5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

<<狂牛病関連情報蓄積スレ その15>>

1 :名無しさん:02/06/27 09:09 ID:S0OHGpGU
前スレ
・<<狂牛病関連情報蓄積スレ その14>>
http://kaba.2ch.net/news2/kako/1022/10225/1022594230.html

・狂牛スレ過去ログ倉庫は倉庫番さんが再構築中
 もうしばらく待てば、ここで再開告知があるかも
・「狂牛病」脳衰・荒逝省氏ね!シリーズ速報版への最新版は
 http://news.2ch.net/news/
 ニュース速報版からアクセスしてね。
・必見のニクコップンデータベースはこちら↓
 http://bsecjd.hoops.jp/
◆◆必読◆◆ 日本のとった呆れかえる狂牛病対策  Nature誌
 英文 http://www.nature.com/nature/news/010927.html#2
 和文 http://www.natureasia.com/japan/webspecial/bse/

意見・感想は他スレでやるとして、
ここは情報集積オンリーでいきましょう。

煽り禁止・冷静にお願いします。
また、参考になる情報を見つけたら貼り付けていただけると幸いです。

2 :朝まで名無しさん:02/06/27 09:09 ID:S0OHGpGU
渡辺農林水産事務次官記者会見要旨
( 平成14年6月24日(月) 14:00〜14:09 於:農政クラブ )
http://www.kanbou.maff.go.jp/kouhou/020624jimujikan.htm

○1996年3、4月生まれの牛を対象としたサーベイランスについて

Q: 6月も終わりかけていますが、BSE関連の集中検査で96年3、4月生まれの牛を対
象として、耳標のデータベースが整い次第行いたいということをおっしゃっていたかと思うの
ですが。データベースがそろそろ整うところではないかと思うのですが。

A: 結論から言いますともうちょっと待って頂きたいと思っております。6月の23日現在
でデータベースへの入力の状況は75%、6月中には100%に是非したいと思っております
ので、その個体識別システムを活用した検査対象になる牛の確認なりですね、それから農家の
プライバシー確保という問題もございまして、専門家の意見も聞いておりますので、6月中に
は何とか結論を出して、立ち上がりをさせたいと思っております。だた今まで全体的なサーベ
イランスの中で、これは御承知と思いますが、約1400頭のサーベイランスが終わっており
まして、その中には御案内の1996年の3、4月生まれというのが28頭含まれております。
これらは全て陰性ということでございます。今日までの状況はそういうことで、当該年、当該
月の生まれの牛が2万7千頭ぐらいおりますので、それをどういうふうに計画的にこなしてい
くかということも、耳標のデータベースの入力の状況を見て出来るだけ早くやりたいと思って
ます。もうちょっと待って下さい。

3 :朝まで名無しさん:02/06/27 09:10 ID:S0OHGpGU
▽BSE同居牛処分の撤回求め金峰町議会が意見書 (南日本新聞)
  −「農家の経営圧迫」、自殺獣医師父親の陳情受け
http://www.minaminippon.co.jp/2000picup/2002/06/picup_20020626_1.htm

 金峰町議会は25日、BSE(牛海綿状脳症)に感染した牛と同じ畜舎で飼育された牛(同
居牛)の大半が殺処分されている現状は畜産農家の経営を圧迫するとして、処分の撤回を求め
る意見書を全会一致で可決した。近く総理大臣、農林水産大臣、厚生労働大臣に送付する。
 5月に北海道音別町で国内4頭目のBSEと確認された乳牛を生体検査した後、自殺した釧
路保健所獣医師濱田恵子さん=当時(29)=の父親で、金峰町肉用牛振興会長の濱田秀雄さ
ん(56)=同町大野=が意見書を求める陳情を提出していた。
 意見書は「ほぼすべての牛を殺処分することは農家に経営崩壊の不安を与え、老廃牛の出荷
を抑制し、労力・財政的な経営負担を押しつけている」と農家の窮状を訴えた。
 その上で(1)処分の即時撤回(2)BSE認定牛の価格補償(3)老廃牛の優先的と畜
(4)消費者不安解消のための情報公開(5)BSE感畜牛の発見をおそれないよう食肉検査
員に指示し、と畜場や家畜保健所の連絡強化−を要望している。
 陳情を出した濱田さんは、意見書可決について「娘の死をむだにしたくない思いもあるが、
今の制度で農家は一生懸命育ててきた牛を失ってしまう。見直しを求める動きが広がってほし
い」と話した。
 農水省によると、BSE陽性牛が確認された場合、同居牛を潜伏期間や国際基準に照らし
「疑似患畜」とみなされれば、家畜伝染病予防法に基づき殺処分する。これまでの発生農家
では、同居牛の9割前後が「疑似患畜」として処分された。
 農水省畜産衛生課は「現行制度は国際ルールや専門家の指導をもとにBSEの危険性を事前
に回避するためのもの。処分撤回を求める自治体の意見書はこれまで把握していない」と話し
ている。


4 :朝まで名無しさん:02/06/27 09:13 ID:S0OHGpGU
▽牛肉在庫保管・処分事業の補助対象外となった業者名の公表に係る「第三者検討会」の
開催について (農林水産省生産局畜産部)
http://www.maff.go.jp/www/press/cont/20020621press_11.htm

1 趣 旨
 BSE対策事業として実施している「牛肉在庫保管・処分事業」の検品の結果補助対象外と
なった業者名を公表することについて、関係業者から行政不服審査法に基づく不服申立てが提
起されたことを踏まえ、公表の在り方等を検討するため、農林水産省生産局長の私的諮問機関
として標記「検討会」を開催する。
 
2 委 員(敬称略、五十音順)
秋岡  栄子  経済エッセイスト
宇賀  克也  東京大学大学院法学政治学研究科教授
住田  裕子   弁護士
田中  一昭  拓殖大学政経学部教授
中村  靖彦   明治大学農学部客員教授
 
3 スケジュール
 委員の日程調整が整い次第第一回を開催することとし、7月下旬から8月上旬を目途に
意見集約を行う。
 
4 議 事
  検討会における検討は非公開とする。
 
5 庶 務
  検討会に係る庶務は、生産局畜産部食肉鶏卵課で行う。

問合せ先 農林水産省生産局畜産部食肉鶏卵課 担当 依田(よだ)、春名
  電話 03-3502-8111(内線3962,3968) 03-3501-3776(直通)

5 :朝まで名無しさん:02/06/27 09:15 ID:XMKhX1gc
>>1
もう飽きたよ。マジで。
BSEよりも、もっと致死率の高いモノの話しようぜ。


6 :朝まで名無しさん:02/06/27 10:14 ID:J+Z3+6I4
>>5
nvCJDは罹患したら致死率100%ですが、100%より高い致死率なんて有り得るのか?

7 :朝まで名無しさん:02/06/27 10:24 ID:o68fuqdO
肉屋の致死率は100パーセントより高いのかも(藁

8 :朝まで名無しさん:02/06/27 10:24 ID:Xy4EcLif
>>6
5は日本で何人罹患するのかと言っていると思われ


9 :朝まで名無しさん:02/06/27 10:46 ID:o68fuqdO
牛肉を食べて一人が亡くなるより、インチキ肉屋が百人自殺する方がいいのでは?

10 :朝まで名無しさん:02/06/27 11:09 ID:zVcuJLe8
殺処分された牛と同じ数の人が死ねと言っていた畜産家も居た。

11 :朝まで名無しさん:02/06/27 13:38 ID:3qkHP97J
■牛肉、前年の4割減  豚肉7万1200トンに(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02062706.html

 食肉の五月の輸入量は、牛肉が前年に比べ四割近く減ったが、豚肉や鶏肉は前年並みの水準
となった。このうち豚肉は、特別セーフガード(緊急輸入制限措置)発動の可能性が指摘され
ているが、牛海綿状脳症(BSE)の代替需要で国内産の豚肉価格が高値となっているため予
想以上の輸入量となった。
 牛肉は冷蔵品が前年に比べ40%減の一万八千八百トン、冷凍品は37%減の一万九千三百
トン。回復基調にあるものの、国内産牛肉の値下がりが輸入を抑えたとみられる。
 また、豚肉は冷蔵品が前年比2%増の一万九千百トン。前月と比べると19%増と大幅に増
えた。冷凍品は前年比3%減、前月比34%減の五万二千トンとなった。
 くず肉を含めた全体の輸入量は、前年比1%減の七万千二百トン。前月と比べると35%減
った。冷蔵品の輸入量が増えたことについてハム・ソーセージのメーカーでは「国内産豚肉の
高値で、予想以上に輸入が増えた」と話す。
 豚肉のセーフガードの今年度第一・四半期(四〜六月)の発動基準数量は二十万七千三十八
トン。四月と五月の輸入量(速報値)の合計は十六万五千トンに達し、残り四万トンほどに迫
っている。
 鶏肉は、冷蔵、冷凍物全体で四万五千五百トン。国別では、ニューカッスル病が発生した中
国産が前年比57%減、鳥のインフルエンザが出た米国産が67%減となった。一方で、ブラ
ジル産は一万七千七百トンで前年比二・七倍と急増している。

12 :朝まで名無しさん:02/06/27 16:26 ID:TDSzSDA7
■財団法人日本食肉消費総合センターの「ミートリサーチ」
http://www.jmi.or.jp/mresearch/index.html

食肉販売店調査
http://www.jmi.or.jp/mresearch/ym_1_1.htm

消費者調査
http://www.jmi.or.jp/mresearch/ym_2_1.htm

13 :朝まで名無しさん:02/06/27 17:23 ID:TDSzSDA7
■BSE対策で協力を 野間農水副大臣が潮谷知事に要請(熊本日日新聞)
http://kumanichi.com/news/local/main/200206/20020627000099.htm

 野間赳・農林水産副大臣が二十六日、県庁を訪れ、潮谷義子知事にBSE(牛海綿状脳症、
狂牛病)対策への協力を要請した。
 野間副大臣は「BSE問題については大変ご心配をかけた。緊急融資に対する無利子貸し付
けや、安全性のPRなど知事のご努力をありがたく思う」と謝意を表明。その上で、(1)廃
用牛の円滑な出荷の促進(2)肉骨粉処理の推進(3)死亡牛を検査するための体制整備を要
請した。
 潮谷知事は「BSE対策特別措置法で二十四カ月齢以上で死亡した牛の全頭検査が義務づけ
られたが、(検査には)新たな施設の確保や人員の補充が必要。国に経費などの配慮をお願い
したい」と逆要請。野間副大臣は「国でも全面的に支援できるかどうかは厳しい。役所とも相
談したい」と答えるにとどめた。
 さらに潮谷知事は、国会審議中の「有明海及び八代海再生特別措置法案」の早期制定や、産
地偽装問題が発生した際などに素早く流通ルートが解明できるよう、検査員の権限強化なども
訴えた。


14 :朝まで名無しさん:02/06/27 21:03 ID:er7f/N57
■牛肉売り上げ激減、BSE響き259億円に 前年比27%減−−ホクレン /北海道
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020627-00000006-mai-hok

 ホクレンの01年度の牛肉の売り上げは、BSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)や産地
偽装事件の影響を大きく受け、前年度比27・5%(98億円)減の259億円にとどまった。
 ホクレンが、民間企業の決算にあたる01年度事業実績のなかで発表した。牛肉の落ち込み
について、ホクレンは「BSEの影響で肥育牛や廃用牛の流通が停滞し、価格も低下してしま
ったことが大きい」と説明している。
 今年度の牛肉売り上げはさらに大きく落ち込み、176億2860万円にとどまると予想。
BSEの影響がなかった00年度の牛肉売り上げ(357億4300万円)の半分以下という
非常に厳しい見通しとなった。
 ホクレンは今年度の事業計画で、牛肉の個体衛生管理の徹底などで道産畜産物の安全性と
信頼の向上に努め、消費回復につなげたい考えだ。
 このほか今年度は、雪印乳業の経営再建を支援するため、同社に6億円の出資を行う。
 01年度の事業実績全体では、売り上げの減少を管理費の圧縮で補い、経常利益は前年比
15・3%増の26億400万円で減収増益となった。【江口一】(毎日新聞)

15 :朝まで名無しさん:02/06/27 21:24 ID:er7f/N57
■狂牛関連スレ
【社会】牛肉、前年の4割減、豚肉71200dに
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1025153529/
【社会】対象外の肉を買い上げ申請した業者名の公表に業者が異議申し立て、再検討へ
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1023465459/
狂牛病(BSE)で「重大な失政」の畜産部を解体廃止へ=農水省[020608]
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1023562070/
【社会】鶏肉も狂牛病の危険性あり[6/11]
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1023749538/
【社会】農水省の職員が「吉野家」で接客研修。素人にはお勤めできない?
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1023966146/

■食肉表示偽装関連スレ
【社会】「ノザキのコンビーフ」偽装で立入検査―松坂牛や米沢牛に別の国産牛肉を混合
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1024053031/
【社会】丸紅畜産、鶏肉の産地を偽装
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1016286035/
鶏肉偽装事件:全農チキン元幹部ら7人逮捕=鹿児島県警・埼玉県警[020610]
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1023693701/

16 :朝まで名無しさん:02/06/27 22:24 ID:er7f/N57
「米国における牛海綿状脳症の可能性についての評価」
http://lin1.lin.go.jp/alic/sirase/bse-report.htm

目次 http://lin1.lin.go.jp/alic/sirase/bse-report01.pdf
本文 http://lin1.lin.go.jp/alic/sirase/bse-report02.pdf

この報告書は、米国におけるBSEの発生や、発生した場合の感染の拡大などの
危険性を評価した報告書です。この調査は、98年4月にUSDAがハーバード大学に
委託して実施され、2001年11月に公表されたものです。

翻訳された文書は全部で82ページもあります。

17 :朝まで名無しさん:02/06/28 01:27 ID:e3x171OS
▽BSE対策、県に協力を要請−−野間・農水副大臣が来県 /熊本
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020627-00000001-mai-l43

 野間赳農水副大臣が26日、県庁を訪れ、死亡牛検査の態勢整備などBSE(牛海綿状脳症、
いわゆる狂牛病)対策の協力を要請した。
 野間副大臣は、(1)円滑な出荷による廃用牛の滞留解消(2)肉骨粉の円滑な焼却処分
(3)死亡牛の全頭検査の態勢整備――の3点に協力を求めた。
 7月施行されるBSE対策特別措置法で、来年4月から2歳以上の死亡牛の全頭検査が義務
化される予定で、施設整備が急務となっている。
 県では2歳以上の死亡牛が年間約3400頭あり、潮谷義子知事は「死亡牛検査には新たな
施設や増員が必要。国には経費面で配慮をお願いしたい」と要望。野間副大臣は「全面的な支
援は厳しいが、国としてもできる限りのことはやる」と応じた。【姜弘修】(毎日新聞)

18 :朝まで名無しさん:02/06/28 07:38 ID:e3x171OS
牛海綿状脳症(BSE)サーベイランスの結果について(第34報)[PDF]
http://www.maff.go.jp/www/press/cont/20020627press_5.pdf

19 :あげ:02/06/28 15:39 ID:SKiXhpPI
ほしゅあげ

20 :朝まで名無しさん:02/06/28 16:58 ID:n/HNICdI
■悪意なければ公表せず  JAS法違反に基準/農水省方針(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02062801.html

 農水省は二十七日、食品の品質表示を定めたJAS法に違反した業者などへの指示、公表の
基準となる指針をまとめた。悪意のない単純ミスで違反した業者の名前は公表せずに改善を指
導するにとどめ、一定期間後に再調査することとした。この指針は、改正JAS法を運用する
ガイドラインとなる見込み。
 同省は、食品の偽装表示が相次いだため、六月にJAS法を改正、違反者への罰則と公表規
定を強化した。立ち入り検査で違反が確認されれば、指示と同時に違反業者名などを公表する
「指示即公表」を原則とした。
 今回の指針は、「指示即公表」の原則に例外をもうけるもの。意図的な違反ではなく、改善
の意思があれば、一段軽い行政措置の「指導」にとどめる。ただし違反を繰り返せば公表する。
 衆参両院の農林水産委員会は、裁量行政や零細業者の倒産を避けるため、同省に対し、公表
の基準を明確にするよう求めていた。

21 :朝まで名無しさん:02/06/28 16:59 ID:n/HNICdI
▽進まぬ肉骨粉処理 日量−900トン生産 焼却820トン(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/topnews/topnews02020628.html

 全国各地に保管されている大量の肉骨粉の処理が緊急の課題となってきた。セメント原料と
して再利用する計画があるものの処理が滞り、虫や悪臭も発生している。農水省は「在庫は解
消に向かっている」というが、全量処理までにはいくつかの壁がある。肉骨粉の処理はなぜ進
まないのか――。
 全国のレンダリング工場に保管されている肉骨粉は、合計十二万三千トン。現在、全国で毎
日九百トン生産されている肉骨粉だが、焼却されるのは八百二十トン。残り八十トンは保管倉
庫に積まれたまま。その一つ、群馬県では「梅雨入り前に片づけようと思ったが、無理だ。緊
急避難的にシートをかぶせている」と、困り顔だ。
 一日の焼却量八百二十トンのうち、セメントとして再生利用するためにセメント工場で焼却
する肉骨粉は百三十七トン。残りは一般ごみとして燃やす。
 ここで問題になるのがセメント工場での肉骨粉利用率の低さだ。一般の焼却施設がフル稼働
なのに対し、セメント工場は全国で四百五十トンの処理能力がありながら、三分の一しか利用
していない。セメント工場の受け入れ態勢が整えば一日の処理量は大幅に増えて在庫は解消さ
れるはずだが、なかなかその通りにはいかない。
 □  ■
 原因は肉骨粉の流通形態にある。肉骨粉は通常、五百〜千キロのフレコンバッグで流通する。
ところがセメント工場や小規模の焼却場では、コンパクトな二十キロ袋でないと焼却口に入ら
ない。岩手県では二十キロに袋詰めする機械を探すが、「引き合いが強いせいか、安価な中古
は見つからない」という。
 □  ■
 十二月からの廃棄物処理法の規制強化も問題だ。十一月末までは、焼却炉から排出されるダ
イオキシン類は一立方メートル当たり八〇ナノグラム(一ナノグラム=十億分の一グラム)ま
で許される。しかし十二月以降は、一時間に四トン以上の焼却能力がある炉は一ナノグラムに
抑えなければならない。肉骨粉を焼却している炉でも、基準に合わなければ使えなくなる。
 三重県はこうした事態を見越し、既存の炉を改修して、ごみを燃やさず固形化燃料にする施
設を十月までにつくる。ところが、ごみを燃やさないため、肉骨粉の焼却もできなくなる。同
県は「十月以降は、ほかの市町村に肉骨粉の受け入れをさらにお願いしなくてはいけない」と
漏らす。
 肉骨粉の在庫を抱える畜産主産地のレンダリング業者は「肉骨粉に虫がついたり、腐らない
ように管理するだけでも精神的負担は重い。国は責任をもって早急に処理してほしい」と要望
するなど、肉骨粉の処理は複雑さも増している。

22 :朝まで名無しさん:02/06/28 18:55 ID:n/HNICdI
■国産牛と偽り、補助申請 農水省、刑事告発も視野 (共同通信)
2002-06-28 18:26

 福岡市の食肉会社「日本食品」が補助対象外の輸入牛肉を国産と偽って
国が行っているBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)関連の国産牛の買い取り
補助を申請していたことが28日、農水省の調査で分かった。日本食品が
全国食肉事業協同組合連合会を経由して補助を申請した122トンに
ついて、農水省は27日に冷凍倉庫の現物調査を実施。箱には「牛肉」
と書かれていたが、中身は輸入された牛のアキレス部分だったという。
 農水省によると、同社は昨年12月下旬、買い戻し特約としてこの
122トンに対する補助金約1億3600万円の仮払いを受けたが、
今年3月初めに福岡県食肉事業協同組合連合会に返還した。農水省は
既に福岡県警に情報提供しており、詐欺容疑などでの刑事告発も視野に
入れ、さらに事実関係の確認を急ぐ。

http://www.kyodo.co.jp/texthighlight.html#A0102810

23 :朝まで名無しさん:02/06/28 21:00 ID:e3x171OS
▽2割がJAS法違反 銘柄虚偽も1件−−県環境農政部、食肉表示調査結果 /神奈川
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020628-00000007-mai-l14

 県環境農政部は27日、牛肉偽装事件を受けて、小売店などに緊急実施していた食肉表示
調査の結果をまとめた。
 それによると、銘柄肉の表示板で非銘柄肉を販売していた虚偽表示が1件判明。また食肉の
原産地をまったく表示していないJAS(日本農林規格)法違反の業者が19事業所(20・ 6%)も
あるなど、JAS法で義務付けられている適正表示が十分浸透していない実態が明ら かとなった。
 今回の調査は、相次ぐ牛肉偽装事件を受け、県環境農政部が5月、県内の食肉小売店や
卸売 業者など103事業所を対象に緊急実施。うちJAS法上の表示義務がある92業者の調査
結果をまとめた。
 「牛もも肉」などの名称表示はすべての業者が実施していた。
 しかし、原産地表示が、店頭などに用意された食肉の40%未満であった業者は29業者
(31・5%)に達し、「十分実施されているとは言いがたい」(同部)状況。
 また、原産地表示の根拠を確認したところ、伝票などで確認できなかった食肉が8・3%も
あった。業者側は「仕入先との信用」や「口頭での確認」などと説明したという。同部は「適正
表示のための指導を行っていく」と話している。(毎日新聞)

24 :朝まで名無しさん:02/06/28 21:17 ID:e3x171OS
■国産牛と偽り1億円強受給 農水省、刑事告発も視野
http://www.kahoku.co.jp/news_s/20020628KIIAKA01010.htm

 福岡市の食肉会社「日本食品」(後山繁仁社長)が補助対象外の輸入した
牛のアキレスけんを国産牛肉と偽って、国が行っているBSE(牛海綿状脳症、
狂牛病)関連の買い取り補助を申請、約1億3600万円の仮払いを受けて
いたことが28日、農水省の調査で分かった。偽装した量は、1月に発覚した
雪印食品(清算)の牛肉偽装事件をはるかに上回る122トンとみられる。
 食品の安全性や表示制度に対する消費者の関心が高まる中、行政の監視体制や
買い取り補助そのものの在り方が問われそうだ。農水省は既に福岡県警に情報
提供しているが、詐欺容疑などでの刑事告発も視野に入れ、事実関係の確認を急ぐ。

25 :朝まで名無しさん:02/06/28 21:21 ID:e3x171OS
■日本食品、牛肉偽装 BSEの買い取り制度悪用(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0628/029.html

 牛海綿状脳症(BSE)対策の国の牛肉買い取り制度をめぐり、「日本食品」(本社・福岡市、後山繁仁社長)が、
助成対象外の「アキレス」と呼ばれる部位(牛のアキレスけん)122トンを国産牛肉に偽装し、1億3660万円を
受け取っていたことが28日、明らかになった。農水省は詐欺罪の疑いがあるとして刑事告発を検討している。
 農水省の発表によると、同社は昨年11月3日から4日にかけて福岡県古賀市内の自社工場で、輸入品のアキレスを
職員約30人が「牛肉」と印字された箱に詰め替えた。その後、122トン分を国産牛肉と偽って申請。昨年12月25日、
助成仮払金として約1億3660万円(キロ当たり1114円)の支払いを受けた。
 この支払いは、全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)から福岡県食肉事業協同組合連合会(福岡県肉連)を通じて行われた。
 今月25日に偽装を指摘する投書があり、農水省が調べたところ、同社の監査役が営業部長に指示したことを認めた。
 監査役は、輸入アキレスの不良在庫が大量にあり、取引先のスーパーが倒産したこともあって、「このままでは会社の
経営が危ない」と考えたという。後山社長には2月上旬に報告され、同社は3月になって支払額全額を福岡県肉連に返還している。
 アキレスは煮込みやペットフードに使われ、相場はキロ当たり200〜220円。雪印食品の偽装牛肉事件とほぼ同じ手口で、
助成金との利ざやを稼ぐ目的だったと農水省は見ている。
 同省によると、後山社長は全肉連の副会長で、福岡県肉連の会長。日本食品は福岡県内では大手で、年商約240億円。
従業員は約420人。(20:41)



26 :朝まで名無しさん:02/06/28 21:25 ID:e3x171OS
■福岡の日本食品、輸入牛スジを国産牛に偽装(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/00/20020628i213.htm

 BSE(牛海綿状脳症=狂牛病)対策で国が実施した国産牛肉買い上げ事業をめぐり、福岡
市の食品メーカー「日本食品」が申請した牛肉122トンが、対象外の輸入牛のスジだったこ
とが28日、農水省の調査でわかった。同省は偽装工作は会社ぐるみで行われたと見て、同社
を近く詐欺罪で福岡県警に刑事告発する方針を固めた。同事業をめぐる牛肉の偽装発覚は元幹
部ら7人の逮捕者を出した雪印食品に次ぐもので、食肉業界のモラルのなさがまたも露呈した。
 調査によると、同社は昨年11月8日、業界団体の全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)
を通じ、122トンを「国産乳牛」として買い取り申請。全肉連からは12月下旬に仮払金と
して約1億3660万円が支払われた。
 ところが、今月下旬、同省に匿名の投書があり、保管倉庫を調べたところ、中身が輸入牛の
スジと判明。会社側に説明を求めたところ、申請直前の昨年11月3、4の両日、福岡市の自
社工場で職員約30人が輸入牛スジ122トンを、「牛正肉」と書かれたラベルを張った段ボ
ール箱約9000箱に詰め替えたことがわかった。
 偽装は、輸入牛スジの在庫を処理しようと、同社の監査役が当時の営業部長に指示したという。
 スジは、煮込みやペットフードの原材料に使われ、卸値の相場はキロ当たり200円―22
0円。これに対し、全肉連からの仮払金はキロ当たり1114円だった。
 同社の後山繁仁社長は今年2月上旬に偽装の報告を受けたが、農水省には報告せず、3月4
日になって全肉連傘下の福岡県食肉事業協同組合連合会(県肉連)に、仮払金を返還した。後
山社長は県肉連の会長を務めており、同省では県肉連も偽装を黙認していた可能性もあると見
てさらに調査を進める。
 また、同社に対して牛肉事業の自粛などを近く求める方針だ。
 同社が申請した牛肉は今年1月に同省のサンプリング調査を受けたが、この時点で偽装は判
明しなかった。
 同社は九州、中国地方を販売エリアとする食肉や油脂、健康食品などの中堅加工・販売メー
カー。同省などによると1999年度の売り上げは約270億円だった。

27 :朝まで名無しさん:02/06/28 21:30 ID:e3x171OS
■牛肉買い上げ:日本食品が偽装 1億3660万円を不正に受給
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20020629k0000m040104000c.html

 BSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)対策に絡む国の国産牛肉買い上げ事業で、日本食
品(本社・福岡市、後山繁仁社長)が、対象外の牛のアキレスけん122トンを牛肉と偽って
買い取り申請し、補助金の一部1億3660万円を不正に受給していたことが28日、農水省
の調べで分かった。同事業を悪用した補助金の不正受給は、雪印食品(4月末解散)に次いで
2件目。今回偽装した量は雪印食品(30トン)の約4倍になる。同省は近く、不正受給を発
案した同社幹部を福岡県警に詐欺容疑で刑事告発する。
 農水省によると、日本食品は昨年11月上旬、輸入したペットフード用のアキレスけんを福
岡県古賀市の自社工場に搬入。社員約30人が122トン分を「牛肉」と表示した段ボール箱
約9000箱に詰め替えた。その後、同社は全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)を通じて
買い上げを国に申請し、昨年12月、補助金1億8227万円のうち1億3660万円の仮払
いを受けていた。
 アキレスけんは買い上げ事業の対象外だが、在庫がだぶついたため、同社幹部が「このまま
では会社が危ない」と虚偽申請を思い立ったという。
 雪印食品の不正受給事件発覚後の今年2月、この幹部は後山社長に不正受給を報告。後山社
長は3月4日、自ら会長を務める福岡県食肉事業協同組合連合会に伝え、1億3660万円を
返還したが、同連合会は全肉連に報告しなかった。
 農水省は1月17日、同社の預け先である福岡県内の倉庫の牛肉を検査したが、不正は見破
れず、今月25日、投書で同社の不正を知ったという。
 日本食品は牛肉と加工品の製造販売を行っており、従業員は241人(02年2月現在)。
年商約242億円(00年度)。
 【BSE取材班】[毎日新聞6月28日] ( 2002-06-28-20:40 )

28 :朝まで名無しさん:02/06/28 22:04 ID:e3x171OS
▽日本食品も 牛肉偽装し申請 (NHK)
http://www.nhk.or.jp/news/2002/06/28/grri84000000d5u4.html

福岡市の「日本食品」が、BSE対策の買い上げ事業を悪用して対象外の部分を
牛肉と偽って申請し、1億3600万円余の補助金を受け取っていたことが農林
水産省の調査でわかりました。この不正は雪印食品に次いで2社目です。

VIDEO http://www.nhk.or.jp/news/2002/06/28/000150.html



29 :朝まで名無しさん:02/06/28 22:31 ID:e3x171OS
▽日本食品も122トンの「牛肉偽装」
http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline63977.html

 福岡市に本社がある「日本食品」が輸入牛肉を国産牛肉と偽って、BSE=いわゆる狂牛病
関連の補助金を不正に受け取っていたことがわかりました。
 農林水産省によりますと、日本食品が国産牛肉として保管していた肉122トン分を27日
に調査したところ、買い取り補助に対象とならない牛のアキレス腱で、しかもほとんどが輸入
品とわかりました。
 日本食品ではこれを国産牛肉と偽って、BSE関連の買い取り補助を申請し、1億3660
万円の仮払いを受けていました。
 日本食品側は記者会見し、事実関係を認めています。農水省では刑事告発も視野に調査を進
めています。(28日 17:38)

RealPlayer http://news.tbs.co.jp/ram/news63977_5.ram
WindowsMedia http://news.tbs.co.jp/asx/news63977_7.asx

30 :朝まで名無しさん:02/06/28 23:56 ID:e3x171OS
▽総合食料局に、消費者政策官−−農水省
http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/disease/200206/27-1.html

 農水省はBSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)発生で低下した
消費者の信頼を回復するため、総合食料局に「消費者行政総括参事官
(消費者政策官)」を設置し、初代の政策官に岡島敦子・地方課長を
任命する人事を内定した。7月3日付。食品安全に対する消費者の
関心の高まりや多様化する消費者ニーズに応える目的もあり、女性を
登用した。【荒木功】(毎日新聞2002年6月27日東京朝刊から)

31 :朝まで名無しさん:02/06/29 00:00 ID:sWO16DNh
OIEのダクマー・ハイム博士の訪日日程決まる
BSE国際シンポは7月4日に
http://www.jacom.or.jp/news02/02062107.html

農林水産省プレスリリース
国際獣疫事務局(OIE)のBSE専門家の訪日日程について
http://www.maff.go.jp/www/press/cont/20020614press_2.html


32 :朝まで名無しさん:02/06/29 00:21 ID:7XFfVpU6
▽BSE対策を悪用の輸入牛肉偽装またも (ANN NEWS)
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/econ_news.html?now=20020628241446

 福岡の食肉会社が、政府がBSE(狂牛病)対策として行った国産牛肉の
買い上げ制度を悪用し、輸入の牛スジを国産と偽装していたことが分かりました。
 偽装が発覚したのは、福岡にある食肉会社、日本食品です。日本食品は
輸入の牛スジ122トンを箱を詰め替えて国産牛肉に偽装し、国から1億3000万円の
補助金を受け取っていました。これは、この会社の昨年度の利益の10倍以上に
達します。偽装は上層部の指示で行われており、組織ぐるみとみられています。
隠ぺいしていた可能性があるということです。
 農水省では偽装が悪質であるとして、日本食品の刑事告発も視野に入れて
調べています。

33 :朝まで名無しさん:02/06/29 00:43 ID:7XFfVpU6
▼ 輸入肉122トン 国産と偽り<6/28 22:00>
http://www.nnn24.com/28_2200_2.html

