5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

<<狂牛病関連情報蓄積スレ その14>>

1 :鶉橋誠一:02/05/28 22:57 ID:G+XHjNRM
前スレ
・<<狂牛病関連情報蓄積スレ その13>>
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/news2/1018930764/

・アクセスできないときは、過去ログ倉庫で探してね!
 http://bse.omosiro.com/
 http://members.fortunecity.com/nikukoppun/ ミラー
・「狂牛病」脳衰・荒逝省氏ね!シリーズ速報版への最新版は
 http://news.2ch.net/news/
 ニュース速報版からアクセスしてね。
・必見のニクコップンデータベースはこちら↓
 http://bsecjd.hoops.jp/
◆◆必読◆◆ 日本のとった呆れかえる狂牛病対策  Nature誌
 英文 http://www.nature.com/nature/news/010927.html#2
 和文 http://www.natureasia.com/japan/webspecial/bse/

意見・感想は他スレでやるとして、
ここは情報集積オンリーでいきましょう。

煽り禁止・冷静にお願いします。
また、参考になる情報を見つけたら貼り付けていただけると幸いです。

2 :2:02/05/28 22:57 ID:IMLo3ohX
2!

3 :朝まで名無しさん:02/05/28 22:58 ID:G+XHjNRM
■食品安全法制定を提言=公明党
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020528-00000164-jij-pol

 公明党は28日の政調全体会議で、BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)問題などを
教訓に、生産・流通・販売における「フードシステム」全体の安全を確保するため、
食品安全法(仮称)制定を柱とする提言をまとめた。同法は、消費者優先の理念を
明確にするとともに、消費者に対する情報開示を進めるため、内部情報提供者の
保護を盛り込んでいる。今後、自民、公明、保守の与党3党の「食の安全確保」
プロジェクトチームで検討する。 (時事通信)

4 :朝まで名無しさん:02/05/28 23:03 ID:G+XHjNRM
<BSE>死亡牛の全頭検査を実施へ 与党が特別措置法案を了承
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020529-00002072-mai-soci

 自民、公明、保守の与党3党のBSE(いわゆる狂牛病)対策特別措置法案が2
8日、自民党の政調審議会で了承された。野党と最終調整を行い、今国会に提出さ
れる。これを受け、農水省も03年4月から死亡牛の全頭検査を行う方針を固めた。
全頭検査には、感染の可能性の少ない2歳未満の牛などに例外も認めた。
(毎日新聞)



5 :朝まで名無しさん:02/05/28 23:20 ID:dxAeyJZz
狂牛病の牛の肉を口にする可能性は極めて低い
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/med/leaf?CID=onair/medwave/colm04/150519


6 :朝まで名無しさん:02/05/28 23:21 ID:dxAeyJZz
「狂牛病が人にうつるエビデンスは希薄」、英研究者が反証
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/med/leaf?CID=onair/medwave/tpic/149420


7 :朝まで名無しさん:02/05/28 23:21 ID:dxAeyJZz
“狂牛病疑い”の患者は狂牛病ではなかった−−、現在は病状が回復
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/med/leaf?CID=onair/medwave/tpic/184400


8 :朝まで名無しさん:02/05/28 23:23 ID:dxAeyJZz
BSE/CJDの話題:2002-99
http://square.umin.ac.jp/~massie-tmd/bsecjd.html

9 :朝まで名無しさん:02/05/28 23:24 ID:dxAeyJZz
BSEパニックの検証
http://www.nca.or.jp/shinbun/20020315/nousei020315_2.html

10 :朝まで名無しさん:02/05/28 23:24 ID:dxAeyJZz
食肉と健康を考えるーBSEをめぐって (畜産の情報 国内編 別冊)
http://lin1.lin.go.jp/alic/sirase/bsebook1.htm

11 :朝まで名無しさん:02/05/28 23:27 ID:dxAeyJZz
牛海綿状脳症(BSE)と変異型クロイツフェルトヤコブ病(vCJD)
国立精神・神経センター神経研究所疾病研究第7部長 金子清俊
http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/2572/aff.html

12 :朝まで名無しさん:02/05/28 23:27 ID:G+XHjNRM
■スターゼン決算:偽装響き初の最終赤字
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/keizai/20020529k0000m020104000c.html

 2月に牛肉などの産地偽装表示が発覚した食肉卸大手のスターゼンは28日、
02年3月期連結決算を発表した。最終損益は10億円の赤字(前期は16億円の
黒字)で最終赤字は初めて。偽装表示による取引停止などが影響した。売上高は
前期比2・5%減の2069億円、経常利益は同73・4%減の8億円だった。偽装
表示の責任をとって鶉橋誠一社長を4月から3カ月間、基本給の50%の減給処分と
したが、社長の引責辞任は否定した。

[毎日新聞5月28日] ( 2002-05-28-21:31 )


13 :朝まで名無しさん:02/05/28 23:29 ID:dxAeyJZz
BSEの正しい知識「牛肉はなぜ安全なのか」
鹿児島大学医学部附属病院長 内科学第三講座教授納 光弘
http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/2572/aff2.html


14 :朝まで名無しさん:02/05/28 23:29 ID:dxAeyJZz
BSEの正しい知識について 北海道大学 小沼教授
http://www.agri.pref.hokkaido.jp/center/sakkyo/kairyou/einou/koutei/pri_koen/1001.html

15 :朝まで名無しさん:02/05/28 23:30 ID:dxAeyJZz
山内一也東京大学名誉教授 連続講座 人獣共通感染症
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/5_byouki/prion.html 

16 :朝まで名無しさん:02/05/28 23:31 ID:dxAeyJZz
牛海綿状脳症(BSE)の三つの誤解
小澤義博(国際獣疫事務局)
http://www.agri.pref.hokkaido.jp/center/sakkyo/kairyou/einou/koutei/pri_koen/dr_o_s.html

17 :朝まで名無しさん:02/05/29 00:13 ID:/dl9WnVi
■隠されている狂牛病
シェルドン ランプトン (著),
Sheldon Rampton (原著)
ジョン ストーバー (著),
John Stauber (原著),
荒木 創造 (翻訳)

価格: ¥1,600

単行本 - 238 p (2002/04/01)
道出版 ; ISBN: 4944154666 ; サイズ(cm): 18 x 13

内容(「MARC」データベースより)
相次ぐ偽装事件、一体何を信用すればいいのか…。
表面化しつつある狂牛病の危機の実態を国民の目から隠そうとして必死になっている、
米国政府と業界の狂奔ぶりをつぶさに描いたリポート。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4944154666/qid=1022598702/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/249-9013704-3380367

18 :朝まで名無しさん:02/05/29 00:21 ID:/dl9WnVi
■狂牛病日誌
ジャン・イブ・ノ (著),
古田 尚輝 (翻訳)
田中 勝子 (翻訳)

価格: ¥1,800

単行本 - 195 p (2002/05/01)
東洋経済新報社 ; ISBN: 4492041761 ; サイズ(cm): 19

内容
 ルモンド紙の医学担当記者がスイスの医学専門誌『医学と衛生』に
毎週掲載した記事を2000年1月から2001年にかけて本書は
書かれました。
 全国消費者団体連絡会事務局長の日和佐信子氏(BSE問題に関する
調査検討委員会委員)も推薦する1冊です。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492041761/qid=1022598702/sr=1-11/ref=sr_1_2_11/249-9013704-3380367

19 :朝まで名無しさん:02/05/29 08:09 ID:/dl9WnVi
■死亡牛全頭検査、「来春困難」が40道府県 本社調べ(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0529/002.html

 牛海綿状脳症(BSE)対策で政府・与党は欧州にならって、飼育中に死亡した
2歳以上のすべての牛を来春から検査する案を打ち出した。BSE発見率は食肉処
理に回される牛の10倍以上とされ、対策の新しい目玉だ。しかし、施設や人員の
不足のせいで、死亡牛の半数を抱える北海道など40道府県が「来年度中に検査を
始められるかどうか分からない」などと悲観していることが28日、朝日新聞社の
アンケートでわかった。
 専門家によると、欧州で農場などで死亡した牛からBSEの病原体が検出される
率は、食肉処理される牛より10〜20倍も高い。このため欧州連合(EU)はB
SE禍の実態をつかむ決め手として、昨年7月から全頭検査に取り組んでいる。
 日本は来年4月からで、欧州より1年9カ月遅れだ。対象は農水省の推定で年間
7万6千頭。脳の一部を摘出し、感染の有無を見きわめる。2歳未満の牛は欧州で
も検出例がなく、対象から外された。
 アンケートに03年度中に「検査を始められる」と回答したのは東京、群馬、福
井、石川、滋賀、鳥取、愛媛の7都県だけ。合計しても約4千頭で、全体の5%に
すぎない。
 年に約4万頭の死亡牛が出る北海道は「牛を飼っている農場が道内には約1万3
千戸ある。365日発生する死亡例の全部を検査しろといわれても、施設も人も決
定的に足りない」という。
 現在、死亡牛は道内5カ所の死亡獣畜取扱場などに集められた後、民間業者が肉
骨粉にして焼却している。全頭検査を始めるには、検査場や結果が出るまで牛を保
管しておく保冷施設が新たに必要になる。
 また、道内14カ所の家畜保健衛生所の焼却場の処理能力は年間2800頭分し
かなく、大幅に不足している。検査を担当する獣医師は200人弱。一人平均約2
00頭をこなさねばならず、「ほかの業務もあり、とても無理」と道酪農畜産課は
悲鳴をあげる。
 このほか、感染牛が見つかった場合を想定して「農家が検査に積極的でない」
(熊本県)、「死亡牛を集める場所を設けることは、周辺住民の理解が欠かせない
が、容易ではない」(大分県)といった懸念の声もアンケートに寄せられた。
 農水省は焼却場などの整備費の半額を助成する方針だ。しかし、自治体の負担も
増えるとあって「各県が共同で処理できる大型焼却炉が必要」(三重県)など、国
の援助拡大を期待する自治体が多い。
 BSE対策特別措置法案は「地理的条件等」で困難な場合、来春から実施しなく
てもいいとしており、「抜け道にならないか」と懸念する関係者もいる。
 <厚生労働省のBSE専門家会議の委員を務める山内一也・東大名誉教授の話>
 死亡牛の検査は、私たち専門家の多くが早期に実施すべきだと主張してきた。日
本では食卓の安全対策はしっかりしてきたが、汚染の実態が調査できていない。今
のままでは死亡牛が検査されないまま処理され、感染牛がうずもれてしまう恐れが
ある。早く実態を把握しないと、将来的な対策がとれなくなってしまう。(07:56)

20 :朝まで名無しさん:02/05/29 10:39 ID:hJ5AVbyu
▽企業融資 3年ぶり増 不況やBSEの影響(京都新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020529-00000014-kyt-kin

 京都府と京都市は二十八日、二〇〇一年度の融資制度の利用実績を発表した。
融資金額は、府市ともに前年度に比べて二割前後増え、長引く不況やBSE
(牛海綿状脳症、狂牛病)の影響などで三年ぶりに増加した。
 京都府の融資件数は三千九百二十一件(前年度比15%増)、金額は三百三十三億
円(同25%増)。金融安定化(貸し渋り対策)特別保証が始まった一九九八年の八
百九十億円をピークに減少していたが、再び増加に転じた。
 内訳は、売り上げ減少が著しい企業の資金繰りを支援する緊急金融対策融資が
50%増え、全体の67%を占めた。
 京都市の融資実績は四千八十一件(同13%増)、二百八十億円(同19%増)だった。
緊急融資の対象となる不況業種が年度当初の百六から百九十四まで拡大、BSEに
伴う食肉関連や建設業の増加が目立った。
 また、府と市が今年一月下旬に創設した既存融資の借り換え融資制度の利用は、
二カ月間で計三百六十九件、五千四十一万円に上り、融資実績を上積みする形と
なった。

21 :朝まで名無しさん :02/05/29 11:08 ID:okl/RqVy
37 :    :02/05/27 12:47 ID:PzsU2meP
究極のアフォ政治は、農水のBSE問題につきる。
水際で食い止められなかったツケが、これだけの食への不安を掻き立て、ただでさへ不況経済の真っ只中、いらん経済悪化効果をもたらした。
そればかりか、政府の肉の買い入れや全頭検査に莫大な費用をかけなければならないことになり、踏んだりけったり。
一部のみみっちい業者を守ったツケがこのザマだ。

大勢予測ができない自民政権に日本をあずけていても、この先ろくなことは無いであろう。



22 :朝まで名無しさん:02/05/29 14:25 ID:XJouSj8L
▽4頭目のBSE発生農場  疑似患畜は44頭(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02052901.html

 北海道は二十八日、国内四頭目の牛海綿状脳症(BSE)患畜が発生した
音別町の農場で飼養されている牛五十六頭のうち、疫学的に関連性が高い
四十四頭を疑似患畜とした。このうち、四十一頭は家畜伝染病予防法に基づき、
病性鑑定のため殺処分し、焼却する。
 残りの三頭は、国内で見つかった四頭のBSE患畜と生年月日が近い1996年
五〜七月生まれ。新得町にある北海道立畜産試験場の隔離施設に搬送し、
学術研究のため飼養する。

23 :朝まで名無しさん:02/05/29 14:27 ID:XJouSj8L
▽BSE発生農家は「経営継続」/北海道音別町(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02052902.html

 国内四頭目のBSE患畜が発生した北海道音別町の酪農家が経営継続の意思を
固めていることが、二十八日明らかになった。国の支援事業などを活用しながら
代替牛を確保し、経営再建を目指すという。
 同町JAおんべつの筥嵜通晴参事は「当該農家には、同居牛の多くが殺処分され
ることに無念さはあると思うが、いまは前しか見ていない」として農家の経営継続の
意思を強調する。
 BSE発生農家の経営継続に向けては、代替牛の導入経費などを助成する国の
酪農互助システム支援事業が今回初めて発動されるなど、国や道、JAグループ
北海道の独自事業が経営再建を支援する。
 ただ、道内の酪農家からは、多くの同居牛が疑似患畜として殺処分される現在の
国の「BSE検査対応マニュアル」見直しを求める声は強い。

24 :朝まで名無しさん:02/05/29 14:30 ID:XJouSj8L
▽BSE法案が今国会で成立へ(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02052905.html

 牛海綿状脳症(BSE)対策特別措置法案が二十八日、国会提出に向けた各党の
党内手続きを終え、与野党一致で今国会中に成立する見通しになった。早ければ三
十日の衆院農林水産委員会で採決し、今週中にも参院に送る見通し。野党が提出し
た伝染性海綿状脳症対策緊急措置法案は取り下げる方向だ。
 同法案をめぐっては、与党と野党がそれぞれに法案をまとめ、調整を呼びかけて
いた。最終的に与党法案の一部を修正し、与野党が一致して提出することになった。
 同法案には、
1.BSE発生時の対応マニュアルとなる基本計画の策定
2.二十四カ月齢以上の病気やけがで死亡した牛のBSE検査は原則、
 二〇〇三年四月一日から義務付け
3.牛肉骨粉を原材料とする飼料の販売や牛への給与禁止
4.畜産農家に耳標の装着や牛の移動履歴などの記録・情報提供の義務付け
5.畜産農家や関連業者の経営安定のために必要な措置――などを位置付けている。

25 :朝まで名無しさん:02/05/29 14:33 ID:XJouSj8L
■スターゼン決算、初の最終赤字に  BSE、食肉偽装が直撃(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02052909.html

 黒豚など食肉表示を偽装し農水省の改善指導などを受けたスターゼン(東京都港
区)が初の最終赤字に陥った。同社は二十八日、二〇〇二年三月期の決算を発表し
たが、昨秋以降のBSE発生に加え、虚偽表示の発覚で三月の売上高が前年同期に
比べ二割もダウン。最終的に連結ベースで当期純損益は十億四千万円の赤字となっ
た。
 連結業績は、売上高が二千六十九億四千万円(前期比2.5%減)、営業利益十
二億九千万円(同61.0%減)、経常利益八億千万円(同73.4%減)の減収
減益だった。単体でも二年連続の赤字を記録した。
 事件を起こした佐賀パックセンターのあった大口需要者・九州ジャスコとは取引
のめどが立っていないが、ほかは大半が再開しつつあるとしている。しかし、〇二
年度決算見通しは前半の売り上げ苦戦から、売上高で千九百六十億円と二千億円の
大台を割り込み、〇一年度に比べ百九億円減少する。虚偽表示の責任問題に関し鶉
橋誠一社長は「報酬カットをした。経営責任をまっとうし一兆円企業に育てたい」
と辞任の意思のないことをあらためて強調した。

26 :朝まで名無しさん:02/05/29 15:00 ID:XJouSj8L
渡辺農林水産事務次官記者会見要旨
( 平成14年5月27日(月) 14:00〜14:08 於:農政クラブ )
http://www.kanbou.maff.go.jp/kouhou/020527jimujikan.htm

○食肉処理場でBSEを疑われた牛の検査体制について

Q: 先週末にBSE5頭目の疑いのある牛が出まして、結果としては陰性だった
わけですけれども、担当獣医さんの判断が先日の事件以来厳しくなったのかなとい
うのがあって、と畜場で解体の臨床を行って、元々出荷下の農家に送り返すという
形になりましたけれども、こういうケースは今後もまた増えるんじゃないかと思う
んですが、農水省としてはどういうふうにお考えですか
 
A: 厚生労働省から聞きますと「と殺解体禁止される牛」というのは珍しいわけ
ではなく、年間百数十頭おります。その場合には、当然のことながら、もう一度農
林水産省の管轄に入るわけであります。ですから、増えるか増えないかというのは
ちょっと予想は出来ませんが、当然法令に定める手続きに入ると思います。
 今回のケースも山梨から新潟に送り返されたわけですけれども、普通は21日間
を上限として観察をするということだったんですが、マスコミの方の観察が非常に
多くて農家が仕事にならないと、これ以上飼養が不可能だということで、言ってみ
ると調査に協力をしてくれたということになりましょうか。そういうことでございます
ので、感想ということの程のことではないんですが、どちらが良かったかなかなか
難しいところでございます。ただ、やはり一番我々にとって大事なのは、症状と
それからその結果、そしてそれをまたフィードバックしてどういう飼い方、どういう
エサの与えられ方をしたのかという原因究明の一助とするという点では、やはり
いろいろのケースが出てきた方が良いと思います。

27 :朝まで名無しさん:02/05/29 17:08 ID:hLJNGUjs
▼ 肉偽装のスターゼン 赤字転落<5/28 18:30>
http://www.ntv.co.jp/news/28_1830_4.html

牛肉や豚肉の表示偽装問題を起こした食肉卸大手、スターゼンの決算が発表され
BSEや偽装問題の影響で最終損益は赤字に転落した。スターゼンの発表によると
今年3月期のグループ全体の決算は経常利益が前の期に比べ73.4%減り約8億
1800万円となっている。この結果、当期利益は前の期の16億円あまりの黒字から
10億4000万円の赤字に転落した。スターゼンは、おととしから去年にかけ、あわせて
24トンの牛肉や豚肉の種類を偽って表示していたことなどが今年2月に発覚、公正
取引委員会などからすでに処分を受けている。

28 :朝まで名無しさん:02/05/29 18:17 ID:mHEBAwKh
>>21
情報以外は貼らないよーに。

29 :朝まで名無しさん:02/05/29 18:21 ID:mHEBAwKh
県産に「HACCP」  
埼玉県、農畜産物で全国初
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/topnews/topnews01020529.html

30 :朝まで名無しさん:02/05/29 20:08 ID:/dl9WnVi
▽広告収入落ち、全社減益=民放4社の3月期決算
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020529-00000389-jij-bus_all

 東証上場の民放主要4社の2002年3月期決算が29日出そろった。長引く
景気低迷に加え、昨年9月の米テロ事件やBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)の
影響で、企業の広告費が年度後半に大幅減少、4社とも減益となった。
 上半期(4〜9月)はマイライン(通信事業者選択サービス)の広告収入などで、
前年度来の好調が持続。しかし、下半期(10〜3月)は各社とも、利益率の高い
「スポット広告」を中心に落ち込みが目立ち、業種別では「消費者金融以外すべて
の業種で、広告収入が減少した」(日本テレビ)という。また、BSデジタル放送
の赤字も響いた。
 03年3月期は4社とも、企業の広告出稿は低調な状況が続くとみて、減益を見
込む。 (時事通信)

31 :朝まで名無しさん:02/05/29 20:48 ID:/dl9WnVi
▽七面鳥えさに有害物質 ドイツ 消費者保護相、苦境に
http://www.sankei.co.jp/news/evening/e30int002.htm

 【ベルリン28日=関厚夫】「自然食品大国」として知られるドイツで、飼育され
ていた七面鳥の飼料に発がん性が高いとされるニトロ基系の有害物質が混入してい
たことが判明した。汚染された七面鳥の肉は数カ月間にわたって市場で販売されて
いたことから、環境政党の「90年連合・緑の党」出身で、自然食品の流通拡大を主
張していたキュナスト消費者保護相は苦しい立場に追い込まれている。
 汚染されていたのは小麦系の植物性飼料で、総数は五百五十トンにも及ぶ。独北
部や東部各州の自然食品農場を中心に流通、数十万羽の七面鳥が汚染飼料を与えら
れていたとみられ、当局は回収を急いでいる。
 キュナスト消費者保護相は二十八日、緊急対策会議を招集したが、肝心の汚染源
の特定や経路については「霧に包まれたまま」(同相関係者)だ。汚染飼料が一般の
農家に販売されたり、鶏肉や卵にまで汚染が拡大していたりする疑いも指摘されて
いる。
 さらに汚染飼料は昨年十一月末から今月にかけて流通、一部の当局者がその事実
を把握しながらも対策を怠っていた可能性が出てきたことから、野党陣営はキュナ
スト消費者保護相の責任を厳しく追及している。
 ドイツでは昨年一月、BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)対策で後手に回ったフンケ
農相が引責辞任した。これを受けて農林・食料管理省を消費者保護・農林食糧管理
省として再編、そのさいにキュナスト氏が「消費者保護のエキスパート」として同
省トップに就任した経緯がある。
 飼料から検出された有害物質はニトロフェンと呼ばれるもので、一九六〇年代、
欧米を中心に広く飼料に用いられたが、皮膚や気管支系の疾患の原因になるばかり
か、動物実験で高い発がん性が確認されたため、八八年に使用が禁止された。

32 :朝まで名無しさん:02/05/30 01:40 ID:RRiXz4Zo
Sausages a BSE risk, says expert
by Geraint Smith
http://www.thisislondon.co.uk/dynamic/news/top_story.html?in_review_id=584117&in_review_text_id=551853

web翻訳
http://www.excite.co.jp/world/url/?wb_url=http://www.thisislondon.co.uk/dynamic/news/story.html?in_review_id=584117&in_review_text_id=551853&wb_lp=ENJA&wb_dis=3&wb_co=excitejapan

33 :朝まで名無しさん:02/05/30 01:59 ID:RRiXz4Zo
フランスの“英国産牛肉禁止”に迅速な終わりは無い。

Thursday May 23, 02:17 PM
No quick end to UK beef ban
http://uk.news.yahoo.com/020523/80/czjmj.html

web翻訳
http://www.excite.co.jp/world/url/?wb_url=http://uk.news.yahoo.com/020523/80/czjmj.html&wb_lp=ENJA&wb_dis=3&wb_co=excitejapan

34 :朝まで名無しさん:02/05/30 07:55 ID:RRiXz4Zo
▽廃用牛を一時預かり 二戸に集約管理施設開設 (河北新報)
http://www.kahoku.co.jp/NEWS/2002/05/20020530J_02.htm

 BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)発生後、畜産農家の牛舎に廃用牛が滞留してい
る問題で、岩手県二戸地方の各市町村と北いわて、奥中山両農協は27日から、
一時集約管理施設を開設した。
 国の「廃用牛流通緊急推進事業」の一環で、農協が借り上げた公営牧野など3カ
所に廃用牛が預けられる。国から実施主体の農協には、1頭5000円の集約管理
施設改修助成金と1頭8000円以内の集約管理助成金が支払われる。
 それぞれの管理施設の収容規模は二戸市の市営牧野が10頭、一戸町の町営
牧野が100頭、軽米町の民間施設が40頭。
 これまでに、軽米町の民間施設と二戸市の市営牧野に21頭の廃用牛が預けられ
ている。30日には、一戸町の町営牧野にも約30頭の廃用牛が預けられる。県二戸
地方振興局の畜産課によると、二戸地区管内では2002年度末までに、約1000頭
の廃用牛が出る見込みだという。  2002年05月30日木曜日

