る杭が打たれる
社会に進歩はない。

194 :朝まで名無しさん:02/07/06 15:28 ID:AyKk5fDF
まず、巷には、共学に行きたい中学生が多いのに別学が多すぎるとか言っている人がいますが、
中学が全て共学であることにより子どもたちが共学に馴染み、共学がいいというようになる人が
多いということが考えられます。そういう点で、高校だけを切り離して議論すること自体が問題です。
確かに現在は中学が共学で高校だけ別学の県がありますが、これは全て共学にしたいGHQと別学を
守りたい人の妥協でしょう。よく、○○高校百年の歴史、などと言われますが、最初の50年くらいは
5年制の別学だったわけで、歴史的なことを持ち出すならば、現在の制度しか見ないのは矛盾しています。

また、思春期を過ごす場ということを考えればあえて途中で切り替えるのはむしろ特異でしょう。
少なくとも、アメリカは中高一貫校が多いので、アメリカの例を持ち出すならば、そのことを頭に
入れておくべきです。

さて、共学か別学かを選べるようにするという発想ですが、これはあまり良いとは思えません。
戦前世代の方によると、戦前は別学であったため男女が画然と別れ、今のような風紀の乱れなど
考えられなかったわけです。別学の大きなメリットの一つとして、男女の距離を置く感覚が身に
つくことだと思いますが、そのためにはむしろ、別学を増やして、基本的に別学で育つようにする
べきではないでしょうか。選べるのであれば、いちゃいちゃしたいから共学に行く、というのも認める
ことになります。それでは別学の教育目的の一つである男女7つにして席を同じくせず、の精神を身に
つけさせることが達成できません。従って、法律を改正し、戦前のように男女別にするべきだと考えます。
(ただし、機会の均等は必要なので、内容はおおよそ同じでよいし、大学のような高度な教育は基本的に
共学でよいでしょう。)

教育制度は何を教えたいかを第一に考えて決めるべきであって、まず生徒の希望ありき、ではないはずです。

異性の体を理解することが必要といいますが、
思春期に異性の体を知れば淫らな気持ちにもなるでしょう。
異性が身近にいるといたずらに異性への興味を煽りかねないのです。
そういうことを防ぐためにも男女別学の方が望ましいのです。
共学化に賛成することはそのような性の乱れを助長しかねません。

ジェンダーフリーとかいう男女同質化を強制する思想には賛成できません。近年はそのような思想を
押し付けられて苦しんでいる人たちが多いので、そのような思想から人々を解放し、男が男らしく、
女が女らしくあることを認められる国を取り戻さなくてはなりません。そのためにはフェミニズムを
強制する悪法、男女共同参画社会基本法を廃止しなくてはなりません。

195 :朝まで名無しさん:02/07/06 15:45 ID:MM0UVYxL
>>194に全面的に同意

てか、優者の論理/倫理を身に付けられるような教育きぼんぬ



196 :朝まで名無しさん:02/07/06 15:50 ID:GspF2+vV
男女別学にしたところで学外でイチャイチャしてたら同じことだと思うが。
女子校なんてむしろ共学より別学のほうが「女として」乱れていたり。
男の目を気にしなくてすむってことで。

197 :朝まで名無しさん:02/07/07 00:54 ID:l9Czlr4P
>>196
戦前の中学や女学校はしっかりしていたし、放課後にいちゃついたり
してなかったよ。今は中学が共学だし、周りが共学ばかりだと自分たちだけ
遊んでいけないの?
ってことになるんだろ。

198 :朝まで名無しさん:02/07/08 11:04 ID:yMjnwbCI
http://www1.ezbbs.net/13/a_okamoto/
ここで共学信奉のフェミが暴れている。
戦おう!


199 :朝まで名無しさん:02/07/08 11:07 ID:3XgvROKq
教育に乗せると子供がクソ化する時代・・・・
いっそのこと子供と一緒に自然あふれる山奥へ・・・・・・

200 :朝まで名無しさん:02/07/08 11:32 ID:AaGy8F9U
老人達のオナニースレはここですか?