 福岡市の食肉会社が、輸入牛肉を国産と偽装して国のBSE対策の
買い取りを申請し、1億円あまりを受け取っていた。これは福岡市の
日本食品が去年11月、輸入牛肉122トンを国産と偽って買い取りを申請し、
1億3600万円を受け取ったもの。雪印食品の偽装発覚後の今年3月、
全額を返還している。日本食品の社員は農水省に対し、偽装した肉は
不良在庫だったと話しているという。

34 :朝まで名無しさん:02/06/29 00:49 ID:7XFfVpU6
▽日本食品が牛肉偽装 輸入122トン国内産に 国の買い取り制度悪用 (西日本新聞)
http://www.nishinippon.co.jp/media/news/news-today/today.html#002

 九州地場大手食肉会社「日本食品」(本社・福岡市、後山繁仁社長)が昨年、ペットフード
などに使われる輸入牛肉の部分肉「アキレス」(牛のアキレスけん)百二十二トンを、BSE
(牛海綿状脳症、狂牛病)発生による国の牛肉買い取り制度の対象となった国産牛肉と偽って、
業界団体に約一億三千六百六十万円で買い取らせていたことが二十八日、農水省の調査で明
らかになった。
 有力な取引先だったスーパー寿屋の経営悪化などに危機感を募らせた監査役が、運転資金捻
出(ねんしゅつ)の目的で営業部長に偽装を指示したという。同省は福岡県警に情報を提供、
詐欺容疑などで同社を告発する方針。
 同制度をめぐっては雪印食品(解散)が、輸入牛肉三十トンなどを国産肉に偽装し買い取ら
せたとして、元専務らが詐欺罪で起訴されている。
 同省によると、昨年就任した監査役が経営状況をチェックした際、ペットフード用に輸入し
たとみられる「アキレス」百二十二トンが不良在庫として、関西と関東の倉庫に保管されてい
たことが発覚。BSEに伴う売り上げ減に加え、寿屋の経営悪化が伝えられていたことなどか
ら、監査役が「このままでは会社が危ない」と判断し、営業部長に偽装工作を指示。昨年十一
月三、四日、福岡県古賀市の自社工場で職員約三十人が、国産牛の六百八十五箱に詰め替え、
品名「牛正肉」のラベルを張ったという。
 その直後、福岡県食肉事業協同組合連合会(県肉連)を通じて全国食肉事業協同組合連合会
(全肉連)に買い上げを申請。輸入アキレスは、実際は一キロ二百二十円程度の相場だが、同
千百十四円の国産牛肉として買い取られ、十二月下旬、一億三千六百五十九万七千九百円が同
食品に支払われた。今年三月初旬、同社は事情を県肉連に説明し代金を返還したが、同県連も、
全肉連や同省に通報していなかった。

35 :朝まで名無しさん:02/06/29 08:25 ID:7XFfVpU6
■日本食品牛肉偽装 「会社ぐるみ」否定 社長謝罪 寿屋破たんで打撃
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020629-00000026-nnp-kyu

 「社長の私の責任です。BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)問題の影響で食肉市場環境が厳し
かったことが背景にあると思うが、会社ぐるみではない」
 日本食品(福岡市東区)が輸入牛肉のアキレスを国産牛に偽装し買い取らせていた問題で、
後山繁仁社長(50)は二十八日午後、西日本新聞社の取材に対し、偽装事実を全面的に認め
謝罪した。
 後山社長によると、問題の牛肉は狂牛病対策の国産牛買い取り制度の対象でない米国産アキ
レスで、大半がペットフード用だった。常任監査役と営業部長らが国産牛として箱詰めし、補
助金を不正申請していたという。
 狂牛病問題で打撃を受けた業者の救済が目的の買い取り制度。国の補助金の受け皿として業
界団体が業者からいったん買い取る仕組みだが、善意の制度を悪用した形となった。後山社長
は「お客さまや取引先に迷惑をかけて申し訳ない」と陳謝。偽装の理由について、(1)狂牛
病問題で在庫が日増しに増えた(2)主要取引先のスーパー寿屋(熊本市)が民事再生手続き
中となり打撃を受けた―などを理由に挙げた。
 しかし、「私が指示したことはない。会社を救おうという気持ちは分かるが、一部の者が独
断でやったことだ」と組織的関与を否定し、偽装に関与した従業員の処分を検討しているという。

■あいまいな返答に終始 社長が会見
 地場大手食肉会社「日本食品」が、輸入牛のアキレスを国産牛に偽装して買い取らせていた
問題で、同社の後山繁仁社長(50)は二十八日夜、福岡市東区の本社で記者会見し、「食肉
業界の要職についておきながら申し訳ありません。私の監督不行き届きです」と深々と頭を下
げ陳謝。福岡県食肉事業協同組合連合会(県肉連)会長と全国食肉事業協同組合連合会(全肉
連)副会長の職を辞任する意向を示した。
 後山社長は時折、しどろもどろになりながら経過を報告。報告によると、同社長は二月上旬
に畜産営業部長から報告を受けるまで偽装を知らなかった。その後、偽装の報告を県肉連に説
明し代金を返還したが、全肉連に報告しなかったという。後山社長は「詳しいことは今は言え
ない」とあいまいな返答に終始、何度も黙り込んだ。同社は二十九日朝、対応策を検討する。
(西日本新聞)

36 :朝まで名無しさん:02/06/29 18:21 ID:7XFfVpU6
▽補助対象外の牛肉を買い取り申請/福岡の食肉会社(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02062901.html

 福岡県の食肉会社「日本食品」が、牛海綿状脳症(BSE)による国の牛肉買い取り制度を
悪用し、対象外の輸入牛肉を国産と偽り補助申請をしていたことが二十八日、農水省の調査で
分かった。同省は、詐欺罪にあたるとし、刑事告発も視野に福岡県警に情報提供を行う。
 同社が全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)経由で、補助を申請したのは百二十二トン。
すべてが補助対象外のアキレス腱(けん)で、ペットフード原料。ほとんどが輸入だった。
 農水省によると、同社は昨年十二月、百二十二トンに対する補助金約一億三千六百万円の
仮払いを受けたが、今年三月始めに、福岡県食肉事業協同組合連合会に返還した。

37 :朝まで名無しさん:02/06/29 18:59 ID:yPfkhbWp
違反者は原則公表、改正JAS法の運用指針
http://www.asahi.com/life/food/020628b.html

牛肉生産履歴を義務化 「再生プラン」工程表を公表
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/topnews/topnews01020629.html

38 :朝まで名無しさん:02/06/29 19:20 ID:7XFfVpU6
▽日本食品 農水調査では偽装発覚せず 1月隠ぺいの疑いも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020629-00000079-nnp-kyu

 九州地場大手食肉会社「日本食品」(本社・福岡市)による牛肉偽装問題で、農水省が今年
一月、BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)発生による牛肉買い取り制度が適正に運用されている
か全国調査を実施した際、今回の偽装牛肉が保管されていた同社の倉庫も抽出検査されながら
「問題なし」とされていたことが二十九日、分かった。同省は「発覚を防ぐために何らかの工
作が行われた疑いがある」とみている。
 調査は、制度に基づいて買い上げられた牛肉が冷凍保管されている全国三十九カ所の倉庫を
抽出して実施。この中に福岡県古賀市内にある同社使用の倉庫も含まれていた。同倉庫での調
査は雪印食品の偽装事件が発覚する前の一月十七日に行われ、同省から委託された農畜産業振
興事業団の職員二人に、同社社員と福岡県食肉事業協同組合連合会(県肉連)の職員が立ち会
った。その際、倉庫関係者に無作為に屋外に運び出させた三十二箱を検査したが、すべて正規
の対象牛肉だった。
 当時、倉庫には同社から業界団体が買い上げた百三十二トンの牛肉一万箱近くが保管されて
いたといい、うち約九千箱(百二十二トン)が、今回発覚した輸入牛の「アキレス」(牛のア
キレスけん)だったとみられる。同省は「確率的に不自然」とみており、隠ぺい工作がなかっ
たか調べる方針。(西日本新聞)

39 :朝まで名無しさん:02/06/29 19:24 ID:7XFfVpU6
▽日本食品、農水省検査時に牛肉偽装隠ぺいの可能性(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/04/20020629i204.htm

 福岡市の日本食品が、BSE(牛海綿状脳症=狂牛病)対策の牛肉買い上げ事業を悪用し、
輸入牛のスジを国産牛肉に偽装した問題で、農水省が今年1月に行ったサンプリング検査の際
に、同社が偽装工作を隠ぺいした疑いがあることが29日、同省の調査でわかった。
 サンプリング検査は、事業で全国から集めた約1万2000トンの牛肉の一部の箱を実際に
開けて、目視で対象外の牛肉の混入の有無を確認するもの。全国の259か所の倉庫に分散し
て保管されていた牛肉のうち、31か所の倉庫を無作為に抽出して検査した。
 日本食品が偽装した122トンの牛スジが保管されていた福岡県古賀市の倉庫もたまたま検
査の対象となり、1月17日に同社が申請した約9000箱のうち、32箱を実際に開けて調
べたが、すべて本物の牛肉だった。
 ところが偽装を指摘する投書を受け、同省が今月27日に改めて685箱を調べたところ、
すべての箱の中身が事業対象外の牛スジだった。27日の調査に訪れた同省職員は、「箱を開
けた瞬間に明らかに牛肉ではない真っ白なかたまりが見えた」と話しており、見間違える可能
性はほとんどないという。
 1月の検査には、同省関連の事業実施主体「農畜産業振興事業団」の職員のほか、日本食品
の社員、同社の後山繁仁社長が会長を務める福岡県食肉事業協同組合連合会(県肉連)の職員
らが同行したという。同省では、事前に検査が行われることを知った会社側が、偽装工作の発
覚を恐れ、検査用に本物の牛肉を用意するなど「何らかのごまかしを行った可能性もある」と
見ており、同社や県肉連から事情を聞く方針だ。  (6月29日14:41)

40 :朝まで名無しさん:02/06/29 20:09 ID:7XFfVpU6
▽鶏肉偽装 くみあいチキン幹部らを略式起訴 −罰金30−50万円命ずる(南日本新聞)
http://www.minaminippon.co.jp/2000picup/2002/06/picup_20020629_4.htm

 全国農業協同組合連合会(全農)系列の全農チキンフーズ(埼玉県戸田市)と鹿児島くみあ
いチキンフーズ(鹿児島市)による鶏肉偽装事件で、さいたま地検は28日、不正競争防止法
違反(原産地などを誤認させる行為)の罪で、全農チキンの幹部3人と同社を起訴。また、さ
いたま区検は同日、同じ罪でくみあいチキンの幹部ら4人と同社を略式起訴、同簡裁は罰金
30−50万円の略式命令を出した。
 略式命令を受けたのは、楠元清和・同社前専務(52)=伊集院町徳重▽中馬公弘・同社前
総務部長兼事業部長(44)=鹿児島市小原町=以上罰金50万円▽別府敏行・同社前事業部
食鳥課長(50)=松元町春山=罰金30万円▽加納雄三・全農チキン前首都圏支店営業部営
業3課長(41)=さいたま市内谷5丁目、罰金50万円。法人としてのくみあいチキンが罰
金50万円。
 起訴状などによると、くみあいチキンと全農チキンは共謀。2001年11月17日から1
2月1日にかけて、タイや中国から輸入したブロイラーを、くみあいチキンの川内工場など
四工場で、「国産」「無薬飼料飼育産直スペアリブ」などと表示したビニール袋に詰めて、計
1万1425パック(約4.5トン)を生活協同組合連合会コープネット事業連合(さいたま市)
に出荷、販売した。
 この事件は、鹿児島、埼玉両県警の合同捜査本部が6月10日、不正競争防止法違反容疑で
両社の幹部7人を逮捕し、組織ぐるみで行われた偽装工作の指示・命令系統などの全容解明を
急いでいた。
 起訴されたのは、武田彰夫・前取締役首都圏支店長(51)=埼玉県戸田市▽近藤公夫・前
首都圏支店企画管理部長(49)=同県蓮田市▽高田孝一・前首都圏支店営業部長(46)=
さいたま市=の3容疑者。

41 :朝まで名無しさん:02/06/29 20:41 ID:7XFfVpU6
▽牛肉偽装:武部農相が「刑事告発も検討」 日本食品に
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20020630k0000m040048000c.html

 武部勤農相は29日、農水省版タウンミーティングのために訪れた京都市で記者会見し、
日本食品(本社・福岡市)が国の国産牛肉買い上げ事業を悪用し、補助金1億3660万円を
不正受給した問題について、「社長は(全国食肉事業協同組合連合会副会長という)公の
立場にいたのに、なぜ農水省に連絡や弁明がなかったのか、誠に不可思議で遺憾。詐欺にも
当たる事件で刑事告発を検討している」と不快感を示した。
 農水省が、同社の預け先の倉庫を今年1月に検査しながら見抜けなかったことについては
「徹底調査し、あらゆる角度から総点検するよう(事務方に)指示している」と述べた。 
【矢坂敦】[毎日新聞6月29日] ( 2002-06-29-19:02 )

42 :朝まで名無しさん:02/06/29 21:03 ID:yiBQ1/W6
科学者版「食の安全委」10月めど設立(産経新聞)
日本学術会議 消費者代表も参加
http://news.www.infoseek.co.jp/Content?arn=sank_economy_22797&sec=economy&sv=SN&svx=101500&ud9=-7


43 :朝まで名無しさん:02/06/29 21:05 ID:7XFfVpU6
■食を考える国民会議」総会及び「食を考える国民フォーラム」の開催について
http://www.maff.go.jp/www/press/cont/20020628press_3.html

 農林水産省では、「食」と「農」に関する様々な問題が顕在化している中で、子供の頃から
「食」について考える習慣を身につけるよう「食」の安全、「食」の選び方や組み合わせ方な
どを子供たちに教える、いわゆる「食育」を推進しているところです。
 このたび、その取組の一環として、消費者、生産者、食品産業、教育、栄養・調理、医学等
の幅広い分野の方々からなる「食を考える国民会議」の総会及び「食育」をテーマにした同会
議主催の「食を考える国民フォーラム」が、武部大臣ご出席の下、下記のとおり開催されます
のでお知らせします。
 
注)「食を考える国民会議」は、食生活改善の自主的かつ国民的な運動の展開を目的として、
消費者、生産者、食品産業、教育、栄養・調理、医学等の幅広い分野の団体、企業及び個人を
会員として、平成11年12月17日に設立されたものです(代表は木村尚三郎 東京大学名
誉教授 現在の会員数は655名)。
                       記
(1)日 時:平成14年7月9日(火)13:30〜16:20(開場13:00)
(2)場 所:ヤマハホール(ヤマハ銀座店4階)
        東京都中央区銀座7−9−14  TEL:03-3572-3139
(3)プログラム:
 【第1部】「食を考える国民会議」総会
  @ 開会挨拶            渡辺 文雄・(財)食生活情報サービスセンター理事長
  A 食を考える国民会議代表挨拶   木村尚三郎・東京大学名誉教授
  B 農林水産大臣挨拶       武部  勤・農林水産大臣
  C 平成14年度事業計画等 中村 靖彦・食を考える国民会議幹事長
 【第2部】「食を考える国民フォーラム」
  テーマ「『食育』で日本人を元気にしよう」
コーディネーター 中村 靖彦 (明治大学客員教授・農政ジャーナリスト)
パネリスト 坂本 廣子 (料理研究家・サカモトキッチンスタジオ主宰)
      砂田 登志子 (食生活・健康ジャーナリスト)
      谷川 彰英 (筑波大学教授)
      服部 幸應 (学校法人服部学園 服部栄養専門学校 理事長・校長)
      山城 雄一郎 (順天堂大学医学部小児科教授)
参加費:無料(500名)
参加申込先
 「食を考える国民会議」事務局 ((財)食生活情報サービスセンター)
 電話:03−3665−0291  FAX:03−3665−0294

44 :朝まで名無しさん:02/06/29 21:36 ID:yiBQ1/W6

食の安全判断できる人材を
実践女子大教授(食品衛生学)・西島基弘
http://www.asahi.com/science/column/chokugen/020626a.html


45 :朝まで名無しさん:02/06/29 21:37 ID:yiBQ1/W6
狂牛病の焼き肉試食パフォーマンス、武部農相が反省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020629-00000411-yom-pol


46 :朝まで名無しさん:02/06/29 21:38 ID:yiBQ1/W6
農水省、消費者対策に新ポスト BSE反省で組織改革
http://www.yomiuri.co.jp/kyougyu/ky20020627_01.htm

47 :朝まで名無しさん:02/06/29 21:39 ID:yiBQ1/W6
イギリスは狂牛病を封じ込めたか
http://www.marubeni.co.jp/research/br0111/br_2001-11-01.htm

48 :朝まで名無しさん:02/06/29 21:40 ID:yiBQ1/W6

狂牛病の正しい知識 Version 5.5
http://square.umin.ac.jp/massie-tmd/bse.html

49 :朝まで名無しさん:02/06/29 21:41 ID:yiBQ1/W6
緊急公開シンポジウム「牛海綿状脳症(BSE)と炭疽」
http://www1.ocn.ne.jp/~tekitoni/020108.html

50 :朝まで名無しさん:02/06/29 21:42 ID:yiBQ1/W6
乳用高齢牛、食肉処理再開へ 県「安全性、浸透した」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020629-00000001-mai-l04


51 :朝まで名無しさん:02/06/29 21:44 ID:yiBQ1/W6
OIEのダクマー・ハイム博士の訪日日程決まる
BSE国際シンポは7月4日に
http://www.jacom.or.jp/news02/02062107.html

農林水産省プレスリリース
国際獣疫事務局(OIE)のBSE専門家の訪日日程について
http://www.maff.go.jp/www/press/cont/20020614press_2.html


52 :朝まで名無しさん:02/06/30 07:26 ID:82YHyBpp
■狂牛病の焼き肉試食パフォーマンス、武部農相が反省(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/01/20020629i411.htm

 武部農相は29日、京都市内で開かれた農水省版タウンミーティング
「食と農を語り合う会」で、国内で初のBSE(牛海綿状脳症=狂牛病)
感染牛が確認された後の昨年10月初め、牛肉の安全性をPRするため
行った焼き肉を食べるパフォーマンスについて「私が食べても、皆さんが
安心するわけじゃない。深く反省している」と“陳謝”した。「その後は
(私の)学習度合も変わっている。今ではテレビで当時の様子が流れると
ゾッとする」とも語った。
 一般参加者との質疑では「姿勢に魂が入っていない」など厳しい意見も
出たが、武部農相は「それは過去の農水省。今はしっかりやっている」と
かわしていた。  (6月29日20:53)

53 :朝まで名無しさん:02/06/30 07:53 ID:82YHyBpp
■国産牛肉偽装隠ぺい、日本食品社長認める(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/04/20020629i313.htm

 福岡市の食品メーカー「日本食品」が、BSE(牛海綿状脳症=狂牛病)対策の牛肉買い上
げ事業を悪用し、輸入牛のスジを国産牛肉に偽装した問題で、同社の後山繁仁社長(50)は
29日、同社で記者会見し、農水省が今年1月に行ったサンプリング検査の際に偽装工作を隠
ぺいしていたことを認めた。
 一方、会社ぐるみの偽装工作は否定、今週中にも社内外の委員で構成する事件解明委員会
(仮称)で調査を始めるという。
 後山社長によると、監査役か営業部長どちらかの指示で、サンプリング検査前に国産牛肉が
入った段ボールが用意され、偽装が発覚しなかったという。ただし「指示した人物の特定や、
詳しい手口は把握していない」と話した。
 後山社長が会長を務める福岡県食肉事業協同組合連合会(県肉連)には、通常、検査の前日
に連絡が入る。後山社長は、県肉連から検査情報を得た可能性については「あると思う」とし
たが、自身の関与については否定した。  (6月29日23:34)

54 :朝まで名無しさん:02/06/30 08:22 ID:82YHyBpp
農水省、消費者対策に新ポスト BSE反省で組織改革(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/kyougyu/ky20020627_01.htm

 農林水産省は26日、BSE(牛海綿状脳症=狂牛病)問題の反省を踏まえた組織改革の一
環で、消費者政策官と報道官の2つの課長級ポストを7月3日付で新設すると発表した。
 消費者政策官は、食品の表示や安全性の問題など複数部局が担当する消費者政策を統括する。
報道官は、広報室が行っている報道対応窓口の権限を強化し、省内の情報を集約・発信する
機能を高める狙いがある。
 初代消費者政策官には、岡島敦子大臣官房地方課長が、報道官には、伊藤健一大臣官房統計
情報部統計調整課長が就く。省改革の全体の具体案は8月下旬までにまとめる。 
(2002年6月27日)

55 :朝まで名無しさん:02/06/30 14:41 ID:dlJcfJgd
BSE講演をCD−ROM化−鹿大プロジェクト- 南日本新聞
http://www.minaminippon.co.jp/2000picup/2002/06/picup_20020630_3.htm
 鹿児島大学の牛海綿状脳症(BSE)対策プロジェクト(代表・坂本紘獣医学科長)は
東京大学獣医学科と共同で、専門家の講演を収めたパソコン用CD−ROMを作成した。
BSEに対する知識を深めてもらおうと、希望者に有料で配布している。
 今年3月に南日本新聞社などが主催した国産牛肉消費拡大セミナーで、鹿大の岡本嘉六
農学部教授(公衆衛生学)と納光弘・医学部教授(神経内科学)が牛肉の安全性について
話した内容をそれぞれ収録。また、東大大学院農学生命科学研究科の吉川泰弘教授の講演
も加えた。
 3編の講演は各1時間ほど。会場で録音した肉声に合わせて、資料スライドが画面上に
次々と表示されるよう工夫されている。プロジェクト事務局を務める岡本教授は「講演活
動には限界があるので小人数での学習会などで活用してほしい。できるだけ多くの消費者
に正しい情報が伝われば」と話している。
 CD−ROMは2枚1組千円。再生には専用のソフトウエアが必要。問い合わせは鹿大
農学部獣医公衆衛生学研究室=099(285)8733。

56 :朝まで名無しさん:02/06/30 14:47 ID:82YHyBpp
>>55
危険性について話さないので、誤解が深まります。

57 :朝まで名無しさん:02/06/30 14:48 ID:82YHyBpp
▽発覚恐れ検査逃れ=国産にすり替え−牛肉偽装の日本食品
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020629-00000106-jij-soci

 食肉販売会社の日本食品(本社福岡市)が輸入牛のけん(スジ)を国産牛と偽って国からB
SE(牛海綿状脳症、狂牛病)対策の買い取り補助を受けていた問題で、後山繁仁社長は29
日夜、福岡市内で記者会見した。この中で、農林水産省所管の農畜産業振興事業団が今年1月、
福岡県古賀市内の同社使用の倉庫を対象に、買い取り制度が適正に運用されているかを把握
するために実施した検査の際、保管している輸入牛を国産牛にすり替え、不正発覚を免れた
ことを明らかにした。 (時事通信)

58 :朝まで名無しさん:02/06/30 14:55 ID:82YHyBpp
▽買った牛肉の産地を消費者が確認可能に・農水省
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=0&i=2002062709330bs

 パック牛肉に記された番号をインターネットで入力すれば、品種や産地といった
正確な情報が分かるようにします――。農水省は消費者保護に政策の軸足を移す
一環として、BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)などで消費が低迷する牛肉の情報提供を
流通業者に法律で義務づける方針を固めた。
 4月に打ち出した「食と農の再生プラン」に沿って、具体的な政策の検討や実施の
手順を工程表として策定。28日に武部勤農相が発表する。 食品の正確な情報を
管理番号やネットを使って蓄積、提供する仕組みは「トレーサビリティーシステム」と
呼ばれ、消費者が虚偽表示の不安を抱かずに商品を購入できる利点がある。

 [2002/6/28 日本経済新聞]

59 :朝まで名無しさん:02/06/30 15:12 ID:82YHyBpp
▽日本食品不正受給 補助金返還指示せず 偽装発覚恐れる(西日本新聞)
http://www.nishinippon.co.jp/media/news/news-today/today.html#001

 地場大手食肉会社、日本食品(福岡市東区)が国の国産牛買い取り制度を悪用して補助金
一億三千六百六十万円を不正受給した問題で、後山繁仁社長(50)は不正の発覚を恐れて、
三月上旬に補助金を返還した福岡県食肉事業協同組合連合会(県肉連)に対し、上部団体の
全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)への返還を意図的に指示しなかったことが二十九日、
分かった。西日本新聞の取材に対し、後山社長は「全肉連に返還すれば問題が明るみに
出ると思った。隠ぺい工作と言われても仕方ない」と話した。
 後山社長は県肉連会長と全肉連副会長を兼務。県肉連は同社の不正の事実を知りながら、
会長の後山社長が返済を指示しなかったことで、全肉連への補助金返還を怠ったという。
補助金は県肉連の銀行預金口座に入ったままといい、県肉連が組織的に隠ぺいした疑いも
浮上してきた。
 国産牛買い取り制度は、BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)感染の恐れがある国産牛を市場か
ら隔離するために、全肉連など業界団体が国の代わりに肉を買い取って焼却処分する。農水省
によると、同社は処分対象の国産牛肉の在庫があるように虚偽申請して、全肉連から県肉連を
通じて支給される補助金を不正に受け取っていた。
 後山社長によると、三月上旬の県肉連への返済は、複数の取引先からの借金で充てたという。
同社長は、県肉連会長と全肉連副会長を辞任する意向を示している。

60 :朝まで名無しさん:02/06/30 15:14 ID:82YHyBpp
▽農水省検査の直前、本物に戻し偽装隠蔽 日本食品(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0630/014.html

 食肉会社「日本食品」(福岡市)が、輸入牛のスジ(アキレス)を国産牛肉と偽って申請し、
助成金を不正に受給した問題で、同社は今年1月の農水省による検査の直前、一部を本来の
国産牛に戻して、偽装工作を隠蔽(いんぺい)していたことが29日、分かった。後山繁仁
社長が記者会見で明らかにした。
 日本食品は国の牛海綿状脳症(BSE)対策の買い取り制度を悪用。アキレス122トンを
国産牛肉と偽って申請し、昨年12月に助成金1億3660万円を受け取っていた。しかし、
農水省が1月17日に福岡県古賀市の倉庫を対象に検査に入る直前、アキレスを国産牛に取り
換えた。
 農水省の検査では、同省職員が箱詰めされた牛肉の一部を抜き取って、買い取りの対象外の
肉が含まれていないかを確認する。取り換えは偽装を発見されないようにするためだった。
 後山社長は記者会見の中で、2月14日ごろに営業部長から偽装に関して報告を受けた後も
公表しなかった理由について「いつかは明るみに出ると思ったが、会社がつぶれるかもしれな
いと思って怖くて公表できなかった」と話した。
 同社によると、不正受給を指示したとされる監査役と営業部長を29日から自宅謹慎とし、
捜査当局の判断を待って改めて処分する。また、弁護士ら社内外の有識者による「事件解明委
員会」を設置し、7月中にも調査結果をまとめる。(14:06)

61 :朝まで名無しさん:02/06/30 16:59 ID:82YHyBpp
▽日本食品、会見で偽装の隠ぺい認める(産経新聞)
http://www.sankei.co.jp/news/020629/0629sha163.htm

 福岡市の食肉会社「日本食品」が、輸入牛肉を国産と偽って国のBSE(牛海綿状脳症、狂
牛病)関連の買い取り補助金約1億3600万円を不正受給していた問題で、後山繁仁社長は
29日会見し、農水省の外郭団体、農畜産業振興事業団などの今年1月の抽出検査で、偽装の
隠ぺい工作をしていたことを認めた。
 同事業団などの検査は、補助対象外の牛肉が混入していないか調べるのが目的。後山社長は、
検査には「準備をしていた国産精肉で対応した」と説明。「意図的に替えたとの指摘はぬぐ
えない」と話し、補助対象外の輸入牛肉の発覚を恐れ、工作したことを認めた。
 同社によると、監査役が偽装を指示した時期は昨年10月20日前後。「監査役は現役時代、
営業力があった。(指示を受けた)営業部長は部下で深いつながりがあった」といい、過剰
在庫の解消に買い取り補助制度を利用したという。
 2月に福岡県食肉事業協同組合連合会へ国の補助金を返還した経緯については「別の会社か
ら金を借りて返還した」と説明。しかし、偽装は「経理担当は知らなかったのではないか」と
し、融資を会社として受けたかは明らかにしなかった。
 後山社長は、量販店7社など売上高の約4割を占める取引先から取引停止の通告を受け「週
明けの7月1日以降、売り上げは半分以下に落ち込む」と述べた。農水省から牛肉の販売など
の自粛を求められているが「注文がある分は販売を続ける」とした。
 同社は、この日の役員会で社外の人間も含めた「事件解明委員会」を設置。7月中に報告書
を作成するとしている。

62 :朝まで名無しさん:02/06/30 17:31 ID:82YHyBpp
▽武部氏 日本食品刑事告発検討 (NHK)

武部農林水産大臣は、福岡市の日本食品が政府のBSE・いわゆる狂牛病対策で
買い上げの対象とならない牛のアキレスけんを、牛肉と偽り買い上げさせていた
問題で、今後刑事告発の検討など強い方針で臨む考えを明らかにしました。

VIDEO http://www.nhk.or.jp/news/2002/06/29/000135.html

63 :朝まで名無しさん:02/06/30 18:37 ID:sshABRCm
>>56

意見・感想は他スレでやるとして、
ここは情報集積オンリーでいきましょう。


64 :朝まで名無しさん:02/06/30 21:32 ID:82YHyBpp
▽日本食品、国の検査でも隠ぺい工作 (ANN NEWS)
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news13.html?now=20020630212022

 牛肉の偽装問題が発覚した福岡市の「日本食品」が、今年1月の国の抜き取り検査の
際にも、偽装したことがばれないよう隠ぺい工作していたことを認めました。
 日本食品は、今年1月17日に農畜産業振興事業団から抜き打ちの検査を受けました。
この際、輸入牛を国産牛に偽装し、国の補助金およそ1億3000万円を不正に受け取って
いたため、偽装が発覚しないよう事前に準備した国産牛で検査に対応しました。
 会見した後山繁仁社長は「隠ぺい工作を行ったという指摘はぬぐえない」と話しましたが、
自らの関与は否定しました。

WindowsMedia http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news_w13.html?now=20020630212022
RealPlayer http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news_r13.html?now=20020630212022

65 :朝まで名無しさん:02/06/30 21:39 ID:82YHyBpp
▽福岡の日本食品、スジ122万トンを牛肉と偽装−−1億3660万円を不正受給
http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/disease/200206/29-1.html

 BSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)対策に絡む国の国産牛肉買い上げ事業で、日本食
品(本社・福岡市、後山繁仁社長)が、対象外の牛のアキレスけん(スジ)122トンを牛肉
と偽って買い取り申請し、補助金の一部1億3660万円を不正に受給していたことが28日、
農水省の調べで分かった。(社会面に解説)
 同事業を悪用した補助金の不正受給は、雪印食品(4月末解散)に次いで2件目。今回偽装
した量は雪印食品(30トン)の約4倍になる。同省は近く、不正受給を発案した同社幹部を
福岡県警に詐欺容疑で刑事告発する。
 農水省によると、日本食品は昨年11月上旬、輸入したスープのだし用のアキレスけんを福
岡県古賀市の自社工場に搬入。社員約30人が122トン分を「牛肉」と表示した段ボール箱
約9000箱に詰め替えた。その後、同社は全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)を通じて
買い上げを国に申請し、昨年12月、補助金1億8227万円のうち1億3660万円の仮払
いを受けていた。
 アキレスけんは買い上げ事業の対象外だが、在庫がだぶついたため、同社幹部が「このまま
では会社が危ない」と虚偽申請を思い立ったという。
 雪印食品の不正受給事件発覚後の今年2月、この幹部は後山社長に不正受給を報告。後山社
長は3月4日、自ら会長を務める福岡県食肉事業協同組合連合会に伝え、1億3660万円を
返還したが、同連合会は全肉連に報告しなかった。
 農水省は1月17日、同社の預け先である福岡県内の倉庫の牛肉を検査したが、不正は見破
れず、今月25日、投書で同社の不正を知ったという。
 日本食品は牛肉と加工品の製造販売を行っており、従業員は241人(02年2月現在)。
年商約242億円(00年度)。精肉のほか「デリック」のブランド名でハムなどを製造、西
日本を中心にスーパーなどに卸している。