35 :朝日:02/05/30 10:15 ID:p7FLD5Hk
「代用乳は安全」とJAが広告、農水省が抗議
http://www.asahi.com/national/update/0530/009.html
 国内で牛海綿状脳症(BSE)に感染した4頭の乳牛に共通して与えられ
ていた代用乳について、全国農業協同組合連合会(全農)などJAグループ
が、日本農業新聞に「安全です」とする広告を出し、農水省が抗議して訂正
を求めたことが30日、わかった。衆院農林水産委員会で武部勤農水相が、
鮫島宗明氏(民主)の質問に答えた。
 広告は24日に日本農業新聞に掲載された。代用乳を製造した全農系の科
学飼料研究所も連名し、「くみあい配合飼料および代用乳は安全です」と見
出しをつけた。さらに、代用乳について「感染源となった可能性は低いとも
考えられる」とした農水省の感染源調査の中間報告の一部を引用した。
 武部農水相は「感染源の究明を国民全体の注視の中で着手しているところ
で、こういう広告の掲載はかえって不信感を拡大する。極めて腹立たしいも
ので、許されざること」。「言語道断で驚きに耐えない」などと厳しく批判
した。
 さらに、農水省の調査報告の引用に関して、「代用乳が感染源になった可
能性が完全には排除できないと結論づけているにもかかわらず、『可能性が
低い』とする一部のみ引用された」と述べた。(10:10)

36 :朝まで名無しさん:02/05/30 16:43 ID:rdjTpQ/2
■JAS法改正案を可決/衆院農水委(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02053002.html

 JAS法改正案が二十九日、衆院農林水産委員会で全会一致で可決された。
三十日の衆院本会議で可決し、参院に送る見通し。付帯決議では、
1.偽装表示などの違反をした場合には、直ちに改善などを指示し、業者名を公表
2.立ち入り権限がある食品表示監視担当職員の配置など、監視態勢の整備の
積極的検討――などを政府に求めた。
 民主党が提出した「農林物資品質表示監視官」を設置することを盛り込んだ修正案は、
反対多数で否決した。
 同法改正案は偽装表示などに対する罰則強化が柱。偽装表示などの法律違反をした
場合には、新たに最高一年の懲役刑を導入。現行は最高五十万円としている罰金は、
個人の場合は最高百万円、法人の場合は最高一億円にそれぞれ引き上げる。

 また、違反した業者名の公表も、同省が必要と判断した場合には、改善などの「指示」
と同時に「公表」することも可能になるようにする。

37 :朝まで名無しさん:02/05/30 16:44 ID:rdjTpQ/2

▽JAグループ:BSE4頭の代用乳を安全と広告 農相が批判
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/20020530k0000e040054001c.html

 BSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)に感染した乳牛4頭に飼料として使わ
れていた代用乳について、全国農業協同組合連合会(全農)などJAグループが今
月24日付の日本農業新聞に安全を強調する全面広告を出していたことに対して、
武部勤農相は30日、「消費者のためにも、畜産農家のためにもならず、極めて腹
立たしい」と厳しく批判した。全農と全国農業協同組合連合会(全中)に抗議し、
訂正を求めるよう担当の農水省の生産局長に指示したことも明らかにした。
 同日開かれた衆院農林水産委員会の中で鮫島宗明氏(民主)の質問に答えた。
BSE感染の4頭にはいずれも全農系の飼料会社が作った同じ代用乳を使っていた
ことが判明している。広告には、全農、全中と並んで、この飼料会社も名前を連ね
ている。
 広告では、代用乳の原料になったオランダ産粉末油脂について「農水省発表の中
間報告書において感染源となった可能性は低いとも報告されている」と国の説明の
一部を引用し、「代用乳は安全です」と主張した。
 武部農相は「感染経路の究明にあたり、代用乳は4頭共通の飼料として徹底調査
に着手しているところだ。このような時期に安全性を主張する広告を出すのは、消
費者、畜産農家のためにもならず、かえって不信感を生じる」と不快感を示した。
 【荒木 功】 [毎日新聞5月30日] ( 2002-05-30-12:37 )


38 :朝まで名無しさん:02/05/30 16:45 ID:rdjTpQ/2
▽BSE対策:2年後全国10カ所に専用施設 病死牛など焼却
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/20020530k0000e040072000c.html

 BSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)対策に絡み、病気や事故で死んだ牛(
へい死牛)や、食肉処理場で出る脳・せき髄などの専用焼却施設を、環境省と農林
水産省が国内約10カ所で設置する方針を固めた。事業主体は産業廃棄物処理業者
で、国と自治体が補助する。公的施設を中心に行われているBSEの感染原因とさ
れる肉骨粉や、原料の死亡牛の処理が難航しているため。環境省産業廃棄物課は事
業者との交渉、環境影響評価調査などを早急に進め、早ければ2年後の稼働を目指
す。
 高温焼却が可能な専用焼却施設で、北海道と九州に各2カ所、その他の地域は地
方農政局単位などで1カ所ずつ設ける方向。4分の1を国が、4分の1を都道府県
が補助する。
 両省によると、へい死牛は年間約16万頭で、各地の肉骨粉製造工場で飼料や
肥料に加工されてきた。BSE問題後、牛の肉骨粉とともに焼却が義務づけられた。
脳やせき髄も感染経路となる危険部位として選別して産業廃棄物として処理する
こととなった。だが、昨年10月には、茨城県内の林道脇で死んだ乳牛1頭が放置
されているのが見つかるなど、処理の限界が指摘されている。
 牛の肉骨粉は、自治体などの一般廃棄物処分場で焼却されることになったが、
住民理解が得られないなど、全頭検査(昨年10月開始)前の製造分を受け入れ
ない公的施設も続出。今年5月時点で全国約2000施設中、処理施設は196カ所に
とどまっている。
 このため、へい死牛や危険部位の処分まで手が回らないことも懸念されており、
専用焼却施設で処理の受け皿を確保することになった。 【野倉恵】
[毎日新聞5月30日] ( 2002-05-30-15:01 )


39 :朝まで名無しさん:02/05/30 16:49 ID:rdjTpQ/2
▽BSE対策特別措置法案、衆院農水委で可決(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/kyougyu/K2002053000779.html

 飼育中に死亡した2歳以上のすべての牛を来春から検査することなどを盛り込ん
だ牛海綿状脳症(BSE)対策特別措置法案は30日、衆院農林水産委員会で全会
一致で可決された。死亡牛の全頭検査をめぐっては、施設整備や人手不足で早期に
態勢がとれないとする自治体が多く、今国会で法律が成立しても、今後の課題となる。

40 :朝まで名無しさん:02/05/30 18:10 ID:45Q9VJDS
▽農相、全農の代用乳「安全」広告を批判(日経新聞)
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20020530CCCI036030.html

 武部勤農相は30日の衆院農林水産委員会で、国内のBSE(牛海綿状脳症、
狂牛病)感染牛4頭が共通して飲んでいた代用乳を製造していた農協(JA)
グループが先週、「代用乳は安全」などと強調する新聞広告を出したことを
「許されざることだ」と強く非難した。今後正式に抗議し、訂正を求めるという。
 問題の全面広告は全国農業協同組合連合会(全農)などが24日の日本農業
新聞に掲載。民主党の鮫島宗明氏が見解を求めたのに対し、農相は「感染経路の
究明を進めているなかで、こういう広告は消費者と畜産農家のためにならない。
腹立たしい」と批判した。
 感染牛は4頭とも全農系の工場が生産した代用乳を生後まもなく飲んでおり、
感染ルート特定を進める農水省の重点調査の対象の一つになっている。広告は
農水省がこれまで感染源となる成分が入ったと確認できず、3月の同省の中間
報告が「感染源となった可能性は低いとも考えられる」と指摘したことを取り上げ、
グループの代用乳などを安心して利用するように求めた。

41 :朝まで名無しさん:02/05/30 21:51 ID:RRiXz4Zo
▽県、1頭を「疑似」判定 BSE発生農場の牛2頭県内に出荷(熊本日日新聞)
http://kumanichi.com/news/local/main/200205/20020530000151.htm

 県畜産課は二十九日、国内四頭目のBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)感染牛が見
つかった北海道音別町の農場で飼われていた乳用牛のうち二頭が、県内に出荷され
ていたことを確認したと発表した。うち一頭はすでに病死している。県は、残る一
頭についてBSEに感染している可能性のある疑似患畜と判定。三十日にもBSE
検査した後、焼却処分する。
 県が農水省からの情報で、牛の血統登録証や出荷時期、販売経路などを調べて分
かった。
 同課によると、生存している一頭は二〇〇〇(平成十二)年一月十日生まれ。北
海道から今年四月八日に出荷され、県内の酪農家が飼育している。今のところ、B
SE特有の神経症状などはみられないという。
 三十日にも県中央家畜保健衛生所(下益城郡城南町)でBSE検査を実施。陽性
反応が出た場合、検体を茨城県つくば市の動物衛生研究所に送って精密検査する。
結果が判明するのは、早くて来週の中ごろになるという。
 もう一頭は九八年一月二十七日生まれで、九九年十二月一日に出荷。県内の別の
酪農家が飼育していたが、二〇〇〇年十月二十二日、消化障害を起こす第四胃変位
という病気で死亡した。
 県によると、病気などで死んだ事故牛は食肉として流通することはなく、通常は
肉骨粉として処理している。ただ、この牛の最終的な処理方法は確認されておらず、
県畜産課は「死んでから時間がたっており、確認しようがない」と言っている。

42 :朝まで名無しさん:02/05/30 23:49 ID:RRiXz4Zo
「代用乳は安全」広告に農水省が全農に抗議 ANNニュース
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/0107/web/econ_news4.html?now=20020530203508

 BSE(狂牛病)問題で、全農=全国農業協同組合連合会が「代用乳は安全だ」
との新聞広告を出したことに対し、農林水産省が抗議しました。
 この広告は24日付の日本農業新聞に掲載されたもので、農水省の感染源調査報告
を引用したうえで、「代用乳は安全だ」とアピールしています。しかし、代用乳は
国内で感染が確認された4頭の牛が、いずれも餌として与えられていて、感染源調
査でも安全性は確認されていません。このため農水省は、広告は調査内容を都合良
く解釈しているとして、全農に対して抗議しました。
 この問題は30日午前の衆議院農水委員会で取り上げられ、武部農水大臣も「言語
道断の広告だ」と厳しく批判しました。

43 :朝まで名無しさん:02/05/30 23:53 ID:RRiXz4Zo
「代用乳は安全」に農水省が抗議 TBS
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye62358.html

 「牛の代用乳は安全」という 全面広告を出した全農=全国農業協同組合連合会
に対し、 農林水産省が 抗議していたことが 明らかになりました。
 この全面広告は、 24日の業界新聞に 掲載されたもので、BSE=いわゆる狂
牛病の 感染ルートを調査している 農水省の中間報告から、「代用乳は BSE感
染源となった 可能性は低い」といった 文章も引用しています。
  これに対し農水省は、全農に対し、 28日から 生産局長ら幹部が 抗議してい
ます。
  農水省では、感染源について 3つのルートの 重点調査をしていて、可能性は低
いものの、全農の代用乳もそのひとつだけに、 寝耳に水の安全宣言に 強い不快感
を示しています。また、武部大臣も30日朝の国会で、 「言語道断」と 厳しく批
難しました。 (30日 13:12 )

44 :朝まで名無しさん:02/05/31 07:43 ID:Gl+RmE3q
▽食肉業者25%が不適正表示 宮城県調査 (河北新報)
http://www.kahoku.co.jp/NEWS/2002/05/20020531J_10.htm

 雪印食品や丸紅畜産などの商品偽装表示が多発したのを受けて、宮城県などが実
施した緊急の食肉実態調査で、食肉を扱う県内業者の約4分の1が、原産地の不表
示など日本農林規格(JAS)法に違反していたことが30日分かった。行政側は
違反業者に対し、口頭で改善を指導した。県は「JAS法を理解していない事業者
がまだ多い。たとえ軽微であっても、違反は許されない」と警告している。
 調査は、県と各市町村が3―5月、県内49市町村で牛肉・豚肉・鶏肉を扱う2
21業者を対象に実施した。業種別の内訳は食肉処理3、卸10、小売172、卸
と小売の兼業が36で、仕入れ段階や店頭で原産地や食肉の種類が正しく表示され
ているかを調べた。
 県生活・文化課によると、不適正な表示があったのは全体の24.4%に当たる
54業者。このうち、原産地が表示されていなかったのが5割、原産地を確認でき
なかったのが3割。国産を県産と表示して販売するといった表示矛盾も2割に上っ
たという。
 具体的な違反例としては、「和牛」というラベルを張っただけで原産地を表示し
ないで販売したり、店頭で食肉の種類を表示せずに慣習的に口頭で量り売りしたり
する小売店があった。卸段階では、食肉の外箱や帳簿類に原産地を表示せず、口頭
で確認を済ませるケースが目立ったという。
 同課は「故意に違反した例はなかったが、違反数は予想以上に多かった。未実施
の市町村に対しても実態調査を要請するとともに、改善が進んだかどうかの追跡調
査も検討したい」と話している。
 畜産物の原産地を表示する際には、国産品については国産もしくは都道府県や市
町村名などを、輸入品は原産国をそれぞれ記載することが、JAS法改正で200
0年7月から義務付けられている。  2002年05月31日金曜日

45 :朝まで名無しさん:02/05/31 07:48 ID:Gl+RmE3q
▽羊・ヤギ危険部位食用に 鹿児島などの食肉処理場5カ所(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/kyougyu/K2002053100140.html

 牛海綿状脳症(BSE)対策の一環で食用の羊とヤギから取り除くことになった
腸や脊髄(せきずい)などの特定危険部位を食用に回している食肉処理場が鹿児島
県と沖縄県に合計5カ所あることが30日、厚生労働省のまとめでわかった。BS
Eと羊、ヤギの病気との関係はよく分かっていないが、同省は予防的な観点で4月
から危険部位の除去・焼却を指導しており、徹底するよう都道府県に通知した。
 5月15日現在で同省が全国調査したところ、羊やヤギを扱っている食肉処理場
のうち、51カ所は特定危険部位を焼却していたが、鹿児島県で4カ所、沖縄県で
1カ所の食肉処理場が焼却せず、食用に回っていた。
 両県にはヤギ汁などの食文化がある。沖縄県によると、この食肉処理場は脊髄を
取り除くための設備がなく、個人が食肉処理を依頼した場合に背骨ごと持ち帰って、
だしに使われる可能性があるという。同県は「業者には廃棄を指導できても、個人
の場合は徹底が難しい。食肉処理場からは近く設備の整備をすると回答を得た」と
している。
 羊とヤギの特定危険部位は、脾臓(ひぞう)、腸、へんとうと、生後12カ月以
上の頭(舌、ほお肉を除く)、脊髄と胎盤。(07:03)

46 :朝まで名無しさん:02/05/31 11:40 ID:FJjI+i/z
▽食の安全試される独立委、きょう新設協議(日経新聞)
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20020531CNNI005030.html

 政府は31日、食品安全行政に関する関係閣僚会議を開き、農水省や厚生労働省に
必要な政策を勧告する「独立委員会」の新設を協議する。来年度中に内閣府内に設置。
BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)の教訓を踏まえ、国内外の事故情報などを分析し、
食品行政の監視にあたる。ただ食品流通の監視機能などは既存省庁に残す方向で、
部隊なき「司令塔」になる恐れもある。
 新たな「食品安全委員会」(仮称)の設置は、BSEや病原性大腸菌O(オー)157、
遺伝子組み換えのように食品を通じて体に影響を与える可能性のある問題を早期に
発見し、適切な予防策をとることが目的。

47 :朝まで名無しさん:02/05/31 11:42 ID:FJjI+i/z
▽「代用乳は安全」広告で全農が農水省に謝罪(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/04/20020530ic52.htm

 国内でBSE(牛海綿状脳症=狂牛病)と確認された4頭の乳廃牛に、
全国農業協同組合連合会(全農)系の同じ工場で製造された代用乳が
使用されていた問題で、JAグループが「代用乳は安全」との新聞広告を
掲載したことについて、全農は30日、「農家、消費者らに配慮を欠いた
不適切な点があった」と農水省に謝罪した。  (5月31日00:38)

48 :朝まで名無しさん:02/05/31 13:25 ID:x/O/uODH
■BSE法案を可決/衆院農水委(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02053101.html

 牛海綿状脳症(BSE)対策特別措置法案が三十日、衆院農水委で全会一致で
可決した。六月四日の衆院本会議で可決し、参院に送られる見通し。
 質疑では、中小企業庁がBSEの影響を受けた飲食店など対象の融資の要件
緩和や適用期限延長について、武部勤農相は「中小企業庁に要請し相談したい。
平沼赳夫経産相にも直接話し、協力を求めたい」と、農水省として働きかける
姿勢を示した。民主党の鮫島宗明氏の質問に答えた。

49 :朝まで名無しさん:02/05/31 15:40 ID:RF9cXyXK
■なぜ牛は狂ったのか
マクシム・シュワルツ (著)
南條 郁子 (翻訳)
山田 浩之 (翻訳)
価格: ¥2,000
単行本 - 302 p (2002/05/01)
紀伊國屋書店 ; ISBN: 4314009136 ; サイズ(cm): 20

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4314009136/249-4950561-8489139

内容:パスツール研究所・元所長による「狂牛病の真実」!!
《狂牛病パニック》のさなか、フランスで出版された最も信頼すべき筋からの発信。

50 :朝まで名無しさん:02/05/31 16:09 ID:zbkRf6Hk
渡辺農林水産事務次官記者会見要旨
( 平成14年5月30日(木) 14:00〜14:09 於:農政クラブ )
http://www.kanbou.maff.go.jp/kouhou/020530jimujikan.htm

○全農等JAグループが掲載した新聞広告について

Q: 今朝の衆議院の農水委員会で、大臣が、JAの代用乳広告に関して強く抗議
して訂正を求めるという御発言を頂いたと思うんですが、広告を出された側のサイ
ドが事実が確認できないといったようなことをコメントもしておられるんですけれ
ども、事実経緯がどうなのか、それと抗議と訂正というのは、もうちょっと具体的に
いうと何を求めておられて、今後どう対応するのかとか整理してお聞かせ下さい。
 
A: 大臣が答弁をされたことに尽きるんですけれども。それから、今流通している
配合飼料或いは代用乳の安全性はもう問題があるわけではございません。全く
問題ないと思います。ただ、感染源だとか感染経路の究明については、4頭共通の
飼料として国民全体の注視の中で、代用乳等に関して調査に着手しているわけです。
途中段階での報告でも「必ずしも否定できない」ということも言ってるわけです。
勿論、可能性が低いってことも述べたその後で、「必ずしも否定できない」という
くだりがありますので、そういう点からいきますと消費者の為にも畜産農家の為に
もかえって不信感を招くものではないかということで、生産局長から訂正と抗議を
申し入れたところで、間もなく返事があると思います。私のところにもアプローチ
がありますけれども、だた、私はこれは広告のセンスからいっても甚だ広告自体と
してもおかしいと思うのです。そのちゃんと一流の広告会社に頼んだ上で作った広
告なのかどうなのかということも聞いてみたいと思うのですけれども、時期として
も中身としても誠にセンスのない広告だと思うんです。過去の話もありましょうが、
JAグループが本当に伝えたいのは「うちのエサは安全で、皆さん安心して使って
下さい」ということなんですから、そこに広告の重点を置くべきなんで、このよう
な引用をするということはちょっとビジネスのセンスからいっても変じゃないかな
というのが、私の率直な印象であります。

Q: 確認ですが、全農の広告の件についてですが、正に感染源の究明等と非常に
係わる話なので、「こういう広告を掲載したいのですが」というような問い合わせは、
農水省にはなかったのでしょうか。
 
A: 確認をしましたが、具体的には飼料課長に確認しましたが、話はなかったと
言っていました。いずれにしても、抗議と訂正を求めましたので、事情は良く聞いて、
間接的ではなくて、実際に担当した方からお話を聞いた上で、きちんと後始末を
つけたいと思います。

51 :朝まで名無しさん:02/05/31 21:40 ID:Gl+RmE3q
▽食の安全組織:内閣府に「リスク評価」の委員会設置へ
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/keizai/20020601k0000m020096000c.html

 政府は31日、「食の安全確保」を担当する新たな行政組織と法整備を検討する
農水、厚生労働などの関係閣僚会議を開き、政府案の概要を提示した。政府構想で
は、食品の安全性や人体への影響など「リスク評価」を行う専門家ら数人による
「委員会」を内閣府に設置し、担当閣僚も置く。その下部組織として分野別の評価
チームと事務局を設ける。組織の配置は「行政の肥大化防止のためスクラップ・
アンド・ビルドによる」とし、23日に自民党が発表した提案に歩調を合わせ、
農水省の外局である食糧庁の廃止に含みを持たせた。
 「委員会」は、BSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)問題で批判された縦割
り行政の反省から検討され、医薬品を除く食品一般の安全性評価を担当する。この
日の閣僚会議は、「委員会」に消費者代表を加えるかについては意見が分かれ、消
費者の声をくみ上げる仕組みづくりは6月半ばに予定される最終の関係閣僚会議に
持ち越した。 【荒木功】 [毎日新聞5月31日] ( 2002-05-31-20:26 )

52 :朝まで名無しさん:02/05/31 23:07 ID:Gl+RmE3q
消費者側の専門家も委員に 閣僚会議で武部農相
http://www.sanyo.oni.co.jp/kyodo/CORENEWS/20020531/20020531KIIAKA01710.html

 BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)の感染牛が見つかり、その後食品表示を偽る企
業が各地で相次いだのを受け、政府は31日、食品の安全行政に関する3回目の関
係閣僚会議を開き、食品の安全確保を目的とした新たな行政組織や法案の概要を決
めた。行政組織は重要性と独立性の観点から内閣府に設置。科学的評価を実施する
専門家数人による委員会組織とし、担当大臣を置く。武部勤農相は同会議で、より
消費者サイドに立った行政を実現するため、消費者問題に詳しい専門家も委員に加
えるよう求めた。政府はさらに内容を検討し、6月中旬をめどに開催する4回目の
会議で最終決定する方針だ。

53 :朝まで名無しさん:02/06/01 00:53 ID:uVAJigDV
▽ヤギ危険部位、食用に/久米島と畜場「来月中に改善」と県/BSE通達
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200205311700.html#no_5

 BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)対策として、四月から厚生労働省がヤギの内臓
など除去・焼却処分するよう通達した問題で、厚労省が全国でヤギ・ヒツジを扱う
五十六カ所のと畜センターを調査した結果、県では久米島と畜場の一カ所、鹿児島
県で四カ所が危険部位を除去せず食用に回っていたことが三十一日、分かった。久
米島と畜場は、指導に沿ったと畜ができる背割り機の購入を決めたといい、県薬務
衛生課は「一カ月以内には改善できる」と話している。
 厚労省が実施したのは「BSE対策等に関する調査」。県によると、県内四カ所
あると畜センターでは、豚用の背割り機をヤギ専用に変えるなど対応してきた。一
方、久米島と畜場では、内臓は除去していたが、背割り機がないために脊髄(せき
ずい)が残った形でと畜してきた。四月は個人用に二十二頭がと畜された。
 厚生労働省監視安全課の担当者は「通達は当然取り組んでいただくものと認識し
ている。引き続きヤギの危険部位除去の徹底の努力を求める」とコメントした。

54 :朝まで名無しさん:02/06/01 00:56 ID:uVAJigDV
▽県内1カ所と畜場BSE通達守らず/ヤギ肉 (琉球新報)
http://www.ryukyushimpo.co.jp/news01/2002/2002_05/020531ed.html

 BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)対策の一環で厚生労働省が4月からヤギの腸や
脊髄(せきずい)など危険部位を除去するよう通達を出していた件で、県内5つの
と畜場のうち、1カ所で脊髄部分を除去せず食用に回していたことが31日までに
県の調べで分かった。
 県薬務衛生課によると、このと畜場には、脊髄を除去する専用の機械がなく、
腸は除去しているが、脊髄はそのまま依頼者に手渡していた。
 同と畜場では、4月に22頭を処理しており、ほとんどが個人からの依頼という。
 現在、同と畜場は60万円の予算をかけて専用機械を発注しており、導入次第、
脊髄の除去を徹底する方針。県では「個人の依頼の中に営業用に回っているものも
あり、強く指導したい」としている。

55 :朝まで名無しさん:02/06/01 01:01 ID:uVAJigDV
▽食肉表示 54事業所、「不適正」−−221事業所を県が調査 /宮城
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020531-00000003-mai-l04

