5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なぜ死刑廃止運動をするのか Ver.6

1 :朝まで名無しさん:02/06/14 01:04 ID:7DtFFLQs
やはり議論板には死刑スレがないと寂しいので立てました。
もう議論は出尽くしたような気もしなくもないですが。


前スレ『なぜ死刑廃止運動をするのか Ver.5』
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/news2/1023494818/l50

前々スレ『なぜ死刑廃止運動をするのか Ver.4』
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/news2/1022397867/l50

2 :前前スレ96:02/06/14 01:15 ID:WTVdnP91
おや?いつの間にか6に。
5は3つしかレスが付いてないのにdat落ちしてたね。
確かにないと寂しい。ただほんと議論は出尽くしているね。

3 :朝まで名無しさん:02/06/14 01:44 ID:7DtFFLQs
散々語り尽くされて、死刑について語るべき事はもはや無い。
結論としては、死刑廃止論者はキチガイであり、キチガイには何を言っても無駄だという事だ。

〜〜〜 終 了 〜〜〜


4 :朝まで名無しさん:02/06/14 03:13 ID:7DtFFLQs
むしろ「どんなに重い罪でも死刑どまり」という事の方が納得イカン。
宅間とか麻原とかは、拷問して散々苦しませてから殺すべきだろ。
あんな奴らは楽に殺しちゃダメだよ。


5 :朝まで名無しさん:02/06/14 06:39 ID:HBptvvqu
>7DtFFLQs
自分で駄スレ立てて(>>1
自分で終了して(>>3
自分で再開している(>>4)お前は何者?自作自演?

まぁ終了には同意だが

6 :ちょっと生き抜き@世界の殺人鬼:02/06/14 18:45 ID:K8aU2dfx
ジム・ジョーンズ(1931.5.13生まれ)

どこぞの教団にも見習って欲しかった?スッキリさわやか大量集団自殺をやり遂げた、
知る人ぞ知る「人民寺院」の人でなし教祖サマ。

1978.11.18、南米ガイアナに作った人民寺院の街「ジョーンズタウン」にて信者912人(約3分の1は幼児と子供)
とともに集団自殺、常々説いていた「輝かしい来世」へと旅立った。
この教団は教義でこそ博愛、平等をうたっていたが、戒律を破った者には非常に厳しく、
信者は酒を飲んだだけで鞭打ちの刑を受けた。
さらに教祖の被害妄想が進むにつれて脱会者をつけ狙ったり脅迫したりと、
ケアにも磨きがかかり、戒律破りの罰則もどんどんエスカレート。
若い女性がメンバー全員の前で全裸にさせられたり、オーラルセックスを強要されたりと、
懲罰だか本番ストリップ・ショーだか分からない変態じみた行為が横行したというから羨ましい。

7 :朝まで名無しさん:02/06/14 18:56 ID:0EbLc2pW
死刑制度存置派の主張は以下の3点に集約される。

1、治安維持
    死刑がなくなれば凶悪犯罪が増える。

2、被害者家族の感情
     かけがえのない尊い命を奪われて悲しむ家族の気持ちを
    考えると、死刑もやむをえない。

3、因果応報
    そもそも、人の生きる権利を奪った人間は、やはり自分の
    命をもって償うのが当然である。

このうち、1の治安維持は廃止国で凶悪犯罪が増加したとの有為なデータがないので、
廃止派から一蹴されており、残るは2と3の二点ということになる。
文春・新潮などのタカ派ジャーナリズムは、よく2の被害者家族の心情を
持ち出して死刑存置を主張する。

確かに世論に訴える効果はかなりあるが、その反面で彼らは被害者家族の気持ちを
考えないプライバシー侵害報道を繰り返している。
また、文春などが家族救済のための真摯なキャンペーンなどを実施したという話も聞いた事がない。
これでは、廃止反対のために被害者家族を利用していると思われても仕方がないだろう。

悲しみにくれる家族の感情を十分理解するならば、マスコミとしては家族の心のケアや国からの補償金
(現在も、通り魔殺人などの場合に補償金が出るが、欧米に比べて低額過ぎる)
などの問題を死刑存置と同時に訴えていく必要がある。

そして、日本人の感情としては、意外に3の「因果応報」の考え方が根強いのではないかと思う。
ただ、昔はひとり殺しただけでも即死刑となり、当然の事ながら拷問もあり、死刑の方法も残虐な
ものだった。これが今では死刑は2〜3人殺した極めて凶悪な犯罪にしか摘要されなくなった。
すると、「因果応報」の意味も少し薄れてきているような気もする。

現在の日本政府の対処は、どことなく欧米諸国の動向を様子見、という気がする。
あまりこの問題に触れたくない、というのが本音だろう。
死刑執行の状況をもっとオープンにして、国家的な議論を巻き起こし、最終的には国民投票
をやってみるのもひとつの方法かと思う。

もっとも、今やれば廃止反対という結果になるだろうが、廃止派も世論に廃止の根拠を訴える
絶好の機会ではあると思うので、長い眼で見れば必ずしもマイナスではないと思うのだが・・・

8 :朝まで名無しさん:02/06/14 19:23 ID:Bq1bskth
>>7

このうち、1の治安維持は廃止国で凶悪犯罪が増加したとの有為なデータがないので、
廃止派から一蹴されており、残るは2と3の二点ということになる。


前のスレ読んでも別に一蹴されてはいないだろ。単に死刑制度のあり、なしで調査しても
全く意味はない。同じ死刑制度でも執行率の違いでその抑止効果は全く違うことが予想され
るからだ。年に数人しか執行されていない国が死刑を廃止した場合と、何千人も死刑執行
されている国が廃止した場合とでは全く違うのであるから。
 また国によって教育水準、情報伝達度、社会の安定度、道徳観念、宗教、等まったく条件
が異なるのであるから、廃止派が提示する数件の調査結果などで死刑の抑止効果が全く
ない(他の手段とくらべて抑止力に優れていない)などとは全く証明されていない。

9 :朝まで名無しさん:02/06/14 20:59 ID:KmEabu5o
>>8
死刑存置派は死刑に特別の抑止効があると放言するだけで
それを示す調査結果の「数件」すら挙げることが出来ない以上、
廃止派が1を一蹴したとしてもやぶさかではあるまい。

逆に、廃止派が死刑こそが凶悪犯罪を助長していると主張したとしても
奴等がそれを証明する具体的な調査結果を示さない限り、
存置派はそのような下らない主張を一蹴するだろう。それと同じだ。

というか、この板の死刑問題スレは語り尽くされた観があるな。
既出の話題を延々とループさせているだけで議論にならない。
>>6の世界の殺人鬼が唯一の救いか。


10 :朝まで名無しさん:02/06/14 21:34 ID:Bq1bskth
>>9

軽い刑より重い刑の方が抑止力があるなどということは証明の必要などない、あたりまえ。
その常識をくつがえすなら根拠ある調査なり証明をしろということだ。廃止派は終身刑より死刑
が厳しすぎると思うから反対しているんだろう?つまり厳しい刑と軽い刑に抑止力に差はない
などという常識に反する主張をしているんだから証明義務は廃止派にある。
 執行率が極めて低い状況では、一人の殺人ぐらいでは死刑にならないという相場ができている
ので、決して上記の前提が覆っていることが証明されたわけではない。
 議論にならないのは廃止派が「死刑に抑止力がない」という限られた条件の中の数件の調査結
果を絶対視して、あたかも全ての国でどうのような死刑運用形態をとってもその前提が覆らないなど
というような態度で、維持派の疑問に全く答えようとしないからだ。

11 :朝まで名無しさん:02/06/14 21:43 ID:b0Zjzd+c
>10
同意。 なかなか深い分析だと思います。

12 :朝まで名無しさん:02/06/14 22:00 ID:qU9vSWk9
おいおい!
大丈夫か?廃止派!
論破されてんぞ!論破!

13 :朝まで名無しさん:02/06/15 08:19 ID:PlYc9pWN
>>10

反対派は必ずしも終身刑より死刑が厳しすぎるとは思ってない。

第一、軽い刑より重い刑の方が抑止力があるのはいいとして、
「死刑が終身刑や数百年の懲役より重い」というのは当たり前のことではない。
「一生監獄暮らしよりは死刑の方がマシ」という意見は、この類のスレで何度も登場しているし
一方で、終身刑も死刑も、犯人が二度と社会に戻ってこないと言う点では同じ重さといえる

死刑の抑止力が確認できないことは、「死刑廃止国の現実を見ろ」としか言えない。


だいたい、賛成派が死刑の有用性について論理的な説明ができないからといって
反対派だけに説明義務を押しつけようというのはひどいな


14 :朝まで名無しさん:02/06/15 08:39 ID:KLdH9aT8
>>10
>軽い刑より重い刑の方が抑止力があるなどということは証明の必要などない
では、何故、維持派はそれを実証する調査結果が挙げられないのだ?
証明の必要が無い程度の確かさがあるなら、
廃止派を黙らせる程度の数と質の調査結果を挙げるなど容易なことだろう?

議論にならないのは、
廃止派を論破するに必要かつ容易な「それ」を誰も一向に挙げないからだろ。
本当に前スレ読んだのか?

>維持派の疑問に全く答えようとしないからだ

そう言えば・・・
前スレで「死刑に特別の抑止効がある」ことを仮定して
珍妙な質問と煽りを繰り返して無為にログを損耗させた挙句、
存置派からも廃止派からも無視されて消えた痛い奴がいたが・・・まさか、な。


15 :朝まで名無しさん:02/06/15 10:33 ID:OIbuZHaz
欧州諸国による死刑廃止の歴史を見てみると、廃止による凶悪犯罪の増加という
問題に対して、危惧がなかったわけではない。
それよりも、「殺人の否定」を国家の意思として国民に示す必要があると、
政府が考えた点が大きい。

そもそも国家権力を握った者は、当然の事ながら一日でも長く政権を維持したい訳だから、
国の治安維持は最重要課題となる。従って、独裁国家で死刑を廃止している国は少ない。
となれば、死刑をも「国家による殺人」として禁じた国々は、成熟した国家体制であり、
民主主義があるていど機能している国とみてもいいのではないか。
人類の英知による崇高な判断ともいえば大袈裟か。
日本の平安時代の権力者も同じ想いだったのかもしれない。

少なくとも、人類が平和に進歩した未来では死刑は行われないだろう。
今の日本は、まだそこまで成熟していないので時期尚早というのなら、
仕方がないことではあるが。

16 :死刑廃止運動者は偽善者だ:02/06/15 13:39 ID:5DPkKP0e
いやいや、いつの間に6に!!まぁ、立ててくださりありがとうございました。
昨日Ver.5を立てたばかりなのですが・・・まぁいいでしょう。

>>2さんありがとうございました。その言葉うれしいです。

17 :朝まで名無しさん:02/06/15 14:32 ID:q9PYQvts
ところで、刑の抑止力ってどうやって証明したらいいのだろう?
仮に、死刑じゃなくて、罰金刑や懲役刑に抑止力がある(orない)という話だったら?


18 :朝まで名無しさん:02/06/15 14:39 ID:iEBaTBSX
強姦した奴はちんぽ切断の刑もしくはオカマを掘られる刑。

19 :朝まで名無しさん:02/06/15 14:41 ID:q9PYQvts
>>15
死刑廃止の理由が「殺人の否定」だったら、
死刑廃止国は、戦争も絶対的に否定しているハズだけどね。

しかし、死刑を廃止した「成熟した国家」も、戦争は否定していないんだから、
死刑廃止の理由は「殺人の否定」だけではないだろ・・・


20 :朝まで名無しさん:02/06/15 14:47 ID:ZF2Z9THS
>>17
以前のスレにもあったが、シンガポールの麻薬犯罪の少なさを考えれば抑止力があると言わざるを得ないと思う

21 :朝まで名無しさん:02/06/15 15:30 ID:MjEhTEVE
>死刑廃止の理由が「殺人の否定」だったら、
>死刑廃止国は、戦争も絶対的に否定しているハズだけどね。

そんなわけあるかい…

22 :朝まで名無しさん:02/06/15 15:40 ID:bUXutVqJ
>>19
刑事上の概念を外交上の概念に置換するのは妥当ではないような気もするが、
内外から容認される「戦争」に対応するのは「殺人」ではあるまい。
戦力の行使は自国と自国民を守護する名目で正当化されるものである以上、
対応する概念は「緊急避難的行為」(正当防衛)だろうよ。

まあ、自称「世界の警察官」さんが
正義の名の下に、一方的に空爆する様は
刑罰としての殺人、死刑に近いものがあるかもしれないが、
あの国は死刑廃止国ではないしな。


23 :朝まで名無しさん:02/06/15 15:45 ID:q9PYQvts
でも、死刑廃止国もアメリカの空爆を支持したよね。

24 :朝まで名無しさん:02/06/15 15:51 ID:0qt1SeMW
相手から抵抗力を奪うために殺すのが戦争。
既に捕らえられて抵抗力を失っている奴を殺すのが死刑。

個人的に死刑廃止には反対だが、これぐらいの区別も
つけない、ミソもクソも一緒にした主張は間違い。

25 :朝まで名無しさん:02/06/15 15:52 ID:q9PYQvts
>刑事上の概念を外交上の概念に置換するのは妥当ではないような気もするが、
まぁ、これは確かにそうだわな・・・

でも、外交上の概念では「殺人」が許されることもある。
刑法上の概念でも、「緊急避難的行為」(正当防衛)ならば
「殺人」が許されることがある(違法性が阻却される)。

死刑廃止のみ、「殺人の否定」という単純な理由で、
完結してしまっていいのだろうか?


26 :朝まで名無しさん:02/06/15 15:53 ID:MjEhTEVE
国×国レベルでいえば、死刑=民族浄化

27 :朝まで名無しさん:02/06/15 15:57 ID:bUXutVqJ
>>22
支持するかしないか等、外交上のパワーゲームだからな。
非核三原則が閣議決定である某国だって、
印パの核実験には遺憾の意を表明しても、
「世界の警察官」さんの「それ」には実に寛大だ。

逆説的に言えば、
「あの国」以外が他国を空爆or侵攻なんぞした日には非難の嵐だろうさ。
無論、その先頭に立つのは「あの国」であるのは言うまでもない。


28 :27:02/06/15 16:00 ID:bUXutVqJ
>>27

>>23へのレス

29 :朝まで名無しさん:02/06/15 16:01 ID:W9Li4d+n
>q9PYQvts
緊急行為と刑罰の違いについては
過去スレで散々解説済み

30 :朝まで名無しさん:02/06/15 16:21 ID:q9PYQvts
>>29
そりゃ、確かに違うけどさ・・・

本来、犯罪構成要件に当たる行為が、正当化されるという点では同じだろ。
つまり、「正当化の根拠」が問題なんであって、死刑廃止だって
殺人の否定=人を殺してはイケナイ、という単純ものではないだろうという話。

>>15で、殺人の否定が成熟した国家だという話があったからさ・・・

31 :朝まで名無しさん:02/06/15 16:55 ID:VMEGS7vG
EU諸国の死刑廃止は、やはり聖書の教え「汝、殺すなかれ」という戒律を
忠実に守ろうとする思想が根底にある。
大昔は、異教徒や未開の「野蛮人」は、人間扱いしていなかったので、
平気で神の名のもとに虐殺しまくっていたわけだ。
同じキリスト教徒でも、教会に逆らう人間は悪魔・魔女として惨殺した。

ナチスのユダヤ人虐殺も、カトリック教徒だったヒトラーの、ユダヤ教徒に対する
偏見と憎悪が生み出したという見方さえある。

EU諸国としては、死刑廃止は本来の神の教えに叶った行為と思っているのだろうが、
過去に十字軍などから虐殺されまくった側(イスラム教アラブ諸国)にとっては、
それが偽善的行為に映って仕方がない。
汝の敵を愛せよというなら、報復攻撃も戦争も起きるわけがないではないか。

アラブ諸国やイラン・パキスタンなどのイスラム教原理主義を政体とする国ほど、
殺人犯罪以外にも死刑を定め、また死刑を数多く執行している現実は、
ヨーロッパ各国への皮肉ともとれるのである。

32 :朝まで名無しさん:02/06/15 17:11 ID:oiP0PkCb
死刑廃止を求める人は、死刑になるような罪を犯している人です。


33 :10:02/06/15 17:26 ID:fKrQhXRL
>>13
>> 反対派は必ずしも終身刑より死刑が厳しすぎるとは思ってない。

 詭弁だな。人権の面から、命を奪うことは厳しすぎるから反対してるんだろ?
思ってないだけじゃ説明になってないよ。


>>死刑が終身刑や数百年の懲役より重い」というのは当たり前のことではない。
>>「一生監獄暮らしよりは死刑の方がマシ」という意見は、この類のスレで何度も登場しているし

 スレで意見が何度も出てる?それがなんの補強になるのだ?終身刑になったやつはそんなにみんな
自殺してるのかい?たしかに終身刑の運用によっては「死んだ方がまし」となるかもしれない。毎日の強
制労働やら拷問やら。そういうのを想定してるのか?なら別に死刑廃止には反対しないけど。

>>>一方で、終身刑も死刑も、犯人が二度と社会に戻ってこないと言う点では同じ重さといえる

 変な日本語だな。そこだけは同じかもしれんが後は全然違うだろ。命さえあれば見たり、聞いたり、
考えたり、話したり、できるのだ。本を読んだり絵を描いたり、制限はされていても死んだ人間と比べれば
その差は歴然だ。同じ重さだ、などとは命のあるなしを軽く考えていることにならんか。

>>死刑の抑止力が確認できないことは、「死刑廃止国の現実を見ろ」としか言えない。

 その廃止国の執行率はどのくらいだったんだ?「一人殺したら原則死刑」としてもその現実は変わらない
のか?どういう根拠でそうなるのか理論だてて説明してくれ。

34 :朝まで名無しさん:02/06/15 17:42 ID:0qt1SeMW
死刑廃止には当然反対だが、死刑が最高刑という現状にも
不満を感じる。
死刑にも、楽に死ねるものから、苦しみぬいて死ぬものまで
刑の軽重を設けるべきだ。

35 :朝まで名無しさん:02/06/15 17:51 ID:cHFilKyH
輪廻転生の考え方から言えば、死刑というのは、次の生に行ってもらう
手段に過ぎない。

という意見をもつ人はいないのか?

36 :朝まで名無しさん:02/06/15 18:08 ID:VMEGS7vG
>>35
麻原焼香

37 :朝まで名無しさん:02/06/15 18:26 ID:5NUvJu9F
>ヨーロッパ各国への皮肉ともとれるのである。

なにが皮肉なんだ?
神の名の下に未だに殺人をしている国々・・・イスラム圏
それをやめた国々・・・ヨーロッパ

38 :朝まで名無しさん:02/06/15 18:35 ID:KW3M2Hv5
>>37
イスラム圏の死刑や戦争は、信仰的に矛盾していないんじゃないの?


39 :朝まで名無しさん:02/06/15 18:39 ID:KW3M2Hv5
思想や文化の多様性を問題にするなら、
イスラム諸国よりもヨーロッパ諸国の方が進んで(成熟して)いるという話は
一方的な見方に過ぎなくなってしまうし・・・

40 :朝まで名無しさん:02/06/15 19:05 ID:uXyoTDOU
>>33
あんたさぁ、結局屁理屈こねてるだけだよ。

>命さえあれば見たり、聞いたり、考えたり、話したり、できるのだ。本を読んだり絵を描いたり、制限はされていても死んだ人間と比べればその差は歴然だ。

じゃあ、死刑廃止国では犯罪が増加していてもよさそうだよな?
さっさとデータを示して死刑の抑止効を実証してくれ。

41 :10:02/06/15 19:44 ID:fKrQhXRL
>>40
 同じことは言わない。

 廃止派、反論するために泥沼はまってない。「死刑と終身刑は厳しさの点で変わりは無い」
という主張を続けるの?命を奪われることの重さを理解してるからこそ反対してるのだと思って
いたが。そうじゃないわけね?

 正当防衛、戦争による殺人は認める、と。んじゃ同じ論理でいけば死刑に抑止力があるなら認め
る、でいい?

42 :青空 ひろし:02/06/15 19:52 ID:EgjgVUKl
「なぜ、人を殺してはいけないのか?」 こどもからのこの疑問に答えるためにも、
死刑制度を廃止するべき、と思います。詳しくは私の以下のサイトを。

http://pc.2ch.net/test/read.cgi/mmag/1021299581/l15
冤罪
http://gatecity.gaiax.com/home/justics
家庭教育について考える
http://gatecity.gaiax.com/home/family_edu
少年犯罪について考える
http://gatecity.gaiax.com/home/shounennhou

43 :段造:02/06/15 19:58 ID:qk2XJCNy
>42
なぜ人を殺してはいけないのか?

それは社会の秩序を維持するためのルールだからです。

44 :朝まで名無しさん:02/06/15 20:04 ID:s3WKYkYN
>>43
それはある程度正しいと思うね。
ただ抜けてるのは殺人を認めてる法は無いって事。
これだけ様々な法があるのにだ。
これは偶然とは思えない。
社会以前に人間は本能的に「殺人は悪だ」と認識してるのかもしれない。

まあそれは置いといて国が「人を殺す権利」を持つのは結構怖い事だと思うよ。
例え罪刑法定主義が徹底してるとしてもね。
それはどうよ?

45 :小学3年生:02/06/15 20:04 ID:6OFEK4Hf
>それは社会の秩序を維持するためのルールだからです。

なぜ社会の秩序を維持しなきゃいけないの?

46 :朝まで名無しさん:02/06/15 20:07 ID:I1ZE81wv
>>43
つまり、社会秩序を維持するためには、人を殺すことも許される。
戦争や正当防衛はそれゆえ正当化されるのかな?

刑罰も、社会秩序の維持を目的とするものだから、
(教育刑を強調しても、これは同じだよな)
死刑の正当性の有無も、社会秩序の維持という点から議論すべきかな?

47 :段造:02/06/15 20:10 ID:qk2XJCNy
>>44
種族維持という本能に基づき、秩序維持の為に、悪いこと、と約束
したのでは?

48 :段造:02/06/15 20:12 ID:qk2XJCNy
>>46
死刑の正当性もそれが中心になるべき、と思いますけど。
管理化が進めば、死刑の必要性も薄れて行く、と。

49 :朝まで名無しさん:02/06/15 20:13 ID:s3WKYkYN
>>47
そうかもしれないね。
人間は自然界の中では弱かったから
人間同士で殺しあってたらとても生き残れなかったんだと思う。

50 :段造:02/06/15 20:13 ID:qk2XJCNy
>>45
維持しないといつでも誰でも貴方を殺せますよ。

51 :朝まで名無しさん:02/06/15 20:14 ID:s3WKYkYN
しかし「正当性があるから殺していい」というのはかなり怖いよねえ。

52 :小学3年生:02/06/15 20:21 ID:6OFEK4Hf
>維持しないといつでも誰でも貴方を殺せますよ。

じゃあ、僕強くなります。


53 :通りすがり:02/06/15 20:24 ID:zock0Rli
>>51
正当性が無くても犯罪者は人を殺しますが。
必要があれば人は人を殺す。
死刑も必要であれば別に構わないでしょう。

54 :通りすがり:02/06/15 20:31 ID:zock0Rli
ついでに少し迂遠な話を。
欧米のキリスト教圏で殺人がいけない訳。
人権の根拠とも共通しますが、
基本的に神様が人間をつくって授けてくれた命だから、
それを人間が奪ってはいけない。
だから自殺も罪。
基本的人権も神の与えた権利だから、人間には奪えない。

ただ、こういう考え方は日本にはなじまないような気もします。
「和」を乱す奴が「悪」でそんな奴に権利なんか認めない、
という社会契約的な考え方の方が日本では受け入れられやすい
ような気もします。

そういう考え方からすると、「悪党に人権はない」のですが……。
それも極端ですね。
少しずれた話で申し訳ありません。
興味のある方はアメリカの独立宣言を読まれると、
はっきりと書いてあるのがわかると思います。

55 :ちょっと生き抜き@世界の殺人鬼:02/06/15 21:19 ID:5rOl/cnY
チャールズ・マンソン(1934.11.11生まれ)

ヒッピー集団「ファミリー」を率いて妊娠8ヶ月の女優シャロン・テートを惨殺、
一気にカルト・ヒーローの座に上りつめた元祖・殺人教祖。

現在、カリフォルニアの州立刑務所に服役中。女優シャロン・テートをはじめ計7名の殺害に関与した。
自分で直接手を下さずに他人に殺しをさせるという、カルト宗教犯罪の元祖的な存在である。
黙示録とビートルズの歌詞、ハインラインの小説などをごた混ぜにして、
「まもなく黒人と白人の人種間最終戦争が起こる」と予言。
これが彼の提唱したヘルター・スケルター理論で、今の日本でいえば法華経とドリカムの歌に村上春樹小説を
掛け合わせて「今度関東大震災が起きたら、アイヌと在日朝鮮人の連合軍と日本人の間で最終戦争が勃発する」
と唱えるようなもの。信じる方が馬鹿。

56 :朝まで名無しさん:02/06/15 22:12 ID:avqFBnYd
>>41
反論に窮しているのはお前だけ・・・。
「常識」であって、実証するのも馬鹿馬鹿しい程の確かさの命題なら、
それを示す実例の一つや二つを挙げることは簡単だろ?
何故、それが「出来ない」・・・失礼「しない」のかという話。

>んじゃ同じ論理でいけば死刑に抑止力があるなら認める、でいい?

前々スレで同じ質問を繰り返していたアフォがいたような・・・
「ある」ことを示さなければ、廃止派はもとより存置派からも無視されて終わり。

57 :朝まで名無しさん:02/06/16 00:15 ID:u8IQF7EE
現代社会においても凶悪犯罪が後を絶たない事から考えて
今の死刑制度の抑止力は不十分だと言わざるをえない。

より大きな抑止力を持つ「拷問死刑」の採用を強く望む。



58 :朝まで名無しさん:02/06/16 00:22 ID:OcvyNBVf
現在の日本で死刑があるのに殺人が減らないのは
一人殺しただけじゃ死刑にならないからでしょ
殺人即問答無用で死刑にすれば減ると思うけど

59 :朝まで名無しさん:02/06/16 00:26 ID:GQwUgOFR
>「拷問死刑」

根拠が曖昧だと聖人化されちゃいそうな気がするな

60 :朝まで名無しさん:02/06/16 00:34 ID:tsWMHHvn
執行人に推薦!

61 :朝まで名無しさん:02/06/16 00:51 ID:tYuHi7Cm
犯罪を起こすような遺伝子を排除するために死刑は必要。
それよりも犯罪者を発生させるような環境を無くす方が重要。
犯罪者本人だけを裁いても本質的な解決は得られない。

62 :朝まで名無しさん:02/06/16 00:54 ID:P6oUY0tF
>犯罪を起こすような遺伝子を排除するために死刑は必要。

なんら罪を犯したことの無い無辜の少年少女も
遺伝子次第でガス室送りというわけですね

63 :朝まで名無しさん:02/06/16 01:02 ID:DcIuOb9I
>>58
殺人事件は年間1000件強なので
殺人問答無用で死刑にすると、単純計算で死刑囚は1000人
殺人事件によって死ぬ国民が倍になるわけで(被害者+加害者)
国としてはとても都合が悪いと思う

殺人が半分以下になればいいが、そうもいかないだろうな

64 :10:02/06/16 01:42 ID:AlxN9tNr
>>56 はいはい

65 :朝まで名無しさん:02/06/16 02:05 ID:tC7yCNd3
>>56
あ、でも、俺もその「仮定」に対する答えは聞いてみたい。

だって、死刑に抑止力があっても死刑反対だったら、
抑止力があることの証明は、何の意味もないだろ・・・
死刑反対の理由に抑止力の有無は関係ありません、って言われたら
それで終わりだからね(w

66 : :02/06/16 02:21 ID:glM6FeGo
 大阪池田小学校を襲撃し児童を刺殺した元自衛隊員は、被害者は交通事故にあって死んだものと考えればいいと述べた。
 その理屈なら、この元自衛隊員も同じように殺しても許されるということだ。
 交通事故で死んだものと考えればいい。
 だが、その交通事故を起こした運転手には殺意があり、故意に無関係の者を殺害している。
 それは事故ではなくて事件であり、この場合は交通関係ではない。
 この元自衛隊員は、とにかく目立ちたかったのだろう。
 たぶん外務省職員とか、そういうエリートコースに乗りたかったのだ。
 緻密に計算していて、人間性はなく、今でも死刑を免れるうまい口実を考えている。
 この事件は、精神障害者とはまったく無関係だ。
 この元自衛隊員は精神障害者ではなく、正常な凶悪犯罪者だ。
 冷静に落ち着いて、黙々と人を殺すことができるプロの殺し屋だ。
 自衛隊で学んだ戦闘訓練により、殺人術を身につけ実行した。
 狂気は狂気だが、殺しの専門職人であり、戦場でこそ活躍するタイプだ。
 社会に野放しにしてはいけない。
 社会生活を普通に送ることはできない。
 こういう人間は、頭の中が、常に殺意で満たされている。
 迅速にすばやく誰でも殺す。
 

67 :あんまり議論は好きではないが・・:02/06/16 04:32 ID:MBgOPj/8
極論すると、もしも日本が法治国家でなければ、犯罪は増加するのは当然。
法の下で平等を保つ為には極刑は必要である。
人間の本能には欲求があり、理性がある。個人差はあるが、状況、環境
などさまざまな要因によって、人は自分がやりたいことをやって、名誉、
金、など奪う(勝ち取る)わけで、法がなかったら、やりたい放題になる。
暗黙の了解、とか人情とかどうなのか?
所詮動物だ、人間は。欲が人を殺してでも満たされるのならば、
法で当たり前の規制を設定して裁くのが妥当だろ。ごちゃごちゃ書いたが、
死刑は必要、当たり前。
俺は林、麻原、宅間などのような極刑すべきわかりきった人間を弁護して、何度も
裁判を長引かせることが残念に思う。もっと罪の意識を植え付けるようにする
ことが重要だろ。



68 :死刑制度存続派だけど:02/06/16 05:01 ID:cbcnJwx2
>>67 文章、かなり変だぞ(^^;

>ごちゃごちゃ書いたが、
内容がごちゃごちゃ。


69 :無名:02/06/16 05:25 ID:LW/0lopA
>>56
死刑の抑止力は、ある少年の言質を以って証明される。
「少年法があるから死刑にならないと思って殺った」

死刑廃止国で当然に犯罪が増加することはない。
様々な要因が複雑に絡み合って犯罪という結果が生まれる訳であって、
死刑の有無による犯罪の増減は、その誤差の中に収斂されてしまわないとも限らない。

それにだなあ、死刑廃止に踏み切るような国ってのは、
そもそも犯罪が減少傾向にある国なんだよ。
死刑廃止したとしても犯罪が増えないことがあるのは当然なのに、
そんなことをいちいち論って、「死刑に抑止力は無い」なんて言うやつはアフォ。

70 :朝まで名無しさん:02/06/16 05:32 ID:MBgOPj/8
・人間はエゴ、欲望の塊。
・人間は名誉、金、財産、いやもっと一般に言うと生活を営むために働き、稼ぐ。
・それを理性がある程度強引なことを抑えている。
・さまざまな環境の中で理性は世間体、情、常識など正しいと判断されてコントロールされる。
・その正しいとされる判断基準の一つに法がある。
・法に死刑という項目が排除されたら、例えば挫折し、目標を見失った奴はリスク
 を犯してでも血走った行為に走るケースがある。
・成功したら、例えばグリコ事件の場合、3億円手に入ったんだからね。ある
 意味大逆転だろ。(成功とかとは言わんが)
・迷宮した事件、まだ発覚していない事件なんてたくさんあるんだから。
・そういうことがどんどん増えるよ。死刑を刑法から削除すると。
ということを言いたかったんだけどね。解釈してくだされ。
>>68
 

71 :朝まで名無しさん:02/06/16 06:08 ID:u8IQF7EE
>>58
まったくその通りである。
計画殺人を犯したヤツは、原則として死刑にするべきだ。

>>59
基本的には人数に応じて加重すればよろしい。
1人殺したら現行の死刑。
2人殺したら麻酔無しで両手を切り落として死刑。
3人殺したら上記+両足を切り落として死刑。
4人殺してら上記+内臓を犬に食わせて死刑。
この調子で犯罪に応じた苛烈な刑を採用する。

>>61
>犯罪者本人だけを裁いても本質的な解決は得られない。
という主張には全面的に同意する。
女子高生コンクリート殺人犯や、酒鬼薔薇、ネオ麦茶等の
両親は、当然死刑の対象となるべき。
ヤツラのような凶悪な犯罪者を育成した者として、身をもって
罪を償う責任があるのは自明である。
犯罪抑止力から考えても、このような「責任死刑」は絶対に
必要であろう。

とにかく、現行の生ぬるい死刑が「極刑」などと言われるのは
非常に甘っちょろい。 片腹痛いとすら言える。
そういう意味では、死刑廃止派はもちろん、死刑存置派と
言われる人達にも、現状認識の甘さを感じる。

刑罰によって本当に効果的に犯罪を抑止するために、
より広範な対象に、より苛烈な死刑を実施すべきである。
「拷問死刑」および「責任死刑」をすぐにでも採用すべき。
私は死刑推進派だ。


72 :朝まで名無しさん:02/06/16 06:26 ID:FfUEGtlW
>>58

逆に1人殺したら=死刑だと、一人殺した時点でどうせ死刑だから何人殺しても
同じだってキレるヤツがでてくるような。キレないとしても死刑になりたくないが
ために逃亡しつつ、その過程で都合が悪くなるたびに人殺しするとか。
殺人犯は減るかもしれないけど、連続殺人事件が増える、みたいな。

可能性としては死刑廃止したら、死刑にならないから殺しまくるってヤツも
いるかもしれないけど。死刑廃止国でそういう状況が今のところないらしい
ってのは、殺人鬼みたいなのは少数派ってことなのかなぁ。

どっちにしても、むずかしいですね…。

73 :朝まで名無しさん:02/06/16 06:46 ID:u8IQF7EE
>>72
>逆に1人殺したら=死刑だと、どうせ死刑だから何人殺しても同じだってキレる(後略)

それこそ死刑にも軽重の差を設ければ良いだけの話だ。
「拷問死刑」にはそういった利点もある。

74 :納税奴隷:02/06/16 07:45 ID:C4xCocSH
オレの地方で江戸時代、「竹のこぎりの刑」があった。主人の妻を殺した20
歳未満の女中に対して!。のこぎりで手足を切り、最後は首を切った!

75 :朝まで名無しさん:02/06/16 09:38 ID:gp7GLvT6
>>73
軽重の差を付けても意味ないんじゃない?
「現行の」死刑にしてもらうために自首なんてあり得ない話だし、
自棄によってor逃亡の困難によって、自身の死を覚悟したなら、
自分が楽だと思う方法で自殺するだけだろ。

拷問死刑など一部の異常性癖者が、
執行のニュースを自己の愉悦に変換するぐらいの意味しか為さないだろうね。


76 :朝まで名無しさん:02/06/16 09:56 ID:XaWufoMo

死刑廃止派は「終身刑と死刑の抑止力の効果は同じ」と言ったりするが、ひきこもり人間が
終身刑を受ければ、税金で一生ひきこもってられると考えて殺人を犯せばどうするんだ?



77 :朝まで名無しさん:02/06/16 10:04 ID:J8Pf4NA4
>>69

>「少年法があるから死刑にならないと思って殺った」

詳細情報が欲しいな
基本的に「少年法があるから」というのは刑事の審判手続でない少年審判を意味し、
「死刑にならない」というよりも「刑罰を受けない」であって、
刑罰一般に抑止効があることを証明出来ても死刑に限定して見出すことは難しい。
とはいえ、実際、そうした客観事実はどうでも良くて、
結局、この少年君の主観レベルの問題なので発言の詳細情報次第ということかな。

また、廃止派にしても死刑に抑止効が無いとは言っていない。
他の自由刑などの刑罰と「同等の」抑止効があると言っている。
存置派(一部の)は「死刑には他の刑罰で代えられない特別の抑止効がある」
等と、のたまうから問題になる。証明の必要が出て来る。


78 :通りすがり:02/06/16 10:12 ID:LEV+KqpL
>>77
>他の自由刑などの刑罰と「同等の」抑止効があると言っている。
>証明の必要が出て来る。

こちらの主張の方が感覚的に違和感があります。
「同等の」抑止効果があることの証明をお願いします。



79 :朝まで名無しさん:02/06/16 10:23 ID:J8Pf4NA4
>>76
えらくアグレッシブでポジティブな「ひきこもり」だな・・・。
ところで、自分の将来を安定させようという思考が「ひきこもり」にあるのか?
奴等はパラサイトで要するに生活の不安が無い、
または、生活の不安を自覚しないからこそ「ひきこもり」なんだろ。

仮に自分の将来の保身から刑務所生活を考え付いた「ひきこもり」がいても、
それを動機に殺人を実行することは無い。(せいぜい窃盗の常習かな)
第一に、正当防衛による反撃など失敗のリスクが大きいこと。
第二に、保身から刑務所生活を思い付いた「ひきこもり」が
ひきこもりライフの隣人として殺人犯を選ぶことはあり得ないということ。


80 :朝まで名無しさん:02/06/16 10:41 ID:J8Pf4NA4
>>78
同等という表現は確かにアレだったな。
要するに抑止効は特定の刑罰が発生させているのではなく、
「刑罰一般に存在するものである」という考え方をしているということ。

ゆえに、死刑や自由刑などの一つを取り出して、コレを廃止すれば、
犯罪が増えるなんていうフィクションは信じないということ。
現実に、そのフィクションに従った国や地域が無いのだからね。

81 :朝まで名無しさん:02/06/16 10:45 ID:f0W4w6+B
>>76
引きこもりは対人傷害なので犯罪者に囲まれて生きるなんて耐えられません。
そもそも部屋から一歩も外に出れないので無差別殺人はできません。

82 :朝まで名無しさん:02/06/16 10:50 ID:J8Pf4NA4
捕捉すると・・・

元々刑罰の抑止効は宅間みたいなキチガイ君には
予定されていないものであり(事実、宅間には抑止効果がなかった)
善良な一般市民に対するものである以上、
彼らが死刑を廃止したら場合に犯罪を犯すようになるのか?ということ。

「死刑は勿論懲役だって嫌。警察のお世話になって前科がつくことさえ嫌」
これが一般市民の感覚なのではないか?