 [解説]日本食品牛肉偽装 買い上げ制度に不備−−農水省検査、発見できず
 「国の牛肉買い上げ制度が、こういう行為を誘発するものであったことは否めない」。日本
食品の偽装を発表した記者会見で、農水省の本川一善・食肉鶏卵課長は牛肉買い上げ事業に不
備があったことを認めた。同省が1月、「偽装肉」の預けられた倉庫を検査しながら不正を発
見できなかったことも判明。改めて同省の補助金制度のずさんさが浮き彫りになった。
 検査は1月17日、日本食品がアキレスけん(スジ)を保管していた福岡県内の預け先の倉
庫に、同省所管の農畜産業振興事業団の職員らが立ち入り検査した。この倉庫には正規の牛肉
10トンと偽装したアキレスけん122トンが保管されていたが、職員は9000箱を超える
箱のうち、正規の牛肉が入っていた32箱を検査しただけで偽装を発見できなかったという。
 農水省では、検査したのがすべて正規の肉の箱だったことについて「何らかのごまかしが行
われた可能性がある」として、検査を行った事業団職員や日本食品関係者からさらに事情を聴
く。
 買い上げ牛肉の検査では、同省は当初、対象となる牛肉が保管されている全国259倉庫の
うち31倉庫で調査。一部の箱を抽出し調べただけで「不正はなかった」と判断した。しかし、
雪印食品の偽装が発覚したため、全倉庫のすべての箱を検査する方式に改め、現在も検査を
続けている。
 このほか、国が牛肉を業界団体から買い上げる価格も、当初は一律に高く設定され、団体が
業者から買い取った価格との差額を得ることができる仕組みだった。批判を受けて同省は牛の
種類ごとに肉の買い上げ価格を細かく定め、差益が出ない形に改めたが、実際は対象の肉の半
数近くは牛の種類の見分けがつかないという。【BSE取材班】
(毎日新聞2002年6月29日東京朝刊から)

66 :朝まで名無しさん:02/06/30 21:44 ID:82YHyBpp
■武部農相に要望相次ぐ 京都市でタウンミーティング (京都新聞)
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/2002jun/29/W20020629MWA1K1D0000110.html

 武部勤農相と市民が意見を交わす農林水産省版タウンミーティング「食と農を語り合う会」
が二十九日、京都市左京区の国立京都国際会館で開かれた。岡山市、金沢市に次ぐ三回目の対
話で、出席者からは、輸入農産物の安全管理の徹底や、新規に就農しやすい環境整備などの要
望が相次いだ。
 BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)問題など農水省の対応に批判が集まっていることを受け、
全国各ブロックで生産者や消費者との直接対話を行っている。今回は近畿の住民が対象で、公
募などにより京都、滋賀などから約五百人が参加した。
 武部農相に対し、参加者からは「輸入農産物の中に、日本では使用が禁止されている農薬が
使われいるものがあると聞く。チェック体制を強化すべきだ」「輸入制限をしないと農業を続
けられない」などの意見が出された。
 また、学校給食への米飯導入の促進や農業に対する学校教育の強化、地域で生産した農産物
を地域で消費する「地産地消」の推進などを求める声のほか、農水省に対し、「最近の農政は
魂が入っていない」など厳しい指摘もあった。
 武部農相は「今まで『魂が入っていなかった』と言われればその通りだが、これからは入れ
る。出された要望は十分検討し、政策に反映させていきたい」と答えた。

67 :朝まで名無しさん:02/06/30 22:08 ID:82YHyBpp
日本食品
http://www.delicnet.com/

お詫び
お客さま各位

この度はBSE(牛海綿状脳症=狂牛病)対策助成の一件におきまして
多大なるご迷惑をおかけ致しましたことを深くお詫び申し上げます。

「デリックネット」の今後の運営におきましては後日あらためまして
当サイト上にてご連絡及びご報告申し上げます。

誠に申し訳ございませんでした。

デリックネット・日本食品株式会社  2002年6月29日

68 :朝まで名無しさん:02/06/30 22:36 ID:82YHyBpp
▽農場から食卓までの流通履歴 来年度から情報開示義務付け 農水省 まず牛肉でスタート
http://www.chunichi.co.jp/00/kei/20020629/mng_____kei_____000.shtml

 農水省は二十八日、牛肉、豚肉、鶏肉、鶏卵などの畜産物や養殖水産物について、消費者に
農場から食卓までの履歴が分かる「トレーサビリティ(追跡可能性)制度」を来年度から導入
すると発表した。流通段階すべての業者に情報提供を義務付けるため、関連法案を次期通常国
会に提出。まず、牛肉からスタートし、牛肉以外にも順次拡大していく方針だ。
 追跡を可能にする「トレーサビリティ制度」は、消費者重視の行政に転換するため農水省が
同日発表した「食と農の再生プラン」の工程表に盛り込んだ。
 BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)が発生した牛肉について、法律で流通業者に情報提供を義
務付けることで、二〇〇三年度には生年月日や品種、生産地など農場から食卓までの履歴が分
かるようにする。
 豚、鶏肉など牛肉以外の畜産物、養殖水産物、青果物についても「追跡」制度を来年度中に
確立し、〇四年度以降順次導入するため、開発や実証試験に取り組む方針だ。
 「食と農の再生プラン」の工程表にはこのほか、農産物や水産物の残留農薬、ダイオキシン
蓄積に関する実態調査を強化したり、食品流通の効率化などコスト引き下げの対策検討も盛り
込んだ。
 また、農業の構造改革では、農業経営の株式会社化を本年度中に再検証し、来年度から法人
化を促進。有識者らによる研究会を開き、農地法の見直しにも本年度から着手するとしている。
 武部勤農相は二十八日の記者会見で「ただの作文に終わらないよう、工程表で具体化した。
消費者に軸足を置き、国民の意見を行政に反映していく」と強調した。

69 :朝まで名無しさん:02/06/30 22:46 ID:82YHyBpp
▽日本食品が肉偽装 買い取り制度悪用 「アキレス」を国産牛に 農水省方針(朝日新聞)
http://www.asahi.com/life/food/020629a.html

 牛海綿状脳症(BSE)対策の国の牛肉買い取り制度をめぐり、「日本食品」(本社・福岡
市、後山繁仁社長)が、牛の「スジ」にあたる「アキレス」と呼ばれる部位(牛のアキレス腱
(けん))122トンを国産牛肉に偽装し、1億3660万円を受け取っていたことが28日、
明らかになった。アキレスは輸入品で国による買い取りの対象外。農水省は詐欺の疑いで刑
事告発する方針。
 農水省の発表によると、同社は昨年11月3日から4日にかけて福岡県古賀市内の自社工場
で、輸入品のアキレスを職員約30人が「牛肉」と印字された箱に詰め替えた。その後、12
2トン分を国産牛肉と偽って申請。昨年12月25日、助成仮払金として約1億3660万円
(キロ当たり1114円)の支払いを受けた。
 この支払いは、全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)から福岡県食肉事業協同組合連合会
(福岡県肉連)を通じて行われた。
 今月25日に偽装を指摘する投書があり、農水省が調べたところ、同社の監査役が営業部長
に指示したことを認めた。後山社長には2月上旬に報告され、同社は3月になって支払額全額
を福岡県肉連に返還している。
 同省によると、後山社長は全肉連の副会長で、福岡県肉連の会長。日本食品は福岡県内では
大手で、年商約240億円。従業員は約420人。

◆1月検査では偽装気付かず 農畜産業振興事業団
 農畜産業振興事業団は雪印食品事件の発覚直前、日本食品の倉庫検査をしていたが、偽装に
は気づかなかった。
 農水省によると、事業団職員が1月17日、福岡県古賀市の倉庫で32箱を抜き取り、中身
を点検した。しかし、いずれも国産牛肉だったという。
 この倉庫は、保管・買い取り事業の開始後、最初に調べた全国39カ所のひとつだった。
 偽装した122トンのほかに同社は、日本ハム・ソーセージ工業協同組合を通じて9・9ト
ンの肉も助成申請し、同じ倉庫で保管していた。
 同社は「こちらは問題のない国産牛肉だった」と説明しているが、農水省は確認を進める。
「1月の検査時に、何らかのごまかしがあった疑いもある」(食肉鶏卵課)という。

70 :過去ログ倉庫番:02/06/30 23:02 ID:de/TaHfq
過去ログ倉庫
http://bse.ug.to/

71 : :02/07/01 07:03 ID:U3VphidG
▽日本食品牛肉偽装 パートら20人自宅待機 1日から古賀工場
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020701-00000019-nnp-kyu

 地場大手食肉会社、日本食品(福岡市)は三十日、輸入牛肉のアキレスを国産牛に偽装して
国の補助金を不正受給した問題を受けて、取引先からの取引中止通告が相次いでいるため、主
力の古賀工場(福岡県古賀市)の約百人のパート・アルバイト従業員のうち二十人を、七月一
日から、自宅待機させることを決めた。一日以降の注文状況をみて、さらに拡大することも検
討している。
 日本食品によると、古賀工場は主力のハム、ソーセージ類やサラダなどの総菜類などを製造
し、約百人のパート・アルバイト従業員が在籍。既に売上高の約四割を占める主要取引先十一
社が取引中止を通告してきており、日本食品は生産量の大幅減少は避けられないとして、自宅
待機の措置をとることにした。
 一方、同社は三十日、山口、岡山など五営業所長を含む課長級以上の幹部社員約三十人を集
めて、後山繁仁社長が、事実経過を説明。さらに、偽装を指示した監査役らを自宅謹慎にした
ことを報告し、「迷惑をかけ申し訳ない」などと話したという。会議では、七月一日から、約
五百社の取引先に謝罪と取引継続を要請する方針を確認した。(西日本新聞)

72 :朝まで名無しさん:02/07/01 13:30 ID:Rhpz0Ohn
■日東ベスト、除名処分に / 松阪牛協会 昭和路に続き2度目 (伊勢新聞)
 コンビーフ偽称、自主退会却下  野呂会長が遺憾の意
http://www.isenp.co.jp/news/_2002/0629/top.htm

 【松阪】松阪肉牛協会(会長・野呂昭彦松阪市長)は二十八日、協会加盟の日東ベスト
(山形県寒河江市、内田淳社長)が松阪牛を使ったコンビーフ缶詰などに別の国産牛肉を
混ぜていたとして、同日付で同社を除名処分にした。除名処分は、ことし三月に松阪牛と
偽ってほかの牛肉を販売していた松阪肉料理専門店・昭和路(大阪市中央区、辻慎二郎社長)
に続き、二度目。野呂会長は「協会員の中で再度このようなことがあるとは、松阪牛の
名誉を傷つける残念なことだ」と遺憾の意を示した。
 日東社は昭和十二年創業で、コンビーフ製造では国内最大手。平成二年十一月十九日に
同協会に加盟した。
 今回偽称が発覚したのは「松阪牛コンビーフゴールド」など缶詰三品種で、表示とは違う
国産牛が半分以上の割合で混入していたとして、公正取引委員会が今月十四日までに景品
表示法違反(不当表示)の疑いで立ち入り検査をした。
 これに対し日東社は事実を認め、十五日には「おわび」として偽称事実を認める告知広告を
出し、協会に対しては「自主退会」を申し出ていた。
 事実確認を進めていた協会側は、「自主退会」は認められないとし、「松阪肉と称し、
他府県の牛を販売し、正当な会員に迷惑を及ぼす行為を行う者は除名にする」との規約に
従い、除名処分とした。

73 :朝まで名無しさん:02/07/01 15:39 ID:Rhpz0Ohn
財界展望 2002年8月号
http://210.160.136.146/mag/0208/

■こんなデタラメを許していいのか!
狂牛病対策「買い上げ焼却」で“証拠隠滅”される「疑惑肉」
http://210.160.136.146/mag/0208/05.html

 BSE対策事業として行われた食肉の買い上げ焼却だが、買い上げの偏りや
検査の不備等に300億円が投入される結果に。だが、なんともやり切れない
不正の数々が浮上している。まさしくこれは詐欺だ。
 全箱検査の実態もなんともいい加減な状態だ。その前には自分で燃やして
「焼却証明」を出した業者もいる。国家と政治家、業者が血税を燃やし続ける
構図を徹底解剖。こうなると雪印食品なんてカワイイモノに見えてしまう……。


74 :朝まで名無しさん:02/07/01 15:42 ID:Rhpz0Ohn
AERA 2002 7/8 号

 定価360円  7月1日発売
 表紙●トミー・リー・ジョーンズ 俳優

 疑惑 宗男・松岡と食肉2社の関係
 狂牛病対策「買い上げノーチェック」を決めた背景にある謎

http://www3.asahi.com/opendoors/span/aera/current.html

75 :朝まで名無しさん:02/07/01 17:51 ID:Rhpz0Ohn
▽日本食品 シールも偽造か 九州農政局 幹部数人から聴取(西日本新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020701-00000072-nnp-kyu

 地場大手食品会社「日本食品」(本社・福岡市東区)が輸入牛のアキレスを国産牛に偽装し
て買い取らせていた問題に絡み、九州農政局(熊本市)は一日午前、原産地表示などを偽った
日本農林規格(JAS)法違反の疑いもあるとして、同社の幹部数人から事情聴取を始めた。
 関係者によると、九州農政局消費生活課の職員数人が午前十時半ごろ、日本食品本社を訪れ
た。同日午後も引き続き、聴取を続けている。
 調べによると、畜産営業部長は昨年十一月三、四日、BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)発生
に伴う国の買い取り制度を悪用。福岡県古賀市の自社工場で従業員三十人に指示し、米国産牛
アキレスを国産牛の段ボール箱約九千箱に詰め替えた。その際、品名「牛生肉」や加工日、
重量などの偽造シールを張った疑いがもたれているという。
 農水省は詐欺容疑の告発準備を進めており、福岡県警は告発を待って捜査に着手する方針だ。

76 :朝まで名無しさん:02/07/01 21:01 ID:U3VphidG
渡辺農林水産事務次官記者会見要旨
( 平成14年7月1日(月) 14:00〜14:13 於:農政クラブ )
http://www.kanbou.maff.go.jp/kouhou/020701jimujikan.htm

○日本食品(株)の牛肉偽装事件について

Q: 先週末に明らかになった日本食品の事件の関係ですが、その後1月の検査時のごまかし
等も当事者がお認めになっているということもありますが、この事件に関する次官の御所見と、
やはりその前提となった今回の買い上げの仕組み自体と中身と導入の経緯が雪印食品に続いて
こういう問題が起きてるという状況を踏まえて、何か不備があったり反省すべき点はなかった
のかという点についてお考えをお聞かせ下さい。
 
A: 顛末については御承知だろうと思うんですけれども、内部告発の形での投書がありまし
たので、27日から調査チームを現地に派遣いたしまして、投書内容の真偽を確認いたしました。
 その結果二つのことが分かりました。一つは補助対象ではないスジつまりアキレスが確認を
されたこと。それから日本食品が、組織的に偽装行為に関与したということが認められたとい
うことが二つであります。
 この制度が非常に何と言いましょうか、事態の進展が複雑な状況の中で、とにかく生産・消
費両サイドを早期に安心させるということで始まったそういう中で、この事業の制度を企業自
ら意図して悪用したという点では、極めて悪質な事案でありまして、遺憾に思っております。
遺憾というよりは非常に残念だと思います。
 農林水産省といたしましては、大臣からもお話をしておりますけれども、刑事告発も視野に
入れて厳正な対処、それから当然のことながらこの事業全体につきまして、引き続き厳格な全
量検品を実施をして、国民の信頼の回復に応えたいというふうに思っております。
 二つ目のご質問にありました、その保管事業の仕組みということでありますが、これもこれ
までの繰り返しになりますけれども、この事業自身はそういった非常に複雑で緊急を要すると
いう時期に作られた制度でありまして、当然そうなりますと通常の商取引が実施をされている
ということ、そしてそこには信頼関係があるということを前提に仕組まれております。
 そういう状況の中で、ご指摘があったように雪印食品の問題がございましたので、その後信
頼の回復・事業の適正な実施という観点から全箱検査に移行して今それを実施中でございます。
これまでの検品結果も定期的にご報告申し上げておりますけれども、約5,500tが適正というこ
とで、まだ検査が残っておりますが、適切でなかった対象外という判定をされたのは7tで
ございます。大部分の隔離牛肉が適正に処理をされているというふうに私どもは受け止めて
おります。
 今回こういう事件が起こりましたので、農林水産省としては引き続き、消費者あるいは納税
者の視点に立ちまして適正な検品を実施をして行きたいと思っております。

77 :朝まで名無しさん:02/07/01 23:29 ID:U3VphidG
▽消費者の食への不信強まる・本社調査(日経新聞)
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20020701CCCI148801.html

 虚偽表示や無認可添加物使用が相次いで発覚する中、消費者の98%が「表面化していない
事例がまだある」と食への不信感を強めていることが1日、日本経済新聞社の調査で分かった。
6割が商品の表示を毎日確認するようになり、3人に1人が購入先を絞り込むようになったと
回答。スーパーから産地直送などにシフトした人もおり、消費行動に大きな影響が出ている。
 不祥事を受けて6月下旬、百貨店と食品業界は共同で表示チェックやマニュアルづくりに
乗り出したが、信頼回復への道は険しそうだ。
 調査は首都圏、中部圏、京阪神を対象に6月中旬、日経リサーチ大阪支社の協力を得て電話
で実施。計600人から回答を得た。

78 :朝まで名無しさん:02/07/01 23:57 ID:U3VphidG
【社会】消費者の食への不信強まる -日経新聞調査-
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1025534604/


79 :朝まで名無しさん:02/07/02 07:18 ID:Z0onyYVI
▽牛肉の輸入量前年割れ続く (日本農業新聞)
http://jliadb.lin.go.jp/news/news_3.html

 牛肉の輸入は、昨年九月のBSE発生と、その後の消費減退で前年割れが続いている。
 特に、昨年十一月から今年三月は、前年と比べ六〜七割の水準が続き、消費不振が国産牛肉
だけでなく輸入牛肉にも広がったことを裏付けている。今年度に入り、消費の回復が進んでい
るものの、四月が三万四千トン(前年比39%減)、五月が三万八千トン(同)と、依然と前
年割れが続いている。
 国産の枝肉価格が安値に推移している上、消費者の志向が、生産履歴が分かりやすい銘柄牛
を中心とした国産へ向いていることも影響している。
 牛肉輸入(冷蔵、冷凍品を含む)は、一九九一年の輸入自由化以後、伸び続けた。最近では
、九六年度に六十一万千トンと前年割れ(7%減)となった後は輸入が増え続き、二〇〇〇年
度は七十三万八千トンにまで伸びた。
 ところが、BSE発生と消費不振となった〇一年度は、六十万七千トンにとどまり前年比1
8%減。五年ぶりに前年を下回った。
 急激な牛肉の輸入増に対しては、牛肉関税緊急措置がある。これは、四半期ごとの輸入量の
累計が基準数量(前年度同期の17%増)を超えれば、輸入牛肉にかかる関税が38・5%か
ら50%に上がる。
 今年度は生鮮・冷蔵(チルド)が通年で三十四万二千トン、冷凍が三十六万八千トン。〇一
年度の輸入量が減ったため、今年度の基準推量は前年度より下がった。今のところ発動する見
込みはないが、業界筋では「今後需要が回復すれば、〇三年度は発動するのではないか」とみ
られている。

80 :朝まで名無しさん:02/07/02 07:23 ID:Z0onyYVI
▽食品偽装で質疑相次ぐ 日本農業市場学会が山形で公開シンポ (日本農業新聞)
http://jliadb.lin.go.jp/news/news_2.html

 約三百五十人の研究者で構成する日本農業市場学会は二十九、三十の両日、鶴岡市の山形大
学農学部で二〇〇二年度大会を開いた。今回は一般の参加も呼びかけた公開シンポジウムを実
施。次々と明らかになる食品偽装をテーマに論議した。特に生協産直で問題が起きていること
への質疑が相次ぎ、産地、生協双方が徹底した自己点検、情報開示などで産直取引を再構築する
必要性が強調された。また、生産履歴などを追跡できる仕組みを導入すべき、との指摘もあった。
 公開シンポでは、座長の宇佐美繁宇都宮大学農学部教授が「産直は日本農業活性化の有効な
手段だったが、偽装事件が起きていることは極めて残念。産直の歴史的使命は終わったのか、
病巣をえぐり出す研究・学問的議論をする段階となった」と問題提起。茨城大学農学部の中島
紀一教授が茨城玉川農協などを事例に生協産直事業の課題を報告した。この中で中島教授は
「理念だけが一人歩きし、実態は産直利権的な構図があった。リスク感覚がなく、制度その
ものに寄りかかる甘えが常に存在していた」と構造問題を指摘した。
 食品偽装の質疑では「農畜産物価格が下がり続け、産地は追い込まれている。産地の構造問
題も考える必要がある」などの提起があった一方で、「取引相手として生協は大きくなり過ぎた。
もっと信頼関係を築ける適正規模とは何か考え直す時期ではないか」との問題点も出された。

81 :朝まで名無しさん:02/07/02 07:29 ID:Z0onyYVI
▽廃用牛のと畜、着実に進展 農家の滞留も減少/農水 (日本農業新聞)
http://jliadb.lin.go.jp/news/news_1.html

 農水省の調べによると、牛海綿状脳症(BSE)渦で滞っていた廃用牛の頭数が五月末現在
で二万八千九百五頭と三万頭を切った。と畜場の受け入れが進み、四月より一万頭ほど減った。
 五月の廃用牛と畜数は二万五千三百四十頭と、前年比99%となった。ただ、廃用牛を「受
け入れていない、またはわずかしか受け入れていない」という自治体は、四月末の十八から三
県減ったが、依然十五県残っている。滞留が改善していない自治体も五県あった。
 同省は早期の対応を呼びかけているが、市場の受け入れが十分でない県は、「風評被害が心
配」「老経産牛の需要がない」などを理由に応じていない。


82 :朝まで名無しさん:02/07/02 13:42 ID:aDu/J+yb
▽農政局が事実解明を指示 牛肉偽装で日本食品社長に(河北新報)
http://www.kahoku.co.jp/news_s/20020702KIIASA40800.htm

 福岡市の「日本食品」が、輸入牛肉を国産と偽り国のBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)関連
の買い取り補助金を不正受給していた問題で、九州農政局(熊本市)は2日午前、後山繁仁社
長を同農政局に呼び、事実関係の解明と情報開示を徹底するよう指示した。
 同社は昨年12月、買い取り対象外である輸入した牛のアキレスけん122トンを国産牛肉
と偽って、補助金約1億3600万円の仮払いを受けた。後山社長は事実発覚を恐れ、偽装の
隠ぺい工作をしていたことを認めている。
 九州農政局は1日、同社に職員を派遣し、日本農林規格(JAS)法に違反したラベル表示
がされていないかも調査した。

83 :朝まで名無しさん:02/07/02 15:12 ID:aDu/J+yb
■牛肉偽装:日本食品の不正受給で、全肉連が県連に口止め工作
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20020702k0000e040082000c.html

 日本食品(本社・福岡市)が国の国産牛買い上げ事業を悪用して補助金を不正受給した問題
で、全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)が、福岡県食肉事業協同組合連合会(県肉連)か
ら事実関係の報告を受けていながら、農水省に報告せず、県肉連には外部にもらさないよう口
止めしていたことがわかった。
 雪印食品の牛肉偽装事件を受け、全肉連は今年2月21日に各都道府県肉連に補助金対象牛
肉の自主点検を指示した。県肉連幹部によると、日食は同27日、県肉連に「申請牛肉122トン中、
39・7トンの(対象外の)アキレスが混入していたため、支給された1億3659万円を全額返納する」
と報告。県肉連は同日、全肉連に「日食の自主点検で対象外牛肉の混入が見つかり全額返納
する」とのてん末書を送付した。
 ところが、全肉連は県肉連に「返還は待ってほしい」と要請。県肉連は6月28日の事件発覚まで
の間、全肉連への送金を引き続き申し出たが、全肉連は農水省にてん末書の存在を報告しない
ばかりか、県肉連幹部に「余計なことは言わないように」と口止めしたという。
 県肉連幹部は「虚偽申請した日食がもともと悪いが、事実関係を早くから把握していながら
『何も知らなかった』というような全肉連の姿勢は許せない」と憤慨する。
 これに対して全肉連の伊藤●専務理事は「国の検品(全頭検査)をきちんと受けていれば、
いずれは明らかになると考え報告しなかった。口止めしたのは、事情を知らない県肉連に推測
で外部に話してほしくなかったからだ」と釈明している。
 一方、農水省九州農政局(熊本市)は2日、日本食品の後山繁仁社長を呼び、事実の徹底解
明、牛肉や牛肉加工品の製造・販売自粛など5項目の実施を求めた。
 大串和紀局長は「生産圏である九州でこういうことを起こす企業があったことは非常に遺憾」
と述べた。後山社長は謝罪したうえ「社内に設置した事実解明委員会(5人)で取り組みを
始めている」と説明した。

  ●は「弓」の下に「一」[毎日新聞7月2日] ( 2002-07-02-15:01 )

84 :朝まで名無しさん:02/07/02 21:15 ID:Z0onyYVI
▽牛アキレス腱を牛肉に偽装・日本食品が買い取り申請 (日経新聞)
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?i=2002062808674bs&c=0

 福岡市の食肉販売会社「日本食品」が、農水省のBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)対策の
牛肉買い取り事業で、買い取り対象外の牛アキレス腱(けん)約122トンを牛肉と偽って申請し
ていたことが28日、同省の調べで分かった。同社は業界団体から買い取り代金の仮払金約
1億3600万円を受け取っていた。
 買い取り事業での偽装が判明したのは、雪印食品に次いで2例目。農水省は同社に申請分の
自費焼却や再発防止を求めるとともに、「犯罪に該当する公算がある」として事実関係を確認
し次第、詐欺罪などで刑事告発する方針。
 同省の調査によると、日本食品は昨年11月、不良在庫として抱えていた輸入の牛アキレス腱
を、「牛肉」と印字した段ボール箱約9000箱に詰め替え、メスの乳牛の肉として全国食肉事業
協同組合連合会(全肉連)を通じて買い取り申請した。
 偽装は同社の監査役が決定。営業部長に指示し、社員約30人で詰め替え作業を行った。
監査役は農水省の調査に、「経営チェックで膨大な不良在庫が見つかった。営業不振に陥って
いたので、会社が危ないと考えて行った」と話したという。社長には今年2月中旬に事態を
報告していた。 [2002/06/29 日本経済新聞]

85 :朝まで名無しさん:02/07/02 21:29 ID:Z0onyYVI
▽宮城県、廃用乳牛の処理を再開 (日経新聞)
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?i=20020701bs009bs&c=0

 宮城県は28日、5歳以上の廃用乳牛の処理を7月1日から再開すると発表した。
すでに試験的な処理を始めているが、来月から月270頭を処理する体制を整える。
 国内でのBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)発生で処理を中止してから、約500頭の
高齢牛の処理が滞っている。

86 :朝まで名無しさん:02/07/02 22:25 ID:Z0onyYVI
▽3日から牛肉部門営業自粛 牛肉偽装の日本食品(京都新聞)
http://www.kyoto-np.co.jp/news/flash/contents/ALL200207022148KIIASA43110.html

 福岡市の「日本食品」が、輸入牛肉を国産と偽り国のBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)関連
の買い取り補助金を不正受給していた問題で、同社の後山繁仁社長は2日午後、記者会見し、
農水省の指示を受け、4日から牛肉・牛肉加工品の製造販売を一時的に自粛する方針を明らか
にした。
 同社によると、本年度の売上高を170億円と見込んでおり、牛肉部門の売上高はそのうち
3−4割を占めるという。社内の調査委員会で事件の解明を進め、再発防止策の確立後に自粛
解除する構えだが、長期化は避けられない見通しだ。
 後山社長はまた、外食部マネジャーら社員3人と弁護士、公認会計士の計5人で構成する調
査委員会の初会合を3日に開くことも明らかにした。

87 :朝まで名無しさん:02/07/03 07:37 ID:h0KQbO/I
▽全肉連、国へ報告せず 日本食品偽装 上申書受け取る 県肉連に口止め (西日本新聞)
http://www.nishinippon.co.jp/media/news/news-today/today.html#009

 地場大手食品会社、日本食品(福岡市)が輸入牛のアキレスを国産牛に偽装して買い取らせ、
国の補助金約一億三千六百万円を不正受給した問題で、全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)
が、福岡県食肉事業協同組合連合会(県肉連)を通じ同社の偽装に関する上申書を受け取りな
がら、農水省に報告していなかったことが二日、分かった。上申書は「国産牛の中に一部、ア
キレスが混入していた」とする虚偽の内容だった。全肉連は「隠ぺいの意図はなかったが、対
応が不十分で、結果的に問題発覚が遅れてしまった」と釈明。後山繁仁社長は「上申書につい
て覚えていない」と話している。
 県肉連によると、同社は、社内で問題が発覚した後の二月二十七日、「国産牛にアキレス三
九・七トンが混入していた。代金を全額返納する」との上申書を作成し、後山社長が会長を務
める県肉連を通じて全肉連に提出。三月四日に県肉連に返還金の入金があり、後山社長から全
肉連への送金指示があったという。
 しかし、全肉連は県肉連に「(返還金を)しばらく預かってほしい」と指示。上申書も農水
省に提出しなかった。さらに六月二十六日、農水省の調査を事前に知った県肉連が「上申書や
これまでの経緯を農水省に説明したい」と伝えると、全肉連は「余計なことは言わないように」
と口止めしたという。
 後山社長はこれまで、全肉連への対応ついて「(報告、送金するよう)県肉連に伝えたつも
り」「問題発覚を恐れ、意図的に県肉連に指示しなかった」などと説明を二転三転させており、
二日は「覚えていない」と明言を避けた。
 全肉連の伊藤弖(ひろし)専務理事は「一月の農水省の調査では『問題ない』とされていた
ので、全品検査後に、混入したアキレスの量に応じて代金の返還を受ければいいと判断し、報
告しなかった。県肉連が推測を交えて説明すると混乱が生じると思った」と話している。
■4日から販売自粛 日本食品
 輸入牛肉のアキレスを国産牛肉に偽装していた問題で、二日会見した日本食品(福岡市)の
後山繁仁社長は、四日から牛肉と牛肉加工品の製造販売を自粛すると発表した。同社長は「こ
の日、大串和紀九州農政局長の指導を受けて決めた」と説明。自粛期間は、事実が解明され、
再発防止策が社内で徹底され、農政局から自粛解除が認められるまでとなる。
 後山社長によると、同社の牛肉関連の売上高は年間約六十億円。二〇〇三年三月期決算の売
上高予想百七十億円の35%を占める。販売自粛に加え、スーパーなどの取引中止が長期化す
れば、最悪の場合、一年間で売上高が百二十億円程度減少するという。経営の大きな打撃とな
るだけに、後山社長は「一日も早い事実の解明と再発防止策の徹底を図りたい」と強調した。

88 :朝まで名無しさん:02/07/03 19:41 ID:bTBir5is
▽日本ハム、社員が独断で期限切れ焼き肉を格安販売
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020703-00000405-yom-soci

 食肉業界最大手「日本ハム」(大阪市中央区)の営業社員が昨年、品質保持期限切れの
パック入り焼き肉約80キロを 京都府内の食堂に通常の3分の1以下の価格で販売して
いたことが3日、わかった。
 期限を1か月以上過ぎたものも含まれていた。社内規定では全商品を期限切れ5日前に
廃棄するよう定めているが、社員が所属していた京都府内の営業所は当時、大量の在庫を
抱えていた。
 社員は社内調査に「もったいないと思った。期限切れの商品を売ったのは今回だけ」と
話しており、同社は処分を検討している。
 同社や関係者によると、この社員は昨年10―11月ごろ、得意先の食堂経営者に「期限
切れ商品を引き取ってほしい」と依頼し、チルド保存(4度以下)用焼き肉「国産りんごおろし
入り牛カルビ」500グラム入りパック144袋と260グラム入りパック30袋を1キロ300円で
販売。食堂では肉を定食などに使ったが、客からの苦情はなかったという。
 同社は「安全性に問題はない」としている。