 ◇国産を「宮城産」など
 県は30日、県内で実施した食肉表示実態調査で調査した221事業所のうち、
54事業所で不適正な表示があったと発表した。中には、伝票上は「国産」の豚肉
を「宮城県産」と表示していた小売店もあり、県は改善を指導している。
 調査は全国的な食肉の表示偽装問題を受け、今年3〜5月に実施。小売り172
、卸兼小売り36、卸10、食肉処理業者3の計221事業所に、県や市町村の担
当者が出向き、店頭や倉庫にある牛肉や豚肉などに張られた名称と原産地を、伝票
や帳簿類の記載で確認した。
 県生活・文化課によると、不適正とされた54事業者の約半数は、原産地の表示
をしていなかった。また伝票上は原産地記載のない肉を「国産」として販売した卸
業者などもあった。伝票上は「国産」としかない豚肉を「宮城県産」と表示して売
った小売店は「長年の慣行で、県産も入っていると判断していた」と話したという。
 同課は口頭で改善指導し、実際に改善されたかどうか、今後も継続して調査する。
「予想以上の件数になった。偽装というほどの悪質さはなかったが、ルールはきち
んと守ってほしい」(同課)と話している。【高橋昌紀】(毎日新聞)

56 :朝まで名無しさん:02/06/01 07:30 ID:uVAJigDV
▽JAグループ「代用乳安全」広告 武部農水相が批判  2002/05/30 15:0
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20020530&j=0044&k=200205307936

 武部勤農水相は三十日午前の衆院農水委員会で、牛海綿状脳症(BSE)の感染
牛に共通して与えられていた代用乳を製造していたJAグループが「代用乳は安全」
などとする新聞広告を掲載したことについて「消費者や畜産農家の不信感を拡大
させるもの」と強く批判し、全国農業協同組合中央会(全中)と全国農業協同組合
連合会(全農)に抗議して訂正を求める考えを示した。鮫島宗明氏(民主)への答
弁。
 この広告は代用乳を製造した全農系子会社の科学飼料研究所(本社・東京)と全
農などの連名で二十四日付の日本農業新聞に掲載された。農水省が三月中旬に公表
したBSE感染源調査の第二次中間報告書を引用。「BSEの感染源となった可能
性は低いと報告されている」などと代用乳の安全性を訴えている。
 武部農水相は「報告書は代用乳が感染源になった可能性を完全には排除できない
としているのに、『可能性が低い』という一部のみを、しかも農水省に無断で引用
しており、言語道断だ」と強い口調で非難した。
 同省の感染源調査では、BSE感染が確認された四頭には、いずれも科学飼料研
究所高崎工場が製造した代用乳が与えられていたことが判明している。

57 :朝まで名無しさん:02/06/01 07:34 ID:uVAJigDV
▽食品新委員会、問題ごとに評価チーム・政府原案(日経新聞)
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20020531CEEI061Z31.html

 政府は31日、食品安全行政を見直す関係閣僚会議を開き、食品の安全性を評価す
る独立委員会を内閣府に設ける原案を示した。委員は科学者ら数人で構成し、担当
閣僚を置く。実際の安全性評価は問題ごとに専門家によるチームを設けて実施。
6月の関係閣僚会議で新委員会の概要を決め、来年度の発足をめざす。
 新委員会は食品などの安全性を科学的に評価した結果、規制などの対策が必要と
判断すれば、規制権限を持つ厚生労働省や農水省に勧告する。
 関係閣僚会議には新機関の設置を提言した「BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)問
題に関する調査検討委員会」(農相と厚労相の私的諮問機関)の委員4人も出席。
事務局の幹部や職員について「既存省庁からの単純な横滑りではいけない」との指
摘があった。

58 :朝まで名無しさん:02/06/01 07:38 ID:uVAJigDV
▽食品安全委、一元対応へ情報集約(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/02/20020531ib24.htm

 新たな食品安全行政のあり方を話し合う関係閣僚会議で31日、食品安全行政を
監視する委員会の設置など新組織の骨格が決まった。従来と違って、食品安全に関
する情報を同委に集約するなどこれまでの反省を組織作りに生かした。今後関連法
の整備や委員会事務局の人員規模など詰めの作業に入るが、実際に組織が機能する
ためには課題も少なくない。
 ◆狙い◆ 
 今回の関係閣僚会議で最も重視したのは、新設する委員会が食品安全に関する情
報を集約して、緊急時には内閣全体で対応する体制作りだ。BSE(牛海綿状脳症
=狂牛病)問題の行政対応では農水省と厚生労働省の縦割り行政の弊害などが指摘
されたためだ。
 また、新委員会は、食品の安全性を判断する「リスク評価」を専ら担うことに
なった。これまで、安全性の判断と規制を農水省が行い、判断が鈍る弊害があった
が、判断と規制の主体を切り離すことにした。
 委員会は科学者ら数名で構成するが、個別案件ごとに、リスク評価を行うチーム
を結成して対応する。食品に含まれる化学物質などが人の健康に及ぼす影響などが
対象となる。
 新委員会の判断を基に、農水省などが安全性が疑わしい物の使用規制などを執行
する。実行部隊である農水省などを監視する強い権限を持たせるため、新委員会は
内閣府の下に設置して独立した組織とした。
 ◆課題◆ 
 今後、組織の規模や権限の委譲など、新組織設置へ向けて詳細を詰める作業が行
われるが、懸念されるのが、省庁間の主導権争いだ。
 もともと食品安全委員会構想は、BSE発生による行政不信、牛肉消費低迷など
を解消する「切り札」として、自民党農林族や農水省を中心に設置の機運が盛り上
がった。消費者へのアピールという意味からも、行政への監察機能など強い権限と、
1000人規模の大きな組織を想定していた。
 一方、BSE問題について「農水省の失政」との意識が強い厚労省にとっては、
権限や人員の委譲を最小限に抑えたいのが本音だ。より小規模な組織を求め、農水
省と水面下で主導権争いを繰り広げてきた。
 新組織の事務局などスタッフ部門の構成員は、農水、厚労両省からの人材で賄わ
れる見通しだが、省益を背景とした主導権争いが新組織に持ち込まれれば、食品安
全行政の一元化が円滑に進まない恐れもある。  (5月31日22:01)

59 :朝まで名無しさん:02/06/01 07:41 ID:uVAJigDV
▽内閣府に「食品安全委」設置へ…科学者ら専門家で組織(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/02/20020531i113.htm

 政府は31日、食品安全行政の関係閣僚会議を開き、BSE(牛海綿状脳症=狂
牛病)の反省を踏まえて検討を続けてきた食品安全行政を担当する新組織について、
科学者ら専門家で組織する独立した委員会を内閣府に設置し、担当大臣を任命する
方針を決めた。
 委員会は内閣府の原子力安全委員会と同様に、関係行政機関を監視したり勧告す
る機能を持たせるが、行政処分などの権限は持たせない。委員会は数人で組織し、
食品の安全性の評価を行い、農水省や厚生労働省など関係行政機関を指導する。委
員会の下に常設の事務局を置く。
 また、委員会の設置に合わせて、消費者保護を基本とした食品安全に関する基本
法も制定し、来年の次期通常国会に法案を提案する方針だ。
 同日の会議では、新組織の設置に伴い、行政組織の肥大化を防ぐため「スクラッ
プアンドビルドが必要」との姿勢を確認。このため、6月中にも開く次回の関係閣
僚会議で、農水省の外局である食糧庁廃止を盛り込んだ最終案をまとめる見通しだ。

(5月31日22:10)

60 :朝まで名無しさん:02/06/01 13:53 ID:EVN6BFgX
■食の安全評価で独立機関 内閣府に新委員会(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/topnews/topnews01020601.html

 政府は三十一日、「食品安全行政に関する関係閣僚会議」の第三回会合を首相官
邸で開き、食品の安全性を評価する独立機関として、内閣府に新たな委員会を設置
することを決めた。
 食への信頼を確保するため、関係する情報を広く開示する一方、消費者や生産者
らと行政が相互に情報や意見を交換し、意思疎通できる仕組みも新設する。新たに
制定する「消費者保護を基本とした包括的な食品安全確保法」(仮称)は、来年の
通常国会に提出する見通し。六月中旬の同関係閣僚会議で正式に決める。
 新委員会は、食品に含まれる添加物や微生物などが人の健康に及ぼす影響を科学
的に判断する「リスク評価」を専門的に行う機関。食品の安全を確保する具体的な
政策を行う「リスク管理」は、これまで通り農水省や厚生労働省が担当し、「リス
ク評価」と「リスク管理」を明確に分離する。
 新委員会は医者や学者などの専門家数人でつくる。最終的な評価に基づいて、農
水省や厚労省に、食品の安全を確保する適切な政策を行うよう勧告する。個別課題
ごとの評価は、新委員会の下に「評価チーム」を置き、具体的に検討する。
 新たに制定する「食品安全確保法」は基本理念に、「国民の生命と健康の保護」
を位置付ける。食品の安全を確保するため、行政や食品関連業者、消費者などの責
務と役割を明記する。新委員会の設置も明記する。
 安全確保の具体的な仕組みとして、「リスク分析」と呼ばれる手法を法律に盛り
込む方針。「リスク分析」は、「リスク評価」「リスク管理」、消費者への情報開
示や相互の意見交換を行う「リスクコミュニケーション」の三つを行うことで安全
を確保する。

61 :朝まで名無しさん:02/06/01 22:44 ID:uVAJigDV
NNN24.COM
▼ 新しい食品安全組織<5/31 22:00>
http://www.ntv.co.jp/news/31_2200_4.html

BSE問題を受けて政府は31日の関係閣僚会議で、食品の安全行政に関する独立し
た新しい委員会を内閣府の下に作ることを決めた。新しい委員会は専門家ら数名が
委員となり内閣府の下に作られるもの。担当大臣も置かれ、BSE問題の教訓を踏
まえて農水省や厚生労働省が行う政策を評価し改善を勧告するなど、食品行政の監
視にあたる。政府は今後、現在ある組織の廃止や食品の安全に関する基本法の制定
なども含めた具体案を来月までに決め、来年度から新しい体制をスタートさせる方針。

62 :朝まで名無しさん:02/06/01 22:44 ID:uVAJigDV
NNN24.COM
▼ 武部農水相 外食産業研修生を激励<5/31 15:30>
http://www.ntv.co.jp/news/31_1530_3.html

来週から行われる農水省の職員による外食産業での研修を前に、武部農林水産相が
きょう、研修生を激励した。この研修は、BSE問題での農水省への数々の批判を
受けて行われるもので、消費者に軸足を移した行政を考えるため、来週から2週間、
職員8人が牛丼の吉野家やファミリーレストランのジョナサンなどの外食産業で
接客や調理などの研修を行う。武部大臣は研修生に対して、農水省改革の先頭に
立って経験を生かして欲しい、と述べ、研修の成果に期待を寄せた。


63 :朝まで名無しさん:02/06/01 22:47 ID:uVAJigDV
■食品安全の委員会を設置 ANNニュース
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/0107/web/econ_news.html?now=20020601213230

 BSE=いわゆる狂牛病問題の教訓です。
 政府は、来年度中にも農林水産省などに必要な政策を勧告する「独立委員会」を
設置することになりました。これは、30日に開かれた関係閣僚会議で決まったもの
です。BSE問題では農林水産省と厚生労働省の縦割りが問題になり、食品行政に
対する信頼が大きく低下しました。30日の会議では来年度中に内閣府に独立委員会
を設けて、担当大臣を置くことで一致しました。食品行政に関する情報を集約する
のが狙いです。
 委員会は科学者や専門家らで構成され、食品の危険性などについて重点的に調べ、
安全性の評価をします。

64 :朝まで名無しさん:02/06/02 00:01 ID:kQaByNZM
▽肉骨粉、王子製紙でも焼却へ 処理量、1日30トン見込む /宮崎
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020601-00000001-mai-l45

 BSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)問題で在庫が増えている県内の肉骨粉
を、王子製紙日南工場(日南市)でも焼却処理する見通しになった。実現すると、
肉骨粉の焼却施設は県外1カ所を含む計5カ所になる。
 県環境対策推進課などによると、同工場の施設で2月と5月の延べ4日間、計1
8・5トンの肉骨粉を試験焼却した。窒素酸化物など排ガス4物質とも国の排出基
準値を下回り、環境上の問題はないことが分かった。
 王子製紙は「県の協力要請に応えたい」として焼却を引き受ける方針。今後、現
在の産業廃棄物処理施設を一般廃棄物の処理にも使えるよう県に申請。許可が
出れば1カ月に3日程度を肉骨粉処理に充てる。1日の処理量約30トンを見込む。
 焼却が必要な県内の肉骨粉は約3500トン(4月末現在)。既存の4施設で
1日に計35トン前後を処理している。【木元六男】(毎日新聞)

65 :朝まで名無しさん:02/06/02 00:02 ID:kQaByNZM
▽農水政務官にBSE対策要望−−二井知事 /山口
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020601-00000005-mai-l35

 BSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)問題で全国を巡回中の岩永浩美・農水
政務官が31日、県庁を訪問し、二井関成知事と意見交換した。
 二井知事は「BSE対策は国の責任で実施してほしい」と述べ、牛肉販売額が4
月末現在で対前年比80%程度にとどまっていることや、肉骨粉をセメント工場で
処理している現状を説明。生産現場から消費者までのBSE対策の継続、廃用牛買
い上げ価格の引き上げ、死亡牛全頭検査実施の場合の地方負担軽減などを要望した。
 終了後、岩永政務官は「要望に応えるよう努力したい。国民の不安解消を進め、
原因究明に取り組む。4頭目の発生で、牛の年齢や餌の面などから原因が絞られつ
つある」と話した。(毎日新聞)

66 :朝まで名無しさん:02/06/02 00:05 ID:kQaByNZM
▽BSEで梶原知事と会談 廃用牛の受け入れ体制作り要請−−宮腰農水政務官 /岐阜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020601-00000007-mai-l21

 BSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)問題で、全国の都道府県知事と意見交
換を行っている宮腰光寛・農林水産大臣政務官が31日、県庁を訪れ、梶原拓知事
と会談した。
 県によると、県内にはBSEの影響で出荷できなくなった廃用牛が約1000頭
おり、酪農家の経営を圧迫している。廃用牛からBSEが出た場合の風評を恐れ、
と畜場が受け入れに難色を示しているのが原因だが、宮腰政務官は「県には1日で
も早く受け入れ体制を整えていただきたい」と要望。
 また、肉骨粉の処理についても「本格的な焼却処分を念頭に各市町村に働きかけ
てほしい」と訴えた。
 一方、梶原知事は一連のBSE問題について「生産現場、消費者現場の影響はじ
ん大。政府は根本的に是正するよう努力してもらいたい」と述べた。【式守克史】
(毎日新聞)

67 :朝まで名無しさん:02/06/02 00:46 ID:kQaByNZM
■輸入肉を国産と偽装 大阪のスーパーチェーンで(河北新報)
http://www.kahoku.co.jp/news_s/20020601KIIASA41810.htm

 大阪府と奈良県で20店のスーパーを展開する「カノー」(大阪市鶴見区)のうち
2店舗で、牛肉や豚肉、鶏肉について輸入肉を国産と偽って販売していたなどと
して、近畿農政局から日本農林規格(JAS)法に基づく立ち入り検査を受けていた
ことが1日、分かった。カノーは同日記者会見して事実を認めた。
 カノーによると、偽装があったのは上新庄店(大阪市東淀川区)と総持寺店
(大阪府茨木市)。(1)輸入肉を国産にする(2)国内産については産地を偽る−−
やり方で行われていた。さらに、牛肉は交雑種を黒毛和種の和牛として販売していた。
 偽装は、上新庄店では2001年8月から、総持寺店では開店したことし4月から
行われていた。
 同社の店舗での肉や魚、野菜の販売は別の業者が行っており、カノーは、偽装は
各業者の仕入れ担当者が独自に行ったとしている。担当者は「商品の在庫がなく
なった場合や、売り上げを確保するために偽装した」と話しているという。

(06/01 23:55)

68 :朝まで名無しさん:02/06/02 07:39 ID:kQaByNZM
■農水省、省名変更を検討へ(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/top/20020602it01.htm

 農林水産省が食品行政の改革の一環として、省名変更の検討に入ったことが1日、
明らかになった。農水省はBSE(牛海綿状脳症=狂牛病)の発生を防げなかった
反省を踏まえ、生産者から消費者重視の農政への転換を目指して改革に取り組んで
いるが、省名変更で政策の抜本転換を国民に印象付けたい考えだ。
 新名称は「食料産業省」「食料省」など、「食料」を前面に打ち出す案が有力に
なっており、これらを軸に調整する。農水省は、次期通常国会に省名変更を含めた
農林水産省設置法の改正案の提出を目指し、新年度から新省名に変更する方向だ。
 BSE問題を受けて、政府は「食品安全委員会」を新年度から新設、農水省の外
局の食糧庁を廃止する方針。農水省は今後の役割を「消費者ニーズに即した食料供
給体制の実現」と位置付けたい考えで、武部農相はこうした改革に沿った省名変更
の検討を指示し、省内の調整が始まっている。  (6月2日03:01)

69 :朝まで名無しさん:02/06/02 18:58 ID:kQaByNZM
<雑記帳>農水省幹部がファミリーレストランで研修 (毎日新聞)
2002年5月31日(金)20時15分

 農林水産省の幹部職員8人が、今月3日からファミリーレストランなどで
研修を受けることになり、武部勤農相が31日、「調理、接客の体験を通じて、
消費者マインドを勉強して」と激励した。BSE問題では、省内で「消費者
保護」の意識が薄く、被害の拡大につながったという反省から、農相の
肝いりで実現した。

http://news.lycos.co.jp/topics/science/epidemic.html?cat=2&d=31mainichi0115m056



70 :あげ:02/06/03 12:06 ID:E8CGlT+R
あげ

71 :朝まで名無しさん:02/06/03 16:38 ID:gGVy8NTJ
▽国産牛肉の安全PR 京都生協が試食会(京都新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020603-00000011-kyt-kin

 BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)や輸入牛肉の流入で苦境が続く国産牛肉をPR
しようと、京都生活協同組合が二日、十四日から限定販売する鳥取県産牛肉の公開
試食会を、京都市上京区の平安会館で開いた。
 同生協は二十年前から、鳥取県畜産農協と提携し、産直牛肉を販売している。今
回新たに売り出す牛肉は、おからやしょうゆの絞りかすなどの食品廃棄物を飼料に
与えて循環型農業に配慮したほか、一頭ごとの健康状態などを記録して安全性を重
視しているのが売り。
 試食会には、組合員ら約百五十人が参加。産直牛肉を使ったステーキやビーフシ
チュー、牛どんなどの料理を食べ、品質をチェックした。
 同生協は、毎月十頭を生協の二十一店舗で限定販売するが、「脂肪が少なくてヘ
ルシーなのが特徴。消費者の反応を見て流通量を増やすことも検討したい」として
いる。

72 :朝まで名無しさん:02/06/03 16:39 ID:gGVy8NTJ
▽肉牛飼養農家が初の1500戸割れ−畜産統計 (山形新聞)
http://www.yamagata-np.co.jp/kiji/20020603/0000012579.html

 東北農政局山形統計情報事務所は、県内の畜産統計(2月1日現在)をまとめた。
肉用牛は飼養戸数、頭数とも減少した。肉牛の飼養農家は減少傾向に歯止めがかか
らず、初めて1500戸を下回った。BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)の影響について
は言及していない。
 同事務所の速報によると、肉用牛の飼養戸数は1440戸で、前年に比べさらに120
戸減少した。1998年に2000戸を割った(1990戸)が、わずか4年で500戸以上が廃業
した。飼養者の高齢化、後継者不足で、比較的に小規模な経営体の肉用牛離れが進
んだ。肉用牛の飼養頭数は3万9500頭で、600頭の減。1戸当たりの飼養頭数は27.4
頭で、1.7頭増加した。
 一方、乳用牛は飼養戸数が560戸で、30戸の減。飼養頭数は1万6600頭で、前年並
みだった。高齢化と乳価の低迷で経営規模を縮小する農家が目立った半面、BSE
の影響で高齢の経産牛の出荷が滞ったため。1戸当たりの頭数は29.6頭で、1.5頭増
加した。

73 :朝まで名無しさん:02/06/03 17:08 ID:JpQLL+Z1
■狂食の時代
著者 ジョン・ハンフリース
翻訳 永井喜久子+西尾ゆう子
発行 株式会社講談社
定価 \1,900(税別)
ISBN4-06-211156-X

既出?BSE原因の肉骨粉以外の可能性、殺虫剤、農薬...etc

74 :朝まで名無しさん:02/06/03 20:19 ID:CxH5WWM6
牛肉の信頼回復? 子牛相場上向く
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn02053108.html

75 :朝まで名無しさん:02/06/03 20:21 ID:CxH5WWM6
BSE対策で埼玉県内で初めて町が畜産農家に補助金
http://www.toukei.maff.go.jp/genti/2002_05/02_051_8.html

76 :朝まで名無しさん:02/06/03 20:22 ID:CxH5WWM6
牛のせき髄除去装置開発
http://www.toukei.maff.go.jp/genti/2002_05/02_053_12.html


77 :朝まで名無しさん:02/06/03 20:22 ID:CxH5WWM6
女性が牛肉の消費回復に向け活動開始
http://www.toukei.maff.go.jp/genti/2002_05/02_056_7.html

78 :朝まで名無しさん:02/06/03 20:23 ID:CxH5WWM6
自ら育てた牛の肉を販売し、消費回復を図る
http://www.toukei.maff.go.jp/genti/2002_05/02_056_8.html

79 :朝まで名無しさん:02/06/03 20:24 ID:CxH5WWM6
安全でおいしい牛肉を消費者へ
http://www.toukei.maff.go.jp/genti/2002_05/02_056_10.html


80 :朝まで名無しさん:02/06/03 20:25 ID:CxH5WWM6
肉牛全頭に生産者顔写真
http://www.toukei.maff.go.jp/genti/2002_05/02_056_16.html

81 :朝まで名無しさん:02/06/03 20:26 ID:CxH5WWM6
牛肉を「家庭では食べる」8割超
http://www.toukei.maff.go.jp/genti/2002_05/02_056_24.html

82 :朝まで名無しさん:02/06/03 20:27 ID:CxH5WWM6
牛飼いになりたい  女性トリオ、基礎みっちり
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02060309.html

83 :朝まで名無しさん:02/06/03 20:28 ID:CxH5WWM6
安全な牛肉届けます
激務に頑張るBSEの検査現場
http://www.nca.or.jp/shinbun/20020531/nousei020531_1.html

84 :朝日:02/06/04 05:18 ID:c7Q/7Yvf
http://www.asahi.com/national/update/0604/001.html
BSE感染牛出たら100万円 北海道が報奨制

 北海道は3日、牛海綿状脳症(BSE)の感染牛を出荷した農家に1頭
あたり100万円を支給する「報奨制度」を7月にも導入する方針を決め
た。感染源を究明するため、感染の疑われる牛を積極的に出荷してもらう
狙い。21日開会の定例道議会に総額約3000万円の補正予算案を提出
する。
 100万円は、BSE克服のための試料を提供した「原因究明協力金」
として支給する。光に敏感に反応するなどBSE特有の神経症状を示す高
齢の乳牛を、酪農家が自主的に検査に出した場合、「検体提供奨励金」と
して5万円を支払う。
 これまで国内で確認された感染牛4頭のうち3頭が北海道生まれ。道農
政部は「報奨制度でさらに感染牛が確認されても、原因究明が進めば酪農
の信頼は回復する」とする。
 感染牛を出すことをおそれ、酪農家の間には高齢の牛の出荷をためらう
空気があるという。道幹部は「感染牛を飼育していたことは悪、というイ
メージも払しょくしたい」と話している。(03:05)

85 :朝まで名無しさん:02/06/04 10:28 ID:XwVFiCk1
▽BSE:感染判明なら報償金100万円 北海道の報償制度
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20020604k0000m040157000c.html

 北海道音別町の乳牛が国内4頭目のBSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)と
確認された問題で、道が独自に検討していた感染牛発見のための報償制度の骨格が
3日、固まった。BSEが集中している96年生まれの牛を出荷した農家に、1頭
当たり数万円を支給し、検査でBSE感染が判明した場合にはさらに100万円を
追加して交付する。道は21日開会の定例道議会に報償制度に関する予算案を提案
する。
 酪農家は、BSEの判明を恐れて96年生まれの牛を出荷しなかったり、高齢の
乳用牛を安楽死させ「死亡牛」として処理している実態がある。このため、磯田憲
一副知事は4頭目確認後の5月13日「症例が出ることが日本の畜産業を守ること
になる」と報償制度の導入を表明。道農政部が具体策を詰めていた。
 【山本建、江口一】[毎日新聞6月4日] ( 2002-06-04-03:01 )