上記の遵法精神が所謂、刑罰の抑止効の本質であると考える訳。


83 :通りすがり:02/06/16 10:53 ID:C4d6AF5T
>>80
わかりました。
丁寧なお返事を有り難うございます。

84 :朝まで名無しさん:02/06/16 10:56 ID:h3APiJ96
まあここは2chなんだから何を言ってもいいのかもしれないが、
「いまの死刑では手ぬるい。拷問も加えて苦しみながら殺せ」なんて放言したところで
廃止派の思うツボだよ。残念ながら世界の趨勢は廃止の方向で進んでいる。
それと死刑廃止国で凶悪犯罪が増加したというデータがないのも否定できない事実ではある。

自分はどちらかというと存置派だが、年間2〜3人の執行しかしていない日本の現状は、
どうもヨーロッパ「先進国」(一応カッコ付きね)への配慮という気がする。
廃止はしないけどイランや中国みたいに無茶苦茶人権を無視した数は執行してませんよ、
というところか。まあ、日本らしい日和見で姑息な態度とはいえるよな。

というわけで、この現実をどう認識した上で死刑制度を存置し、
またその「運用」をどうしていくのか、諸外国への説明はどうするのか。
カッコ付きではあるが「先進国」の仲間でいたいならば、EU諸国には
人権問題については「内政問題」といういい訳は、これからは通用しなくなるだろう。

存置派論客のみなさん、この件についてうまい戦略?はありますか?

85 :通りすがり:02/06/16 11:01 ID:C4d6AF5T
死刑の意味について。

偏った意見で恐縮ですが私は死刑が存在することに意味があると
思っています。
他の刑罰とは異なり、死刑は共同体(国家)が刑の執行および事後
手続き後、対象者と関与しなくなる、という点で他の刑罰と
異なっているような気がします。

更正の可能性を断つ反面、被害を引き起こされる可能性もなく、
対象者が何かを生み出すこともない代わりに、対象者のために
何かが必要なこともない。

言ってみれば究極の村八分(共同体の成員であることの否定)では
ないかな、と。
共同体のコンセンサスで共同体の成員であることを否定する、
というのは個人的に魅力的な考え方なので、誤審や適応範囲といった
技術的な問題は検討・改善の余地はあるとしても、ある種の考え方の
象徴として存続して欲しい、そう思っています。

86 :通りすがり:02/06/16 11:07 ID:C4d6AF5T
>>84

>>54で書きましたが、キリスト教圏の死刑の廃止には宗教的な
背景があり、その論理が日本に適しているか、ということに
ついて私は疑問に思っています。

私は社会のルールとその適用については、超越的なものを背景とする
考え方は不要だと思っていますので、キリスト教圏的な死刑廃止論
にはあまり賛成できません。

「なぜ人を殺してはいけないのか?」
「自分が殺されたくないから」

社会のルールを成員が定め、その決定に従うということで
死刑を聖域にする必要はないと思っています。

87 :朝まで名無しさん:02/06/16 11:34 ID:GOm/YBfx
死刑廃止している国は、例えば銃撃戦なんかで犯人射殺しちゃたりすることは
ないの?そのときのマスコミや世論の反応は?
死刑はダメでも状況次第では警官による殺しはいいんだろうか。

88 :朝まで名無しさん:02/06/16 11:37 ID:h3APiJ96
>>87
それは死刑とは全く別の問題。

89 :朝まで名無しさん:02/06/16 11:41 ID:DcIuOb9I
>>87
「人が死ぬのは良くない」という単純な基準しかないから、
殺人は×、死刑は×、射殺は被害者の数を最小限にくい止めるためには仕方が無いので○

日本は
殺人は×
でも、死刑は○
なのに、射殺は△
というトリプルスタンダード


90 :10:02/06/16 11:48 ID:AlxN9tNr
>>80

別に「死刑には他の刑罰で代えられない特別の抑止効がある」と言ってるのでなくて、
刑の軽重で抑止効に差がある。そして終身刑と死刑には重さに差がある、と言って
いるだけなんだが。廃止派は「死刑と終身刑では抑止効に差がない」っていう言い方
よくするけど「死刑と無期懲役では抑止効には差がない」っていう人はいなかったぞ。
刑の軽重考慮してる証拠。死刑に代替するものとして無期より重い終身刑といってる
んだから。

91 :朝まで名無しさん:02/06/16 11:52 ID:XaWufoMo
死刑廃止派の言ってることは、「死刑があるから犯罪が起きる」としか聞こえない。
まるで、「軍隊があるから戦争が起きる」と言うのと同じ。
そもそも、現実に死刑という制度が存在している状況では、死刑を必要と考えている存置派に対し
死刑廃止派がその廃止の必要性を証明しなくてはいけないのに、死刑存置派に死刑が必要なことを
証明しろと言う。それでは、全てのことに対し「これは廃止するべき。廃止されたくなければ必要性
を証明しろ」という理屈が成立してしまう。
こういう人間が有事法制に反対するのだなとつくづく思う

92 :朝まで名無しさん:02/06/16 12:18 ID:u8IQF7EE
>>75
>自身の死を覚悟したなら、分が楽だと思う方法で自殺するだけだろ。
凶悪犯が死ぬのならそれはそれで良し。
「どうせ捕まっても死刑にならないから」等と考えて凶行を繰り返すより
百倍マシだ。
>拷問死刑など一部の異常性癖者が、
>執行のニュースを自己の愉悦に変換するぐらいの意味しか為さないだろうね。
そうして異常性癖者が鬱憤を晴らす事で、現実に犯罪を犯す可能性を
抑止できるなら十二分に意味がある。

>>82
「死刑になりたい」等とうそぶく宅間のような犯罪者にこそ、生まれてきた事を
後悔させるような苛烈な「拷問死刑」を実施すべきだ。
犯罪者に「楽に死ねる」と思わせるような事は、絶対にあってはならない。
また、あのような異常者を世に放っておきながら「絶縁したから関係ない」
等とふざけた事を言っていた父親も十分死刑に値する。
もしも「責任死刑」があれば、あのような無責任な態度を取れるはずもなく
宅間の犯罪も親族によって未然に防がれていたはずである。

93 :朝まで名無しさん:02/06/16 13:07 ID:YHJmX2iU
つうかさ、みんな遅かれ早かれ死ぬんだよ!あんたも、おいらも。

だったらチョット迷惑な野郎を早めに来世へ旅立たせてやって何が悪いの?
「来世に期待」ってことでいいじゃん。

94 :朝まで名無しさん:02/06/16 15:32 ID:QHnfZjrV
>>90

無期懲役<終身刑は抑止効果の大小じゃなくて、刑罰の大小だと思います。
より重大な犯罪を犯したものに大きな罰をってのはごく普通の考えではないで
しょうか。
あと死刑廃止論争に抑止効果を持ち出したのは存置派であって、廃止派が持ち出した
わけではありません。存置派は今のところ、持ち出してはみたものの、抑止効果に
ついての証明をしようと試みて、できないでいるみたいですが。
抑止効果はこれまで存置派の方も仰ってるように、相対的なものでしかないので、
証明が難しい。簡単に言えばどれほど厳しい刑罰を設定しても、犯罪検挙率が10%
だったら犯罪を犯すリスクは低く、刑罰の抑止効果は働かないと思います。
だから抑止効果を大前提に議論するのはあまり有益ではないと思います。

95 :朝まで名無しさん:02/06/16 16:09 ID:M4w9+1jP
>>90
>「死刑には他の刑罰で代えられない特別の抑止効がある」と言ってるのでなくて、
>刑の軽重で抑止効に差がある。そして終身刑と死刑には重さに差がある、
>と言っているだけなんだが
前者と後者では何が違う?
「死刑でないとダメ。自由刑では代えられない」という全くの同義だろ。
まったく言葉遊びは廃止派の常套手段かと思っていたが、
最近では存置派(の一部)でも弄するようになったのか?

刑罰の抑止効は、死刑の抑止効、自由刑の抑止効などと
細分化出来るものではない。>>82の捕捉を読め。
仮に、抑止効は、それぞれの刑罰がそれぞれ独立して担うものであって、
お前の言うように、死刑のそれが他の自由刑のそれよりも大きいことが事実なら、
死刑廃止国で犯罪が増加した国が皆無であることは異常だろ。
犯罪に他の社会的要因群が関係するとしても、せめて一国ぐらいの例外―いや、
お前の主張では抑止効が低下し犯罪が増加することの方が原則だったか―
があっても良い筈だが?


96 :朝まで名無しさん:02/06/16 16:25 ID:M4w9+1jP
>>92
>そうして異常性癖者が鬱憤を晴らす事で、
>現実に犯罪を犯す可能性を抑止できるなら十二分に意味がある

彼らに与えるべきは趣向の糧ではなく治療。
何と言っても現実に犯罪を犯す可能性を持つような危ない趣向であるようなので
尚更、治療矯正が必要だろうよ。



97 :10:02/06/16 18:59 ID:AlxN9tNr
>>95

> 前者と後者では何が違う?
>「死刑でないとダメ。自由刑では代えられない」という全くの同義だろ。

 抑止効は、それぞれの刑罰がそれぞれ独立して担うとかいう話じゃなくて単に刑の軽重の差
で効果にも差があるっていいたいんんだけど。まあどうでもいいや。

>>82
>善良な一般市民に対するものである以上、
>彼らが死刑を廃止したら場合に犯罪を犯すようになるのか?ということ。

 ヤクザとかの犯罪頭にないの?

>せめて一国ぐらいの例外―いや

 前スレででてたよ。


98 :10:02/06/16 19:00 ID:AlxN9tNr
死刑廃止は本当に凶悪犯罪の増加につながらなかったのだろうか。

 倉田靖司 「イギリスにおける死刑廃止」 研修 565号 58-59頁 (1995年) によると、
ホミサイド(謀殺、故殺、嬰児殺)認知件数の人口100万人あたりの人口比、すなわち
「発生率」は、死刑廃止から1993年までの23年間で、6.8から11.8へと、およそ倍近い
伸びを示している。
 これと同時に、それ以外の犯罪も増加の一途をたどっており、全国の刑務所は過剰
収容に苦しみ、市民は犯罪被害への恐怖にいらだち、各政党は犯罪対策を重要な選
挙公約に位置づけざるをえない状況になっている。死刑廃止の強力な論拠となったイ
ギリスの治安の良さは、今は昔の話である。
 もとより、こうした不穏な現状と死刑廃止との因果関係は厳密に証明できないし、
凶悪犯罪の増加の社会的原因を追及することなく直ちに死刑復活を求めるような議論
は、もしあるとするならば、 極めて幼稚で危険な短絡と言わねばならない。しかし、素朴
な(犯人のみの)人権論を振りかざすヒステリックな死刑反対論者が見ようとしない、死
刑廃止にまつわる真に困難なジレンマに、イギリスが今直面しつつあるのは確かである。


99 :10:02/06/16 19:36 ID:AlxN9tNr
あとニューヨークも死刑復活させて犯罪減ったよね そのせいだけとは証明
できないが

100 :朝まで名無しさん:02/06/16 20:25 ID:x1pWAuFc
>>97
>ヤクザとかの犯罪頭にないの?
あるのか?
極道さんの世界はよく知らんが
刑罰や警察が恐くてヤクザなんて出来るのか?

>前スレででてたよ
記憶に無い。恐らく私の見落としだろうから、
見れるようになったら探してみることにするが、
国名ぐらいはあげられないか?

>>99
>あとニューヨークも死刑復活させて犯罪減ったよね
アバウトだな。統計で示せ。
ところで、ニューヨークは死刑を廃止して一時的に犯罪が増加したのか?
廃止して増えた凶悪犯罪が復活させて減少したなら
死刑と犯罪との間に相関関係が認められるが、
廃止、減少に関わらず減少し続けているのであれば、
証明されたのは「死刑の有無と犯罪の発生は関係ない」であろう。

101 :朝まで名無しさん:02/06/16 20:39 ID:x1pWAuFc
>>98
ホミサイドねぇ・・・何か都合の良い統計処理をしている気がするが?

「殺人」の認知件数(発生率)
>英国
1995年 1379(2.7パーセント)
1996年 1353(2.6パーセント)
1997年 1391(2.7パーセント)

「犯罪白書 平成11年」より抜粋

102 :朝まで名無しさん:02/06/16 22:21 ID:+PDDbkzy
「統計データだせやゴルァ」「そういうお前も出せやゴルア」

「お前の統計は偏向しとるわボケ」「お前のデータも都合よく操作されとるわボケ」

泥沼

103 :朝まで名無しさん:02/06/16 22:25 ID:Lsk26zCp
人を殺した人間は自分の命で償いなさい

104 :10:02/06/16 23:03 ID:AlxN9tNr
>>100

あるのか?
極道さんの世界はよく知らんが
刑罰や警察が恐くてヤクザなんて出来るのか?

ヤクザこそ捕まった後のことを一番よくわかって考えてる人種だろ。たとえば
今の日本では一人殺したぐらいだったら死刑にならず、何年かででてこれる、
とかをふまえて行動したり命令したりする。死刑がなくなればまたそれをふまえた
振る舞いになるだろうな。

>>82 
 善良な一般市民ってどいう意味でつかってるの?金目当ての強盗殺人とか
誘拐殺人とか、レイプしたあとの証拠隠しのための殺人とか、キチガイ以外の
殺人なんかいくらでもあるんだけど。

>国名ぐらいはあげられないか?

 スウェーデンじゃなかったかな。あとは自分でさがしてくれ。

>アバウトだな。統計で示せ。

 ここでも読んで
 http://www.clair.nippon-net.ne.jp/HTML_J/FORUM/GYOSEI/106/INDEX.HTM

>ホミサイドねぇ・・・何か都合の良い統計処理をしている気がするが?

 気がするって言われても。

105 :10:02/06/16 23:25 ID:AlxN9tNr
上の

>善良な一般市民ってどいう意味でつかってるの?金目当ての強盗殺人とか
>誘拐殺人とか、レイプしたあとの証拠隠しのための殺人とか、キチガイ以外の
>殺人なんかいくらでもあるんだけど。

 はなんか意味があってなかったので取り消し。


106 :朝まで名無しさん:02/06/16 23:56 ID:J+ttXouz
>>82

>善良な一般市民に対するものである以上、
>彼らが死刑を廃止したら場合に犯罪を犯すようになるのか?

性善説ならそれで正しいのかも知れないが、性悪説だとそうはならない。

107 :紫陽花 ◆KGB6/Tcw :02/06/17 00:00 ID:RqFtExMt

死刑廃止/復活で犯罪増加/減少につながるか否かは死刑そのもののみではなく、
死刑制度を補完するような制度があるかどうかだと思うんですけど、
其れなしにはなかなか単純に語れないものだと思いますよ。


108 :朝まで名無しさん:02/06/17 00:02 ID:YBmlt3Dl
生命と身体はハードウェアーで、思想や行動がソフトウェアだとすると
ソフトのバグや暴走が原因でそのハードウェアまで壊す理由がないというのが
宗教的な見方の基本だけどね。

109 :紫陽花 ◆KGB6/Tcw :02/06/17 00:06 ID:RqFtExMt
>>108
そうなんですか。。。
しかし、ソフトウェアを交換できない以上は・・・って言う気もしますけどね。

110 :朝まで名無しさん:02/06/17 00:10 ID:xJGnJ9Gg
これどうよ?

http://kaba.2ch.net/news2/kako/975/975822668.html

///////////////////////////////////////////////////////////////////
147 名前: 名無しさん@質問 投稿日: 2001/01/22(月) 03:15

正常な国語力と計算力がある人に問う。
死刑廃止国と存置国、どっちが多い?

-------------------------------------
・死刑存廃国リスト
すべての犯罪につき死刑廃止国 57ヶ国
通常犯罪につき死刑廃止国 15ヶ国
事実上の死刑廃止国 28ヶ国
合計 100ヶ国

死刑存置国 94ヶ国
  (資料提供:アムネスティー・インターナショナル)
-------------------------------------

まぁ、人権キティの連中じゃないから
数の問題が本質で無いのは分かってるんだけどね。笑(


149 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2001/01/22(月) 03:22

正解はこう言うことになるよな?

-------------------------------------
・死刑存置国リスト
死刑存置国 94ヶ国
特殊な犯罪につき死刑存置国 15ヶ国
制度上の死刑存置国 28ヶ国
合計 137ヶ国

死刑廃止国 57ヶ国
  (資料提供:アムネスティー・インターナショナル)
-------------------------------------

情報操作までするとは、さすがアブネスティ!
///////////////////////////////////////////////////////////////////

111 :紫陽花 ◆KGB6/Tcw :02/06/17 00:12 ID:RqFtExMt
>>110
どうよって言われましても・・・

112 :朝まで名無しさん:02/06/17 00:55 ID:Vopn2osl
>>110
147の方が正しいと思う

113 :紫陽花 ◆KGB6/Tcw :02/06/17 00:57 ID:RqFtExMt
>>112
どっちもどっちですよ。
何を目的としてるかですから。。。

114 :朝まで名無しさん:02/06/17 01:01 ID:b/TzFo5R
>>110
おもろい。

115 :通りすがりの七師です:02/06/17 03:14 ID:98IjLc0W
DQNな理論で申し訳無いんですが
俺は死刑賛成派なんだけど、別に死刑制度が抑止力にならなくても良いと思ってます

単に、死刑に相当する犯罪を犯したものは死刑になれば良い。
抑止力ではなく、単なる刑罰としての死刑ってことね。

その結果、犯罪者予備軍に対しての抑止効果がでてくれればマンセ〜なんだけどね

116 :朝まで名無しさん:02/06/17 05:34 ID:eRuHdbnX
>>115
表現はアレだけど、それは正しく応報刑的な刑罰の考え方だろ・・・

117 :朝まで名無しさん:02/06/17 07:52 ID:cjpmOlsN
>>104
>ヤクザこそ捕まった後のことを一番よくわかって考えてる人種だろ
ヤクザの友達にでも聞いたのか?

>ここでも読んで
統計という意味が分かるか?

>気がするって言われても
何故、倉田さんは変化していない「殺人」の認知件数、発生率を無視して、
値が変化している部分だけを抽出して論じているのかということ。
あれでは、まるで殺人件数が増加しているという誤解を与えかねないだろ?

118 :朝まで名無しさん:02/06/17 07:58 ID:cjpmOlsN
>>106
>性善説ならそれで正しいのかも知れないが、性悪説だとそうはならない。
どちらでも関係ないよ。
刑罰を全廃するなら性善説でないと困るだろうけど。
犯罪を犯さない善良な市民は、死刑があるから犯罪を犯さないのか?
死刑がなくなると他の刑罰があるにも関わらず彼らは善良でなくなるのか?
ということ。

119 :106:02/06/17 08:15 ID:6q44E5lx
>>118

単純に、言葉の問題ととして
性善説→法規制がなくても悪いことは何もしない
性悪説→法規制がなければ何をしでかすか分からない
ということを書きたかっただけ。

120 :Ver5:4:02/06/17 18:27 ID:e4NCIG+n
冤罪について誰も言いませんね。説得力の有る論なら何でもいいと思いますが、机上の空論的な印象のものが大半ですね。
「冤罪は別に解決すべき問題だ。」という意見に対しては
「まだ解決していない以上考えない訳にはいかない。」と答えます。
冤罪で死刑になる人の心情を考えてみて下さい。この死刑はある意味凶悪殺人ですよ。
冤罪が0になる保証があれば死刑に反対しません。死刑賛成派は冤罪を0にする方法を示して下さい。

121 :朝まで名無しさん:02/06/17 18:51 ID:MKV1q9k1
イギリスもフランスも死刑廃止の直接的な要因は死刑執行されたあとに
冤罪であることが発覚したからであった。
米国では、この28年間に死刑が確定した後でなんと98人もの人が無罪となっている。

「殺人事件の冤罪など過去の事」と思っている人も多いだろうが、
日本でもいまだに死刑判決後に再審請求をして無罪を訴えている人は少なからずいる。
人が人を裁く以上、冤罪を100%なくすことはできない。
死刑制度とは、冤罪で殺される人間の犠牲の上に成り立っているのか。

被害者の家族の気持ちを想うやさしい心を持った人には、
冤罪で苦しむ死刑囚の声にもぜひとも耳を傾けて欲しい。
凶悪犯ををみせしめに殺すためには、彼らの犠牲もやむを得ないとは、
あまりにむごい話ではないか。


122 :朝まで名無しさん:02/06/17 18:53 ID:L5vzwQMN
ということで、今後は「統計データ」を根拠とした、いかなる断定も無効とします。

特に死刑による殺人抑止効果は、効果自体が有るのか無いのかはっきりしないレベル
のものである事は明白なので。(心得のある方は、ぜひ確率・統計学的検定をしてみてください)

しかも統計データは自然言語としてまとめる際にいくらでも操作可能ですし。(>>110参照)
数学的表現以外の方法でまとめた統計は、間違いなく混乱&誤解を招くだけです。

123 :猫眼ぢょらん ◆MtyDeTiY :02/06/17 19:06 ID:KbZXbM0j
  ∩_∩
 ((l)ω(l)) 漏れもそこが一番重要なポイントだと思うよ。>>120-121

冤罪死刑を容認するような人は、死刑廃止派にはもちろん存置派にも(ほとんど)いないしね。
ある意味、司法というものの限界の表れでもある。

あと、死刑制度+陪審員制度って組み合わせ(米国とか)が一番最悪なような気がするけどどうでしょう?

124 :朝まで名無しさん:02/06/17 19:34 ID:prawJtPa
>>123
裁判における誤判が不可避ということを前提とするかぎり、
純粋に法哲学的な考え方からはむしろ「死刑制度+陪審員制度」の方が
正しいともいえるんだよね・・・

もともと陪審制度というのは「市民が市民を裁く」ということであって、
これは、自分達(市民)の行為に伴うリスクは自分達(市民)に返ってくる
ということにもなる。
職業裁判官(公権力)の行為に伴うリスクが自分達(市民)に返ってくる
ということよりも、誤判のリスクは正当化しやすい・・・


125 :猫眼ぢょらん ◆MtyDeTiY :02/06/17 19:50 ID:KbZXbM0j
  ∩_∩
 ((l)ω(l)) なりゅほろ!>>124

ある程度のリスクが避けられない場合は「より納得のいく」ほうを取るべき、って事かもね。

ところでー、陪審員制度って実は日本にもあったと聞いた事があるんだけど。(随分昔に凍結だったかな?)
これの復活は出来ないのかな?

126 :朝まで名無しさん:02/06/17 20:20 ID:63kccOxL
>>120
冤罪を0にすることはおそらく不可能。
ただそれが死刑廃止の理由になるかどうかは疑問。
何事にもメリットとデメリットがある。
自動車事故による死者が無くならないからと言って自動車全廃論は
現実的でない。

1.死刑存続による抑止効果
2.誤審のリスク
3.犯罪者の更正
4.犯罪者に費やすコスト

これらを吟味して議論するべき。誤審のリスクのみを取り上げるのは
議論として不十分。

>>121
感情論はあまり意味がない。
酷かろうと酷くなかろうとメリットがデメリットを上回ると判断すれば
死刑を存続させるべき。

127 :朝まで名無しさん:02/06/17 20:32 ID:sW9MgILn
>>125

1943年に戦時を理由に停止されたままです。ただ当時の陪審員制度は陪審の答申
による裁判官への拘束力が無かった、具体的には陪審の答申が気に入らなければ
裁判官は陪審員を解散できる制度だったそうです。また選択制だったので法曹関
係者はなるべく辞退するようにしていたとも聞いています。
ただ裁判官の中には、陪審の答申により新しい視点が与えられたなど、高く評価
している面もあったそうです。

導入するなら、刑事事件にいきなり導入するのは難しそうですが、民事について導
入し、運用の問題点などのデータを集めて制度を充実させることが良さそうですね。

128 :朝まで名無しさん:02/06/17 20:37 ID:gJQIETJP
>>126

ただココでの議論だと、抑止効果の有無に傾きがちなので、なんらかの研究データ
が出てくるまでは棚上げにしておいたほうが良いと思います。>>126さんも挙げてる
ように他にも論点はあるのだから。

129 :朝まで名無しさん:02/06/17 20:41 ID:hRYVzp9b
冤罪の問題は死刑制度とは本質的には無関係。
死刑が無くなっても冤罪の可能性がゼロになるわけではない。
冤罪の問題に関しては、捜査段階から裁判制度まで含めて
制度全体を改善していかなければ何の解決にもならない。
冤罪の問題を持ち出して死刑廃止の根拠とするのは詭弁だ。


130 :朝まで名無しさん:02/06/17 20:42 ID:63kccOxL
>>128
確かに。
できればこれまでに出た論点を整理して、ナンバリングして
議論した方がやりやすいような気はする。
ただ、データを出すのはどれも難しい問題のような気がする。
まあ、これ以上はデータが必要、というところまで論点を
整理できれば良いと思う。

131 :朝まで名無しさん:02/06/17 20:43 ID:MKV1q9k1
>>126
交通事故と死刑制度を混同して論ずるなど論外である。
死刑は誤判の可能性を十分認識してなお、判決に基づき法務大臣が許諾の判を押し、
公務員たる刑務官が、直接手を下して刑を執行する。

そして裁いた裁判官も最終判断を下した法務大臣も、その執行にはなぜか立ち会わない。
自動車事故などとは違う「合法的殺人行為」が、わずかとはいえ無罪の者の犠牲の上に
成り立っているのが問題だと言っているのである。

感情論はあまり意味がないと言うが、死刑存置論者は口を揃えて
被害者家族の感情を持ち出すではないか。
ならば、冤罪によって死刑台に上がる人間の感情も考えてくれてもいいのではないか。

それが感情論だから駄目だと言うのであれば、存置派も被害者の家族の感情をもって
死刑賛成を語るのは止めるべきである。
そしてはっきりと、「冤罪で殺される人は気の毒だが、あきらめて死んでもらうしかない。
死刑制度は彼らの犠牲を承知で成り立っている制度なのだから」とでも言うべきだある。

132 :朝まで名無しさん:02/06/17 20:45 ID:63kccOxL
>>129
冤罪は許せない、ということだけを突き詰めれば、司法や刑罰は
行えなくなるような気がする。
冤罪の問題だけを取り上げるのは>126で書いたように私も反対。

133 :朝まで名無しさん:02/06/17 20:48 ID:63kccOxL
>>131
1.「合法的殺人行為」は何故問題なのか。

2.私個人に限って言えば、この問題に感情論を持ち込むことには
反対。

3.>132で書いたが、冤罪は許せない、ということだけを
突き詰めれば、司法や刑罰は 行えない。
このことについて貴方はどう考えるのか?

134 :朝まで名無しさん:02/06/17 20:59 ID:MKV1q9k1
死刑は人間の命を奪うという一点において、
死刑以外の他の刑罰とは天と地ほどの差がある。
人が人を裁く以上、冤罪を完全になくす事は不可能である。
しかし、殺してしまっては冤罪が発覚した時、もう永遠に取り返しがつかない。

死刑が「合法的殺人」である以上、冤罪の場合取り返しがつかないという
事実をもって、冤罪問題と死刑制度を語ることが無意味とは思えない。

135 :朝まで名無しさん:02/06/17 21:11 ID:wrswqRto
>>133

冤罪と死刑に関しては論点をもっと絞るべきでしょうね。冤罪死刑では、冤罪の
償いさえできないのではないか?ということが問題点だと思います。
生命があれば、何らかの償いの試みは可能であるけど、生命を断ってしまっては
それすら適わないというような。もちろん一方で最高刑が緩くなるという批判も
出てくるとは思います。

136 :無意味でスマン:02/06/17 21:12 ID:iTaqTBXR
死刑を受ける者は、三審制のもと十分な手続きを経て死刑判決を受け、刑を受ける。
自動車事故により被殺者は、何の手続きも経ることなく、いきなり殺される。

後者の方が気の毒だな気がする

137 :朝まで名無しさん:02/06/17 21:13 ID:63kccOxL
>>134
3.可能であれば>133の3.に答えて頂きたい。

4.何故天と地ほどの差があると考えるのか?
>死刑は人間の命を奪うという一点において、
>死刑以外の他の刑罰とは天と地ほどの差がある。

5.例えば無期懲役で20年以上服役した人の冤罪が発覚したことに
取り返しはつくのか?
>もう永遠に取り返しがつかない。

6.そこまで死刑を特別視する理由を教えて頂きたい。
「合法的監禁行為」は良くて「合法的殺人」が何故いけないのか。

138 :猫眼ぢょらん ◆MtyDeTiY :02/06/17 21:14 ID:jYq5Odj1
  ∩_∩
 ((l)ω(l)) 漏れもそう思うよ。>>134

死刑は他の刑罰とは根源的に違う。
だって受刑者が以後永遠に消滅しちゃうんだから、
後日に冤罪が判明したところで賠償も名誉回復も謝罪も無意味なんだもん。

だから死刑制度問題と冤罪問題とは切っても切れない関係だと思うよ。


139 :朝まで名無しさん:02/06/17 21:21 ID:63kccOxL
>>135
個人的には論点を絞ると議論が偏るような気がする。

例えば、貴方の意見に論点を絞ると、
当人に償いが出来れば拷問刑の方が冤罪という観点からはまし、
という議論に進みそうな気がする。

とりあえず、このスレでは様々な論点を提示し、整理できれば
良いのでは?


140 :朝まで名無しさん:02/06/17 21:23 ID:zHVfcE+P
もしどんな残忍なことをしても
何十人何百人殺して全く反省が無かったとしても
その犯人が命を長らえる事が保証されている
(刑務所の中では復讐される心配もなく)
としたら
それは日本国民にどんな教育効果をもたらすのか

141 :朝まで名無しさん:02/06/17 21:25 ID:63kccOxL
>>138
死刑制度問題と冤罪問題をリンクさせるのは構わないが、
そうであるならば他の問題もリンクさせるべきでは?

>受刑者が以後永遠に消滅しちゃうんだから、

だから受刑者が再犯のおそれはない。
だから受刑者に社会的資源を使用する必要はない。

こういったことも考えられると思うが。

142 :朝まで名無しさん:02/06/17 21:32 ID:63kccOxL
冤罪については再審請求が通って再審理中に当人が死亡した場合も
当人に償いはできないが、諸氏はこのことをどう考える?
特に長期間刑に服した人の場合はこういう例があるが。

結局はそのリスクを許容しているのではないか?
現象面で両者は同じなのではないか?

では、誤審による死刑のリスクを何故許容できないのか?

煽りではなく私はそれが知りたい。

143 :猫眼ぢょらん ◆MtyDeTiY :02/06/17 21:37 ID:jYq5Odj1
  ∩_∩
 ((l)ω(l)) 確かにそうなんだよね。>>141

以下の1,2,3はどれも「死が一過性であり代替不可能な経験である」ことから必然なんだよね。
「必然」って言葉を使ったのは、絶対に回避が不可能な結末って意味ね。

1:受刑者が再犯のおそれはない。
2:受刑者に社会的資源を使用する必要はない。
3:でも後日に冤罪が判明したところで賠償も名誉回復も謝罪も無意味。

ちなみに1と2が死刑制度のメリット、3がデメリットになってる。
(2には多分反論ある人もいるだろうけど、それは裁判費用の捻出制度の問題なのでチョットわからん)

144 :朝まで名無しさん:02/06/17 21:37 ID:wrswqRto
>>139

135です

死刑を冤罪という観点から論じられるか否かという論点の絞り込みは必要では
ないでしょうか?冤罪の観点から拷問マシというのは、死刑とはまた別の議論
ですし。

145 :朝まで名無しさん:02/06/17 21:41 ID:63kccOxL
>>144
>死刑を冤罪という観点から論じられるか否かという論点の絞り込みは
>必要では ないでしょうか?

揚げ足を取るようで申し訳ないが、どんな観点からでも議論は可能。
ただ、その観点からの議論が有意義かどうかは考えるためには、
その観点からだけでは足りないような気がする。
死刑を冤罪という観点からのみ捉えると議論が偏ると私は思うのだが。

146 :朝まで名無しさん:02/06/17 21:45 ID:63kccOxL
>>143
猫眼ぢょらん ◆MtyDeTiY氏が提示されたように、
死刑に付随するメリットもあればデメリットもある。
そういったもの多角的に考慮して存続か廃止を決めればいいと
私は思うが、どうも結論が先にありき、という議論や感情論が
多いように感じられるところが個人的には気になる。

147 :朝まで名無しさん:02/06/17 21:50 ID:dqqZx/Iw
>>145

書き方が悪かったかもしれません。死刑を冤罪という観点からのみ捉えるということではなく
て死刑と冤罪の関係という、死刑廃止論の一側面について、冤罪死刑を論ずる
際の、冤罪の問題点を絞った方が良いのではないかということです。
冤罪はどの刑罰にもありうるから、死刑でのみ論ずる特別な理由はない
ということなのか、それとも特別な理由があるのであれば、その特別な
理由に絞って論じた方が良いと思ったわけです。

冤罪以外にも様々な論点はあるでしょうから、それは十分に論じていただければ
けっこうかと思います。

148 :猫眼ぢょらん ◆MtyDeTiY :02/06/17 21:55 ID:jYq5Odj1
  ∩_∩   ちなみに漏れは「消極的死刑賛成派」でいす。
 ((l)ω(l))  理由は犯罪抑止効果を(直感的に)信じてるから。
        でも良いアイデアが伴ってさえいれば死刑廃止も有り得ると思ってます。

>>142
前者のケースとと後者のケースの違いは「積極性の有無」ではないかと。
少なくとも司法が積極的にリスクに足突っ込んでくような姿勢はヤバイのでは、と。

まあ、全てのリスクを完全に回避できるシステムってのは困難だとは思うけど・・・・・ねぇ。どうでしょ。

149 : :02/06/17 22:07 ID:iKzNzGg6
氏刑反対運動しているヤツの肉親を頃せばいいんだよ。
そうしたらヤツらの目も覚めるだろ。

150 :がきでか:02/06/17 22:55 ID:ozMBjoD7
死刑!必要!

151 :朝まで名無しさん:02/06/17 22:58 ID:7kR1pec1
冤罪についてだが、
社会が犯罪を許容しないというコンセンサスがある限り、
冤罪は決して許容されない。なぜならば、冤罪を発生させるということは
単に無実の人間を裁くことを意味するだけでなく、
本来、刑罰を受けるべき犯罪者を社会に放置することを意味する。
これは二重の不正義であってリスクとしてもおよそ許容出来ないものである。
また、犯罪者を社会に野放しにするという観点から言えば、
死刑でなければ(救済可能性という意味で)許容されるという類の概念ではない。
ゆえに、
「冤罪が発生する可能性があるので死刑を廃止するべき」など本末転倒であって、
死刑問題の議論において、冤罪死刑を抽出して論じることに意味は無い。

152 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:01 ID:DFZiywkd
社会秩序の平安のためには必要。
例外的な一人、二人の冤罪・冤罪と騒ぐ奴は、社会秩序が破壊されて、
多くのひとが困っても知らん顔。

153 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:06 ID:ozMBjoD7
身内や友人など身近な人間が殺されたら、死刑という制度があって
よかったと少なくとも思うだろう。
これを行使するかしないかは、遺書などに書いておくかして、
被害者の望む方向で決めることだ。(もち、極悪犯罪のケース)

154 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:06 ID:07haXYW+
>>149
殺した奴が逮捕されると死刑反対にまわるので
効果無し

155 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:13 ID:l/FmaYFa
多くの国民にとっては
自分が冤罪で死刑になる脅威より
死刑廃止による凶悪犯罪増加の脅威の方が
圧倒的に大きいはずだ

156 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:22 ID:uraVT9KX
わかってないなー。>>151
冤罪は二重の不正義だってとこまで理解してるのに、
なんでそんな変な結論に到達するかなー。
いいかい?

冤罪なのにサクッと死刑判決される

死刑執行される

捜査・検証の打ち切り

真犯人はアカプルコで高笑い。以後は幸せに暮らす。

だから・死刑は・廃止・し・よ・う・ね!
さらなる検証・捜査を打ち切らない為にね!
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

157 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:23 ID:7kR1pec1
>>155
冤罪とは、その凶悪犯罪者を野放しするという意味なんだが・・・?
未来の犯罪者はどうしようもないとしても、
現在における犯罪者が社会で堂々と生活することは許せないだろ?
よって脅威というなら冤罪発生の脅威に勝るものはないだろうよ。

廃止派が冤罪死刑から死刑廃止を訴えるのは思慮の足りない行動だと思うが、
存置派にも>>155の如き奴がいるのは残念なことだ・・・。


158 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:26 ID:DFZiywkd
解決法!
疑わしきは全て罰す!即断即決!
疑われるのは日頃の不行状の報い。

159 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:27 ID:RcY70C7N
>>140はいい事言った。

http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/news/toukou6.18.html

↑ココを見たら凶悪少年犯罪の発生件数は近年横這いで増えていないので、
少年犯罪の凶悪化は進んでいないみたいな事書いているが、オレはとても
この解釈が信じられん。
毎年の様に出生率が低下し子供の数は間違いなく減っていて、発生件数
が横這いなら相対的に増えていると言う事じゃないか!

道徳観が未発達の子供にやったモノ勝ちの印象を与える今の刑法もおかしいが、
更に甘くしろとは信じらん!
近年の若年層DQN共の犯罪は甘い刑法の上にあぐらをかいた犯罪が目立つ。
甘い刑法が社会の道徳観を衰退させ、凶悪犯罪の増加に繋がる事も考慮すべきだ。

160 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:30 ID:uraVT9KX
>>157
>廃止派が冤罪死刑から死刑廃止を訴えるのは思慮の足りない行動だと思うが、

おいおい。思慮が足りないのは君だろ?
>>156をよく読んで反論してみ?
もうちょっと冤罪死刑について良く考えてみなよ。

161 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:30 ID:7kR1pec1
>>156
死刑に限らず結審したら訴追側の捜査・検証活動は終了するだろ・・・。
捜査機関は受刑者が死ぬまで事件の捜査をするとでも思っているのか?

司法とは冤罪を発生させないことが前提なのであって、
冤罪が発生することを前提に司法を語ってどうする?