89 :朝まで名無しさん:02/07/03 21:50 ID:2igYZp62
▽日本食品 破たん 牛肉偽装が打撃 再生法申請 負債総額218億円(西日本新聞)
http://www.nishinippon.co.jp/media/news/news-today/today.html#001

 輸入牛のアキレスを国産牛に偽装して買い取らせ国の補助金を不正受給していた地場大手食
品会社、日本食品(福岡市、後山繁仁社長)が三日、自主再建を断念し、福岡地裁に民事再生
法の適用を申請した。先月下旬に不正受給が発覚して以来、取引先の大手スーパーなどが相次
いで取引を停止したことから売り上げが激減。四日から牛肉と牛肉加工品の販売自粛を決めて
おり、資金繰りに行き詰まった。
 同社によると、負債総額は約二百十八億五千万円。九州・沖縄地区では民事再生法を申請し
たニコニコ堂(熊本市)や自己破産した段谷産業(北九州市)などに続いて今年五番目の大型
の経営破たんとなった。BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)発生による国の牛肉買い取り制度を
悪用した問題では、雪印食品(東京)も輸入牛を国産牛として買い取らせていたことが表面化。
今年四月に会社解散に追い込まれている。
 民間信用調査会社の帝国データバンク福岡支店によると、日本食品は精肉のほか、ハム、
ソーセージの加工肉で自社ブランド「デリック」があり、九州を中心に全国のスーパー、食肉
小売店、外食産業などに販売。ピーク時の一九九七年三月期に売上高三百三十一億円を
記録した。しかし、昨年秋のBSE発生後、消費者の牛肉離れが進んだことに加え、昨年十二月
に大口納入先のスーパー、寿屋(熊本市)が経営破たんし約四億四千万円の焦げ付きが発生
したことから経営は悪化。人員削減などで経営立て直しを進めていた。
 さらに、農水省の調査で先月二十八日、同社がBSE発生に伴う国産牛買い取り制度を悪用、
輸入牛肉を国産牛肉と偽って、国の補助金一億三千六百万円を不正受給した問題が発覚。
主要取引先約四十社のうち、売上高の約四割を占める十一社が取引停止を通告したため、
経営悪化に追い打ちをかける事態となり、取引銀行の西日本銀行(福岡市)、福岡銀行(同)に
支援を要請するとともに、抜本的な経営改善策の策定を急いでいた。

 ▼日本食品 1963年設立の地場大手食肉メーカー。生肉のほか、ハム、ソーセージなど
食肉加工が事業の大半を占める。資本金約4億7900万円。年間売上高は約193億円
(2002年3月期)で従業員約184人。本社は福岡市東区。福岡県古賀市に工場を持つ。

90 :朝まで名無しさん:02/07/03 22:00 ID:2igYZp62
▽<大阪>改正JAS法で説明会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020703-00000008-abc-l27

 雪印食品の牛肉偽装事件など全国で食品表示の偽装が相次いだことを受け、罰則を強化する
などした改正JAS法が、あす施行されます。これを前に、大阪で説明会が開かれました。
 農林水産省が主催した説明会には、食品関連業者らおよそ200人が参加しました。これま
でのJAS法では、違反した業者の名前は、国が改善を指示しても従わない場合にだけ公表さ
れていました。しかし、雪印食品の事件をきっかけに改正された新しいJAS法では、国の判
断ですぐに業者名を公表できるようになります。また、罰則はこれまで、個人・法人ともに
50万円以下の罰金だったのが、個人は100万円以下の罰金か1年以下の懲役に、また法人は
1億円以下の罰金になります。
 説明会では、細かくメモをとる業者の姿が目立ちました。改正JAS法に関する農水省への
質問はごらんの番号でも受け付けています。

(参考)「食品表示110番フリーダイヤル」0120−481−239(朝日放送)

91 :朝まで名無しさん:02/07/03 22:08 ID:2igYZp62
▽本食品に事実解明を要求/九州農政局(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02070304.html

 食肉販売の日本食品(福岡市)が輸入した牛のアキレス腱(けん)を国産牛肉と偽り、
国から牛海綿状脳症(BSE)対策の買い取り補助を受けていた問題で、九州農政局
(熊本市)の大串和紀局長は二日、同社の後山繁仁社長を局内に呼び、事実関係の
徹底解明を求めた。
 再発防止策が徹底されるまでの牛肉関係の営業自粛、責任者の厳正な処分なども
要求した。同社長は「厳粛に受け止め、実行する」と頭を下げた。

92 :朝まで名無しさん:02/07/03 22:13 ID:2igYZp62
武部農林水産大臣記者会見要旨
( 平成14年7月2日(火) 9:23〜9:44 於:農政クラブ)

○日本食品鰍ノよる牛肉偽装事件について

Q: 日本食品の事件がありましたが、雪印食品に続いてこういう事件があり、或いは例の公
表問題でもやや難航があるということで、この事業そのものについて、緊急時であったとはい
え、制度設計なり、或いは導入の経緯に問題なりに無かったのか、或いはその辺で反省みたい
なものが感じてられているものがないのか、その辺についてお聞かせ下さい。
 
A: 今お話がありましたようにですね、当時の状況ということを皆さん方も良くお考え頂き
たいと思うのです。私ども牛肉・牛乳・乳製品は、「大丈夫なんですよ。」と「これはOIE
等国際機関からのそういう評価がありますから大丈夫ですよ。」とこう私が発言、そういう趣
旨の話をした途端にですね、「何を言うか。」と言わんばかりの声が沸騰したわけでございま
す。従いまして、私どもですね、18日以降の全頭検査による安全を証明した牛肉以外は流通
しないという体制をとったわけでありますが、このことが十分に信頼を得て機能するというこ
とのためには、「今流通しているのは17日以前の牛肉は一切ありません。」と、「18日以
後全頭検査による牛肉のみです。」というようなですね、ことの徹底が迫られていたわけです
ね。従いまして、17日以前の牛肉をですね、一気に隔離するという必要に迫られていたとこ
ろです。これが1月も2月も、或いは3月も掛かるということであればですね、18日以降の
牛肉は全て安全なものという、そういうことの信頼性がなかなか浸透していかないということ
でありますので、通常の商取引に基づくことを前提にしてですね、一気に17日以前の牛肉を
ですね、保管隔離するという体制をとった次第でございます。結果ですね、雪印食品の偽装事
件が発覚いたしまして、私ども大変なショックを受けたわけでございます。従いまして、その
後は検品体制も、この最初事業を起こした時点では、いわば性善説と言いますか、通常の商取
引というのは信用を前提にして行われているわけでありましょう。しかし、雪印事件が発覚し
てからは、もう性悪説と言いますか、こういうことがあり得るんだということで私は全箱検品
体制を指示したわけです。今般、日本食品の事件については、事実関係について更に詳細な調
査を行う必要があると考えておりますけれども、本事業の制度を企業自らが意図をしてですね、
悪用したという極めて悪質極まりない事案でございまして、極めて許されざることだと私はこ
のように考えております。農林水産省といたしましても、刑事告発を行うという考え方で厳正
に対処するとともに、引き続き厳格な全量検品を実施して参りたいと思いますし、本事業の適
正な実施と国民の信頼回復を図って参りたいとこのように考えております。何か反省する点は
無かったかということについては、雪印事件で厳しい反省点に立っておりますから、事後、全
箱検品事案については、原則公表ということで臨んでいるわけでございます。しかし、この制
度を先程も申し上げましたように、一気にですね、スピィーディーに立ち上げるという必要性
から、やはりまず一番私どもが感じておりますのは、この制度・仕組みの中身について周知徹
底するということについて、きちっとですね、末端に至るまでですね、そのことに務めなけれ
ばならなかったとこう思いますし、一切の不正が起こらないようにということになりますと、
相当の準備がいるんだろうとこう思います。しかし、今回のことを契機にですね、こういう事
態と言いますか、仕組みを作らなければならないということはですね、想像したくありません
けれど起こり得ないことが起こるというのは、世の常でありますから。行政の立場にありまし
ても、私は起こり得ないということが起こるという前提で、行政対応を考えいくことを強く事
務当局に命じているわけでございます。この日本食品の事案につきましては、まず全肉連経由
で申請された122トンの他、日本ハム・ソーセージ工業協同組合経由で申請された9.9ト
ンや、1月17日に実施された事業団による検品の際の偽装問題につきましても、詳細な事実
関係の調査を行っていくというわけでございます。これと並行いたしまして、今回の偽装事件
に関しまして、日本食品から福岡県肉連、福岡県肉連から全肉連への報告経過等について関係
者からの聞き取りや報告聴取を行わせているところでございます。

93 :朝まで名無しさん:02/07/03 22:56 ID:2igYZp62
武部農林水産大臣記者会見要旨
( 平成14年7月2日(火) 9:23〜9:44 於:農政クラブ)

○死亡牛の全頭検査について

Q: 今お配りになりましたリリースに、死亡牛の全頭検査のことが書いてあると思いますが、
BSE対策措置法が施行されるということですけれども、来春からの死亡牛検査の見通しとい
うのは具体的にどういうものでしょうか。
 
A: 15年度からの実施ということで、都道府県に万端準備怠りなく進めていただくように
要請をしているところでございますが、一部離島とか、北海道とか、広大な地域については、
4月1日実施は難しいという、そういう地元のそういう方向でございます。その理由は、例え
ば北海道などは集荷、死亡牛を一定のところに集めなければならないという事情があるようで
す。その場所をちゃんと作らなければいけないということもあります。それから、やはり検査
体制です。獣医師さん等の人材の確保ということについても、相当数新たに確保しなければな
らないということでございます。いずれにしましても、15年度中に全ての県で実施できるよ
うにさらにお願いをして参りたいと同時に、私どもといたしましても、ただお願いするだけで
はなくて、色々そういう体制が整うように支援できることがあれば、バックアップしたいとこ
のように考えております。それから、先程私の方からお話しました、全国知事訪問が8県残っ
ておりますけれども、これは私どもだけの事情ではありませんで、先方の知事さんの日程等の
都合もございますが、何とか今月中には全ての都道府県訪問を終わらせる方向で努力して参り
たいと、このように思っております。

94 :朝まで名無しさん:02/07/03 23:00 ID:2igYZp62
▽農林水産副大臣及び農林水産大臣政務官のBSE問題に関する知事訪問について
 http://www.maff.go.jp/www/press/cont/20020703press_1.html
                      平成14年7月3日  農林水産省
 BSE問題に関しては、消費者にとっての食の安全・安心の確保と畜産農家・関連事業者の
経営への影響の軽減を図ることが重要ですが、農林水産省においては、農林水産副大臣又は
農林水産大臣政務官が、都道府県に直接赴き、BSE対策に関する知事への要請、意見交換等を
順次行っております。
 今回、遠藤農林水産副大臣が下記の日程で都道府県を訪問する予定としていますので、
お知らせします。
                     記
     7月5日(金)    静岡県
     7月12日(金)   神奈川県

95 :朝まで名無しさん:02/07/03 23:03 ID:2igYZp62
■BSE対策:欧の専門家が日本に助言 
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/keizai/20020704k0000m020076000c.html

 農水省がBSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)対策について助言を受けるため
招へいした国際獣疫事務局(OIE、本部・パリ)の疫学・BSE特別部会委員の
ダクマー・ハイム博士が3日会見し、「欧州はBSE発生後10年以上たつが、
政府は毎年対策を修正・改善している。日本も今後、対策がきちんと守られているか
チェックし続ける必要がある」と日本に注文を付けた。また、日本が消費者の不安
解消のため、牛肉出荷の段階で全頭にBSE検査を行っていることに対しては、
「24カ月以下の若い牛を検査しても症状が確認されず、科学的な意味はない」と
否定的な見解を示した。
 BSE関係でOIEから専門家を招いたのは初めて。ダクマー博士は4日、東京
都内で行われるBSEのシンポジウムに出席する。

[毎日新聞7月3日] ( 2002-07-03-20:14 )

96 :朝まで名無しさん:02/07/03 23:06 ID:2igYZp62
■欧州のBSE専門家が肉骨粉禁止の遵守点検の必要性指摘(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/kyougyu/K2002070303113.html

 牛海綿状脳症(BSE)対策について助言を得るため農水省などが招いたダクマー・ハイム
国際獣疫事務局疫学・BSE特別部会委員が3日、記者会見し、牛に肉骨粉を与えることを禁
止するといった規制が実際に守られているかどうかを点検する必要性があると指摘した。日本
では実施されていない死亡牛の検査についても、重要性を改めて強調した。
 ハイム氏は6月26日に来日し、農水省などから日本の対策の説明を受け、食肉検査所など
の現地を視察してきた。
 ハイム氏は会見で、感染牛の発見後の日本で、対策が迅速に実行されたことを評価しつつ、
欧州でも対策は随時見直されており「完全な処方箋(せん)はない」と強調した。日本での対
策も、より完全なものに改良していくことが望ましいとして、「(肉骨粉が牛のエサに混入す
るなどの)交差汚染の可能性の芽を摘むこと」を例に挙げた。
 また、欧州では、生きている牛の約20倍の確率で死亡した牛の感染が見つかっていること
を指摘し、BSEの広がりの全体像の把握や将来の発生予測のためにも、死亡牛の検査は必要
だ、と述べた。一方、これまでの4例がいずれも96年3〜4月生まれだったことについては、
死亡牛検査の結果を見なければ評価できない、とした。(21:40)

97 :朝まで名無しさん:02/07/04 05:08 ID:XQ4DIAZW
▽日本食品:工場集約や事業縮小で再建へ 信頼回復の具体策なし
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20020704k0000m040140000c.html

 民事再生法の適用を申請した日本食品(本社・福岡市東区)の後山繁仁社長は3日夜の会見
で、工場の集約や事業の縮小で再建を図る考えを示した。しかし、牛肉偽装による国からの補
助金不正受給発覚で失った消費者からの信頼回復については「何とかする」と答えただけで、
具体的な対策はなく、厳しい環境下での再建となりそうだ。
 再建策は、生肉部門と惣菜部門を縮小し、油脂製品と豚・鶏肉部門を中心に製造販売を続け
る。また、本社と福岡県古賀市の2カ所にある工場を1カ所に集約し、跡地の売却を検討。支
援企業については「取引先や商社と、日本食品が一体になった共同事業案が非公式に来ている」
と説明した。
 事業縮小に伴い、売上高(今年3月期、193億円)は半減する見通しだが、後山社長は
「運転資金は半年分めどが立っている。再発防止策や再生プランを訴えて顧客を取り戻し、消費
者の信頼回復も何とかする」と強調した。経営責任については「会社再生を目指すことが私の
責任」として辞任しない意向を示した。
 また同社は、虚偽の上申書を福岡県食肉事業協同組合連合会(県肉連)に提出していたこと
などの疑惑も浮上しているが、後山社長は「上申書は記憶にない。偽装は会社ぐるみではない」
と目頭を押さえながら訴えた。
 【柳原美砂子、山本泰久】[毎日新聞7月3日] ( 2002-07-03-23:24 )



98 :朝まで名無しさん:02/07/04 05:10 ID:XQ4DIAZW
▽来週にも幹部ら告発 農水省 別の申請分4日検査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020704-00000019-nnp-kyu

 BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)対策に絡む国の国産牛肉買い取り制度悪用が発覚した日本
食品(福岡市)が民事再生法の適用を申請した三日、農水省は「厳正に対処する方針に変わり
ない」との見解を示した。同省は関係者から事情聴取して指示系統などの解明を進め、早けれ
ば来週にも関与した同社幹部らを詐欺容疑で福岡県警に告発する方針。
 同社が経営破たんに追い込まれたことについて、同省は「この件と何ら関係のない社員が影
響を被り、心が痛む」としながらも、今回の問題が「同じ事件を起こした雪印食品の四倍もの
量を偽装し、一月の検査で隠ぺい工作までするなど極めて悪質なケース」と判断、告発方針に
変わりがないとの考えを示した。
 同社は今回発覚した全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)分の百二十二トン以外にも、国
の補助制度に基づき日本ハム・ソーセージ工業協同組合に牛肉九・九トン(約八百七十箱)の
買い取りを申請している。
 同社は「この分については不正はない」としているが、同省は四、五日の両日、福岡県古賀
市の倉庫に冷凍保管されている同工業協同組合の買い取り分についても全箱検査を実施する。
この検査結果も踏まえ、告発対象者の絞り込み作業を急ぐ。(西日本新聞)



99 :朝まで名無しさん:02/07/04 05:24 ID:XQ4DIAZW
▽破たんの日本食品 社員3割超削減へ 社長会見 アルバイト200人解雇(西日本新聞)
http://www.nishinippon.co.jp/media/news/news-today/today.html#002

 地場大手食品会社、日本食品(福岡市)の後山繁仁社長は三日、福岡地裁に民事再生法の適
用申請後会見し、経営再建のため、総菜部門やパック肉部門を縮小する方針を示した。同社は
九州農政局の指導で牛の精肉、加工肉の販売を四日から自粛するため、当面は油脂製造販売や
豚肉、鶏肉の卸売りなどを主力事業とする。
 これに伴い、年間売上高は今年三月期の約百九十三億円の半分以下になる見通し。このため、
今後半年をめどに正社員百八十四人の三割以上に当たる約六十人を自然減などで削減、パート
・アルバイトの約三百人についても六割以上の二百人を解雇する計画。運転資金確保のため、
福岡市東区の本社・工場か福岡県古賀市の工場のいずれかを売却、一工場体制とすることも
検討する。
 経営再建のカギを握る支援企業について後山社長は「取引先の一グループから打診があるが、
現時点では未定」とした。また、「自分の手で再生させたい」とし、社長にとどまる考えを
示した。同社は十二日、福岡市内で債権者集会を開く。
 同社は昨秋のBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)発生や大手取引先のスーパー、寿屋(熊本市)
の破たんで経営が悪化。先月二十八日には、BSE発生に伴う国産牛買い取り制度を悪用し、
国の補助金約一億三千六百万円を不正受給していた問題が発覚。主要納入先の取引停止や主力
商品の販売自粛で自力再建の見通しが立たなくなった。

100 :朝まで名無しさん:02/07/04 06:17 ID:pm/g829W
日本農業新聞 2002.7.3より

消費者重視政策で農業に自信
オランダ国際農業政策アドバイザー ヘレット・メースター氏に聞く

オランダは、大規模な農業生産や消費者重視への政策転換に、牛海綿状脳症
(BSE)の発生前から取り組んでいる。このほど、食の安全や国際農業交渉
について意見交換するため来日した、同国農漁業自然管理省の国際政策アド
バイザー、ヘレット・メースター氏に話を聞いた。

------日本は、BSEをきっかけに、消費者に軸足を置いた農政への転換期
にある。オランダの状況は。

約15年前から消費者の声を聞く努力を続けている。きっかけは、農産物の過
剰や家畜のし尿問題。それまでは食の安定生産が第一だったが、消費者の望
みに合わせ、「おいしくて健康的、高品質な農産物」にこだわる生産に方向
転換した。
生産、流通、販売の合理化など構造改革には傷みも伴った。だが、消費者の
声に耳を傾ける改革を進めれば、農業は自信を取り戻せる。

------日本では農産物の自由貿易は、食料の安全保障をおびやかすとの指摘
がある。花や肉などの輸出国であるオランダではどう考えるか。

オランダを含め、EUは自由貿易が大前提。現実に市場の国際化は進んでい
る。わが国は農産物輸出国だが、飼料は輸入に頼っている。カロリーベース
での食料自給率は、日本とそう変わらない40〜50%だ。われわれは、国際貿
易でやっていける自信がある。

------EUは、国際交渉で貿易の完全自由化に反対する非貿易関心事項を主
張しているが。

EU内の自由貿易がわれわれに、他国からの危険な食品や病害の侵入を防ぎ、
景観を守り、動物の生態系を守る対策が必要だと教えた。だから、食品安全や
環境、動物の権利を重視する。日本の主張する食料の安全保障とは異なる。
背景が違うのでよく話し合い、お互いを理解することが大切だ。


101 :朝まで名無しさん:02/07/04 06:18 ID:pm/g829W
都会の校庭で酪農スクール 農家19人が参加/東京都
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/topnews/topnews03020703.html

102 :朝まで名無しさん:02/07/04 06:19 ID:pm/g829W
牛肉に産地証明シール 松阪牛個体識別管理システム導入
http://www.toukei.maff.go.jp/genti/2002_06/02_066_18.html

103 :朝まで名無しさん:02/07/04 06:19 ID:pm/g829W
伊賀牛肉入り太巻き寿司で消費拡大をアピール
http://www.toukei.maff.go.jp/genti/2002_06/02_066_19.html

104 :朝まで名無しさん:02/07/04 06:20 ID:pm/g829W
最新設備の食肉センターが完成 食肉業界、信頼回復の足場に
http://www.toukei.maff.go.jp/genti/2002_06/02_066_11.html

105 :朝まで名無しさん:02/07/04 06:21 ID:pm/g829W
家畜市場で廃用牛を買い上げ
http://www.toukei.maff.go.jp/genti/2002_06/02_066_8.html


106 :朝まで名無しさん:02/07/04 06:28 ID:pm/g829W
BSEに負けないぞ 牛飼い農家女性宮城に集合、気炎
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02070303.html

107 :朝まで名無しさん:02/07/04 06:29 ID:pm/g829W
乳用高齢牛、食肉処理再開へ 県「安全性、浸透した」
http://www.mainichi.co.jp/area/miyagi/news/20020629k0000c004001000c.html

108 :朝まで名無しさん:02/07/04 06:39 ID:pm/g829W
BSE問題の解決など求め「モーモー母ちゃんの集い」−−小牛田町 /宮城
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020703-00000005-mai-l04

109 :朝まで名無しさん:02/07/04 06:48 ID:pm/g829W
BSE対策:欧の専門家が日本に助言 
http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/disease/200207/04-1.html

110 :朝まで名無しさん:02/07/04 12:22 ID:Eimid5pC
▽BSE法と改正JAS法が今日施行 死亡牛検査義務付け(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02070402.html

 牛海綿状脳症(BSE)発生と食品の虚偽表示問題に対応するため成立した牛海綿状脳症対
策特別措置法(BSE法)と改正JAS法が四日、施行される。BSE法は、来年度からの二
十四カ月齢以上の死亡牛のBSE検査義務化などを定めた。改正JAS法は、食品表示の違反
への抑止力を強めた。
 BSE法は農水省と厚生労働省にBSEへの対応手引書として「基本計画」を作成するよう
定めた。また、牛の肉骨粉を使った飼料の製造・流通や使用を法的に禁じ、死亡牛のBSE検
査を二〇〇三年四月一日から義務化することを盛り込んだ。
 農水省は、BSE法の施行と同時に、畜産農家などに二十四カ月齢以上の死亡牛の届け出を
義務付ける省令も施行する。今後、死体を検査した獣医師か所有者は、都道府県知事に届け出
る必要がある。
 JAS法の改正は、食品の虚偽表示の予防効果に焦点を絞った。JAS法違反者の早期公表
と、罰則強化が柱。今後は、JAS法違反を確認すれば原則公表する。これまでは悪質な違反
でも、当事者が改善すれば公表できなかった。ただ、事業者名の公表は、事業者の倒産を導く
可能性が高いため農水省は、悪意のない単純ミスは指導にとどめ、公表しないとの運用指針を
設けた。

111 :朝まで名無しさん:02/07/04 12:25 ID:Eimid5pC
■牛のDNA鑑定検討 店頭表示、適正確認へ/農水省(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/topnews/topnews01020704.html

 農水省は、と畜したすべての牛からDNAを採取し、小売店で売られている牛肉の表示が正
しいかどうか調べる仕組みの検討を始めた。牛肉の品種などの情報を消費者に提供するトレー
サビリティー(生産履歴を追跡する仕組み)が正しく機能しているかを確認するのが狙い。新
たな法律で牛肉にトレーサビリティーを義務付けるのと併せて、来年度中の導入を視野に入れ
ている。
 新法案は来年の通常国会への提出を目指している。DNA鑑定で表示違反を見つけた場合、
小売店や流通業者に罰則を課すかどうかも検討する。
 牛肉に義務付けるトレーサビリティーは@牛の耳標の番号(複数の牛を使えばロット番号)
を小売店の店頭に表示するAその番号の牛の生年月日や品種、性別、産地、と畜年月日など基
礎的な情報を、消費者がインターネットで調べられる――制度にする予定だ。「ミンチ」や
「切り落とし」など、使う牛の頭数が多い品目は義務付けの対象から外す方向で検討する。
 DNA鑑定するのは、小売店で売られている牛肉と、店頭に表示された耳標番号の牛が一致
するかを確認するため。第三者機関が、年間約百三十万頭のと畜された牛からDNAを採取し、
店頭で抜き取りした牛肉のDNAとつき合わせる。ただ、数十億円の経費が予想されるため、
同省は「それだけの予算をかけてまでDNA鑑定による確認が必要かどうか消費者団体などと
協議する」(畜産部)としている。
 牛の生産者や給与飼料などの詳しい情報は、生産者や流通、小売業者が独自に仕組みをつく
って提供する。その仕組みをJAS法に基づいて認定する「生産行程履歴JAS規格」を今年
度中につくる予定だ。

112 :朝まで名無しさん:02/07/04 12:39 ID:ewHa64e9
牛海綿状脳症(BSE)に関する国際シンポジウム
 
主 催:国際獣疫事務局(0IE)アジア太平洋地域事務所
    社団法人畜産技術協会
後 援:農林水産省、厚生労働省

 
1.開催日時:平成14年7月4日(木)13:30〜16:00

2.開催場所:京王プラザホテル エミネンスホール(5階)
  東京都新宿区西新宿2−2−1 電話:03−3344−0111

3.シンポジウムの次第

第1部 ダクマー・ハイム博士の特別講演
  演 題:牛海線状脳症(BSE)に関する最新の国際情勢とリスク分析
       (Updated BSE situation world-wide and BSE Risk Analysis )

第2部 パネルディスカッション
<パネリスト>
ダクマー・ハイム スイス連邦獣医局伝達性海綿状脳症プロジェクトリーダー
  小野寺  節   東京大学大学院教授
  金子  清俊   国立精神・神経センター神経研究所第7部長
  日和佐 信子   全国消費者団体連絡会

 ― 質 疑 応 答 ―

4.同時通訳:あり

5.参加費:無料



113 :朝まで名無しさん:02/07/04 14:31 ID:Gf+L33OZ
▽罰則強化 改正JAS法施行 (NHK)
http://www.nhk.or.jp/news/2002/07/04/grri84000000dab0.html

 食品の産地などの偽装表示を防ぐための改正JAS法が、4日から施行されます。
これまでの罰則は50万円以下の罰金だけでしたが、1年の懲役刑が新設され、
罰金も法人は1億円以下、個人は100万円以下に引き上げられました。

VIDEO http://www.nhk.or.jp/news/2002/07/04/000002.html

114 :朝まで名無しさん:02/07/04 17:09 ID:Gf+L33OZ
▽飼料検査の強化を/農水省の懇談会が安全性確保へ報告案(日本農業新聞)

 農水省の飼料問題懇談会は三日、飼料政策の見直し方向をまとめた報告案を示した。飼料の
安全性を確保するため、飼料安全法の見直しを視野に、法的な規制の強化を含めた対策の検討
を求めた。具体的には、有害物質や病原体の検査体制の整備・強化や、これらが製造段階で混
入するのを防ぐ手法の導入を提起した。最終報告は今月中にまとめる。
 検査強化の具体的な対象として、BSEのほか遺伝子組み換え作物(GMO)、抗生物質が
効かない薬剤耐性菌、ダイオキシンを挙げている。
 飼料の備蓄事業の見直しでは、配合飼料の需要の減少を踏まえて、備蓄水準を段階的に削減
するよう求めた。年間約六十二億円の財政負担を軽減するのが狙い。現行水準はトウモロコシ
とコウリャン合わせて八十万トン。
 また、新たな備蓄水準や保管費用の削減、現在の市場価格が買い入れ価格を下回る「逆ざや」
の改善、備蓄用に買い入れるための借入金の返済で、具体策の検討も求めた。
 報告案は、「安全」「安心」「安定供給」「安価(低コスト化)」を飼料政策の基本方針に
据えている。

115 :朝まで名無しさん:02/07/04 17:24 ID:Gf+L33OZ
■狂牛病(BSE)全頭検査の延期要請 北海道
http://www.sankei.co.jp/news/020704/0704kei073.htm

 BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)対策特別措置法で来年4月から生後24カ月以上のすべて
の死亡牛に義務づけられるBSE検査について、北海道は4日、「実施は困難」(酪農畜産課)
として、農水省に準備期間の延長を求めることを決めた。
 道内で対象となる牛は年間約4万頭に達し、全道でBSE検査を実施するには施設整備や、
検査を担当する獣医師らの確保が間に合わないと判断した。
 今後、対象頭数の多い鹿児島、宮崎、熊本など各県との連携や、全国知事会を通じての働き
掛けなども検討する。
 道によると、現在、道内の家畜保健衛生所のBSE検査態勢は、年間2200頭分にすぎない。
 しかし試算では、年間4万頭を検査するには検査施設を4−8カ所新設し、獣医師や検査の
補助者など約120人の新規採用が必要。また、施設建設には1カ所当たり5億円以上かかる
という。
 同課は「新設には建設予定地の周辺住民の理解も必要」として、施設建設費についても国の
全額負担を求めていく。 (産経新聞)

116 :朝まで名無しさん:02/07/04 20:19 ID:Eimid5pC
▽県警、立件可能性を検討 日本食品の不正受給で (共同通信)
http://www.kyodo.co.jp/kyodonews/2002/label/news/20020703-177.html

 福岡市の食肉会社「日本食品」が輸入牛肉を国産と偽ってBSE(狂牛病)関連の買い取り
補助金の仮払いを不正に受けていた問題で、福岡県警捜査二課は三日までに、二回にわたり
農林水産省から情報提供を受け、今後の立件の可能性について検討を始めている。
 農水省は、今回の不正受給問題について、詐欺罪などで刑事告発する方針で調査を進めて
おり、同県警にも随時、情報提供を行っていく。捜査二課は「現在、どのような犯罪に当たるか
判断するには至っていない」としているが、同省の調査と並行して捜査を進めていくとみられる。
 (了) 07/03

117 :朝まで名無しさん:02/07/04 21:09 ID:pm/g829W
欧州のBSE専門家が肉骨粉禁止の遵守点検の必要性指摘
http://www.asahi.com/national/kyougyu/K2002070303113.html

118 :朝まで名無しさん:02/07/04 21:11 ID:pm/g829W
BSE法と改正JAS法が今日施行 死亡牛検査義務付け
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02070402.html


119 :朝まで名無しさん:02/07/04 21:13 ID:pm/g829W
BSE法と改正JAS法が今日施行/死亡牛検査義務付け
http://jliadb.lin.go.jp/news/news_3.html
 牛海綿状脳症(BSE)発生と食品の虚偽表示問題に対応するため成立した牛海綿状脳症対策特別
措置法(BSE法)と改正JAS法が四日、施行される。BSE法は、来年度からの二十四カ月齢
以上の死亡牛のBSE検査義務化などを定めた。改正JAS法は、食品表示の違反への抑止力を強めた。

 BSE法は農水省と厚生労働省にBSEへの対応手引書として「基本計画」を作成するよう定めた。
また、牛の肉骨粉を使った飼料の製造・流通や使用を法的に禁じ、死亡牛のBSE検査を二〇〇三年
四月一日から義務化することを盛り込んだ。
 農水省は、BSE法の施行と同時に、畜産農家などに二十四カ月齢以上の死亡牛の届け出を義務付
ける省令も施行する。今後、死体を検査した獣医師か所有者は、都道府県知事に届け出る必要がある。
 JAS法の改正は、食品の虚偽表示の予防効果に焦点を絞った。JAS法違反者の早期公表と、罰則
強化が柱。今後は、JAS法違反を確認すれば原則公表する。これまでは悪質な違反でも、当事者が改
善すれば公表できなかった。ただ、事業者名の公表は、事業者の倒産を導く可能性が高いため農水省は、