86 :朝まで名無しさん:02/06/04 13:14 ID:S9/3pvKP
▽24カ月齢以上の死亡牛検査  輸送費など助成へ(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02060401.html

 病気やけがなどで死亡した二十四カ月齢以上の牛の牛海綿状脳症(BSE)検査
を来年度から原則義務付けることを受けて農水省は、死亡牛の輸送や保管などにか
かる費用を農家に助成する支援策の検討に入った。BSE検査を受けないで処理す
る場合より経費が増えるためだ。
 二十四カ月齢以上の死亡牛を全頭検査する方法として農水省は、1.ストックポ
イントと呼ぶ一時保管施設に死亡牛を集め、冷蔵または冷凍で保管し、検査に使う
脳を同施設で採取 2.家畜保健衛生所で検査  3.陰性なら死体を肉骨粉工場
または焼却施設に運び処理 4.陽性なら 家畜保健衛生所に死体を運び焼却処理
――という仕組みを予定する。
 死亡牛は産業廃棄物扱いで、輸送費や保管費用は農家負担になっている。BSE
検査を行うことで現在よりも輸送回数が一回増え、保管費用も新たに必要になるな
ど、農家負担は増える。同省は、この増加分を助成する方向で検討する。
 二十四カ月齢以上の死亡牛の検査義務付けは、今国会で成立予定の牛海綿状脳症
対策特別措置法案(BSE法案)で定めている。
 与野党一致で国会に提出した同法案では、都道府県知事が来年度から、死亡牛の
検査を所有者に命じることを義務付ける。ただ、地理的条件などで検査が難しい場
合は例外にする。例外の要件は同省が省令で定める。

87 :朝まで名無しさん:02/06/04 18:12 ID:XMdmY6fe
▽BSE特別措置法案を可決=衆院
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020604-00000645-jij-pol

 衆院は4日の本会議で、BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)対策特別措置法案を可
決し、参院に送付した。同法案は、2003年4月1日から、2歳以上の死亡牛が
BSEに感染していないかどうか検査することを義務付けている。 (時事通信)
[6月4日15時5分更新]

88 :朝まで名無しさん:02/06/05 07:50 ID:uu9AC7cZ
<雪印乳業>安全担当の社外取締役に消団連の前事務局長招く (毎日新聞-全文)
http://news.lycos.co.jp/topics/science/epidemic.html?cat=2&d=04mainichiF0604e073

 雪印乳業(東京都新宿区)は4日、安全担当の社外取締役に全国消費者団体連絡
会(消団連)の日和佐信子前事務局長(65)を招く人事を発表した。27日の株
主総会で定款変更を提案、承認後正式に就任する。食中毒事件や子会社の牛肉偽装
などが相次いだ同社に対し、大阪の市民団体「株主オンブズマン」(代表、森岡孝
二・関西大教授)が提案していた。上場企業が市民団体の求めで役員人事を決めた
のは極めて異例。
 また、同社は同日、社内に「倫理・品質委員会」(仮称)を設置し、日和佐氏を
委員長として安全問題を検討することを明らかにした。
 日和佐さんはこれまで、消団連事務局長のほか、日本生活協同組合連合会理事も
務めるなど消費者運動の「顔」として農産物や食品の安全性について積極的な発言
を続けてきた。厚生労働相と農相の私的諮問機関「BSE調査検討委員会」の委員
も務めた。
 オンブズマン側は今年4月、「安全確保には市民の視点が必要」と大株主らに支
持を呼びかけ、株主総会で提案を行えるだけの委任状を獲得。そのうえで、同社に
対し消費者団体の推薦を受けた専門家を取締役に就任させるよう求めていたが、同
社がその要請に応えた格好。
 記者会見した日和佐氏は「安全マニュアルは目に見えるが、従業員の意識改革は
目に見えず、最も難しい。どこに問題点があるのか、実態を知りたい」と語った。
 岡田晴彦・雪印乳業副社長の話 提案を重く受け止めた。私たちの考えとも一致
しており、今後の経営に生かしたい。[毎日新聞6月4日] ( 2002-06-04-12:58 )

89 :朝まで名無しさん:02/06/05 07:51 ID:uu9AC7cZ
▽富山へ出荷の牛が歩様異常→BSEの疑い−−エライザ法で「シロ」判明/山形
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020604-00000003-mai-l06

 富山県の食肉衛生検査所の生体検査で、県産の乳牛がBSE(牛海綿状脳症、い
わゆる狂牛病)感染の疑いが持たれたが、県は3日、BSEに感染していなかった
との検査結果を発表した。生体検査でBSEの疑いが持たれたのは、新潟県産牛に
次いで国内2例目で、結果はともに「シロ」となった。
 この牛はホルスタイン種のメス(月齢81カ月)。県内の畜産農家から5月29
日に富山県に出荷された。翌30日、富山食肉総合センターに搬入されたが、興奮
などの症状や歩様異常が見られたため、BSEの疑いがあると診断され、食肉処理
が禁止された。31日に畜産農家が引き取った。
 経過観察をしていた県はこの日午前から、中央家畜保健衛生所でエライザ法によ
るBSE検査を実施した結果、陰性と判明した。検査は通常2回実施するが、「安
全が確認された」(県畜産室)として1回で終えた。
 ◇足のつめ出血で痛がったため
 同室によると、この牛は足のつめの部分に出血があり、地面に足を着けると痛が
っていたため、歩様異常と判断されたとみている。同室は「富山県での検査は一度
に何百頭も検査するので、このような疑惑が出ても、しようがない。食の安全を守
るために判断したことでしょう」と語った。
 出荷した農家は「富山への長旅で疲労し、神経過敏になっていたと思う」と説明
した。【永井大介】(毎日新聞)

90 :朝まで名無しさん:02/06/05 13:25 ID:8uahaW0s
▽信頼できる表示を 新制度へ本格議論/生産調整研(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/topnews/topnews03020605.html

 食糧庁は四日、生産調整研究会の第四回流通部会を開き、計画流通制度に代わる
新たな制度に向けて、本格的な議論に入った。消費者委員は、「米消費の減少を食
い止めるためには、消費者が納得できる表示制度の徹底が必要だ」と主張した。
 加倉井弘部会長が「論議の枠組み」を示し、これを基に意見交換を進めた。
 「論議の枠組み」では、生産者、流通、消費者・実需者の各段階ごとに課題を提
示。生産者段階は、生産調整と豊作分の処理方法をあげた。また、流通段階では、
計画流通制度や系統の米事業、計画外流通米などをテーマとして示した。
 この中で、精米の表示に関して消費者団体委員から、「表示は信用されていない。
表示を明確にすれば、米消費の減少を抑えられる」との意見や、「食味も表示して
はどうか」との提言があった。
 このほか、計画流通制度の抜本見直しを求める意見が相次いだが、その一方で
「流通制度をきちんとしておかなければ、安定供給はできない」など、過度の自由
化には難色を示す声も出た。
 次回(十四日)以降は、流通制度や系統米事業、価格形成センターの機能などに
ついて議論を進める。また、各委員が提出した流通制度の見直し案も公表する。

91 :朝まで名無しさん:02/06/05 13:28 ID:8uahaW0s
▽参院農水委で農相、原産国の記録を義務化/飼料メーカーなど(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02060501.html

 武部勤農相は四日、牛海綿状脳症(BSE)問題を集中審議した参院農水委員会
で、輸入の稲わらや肉骨粉(ともに現在輸入停止中)について、「業者が帳簿に輸
入原料の原産地を記載することも検討している」と述べ、飼料メーカーや輸入業者
などに、原料の原産国記録を義務付ける方向で検討していることを明らかにした。
共産党の紙智子氏の質問に答えた。
 農水省は、飼料安全法の省令を改正し、輸入の際に家畜伝染病予防法に基づく動
物検疫が必要な稲わらや肉骨粉について、業者に「輸出者」「飼料原料の原産国」
「輸入年月日」の記録を義務付ける方向だ。輸入商社は輸入台帳、飼料メーカーは
原料購入台帳などに記録を残すことになる。
 BSEの感染原因として、汚染された輸入肉骨粉の飼料への混入が疑われている
ほか、口蹄(こうてい)疫ウイルスの原因が輸入稲わらとも指摘されている。
 現在、飼料原料の原産地記載が明確でなく、飼料をめぐる感染経路の調査が不十
分との批判があった。

92 :朝まで名無しさん:02/06/05 13:32 ID:ifKR6F3j
▽食の安全確保へ決意  野党報告集会でBSE法案の署名成果アピール
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02060502.html

 民主、自由、共産、社民の野党四党は四日、東京・永田町の衆院第二議員会館で、
「牛海綿状脳症(BSE)対策特別措置法案」が成立する見通しになったことに
ついての報告集会を開いた。各党代表者は、野党四党が結束してBSE法案成立に
取り組んできた成果をアピール。農業者や外食などの関連業者、消費者など約三百
人に対し、BSE法案成立を求める署名が百万人を超えたことに感謝するとともに、
食の安全を確保する政策の充実に決意を表明した。
 集会は、与野党一致の議員立法として提出された「BSE対策特別措置法案」が、
衆院を通過する直前に開かれた。
 各党代表あいさつでは、羽田孜民主党特別代表が「BSE法案成立に向けた署名
が、与党と政府を動かした」と、署名活動の意義を強調。藤井裕久自由党幹事長は
「みなさんの力があって、BSE新法が成立できる見通しになった。これが民主主
義の原点だ」とアピールした。
 BSE法案に、農家や関連業者への「助成」が明記されなかったことについては、
市田忠義共産党書記局長が「被害に対する損害補償は、ほとんどやられていない。
どう勝ち取っていくかは、これからの戦いにかかっている」と訴えた。食の信頼
回復に向けては、福島瑞穂社民党幹事長が「法案成立は第一歩。今後も、食品安全
行政や命を大事にする政治・政策に努力したい」と決意を示した。

93 :朝まで名無しさん:02/06/05 13:36 ID:ifKR6F3j
■食品表示ウオッチャー  1350人と予定の2倍/農水省(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02060503.html

 農水省は四日、食品表示を監視する消費者の「食品表示ウオッチャー」が全国と
都道府県合わせて千三百五十人になったことを明らかにした。当初予定の約二倍に
当たる。日本農林規格(JAS)協会に登録した全国段階の「中央ウオッチャー」
には、二百人が登録。全国展開している量販店など、複数の県にまたがる小売店を
中心に、JAS法に基づき食品表示が適正に行われているかを調べる。
 JAS法に違反する恐れがある表示を見つければ、地方農政局や農林水産消費技
術センターなどの「食品表示一一〇番」窓口に連絡する。また、JAS法違反では
なくても紛らわしい表示や、表示の実施状況などの全般的な情報も三カ月ごとにJ
AS協会に報告する。
 都道府県ウオッチャーは十八県が設置し、合計千百五十人になった。県内で営業
している小売店を中心に調べ、県の「食品表示一一〇番」窓口に報告する。すでに
活動している県もある。

94 :朝まで名無しさん:02/06/05 13:39 ID:ifKR6F3j
▽BSE牛に100万円  原因究明協力金を創設/北海道(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02060506.html

 北海道は四日、牛海綿状脳症(BSE)患畜が発生した農家に対し、患畜一頭当
たり百万円の「原因究明協力金」を支給する方針を決めた。創設されれば、全国で
初めての制度。当該農家が疫学調査に協力することで生じるヘルパー利用などにか
かった経費を助成する。二十一日開会の定例道議会に提案する。
 同時に、国内で見つかったBSE患畜の生年月日が集中する一九九六年生まれで、
起立不能などの神経症状を示す乳牛をサーベイランス検査に出した農家には、一頭
当たり五万円の「検体提供奨励金」を支払う制度も創設する方針だ。
 磯田憲一副知事は「今回構築する二つの施策で、感染原因の早期究明につなげた
い」と狙いを話している。

95 :朝まで名無しさん:02/06/05 13:45 ID:ifKR6F3j
渡辺農林水産事務次官記者会見要旨
( 平成14年6月3日(月) 14:00〜14:12 於:農政クラブ )
http://www.kanbou.maff.go.jp/kouhou/020603jimujikan.htm

○省名変更を検討との報道について

Q: 週末の報道にですね、農林水産省の名称の変更のことについて、幾つか報道
があったのですけれども、これに関しての事実関係及び次官の考え方などお聞かせ
下さい。
 
A: そうですね、3つぐらい申し上げたいと思うのですが、まず事実関係から言
いますと、報道されているような省名変更を具体的に検討しているという事実はご
ざいません。
 それから3つのうちの2つ目は、先般の31日の関係閣僚会議の議論であります
けれども、新しい組織について官房長官から概要が示されました。その際に農林水
産省、厚生労働省についてリスク管理体制の見直しを行うという指摘も頂戴をして
おります。農林水産省自身、私どもの業務や組織について新機関の設立と併せて見
直しが必要だと思っております。それが2つ目でございます。
 それから最後の3つ目でありますが、名称の問題であります。名称、各省庁、部
署の名称というのは、その所掌事務を端的に表すものであるということが、まず上
げられます。名は体を表すという形になっていなければいけないと思います。だた
今回、食品安全行政の見直しに当たってリスク管理の部分が先般の関係閣僚会議で
も議論になりましたけれども、これは引き続き厚生労働省、農林水産省が担うとい
うことになりますので、そういう点から言いますと、中央省庁の改革再編の時に農
林水産省の所掌事務が、或いは他の役所の所掌事務が、どういうふうになるかとい
うことで大変大きく変更があったわけですが、今のところそういう状況にはないと
いう2つのことがございますので、この2点に留意しながらもう少し、何と言いま
しょうか、新組織なり、私どもの組織改正の見直しが進む中でいろいろのことを考
えたいと思っております。

96 :朝まで名無しさん:02/06/05 13:53 ID:ifKR6F3j
▽加工食品の小売動向 (平成14年4月)
http://www.maff.go.jp/www/press/cont/20020605press_4.html

平成14年6月5日 農林水産省 総合食料局食料政策課

■加工食品小売指数 前年同月比 ▲ 4.3% [前月比 ▲ 1.8%]
 消費低迷や小売価格の低下傾向のなか、引き続き前年を下回って推移。
桜の開花の早まりにより、花見の時期が例年よりも早まったため、飲料、
酒類等の行楽需要が伸びず。                             

(主な部門の動向)
●畜産 前年同月比 ▲ 1.1% [前月比 + 2.4%]
 前年同月比でみると、ヨーグルト等が上昇。
畜肉製品(焼き肉用味付け肉、もつ加工品等)、ハム・ベーコン等が低下。
(前月に引き続きヨーグルトがTV番組の影響により堅調。)

以下略

97 :朝まで名無しさん:02/06/05 14:39 ID:MEAGGDHd
▽(06/04)伊東ハム、国産牛肉の飼料・病歴の検索システム
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?i=2002060307904bs&c=0

 伊藤ハムは国産牛肉の生産履歴情報の検索システムを開発した。飼料の種類や
病歴などの検索が可能で、小売業者からの問い合わせに即座に対応できる体制を
整える。BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)や偽装表示事件による消費者の牛肉離れが
深刻な中、情報開示の強化で安全性をアピールするのが狙い。
 生産、肥育から加工、流通に至る各段階の情報をデータベース化。スーパーや
小売店に納入する牛肉の箱に添付するバーコードを読み取るだけで、いつ、どこの
牧場で生まれ、どんな飼料を食べて育ったのか、病歴はどうなのか、などの情報を
端末の画面に表示できる。 [2002/6/4 日経産業新聞]

98 :朝まで名無しさん:02/06/05 21:13 ID:s56aMIz+
参院農水委で農相、原産国の記録を義務化/飼料メーカーなど
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02060501.html

99 :朝まで名無しさん:02/06/05 21:16 ID:s56aMIz+
4月の国内卸売物価、前年同月比1.2%下落・前月比では横ばい

 日銀が10日発表した4月の国内卸売物価指数(1995年平均=100)は94.4となり、
前年同月比1.2%下落した。前年割れは19カ月連続だが、燃料価格の上昇などを背景
に下げ幅は3カ月連続で縮小した。前月比では3月に続いて横ばいとなった。
 品目別では、石油石炭製品が前年同月比3.6%上昇したことが目立った。中東情勢
の緊迫化などから3月ごろに原油市況が上昇、それに伴って4月の重油やガソリン
などの燃料価格が上がった。

 食料用農畜水産物は2.3%上昇した。昨秋の「牛肉の需要がここに来て回復傾向に
あるとみられる」(調査統計局)ことで、卸値がやや持ち直し始めたという。

http://www.nikkei.co.jp/keiki/oroshi/20020510de2iba0109.html


100 :朝まで名無しさん:02/06/05 21:17 ID:s56aMIz+
国産牛肉の安全PR 京都生協が試食会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020603-00000011-kyt-kin


101 :朝まで名無しさん:02/06/05 21:18 ID:s56aMIz+
酪農家が教壇に北海道の生の声「聞かせたい」/東京・八王子
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02060509.html

102 :朝まで名無しさん:02/06/05 21:19 ID:s56aMIz+
BSE問題 学校給食の牛肉使用、神栖町を除き再開−−県まとめ /茨城
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020605-00000003-mai-l08

103 :朝まで名無しさん:02/06/05 22:47 ID:uu9AC7cZ
▽全面的に受け入れ 松阪食肉公社 乳廃用牛の解体 県の要請に応え (伊勢新聞)
http://www.isenp.co.jp/news/_2002/0605/news4.htm

 松阪市や津市など中・南勢地区の四十五市町村でつくる松阪食肉公社(松阪市大
津町上金剛、社長・野呂昭彦松阪市長)が先月末、BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)
騒動で問題化している乳廃用牛の解体を全面的に受け入れていたことが四日、分
かった。県の要請に応えた形だが、県外業者による処理が慣例化しており、現在の
ところ利用は少ないという。
 乳廃用牛は子牛を五、六回出産して老化し、乳の出が悪くなった牛で、国内で見
つかったBSEの四頭の症例牛がいずれも乳牛だったことから、その処理は問題化
していた。県内では松阪市以外にも四日市市と上野市に処理場があるが、いずれも
岐阜県や和歌山県など県外の業者に処理を委ね、ミンチ肉の処理は県内ではほとん
ど実施されてこなかった。
 ただ、県外業者の処理にも限りがあり、今後受け入れられない場合も考えられる
ことから県は同公社での処理を打診していたが、万が一処理牛にBSEの症例が出
た場合のことを恐れ、公社は受け入れを拒んできた。しかし、松阪市を中心に四百
頭から五百頭の乳廃用牛の処理が滞っていることから、このほど受け入れを了承し
たという。
 現在のところ、県内での処理実績がなかった点や万が一のことを心配してか、解
体処理依頼はないが、県では次第に酪農家からの持ち込みが増えるのではと期待し
ている。

104 :朝まで名無しさん:02/06/05 22:58 ID:uu9AC7cZ
▽肉骨粉問題 県が秋田市に処理依頼 市長、受け入れ示唆 /秋田
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020605-00000007-mai-l05

 BSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)の発生に伴う肉骨粉などの処理について、
県が秋田市に焼却処理を依頼している問題で、佐竹敬久市長が4日の記者会見で
「基本的には受け入れる方向」との考えを示した。
 県が依頼しているのは、岩手県から引き取りを求められている本県で食肉処理
された牛の肉骨粉約500トン、県内産の廃用牛処理肉約250トン、県内の飼料・
肥料工場の肉骨粉約60トンなど計約900トン。
 今年4月に稼働した同市総合環境センター(河辺町豊成)の溶融炉は、1500度を
超える高温でゴミを焼却し、焼却灰の排出量を大幅に抑制できる方式を取り入れた
県内唯一の施設。県は3月、秋田市に依頼文書を提出していた。
 佐竹市長は受け入れを示唆する一方で「(通常の)運転に支障があるのかなど
細部について分からないと、最終的な答えは出せない」と話した。
【野口武則】(毎日新聞)

105 :朝まで名無しさん:02/06/05 23:59 ID:21QofnWp
帯畜大にBSE専用検査室新設へ  
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20020605&j=0044&k=200206044124

106 :朝まで名無しさん:02/06/06 01:13 ID:5WNwzLS8
Tuesday June 4, 03:23 AM
Scots pioneer new blood test to detect vCJD(vCJDを検知するスコットランドの先駆的な新しい血液テスト)
http://uk.news.yahoo.com/020604/17/d0bsr.html

web翻訳
http://www.excite.co.jp/world/url/?wb_url=http://uk.news.yahoo.com/020604/17/d0bsr.html&wb_lp=ENJA&wb_dis=3&wb_co=excitejapan
http://babelfish.altavista.com/tr?doit=done&lp=en_ja&tt=url&url=http://uk.news.yahoo.com/020604/17/d0bsr.html
http://www.infoseek.co.jp/Honyaku?webin=http%3A%2F%2Fuk.news.yahoo.com%2F020604%2F17%2Fd0bsr.html&pg=honyaku_w_out.html&to=EJ&sand=1

107 :朝まで名無しさん:02/06/06 01:18 ID:5WNwzLS8
Wednesday May 29, 12:49 PM
UK's Shanks slumps as food crises peter out
By Kerstin Gehmlich
http://uk.biz.yahoo.com/020529/80/czxtn.html

web翻訳
http://babelfish.altavista.com/tr?doit=done&lp=en_ja&tt=url&url=http://uk.biz.yahoo.com/020529/80/czxtn.html
http://www.excite.co.jp/world/url/?wb_url=http://uk.biz.yahoo.com/020529/80/czxtn.html&wb_lp=ENJA&wb_dis=3&wb_co=excitejapan
http://www.infoseek.co.jp/Honyaku?webin=http%3A%2F%2Fuk.biz.yahoo.com%2F020529%2F80%2Fczxtn.html&pg=honyaku_w_out.html&to=EJ&sand=1



108 :朝まで名無しさん:02/06/06 07:34 ID:5WNwzLS8
▽感染牛の出荷農家に「協力金」を支給 道が7月から  2002/06/05 01:00
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20020605&j=0044&k=200206044467

 道は四日の道議会農政委員会で、牛海綿状脳症(BSE)の感染牛を出荷した農
家に、一頭当たり百万円を支給する制度を、七月にも導入することを明らかにした。
感染牛の発見を恐れる酪農家に出荷を促す。
 感染原因や感染ルート解明につながる「原因究明協力金」とする。また、国内の
感染牛四頭がいずれも一九九六年産の乳牛だったため、同年産の乳牛にBSE特有
の神経症状がないか生体検査を進め、神経症状を示す牛を自主的に検査に出した酪
農家には「検体提供奨励金」五万円を支給する。
 六月の定例道議会に提案する本年度一般会計補正予算案に、関連予算約二千七百
万円を盛り込む。
 BSE感染牛が見つかった場合は、同じ牧場で飼育した多くの牛が疑似患畜に指
定され、BSE検査のため殺処分される。また、これまでの国内の感染牛は搾乳を
終えた高齢の乳牛で、酪農家には高齢の乳牛の出荷を渋る傾向がある。

109 :朝まで名無しさん:02/06/06 07:36 ID:5WNwzLS8
▽武部農相:農水省の組織を見直す意向 食品安全組織の新設で
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/keizai/20020606k0000m020138000c.html

 武部勤農相は5日、東京都内で行った講演の中で、食品安全に関する委員会組織
の新設に伴って農水省の組織を見直し、「食品消費局」など、食品の名前をつけた
新たな局を設置したい考えを明らかにした。同省再編について武部農相は「食糧庁
廃止も避けては通れない課題で、省全体を総ざらいする必要がある。新局をつくる
ことも検討したい」と述べた。[毎日新聞6月5日] ( 2002-06-05-21:48 )

110 :朝まで名無しさん:02/06/06 07:37 ID:5WNwzLS8
<武部農相>「物事に時間がかかりすぎ」 農協に注文
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020606-00000152-mai-bus_all