162 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:32 ID:hRYVzp9b
>>156
何度も言われているが、それは捜査や裁判のシステムの問題だ。
死刑以外の判決であっても、捜査・検証はいずれ打ち切られる。
死刑を廃止すればいつまでも捜査・検証が続くわけではないし
現実問題として警察力は有限なのだから、いずれは捜査・検証は
打ち切らなければならない。

冤罪問題は、死刑の有無とは関係無い。
死刑は犯罪抑止及び犯罪に対する懲罰として必要不可欠。
むしろ、より強力な犯罪抑止力を持つ「拷問死刑」の実施及び
凶悪犯の養育者にも死を持って責任を取らせる「責任死刑」を
導入する事が望ましい。

犯罪の凶悪化に応じて、死刑はより効果的な刑罰へと進化すべき。
私は死刑推進派だ。

163 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:39 ID:Zbz8ueSH
>>156

冤罪なのにサクッと懲役判決される

刑務所に収監される

捜査・検証の打ち切り

真犯人はアカプルコで高笑い。以後は幸せに暮らす。

だから・懲役は・廃止・し・よ・う・ね!
さらなる検証・捜査を打ち切らない為にね!

164 :156:02/06/17 23:39 ID:uraVT9KX
>死刑に限らず結審したら訴追側の捜査・検証活動は終了するだろ・・・。
>捜査機関は受刑者が死ぬまで事件の捜査をするとでも思っているのか?

くぅ・・・ごもっともだな。(クソ!)
・・・いや待てしかし、映画なんかだと主人公が出所後に真犯人探しの旅に出たりするぞ!
んでもって自力で真犯人を追い詰めて捕まえて、事件の真相を白日のもとに晒すんだ!
主人公を疑っていた妻や子供が泣いて反省するエンディングなんだぞ!

どうだ、感動したか!

165 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:42 ID:07haXYW+
>>161
>>164
生きてる限りは再審請求もできるが
死刑執行後はなかなか厳しいだろ

166 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:45 ID:Zbz8ueSH
>>164

そのときには既に時効が成立しているという罠。

167 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:45 ID:uhBT67IF
>>162
死刑は必要と思うが「拷問死刑」や「責任死刑」はちょっとね。
日本は外国に比べれば犯罪が少ないし(最近はアジア人の犯罪が目立つ。
凶悪犯罪も多くなったが)、そこまでやる必要はないと思う。

168 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:47 ID:DFZiywkd
>>167 167は情状酌量により、特別の計らいで切腹を許す。

169 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:48 ID:Zbz8ueSH
>>167
最近のまぬけな自称サポーターを見ていると、犯罪が少ないと言って
楽観している場合じゃないと思われるが。
今現在は、外国人の犯罪が多いかも知れないが、人混みで花火を
打ち上げる奴らは、何をするかわからない。

170 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:50 ID:uhBT67IF
>>168
切腹は武士としては最高の死に方だったな(遠い目)

171 :156:02/06/17 23:53 ID:uraVT9KX
>>166
わろた!(漏れって不謹慎?不謹慎?)

172 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:56 ID:uhBT67IF
>>169
日本人は他人の目を気にしなくなり非常識になった。
上の世代が若者のマナーの悪さをとがめることがなくなった。
若者はなにが常識であるかすでにわからなくなっている。
常識は目上の人を見習ったり教えてもらってはじめてみにつく。
成人は責任を果たしていない。

173 :朝まで名無しさん:02/06/17 23:57 ID:hRYVzp9b
>>167
「外国人犯罪の増加&少年犯罪の凶悪化」という現状を
考えると、現状よりも抑止効果の高い刑罰が必要なのは
判り切った事。
外国人には「日本は犯罪者には厳しい国だ」という認識を
植え付ける必要があるし、マトモに子供を育てられない
最近の親には、「子供が犯罪を犯せば自分も罰せられる」
という危機感をもって子育てに当らせる必要がある。
酒鬼薔薇の親のように、手記を出版して儲けるなど言語道断。

「拷問死刑」および「責任死刑」の導入は時代の趨勢から
考えればむしろ必然と言える。

174 :朝まで名無しさん:02/06/18 00:01 ID:lCNxfSgn
冤罪はもちろんいかん

しかしその一方
消極捜査で犯人を野放しにし
そのために犠牲者が出るという事例が
後を絶たない
冤罪は再審によって助かるチャンスがある
しかし犯罪被害者にチャンスはない




175 :朝まで名無しさん:02/06/18 00:01 ID:kHIIe5YM
>>173
犯罪が増えたのは社会が荒れているのが原因。
社会の荒れを直すのが先決。
刑罰の重責化は最後の手段。
そうなったら日本はおしまいというか外国なみになったということか。
悲しいね。

176 :朝まで名無しさん:02/06/18 00:06 ID:sFeiVR0W
>>175
私は何も、経済の立て直しや教育の充実等の
刑罰以外の方策を否定しているわけではない。
のんきにカードを切る順番を考えている間にも
日夜多くの人々が犯罪の犠牲者になっている。
打つべき手は、即座に、全力で実行すべきだ。

177 :朝まで名無しさん:02/06/18 00:09 ID:HXNfeRJF
>>176
そういう観点も新鮮ですね。
長い淀んだ議論の最中にハッと我に帰るような意見というか、なんというか。
うまく言えなくて済みません。

178 :朝まで名無しさん:02/06/18 00:14 ID:kHIIe5YM
>>176
不法入国してきて犯罪を繰り返す中国人は
日本の警察に捕まることを豪も恐れていない。
刑務所はホテルだという。
それに死刑もまるで恐れていない。
本国では些細な犯罪でも即死刑だもね。
日本の死刑制度などてんで恐れていない。
この者たちに死刑制度が効果を上げるには中国と同じにしなければならない。
そうしたい。裁判もなく即死刑に。
そんなことをするより不法入国を徹底的に取り締まった方が簡単かつ効果的である。

179 :朝まで名無しさん:02/06/18 00:27 ID:E588Ci8x
>>178

反論するんだったら、少年犯罪についても語ってみれば?

180 :朝まで名無しさん:02/06/18 00:30 ID:nqemWH03
>>175
厳罰化によって犯罪を減らすっていうのは本筋じゃないっていう意見が
よくあるけどさ、人間を信用しすぎなんじゃないかと思うよ。道徳心だとか
順法精神の向上なんてそれこそどうすれば達成できるのかなんて誰に
もわからんし、教育に力いれるったって、たとえばたかだか少人数教育
だってコストがかかりすぎてなかなかふみきれない状況でさ。理想をおい
もとめてもはじまらんよ。理想主義は国をほろぼすね。
 結局コスト面からいって厳罰化で対応するしか現実問題としてない
んじゃない?で根本的な人間の心の問題はじっくり長い間かけて理想を
めざいしていくしかないでしょ。
 交通事故の厳罰化でさえ反対してる連中がいるけどじゃあどうやって
悪質な交通違反を減らすというのかねえ。

181 :朝まで名無しさん:02/06/18 00:31 ID:sFeiVR0W
>>178
すでに>>176で述べているように、私は刑罰の強化以外の方策を否定しない。
>そんなことをするより不法入国を徹底的に取り締まった方が簡単かつ効果的である。
「そんなことより」ではないのだ。
「それに加えて」なのだ。
「不法入国者の取締り強化」と「刑罰の強化」は両立する。
「拷問死刑」「責任死刑」の導入は、数多い方策の中のひとつであり
他の方策を否定するものではない。

182 :朝まで名無しさん:02/06/18 00:33 ID:MI8mNZov
>>179
未来ある若者の命を絶つ!
これこそが長寿の秘訣じゃよ!

183 :178:02/06/18 00:50 ID:kHIIe5YM
>>179
少年犯罪が凶悪化しているのは、社会が荒れている証拠。
社会のひずみ矛盾に若者が一番敏感だからね。
だが、日本の少年法あまりにも甘すぎる。厳罰化には賛成。
もちろん減らす努力は必要だけどね。

184 :178:02/06/18 00:56 ID:kHIIe5YM
>>180
おれは人間などちっとも信用していないが。
性悪説が正しいと思っている。
だから死刑制度に賛成しているのだ。
ただなぜ最近になって犯罪が増えたのかと考えただけだ。
刑罰を厳しくして犯罪が減るとは思えない。
事実アメリカで犯罪が減っているのだろうか。
犯罪を生む根を絶たねば減らせない。
増えたのには原因があるからだ。

185 :178:02/06/18 00:59 ID:kHIIe5YM
>>181
死刑制度を中国と同じにはできんよ。
そうしなければならなくなったら日本は終わりだろ。

186 :178:02/06/18 01:02 ID:kHIIe5YM
刑罰のいくら厳しくしても犯罪は減らない!





と煽ってみる(藁

187 :朝まで名無しさん:02/06/18 01:05 ID:xEJbHiEi
国連の調査だと性犯罪は重罰化で抑止効果あるらしい。でも死刑は
不明らしい。犯罪の質にもよるんだろうね、抑止効果の有無って。

188 :朝まで名無しさん:02/06/18 01:10 ID:gJi8ru7G
死刑を、重くするのは結構難しいでしょう
殺すという結果に変わりがないわけだから

189 :178:02/06/18 01:16 ID:kHIIe5YM
>>187
少年には厳罰化は著しい効果あると思うね。
凶悪犯にはいくら厳しくしても犯す奴は犯す。
宅間のようなやつもいるからな。余談だが、
精神障害者の犯罪は特別な場合を除いて罪は問うべきと思う。
最近、何かと言うと精神鑑定をするがほとんどケースは不必要と思う。

190 :朝まで名無しさん:02/06/18 01:31 ID:kHIIe5YM
>>188
死刑を重くするなら、
苦痛を与えて殺す。
「拷問死刑」
これは確かに恐ろしい。
まともな人間には効果があるだろうが、
人格に障害がある凶悪犯にはどうかな???

191 :朝まで名無しさん:02/06/18 01:35 ID:sFeiVR0W
>>188>>189
貴方達の疑問に関しては>>71を参照していただきたい。
死刑を重刑化することは可能だ。拷問して苦しんだ挙句に死ぬようにすれば良い。
また、死刑の対象を犯人の養育者にまで拡大すれば、犯罪者本人には抑止力が
弱くとも、養育者に対して抑止力が働くから、結果として犯罪を防げる事になる。
「拷問死刑」及び「責任死刑」の導入は、必ずや凶悪犯罪の抑止に繋がるだろう。


192 :朝まで名無しさん:02/06/18 01:36 ID:TXi76Jle
まあ気違いなら死刑にしなくても良いがその代わり世間と隔離するのが筋だろう
ようは動物扱いな訳だからもちろん普通の人権なんて与えるべきではない



193 :178:02/06/18 01:39 ID:kHIIe5YM
>>191
読んだよ。
すごいね、君は。
昔に戻るようだ。
はっきり言って君の考え方にはついていけなく。

194 :178:02/06/18 01:43 ID:kHIIe5YM
>>193
ついていけなく→ついていけない

195 :178:02/06/18 01:54 ID:7hb2EeJ0
>>191
スレから少し離れるが、これは想像だが、
君は凶悪犯は自分とはまるで違う世界の人間とは思っているのではないのか?
否、君と凶悪犯との違いは紙一重の差でしかない。
もちろん、おれも。
犯罪者に情をかけるつもりはないが、無条件に切り捨てるつもりもない。

196 :朝まで名無しさん:02/06/18 02:04 ID:sFeiVR0W
>>191
私とか凶悪犯といった彼我の区別は無い。
そうした個人的な感情ではなく、社会全体を俯瞰し、
どうすれば犯罪を減らせるのか?と考えた結論だ。

「自分がやられたくないから」「犯人が可哀想だから」
などという理由から刑罰の軽薄化を唱えるのは、
社会に対してあまりにも無責任な行為である。


197 :朝まで名無しさん:02/06/18 02:08 ID:XWx8Z3t7
「責任死刑」なんて導入したら、怖くて子どもなんて作れないとかなりそう。

198 :朝まで名無しさん:02/06/18 02:23 ID:sFeiVR0W
>>197
「責任死刑」が導入されたところで、我が子を人並みに育てる事が出来れば
何の咎も受けないのだ。 何を恐れる事があろうか。
そもそも「「責任死刑」が無いから、子供が犯罪者になっても罰せられないので
安心して子供を作る。」などという考え方をする親が居たら、その時点で人の
親になる資格など無い。



199 :朝まで名無しさん:02/06/18 02:26 ID:7T6kXAKJ
>>198
子供作るのに免許が要る様にするのはどーかな

200 :朝まで名無しさん:02/06/18 03:12 ID:gJi8ru7G
>>198
凶悪犯には先天的な脳の障害があるという説もありますが

201 :朝まで名無しさん:02/06/18 03:15 ID:gJi8ru7G
>>190
>まともな人間には効果があるだろうが、
いや、まともな人間はそもそも犯罪を犯さないから効果がない
むしろ、国が税金を使って拷問をすることは、まともな人間にとっては害になるだろう

202 :核経堂:02/06/18 04:42 ID:IcGqvz92
ちょっと前のシンガポールの政策もひとつの方法だと思う

203 :朝まで名無しさん:02/06/18 04:47 ID:GfBazhF2
>>201
全く犯罪を起こさない人なんて居るんですか?


204 :Ver5:4:02/06/18 05:33 ID:7Xb7jnjV
>>137
>5.例えば無期懲役で20年以上服役した人の冤罪が発覚したことに
>取り返しはつくのか?
部分的にしか取り返しがつかないでしょう。しかし冤罪死刑では全然取り返しがつきません。
それ以前に冤罪発覚の機会が非常に少なくなります。

>>151
>本来、刑罰を受けるべき犯罪者を社会に放置することを意味する。
「「やくざは冤罪で有罪になっても良い」と言うのは間違い」というケースでは考えていましたが、
今回は迂闊にも忘れていました。気付かせてくれてありがとうございます。
しかし結論は納得できません。理由は156と同じです。

>>166
名誉回復は出来ます。また、冤罪が発生した原因の調査は必要です。

205 :朝まで名無しさん:02/06/18 07:05 ID:J4sKNtzs
>>148
人が人を裁くということが既にリスクを犯すということ。
死刑のみを特別視するのはやはり納得できない。

>>204
取り返しがつくというのは所詮度合い論であることは認められる、と。

>名誉回復は出来ます。
名誉回復なら冤罪死刑であっても可能だと思うが。

いずれにせよ、貴方の議論は冤罪死刑のデメリットのみを語って、
他者の提示した死刑のメリット、あるいは死刑廃止のメリットを
吟味していないように思われる。
死刑のメリットデメリットの両方を判断して死刑存廃の是非を議論して
頂きたいと思う。

206 :朝まで名無しさん:02/06/18 07:07 ID:Z/stvHsg
】■■ 韓国・朝鮮からの帰化者、既に26万人も ■■
1 名前:朝まで名無しさん 02/06/14 23:25 ID:Cx6TRaiM

・数字は1952年からの帰化者累計(それ以前は不明)
・現在の在日韓国・朝鮮人の人口は約63万人(うち特別永住者が約53万人)
・1995年以降、毎年約1万人のペースで帰化している
・帰化者が増える中、なぜか在日人口がほとんど減っていない
・帰化者の85%は日本人との国際結婚
・ダブル(ハーフ)も既に20万人近くいる
・韓国人の不法滞在者が今年1月に5万6千人
・ニューカマー、帰化者、ダブル、クォータ、まで合わせると約130〜200万人

≪参考リンク≫

◎「在日」の概念問い直す
http://www.mindan.org/shinbun/981021/topic/topic_c.htm

◎過去5年間の帰化許可申請者数
http://www.moj.go.jp/TOUKEI/t_minj03.html

◎在日社会の展望は
http://www.korea-np.co.jp/sinboj/sinboj2000/sinboj2000-1/sinboj20000101/simboj2000010191.htm



207 :朝まで名無しさん:02/06/18 07:11 ID:J4sKNtzs
>>204
Ver5:4氏
可能であれば他の質問にも答えて頂きたいのだが。

6.そこまで死刑を特別視する理由を教えて頂きたい。
「合法的監禁行為」は良くて「合法的殺人」が何故いけないのか。

208 :朝まで名無しさん:02/06/18 07:16 ID:J4sKNtzs
>>147

>冤罪はどの刑罰にもありうるから、死刑でのみ論ずる特別な理由はない
>ということなのか、

私はそう思う。
度合いこそ異なれ、他の刑罰でも冤罪は存在する。
取り返しがつかないという問題も、程度の差こそあれ他の刑罰でも同様。
死刑のみを何故特別視するのかが疑問。

個人的には冤罪の問題は司法制度全体の問題だと思う。

また、死刑に関する議論で冤罪の問題のみを重視するのは偏っていると
思う。

209 :178:02/06/18 07:17 ID:lCrf9K8J
>>196
>私とか凶悪犯といった彼我の区別は無い。
>そうした個人的な感情ではなく、
「凶悪犯との違いは紙一重」と言った意味がわかっていないようだね。
おれは一般論で言ったのだ。
>社会全体を俯瞰し、
>どうすれば犯罪を減らせるのか?と考えた結論だ。
うそだろう。
きみのカキコにはそんなものは微塵も感じられない。
「おらおら、なにをやってるのだ。刑罰の厳罰化、これだよ、これ。
犯罪などこれ一発で防げる。犯罪の防止などちょろいものよ」
こう言ってるようにしかみえない。
>「自分がやられたくないから」「犯人が可哀想だから」
>などという理由から刑罰の軽薄化を唱える
こんなことは一度も言ってないし、考えてもいない。
「責任死刑」にも賛成できない。
未成年だろうが罪を受けるのは常に本人だ。
厳罰にしたいのなら少年法に死刑を認めるべきだろう。
親を罰するなどそれこそ甘やかしだよ。
君は物事の考え方が皮相的だ。
君のような考えでは絶対犯罪を減らすことも防ぐこともできない。
>社会に対してあまりにも無責任な行為である。
無責任なのは君だよ。

210 :朝まで名無しさん:02/06/18 07:25 ID:J4sKNtzs
>>148
猫眼ぢょらん ◆MtyDeTiY 氏
私も氏と同じく消極的死刑賛成派だと思う。
私も死刑の抑止効果に期待しているし、
死刑廃止後の展望が見えない、というか効果的な代替案に
出会えていないということがある。

死刑廃止論者の方が私が納得できる死刑廃止を含む司法・刑罰システムを
提示して頂けるのであれば喜んで賛成する。

211 :178:02/06/18 07:36 ID:lCrf9K8J
>>207
>「合法的監禁行為」は良くて「合法的殺人」が何故いけないのか。
同じではない。
殺人行為があるのでより厳密にしたい気持ちはよくわかる。
ただ、裁判は現在でも十分厳密であると思っている。
死刑は必要だ。

212 :朝まで名無しさん:02/06/18 07:43 ID:J4sKNtzs
>>211

>178氏
死刑反対論者のVer5:4氏への質問でしたが回答して頂いたことに感謝。
ただ、私がよくわからなかったので質問と感想を。

>同じではない。
1.何が同じではないのか?

私は消極的死刑賛成論者であり、死刑反対論者であり、
その理由として冤罪死刑を取り上げるVer5:4氏への質問だったので、
>211の私宛のご指摘は少し意味がわからないと感じた。

213 :朝まで名無しさん:02/06/18 07:46 ID:yVubUetg
公開処刑、火あぶり、磔、さらし首など
の残酷な死刑の歴史は古く、世界各地で行われていた
これらが廃止されたのは犯罪が減ったためではなく
「あまりに野蛮な感じがするため」ではないか
犯罪の抑止(見せしめ)に絶大な効果があったのは
それが長い間行われていた事からわかる

現代においても死刑の情報はどんどん公開すべき
それによって救われる命は必ずある

214 :178:02/06/18 07:52 ID:lCrf9K8J
>>212
死刑にしたらあとで冤罪でも取り返し(生き返らすこと)ができないという意味です。
ま、監禁でも過ぎた日々は取り返すことができないが、生きているのだから国が
償うことはできる。刑死したあとでは本人にはなにも償えない。
>私は消極的死刑賛成論者であり、死刑反対論者であり、
えっ?どっちなの?賛成反対。


215 :朝まで名無しさん:02/06/18 07:57 ID:J4sKNtzs
>>214
ああ、申し訳ないです。
あの部分は
「私自身は消極的死刑賛成論者であり、死刑反対論者であるVer5:4氏
がその理由として冤罪死刑を取り上げる」
と書くべきでした。

>死刑にしたらあとで冤罪でも取り返し(生き返らすこと)が
>できないという意味です。

了解しました。有り難うございます。

216 :178:02/06/18 07:59 ID:lCrf9K8J
>>213
こういうのを復活させるのは社会が退化した証拠だね。
ただ、行き過ぎた犯罪者の保護はどうかと思うけど。
犯罪者の人権を保護するのにも程度がある。
「被害者の人権>犯罪者の人権」である。
現在の風潮には逆の傾向がみえる。

217 :朝まで名無しさん:02/06/18 09:02 ID:lhe85nrg
裁判で有罪判決が全て真実を見透かして判決を出しているなら、
死刑に賛成、でも今現在誤判があるし、これからも起こるだろう、
その上これだけ警察が不祥事などをもみ消し事実を捻じ曲げる
現実を見る限り死刑に賛成はしかねるね。

218 :朝まで名無しさん:02/06/18 09:14 ID:z6Mj1IDS
善良無垢の市民が冤罪で死刑になることは無い。
冤罪でも死刑になる奴は、ならず者。
市民の鼻つまみ者。
だからこそ裁判官も死刑判決を下す。
警察も捕まえる。
真犯人が逃げるのは面白くないが、ゴミが減ることには間違いがない。
ムキになって冤罪の心配をするのは愚か。

219 :朝まで名無しさん:02/06/18 09:28 ID:lhe85nrg
>>218
その根拠は?証明出来るの?ごみよりもたちの悪い凶悪犯を野放しに
するのが良い事なのあなたにとって。
あなたは犯罪者の味方なんだ!

220 :朝まで名無しさん:02/06/18 09:31 ID:fjk7E7Jj
人権派の多くは、死刑反対と言い、破防法摘要反対と言う。
結局犯罪者を野放しにしてしまうということがどうして分からないのだろう。
何についての話かはわかると思うが、終身刑が無い以上、死刑反対なのであれば
破防法摘要は仕方が無いと考える人間はいないのか?

221 :朝まで名無しさん:02/06/18 09:38 ID:z6Mj1IDS
>219
ここにも愚かな奴が一人。

222 :山本秀雄:02/06/18 09:47 ID:uqbnPAuh
死刑になるような犯罪者はどうせ在日韓国人がほとんどなんだから…強制送還にして二度と日本に入れな
ければいいのでは…

223 :朝まで名無しさん:02/06/18 10:32 ID:fjk7E7Jj
>>222

サリン撒いたやつは在日韓国人か?

224 :朝まで名無しさん:02/06/18 10:39 ID:xzZQ+YQi
人権だの正義だの社会復帰だのの問題じゃないと思う。
悪いことをして、人を殺した人間は死ぬべき。
犯罪の抑止力云々も関係ない、殺したら死ねってだけのこと。
更にいえば、殺人犯を殺せば、そいつが社会復帰した時の再犯を
防げるのだから、ある意味犯罪の抑止にはなるかもね。

225 :朝まで名無しさん:02/06/18 10:44 ID:du552XCj
国民主権だから国民の生命を国の機関が奪うことは出来ない。

226 :朝まで名無しさん:02/06/18 10:59 ID:yf09gPG3
国民主権だから国民の生命を国民が奪うことは出来る。

227 :131=134:02/06/18 11:26 ID:Gj8CpN6G
>>137
夜遅くはパソコンが扱えないので返事が遅くなったが、以下の設問にお答えしたい。

 >>133 の3.>>132で書いたが、冤罪は許せない、ということだけを
 突き詰めれば、司法や刑罰は 行えない。このことについて貴方はどう考えるのか?

冤罪は許せないことではあるが、100%無くせない以上、無罪なのに合法的に殺される人を
犠牲にした死刑制度というものを、彼らの観点から考えて欲しいと言っているのである。
冤罪があるからという理由で、司法により人を裁く事自体を否定しているわけではない。

 4.何故(死刑と死刑以外の刑には)天と地ほどの差があると考えるのか?

人が死ぬか生きるかは、天と地ほどの差はないだろうか?
人が生きる権利を奪ってしまう犯罪は、殺された人にとって天から地に落とされたにも
等しい、人間として許されぬ行為だからこそ、犯人の死をもって償わせるのが死刑ではないか。
ならば、殺してしまう事とそうでない事は、無罪の人の場合、天と地ほどの差があるではないか。

 5.例えば無期懲役で20年以上服役した人の冤罪が発覚したことに
   取り返しはつくのか?

「取り返しがつかない」とは人の命のことを言っているのである。
無論、冤罪で20年以上を監獄で過ごした人の一生は、永遠に取り返しがつかないが、
生きているか死んでいるかは、当人にとって天と地以上の差異があるだろう。

 6.そこまで死刑を特別視する理由を教えて頂きたい。
  「合法的監禁行為」は良くて「合法的殺人」が何故いけないのか。

世の中の秩序を考慮すれば、犯罪者を法で罰する事は無論必要だし、冤罪の可能性は
あったにせよ、誤判を限りなくゼロに近づける努力をした上での「合法的監禁行為」は
致し方ないだろう。この場合、冤罪の人は犠牲者だといえる。
しかし、死刑となれば話は別である。
いかに理由をつけようと人の命をこの世から消してしまうことに変わりはない。
それを特別視するのがそれほどおかしいだろうか。

亀井静香が言うように、死刑判決の誤判が仮に百万分の一であっても、無罪で殺される人間に
とっては、それは百万分の百万なのである。
死刑賛成論者が、彼らの耳に耳を傾けてなお、多少の犠牲はあってもメリットを考えれば
やむを得ないというのであれば、もうあきらめて死んでもらうしかない。
ただ、無罪を訴える死刑囚の存在だけは忘れて欲しくないと思うのである。



228 :131=134:02/06/18 11:30 ID:Gj8CpN6G
>>227 訂正。下から3行目
 「彼らの声に耳を傾けてなお・・・」

229 :朝まで名無しさん:02/06/18 16:05 ID:DF7dZbFf
>>218
>善良無垢の市民が冤罪で死刑になることは無い

まるで痴漢冤罪における頭の軽い痴女が用いる論法だな。
曰く、
「痴漢に間違われる人間は、
そもそも痴漢行為をするような人間なのであって間違われる方に問題がある」と。


230 :朝まで名無しさん:02/06/18 16:07 ID:DF7dZbFf
>>174
消極捜査だろうが何だろうが冤罪は避けねばならない。

「関係無い人間が裁かれ自分が真に憎むべき存在は裁かれない」
犯罪被害者にとって、それ以上の冒涜はあるまい。
 
捜査機関の職務はスケープゴートを探すことではなく、
社会の安寧を乱した存在を探知することである。


231 :朝まで名無しさん:02/06/18 18:53 ID:Oq4DiqVc
そもそもミニスカートで夜道を歩いてる女の方が悪い。>>229

232 :朝まで名無しさん:02/06/18 19:07 ID:lieMzGhc
つうかさ、みんな頭ン中が古いよ!
21世紀だよ?もうちょっとハイテク技術を駆使した解決法があるかもジャンか。

例えば、ほら、「クローン技術」。
これを死刑執行と同時に施せば、自我の死と遺伝子的な死を分離できる。
で、死刑囚の遺族は今度こそ失敗しないように子育て再トライ。
結構リベラルでマイルドだろ、これ。

あとほら、良心回路の埋め込み手術とかさ。あればだけどさ。

233 :朝まで名無しさん:02/06/18 19:56 ID:+iqMhqCf
死刑廃止論者は凶悪犯罪者の可能性全開バリバリ。
自分が死刑になるのを恐れていると思われる。

234 :朝まで名無しさん:02/06/18 19:59 ID:JmZXfRzT
>>227
まずは誠実な回答に感謝を。

私と131=134氏の観点の違いが明確になったような気がする。
>人が生きる権利を奪ってしまう犯罪は、
>殺された人にとって天から地に落とされたにも等しい、
>人間として許されぬ行為だからこそ、
>犯人の死をもって償わせるのが死刑ではないか。

私は死刑についてはこのようには考えない。
社会にとって大きな不都合だから防止する。そのための効果的な手段の
一つとして死刑があると思っている。

>生きているか死んでいるかは、当人にとって天と地以上の
>差異があるだろう。

死んだ人間の意見を聞くことは不可能なので、そういった想像は無意味で
あると考える。

>冤罪の可能性はあったにせよ、誤判を限りなくゼロに近づける努力を
>した上での「合法的監禁行為」は致し方ないだろう。
>この場合、冤罪の人は犠牲者だといえる。

全く同じことを「合法的殺人行為」にも言えると私は思う。

>ただ、無罪を訴える死刑囚の存在だけは忘れて欲しくないと思うのである。

冤罪を防ぐ必要があるということについては、死刑囚と非死刑囚を区別
する必要はない。
無実を訴えているのは死刑囚だけではなく、忘れてはならないのは死刑囚
だけではない。

235 :朝まで名無しさん:02/06/18 20:03 ID:JmZXfRzT
>>232
残念ながら私は可能であったとしてもどちらの方法にもしばらくは
反対。
死刑のメリットは、対象にそれ以上の社会的資源(金銭、人員、技術)
を使わないことある。
そういった技術が高価なうちは犯罪者などに使うのはもったいない。
社会的資源はまず犯罪を起こしていない社会の成員に使うべき。

死刑執行よりそういった処置の方が社会的資源を使用しないので
あれば賛成。

236 :朝まで名無しさん:02/06/18 20:03 ID:ah4Xmxz5
>>233
そういう見方しかできない人は議論に参加しないほうが・・・
議論が成り立たなくなる。
まああなたがどう考えようと自由だけど。

237 :朝まで名無しさん:02/06/18 20:21 ID:nqemWH03
>>227
生きているかと死んでいるかでは天と地ほどに違う。たしかに多くの
人間がそう考えていると思う。しかしそれなら死刑と終身刑に抑止力
の差は全く無いとの主張は矛盾するだろう。(犯罪者だけはそう考え
ないというのは都合がよすぎる)だとすれば国が死刑を廃止しても、
そのかわり犯罪者が人の命をこの世から消してしまうことに変わりはない。




238 :朝まで名無しさん:02/06/18 20:33 ID:eXgR7lL6
死とは何か?なかなか深い問いである。
しかしそこを追求すれば、人類文化の多様性のみが横たわっていることに気づくだろう。
そう。答えは幾万通りもあるのだ。死とは苦しみでもあり悲しみでもあるが、また救いでもあるのだ。
有意義な問いではあるが、そこに意見の収束はありえないとも言える。

さて、視点を変えてこういうのはどうだろう。
多様化する社会。
多様化する価値観。
多様化するモラル。
このような現代において「死刑」という切り札を自ら禁じて選択肢を狭くすることは、流れに反してはいまいか。
麻雀でよく言われる「待ちは常に広く」という精神から、死刑は存置すべきではないだろうか。

239 :朝まで名無しさん:02/06/18 20:33 ID:3v4d+tUE
>>236
こんな団体もある。

http://kyuen.hoops.livedoor.com/

>>233の言ってることは必ずしもふざけてるとは言えない。

240 :朝まで名無しさん:02/06/18 20:52 ID:Gj8CpN6G
>>234
生と死との考え方は確かに大分違うようだ。死刑が社会のための効果的な手段で、
冤罪で死刑になる人がいても、それはしょうがない。
犠牲者が出るのは、死刑も死刑以外の刑も同じこと、死刑だけ特別扱いするのは
おかしいという論理ならば、それはそれで筋は通っている。

しかしながら、生死の問題を「死んだ人間に聞く事は不可能なので
そういった想像は無意味であると考える。」というのはちょっとおかしいと思う。
別に死んでしまった人の気持ちを想像して述べているわけではない。
無実なのに死刑判決を受けてしまった人の気持ちを考えれば、生死の間に天と地ほどの
開きがある、と言っているのである。

意外に思われるかもしれないが、私自身は全くの死刑廃止論者ではない。
ただ、今の存廃論議には、冤罪で殺される人間への思いがあまりにも欠けていると
思うのである。彼らの声を少しでも聞いて欲しい。
感情論と言われるかもしれないが、これは死刑問題と日本の刑事裁判を議論する上で、
かなり重要なことではないかと思うのである。

冤罪は、決して全くの無罪の人だけを指すのではない。
殺人を犯したのは事実であるが、本人は正当防衛を主張しているのに、
計画的殺人とされて死刑判決を受けた者も多いのである。

彼らがいくら声を挙げても、世間は死にたくないので嘘をついているとしか見てくれない。
警察・検察の誘導で作られた調書や、それをうのみにする裁判官、そして全く被告のことを
考えない国選弁護人。裁判の実態を知れば知るほど、こんな杜撰なやり方で人を合法的に
殺して本当によいものか、暗澹たる気持ちにさせられるのである。

241 :233:02/06/18 20:57 ID:+iqMhqCf
スンマソン。
少し誇張気味・根拠の無い断定的に書きました。
しかしながら、死刑になるほどの凶悪なヤツではありませんがホントにいるんですよ。
自分に都合のいいように語るDQN、珍走。

242 :233:02/06/18 21:03 ID:+iqMhqCf
>>241
珍走行為の邪魔になるヤツは死刑、とか。
もう見てらんない。
>>239お前は弾圧された過去のあるのかと思ってしまうイタイ団体。

243 :朝まで名無しさん:02/06/18 21:07 ID:HvppYbZn
>>240
>警察・検察の誘導で作られた調書や、それをうのみにする裁判官、そして全く被告のことを
>考えない国選弁護人。裁判の実態を知れば知るほど、こんな杜撰なやり方で人を合法的に
>殺して本当によいものか、暗澹たる気持ちにさせられるのである。
この辺は実態を説明しないと知る人間は少ない。私も知らない。
確認するが20年も30年も前の話ではないだろうね(戦前とか)。
あくまで現在の話なんだろうね。
ともかく現状がどうなのか説明しなよ。
でないと問題点が浮かび上がらない。

244 :朝まで名無しさん:02/06/18 21:16 ID:sFeiVR0W
死刑廃止論者が凶悪犯だという可能性は低い。
本当に凶悪犯だったら極力目立たないようにするだろう。
マジメに反論するほどの事じゃないが。






245 :朝まで名無しさん:02/06/18 21:18 ID:HvppYbZn
警察・検察の実態、刑事裁判の現状などには無知なので
えらそーなことは言えないが、冤罪で死刑の判決下される
ことが現在もあり得るのか。
物的証拠によって裁判の判決が出る現在の裁判で死刑に
なるような重大な犯罪を誤認するとはどうしても考えられない。

246 :朝まで名無しさん:02/06/18 21:21 ID:sFeiVR0W
>>240
>警察・検察の誘導で作られた調書や、それをうのみにする裁判官、そして全く被告のことを
>考えない国選弁護人。裁判の実態を知れば知るほど、こんな杜撰なやり方で人を合法的に
>殺して本当によいものか、暗澹たる気持ちにさせられるのである。
既に何度も書かれている事だが、それは捜査や裁判の運用上の問題であって、死刑の有無は
関係無い。
死刑が無くなっても、杜撰な捜査・裁判が行われれば冤罪者は生まれるし、死刑にならないから
といって、冤罪になっても良いわけではない。
いいかげん詭弁を弄するのは止めにしないか?

247 :朝まで名無しさん:02/06/18 21:26 ID:HvppYbZn
>>246
「操作も裁判いい加減だから現状では冤罪を生じかねないので死刑制度は怖くてとれない」
と、いうことなのだろ。
そんなひどいのかと疑問(→245)

248 :朝まで名無しさん:02/06/18 21:28 ID:HvppYbZn
>>244
ネタだと思ったが w

249 :朝まで名無しさん:02/06/18 21:36 ID:sFeiVR0W
>>209
>>社会全体を俯瞰し、
>>どうすれば犯罪を減らせるのか?と考えた結論だ。
>うそだろう。
>きみのカキコにはそんなものは微塵も感じられない。
根拠の無い断定であり、独断に基づく中傷である。
君は感情的に私の意見に反発しているに過ぎず、自らの
嫌悪感を離れて思考する事が出来ずにいる。

>厳罰にしたいのなら少年法に死刑を認めるべきだろう。
>親を罰するなどそれこそ甘やかしだよ。
念のため言っておくが、当然犯罪者当人も罰せられるのだ。
それに加えて養育者の責任を問うのが「責任死刑」である。

そしておそらく君は誤解しているものと思われるが、
この制度の眼目は、犯罪発生後の刑罰としての機能ではなく
子供の行動に対する親の責任を明確に規定する事で
親がより真剣に子育てと向き合うようにし、犯罪を未然に防ぐ
犯罪抑止力としての機能にある。
「自分の子供がいつ何をしているかも知らない」などという
無責任な親子関係を減少させるための制度なのだ。


250 :朝まで名無しさん:02/06/18 21:45 ID:HvppYbZn
>>249
「責任死刑」などを導入しても抑止力にまったくならない。
むしろ、子供の犯罪を親が隠すようになる。
ますます深刻なモラルの低下を招くのがオチ。
厳罰によって犯罪を防ぐという考え方は根本的に間違いである。

251 :朝まで名無しさん:02/06/18 22:11 ID:sFeiVR0W
>>250
既に犯罪を犯してしまった後、という状況では
現状でも親は子の犯罪を隠す。
新潟女児監禁事件、宮崎勉事件、酒鬼薔薇事件
どれも親達は子供の犯行を通報したりしなかった。

>厳罰によって犯罪を防ぐという考え方は根本的に間違いである。
この根拠を教えていただきたい。
一般に重い刑罰ほど犯罪抑止力が高いと考えられているはずだが?


252 :朝まで名無しさん:02/06/18 22:12 ID:jSNK7jFB
>>250
同意だな。

>>249の責任死刑とは早い話、最低の連座制であって、
犯罪の正犯でも共犯でもない人間が
「他者の犯罪を防止出来なかった」という咎で
正犯と同じ罰を受けることを意味する。
罰される親に足りなかったのは善良さでも遵法精神でもなく子育ての「能力」。
能力の欠如が刑罰の原因となるとすれば残酷な話だ。
出産を許可制にするとした方がまだ救いがある。

このような不公正な制度で抑止効が得られるなど主張を越えた妄想である。

253 :朝まで名無しさん:02/06/18 22:45 ID:eXgR7lL6
>>250-252
ぬおー!あんたら鋭いねえ!
感心したよ。確かにその通り!

254 :朝まで名無しさん:02/06/18 23:03 ID:qGMBcQ2j
>>249
>子供の行動に対する親の責任を明確に規定する事で
>親がより真剣に子育てと向き合うようにし、犯罪を未然に防ぐ
>犯罪抑止力としての機能にある。
犯罪を犯す子供の親はそもそも子供の育て方がわかっていないのである。
本人(親)が真剣に子供に接しているつもりでも、子供に悪影響与えて
しまうこともある(ほったらかしの方がましだったりして)。
いや、親の罪が問われようと問われまいとそんなことは所詮DQNな親
には「カエルの面にしょんべん」じゃないのかな(w

255 :朝まで名無しさん:02/06/18 23:07 ID:eXgR7lL6
ところで海外だったかと思うんだけど、(イタリヤ?記憶曖昧)
囚人達が死刑復活を求める運動ってのがあったよね。

囚人曰く「死刑制度さえあれば俺達は犯罪寸前に思い直したはずだ!」。
誰か詳細覚えてるかな?