悪意のない単純ミスは指導にとどめ、公表しないとの運用指針を設けた。

120 :朝まで名無しさん:02/07/04 21:16 ID:pm/g829W
「生産履歴」仕組み開発へ農水省事業で全中など7団体 
http://jliadb.lin.go.jp/news/news_1.html
農水省は、と畜したすべての牛からDNAを採取し、小売店で売られている牛肉の表
示が正しいかどうか調べる仕組みの検討を始めた。牛肉の品種などの情報を消費者に
提供するトレーサビリティー(生産履歴を追跡する仕組み)が正しく機能しているか
を確認するのが狙い。新たな法律で牛肉にトレーサビリティーを義務付けるのと併せ
て、来年度中の導入を視野に入れている。
 新法案は来年の通常国会への提出を目指している。DNA鑑定で表示違反を見つけ
た場合、小売店や流通業者に罰則を課すかどうかも検討する。
 牛肉に義務付けるトレーサビリティーは 1.牛の耳標の番号(複数の牛を使えば
ロット番号)を小売店の店頭に表示する 2.その番号の牛の生年月日や品種、性別、
産地、と畜年月日など基礎的な情報を、消費者がインターネットで調べられる――制
度にする予定だ。「ミンチ」や「切り落とし」など、使う牛の頭数が多い品目は義務
付けの対象から外す方向で検討する。
 DNA鑑定するのは、小売店で売られている牛肉と、店頭に表示された耳標番号の
牛が一致するかを確認するため。第三者機関が、年間約百三十万頭のと畜された牛か
らDNAを採取し、店頭で抜き取りした牛肉のDNAとつき合わせる。ただ、数十億
円の経費が予想されるため、同省は「それだけの予算をかけてまでDNA鑑定による
確認が必要かどうか消費者団体などと協議する」(畜産部)としている。
 牛の生産者や給与飼料などの詳しい情報は、生産者や流通、小売業者が独自に仕組
みをつくって提供する。その仕組みをJAS法に基づいて認定する「生産行程履歴
JAS規格」を今年度中につくる予定だ。

121 :朝まで名無しさん:02/07/04 21:17 ID:pm/g829W
牛のDNA鑑定検討 店頭表示、適正確認へ/農水省
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/topnews/topnews01020704.html

122 :朝まで名無しさん:02/07/04 21:22 ID:TQybMrN4
飼料検査の強化を 農水省の懇談会が安全性確保へ報告案
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02070403.html

123 :朝まで名無しさん:02/07/04 21:25 ID:TQybMrN4
給食での牛肉使用自粛、全小中学校で解除−−農家被害41億円 /千葉
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020704-00000005-mai-l12

124 :朝まで名無しさん:02/07/05 14:58 ID:6GB8ZNV0
▽死亡牛の検査が欠かせない(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02070504.html

 牛海綿状脳症(BSE)の対応で、最終的なマニュアルはない――。日本のBSE対策を検
証するため来日した国際獣疫事務局(OIE)のダクマー・ハイム博士は四日、都内で開かれ
た国際シンポジウムで「BSE対策は日々点検して、着実な実施を確認すべきだ」と話した。
国内では、酪農家からBSE発生牛と同居している牛の殺処分をやめるべき、との声が挙がっ
ているが、同居牛殺処分について、欧州では対応が分かれていることを紹介した。
 シンポはOIEアジア太平洋地域事務所など主催。生産・消費者団体や流通業者、行政関係
者ら約六百五十人が集まった。
 この中でハイム博士は、日本ですでに行っている肉骨粉の給与禁止や、消費者保護の面から
の脳など特定部位を除去する重要さを強調。BSEの全体像を知るためにも、今後は死亡牛の
検査が欠かせないと指摘した。会場からは、「BSEの全体像がはっきりしないと消費者に正
確な情報を伝えることが難しい」などの声も上がった。

125 :朝まで名無しさん:02/07/05 20:47 ID:RBIkXG4R
■加工食品の小売動向 農林水産省総合食料局食料政策課(平成14年5月)
http://www.maff.go.jp/sogo_shokuryo/jk/pos/pos1405.htm

・加工食品小売指数 前年同月比 ▲ 1.8% [前月比 + 1.4%]

消費低迷や小売価格の低下傾向のなか、引き続き前年を下回って推移。
酒類が堅調であることや、畜産がヨーグルトの堅調により回復傾向に
あることから、全体の低下率は縮小。    

(主な部門の動向)

・畜産 前年同月比 ▲ 0.3% [前月比 + 2.1%]

前年同月比でみると、ヨーグルト等が上昇。乳飲料、ハム・ベーコン等が低下。

(以下略)

126 :朝まで名無しさん:02/07/05 21:04 ID:RBIkXG4R
渡辺農林水産事務次官記者会見要旨
( 平成14年7月4日(木) 13:59〜14:08 於:農政クラブ )
http://www.kanbou.maff.go.jp/kouhou/020704jimujikan.htm

○日本食品(株)の民事再生法の申請について

Q: 食肉偽装の関係で日本食品が民事再生法を申請しましたけれども、そのことについてど
う受け止めていらっしゃるかということと、それから告発の見通し及び対象についてですね、
改めてお伺いしたいのですけれども。

A: 民事再生手続き開始の申請ということで、まず最初にやはり私の頭に思い浮かぶのは、
従業員の問題はどうするのだろうかということ。それから債権者の債権の確保の問題ですね。
突然の出来事でもありましたし、その心中を察するにあまりあるというふうに思います。ただ
、そのことはそのこととして、日本食品が今回行った行為というのは、BSE対策を悪用しよ
うとした極めて悪質な事案でありますので、それに対しましては、刑事告発を行う考えで厳正
に対処するということに変わりはございません。しかし、この内容については、現在、対象と
された122トンでしょうかその確認と、それ以外の9.9トンについての全箱検査をやって
おりますし、相当関係者の方々からヒアリングをしておりますので、この週末に一定の整理を
したいと思っております。従って、週が明けてから皆様方にはそうしたことについて、ある種
の御報告が出来るのではないかと思っております。発表は週明け以降というふうに現段階では
申し上げたいわけでございます。いずれにしてもこの問題は、これから刑事告発ということに
なれば、おっしゃるように誰を対象にするのか、これは詐欺罪ということになれば法人が対象
になりませんから、あの中の誰ということを確定しなければいけません。そういう点で捜査の
進展とも兼ね合いがございますので、ちょっと、いついつということを明確に申し上げられな
い点を御理解頂きたいと思います。

Q: その関連なんですけれども、福岡県肉連からですね、報告があったにも関わらず全肉連
がですね、それを放置していたというような報道があったようなのですけれども、公金を託し
てですね、事業を進めるべき団体がですね、そういうふうなことをしていたということについ
ては、これは非常に問題があるのではないのかというふうにも思うのですけれども、どのよう
に受け止めていらっしゃいますでしょうか。
 
A: その点も報道されましたけれども、事実関係の究明が大事だと思います。それも今やっ
ております。全肉連に対しても、県肉連に対してもそこの役職員に対して、東京から人が行っ
てヒアリングをしておりますので、その事実を確認をした上で相応の対応策をとりたいと思っ
ております。まだ、そういった事実を我々が報道で知るだけで、前提付きのコメントをするこ
とは、控えさせて頂きたいと思います。

Q: 週明けに発表するというのは、何を発表するんですか。
 
A: 要するに総括の結果です。どういうふうな事実が大体解ったかと、いうふうなことです。
そのときにですから、御関心のある告発の時期はいつ頃になるかということも言えるかどうか、
それは、また捜査当局との関係もありますので、そういったことも含めて、今週末の一定の
整理を週明以降、畜産部の方から発表させて頂きたいなと思います。

127 :朝まで名無しさん:02/07/05 21:06 ID:Yw2H5nAK
農水省、トレーサビリティ導入を牛肉などで義務付け
http://www.nissyoku.co.jp/news/20020703/3f.html




128 :朝まで名無しさん:02/07/05 21:25 ID:Yw2H5nAK
牛海綿状脳症対策特別措置法
http://www.maff.go.jp/soshiki/seisan/eisei/bse/tokubetu_sotihou.html

129 :朝まで名無しさん:02/07/05 21:27 ID:Yw2H5nAK
広がるトレーサビリティー・牧場や畑まで経路把握
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=0&i=20020702p2016bs

130 :朝まで名無しさん:02/07/05 21:29 ID:Yw2H5nAK
肉骨粉の炭化技術を開発へ・北海道の産学
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=0&i=20020701bs010bs

131 :朝まで名無しさん:02/07/05 21:30 ID:Yw2H5nAK
BSE対策特別措置法の概要
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=5&i=20020701bs000p2

132 :朝まで名無しさん:02/07/05 21:30 ID:Yw2H5nAK
ブランド牛人気復活、卸値高騰・品質や表示に安心感
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=3&i=20020701bs006p2

133 :朝まで名無しさん:02/07/05 21:31 ID:Yw2H5nAK
牛丼大手3社とも営業増益に・今期、BSE影響一巡
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=3&i=20020701bs004p2

134 :朝まで名無しさん:02/07/05 21:33 ID:Yw2H5nAK
<識者に聞く>狂牛病のナゾ・なぜ牛に伝染
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=5&i=20011005p2003p2

135 :朝まで名無しさん:02/07/05 21:35 ID:Yw2H5nAK
>>124
見出しが違ってるよ。


同居牛の殺処分、欧州も対応二分
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02070504.html


136 :朝まで名無しさん:02/07/05 21:37 ID:RBIkXG4R
▽ヤコブ病患者6人増え82人に BSEからの感染はなし(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0705/031.html

 クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)患者のうち、ヒト乾燥硬膜の移植歴のある患者が
昨年4月から12月までに報告された中から新たに6人見つかり、計82人になったことが、
5日の厚生労働省厚生科学審議会の委員会で明かにされた。牛海綿状脳症(BSE)の牛から
感染するとされる変異型CJDの患者はいなかった。
 また同委員会は、硬膜の移植歴を患者や家族に説明していない例があるとの指摘を受け、
報告した医療機関に対して、説明したかどうかの確認を求める文書を送ることを決めた。(21:26)



137 :朝まで名無しさん:02/07/05 21:46 ID:RBIkXG4R
▽薬害ヤコブ病:新たに患者6人を確認 合計82人に
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20020706k0000m040046000c.html

 脳外科手術の際に、病原体に汚染された脳の硬膜を移植されたのが原因で発症した痴呆症の
一種「クロイツフェルト・ヤコブ病」で、厚生労働省の研究班は国内で新たに6人の患者を確
認し5日、同省の「クロイツフェルト・ヤコブ病等委員会」に報告した。汚染硬膜による薬害
ヤコブ病患者はこれで合計82人となった。
 研究班が昨年4月から12月までに集めたデータではほかに、硬膜移植と関係のないヤコブ
病患者が102人確認され、国内患者は85年からの累計で1186人になった。BSE(牛
海綿状脳症、いわゆる狂牛病)が人に移って生じるとみられる「変異型ヤコブ病」の患者は1
人も出ていない。
 一方で同省はこの日、研究班の調査で確かめられた薬害ヤコブ病患者や家族に対し、原因が
硬膜移植だったことを確実に伝えるよう、患者を診療している各医療機関に注意を促すことを
決めた。患者側が原因を知らないと国に補償を請求できないためだ。 【高木昭午】

[毎日新聞7月5日] ( 2002-07-05-19:34 )

138 :朝まで名無しさん:02/07/06 14:53 ID:HavWLP40
▽食品表示で消費者の意向調査 「現在の表示で十分」1割切る(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/topnews/topnews01020706.html

 総務省は五日、消費者を対象にした食品表示に関するアンケート調査の結果を発表した。
農畜産物や加工食品について「現在の表示で十分」と答えた人は一割に満たなかった。
農産物などに新たに義務付けてほしい表示事項として「出荷日」「消費期限」「農薬・肥料の
使用量・回数」などが上位に挙がった。同省は「消費者の間に食品への不安が広がり、
表示できるものはできるだけ表示してほしい、という気持ちが強まっている」とみている。
 調査は今年五月、二十三都道府県の消費者三千人に店頭でアンケート用紙を配り、
千三百三十六人から回答があった。
 「現在の表示で十分」との回答は精米で16%あったが、農産物は7%、畜産物は4%。
加工食品は9%に過ぎなかった。
 義務付けてほしい表示事項(複数回答)をみると、精米は「農薬・肥料の使用量・回数」
(53%)、「出荷日または収穫日」(48%)、「生産者の住所・氏名」(37%)が上位。
加工食品は「原料原産地」(61%)が最も多く、「製造年月日」(58%)、「開封後の保存
方法」(55%)の順だった。
 遺伝子組み換え原料を使った加工食品では、84%が「遺伝子組み換え原料の使用量の
多少にかかわらず、表示をしてほしい」と回答。特別栽培農産物では、農薬や化学肥料を
使った場合、使用に関する表示を求める人が67%に上った。

139 :朝まで名無しさん:02/07/06 15:15 ID:HavWLP40
■生鮮品の出荷日表示、6割が求める・総務省調査
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20020706CEEI025505.html

 総務省が5日発表した食品表示についてのアンケート調査によると、農産物など生鮮食品で
出荷日表示の義務付けを消費者の約6割が求めているとの結果が出た。遺伝子組み換え食品に
関して表示の改善を求める声も多かった。
 調査は5月に消費者3000人を対象に実施し、45%の1336人から回答を得た。出荷日表示の
義務付けは、農産物では62%、水産物では59%の消費者が求めている。
 新たに義務付けてほしい表示を複数回答で聞いたところ、農産物では出荷日か収穫日との
回答が最も多く、農薬と肥料の使用量と回数が54%、消費期限が42%で続いた。
 水産物でも出荷日の追加を求める回答が最も多く、消費期限が58%、用途が57%で続いた。
畜産物は消費期限が56%で最も多く、出荷日は53%で2番目。飼料が感染源とされるBSE
(牛海綿状脳症、狂牛病)問題の影響で飼料名との回答も50%だった。

140 :朝まで名無しさん:02/07/06 18:20 ID:4ho9ZWPS
北海道新聞 道南版 2002.7.6より

「国の認識甘すぎた」飼料の自給生産など提唱

網走管内佐呂間町長で、獣医師でもある堀次郎さんを講師に迎えた、「BSE(牛海
綿状脳症)問題と今後の酪農畜産振興」をテーマにした講演会(八雲町家畜伝染病自
衛防疫組合など主催)が4日、町民センターで開かれた。
八雲、長万部両町の酪農家ら約80人を前に堀さんは、佐呂間で生産された牛が国内初
のBSEに感染していたことが分かった、昨年9月の出来事を振り返り「即日、対策
本部を設置する一方、速やかな情報収集と伝達を心がけた」と語った。
また、感染牛を生産した農家にマスコミが殺到し、同町内の農家からも心ない批判が
上がったが、「マスコミ対応は私が防波堤となり、農家にもファックスなどで情報を
流して沈静化に努めた」と話した。
堀さんはヨーロッパ視察を終えたばかり。「日本の防疫体制の水準の高さを再認識し
た。しかしヨーロッパでBSEが深刻な問題になっていた1996年に、当時の農水省が
一片の通達で済ませた認識の甘さが、何とも悔やまれる」と国のミスを批判。さらに
「抜本的対策のための予算獲得は不可欠だが、広い北海道は牧草などを自給し、肉骨
粉などの飼料に頼らない生産体制を模索すべきだ」とまとめた。

141 :朝まで名無しさん:02/07/06 18:22 ID:4ho9ZWPS
県産和牛DNA検査実施−BSE対策
http://www.shikoku-np.co.jp/news/social/200207/20020706000294.htm


142 :朝まで名無しさん:02/07/06 18:23 ID:4ho9ZWPS
県産牛価格回復の兆し BSE感染確認前に近づく
http://kumanichi.com/news/local/main/200207/20020706000375.htm


143 :朝まで名無しさん:02/07/06 18:26 ID:4ho9ZWPS
ちくさんニュース【日本農業新聞提供】 2002年07月02日更新
短角牛のおいしさPR、盛岡にレストラン

 【岩手】岩手短角牛の産地、岩泉町と山形村は、アンテナレストラン「岩泉町・山
形村の恵み・大地」を八日、盛岡市の桜山神社前にオープンする。県内の市町村が提
携して、ほかの町にアンテナレストランを開くのは初めて。
 両町村は一日、店内設備が完成し、オープンを待つばかりとなったことから、関係
者を招き、テープカットで店の完成を喜び合った。
 畜産業が盛んな同町村は、牛海綿状脳症(BSE)問題などの影響で牛肉の消費が
落ち込み、畜産農家が苦しんでいることや豊かな食を追求するスローフード運動の一
環として、同レストランの開設に踏み切った。店の運営は、第三セクターの(株)岩
泉町産業開発と山形村観光開発(株)。
 県庁にほど近い桜山神社参道の一角に開設した同レストランは、二階建てで、いす
席や座敷があり、こぢんまりとした落ち着いた雰囲気がある。メニューも季節・地域
にこだわり、山形産短角牛のステーキ・川魚料理に龍泉洞ビールで乾杯――となるか
も。
 同町村の有志で設立した「岩手スローフード協会」会長で岩泉町の伊達勝身町長は
「本物の食材を提供したい。食の安全、農業の発展なくして岩手の未来はない」と安
易なファストフード依存の食生活に警鐘を鳴らす。
 短角牛の生産は、価格低迷や黒毛和種への変換などで減少傾向にある。JAいわて
くじの石川正英組合長は「生産部会の人たちが(同レストランに)短角牛を提供する。
素晴らしい品質なので安心して食べてほしい」とレストランの成功を期待している。

144 :朝まで名無しさん:02/07/06 18:28 ID:4ho9ZWPS
ホルス去勢6万円台 6月の乳子牛取引 BSE発生以来はじめて(日本農業新聞7月6日)

 府県産乳子牛市場の六月相場は、ホルス去勢の一頭当たり平均価格が牛海綿状脳症
(BSE)発生以来初めて六万円台を回復した。前年と比べても六割水準に戻した。
大衆牛肉のB3等級、B2等級の枝肉需要が伸びる中で、ホルス子牛の取引も順調に
回復していることを裏づけた。
 全国開拓農協連が五日までにまとめた主要六市場(群馬・前橋、千葉・千葉、静岡
・袋井、岐阜・中央、兵庫・淡路、徳島・徳島)の取引頭数は、前月に比べ4%減の
千百二十九頭。
 一頭当たり価格は、交雑種(F1)雄が前月比35%高の十四万八千円、同去勢が
3%安の十九万三千円。ホルス雄が11%高の二万七千円、同去勢が24%高の六万
二千円。
 特に、ホルス去勢は前年九月(九万五千円)以来初めて六万円を超した。ただ、前
年と比べると、F1が一〜二割安、ホルスが四割安だ。

145 :朝まで名無しさん:02/07/06 21:38 ID:yCXESlE4
▽疑似患畜処分見直しには慎重−音別で武部農水相が酪農家と懇談  2002/07/06 15:09
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?j=0030

 【音別】武部勤農水相は6日午前、5月に国内四頭目の牛海綿状脳症(BSE)感染牛が見
つかった釧路管内音別町を訪れ、感染牛を生産した酪農家と直接懇談したほか、高野武町長ら
地元関係者と意見交換した。
 武部農水相が音別町を訪れたのは、BSE確定診断後は初めて。酪農家とは音別町農協で約
三十分間懇談し、酪農家は「疑似患畜の殺処分は忍びない」と、処分制度の見直しを要望した。
 これについて農水相は会談後、「国際基準は守らなければならない」と述べ、現状での見直
しには慎重な姿勢を示した。
 また、来年四月から義務付けられる二十四カ月齢以上の死亡牛に対する全頭検査で、道が実
施延期を求めていることに関し、農水相は「道内は遅くとも二○○三年度中には始めたい」と
述べ、四月実施にはこだわらない考えを示した。

146 :あげ:02/07/07 11:54 ID:VtrqXdlj
agemasuta

147 :朝まで名無しさん:02/07/07 14:25 ID:t/AZxjRt
▽牛肉の追跡を法制化 小売業者は体制整備が急務に 農林水産省
日経情報ストラテジー 2002年8月号,190ページより

 農林水産省のBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)対策である牛肉の「トレーサビリティ
(生産・流通プロセスの事後追跡)」が、法制化される見通しだ。同省生産局畜産部
食肉鶏卵課は5月28日、「国産牛肉生産情報提供モデル事業」の第1回検討会を開き、
小売業者や消費者団体などに草案を示した。同省は、今夏に試験実施に踏み切る考えだ。
 来年までに法制化される見通しで、小売業者はこの制度に対応した体制を構築する
必要がある。ある程度の取扱量を持つ企業では、新たな情報システムの構築に迫られそうだ。
・牛の個体を食肉流通まで追跡
 トレーサビリティは、牛肉の個体情報を消費者に提供する仕組みである。草案によれば、
情報の流れは以下のようになる。
 (1)生産者は牛の耳に個体識別番号票を付け、独立行政法人の家畜改良センターが
「識別番号、品種、飼養地、家畜市場/取引年月日、と畜場/と畜年月日」などをデータベース化。
(2)と畜場や食肉加工場は、解体した肉に個体識別番号をひも付けて小売業者に卸す。
(3)小売業者は、商品ごとに原産地や個体識別番号、問い合わせ先などを明示する。
 小売業者は、電話やホームページを通して、牛の育成地や流通経路、可能であれば飼料や
病歴の情報を消費者に提供しなければならない。
・IT活用の具体策は今後の課題
 こうした複数の業者の手を渡る流通段階の情報管理は、煩雑になる懸念がある。生体に
割り振られた識別番号を、食肉として加工した段階まで一貫して管理する必要があるからだ。
実際、第1回の検討会でも「ミンチ肉は個体レベルの管理は難しい」といった意見が出た。
 検討会では、情報システム面の検討は未着手だ。IT(情報技術)投資の体力がない中小の
業者に対して、具体的なシステム支援策が必要になるだろう。同省へIT活用の提案を準備して
いるベンチャー企業のエフメディア(本社東京)は、「携帯電話を使った安価な無線バーコード
読み取り装置や、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)形式のサービスを使うのが
現実的だろう」(新堂太郎取締役)と指摘している。

148 :朝まで名無しさん:02/07/07 14:29 ID:t/AZxjRt
【規制の設定・改廃に係る意見・情報の募集】

★「牛海綿状脳症対策特別措置法施行規則案(仮称)」及び「牛海綿状脳症対策
 特別措置法の施行に伴う農林水産省関係省令の整備に関する省令案」について
 http://www.maff.go.jp/www/public/cont/20020704pk_1.html


149 :朝まで名無しさん:02/07/07 16:05 ID:t/AZxjRt
■武部大臣BSEで意見交換 (ANN NEWS)
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/econ_news.html?now=20020707132031

 武部農水大臣は国内4頭目のBSE(狂牛病)感染牛が見つかった北海道の音別町を訪れ、
地元の生産者と意見を交わしました。
 武部大臣が音別町を訪れ、地元の酪農家と直接、意見交換するのは今年5月にBSE感染牛
が見つかって以来、今回が初めてのことです。武部大臣は「消費者の不安の解消やBSEの
データを蓄積するためにも、来年度には死亡牛の検査をはじめとした対策に取り組む」と
今後の方針を話しました。
 これに対し、地元の生産者からは新たな牛の購入について、酪農経営が安定するまでの2、
3年先を見据えた財政支援を求める声や、BSEとの関連性が高いとされる「疑似患畜」に
ついて、処分を見直して欲しいといった意見が相次ぎました。
 国内4頭目のBSE感染牛が見つかってからおよそ2カ月、生産者は今も経済的負担は
もちろん、精神的な負担を強いられています。

WindowsMedia http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/econ_news_w1.html?now=20020707132031
RealPlayer http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/econ_news_r1.html?now=20020707132031

150 :age:02/07/08 12:18 ID:j60K7ZKq
14&15、ふたつお楽しみいただけます

151 :朝まで名無しさん:02/07/08 14:34 ID:I09hIQ3u
▽96年3、4月誕生の乳用牛 BSE検査促す、1頭4万円助成(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/topnews/topnews01020708.html

 農水省は、一九九六年三、四月生まれの乳用牛の牛海綿状脳症(BSE)検査を促すため、
家畜保健衛生所で対象牛を検査すれば一頭当たり四万円を酪農家に助成する方針を固めた。
廃用牛の出荷を促す助成金と同額。運搬経費の助成のあり方や、酪農家のプライバシーを
守りながら検査を進める手法などを詰め、対象牛の検査を今月中にも始める。
 九六年三、四月生まれの乳用牛のBSE検査を促すのは、これまで見つかった四頭のBSE
感染牛が、いずれもこの二カ月間に生まれた乳用牛だったため。原因究明の一環として武部
勤農相が指示した。対象牛を同省は二万六千頭と推計する。
 牛に耳標を装着した際の登録データで対象牛を飼っている酪農家を把握し、家畜保健衛生所
から検査を受けるよう呼びかけてもらう考えだ。耳標の装着はほぼ終了した。
 家畜保健衛生所での検査後に牛は焼却されるため、酪農家に枝肉の販売代金が入らない。
そこで、と畜場への出荷を前提に廃用牛を JAなどに売り渡す場合 と同額の助成を行うことに
した。
 今回の検査は、同省が行っている農場にいる牛の検査(農場段階でのサーベイランス)の
対象を拡大する形で行う。現行では、立ち上がれない牛や死亡牛などが対象だ。

152 :朝まで名無しさん:02/07/08 14:36 ID:I09hIQ3u
▽肉骨粉、在庫増に歯止め セメント処理に課題(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02070805.html

 在庫が増加していた肉骨粉の焼却量が、ようやく生産量と同水準に追いついたことが六日ま
でに農水省の調べで分かった。肉骨粉の在庫は現在、十二万五千八百トン。在庫増に歯止めが
かかったことで、同省は「今後は焼却量が生産量を上回り、来年夏ごろに在庫は解消する」と
見込んでいる。
 焼却が必要な肉骨粉の一日当たり生産量は九百トン。これに対し、肉骨粉の一日当たり焼却
量は、一般の焼却施設六百九十五トン、セメント工場二百八トンの合計九〇三トンとなった(
六月二十八日現在)。セメント工場での受け入れは、認定された三十工場のうち、十六工場で
本格焼却が始まっている。
 一般焼却施設での焼却量はすでに、環境省が当初最大と見込んでいた六百五十トンを超えて
いる。一方、セメント工場での焼却可能量は、セメント協会の調べでは一日当たり最大四百五
十トンと見込んでおり、肉骨粉在庫を減らすには、セメント工場での受け入れ態勢の整備がカ
ギとなる。

153 :朝まで名無しさん:02/07/08 14:45 ID:I09hIQ3u
▽農水大臣が財界トップと懇談 (ANN NEWS)
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/econ_news2.html?now=20020708143313

 農業の法人化推進を掲げる武部農林水産大臣が8日朝、日本経団連の
奥田会長らと懇談しました。
 農地法改正など規制緩和を提案している農水省に対して、日本経団連側は
「生産性の向上の点からも農協のあり方についても検討すべきだ」として、
農協中心となっている農業システムの見直しを迫りました。

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/econ_news_w2.html?now=20020708143313
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/econ_news_r2.html?now=20020708143313




154 :朝まで名無しさん:02/07/08 15:16 ID:I09hIQ3u
■BSE問題で意見交換 (北海道テレビ)
http://www.htb.co.jp/newsarchive/0207/020706.html#pm01

 武部農水大臣は、国内4頭目のBSE感染牛が見つかった音別町を訪れ、地元の生産者と意見を
交わしました。
 武部大臣が音別町を訪れ、地元の酪農家と直接意見交換するのは、今年5月にBSE感染牛が見
つかって以来今回が初めてのことです。武部大臣は「消費者の不安の解消やBSEのデータを蓄
積するためにも、来年度には死亡牛の検査を始めとした対策に取り組む」と今後の方針を話し
ました。これに対し地元の生産者からは、新たな牛の購入について、酪農経営が安定するまで
の2〜3年先を見据えた財政支援を求める声やBSEとの関連性が高いとされる「疑似患畜」につ
いて、処分を見直して欲しいといった意見が相次ぎました。国内4頭目のBSE感染牛が見つかっ
てからおよそ2カ月、生産者は経済的負担はもちろん、精神的な負担を強いられています。

155 :朝まで名無しさん:02/07/08 19:13 ID:I09hIQ3u
平成14年7月8日 農林水産省大臣官房地方課

■「食」と「農」を語り合う会の開催について
http://www.maff.go.jp/www/press/cont/20020708press_1.html
 
1.趣 旨
  「食」と「農」に関し様々な課題が顕在化している中、安全・安心な食料供給シ
 ステムの構築やこれからの農林水産行政のあり方など農林水産政策全般にわたっ
 て、北海道の消費者や農業者をはじめとした幅広い方々と農林水産省との間で自由
 に語り合い、意見交換を行うものです。
2.日 時
  平成14年7月13日(土)12時〜(2時間程度)
                  受付11:00〜
3.場 所
  札幌サンプラザ 2F 「金枝の間」
   住所:札幌市北区北24条西5丁目
   電話:011−758−3111
4.出席者(敬称略、あいうえお順)
(1)発言者
    岩永かずえ(畑作農家)
    大熊久美子(北海道食の自給ネットワーク事務局長)
    海野泰彦(酪農家)
    庄司昭夫(株式会社アレフ代表取締役社長)
    長 良幸(北海道有機農業協同組合代表理事組合長)
    出村克彦(北海道大学大学院農学研究科教授:コーディネーター)
    内藤圭子(肉牛生産農家)
    貫田桂一(ホテルクラビーサッポロ料理長)
    林 美香子(フリーキャスター) 
    山際睦子(栄養士)
(2)農林水産省 
    武部農林水産大臣及び関係局庁幹部



156 :朝まで名無しさん:02/07/08 22:15 ID:3eQ0QLUj
「生活環境化学の部屋」 新潟女子短期大学本間善夫研究室
◆ 狂牛病とプリオン/牛海綿状脳症(BSE) ◆
http://www2d.biglobe.ne.jp/~chem_env/chem8/prion.html

157 :朝まで名無しさん:02/07/08 22:16 ID:3eQ0QLUj
市民のための環境学ガイド
http://plaza13.mbn.or.jp/~yasui_it/

158 :朝まで名無しさん:02/07/08 22:17 ID:3eQ0QLUj
エコロジーオンラインより
東京大学大学院農学生命科学研究科 吉川泰弘教授の【感染症論から見たBSE】
http://www.eco-online.org/support/BSE/report020115/page1.shtml

159 :朝まで名無しさん:02/07/08 22:45 ID:I09hIQ3u
■国側・農畜産業振興事業団も放置…日本食品の牛肉偽装(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/04/20020708i412.htm

 福岡市の「日本食品」がBSE(牛海綿状脳症=狂牛病)対策の牛肉買い上げ事業を悪用し
た偽装問題で、事業を実施した農水省の特殊法人「農畜産業振興事業団」(東京都港区)が、
偽装の一部について報告を受けながら、事態を放置していたことが8日、わかった。同省は、
同事業団や業界団体の対応が不十分だったとして行政処分する方向で検討を始めた。
 また、同省は、同社の監査役と営業部長の2人が偽装を指示したと断定、近く詐欺容疑など
で福岡県警に告発する方針。
 同省によると、同社は2月下旬、業界団体の福岡県食肉事業協同組合連合会(県肉連)を通
じ、全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)に「申請した122トンの一部の約40トンに牛
スジが混入していた」と報告。同事業団は直後に全肉連から報告を受けたが、意図的な偽装と
は受け取らず、具体的な調査や農水省への連絡をしなかった。偽装が発覚したのは、同事業団
に先月末に届けられた匿名の投書がきっかけだった。
 一方、監査役ら2人は昨年11月に、偽装を指示。偽装した122トンは米国産で、2人は
1月のサンプリング検査の際、本物の国産牛肉約6トンを用意させ、122トンと同じグルー
プに分けて箱詰めし、どのグループ番号(ロット番号)が抽出されても、対応する番号をふっ
た本物の牛肉の箱を倉庫から出す隠ぺい工作をしていた。  (7月8日21:56)

160 :朝まで名無しさん:02/07/09 00:30 ID:Mow9brcl
■日本食品問題 全肉連など調査 (NHK)
http://www.nhk.or.jp/news/2002/07/08/grri84000000ddus.html