 「農協は、理事会だ総会だと言って、物事に時間がかかりすぎる。管理部門をコ
ンパクトにして『農協型の民間会社』になってはどうかと思う」――。武部勤農相
は5日、東京都内の日本記者クラブでの講演で、農協に厳しい注文をつけた。
 講演後の質疑応答で、農協改革について聞かれた武部農相は「ネット取引の拡大
や量販店の増加で生産者と消費者との直接取引が広がっているのに、農協は手数料
をもらってまだ『中継ぎ貿易』をやっている。営農指導を担当するコンサルタント
会社を農協が設立するのもいいし、トップから末端職員までもっとフットワークを
軽くすべきだ」と、農協批判のトーンは上がる一方だった。
 農業団体に反発が根強い企業の農業参入構想についても「誰が農業をやってもい
いし、しっかりルールを作れば、企業が勝手なことをやったりできないはずだ」と
改革促進を訴えた。
 「(農協を)愛あればこそ話すんですよ」と付け加えることを忘れなかったが、
BSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)問題への対応で、フットワークの悪さ、
消費者軽視の対応が国民から批判された武部農水相だけに、久しぶりに批判する側
に回って、舌鋒は妙に滑らかだった。  【荒木功】(毎日新聞)

111 :朝まで名無しさん:02/06/06 16:21 ID:WS/xrrb4
■死亡牛調査に難色  BSE検査で自治体アンケート/日本生協連(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02060605.html

 二十四カ月齢以上の死亡牛のBSE検査について、今年三月末までの時点では、
「実施は困難」と考えていた自治体が多いことが、日本生協連の調査でわかった。
検査のために人員を増やしたり、焼却施設を新設するなど、財源上の問題を抱え四
苦八苦の状態だ。自治体は予算措置を含め、国が早急に方針を示すよう、強く求め
ている。
 調査は、各地方自治体のと畜場や食肉衛生検査所の実態を把握するため、昨年末
から今年三月まで実施。食肉処理事業を行っている都道府県・政令指定都市(五十
七自治体)の80.7%に当たる四十六自治体から回答を得た。ただし、調査には、
今回、BSE法案で二十四カ月齢以上の牛のBSE検査が義務づけられ、農水省が、
死亡牛の輸送費などを助成することを検討し始めたことなどは考慮されていない。
 病気やけがでと畜場に出荷されず死亡した場合のBSE検査について、「膨大な
検査機器や人員が必要で、現時点での実施は難しい」(北海道)、「現状では、人
的・施設的に対応できる体制ではない」(岩手)、「全頭検査は物理的に無理」
(大阪)、「家畜保健衛生所が担当することが想定されるが、人員・焼却施設など
問題が多い」(石川)、「廃棄物処理として焼却することになり、環境の整備が
必要」(広島)など、八自治体が再検討を要望している。
 一方、全頭検査に向けて、準備中の自治体もある。「家畜保健衛生所にBSE検
査機器を整備し、新たな焼却炉の整備を計画中」(岐阜、宮崎など)、「死亡牛の
搬送、一時保管、焼却方法を検討中」(鳥取)。
 全般的に具体的な国への要望が強く、「国による予算措置が必要」(横浜市、山
口)、「国の方針待ち」(熊本)など、国の動向を見守っている。
 日本生協連は「死亡牛の全頭検査を行い、結果を公表することで日本のBSEの
汚染状況が把握できる。原因究明にもなり、早く実施してもらいたい」と話している。

112 :朝まで名無しさん:02/06/06 16:22 ID:WS/xrrb4
▽トレーサビリティー  JA型構築へ協議(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02060603.html

 JA全中と全農は五日、東京・大手町のJAビルで都道府県中央会・経済連(全
農県本部)の担当者を集め、「食料の安全・安心確保に向けたJAグループの取り
組み方針」の説明会を開いた。これを皮切りにJAグループ内の組織協議がスター
トし、七月の全中理事会で決定する。JA型トレーサビリティーの構築が目玉にな
る。
 JAグループの方針は、牛海綿状脳症(BSE)や一連の食品偽装事件への反省を
基に、信頼回復の柱として打ち出した。“うそをつかない、つけないシステム”を
経済事業に導入するとともに、生産者と消費者との新たなパートナーシップづくり
に乗り出す。
 JA型トレーサビリティーは、1.生産工程の記録・データ化 2.加工・流通
履歴の記録・データ化 3.生産・加工、流通のデータベース化と消費者への情報
開示――が柱。店頭から畑までの履歴をさかのぼって確認でき、表示の信頼性を保
証する。今年度から直売や加工事業を行っているJAを中心に取り組み、国が計画
している来年度からの制度導入に備える。
 導入には農家が栽培情報を記帳することや、JAで普及・指導する担当者の育成
など、生産現場の意識改革と人材育成がかぎを握る。これらの課題を解決するため、
全国、都道府県、JAの各段階でアクションプログラムを作り、計画的な導入を図る。
 トレーサビリティーは海外での取り組みが先行し、今後国際的な潮流になってい
く方向。全中はこの仕組みを国内農業の付加価値ではなく、「生き残るための基盤
づくり」と位置づけ、導入を急ぐ方針だ。

113 :朝まで名無しさん:02/06/06 22:01 ID:NbnySpvT
【社会】死亡牛調査に難色  BSE検査で自治体アンケート/日本生協連
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1023348473/


114 :朝まで名無しさん:02/06/06 22:04 ID:7YG1eEok
>>118
感染牛が出たら商売上がったりなのに、100マソエソじゃなあ。

115 :朝まで名無しさん:02/06/07 22:53 ID:rW+VIf9P
マック、ヒンドゥー教徒らに12億円支払い和解 米国
http://www.asahi.com/international/update/0606/007.html
米国のファストフード大手マクドナルド社に対し、「同社のフライドポテトに牛肉エキスが使われている」と
米国のヒンドゥー教徒や菜食主義者が損害賠償を求めていた集団訴訟は5日までに、同社が牛肉成分を
使っていたことを認めて謝罪し、原告に1000万ドル(約12億4000万円)を支払うことで和解した。

 マクドナルド社は、フライドポテトには植物油だけを使っていると宣伝しながら、実際は風味を良くするために
牛肉成分を混ぜていたとされる。このため原告らが昨年、ヒンドゥー教徒と菜食主義者を代表する形で
米国の裁判所に訴訟を起こした。訴訟がインドで報道されると、怒ったヒンドゥー教徒らが店に押し寄せて
設備を壊す騒ぎも起きた。


 同社はインターネットのホームページで「正確な情報を提供しなかったことを心からおわびする」とコメントした。(17:39)




116 :朝まで名無しさん:02/06/07 23:25 ID:udONl2oH
肉の安全、揺らぐ・BSEで市場萎縮
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=0&i=2002052906946bs

117 :朝まで名無しさん:02/06/07 23:29 ID:udONl2oH
<BSE法>JAS法とともに参院で成立 対策に法的な裏付け 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020607-00001064-mai-pol

118 :朝まで名無しさん:02/06/07 23:30 ID:udONl2oH
<廃用牛>出荷数が前年同月を上回ったと発表 農水省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020608-00000063-mai-soci

119 :朝まで名無しさん:02/06/07 23:31 ID:udONl2oH
食品の安全性、確保へ 消費者も参加、「県民会議」発足−−来月中にも /群馬
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020606-00000001-mai-l10

120 :朝まで名無しさん:02/06/07 23:32 ID:udONl2oH
京都生協が「鳥取新産直牛」販売始める 安全性前面に出し牛肉消費拡大目指す /京都
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020606-00000003-mai-l26


121 :朝まで名無しさん:02/06/07 23:33 ID:udONl2oH
「安全理解できた」 業績発表会に130人参加−−県中央食肉衛生検査所 /群馬
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020606-00000007-mai-l10

122 :朝まで名無しさん:02/06/07 23:35 ID:udONl2oH
岐阜・飛騨の去勢和子牛  50万円台回復
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02060704.html

123 :朝まで名無しさん:02/06/07 23:36 ID:udONl2oH
松阪肉が高騰 / 東京食肉市場 今月`5735円を記録
http://www.isenp.co.jp/news/_2002/0607/top.htm

124 :あげ:02/06/08 12:04 ID:/5gAkoue
116〜123は、本文も入れてくれると
あとあとまで残っていいのではないでしょうか???

125 :朝まで名無しさん:02/06/08 22:23 ID:10/Da+XL
廃用牛のと畜さらに改善、滞留も減少/農水省
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02060809.html

※注 受け入れている自治体においても、現在も廃用牛の受け入れを拒否している
と畜場はあります。主に企業系(もし、出たら企業イメージが心配だからだそうだ)

126 :朝まで名無しさん:02/06/09 09:39 ID:s80w3VTw
煽りたいのがミエミエな見出しの記事

<BSE>「ヤギも危ない?」最安値 沖縄県が全頭検査へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020609-00002129-mai-soci

127 :朝まで名無しさん:02/06/09 09:52 ID:s80w3VTw
http://www.yumeichi.ne.jp/hcoop/news/backno/2002/news-1-3-2.html#news6

128 :朝まで名無しさん:02/06/09 09:53 ID:s80w3VTw
BSE基金
http://www.mars.sphere.ne.jp/usi-farm/kikin.htm

129 :どうも:02/06/09 11:21 ID:fsklhL8I
リンクだけだと、
本体の記事が消えると
分からなくなるよ。
本文もコピーしてくれると
ありがたいのですが・・・。

130 :読売:02/06/09 11:35 ID:4HTqPqDh
農水省の「畜産部」廃止へ
http://www.yomiuri.co.jp/02/20020609it01.htm

 農林水産省が、BSE(牛海綿状脳症=狂牛病)問題を巡って、不手際
を重ねた同省畜産部(旧畜産局)を解体し、廃止する方針を固めたことが
8日、明らかになった。
 BSE問題を受けて、政府・与党は内閣府に食品安全行政を担当する
「食品安全委員会」を新設する一方、農水省の外局である食糧庁を廃止す
る方針を固めている。
 農水省は食糧庁廃止などに伴い、大幅な組織再編を行う方針で、この一
環として、畜産部の解体・廃止が浮上した。消費者向け対策を担当する局
の新設も検討している。
 現在、畜産部には衛生課や飼料課などの7課があるが、新設する局に、
衛生課などが移される見込みだ。部としての畜産部は廃止され、残る課は
生産局に吸収される。
 旧畜産局は、96年にBSEの感染源とされる肉骨粉の牛への使用禁止
を行政指導にとどめたため、BSE問題の行政対応を検証する調査検討委
員会の報告書で「重大な失政と言わざるを得ない」と批判された。またB
SE発生後も、厚生労働省との連携の不手際から、対応の遅れも目立っ
た。
 旧畜産局は、熊沢英昭前次官、高木勇樹元次官が局長を務めるなど、農
水省の有力局だが、2001年1月の省庁再編では、生産局傘下の部に改
組されていた。食糧庁、畜産部の廃止方針は、農水省の抜本改革を象徴す
る内容となる。

(6月9日03:36)

131 :毎日の記事:02/06/09 11:40 ID:4HTqPqDh
BSE:「ヤギも危ない?」最安値 沖縄県が全頭検査へ
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20020609k0000m040129000c.html
 BSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)問題の影響がヤギにも波及してい
る。沖縄県ではヤギ肉の消費が落ち込み始め、7日のせりでは、県家畜市場で
ヤギを扱いだして以来の最安値を記録した。同県は「不安感を取り除き、消費
を回復したい」と、年内に全頭検査を実施する方針を打ち出した。

 沖縄や鹿児島県奄美地方では、肉や内蔵をヤギ汁などにして食べる習慣があ
り、全国消費の9割以上を占める。00年度、全国の7割以上の4531頭が
沖縄で解体され、豪州などから輸入した約5000頭も沖縄で消費された。県
内では約2100戸が1万4500頭を飼育している。

 ところが、専門家がヤギもBSEを含む神経疾患(プリオン病)に感染の危
険があると指摘したことから、厚生労働省は4月1日、ヤギと羊の解体時に頭
やせき髄、ひ臓、小腸、大腸などを除去し、焼却するよう全国に通達。沖縄県
は県内5カ所の解体場に関係部位の焼却を指示した。

 以後「ヤギも危ないのか」との心配から売り上げが落ちる店も出ている。本
島で唯一、ヤギを扱う県南部家畜市場(東風平町)で7日にあったせりの平均
価格は、オスが1キロ当たり788円、メスは同530円で通常より1割以上
安く、オスは一昨年4月に同市場がヤギ肉を扱い始めてからの最安値だった。

 このため生産者らの「早急にヤギの安全性を立証してほしい」との要望を受
け、県は5月下旬、帯広畜産大に職員を研修に出すなど、全頭検査に向けた準
備を始めた。ただ、牛とは検査機器や方法が違うことなどから、実施は早くて
も秋以降になりそうだという。

 那覇市のヤギ料理店の店主は「不安な人もいるらしく、4月以降、売り上げ
は例年の半分くらいになった。腸を使わなくてもほかの内蔵を使うのでヤギ汁
の味に差はない。国や県には早めに安全宣言を出してほしい」と話している。
 【中村宰和】
[毎日新聞6月9日] ( 2002-06-09-03:01 )

132 :朝まで名無しさん:02/06/09 18:35 ID:6RZ9zund
食材うんちく堂 牛肉
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/food_life/unchiku/011111/index.html

133 :朝まで名無しさん:02/06/09 18:48 ID:6RZ9zund
<雪印>消費者団体から社外取締役起用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020605-00002008-mai-bus_all

134 :朝まで名無しさん:02/06/09 21:28 ID:6RZ9zund
誰でもわかる!狂牛病(BSE)対策マニュアル
http://club.nikkeibp.co.jp/club/book-b.html

135 :あげ:02/06/10 12:40 ID:tWU83oLy
日本一勝あげ

136 :朝まで名無しさん:02/06/10 18:47 ID:iGnmbIwy
食品安全新組織の準備室長は経産省系 他は農水・厚労で
http://www.asahi.com/national/kyougyu/K2002061000167.html

これは消費者重視でなく、企業寄りになるということです。
経済産業省は縄張り拡大にまんまと成功しそうです。

137 :朝まで名無しさん:02/06/10 22:59 ID:SkKVOqge
■農水省職員が派遣研修  接客、掃除・・・外食産業の苦労を実感
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02061005.html

 消費者に軸足を置いた農政に向け、今月から外食産業で派遣研修を受けている農
水省の職員八人が八日、東京・銀座の和食料理店「がんこ銀座一丁目店」で現場研
修に臨んだ。調理研修のほかトイレ掃除なども行い、民間の外食産業の努力、苦労
の一端を体験した。
 研修を受けたのは二十九から五十一歳の室長、課長補佐、係長ら。当日は、同店
を経営するがんこフードサービスの鬼塚純二常務らの指導を受け、あいさつやトイ
レ掃除、食器洗い、おにぎり・みそ汁づくりのほか、店頭で店のちらしも配った。
 あいさつの勉強では発音練習から始まり、客を見て腰を二〇度に曲げることなど、
接客の初歩を勉強。「お客さまが一人になり、自分にかえるのがトイレ。細かい
ところにも目がいくだけに、しっかり掃除が必要」(鬼塚常務)と、トイレ掃除も
たわしの上手な使い方など、効率的なやり方を学んだ。
 研修を受けた職員からは「自分たちの仕事の先には国民、消費者がいることを実
感。仕事に対する考えが変わった」「民間企業のコストやサービスの意識には学ぶ
ところが多い」などの声が聞かれた。
 今回の研修は三日から始まり、一行は日本フードサービス協会やジョナサン、デ
ニーズジャパン、吉野家でも外食産業人としての心得や接客などを勉強。三人は九
日で終えるが、残る五人は十五日まで研修を続ける予定だ。

138 :女性獣医はなぜ死んだか 狂牛病隠し圧力の罪状(1):02/06/11 01:11 ID:SSNMPxvd
4頭目を発見された女性獣医師さんの死に関連した「アエラ」の記事です。
とりあえず前半のみ、後半の代用乳の記事は明日以降にうP予定。
なお、女性獣医師さんとご家族のお名前は仮名とさせていただきます。
K子さんのご冥福をお祈りします。

-------------------------------------
AERAA 02年6月17日号
<目次>
真相:女性獣医はなぜ死んだか 狂牛病「全農代用乳説」究明サボタージュの陰

<見出し>女性獣医師が自殺した理由 狂牛病隠し圧力の罪状
4頭目発見でも感染源を突きとめる動きは鈍いままだ。
感染源究明のサボタージュが獣医師を死に追いやったのか。

<本文>
 「死んでもおわびしつくせません」
 そんな遺書を残して、北海道釧路保健所の獣医師、○○K子さん(29)が自らの命を断ったのは、5
月12日の未明のことだった。
 釧路市内のアパートの自室に残されていた遺書は、人一倍責任感の強いK子さんらしく、きちんと
便箋に大きな字で書かれていた。
 ただ、書き出しの字体がわずかに乱れていた。室内のテレビは、つけっぱなしだった。

139 :女性獣医はなぜ死んだか 狂牛病隠し圧力の罪状(2):02/06/11 01:13 ID:SSNMPxvd
◎見抜ける獣医師なし
 K子さんは北海道で見つかった「4頭目」の牛海綿状脳症(BSE、いわゆる狂牛病)感染牛の解
体処理を許可した担当者である。
 だれに何を償おうとしたのか。自殺の動機について、
「検査でBSEを見落とした責任を感じて」との報道もあった。
 果たしてそうなのか。
 今年の正月、K子さんが黒毛肉牛の畜産を営む鹿児島県金峰町の実家に帰省したときに漏らした言
葉を、父、○○H雄さん(56)は記憶にとどめている。
「BSEを出してはいけない雰囲気があるから、つらい」
 この言葉の裏に、K子さんを苦しめた真の理由が隠されているように思えてならない。
 地元の高校を卒業後、「動物のお医者さん」を夢見て北海道の帯広畜産大に進んだ。獣医師の資格を
取った後、いったんは民間の動物病院に就職したが、
「開業するつもりはないから」
と道職員試験に再挑戦。99年4月に獣医師として採用された。釧路保健所に配属され、生活衛生課
の食肉検査係として、同じ釧路市内にある北海道畜産公社釧路事業所に通い、朝8時半から午後4時
ごろまで、出荷された家畜を食肉向けに解体して良いかどうか判断する「生体検査」を担当していた。
 問題の牛は、5月10日に検査に回されてきた。
 釧路の西約60キロの音別町酪農家が出荷した、6歳2ヶ月の雌のホルスタイン。牛乳生産の役
割を終えた「廃用牛」だ。
 左前脚に異常があった。そのことは、K子さんが診る前に、釧路地区農業共済組合に所属する獣医
師が、診断していた。
 病歴書には、「左前肢の筋断裂(損傷)により廃用、神経麻痺にて着地不全」とある。
 K子さんは牛を別室に移し、マニュアル通り、両眼の前でパチンと手をたたく検査などを行った。
BSE牛なら、特有のまばたき症状を示す。こうした目視の結果、「BSEの典型的な症状は外見上、
見られない」と診断して解体を許可した。
 牛は枝肉にされた、脳の一部は、他の牛と同様、BSEのスクリーニング(ふるい分け)検査のため、
一足先に釧路保健所に回された。
 いつものように夕方、公社から保健所に戻ったK子さんは、問題の牛の検査結果が「陽性」だった
ことを知る。

140 :女性獣医はなぜ死んだか 狂牛病隠し圧力の罪状(3):02/06/11 01:15 ID:SSNMPxvd
 そこからは大騒ぎだった。解体処理設備は消毒され、その牛の枝肉は焼却された。生産農家には他
に56頭の牛が同居していたが、これらの「移動自粛」と「移動禁止」が相次いで申し渡された。
 K子さんが亡くなった後のことだが、これらの牛のうち、BSE牛と生育経過が近い44頭は「擬似
患畜」とされ、うち41頭が家畜伝染病予防法に基づいて殺処分された、残り3頭は、経過を見るため
道内の隔離施設に移された。
 こうした措置は事実上、その農家を「廃業」に追い込むことにつながる、とH雄さんは言う。
「愛情をもって育ててきた牛を殺されるのは一番つらい。娘は学生時代、酪農家に泊まりこんでアル
バイトもした。酪農家の苦しみはよく知っている。(BSEを)出したら、農家が潰される。それがつ
らかったのじゃないか」
 道庁の畜産担当者によると、昨年9月に1頭目が、11月に2頭目と3頭目が相次いで発見されてか
らというもの、
「BSE牛を出さない」
動きが道内全体に広がっていた、という。農家は、5歳を超える高齢の牛の出荷を控えるようになっ
た。それだけではない。様子のおかしい牛は、安楽死させたうえで「斃獣(死亡牛)」として処理し
ていた。病気のままでは結局はBSE検査を受けなければならないが、「死んでいた」ことにすれば、
検査を免れられるからだ。
「1頭目が千葉で見つかったとき、出生地の北海道佐呂間町ではホタテの価格まで暴落した。そうした
ことも(K子さんの)頭にあったのかも知れない」
 BSE隠しは、北海道に限らない。東北のある獣医師は、
「生産者はおびえている。処理場に持ち込まれるのは生後30ヶ月未満の牛だけ。こんな若い牛に陽性
反応が出た例は世界中にはない」と話す。
 関東に住む獣医師で酪農家のAさんは、K子さんの自殺と、BSEの感染源、感染経路の究明が日
本で国家的に怠られていることを繋げて考える。
「外見からBSEを見抜ける獣医師なんて日本にはいないでしょう。彼女は100%正しく立派な行為
をした。彼女が偉かったのは、病畜としてみてくれと(病蓄のコースに)きちんとその牛を送ったこ
とだ。しかし、私がその立場にいたら、そうはしない。多少ともおかしいと思ったら、あなた持って
帰ってよ、と言って、その牛を引き取らせた。地域の獣医師と相談させるなりさせて、その牛を消し
てもらったでしょう。地域からBSEが出たら、関係者の苦しみは想像を絶する」

141 :女性獣医はなぜ死んだか 狂牛病隠し圧力の罪状(4):02/06/11 01:16 ID:SSNMPxvd
◎午前3時半にネットで
 BSEは、その牛を飼っていた農家の責任ではない。むしろ被害者だ──。農水省は口でそう言い
ながら、実際には農家の苦しみに目を背けてきた。農家の恐怖心を口実に、新たなBSEを表面化さ
せない方向でしか動いていない。BSEの症例が2例から3例、そして4例と積み重なるにつれ、そ
こに共通する部分は発症原因として浮かび上がる。
 感染源が究明されていれば、検査をして発症が認定されても、農家の無用な混乱は防げる。それが
ないがゆえに、浜田さんは自らの獣医師としての常識的な処置と、その結果としての生産農家の損害
と混乱に苦悶しなければならなかったのではないか。
 北海道庁はK子さんの死を契機に、「これからは意識を変え、BSEをどんどん表に出してゆこう」
と、農家に呼びかけ、感染牛を飼っていた農家に100万円の報奨金を出す制度を近く導入する。
生体検査の方法も、獣医師に過度の負担がかからないよう、1頭の牛を1人ではなく2人異常で受け
持つよう改めた。
 K子さんは、心も体も疲れ果て、すべて自分の責任だと背負い込んでしまった。あるいはだれかにそ
うなじられたのか、今となってはわからない。
 湿布薬を買って一人暮らしのアパートに帰宅し、そのうち3枚を肩に張った。テレビのニュースは
速報で「BSE2次検査で陽性」と伝えていた。日付が変わって5月12日午前3時半ごろから約20分、
インターネットでBSE関連の速報を見た形跡があった。日曜日だが、朝8時半には出勤しなければ
ならない。でも、限界だった。
「48時間以上、ほとんど眠っていなかったんじゃないかなあ。6月には妹と大阪に旅行するのを楽し
みにしておって、飛行機の切符も買ってありましたよ」
 K子さんが命を絶つ原因は、H雄さんら家族にはBSE以外に思い当たらない。
(編集部 後田竜衛。佐藤修史)

142 :朝まで名無しさん:02/06/11 07:37 ID:RhrpsvSx
見出しと記事の内容が違う・・・
違い過ぎる・・・
マスコミは厚顔無恥だなぁ・・・

143 :朝まで名無しさん:02/06/11 08:27 ID:xFB3PUko
>142
スマソ記事の後半まだうPできてないんだ。
後半とあわせて読むとタイトルも納得できるぴょん、、、