256 :朝まで名無しさん:02/06/18 23:09 ID:qGMBcQ2j
>>251
>一般に重い刑罰ほど犯罪抑止力が高いと考えられているはずだが?
こういうのをバカひとつ覚えというのだよ。
たとえば死刑を「拷問死刑」にしたところで、宅間のような男はなんの
躊躇もなく罪を重ねるだろう。捕まって死刑にして欲しいと言っているのだから。

257 :朝まで名無しさん:02/06/18 23:12 ID:lUWTBsxD
>>256 一族郎党、みな斬首ということで

258 :朝まで名無しさん:02/06/18 23:15 ID:qZ9TrObw
>256
宅間のような犯罪者に限ればその通り。
ただ、すべての犯罪者が宅間のような犯罪者とは限らない。


259 :朝まで名無しさん:02/06/18 23:16 ID:eXgR7lL6
>>256
宅間はそううそぶいているだけだろ。捕まってなお世間をあざ笑うような事を言いたいだけ。
つうかどっちにしろ基地外だし。

そういうやつはその減らず口を塞ぐ為だけにでも、お望みどおりチャッチャと死刑にしたればええんや。

260 :朝まで名無しさん:02/06/18 23:28 ID:C8Apzkvj
>>258
日本の犯罪傾向として窃盗や強盗などの鋭利目的に徹した
粗暴犯では被害者が死に異たるケースはひじょうに少ない。

保険金詐欺以外の成人による殺人事件の大半は病理的要素の
強い物であり、厳罰化による抑止力の有効性は低いと思われる。


261 :朝まで名無しさん:02/06/18 23:46 ID:nqemWH03
>>260

>日本の犯罪傾向として窃盗や強盗などの鋭利目的に徹した
>粗暴犯では被害者が死に異たるケースはひじょうに少ない。

死刑の抑止力がきいてる証拠だね


262 :朝まで名無しさん:02/06/18 23:53 ID:sFeiVR0W
>>252
もちろん「責任死刑」は単なる連座制とは違う。
問答無用で罪に問うのではなく「養育者の責任を問うケースもある」
くらいの理解をしていただきたい。

>犯罪の正犯でも共犯でもない人間が
>「他者の犯罪を防止出来なかった」という咎で
>正犯と同じ罰を受けることを意味する。

正犯と同じ罰とは書いていない。
あくまでも責任に応じた罰であって、ただしそれが
死刑になる事もありうるという事だ。
それに「正犯でも共犯でもない」と言うが、例えば
新潟女児監禁や女子高生コンクリート殺人のような
事件の場合、十分に犯行を阻止できる或いは通報
できる立場に居ながらそれをしなかった犯人の親は
言わば消極的な共犯者と言えるだろう。
犯罪を防げる立場にいて、なおかつ防ぐ責任もあった
人間が罰されるのは理の当然ではないか?

263 :朝まで名無しさん:02/06/18 23:59 ID:sFeiVR0W
>>256
宅間が心底「死刑になりたい」と考えて犯罪を犯したとしても
それは彼が例外中の例外と言える存在だという事である。
第一、刑罰は宅間のような例外を対象に設定するのではなく
より広範な人間を対象として設定すべきものだ。
少数の例外的な対象には効果が薄くとも、多数の対象に
効果が大きければ、それを導入する意義は十分にある。
そもそも、宅間のような例外的存在には効果が薄いという
点では、現行の死刑も「拷問死刑」と同様かそれ以下だ。

264 :朝まで名無しさん:02/06/19 00:06 ID:4NwtNcY3
>>261
それが終身刑になったところで、
いちいち将来について計算するかどうかは疑問だが。

265 :朝まで名無しさん:02/06/19 00:10 ID:yd7wuK8t
>>263
宅間のような犯罪者も直にありふれた存在になるよ。
宅間のような犯罪者が出てきたのは現行の刑罰が軽いからではない。
よって厳罰化は意味がない。

266 :朝まで名無しさん:02/06/19 00:11 ID:4NwtNcY3
>>261
逆に言えば多数派の病理的殺人犯には抑止力がほとんど無い。

267 :朝まで名無しさん:02/06/19 00:15 ID:4NwtNcY3
>>265
厳罰化によって宅間とは違った方向製に
激しく壊れた殺人犯が出てくる可能性もあるね。


268 :朝まで名無しさん:02/06/19 00:22 ID:IaGrKhny
>>261
 はあ?抑止されてる殺人事件の数と比較して病理的殺人が多数派って
言ってるの?抑止されてる殺人事件の数が何でわかんの?

269 :まちがえた:02/06/19 00:23 ID:IaGrKhny
>>266
 はあ?抑止されてる殺人事件の数と比較して病理的殺人が多数派って
言ってるの?抑止されてる殺人事件の数が何でわかんの?



270 :いやこうかな:02/06/19 00:26 ID:IaGrKhny
>>266
 はあ?抑止されてる殺人事件の数も含めて比較して病理的殺人が多数派って
言ってるの?抑止されてる殺人事件の数が何でわかんの?


271 :朝まで名無しさん:02/06/19 00:28 ID:/TMvLz4S
>>269
正直俺も、病理系の凶悪犯は四葉のクローバー並に稀な存在だと思うよ。

272 :朝まで名無しさん:02/06/19 00:28 ID:+eIsGL/B
抑止効果は疑問だな。
でも死刑は残して欲しい。


273 :朝まで名無しさん:02/06/19 00:30 ID:cLtHkTC4
>>262
>犯罪を防げる立場にいて、なおかつ防ぐ責任もあった
>人間が罰されるのは理の当然ではないか?
責任を問うべきか否かでなくで、若年者の犯罪の抑止効果が
あるかどうかが議論になってるじゃないの?


274 :朝まで名無しさん:02/06/19 00:35 ID:/TMvLz4S
>>273
むう。若年者の場合か。

直感的に犯人が若ければ若いほど死刑による抑止効果は高くなるだろう。
光溢れる未来があるからね。死刑の代償はあまりにも大きい。

しかし・・・・・40,50歳にもなると死刑による抑止効果は殆どなくなるだろう。
80歳ならなおのこと。むしろ冥土の土産に憎きあいつを・・・・とか思うかもな。
実際にそんなケースもよくあるしな。

275 :朝まで名無しさん:02/06/19 00:45 ID:cLtHkTC4
>>274
凶悪な犯罪は若年の方が多い。
衝動的で攻撃的だからね。
歳とるとむしろ若いときより命が惜しくなるものよ。
分別ができるし(計算高くなる)、激情に駆られることもなくなる。
(つーか枯れてくるし、激しい犯罪は起こしたくても起こせないよ)
したがって抑止効果は年寄りの方がある。

276 :朝まで名無しさん:02/06/19 01:13 ID:/TMvLz4S
>>275
うむ。確かに老人は激することはないな。

替わりに冷酷無残な計画殺人とかをやりそう。信念持ってね。
はっきりいって死刑など全く気にせずにやり遂げそう。
むしろこういうタイプの殺人の方が罪が重いと聞くが。

例:横溝正史の「獄門島」の連続殺人犯は老住職。

277 :朝まで名無しさん:02/06/19 02:59 ID:zUAtfJhi
>>262
>問答無用で罪に問うのではなく「養育者の責任を問うケースもある」
つまり、それは「共同正犯なら共同正犯として、
教唆、幇助の共犯が成立する場合は共犯として扱う。
犯人(子供)を匿う場合は犯人隠避が成立」
という現行制度における親子のケースに限った追認に過ぎないわけか?
であるならば、
責任死刑の導入などの連座制紛いの概念で説明する必要はどこにもない。
一方、
現行の制度である「これら」以上を望むなら、
それは親子に限定した最低の連座制に他ならない。

>犯罪を防げる立場にいて、なおかつ防ぐ責任もあった
>人間が罰されるのは理の当然ではないか?

当然ではない。犯罪を教唆するならまだしも、
犯罪の意思を持つ人間を説得しなかった出来なかった人間を裁く法がどこにある?
前述したように、犯罪者となった子の親に足りないのは
道徳心でも遵法精神でもなく子を健全に育成する能力。
「無能」が犯罪であるというなら、この国は犯罪者で溢れ返ってしまう。
また、刑罰で脅せばそれらの「無能」が解消されるというものでもない。

278 :朝まで名無しさん:02/06/19 04:40 ID:Qi6BybLZ
>>240

>>246氏に同感

>>277
基本的に同意。
あと、犯罪はあくまでも個人の責任。
同じ親に育てられた兄弟でも犯罪を起こすものもいれば起こさないもの
もいる。
貧困や環境の問題についても同様。
我々がするべきことの一つは「無能」な親の子供であっても、
「劣悪」な環境下においても犯罪を起こさないようにすること。


279 :Ver5:4:02/06/19 04:46 ID:eCVmBI7l
>>205
>死刑のみを特別視するのはやはり納得できない。
なぜですか。死刑は特別でしょう。死刑を特別視しないのは納得できませんね。
死刑賛成派の人の中にも死刑を特別視している人はいるでしょう?

>死刑のメリットデメリットの両方を判断して死刑存廃の是非を議論して頂きたいと思う。
死刑のメリットは皆さんの話を見ていれば分かります。冤罪死刑の問題の大きさが圧倒的だと思うのですが。

>>207
人間にとって死が特別重大なことだからです。

>>234
あなたにとって死は特別なものではないのですね。しかしたいていの人には死は特別なものなのですよ。殺人は特別重大な犯罪でしょう。

>>246
>捜査や裁判の運用上の問題であって、死刑の有無は関係無い。
>いいかげん詭弁を弄するのは止めにしないか?
どう言う理屈で関係ないと言うのか分かりませんが、冤罪死刑の可能性があり、
死が人間にとって特別なものである限り冤罪と死刑の有無は切り離せません。
「詭弁」とまで言うからにはきっちり解るように説明して下さい。

>>262
>犯罪を防げる立場にいて、なおかつ防ぐ責任もあった
>人間が罰されるのは理の当然ではないか?
今の法律でも責任を問えるようになっていた覚えですが。ただ、範囲は狭いようです。

280 :伊藤博文:02/06/19 06:01 ID:JtWy+Dnk
欧米の死刑廃止運動の根幹には
キリスト教的世界観が隠れている(彼らは否定するが)
それは大きく2つの観念に収斂される

1、HEAVEN(天国)という観念
  キリスト教には、人は死ねば天国(死後の世界)に
  召されて安楽に暮らすという観念がある
  そのためキリスト教圏では、犯罪者を殺してしまうことは
  犯人を(死後の)安楽に導いてしまうことになるから、
  死刑は罰にならないという観念がある

2、贖罪の観念
  キリスト教には
 『生きることは贖罪であり、苦しむことだ』という観念がある
  そのため、自由を奪い労働を課すことが最高の罰だという 
  観念が成立するのである 
  
欧米のキリスト教国群が死刑を廃止しても
自分たちを納得させることができるのは、
実はその背景にキリスト教的世界観が潜んでいるからなのである

それに対し、日本人は凶悪犯は処刑することが
正義の実践であると考えている

281 :朝まで名無しさん:02/06/19 06:16 ID:oYQS+c6z
これだけ死刑廃止論が台頭してきたご時世の中で、なお極刑判決を出されるのは
やはりそれなりのことをしているのでやむを得ないのではないか。
それよりも極刑と2番目に重い刑罰との差があまりにも開きすぎだと思う。
個人的には極刑は残しつつも、2番目に重い刑罰はやはり一生を刑務所で償うような制度があったほうが
加害者、被害者両方に必要であると思うが…

282 :朝まで名無しさん:02/06/19 07:32 ID:Qi6BybLZ
>>279
何度でも繰り返す。
司法制度を考える上で死刑を特別視する必要は無い。
他の刑罰と同様にメリットとデメリットを考慮するべき。

>しかしたいていの人には死は特別なものなのですよ。

私は「死」が特別なものではないなどと主張するつもりはない。

司法制度を考える上で「死刑」を特別扱いすべき無い、と
主張しているのだ。

冤罪の問題についても同様。
死刑に限らず、他の刑罰についても冤罪の問題が付随する以上、
死刑についてのみ冤罪の問題をクローズアップするのはおかしい。

貴方が「死」を特別なものだと考えそれによって「死刑」を
特別なものだと考えるのは構わない。
いわば「死」→「死刑」へのアプローチだと思う。

それに対して私は
「司法制度」→「死刑」と考えている。

貴方の論法を借りれば、
「死」には特別な意味がある。
だから「殺人」には特別な意味がある。
だから特別な犯罪である「殺人」には特別な意味を持つ「死刑」
が相応しい。
ただし、特別な意味を持つ「死刑」においては「冤罪」の問題も
特別である。これだけのこと。

ついでに言えばメリットのデメリットの比較において、
貴方は(他の刑罰にも付随する)冤罪のデメリットを重視するのみ。

283 :朝まで名無しさん:02/06/19 07:34 ID:Qi6BybLZ
>>281
死刑を存続させるにせよ、廃止するにせよ、
恩赦や減刑といった要素を含めて刑罰全体を見直す必要は
あると思う。

284 :朝まで名無しさん:02/06/19 07:57 ID:qRox+OCN
死刑が冤罪だったら取り返しがつかないというが、
冤罪で10年間ムショに入ってて、陳腐な補償金
もらったところで、取り返しがつくのかね?


285 :朝まで名無しさん:02/06/19 08:03 ID:qRox+OCN
犯罪の立証に一点の曇りでもあるならば無罪を言渡すのが
常道である。
冤罪事件の温床である代用監獄や、警察の強引な捜査を
批判するべきであって、宅間のように犯罪が明らかな
人間まで死刑にするなという廃止派の低脳ぶりには驚嘆
します。



286 :朝まで名無しさん:02/06/19 09:51 ID:uzLcUfMH
実際の裁判が推定無罪の原則に沿って行なわれているとしても、マスコミが推定有罪と考えている
ということが問題。
そして、大々的な推定有罪報道によって一般市民までもが推定有罪と考えてしまう。
だから「捕まったから何か悪さしてるんだよ」「マスコミが報道してるから悪人なんだよ」などと
考えてしまい、「有罪が決まったわけじゃない」という意見には耳を傾けなくなる。
刑罰の面での冤罪は避けられたとしても、社会的制裁の面での冤罪は避けられない。

287 :朝まで名無しさん:02/06/19 11:03 ID:+CvYkcGo
>>286
それは死刑制度、司法制度、裁判の問題ではない。
話をそらさないように。

288 :朝まで名無しさん:02/06/19 12:09 ID:bSyFXn0T
馬鹿は
死ななきゃ
治らない

名言だねぇ・・・。

289 :286:02/06/19 12:27 ID:uzLcUfMH
>>287

結論を書いてなかった。スマソ。
死刑であっても懲役であっても、冤罪の償いというのは結局出来ないのでは
と言いたかった。
ちなみに、死刑廃止には反対。
市川の一家四人殺害事件の判決文の中に「殺人行為をいかに反復累行しても
当該殺人者の生命だけは法律上予め保証される結果となる死刑廃止」という
言葉があるが、まったくその通りだと思う。

千葉地裁判決平成6年8月8日判タ858号107頁
http://village.infoweb.ne.jp/~fwgl6015/hitori/ht010-1.htm

290 :朝まで名無しさん:02/06/19 13:23 ID:xw8MBrd1
司法制度上、死刑のみを他の刑と特別扱いするなという意見があるが、
これは人間の命の尊さを考えない暴論に等しい。
現行法でも死刑判決に関しては特別扱いしている。
高裁で死刑判決を受けた被告が上告した場合、最高裁は必ず口頭弁論を行うことが
義務付けられている。
また、死刑のみ執行に関しては法務大臣の許諾が必要となる。

人の命を法の名のもとで奪う以上、これくらいの慎重さは必要だろう。
日本では、再審請求が認められるのは「ラクダが針の穴を通るよりも難しい」と
よく言われる。これは、無罪たる明確な証拠を提出しなければ再審を開始しない
という規程があるからだ。

これを、「有罪の決め手になった証拠に合理的な疑いが生じた時」と改める必要があるように
思う。もっと再審の門が開かれれば、冤罪によって無実の者を殺してしまう過ちは防げるだろう。
そして法務大臣には、無罪を主張して再審請求をしている死刑囚の死刑執行には、
より慎重な態度で臨んでもらいたい。
そして死刑の現実を知るために、執行には是非立ち会ってもらいたい。

現行法で死刑がある以上、死刑囚の首に縄をかけるのは公務員たる刑務官である。
刑務官という職業を選んだ以上、仕事としてそれを行うのは仕方がない事であるが、
せめて「無実の者を殺してしまったかもしれない」という思いだけはしたくないのである。

これは、死刑執行に携わるほとんどの刑務官が抱く、偽らざる願いである。

291 :朝まで名無しさん:02/06/19 14:30 ID:b6iVNfkc
>これを、「有罪の決め手になった証拠に合理的な疑いが生じた時」と
>改める必要があるように思う。

もっともな意見だが、だからこそ死刑に留める必要はない。
冤罪の可能性を減らすために全ての刑に同様の手続きを行うべき
ではないか?

無期懲役であっても冤罪は本人に耐え難い精神的苦痛をもたらす。
あらゆる意味で死刑を特別扱いすべきではない。

>せめて「無実の者を殺してしまったかもしれない」という思い
>だけはしたくないのである。

気持ちは理解できるが、それは刑務官の責任ではない。
また、もしそれが必要以上に気になるのであれば、死刑執行に関わる
職業に就く必要はない。
職業選択の自由は認められている。
死刑制度の議論に感情論を持ち込む必要はない。

292 : :02/06/19 15:01 ID:iNEJ5q1C
凶悪犯罪で冤罪が考えられない件は死刑で良し。少しでも冤罪の可能性があるならば終身刑で
いいじゃないか。なにも冤罪の可能性がない凶悪犯罪者まで死刑から守ることもあるまい。


293 : :02/06/19 15:08 ID:iNEJ5q1C
そもそも日本では冤罪が考えられない場合でさえ死刑執行には慎重であり、
年月もかかる。それでもまだ気にくわないのか?

294 :朝まで名無しさん:02/06/19 15:31 ID:0xMbhHf7
元々、刑は犯罪抑止力の意味も持つから最高の罰である死刑は
行使されずともあってすべきと思ふ。
死刑が廃止されれば死刑級の重犯罪が多発する可能性が出てくるし・・・。

295 : :02/06/19 15:45 ID:iNEJ5q1C
犯罪抑止力の面では現行の法を変えてまで死刑を廃止する理由はみつからない。
逆に増加傾向にある外国人犯罪などに対してはそれこそ死刑適用範囲を広げるべきだとさえ思える。


296 :朝まで名無しさん:02/06/19 19:40 ID:8FnMkNcG
・・・まったくとんでもねえ殺人鬼だな!罪も無い少年少女を870人も殺した上に死姦して毎日食ってたってよ。
大量の命奪ってんだよ。命の重さは地球よりも重いんだよ?それを870人?即刻死刑にしろ死刑に!

あ?死刑反対?なんだこの野郎。は?死刑は特別過ぎる?何言ってんだよ死を特別視するってえのか?
死は特別じゃないだろうが。そもそも命には価値なんか無いんだよ!いくら殺したってカマワネエンダヨ!
わかったかこのボケ!引っ込んでないと拷問しちゃうぞ!

あ?前半と後半が矛盾してる?矛盾してちゃいけねえってのか?
そうとも俺は矛盾の塊なんだよ!人間誰もが首尾一貫してるとでも思ってたのかい?
このお坊ちゃまは!

297 :朝まで名無しさん:02/06/19 23:59 ID:BMDgduuB
>>277
>現行の制度である「これら」以上を望むなら、
>それは親子に限定した最低の連座制に他ならない。
「責任死刑」とは、例えて言うなら飼い犬が人を襲った場合に
飼い主が責任を問われるようなものである。
人を害する犯罪者自身が処分されるのはもちろん、それに
十分な躾を行う義務を果たさず、危険なまま野放しにしていた
人間の責任も当然問われるべきだという事だ。

>当然ではない。犯罪を教唆するならまだしも、
>犯罪の意思を持つ人間を説得しなかった出来なかった人間を裁く法がどこにある?
犬を飼う時には、当然飼い犬が人を襲わないように躾をし、なおかつ
万が一にも人を襲わないように注意を払うのは飼い主の義務である。
子供を育てる以上、その養育者には、それが社会に害をなす事の無い
安全な存在になるように監督教育し、しつける義務がある。
それを果たさずに危険な状態で放置していた以上、その養育者の
責任は非常に重いものとして裁かれるのが必然であろう。

>道徳心でも遵法精神でもなく子を健全に育成する能力。
>「無能」が犯罪であるというなら、この国は犯罪者で溢れ返ってしまう。
>また、刑罰で脅せばそれらの「無能」が解消されるというものでもない。
「無能」である事自体は罪ではない。
しかし「無能」であるが故に人に害した場合には、相応の罰を受けるのは当然である。
車を上手く運転する「能力」に欠けた人間は、人を轢き殺しても罰すべきではないとでも?
罰されるべきは犯罪という「行為」であり、その犯罪を放置・看過した「行為」である。
その「行為」が、遵法精神の欠如・道徳心の欠如・能力の欠如のいずれに起因していたとしても
やはり行為者は罰されなければいけないのである。


298 :朝まで名無しさん:02/06/20 00:27 ID:5u+Hc3v8
>>297
あのさ、すでに「責任死刑論」は瞬殺されたんでは?>>250-252あたりでさ。

理念はじゅーーーーぶん理解&同意できるんだが、
実行はできんだろ。明らかに。

キミは「親心」というものをかなり甘く考えているようだな。

299 :朝まで名無しさん:02/06/20 00:52 ID:aeJQ63Sb
>>298
>>250>>252で述べられている反駁は、「既に起きてしまった犯罪」に対しては
「責任死刑」は効果が薄いというものである。
既に述べているように「責任死刑」の眼目は、被養育者の犯罪に関して養育者の
責任を明確にする事によって、養育者により一層の真摯な監督・教育を促し、
それによって犯罪を未然に防ぐ事にある。

現在の家庭では、「子供の権利」や「自由な教育」が過剰にもてはやされる風潮を
背景にして、養育者の義務を果たしていない親が増えている。
「自分の子供が、いつ、どこで、何をしているかを全く把握していない親」さらには
「一つ屋根の下に暮らしながら、自分の子供が自室で何をしているかも知らない親」
などと言った、養育者としての義務も責任も放棄していると言わざるをえない。
このような無責任な養育者が、その管理責任を問われ、厳罰に処されたとしても、
それは必然であろう。

300 :朝まで名無しさん:02/06/20 01:12 ID:5u+Hc3v8
責任死刑制度は机上の空論だってば。>>299

ひとたび事件が起きたら、
息子の凶悪殺人を隠す為に親が更に殺人を重ねてしまったり、必死になって隠したり、
全財産かけて政治家に頼んだり。もういっそ息子も殺して埋めちまったり。

また事件が起きないうちは、
我が子が罪を犯さないように発信機埋め込んだり、24時間監視したり、尋問したり、洗脳したり。
やばそうだったらもう蔵の中に閉じ込めちまえとか。首輪でもつけとこうとか。
・・・・そうなっちゃうでしょ?かえって世の中が酷くなるってば。

まあ、理念としては間違ってないとは思うので、なんか別の形で提案するべきかと。
罰則無しの青少年保護条例みたいな感じでさ。(ヌルイ?)

301 :朝まで名無しさん:02/06/20 01:19 ID:RH+eque8
>>297
>例えて言うなら飼い犬が人を襲った場合に
>飼い主が責任を問われるようなものである

犬をけしかけ人を襲わせるならまだしも、
犬が飼い主の意思とは関係なく人を襲ったのであれば犯罪は成立しない。

>「無能」であるが故に人に害した場合には相応の罰を受けるのは当然である。
当然でないと言っている。犬の例でも同様というのは前述の通り。
また、上記の文章はお前の責任死刑の趣旨と合致していない。
「無能故に他人の犯罪を防止出来なかった人間は相応の罰を受けるのが当然である」
これが「当然」であるなら社会は「相当の罰を受けるべき人間」で溢れてしまう。

>車を上手く運転する「能力」に欠けた人間は、
>人を轢き殺しても罰すべきではないとでも?
故意に轢殺せば殺人。過失による事故なら業過。
で、文脈からは事故の方を言いたいのだろうが、
車の運転は許可制であって能力に欠けた人間には運転が許可されていない。
さらに言えば、仮に、運転によって人を殺傷せしめた場合も、
罰されるのはドライバーであってその人間に運転を許可した人間は罰されない。


302 :朝まで名無しさん:02/06/20 01:45 ID:JPBvlaqn
>>301
そのとおりだと思うが、>>297氏を「お前」と呼んだことは非常に残念である。
議論というものは常に冷静でなければ説得力を持ち得ない。

>>297
監督責任の範囲は非常に難しいものであると思う。
親の教育や矯正ではいかんともしがたい「異常」というものをどう捉えるか
という問題があろうかと思う。
その「異常」を放置する責任を問えるかどうか・・・

303 :朝まで名無しさん:02/06/20 01:49 ID:5u+Hc3v8
なんかみんな、言葉づかいが堅苦しすぎるYO!(w

304 :朝まで名無しさん:02/06/20 02:31 ID:ayYrl4sJ
親に刑罰を科すよりも、民法714条を改正して、
無条件に親の損害賠償責任を認めた方がいいんでないの?
(当然、親の自己破産は認めない)
被害者救済という点からも妥当だと思うが・・・

305 :朝まで名無しさん:02/06/20 03:53 ID:DZBcy8Gj
>>301

>犬をけしかけ人を襲わせるならまだしも、
>犬が飼い主の意思とは関係なく人を襲ったのであれば犯罪は成立しない。

【民法718条】
動物の占有者は其動物が他人に加へたる損害を賠償する責に任す。

民法と刑法とが直接リンクするわけじゃないけど、
不法行為責任を負うんだから、過失傷害罪(刑法209条)くらいにはなるかも。

306 :朝まで名無しさん:02/06/20 03:59 ID:DZBcy8Gj
>>304
禿同。
民法717条の所有者みたいに、無過失責任にしちゃえばいいんだよ。

307 :Ver5:4:02/06/20 05:17 ID:QSrOVU9k
>>282
>司法制度を考える上で死刑を特別視する必要は無い。
>「司法制度」→「死刑」と考えている。
具体的にどう言うことなのか書いて下さい。これだけではあなたの考えは分かりません。

>冤罪のデメリットを重視するのみ。
と言うより死刑のメリットに説得力を感じるものが見当たらないのですよ。
社会から永久に隔離するためなら、仮釈放無しの無期懲役を主張すべきだと思いますし。
死刑のデメリットを上回るメリットとして、あなたはどのようなものを考えているのですか。

308 :朝まで名無しさん:02/06/20 05:32 ID:VWzxCKgU
>>307
1.司法制度を考える上で死刑を特別視する必要はない。

何度も述べているように、冤罪などの問題は死刑に限らず
他の刑罰についても付随する問題であり、死刑についてのみ
力説する必要はない。

死刑廃止論など、死刑のみを議論として取り上げるべきでなく、
司法制度全体がどうあるべきか、という枠組みの中で死刑を
位置づけ、考えるという立場を取るべき。

死刑に反対するのであれば、その代替案も含めて司法の未来像を
きちんと語るべき。

2.死刑のメリット

>>141 >>143
で私と猫眼ぢょらん ◆MtyDeTiY 氏が語ったように、
死刑の特徴は「死が一過性であり代替不可能な経験である」ことから
導かれる。
つまり、受刑者はその後社会に全く関わらないと言える。

それによって得られる死刑独自のメリット。
1:受刑者が再犯のおそれはない。
2:受刑者に社会的資源を使用する必要はない。
この場合の社会的資源とは(経済的、人的など)
無期懲役の場合は受刑者に金銭、人員など社会的資源を
費やすことになる。
その分の社会的資源を犯罪を起こさない人達のために使用
することが出来る。

さらに、
3:社会の成員であることを社会がコンセンサスによって
全否定することを明示できる。

死は社会からの完全な追放である。ルールを破るものを社会の
コンセンサスによって社会から永久に追放することを示すのは
意味があることだと考える。
刑務所の中も社会の一部であるために、懲役刑は社会からの
追放ではない。

309 :名無し:02/06/20 07:30 ID:mU/Zhav8
死刑廃止を訴える奴って偽善者だと思う

軽犯罪はともかくとして
強姦や殺人などの凶悪犯罪を犯した人間は
処刑すべきだと思うよ

君らは最低の人間だ
国防放棄のインチキ国民だ

310 :朝まで名無しさん:02/06/20 07:50 ID:oy7ha+H5
殺人行為をいかに反復累行しても 当該殺人者の生命だけは
法律上予め保証される結果となる死刑廃止

311 :朝まで名無しさん:02/06/20 09:24 ID:/Y3vE8Sa
>>308
1.懲役刑は例え刑期が1000年でも、冤罪だとはっきりすればその場で釈放できる。
死刑は執行後は取り返しがつかない。例え執行1分後でも。
処刑された人間は釈放できないわけだから、やはり死刑は特別である。

2.多くの国に例があるように、死刑の方がコストがかかる

3.何か無理矢理だな。
刑務所の中は、僅かなつながりがあるとはいえ、一般社会からは隔離された存在
日本人の多くは、刑務所の中と自分たちの生活が同じ社会だとは思っていない
わざわざ永久追放することにどんな意味があるのか

312 :朝まで名無しさん:02/06/20 09:26 ID:9RGsfILK
>>311
>2.多くの国に例があるように、死刑の方がコストがかかる

どうしてそう言いきれるの? 根拠は?

313 :朝まで名無しさん:02/06/20 10:01 ID:y7JWuv/e
死刑の時は、成人男女子の死刑賛成派全員の承諾がなければ
実行されないようにするといいと思う。賛成派はあらかじめ
登録しておいて、死刑執行前に電話やネットを通じて意思表
示する義務を負わす。そして登録した賛成者の中に死刑執行
を承諾しない者がいる場合には死刑は無効となり終身刑か無
期懲役に減刑。死刑賛成派が成人男女子の半数に満たない場
合も死刑は無効。

アメリカで今収監されている死刑確定囚の10%に冤罪の可
能性があると何かのドキュメント番組で言っていました。わ
たしも冤罪のことを考えてしまうので反対派です。人の死に
関わる事を刑務官だけに押しつけるのも嫌です。多くの犯罪
はその社会の縮図だと思うので、俺は関係無いと思っている
一般の人にも責任はあると思います。言い過ぎか?

314 : :02/06/20 10:53 ID:49IIvllG
冤罪の可能性があるのは全ての事件じゃない。死刑を廃止すると
冤罪可能性0の事件まで死刑が適用できなくなる。だが死刑を存置、終身刑を追加し
292の様に使い分ければ冤罪死刑は0にならないか?前にも書いた乱暴な意見だが、凶悪犯罪人に
終身刑か死刑か選ばせるのはどうだろう(w 冤罪であるなら死刑を選ぶだろうか?
罪を認めて終身刑を選ぶ人。死刑を希望する人もカバーできる。死刑廃止するよりは
まだましではないか?


315 :朝まで名無しさん:02/06/20 11:04 ID:fSbCN/SN
日本の刑務所の住環境をわざと悪くするってのはどうかな。
死刑は廃止するけど、終身囚は一生独房から出さないとか、
トンネル工事でもさせるとか。そんでもって囚人の
自殺する権利も認めると。

316 :朝まで名無しさん:02/06/20 11:10 ID:/Y3vE8Sa
>>312
ちょっと検索すればソースが出てくると思うが
理由として、
・死刑囚は他の囚人と比べて厳重警備
・執行までにかなり時間がかかる
・裁判費用(裁判が長期&大がかりになって、費用が増大)
というのがある

欧米ではむしろ
「死刑のメリットのために、余分な金をかけてでも死刑にしなければならない」
という賛成論だそうだ。

317 :朝まで名無しさん:02/06/20 11:23 ID:Gmo0T0hi
>>315
日本の刑務所環境は今でも十分劣悪ですよ。
参考に見沢知廉の一連の著作を読まれたし。

死刑廃止についていえば、欧州諸国が廃止している以上、日本も近い将来廃止せざるを
得なくなるのは間違いない。多分韓国の方が先に廃止する事になるだろう。
凶悪犯罪の抑止効果が議論されているが、一度廃止した国がまた再開したという例が
ほとんどない以上、それほど心配はないのではないか。

むしろ諸外国から「日本は死刑がないと治安維持に対してそれほど不安なのか」
と思われるより、どうせ年に2、3人しか執行してないんなら別に廃止してもいいのでは?
凶悪犯は終身刑にして、一生監獄から出さなければいいわけだし。

318 :朝まで名無しさん:02/06/20 11:29 ID:9RGsfILK
>>314
無実なのに有罪判決を受けるという冤罪問題よりは、無期懲役が妥当なのに死刑判決を受ける
という問題の方が重要で、これもある種の冤罪である。
判決に動機や背景、被告の社会的な位置付け等が考慮されている以上、100%死刑で問題ない
とは言い切れないので「冤罪可能性0の事件まで死刑が適用できなくなる」とは言えない。
だから、初犯の際の裁判では動機などを考慮し、再犯の場合には、犯した罪に比例して自動的に
量刑が決まるという制度にすればいいと思う。
そうでもしないと、冤罪可能性0が成り立たなくなり、廃止派につっこまれるだけである。

319 :朝まで名無しさん:02/06/20 11:39 ID:9RGsfILK
>>316

>死刑囚は他の囚人と比べて厳重警備
厳重警備だからということが、コスト高になるとは限らない。
6ヶ月間の厳重警備と、20年の普通警備とを比べた場合でも、コスト高と言えるのか疑わしい。

>執行までにかなり時間がかかる
これは、判決が出ているにも拘わらず執行をしないという問題であり、死刑制度の有無とは
関係の無い問題である。

>裁判費用(裁判が長期&大がかりになって、費用が増大)
死刑が廃止され終身刑が設けられたとしても、同じように裁判が長期&大がかりになるという
ことは、十分考えられることである。

したがって、「死刑の方がコストがかかる」とは言えない。

320 : :02/06/20 11:46 ID:49IIvllG
冤罪可能性0の事件に全て死刑を適用せよといってるのではない。
冤罪可能性0で死刑やむなしというまれな事件にも死刑が適用できなるなると
いいたかったのだが、書き方がまずかったか。これは失礼。

321 : :02/06/20 12:00 ID:jA1W4Vjq
がいしゅつかもしれんが、死刑をなくして拷問刑というのはどうかな?
手足を切り取る、目を潰すなどの処置をした後社会に戻す。
被害者の気持ちも晴れるだろうし、逆に可哀想という気持ちから
憎しみも薄れるかもしれない。

残虐だからやめろという意見が多そうだが。

322 : :02/06/20 12:11 ID:49IIvllG
冤罪自体はなくす事は困難かもしれない。だが冤罪による死刑ならば292のようにすれば
なくなるのではないか?
>311犯罪抑止力の点だけで見れば+だと思う。だが死刑もありえるほうが
ほんのわずかであるとしても+だと思う。

323 :朝まで名無しさん:02/06/20 12:15 ID:fSbCN/SN
>>321
仮に冤罪とわかっても手足は生えてこない

324 :朝まで名無しさん:02/06/20 12:17 ID:DhrAfbPR
犯罪の複雑化が死刑廃止の一端になっているのでしょうねぇ。
もっと警察や検察のレベルを上げて捜査の確実性を高めない限り、
現状では死刑廃止は免れないだろうなぁ・・・。

もしくは
死刑を廃止する代わりに処罰の強化する、
みたいなものが無いとちと辛いかと。

あ、でも刑務所が万杯になるか・・・。
難しいねぇ・・・。

325 :朝まで名無しさん:02/06/20 12:17 ID:9RGsfILK
>>321

それを言い出せば「レクター博士預けの刑。気に入られればよし。そうでなければ食べられる。」
とか、訳分からん方向に行ってし

326 :朝まで名無しさん:02/06/20 12:18 ID:9RGsfILK
↑ まうよ。 が抜けた。

327 :朝まで名無しさん:02/06/20 14:01 ID:FrWivTIC
正直、死刑制度なんてあると「野蛮・後進国」と思われるのが
世界の風潮。アメリカなんか見ると、「民度が低そうな」州に死刑制度が
残っているので笑える。
民度の高い国は割と死刑制度が無い(例:フランス)

まあ極東の猿ヶ島がどうなのかは、言うまでもない。

328 :朝まで名無しさん:02/06/20 14:03 ID:FrWivTIC
ここで「島流し」制度の復活を求める。適当な島を刑務所専用にして
島の周りを有刺鉄線や赤外線監視網で囲み
死刑相当者はその島で一生自活してもらう。

329 :朝まで名無しさん:02/06/20 14:06 ID:9RGsfILK
>>328
どうせするなら、サバイバーの要素を加えればいい。
毎週、死刑される人間を投票で選ぶ。

330 :朝まで名無しさん:02/06/20 14:56 ID:Gmo0T0hi
>>327
その米国で最も死刑が多い州の知事が今の大統領(w

331 :朝まで名無しさん:02/06/20 15:01 ID:8sWZK3kz
とりあえず「終身刑」とかいう偽善的な名称を改めて
「寿命死刑」と呼称する。
 ようするに死ぬまで閉じ込めるという手段の死刑、
という社会認識をつくり
終身刑がちっとも人道的でないという事実をあきらかにして
死刑存続派をなだめるわけだ。
 で、その「寿命死刑」囚の中の希望者が、自ら執行を要請する事が出来る。
 腹斬っておわびしたい、という者まで留める必要は無い。
 というか、その覚悟はむしろ尊い。
で、そこまでの反省が在るのなら、と
被害者の家族とか関係者が許すと言うのならば
有期刑に減刑ってことにしてもいいだろう。

いつまででも死なない死刑囚ってのは、
ちっとも可哀想じゃないから
たぶん親兄弟、人権擁護派からも見捨てられる。
 死刑を廃止するのには、死刑より酷い制度が必要
というのならこれで十分だろう。

332 :朝まで名無しさん:02/06/20 15:03 ID:9RGsfILK
>>331

いくら閉じ込めてても、天寿をまっとうするのを死刑とは言えんだろ。

333 :朝まで名無しさん:02/06/20 15:13 ID:nrsy+5sR
>>327
1)民度とはなにか?
2)民度の高さをどうやって判断したのか?