農林水産省は日本食品が牛肉を偽装して補助金を不正に受け取っていた問題で、
農畜産業振興事業団と全国食肉事業協同組合連合会が買い上げ対象外の肉が
混入していることを知りながら報告していなかったとして、調査を始めました。

VIDEO http://www.nhk.or.jp/news/2002/07/08/000142.html

161 :朝まで名無しさん:02/07/09 00:39 ID:Mow9brcl
■事業団と全肉連、牛肉買い上げの「不正」知りつつ放置(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0708/042.html

 「日本食品」(福岡市)の偽装牛肉問題で、農畜産業振興事業団と全国食肉事業協同組合連
合会(全肉連)の幹部は、同社が国の助成金の返還を申し出たことを知りながら、4カ月も国
に報告せず、放置していたことが8日、農水省の調べで明らかになった。農水省は「国に連絡
しなかったことは問題」として、両団体にさらに詳しい説明を求め、内容によっては改善命令
などを出すことも検討している。
 農水省の発表によると、全肉連には2月下旬、福岡県食肉事業協同組合連合会(福岡県肉連)
の事務長から報告があった。日本食品は牛海綿状脳症(BSE)対策事業で、122.6トン
を買い上げてもらっていたが、事業の対象にならない「スジ」(アキレス)が39.7トン分
「混入していた」とし、代金の全額を返還するとの内容だった。
 全肉連の専務理事は会長、副会長には報告せず、事業団に連絡した。しかし、事業団幹部2
人は、全肉連に「再度よく調査するように」と指示しただけだったという。
 さらに全肉連は3月8日、買い上げ肉の自主点検の結果として、福岡県肉連について「異常
なし」と国に報告していた。
 匿名の投書をきっかけに不正が明るみに出たのは6月末で、農水省の調べに専務理事や事業
団幹部は「大規模な偽装があったとは思わなかった」と釈明したという。
 農水省の渡辺好明事務次官はこの日の記者会見で、「国や(全肉連の)会長に報告しなかっ
たのは問題である」と厳しく批判した。
 農畜産業振興事業団は農水省外郭の特殊法人。BSE対策事業にあたり、日本食品の偽装工
作を見破れなかった1月の検査も担当した。
 全肉連は、会員の47都道府県肉連のもとに小売店を中心に約1万1千もの食肉業者が加盟
する。今回の買い上げ事業予算の3分の1にあたる95億円の受け皿となり、すでに76億円
を受け取っている。
 全肉連の伊藤弖(ひろし)・専務理事は「今になってみると、対応が不十分だったと言わざ
るを得ない。判断が甘かった」と話している。 (23:09)

162 :朝まで名無しさん:02/07/09 08:21 ID:Mow9brcl
■日本食品:検査逃れ牛肉準備 業務妨害容疑で告発へ 農水省
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20020709k0000m040178000c.html

 日本食品(本社・福岡市)の補助金不正受給問題で、同社監査役と畜産営業部長が、農水省
の検査をくぐり抜けるため、国産牛肉6トンを用意し、補助対象外のアキレスけん(すじ)と
同じロット(出荷単位)番号のラベルを張りつける偽装工作をしていたことが、同省の調査で
分かった。同省は2人を福岡県警に詐欺容疑で告発する方針だが、偽装工作が農水省側に対す
る偽計業務妨害容疑に当たる可能性があるとして、同容疑も加える方向で県警と協議している。
 検査は今年1月17日、同省の外郭団体「農畜産業振興事業団」の職員2人が、福岡県古賀
市内の倉庫で行った。同社は米国産アキレスけん122トンを牛肉として買い上げ申請したこ
とがばれないよう、昨年11月末に国産牛肉6トンを同じ倉庫の手前に用意。アキレスけんと
同じロット番号のラベルを箱に張り、この箱を検査員に見せて検査の目をごまかした。一連の
偽装工作は同社監査役と畜産営業部長が相談のうえ、部下に指示していた。
 同事業団は検査前の11月9日、どのロット番号の箱を抽出検査するか事前に連絡していた
ため、偽装の準備は容易に行われ、検査員は偽装を見破れなかった。また検査のため抽出した
32箱のうち、検査員が開封したのはわずか2箱だけで、他は箱の外見のチェックなどにとど
めていた。同省は「当時の検査マニュアル通りだが、(検査基準が)甘かったと思う」(本川
一善食肉鶏卵課長)と話している。

【BSE取材班】[毎日新聞7月9日] ( 2002-07-09-03:01 )

163 :朝まで名無しさん:02/07/09 08:22 ID:Mow9brcl
■振興事業団も報告せず 業界ぐるみで隠ぺい明らかに 日本食品牛肉偽装(西日本新聞)
http://www.nishinippon.co.jp/media/news/news-today/today.html#007

 日本食品(福岡市)による牛肉偽装問題で、国産牛肉買い取り制度の実施主体である「農畜
産業振興事業団」(山本徹理事長)が、全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)から、同社申
請分に対象外の肉が含まれているとの相談を受けながら、農水省へ報告していなかったことが
八日、分かった。また全肉連が、国の指導で行った全国検査の結果報告で、同社分を含む福岡
県肉連の申請分を「異常なし」と同省に虚偽報告していたことも発覚。業界ぐるみで不正を隠
ぺいしていた実態が明らかになった。
 事態を重視した同省は農畜産業振興事業団法と中小企業等協同組合法に基づく業務の改善指
導も視野に入れている。
 同省によると、全肉連から事業団に相談があったのは今年二月下旬から三月初旬ごろ。全肉
連は「国産牛に(対象外の)アキレス三九・七トンが混入していた。代金を全額返納する」と
いう同社の上申書を、福岡県肉連を通じて受け、事業団の担当課長ら二人に口頭で連絡した。
 課長らは、再度調査するよう全肉連側に指示したが、上司や農水省には報告せず、その後の
事実確認もしなかった。同省の調べに対し、担当課長らは「大がかりな偽装があるとは思わな
かった」などと釈明した。
 同省の渡辺好明事務次官は会見で「『一部混入』(という情報)とはいえ、国などに報告が
なかったことは問題だ」と、厳しく対処する考えを示した。同事業団は「事実関係を確認中で
現時点ではコメントできない」としている。

164 :朝まで名無しさん:02/07/09 09:24 ID:Mow9brcl
■適正牛肉用意し隠ぺい 抽出検査で日本食品(中国新聞)
http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/20020708KIIASA43210.html

 日本食品(福岡市)が輸入した牛のアキレスけんを国産牛肉と偽り、国のBSE(牛海綿状
脳症、狂牛病)関連の買い取り補助金を不正受給していた問題で、農水省は8日、同省外郭団
体の農畜産業振興事業団の抽出検査を無事通過するため、事前に適正な国産牛肉6トンを用意
するなど大掛かりな隠ぺい工作をしていたと発表した。
 同社は既に隠ぺいの事実を認めているが、農水省の調査により、偽装を覆い隠す周到な手口
の全容が判明した。
 農水省の渡辺好明事務次官は同日の定例会見で「極めて計画的で悪質だ」と批判。偽装事件
を主導したとみられる同社の監査役と営業部長を詐欺容疑などで刑事告発する方針を示した。

165 :age:02/07/09 10:41 ID:jTuXBh/J
age

166 :朝まで名無しさん:02/07/09 11:02 ID:Mow9brcl
武部農林水産大臣記者会見要旨
( 平成14年7月5日(金) 9:29〜9:54 於:農政クラブ )
http://www.kanbou.maff.go.jp/kouhou/020705daijin.htm

〇OIEダクマー・ハイム博士の見解について

Q: ハイム博士はですね、全頭検査には根拠がありませんよ、ということでありましてです
ね、日本の場合確か24ヶ月未満で牛をと殺する頭数というのは、全体では非常に少ないと思
うのですが、これはどうお考えられているのか。今後、全頭検査の見直しとか、そういうふう
なことまで検討を進めれるのですか。
 
A: 私どもの全頭検査は、2つの目的がありまして、当時のことを皆様方も思い起こしてい
ただければお分かりのとおりですね、消費者のBSEに対する恐怖感、不安というもの、或い
は行政当局が執ってきた対応というものに対しての疑念というものを考えた時に私どもは、そ
ういった不安に対して、念には念を入れた対策が必要だということで全頭検査を行ったわけで
ございます。もう1つは、やはり1日も早く日本を清浄国にしたいと、そのためには、サーベ
イランスの徹底によってですね、データをしっかり蓄積していかなくてはならないというのは
、全頭検査ということは、一種のサーベイランスでありまして、ハイム博士がいみじくも24
ヶ月齢以下については、その確立は低いんだと、私どもも知っております30ヶ月齢以上で 
99.95%だと、こういうふうに英国からの報告で受けているわけでありますが、しかし、
0.05%の感染確立があるということがですね、国民の皆様方にしてみれば、やっぱり心配
なわけですから。不安材料なわけですから。私どもは徹底してやろうということと、やっぱり
サーベイランスですね。全頭やってですね、我が国独自のデータの蓄積によって、やはり24
ヶ月齢以下については、そういう発症例というものはないのだということを、我が国自体が確
保するということも必要なわけであります。将来的に、今現時点で全頭検査を改めるというこ
とは、全く考えておりません。しかし、やはり将来的にですね、色々なデータの蓄積によりま
して、疑似患畜の取り扱いも含めまして、国際機関OIE等とも色々連絡を取りながら、今後
検討する余地があるのではないかとこう思っておりますが、いずれにいたしましても、今度食
品安全委員会というのが出来ますから、科学的専門的にはそちらの方でリスク分析を通じたリ
スク評価というのがなされるわけでございます。従いまして、当面死亡牛についての全頭検査
を急ぐということや、農場段階のサーベイランスを更に拡大するというようなことを一層して
いきたいと思っています。今は全く、今我々が執っているやり方を変える考えはありません。
このことは、ハイム博士にもお話しました。「科学者から見れば全く心配ない話であるけれど
も、政治的な意味があるということですね。」ということをハイム博士もおっしゃっていまし
たけれども。

167 :朝まで名無しさん:02/07/09 11:08 ID:Mow9brcl
■ダミー肉で偽装隠ぺい 日本食品(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20020709/mng_____sya_____003.shtml

 日本食品(福岡市)が輸入牛のアキレスけん百二十二トンを国産牛と偽り、国のBSE(牛
海綿状脳症、狂牛病)対策の国産牛買い取り事業の補助金を不正受給していた問題で、農水省
は八日、日本食品が偽装を隠ぺいするため、同じ倉庫内に別に保管していた国産牛肉六トンを
一月の検査で提示し、発覚を逃れていたことが分かったと発表した。農水省は、偽装を指示し
た同社の監査役と営業部長らを詐欺容疑で刑事告発する方向で、福岡県警と調整を進めている。
 農水省は福岡県に職員を派遣し、日本食品や倉庫会社の職員らから聞き取り調査を実施。調
査結果によると、同省が買い取り認定のため一月に行った抽出検査では、同省が事前に指定し
た保管番号の牛肉計三十二箱を対象に検査した。
 その際、保管番号に実際はアキレスけんが入った箱も含まれていたため、日本食品はあらか
じめ用意した同じ保管番号を張った国産牛肉入りの箱を検査担当者に提示して偽装を隠した。
 同社は昨年十一月ごろから隠ぺい工作を計画。アキレスけんを保管したのと同じ倉庫内に別
途スペースを借りて、偽装用の国産牛肉を保管しておくという周到さだった。
 今回の調査で、農水省は日本食品がアキレスけんとは別に買い取り申請していた約十トンの
食肉についても調べた。この結果、計八百四十八箱のうち五百三十一箱は適正だったが、三百
十五箱は表示が不明瞭だったため、引き続き書類を調べる方針。

168 :朝まで名無しさん:02/07/09 14:21 ID:Mow9brcl
■食肉2社を吸収、再編 三菱商事系のリョウチク
http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/20020709KIIAEA22910.html

 三菱商事が出資する飼料・食肉大手、日本農産工業(横浜市)は9日、子会社のノーサン
フーズ(東京)とノーサン食品(大阪府茨木市)の事業を同じく三菱商事系のリョウチク
(東京)に9月1日付で譲渡すると発表した。
 ノーサンフーズとノーサン食品は解散し、リョウチクに統合、職員はリョウチクに転籍する。
日本農産工業は役員をリョウチクに派遣する予定。
 解散する2社は国内生産分の豚肉や鶏肉販売に強い。輸入肉にも強いリョウチクとの統合で
三菱商事グループとして食肉事業を強化する。


169 :(1):02/07/09 14:28 ID:Mow9brcl
渡辺農林水産事務次官記者会見要旨
( 平成14年7月8日(月) 14:00〜14:19 於:農政クラブ )
http://www.kanbou.maff.go.jp/kouhou/020708jimujikan.htm

○日本食品(株)の牛肉偽装事件の調査結果について

Q: 例の日本食品の今回の調査の状況についてお願いします。
 
A: 何が分かったかということをざらっと申し上げるのが良いと思います。分かったことは
、大きくは3つあるのです。先週現地へ職員を派遣をいたしまして、全肉連経由の123t、
これについて調査をいたしました。そこで3つのことが大体分かったということです。
 1つは、123t全て、これは米国産のアキレスであるということが確認をされました。
従って、全量を開封する必要がないというふうに思っております。つまり帳簿その他で122.6
トンの荷があった、これは全て米国産のアキレスであったと、これが3つのうちの1つです。
それから2つ目は、1月17日に事業団が検品をしておりますが、その時にはどのロットが指
定をされても対応可能なように、予め正規の牛正肉で構成をされたダミーが11ロット準備を
されていたということが分かりました。この点は極めて悪質かつ計画的な偽装だと思います。
それから3番目は、この偽装工作を誰がやったかということでありますが、私達が任意の事情
聴取をした限りでは、2人の役員(監査役と営業部長)の指図であるということが現地への派
遣職員から分かったことでございます。
 それからそれ以外に、ハム・ソーセージ工業協同組合経由で申請がありました9.9tのもの
がございましたけれども、これは先程のアキレスのようにですね、明らかに偽装と思われるよ
うなものはございませんでした。そういう状況でございますので、私どもとしては、当面、全
肉連経由の123tこれを対象として、しかも先程申し上げた2人の幹部これを対象に早急に
刑事告発を行うべく、県警と具体的な詰めを行っているというのが現状でございます。
 
 
Q: 今の関連ですけれども、全肉連がですね、どこまで認知をしていたのか、途中に報告を
受けたということも言われていますけれども、その辺りについては、今までの調べで如何なの
でしょうか。
 
A: そこも事情聴取をして参りました。つまり今回の偽装が何処まで報告されたいたんだと
いうことでございますけれども、まず、県肉連でありますけれども、県肉連の事務長から事情
聴取いたしましたところ、2月の下旬に、ここからがちょっと厳密な言い方をしなければいけ
ないのですが、福岡県肉連から全肉連に対し、122.6tの一部に39.7tのアキレスが混入され
ていると、それから買い上げ代金は、一部混入があったので全額返納する予定であるというこ
とを報告をしたということでありました。そういうふうに事情を聞き取っております。全肉連
の事務局は、今のような報告がありました。つまり122.6tの一部に39.7tのアキレスが混入
しているということでありましたので、大規模な偽装とは思わずに、単に、一部混入というふ
うに受け取りまして、事業団に対しては事務的な相談、これは口頭というふうに承知しており
ますが、事務的な相談をしましたが、会長、副会長や国には報告をしなかったとふうに聞いて
おります。
 それから、全肉連から今度は事業団でありますけれども、事業団は先程も申し上げましたよ
うに事業団職員に全肉連の事務方から相談がございまして、やはり、今申し上げたような事情
でありましたので、偽装があるとは受けとらずに再度良く調査をするようにという助言をした
ということであります。
 いずれにいたしましても、一部混入とは言え、その当時そういう事情を承知したわけであり
ますので、これが国や会長などに報告されなかったということは、問題があるというふうに思
っております。従いまして、この問題に対しては、それぞれ法律根拠を持った報告の徴収なり、
是正の問題について今後手続きを進めたいと思っております。


170 :(2):02/07/09 14:28 ID:Mow9brcl
Q: 日本ハムソーセージの混成10tの肉なんですけども、明らかに偽装と分かるものがな
っかったと、奥歯にものが挟まった言い方なんですけど、もうちょっと具体的にどういうのが
判って、どうだったのか、教えて頂けますでしょうか。
 
A: まず内容物についてですが、848箱ございまして、内容物は全て牛肉です。そのうち
適正なものは531箱ございました。848のうち、531箱が適正。
 それから315箱は追加的な確認資料を徴求して確認をしております。それから最後に2箱
ありましたけれども、この2箱は実は今回の助成対象にならないものですが、これは外箱表示
も中の表示も全て豪州産というふうになっておりまして、これは正に紛れて入ったというふう
に私ども受け取っております。明らかに外にも中にも豪州産と書いてありますので、偽装して
ということではなくて、そういうふうなことに受け止めておりますので、122.6tのアキレス
偽装というものとは、明らかに質が違うというふうに受け止めております。

Q: 豪州産については、向こうの従業員の方は、気が付かずに入れてしまいましたみたいな
そういう弁明をしているのですか。
 
A: そこまでは聞いておりません。あとでまたこれから聞いておきますので。

Q: それから315箱、これは追加徴求が必要だというのはどういうことでしょうか。
 
A: これは結局、表示がないとか、はっきりしてないというふうな、要するに業務用のもの
だとすると、正しい肉であってもですね、表示をしないまま冷凍、冷蔵に回すこともあるわけ
です、ですからそれは帳簿を当たればはっきりするわけです。何処どこの冷蔵庫に、何処どこ
向けのものが、日本産のものは何t、それがきちっと突合できれば良いわけです。

Q: 段ボールそのものはこの315箱、これは国産というようなそういう段ボールに入って
るんですか。

(食肉鶏卵課長)
A: それは確認できないです。
 
(食肉鶏卵課長)
A: 加工日、加工の書類だとかですね、そいうものを確認をすれば通常は明らかになると
思ってます。


171 :(3):02/07/09 14:28 ID:Mow9brcl
Q: 刑事告発の対象にですね、社長を加えないのでしょうか。
 
A: これは、2つありましてね。一つは社長がどういう状況で、どういう報告を受け、どう
いう行動を取ったかということが、確認をされて、刑事告発の対象に当たるのかどうかという
ことだろうと思います。ご自分では後で、知らないうちに行われていて報告を受けて、そして
事業から降りるというふうな話であればまたそこはそれで、告発という対象に加える必要があ
るのかどうかという問題があります。
 それからもう一つは、今回のその罪状を何にするかということとも関係します。これはいず
れにしても刑事告発ということをすれば県警が直ぐに捜査をするわけなんで、県警と突き合わ
せと良いますか、相談が必要だと思います。

Q: 現時点では社長を告発の対象にするお考えはないということですか。
 
A: まだ全体として、二人ははっきりしているけれどもというふうに私申し上げたのは、そ
の監査役と営業部長でしたか、だけはっきりしているけれども、全体としての刑事告発をどう
いう材料で、誰を対象にやるかというのはまだ県警当局とも、相談しなければならない、そう
いう状況でございます。

Q: 全畜連は、先程法律的根拠に基づいて手続きするということでしょうか。具体的には何
法になるのでしょうか。
 
A: 事業団であれば、事業団法です。事業団法で、そういういろんなことを仕入れたら、き
ちんと上に報告するというのは当然でしょうし、それか県肉連、全肉連であれば、中小企業等
協同組合法があるわけですので。ですから、ただ単に注意とか、実行上の改善とかいうことで
はなくて、法律を根拠とした報告の聴取なり、改善の措置要求なりということになると思いま
す。組織としてさちんと対応してもらいたい、という気持ちです。

Q: 事業団の方にも職員の方には話がいってたわけだから、当然事業団から国の方に報告が
あってしかるべきだったということですか。

A: という感じを持っております。

Q: 事業団の報告を受けたというのは、どんなレベルの職員の方なのですか。

(食肉鶏卵課長)
A: 役員ではありません。一般職員の幹部職員です。

Q: 事業団に報告があったのは何時ですか。

(食肉鶏卵課長)
A: 日程的なことは、全肉連、事業団から確認出来ておりません。

Q: 同じ様な時期にという認識で宜しいのでしょうか。2月下旬から3月の初旬。2月の
下旬ですか。

(食肉鶏卵課長)
A: その位の幅でしか今は出てきません。


172 :(3):02/07/09 15:31 ID:Mow9brcl
渡辺農林水産事務次官記者会見要旨
( 平成14年7月8日(月) 14:00〜14:19 於:農政クラブ )
http://www.kanbou.maff.go.jp/kouhou/020708jimujikan.htm

○96年3・4月生まれの牛の集中検査について

Q: 一部の報道で、96年3・4月生まれの牛の集中検査について、一定の対策をお考えな
のか、その際、今回ハイム博士は、「死亡牛検査もやる前から24ヶ月齢以前の牛の検査をし
ても効果がないのではないか」とおっしゃってましたが、そのようなご助言に対する見解も含
めてお聞かせ下さい。

A: 二つあるんですけれども、一つは死亡牛検査の話なり全頭検査の話で、ダクマー・ハイ
ム先生が、我々が日本の中で実際にBSEの発症があって、国民と、この相向かっているとい
うふうな状況の中でのことを、必ずしもそういった心情の面を理解するというよりは、科学者
としての立場から冷静に物事を見られていたという側面があると思うんです。
 ですからそういう点で言いますと、例えば同居牛、疑似患畜の問題にしても、我々はOIE
の基準で準拠してやってるわけですが、先生のお住まいになっておられるスイスでは、独自な
解釈でやってるというのは、国情による差があると思います。やはり、まだ感染メカニズムを
含めて科学的に判明していない点も多いわけですので、これから先、死亡牛のBSE検査とサ
ーベイランスが進みますので、データの集積や、それからOIEのあるいはEUの今後の動向
等々、参考にしながらやる話で、直ぐに、先生がおっしゃったからそれをどうこうという問題
ではないかというふうに思ってます。
 それからやはりBSEの検査を促す為の支援と言いましょうか、そういったものはこれから
考えていかなきゃいけないと思います。特に、3月・4月の牛について、集中的にやるという
方向は出しているわけですが、それはどうしてもやはり酪農家の方々のご理解を得ながらやら
なきゃならないわけですから、そうなればやはりある意味で、ご理解と協力を一層推し進める
ような支援措置についても、検査のための出荷を促すような措置について、検討しなけらばな
らないというふうに思っております。ただ、今朝の日農だったと思うんですが、4万円という
ふうなことが決定したというのは、まだ事実ではないので、あれこれ含めながら、確かデータ
ベースの打ち込み状況も前回の6月26日での状況は75%と申し上げましたが、今83%か
それくらいの状況ですので、今暫くの時間は対策を考えるのにあると思います。

173 :(3):02/07/09 16:16 ID:Mow9brcl
平成14年7月9日 農林水産省

■武部農林水産大臣とラミー欧州委員会貿易担当委員との会談について
http://www.maff.go.jp/www/press/cont/20020709press_2.html

 下記のとおり、武部農林水産大臣とラミー欧州委員会貿易担当委員が会談を行いますので
お知らせします。 
                    記
        日時:平成14年7月9日(火)17:30〜18:00
        場所:農林水産大臣室
 なお、上記会談に関しては、冒頭カメラ取りが可能ですので、併せてお知らせします。

 問い合わせ先:総合食料局国際部国際企画課 武元
  電話:03−3502−8111(内線:3266)
 (夜間直通)03−3591−0751

174 :(3):02/07/10 01:01 ID:a7jAV9G2
<マクドナルド>ハンバーガー59円 チーズバーガー79円に 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020710-00000064-mai-bus_all

 日本マクドナルドは9日、8月5日からハンバーガーを1個80円から59円に値下げする
と発表した。今年2月、丸2年続けた「バーガー平日半額65円」(土日曜は130円)をや
め、一律80円に上げたばかり。それ以降客足が落ち、5月の既存店売上高は前年同月比
19.9%減と過去最大の落ち込みになっていた。
 同社は「顧客から価格面で根強い期待の声があった」と説明し、値上げが失敗だったことを
認めている。「バーガー59円」は客を集める目玉商品と位置付け、固定化せず、3カ月ごと
に見直すという。
 00年2月に始めた平日65円バーガーは、牛丼の値下げ競争のきっかけにもなるなど、同
社は「デフレ時代の勝ち組」と、もてはやされた時期もあった。藤田田会長は社内会議で、「
デフレは終わりつつあり、怖いのはインフレだと言っていたが、デフレ状況は依然として続い
ている」と話しているという。
 バーガー59円は71年の創業時の80円も下回る最安値だが、赤字にはならないという。
チーズバーガーも現行の120円から79円に値下げする。
 同社はBSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)問題の影響を受け、昨年10、11月と既
存店売上高が前年同月比約17%落ち込んだ。その後、BSEの影響は徐々に薄れたが、今年
2月のバーガー値上げ以降、再び2ケタのマイナスが続いていた。 【岩崎誠】(毎日新聞)

175 :(3):02/07/10 01:07 ID:a7jAV9G2
■牛肉の輸入関税逃れ1億8000万円、卸会社の会長を逮捕 (日経新聞)
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20020709COCI076909.html

 兵庫県警生活経済課と神戸税関は9日、冷凍牛肉の輸入額を偽って関税など535万円の納入を
逃れたとして、広島県呉市山手2、食肉卸の平成フーズ会長、田尻正司容疑者(54)を関税法
違反(脱税)などの疑いで逮捕した。同容疑者は今年2月までに1億8000万円の納税を免れた
疑いがあり、同課で裏付けを急いでいる。
 調べによると、田尻容疑者はニュージーランドの食肉輸出業者と共謀。2000年9月から12月
にかけて、同国と豪州産の冷凍牛肉計83トン(約2000万円相当)を四回に分けて輸入した際、
購入額を約840万円と長崎税関に過少申告。関税など535万円の納入を逃れた疑い。
 同容疑者は正規の支払書とは別に、実際より安い肉を購入したように見せかけた書類を輸入
業者に作らせ、偽の書類を使って不正申告していた。今年2月までに同じ手口を約100回繰り
返したとみられる。
 同容疑者は調べに対し、虚偽の書類を作らせたことを認めているという。

176 :朝まで名無しさん:02/07/10 06:40 ID:U34Dc5lO
食の安全とリスク管理
http://plaza13.mbn.or.jp/~yasui_it/FoodSaftyRisk.htm


177 :朝まで名無しさん:02/07/10 06:45 ID:U34Dc5lO
日本のBSE牛発生数の推定
http://www.eco-online.org/support/BSE/report020115/page5.shtml

178 :朝まで名無しさん:02/07/10 06:47 ID:U34Dc5lO
牛肉には感染性がない (微量では感染しない)
http://vetweb.agri.kagoshima-u.ac.jp/vetpub/Dr_Okamoto/Forum/UKExp.htm


179 :クリックしない人へ:02/07/10 13:28 ID:MfoKbCOm
>>177

イギリスでは
VCJD発症者予想は
500人から1300人らしいです。
ふーん。

180 :(3):02/07/10 15:50 ID:mm7DLsmB
■ 農畜事業団に報告要求 農相、改善命令も示唆(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/topnews/topnews01020710.html

 武部勤農相は九日の閣議後会見で、日本食品(福岡市)が牛海綿状脳症(BSE)対策の牛
肉買い上げ事業を悪用し、食肉を偽装した問題に関連し、事業を実施した農畜産業振興事業団
が不正の事実を知りながら国に報告していなかったことについて、「事業団法に基づき報告し
なかった理由や総点検の報告を求める。(必要に応じ)改善命令を出したい」と述べ、厳正に
対処する考えを示した。
 農水省によると、同事業団は二月下旬、全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)から買い入れ
対象外の肉の混入を知らされたが、さらに詳しい調査を命じただけで、国には報告はしなかった、
という。

181 : :02/07/10 16:28 ID:BROsaKOy
■4割が表示なし/JAS法で食肉店を調査/茨城県 (日本農業新聞)

 【茨城・常陸】県は九日までに、新たに食肉販売専門店百二店舗を対象に行ったJAS法に
基づく表示実態調査結果を発表した。それによると、約四割の店舗が「原産地」などの表示を
全くしていないことが分かった。表示率80%未満の店舗は文書指導のうえで再調査を行うこ
とにした。
 調査は五月下旬に実施。それによると、完全な適正表示は十五店舗で、表示がなかったのは
四十一店舗、不適正表示は九店舗だった。県は「小規模店舗や消費人口の少ない地域の販売店
でJAS法に対する認識が薄く、表示率が低かった」と分析している。
 同時に、三月の調査で不適正表示のあった食肉販売店・食肉処理業者六十店舗を再調査した
ところ、八割は改善されたものの七店舗で不適正表示があった。ひたちなか市の業者が別銘柄
の豚肉を県指定銘柄「ローズポーク」と偽装表示し、県はJAS法に基づく「指示」を行うこ
とにした。
 今後、今月は水産物販売専門店(二百店舗)を、九月が米穀販売店(二百店舗)、十一月に
青果物専門店(二百五十店舗)、来年一月に量販店や総合食料店(二百店舗)を調査する。
さらに、約三百店舗を再調査し、情報提供や国から調査依頼などがあった約二百店舗も
再調査する。

182 :(1):02/07/10 16:39 ID:BROsaKOy
■武部農林水産大臣記者会見要旨 ( 平成14年7月9日(火) 9:55〜10:31 於:農政クラブ )
http://www.kanbou.maff.go.jp/kouhou/020709daijin.htm

〇日本食品の偽装事件について

Q: 日本食品の話なんですけれども、全肉連と事業団の方にもこうした事実が放置というこ
となんですが、それは農水省に上がってないということを昨日発表して頂いたんですけれども、
これについての御見解を教えて下さい。

A: これはいろんな報告を聞きましたが、私は誠に遺憾に堪えないことだと思っております。
報告が上がってない、だから知らなかったということで済まされない話だと、このように思っ
てます。
 私ども農林水産省も初期段階で大変な混乱があったということは、下から情報が上がって来
ないということが大きい問題だったんです。そのことが、ずーと国会でも問われ国民からも批
判の的となって来てるわけです。ですから私はそういった反省点に立って全箱検品というもの
を、それは皆さん方も御承知のように、いろんな経緯があっても実行させたわけです。
 全箱検品をするということの時点で、農畜産事業団、当事者である全肉連その他も勿論業界
もどういうことを意味するかということが連動していかなければならないはずなんです。です
からこのことについては、刑事告発は準備中でありまして、私は可及的速やかに対応するよう
に強く指示しておりますが、同時に、今度の問題に関連して厳正な調査をするよう指示したん
です。

Q: 関連で日本食品に対する告発はいつ頃されるのですか。              

A: 私どもはすぐする段取りになっているんですけども県警に相談しながらやっているわけ
なんでして、県警との詰めがあるのだろうと思います。私は、ともかく早くするようにといっ
ているわけでございまして、最初からですね。県警との詰めでやはりきちっとした裏付けとい
うものをして、告発をしてそれに着手すると言うことになればですね、前回の雪印食品の場合
もそうでしたけれども、告発側もかなりのデータというものがなければならないんだそうであ
りまして、そのことについて必要な事はきちんとやらなくてはならない。それについて県警の
指導を頂いてからが大詰めの段階だろうとこのように思います。             

Q: 普通に考えますと罪名は詐欺になるかと思いますが、農林水産省が1月にやった検査を
偽ったことについて偽計業務妨害と言う罪も考えなくてはならないと思うのですがその点は如
何でしょうか。                                   

A: そのことも含めてですね。かなり単純ではないわけですね。そういったことが遅くなっ
ている理由なのだなと、私は思っているわけです。どこをどのようにして刑事告発するかとい
うことについて詰めなくてはならないだろうと思いますね。また、私どもは全肉連、事業団に
対してこのような事態が生じた理由の解明、報告、連絡、相談体制の総点検等についても法律
に基づいて組織としての報告を求める事にしております。その報告等を踏まえまして再発防止
等について必要な場合には法律に基づき改善措置命令等を命ずることにしたいと考えておりま
すし、また調査の段階でどんな事が出てくるやもしれませんので、どういうことにも対応する
と、いずれにしても厳正にやるように指示しています。

183 :(2):02/07/10 16:39 ID:BROsaKOy
Q: 1月の検査の段階で農林水産省がどの箱を検査をするとか、事前にもう分かっていたと
いうことなのですがこの点についてはいかがですか。どの箱を1月17日に検査するかという
ことが、ロットの番号が2週間程前に知らされていたと言うことなのですがこれについては。
                                   