144 :朝まで名無しさん:02/06/11 16:04 ID:WS9zetBc
■全農チキンフーズ幹部逮捕 イメージ悪化心配(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02061102.html
 全農チキンフーズの偽装鶏肉事件で十日、同社と鹿児島くみあいチキンフーズの
前幹部七人が、不正競争防止法違反の疑いで逮捕された。外国の鶏肉を国産と偽り、
食への信頼を失墜させた事件から三カ月。生産者は逮捕による産地のイメージ悪化
を心配し、消費者は不信をぬぐいきれない。
 全国有数の畜産県、鹿児島。事件が「逮捕」に至って、畜産農家のショックは大
きい。
 川内市内の畜産農家の男性(49)は「逮捕までされるなんて……。驚いている。
これで鹿児島のイメージが悪くなるのが心配だ」と話す。
 事件は、タイや中国の鶏肉が「国産」と表示され、鹿児島の無薬飼育鶏肉のよう
に出荷されたとされる。それだけに、地元の畜産農家も頭を悩ませていた。
 子会社前幹部の逮捕を受け、JA鹿児島県経済連の松村一夫会長は記者会見で
「極めて遺憾。逮捕を厳粛に受け止め、捜査の行方を見守りたい」と語った。
 同連は一日、コンプライアンス(法令順守)推進室を設置。今後このようなこと
を起こさない再発防止への体制づくりと「生産者と消費者の信頼回復に全力を注ぐ」
という。
 一方、消費者の思いも複雑だ。さいたまコープの組合員理事・菅いづみさん(4
3)は「同じ協同組合の仲間として信頼していただけに(逮捕は)残念」という。
 鹿児島の生産者とは産直交流し、飼育の苦労も知っていた。「一生懸命な農家の
ことを思うと、加工・流通に携わる人も食べる人のことを考えて仕事をしてほしい」
 偽装防止のため、監視強化を望む声もある。日本消費者連盟の富山洋子代表運営
委員は「食べ物で起きた不正で逮捕は当然。今後は、行政が予告なしの立ち入り検
査を行うなど、監視体制を強化すべきだ」と話す。
  ◇
 JA全農は十日、全農チキンフーズ関係者の逮捕を受けてコメントを発表した。
子会社である同社の不祥事で、消費者、生産者に迷惑を掛けたことを「心よりおわ
び申し上げます」と謝罪。このことを厳粛に受け止め「法令順守の徹底と意識改革
に取り組む」としている。

145 :朝まで名無しさん:02/06/11 16:33 ID:WS9zetBc
■政府、食品安全行政独立委設置を決定(日経新聞)
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20020611CEEI073011.html

 政府は11日午前の食品安全行政関係閣僚会議で、食品の安全確保をめざす独立委
員会の設置案を正式に決めた。委員会は来年夏までに200−300人規模で発足、科学
的分析をもとに必要な規制を関係省庁に勧告する。BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)
問題で揺らいだ食品行政の信頼回復が狙いで、中央省庁再編後初めての大幅な組織
改革に踏み切る。
 閣僚会議は行政肥大化の批判を避けるため、食糧管理法の廃止で役割が低下して
いた農水省外局の食糧庁を廃止する方針も決めた。政府は行政組織見直しの法案と
併せ、新委員会を中心に消費者重視の食品行政を進めることをうたう「食品安全基
本法案」(仮称)を来年の通常国会に提出する。
 新委員会 名称は「食品安全委員会」となる予定。独立性を重視して内閣府に設
置する。食品添加物や農薬、遺伝子組み換えなど食品を通じて人体に影響を与える
問題に関する国内外の情報を収集。科学的に分析して、農水省や厚生労働省に規制
を勧告する。生産者を対象とする行政中心の既存官庁から独立し、消費者重視の政
策を目指す。

146 :朝まで名無しさん:02/06/11 23:06 ID:WS9zetBc
■大崎で死んだ牛を路上に不法投棄/志布志署が捜査 (南日本新聞)
  −家畜処理工場前に耳標など外し
http://www.minaminippon.co.jp/2000picup/2002/06/picup_20020611_3.htm

 死んだ肉牛1頭が大崎町永吉の里道に不法投棄されているのが見つかり、
志布志署や県志布志保健所、曽於家畜保健衛生所は10日、検査して処分した。
志布志署は廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで捜査している。
 牛はホルスタイン種の去勢肥育牛で生後14、5カ月。体高約130センチ、体重
350−400キロ。幅約3メートルの道をふさぐように捨てられていた。飼い主や
生年月日などを識別する耳標は外してあった。死因や死亡時期ははっきりしない
という。
 現場は、民間の死亡家畜処理工場の入り口付近。経営者の妹尾辰巳さん(67)が
9日午後6時ごろ見つけた。牛は同工場で処分された。
 妹尾さんは「以前も何頭か、勝手に畑などに捨ててあった。周りに迷惑なので死亡
家畜は適正処理をして」と話している。

▽写真 道路に不法投棄された牛=10日午前9時半、大崎町永吉
http://www.minaminippon.co.jp/2000picup/2002/06/jpgs/11-03.jpg

147 :朝まで名無しさん:02/06/12 07:01 ID:TG5gkd3m
[この人に聞きたい]品質本位の姿勢貫く=磯前貴也・滝沢ハム社長 /栃木
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020611-00000002-mai-l09

 「滝沢ハム」(栃木市泉川町)は昨年、病原性大腸菌O157による集団食中毒
やBSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)の影響を受け、02年3月期決算で、
株式会社化した1950年以来、初の赤字決算に追い込まれた。同社はどう再起を
図るのか。就任して間もない磯前貴也社長(61)に話を聞いた。【熊谷洋】
 ▼社長就任の抱負を。
 昨年は多大な迷惑をかけてしまった。世の中から信頼され、必要とされる会社を
目指し、まずは黒字化に全力を注ぎたい。「安全・安心」の評価を取り戻すため、
JAS法や食品衛生法などを順守し、道義的にも筋道の通った対応を心がける。
 ▼従業員に求めることは。
 「安全・安心」の評価を得るために何が必要かを意識しながら業務に取り組んで
ほしい。判断基準は時代によって変化するため、常に油断してはいけない。消費者
意識も頭に入れ、変化に対応できる生産体制を敷きたい。全従業員に「タキザワブ
ランド」を売るという意識を徹底させたい。
 ▼食中毒問題への対策は。
 各工場長が生産現場を一括管理していたのを、今年から品質保証部の関与の度合
いを強めた。最新情報を行き渡らせ、問題点を即座に改善するためだ。品質保証部
が「だめ」と判断した製品は一切出荷されない。
 検査や点検は工場単位で行ってきたが、今年度から年1回の全工場の一斉点検の
ほか、各工場で月1回、詳細点検を実施している。本社では月1回、品質安全対策
委員会を開いている。委員には外部から食品衛生管理の専門家2人も加わり、品質
管理を強化している。
 ▼生産・営業体制の見直しは。
 黒字化に向け、拠点の統廃合で経営効率化を図る。生産面では主に食肉を仕入れ
る仙台ミートセンター(仙台市)の機能を仙台工場(同)に集約する。営業面では
エリアが重なる群馬県内の二つの営業所を統合する予定だ。
 ▼独自性をどう出すか。
 国際食肉ハムオリンピックで長年、金メダルを受賞してきたのは、ものづくりに
徹し、味の良さを追求してきた結果だ。今後も品質本位の姿勢を貫き、時代の変化
に柔軟に対応したい。その意味で商品開発部門が重要だ。(宇都宮市の)大谷石採
掘跡の洞くつで生ハムを熟成しているように、地域特性も生かしたい。地道な努力
を積むのが「タキザワらしさ」だと思う。
 ▼BSE問題の見解は。
 仕入れ段階で「安全・安心」を確認することが重要だ。仕入先と適度な緊張関係
を保ち、条件に合うものだけを仕入れ、ロット検査を怠らないようにしている。
 また、トレーサビリティー(追跡調査)に関し、コンピューターによる情報提供
の仕組みを構築する準備を始めている。将来的には、バーコードなどの番号を入力
すれば、生産者から消費者に渡るまでの過程が、パソコンの画面で把握できるよう
になるだろう。「顔の見える製品」を消費者が強く求める以上、そのためのシステ
ム作りを他社に先駆けて行いたい。
…………………………………………………………………………………………………
 ◇いそまえ・よしなり
 日本大学経済学部卒。1972年入社。91年常務、95年専務、今年3月、滝沢貞夫
前社長の急逝に伴い代表取締役専務になり、5月から現職。栃木市で妻、三男と暮らす。
「日々を新たに」がモットー。(毎日新聞)

148 :朝まで名無しさん:02/06/12 19:54 ID:TG5gkd3m
■BSE対策対象外の肉申請した11業者名の公表見送り(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/kyougyu/K2002060800020.html

 国による牛海綿状脳症(BSE)対策の保管牛肉買い上げ事業で、品質保持期限
切れなどで助成の対象外になった肉を申請した11業者について、農水省は名前を
公表する予定だったのを変更、第三者による検討会をつくって協議する方針を7日、
示した。
 雪印食品の食肉偽装事件をきっかけに始めた保管肉の検査では、2年間の品質保
持期限が切れた冷凍肉や、外箱の表示と内容量が異なるものなどが見つかった。
 農水省はこれらの肉を助成の対象からはずし、ほぼ月1回、肉の重量などを公表
している。ただ、業者名は伏せてきた。
 これに「業界寄り」との批判があがり、武部勤農水相が国会で「事業の透明性を
確保するため業者名を原則公開する」と表明。国民の不信解消を図るとして、業者
の同意がなくとも6月上旬に公表する準備を進めていた。
 業者側は「農水省側の当初の説明が不十分」「限られた時間で申請したため適合
外の肉が混じった」「意図的ではない」などと主張、名前が公表されれば「経営上、
致命的になる」として5月末、11業者すべてが異議を申し立てた。
 これを受けて同省は再度、方針を転換。7日、公表については第三者検討会を設
ける方針を新たに示した。法律の専門家や行政経験者らをメンバーにし、「早急に
結論を出したい」としている。
 業者名公表を見送ったことに消費者団体は一様に反発。全国消費者団体連絡会の
神田敏子事務局長は「国の補助事業でルール違反をしたのが事実なら、発表されて
当然だと思う」と話す。月刊誌「食品と暮らしの安全」の小若順一編集長も「異議
申し立ては業者の自由だが、これを受けて発表方針を取りやめるのは納得できない。
『業』に甘い官の体質を引きずっているのではないか」と指摘している。

149 :朝まで名無しさん:02/06/12 19:57 ID:TG5gkd3m
▽食品安全新組織の準備室長は経産省系 他は農水・厚労で(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/kyougyu/K2002061000167.html

 食品安全を担う新行政組織発足に向けた準備室の概要が固まった。準備室長には、
農水、厚生労働の両省出身者を避け、経済産業省出身の小川洋・内閣審議官が就く。
副室長など、他のポストは農水、厚労の両省出身者がほぼ半分ずつの構成になる。
 準備室は、11日の関係閣僚会議で新組織の具体案がまとまるのを受け、内閣官
房に設けられる。20人強の規模で、副室長には農水省から梅津準士・生産局畜産
部長、厚労省から霜鳥一彦・医薬局総務課長が就任する。
 梅津部長は、今年4月に牛海綿状脳症(BSE)問題に関する処分(訓告)を受
けているが、畜産部長に就いたのは今年1月で、昨年9月にBSEに感染した牛が
発見された時や、それ以前のBSE問題への対応の誤りの責任者ではなく、問題は
ないと判断された模様だ。
 食品安全のための新行政組織は、BSE問題に対処できなかった反省を踏まえ、
食品の健康への影響を科学的に調べる「リスク評価」を目的に、科学者・専門家の
委員会として03年度に発足する予定。消費者保護を最優先するために、業者とじ
かに接する既存の行政機関からの独立性が重要視されており、発足準備にあたって
も、こうした観点が貫けるかが課題となっている。 (2002/06/11)

150 :朝まで名無しさん:02/06/12 21:28 ID:hAnzNAag
BSE感染問題 農家に新支援策−−県 /愛知
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020612-00000006-mai-l23

151 :朝まで名無しさん:02/06/12 21:29 ID:hAnzNAag
揺らぐ輸入食品への信頼
http://www.toonippo.co.jp/shasetsu/sha2002/sha20020605.html


152 :朝まで名無しさん:02/06/12 21:30 ID:hAnzNAag
野菜の大暴落――実態知らせよう/安心・安全な食材の提供を
http://www.nouminren.ne.jp/dat/200205/2002051305.htm

153 :朝まで名無しさん:02/06/12 22:10 ID:TG5gkd3m
イスラエルで初のBSE感染牛
http://www.asahi.com/national/kyougyu/K2002060500061.html

 イスラエル農業省によると、イスラエル北部のゴラン高原のキブツ(集団農場)
で3日に死んだ乳牛が牛海綿状脳症(BSE)に感染していたことが4日、明らか
になった。イスラエルでBSEが確認されたのは初めて。農業省は30カ月以上の
食肉牛について処理後24時間は感染の有無を調べるなどの措置をとった。

154 :朝まで名無しさん:02/06/14 00:32 ID:J9KfUb4I
<雪印食品>産地偽装に罰金30万円の略式命令 神戸簡裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020612-00002102-mai-soci

たった30万円でOK!などとふざけたことをぬかす裁判所も潰してしまえ!!




155 :朝まで名無しさん:02/06/14 00:33 ID:J9KfUb4I
<雪印食品事件>元社員12人は起訴猶予 神戸地検、捜査終結
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020611-00002059-mai-soci

何、操作を打ち切ってんだよ、検察の役立たず!




156 :朝まで名無しさん:02/06/14 10:26 ID:RhsUGn2P
■JAグループの食品表示点検  2割弱が不適切(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02061301.html

 JA全中は十二日、グループ全体で取り組んだ食品表示自主点検の結果を公表し
た。調査した約一万六千品目のうち二割弱の二千八百五十五品目で、不適切な表示
があった。加工や産直施設での表示のチェック体制は、小規模な施設ほど不十分だ
った。全中は、研修会などを通じて適正表示を徹底する。
 自主点検は、JAグループで起きた一連の食品表示違反を受けて行った。すでに
自主点検した全農グループを除くJA(経済連含む)で、四月から五月にかけて実
施。半数の五百六十五JAが報告した。
 JAS法に照らして、表示が不適切だった食品は調査品目の17.7%。その内
容は、生鮮品などで原産地表示がないケースを筆頭に、名称や内容量、消費(賞味
)期限の記載もれが多い。
 中には、▽ガイドラインで立証できない減農薬や減化学肥料などのあいまいな表
示 ▽地場産と思わせるような表示 ▽健康食品的な記載――など、消費者の誤解
を招くものが三十品目あった。
 品質管理や苦情処理、欠品・返品対応など内部チェック体制では、従業員への教
育・訓練や記録管理の取り組みが弱かった。
 全中は、この結果を受け、食品の適正表示に向け、マニュアルビデオの作製や研
修会などに取り組む。内部チェック体制の強化では、大規模な食品加工施設は、H
ACCP(危害分析重要管理点)や品質管理のISO9001の認証取得を促す。
小規模な直売所や加工施設は、教育・研修や監査を通じ、品質管理の向上を徹底する。
 消費者の意見や苦情に応えるため、JAや連合会に「消費者相談窓口」の設置も
指導していく。
 点検結果は同日の経済事業刷新委員会に報告した。
 各委員からは、自主点検を評価する一方、表示制度への疑問も挙がった。消費者
委員は「今の表示制度は複雑過ぎる。これで現場での取り組みが可能なのか。真剣
に検討して、生産者も消費者も納得できる制度にすべきだ」と指摘。
 マスコミ委員も「生産者、消費者が表示制度を点検し、法律が不備なら改善する
ことが必要だ」と述べた。

157 :あさひ:02/06/14 17:09 ID:ELNTTDBg
「松阪牛コンビーフ」別の国産牛肉混ぜ製造 日東ベスト
http://www.asahi.com/national/update/0614/017.html
 日東食品グループでコンビーフ製造最大手の「日東ベスト」(山形県寒
河江市)は14日、製造する「松阪牛コンビーフゴールド」「米沢牛コン
ビーフゴールド」「米沢牛牛肉大和煮」の3商品に、別の国産牛を混ぜて
いたと発表した。公正取引委員会から景品表示法違反(優良誤認)の疑い
で立ち入り検査を受けていたことも明らかにした。
 日東ベストによると、混入があったのは遅くとも99年6月から今年2
月までに製造された商品。この間に約15万缶が製造されているという。
販売元の川鉄商事を通じ、製品の回収を進める。
 記者会見した内田淳社長は「松阪牛や米沢牛は脂分が多く、形くずれし
やすい。そのためほかの肉も混ぜたようだ」と説明した。混入したのは岩
手、宮城、山形県産の牛で、50%前後混ぜていた。今年3月からはやめ
ているという。(15:03)

158 :朝まで名無しさん:02/06/14 22:57 ID:FG1FSjB+
http://www.moon.sphere.ne.jp/usi-farm/kikin.htm

159 :朝まで名無しさん:02/06/14 22:58 ID:FG1FSjB+
http://fairy.kais.kyoto-u.ac.jp/heroine/event/okera/okera0205.html

160 :朝まで名無しさん:02/06/14 23:31 ID:G1eskFxZ
BSE4頭目から1カ月 牛肉、価格への影響はほぼなし
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/special/020613-1/index.html

161 :朝まで名無しさん:02/06/15 21:06 ID:fEof2k3/
▽24カ月齢以上の死亡牛の届け出、7月4日から義務化/農水省(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02061506.html

 二十四カ月齢以上の死亡牛の届け出が七月四日から義務づけられることが、農水
省が十四日まとめた牛海綿状脳症(BSE)対策特別措置法の省令案で分かった。
届け出は、死体を検査した獣医師か、検査を受けていない場合は所有者が都道府県
知事に行う。
 届け出の内容は、届け出者と所有者の氏名・住所、死亡牛の性別・月齢・所在、
死亡年月日、死亡時の状態。家畜伝染病の届け出をしているなどで、行政が死亡を
確認できる場合は届け出はいらない。
 省令案は、
1)BSE対策法を施行する七月四日から届け出を義務づける死亡牛
2)来年四月からBSE検査を原則義務づける死亡牛−−の月齢を二十四カ月齢
以上と定めている。
 獣医師法などの省令の改正案もまとめた。牛の診療簿などを獣医師が保存する期
間と、家畜商と飼料の製造・輸入・販売業者が帳簿を保存する期間をいずれも八年
に引き上げる。
 BSEの潜伏期間は最長八年で、この期間に発生していないことを確認できれば、
BSEに汚染されていない国(清浄国)として国際的に認められるため。
 飼料業者には、飼料の製造・輸入年月日や原料、輸入国、農相が指定する輸入飼
料の原料原産国などを帳簿に記載することも義務づける。

162 :朝まで名無しさん:02/06/15 21:20 ID:fEof2k3/
■ 内部告発者保護 法整備へ議論進む 企業の圧力防ぎ、人権守る(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/news/index.html

 相次ぐ食品偽装表示事件を契機に、不正を暴くために告発した内部告発者を保護
する法律を整備しようという動きが進んでいる。組織の内情を知る関係者からの告
発は、消費者の不利益を未然に防ぐ手段として有効だが、企業側から圧力がかかり、
報復されるのでは、という不安を解消しないと実効性は上がらない。法制化に向け
た動きや問題点を探った。

■検討――食品偽装の不正を暴く
 法整備を検討しているのは内閣府の国民生活審議会。消費者政策部会の自主基準
行動検討委員会が四月にまとめた中間報告に、内部告発者を守る制度の検討を盛り
込んだ。来年五月に最終的な報告をまとめる予定だ。議員立法化に向けた動きも出
ている。
 きっかけは、二〇〇〇年夏に発覚した三菱自動車のリコール隠しだった。その後、
雪印食品の表示偽装なども内部告発で明らかになり、関係者による情報の重要性が
認識された。五月から六月にかけて発覚したダスキンや協和香料化学の添加物の
違法使用も内部告発で明らかになったものだ。
 現在検討されている法律は、消費者への不利益を未然に防ぐだけでなく、不正や
事件が起きにくい状況を作り上げることも狙い。告発者の人権が法的に守られれば、
企業側も圧力をかけられない。コンプライアンス(法令順守)の導入も進んでおり、
二重の監視態勢で不正や事件を防ごうというわけだ。

■課題――社会が認める環境整備
 内部告発は、「密告」という悪いイメージが付きまとうことも無視できない。
地方都市では特に、その傾向が強い、との指摘もある。
 企業倫理問題に詳しい麗澤大学企業倫理研究センターの梅田徹教授は「実効性を
考えると、地方都市と大都市の文化や生活の問題も無視できない」という。職住が
接近し、生活とも仕事や環境が複雑に絡み合い、内部告発すれば、その土地に居づ
らくなる場面も想定されるためだ。このため告発者の権利を職場で守るだけでなく、
生活者としての権利も考慮した法律でなければならないという。
 社会が告発を受け入れる環境を整備していくことも重要だ。基本的には第三者で
告発を受け入れる組織を作り上げることが考えられる。ただ、それを県ごとに設置
するのか、国や地域ブロックで設置するかによって変わってくる。国などの大きな
単位での設置だと、地方で起きている 問題がおろそかになる恐れもある。
 梅田教授はこうした点を踏まえ、「消費者のリスクを少なくするためには、大企業
とか、中小企業といった組織の規模の大きさは問題ではない。どんな小さな不正でも
事態を把握できなければならない」と、告発の受け入れ態勢の重要性を指摘する。

163 :朝まで名無しさん:02/06/15 22:36 ID:fEof2k3/
■BSE同居牛処分見直して」自殺獣医の父陳情 (南日本新聞)
  −金峰町議会へ、2大臣には手紙
http://www.minaminippon.co.jp/2000picup/2002/06/picup_20020615_7.htm

 北海道音別町の乳牛が国内4頭目のBSE(牛海綿状脳症)と確認された問題で、
牛の生体検査後自殺した釧路保健所獣医師濱田恵子さん=当時(29)=の父で、
金峰町肉用牛振興会長の秀雄さん(56)=同町大野=が、14日開会の同町議
会に、国にBSE同居牛(感染牛と同じ畜舎で飼育されていた牛)の処分のあり方
を問う意見書の提出を求める陳情書を提出した。また、農林水産大臣、厚生労働大
臣には同居牛の処分のあり方を見直すよう求める手紙を同日までに出した。
 陳情書は「BSEは伝染するものではなく、原因となる飼料を摂取しなければ感
染しない」とした上で、「畜産農家は廃業の精神的負担を感じながら経営している
のが現状。農家と獣医師たちの不安を解消してほしい」と訴えている。陳情者名に
は町肉用牛振興会長の肩書と「元釧路保健所獣医師 故・濱田恵子の父」を併記し
ている。
 農水省によると、BSE感染牛が見つかると同居牛を潜伏期間や国際基準に照ら
し、「疑似患畜」とみなされれば家畜伝染病予防法に基づき殺処分する。過去のB
SE発生農家では同居牛の9割前後が殺処分されている。
 恵子さんは加世田高から帯広畜産大に進み、釧路保健所に勤務。出荷された家畜
を食肉用に解体してよいかどうかを判断する生体検査を担当していたが、5月12日、
遺書を残し自宅で自殺しているのが見つかった。生体検査でBSEを判断するのは
困難を極めるが、「結果的にBSEを見抜けなかったことを償った」(秀雄さん)らしい。
 恵子さんの死をきっかけに、国は5月末までにBSE判定をより確実にするためと
現場の負担を減らすため、生体検査を複数の獣医師でやるよう都道府県に通達を
出した。また、北海道庁は感染牛を飼っていた農家に報奨金を出す制度を近く導入
する。
http://www.minaminippon.co.jp/2000picup/2002/06/jpgs/15-04.jpg
▲写真 恵子さんの遺影に手を合わせる濱田さん=金峰町大野

■死を無駄にしない
 濱田秀雄さんの話 同居牛をほぼ全頭処分する国の現行制度は、BSEを伝染病
のように扱う不合理なものだ。娘には酪農家が廃業に追い込まれるとの思いがあり、
苦しみを察するあまり自分の未熟さを許せなかったのだろう。このような制度が
なければ娘も死ぬようなことはなかったのではないか。責任感を人一倍自覚してい
た娘の死を無駄にしたくなかった。

164 :朝まで名無しさん:02/06/15 22:42 ID:fEof2k3/
■品質監査の強化表明〜日東ベスト (山形新聞)
http://www.yamagata-np.co.jp/kiji/20020615/0000012767.html

 コンビーフ製造で国内最大手の日東ベスト(寒河江市、内田淳社長)が松阪牛や
米沢牛を使った高級コンビーフ缶詰などに別の国産牛肉を混ぜていたとして、公正
取引委員会に立ち入り検査を受けた問題で、同社は15日、社外の学識経験者や弁護
士らで構成する企業倫理委員会を組織し、品質監査体制を強化、再発防止に努める
方針を明らかにした。
 偽装していたのは、川鉄商事(本社・東京)が日東ベストに製造委託している
ノザキブランドの「松阪コンビーフゴールド」「山形県産米沢牛コンビーフゴールド」
「山形県産米沢牛牛肉大和煮」の三品種。
 内田社長によると、少なくとも1999年6月以降に製造した計15万缶に、表示と
違う国産牛を混入していたという。
 今年3月からはやめている。発売元の川鉄商事が対象商品を自主回収する。