334 :朝まで名無しさん:02/06/20 15:27 ID:nrsy+5sR
>>311
1.釈放できるというのは単なる自己満足か、「被害が軽ければ冤罪が
許される」、という考え方の裏返しだと思うが。
被害が重かろうが軽かろうが冤罪は許されない。
如何なる刑罰についても冤罪を無くすように努力するべきで、冤罪の際の
被害が重いから死刑反対というのは本末転倒の議論だと思う。

2.基本的に>>319氏に同意。
現在、コストがかかっているのは運用の問題。
速やかな裁判と刑の執行によってコストは終身刑以下に出来る。

3.一般人がどう思っているか、という問題ではない。
刑務所の中にいても、本人は社会の庇護を受けている。
食事を与えられ、身柄を保護され、人権を保障されている。
死刑を廃止するということは、如何なる犯罪を犯しても社会から
追放されず、人権が保護されるということ。

社会のコンセンサスによって社会から追放され、人権が剥奪される
ということを示すのは意味があることだと思う。
人権は無条件に保護されるものではない。行動によっては
取り上げられるものであるべき。 

335 : :02/06/20 17:20 ID:49IIvllG
>>327
日本の治安は世界の中では良いほうではないか。自虐的にならなくても良い。
極東の島国である日本は独特である。わざわざキリスト教圏の制度にならう必要も無い。
非核3原則や自由信仰、政教分離もなかなか実現できている。
案外進んでいるのは日本の方かもしれないな(W


336 :朝まで名無しさん:02/06/20 19:54 ID:gaMKhMMS
廃止派について分析しますた

・抑止力の点で死刑以上の刑罰は他にありえないだろう。(拷問がいいなら別だが)
 生と死では天と地の差があるようなことを言っていながら死刑も終身刑も
 抑止力には差がないなどという論理的整合性の無さ。統計の見方も知らない
 幼稚さ。都合のよさ。 ダブルスタンダード。

・被害者・遺族の復讐感情の慰めという点でも死刑以上のものはないだろう。
 被害者・遺族の感情を慰めることを死刑のメリットと考えられない思いやりの
 なさ。被害者は永久に命はもどらないのに自業自得の犯罪者を擁護して
 せめてもの慰めである死刑でさえ人権の名のもとに許さないエセヒューマニズ
 ム。

・一般市民の凶悪犯罪に対する嫌悪・不満・不安感の解消。たとえ遺族でなくても
 社会の成員として凶悪犯罪に対する怒りは市民共通のもの。バランスのとれた
 客観的な報いを国が補償していると信じているからこそ、安心して生活できる
 のである。自分が虫ケラのように殺されても犯罪者の命は保証する国。もしも
 歯止めを失った犯罪者に自分がおそわれたら。そのような不安感は実際に統計
 であらわすことはできない。また死刑を廃止した国でさえそうような不安感は
 多く伝えられている。

 上記のメリットは他の刑罰一般にもいえることだが、そのメリットは刑が厳しければ厳しい
 ほど大きい。 ただしそのかわり犯罪者たる受刑者の人権が侵害される。

 メリットは犯罪者でない善意の人及び一般市民の大多数が享受するのに対し、
デメリットを受けるのは犯罪者だけ。

 つまり廃止派は犯罪者でない人や一般市民の幸せより犯罪者の幸せを願い、
人殺しを擁護する一般市民の敵。

337 :朝まで名無しさん:02/06/20 20:20 ID:Gmo0T0hi
>>336
気持ちは分からないでもないが、廃止派を幼稚だのエセヒューマニズムだのと
罵倒するのは逆効果ですよ。
ましてや「人殺しを擁護する一般市民の敵」となると、廃止した国の政府とそれを支持する
国民はみんなそうだということになる。それと死刑廃止を決議した国連も。

まあ、世界はどうみても廃止の方向に向っているので、あせりがあるのかもしれないが、
そんな悪罵ばかりでは、廃止派を利するばかり。
もっと冷静にならないと、早晩、亀井静香の言う通りになりますよ。

338 :朝まで名無しさん:02/06/20 20:34 ID:anl2VGsj
>336
>生と死では天と地の差があるようなことを言っていながら死刑も終身刑も
>抑止力には差がないなどという論理的整合性の無さ。

別に整合しないことも無いだろう。
死刑制度を存置していてもそれがどの程度抑止になっているのか、
存置派は説明のしようがないだけ。

339 :朝まで名無しさん:02/06/20 21:00 ID:v0XxgQyu
>>338
その逆もしかり。
死刑制度がどの程度抑止になっているのか、廃止しても抑止効果が
軽減されないのか、廃止派も説明できない。

340 :朝まで名無しさん :02/06/20 21:02 ID:GrHYfEpJ
世界が廃止に向かってるのはまあどうでもいいとして、実際廃止しない国々に対して
どうやって説得するのかが見物だね。ただ野蛮であるとか、キリストがどうのこうのとか、
このスレででたような意見では到底無理だろうけど。
結局軍事的、経済的圧力とかになるのかな。生きてるうちにどうなるか
楽しみだ。

341 :朝まで名無しさん:02/06/20 21:10 ID:y86g8IcW
死刑よりも凶悪犯罪者で人体実験をしろ。
それなら死ぬ前に人様の役に立てるしな。

342 :朝まで名無しさん:02/06/20 21:14 ID:Gmo0T0hi
>>340
少なくともこれだけは言える。
アメリカ50州が全て廃止したら、存置国の日本はサミット参加国からはずされる。
その時、韓国が廃止していたら代りに韓国が参加国になるかも(w
もっとも、ブッシュが大統領の内は大丈夫(w

343 :朝まで名無しさん:02/06/20 21:19 ID:Gmo0T0hi
>>341
身元引受人のいない、執行された死刑囚の遺体は、大学医学部の解剖実習用に
「献体」されていますよ。せめてもの罪ほろぼしということで、自ら進んで
献体する死刑囚もいる。もっともこれは教誨師がそのようにすすめるらしいけど。
あっ、「死ぬ前」ってことは生体実験ってことね? それはちょっと・・・

344 :朝まで名無しさん:02/06/20 21:29 ID:DzO1Eiex
>>341>>343
これなんか死刑囚にはピッタリなんじゃないかな。

ワシントン(ロイター) サルの脳に特殊な電極を埋め込み、頭で考えた
だけでコンピューター画面上のカーソルを移動させる実験に、このほど
米研究者らが成功した。実験を繰り返すうち、サルは次第にカーソルを
正確に動かす方法を習得したという。この技術を人間に応用すれば、
義肢の開発などに大きな進歩が期待される。

http://www.cnn.co.jp/science/K2002061900863.html

345 :朝まで名無しさん:02/06/20 21:48 ID:qjYOqYw3
亀井のスキャンダルがばれて一網打尽の可能性も!

346 :朝まで名無しさん:02/06/20 21:53 ID:gbv6DVR1
だいたい、今時、死刑判決を受けてる奴は最低3-4人も殺した究極のドキュソ共だろ?
山口母子殺人屍姦事件のウルトラクソガキでも死刑にならんのに。
こんな奴らの命を救って何になる。
殺された被害者・遺族が浮かばれん。

347 :朝まで名無しさん:02/06/20 22:00 ID:gaMKhMMS
廃止派のよりどころ。「死刑廃止は世界の潮流」。議論の正しさとなんの関係
もない。捕鯨反対みたいなあきらかなダブスタ電波にも「民度の高いよーろっぱ
の人たちが言ってるから正しいはずだ!」とか納得してるんだろうかね・・

348 :朝まで名無しさん:02/06/20 22:03 ID:qjYOqYw3
こんなこといってるからね。
http://www.amnesty.or.jp/campaign/dp_exe.html

349 :朝まで名無しさん:02/06/20 22:08 ID:rLfsS1Gl
アメリカが廃止したら日本まで圧力くるの?
そんなつまらん事ありえるのかな(w 
核もてとか軍隊増強せよとかなら まだわかるけど

350 :朝まで名無しさん:02/06/20 22:27 ID:gbv6DVR1
亀井静香は警察官僚の時に無実の奴を犯罪者にでっち上げて
死刑にしたことがあって
良心の呵責に苛まれてるのか?

351 :朝まで名無しさん:02/06/20 23:06 ID:qjYOqYw3
つい最近、中国人犯罪者2名が死刑確定したね。
92年にパチンコ屋襲撃して強盗殺人だったと思った。
外国人犯罪者の死刑が確定したのは60年代いらい久々らしい。

352 :朝まで名無しさん:02/06/20 23:27 ID:vPfWiyLD
>>337
同感だな。
そうした罵倒もそうだが、考え無しの主張をする存置派がいるのも痛い。
「死刑の抑止力云々」にせよ、
実証のできない、逆に、廃止派に都合の良い反証の備わった論点から
積極的に死刑を正当化しようとするから低能な廃止派にさえ足元をすくわれる。
存置派にとって、
「死刑が持つ特別の抑止効」など無ければ無いで構わないのだ。
そもそも、刑罰は「抑止効」から設置しているわけではないのだから。
他の刑罰にせよ死刑と同様、抑止効が証明されているが故に、
存在しているわけではない。
それを「抑止効はあるぞ」等と抗弁する、してしまう感性があまりに痛すぎる。

本来、存置派は、現状維持派であって、
廃止派が持って来る廃止理由にアンチテーゼを提出すれば良いものを
上記のような考え無しが廃止派を利する主張をするために、
存置派の側が「死刑が社会に必要な刑罰」であることを
証明しなければならないような信じがたい議論の状況が演出されつつあるのは
大変、遺憾である。

353 :朝まで名無しさん:02/06/20 23:37 ID:/JVgtEcQ
>>352
そうそう!!
存置派と廃止派は対等ではない。

「チャンピオンがタイトルを防衛するには引き分けでもいいが、挑戦者は勝たなければタイトルを奪えない」ってこと。

存置派はチャンピオンであり廃止派は挑戦者なんだから、むきになってやりあう必要はない。何も無ければ存置され続けるだけなのだから。

354 :朝まで名無しさん:02/06/20 23:54 ID:k7b+gzid
「世界の潮流(趨勢)」とか言うセリフ、死刑論議以外の問題、例えば安保・防衛問題とかでは全然聞いたことがないんだけど…。

355 :朝まで名無しさん:02/06/20 23:58 ID:aeJQ63Sb
>>352>>353
んじゃ、仮に君達が死刑の無い国に生まれていたとしても
あるいは死刑の無い国へ移住せざるをえなくなったとしても
「俺は現状維持派だからチャンピオンなんだよーん」って
余裕こいていられる?
それとも「いやー、やっぱ死刑は必要だよ」って思う?



356 :朝まで名無しさん:02/06/21 00:06 ID:FSj9vlq0
>>355
また仮定の話か…
論じてるのは「日本で死刑を廃止すべきかどうか」だろ?

357 :朝まで名無しさん:02/06/21 00:21 ID:H7S2Fma6

>>350

ゼネコンが刑務所立てたがっているからだろ
スポンサーをかんがえれ

358 :朝まで名無しさん:02/06/21 00:26 ID:kzwhWNWa
>>357
死刑囚なんて受刑者全体からみればホンの一握りでしょ。
そのせいで刑務所建て替えるなんて事ないよ。

359 :朝まで名無しさん:02/06/21 00:36 ID:H7S2Fma6

死刑を廃止すれば、終身刑が導入される。
人一人の一生分の生活空間を考えれ

犯罪防止効果ももちろんだけど


360 :朝まで名無しさん:02/06/21 00:50 ID:C4mChrwJ
人権派はさ、朝日やら共産党やらみんなそうなんだけど人間的にはすごい
優しい人たちなんだと思うよ。弱者の力にならなければ!って。サリンまいて
市民虐殺した連中やら中学生拉致してレイプして山に捨てた浮浪者とかさ、
俺らみたいな心優しくない人間はそんな犯罪者の命なんてまったくどうでも
いいと思うんだけど、そんな虫ケラみたいな人間の命を必死になって守ろう
とする姿みるとなんか感動さえするというか・・どういう育て方されたら、どう
いう教育うけたらそういうふうになれるんだろう。すっごく興味あります。この
人たちなら「自分が身代わりになって死刑になるからこの犯罪者を救ってく
ださい!」とまで言いそう。つうか廃止派は「自分が殺されてももう生き返る
ことはないんだから犯人の死刑を望むことはない」ってふつうに言ってるから
あながちありえないこともない。じゃためしに聞いてみよう。もしも誰かが身代
わりに死ねば死刑囚を助けられる制度あり、あなたが指名されたらあなたは
受け入れますか?拒否しますか?あ、廃止派って仮定の話ができないんだ
った。しかし議論で「仮定の話はできない!」ってのもなんかすごいよな・・
ま、なんにしてもこのスレは面白い。自分と廃止派の感覚の乖離っぷりが
なんか日本におけるワールドカップの韓国マンセー報道ぐらいのかけ離れ
方。へんな宗教にはまってる人と話した時のような違和感。ある意味「人権」
って今世紀最大の宗教なのかもね。誹謗中傷だめとか言われても正直に
書くとこうなっちゃうから仕方ない・・すんませんもう引っ込みます・・

361 :(´∀` ) ◆mona.SiQ :02/06/21 00:52 ID:WytwRtVs
>>360
改行とか、句読点を勉強してくれ。
読む気がしない。

362 :朝まで名無しさん:02/06/21 01:50 ID:lR6YO8Sk
>>355
そのような仮定は無意味だな。存置派は(一部の馬鹿を除いて)
あらゆる社会にとって死刑が必要である等言ってはいない。
宅間、林のような殺人犯が全く存在しない極めて治安の良い理想的な社会、
或いは、冤罪を乱発させるような極めて国家司法への信頼が薄い社会では
「死刑が必要でない」かもしれない。

しかし、廃止派にせよ、存置派にせよ、
さしあたって問題にしているのは現在の日本社会なのではないか?

363 :朝まで名無しさん:02/06/21 01:53 ID:onSvhJo4
>>352

あなたはの言い分が正しいですね。いい加減あるかないかも分らない抑止力
について議論することが無意味だということを理解して欲しい。
抑止効果以外の死刑存置の正当な理由、廃止の正当な理由について議論して
欲しいです。

364 :朝まで名無しさん:02/06/21 01:57 ID:qAKu3Heb
>>360
おそらく誰も読まないと思われ(w

365 :Ver5:4:02/06/21 04:52 ID:wsB7GCxy
>>308
>何度も述べているように、冤罪などの問題は死刑に限らず
>他の刑罰についても付随する問題であり、死刑についてのみ
>力説する必要はない。
なぜ「冤罪は他の刑罰についても附随するから死刑についてのみ力説する必要はない」のですか。
どうもここが議論の要のようですね。私は「冤罪死刑のリスクは他の
冤罪刑罰のリスクより特別に大きい」と考えます。あなたの考えを
308より詳しく書いて下さい。
>それによって得られる死刑独自のメリット。
>1:受刑者が再犯のおそれはない。
仮釈放無しの無期懲役でも実現できるでしょう。
>2:受刑者に社会的資源を使用する必要はない。
冤罪死刑のリスクを越えるものとは思えません。

>>334
>冤罪の際の被害が重いから死刑反対というのは本末転倒の議論だと思う。
本末転倒とは?何が「本」で何が「末」なのですか?

>>339
>死刑制度がどの程度抑止になっているのか、廃止しても抑止効果が
>軽減されないのか、廃止派も説明できない。
死刑制度がどの程度抑止になっているのか、だれも説明できないとすると抑止論自体成り立たないでしょう。

366 :朝まで名無しさん:02/06/21 05:03 ID:YFVJdmFC
>>365
免罪は法の運用の問題という、別の問題であると思う。
免罪を産むような状況では、死刑を適用しない とすれば、全く支障が無くなる。
「免罪の可能性が0であるなどという、完全な状況がありえるのか?」
と反論されそうだが、思考実験として、「仮にあったとして」死刑の是非を
考えるべきであろう。

367 :朝まで名無しさん:02/06/21 06:04 ID:Uvk9Uq8W
死刑の是非を抑止力に問うべきではいと思う。
それをいうなら、殺人に限らずすべての犯罪も同じこと。
あくまで、無辜の市民の命が奪われたことへの応報という観点だけで考えればいい。
そういう意味では、死刑ですら軽すぎる。

368 :鬼畜皇帝にゃんすけ:02/06/21 06:13 ID:9ClRnXWL
死刑を反対する人は、奇麗事で言っているんじゃない。
自分が犯罪を犯した時、死刑になりたくないから。
そうでなければ、自分に無関係な死刑に対し、反対なんかしないでしょう。
彼らはこれから犯罪を起こそうとしているのです。
犯罪予備軍です。
何かが起こらないうちに、根切りにしましょう。

369 :朝まで名無しさん:02/06/21 06:21 ID:75B8tAoJ
>>366
そこまで言うのならば、ストレートに

冤罪はあってはならないが、ゼロには出来ない。
それでも、死刑を存置すべきか否か?

という観点から議論すべきではなかろうか?
冤罪を限りなくゼロに近づけるように努めるというのが、
当然の前提ね・・・


370 :朝まで名無しさん:02/06/21 06:34 ID:WxLJerHP
>>365
1.冤罪死刑
私はそもそも冤罪のリスクに大小をつけて論じようという考え方に
反対である。
どのような冤罪であっても、冤罪の被害者にとってダメージを
与えることは同意して頂けるものと思う。
そこで考えるべきことは、全ての冤罪を無くすべく努力する
ことだと思う。
死刑の冤罪のみを取り上げて特別視することは、軽犯罪やその他の
犯罪の冤罪を軽視する議論に繋がりかねない。
故に死刑の冤罪のみを特別視する考え方には反対なのである。

2.死刑のメリット

3)一般人がどう思っているか、という問題ではない。
刑務所の中にいても、本人は社会の庇護を受けている。
食事を与えられ、身柄を保護され、人権を保障されている。
死刑を廃止するということは、如何なる犯罪を犯しても社会から
追放されず、人権が保護されるということ。

社会のコンセンサスによって社会から追放され、人権が剥奪される
ということを示すのは意味があることだと思う。
人権は無条件に保護されるものではない。行動によっては
取り上げられるものであるべき。 

3.本末転倒とは?何が「本」で何が「末」なのですか?
社会秩序の維持が「本」それを達成するための手段に付随する
リスクが「末」。
全ての冤罪を可能な限り防ぐのが「本」
死刑の冤罪のリスクのみを大きく取り上げるのが「末」

4.
司法制度がどの程度抑止になっているのか、誰も説明できないとする
と抑止論自体が成り立たないでしょう。

貴方の論法を使えばこうなる。
司法制度がどの程度抑止になっているのか、個別の刑罰が
どの程度抑止になっているのか、きちんと示せるのか疑問。

それに、既に出ているが、現状を変更しようとしている死刑廃止派の
方が死刑を廃止しても抑止力が低下しない理由を示すべきであろう。

5.何度も主張しているが、私は消極的死刑賛成派である。
死刑を廃止した場合のきちんとした司法システム、刑罰のシステム
を提示してもらえれば、死刑廃止に賛成することもありえる。

Ver5:4氏の主張「冤罪死刑のリスクが大きいから死刑反対」
というのは理解できたが、それだけでは私は死刑廃止に
賛成できない。
他の観点や死刑廃止後の司法システムを提示してもらえないので
あれば、私としてはこれ以上貴方と議論する必要を感じない。

371 :朝まで名無しさん:02/06/21 06:42 ID:+Qt7sUF/
>>370
その1.は冤罪を犯罪に置き換えるだけで反論できる。

372 :朝まで名無しさん:02/06/21 06:59 ID:Uvk9Uq8W
>>271
じゃあしてみろ

373 :朝まで名無しさん:02/06/21 07:16 ID:eWMM+jj2
>>330
それに、その今の大統領の父親は、かつて死刑廃止派のデュカキス候補と大統領選を戦い圧勝した。

374 :朝まで名無しさん:02/06/21 07:58 ID:L1j6Hi4i
>>369
おかしい。
ハイジャック、立て籠もり等、国民の大多数がメディアを通じて立ち会うような
個々のケースにおいては、冤罪の可能性等無い例が確実にある。
大抵これ等は凶悪犯罪なわけだが、「これで死刑を課せられないのか?」という話を
しては何故いけないのか?
全体として冤罪の可能性が無くならない事が、個々のケースにおいて冤罪の可能性が
無い事への証明にはならない。


375 :納税奴隷:02/06/21 07:58 ID:yddKrWxd
1>
結論は裁判官の主観と偏見で決まる。真実がわからなくても判決が出る!
裁判に陪臣員をつけなければ民主主義でない!
鈴木宗男は「検察ファッショ」の犠牲!検察(主観と偏見)が正しい?

376 :M.O.R.:02/06/21 08:01 ID:RLt+5Wm9
>>368
その程度の暴論なら私にでも言える。

君の場合、常に犯罪者を比較の対象として置かなければ、自分の存在価値を証明できない底辺の人間なんでしょうな。

どうよ?

377 : :02/06/21 08:05 ID:8+ic1kVR
死刑が応報だって。
まるで土人並みの発想だね

378 :納税奴隷:02/06/21 08:06 ID:yddKrWxd
石原都知事「変な裁判官」。検察ファッショの時代であることを認識せよ!

379 :鬼畜皇帝にゃんすけ:02/06/21 08:38 ID:v8bBQyBH
>376
いや、ただ、死刑という行事が好きなだけ。
本当は、悪い奴が死ぬ前に思うことが知りたい。
それも数多く、資料として。

380 :朝まで名無しさん:02/06/21 09:11 ID:rXyTbnrH
>>374

>318にこう書いてある。

無実なのに有罪判決を受けるという冤罪問題よりは、無期懲役が妥当なのに死刑判決を受ける
という問題の方が重要で、これもある種の冤罪である。
判決に動機や背景、被告の社会的な位置付け等が考慮されている以上、100%死刑で問題ない
とは言い切れないので「冤罪可能性0の事件まで死刑が適用できなくなる」とは言えない。

381 : :02/06/21 09:41 ID:Ymm7yLv4
>>384
死刑を廃止すると明らかな凶悪犯罪にも死刑が適用できない。
冤罪の可能性があるなら死刑にせず終身刑でとどめておけばいいんじゃないか。
{それで冤罪自体はなくならないが、冤罪死刑はなくなるだろ?}
死刑制度をなくせば死刑は行えない。だが死刑制度があれば死刑をおこなうことも
おこなわないこともできる。日本はまだ賛否両論の状態である。
法を変えてまで廃止する必要はまだない。

382 :朝まで名無しさん:02/06/21 09:42 ID:eE2unAfP
偽善でしょ

383 :朝まで名無しさん:02/06/21 12:24 ID:1nqSmwqH
悪意を持った、あるいは広い意味で狂っている犯罪者を擁護する必要はあるのだろうか?
こういったケースの為に死刑罰は必要だと思ふ。

決定的な証拠が無くて、冤罪の疑惑がある場合は
死刑になることは無いのでは?

384 :朝まで名無しさん:02/06/21 15:11 ID:ALc5kb1U
>>370
横レス、(とはいえ、所々絡んでいるが)
>故に死刑の冤罪のみを特別視する考え方には反対なのである。
半世紀以上を獄中ですごした者の冤罪が判明して釈放された例がある。
釈放された老人は「あと半年でもいいから生き長らえたい」と話したという。
死刑はこうしたわずかの可能性さえ奪う点であきらかに自由刑とは異なる。

>人権は無条件に保護されるものではない。行動によっては
>取り上げられるものであるべき。
人間の中から「社会的不適格者」を選定して抹殺するという危険思想。
ナチに通ずる。

>司法制度がどの程度抑止になっているのか、個別の刑罰が
>どの程度抑止になっているのか、きちんと示せるのか疑問。
まさにそのとおりでは。そもそも目的刑論(含む抑止刑論)は主流ではない。

>それに、既に出ているが、現状を変更しようとしている死刑廃止派の
>方が死刑を廃止しても抑止力が低下しない理由を示すべきであろう。
欧州の例を見よ。


385 :朝まで名無しさん:02/06/21 15:12 ID:ALc5kb1U
犯罪者の命を奪ったところで犯罪被害は消えることはない。
史上どんな厳罰を課す社会にあっても犯罪が消えたことは無い。
人間が間違いを犯す存在である以上、冤罪が消えることは無い。
したがって、死刑制度は正義の実現としては常に不完全である。
人間には「できること」と「決してできないこと」がある。
そうであるなら、せめて「刑罰として生命の剥奪をしないこと」が
人間に出来る最低限の正義の実現。
そして、それが「人間による裁き(応報・刑罰)」の限界でもある。
人間には「決してできないこと」があるのだということについて
死刑存置派は自覚すべき。

386 :381:02/06/21 15:22 ID:Ymm7yLv4
>>384 ではなく >>369か失礼。

387 :381:02/06/21 15:39 ID:Ymm7yLv4
結局思想、宗教的な話になるのか。なおさら世界統一は無理だ。

388 :朝まで名無しさん :02/06/21 15:43 ID:+OAGuxw8
欧州や主流に倣わなければいけない理由がよく分かりませんです。

389 :朝まで名無しさん:02/06/21 15:47 ID:rXyTbnrH
>>385

犯罪者の自由を奪ったところで犯罪被害は消えることはない。
史上どんな厳罰を課す社会にあっても犯罪が消えたことは無い。
人間が間違いを犯す存在である以上、冤罪が消えることは無い。
したがって、刑罰制度は正義の実現としては常に不完全である。
人間には「できること」と「決してできないこと」がある。

こう置き換えても、文章が成り立つということは、前提が崩れていると
いうことであり、あなたの結論は成り立たない。

390 : :02/06/21 15:53 ID:nS6+d68l
腐れDNAは早期に絶つべきだ!

391 :381:02/06/21 16:06 ID:Ymm7yLv4
冤罪の可能性があるなら死刑執行せず引き続き真実を探れば良い。
冤罪の可能性がなくなれば死刑執行。これで冤罪自体無くならないのは当然だが
冤罪による死刑は無くなる。実際日本ではこうではないか?
冤罪ではないから死刑が執行されるのではないか?


392 :朝まで名無しさん:02/06/21 17:05 ID:WVUaX70f
>冤罪の可能性があるなら死刑執行せず引き続き真実を探れば良い

日本ではこういう場合は無罪になると思う。
ほとんどの冤罪のケースでは刑が一度確定した時点では
冤罪の可能性は無いと判断されているはず。

393 :朝まで名無しさん:02/06/21 17:25 ID:v980mLbQ
廃止論者と討論し始めた時に感じる、あの何か息苦しく腑に落ちない感情。
遣り合う中で沸沸と湧き上がる猛烈な違和感。

廃 止 論 者 に は 何 を 言 っ て も ム ダ


394 :朝まで名無しさん:02/06/21 17:38 ID:O4nM7qVd
廃止論者に一発過激なことをかますと、

あんたら「人間の命は地球より重い」と思っていませんか。
人間の命がそれほど重いならあんたらが肉を食っている毎日
命を奪っている牛・豚・鳥の命もおなじくらい重いのよ。

国が死刑首の命を奪うのは、憎しみや欲望や趣味や邪な思いのためではない。
法律に基づき裁判を行い公平な判決の結果、厳粛に執行されるものであり
正当で道義的であり、人間性に反するものではなく、人間の限界にふれるものでもない。

395 :朝まで名無しさん:02/06/21 17:49 ID:lkbgYnpW
>>392
それはアナタ、とても甘い見方ですよ。

正当防衛や偶発的殺人が、計画的殺人とされて死刑判決を受けたケースは今でもある。
たいてい被告はカネがないので、いい弁護士の雇えない。
おまけに誘導尋問で作られた調書は法定での証言と同等に扱われるうえに、
判事は法定証言よりも、調書の方を重く見る傾向がある。

よくよく被告の言い分を聞いてみると、死刑判決には疑問がある例は少なくない。
ところがこれが暴力団がらみの事件だったりすると、マスコミも取り上げないし、
人権派の弁護士が無償で弁護を引き受ける事もない。

これが決して遠い過去の出来事ではないというところが恐ろしい。

396 :朝まで名無しさん:02/06/21 17:49 ID:+LZcctZi
>>394
いいこと言った。

「地球よりおもい人間の命」を奪い去った死刑囚の命を助ける根拠がこれまた
「地球よりおもい人間の命」

「地球よりおもい死刑囚の命」を奪い去る死刑制度も助けてくれ。廃止派よ。

397 :朝まで名無しさん:02/06/21 17:57 ID:O4nM7qVd
>>395
具体例を出さないと説得力がない。
>おまけに誘導尋問で作られた調書は法定での証言と同等に扱われるうえに、
>判事は法定証言よりも、調書の方を重く見る傾向がある。
これは本当かね。
遠い過去でないというが、戦前ではないという程度の意味だろ。

398 :段造:02/06/21 18:01 ID:flu49wVx
>>395
>おまけに誘導尋問で作られた調書は法定での証言と同等に扱われるうえに、
>判事は法定証言よりも、調書の方を重く見る傾向がある。

これは本当ですよ。
しかし、一人殺しても死刑になることはまず有り得ない現在で、この
ような冤罪を心配する必要は無いのでは。

399 :朝まで名無しさん:02/06/21 18:08 ID:gvNd9mow
無期懲役にすべきところを死刑にする場合も
広く「冤罪」という話があったけど、
そのように考えるなら、死刑と無期懲役の線引きが
ハッキリしていなければならないのでは???


400 :朝まで名無しさん:02/06/21 18:29 ID:qwdQCZgi
>>384
欧州でそうなったからって、日本でも同様の結果が出る保証はどこにもないと思うが…。

401 :朝まで名無しさん:02/06/21 18:45 ID:2r8LlbtL
じゃあさ、じゃあさ、こうしようよ!

国民総背番号制度が施行されたら、真っ先に「あなたは死刑制度に賛成しますか?Yes/No」をインプット。
で、当然俺は「死刑賛成」にチェック入れるわな。

で後日、俺が凶悪犯罪の被害者になったら、加害者は死刑有りを前提として裁判を受ける。
もし俺が「死刑廃止」にチェック入れてたら、加害者は死刑無しを前提として裁判を受ける。

どうよこれ?
まじでスッキリ爽やか完全解決じゃないかい?>>ALL

402 :朝まで名無しさん:02/06/21 18:49 ID:flu49wVx
>401
死刑廃止派だったけど、気が変わって、登録変更しに役所にでかける
途中で殺されたらどうなる、とオアってみる。

403 :朝まで名無しさん:02/06/21 19:11 ID:urFxgYjX
>>401
ただの煽り? ぜんぜん上の話を踏まえて無いじゃん。
ただ賛成派の「自分に危害を加えたヤシは殺して欲しい」って言う部分だけ
取り出しただけじゃん。

404 :401:02/06/21 19:13 ID:2r8LlbtL
いやまじで!
これはいけるYO!
画期的なアイデアだよ!>>401

さっそくこのアイデアを亀井静香にメールしてみようか!
いや〜俺って天才?うひゃひゃひゃひゃ!

405 :401:02/06/21 19:18 ID:2r8LlbtL
>>403
あのー。
死刑廃止派の「自分に危害を加えたヤシでも死刑にしないで欲しい」って言う部分も
取り出したつもりなんですけどー。ぷぷぷ!けけけ!

406 :M.O.R.:02/06/21 19:21 ID:RLt+5Wm9
>>401
そうして統計を取ってみると、凶悪犯罪者になる確率が高いのは、賛成派の方だったという罠

407 :401:02/06/21 19:25 ID:2r8LlbtL
というわけで、死刑賛成派のお父さんも、廃止派のお母さんも、
安心して宅間に刺殺されてください!心配は要りません!

国民背番号管理委員会が責任を持ってあなたの遺志を裁判に反映させます!
なんといっても被害者であるあなたの遺志ですからね!
事件に関係の無い野次馬どもには口出しさせませんよ!

「個別の対応」、これからの時代はコレですよ!

408 :朝まで名無しさん:02/06/21 19:25 ID:a0zZKIHW
>>401

却下。賛成の人間と反対の人間を2人殺したときに成り立たない。

409 :401:02/06/21 19:30 ID:2r8LlbtL
>>408
あぐぅ・・・・。
わずか40分でそこに気づかれたか・・・・。2chもあなどれんなー。

じゃ、引き分けのときはPK戦ってことでOK?

410 :朝まで名無しさん:02/06/21 19:31 ID:flu49wVx
>408
その場合には、個々に裁判をやるんだから、A殺しで死刑。B殺しで
無期懲役。
結果死刑になる、と。
だから、殺すほうはよく見極めてから殺す、と。
そして、殺されるほうは登録しておいて、誰でも見れるようにしておく。

411 :朝まで名無しさん:02/06/21 19:35 ID:R7l6EBZD
>410
成立していない。

412 :朝まで名無しさん:02/06/21 19:42 ID:lkbgYnpW
馬鹿な冗談は廃止派の思うツボ

413 :401:02/06/21 19:44 ID:2r8LlbtL
お!いいね!それいいね!>>410

この制度は要するに「自分の意見には徹底的に責任を持ちなさい」ってことを追求しただけのものなのさ。
ある意味正論だろ?人権尊重の極致だろ?
どんな結果になっても被害者の意思なら遺族も満足するしかないし。
司法側も表向きは人権尊重の姿勢を貫けるし。
殺人鬼も無差別殺人には慎重になるだろうし。

さて、廃止派の連中がどこまで自分の意見を貫けるかどうかが見ものだな・・・・・ぷぷぷ。
宅間に狙われないようにね!

414 :朝まで名無しさん:02/06/21 19:56 ID:R7l6EBZD
>>401
そもそも死刑廃止に賛成であることと、
実際に自分や親兄弟が被害にあった時に
犯人の死を望むこととは関係ないだろ。

つーか、そもそも被害者の心情なんてものは
刑の決定に関係無いだろ。

いつから刑法はリクエストに応じてくれる
ようになったんだ?


415 :朝まで名無しさん:02/06/21 19:56 ID:flu49wVx
>413
確か、これ以前に出たアイデアなんだけど、
廃止派の踏み絵になることは確かだね。

416 :朝まで名無しさん:02/06/21 20:00 ID:flu49wVx
>414
被害者の心情は関係あると思うよ。
判例でも学説でも、被害者の心情は無視していないよ。

417 :朝まで名無しさん:02/06/21 20:13 ID:WBS/fMwU
とにかく早く終身刑をつくってくれ!
これまでの
死刑はやっぱり死刑
無期懲役は終身刑にしてくれ
なんで無期懲役で15−6年くらいで出所して、またまた
殺人事件を起こしたりするんだ!
無期懲役がどうして懲役20年よりも短い刑期になるんだ?
全く異常だよ!

418 :朝まで名無しさん:02/06/21 20:26 ID:3paypGXm
>>410
「類は友を呼ぶ」
>>401のような低能が現れると、他の低能も活発に発言するようになるらしいな。

被害者の数だけ裁判して判決出すとでも思っているのか?
連続殺人にせよ爆弾テロのような無差別大量殺人にせよ
同じ被告人による同一公訴事実なら被害者が何人いようが
当然、裁判とその判決はその事件に関して為される。

被害者の数だけ裁判が必要なら、
麻原の裁判全てが今世紀中に結審することは無いだろうよ。


419 :朝まで名無しさん:02/06/21 20:35 ID:flu49wVx
>418
じゃあ、公訴事実を同一にしない範囲で生じた事件にすれば
良い訳ですね。

420 :朝まで名無しさん:02/06/21 20:36 ID:3paypGXm
>>414
被害者の心情についてだが、
事実認定には基本的に関係ない。
量刑判断には関係ないことも無いが「犯人の死を望む云々」の感情なら関係ない。
通常、被害者の心情が量刑に影響を与える場合とは、
例えば、加害者と被害者で示談が成立している場合など。
逆の心情、すなわち、殺してやりたい、復讐してやりたい等の
負の感情に基づくリクエストには丁重な無視の姿勢を貫いている。

そうしなければ、
およそ殺人事件で死刑にならないケースは存在しなくなってしまうしな。


421 :401:02/06/21 20:42 ID:2r8LlbtL
わははは!完璧だ!完璧にカンペキだあ!
これは司法における革命ですよ!(ある意味まじで)
「自分の意見に徹底的に責任を持ちましょう」これだよ、これ!

賛成派のあなたも反対派のあなたも、自分の意見には胸を張りましょう!
いっそ全国放送で主張するぐらいの公明正大さを持ちましょう!
ネットに流出しても怒ってはいけません!なにを隠すことがあるのですか?

また自分の意見を他人に押し付ける必要はありません!
自分の意見は自分自身の問題のみに適用されるのですから!
勇気をだして意見を持ってください!

反対派ばかり殺人鬼に狙われる?
ははは馬鹿なことを。死刑には無期刑以上の抑止力なんて無いのではなかったのですか?

我々背番号管理委員会は、あなたの意見をその生涯に渡って、
いやその後についても永遠にお守り致します!
富士山中深くに埋められ、一秒間に1000億テラバイトの情報処理が可能な
ウルトラスーパーコンピューター「えんま」がそれを可能にするのです!

ご期待ください!


422 :朝まで名無しさん:02/06/21 20:49 ID:3paypGXm
>>419
意味不明。連続殺人や無差別大量殺人は単一の事件であって、
被害者が何人いようが別々に裁判をすること等あり得ないと述べた。
つまり、>>410の解釈では、
大きく時間、場所に隔たりがある事件(公訴事実が同一でない)において、
それぞれの被害者が異なる意思を示していた場合には妥当するとしても、
無差別大量殺人のようなケース(>>408はこちらを示したと思われるが)では
>>408の反論に対する答えとならないことを指摘したのだ。


423 :朝まで名無しさん:02/06/21 21:17 ID:cYkQH3ly
お馬鹿さんが迷いこんだ模様・・・。

・・・鬱だのう。

424 :朝まで名無しさん:02/06/21 21:21 ID:mVJPVfuL
>>401
死刑に賛成、反対は加害者だけでなく被害者の意思も尊重すべきだろ。
一致してなかったらどうするの?
また、とっちかというと被害者の意思を尊重すべきと思うが。

425 :401:02/06/21 21:28 ID:2r8LlbtL
おまいら、俺を馬鹿馬鹿言うな!>>423

明らかな膠着状態に陥って、なんの発展も無い無間ループの議論をグダグダと続けている
このスレに、新風を吹き込んでやったのに!(とかいう)
文句言う前におまいらもちょっとは何か有効なアイデア出してみろよ!