A: 今にしてみれば本当の抜き打ち検査を徹底してやるという事が当然なんだろうと思いま
すけども、当時としてはですね、まずこの事業を性善説に立ってやっていたことはお話したと
おりですし、それぞれ協力して頂いた上でよりスピーディーにやらなくてはならないと言うこ
とはありました。そういう意味でそのような指示をしたんだろうと思います。これは悪意とか
作為的にそうしたのだろうとは思いませんが、私がその報告を受けて、けっして問題が残らな
いように徹底的に検品体制をとるべきだと、そう指示したというのは雪印の事件が発覚して、
性善説という考え方ではやれないと、残念なことだけれども他にも同じような事があり得るの
ではないかと、それから今までのような善意で協力して頂くというやり方ではなくて、強制的
というか農林水産省が主体的にですね、徹底した検査体制をとるという姿勢に徹してやりなさ
いと、こういうふうに指示をして今の体制になっているわけです。そんな事は予測していませ
んでしたけどね。予測していたわけではないけれども、疑いたくはないけども、雪印食品のよ
うなな事が他にもあるのではないかと、そういう前提で検査体制を改めなさいと、姿勢も改め
なさいと、対応も改めなさいということでやっているわけでありますので、御理解を頂きたい
と思います。  

Q: 先程にちょっと触れたんですが、県肉連が全肉連に通じて3月8日に自主点検の報告を
くみ上げてきまして、その時点でもう異常がないとなったんですが、その時はもう報告を受け
ていたわけですよね。その全肉連に対して具体的にどういう指導をされていくのか、処分は考
えれているかというところをお聞きしたいのですが。                  

A: それはやってみなくては分かりません。法的な手続に従ってきちっとやるようにという
ことを指示していますから、その結果を見なければ、今は何とも申し上げる訳には参りません
が、なおかつ刑事告発する予定でありますので、捜査当局が入りますとまたいろいろな制約が
出てくるでしょうから、今のうちに徹底的に可能な限りの調査をするようにと、その上で判断
したいと思います。まあいずれにしましても厳正に対処させます。


184 : :02/07/10 16:47 ID:BROsaKOy
武部農林水産大臣記者会見要旨
( 平成14年7月9日(火) 9:55〜10:31 於:農政クラブ )
http://www.kanbou.maff.go.jp/kouhou/020709daijin.htm

〇小泉首相、BSE調査検討委員との会食について

Q: 昨日、小泉総理とBSEの調査検討委員との会食を夜にされていたと思いますが、
どのようなお話がありましたか。
         .
A: 2時間近く、私どもは2時間以上でしたし、総理も1時間半に及ぶ懇談でしたから、
一人一人の感想を、自己紹介を兼ねて、一人一人の感想と言いますか、委員を務めたこと
についての感想を一人一人で5分くらいかけましたから、それだけでも小1時間近くかかった
と思います。その中で、食品安全委員会が設けられるということについて、報告書に従って
直ちに動いたと言いますか、そのことについては、委員の皆様方が異口同音に高い評価を
しておりました。「こんなに早く形に現れるというふうには思っていなかった」ということで、
小泉総理のリーダー・シップを評価する話がありましたし、法律も作ること等についても評価が
ありましたように、食品安全委員会のあり方については色々な意見が出されまして、それは
私がここでいちいち申し上げるわけにはいきませんが、そういうことですとか、総理からは、
食の重要性について持論を述べられたようでございます。「全ての元は食だ。教育も食から
始まる」と、そういうお話をされておりましたし、「人間の健康の元は食だ」と、よく総理は
「健康の元は食事と運動と休養」と言われるのです。そういう持論を述べられて、非常に和や
かな雰囲気だったと思っております。ただ、初めてそのとき申し上げたのには、委員の方が
びっくりしていました。総理から、確か2月の初めですね、私の不信任案が上程された頃に、
「食の問題に、食に係わる行政組織というものは新たに作らなければならない」という話が
あったということを、私は披露致しまして、委員の方々はみんな「そうだったのか」という
驚きといいますか、なんと言うのでしょうか。総理にゴマをするわけではありませんが、総理が
食の安全の問題について、非常に強い関心を持っているということで、委員の人たちから、
評価されていたとこのように思います。あと、それぞれ海外の生活での体験だとか、そんな
ことを話をしておりましたし、ハイム博士のセミナーには、委員の方々も何人か参加してい
ました。全頭検査のことについても、ハイム博士は、20ヶ月以下齢は意味がないと、私が
「24ヶ月齢以下」と申しましたら、「20ヶ月と言っていませんでしたか」というような
話が出たりしまして、しかし、「あれはあれでよかったと思う。全頭検査体制を我が国が取った
のは良かったのではないか。」というのが、大体の皆様方の評価だったとおもいます。それから、
自分たちも全く公開の下で、マスコミの皆様方も入ってカメラを入れて、行ったということで、
相当プレッシャーがあったと。つまり国民を背にして、この会議を国民がみんなが見ていると
いうような、そういう感じで大変だったそうです。「精神的にプレッシャーといいますか、
そういうようなものを感じたと。それだけに、ちゃんとやりとおさなければならないと、何人か
の方がそういう発言をなさっておりました。また、色々とあのときに遡るのです。私はこう
言ったと、それに対しては、誰々はどういう反論をしたとか。第3者委員会の延長戦が始まった
みたいな、そういう感じも一部ありました。関心があったのは、竹田さんという方が、お医者
さんで、食中毒、下痢の専門家、下痢専門のお医者さんが、一緒に来られまして、食事をしな
がら下痢談義がかなり出ましたね。ですが、皆さん、科学者でありますから、平気で下痢の話を
しながら、中華料理をつついていました。今日の国民フォーラムには是非。−以 上−

185 : :02/07/10 17:02 ID:BROsaKOy
■食肉偽装で蔵王フーズに損害賠償請求 グリーンコープ連合(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0710/010.html

 鶏のエサに非遺伝子組み換え証明のない食品を使ったのは契約違反だとして、グリーンコープ
連合(本部・福岡市)は10日、食肉卸会社「蔵王フーズ」(本社・東京)に約6500万円の損害賠償を
求める訴えを福岡地裁に起こした。原告側によると、雪印食品など一連の食肉偽装問題に絡んで、
小売り側がメーカーを訴えるのは初めてという。
 訴状などによると、同連合は00年11月、蔵王フーズと売買契約を結んだ。この際、銘柄品
「蔵王土鶏(とけい)」は、非遺伝子組み換えのトウモロコシをエサにすると商品仕様書に明記した。
ところが今年2月、同フーズが商品の一部で消費期限を3カ月延ばして出荷していたことが判明。
さらに、非遺伝子組み換え証明のないエサで鶏を飼育していたことがわかった。
 同連合はこの商取引が始まった00年12月〜今年2月にかけて、問題の商品を購入した組合員らに
商品代金として約6500万円を返還した。
 提訴後、福岡市博多区の本部で記者会見した同連合の大隅和子会長は「雪印食品やスターゼンなど
の食肉偽装が相次ぎ、消費者の食品業界への不信が高まっている。裁判で、こうした問題の再発防止
に向けた主張を展開したい」と話した。
 グリーンコープ連合は九州・中国地方の11生活協同組合からなる。組合員は約33万人。
01年度の事業高は約575億円。同フーズの偽装問題をめぐっては、福岡県と東京都が今年3月、
食品衛生法などに基づく立ち入り検査を実施している。
 蔵王フーズの村上幸治常務は「一方的に糾弾されるのは遺憾。争点を明らかにしたうえで、
法廷でこちらの主張を述べたい」と話している。(11:54)


186 : :02/07/10 17:07 ID:BROsaKOy
■農相 事業団などの責任追及へ (NHK)
http://www.nhk.or.jp/news/2002/07/10/k20020709000098.html

 日本食品が牛肉を偽装し補助金を不正に受けとっていた問題で、農畜産業振興事業団などが
買いあげ対象外の肉が混じっていることを報告していなかったことについて、武部農林水産
大臣は、関係者の責任を追及する考えを示しました。   07/09 14:21

187 :朝まで名無しさん:02/07/10 20:37 ID:uMn7P4Pn
食品表示の監視強化へ 県が推進本部設置−−9月に基本方針発表 /三重
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020710-00000001-mai-l24

188 :朝まで名無しさん:02/07/10 20:38 ID:uMn7P4Pn
乳用種廃用牛の滞留頭数は減少 農水省調査
http://www.nca.or.jp/shinbun/20020705/nousei020705_4.html

189 :朝まで名無しさん:02/07/10 20:39 ID:uMn7P4Pn
学校給食での「牛肉自粛」は減少
http://www.nca.or.jp/shinbun/20020628/nousei020628_5.html

190 :朝まで名無しさん:02/07/10 20:40 ID:uMn7P4Pn
焼き肉店、出店再開の動き・BSE余波薄れ客足戻る
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?i=20020709bs007bs&c=0

191 :朝まで名無しさん:02/07/10 20:42 ID:uMn7P4Pn
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/chronosc.htmより

フランス:筋肉に異常プリオン発見されず、食品安全機関(AFSSA)が発表
 米国でのマウスの筋肉に異常プリオン蓄積の発表を受けて行なわれた検査で、筋肉
には異常プリオンのいかなる痕跡も発見できなかったとAFSSAが発表。
 →AFSSA:Communique: detection du prion dans le muscle - Publication de S. Prusiner,3.27
  Test au prion: la viande de boeuf a tout bon,Liberation,3.28
  Vache folle : pas de prion dans la viande,Le Monde Interactif,3.28

EU:科学運営委員会、筋肉中のプリオンに関する声明を発表
 http://europa.eu.int/comm/food/fs/sc/ssc/out254_en.pdf
 先月の米国での研究結果発表を受けて。牛・羊の筋肉がBSEにかかわる蛋白質を保持
するという証拠はない。


192 :朝まで名無しさん:02/07/10 20:46 ID:uMn7P4Pn
牛肉には感染性がない (微量では感染しない)
http://vetweb.agri.kagoshima-u.ac.jp/vetpub/Dr_Okamoto/Forum/UKExp.htm


193 : :02/07/10 21:31 ID:a7jAV9G2
■マクドナルドの既存店売上高、6月は13.4%減
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20020710CAHI262010.html

 日本マクドナルドが10日発表した6月の既存店売上高は前年同月比13.4%減となり、
5月(19.9%減)に比べ6ポイント改善した。
 キャラクター玩具を使ったキャンペーンの展開や、スープやサラダを出す
「マックトーキョー」の導入店拡大などで客単価は5.1%増えた。既存店の客数は
17.6%減(5月は18.4%減)と依然厳しい。全店売上高は9.4%減少(16.1%減)した。

194 : :02/07/10 22:05 ID:a7jAV9G2
■田辺市 魚粉混ぜた肉骨粉 昨年分24トン焼却へ 徳島の業者から引き取り(紀伊民報)
http://www.agara.co.jp/DAILY/20020711/20020711_005.html

 魚粉に肉骨粉を混ぜた牛飼料の使用が禁止された影響で、田辺市は10日、市内で原料の魚
のざんしを収集している徳島県内の飼料メーカーから肉骨粉約24トンを引き取り、焼却する
と発表した。費用は国が負担する。市内の水産加工業者の間で、魚の廃棄物の処理方法が懸念
されていた。県内では和歌山市と御坊市が既に肉骨粉の焼却処分を行っている。
 田辺市環境部によると、水産加工の際に残った魚のアラなどは民間業者が収集、再利用して
いる。このメーカーは、市内水産加工業者ら24業者から有料で収集し、魚粉に牛や鶏の肉を
混ぜて肉骨粉飼料を製造している。
 昨年9月に国が肉骨粉の使用を禁止した後、在庫がだぶつき、市内の原料を使った分につい
て市に引き取りを求めていた。一方で、水産加工や魚市場の関係者らから「魚のごみを収集し
てもらえなくなるのでは」と懸念する声があった。
 牛の全頭検査が始まった昨年10月18日から今年3月末までに、市内で収集した魚のざん
し約70トン分の処理量に相当する、肉骨粉約24トンを引き取る。15日から約1カ月かけ、
毎日1トンずつ元町の市ごみ処理場で焼却する。キロあたり35円の処理費は国が全額負担
する。
 今後は、肉骨粉を混ぜない100%の魚粉を製造できるようになるまで、市内分を引き取る
ことになる。今年度分についてはすでに引き取りが決まっている。
 このメーカーが廃棄物を収集している紀州総合卸売組合(16社)の前田哲男組合長は「で
きれば純粋な魚粉として再利用してもらいたかったが、とりあえず処理方法が決まって安心し
ている」と話している。

195 : :02/07/10 22:07 ID:a7jAV9G2
■食品表示の監視強化へ 県が推進本部設置−−9月に基本方針発表 /三重
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020710-00000001-mai-l24

 BSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)や虚偽表示で食品に対する信頼性が揺らぐ中、県
は食品に対する安心感を取り戻そうと9日、知事、各部局長・県民局長をメンバーとする「県
食の安全・安心確保推進本部」を設置した。この日同時に、推進本部の下に農林水産商工部と
健康福祉部の県職員5人で構成するプロジェクトグループを立ち上げた。9月に基本方針を発
表し、県庁あげてこの問題に取り組む。
 日本生活協同組合連合会の今年5月の消費者意識調査によると、食品の表示について「1年
前と比べ、表示されていることが信用できなくなった」との回答が82%にのぼった。また、
買い物の際に食品表示を見る消費者が92%で、食品表示の重要性が明らかになった。
 このため県は、正直で正確な食品表示こそが消費者の信頼を得る最大の手段として、食品表
示の監視体制を強化するとともに、食品に関する情報を消費者に伝えようと努力する事業者を
技術的、財政的に支援していく方針。また消費者に対しても、食品表示の見方など、「賢い消
費者」になるための情報提供をしていくという。【荒川基従】(毎日新聞)

196 : :02/07/11 00:37 ID:n1IFo/0g
▽広島の業者から肉骨粉受け入れ 宇部興産 '02/7/11 (中国新聞)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn02071110.html

 宇部興産は十日、広島市西区の化製業者が製造保管している肉骨粉を、今月後半から、宇部
セメント工場(宇部市)で原料として受け入れる方針を明らかにした。山口県では、同社美祢
セメント工場(美祢市)、トクヤマ徳山製造所南陽工場(新南陽市)、東ソー南陽工場(同)
もセメント原料化しているが、県外分を処理するのは初めて。
 山口県周東町の化製業者から受け入れている日量十トンの肉骨粉を、広島市西区の業者から
に切り替える予定。日量四トンの美祢工場は当面、周東町から受け入れる。
 肉骨粉はBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)の原因物質とされ、処分方法が課題。山口県では、
四セメント工場が六月初めまでに原料化を始め、今月中に在庫が解消できる見通しになって
いる。
 このため中国四国農政局(岡山市)が、県外からの搬入を要請し、宇部興産が応じた。
トクヤマ南陽工場も、八月初めまでの定期修理を終え次第、検討する。
 広島県では三月まで、計九カ所の一般廃棄物処理施設で肉骨粉を焼却処分し、在庫は八十六
トンまで減った。ただ、本年度からは処理施設が四カ所に減り、現在は六百八十トンに増えて
いる。

197 : :02/07/11 07:34 ID:n1IFo/0g
▽BSE:「もっと早く対策できたはず」 SSC副委員長 
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/20020711k0000m040172000c.html

 日本でのBSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)発生の危険性を指摘した欧州連合(EU)
の報告書の作成責任者を務めたEU科学運営委員会(SSC)のアルバート・オスターハウ
ス副委員長が、毎日新聞のインタビューに応じた。副委員長は「日本にはBSE汚染があるか
もしれないという予防的な考えがなかった。報告書の内容を受け入れていれば、もっと早く効
果的な対策ができた」と、日本政府の危機意識の欠如と対応の遅れを指摘した。 
 SSCはEU各国の科学者で構成される。オスターハウス副委員長はオランダ・エラスムス
大教授でウイルス学専攻。
 農水省は98年に危険性の評価をEUに申請したが昨年6月、「BSE発生の可能性が高い」
と判断されていることを知って評価の中断を申し入れた。熊沢英昭事務次官(当時)は「EU
の評価は国際獣疫事務局(OIE)の国際的な基準と異なり、疑問がある」と主張した。
しかし、昨年9月、日本で最初のBSE感染牛が見つかった。
 副委員長は「評価に対してどんな対応をするのも日本政府の自由」とし、OIEとEUの基
準の違いを「目的、出発点が違うもので優劣はない。消費者の安全性に関心がある場合はEU
の基準を使うだろう」と説明した。
 感染牛の発見後、日本が始めた全頭検査などの対策は「非常にいい」と評価した。
 【BSE取材班】[毎日新聞7月11日] ( 2002-07-11-03:01 )

198 : :02/07/11 07:39 ID:n1IFo/0g
■食べ物の安全性に77%が不安 本社世論調査(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0710/044.html

 食べ物の安全性に77%の人が不安を感じていることが、朝日新聞社の6月の全国世論調査
(面接)でわかった。半年前の12月調査では73%。今年に入って、食肉の産地偽装や無認
可添加物などの問題が相次ぎ、食べ物に対する不安が広がっているようだ。
 食べ物の安全性に対する不安は「大いに」が23%、「少しは」が54%。男性より女性の
ほうが不安感が強く、「大いに」「少しは」を合わせて83%にのぼった。
 安全性を考えるとき最も重視するのは「防腐剤や着色料などの添加物」で、45%を占めた。
昨年12月調査でも36%でトップだったが、無認可香料などの問題を受け、添加物を気に
する人がさらに増えたといえそうだ。
 肉や野菜など生鮮食品の原産地表示を信用しているのは「大いに」と「ある程度」を合わせ
て51%にとどまった。
 国内初の牛海綿状脳症(BSE)の牛が確認された昨年9月から牛肉を食べる回数や量がど
う変わったかでは「減った」と「まったく食べなくなった」を合わせて4割近かった。ただ、
5人に1人は「一時食べるのをやめたが、また食べるようになった」と答えた。
 総務省の家計調査報告によると、1世帯当たりの1カ月の牛肉購入量は昨年9月以降、一時
は352グラムまで減ったが、今年5月には668グラムまで戻っている。これを裏付ける調
査結果となった。
 食品の安全を守るため、国や自治体が「頼りになる」と答えた人は33%しかなく、信頼回
復には時間がかかりそうだ。(01:38)

199 : :02/07/11 10:37 ID:pnRrmue9
■企業名も公表せず巨額助成金 国のBSE対策 牛肉買い上げ事業
参院予算委 富樫議員追及、首相が調査約束
宗男容疑者と親密 大阪・ハンナングループが関係
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-07-11/01_0102.html

 富樫氏によると、「日本食品」(福岡市)の食肉偽装事件を隠ぺいしていた全国食肉事業協同組合
連合会(全肉連)は、国の買い上げ総量一万二千六百二十六トンのうち約半分の六千百七十トンを
占めます。買い取り事業実施主体である全国六団体のうち、買い取り申請した企業名を公表して
いないのは同団体だけです。しかもすでに七十六億円もの助成金が支払われています。
 全肉連加盟のなかでも大阪での買い上げ量(三十九億五千万円)は、大阪府同和食肉事業協同
組合連合会(府同食)が千百四十五トン、大阪府食肉事業協同組合連合会(府肉連)が五百七十三
トンと二つの団体で千七百十八トンと全国最大量。富樫氏は、独自に入手した農水省の内部資料を
示して、その全量の約千七百十八トンが、「大阪食品流通センター」(堺市)に保管・保有されていた
ことを指摘しました。
 同センターは、大阪の大手食肉業者「ハンナン」グループ“総帥”の浅田満氏が取締役を務めている
関連会社。富樫氏は、同センターの取引先の中心が「ロイヤルハンナンミートパッキング」「ハンナン」と
いう同グループ系列の会社であり、浅田氏は府同食会長と府肉連副会長に就任している――など、
肉の売り手も買い手もハンナングループという異常な関係を明らかにしました。同グループは鈴木宗男
容疑者に高級車を提供するなど親密な関係でも知られています。
 富樫氏は、同センターに保管された肉が現在どうなっているかを追及。武部農水相は、「すべて焼却が
終わっている」と、全箱検査もせずに焼却処分にしてしまったことを認めました。また、「日本食品」のよう
に輸入肉が混入されるなどの不正について、「絶対(に不正が)ないということは、全箱検品がおこなわ
れていないのでいえない」と可能性を否定しませんでした。
 富樫氏は、大阪の買い上げ分約四十億円もの税金が、不透明なやり方で「食い物」にされたと批判し、
買い取り事業の実態を徹底究明すべきだと要求。小泉首相は、「税金が適正に使われているかどうか、
ご指摘の疑惑にたいして、しっかりした対応・調査がされるように指示をしたい」と約束しました。

200 : :02/07/11 14:08 ID:CqjTqxTv
▽(社)日本経済団体連合会(日本経団連)と農林水産省との懇談会の概要について 農林水産省
http://www.maff.go.jp/www/press/cont/20020711press_1.html

主な概要

食の安全
 ・ 食品添加物について、グローバルスタンダードを作ってもらいたい。
 ・ 食品安全で問題が生じた際の商品の撤去基準を作成してほしい。
  【食品安全に関しては、食品安全委員会を設置予定。リスクコミュニケーションと情報開示が重要】

(【 】書きは農林水産省側の発言)

201 : :02/07/11 14:18 ID:CqjTqxTv
最新更新時刻: 2002/07/11 14:03
<JQ>マクドナルドが続落・客単価の上昇には反応薄
http://markets.nikkei.co.jp/stockjp/jpnote/jpnoteCh.cfm?id=ds0i067111&date=20020711&ref=1

 (9時30分、コード2702)続落。一時前日比40円安の2880円まで下落した。
10日発表した6月の既存店売上高は前年同月比13.4%減となり、5月(19.9%減)に
比べ約6ポイント改善したが、特に買い手掛かりとはなっていない。スープや
サラダを出す「マックトーキョー」の導入店拡大などで客単価は同5.1%上昇したが、
「同社の経営環境は依然として厳しい」との見方が多く、売りが優勢となっている。
 UFJつばさ研究所のアナリスト、佐々木加奈氏は「2002年12月期の既存店売上高は
ほぼ横ばいとの会社計画は未達になりそう」と指摘。マクドナルドは8月5日から
現在80円のハンバーガーを59円に値下げするが、「値下げによる集客効果がどの
程度まで継続性があるか見極めが必要。連結株価収益率(PER)は外食業界平均の
20倍程度を上回っており、現在の株価には割高感がある」と話していた。

202 : :02/07/11 14:51 ID:CqjTqxTv
■BSE:「もっと早く対策できたはず」 SSC副委員長 
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20020711k0000m040172000c.html

 日本でのBSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)発生の危険性を指摘した欧州連合(EU)
の報告書の作成責任者を務めたEU科学運営委員会(SSC)のアルバート・オスターハウス
副委員長が、毎日新聞のインタビューに応じた。副委員長は「日本にはBSE汚染があるかも
しれないという予防的な考えがなかった。報告書の内容を受け入れていれば、もっと早く効果
的な対策ができた」と、日本政府の危機意識の欠如と対応の遅れを指摘した。 
 SSCはEU各国の科学者で構成される。オスターハウス副委員長はオランダ・エラスムス
大教授でウイルス学専攻。
 農水省は98年に危険性の評価をEUに申請したが昨年6月、「BSE発生の可能性が高い」
と判断されていることを知って評価の中断を申し入れた。熊沢英昭事務次官(当時)は「EU
の評価は国際獣疫事務局(OIE)の国際的な基準と異なり、疑問がある」と主張した。
しかし、昨年9月、日本で最初のBSE感染牛が見つかった。
 副委員長は「評価に対してどんな対応をするのも日本政府の自由」とし、OIEとEUの基
準の違いを「目的、出発点が違うもので優劣はない。消費者の安全性に関心がある場合はEU
の基準を使うだろう」と説明した。
 感染牛の発見後、日本が始めた全頭検査などの対策は「非常にいい」と評価した。
 【BSE取材班】[毎日新聞7月11日] ( 2002-07-11-03:01 )

203 :朝まで名無しさん:02/07/11 20:05 ID:RQb69ant
牛枝肉価格、BSE発生前の水準に 焼き肉需要が活発化

 東京都中央卸売市場食肉市場で十日、牛枝肉価格が軒並み続伸した。このうち、和牛去
勢A3等級、A2等級が一キロ千四百八十二円、同千二百九十円でそれぞれ取引され、牛
海綿状脳症(BSE)発生前の価格水準まで回復した。出荷頭数が少ないものの、気温高
の天気が続き焼き肉需要が活発化した。買参人の購買意欲が高まっており、今後も相場は
堅調さを持続しそうだ。
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02071105.html

204 : :02/07/11 23:14 ID:n1IFo/0g
狂牛病関連「牛肉在庫緊急保管対策事業」を悪用

食肉卸最大手のハンナン、
在庫カサ上げで補助金かすめ取り!?
背景に行政や農林族議員らとの深い癒着の構造

http://www.jimmin.com/2001b/page_107.htm

205 : :02/07/11 23:15 ID:n1IFo/0g
▽BSE対策の冷凍保管事業、56%不必要な助成(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/top/20020711it12.htm

 農水省がBSE(牛海綿状脳症=狂牛病)対策として打ち出した国産牛肉を市場から隔離し
て冷凍保管する事業で、冷凍による商品価値下落分を業者に補てんする助成金の対象牛肉のう
ち、少なくとも56・5%は同対策とは無関係に冷凍され、助成が不必要なことが11日、会
計検査院の抽出検査で分かった。
 検査院は同日、農水省に是正処置を求める文書を出した。検査結果から推計すると、助成金
46億円余のうち26億円余が不要な計算になる。検査院がBSE対策の改善を求めたのは初
めて。
 このほか、不要とまでは言えないが、助成対象として疑問の残る牛肉も14・4%あった。
この助成金も推計7億円近くに上る。
 農水省は、昨年10月18日の全頭検査開始以降の牛肉を円滑に流通させるため、6つの業
界団体が未検査の肉を業者から買い上げ、市場から隔離する「牛肉在庫緊急保管対策事業」で、
同省所管の特殊法人「農畜産業振興事業団」を通じて助成することを決めた。
 同省では、冷蔵肉(チルド肉)を冷凍させることで価値が下がるのを補てんする費用を1キ
ロ当たり378円、冷凍保管に必要な経費を同329円と算定。1万2346トンを対象に、
補てん分約46億7000万円、保管経費分約40億6000万円の計約87億3000万円
の助成金を6団体に交付することを決め、今年2月までに約32億円(うち補てん分約17億
円)を払った。
 検査院の抽出検査の結果では、冷凍時期の確認できた218トンのうち、BSE感染牛が見
つかった昨年9月10日より前から冷凍保管されていた肉は、56・5%の123・2トン
(助成金約4660万円)。ほかに、もともと冷凍状態で仕入れた肉や、冷凍肉として取引する
予定で冷凍していた肉も、14・4%の31・5トンあった。
 このため、検査院は「対象牛肉の全量に適切な検品を行い、冷凍時期を確定して、適正な助
成金額を算定すべきだ」と指摘した。
 武部農水相は4月、助成見直しを表明し、約5割、約23億円分を返還対象にすることを明
らかにしていた。農水省食肉鶏卵課では「現在行っているすべての箱の検査で数量などを確定
させたい」としている。  (7月11日20:56)

206 : :02/07/11 23:19 ID:n1IFo/0g
【スクープ】これでクビだ! 宗男のクルマ 食肉業者が提供!