165 :朝まで名無しさん:02/06/16 00:27 ID:ElGRgVNR
「BSE同居牛処分見直して」自殺獣医の父陳情
http://www.minaminippon.co.jp/2000picup/2002/06/picup_20020615_7.htm

166 :朝まで名無しさん:02/06/16 01:18 ID:ElGRgVNR
有機畜産認証へ  JAS法に基づく制度を/農水省
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02061501.html

中酪の意見広告「牛乳安すぎる」に7割が共感
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02061503.html

24カ月齢以上の死亡牛の届け出、7月4日から義務化/農水省
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02061506.html

167 :朝まで名無しさん:02/06/17 09:07 ID:yOLhgVNM
▽武部農林水産大臣記者会見要旨
( 平成14年6月7日(金) 9:24〜9:32 於:国会連絡室)
http://www.kanbou.maff.go.jp/kouhou/020607daijin.htm

Q: 今日この後、BSE法案とJAS法案が成立ということになるかと思うんで
すが、成立にあたっての大臣の御感想とまとめをお聞きしたいのですが。
 
A: この御案内のとおり、本日参議院におきまして、BSE対策特別措置法案が
可決される見込みでございます。このことについては、これまでの立法府の皆様の
真摯な御努力の結果と受け止めておりまして、深く敬意を表する次第でございます。
 農林水産省としては、本法律を踏まえまして、関係府省及び都道府県と連携して
今後とも食肉をはじめとした「食」の安全に、消費者の方々の不安の解消に努めて
参りたいと、かように思います。                    
   また、加えてJAS法改正案についても、本日の参議院本会議で、御賛成い
ただければ成立する運びとなっているわけでございますが、今後とも「不正は見逃
さない」という方針の下に、改正法の的確な運用を通じて、国民の信頼の回復にさ
らに努めて参りたいと、このように考えている次第でございます。報道関係の皆様
方にも、これまでの御協力に感謝申し上げたいと思います。

168 :朝まで名無しさん:02/06/17 09:09 ID:yOLhgVNM
▽武部農林水産大臣記者会見要旨
( 平成14年6月11日(火) 9:23〜9:32 於:衆議院議員食堂 )
http://www.kanbou.maff.go.jp/kouhou/020611daijin.htm

○食品安全行政に関する関係閣僚会議

Q: 閣僚会議ですが、これで一応4回で終わって一旦方針が示されたということ
ですが、通してご覧になった御所見と言いますか、ご感想をお願いします。

A: 昨年9月に我が国で初めてのBSE感染牛が確認されまして以来、食品表示
の偽装事件等一連の事件が発生致しまして、我が国の食品安全行政への国民の信頼
が大きく揺らいだわけであります。
 本日取りまとめられました、新たな食品安全行政組織や食品安全の確保に関する
法制度の実現を図るということで、我が国の食品安全行政に対する国民の信頼を一
日も早く回復させたいと、このように決意を新たにしているわけでございます。な
お、今回4月5日の第1回会合からわずか2ヶ月という短期間の間に関係閣僚会議
としての取りまとめが出来たということについては、関係閣僚間のご努力に感謝申
し上げたいと思いますが、そもそもこのBSE問題に関する調査検討委員会が詳細
かつ膨大な作業及び検証の上に、今後の食品安全行政のあり方についてご提言頂い
たということが、これだけの早さで今回の取りまとめが出来ることに繋がったと考
えておりまして、改めて高橋委員長始めBSE問題に関する調査検討委員会の皆様
方に感謝申し上げたいとこのように思います。

169 :朝まで名無しさん:02/06/17 09:56 ID:yOLhgVNM
■国際獣疫事務局(OIE)のBSE専門家の訪日日程について (農林水産省)
http://www.maff.go.jp/www/press/cont/20020614press_2.html

 我が国の牛海綿状脳症(BSE)対策について専門家としての助言をいただくた
め、国際獣疫事務局(OIE)からダクマー・ハイム博士を招聘しておりますが、
日程が定まりましたので、お知らせします。
 また、同博士の出席のもと、BSEに関する国際情勢とリスク分析等について
国際シンポジウムを開催しますので、併せてお知らせします。

▽ダクマー・ハイム博士の訪日日程
(6月26日(水)来日〜7月5日(金)離日)
6月27日(木)、28日(金)
         農林水産省及び厚生労働省から、日本におけるBSEの
        発生状況と対策等について説明を聴取
  28日(金) 現地視察(茨城県下)
          独立行政法人農業技術研究機構 動物衛生研究所を視察
7月 1日(月) 現地視察(群馬県下)
         家畜保健衛生所、と畜処理施設及び農家等を視察
   3日(水) ダクマー・ハイム博士の記者会見
         場所:農林水産技術会議委員室(6階、ドアbU76)
          時間:16:30〜(60分程度)
   4日(木) 牛海綿状脳症(BSE)に関する国際シンポジウム(別紙)
         場所:京王プラザホテル エミネンスホール
          時間:13:30〜16:00

参考:ダクマー・ハイム博士は、スイス連邦獣医局の伝達性海綿状脳症(TSE)
プロジェクトリーダーで、OIEの疫学・BSE特別部会委員。  

問い合わせ先:生産局畜産部 畜産技術課 吉武、衛生課 伊藤
 電 話:03−3502−8111(内線:畜産技術課3911、衛生課4046)
(直通)03−3501−3777(畜産技術課)、03−3591−6584(衛生課)
 FAX :03−3593−7233(畜産技術課)、03−3508−2546(衛生課)

170 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:09 ID:BoJK2whH
学給に地元産和牛  地産地消、郷土愛育てる/栃木県
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02061708.html


171 :あげ:02/06/18 10:41 ID:iT6msm27
保守のお時間です

172 :朝まで名無しさん:02/06/18 20:48 ID:mJgWpxBi
<農水省>省組織再編検討チーム発足 消費者対策の新局創設も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020619-00000026-mai-bus_all

 食品安全委員会が内閣府に新設されるのを前に、農水省は18日、遠藤武彦副農相を責任者とする
省組織再編の検討チームを発足させた。同省は同委新設に伴って、食糧庁を廃止し、農業振興と、
消費者保護や食品の安全性確保を受け持つ2部門に機能を分離する方向で省内組織を改める方針。
 消費者対策の業務を集めた新局の創設も検討している。
 検討チームは、副農相と官房長、総合食料局長、生産局長、食糧庁長官で構成する。
BSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)対応で不手際が目立った生産局畜産部の組織も大幅に見直す。
遠藤副農相は「新しい農水省は政策決定システムをスムーズな態勢に変革し、、透明性と公平性を
備えた組織でなければならない」と指示した。(毎日新聞)

173 :朝まで名無しさん:02/06/18 20:53 ID:mJgWpxBi
■農業部、中国では狂牛病の姿は全然ないと発表

(編集翻訳 田中愛)  2002/06/18 11:27:25

新華社情報北京6月17日発 中国農業部は、2001年全中国狂牛病監視
測定活動の結果、中国では狂牛病は全くないと発表した。

公告によれば、中国政府は狂牛病の予防と管理を非常に重要視し、1990
年以来、一連の措置作りで効果的に狂牛病の流入と発生を防いでいる。200
0年、農業部は世界動物衛生機構「国際動物衛生法典」の関連規定に基づき、
中国の狂牛病情況に対し危険性分析と評価を進めて、中国では狂牛病の姿はな
く、当面、狂牛病が外国から伝染され中国で流行する可能性は極めて少ないと
いう結論を得た。

2001年、農業部は世界動物衛生機構の動物に関する衛生基準により、全
中国31の省、自治区、直轄市で狂牛病監視測定計画を実施し、狂牛病の主動
的監視測定活動を進めている。全中国狂牛病監視測定活動の要求により、各省、
自治区、直轄市も狂牛病危険性調査を展開し、重点的に1990年以来の輸入
牛、胚胎及びその後代に全面的フォロー調査を進めて、この種の牛群を重点牛
群として長期的にフォロー監視測定をする方針を固めた。各省、自治区、直轄
市の獣医部門は飼育場、屠殺場で牛脳組織1863件を採集し、検査される見
本品数量が世界動物衛生機構の最低検査測定数量要求を上回った。検査測定の
結果、全ての検査された見本品も狂牛病陰性だという。

http://www.xcnjp.com/cgi-bin/news.cgi?tn=/news/news_body/09/20020618112725_09_01_1.html

174 :朝まで名無しさん:02/06/18 23:27 ID:zB0oY7Wg
感染原因徹底究明を  群馬県議会がBSEで意見書採択
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02061803.html


175 :朝まで名無しさん:02/06/18 23:31 ID:zB0oY7Wg
畜産農家に役立てて  JA福岡県女性協、中央会にBSE募金
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02061809.html

176 :朝まで名無しさん:02/06/18 23:32 ID:zB0oY7Wg
学校給食での牛肉使用自粛が大幅減/農水省調査、県内では71校に
http://www.sakigake.co.jp/servlet/SKNEWS.News.kiji?InputKIJICODE=20020618d

177 :朝まで名無しさん:02/06/19 21:34 ID:JSP/ucx0
給食に牛肉「自粛」減る・全頭検査直後の4分1に

 BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)の影響で小中学校の給食への牛肉の使用を自粛している
全国の市町村の数が、昨年10月に比べ約4分の1に減ったことが17日、農水省のまとめで
分かった。

 昨年10月の全頭検査開始直後には、全国3222の市町村のうち、1743市町村が自粛していたが、
今月14日時点では438に減った。学校数でも、給食を実施している3万1933校のうち、昨年10月
には1万6280校が使用をやめていたが、今月は3824校だった。一方、自粛を続けている市町村
が最も多いのは埼玉、東京など関東地方で、地域内の市町村の28%に上った。
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=0&i=2002061707707bs

178 :朝まで名無しさん:02/06/20 14:26 ID:Ufwao0aF
代用乳原料、感染源の確証得られず オランダ工場調査/農水省
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02062001.html
 農水省は十九日、牛海綿状脳症(BSE)の原因究明に向けて行った
オランダ産動物性油脂の調査結果について、「(現地調査では)
感染源になったとの確証は得られなかった」(畜産部)との見方を明らかにした 。
今後、持ち帰った資料を詳しく分析する。

 現地調査は十五日まで行った。BSE感染が確認された四頭の乳牛に、
いずれも科学飼料研究所高崎工場が製造した代用乳が給与されていたため。

 対象となったのは、一九九五年から九六年七月までに輸入された動物性油脂の製造工場二カ所。
四頭が九六年三、四月に生まれていたことを踏まえた。
 この結果、代用乳の原料となった飼料用の動物性油脂は、原料の搬入口から製造機械、貯蔵場所まで、
骨油などほかの油脂と分離され、飼料用動物性油脂にほかの物が混ざらない仕組みになっていることが分かった。
 また、飼料用動物性油脂の原料は、BSEの病原体が蓄積しない脂身や、内臓についた脂肪などだった。

 飼料用動物性油脂の原料については、帳簿類が残っていなかったため工場からの聞き取りでしか
調査できなかった。このため同省は、三月の第二次中間報告で示した「(オランダ産動物性油脂が)
感染源となった可能性を完全には排除できない」との総合評価は変えない方針だ 。

参考URL
http://www.asahi.com/national/kyougyu/K2002053000263.html
全農「代用乳は安全」と広告 武部農水相激怒


179 :あげ:02/06/21 14:16 ID:rgzECr7w
さがりすぎほしゅあげ

180 :朝まで名無しさん:02/06/21 16:26 ID:oikKADso
■「検査体制構築を」 / BSE対策で知事と会談 野間副大臣、県に要望 (伊勢新聞)
http://www.isenp.co.jp/news/_2002/0620/news2.htm

 野間赳農林水産副大臣(参院議員、江藤・亀井派)が十九日、県庁に北川正恭知事を訪ね、
BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)対策と牛肉の消費回復について意見交換した。野間副大臣が
廃用牛の円滑な出荷や死亡牛の検査体制の構築など県に三点を要望する一方、北川知事は、
県が独自に進めている牛肉の生産履歴を判別するシステムを、国として導入するよう要請した。
 農林水産省ではBSE対策の充実を図るため、大臣や副大臣らが今春から全国都道府県を
回り、理解を求めている。この日の意見交換は午後一時から約二十分間、報道陣に公開され
行われた。
 野間副大臣は「BSE対策は知事に力を入れてもらった。大変ありがたい」と敬意を表した上で、
県がすでに実施済みの@廃用牛の円滑な出荷A肉骨粉の円滑な焼却B死亡牛に対するBSE
検査体制の構築―の三点を求めた。
 北川知事は、県が独自で進めている牛肉の生産履歴を判別するシステム「トレサビリティ
システム」を、国レベルで導入するよう要請。農林水産省が四月にまとめた「食と農の再生
プラン」については、「消費者に軸足を置いた革命的なプランだ」と評価した。

181 :朝まで名無しさん:02/06/21 16:56 ID:oikKADso
▽農林水産副大臣及び農林水産大臣政務官のBSE問題に関する知事訪問について (農林水産省)
http://www.maff.go.jp/www/press/cont/20020619press_3.html

 BSE問題に関しては、消費者にとっての食の安全・安心の確保と畜産農家・関連事業者の経営への
影響の軽減を図ることが重要ですが、農林水産省においては、農林水産副大臣又は農林水産大臣政務官が、
都道府県に直接赴き、BSE対策に関する知事への要請、意見交換等を順次行っております。 今回、
野間農林水産副大臣及び宮腰農林水産大臣政務官が下記の日程で都道府県を訪問する予定としています
ので、お知らせします。
             記
  野間農林水産副大臣
      6月26日(水)   熊本県
      6月28日(金)   大阪府

  宮腰農林水産大臣政務官
      6月21日(金)   秋田県

182 :朝まで名無しさん:02/06/21 16:59 ID:oikKADso
▽「食」と「農」を語り合う会(第3回農林水産省版タウンミーティング)の開催について
http://www.maff.go.jp/www/press/cont/20020621press_3.html
 
1.趣 旨
「食」と「農」の距離の拡大が指摘される中、消費者と農業者の間に立った「食」と「農」の
あり方やこれからの農林水産行政のあり方など農林水産全般にわたって、消費者の方々や農業
者の方々など、幅広い方々と農林水産省との間で意見交換を行うタウンミーティングを実施し
ています。
このたび、『「食」と「農」の再生プラン』の具体化に向けて、農林水産省近畿農政局の主催
により、農林水産省(武部農林水産大臣が出席予定です。)と、近畿地域の消費者の方々や農
業者の方々などとの意見交換を行うものです。

2.日 時
 平成14年6月29日(土)13:00〜(2時間程度)   
                     受付12:00〜 
3.場 所 国立京都国際会館 アネックスホール
   (地下鉄烏丸線 国際会館下車 出口番号4の2(徒歩5〜6分程度))
    住所  京都市左京区宝ヶ池
    電話  075−705−1234

4.会議出席者(敬称略、あいうえお順)
   伊藤 潤子(コープこうべ理事)
   上田 耕司(鰍ゥね松老舗代表取締役社長)
   岡崎 浩和(京都府立農業大学校2年)  
   梶谷 和子((有)京都ファーム専務)
   矢野由紀恵(主婦)
   清水 紀雄(農事組合法人 清水農場)
   田中  茂(滋賀県土地改良事業団体連合会 専務理事)
   豊田 裕章(歯科医)
   新山 陽子(京都大学大学院農学研究科教授:コーディネーター)
   宮田 雅美(栄養士)
 
問い合わせ先 農林水産省近畿農政局企画調整課
  電話  075−451−9161(代表) 075−414−9037(直通)
  担当者 企画調整課長 分部(わけべ)(内線2210)
      企画官(総括)中谷(なかたに)(内線2213)

183 :朝まで名無しさん:02/06/21 20:38 ID:oikKADso
▽来年度の重要事業案31件、県が議会に説明 BSE対策強化など盛る /山形
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020620-00000007-mai-l06

 県は19日、国に要望する03年度の県重要事業案を県議会に説明した。事業は10項目3
1件。新規事業として山形大学教育学部存続への配慮、BSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛
病)対策の充実強化などが盛り込まれた。
 事業案の「教育・スポーツの振興について」の項目で、「少人数学級編成を含めた指導方法
の改善など、地方公共団体が行う主体的な取り組みが一層推進されるような配慮を」と要求。
山形大教育学部の教員養成課程の再編統合にあたり、本県が少人数学級編成を先駆的に実施し
ていることを主張し、「地域に根差した優れた初等中等教育の実施に欠くことのできない存在」
として存続を訴えた。
 また、BSE対策で価格低迷で収入が減少した酪農経営者への補てんや、死亡牛全頭検査を
実施するための態勢整備などを挙げた。他の事業案は、羽田空港における小型機乗り入れも含
めた山形―東京便の運航拡充▽ごみ焼却施設の解体・撤去に対する財政支援▽高規格幹線道路
・地域高規格道路の整備促進――など。27日の県開発推進協議会総会で決定する。
【加藤隆寛】(毎日新聞)

184 :朝まで名無しさん:02/06/21 20:39 ID:oikKADso
▽安全廃用牛の食肉処理再開−−BSEで一時中止 /秋田
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020621-00000002-mai-l05

 国内でのBSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)の発生に伴って中止していた廃用牛の処
理が20日、河辺町の県食肉流通公社のと畜場で再開された。廃用牛は高齢の肉牛や乳牛で、
当面は肉用の黒毛和牛を優先的に食肉処理する。県は「廃用牛のイメージとは裏腹に、万全の
検査をした安全で安価な牛肉ということを知ってほしい」と強調している。
 県によると、県内には約300頭の廃用牛がいるが、同日は20頭を処理した。昨年9月以
降、国内で確認されたBSE感染牛4頭はいずれも乳用の廃用牛だったため、出荷が停止した。
農家ら関係者の間では「BSE感染牛が出たら県内畜産に大きな打撃だ」という不安が強く
残るが、「廃用牛を飼っているため新規購入できない」「餌代がかかる」という声に応え、
再開した。
 農家から処理場への移送費やと畜費には国からの助成がある。また、廃用牛を保管できない
農家のために、JA全農あきたが同町内に借り上げた畜舎に乳牛39頭、肉牛1頭を一時保管
した。【田所柳子】(毎日新聞)

185 :朝まで名無しさん:02/06/22 07:40 ID:fQbI79CE
▽BSE対策:対象外肉申請の業者名公表の是非検討 農水省
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20020622k0000m040154000c.html

 農水省は21日、BSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)対策の国産牛肉買い上げ事業に
ついての「第三者検討会」を設置した。同検討会は、対象外の肉の買い上げを申請した業者
名を同省が公表してよいかどうか検討し、8月上旬までに結論を出す。
 雪印食品の虚偽申請事件を機に、同省は03年度末までの予定で買い上げ牛肉の再検査を
実施している。5月末までに全体の4割以上に当たる約5500トンを検査したが、品質保持
期限切れなど対象外の肉が7・1トンも見つかった。同省の業者名公表の方針に対し、食肉
業者11社は5月に行政不服審査法に基づく異議申し立てを行い、方針撤回を求めている。
 【BSE取材班】[毎日新聞6月22日] ( 2002-06-22-00:43 )

186 :札幌でパネラー一般公募:02/06/22 13:28 ID:JS7xjt9u
平成14年6月19日 農林水産省大臣官房地方課

■「食」と「農」を語り合う会の開催並びに傍聴者及び出席者の募集について
1.趣 旨
  「食」と「農」に関し様々な課題が顕在化している中、安全・安心な食料供給シ ステムの構築やこれからの
 農林水産行政のあり方など農林水産政策全般にわたって、北海道の消費者や農業者をはじめとした幅広い
 方々と農林水産省との間で自由 に語り合い、意見交換を行うものです。

2.日 時 平成14年7月13日(土)12時〜(2時間程度)

3.場 所 札幌サンプラザ 2F 「金枝の間」 住所:札幌市北区北24条西5丁目 電話:011−758−3111

4.主催等 武部農林水産大臣出席のもと、農林水産省(大臣官房地方課)が主催し、北海道開発局、北海道庁の協力を得て開催します。

5.傍聴者の募集及びパネラーの一般公募
(1)応募要領
 @ 傍聴者の募集
  ○ 傍聴を希望される方については、はがき、FAX、Eメールにより、“「語り合う会」参加希望(傍聴)”と記述するとともに、
     住所・氏名・年齢・職業及び電話番号を明記の上、ご応募ください。
 A パネラーの一般公募
  ○ 出席者の方々と同じテーブルに着いて議論に参加し、意見を述べる方(パネラー)若干名を一般公募します。
  ○ パネラーとして参加を希望される方についても、はがき、FAX、Eメールにより、“「語り合う会」参加希望(パネラー)”と
     記述するとともに、住所・氏名・年齢・職業及び電話番号を明記の他、「食」と「農」に関する意見の概要を記述の上、
     ご応募してください。
(2)申込先 〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目 北海道農政部農政課企画・国際グループ あて
         FAX番号  011−232−4126 E-mailアドレス  shimohori.tooru@pref.hokkaido.jp
(3)締め切り 平成14年6月27日(木) 到着分まで (「はがき」での応募についても、27日(木)到着分まで)
(4)募集人数 @ 傍聴希望者については200名程度 A パネラーについては若干名

6.傍聴者及びパネラーの決定
(1)傍聴者の申込者が多数の場合には抽選を行い、当選者の発表は傍聴券の発送をもって代えさせていただきます。
  傍聴券は本人のみ有効となりますのでご注意ください。
(2)パネラーに対しては、別途連絡いたします。

187 : :02/06/22 14:20 ID:I0ZOubvt
▽JA改革必要が真意 武部勤農相が釈明
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02062205.html

 武部勤農相は二十一日の会見で、「改革か解体か」と発言して波紋を投げかけているJA改
革について、「(改革の必要性を)厳粛に受け止めて対応してほしいということだ。真意を分
かってもらいたい」と、釈明した。JAグループ北海道が、「『食』と『農』の再生プラン」
で農水省が打ち出した株式会社の参入などを批判する決議を行ったことについては、「重く受
け止めなければならない」とし、決議に配慮する考えを示した。

 武部農相は「農協の改革は、農協の皆さん方も真剣に考えているだろう」と改革に向けたJ
Aグループの姿勢に期待を込めた。また、「農水省も牛海綿状脳症(BSE)問題を契機に国
民の批判を厳粛に受け止め、改革か解体かを問われていると思った」と強調。

 その一方で、農相は「厳しい経営下に置かれている農業者の経営を支援するために、農協改
革は待ったなしの状況だ」と述べ、JA全農のスリム化や生産資材コストの低減、Aコープの
企業的経営が可能な出資形態への転換などを求めた。




188 : :02/06/22 21:35 ID:fQbI79CE
▽BSEの影響、県が確認 滞留牛は420頭 /山形
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020622-00000006-mai-l06

 BSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)の影響で、県内の酪農家が搾乳できなくなった牛
を食肉用に出荷できずにいる「滞留牛」(4月末現在)は420頭であることが21日、県議
会農林水産常任委員会で報告された。
 県畜産室は4月、「滞留牛(3月末現在)は約1000頭に上る」との見通しを示していた
が、実態はかなり下回っており、同室は「当初のアンケートでは、酪農家が滞留牛への補助金
を期待した面もあって、多めに申告したようだ」としている。
 新たな数値は同室が先月、県内の全酪農家約580戸に4月末の滞留牛の実数を電話で聞き
取ったもの。545戸から回答を得て、420頭の滞留を確認した。また廃用牛処分を見込ん
でいたが、出荷の見通しがないため種付けを試みて成功し、新たに搾乳牛とした牛も約110
頭いるという。【加藤隆寛】(毎日新聞)

189 : :02/06/22 22:10 ID:fQbI79CE
▽全JAに「安心委員会」 消費者との連携提案(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/topnews/topnews01020622.html

 一連の食品偽装事件を受けて、JAグループの経済事業見直しを検討してきたJA全中の経
済事業刷新委員会は二十一日、中間とりまとめをした。消費者直結型の事業運営への転換を求
め、具体的には消費者が参加する「食と農の安全・安心委員会」の全JAへの設置を提案した。
消費者相談窓口を設けることも求めた。組織体制では第三者による評価制度の導入を提起。
同委員会は秋に再開し、事業組織体質の刷新策でさらに突っ込んだ検討を行う。
 中間とりまとめは二十五日のJA組織整備・経営改革推進本部委員会に報告する。全中はこ
れを踏まえ、刷新方策の早急な具体化に入る。経済事業の根幹にかかわる見直しは、来年に開
かれる第二十三回JA全国大会議案に盛り込む方向だ。
 中間まとめは一連の偽装事件を「日本農業の信頼性を損なう問題」とする一方、JAグルー
プの経済事業体質を「消費者の方向を見る視点や生産現場主義が欠如している」と指摘。その
上で刷新方策の二本柱として、1.消費者に信頼される事業システム 2.事業運営や役職員
の意識改革など事業構造や組織経営体制の変革――を提起した。
 具体的には、消費者の信頼回復に向け、経済事業への消費者モニターの導入を求め、全JA
に生産者・消費者による「食の農の安全・安心委員会」を設置するよう提案。虚偽表示にJA
グループ独自にペナルティーを課すことや、優良誤認表示をしない独自の基準づくり、産地確
認を第三者がチェックする仕組みなどを提起した。
 消費者の苦情を事業に生かす仕組みづくりや、安心・安全確保対策としてトレーサビリティー
(生産履歴を追跡する仕組み)の導入と併せ、減農薬・肥料、循環型農業の取り組みも求めた。
 刷新委の小島正興座長は「中間とりまとめではJA経済事業全体の基本的な問題を整理した。
事業・組織の構造問題をどうするかが今後の重要課題だ」と述べた。
 中間取りまとめを踏まえ、原田睦民会長は「偽装事件を二度と起こさないよう、事業刷新の
方法を早急に検討し、具体的に取り組んでいく」とした。

190 :朝まで名無しさん:02/06/22 23:17 ID:x/gF6pQq
連休需要一巡し一服気味
BSE4頭目の影響は軽微
http://www.nikkei.co.jp/rim/shokuhin/shn1new-old/shn1289.htm


191 :朝まで名無しさん:02/06/22 23:18 ID:x/gF6pQq
イギリスは狂牛病を封じ込めたか
http://www.marubeni.co.jp/research/br0111/br_2001-11-01.htm

192 :朝まで名無しさん:02/06/22 23:19 ID:x/gF6pQq
EU、BSE問題で落ち込んだ牛肉消費に回復の兆し
http://lin1.lin.go.jp/alic/week/2001/jun/486eu.htm

193 :朝まで名無しさん:02/06/22 23:20 ID:x/gF6pQq
牛肉消費回復で何ができるのか―BSE国際シンポジウム
http://www.korea-np.co.jp/sinboj/sinboj2002/4/0415/71.htm

194 :朝まで名無しさん:02/06/22 23:21 ID:x/gF6pQq
東京都 牛海綿状脳症(BSE)に関するホームページ
http://www.kenkou.metro.tokyo.jp/shokuhin/bse/bse.html

195 :あげ:02/06/23 11:57 ID:1iXyBviR
保守業者

196 : :02/06/23 16:24 ID:yMibCupN
Still No Confirmation On Mad Cow Disease
BuaNews (Pretoria)
June 21, 2002
Posted to the web June 21, 2002
http://allafrica.com/stories/200206210482.html

197 :朝まで名無しさん:02/06/23 16:28 ID:Y8ZLW6Pg
国による汚染肉買い上げの際に、関係のない肉を混ぜた犯罪業者名
を公表せよ!