っていうか、賛成派と廃止派のいろーんな矛盾点や問題点が浮き彫りになったろ?
わからんだと?それはおまいの読解力が低いからだよ。
とりあえず俺のレスを声出して100回読めや。んで今夜は早めに寝ろ。

あと、俺の発言「内容」に嫌悪感を持った人、あなたは正しい。

426 :401:02/06/21 21:30 ID:2r8LlbtL
あ、>>424さん。
もちろん加害者の「司法に対する意見」は無視されます。>>401をよく読んでください。
これは今までも無視されてるんですから問題ないはずですね。

427 :朝まで名無しさん:02/06/21 21:31 ID:lkbgYnpW
>>417
一般に無期懲役は14,5年で出てくるとよく言われるが、これは間違い。
獄中20年以上で仮釈放にならない囚人は結構いる。
第一、身元引受人がいないと仮釈されないし、多くは獄中で拘禁性精神症に
罹ってしまうので、シャバどころじゃないんですよ。

428 :朝まで名無しさん:02/06/21 21:33 ID:gvNd9mow
>>418
殺人の場合は、公訴事実(訴因)は被害者ごとになるんじゃないのか?
被害者が複数の場合は数罪が成立、あとは刑法45条ないし54条の問題だろ?

429 :朝まで名無しさん:02/06/21 21:38 ID:gvNd9mow
>401
あのさ、被害者が複数いた場合、
死刑OKとNOとどっちが多いかで決めるんでしょ?

もともと、死刑の存置廃止は法律で決めることであって、
法律は国会で多数決で決める。
で、国会議院は国民が選ぶ・・・

結局、国民が死刑の存置と廃止のどっちを選ぶかって意味では、
同じような話にならないか?

430 :401:02/06/21 21:45 ID:2r8LlbtL
お、いいところに気が付いたNE!>>429

存置/廃止の議論が紛糾しちゃうのは、制度を一気に「全体に適用」しようとするからなんだよね。
だからこそ、>>401のような「個別の対応」が効果的になってくる。これで全員満足さ。

しかも本質的には「国民が自分で自分の運命」を決めているに過ぎない。
極めて民主主義的だとは思わないかい?

431 :朝まで名無しさん:02/06/21 21:57 ID:mVJPVfuL
>>426
司法では加害者の意思が判決に影響するのは殺意があったとかなかったとかだろ。
加害者の思想は判決には関係しないだろ。
思想的なものは加害者も被害者もない。
加害者の思想を考慮するなら被害者の思想も同じように考慮するのが公平だ。

432 :401:02/06/21 21:58 ID:2r8LlbtL
>>429
>>430にちょっと補足ね。

「事件に無関係に生きている大量の国民の意見の多数決を執る」のよりも
「被害者として殺された数人の国民の意見の多数決を執る」の方が
理にかなってるかな?と思うんだ。

433 :401:02/06/21 22:03 ID:2r8LlbtL
>>431
もういちど>>401をよく読んでください。(お願いします)
多分あなたは勘違いしているのでは。被害者と加害者が逆ですよ逆。

434 :朝まで名無しさん:02/06/21 22:06 ID:uSr6ddzM
>>389
>こう置き換えても、文章が成り立つということは、前提が崩れていると
>いうことであり、あなたの結論は成り立たない。

なぜ?
>>389「刑罰制度は正義の実現としては常に不完全」ゆえに
>>385「それが「人間による裁き(応報・刑罰)」の限界」であって、
「そうであるなら、せめて「刑罰として生命の剥奪をしないこと」が
人間に出来る最低限の正義の実現」=死刑廃止、という結論になる。

435 :納税奴隷:02/06/21 22:07 ID:yddKrWxd
死刑は裁判官の思想(主観と偏見)で決まる。ここでの意見は無意味!
国民参加(陪臣員)制度を取り入れよう。
鈴木宗男議員も検察の考えで捕まった。「検察ファッショ」をやめさせよう!

436 :朝まで名無しさん:02/06/21 22:27 ID:kzwhWNWa
>>435
O・J・シンプソン事件とか見ると(少なくともアメリカの)陪審員制というものが
かなり問題のある制度だということがわかる。


437 :朝まで名無しさん:02/06/21 22:33 ID:C4mChrwJ
http://board.asahi.com/nat/board/index.php?qid=250&cn=1153

ここのじゅんさいっていう人のコメントを読んでください。ここの死刑廃止派といってることが
そっくりです。相手を殺さなければ自分や子どもを守れないという状況になったらどうするの
か?という質問対してのコメント。やっぱり徹底的に仮定の話はしたくないんだね(w


438 :朝まで名無しさん :02/06/21 22:43 ID:23IIqzc/
>>434
>「刑罰として生命の剥奪をしないこと」が
>人間に出来る最低限の正義の実現」=死刑廃止、という結論になる
この辺がまんま宗教的発想なんだよ。それで納得させようとするのは無理だ。


439 :朝まで名無しさん :02/06/21 22:51 ID:23IIqzc/
>>435
>死刑は裁判官の思想(主観と偏見)で決まる
たしかにその影響も大きい。実際死刑を適用する裁判官もいれば適用しようとしない
裁判官もいるだろう。だからなおさら死刑を存置しておかなければいけない。
存置ならば裁判官の思想がどうであれ双方の判決を下すことができる。
だが廃止してしまうと死刑を適用しようとする裁判官の思想だけが拒否される。


440 :朝まで名無しさん:02/06/21 22:55 ID:SkQkY2VE
とりあえず懲役30年〜100年くらいまでと、終身刑を導入して、しばらく様子
見してみるのが良いと思う。現状では無期懲役では不満な事件ももっと適切に罰す
る事ができるし、やたらと死刑を出す必要もないし。
そうして事実、終身刑等で十分であり死刑の必要性がなくなると判断できれば廃止
すれば良い。

441 :朝まで名無しさん:02/06/21 22:56 ID:0UpipBkC
>>435 人を殺した奴は例外なく、自動的に死刑判決で全て解決!
情状酌量で辞世の句を詠むのを許すとか、
切腹の栄誉を与えるとか、
極悪人には、首を晒すとかの差を設ければイイ!

442 :親切な人:02/06/21 22:58 ID:pIJh/lYs

ヤフーオークションで、凄い人気商品、発見!!!

「 RX-2001 」がパワーアップした、
「 RX-2000V 」↓
http://user.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/NEO_UURONNTYA#.2ch.net/

ヤフーオークション内では、現在、このオークション
の話題で、持ちきりです。

ヤフー ID の無い方は、下記のホームページから、
購入出来る様です↓
http://www.h4.dion.ne.jp/~gekiyasu/#.2ch.net/

443 :名無し:02/06/21 23:09 ID:qniL/ivV
殺人等の重罪には、死刑を適用する。
少年であっても、殺人を犯せば死刑とする。
これ位、重罪を設けなければ、犯罪は減らない。
強姦にも死刑を適用したほうが良いかも。
何処の国の人間とは言わないが、日本で好き放題やって
本国に帰る奴は許せない。

444 :朝まで名無しさん:02/06/21 23:11 ID:kzwhWNWa
>>441
私も賛成。
凶悪な犯罪を犯しても死刑にならないんじゃあ、犯罪抑止も何もあったもんじゃない。
今の日本の刑罰はあまりにも甘すぎる。

445 :401:02/06/21 23:19 ID:WdesFJ4m
ふふふ・・・・・・再び無限ループに突入した模様だな・・・・・。
まあこのスレはそれを楽しむ為のものだから、いいか。

446 :朝まで名無しさん:02/06/21 23:20 ID:kzwhWNWa
近々EUの首脳会議が行われるんだけど、そこで重要な議題の一つとして
不法移民対策が話し合われる事になっている。
現在EU各国では不法移民(不法入国者)による犯罪の増加が非常に大きな
問題になっていて、移民排斥運動もあちこちで起きている。
「死刑廃止はヨーロッパの潮流。日本もその流れに乗らなければいけない」
などと主張をする死刑廃止派がいるが、そのヨーロッパの現状がこれだ。
日本の刑罰はアジア各国と較べても非常に甘い。
不法入国者による犯罪の増加を食い止めるためにも、今の日本に必要なのは
より一層の刑罰の強化である事は間違い無い。

447 :朝まで名無しさん:02/06/21 23:24 ID:bWEt2Fmx
>>428
ゆえに「公訴事実が同一なら」と述べている。
殺人事件であっても、
一家惨殺や無差別大量殺人のように同一公訴事実で、
複数の被害者が出る場合の話をしている。(>>422参照)

それから被害者の数=訴因という認識は改めた方が良い。
銃を乱射した結果、二人の人間がそれにより死んでしまった場合、
それを、それぞれ独立した殺人罪として構成する馬鹿はいないだろ。

448 :朝まで名無しさん:02/06/21 23:28 ID:dGNSciDo
とりあえず麻原と宮崎と宅間が終わるまで死刑は残してくれ。


449 :朝まで名無しさん:02/06/21 23:34 ID:uSHjghXD
>>433
ゴメソ
逆だったな。
なら意義はないのだが、これは結局、死刑廃止派には常に不利益になるだろう。
廃止派を牽制する案であって、廃止派は決して賛成しないと思うが。

450 :朝まで名無しさん:02/06/21 23:35 ID:hKbf9V3I
>>447
あのー、刑法54条(観念的競合)って知ってます?

451 :朝まで名無しさん:02/06/21 23:39 ID:uSHjghXD
ループはしていない。
もうこのスレ最近はずっと死刑存続派が優勢だよ。
廃止派はもうたいした意見が出てこない。

452 :朝まで名無しさん:02/06/21 23:41 ID:0UpipBkC
死刑存続派=一般常識人
死刑廃止派=電波。神がかり。出世の見込みもない法曹人
って言うことでよろしいでしょうか?

453 :朝まで名無しさん:02/06/21 23:58 ID:uSHjghXD
>>452
電波とは思わないが、理想家、夢想家、性善説派、、、、
100年経てば死刑はなくなっていると思う。
廃止派は生まれるのが早かったな。(藁

454 :401:02/06/22 00:03 ID:j/yEVB6m
>>449

彼らが自身の主張(死刑の抑止力は無期刑と変わらない)を信じているのならば、
>>401案には賛成せざるを得ないはず。(けけけっ)
それに死刑反対という主張はかなうんだし。飛びついてこなきゃおかしいはず。

まさしく>>401に賛成しない奴は、「もともと無理のある主張してた」あるいは
「もともと自分の言ってることに自身が無かった」あるいは「結果を引き受ける覚悟は無い」
ってことになる踏絵だよね。

・・・できれば>>401に対する廃止派からの突っ込みが欲しいなあ・・・・・

455 :朝まで名無しさん:02/06/22 00:21 ID:H8cC2S3H
>>454
反論は簡単。
廃止派は「すべての犯罪者の死刑には反対する」
これだもん。
最初から話にならんというだろう。

456 :朝まで名無しさん:02/06/22 00:29 ID:sJf8UqnI
>>454

「地球より重い人の命」を持ち出した廃止派もいたからなぁ。
そういう廃止派は、>>401の意見には賛成しないだろうし、「自分の言ってることには自信がある」ってことになるから
踏絵にはならないね。


457 :朝まで名無しさん:02/06/22 00:29 ID:H8cC2S3H
>>454
死刑存続派は、
「ふざけんな!おまえが死刑廃止論者だろうが死刑に該当する罪を
犯した者はみんな死刑じゃ」
こういうだろう。
両派からそっぽ向かれるだろうな。
残念だったな(藁

458 :チョソ:02/06/22 00:33 ID:D33P1Lky
死刑はマダ甘いと言うことで良いですか?

459 :457:02/06/22 00:34 ID:H8cC2S3H
げげ!
ネタにマジレスしちまった。(w

460 :朝まで名無しさん:02/06/22 00:37 ID:sJf8UqnI
>>459

ネタにマジレス、これ基本。

461 :H:02/06/22 00:39 ID:thQCkWza
死刑廃止が、実現すれば日本は殺人者達の国家となる。

462 :朝まで名無しさん:02/06/22 00:52 ID:H8cC2S3H
>>461
ただ、西洋で死刑を廃止した国では、廃止しても特別凶悪犯は増えなかったという。
さてこれをどうみるべきか。

463 :朝まで名無しさん:02/06/22 00:58 ID:sJf8UqnI
>>462

犯罪が増えるとは書いていないようだが。

464 :朝まで名無しさん:02/06/22 01:02 ID:sJf8UqnI
死刑を廃止すれば、全人口における殺人者の割合は確実に増えるな。
99分の1より、100分の2の方が大きいもんな。

465 :朝まで名無しさん :02/06/22 01:02 ID:qDgDoXml
とにかくなにがなんでも死刑は駄目という信念が最初にあって、で後から理由をつけ足してるような感じ。
存置派の意見はまずいろんな状況とかを分析してその結果、存置という結論が出たと感じられる。
なんか廃止派意見の仕方って宗教の勧誘の人と話ししてるのと似てるんだよ。
決め付けというか絶対的な思い込みが激しいんだよね.....
で最後には、どうせ世界はそう向かってるだの日本を馬鹿にしたような捨てゼリフ。
これなんかほんと宗教勧誘をしっかり反論して断った時に言われる「不幸な事が起こるかも知れませんよ」とか
「これからこの宗教は世の中の主流になりますよ」みたいな感じでそっくりなんだよ(TT



466 :朝まで名無しさん:02/06/22 01:14 ID:NtruX33e
死刑賛成派も宗教的(あるいは偏向的)正義感でカイてると思うがな(w

467 :朝まで名無しさん:02/06/22 01:16 ID:ji7/7vgA
>>370
>死刑の冤罪のみを取り上げて特別視することは、軽犯罪やその他の
>犯罪の冤罪を軽視する議論に繋がりかねない。
分かりませんね。軽犯罪の冤罪は十分重い。死刑の冤罪はさらに特別に重い。
どこがおかしいのですか。

>社会秩序の維持が「本」それを達成するための手段に付随する
>リスクが「末」。
>全ての冤罪を可能な限り防ぐのが「本」
>死刑の冤罪のリスクのみを大きく取り上げるのが「末」
「本末転倒」とは「目的と手段を逆にしている」と言うことで、この分析が
正しいものなら説得力を持ちます。
しかし「リスク」も「リスクを取り上げること」も「末(目的)」では
ありません。分析が(熟語の使い方が?)誤っているので
何を言おうとしているのか分かりません。

>貴方の論法を使えばこうなる。
私は抑止論は取りません。これは書いておいた方が良かったかも知れませんね。

>私は消極的死刑賛成派である。
すると私は消極的死刑反対派ですね。冤罪死刑がなくなることが保証されれば
死刑に賛成することも有り得ます。ところで仮釈放無しの
無期懲役(終身刑?)でなぜいけないのですか。

>他の観点や死刑廃止後の司法システムを提示してもらえないので
>あれば、私としてはこれ以上貴方と議論する必要を感じない。
別に議論しなくてもいいですから、私を一気に死刑賛成派にするようなことを
書き込んで下さい。

>>398
冤罪死刑がないことを制度的に保証すべきだと思います。

468 :朝まで名無しさん:02/06/22 01:27 ID:aVi8hLFW
>>467
まぁ、言いたいことはわからんではないが・・・

>冤罪死刑がないことを制度的に保証すべきだと思います。
ってなコトを言ったら
冤罪懲役がないことは制度的に保障しなくてもいいんかい?
ってことになるぞ・・・

過去ログを読む限り、冤罪死刑に関しては、
どうやら「生命の価値」が線引きの基準になっているみたいだけど、
だとしたら、結局、思想的な理由で死刑を反対しているのと
実質、同じコトになるんでないかい・・・


469 :401:02/06/22 01:32 ID:j/yEVB6m
>>455>>456>>457
そうそう。それそれ。みんな自分の意見を他人に強要しがちなんだよね。
これこそがこの問題の本質じゃないかな。

自分自身の信念のはずなのに自分ひとりじゃ満足できない。
事件が他人の身に起きてる場合でも、それに遠くからあれこれ指図したがるんだよね。

だから、「自分の主義はまず自分のみが実践して見せよ。話はそれからだ」ということで一蹴。
まあもし>>401法案が可決しても、廃止派にチェック入れる奴は殆どいないだろうけど。(w

470 :朝まで名無しさん:02/06/22 01:39 ID:mYaTztwD
まぁ、長い歴史をもった国では、それなりに社会秩序が形成されている
わけで、アメリカ開拓時代のような「見せしめによる凶悪犯罪の抑止効果」
をアマリ必要としない資質(文化的・遺伝的)の集団が残っているのでしょう。

もっとも、タガをはずすと、ゲーム理論のように、それを利用して自分の
勢力拡大を図る因子が増えてしまうのはしかたがないでしょう。
が、もともと凶悪犯罪を犯す資質というのは、ある程度生来的なものが
環境によってひきだされるもので、罰による抑止とは関係ないかも。
でも、リスクがおおきければおおきいほど犯罪の抑止効果となるのは事実
でしょう。一発免停となったら、交通違反のリスクを(まともな人なら)
犯そうとしないでしょう。

で、結論:死刑は、リスクを天秤に掛けれる社会適合者への犯罪抑止効果が
あるが、まっとうな人はそもそも凶悪犯罪を犯さない。
凶悪犯罪を犯す因子をもった社会不適合者には抑止効果などそもそも無意味。

471 :朝まで名無しさん:02/06/22 01:42 ID:sJf8UqnI
>>401
法案ねぇ。確定拠出年金でも意識してる?

472 :前前スレ96:02/06/22 02:18 ID:Gj2Kud4E
うわー、もう駄目かと思ってたのにいつの間にか伸びたね。
もう着いて行く気力はないのでたまにROMします。
みんな頑張ってね。

473 :朝まで名無しさん:02/06/22 04:11 ID:xIbkQRUm
>>465
狂信者は存置派、廃止派に平等に存在していると思うがな。
というか廃止派、存置派をゼロサムで論じるお前の行為自体、
私には既に宗教じみた行為だと思われるが。

それは結局の所、死刑廃止の中の狂信者が
「死刑廃止運動は文明的。存置派は野蛮人」等と、寝言を言う行為と
何ら変わりがないのだからな。

474 :鬼畜皇帝にゃんすけ:02/06/22 04:43 ID:+LaUfw28
もっと、感動的、衝撃的な死刑がいいね。
ドラマチックな死刑。
エンターテインメントな死刑。
みんなが求めているから、公開処刑希望だな。
死刑囚が「死にたくない!」って叫びながら刑が執行されるのを見たら、
犯罪抑止にもなるし、スポーツや映画を見るよりエキサイティングするだろう。

475 :朝まで名無しさん:02/06/22 07:13 ID:e/9mWZcx
俺は裁判官や検察官になって、現行の法制度の枠内で極限まで
加害者をガソガソ責めたてたい。そのために猛勉強中だ。
さあ今日も勉強頑張ろう。死刑廃止?キチガイぶりもほどほどに
しとけ。お前らが何言ったって当分死刑は存続だよ。そんなに
廃止したいならしっかり亀井に献金しとけよ(藁
廃止派のクソ連中ども、絶対俺の判決にひざまづかせてやるからな。
まったく死刑廃止論ほどムシャクシャするもんもないが、ついつい
覗いてしまい勉強がおろそかに・・・いけねえや。


476 :朝まで名無しさん:02/06/22 07:18 ID:jr32hzsY
 浅原も琢磨もほっと胸をなでおろす、死刑廃止か。

477 :朝まで名無しさん:02/06/22 07:48 ID:VBK/lbVr
ところで、国によっては麻薬や誘拐で死刑になるところもあるが、
それについてはどう思う?
他に、思想犯・政治犯についても。

478 :朝まで名無しさん:02/06/22 08:25 ID:G1bd6lYh
「麻薬や誘拐程度で死刑にするとは野蛮」とでも言わせたいのだろうが
それは、その国の量刑の関する問題で、国によって量刑を決める際の
背景が違う以上、ここで持ち出すことではないし、日本の現状と比較して
批判できるような問題でもない。



479 :朝まで名無しさん :02/06/22 08:26 ID:6DU/0ru2
>>473
存置しておけば1つ1つの凶悪事件に対して双方の思想などを元に死刑か否か
選択できるわけだ。言いかえれば存置、廃止派のどちらの主張も通る可能性があるということだ。
だが死刑を廃止すると廃止派の主張しか通らないではないか。
どちらの狂信者が極端なのかわかってる人は多いと思う。
廃止or存置 ゼロサムではないのか?





480 :朝まで名無しさん :02/06/22 09:28 ID:IQoZXeV7
俺はこう思うだけど
1.殺人事件はすべて死刑(極論、存置派だが狂信者レベル)
2.殺人事件でもその都度死刑と他の刑罰使い分け(存置派だがバランス良)
3.どんな殺人事件でも死刑禁止(極論、廃止派で狂信者レベル)
単に廃止か存置で見て、もし廃止するとなるとどう見ても偏りすぎる。
日本では2番のはずなのでいいと思う。



481 :朝まで名無しさん:02/06/22 09:45 ID:Sf4V8bYC
>>480

 そのとおりだな。10人殺しても100人殺しても命は保証します
なんて宗教としか思えない

482 :朝まで名無しさん:02/06/22 11:35 ID:piUmcSBc
廃止か存置かの議論はひとまず置いておいて、ここで死刑制度をめぐる現状について、
世界の状勢と日本とのかかわりを整理して考えてみたい。

このスレでも何度か触れられてはいるが、世界的な趨勢として、死刑は廃止の方向に
向っているといってよい。この流れは歴史的必然とする国も多く、国連も死刑廃止を決議した事を
みても、その是非は別にして流れ自体はもはや止める事は出来ないだろう。

死刑廃止という考えはキリスト教的概念からということも無論あることはあるが、
特に市民革命を実現した国々では、権力者に自国民の命を奪う権限を与えない、
とする思想が大前提としてある。
国家権力から、国民の命を守るためには、まず死刑制度を廃止させることから始まる、
という論理だ。従って国家間での争いたる戦争はまた違う問題となる。

日本での死刑論議は、一般犯罪の事案を前提に語られるが、欧州では権力者対国民との
観点から死刑廃止へと進んだ側面もあるのである。
宗教的な意味付けよりも、実際はこの考え方の方が大きいともいえる。
この辺は、歴史的に市民革命の経験がない日本人には、にわかに理解できないかもしれない。

いずれにせよ、21世紀の前半は環境問題と人権問題が、世界の重要課題として
論議されることに間違いない。
ただ、超大国アメリカが、現在この問題に政府として背を向けているので、
日本も欧州の顔色を伺いながら、アメリカに追随しているというのが現状だ。
それが、死刑執行数が死刑判決の数より圧倒的に少ない、年間2〜3人のというところに
よくあらわれている。

アメリカの今の大統領は、ゴリゴリのタカ派なうえに、あの9,11事件でアメリカ全土での
死刑廃止は遠のいた。
しばらくはこの状態が続くだろうが、ブッシュ後にどう展開するかは未知数ではある。
数年後、アメリカにハト派の大統領が登場し、その時の日本の首相が亀井静香であった場合、
大きく廃止に傾くことが考えられる。

しかしながら、死刑制度の完全廃止となると、現行の裁判制度が根底から覆るうえに、国民の声も
無視できない(仮に国民投票を行っても、当分は存置が過半数だろう)。
そこでこれは予測ではあるが、死刑制度は残したまま、終身刑制が制定される可能性が高い。
そして、死刑自体はほとんど執行されなくなるだろう。

483 :朝まで名無しさん :02/06/22 11:54 ID:IQoZXeV7
>>482
大変わかりやすく感謝です。特に最後の段落部分はまさしく日本で起こりうる事だと思います。
日本以外のアジア諸国でも、この状態までなら可能性高いですね。


484 :朝まで名無しさん:02/06/22 12:11 ID:vXfa7+QL
>>421
スパコン「えんま」、マジきぼんぬ

485 :朝まで名無しさん:02/06/22 12:14 ID:wIbIJOPl
>>482
死刑存続派だが、終身刑はあってもいいと思うよ。
無期刑と死刑の間に判決の選択の幅が広がると言うか。
死刑の廃止が世界の大勢というか、まあ、それが文明の
進化の方向だというところで同意する。
が、当分の間は死刑は人類にとって必要だと思うよ。

486 :朝まで名無しさん:02/06/22 12:40 ID:2oJAw/l8
殺人には2つのタイプがある。
つまり、突発的な犯行と計画的な犯行。
突発的な犯行では捕まったら死刑などとは考えられない。
一方、計画的な犯行では捕まることを前提としない。
よって死刑は殺人抑制力とならない。

という人がいたのですが…



487 :朝まで名無しさん:02/06/22 12:41 ID:4fV/Qphm
死刑廃止したらこういうとき無茶苦茶困るのでは?近年のバイオテクノロジーを甘く見てはいかんぞ。

テロリストは全身が細菌製造工場=チェリャビンスク全滅事件の真相を政府委員長が発表−ロシア

 【モスクワ19日時事】2009年8月に起きたロシアのチェリャビンスク全滅事件の
原因を調べている政府委員会のクレバノフ委員長(産業・科学技術相)は19日、
記者団に対し、バイオ手術を受けたテロリストの存在が原因との結論に達したと言明した。
 住民390万人が犠牲となったチェリャビンスクの空気感染エイズ渦の原因について、
逮捕されたテロリストが特殊な細胞置換処置を受け、全身の細胞を使ってウイルスを散布している
可能性が高いと指摘されていたことについて、全面的に認める形となった。
テロリスト3名を収監しているモスクワ刑務所では厳重な検疫を実施しているが、エイズ渦の再発を
完全に防ぐことは非常に困難であるとの見通しである。
またテロリスト3名は日本への亡命を強く希望している。 (時事通信)

488 :朝まで名無しさん:02/06/22 12:50 ID:rgMHmRiz
616 :ぞんびちゃん ◆YWD.onQ2 :02/05/26 21:59
イベントのお知らせが来たのでコピーを貼ります。
出られそうな人はいますか?

28日(火)
9:00〜 東京/議員会館
●死刑廃止のためのセミナー
 シスター・ヘレン・プレジャン
 シスター・マリア・グラスウォール
◎アムネスティ日本  担当 :石川
tel: 03-3203-1050 /イエズス会

18:00〜 東京/上智大学 10号館
●講演会
 シスター・ヘレン・プレジャン
 シスター・マリア・グラスウォール
◎アムネスティ日本  担当 :石川
tel: 03-3203-1050 /イエズス会


死刑廃止には、キリスト教がからんでるの?

489 :朝まで名無しさん:02/06/22 12:52 ID:4fV/Qphm
もちろん強くからんでますよ。>>488

490 :朝まで名無しさん:02/06/22 12:55 ID:wIbIJOPl
>>486
突発的な犯行ってなに?
衝動的な無計画な犯行のことか。
それでもたくさん殺せば死刑になるだろう。
計画的犯行はむろん捕まらないとして計画
するのだろうが、失敗すれば死刑になるとわかっていれば
計画を立てるにしてもより慎重になり計画の成功が
完璧でなければ犯行を断念する割合が多くなり立派な抑止力になる。
現実にに完全な犯罪などほとんどない。これは犯罪計画を
立てるにしても相当のプレッシャーになる。

491 :朝まで名無しさん:02/06/22 12:59 ID:F95i8Vqh
>>486
俺に殺人許可証と拳銃とそいつの住所をくれや。

口の中に拳銃突っ込まれながら、そいつは悟るんだ。
死刑にも抑止力はあったんだ・・・・・ってね。
でももう遅過ぎるのさ・・・・・・バン!

492 :朝まで名無しさん:02/06/22 13:58 ID:piUmcSBc
>>488
シスター・ヘレン・プレジャンというのは、アメリカ映画「デッドマン・ウォーキング」の
原作者で、映画の主人公でもある。アメリカのイエズス会の修道女で、死刑廃止運動のリーダー。
実はこの人はノーベル平和賞の候補になっている。
ノーベル賞の中でも、平和賞は政治的目的に利用される事が多い。
廃止推進国のスウェーデンとしては、死刑廃止運動の象徴的人物に平和賞を与えて
米国にプレッシャーをかけようという腹づもりのようだ。


493 :朝まで名無しさん:02/06/22 14:07 ID:3FIVRQaW
>>492
スエーデンの国民は税金で罪人を養う事を納得しているからな。
犯罪は社会が産む物だと考えればそれくらいの負担は当然だが。


494 :朝まで名無しさん:02/06/22 14:21 ID:G1bd6lYh
>>493

スウェーデンは、犯罪報道の面において匿名報道主義をとっており
人権のとらえ方が、日本とはまったく違うということも書かないと
方手落ちになる。

495 :朝まで名無しさん:02/06/22 14:24 ID:tS3i3YkI
>>494
犯人も被害者も両方ですか?

496 :朝まで名無しさん:02/06/22 14:47 ID:G1bd6lYh
>>494

基本的にはそのはず。
犯人も被害者もという観点ではなく、犯罪報道の被害を無くすため。

497 :朝まで名無しさん:02/06/22 14:47 ID:G1bd6lYh
>>496>>495へのレスね。

498 :朝まで名無しさん:02/06/22 14:59 ID:IQoZXeV7
日本でキリストの教えに倣って廃止なんかすると政教分離に触れないのかな。
あと他国からの圧力があれば内政干渉にあたるとか。
なんか捕鯨問題とか人口中絶問題とか安楽死問題と一緒で
ほんと国それぞれ文化の違いとかですむんじゃないの?


499 :朝まで名無しさん:02/06/22 15:10 ID:DtTb8Ehp
>>498
死刑廃止に至るのは民度向上や文明の成熟によるものと思う。
キリスト教や外圧など無関係に、日本独自で検討しても
良いものだと思うが、日本は民度低いからな・・・


500 :朝まで名無しさん:02/06/22 15:21 ID:IQoZXeV7
>>499
そこまで低くないと思うよ。犯罪率も低いし、日本人も世界からみれば野蛮という声よりは
温和、勤勉、規律正しい等、良い評判のほうが多いんじゃないの?
誇れるところはたくさんあるって。
あとなんで廃止派って日本のことを民度が低いとか極東の猿島とか
さげすむ言葉をはくんだろ。日本をより良くしようという思いが伝わらないよ。



501 :朝まで名無しさん:02/06/22 15:28 ID:IQoZXeV7
後もうひとつ。
日本独自で検討してるから死刑存置のままなんでしょ?
ただecや欧州諸国が廃止に向かってるという日本以外での動きが活発になってきたから、
問題が浮き上がってきただけでね。


502 :朝まで名無しさん:02/06/22 15:34 ID:F95i8Vqh
>>500
死刑廃止派や捕鯨反対派ってのはほとんどが似非進歩派だからな(W
キメ台詞「だから極東の猿島は駄目なんですよ・・・・ふぅ〜」

で、心の故郷パリのことを思いながらワインを開けるって按配さ(w
まさに戦後教育の悪いお手本みたいなもん。

503 :朝まで名無しさん:02/06/22 15:43 ID:DtolGdkI
>>500
民度が高い国民が小泉政権などを産むとは思えんが・・・
国勢選挙の投票率も50%程度だしな・・・
民主国家の1員という自覚が低すぎる。


504 :朝まで名無しさん:02/06/22 15:43 ID:jboCOS/w
>>500
差別的においがプンプンするな。
人権派はこういうことに抗議するべきじゃないのか?

505 :朝まで名無しさん:02/06/22 15:52 ID:IQoZXeV7
あらら きれいにかかってくれたね(w
やっぱり日本と日本人が嫌いなだけだったか。

506 :朝まで名無しさん:02/06/22 15:53 ID:F95i8Vqh
見事に釣れましたね。>>505

507 :_:02/06/22 15:57 ID:Iwym3ejM
>>503
「誰にしても同じ」と言う感覚が強いからな。
ろくな政治家がいないから誰に投票しても
自分の意思が反映されるとは思えない。

それ以前に自分の意思を考える基礎知識も無い。
政治家が難解(そうな)言葉を使い興味をもてない人が多いからだ。
分かりやすい言葉で語ってくれる(または語れる)政治家、学者は
まだまだ少ない。

あと日本人に民主的な自覚が芽生えにくいのも仕方ない。
日本人は未だに政府を「お上」だと意識していて
「お上に任せておけば安心だ」と言う感じがどこかにある。
何か起こってからじゃなければ危機感を感じない。
これは国民性というか文化だから仕方ないけどさ。
長い間封建制でやってきた国だからねえ。

508 :朝まで名無しさん :02/06/22 16:17 ID:IQoZXeV7
なんか死刑廃止、存置の話はもう煮詰まってきたかな。
またループを期待してたりして(w

509 :朝まで名無しさん:02/06/22 16:26 ID:qMscybPx
文明が良い方向に発展し続ける限りは、死刑はいずれ無くなるだろう。
その先には犯罪など殆ど存在しない社会が待っている。

510 :_:02/06/22 16:47 ID:Iwym3ejM
>>509
それは無理だと思う。
いくら文明が発達しても人間がもっと道徳的にならないとな。
現状見るととてもとても。

511 :朝まで名無しさん:02/06/22 17:16 ID:IQoZXeV7
>>509
だからそれはまさに宗教的思想なんだって。
わざわざそんなこと言うから反発買うんだよ(w

512 :朝まで名無しさん:02/06/22 17:20 ID:IQoZXeV7
なんだかスレッド伸ばし職人にうまく乗せられてるんじゃないかと
思えてきたよ。ただ俺が鈍いだけか?(w

513 :朝まで名無しさん:02/06/22 17:27 ID:G1bd6lYh
とりあえず、外国の例いうことで、アメリカの犯罪者射殺を見習いましょう。
そうすれば、犯罪者がどんどんいなくなるので、死刑制度の必要性も無く
なることでしょう。


514 :朝まで名無しさん:02/06/22 17:50 ID:YxK6Glmy
>>513
現場の判断で殺して良いなんてのは滅茶苦茶だよ。
(アメリカが滅茶苦茶って意味ではない)

やっぱり司法の手続きによらなければね。
そうしないと罪刑法定主義の原則が無意味になるからさ。
結構危険じゃないかね?

515 :朝まで名無しさん :02/06/22 18:13 ID:Cr+jteWn
まあ それでも死刑制度はいるかな

516 :朝まで名無しさん:02/06/22 18:16 ID:G1bd6lYh
>>514

廃止派が「外国を見習え」とか「犯罪者の命でも地球より重い」とか言うから
ちょっと皮肉を言ってみただけだよ。

517 :朝まで名無しさん:02/06/22 18:34 ID:1wbRLECZ
終身刑にしたらしたで人権屋が「囚人の待遇を改善しろ」とか
言い出して、渋谷の段ボールハウスのオッさんたちより良い暮
らしをさせてしまう罠。

518 :朝まで名無しさん:02/06/22 20:17 ID:aQJNce8Y
文明が発達したらって言うけど・・
いくら時代が違っても、人の本質は変わらん。
若い時は物知らずの馬鹿だし、
歳とって物事がわかってきた頃に、人は死ぬようにできておる。
超長寿社会になって,200歳まで生きるように
なり、世の中の平均構成年齢が80歳くらいになれば、
変わるかもしらんが。

519 :朝まで名無しさん:02/06/22 21:20 ID:Ju0iV9/S
死刑廃止して民度が高いヨーロッパの国は、兵器を外国に輸出してるのにな。
日本は兵器を輸出してない。
このへんも評価してやれよ!

520 :朝まで名無しさん:02/06/22 21:25 ID:DD6eeY74
 死刑廃止。おれは賛成だ。もう娑婆で楽しいことなんてみいだせねえから
残りの人生刑務所で十分だ。廃止になったら殺しまくってやるさ。
 どんなに殺しても死刑にならねえんだからな。何人殺せるか記録ゲームが
できるぜ。

521 :朝まで名無しさん:02/06/22 22:44 ID:SX8TBNWR
文明が発達するとは?
単に技術の進歩のことなのか、倫理観や道徳も伴うのか。
もっとも現実から都合のよい倫理観を形成していることも否めないが…

それと日本は兵器を輸出してない。ってただできないだけだけだと思う。圧力圧力で





522 :朝まで名無しさん:02/06/22 22:50 ID:uur9UvZj
なんつーか、このスレの連中は歩み寄ることを知らんな。
議論ってのは相手を言い負かすのが目的じゃないのに、勘違いしてる馬鹿がいるね。


523 :朝まで名無しさん:02/06/22 22:53 ID:1CB5AUm6
>>522
存置か廃止かってな話で、歩み寄ったらどうなるんだ?(w

524 :朝まで名無しさん:02/06/22 22:55 ID:uur9UvZj
>>523
そういうことを言ってるんじゃないんだが・・・
まぁ、わからんならいいや。

525 :朝まで名無しさん:02/06/22 23:00 ID:jboCOS/w
人命ごときが地球よりも重いわけない。
地球がなけりゃ人はそもそも生きていけない。
人がいなくても地球は回る。

526 :朝まで名無しさん:02/06/22 23:02 ID:j2bACEJ2
>>524
きみ、あまり2chで書き込んだことないだろう。
自己完結してどうするの(藁
>議論ってのは相手を言い負かすのが目的じゃないのに、勘違いしてる馬鹿がいるね。
523のレスとしてどういう目的なのか答えるのが礼儀だよ。


527 :朝まで名無しさん:02/06/22 23:12 ID:OtGgBjFm
あまり2ちゃんで書き込んだことないのは、
馬鹿の相手をいちいちする奴だろ。厨は放置。

>礼儀だよ
プ

528 :朝まで名無しさん:02/06/22 23:24 ID:j2bACEJ2
>>527
オマエモナー

529 :401:02/06/22 23:48 ID:jKC6v7oH
>>523
だーかーらー>>401は見事な歩み寄りなんだってば〜
んも〜

530 :朝まで名無しさん:02/06/23 00:05 ID:byUjsV1u
>>517
全くその通り。
元々人権屋連中というのは自分の国の悪口を言うのが目的だから、死刑が廃止されたところで良く言うわけがない。次の悪口のネタを捜すだけだ。

実際、殆ど知られてないと思うが、菊田は「プリズナー」って本を書き、その前書きで「日本の刑務所は人権を無視している」なんて書いてる。やれやれ…

531 :朝まで名無しさん:02/06/23 00:19 ID:6EE9bh0+
>>529
おまえまだ居たの
粘着やなー(w

532 :朝まで名無しさん:02/06/23 09:29 ID:DLSQSkVF
なんか素人目で見てると廃止派の意見って瞬殺されまくりに見えるんだけど、
他の人はどう見えるんだろう。あとどうでもいいところに突っ込んだり、
ただ罵りたいだけみたいに感じるんだけど。

533 :Ver5:4:02/06/23 10:04 ID:jRa4ctnx
>>468
>「生命の価値」が線引きの基準になっているみたいだけど、
>だとしたら、結局、思想的な理由で死刑を反対しているのと
>実質、同じコトになるんでないかい・・・
「生命の価値」は思想的?「生命の価値」は人間社会すべてで共通でしょう。
まさか死刑存置派は、殺人とその他の犯罪では単に重さが違うだけ、と
思っているわけではないでしょう。

534 :朝まで名無しさん:02/06/23 10:32 ID:tTlIA2OM
>>533 
>「生命の価値」は人間社会すべてで共通でしょう。

はあ?
誰にそんな教育受けたの?
ちゃんと世界が見えてますか?