201 :朝まで名無しさん:02/07/08 11:35 ID:Hr6QxJfZ
子供を大事にしない国家に未来はないよな

202 :朝まで名無しさん:02/07/08 11:39 ID:NY/kYaaF
>>201
厳しさも愛情だ
甘やかす=大切にする
というのは間違っている
子供だからこそ厳しく接するべきだ

203 :朝まで名無しさん:02/07/09 01:17 ID:RZp0+K2e
>>199
子どもは作らない。もしできてしまったら外国へ移住するつもり。仕事が
見つかるかは不安だが、日本で育てることを考えればまだ脱出したほうが
マシ。


204 :朝まで名無しさん:02/07/09 10:40 ID:5HJW/zFk
アメリカは教育再興運動が起きている
アメリカへゆこう

205 :朝まで名無しさん:02/07/10 20:15 ID:sbysTkl3

男女共学では10代のセックスが盛んになる。
http://www.singlesexschools.org/adgirls.html
teenage sex and unwanted teenage pregnancy are much more common at
coed schools

共学校の生徒は異性のことばかり考えている。

女子校の子はもっと大事なことがある、と思っている。
共学は下品。

206 :朝まで名無しさん :02/07/12 06:11 ID:QJ3QQTvw
教師が道徳的なモノを教えられなくなったのって、PTAの連中、即ち子供の親の世代が、自分たちの妄想でアレ駄目コレ駄目屁理屈こねてイチャモン付けてくるのも大きな原因だろうな。
結構前に、小学校高学年の道徳で『自殺』というテーマについて語った教師が、
PTAに晒しアゲくらってボコボコにされたという話を、小学教師をやっている友人から聞いた事があるんだけど、
当然の事ながら教師は『死』という事を軽々しく考えさせない意味でテーマを取り扱ったと思うんだよね。
それが親達にかかると「刺激が強すぎる」「知らなくて良いことを取り上げた」「死を意識させることで潜在的に自殺を助長した」とか、被害妄想大爆発。
もちろん肯定派も居たらしいけど、大多数がバッシングの嵐。
これで学校生活で人格教育しろなんて、片腹痛いよな。
志があって教師を目指した人も、こんな規制やタブーだらけな現場じゃ、生徒とガチンコで向かい合える分けない。


207 :サルベージ ◆Ytn5MZ2k :02/07/12 15:04 ID:5FoFthjp
塾講師で有りながらガチンコ教育かました↓の事件如何思われます??
http://news.msn.co.jp/articles/snews.asp?w=184065
講師なんだから客(金払ってる生徒)に必要以上関わるな?
それともガンガンやれ?
私はまあこう言う人も有りかなと思いますが。如何???

208 :(*'ー')momonga:02/07/12 15:06 ID:ns9li4T7
うちが卒業した中学校ブラックリスト3位...
鳥取なんだけど...
結構やばいよ。
今妹が行ってるんだけど、かなり荒れてる。

209 :サルベージ ◆Ytn5MZ2k :02/07/12 15:09 ID:5FoFthjp
>>207の追加
実際、吉野講師は『肩書』を意識してか、
髪形をリーゼントできめ、授業中は「オレのバックにヤクザがいる」
と話し、若かりしころのヤンチャ話を披露。
「雑談が面白くて退屈しないし、授業内容も分かりやすく、
すぐ定員に達し締め切られてしまう」(浪人生)と、
少子化が進み生徒集めが難しい業界にあって看板講師となっていた。

すみません、詰め込みが出来ててもDQNなのでしょうか??



210 :名無しさん@3周年:02/07/12 23:37 ID:JFjpeZ60
>>207
DQNガチンコじゃんか(笑
何か、最近TBSのせいで危ない意味合いで使われることが多くなってないかい?

確か、本来は相撲の”真剣勝負”って意味だよね。


211 :朝まで名無しさん:02/07/12 23:45 ID:iCjfRIkQ
戦後教育なんてアメリカ文化の押し付け。
民族復興運動の中で亡びていくべきもの。


212 :朝まで名無しさん:02/07/13 21:36 ID:oJO9tD56
消えゆく中学の中間テスト  (共同通信)
http://newsflash.nifty.com/news/ts/20020713ts018.htm
学校週5日制で減少する授業時間の確保や、生徒に対する「絶対評価」導入を背景に、
全国の政令指定都市の公立中学校で、ことしから1学期の中間テストを廃止する動きが
広がっている。廃止は各学校長の裁量で決めるが、京都市や北九州市では廃止した
学校が約6割にも上り、保護者の一部からは「集中して学習する機会が失われる」との懸念
の声も出ている。

57 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)