198 : :02/06/23 16:31 ID:yMibCupN
Friday June 21, 02:59 AM
Symptoms may indicate early vCJD cases
http://uk.news.yahoo.com/020621/80/d1mba.html


199 : :02/06/24 11:17 ID:dlx59BP8
【パブリックコメント】牛海綿状脳症対策特別措置法施行規則案(仮称)」及び「牛海綿状脳
症対策特別措置法の施行に伴う農林水産省関係省令の整備に関する省令案」についての意見・
情報の募集   平成14年6月14日 農 林 水 産 省 生 産 局 

 この度、「牛海綿状脳症対策特別措置法」(平成14年法律第70号)の施行に伴い、「牛海綿
状脳症対策特別措置法施行規則(仮称)」及び「牛海綿状脳症対策特別措置法の施行に伴う農
林水産省関係省令の整備に関する省令」の制定を予定しており、本件に関して下記のとおり、
広く国民の皆様等から意見・情報を募集いたします。
              記
1 提出方法
(1)郵便
  〒100−8950
  東京都千代田区霞が関1−2−1 
  農林水産省生産局畜産部衛生課国内防疫班
(2)電子メール
  seeisei5_comme@nm.maff.go.jp

2 意見・情報の提出上の注意
  提出の意見・情報は、日本語に限ります。また、個人は住所・氏名・性別・年齢・職業を、
  法人は法人名・所在地を記載して下さい。これらは、公表する場合もありますので御了承願います。
  なお、電話及びFAXでの意見・情報はお受けしませんので御了承願います。
3 意見・情報の提出の締切日
  平成14年6月28日(郵便の場合は消印有効)
4 概要等
  別紙のとおり

http://www.maff.go.jp/www/public/cont/20020614pb_1.html

200 : :02/06/24 15:36 ID:dlx59BP8
▽BSEシンポで農家が厳しい現状訴え(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02062406.html

 日本消費者連盟は二十二日、東京でシンポジウムを開き、牛海綿状脳症(BSE)問題を通
して食品行政の課題を探った。消費者の要望が反映される食品安全の評価機関の設置を求める
意見があった。併せて日消連は同日の総会で、食料自給率の向上が食の安全確保につながると
し「地産地消の取り組みを盛り上げていく」ことを決議した。
 シンポでBSE専門家の国際獣疫事務局(OIE)の小澤義博特別顧問が、欧州連合(EU)
の対策について講演した。英国は一九九六年八月以前に生まれたすべての牛を殺処分している
ものの「根絶は非常に難しい」と報告。その上で「BSEは伝染病でないため、感染牛が農場
にいても広がるわけではない。その点を誤解している人が多い」とした。
 パネルディスカッションでは、消費者団体ふーどアクション21の茂呂まゆみさんが「自ら
正確な情報を知る努力をし、賢い消費者にならなければいけない」と呼びかけた。
 生産者の立場から千葉市で乳牛三十頭を飼育する出山裕司さんが「BSEが発生すると、影
響は地域全体に及ぶ。発生農家は農場の牛すべてを殺処分されてしまう。農家はみなおびえて
いる。そうした厳しい現状を知ってほしい」と消費者に理解を求めた。

201 : :02/06/24 19:10 ID:dlx59BP8
■牛肉在庫保管・処分事業の補助対象外となった業者名の公表に係る
「第三者検討会」の開催について (農林水産省生産局畜産部)
http://www.maff.go.jp/www/press/cont/20020621press_11.htm

1 趣 旨
 BSE対策事業として実施している「牛肉在庫保管・処分事業」の検品の結果補助対象外と
なった業者名を公表することについて、関係業者から行政不服審査法に基づく不服申立てが
提起されたことを踏まえ、公表の在り方等を検討するため、農林水産省生産局長の私的諮問
機関として標記「検討会」を開催する。
 
2 委 員(敬称略、五十音順)
秋岡  栄子  経済エッセイスト
宇賀  克也  東京大学大学院法学政治学研究科教授
住田  裕子   弁護士
田中  一昭  拓殖大学政経学部教授
中村  靖彦   明治大学農学部客員教授
 
3 スケジュール
 委員の日程調整が整い次第第一回を開催することとし、7月下旬から8月上旬を目途に
意見集約を行う。
 
4 議 事  検討会における検討は非公開とする。
 
5 庶 務  検討会に係る庶務は、生産局畜産部食肉鶏卵課で行う。

問合せ先 農林水産省生産局畜産部食肉鶏卵課 担当 依田(よだ)、春名
TEL 03-3502-8111(内線3962,3968) 03-3501-3776(直通)

202 :朝まで名無しさん:02/06/24 19:45 ID:ej7o0wo1
各地で始動・食の安全行政 食の信頼回復を目指す地方自治体
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02062201.html

203 :朝まで名無しさん:02/06/24 19:46 ID:ej7o0wo1
食品の安全管理や表示 小売業界、見直しへ
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/topnews/topnews01020624.html

204 :朝まで名無しさん:02/06/24 19:47 ID:ej7o0wo1
農水省プレスリリース

学校給食における牛肉の取り扱いについて
http://www.maff.go.jp/www/press/cont/20020617press_1.pdf

自粛している割合
市町村数割合 59%(10/19)→14%(6/14)
学校数割合  56%(10/19)→12%(6/14)

205 : :02/06/24 23:49 ID:dlx59BP8
▽「廃用牛赤字」に悲鳴 BSEで県内畜産農家、収入源一転し価格20分の1
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/_today/T20020624001.htm

 BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)の影響を受けて県内の畜産農家で、本来は収入源となる廃
用牛の処理で赤字が出ていることが二十三日までに分かった。BSE発生以前は、一頭当たり
二十万円前後で取引されていたが、現在は約二万円から数千円前後にまで落ち込んでいる。運
搬料や手数料などの経費が約一万五千円前後かかるため出荷を控えていたが、飼料代が必要な
ため、赤字覚悟で手放すことも余儀なくされている。
 県内の畜産農家では、搾乳や繁殖できなくなった廃用牛を食肉用として出荷している。農家
にとっては貴重な収入源で、三頭を売れば新たな乳牛を購入することができた。現在は市場価
格の下落により、資金が確保できず更新を断念する場合も多い。
 BSE発生後、廃用牛の価格が約二十分の一にまで下がるとともに、各農家は自分の牧場か
らBSE感染牛を出すことを危ぐし、出荷が滞留するなど二次的な問題も生じている。県内の
一部の自治体では、独自の補助制度を創設するなど支援の動きはあるが、十分に行き渡ってい
ない。
 今年五月、国内四頭目の感染牛が確認されたことを受け、八尾町では六月定例会で補助金百
万円が計上された一般会計補正予算案が可決された。同町の補助制度は、廃用牛の販売価格と
国が実施している補助金の合計が八万円に達しなければ、四万円を限度に不足分を補てんする
仕組みを取っている。
 約四十頭を飼育する同町福島上野の長谷牧場でも廃用牛二頭を処理したことで一頭につき約
一万円の赤字となった。長谷牧場取締役の長谷秀子さん(50)は「牛肉の消費が回復しても
廃用牛の取り引き値が元に戻るか不安。町の補助も単年度でなく継続事業にしてほしい」と話
した。
 廃用牛 老齢のため乳の出が悪くなった雌の乳牛。通常は肉用として食肉処理場に出荷され
解体される。国内でBSE感染が確認された四頭はいずれも廃用牛だったことなどから、出荷
が現在でも滞留している。このため、国が買い上げの推進や飼料費、処理場までの輸送費など
を負担する事業を二月から始めている。

206 : :02/06/24 23:51 ID:dlx59BP8
■5月の外食売上高、3.5%減=焼き肉レストランの落ち込み続く
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020624-00000754-jij-bus_all

 日本フードサービス協会が24日発表した5月の外食産業市場動向調査によると、
全業態の既存店売上高は前年同月比3.5%減だった。BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)の
影響が残る焼き肉ファミリーレストランが23.5%減となったのが響いた。同協会は
「(焼き肉レストランは)郊外型の店舗が依然厳しい」と分析している。 (時事通信)
[6月24日15時4分更新]

207 : :02/06/24 23:58 ID:dlx59BP8
■外食産業売上高:前年同月比3・5%減少 焼肉は23・5%減
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/keizai/20020625k0000m020065000c.html

 ファミリーレストランやファーストフードチェーンが作る日本フードサービス協会が
24日発表した5月の外食産業(128社14335店)の売上高は、既存店ベースで
前年同月に比べ3・5%減少した。客数は同1・9%伸びたものの、客1人当たりの
単価が5・2%下がったため。
 焼肉店はBSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)の影響で同23・5%減と依然
厳しい状況だ。 [毎日新聞6月24日] ( 2002-06-24-19:43 )

208 :あげ:02/06/25 10:20 ID:zcGFlovJ
あげ

209 : :02/06/25 14:30 ID:PVxgtp45
■外食売上高3.5%減  焼き肉レストラン低迷/5月市場動向調査
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02062505.html

 日本フードサービス協会が二十四日発表した五月の外食産業市場動向調査によると、
全業態の既存店売上高は前年同月比3.5%減だった。牛海綿状脳症(BSE)の影響が残る
焼き肉ファミリーレストランが23.5%減となったのが響いた。同協会は「(焼き肉レストランは)
郊外型の店舗が依然厳しい」と分析している。
 既存店の客数は1.9%増加したが、一人当たりの消費額(客単価)は5.2%減と引き続き
低迷した。業態別の売上高では、ファストフードのめん類が8.8%増、洋風が1.0%増と
好調だった。新規店を含む全店ベースでは、売上高が4.1%増、客数が9.7%増となった。

210 : :02/06/25 14:39 ID:PVxgtp45
▽食品産業が安全指針  手引きつくり3日に説明会(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02062506.html

 食品産業センターと食品産業中央協議会は共同で、食品企業の行動規範や行動指針の
策定手引を作成した。不正表示や無許可添加物の混入など食品をめぐる不祥事が続いて
いることに対応したもので、七月三日に説明会を開く。
 この手引は、
 1.安全な食品とサービスの提供
 2.客が満足と安心が得られるような最大限の努力
 3.法令を順守し社会的倫理に従った企業行動
 4.環境問題への取り組み
 5.「企業市民」としての社会貢献
 6.安全で働きやすい環境確保
 7.国際社会の一員として自覚
――の七つの行動規範や食品企業に不可欠な行動指針を具体的に示している。
 一千部作成し会員企業に発送、会員以外の希望者にも提供する。
問い合わせは、食品産業センター企画調査部、(電)03(3224)2365。

211 :朝まで名無しさん:02/06/25 18:58 ID:0E/FkAag
外食産業の売上高、5月は3.5%減−−焼き肉店依然厳しく
http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/disease/200206/25-1.html

212 :朝まで名無しさん:02/06/25 18:59 ID:0E/FkAag
牛乳消費に明るさ  活発な需要見込む/酪乳情報センター
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02062504.html

213 : :02/06/25 22:55 ID:agIp3xpc
▽5月も苦戦、23・5%減 焼き肉店の売上高(河北新報)
http://www.kahoku.co.jp/news_s/20020624KIIAEA21010.htm

 日本フードサービス協会が24日発表した5月の外食産業市場動向調査によると、
焼き肉ファミリーレストランの売上高(既存店ベース)は前年同月比23・5%減と
なった。客数も24・1%減で、BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)の影響から客足が
まだ戻っていない状況を示した。
 その他の分野では、ラーメン人気でめん類ファストフード店の売上高が8・8%増
となった半面、パブ・ビアホールが9・2%減と、焼き肉に次ぐ下げ幅となった。

(06/24 15:28)


214 :朝まで名無しさん:02/06/25 23:02 ID:p6hyDim6
牛肉には感染性がない(微量では感染しない)
http://vetweb.agri.kagoshima-u.ac.jp/vetpub/Dr_Okamoto/Forum/UKExp.htm

215 : :02/06/25 23:14 ID:agIp3xpc
牛海綿状脳症(BSE)の現状と問題点(その2 )
国際獣疫事務局(OIE) 小澤義博
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/5_byouki/bse/bse2.html

過去の安全性テストの信憑性:過去に英国その他の国で行われたBSEの牛の体内における分布の検査には
次の二つの問題が含まれている.第一は,検査は発症した牛の体内のBSEのプリオンの分布状態を調査した
結果であり,感染後間もなく或いは症状の出る以前のBSEプリオンの体内における分布はよくわかっていない.
従って,感染実験を繰り返して発病以前の牛の材料をもっと多くとり再検査する必要がある.羊にBSEを感染
させた実験によるとBSEプリオンの体内分布状態は,牛の場合とかなり異なっており,血中にもBSEプリオンが
発見されている.一方,最近のイスラエルの研究によるとBSEのプリオンもしくはその断片が,発症する以前にも,
尿中に排出されることがわかってきた.これは牛の血液中にBSEのプリオンがある時期に出ることを意味しており,
その濃度(タイター)は低くてもプリオンの存在は否定できない.従って今日までの牛の臓器の安全性についての
検査結果は再検討する必要性が高い.第二の問題は,今までの安全性のテストはほとんどがマウスに接種して
行われてきたが,マウスの感受性は牛の感受性に比べ約500分の1であることがわかっているので,陰性でも
絶対安全とは言えないものが多く含まれている.しかしながら牛を使ってのBSEプリオンの濃度を調べることは,
時間と費用がかかるので極めて難しい.新しい検査方法の開発が必要である.


216 : :02/06/25 23:16 ID:agIp3xpc
牛海綿状脳症(BSE)の現状と問題点(その2 )
国際獣疫事務局(OIE) 小澤義博
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/5_byouki/bse/bse2.html

牛の尿中のプリオンの存在:BSEに感染した牛の尿中にBSEプリオンの排出が証明されたことは,
今後色々な問題が起こってくる可能性がある.第一は,その尿中のプリオンの病原性の問題と
消毒方法の問題.第二は,尿中にプリオンが存在することは血液中にプリオンが存在することを
意味するので,感染牛の組織や体液(精液を含む)の安全性が問題となる.第三の問題はBSE
プリオン(あるいはその断片)が尿中に排出されるとなると,尿中のプリオンの出現の時期に
ついて更なる研究が必要である.

217 :朝まで名無しさん:02/06/25 23:29 ID:p6hyDim6
牛海綿状脳症(BSE)の三つの誤解 小澤義博(国際獣疫事務局)
http://www.agri.pref.hokkaido.jp/center/sakkyo/kairyou/einou/koutei/pri_koen/dr_o_s.html


最近、日本各地でBSEについて講演をした後の討議を通じて、一般市民の多くがBSE
について少なくとも次の三つの誤解としていることがわかった。

第一の誤解は、BSEは伝染病の一つと思い込んでいる人が多いことである。実は、
BSEは伝染病ではなく伝達性疾患と呼ばれ、媒介する物が体内に入らなければ牛
から牛へ、牛から人へ感染を起こさない病気である。この病気を伝達する物質は
牛から牛への感染は主として肉骨粉、牛から人への感染は特定危険部位 (脳、
脊髄、眼、回腸)で、これらの媒介物を除けば、牛から牛へ(母子感染以外)、
牛から人へ伝播することはまずないと考えられる。

一般市民の多くはBSEは、O-157やHIVのような伝染病と同じで、感染した牛が1頭
屠畜場に入れば、その屠畜場が汚染され、すべて危険物になると思い込んでしまう。
そのよい例が10月12日に東京芝浦の屠畜場の検査で起こった騒ぎである。一部マス
コミの誤解もこのパニック増幅の原因の一つであったと思う。

英国だけでなくヨーロッパのBSE汚染国の屠畜場の従業員でBSEに感染した人は、
未だ1人も出ていないことは汚染物に触れても直接伝染しないことを証明している。
従って、O-157やHIVのように動物から人、または人から人に伝染することはない。
HIVは伝染病で世界中に広がり、今日までに3,500万人以上の感染者が出ている。
一方、BSEに感染したと思われる新変異型のクロイツフェルツ・ヤコブ病(vCJD)
患者が出たのは三カ国、イギリスで111人、フランスで5人、アイルランドで1人
の計117人だけなのである。その他のヨーロッパ諸国では牛のBSEは発生しても伝
達性物質(危険臓器)を禁止しているので変異型クロイツフェルツ・ヤコブ病の患
者は今のところ1人も出ていない。




218 :朝まで名無しさん:02/06/25 23:31 ID:p6hyDim6
日本では、既に特定危険部位の使用が禁止されているのでBSEに感染する日本人はも
しかすると1人も出ずに済むかもしれない。むしろ、出るとすると1980年代に英国
に住んだ人や観光で英国に行った日本人の可能性が高い。

第二の誤解は、BSEに関して日本は英国と全く違う条件下にあることである。BSEは
英国で最初に発生し、1986年に新しい牛の病気として認められた。当時の英国政府
はBSEのプリオンは羊のスクレイピーのプリオンが肉骨粉を介して牛に感染したもの
で、BSEはスクレイピーと同様に人が感染する恐れは全くないと主張し続けた。英国
では1996年に牛の危険部位の使用禁止を実施するまで、脳、脊髄等の危険臓器が食
用として使われ、その結果約50〜70万頭の感染牛の危険臓器が英国で食用に廻されて
しまったと言われている。これが今日英国に111人ものvCJDの患者がでた主な原因で
ある。1990年頃までは牛の脳や脊髄等の神経組織が英国のハンバーガー1枚あたり
約3グラムも含まれていたことがあったとも言われている。



219 :朝まで名無しさん:02/06/25 23:33 ID:p6hyDim6
それに対して、日本では今年10月に早くも脳、脊髄、回腸、眼等の危険部位の使用
を禁止し、食物連鎖に入らぬような措置をとったので、これからは牛肉や牛舌等も
安心して食べられる。また、危険部位の入った食品を口にしなければ日本には新変
異型のクロイツフェルツ・ヤコブ病(vCJD)は1人も出なくて済む可能性が高く、
英国のように将来何千人ものvCJD患者の出ることは考えられない。出るとすれば英
国やフランスに長期滞在した日本人で、ヨーロッパに行ったことのない日本在住の
人がBSEにかかる確率は飛行機事故に遭遇するよりも低いものと思われる。

BSE対策で最も重要なことは、すべての対策を一般に公開し、透明にして、国民の理
解を得られるようマスメディアを通してわかりやすく説明することである。

第三の誤解は、四つの危険部位(脳、脊髄、回腸末端部、眼)のことである。これは
食品としての危険物である。一方、医療・医薬・化粧品等のように手術や注射や眼を
通して直接体内に入る可能性がある場合には、食品として体に入る時のような所謂
「種のバリアー」が全くないので、その基準は食品の安全基準よりもかなり厳しく
する必要がある。そのため医療・化粧品等の危険部位には脳、脊髄、回腸、眼のほか
に胎盤、脾臓、硬膜、リンパ節等の多くの部位が含まれている。

この危険部位の違いが一般の市民には理解しがたく、食肉の安全性に疑問を持って
いる人が多い。要は、医薬品などの場合には、異常プリオンが直接体内に入り、神経
細胞に付着する可能性が高いが、食品として口から入った場合には腸管という壁
(バリアー)があってこれを通過して病原性プリオンが体内に入るためには約10万倍
の感染濃度が必要となると考えられている。

この食品と医薬品に対する危険部位の違いは、種のバリアーのある場合とない場合
の差によって起こるのであって決して関係する省庁間の差によるものではない。

牛からの食品として安全なものには、世界共通の基準として肉(骨抜き)、舌、牛乳
等があり、今後屠殺場での検査で陽性の牛の頭数が増えてもこれらの食品の安全性に
何ら変わりはない。事実ヨーロッパでは同じ屠畜場の牛に陽性の牛が発見されても、
同じ日に同じ場所で処理された陰性の牛の肉は全部安全な食肉として市場に出荷され
ている。日本でもこれからは危険物との汚染をいかにして防ぐかが重要となってくる



220 :朝まで名無しさん:02/07/06 20:12 ID:lG5ADO4D


221 :朝まで名無しさん:02/07/06 20:25 ID:lG5ADO4D
ブランド牛人気復活、卸値高騰・品質や表示に安心感
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=3&i=20020701bs006p2

牛丼大手3社とも営業増益に・今期、BSE影響一巡
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=3&i=20020701bs004p2

<識者に聞く>狂牛病のナゾ・なぜ牛に伝染
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=5&i=20011005p2003p2

同居牛の殺処分、欧州も対応二分
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02070504.html

給食での牛肉使用自粛、全小中学校で解除−−農家被害41億円 /千葉
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020704-00000005-mai-l12

乳用高齢牛、食肉処理再開へ 県「安全性、浸透した」
http://www.mainichi.co.jp/area/miyagi/news/20020629k0000c004001000c.html

広がるトレーサビリティー・牧場や畑まで経路把握
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=0&i=20020702p2016bs

肉骨粉の炭化技術を開発へ・北海道の産学
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=0&i=20020701bs010bs

BSE対策特別措置法の概要
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=5&i=20020701bs000p2

222 :あげ:02/07/07 11:51 ID:VtrqXdlj
age

223 :age:02/07/08 12:17 ID:j60K7ZKq
14&15並走中

224 :あら:02/07/09 10:41 ID:jTuXBh/J
こっちはどうするんだ?

225 :朝まで名無しさん:02/07/11 21:37 ID:RQb69ant
EU科学運営委員会、牛・羊の筋肉がBSEにかかわる蛋白質を保持するという証拠はない。
 http://europa.eu.int/comm/food/fs/sc/ssc/out254_en.pdf


226 ::02/07/13 12:26 ID:BFlPElhE
細々と続くのか?

172 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)