535 :朝まで名無しさん:02/06/23 10:48 ID:Z8wF5XLz
>>533

「生命の価値」は世界共通でない。
日本における「生命の価値」と、自爆テロを繰り返す国の「生命の価値」は
同じだとお考えか?

536 :朝まで名無しさん:02/06/23 11:10 ID:Lc9Edbn6
>>553
言いたいことは分かるが、世間一般のDQNと同じ勘違いをしているぞ。

いいかい?命に価値など無い。ゴキブリも宅間もあなたも等しく「命の価値」は0だ。
でも何かに価値があり優先順位があるのは間違いない。それは何か?

答えは「他人との絆にのみ価値がある」。
これは見た目は「命の価値」と混同しがちだけど、冷静に考えれば違うものなのが分かるはず。
以下について検討すればこれが正しいことが分かるはずだよ。

・ゴキブリを殺してもいいのは何故か?(単なる不快虫なのにね)
・インドで名も無い農夫が死んだと聞いても、あなたが悲しまないのは何故か?
・通夜に参加する人の数が、故人によって極端に差が有るのは何故か?
・大地震が起きたときに、真っ先に身内・友人の安否を心配するのは何故か?

537 :536:02/06/23 11:16 ID:Lc9Edbn6
死刑を宣告されるような凶悪殺人犯は、この「他人との絆」を自ら破壊したからこそ重罪なのだ。
そう、大多数の国民に嫌われるようなことをしたからこそ、ゴキブリのように叩き潰されるのだ。
犯人に残った絆は、両親のものだけだろう。

そこには何の矛盾も無い。
厳しいようだが、これが現実だよ。
「命には普遍的な価値がある」というのは、悲しいが夢に過ぎない。

538 :535:02/06/23 11:26 ID:Z8wF5XLz
>>536

俺が言いたいのは、死というものに対する考え方が違うってこと。
死に対する考え方が違う以上、死刑制度にたいする考え方も当然違ってくるし
そういう意味で「命の価値」を死刑制度の賛否の基準には出来ないってこと。

539 :536:02/06/23 11:45 ID:Lc9Edbn6
>>538
いや、すまん。>>536-537>>533に向けてのレスじゃ。

確かにあなたの言うとおり。
>>536-537のような考え方は、世界共通ではない。
それは間違いない。つうか俺も数年前までは考えたことも無かった。
(今では「死」がからむロジックとしては唯一普遍性の感じられる理屈だと思っているが)

540 :535:02/06/23 12:04 ID:Z8wF5XLz
>>539

553を535の打ち間違いだと思い込んだのだよ。スマソ。

541 :朝まで名無しさん:02/06/23 12:31 ID:DLSQSkVF
命の価値ねえ
老人と若者、悪人と善人、大統領と一般市民。
差はほんの少しかも知れないが 同等とは言い難いかもね。

542 :段造:02/06/23 12:35 ID:uVaXytY7
命の価値。
価値という概念が人間のものだからねえ。
神の視点から見た価値、じゃないもの。


543 :朝まで名無しさん:02/06/23 12:41 ID:KZN5Btkm
ここの賛成派の大半が言ってることは、「自分だけは凶悪犯罪を起こさないが、必ずどこかにそういう奴がいる」という論理なんだよね。こういう顔すら見えない掲示板で、「自分は善人です」などとよく言えたものだなとつくづく思う。傲慢なんだよね。

544 :朝まで名無しさん:02/06/23 12:52 ID:Z8wF5XLz
>>543

今まで見た中で、一番幼稚な反論だね。

545 :朝まで名無しさん:02/06/23 12:59 ID:hdiTWAQ2
>>543
「起こすかも知れない」と「既に起こした」を一緒にするなよ。

546 :段造:02/06/23 13:02 ID:uVaXytY7
>543
でもね、凶悪な犯罪を犯さない、と断言は出来る人間は多いけど、
その被害者にならない、と断言できる奴は少ないだろう?

547 :536:02/06/23 13:07 ID:Lc9Edbn6
>>546がいいこといった。うんうん。

548 :朝まで名無しさん:02/06/23 13:18 ID:wd8HsIoB
とおりすがりだけどなんとなく

>・ゴキブリを殺してもいいのは何故か?(単なる不快虫なのにね)
かなりの確立で病原体を運んでいそうだからかなあ。
それによって自分が発病したらいやだし。

>・インドで名も無い農夫が死んだと聞いても、あなたが悲しまないのは何故か?
その情報が正確かどうか自分で判断しかねるからです。

>・通夜に参加する人の数が、故人によって極端に差が有るのは何故か?
宗派や故人の連絡網や参加者の都合や、祭儀場の立地条件など、いろいろあって
一概には答えられません。

>・大地震が起きたときに、真っ先に身内・友人の安否を心配するのは何故か?
自分が他人を心配できるだけの余裕があるから。

死刑については・・・集団として生きるためのルールだと思ってる。

549 :朝まで名無しさん:02/06/23 13:22 ID:DLSQSkVF
まあ 話がずれてきてるけど
結局死刑廃止を推進するような内容ではないね。

550 :朝まで名無しさん:02/06/23 13:24 ID:wd8HsIoB
>ここの反対派の大半が言ってることは、
>「必ずどこかにそういう奴がいるが、自分だけは絶対凶悪犯罪に遭わない」
>という論理なんだよね。こういう顔すら見えない掲示板で、
>「自分は善人です」などとよく言えたものだなとつくづく思う。
>傲慢なんだよね。
ほかの人のレスとかぶったらゴメソ

551 :朝まで名無しさん:02/06/23 13:28 ID:dNCVzOkm
なんかこのスレッド見てきて、ますます死刑存置が大事なんだと
強く思うようになった。もっともっとたくさんの人に見てもらいたい。


552 :疑問:02/06/23 13:31 ID:FnVYMH++
死刑存置派は
家族が死刑廃止国を旅行中、惨殺(死刑相当)されたらどうするんだ?
我が国の刑法が及ばないからあきらめるのだろうか?
それともその国の政府に死刑が無いのは不当だ訴えるだろうか?

553 :朝まで名無しさん:02/06/23 13:42 ID:wd8HsIoB
>>552
どっちみち、外国で邦人が惨殺されても、
日本の外務省はほとんど動かないよ。
いいかい?
>我が国の刑法が及ばないからあきらめる
んじゃなくて、
日本の外交がなってない
からあきらめざるをえないんだ。
問題をすりかえちゃあいけないと思うよ。
そもそも外国の政府にその国の法律が不当だ、
なんて訴えるなんて、何様のつもりなんだろう。

554 :朝まで名無しさん:02/06/23 13:48 ID:Lc9Edbn6
>>553
そうか・・・・エジプトで観光客が機関銃乱射に巻き込まれたこともあったな・・・。
新婚旅行は海外が多いだろうし、まじで不安だ。
日本人が殺されても手も足も出ないのかよ・・・・・。

やはり日本発で「世界に死刑復活」運動を展開するしかないのか・・・・・

555 :朝まで名無しさん:02/06/23 13:49 ID:dNCVzOkm
内政干渉にあたるのかな。まあ常識では刑法が不当などと訴えすらしそうに無いが。

556 :疑問:02/06/23 13:52 ID:FnVYMH++
>>553
>日本の外交がなってない
>からあきらめざるをえないんだ。
じゃあ、この場合どういう外交をすればいいわけですか?

>問題をすりかえちゃあいけないと思うよ。
>そもそも外国の政府にその国の法律が不当だ、
>なんて訴えるなんて、何様のつもりなんだろう。
凶悪犯を死刑にしないのはおかしい、と主張するより他にないと思うのだけど
それに外国政府に法律上のイチャモンをつけるのなんて普通でしょ


557 :朝まで名無しさん:02/06/23 13:55 ID:wd8HsIoB
まさかと思うけど、
死刑廃止の圧力は、
「外国から」
なんかじゃないだろうな。
(w



558 :朝まで名無しさん :02/06/23 14:03 ID:r15QiS+Z
まああれだ。逆に死刑をガンガンする国から日本に悪さしにきたとする。
そして自国では死刑確定の犯罪をおかした。でも日本では無期懲役だった。
そう言った場合にわが国では死刑なのになぜ懲役なのだ?死刑にせよとか身柄を引き渡せと言うぐらいならわかるが、
刑法を変えろと訴えてくるような人いると思うかい?もしそう言う馬鹿がいたとしても
その訴えを飲むような国があると思うかい?
文化や根付いてる物が違う。わざわざ統一しようとするからおかしいんだよ。

559 :疑問:02/06/23 14:12 ID:FnVYMH++
>>554
>やはり日本発で「世界に死刑復活」運動を展開するしかないのか・・・・・
まさにそのとおり。
でも存置派は「外国は外国、日本は日本」というだけで
積極的に「死刑制度のすばらしさ」を世界に訴えていこうとはしないんだよねこのグローバル化の中では、死刑制度が「人類普遍の原理」であることを
しっかり論証していかなきゃ死刑存置国は肩身がせまくなるだけ

>>557 ID:wd8HsIoB
いるなら>>556の疑問にも答えちゃくれませんか?

>>558
じゃあ>>552に示した「家族が死刑廃止国を旅行中、惨殺(死刑相当)された」
場合はあきらめるのね。
海外にいくのなんて珍しくないと思うけど、随分あきらめがいいんだね

560 :朝まで名無しさん :02/06/23 14:18 ID:9exBhzxJ
まだ若いのかな
もうちょっと常識というものを身につけないと....

561 :朝まで名無しさん :02/06/23 14:19 ID:9exBhzxJ
廃止派のバランス感覚の無さとかを宣伝しているようなものだよ
完全に逆効果になってる。わざとなのかもしれないけど...

562 :疑問:02/06/23 14:24 ID:FnVYMH++
>560>561
「常識」とか「バランス感覚の無さ」とか
もっと具体的にいってくれないとわからんよ

ついでに
国による死刑存置・廃止は捜査機関にとっては切実な問題だと思うけどね
凶悪犯が死刑廃止国に逃亡した場合、(属地・属人どちらでもよいが)
我が国の刑法の適用があるとしても、当地の捜査機関は死刑存置国に
協力してくれるだろうか
アルカイダの捜査でもEU諸国とアメリカでは摩擦があったみたいだし

563 :朝まで名無しさん :02/06/23 15:41 ID:9exBhzxJ
世の中いろんな宗教、文化、民族があるの。住み分けが必要なのよ。
統一しようとするのは宗教戦争と変わらない。あなたの言ってることは結局
全世界死刑廃止でしょ?逆に全世界死刑存置になりえないのと一緒でどちらも
極端な意見なんだよ。国それぞれ独自に廃止か存置かの論証なら問題ないけど、
これが世界にまたがると少数多数に分かれるとはいえ統一は無理。
世界平和とか地上天国とか言ってるのと一緒。
もし統一できるとしたら幾つかの国が無くなったときだろうね。






564 :朝まで名無しさん:02/06/23 15:50 ID:k7cmX+dF
>>559
>じゃあ>>552に示した「家族が死刑廃止国を旅行中、惨殺(死刑相当)された」
>場合はあきらめるのね。
>海外にいくのなんて珍しくないと思うけど、随分あきらめがいいんだね
海外における「行方不明者」に含まれるだけなんじゃ・・・。
もし、日本人の「行方不明者」は存在しない、といわれたら
もう、返す言葉はないです。

565 :疑問:02/06/23 16:11 ID:TNrwL3DL
>>563
>世の中いろんな宗教、文化、民族があるの。住み分けが必要なのよ。
対外貿易で成り立っている国のいうことだろうか?地球規模での資源の
分配が問題となっているこの時代に鎖国でもする?国際結婚は禁止ですかね?
混血は?「住み分けが必要」なら公教育で英語なんて教える必要ないのでは?
>統一しようとするのは宗教戦争と変わらない。
意味不明。
>あなたの言ってることは結局 全世界死刑廃止でしょ?
それが理想だし、人権保障は人類普遍と謳う憲法に忠実と思うが。
>国それぞれ独自に廃止か存置かの論証なら問題ないけど
とりあえず治安が良く、理論刑法の発達している日本では廃止すべきだね
>世界平和とか地上天国とか言ってるのと一緒。
前段「世界平和」は日本国憲法にも国連憲章にも書いてあるのだけど…
後段「地上天国」とは?
>もし統一できるとしたら幾つかの国が無くなったときだろうね。
近代国家の枠組みが永続する保証なんて無いと思うけどね

566 :朝まで名無しさん:02/06/23 16:14 ID:pisLUXa6
なんか微妙に会話が噛み合ってないような。
つうか釣り師?>疑問

567 :疑問:02/06/23 16:26 ID:TNrwL3DL
>566
>つうか釣り師?
そんなつもりはないけど。
別に外圧があるから国法を変えなきゃならないなんてことはないのだが、
「なぜ日本は死刑を存置しているのか」「いかなる倫理観に基づいて
死刑が許容されているのか」と外国から問われたときに、
まともな答が返せないようでは恥ずかしいと思うだけ。
「ここは日本だ」なんて叫んでるだけじゃヴァカにされるでしょ。
そこのところ思考停止してませんか>存置派

568 :朝まで名無しさん:02/06/23 16:36 ID:k7cmX+dF
もうこういう煽りはお腹いっぱい。


569 :朝まで名無しさん:02/06/23 16:47 ID:Z8wF5XLz
>>567

"An eye for an eye, and a tooth for a tooth."

570 : :02/06/23 17:42 ID:9VKI8EZz
死刑は残酷だというけど交通事故はいいの?
交通の利便のために一万人位の人が死んでるんだよ。
車の利用は禁止しなくてもいいの?

毎年抽選で1万人選んで一カ所に集める。それをトラックかなんかでまとめて一度にひき殺す。
こういう儀式を経て初めて交通の利便を得る。
そのかわり、それ以外の事故死はない。
仮にこういうシステムになっているとしたらどうなの?
そのシステムは廃止するべきなの?

571 :結論が出ました:02/06/23 18:08 ID:ww/kvztl
とりあえず死刑廃止論者は、半分が気ちがい、半分が職業運動家
死刑存続派は一般常識人ということで
よろしいでしょうか?

572 :朝まで名無しさん:02/06/23 18:16 ID:K2lRwy/3
>>567
「いかなる倫理観に基づいて死刑が許容されているのか」
社会契約論に近い和の思想に基づいて死刑が許容されている。

人権は神が与えたものではなく、天与のものでもない。
共同体の成員の合意によって与えられている。
故に共同体の成員の合意によって人権は制限、剥奪される。
よって共同体の成員の合意に基づいて死刑が執行される。

共同体の成員の合意が共同体内での行為に正当性を付与する。

573 :段造:02/06/23 18:33 ID:uVaXytY7
>572
そうだね。
人権は結局人間の約束事。
人権だけを理由に廃止は説明できない。

574 :朝まで名無しさん:02/06/23 18:37 ID:Z8wF5XLz
>>573

キリスト教的思想のもとでは、そうとも言えないんじゃないかな。
だからこそ、日本の人権が欧米のそれとは発生を異にすると
言わなくては。

575 :朝まで名無しさん :02/06/23 18:44 ID:qUF5HbfR
>なぜ日本は死刑を存置しているのか」「いかなる倫理観に基づいて
>死刑が許容されているのか」と外国から問われたときに、
>まともな答が返せないようでは恥ずかしいと思うだけ。
これ逆だってそうだよ。存置派を納得させるような答えなんか返ってこないよ。
それは宗教的思想レベルから抜け出てないからだよ。キリストの教えという、複数ある思想の中の一つをもって、
いくら論理を語っても他宗教色の強い国、アジアの大半の国には通用するわけが無い。
世の中賛否両論どちらにも根強い支持者が多数いる。それも国単位でね。
それを片方にまとめようとするのは他思想の弾圧とまでいえないかい?



576 :段造:02/06/23 18:44 ID:uVaXytY7
>574
確かにキリスト教思想では人間は神によって創られた。だから人間が
むやみに人間の生命を奪うことは許されない、とするんだよね。
その神が、今では「自然法」に置き換えられている。
でもそれは「むやみに」に意味があるのであって、神とか自然法に意味が
ある訳では無いんじゃないの。
人権は人間によって創られた、とすると人間によって奪うことも容易に許される
ということになるから。

577 :572:02/06/23 18:47 ID:K2lRwy/3
>>574
もともと人権思想自体がキリスト教思想の産物だからね。
日本には馴染まないと思うし。
>>572は日本の場合ね。

参考にアメリカの場合

「我々は、自明の真理として、すべての人は平等に造られ、
創造主によって、誰も奪うことのできない生来の権利を与えられ、
その中には生命、自由、および幸福の追求が含まれることを信ずる。
またこれらの諸権利を守るために人間は政府を樹立すること、
そしてその権力は被治者の同意に由来するものであることを信ずる。
そしていかなる政治の形態といえども、もしこれらの目的を
毀損するものとなった場合には、人民はそれを廃し、
彼らの安全と幸福をもたらすべきと認められる主義を基礎として、
そのような権限の機構をもつ新しい政府を樹立する権利を
有することを信ずる。」(「アメリカ独立宣言」より)

578 :572:02/06/23 18:50 ID:K2lRwy/3
>>576
結局、「神」とか超越的な存在を前提にした思想は、
その前提が信じられないと意味を持たないと思う。

579 :前前スレ96:02/06/23 18:58 ID:4ZArgdJb
伸びるなぁ。

580 :疑問:02/06/23 19:02 ID:Z8LhLASG
>>572
>共同体の成員の合意が共同体内での行為に正当性を付与する。

>>567に示したとおり、「ここは日本だ」と叫んでるだけですな。
共同体の成員の合意により死刑を課すことも出来るが(現在の日本の解釈)
共同体の成員の合意により死刑を廃することもできる(死刑廃止国)
なぜ「死刑存置」という合意をするのか、
(乃至そのように合意内容を解釈するのか)
それを訊いているのだが。
死刑廃止論は合意内容の解釈として死刑を許容しない立場。

581 :朝まで名無しさん :02/06/23 19:07 ID:qUF5HbfR
>「ここは日本だ」と叫んでるだけですな
違うな 「ここは日本だ」ではない。
「ここはキリスト教圏ではない」だろうな。


582 :段造:02/06/23 19:07 ID:uVaXytY7
ただ、アメリカは死刑がある州が多いよね。
ブッシュさん。テキサス州知事時代、400人を死刑にした。
キリスト教だろう。アメリカは一応。

583 :朝まで名無しさん:02/06/23 19:09 ID:Z8wF5XLz
>>582
アメリカは、表面上はキリスト教国に見えるが、実はユダヤ教国だという見方もある。

584 :朝まで名無しさん :02/06/23 19:11 ID:qUF5HbfR
もう1つ
(現在の日本の解釈)=共同体の成員の合意により死刑を課すことも
課さないこともできる。
(死刑廃止国)=合意によっても死刑を廃することしかできない。
なぜ対応の幅を狭めるのか、キリストの教えを前提にせず
どう答えるつもりかな。

585 :572:02/06/23 19:13 ID:K2lRwy/3
>>574
日本の人権思想へのアンチテーゼ。
一七条の憲法

第一条より
和を大事にし、反抗することのないよう心がけよ。
人は誰しもが仲間をもっているが、道理を悟っている者は少ない。
それゆえ、君主や父に従わなかったり、身近な人と
仲違いしたりする。しかし上に立つ者がなごやかで下の者が
仲良く意見を述べあえば、自然にものの道理がわかり、
すべての事がうまくいくだろう。

第十条
心の怒りを断ち、おもての怒りを棄てて、
他人が自分と違うことに対して怒りをもってはならない。
人はそれぞれ心に想うところがあるのであり、
他人が良いと思うことを自分は悪いと思ったり、
自分が良いと思っても、他人はそれを悪いと思ったりするもの
である。自分だけが聖人で他人は愚人である、
ということはない。人は皆な賢愚合わせ持つ凡夫にすぎない。

第十七条
もの事は独断で行ってはならない。かならず衆と論じ合う
ようにせよ。ささいなことはかならずしも皆にはからなくても
よいが、大事なことを決する場合には、あやまりがあって
はならない。
多くの人と相談し合えば、理にかなったことを知りうるのである。

586 :572:02/06/23 19:15 ID:K2lRwy/3
>>585は聖徳太子の十七条の憲法。
超越者を必要とせず、衆愚を集めることで正しいことを導く
という思想。


587 :段造:02/06/23 19:18 ID:uVaXytY7
平安時代だっけ。死刑が執行されなかった、とか。
新しい歴史教科書に書いてあったが。
>585を見て、思出だした。

588 :572:02/06/23 19:19 ID:K2lRwy/3
>>580
>なぜ「死刑存置」という合意をするのか、
>(乃至そのように合意内容を解釈するのか)
>それを訊いているのだが。

社会秩序の維持のために死刑を執行しても問題ないと
思っているから。
死刑が「悪」だと思っていないから。
では逆に問う。
死刑廃止国では何故死刑が問題なのか?

589 :572:02/06/23 19:21 ID:K2lRwy/3
>>587
平安時代においては保元の乱まで死刑は行われなかったような
気がする。
井沢元彦氏などによれば、死穢と怨霊を怖れて、とのこと。

590 :朝まで名無しさん:02/06/23 19:22 ID:Z8wF5XLz
>>587
そうそう。穢れをいやがる思想からそうなった。
それで、平安京周辺は非常に治安が悪かったらしい。

591 :朝まで名無しさん :02/06/23 19:28 ID:qUF5HbfR
もう思想の違いだけってことは充分わかったよ。
この問題は国を超えて干渉すべき事ではなさそう。
存置国が廃止国にいちゃもんつけるのがおかしいのと一緒で、
その逆もやっぱりおかしい。たまたまキリスト教圏の国が多いのを武器にして
他思想の弾圧までするべきじゃないと思う。

592 :朝まで名無しさん:02/06/23 19:37 ID:o0wDeH3B
クズは殺す
      

         これ真理

593 :疑問:02/06/23 19:47 ID:SlL5f2Ae
>>584
>(死刑廃止国)=合意によっても死刑を廃することしかできない。
>なぜ対応の幅を狭めるのか、キリストの教えを前提にせず
>どう答えるつもりかな。
積極的死刑存置論がほぼ絶滅していることをもって十分。詳述はしない。

>社会秩序の維持のために死刑を執行しても問題ないと
>思っているから。
>死刑が「悪」だと思っていないから。

そう「思う」もっともな理由を書いてくれなきゃ「外人さん」は納得すまいよ
だから思考停止といってるわけ。
そんなんで>>552>>562に挙げた問題の解消になるかね。
>死刑廃止国では何故死刑が問題なのか?
人権保障を目的とする近代法の理論と相容れないからでしょ。
この場合、天賦人権を信奉するか社会契約に基づく人権かは問題ではない。

しかし、まあキリストだの自然法だの勝手な尾ひれをつけてくれるもんだな


594 :段造:02/06/23 19:55 ID:uVaXytY7
>593
勝手じゃないんですよ。
理論的根拠なんです。キリスト教だの自然法だのを持ってくるのは。
死刑が犯罪抑止力になるのかどうかは、政策的根拠。

595 :縞栗鼠(シマリス)の親方:02/06/23 19:56 ID:o1NfPMHK
大検・大学受験予備校の中央高等学院では
一流プロ講師による責任指導、四年制大学の絶対合格を餌に
知的障害児童の保護者から法外な授業料をボッタクリまくっています。

また中央高等学院の従業員「西部」は女子トイレに闖入し
汚物入れを物色して女子生徒の使用済みタンポン・ナプキン等を
個人的に収集しているというのは事実。

中央高等学院では
生徒及びその保護者の個人情報を名簿図書館等に売却しています。
中央高等学院 http://chs-f.com/index.html 中央高等学院福岡校
http://www.chuo-school.ac/


596 :572:02/06/23 19:57 ID:K2lRwy/3
>>593
>>(死刑廃止国)=合意によっても死刑を廃することしかできない。
>>なぜ対応の幅を狭めるのか、キリストの教えを前提にせず
>>どう答えるつもりかな

>積極的死刑存置論がほぼ絶滅していることをもって十分。
>詳述はしない。

回答になっていない。
「理由」を聞いているのに「現象」を答えている。

>人権保障を目的とする近代法の理論と相容れないからでしょ

何故近代法の理論は人権保障を目的としているのか?

>そう「思う」もっともな理由を書いてくれなきゃ
>「外人さん」は納得すまいよ

死刑が「いけない」というもっともな理由を書いて
くれなければ私は納得すまいよ。

597 :朝まで名無しさん:02/06/23 20:01 ID:o0wDeH3B
クズは死ななければならない

598 :朝まで名無しさん:02/06/23 20:17 ID:Sr8jf96M
キリスト教国は廃止って言うが、そもそもキリスト教って「異教徒は悪であり殺してもいい」ってスタンスなのでは?

599 :結論:02/06/23 20:22 ID:ww/kvztl
死刑廃止論者=悪い麻疹にかかった、ちょっとオツムの弱いガキ
ってことでよろしいでしょうか?

600 :疑問:02/06/23 20:47 ID:wRLh1MSt
>>596
>回答になっていない。
>「理由」を聞いているのに「現象」を答えている。
わからないなら結構。刑法学界で積極的存置論が主流になればいいですな。
(刑法学者はキリスト教徒だとでも思っているのだろうか)
>何故近代法の理論は人権保障を目的としているのか?
じゃあ日本は近代法やめるわけ?
>死刑が「いけない」というもっともな理由を書いて
>くれなければ私は納得すまいよ。
生命はかけがえのないものである、という観念(直感)それのみ。
人間の生命を奪うことそれ自体を目的としてはならない、それだけ。
そういう価値観すら持ち合わせてませんかね。

ついでに当初の疑問から大幅に話がずれているのだが、
>>552>>562にも言及して欲しいものですな


601 :朝まで名無しさん:02/06/23 21:02 ID:csFPmLo7
>>599
死刑という刑罰の一手段が無くなる程度で、秩序が大混乱すると思っている方がよほど頭がおかしい。

602 :朝まで名無しさん:02/06/23 21:10 ID:o0wDeH3B
>>601
南無阿弥陀仏
迷わず成仏・・・

603 :572:02/06/23 21:15 ID:K2lRwy/3
>>600

(刑法学者はキリスト教徒だとでも思っているのだろうか)
いいえ。貴方の方こそどうしてそう考えるのですか?
貴方の考え方は、
「アメリカ独立宣言」の背景にキリスト教の思想がある。
だから、アメリカ人は全てキリスト教徒である。
という間違った論理です。

人権というものの考え方の背景にキリスト教があることと、
刑法学者がキリスト教徒であることは全く別の問題です。

>人間の生命を奪うことそれ自体を目的としてはならない、それだけ。
貴方の方こそ考え方がおかしい。死刑は手段であって目的ではない。
そんなことも考えられないとは。思考停止はどちらでしょうね。

>>回答になっていない。
>>「理由」を聞いているのに「現象」を答えている。
>わからないなら結構。

>>何故近代法の理論は人権保障を目的としているのか?
>じゃあ日本は近代法やめるわけ?
これも質問の答えではありませんね。

結局、貴方はきちんと議論するつもりはないようです。
自分に都合の悪い質問は答えずに話をそらす。

>ついでに当初の疑問から大幅に話がずれているのだが、
>>>552>>562にも言及して欲しいものですな

私は相互主義を重んじますので、
まともに回答を返さない貴方の相手をするつもりはありません。
これ以上の私宛のレスは不要です。

貴方の誠実さを見抜けなかった己の眼力のなさを恥じるばかりです。
良い教訓になりました。有り難うございました。

604 :朝まで名無しさん:02/06/23 21:19 ID:Ya0uhq+i
だいたい別スレの方で犯人の処刑方法のアイデアを持ち寄って、心底楽しんでいる奴もどうかしてる。
結局、「悪い奴だから殺さなければならない」のではなく、「殺したいから(しかも合法的に)悪い奴をターゲットにしている」というのが本音であり、イジメの構造と何ら変わりない。

605 :朝まで名無しさん:02/06/23 21:19 ID:ww/kvztl
>>600
>生命はかけがえのないものである、という観念(直感)それのみ。
人間の生命を奪うことそれ自体を目的としてはならない、それだけ。
まさに宗教ですな。
殺人鬼・極悪人の命を至上のものとする、悪い宗教に洗脳されたようで。

606 :朝まで名無しさん:02/06/23 21:24 ID:Z8wF5XLz
>>604

あほだなぁ。ネタに振り回されて。
俺がもし死刑廃止派だったら、「結局死刑とは・・・」というように利用するけどな。

607 :606:02/06/23 21:25 ID:Z8wF5XLz
補足

意見をどんどん出させておいて。

608 :朝まで名無しさん:02/06/23 21:29 ID:Eh6H8Ulj
いやあ名スレだ。
ちょっと頭痛がするけど名スレだ。

609 :朝まで名無しさん:02/06/23 21:47 ID:Eh6H8Ulj
>>487
生体利用の細菌プラントの実現はもう時間の問題。有り得る話だと思うよ。
テロの手口としても非常に有効な手法だしな。毒人間か。やっかいだな。

そのとき死刑が無ければテロリスト暗殺しかないだろうな。
さすがに暗殺を容認するわけにはいかないので、死刑存続に一票。

610 :Ver5:4:02/06/23 22:39 ID:LXFtRdw+
>>536
誤解を招くような書き方だったかも知れませんね。「冤罪死刑が有り得るから
死刑に反対」と言うのが私の考えです。「生命の価値」は「濡れ衣を着せられた者の生命の価値」のつもりでした。冤罪死刑が無いことが保証されるなら
死刑に反対しません。凶悪殺人犯の「生命の価値」を認めているわけではありません。

>>584
冤罪死刑が有り得るからです。自分の能力に限界が有るなら、自分の行動を
自ら制限するのは普通のことでしょう。

611 :朝まで名無しさん:02/06/23 22:49 ID:czH7HfWN
>>610
>冤罪死刑が有り得るからです。自分の能力に限界が有るなら、自分の行動を
>自ら制限するのは普通のことでしょう。

説得力あるなあ。
おいらは死刑存続派なんだけど、こう言われると意思が揺らぐ。

612 :前前スレ96:02/06/23 23:04 ID:Z0D8GUL6
「疑問」さんは偉そうな口を利いているが、それほど知識はないようだ。
過去スレでも書いてあるので再度議論する気はないが、もう少し勉強したほうがいい。


>>593
>死刑廃止国では何故死刑が問題なのか?
人権保障を目的とする近代法の理論と相容れないからでしょ。
この場合、天賦人権を信奉するか社会契約に基づく人権かは問題ではない。

これは完全に間違っていると訂正しておこう。西欧でも近代法の観点から死刑制度が否定されたことはない。
フランス、イタリアで死刑が全面廃止され、イギリスでも一般犯罪に関して死刑が廃止されたのは
冤罪者への死刑執行が行われてしまったことへの反省からであり、近代法は関係がない。
例えばフランスで死刑が廃止された経緯は次のようなものである。
独立共和派のジスカールデスタン率いる右派政権の下で取られていた経済政策が破綻し、ミッテラン率いる社会党の唱える
一部企業の国有化策が支持を集め始めていた。そこに移民青年に対して冤罪であるのに死刑執行が行われたことが明らかになる。
81年の総選挙においてミッテランは上記の一部企業国有化策とともに死刑廃止を公約として掲げ、大統領に当選。
フランスに於いては死刑は廃止されることとなった。このことからも分かるようにフランスにおける死刑廃止は、国民の望んだ
経済政策とのカップリングで行われたものであり、近代法で否定されて行われたわけではない。
また最近(と言っても1997年だが)のフランスでの世論調査によると死刑制度を支持する人は今でも6割強いるとのこと。

あと>>552に関してですが、フランスにはフランス国籍を有するものが外国で死刑に相当する犯罪を犯しても自国(フランス)内に
逃げ込めば死刑存置国へは引き渡さないという法律があります。
ところでこの>>552などに関する回答をしつこく求めてますが、今は日本における死刑制度について話しているのに、
あまり意味のある仮定とも思えないのですけど、いかが?

613 :朝まで名無しさん:02/06/23 23:17 ID:az1g3hQj
>>610

だからそんなのではだれも納得しないって。上に誰か書いた質問に答えな。
なんの罪もない人が車のために毎年何千人も死んでいる。だからといって
車禁止の声がでないのはその何千人の命より車のメリットが大きいと社会
が認めてるからだろ?そんなに一人の冤罪も許さないというような命が絶対不
可侵みたいな考えなら「車廃止!」と主張しなけらばならなくなる。要はメリット
とのバランスである人の命が犠牲になるのも仕方ない、ということがこの社会には
ありうるんだよ。違うなら反論してくれ。
 で存置派は、冤罪死刑による犠牲者は今の日本の司法制度ならリスクは相当
低いし、死刑には殺人の抑止力や罪と罰のバランス、社会不安の除去、などメリット
があるから存置しろ、と言っている。
 だから冤罪だけで語っても「人一人の命は地球よりも重い」だけど地球がないと
一人も生きていけないみたいな、子どもじみた矛盾を解消できないよ。


614 :朝まで名無しさん:02/06/24 06:21 ID:tpYnRQ55
車は人を殺すために作られているのではない。
存在目的の違う二つのものを並べることがそもそもおかしい。

比べるなら、軍隊や兵器が正しいと思う。

615 :朝まで名無しさん:02/06/24 07:34 ID:6MWjC46t
>>614

どちらも手段だよ。
死刑は社会秩序維持のための手段
自動車は移動や輸送のための手段

人が死ぬリスクを許容しているという点では同じ。
ついでに言えば、>>610で問題となっているのは冤罪死刑。
まさか冤罪死刑(無実の人を殺すこと)が「目的」だと思っている訳
じゃあるまいね。
貴方の指摘は的はずれだと思うが。

原子力、新しい医療など、どれもメリットとリスクの判断で存廃を決める。
メリットだけでリスクのないものなどこの世には存在しないのではないか?

616 :朝まで名無しさん:02/06/24 07:36 ID:QFDwWQxK
>>610
冤罪を論点にするなら
じゃあ、冤罪死刑はダメで冤罪終身刑はOKなの?

617 :朝まで名無しさん:02/06/24 07:40 ID:6MWjC46t
>>616
過去レス読むと、>>610は冤罪死刑は特別で
どうしても駄目らしい。
「冤罪死刑のデメリットと比較できるような死刑のメリットは
見あたらない」らしいね。

618 : :02/06/24 08:45 ID:/qI4s8Z8
>>614
毎年抽選で1万人選んで一カ所に集める。それをトラックかなんかでまとめて一度にひき殺す。
こういう儀式を経て初めて交通の利便を得る。
そのかわり、それ以外の事故死はない。
仮にこういうシステムになっているとしたらどうなの?
車の使用を禁止するべきなの?

619 :朝まで名無しさん:02/06/24 09:01 ID:gbekP3bi
>>612
近代法の理論から死刑廃止論が生まれて
冤罪の反省から、庶民がそれに賛成したのでは?
近代法が関係ないというのは表面的な見方だと思うが。

620 :朝まで名無しさん:02/06/24 09:03 ID:6MWjC46t
>>619
その流れを具体的に説明きぼーん。
どのように近代法の理論から死刑廃止論が生まれたのか。

621 :朝まで名無しさん:02/06/24 09:50 ID:gbekP3bi
>>620
近代法は、絶対君主時代のような君主(=国家)の勝手な権力行使を抑制し
個人の権利を守ることに主眼がおかれている。
だから、それまでの自然法・慣習法や、君主の命令をまとめた絶対君主時代の法律とは異なり
基本的人権の尊重、所有権の不可侵、罪刑法定主義などが含まれている。
この流れで行けば、生きる権利は人権の中でもかなり基本的なものだから
国家が権力でそれを奪う死刑はまずい
となったのでは


622 :朝まで名無しさん:02/06/24 09:59 ID:0AGaQVzn
先住民を虐殺してもデメリットよりもメリットの方が大きい。
容疑者を拷問してもデメリットよりもメリットの方が大きい。
奴隷制度はデメリットよりもメリットの方が大きい。
精神異常者を罰してもデメリットよりもメリットの方が大きい。
死刑制度はデメリットよりもメリットの方が大きい。

メリット・デメリットは時代によって大きく変化するのである。

623 :朝まで名無しさん :02/06/24 10:34 ID:m7UVR2NE
まだ冤罪死刑がどうのこうのいってるのか。
もう一度いおう。全ての凶悪半はまず裁判にかけられる分けだ。
実際冤罪の可能性があるうちは死刑は執行されない。冤罪の可能性が消えたから
死刑が執行されている。
廃止派は物事を順を追って考えてないんだよ。まず冤罪死刑があるからと決め付けてる。
日本では凶悪犯罪人をすぐに死刑にしていない。じっくり裁判に時間をかけて
冤罪の可能性があるうちは死刑にしていない。いいかえれば冤罪はありえるが
冤罪死刑はありえない。わかるかね?