■農水省の局長を恫喝して…
■親族の結婚式で仲人も務めた
■収支報告書には記載がない
■「鈴木事務所に聞いて下さい」

http://kodansha.cplaza.ne.jp/wgendai/top_news/20020330/top_1/main.html

207 :朝まで名無しさん:02/07/11 23:19 ID:0YspEeZU
なんつーか、レスをつける隙間が無いな。
誰が読むんだ?こんなの。

208 : :02/07/11 23:26 ID:n1IFo/0g
>>207
レスは、こちらに。

【狂牛】ニクコップンで狂牛病!脳衰省氏ね!part86
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/news/1023201124/


209 : :02/07/11 23:32 ID:n1IFo/0g
■BSE対策事業の冷凍補償費「56.5%が不要」・会計検査院 (日経新聞)
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20020711CCCI144111.html

 BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)対策の一環として導入された全頭検査前の解体牛肉の冷凍
保管事業で、冷凍による品質劣化を補償するための補助金の56.5%が不要だったことが11日、
会計検査院のサンプル検査で分かった。
 BSE発生以前に冷凍され、対策とは関係のない肉にまで補償費を計上したためで、検査院
は農水省に是正を求めた。
 事業は業界団体が国から補助金を受け、卸売業者から計1万2000トンを一律1キログラム707
円で買い取り、冷凍倉庫に保管する仕組み。買い取り費用の総額87億円のうち冷凍補償分は4
7億円に上る。
 検査院が1万2000トンからサンプルを抽出して調べたところ、冷凍時期が特定できた218トン
のうち、56.5%の123トンが、BSE対策とは無関係の冷凍肉で、補償の必要がなかった。
 検査院は「冷凍補償費を一律に助成するのは不適切」と指摘。農水省は「当時は短期間で隔
離するために、冷凍時期を調べる時間がなかった。今後特定を進め、BSE発生後の冷凍分だ
け支払うようにする」としている。

210 : :02/07/12 00:23 ID:yu1maNT/
▽BSE対策:会計検査院が無駄遣い指摘 冷凍補償費の助成で
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20020712k0000m040100001c.html

 BSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)対策の一環で、国が冷凍補償費を助成する「牛肉
在庫緊急保管対策事業」について、会計検査院が助成対象の牛肉を抽出調査したところ、
BSE発生確認日(昨年9月10日)より前に冷凍された肉が56.5%もあったことが分かった。
BSEとは無関係に冷凍した肉まで補償することになり、検査院は農水省に対し、発生確認日
前の肉は助成対象としないよう改善措置を求めた。
 同事業は、牛肉を在庫に抱える食肉業者を救済するため、昨年10月から実施。「全国食肉
事業協同組合連合会」(全肉連)など業界団体に国産在庫肉を一時的に買い取らせた。その上
で、1キロ当たり707円(保管費と冷凍補償費の合計)の一律助成を決めた。昨年12月までに、
約1万2000トンが助成対象となり、総額約87億円の助成金の交付が決まった。
 検査院が今年4月、全肉連などが冷凍保管していた肉から約362トンを抽出調査したところ、
約218トンの冷凍時期が確認できた。このうち56.5%にあたる約123トンが、昨年9月10日
より前に冷凍されていた。当初から冷凍肉として取引することになっていたもので、検査院は
この分の冷凍補償費約4658万円が過払いになると指摘した。
 この事業をめぐっては、4月に問題点が指摘され、農水省も同23日、昨年9月10日より前の
肉については対象としない方針を表明している。
 【武本光政】[毎日新聞7月11日] ( 2002-07-11-22:28 )

211 : :02/07/12 07:10 ID:yu1maNT/
▽BSE問題 使用禁止の肉骨粉焼却、坂出市でも始まる /香川
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020711-00000002-mai-l37

 国内でのBSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)発生確認後、飼料への使用が禁止され、
製造業者が保管している県内の肉骨粉の焼却が6日の塩江町に続き、10日、坂出市でも始ま
った。
 県内には肉骨粉の製造工場が坂出市と塩江町に各1カ所ずつあり、県畜産課は今年8月末で
在庫が計約4400トンに達すると見込んでいる。国の方針で一般廃棄物として焼却すること
になったため、県は県内市町でつくる6広域行政事務組合に対し、ごみ焼却場での焼却処分を
要請。このほど、割り当て量などでほぼ合意し焼却が始まった。
 塩江町内の高松地区広域市町村圏振興事務組合・南部広域清掃センターは、1日3トンのペ
ースで来年11月ごろまで、計1200トンを焼却する。坂出市内の坂出・宇多津広域行政事
務組合・角山環境センターは、1日約4トンで来年5月まで、計1000トンを焼却する予定。
 肉骨粉は脂質を多く含みカロリーが高いため、全体のごみ焼却量の5%ずつ焼く。他の4広
域組合のごみ焼却場も順次焼却を始める。9月以降に製造工場で発生する肉骨粉については、
県内の廃棄物処理業者に処理してもらう予定。また、牛とその他の動物の製造ラインを完全に
分離すれば、焼却しなければならない肉骨粉の量は減らせるという。
 【松井士郎】(毎日新聞)

212 : :02/07/12 07:37 ID:yu1maNT/
■国交省、偽装告発の会社に処分検討=雪印事件、西宮冷蔵は「不条理」と反発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020711-00000520-jij-soci

 雪印食品(東京都中央区、解散)による牛肉偽装事件で、国土交通省神戸運輸監理部は11
日までに、偽装を告発した倉庫会社「西宮冷蔵」(兵庫県西宮市)について、雪印食品の指示
で在庫記録を改ざんしたとして、倉庫業法に基づく行政処分(営業停止15日)の検討に入っ
た。これに対して、同冷蔵の水谷洋一社長は「こちらは被害者。不条理極まりない考え方だ」
と反発している。 (時事通信)

213 : :02/07/12 11:58 ID:y6Av1kUX
▽西宮冷蔵を営業停止処分へ 偽装牛肉事件で国交省(河北新報)
http://www.kahoku.co.jp/news_s/20020712KIIASA40100.htm

 雪印食品(4月末に解散)の偽装牛肉事件で、国土交通省神戸運輸監理部は12日までに、
輸入牛肉の偽装工作に絡んで改ざんした在庫証明書を発行したとして、倉庫業法に基づき、
兵庫県西宮市の倉庫会社「西宮冷蔵」(水谷洋一社長)を営業停止処分とする方向で検討を
始めた。
 処分は7月中に決定される見通しで、運輸監理部は聴聞会で西宮冷蔵側の弁明を聴き、
最終的に判断する。期間は15日間になる可能性が高いという。
 兵庫県警などは、詐欺容疑で西宮冷蔵も捜査し「関与の度合いが低い」として立件を
見送ったが、運輸監理部は「行政上のけじめをつける必要がある」と判断したもようだ。

214 :複利じゃないよね?:02/07/12 14:31 ID:bgmu8NAe
死者推移年率23%

7月9日、英国クロイツフェルト・ヤコブ病サーベイランス・ユニットが
「第10次年次報告・2001年」を発表した(TENTH ANNUAL REPORT 2001 )。

 報告によれば、BSEが人間に伝達したとされる変異型クロイツフェルト・
ヤコブ病(vCJD)による死者は、今年1月末で104人となり、
罹患者数総数は114人となっている(6月28日現在では、それぞれ115人、124人である→
英国における新変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)患者数
(2002.6.28現在))。最初の発生以来、統計的には、発生数は年21%、
死者は年23%の率で増加しており、年々の増加傾向が続いている。
今年の死者数は32人になると予想される。

http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/02071201.htm


215 : :02/07/12 17:18 ID:8vSuKqMc
■項目は「安全」「選択」に限定を明記 食品表示制度の見直し案(京都新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020712-00000044-kyt-kin

 BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)や相次ぐ食品偽装表示問題などを受け、農水、厚生労働
両省が設置した「食品の表示制度に関する懇談会」の第四回会合が十二日、都内で開かれ、
両省は表示制度の見直しに向けた中間取りまとめの原案を提示した。
 原案は、表示目的が「消費者に分かりやすいこと」を前提とし、表示を義務付ける項目を
食品の安全に関するものと、消費者が商品を選択する上で特に重要なものに限定するよう明記。
 ほぼ同じ意味でありながら、法律によって用語が異なる「賞味期限」と「品質保持期限」を
統一することや、行政の相談窓口の一本化を検討することなどを盛り込んでいる。
 行政組織と関連法については(1)新たに「食品表示法」を制定し組織も一元化する(2)法律は
現在のままで、表示基準を調整する各省共通のシステムをつくる−など複数案を提示した。
 同懇談会は七月末の中間取りまとめで、食品の表示制度に関する見直しの方向性を示す方針だ。

216 : :02/07/12 17:35 ID:8vSuKqMc
▽西宮冷蔵、営業停止へ 虚偽の在庫証明書  2002/07/12(神戸新聞)
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou/020712ke65580.html

 雪印食品の牛肉偽装事件で、国土交通省神戸運輸監理部は十二日までに、牛肉詰め替えの
現場となった西宮市西宮浜三、倉庫会社「西宮冷蔵」(水谷洋一社長)に対し、倉庫業法に基づ
いて営業停止処分などとする方向で検討を始めた。
 西宮冷蔵は雪印食品の指示で輸入牛肉を国産牛肉に詰め替えたうその在庫証明書を発行。
このことが倉庫業法の「営業に関する不正行為」に当たるという。
 在庫証明書の改ざんは通常、三十日程度の営業停止となるが、同社が雪印の指示で改竄し
たことなどを考慮、十五日程度の処分を検討しているという。今後、同社に対する聴聞会を開
くなど処分の手続きを始める予定。

・処分納得できない
 水谷洋一・西宮冷蔵社長の話 雪印食品と結託して偽装工作をしたわけではなく、当社こそ
被害者。むしろ一連の食品問題を明るみに出し、食生活の向上に寄与したという自負がある。
処分は不当で納得できない。

217 : :02/07/12 17:45 ID:8vSuKqMc
■BSE保管補償 5割超が不要支出 会計検査院サンプル調査(西日本新聞)
http://www.nishinippon.co.jp/media/news/news-today/today.html#014

 BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)対策として農水省が昨年実施した国産牛肉の一時保管事業
をめぐり、会計検査院は十一日、緊急サンプル検査の結果、冷凍による品質劣化を補償するた
めの補助金がかなりの対象外牛肉にも支出されていたとして、武部勤農相に補助の見直しを
要求した。
 補助対象かどうかデータがはっきりしない牛肉が約40%。データが残っていた残り約60%の
半分以上が対象外の不要な支出で、補助のずさんさを裏付けた。検査院は一律助成を厳しく
批判し「農水省は適正な交付額を早急に確定すべきだ」と是正を求めた。全体の検査結果を
十一月末から十二月上旬に公表する会計検査院が、この時期に是正要求するのは異例。
 一時保管事業はBSE発生直後の緊急対策。安全が確認されていない未検査の牛肉の流通を
止めるため、倉庫に留め置く費用を国が補助した。保管費のほか、冷凍で品質が劣化する損失
分に対し一キロ当たり三百七十八円が補助された。
 検査は四月、三重、和歌山、山口、長崎、宮崎の五県で全国農業協同組合連合会(全農)など
三団体が二十倉庫で冷凍保存していた補助対象牛肉約三百六十二トンを緊急に調べた。
 その結果、倉庫業者の書類で冷凍時期が確認できたのは60・2%の約二百十八トン。この
うち56・5%の約百二十三トンがBSE発生以前に冷凍されていたことが判明。約四千七百
万円が不要な補助と判断された。
 書類上は冷凍時期が不明なものについても保有者の聞き取りなどをした結果、少なくとも約
三十一トンがBSE発生前から冷凍されていたことも分かった。検査院は「補助対象の約一万
二千三百トンには、BSE発生と関係なく冷凍された牛肉が相当量あるとみられ、一律の補助
は不適切。速やかに合理的な冷凍時期の特定方法を検討し、適正な補助金を算出する必要が
ある」と指摘している。
 農水省の調査で四月、冷凍補助のうち約二十三億円が不要だったことが判明。武部農相は
業界側に返還を求める考えを示していた。(共同)

218 : :02/07/12 17:51 ID:8vSuKqMc
渡辺農林水産事務次官記者会見要旨
( 平成14年7月11日(木) 13:58〜14:11 於:農政クラブ )

○日本食品(株)の牛肉偽装事件の刑事告発について

Q: 日本食品の告発の目処というのはいつ頃でしょうか。
 
A: ちょっとそれは技術的な問題でもございますし、今調整を行っているところでございます。
   大臣からは、出来るだけ速やかにと言われております。

219 : :02/07/12 17:57 ID:8vSuKqMc
■渡辺農林水産事務次官記者会見要旨
( 平成14年7月11日(木) 13:58〜14:11 於:農政クラブ )
http://www.kanbou.maff.go.jp/kouhou/020711jimujikan.htm

○牛肉在庫緊急保管対策事業の買い上げ制度について

Q: 「やまりん」とも関係するんですけれども、牛肉のですね、買上保管事業に関しまして、
昨日国会にもいろいろ取り上げられているのですけれども、鈴木議員と関係のある一部の業者
が突出して多いのでないかというようなことも取り上げられてますけれども、それを「やまり
ん」と同じ並びで調査するというお考えはないのでしょうか。

A: それはございません。この調査委員会は「やまりん」に関連をして、林野庁のスタッフを
中心に構成されている委員会でございます。全力をそれに投入したいと思っております。
牛肉保管事業については、これまで幾たびかの変遷を経て、今は全箱検査に移っているわけ
ですし、検品作業は着々と進んでおりますので、そういう過程で最終的には団体を通じて、最終
的な事業主にまで、その助成のための金が届くわけでございますから、そういった中で、昨日
国会で議論になったようなある種疑いの目で見られているようなところについてもきちんと総理
の御指示もございますから、疑惑が持たれないような形で調査をし、また発表をしていきたい
というふうに思ってます。検品の状況については、これまでも最初の段階では確かに2週間に
一遍、現状では月に一度オープンにさせていただいておりますのでそういうことでございます。

Q: 買い上げ事業についてもですね、今指摘されている疑惑などについて調査されるという
ことですか。

A: いや、そういう意味ではなくて、買い上げ事業の執行については、ルールに乗っ取って、
きちんとやっていくということを申し上げているわけです。
 これは補助金というか、補助事業を執行する立場として当然のことでございますので、疑い
があるから疑いを調査するということではなくて、事業が適切に執行されている状況を把握を
し、その結果をまた皆さんに発表が出来るようにしたいと思ってます。

Q: 買取事業についてですが、昨日も国会で話題になりましたが、雪印食品から日本食品、
さらに新たにまたちょっと疑いの目で見られるということで、繰り返し伺うのですが、制度自
体の仕組み、骨格に甘さがあるという点について、現在もやはり「緊急を要したので仕方が
ない」というふうなところに止まるのか、こう続発している中で、新たにまた手直しとかがある
のか、その当たりについては如何でしょうか。

A: 難しいご質問ですね。時が経ってしまって、抽出検査でやって、しかも処理が終わった
ものもあれば、現在のように全箱を開箱してやっている段階のものもあるわけでして、これは
時の流れと、その時々における是正、改善作業の中で出来上がったものですから、しかたが
ないかなと思います。
 ご指摘のようなことは、やはり、今もし平常の事態であって制度を仕組むとすれば、そうい
うご指摘もかくやと思いますけれども、あの時点でやはり急いで市場隔離をするという時点で
は、やむ得なかったかなというふうな気も致しますけれども。 そういう中これから先、懸念
・疑惑を持たれないような事業遂行をどうするかということに、ここまで来たわけです。
 念のためというか、重ねて申し上げれば、どういう検品をして、どういう結果であったかと
いうのは、その検品の仕方が、三回に亘って違った方法になりましたけれども、その過程、
過程では、我々は隠すことなく、皆様方の前に結果をお話をしております。

Q: 一旦、比較的緩めな基準で検査した後に、新たな厳しい基準が出来ましたと。その一旦、
緩い基準をクリアしたものについては、新たな基準で検査は必要ないのでしょうかということ
については如何でしょうか。

A: 検品作業が実施をされ、その結果を公表し、それに則って、処理・焼却の作業がんだ
わけですから、それはやはり後戻り出来ないのではないでしょうか。そういう種類の、そういう
類のものだと思います。

220 :朝まで名無しさん:02/07/12 18:14 ID:RF1VFLvY
>>214
引用するなら正確に引用するように。

イギリス:vCJDのケースは増加傾向にあるがなお少数
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/02071201.htm

7月9日、英国クロイツフェルト・ヤコブ病サーベイランス・ユニットが「第10次年次報告・2001年」
を発表した(TENTH ANNUAL REPORT 2001 )。

 報告によれば、BSEが人間に伝達したとされる変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)
による死者は、今年1月末で104人となり、罹患者数総数は114人となっている(6月28日現在では、
それぞれ115人、124人である→英国における新変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)患者
数(2002.6.28現在))。最初の発生以来、統計的には、発生数は年21%、死者は年23%の率で増加し
ており、年々の増加傾向が続いている。今年の死者数は32人になると予想される。

 北部(スコットランドや北イングランド)で発生率が高い傾向も継続している。1991年に北部に住
んでいた人々の間での発生率が高いという。統計的に有意な「クラスター」(集中的発生地域)はレ
スターシャー県であり、ここでは1980年代に肉屋により使用された技術的調整過程で筋肉が脳組織に
汚染された可能性があるという。

 しかし、全体としてみれば、罹患者総数はなお少数と強調されている。

221 :朝まで名無しさん:02/07/12 18:15 ID:RF1VFLvY
英国における新変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)死者数

1995 3人
1996 10
1997 10
1998 18
1999 15
2000 28
2001 20
2002 11 (2002.6.28現在 他に生存 7)

222 : :02/07/13 06:58 ID:M48g6A/r
■再生計画31日提示へ 日本食品
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020713-00000014-nnp-kyu

 国のBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)対策の買い取り制度を悪用した牛肉偽装問題で経営が
悪化、民事再生法の適用を申請した地場食肉大手の日本食品(福岡市)は十二日、同市内で
債権者説明会を開き、取引業者ら約四百人が参加した。
 申請代理人の長門博之弁護士は「三十一日に予定している二回目の債権者説明会で再生
計画案の骨子を提示したい」と強調。八月中旬に福岡地裁から民事再生手続きの開始決定が
受けられる見通しを示した。九月中旬までに債権者ごとの債権額を確定。十一月下旬までに
最終的な再生計画案をまとめ、来年二月ごろに開く債権者集会で承認を得たいとしている。
 説明会で後山繁仁社長は「偽装問題の発覚で取引中止が相次ぎ、農水省の販売自粛指導で
売り上げが激減した」と同法適用申請の理由を説明。「信用の二字が一瞬にしてついえ去り、
申し訳ありません」と陳謝した。
 債権者の一人は「不満はあるが、襟を正して再建に努めてほしい」と話し、別の債権者は
「大阪から来たが、何の再建策も示されず無駄足だった。役員は責任をとり総退陣すべきだ」
と不満を漏らした。
 一方、後山社長は食肉の競りや卸業務を行っている福岡食肉市場(福岡市)の社長を一日付
で辞任していたことが同日、明らかになった。(西日本新聞)

223 :朝まで名無しさん:02/07/13 10:11 ID:buNFaxJs
http://www2.gunmanet.or.jp/noro/bse.htm

224 :複利じゃないよね?:02/07/13 12:13 ID:BFlPElhE
>>220
それは失礼しました。
本スレスペースが限られているモンで。
ってほしゅあげ

225 : :02/07/14 00:50 ID:u5v3agXC
▽疑似患畜の範囲縮小を 道酪農協会が農水省に要望書  2002/07/12 09:00
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20020712&j=0044&k=200207111439

 道酪農協会(金川幹司会長)は十一日、牛海綿状脳症(BSE)の感染牛が発生した
農家で、感染牛と関連性が高いとして殺処分される疑似患畜の指定範囲を縮小することを
求め、要望書を農水省に提出した。
 要望書では疑似患畜の範囲をスイスやドイツと同じ
≪1≫患畜(感染牛)から生まれた牛
≪2≫患畜が生まれた年の前後一年間に生まれた牛―の二条件とするよう求めている。
国際獣疫事務局(OIE)勧告に基づく日本の現行制度は、一歳までの間に患畜と同居歴が
ある牛も指定され、農家の飼育牛八、九割が殺処分される。
 同協会は「要望が通れば疑似患畜の範囲は四割程度になる」としている。

226 : :02/07/14 00:52 ID:u5v3agXC
■BSE賠償訴訟で国を提訴へ 道内酪農家が9月にも札幌地裁に  2002/07/13 13:00
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20020713&j=0022&k=200207132515

 道内の酪農家でつくる「BSE損害補償を求める会」(米田俊之代表委員)は十三日、牛海
綿状脳症(BSE)の発生で牛の価格が下がるなどした損害の責任は適切な防止策を怠った国
にあるとし、国家賠償請求訴訟を札幌地裁に起こす方針を決めた。原告団を結成し、九月の提
訴を目指す。請求額は数億円に上る見込み。
 BSEの発生に関して生産者側が国を相手取って賠償請求訴訟を起こすのは国内で初めて。
 同会は、国内でBSEが発生する可能性や、感染原因とされる肉骨粉の飼料への混入の危険
性について「国は予見可能だった」としたうえで、肉骨粉の輸入禁止措置などの対策を当時、
国が怠ったため発生を招いたとしている。また、発生後に枝肉価格が下がったことなどに伴う
損害について国に賠償の責任があるとしている。
 同会は、農民運動北海道連合会(道農民連、白石淳一委員長)が中心となり、今年四月に結
成、訴訟準備を進めてきた。現在、原告団に名を連ねる予定の酪農家は約五十人。同会はさら
に参加を募っており、最終的に二百人規模での訴訟を目指す。

227 : :02/07/14 00:59 ID:u5v3agXC
■高級和牛の血統公表せず「損害」  島根県の敗訴確定 (日本農業新聞)

 全国で高い評価を受けた黒毛和牛の直系とされた雌牛について、別の血統の疑いがあった
のに説明されず、不当な高値で買わされたとして、栃木県の畜産農家らが島根県を相手取り、
損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第一小法廷は十一日、約千七百六十万円の賠償
命令を不服とした島根県の上告を受理しない決定をした。これで県の敗訴が確定した。
 一、二審判決によると、島根県は雄牛「糸光」を、市場で高評価を受けた雄牛の子と登録した
上で、糸光の精子を販売していた。一九八一年、家畜改良事業団から「親子関係に疑問がある」
との検査結果を知らされたが、販売を継続した。
 畜産農家の二十一人は八九年から九三年にかけ、糸光の冷凍精子で生まれた雌牛計七十二
頭を一頭当たり四十三万〜百五十万円で購入した。その後、糸光は「父牛」とされた雄牛の弟
だったことが分かった。
 一審宇都宮地裁は「和牛は血統が極めて重要視されており、親子関係が否定される可能性が
あれば、適当な方法で告知し、購入者に損害を被らせないようにすべき義務がある」と指摘。
購入価格の三割を被害額と認定した。二審東京高裁もこれを支持した。

228 : :02/07/14 01:07 ID:u5v3agXC
■土日も呼び出し箱詰め替え 牛肉偽装で関係者が証言(中国新聞)
http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/20020712KIIASA42710.html

 福岡市の食肉会社「日本食品」が、輸入牛のアキレスけんを国産牛と偽って国のBSE
(牛海綿状脳症、狂牛病)関連の買い取り金約1億3600万円の仮払いを不正に受けていた
問題で、福岡県古賀市の同社工場で昨年11月上旬行われた偽装工作は、ハム・ソーセージの
生産部門が休みになる土日も利用し、畜産営業部などの社員を呼び出し箱の詰め替えをして
いたことが12日、関係者の証言で分かった。
 偽装は同社監査役が畜産営業部長に指示して行ったとされるが、土日の操業をしていない
同部門のスペースを利用し、畜産営業部の社員に詰め替えをさせることで、偽装の発覚を
防ごうとしたとみられる。

229 : :02/07/14 01:52 ID:u5v3agXC
■武部農林水産大臣記者会見要旨
( 平成14年7月12日(金曜日) 於:農政クラブ )
http://www.takebe.ne.jp/kisya2712.htm

○牛肉在庫緊急保管対策事業における会計検査院からの是正要求について

Q: 幹事社から2点。一つは、例のBSEの事業で先日会計検査院から正式に改善の通知が
あったと思いますが、改めてこの時点で大臣をお考えをお聞かせ下さい。もう一点は、米政策
の問題で、全中と、或いは今日自民党の部会でも、議論が開始されましたが、全中の方は一定
の方針が出されていますけれども、大臣のそれぞれの議論についての期待と言いますか、お考
えをお聞かせ下さい。

A: まず、会計検査院の是正要求に関して申し上げますと、既に私は、牛肉在庫緊急保管対
策事業における冷凍格差の助成について、検品を進める中で相当以前から凍結されたものが見
受けられていることを承知しておりまして、全ての保管牛肉に対し、冷凍格差を助成すること
は適切ではないということから、その見直しを指示していたところでございます。これは、皆
様方にも既に申し上げたことがあろうかと思います。
具体的に冷凍格差の助成については、BSE発生確認後に凍結されたと判断される牛肉を対象
とする。その凍結時期については、原則として検品により判明する品質保持期限から判断する
こととして見直しを行っております。今回、会計検査院から是正要求が有りましたことを、重
く受け止めまして、改めて厳正に対処するよう指示をしたところでございます。
それから、米政策の見直しについては、研究会における中間取りまとめに示されたこと、私個
人としては、評価しているものでございますが、今後、全中の考え方或いは与党をはじめ色々
な議論が、米政策の見直しに関して秋に向けて行われるであろうということは、言うまでもな
いことでございますので、農林水産大臣としての立場は、そういった議論をしっかり見守って
参りたいと、このように思います。今申し上げることは、そういうことにしておいて頂きたい
思います。

230 : :02/07/14 01:54 ID:u5v3agXC
■武部農林水産大臣記者会見要旨
( 平成14年7月12日(金曜日) 於:農政クラブ )
http://www.takebe.ne.jp/kisya2712.htm

○日本食品の事件に係る刑事告発について

Q: 日本食品への告発の目処ですけども、見通しはつきましたでしょうか。

A: 私がやいのやいの言ってですね、早くやるように急がせているわけでございますが、日
本食品の関係者の他、全肉連、福岡県肉連、倉庫業者等関係者が雪印食品の事件の場合と比べ
て、多数に及んでいるということが一つございます。また1月17日の事業団による検品の時
も極めて悪質かつ計画的偽装行為が行われておりまして、その事実関係も把握する必要がある
といったことなどからですね、事実関係の裏付け等に時間を要していると聞いておりまして、
いずれにしましても、その時期については、県警の裏付け調査の進展状況等によりますので、
明確には申し上げられませんが、可及的速やかに刑事告発を行うべく更に努力をさせたいと
思っております。従いまして、今申し上げましたようなことをご理解いただきたいと思います。

231 : :02/07/14 07:38 ID:u5v3agXC
US relents on vCJD mother
Paul Brown
Guardian
Saturday July 13, 2002
http://www.guardian.co.uk/Archive/Article/0,4273,4460687,00.html

web翻訳
http://babelfish.altavista.com/tr?doit=done&lp=en_ja&tt=url&url=http://www.guardian.co.uk/Archive/Article/0,4273,4460687,00.html
http://www.excite.co.jp/world/url/?wb_url=http://www.guardian.co.uk/Archive/Article/0,4273,4460687,00.html&wb_lp=ENJA&wb_dis=3&wb_co=excitejapan
http://www.infoseek.co.jp/Honyaku?webin=http%3A%2F%2Fwww.guardian.co.uk%2FArchive%2FArticle%2F0%2C4273%2C4460687%2C00.html&pg=honyaku_w_out.html&to=EJ&sand=1


232 : :02/07/14 07:41 ID:u5v3agXC
Friday July 12, 11:36 AM
France Faces Fines Over Beef Ban

web翻訳
http://babelfish.altavista.com/tr?doit=done&lp=en_ja&tt=url&url=http://uk.news.yahoo.com/020712/140/d396f.html
http://www.excite.co.jp/world/url/?wb_url=http://uk.news.yahoo.com/020712/140/d396f.html&wb_lp=ENJA&wb_dis=3&wb_co=excitejapan
http://www.infoseek.co.jp/Honyaku?webin=http%3A%2F%2Fuk.news.yahoo.com%2F020712%2F140%2Fd396f.html&pg=honyaku_w_out.html&to=EJ&sand=1

233 : :02/07/14 16:35 ID:u5v3agXC
▽道産メロン販売好調 BSEなどで肉製品売れず 中元商戦の主役 2002/07/14 09:30
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20020714&j=0024&k=200207132811

 夕張メロンを中心とした道産メロンの売り上げが、道内のデパートやスーパーで大きく伸びて
いる。中元向けを中心に前年に比べ二―四割増という店も。春先の好天で品質の良いメロンが
例年より早めに出荷され、価格が下がったうえ、牛海綿状脳症(BSE)や牛肉偽装事件の影響
で、店によっては肉製品よりメロンの販売に力を入れているためとみられる。
 道内で二十店を展開する総合スーパー大手のポスフール(本社・札幌)は、六月下旬から各
店にメロンコーナーを設置して本格的な販売を開始。十日間で、前年同期に比べ40%増の約
六百万円の売り上げがあった。
 同社の中でもメロンの売り上げ規模が大きいポスフール江別では、四玉入りの箱詰めを夕張
メロンで五千八百―九千八百円、それ以外のメロンで約五千円と、昨年より千円程度安い値段
で販売している。「割安感のある商品を見て、贈答品として選ぶお客さまが多い」という。
 三越札幌店は六月下旬から十日間で、主力の夕張メロンの売り上げが早くも前年の中元
シーズン全体を20%上回った。さっぽろ東急百貨店でもメロンは前年同期に比べ30%増と
好調だ。
 今年の中元商戦は、牛肉やハムの売り上げ減が予想されたため、三越札幌店では昨年まで
有料だったメロンの道外配送を今年から無料にするなど販売を強化している。
 メロンの売れ行きが中元商戦全体を押し上げている。同じく無料配送しているポスフールも
「肉製品はさっぱりだが、その分メロンが売れている」という。
 道内の中元商戦のピークは七月中旬以降で、各店とも「メロンの売り上げはさらに伸びそう」
と期待している。

234 :捕手:02/07/15 12:39 ID:9mJuraZn
本すれ87たってます。

235 : :02/07/15 14:52 ID:hq22Retq
▽価格補償しっかりと 検疫態勢強化も 札幌で農水省版タウンミーティング
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/topnews/topnews03020715.html

 第四回農水省版タウンミーティング「『食』と『農』を語り合う会」が十三日、札幌市で開
かれた。参加した生産者は「畑作物の価格暴落で離農が増え、農地は荒廃している。安心して
再生産できる価格補償を」「牛海綿状脳症(BSE)で下がった価格がいまだに回復しない。
廃用牛を出荷する時は今でも不安だ」などと訴え、武部勤農相に対応を求めた。
 タウンミーティングには、生産者や消費者ら二百三十人が参加した。畑作農家の岩永かずえ
さんは「野菜の残留農薬が問題になっている。検疫態勢を強化してほしい」と要望した。
 酪農家の海野泰彦さんは「BSEでパニックが起きたのを見て、現場と消費者のギャップを
感じた。農業への理解を深めてもらい、消費者との信頼関係を築いていくべきだ」と述べた。
 消費者からは「食の安全に対して不安が高まっている」として、トレーサビリティー(生産
履歴を追跡する仕組み)の必要性や、農業側からの積極的な情報発信を求める意見が相次いだ。
 武部農相は「専業農家が苦しんでいることは知っている。今後は法人化して、生産だけでは
なく加工まで手がける必要があるのではないか」「輸入農産物の検疫態勢では罰則を強化する
などしており、水際で防ぐ体制を整えている」などと答えた。

236 : :02/07/15 14:55 ID:hq22Retq
■安全志向鮮明に 消費者の外食意識/日本フードサービス協会調べ(日本農業新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02071504.html

 牛海綿状脳症(BSE)の発生や食品偽装事件の影響で、食材の安全性にこだわる消費者が
増えている――。日本フードサービス協会がまとめた「消費者の外食実態と意識に関する調査」
でこんな実態が明らかになった。
 調査結果によると、「素材に徹底的にこだわったものを食べたい」とする回答は、昨年夏の
調査を約17ポイント上回る54.0%。これは安全性を重視した結果と分析している。また、
「産地・生産方法などの情報が知りたい」も約7ポイント高い48.2%に増え、消費者の
不安を反映する結果となった。
 外食店の利用率では、カフェ・喫茶店の利用が大幅に増えているのに対し、ハンバーガー店
は減っている。これもBSEの影響と考えられるが、牛丼など和風の店の利用は減っていない。
焼き肉店は、店舗によってばらつきがあった。
 メニュー選択の基準では38.6%の人がカロリーや塩分、脂肪分表示を参考にしている。
だが、その多くがカロリーしか見ていないことも分かった。
 調査は、今年二〜三月に実施。インターネットを利用し、首都圏と京阪神に住む十八〜六十
九歳の男女二千人を主な対象にしている。

237 : :02/07/15 15:26 ID:hq22Retq
■食の安全へ新部局設置 武部農水相が表明  2002/07/14 08:30
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20020714&j=0023&k=200207133176

 武部勤農水相は十三日、札幌市内のホテルで開かれた農水省の対話集会(タウンミーティン
グ)で、食の安全対策として「消費者に軸足を置いた部局をつくりたい」と述べ、食の安全や
消費者問題を扱う新たなセクションを省内に設ける考えを明らかにした。
 武部農水相は、食に関するリスク管理部門を生産振興部門から分離し、「消費生活局とか消
費政策局とか、消費者施策を幅広くやっていく体制にしていきたい。八月までに(新部局設置
方針を)まとめたい」と語った。
 また、BSE(牛海綿状脳症)が発生した際、感染牛と関連が深い疑似患畜を殺処分するこ
とに対し、生産者の批判が強いことについて、武部農水相は、疑似患畜は国際獣疫事務局(O
IE)の国際基準に従い認定するとした上で、「データを蓄積し、死亡牛の全頭検査を徹底す
るなど完ぺきな検査体制ができたら、国際的な機関に対して意見を申し上げる必要性を感じて
いる」と基準緩和を提言することを示唆した。

238 : :02/07/15 17:47 ID:hq22Retq
■牛肉偽装、日本食品を詐欺容疑などで捜索へ(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/04/20020715i405.htm

 食肉加工販売業「日本食品」(本社・福岡市)がBSE(牛海綿状脳症=狂牛病)対策の
国産牛肉買い取り事業を悪用した偽装問題で、福岡県警は、農水省が16日にも同社を
告発するのを受け、今週中にも、同社の本社や同県古賀市の工場などを詐欺容疑などで
捜索する方針を固めた。県警は、偽装が牛肉消費の低迷で経営に危機感を持った同社
上層部の指示で組織的に行われた疑いが強いとみて、同社監査役や営業部長らの事情
聴取に乗り出す。
 調べによると、同社は昨年11月8日、国のBSE対策事業の対象外である輸入牛スジ
122トンを「国産乳牛」と偽り、全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)に買い取りを申請。
12月下旬、全肉連が仮払い金として支払った約1億3660万円をだまし取った疑い。

(7月15日14:33)

239 : :02/07/15 19:08 ID:hq22Retq
BSE cases now top 200 for year so far
Business & Finance 13 Jul 2002
http://www.online.ie/business/viewer.adp?article=1785429

翻訳
http://www.infoseek.co.jp/Honyaku?webin=http%3A%2F%2Fwww.online.ie%2Fbusiness%2Fviewer.adp%3Farticle%3D1785429&pg=honyaku_w_out.html&to=EJ&sand=1
http://www.excite.co.jp/world/url/?wb_url=http://www.online.ie/business/viewer.adp?article=1785429&wb_lp=ENJA&wb_dis=3&wb_co=excitejapan
http://babelfish.altavista.com/tr?doit=done&lp=en_ja&tt=url&url=http://www.online.ie/business/viewer.adp?article=1785429

240 : :02/07/15 19:18 ID:hq22Retq
■全肉連とハンナンの悪事が分かる今月10日の参議院予算委員会議事録

第154回国会 予算委員会 第21号
平成十四年七月十日(水曜日)
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kaigirok/daily/select0115/154/15407100014021c.html

241 :朝まで名無しさん:02/07/15 21:20 ID:56Qe5UEY
安心供給に消費者の協力を 全農が酪農でパネルディスカッション
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02071304.html

242 :朝まで名無しさん:02/07/15 21:21 ID:56Qe5UEY
最高値キロ7011円  前年並みまで相場回復/JA全農枝肉共励会
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/back/news/flash/flash02071301.html


228 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)