624 :朝まで名無しさん:02/06/24 10:37 ID:VmIiBjzW
>>622
時代ではなく個人の価値観でも大きく変化すると思うが。

625 :朝まで名無しさん:02/06/24 10:53 ID:VmIiBjzW
>>623
日本の犯罪捜査は物証よりも本人の供述や目撃証言を優先されがちだ。
そして裁判は、その捜査に基づいて進行される。
冤罪死刑が起こらないとは言い切れないと思うが。

626 :朝まで名無しさん:02/06/24 10:57 ID:gbekP3bi
>>623
死刑にするのにそんなに時間がかかっていては、
抑止効果(有ると仮定する)もほとんど意味無し
経費は終身刑以上にかかる

そうまでして、死刑にこだわる必要はないと思うが


627 :朝まで名無しさん:02/06/24 10:58 ID:VmIiBjzW
>>623
更に言うならば、今後日本でも拡大する可能性ある貧富・階級の差によって
警察の決め付けによる冤罪や権力者の意図的な陥れや見せしめ効果を狙った
冤罪死刑が増える可能性は多分に有りえる。

628 :朝まで名無しさん:02/06/24 11:18 ID:Pd6/pVJw
>>627
そういう言い方するときりがない気がするな。
絶対を求めるなよ。


冤 罪 あ っ て も な ん ら か ま わ な い。




629 :朝まで名無しさん:02/06/24 11:19 ID:Pd6/pVJw
ト、アオッテミルテスト

630 :朝まで名無しさん:02/06/24 11:38 ID:Pd6/pVJw
>>626
実際に日本では執行される件数はかなり少ない。
冤罪死刑は限りなく0に近い。

631 :朝まで名無しさん:02/06/24 11:50 ID:m7UVR2NE
>死刑にするのにそんなに時間がかかっていては、
>抑止効果(有ると仮定する)もほとんど意味無し
なぜ抑止効果が全然意味無いといい切るのかな?時間がかかっても
抑止力が効く人と効かない人がいるはずだ。少数に対してでも効果あれば充分だろ?
>経費は終身刑以上にかかる
これも決め付け。裁判費用以外トータルでみればどちらともいえない。過去ログに出ている。
>警察の決め付けによる冤罪や権力者の意図的な陥れや見せしめ効果を狙った
>冤罪死刑が増える可能性は多分に有りえる
それは事故や自殺に見せかけるのと一緒で暗殺だろ?
そこまで強引に結びつけたらなんでも禁止しなければいけなくなる。
バランスを考えよ。


632 :朝まで名無しさん:02/06/24 13:09 ID:NLQ6Ai70
また冤罪云々の話になってるみたいだからVer.3にあった↓コレ貼るっとくね。

----------------------------------------------------------
620 名前:朝まで名無しさん 投稿日:02/05/01 00:40 ID:OM+N92W4
http://www.bekkoame.ne.jp/~m_m_m_/enzai_1.html

↑ココ既出かどうかしらんが、戦後死刑判決を受けた事件で冤罪の可能性があった
13件のうち無罪が確定したのは4件、死刑執行が1件(藤本事件)。
死刑執行が戦後57年間弱で1件。
しかも40年間弱、冤罪疑惑のある死刑囚の死刑執行はされていない。
よく死刑執行が数年間行われていなければ事実上の死刑廃止という
論調を聞くが、その論調でいけば冤罪疑惑で死刑執行は戦後1件しかなく
40年も執行されていないのであれば、冤罪疑惑の受刑者は事実上の
終身刑ととれるのではないか?
----------------------------------------------------------

↑これに最近再審請求があった福岡事件(75年死刑執行)が追加になるのかな?
仮に福岡事件も含めた14件全てを冤罪と仮定しても、冤罪死刑は戦後57年間弱で2人。
ちなみに獄中死(病院も含む)は3人。
この数字をどう捉えるかによると思うけど、悪く見ても戦後冤罪死刑はたった2件しかなく、
75年以来冤罪疑惑のある人の死刑執行がされていないなら、今現在の日本で無実の人
が国家に殺される確率は限りなくゼロに近いと思う。
なにより冤罪の問題に刑罰を絡ませるのは本末転倒の様な気がする。

633 :朝まで名無しさん:02/06/24 13:59 ID:WAbSjj6C
>>630
うん、だからいっそ死刑執行を0にすれば?
冤罪死刑は絶対に0になるし、冤罪防止のために執行までに30年かかるようなことはなくなる

634 :朝まで名無しさん:02/06/24 14:14 ID:WAbSjj6C
>>631
>なぜ抑止効果が全然意味無いといい切るのかな

「ほとんど」と「全然」は違うと思うが…

まあ、社会への影響で言えば、今、麻原が死刑になるのと
30年後に死刑になるのでは、影響がかなり違うのは明らか。
前者では悪いことをした→死刑になった、という印象を受ける人が多いだろうが、
後者では、特に若者が( ´_ゝ`) フーン で終わってしまうだろう。
抑止効果も同様に、執行が遅くなればどんどん効果が無くなるはず(抑止効果があるのならね。)
特に凶悪犯罪は若者によるものが多いわけだから

>経費は終身刑以上にかかる
というのも昔の過去ログに出てるよ。
俺はコストは死刑>終身刑を信用する。こちらはweb上でよく載っているからね

635 :朝まで名無しさん:02/06/24 14:18 ID:FrCnDX/8
>>621
だから、なぜ「国家が権力でそれを奪う死刑はまずい」んだ?
もっといえば、なぜ「近代法は、絶対君主時代のような君主(=国家)の
勝手な権力行使を抑制し個人の権利を守ることに主眼がおかれている」
のか?
疑問に関する答えも含めてソースを希望。


636 :朝まで名無しさん:02/06/24 14:21 ID:WAbSjj6C
>>635
絶対君主にうんざりしたから

637 :朝まで名無しさん:02/06/24 14:22 ID:FrCnDX/8
>>634
経費や執行時期の問題は運用でカバーできるんじゃないか?
現状の死刑の運用状況に文句があるなら、運用を改善する
という方法もあり得ると思うのだが。

松本(麻原)は早いところ死刑執行した方が良いと思う。
とち狂って救出、あるいはテロで解放しようとする奴が
出ると困る。
死刑の良いところは受刑者を完全に処分できるところだね。

638 :朝まで名無しさん:02/06/24 14:36 ID:FrCnDX/8
>>636
>なぜ「近代法は、絶対君主時代のような君主(=国家)の
>勝手な権力行使を抑制し個人の権利を守ることに主眼が
>おかれている」のか?
それはこっちの疑問に対する答えかね?
まあ、その側面はあるわな。それだけとは思わんが。

で、それじゃなぜ「国家が権力でそれを奪う死刑はまずい」んだ?

639 :朝まで名無しさん:02/06/24 14:36 ID:WAbSjj6C
>>637
いい方法が有ればいいけど、俺には思いつかない
裁判を速くした上で死刑廃止するのが一番簡単だろう
何十年もかかって最高刑(=死刑)が執行されるより
すぐに最高刑(=終身刑)が確定する方が、影響力は大きいと思う
再審請求をする限り死刑はなかなか執行できないけど
終身刑は、再審請求していても刑を執行できるわけだから


640 :朝まで名無しさん:02/06/24 14:40 ID:bclBCSnR
廃止派は、冤罪の可能性を理由に、死刑より終身刑という人間が多いと思うが
刑務所というところは脱獄が可能だということを忘れている。
凶悪犯が脱獄し、殺人を繰り返すといったことは十分考えられることである。
このデメリットと冤罪死刑のデメリットを比べてみた場合、前者の方が圧倒的に
大きいと思うのだが、廃止派はどう考えるのだろうか?

641 :朝まで名無しさん:02/06/24 14:54 ID:WAbSjj6C
>>638
国による自由や権利の侵害はいろいろある
例えば 「国に財産を取られる」 「国に労働をさせられる」
でも、一番ひどいのは 「国に命を取られる」 だろう
これらの、国による権利侵害を禁止した後でも、死刑は残ったわけだが
死刑も「国に命を取られる」パターンの一つであるわけで
これを例外として残してよいのか
特に、凶悪犯罪だけでなく軽犯罪や政治犯でも死刑になっていた時代において
死刑を廃止しようという考えが出てくるのは自然だと思う

642 :朝まで名無しさん:02/06/24 14:59 ID:uswSU9Az
冤罪があるから死刑は廃止という意見はもうこのスレでは十分に論議しつくされている。
同じことを何度も持ち出すな。>死刑廃止派

643 :朝まで名無しさん:02/06/24 15:03 ID:uswSU9Az
>>641
理由もなく財産を取られたり労働させられたりするならそれは問題だ。
正当な理由があればなんの問題もない。
国から命をとられるのも同様である。
社会の流れとしては死刑廃止に向かうことは否定しない。
だが、現状ではまだ死刑は必要かつ役に立っている。

644 :朝まで名無しさん:02/06/24 15:06 ID:FrCnDX/8
>>641
適用対象の問題だろう。
今だって犯罪者には様々な権利が認められないぞ。

公共の福祉のためなら個人の権利は制限される。
個人の権利を守るために個人の権利を制限する必要が
発生する。当たり前のことだろう。
その点からすれば犯罪者は人権が制限されても仕方がないだろう。
生存権だってその例外ではない。

645 :朝まで名無しさん:02/06/24 15:08 ID:NLQ6Ai70
>>641

「国に財産を取られる」、「国に労働をさせられる」、「国に命を取られる」

3つとも犯罪者に対しては国家はやってイイんじゃないの?

646 :朝まで名無しさん:02/06/24 15:09 ID:bclBCSnR
>>641

>>640でも書いたように、凶悪犯が脱獄して殺人を犯したとすれば、その責任は脱獄の可能な
刑務所を作った国にあると言うことが出来る。すなわち、その被害者は「国に命を取られた」
と言えるのである。犯罪を犯したため、死刑により「国に命を取られる」というのと比べれば
どちらを無くすべきか明らかだと思うが。

647 :朝まで名無しさん:02/06/24 15:18 ID:m7UVR2NE
>国による自由や権利の侵害はいろいろある
>例えば 「国に財産を取られる」 「国に労働をさせられる」
>でも、一番ひどいのは 「国に命を取られる」 だろう
だからこれは思想の一つなんだって。良い線いってたのにもったいない(w
>特に、凶悪犯罪だけでなく軽犯罪や政治犯でも死刑になっていた時代において
>死刑を廃止しようという考えが出てくるのは自然だと思う
極端に死刑廃止しようとするより、死刑の適用レベルを下げようとするのが
自然ではないかな?麻原やラディンのような例外もある。また今後どのような凶悪事件があるか
わからない。念の為に切札として死刑制度は必要なんだよ。

648 :朝まで名無しさん:02/06/24 15:31 ID:2Hj7WXT5
>>589
実態は中央政府がろくに行政やらなかっただけだよ。地方では勝手に死刑などが執行されている。

649 :朝まで名無しさん:02/06/24 15:42 ID:FrCnDX/8
>>648
確かに、というか死穢を怖れるのは中央の貴族や天皇家だからね。
下級官僚や武装農民にはそんなものはなかっただろうし。
ただ、中央の連中は本当に死刑を嫌っていた。

650 :朝まで名無しさん:02/06/24 15:55 ID:m7UVR2NE
>凶悪犯が脱獄して殺人を犯したとすれば、その責任は脱獄の可能な
>刑務所を作った国にあると言うことが出来る。
えらい一方的だね。罪人が生きている限り脱獄の可能性は無くなるわけなかろう。
>すなわち、その被害者は「国に命を取られた」と言えるのである
また極端な決め付けを..どうみても脱獄して殺人やった罪人が一番の悪だろう?
実際国に不満の声があがるとしたら
脱獄不可能な刑務所をつくれ!! ではなく
なぜ死刑にしてなかったのだ!? じゃないか?


651 :朝まで名無しさん:02/06/24 16:20 ID:bclBCSnR
>>650

だから、極端な例を出して廃止派に聞いてるんだよ。

652 :朝まで名無しさん:02/06/24 17:19 ID:WAbSjj6C
>>643-646
641は19世紀ヨーロッパの近代法と死刑についての話なので
現代の日本についてのツッコミを入れられても困ります

653 :朝まで名無しさん:02/06/24 17:21 ID:WAbSjj6C
あと、>>647

654 :朝まで名無しさん:02/06/24 17:38 ID:NLQ6Ai70
>>652
近代理論や近代思想が人間社会を納める制度や思想として
必ず有益とは限らない。マルクスはその典型。
だからと言って必ず不利益とも限らない。
近代法云々より理屈で説いた方が説得力有ると思う。

655 :朝まで名無しさん:02/06/24 17:42 ID:FrCnDX/8
>>652
>特に、凶悪犯罪だけでなく軽犯罪や政治犯でも死刑になっていた
>時代において死刑を廃止しようという考えが出てくるのは
>自然だと思う

19世紀のヨーロッパで死刑を廃止しようという流れが出ていた
ことについて詳細を希望。
できればソース付きで。
実際にそういう流れが出たのか、それとも貴方がそう考えただけ
なのか。

656 :朝まで名無しさん:02/06/24 18:44 ID:WAbSjj6C
>>655
一つ訂正
19世紀→19世紀初頭まで
18世紀も含まれる
で具体的な廃止国としては
ロシア1741年(後に復活)
オーストリア1781年
その他フランスやドイツでも死刑の対象となる犯罪が減った
(それまでは窃盗などの軽犯罪でも死刑になっていた)

ソースはうちの百科事典

657 :朝まで名無しさん:02/06/24 18:57 ID:JgpZCSEl
>>656
フランスやドイツの例は死刑廃止かね?
適用範囲の変更だろう。

それにロシアはロシア革命まで皇帝独裁国家だぞ。
近代法や人権思想に関係があるのか?

>>641 >>652 >>656
と一貫性があるように見えないが。

少なくともロシアとオーストリアの死刑廃止の要因について
きちんと説明して欲しい。
もちろん、>>641の説明と整合性を期待する。
それから、ソースを主張するつもりなら「うちの」じゃなくて
百科事典の出版社名を書くべきだと思うが。

658 :朝まで名無しさん:02/06/24 19:05 ID:JgpZCSEl
>>656
1741年、ロシアのエリザヴェータ女帝が即位の際に、
「自分の治世」では死刑を執行させないと宣言。
その後、2回の訓令で、これを強化し、死刑を決定的に廃止。

1764年、イタリアのチェザーレ・ベッカリア
(Cesare Bonesana Beccaria注1 ) が、
その著書「犯罪と刑罰について」をもって、死刑廃止を求める。

1766年、ロシアのエカテリーナ「世が法改正のための訓令の中で
「社会が正常な状態にあるときは、国民を死刑にすることは
有益でもなければ必要でもない」と発言。

1786年、ハプスブルク家出身のドイツ皇帝・ヨゼフ「世が
ベッカリアの思想に共鳴、その統治下のオーストリア諸邦で死刑を
廃止。彼の弟であるトスカナ大公レオポルドも領地で同様の措置を
とる。
1789〜1799年、フランス革命の嵐の中で、またたく間に人道主義の
後退が始まる。
1795年、10月26日のフランス国民議会において「世情が平穏な時には
死刑を廃止する」旨の決議をするが、そのような時は
ついに訪れなかった。
1865年、ルーマニアがヨーロッパの大国で初めて死刑廃止を
断行する。これにならって、1867年にポルトガル、1870年に
オランダ、1905年にノルウェー、1919年にオーストリア、
1921年にスウェーデン、1930年にデンマークが死刑を廃止した。

http://www.bioethics.jp/naox_punish-j.html

659 :朝まで名無しさん:02/06/24 19:10 ID:JgpZCSEl
>>658
を見る限りにおいては、ロシア及びオーストリアの死刑廃止は
独裁君主の個人的倫理観によって行われたように私には思えるが。

むしろ、革命を行ったフランスが決議したのにも関わらず、
死刑を廃止しなかったのが興味深い。
やはり、死刑はその時々のメリットとデメリットの比較に
よって行使され、社会にゆとりがない時期には確実に
執行されてきたと私は考える。

直リンは申し訳ない。

660 :朝まで名無しさん:02/06/24 19:24 ID:WAbSjj6C
>>657
>フランスやドイツの例は死刑廃止かね? 適用範囲の変更だろう。
それまで何でもかんでも死刑にしていたのが、重罪のみを死刑にするように変わったのも、死刑廃止の流れだと思うが。
もう一度言っておくけど、現在の日本で、重罪を死刑にするのを止めようという話をしているんじゃないので。

>近代法や人権思想に関係があるのか
確かに今までの説明にあった、近代法→死刑廃止というのにはまずい点がある
啓蒙思想→近代法・死刑廃止のほうが正確だろう
啓蒙思想で個人の生命・財産・自由は侵してはならないという思想ができたから
近代法でそれらを保障するものが盛り込まれ、死刑も廃止しようとする流れができた。

ロシアやドイツは当時は啓蒙絶対主義。フランスで発展した啓蒙思想を取り入れ、
国王の権力を用いて国を改革しようと言う段階で、国民の地位向上のための政策もいろいろやっている(教育の充実、農民の解放など)
「君主は国家第一の僕」という言葉もある

うちは平凡社の辞典だよ

661 :ちょっと生き抜き@世界の殺人鬼:02/06/24 20:01 ID:miq7codl
エド・ゲイン(1906.8.27生まれ)

人皮製の上着から頭蓋骨で作ったスープ鉢まで、死体加工の腕は犯罪史上ナンバーワン!
月夜の墓地で掘り返した死体と踊るマザコン猟奇王。

1984.7.26精神病院にて、めでたく老衰で大往生。胸像が作られたり、月夜に墓地でダンスする姿をあしらった
Tシャツが販売されるなど、猟奇殺人マニアに大人気のゲイン。
しかし、実際に彼が殺したのは2人ほどで、人気の秘密は、それらの死体に加え、夜な夜な墓地から埋め立ての死体を
掘り返してきては分解し、人皮の服をこしらえて自分で着たり、太鼓やランプシェード、頭蓋骨でスープ・ボウルまで
作り上げるという発想のユニークさと手先の器用さにある。
かつて、ここまで死体を愛し、ムダなく合理的に使用した殺人鬼がこの世に存在したろうか?
「悪魔のいけにえ」「羊たちの沈黙」など、彼をモデルにした映画は多数存在するが、
なかでも「ディレンジド 人肉工房」が最も事件に忠実だという。

662 :朝まで名無しさん:02/06/24 21:17 ID:NLQ6Ai70
殺人鬼シリーズの方いつもご苦労様、おれファンだよ!

663 :朝まで名無しさん :02/06/24 21:23 ID:jRS1eZFK
>それまで何でもかんでも死刑にしていたのが、重罪のみを死刑にするように変わったのも、
>死刑廃止の流れだと思うが。
何が何でも死刑(極端な制度)
重罪のみを死刑(普通)
死刑廃止(極端な制度)
廃止の流れまでいかないよ。落ち着くべきとこで落ち着いただけだよ。

664 :朝まで名無しさん:02/06/24 22:13 ID:rC1EduUe
うーん。歴史の勉強もいいものかもしれんな。
治安維持のための先人達の苦労の跡がうかがえるな。

665 :Ver5:4:02/06/25 01:31 ID:bTE9Lzor
>>613
>要はメリットとのバランスである人の命が犠牲になるのも仕方ない、
>ということがこの社会にはありうるんだよ。違うなら反論してくれ。
理論的にはあり得るとは思いますよ。しかし今の所それだけのメリットを
感じる物がないのです。

1.殺人の抑止力
   有ることが証明されていません。
2.罪と罰のバランス
   冤罪死刑のリスクをこえるものとは思えません。
3.社会不安の除去。再犯の可能性が0になる
   仮釈放無しの無期懲役(終身刑?)で充分だと思います。
4.死刑の方が金がかからない
   こう言う金は負担すべき物だと思います。論拠として認められません。

>子どもじみた矛盾
「重さ」のことですか?私には命の重さと地球の重さが比べられるものだとは
思えません。

>>623
平沢定通(氏)が死刑判決を受けたまま獄中死したのは最近の事ですよ。
そこまで裁判を信じる気にはなりません。

>>631
>>警察の決め付けによる冤罪や権力者の意図的な陥れや見せしめ効果を狙った
>>冤罪死刑が増える可能性は多分に有りえる
>それは事故や自殺に見せかけるのと一緒で暗殺だろ?
冤罪死刑では警察はもはや動かない。暗殺手段としては一番有力なので
潰しておいた方がいい。まあ未来予測を前提としているので今一つ説得力が
有りませんが、こう言う事態は充分あり得ることだとは思います。

>>632
ソースありがとうございます。しかし「本末転倒」で何を言おうと
しているのか分かりませんね。

>>640
>凶悪犯が脱獄し、殺人を繰り返すといったことは十分考えられることである。
現実問題としてほとんど考えられません。

666 :朝まで名無しさん:02/06/25 01:46 ID:NjZ17uOG
>>665
冤罪死刑は日本ではほとんどないと思うのだが・・・・
(以前の書き込みでいろいろと論証されていた)
可能性が0でないとか、将来増える可能性があるとか言い出すと
議論はループになる。
ここではっきり断ち切ろう。

冤罪死刑は無視できる
冤罪死刑はたいした問題でない
冤罪死刑はあってもかまわない

理由はすでに論議された。

667 :朝まで名無しさん:02/06/25 01:47 ID:702JlXnL
>>665

100%逃げ出すことの出来ない建物を作ることは不可能。
特に今の建物は、電気設備を多用しているため、強固な反面、停電・地震・テロ等で
簡単に脱獄可能になる。
外国の例で悪いが、アメリカでは現に脱獄犯の殺人が起きている。
テレビ(ディスカバリーチャンネルだったような気がする)でみた記憶なのでソースに
ついては、また探しておく。

ついでだが、最近のレスでは、死刑廃止派が先に「終身刑の方が金がかからない」と
言ったのでは?
賛成派はそれに反論しただけ。

668 :前前スレ96:02/06/25 01:50 ID:ikLWO0We
>>665
要するにあなたが死刑に反対する一番の理由は「冤罪に関する問題」と考えて良いでしょうか?

「平沢定通(氏)が死刑判決を受けたまま獄中死したのは最近の事ですよ。
そこまで裁判を信じる気にはなりません。 」

 これは死刑制度の問題とは別次元の問題ですね。ここでその発言をすることは逆効果だと
私は思います。論点がぼやけてしまいます。

「4.死刑の方が金がかからない
   こう言う金は負担すべき物だと思います。論拠として認められません。 」

 これもあなた個人の意見ですね。いきなり「論拠として認められない」は乱暴です。
何故認められないのかちゃんと意見を述べたほうが良いと思います。

669 :朝まで名無しさん:02/06/25 03:30 ID:irkDAr3G
>そこまで裁判を信じる気にはなりません。
>暗殺手段としては一番有力なので潰しておいた方がいい。

死刑問題を論じるに際して、
なにかバイアスがかかっているように感じるのだが・・・
(例えば、国家権力を敵視しているとか・・・)


670 :朝まで名無しさん:02/06/25 04:24 ID:BsU8LhQw
旧き良き時代の日本には死刑があった。
それだけで充分ではないか。
米英が何を言おうとも、日本は自分の道を行けば良い。
ただ淡々と、そして堂々と。

671 :朝まで名無しさん:02/06/25 10:01 ID:L50wX9Qq
>なにかバイアスがかかっているように感じるのだが・・・
>(例えば、国家権力を敵視しているとか・・・)
1.ただ単に自分の信仰している思想に反しているから
2.日本が嫌いであり、まとまりにくくする為の流言
3.他国と通じているスパイ。今後テロ等を起こしても死刑さえなければ
人質や武力行使で救出は可能であるため。


672 :朝まで名無しさん:02/06/25 10:10 ID:L50wX9Qq
廃止派からはほんとに日本をより良くしようといったものが伝わってこない。
やっていることは信仰の自由の侵害である。



673 :朝まで名無しさん:02/06/25 19:34 ID:8NiFtSX+
>>667
>外国の例で悪いが、アメリカでは現に脱獄犯の殺人が起きている。

実は脱獄って案外多いんだってね。
なかでも前スレ(Ver.4)の>>500は超有名。(テッドバンディーの件)

674 :朝まで名無しさん:02/06/25 19:49 ID:qyL29DGS
脱獄の可能性があるから死刑賛成なんて
免罪の可能性があるから死刑反対と同程度の別次元の問題だと思うが。

675 :朝まで名無しさん:02/06/25 20:02 ID:5U5AbdaI
>1.殺人の抑止力
>   有ることが証明されていません。

あーのーさー。ほーんとにみんなそう思ってんの?

抑止力については前々から議論されてるのは知ってるんだけどさ、
なんか死刑賛成派の人からの反論も歯切れ悪くてさ、俺、ストレス溜まっちゃってさ。

で、言わせてもらえば「有るに決まってんだろ!」ってこと。
統計いじりまわして結局有るか無いか分かりません、ってなにやってんだよ。秀才馬鹿か?キミたちは。

キミたちがどういう人生歩んできたのか知らんが、「殺すぞ」と言われてそれが単なる脅しでないとわかってても
我を通す一般市民なんて滅多にいないよ。こんなこと当たり前だろ?

676 :朝まで名無しさん:02/06/25 20:20 ID:LIkhnaDX
>>675

そう。死刑廃止するような国はもともと執行率が低く、「単なる脅しレベル」でしか死刑は
なかった。日本もそう。そんな国が廃止してもたいして変わりはなく、それをもって
「死刑には殺人の抑止力はない!」という都合のよい解釈をしているだけ。
 警察官の数を増やして検挙率のアップを図り,重罰化をすすめるというような徹底的
な治安維持政策(単なる脅しじゃないぞ,ということを知らしめる)をすすめれば犯罪は
抑制されるということがここ最近のニューヨークの例を見てもあきらか。単に死刑のあるなし
で統計をとっても意味はないのである。

677 :朝まで名無しさん:02/06/25 20:27 ID:LIkhnaDX
つまり死刑制度があったって検挙率が極端に低いような場合は「どうせ
つかまらない」と考え、抑止力はそれほど働かない。また執行率が低け
ければ,つかまったとしてもめったに死刑にならないと考え,抑止力は
それほど働かない。

678 :朝まで名無しさん :02/06/25 20:45 ID:wliovR8z
抑止力がそれほど働かないということは
ぎゃくに言えば少しでも働いているわけだ。
少しでも働いていれば充分。凶悪犯罪が1件でも減る可能性があるなら効果は大きいといえる。
どっちにしろ現在死刑存置国である日本には
法を変えてまで廃止するに至る説得力はないな。
それでなぜ都合悪くなるとまたループさせようとするのだ?
そんなに毎度毎度撃沈しているところをみせてると逆効果なだけだぞ(w



679 :朝まで名無しさん :02/06/25 21:09 ID:wliovR8z
冤罪、抑止力で一段落ついたら次は世界の動きをだす番だろ(w
何度も繰り返してきたが結局思想の違い。それだけならいいが
廃止派の困ったところは自分の信仰している思想を相手に押し付けようとするところだ。



680 :朝まで名無しさん:02/06/25 21:32 ID:ZtXh5Fc/
>キミたちがどういう人生歩んできたのか知らんが、「殺すぞ」と言われてそれが単なる脅しでないとわかってても
>我を通す一般市民なんて滅多にいないよ。こんなこと当たり前だろ?

なるへそー。
やろうと思えば通りすがりの一般人を殴るのは簡単だが、
ヤクザを殴るのはションベンちびるほど怖いもんな(W
てか、俺には出来ん。
つまり「殺されるのが怖い」から。

・・・・・って感じだね?

681 :朝まで名無しさん :02/06/25 22:39 ID:OassmunY
いまさら抑止力の点で言うのもなんだが。
世の中できた人ばかりじゃないし、無期懲役とか終身刑とかいっても
実際どんなものかピンとこない連中も結構いるだろうね。そういう人達にはやっぱりストレートに死刑
ってのが一番きくだろうね。まあ抑止力や冤罪に関しては過去ログで出尽くしてるし
死刑廃止にひっくり返すような決定的意見はないからね。

682 :朝まで名無しさん:02/06/25 22:42 ID:orgzv9E8
>死刑廃止するような国はもともと執行率が低く、
>「単なる脅しレベル」でしか死刑は
なかった。日本もそう。そんな国が廃止してもたいして変わりはなく、
>それをもって
>「死刑には殺人の抑止力はない!」という都合のよい解釈をしている
>だけ
不謹慎で申し訳ないけど、
あたるかもしれない宝くじと、絶対あたりが無い宝くじ。
すごい違うと思う。

683 :Ver5:4:02/06/26 00:12 ID:5IigDk6K
訂正します。
1.殺人の抑止力
   有ることが証明されていません。
   →有ったとしても冤罪死刑のリスクを超えるものとは思えません。

>>667
テロリストの仲間が脱獄させる。これは今後あり得る事態ですね。
これは冤罪死刑のリスクを超えるかも知れません。この種の脱獄の可能性が
有る場合に限って死刑を認めようかと思います。しかし停電・地震等での
脱獄の可能性は、冤罪死刑のリスクを考えれば甘受すべきだと思います。

>死刑廃止派が先に「終身刑の方が金がかからない」と言ったのでは?
そうでしたっけ?じゃあ論点にしなくていいですね。

>>668
>要するにあなたが死刑に反対する一番の理由は「冤罪に関する問題」と考えて良いでしょうか?
念のため補足しますが、「冤罪一般に関する問題」ではなく
「冤罪死刑に関する問題」が一番の、と言うより唯一の理由です。

>これは死刑制度の問題とは別次元の問題ですね。
そうですか?冤罪死刑そのものではありませんが、あと少しで冤罪死刑に
なっていたかも知れませんよ。

>ちゃんと意見を述べたほうが良いと思います。
端折り過ぎたかも知れませんね。死刑の是非の議論の方が先に有るべきで
あって、その結果金がかかる事をすべきだと言うことになったら
金を使わなくてはならない。金を先に持ってくるのは順序が逆であって
論拠として認められない。これでいいでしょうか。

>>669
戦時中の国家権力は国民の敵でした。そういう国は今も有ります。
今後日本がそうならないと言う保証は有りません。万一国家権力が国民の敵
になった時に備えておくべきだと思いますし、備えることがそういう事態を
招かないひとつの要素にになると思います。

684 :朝まで名無しさん:02/06/26 00:33 ID:XSPS0S2u
>>683
>戦時中の国家権力は国民の敵でした。

これは物凄く変な意見だと思うぞ。
太平洋戦争当時の日本政府は日本国民の敵だったって言いたいわけ?
いくらなんでもそれは偏りすぎた意見だろー。

・・・・「国家権力が敵」かよ・・・・(あ〜あ)

685 :朝まで名無しさん:02/06/26 01:02 ID:u1YuDjCK
うーむ、
国家権力が国民の意思から乖離しないように監視を怠るべきではない
国家権力の恣意的運用の可能性が高い法制度は問題がある
という話ならばわかるが・・・

国家権力が国民の敵になることを想定して
死刑を廃止すべき、という主張はかなり極端だと思うぞ。


686 :前前スレ96:02/06/26 03:24 ID:e+/4o3O3
>>683
「>これは死刑制度の問題とは別次元の問題ですね。
そうですか?冤罪死刑そのものではありませんが、あと少しで冤罪死刑に
なっていたかも知れませんよ。」

 しかし、裁判が信用出来ないというのなら論点は全ての冤罪についてにするべきであり、
死刑問題に関してだけ冤罪の問題を持ち出すのはおかしいのではないでしょうか?
 裁判制度のあり方と死刑制度のあり方は飽くまで別次元で取り扱ったほうが良いと思います。

「>ちゃんと意見を述べたほうが良いと思います。
端折り過ぎたかも知れませんね。死刑の是非の議論の方が先に有るべきで
あって、その結果金がかかる事をすべきだと言うことになったら
金を使わなくてはならない。金を先に持ってくるのは順序が逆であって
論拠として認められない。これでいいでしょうか」

 これは納得です。安かろう悪かろうではないですが、安いものが正しいとは限りませんからね。
正しいと思われることに相応の金をかけるべきであって、安いからそっちを選ぶと言うのでは
秩序は保てません。

「戦時中の国家権力は国民の敵でした。そういう国は今も有ります。
今後日本がそうならないと言う保証は有りません。万一国家権力が国民の敵
になった時に備えておくべきだと思いますし、備えることがそういう事態を
招かないひとつの要素にになると思います。」

 論理展開とは「条件命題(仮定)⇒論理⇒結論」というように行われるべきです。
今の日本社会から条件命題を抽出し、論理的に結論を出すのであれば、その結論は今の日本に適用されるべきでしょう。
逆に今の日本社会とは異なる社会を想定し、そこから条件命題を抽出して結論を出しても、その結論は「今の日本社会と異なる社会」
に適用されるべきものであって、「今の日本社会」に適用されるべき結論ではありません。
少なくとも論理的な意見ではありません。

687 :朝まで名無しさん:02/07/06 17:59 ID:iHQU9fGa
age

688 :朝まで名無しさん:02/07/06 18:06 ID:/zJzybAJ
>廃止派の困ったところは自分の信仰している思想を相手に押し付けようとするところだ。

存置派も同じジャン(ワラ

689 :朝まで名無しさん:02/07/06 18:07 ID:vvM4oqDK
>>686
同意だな
それにファシズムや独裁下の国で、法律を武器にしてもあまり意味が無いだろう。
そんな物簡単に為政者によって変えられてしまう・・
国民の敵である国家権力に法律で戦い続けたなんて話聞いたことが無いぞ。
反体制の臭いがプンプンする・・

690 :朝まで名無しさん:02/07/06 18:10 ID:vvM4oqDK
>>688
確かにそれは言えてるなW
まぁ廃止派の人権思想ほど絶対的な物ではないがな。

691 :朝まで名無しさん :02/07/06 18:23 ID:uWQBe7w0
>>688
存置派が他国に思想の押し付けをして死刑制度を推進しているかい?
存置派は日本は日本で良いって言ってるのに
廃止派は他国が廃止だからとかいって日本に思想の押し付けをしてる。
全然同じじゃないジャン(ワラ

692 :朝まで名無しさん:02/07/06 19:05 ID:6+d6TCz/
>>691
その「他国」というのも、スレを見ていると、欧州が主ではないかな。
廃止派って、欧州コンプレックスなのか(w
欧州が日本より犯罪率が低いというのなら、まだ見習うべきかもしれないがね。



693 :朝まで名無しさん:02/07/07 22:54 ID:vS4D8vwZ
>>691
激しく同意だが、今まで何故この点指摘されなかったんだろう?

694 :前^4スレ96:02/07/07 23:06 ID:OsxokpTU
三日ぶりに来てみたらもう700近くなっててびっくり。

695 :前^4スレ96:02/07/07 23:10 ID:OsxokpTU
686って誰かがコピペして持って来たのかな?
僕の文を使ってもらえるなんて光栄です。

696 :朝まで名無しさん:02/07/07 23:44 ID:ra9lM6e3
>>691
またまた〜冗談でしょ?
死刑制度存置によって凶悪犯罪には死を!という価値観を犯罪者に押し付けてるのは
どっちですか?

697 :朝まで名無しさん:02/07/07 23:49 ID:Vh8N3H5j
>>696
>>691は「他国に対して」ということを言ってると思うんだが…
あんたは廃止派が他国の例を引き合いに出してくることについて全然触れてないけど、その点どう思ってるの?

698 :朝まで名無しさん:02/07/07 23:57 ID:ra9lM6e3
>>686
刑法理論が冤罪を必要的に予定してるんだから、
全ての刑罰について議論してもしょうがないでしょ。
幸い生きていれば補償可能なんだから。
死んだら、本人に補償出来ないじゃん。
この差が冤罪に基づく死刑廃止論を生み出してるのがわからない?
あなたは監禁されるのと殺されるのが同列だと思ってるのですか?

再審によって冤罪だと分かっても、申し立て中だって執行される可能性があることを考えれば、
ずっと、死の恐怖に耐えながら監禁の既遂も受けつづけるわけ。
彼に対する法益侵害をまとめると、監禁と殺人未遂の併合罪だね。
それに対して懲役刑の場合は監禁と強要の併合罪。
刑にすると、前者は死刑または無期若しくは三年以上20年以下の有期懲役。
後者は、7年以下の有期懲役。
すくなくとも刑法はこのぐらい違うと判断してるんですけど、、、
これも日本人の感情にあわない?
もっと同格にあつかうべき?

699 :朝まで名無しさん:02/07/07 23:57 ID:ra9lM6e3
>>697
俺は廃止はだけど多国のことなんか気にしないもん。

700 :朝まで名無しさん:02/07/08 00:01 ID:k5YDF81I
>>699
だったら691へのレスとしては不適切じゃない?
それと「他国を気にしない」なら「世界の趨勢」って台詞も、少なくともあんたは口にしないね?

701 :朝まで名無しさん:02/07/08 00:01 ID:Rs643g5+
>>697
それに、いつ廃止派が他国に対して押しつけ様とした?
一応日本についてだけでしょ?彼等が主張するのは。
存置派も同じ。
イメージと論理の区別はつけましょうね。
言葉のイメージから演繹して全く違う結論を導かないように。
だいたい、君らは本当に死刑で凶悪犯罪が減ってると思ってるわけ?
何がそう信じさせるわけ?
今の時代にそんなこと信じるのは、時代遅れだって、
このスレでもいろんな人が言ってるじゃん。
幸い統計を出してくれた国もあるんだろ?比較して。

702 :朝まで名無しさん:02/07/08 00:02 ID:Rs643g5+
>>700
しないよ。しなくても説明できるもん。

703 :前^4スレ96:02/07/08 00:17 ID:yCJNQs0e
皆さん、ver7に移りましょう。
このスレは、この間2ちゃんがクラッシュした時に一度消えてしまったはずの
ものだと思います。今は向こうが本スレになっています。

704 :過去ログ読まずにカキコ:02/07/08 00:21 ID:CimBEKwm

死刑反対です!。 たとえ法律に基づくといえ、人が人を殺すことを認めるのは殺人になります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
だから ・ ・ ・ 人権を剥奪しましょう。

 え?人権を剥奪してどうするって? そんなの決まってるじゃないですか。 害獣駆除は保健所の仕事ですよ。

705 :朝まで名無しさん:02/07/08 00:30 ID:GL4i2ann
>>701
「廃止派が他国に対して押し付けようとした?」
目茶苦茶だな。

691は「存置派は他国に対して死刑存置を押し付けようとはしてないのに、廃止派は他国を引き合いに出して日本に押し付けようとしてる」って言ってるんじゃん。

「存置派は『廃止派は日本以外の死刑存置国に廃止を押し付けようとしてる』って言ってる」って言うの?
そんなこと691も俺も一言も言ってないじゃん。
全く違う結論を導いてるのはあんたじゃん。

それと「死刑で凶悪犯罪が減ると思ってるわけ?」って、いきなり論点を逸らすなよ。俺はその点については今のレスでは一言も触れてないだろ?

あんたの言ってることさ、前段と後段(「だいたい」以降)が全く分裂してるよ。少なくとも後段には、俺は今のレスの件では答える義務はないね。

706 :前^4スレ96:02/07/08 00:32 ID:yCJNQs0e
ver7に移動しましょうよ。

707 :朝まで名無しさん:02/07/08 01:07 ID:A15m6k7i
最後の方の書き込みが消えちゃって
途中から議論が再スタートしてるのか

「死刑廃止は世界の潮流」って言ってるのは
死刑賛成派だけだぞ(ネタとして)
そんな反対派まずいないって

298 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)